5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

和谷5

1 :(U´Д`)ワンワン:04/08/30 01:21 ID:4tXUnwlH
前スレ
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1041407052/
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1069704591/l50


2 : (U´Д`)ワンワン :04/08/30 01:23 ID:4tXUnwlH
廃れているように見えて
素晴らしい職人が次々降臨する負け犬スレ。

フッカツダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)フッカツダー!!

3 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:24 ID:???
あるところに、ひとりの若者が住んでいました。
その若者はときどき、お年寄り相手に、指導碁を打つことで生計をたてておりました。

昼前に、若者が家に戻ると、一匹の犬が訪ねて来ていました。
若者は犬を見ると言いました。
「おうワンワンや、今日も来てくれたのかい?」
すると、シッポを振って犬は言いました。
「オレのことは縮めてワヤでいいよ。伊角さん、今朝も お年寄り相手に碁を打ってきたんだね。
言葉使いが年寄り臭くなってる」
「そうか? ワヤ、今日も暑いな」
「伊角さん、はやく扇風機のスイッチ入れて!」
若者がスイッチを入れると、犬はたちまち扇風機を抱え込むようにもたれかかり、その風を独占しました。
「う゛ぅーう゛ぉう゛ぉ伊角さん、ほら扇風機に向かってしゃべると、こんな変な声がぼべみでぼらああ゛っ!」
若者は、そんな犬を見てニコニコしておりました。
「ワヤは扇風機が好きかい?」
「大好きさ!」
「そうか、良かったよ。オレの家にはクーラーないし……」
「…クーラーってなに?」
「部屋全部が涼しくなるものさ」
若者はクーラーについて説明しました。
犬はそれを興味津々に聞いていましたが、やがて
「ようし、それならオレがクーラーを持ってきてやるよっ」
と言うと、若者が止める間もなく、パッと飛び出していきました。


4 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:26 ID:???

犬が最初に訪ねたのは、この町いちばんの金持ちの家でした。
犬は、この家の子となじみでしたので、時々お手伝いさんから骨を貰ったりしてました。
「おーい、メガネキノコォー、オレだー」
「あ? なんだ犬か。何の用?」
メガネキノコはもったいぶって訊きました。どうせ骨をもらいに来たのだと思ってました。
しかし、犬の要望は違ってました。
「クーラーくれよ。わんわん」
「クーラー?」
「な、いいだろ?」
犬は期待に胸を膨らませシッポを振りながらメガネキノコの返事を待ってました。
「犬…遅いよ。確かにボクの家は、部屋数も多いし、毎年1台はエアコン買い換えているけれど、
今年のは もうフクにあげちゃったよ、本格的に暑くなる前に来てくれなくちゃ」
「え、フク?」
犬は後ろも見ずに、フクの家にダッシュしていきました。


5 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:27 ID:???

「ぉぅぃ… フク…」
「え?」
フクは、誰かが窓をコツコツたたく音に気づきました。窓を見ると、犬が合図をしています。
フクは急いで窓を開けました。
「あ、やっぱり犬くんだ。来てくれたんだー」
「クーラーおくれよ。わんわん」
「クーラー?」
「メガネキノコにもらっただろ?わんわん」
フクは困った顔で言いました。
「犬くん、ボクね、彼女が出来たんだ。彼女、とっても暑がりだからクーラーはあげられないんだ、ごめんね」
犬はがっかりしました。
「そうか、いいよ… じゃフク、またな…」
「うん、犬くん。バイバーイ」

犬が、伊角の家まで戻ろうと、トボトボと道を歩いていた時でした。
縁側で碁に興じている2人の男の子を見つけました。
その2人は、山のような数のトロフィーや盾に囲まれながら、碁を打ってました。
犬は驚きました。
「あ!金ピカがいっぱい!? 伊角さんの家にあるのより大きくて、しかも数も100倍くらいある!
あれが貰えれば、きっと どこかでクーラーと交換できるんじゃないか!?」
犬は足取りも軽く縁側の2人に近付きます。

犬が入ってきた事に気づいた前髪金髪の子が言いました。
「あれ、塔矢、おまえんち、犬飼ってたっけ?」
おかっぱの男の子が、それに答えました。
「進藤、キミもいいかげんボクの家のことくらい覚えたらどうだ」

6 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:28 ID:???
犬は、縁側の2人の会話から、ここが おかっぱの家だと判りました。
「塔矢……、うしろ、うしろ」
「あっ、なんだキミは!?」
アキラは、のし掛かってくる犬に驚きました。
犬はアキラにマッサージをしようとしていました。アキラに取り入って、トロフィーを貰うためです。
「金ピカおくれよ、わんわん」

「金ピカ?」
アキラにとって、塔矢家の盾やトロフィーとは、人に譲れるものではありません。
アキラは犬を振り払って正座をすると、静かに犬の顔を見据えました。
それはそれは恐い目でした。

犬はその目を見て、かつて自分がパンや魚を盗んでは追いかけられた過去を思い出しました。
まだ伊角と出会う前のことでした。
「(……うー、なんて恐い目なんだ)」
とっさに犬は、アキラに愛想笑いをしてみました。するとアキラもニッコリと微笑み返すではありませんか。
犬は少し安堵しました。
「(ずいぶん… 騙されやすそうな人だな)」
ヒカルが犬を呼びつけます。
「なんだ お前、トロフィーが欲しいのか? じゃ、オレのをやるから、オレの肩たたけよ」
犬は早速、アキラの頭上を飛び越えてヒカルの背後に着地すると、にこやかに唄いながらヒカルの肩をたたき始めます。
「 ♪ たん とん たん とん たんとんとーん  」
「ちょっと待て進藤、キミの持ってるトロフィーを渡す!? ボクとの決勝戦を侮辱するのか!?」
「い、いやトロフィーといっても、実は、前から将棋部に修理しとけって云われたままのやつで…」
「将棋部?」
「そー、将棋部のトロフィー。(加賀は、いらないって言ってたし、あげちゃってもイイよなぁ?)」

7 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:29 ID:???
犬は今まで伊角に碁を教わってきました。この間はネコとも対局しています。
とても賭け碁が好きなネコで、石をズラしたりもしました。
この対局で、犬は、初めて伊角以外の者と打ったのでした。
そのため、最初はビクビクしながら打ち始めたのですが、結局ネコには完勝しました。

いま犬は、ヒカルの肩をたたきながら、盤上の石を見ています。
「へー、詰め碁やってたんだね」
「分かるのか?これ、オレが考えた詰め碁なんだぜ。どうだお前もやってみるか?」
さっきまでヒカルは、自分の考えた詰め碁を、アキラに見せていたのです。
犬も、これまで詰め碁はたくさん解いてましたし好きでした。
さっそくヒカルの問題に取りかかります。
「えーと、まず黒がここ、白はツイだら死ぬからハネる、コウにさせないように黒はここ。
白下がったら黒のウッテガエシ」
「へー、やるじゃん! じゃあ これは?実戦であったやつなんだけどさ……」

トロフィーを並べてるアキラの前でも、ヒカルと犬の検討が続きます。
「わんわん、だからオレは、ここに打つほうが好き」
「そうか。うーん、やっぱり、そう考えるヤツが多いのかなぁ」
「裏の裏まで狙っても、きっとノゾかれてしまうと思う、わんわん」
「お前、なかなか やるな。……なんつうか定石にこだわりが窺える!」
ヒカルが、犬の実力に感心し始めた頃でした。
ようやく塔矢邸に芦原がやって来ました。
「あ、進藤くんも、手伝いに来てくれたのかい?」
「ちょっとだけ」
「芦原さん、一応トロフィーは並べておきましたよ」
トロフィーを並べ終ったアキラが芦原に言いました。

8 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:30 ID:???
「ようし、じゃあ棋院に頼まれていたものを、さっさと選り分けてしまおう」
「進藤、キミはもう手伝わないのか?」
「ああ。 もう最初に約束した分は手伝ったろ? …この犬おもしれえんだ」
「その犬、進藤くんのかい?」
芦原の質問にはアキラが代わりに答えました。
「勝手に入ってきた犬なんだけど」
「ハハハ。ねー、芦原さん、聞いて。 コイツ、トロフィーが欲しいんだって」

「トロフィー?犬くん、キミがかい」
「わんわん、ダメならクーラーが欲しい」
「クーラーが欲しい? キミ名前は?」
「ワヤ」
芦原は、少し腰をかがめて犬の目線になって言いました。
「残念だけどワヤくん、クーラーはね、電気屋さんに売ってるんだ」
芦原は、真面目に言っていました。

犬は芦原の目線の高さに安心しました。そして訳を話します。
「……実はオレ、毎日 仲間のお年寄りと打ってる人から碁を教わったんだけど。
今年はとても暑いのに、その人の家にはクーラーないんだ。だから、なんとかしてやりたくて、あちこち尋ねて廻ってるんだ」

芦原は、生活保護を受けている老人から、犬が碁を教わっている、そんな光景を思い浮かべました。
「(そうだったのか…… なんて健気な犬なんだろう。)」

芦原は、ワヤから離れたところに、アキラとヒカルを呼んで提案しました。
「みんなでお金を出し合って、ワヤくんにクーラーをプレゼントしようじゃないか。
(ついでに僕は、そのご老人に指導碁も打ってあげようっと) うん、そうしよう」
アキラは芦原の意見に賛成でした。しかしヒカルは、そこに新たな提案をしました。
「いや、そうじゃなくてさ、いっそ勝負ってことにしない?」

9 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:31 ID:???

犬は、その後のヒカルからの説明に驚きました。
「ペア碁?」
「そう、オレとお前、そして塔矢と芦原さんのチームで勝負するんだ。賞品はクーラー。
あ、オレはクーラー要らないから勝ったら お前の物な」
「えっ、本当に!?」
「エヘン、どうだワヤ?」
「すげえっ! ナイスだ!!」
犬の張り切りようを見て、芦原は感心しました。
「たしかに進藤くんのいうとおり、対局によって手に入れた方が良いのだろうな……」
「さ、準備はいいぞ、進藤」
アキラは既に碁盤の前でスタンバッてました。
「……アキラも張り切ってるし」

対局前に、犬は芦原にも確かめました。
「ホントに勝ったらクーラーくれる!?」
「ああ、そうだよ (本当は健闘するだけでも、その ご褒美ってことにするけどね。
健闘ぐらいなら進藤君も いるし大丈夫だろう) ところでワヤくん、キミの棋力はどれくらい?」
犬は胸をはって答えました。
「この間、ネコに勝った!」
「ネコ? ほおーう?」
犬はシッポをパタパタと振っています。

10 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:32 ID:???
その横でヒカルは、一人ほくそ笑んでました。
「へへへっ、(実はこのルール、ワヤとオレのチームが勝てば、オレだけクーラーのお金を出さなくてもいいんだよね)」
また、アキラも笑みを浮かべてました。
「フフッ、(ボクにはお見通しだぞ進藤、キミは本気で勝ちにくるつもりだな) まあ、いい。勝負だ!」
「いよっしゃあ!さぁー勝負だ! よかったな!ワヤ」
「おう、やってやるぜ!!」

さて、ニギる時になってアキラが言いました。
「ところで進藤、ボクたちが勝った場合、(キミは)どうするんだ?」
犬はハッとしました。「(そうだ、オレどうするんだろう?)」
ヒカルは、犬から見えないように、ウインクをして言いました。
「そのときは、ワヤが2人のドレイになるってことでいいじゃん。もう煮るなり焼くなり好きにしてよ」

その時、美しい音が流れてきました。
それは、管楽器と弦楽器を限りなく近付けたような音色でした。
どこか郷愁を帯びて、暑さをも忘れさせる伸びやかな音。
皆の心に、しみいる音でした。
その音の発生源は犬でした。
犬が怯えて「クゥ〜ン クゥ〜ン」と鳴きはじめたのでした。

ヒカルの「煮るなり焼くなり」という言葉から、「犬鍋の話」を思い出し、犬は怖くなったのです。
「( ナベになるのはイヤだ…… どうしよう… これが罠だったら…… きっと今ならまだ、大暴れすれば間に合うけど、 でも… )」
もう犬には、3人の笑顔さえもが、だんだんと悪魔の微笑みに見えてきて仕方ありませんでした。
その悪魔の笑顔で、アキラが犬に言いました。
「さ、キミの番だよ」

11 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:33 ID:???
皆の心に、しみいる音でした。 その音の発生源は犬でした。
すっかり怯えてしまった犬が、「クゥ〜ン クゥ〜ン」と鳴きはじめたのでした。
ヒカルの「煮るなり焼くなり」という言葉に、犬は すっかり怖くなったのです。
「( 煮…煮られるのはイヤだ…焼かれるのも……どうしよう… もし、もし……
きっと今逃げれば、まだ助かる…… でも… )」

もう犬には、3人の笑顔さえもが、何かをたくらむ悪魔の微笑みに見えてきて仕方ありませんでした。
その悪魔の笑顔で、アキラが犬に言いました。
「さ、キミの番だよ…」

しかし怯えきった犬には、一手目が、なかなか打てません。
「早くしろよ、ワヤ」
「うーううーうううう……」
もう犬には盤面が見えてませんでした。
仕方がないので、犬は、ヒカルにお伺いを立てます。
「…パス、 しようかな……」
「ええっ!? 一手目から何言ってんだよ、お前!!」
「きっとオレは不味いし!ホントだよ!」
「一手目から、マズイもウマイも、あるもんか!」
ここでヒカルはハッとしました。
「(ワヤが言ってる不味いって……そうか!)」
食い意地の張ったヒカルだけに通じた「不味い」の意味……

12 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:34 ID:???
そうなのでした。ヒカルは、犬の心のS・O・Sをキチンと酌み取ったのでした。
「(ワヤって、面白いやつだなー) ふーん、そーか、ワヤ。ここから逃げたいんだな」
犬はパッと顔を向けて うなずきました。
ヒカルも うなずき返して言いました。
「でも、ダメ。 さ、早く打て」
そんなヒカルの頑なな態度に、アキラは感心しておりました。
「(…さすがだな、進藤。立ち向かわない限り、いつか負け犬になってしまうものだ……)」
実はヒカルは、犬のビビリように、内心ウキウキしてました。

芦原だけは、犬に助け船を出してみます。
「まあまあ、進藤くん。ワヤくんには、僕たちの相手は、荷が重いようだね。対局は無しでも良いということで……」
芦原の言葉には、ヒカルもアキラも、同時に反発しました。
「ダメダメ!オレはワヤの一手目も楽しみなんだから!」
「芦原さん、ここはワヤくんの一手を待ちましょう。 …ワヤくん。最初の一手、期待しているよ」
2人のコンビネーションに、芦原は思い直しました。
「OK、分かった。 (この2人……碁に関しては、本当に似たもの同士だよなぁ)」
「…おいワヤ、クーラーを手に入れるんじゃなかったのか?」
ヒカルの問いかけに、当初の目的を思い出した犬は、ようやく真剣に盤上を見始めました。
そして、その目には、少しずつ気迫が宿ってきてました。
しかし、どんなに気迫のこもった目になっても、「クゥ〜ン クゥ〜ン」という犬の生理現象は止まりませんでした。
そんな犬によるBGMの中で、対局は進んでいきました。

13 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:35 ID:???

「終った・・・・・みじかい夢だった」
まだ序盤でした。犬は、そうつぶやくと肩を落としました。
「まだ終ってない!よく見ろよワヤ!」
ヒカルが活を入れます。

さっきから、芦原には犬の態度が不思議でした。
「(やれやれ。ワヤくん、悪くない手を打っているのにな。ここまで気持ちが負けてしまっているとは……)」
もう、芦原は指導碁のつもりで打ってました。
その後、ヒカルの勝負手をアキラが冷静に受けるだけでも、犬の気持ちは、どんどん挫けていきました。
「だめだ・・・もう・・・」
「まだ、だめじゃない!がんばれよ、ワヤ」
いまだ犬の鳴き声は、テンポを変えつつも続いていました。
「クゥ〜ン クゥ〜ン」「クゥ〜ン クゥ〜ン」
そのためか、犬の次に打つ芦原の手も、次第に気の抜けたものになっていきました。

「クゥ〜ン クゥ〜ン」「クゥ〜ン クゥ〜ン」「クゥ〜ン クゥ〜ン」
「なあ……ワヤ、もう少し静かにできないのか?」
ヒカルにたしなめられますが、犬の鳴き声は止められません。
「ムリなんだ…… シャックリと同じで、止めようとしてもオレには止められないんだ……」

早くも対局は中盤を迎えてました。
ヒカルの打ち込みに構わず、アキラはホウリコんできました。強手でした。
「うわああ!もはや これまでかああー!!」
「落ち着けってば!ワヤ!!」
実は、これまでも犬は、なかなか良い手を打ってきてました。その上、ヒカルとの呼吸もピッタリでした。
「今、大丈夫なんだから!あきらめるなよ」
そんな、ヒカルの言葉の直後でした。
ヒカルもアキラも、ハッとする一手を、突然、犬は繰り出してきたのです。
「(ワヤ……落ち着いて来たのか!)」
それは両ニラミに出来そうな、良い位置でした。

14 :クーラー欲ッシュ!:04/08/30 01:36 ID:???
もともと犬をパートナーにしたヒカルは、その鋭い打ち筋にも、さして驚いてませんでした。
また、アキラも、ヒカルが勝負を言い出した時点で、きっと強い打ち手なのだろうと思っていました。
しかし芦原だけは、犬の強さを、ネコに勝ったことしか知らないまま対局を進めていました。

「(芦原さんは、どうするだろうか?)」
アキラは何気に、芦原に注意を呼びかけます。
「芦原さん、油断しないでください」
しかし芦原は、これまでよりも、大きく響きだした犬のBGMに気をとられてました。
そして気をとられたまま、この手を受けてしまいました。
瞬間、アキラの顔色が変わりました。
「……(この失着を、進藤が見逃すとは思えない)」
アキラの予感は当たりました。すかさずヒカルが、それにつけこんだ一手を放ちました。
「さあ、あとに続けよ、ワヤ!」
せっかくのアキラの気迫も、芦原に伝わりきってなかったのが、チームにとって誤算でした。
アキラは、芦原の打ち回しを予想しながら、自分の次の一手を打ちます。
「(ここは捨てて、こっちに廻った方が良いと思うが。 芦原さんは、どう思っているか)……」
そんなアキラの、一歩引いた打ち込みに、ヒカルはチャンスだと思いました。
「(ワヤ。あそこだ、あそこに打てよ!頼むぞ!!)」
急に押し黙ったヒカルとアキラのプレッシャーに、犬は押しつぶされそうになりました。
「クゥ〜ン クゥ〜ン(知らなかった……勝負がこんなにも苦しいものだなんて)
クゥ〜ン クゥ〜ン(……苦しい。でも、でも今のオレは、胸がこんなにも躍っている!だけど……)クゥ〜ン クゥ〜ン
(苦しいよ、どうしよう、伊角さん……オレ…オレ、このまま打ってもいいのかな?)クゥ〜ン クゥ〜ン」

ふいに犬の鳴き声が止まりました。
そして犬は、ヒカルの希望通りの所へ、次々と打ち込み始めたのです。
ヒカルは喜びました。その後の犬の打ち回しには、不満は全くありませんでした。
「へへッ、ワヤ。 何か、いいパートナ−だな。オレたちって。 ……ようし、ついて来いよワヤ!」
ヒカルと犬のチームワークは、芦原を感嘆させるものになっていきました。
ほどなく盤上は、ワヤチームの優勢になったのでした。

15 : (U´Д`)ワンワン :04/08/30 01:43 ID:???
ワヤスレッド・ワヤゲー等、名作が華麗に完結しているのに
「ワヤが本当に犬」という素敵設定の クーラー欲ッシュ!の
未完で終わるのは忍びない。

職人さんがこのスレに気付きますように。
心からお待ちしております。

  ,,,,.,.,,,,
 ミ・д・ミ <ほっしゅほっしゅ!
  """"

16 :マロン名無しさん:04/08/30 19:35 ID:???
乙!

17 :マロン名無しさん:04/08/30 20:08 ID:c9TAPC0X
ほしゅ〜
今日中に、あと10個くらいレスが要るんだっけ?
マロンは違ったかな?

18 :マロン名無しさん:04/08/30 20:29 ID:???
レ レ レ
 ススス
レス糞スレ
 ススス
レ レ レ


19 :マロン名無しさん:04/08/30 20:33 ID:???
>1の名前欄がかわいい。

今朝落ちてるのは気づいてたけど立てられなかったんだ。
乙!

20 :マロン名無しさん:04/08/30 21:20 ID:???
スレ復活よかった!!

>1よ、乙 & ありがトン !

職人さんカモーン!!



21 :マロン名無しさん:04/08/30 21:45 ID:???


22 :マロン名無しさん:04/08/30 21:46 ID:???


23 :マロン名無しさん:04/08/30 21:47 ID:???


24 :マロン名無しさん:04/08/30 21:49 ID:???
ハッスル ハッスル

25 :マロン名無しさん:04/08/30 22:24 ID:???
>15の「ワヤが本当に犬」という素敵設定、が妙にツボに入った。


26 : (U´Д`)ワンワン :04/08/30 22:50 ID:???
ワ━━━━━━ヽU゚∀゚Uノ━━━━━━ン !!!!!

皆居るじゃないか!
フカーツさせてよかった!感動した!

職人さんが来るまでここは漏れらが守るぞ!

27 :マロン名無しさん:04/08/30 23:23 ID:???
>>26
喜びの声もワンかよw
クゥ〜ンクゥ〜ン

28 :マロン名無しさん:04/08/31 16:28 ID:psgPrERt
水増しage

29 :こぴ:04/08/31 18:52 ID:???
川崎七段「進藤くん!…なぜ二段なんだ?彼は」
進藤棋聖「え?」
川崎七段「和谷君はなぜ未だに二段なんだ?」
進藤棋聖「あの…10年くらい前からずっと負けつづけてたヤツがいたこと 知りません?」
川崎七段「! あ…いたな!ウワサで聞いた」
進藤棋聖「それが和谷です。あれからずっと勝ってないから昇段点取るなんてもう絶望的で…」

30 :こぴ:04/08/31 21:37 ID:???
コンビニでバイトしてて深夜、汚れた犬が店の前に立っているんよ
悲しい顔して中に入れてよ、みたいな感じでこっちを見てるんだよ
泣きそうになった

31 :こぴ:04/08/31 21:38 ID:???
我が地方では走行中の車に野良犬を投げ込み
慰謝料を請求する商売が昔からあります

32 :マロン名無しさん:04/08/31 23:24 ID:???
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。'^゚,n。
_no _no _no _no _no _no _no _no _no_no _no _no _no _no _no _no
_l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0 _l⌒l0
_| ̄|○  _| ̄|○  _| ̄|○  _| ̄|○  _| ̄|○  _| ̄|○  _| ̄|○

33 :マロン名無しさん:04/09/01 00:57 ID:???
>30の犬のゆくえが気になるよ

34 :マロン名無しさん:04/09/02 09:01 ID:???
仕事先で聞いた話なんだけど、自分の犬を熱中症にかけちゃった人がいた。
その家族は、車で遠出するときには犬と一緒だったとかで、
犬は、家人が車のトランクを開けると、そこに乗り込み出発を待っているほど
お気に入りだったらしい。
んで、炎天下渋滞気味の中、いつもより騒がしかったらしかったんだけど、
なんか静かになったなと思ったら、ゆだっていた。

こういうときは犬の場合、水風呂につけておくのが良いらしい。氷を入れても良いんだって。

35 :マロン名無しさん:04/09/02 20:45 ID:???
時々走行中の車の窓から顔出して
風に吹かれてる犬とかいるよな。

36 :マロン名無しさん:04/09/02 22:40 ID:???
ほんとに犬のスレになりつつあるなw

37 :マロン名無しさん:04/09/03 15:37 ID:???
犬にすら話題をさらわれる負け犬

38 :マロン名無しさん:04/09/04 10:40 ID:???
犬も歩けば棒にあたる。

39 :マロン名無しさん:04/09/04 15:27 ID:???
三日飼えば恩をわすれず。

40 :マロン名無しさん:04/09/04 17:48 ID:???
ペットの結婚式なんてものもあるそうでして
新郎新婦に衣装を着せて、首輪の交換とか行なうそうですな。
費用は40〜50万だとか。

41 :マロン名無しさん:04/09/04 22:27 ID:hcWMQ9O4
>>38
本日の日経(夕刊)のジャパンis coolによると、
北方謙三の「棒の哀しみ」の中の「棒っきれのように生き、棒っきれのようにくたばる」
を英訳するならば「棒っきれ」の部分は「犬」と訳すのだそうです。

「犬のように生き、犬のように死ぬ」という表現が英語で
一番ぴったりくるんだとか。

42 :マロン名無しさん:04/09/05 16:44 ID:???
うわ、まだあったのか和谷スレ
和谷主催和谷リーグは開催されたのかな・・・
それとも欠席者続出かな

43 :マロン名無しさん:04/09/06 03:52 ID:???
スレが落ちたのには驚きました……
     
  /つ_,∧
  |( ゚д゚)  エェ ── ッ !?
  ヽ__と/ ̄ ̄ ̄/
   ̄\/___/ ̄ ̄

たまに、あげなきゃならんみたいですね。


その後にスレが立ってたのにも驚きました。1さん乙! (・∀・) 
ということで続きです。やっぱりマターリですけど (´・ω・`)  


44 :クーラー欲ッシュ!:04/09/06 03:54 ID:???

かつて犬は、女の人に首を絞められたことがありました。
犬にとって、首はウイークウポイントでした。
その事件を聞いた伊角は、犬の首を防護する堅い輪っかを、首輪として付けてやりました。
首輪を貰った犬は喜びましたが、そのうち飾りも欲しいと言い出しました。
それで伊角は、飾りも付けてやりました。
この飾りにも犬は大いに喜びました。
しかし、すぐに首輪に付いている飾りは、首輪をしている自分からは見えないことに気がつきました。
犬はアゴをあげて飾りが良く見えるように胸をはって、伊角に訊きました。
「伊角さん、この飾り、カッコいい?」
そして、それを犬は毎日訊くようになりました。
「伊角さん、今日はどう?この飾り」
いつも伊角が答えるまで、胸をはった姿勢をくずさないのでした。
伊角に「カッコいいよ」と言われるまで待っているのでした。


45 :クーラー欲ッシュ!:04/09/06 03:55 ID:???
 ある時、伊角と犬が、揃ってお年寄り達の所に寄ったときのことでした。
指導碁の間、しばらく姿が見えなかった犬が、伊角のところに戻って来て言いました。
「伊角さん!今日オレ、モールス信号覚えた!」
言うやいなや犬は、アゴとノドを使って器用に首輪の飾りをカチカチと鳴らして見せました。
(カカカ・カチンカチンカチン・カカカ)
「判る?今、S・O・Sって打ったんだよ」
伊角は感心しました。犬にモールス信号を教えた老人も、にこやかに言いました。
「いやあ、伊角くん、賢い犬だね。軍用犬でも、こんな賢い犬は、いなかったよ」
それを聞いた犬は満足そうに笑いました。
「エヘヘッ」
また老人も、犬の喜びように満足そうでした。そして伊角に約束をしました。
「今度来るときまでに、通信の出来る首輪を用意しとくよ」
伊角は「そんな、頂けません。そんな高価なもの」と、思わず言いそうには なりましたが、
かろうじて その言葉を飲み込みました。
その老人の目が、元通信兵だった血が騒いでいたからなのか、いきいきとしていたからです。


46 :クーラー欲ッシュ!:04/09/06 03:55 ID:???

そして、新しい首輪が出来上がる日になりました。
犬がノドとアゴで首輪を操作して発信して、外部からの信号で首輪が音を出すという物でした。
さっそくの受信テストで、そのクリアな音に、犬は跳ねて喜びました。
しかし、その音は伊角には聞こえません。
「オレには何も聞こえませんが…?」
犬はビックリした目で、伊角を見ました。
「え?伊角さん、この音が聞こえないの?」
犬の反応を見た伊角は、老人に確認します。
「……もしかして超音波ですか?」
「その通り。人混みの中でも迷惑にならないようにしたんだよ」
「伊角さん、超音波って何?」
老人は、犬に説明しました。
「犬にはヒトに聞こえない周波数の音を聞き分ける能力があるんだよ。まあ、伊角くんの方はイヤホンで、普通の音が聞けるようにしてあるが……」


47 :クーラー欲ッシュ!:04/09/06 03:58 ID:???
老人は、伊角に『店頭見本用の携帯電話の模型』にトランシーバーを埋め込んだ物を渡して言いました。
「アンテナチップに良いものを使ったから、かなりの距離まで届くよ」
「やったあ、伊角さん、これでいつでも会話できるね」
「いや、オレはまだモールス信号覚えてないし」
「オレが教えるよ!伊角さん、覚えて覚えて!!」
結局、伊角もモールス信号を覚えることとなりました。
こうして、犬は誰にも知られずに、伊角と交信が出来るようになりました。
そして この交信中の犬の姿は、第三者には ただ口をもぐもぐさせているようにしか見えないのでした。

犬が伊角の家を飛び出してから、かなり時間が経ってました。
伊角は犬を心配して、探しに出ていました。そして、伊角が犬との交信可能距離内に入った時でした。
犬からの信号が伊角に届きました。

「お、ワヤからだ…… えーと、『我、現在ペア碁にて奮闘中なり。しかして、3人の打ち手たるや、
みな魔物のごとき強さにて我だけで打つのはもったいなきこと この上なしにて候。
良い機会なので、ここは貴殿にも、ぜひ打たせてあげたし。至急連絡乞う』 か……
……そうか、今ペア碁を打っているのか」
伊角は安堵しました。同時に『魔物のような強さ』という言葉に驚きました。
「…ワヤが強いって言うんなら、掛け値なしに強いはず、それが3人も?
この近くで、それだけの打ち手が集う所って……まさか……いや きっと……」

そして、この犬からの連絡が、伊角の瞳を静かに燃えさせたのでした。


48 :マロン名無しさん:04/09/06 12:31 ID:???
>>43 いっそ君がageてみるのは?
投下の間隔縮めてさ。
まあ、ageてばかりだとスレが保存されないとも聞くけど。

49 :43:04/09/06 18:46 ID:???
>48
やるつもりというか、前スレでもやるつもりでした。でも、うっかりしちゃったい。
マロンって、500位以下になったら要注意なのかも。

50 : (U´Д`)ワンワン :04/09/06 22:55 ID:???
クーラーホッシュキタ━━━━ヽU゚∀゚Uノ━━━━!!!!
嬉しい!嬉しい!嬉しい!
これで心置きなく名無しに戻れます

ageなくても、書き込みがあれば落ちないはず?

51 :マロン名無しさん:04/09/07 07:42 ID:???
したり

52 :マロン名無しさん:04/09/07 08:33 ID:???
>50
藻つかれっそ!


53 :マロン名無しさん:04/09/07 15:10 ID:???
犬としては何気に優秀な負け犬w
ほめてもらえるまで胸をはった姿勢を崩さない描写が
可愛いと思ってしまった。

>48
保守ageは他の住人でもできるし投下は職人さんのペースで
してもらえばいいと思う。
>50
俺もそう思ってsageてたけど前スレはそれで落ちたからな。
下がりすぎてたら適度にageたらいいと思う。

54 :マロン名無しさん:04/09/09 10:12 ID:???
4様よりONE様。

55 :マロン名無しさん:04/09/09 15:49 ID:MeK6Gmx/
おれは和谷様だ。
みんな、おれを称えろ。
崇め奉れ!

56 :マロン名無しさん:04/09/10 11:29 ID:???
悪い子にしてるとエサをあげませんよ。

57 :マロン名無しさん:04/09/11 13:09:00 ID:???





        ∧_∧  zzz……
       (,=,-ω-)
       ( ∪ ∪
       と__)__)    且

58 :マロン名無しさん:04/09/11 14:07:16 ID:???
果報は寝て待てか。いや、ホシュして待てか。
職人さんが来たら起こしてやる。

59 :マロン名無しさん:04/09/12 23:59:12 ID:L8RInlfk
2004/09/12最初のレス

60 :マロン名無しさん:04/09/13 00:06:28 ID:???
おぼれてる犬は棒で叩け

意味は良くわからんが格言らしいです。


61 :マロン名無しさん:04/09/13 20:36:36 ID:???
それひどくないか?

62 :マロン名無しさん:04/09/13 21:39:17 ID:???
そういやイソップかなんかで、水に移った己を見て吠えて肉落とす犬の話があった。
情けなくてかわいそうで泣けた。

63 :マロン名無しさん:04/09/13 22:13:50 ID:???
「おぼれている犬   棒」で検索すると、いくつか用例が出てくるけど、
意味は そ の ま ん ま みたいだね。

64 :マロン名無しさん:04/09/14 13:07:05 ID:???
泣いた赤イヌ

65 :マロン名無しさん:04/09/14 15:10:34 ID:???
神様がくれた捨てイヌ

66 :マロン名無しさん:04/09/14 17:17:53 ID:???
犬の尾を踏む男たち

67 :マロン名無しさん:04/09/14 18:18:56 ID:???
私は犬になりたい

「そうだ 今度生まれるときは犬になろう…」

68 :マロン名無しさん:04/09/14 20:05:52 ID:???
イヌ仮面

69 :マロン名無しさん:04/09/14 20:18:10 ID:???
いとこの学校では、夜になると、校舎の中を
首のない犬が走りまわっていたそうな。

70 :マロン名無しさん:04/09/15 23:42:19 ID:???
(((((;゚д゚))))ガクガクブルブル

71 :マロン名無しさん:04/09/17 13:36:52 ID:gIDw2kUr
>>63
うまく検索できなかったけど、
あれこれ調べたら、棒で叩け、と命令形だったらことわざ。
意味は「うっかり手をさしのべて、ひきずり込まれないようにしろ」

たたくような、という連用形?だったら無慈悲なさま、非難するときの言い回しで、こっちの方が一般的みたいでした。

72 :こぴ:04/09/17 23:07:53 ID:???
●NHK負け犬トーナメント決勝  和谷二段 対 本田四段

女流棋士「本日は、敗者の祭典・NHK負け犬トーナメント決勝です、
     解説は、人気急上昇中の進藤本因坊にお越し頂きました。
     さて、今回のこの二人の対局をどう見られますか?」
進藤本因坊「それは和谷負け犬が有利でしょうね。彼には読み間違いという
      碁打ちにとっては致命的な得意技がありますから。」
女流棋士「そうなんですか…。あ、時間ですね。対局が始まりますよ。」
女流棋士「序盤の形勢はどうでしょう?若干和谷二段の方が勝って見えますが?」
進藤本因坊「そうですね。彼は序盤だけは六段レベルですからね。これからです。」
〜局面は中盤〜
女流棋士「和谷二段がここで白を7の五に打つと黒石が死にそうですが、どうでしょうか?」
進藤本因坊「いえ、それでは黒は生きてしまいます。」
女流棋士「あ、そうですね。ココに黒を打てばこう進んで、結局生きてしまいますね。」
進藤本因坊「そうです。しかもここでの黒の応手が中央にうまく効いていますので、
      結局は白大損のわかれとなってしまうんです。」
女流棋士「なるほど。あっ、長考していた和谷二段が打ちました。…あれ、7の五ですね。」
進藤本因坊「ウヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!だろ!?そうくると思ったんだよな!さすが和谷!」
女流棋士「ヒソヒソ(し、進藤本因坊、落ち着いてください。全国ネットですよ。)ヒソヒソ」
進藤本因坊「ゲフンゲフン…。すみません。取り乱しました…。和谷二段、よそ事でも
      考えていたんでしょうか。これで序盤のリードも殆ど無くなりましたね。」
女流棋士「さあ、形勢は互角。これからの二人の攻防に注目しましょう。ってあれ?
     和谷二段投了のようですね。どうしたんでしょうか?」
進藤本因坊「うわっ!早っ!まだ互角だっつーの!負け犬根性丸出しっ!」
女流棋士「また今年もよそ事→読み間違い→見切り投了のコンボですか…。もうダメですね。」
進藤本因坊「はいっ!というわけで、和谷負け犬が八連覇決定!!」
女流棋士「以上。NHK負け犬トーナメント決勝をお送りいたしました。」

73 :こぴ:04/09/17 23:08:39 ID:???
和谷義高二段著『進藤本因坊のひ☆み☆つ』税込\1,300

今明かされる進藤ヒカル本因坊の謎!
12歳から囲碁を始め、2年でプロ入りを果たした、史上最強棋士。
若き本因坊の最も身近で親しい友人でもある(本人談)和谷義高プロが
院生時代苦労を共にした逸話と共に、いろいろな視点から進藤ヒカルを
分析する!
これであなたも【進藤マニア】だ!

74 :マロン名無しさん:04/09/17 23:57:20 ID:???
エート・・・ とりあえず5冊ほどもらうよ (*゚д゚)ノ [10000]



φ(・・。) ←ゴーストライター伊角棋聖(無償)

75 :マロン名無しさん:04/09/18 15:52:21 ID:???
本の売上金の一部は、和谷基金として棋士のみなさまのお役に立てたいと
かように考えておる次第であります。ハイ。

76 :マロン名無しさん:04/09/20 07:35:06 ID:xvlP7dXr
おっと、お釣り3500円ドゾー。

77 :マロン名無しさん:04/09/21 11:30:48 ID:Vbj7FUBW
和谷も使っている?
プロ棋士サーバー
今なら月額350円。

78 :マロン名無しさん:04/09/22 17:45:53 ID:vrYgohwi
自演用

79 :マロン名無しさん:04/09/23 08:19:39 ID:???
いまは もう秋 だれも いない海

80 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 04:50:37 ID:???
犬は、伊角へとバトンタッチした自分の機転を自画自賛しておりました。
「へへっ、伊角さん、喜んでくれてるかな」
伊角はというと、犬が用意したこの対局に大きな喜びを感じていました。
伊角は真剣勝負を望んでいたのでした。真っ向からの勝負を。
「そうだ、オレは、こういう勝負をしたかったんだ。ずっと……」
伊角は犬に勝負手を告げました。
「5の三 カカリ!」

それを聞いた犬は首を傾げました。
「(5の三 カカリぃ?いいのか?先にこっちのほうを……いやいや、打たせてあげると決めたんだ。
ここも伊角さんの言うとおりに……)」
犬が、「パチ」と石を置くと、芦原は「ほおーーう」 と感嘆の声をあげました。
そして芦原は最初、犬の実力を侮っていたことを恥じました。
「ワヤくん…… キミが、これほどの打ち手だったとは……」
ヒカルも犬の肩をたたいて言いました。
「ワヤ!ここでこんな手を打つなんて、お前スゲー!」
アキラもこの棋風は美しいと感じていました。
「……(さすが進藤が見い出しただけのことはある)」
犬には正直、次からどうするのか判っていませんでした。
けれど、みんなに誉められ得意になって言いました。
「へへ、さぁ、どこにでも打ってこい!」
これで、そろそろ勝負は決するかに見えました。
しかし その時、思いも寄らぬ事が起きました。
突然、犬の首輪が通信しなくなったのです。

81 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 04:51:24 ID:???
「(……あれ?あれ?伊角さんからの応答が返って来ない?)」
あわてた犬は、一生懸命に首輪を操作しますが、いっこうに伊角から応答がありません。
「(どうしたんだよ、まさか電池切れか!?) ……ま、まずい。 このままじゃ……」
一方、伊角も犬からの連絡がないことに、首をひねってました。
しかし首輪がバッテリー切れであるとは思ってませんでした。
「ワヤからの返事がない。どうしたんだ?やはり自分で打ちたくなってきたのか?」
犬が望むのなら それでもいいと、伊角は思いました。
「……そうだな、本来オレは最後まで打つべきではなかったんだ」

犬の方はパニクってきました。
「(まずい、まずいぞ、オレ、オレ、どこに打っていいのか分からない!も、も、もし負けたら……
オ、オレ……)クゥ〜ン クゥ〜ン クゥ〜ン クゥ〜ン」
「……なんだよワヤ、またか?」
けげんな顔でヒカルが言います。
犬は、ダメ元でヒカルに訊きました。
「どこに打ったらいいんだろ?」
「はぁ?お前、いままで何を狙って打ってきたんだよ?どっちでも同じなんだから、早く打てよ」
「(どっち? 2カ所なのか?) いや、そうなんだけど……ここまで打ったんだから、もう勝ちってことじゃダメかな?」
「ダメに決まってるだろ…… 何をもったいつけてんだよ、さっさと打てよワヤ」
「進藤くんの言うとおりだよ、ワヤくん。ここまで来たらキミの手で決着をつけてくれ」
「早くしろよ、ワヤ。さっさと打たないと…… (時間切れで)ヤバイぞ〜」
「ウグッ! ( 喰われるってことか? マジか……マジなのか!?)クゥ〜ン クゥ〜ン」

82 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 04:53:08 ID:???
「 クゥ〜ン (進藤の一言で、やっと分かったよ。オレは……オレは、やっぱり……逃げなきゃダメだ!)クゥ〜ン クゥ〜ン」
犬は昔から逃げ足には自信がありました。
なにしろ伊角に出会う前は、犬にとって信じられるものは逃げ足だけでした。
そして、今こそ頼れるものは逃げ足でした。
逃げるなら今だろう、と思いました。
犬は考えをまとめます。
「(まずは、ゆっくりと石を持つ、そして、ゆっくりと碁盤を見る。ここが大事だ! 
オレの視線に合わせて、きっと皆も碁盤を見る、そのスキにオレは庭に駆け下りて、あとは走る。
必要だったらジャンプして塀を乗り越える、と……)」
完璧な計画に思えました。おかげで犬は少し安心しました。
「いや、油断は禁物。それが勝負の鉄則」
犬は3人を油断させるため、いかにも打つ場所は もう決まってるんだ、とばかりに、
ゆっくりと碁笥の中で石を掴み言いました。
「打つよ、いい?」
3人は碁盤に目を移しました。
これで、どうやら逃げられそうだと、犬は少し冷静になりました。
この対局に、名残惜しいものを感じるほどでした。
この3人とは、もう碁が打てないのだと、少し感傷的な気分にもなりました。
犬は心の中で3人にお別れを言うと、碁笥の中に石を落としました。
「(きょうは楽しかったぜ。じゃあな、 さよな……)」
逃げようとした犬を、ヒカルが両腕でガッチリと捕まえました。
「おーっと、待てよ。どこ行くんだ? ワヤ」



83 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 04:54:55 ID:???
捕まってしまった犬は驚き、もがきました。
「は、離せ、離してくれ!武士の情け!」
芦原は、いまひとつ犬の行動が理解できないので尋ねました。
「ワヤくんは、ペア碁は初めてなのかい?」
「初めて!初めてだから、許して!」
「でもワヤくん、ルールを知らないとかのレベルの話じゃないな、これは」
あきれたヒカルは、無理矢理にでも犬に石を掴まそうとしました。
「お前、そんなことじゃダメになるぞ。さっさと打てって、ほらぁ」
「い、いやだ!助けてくれ」
犬は、まるで注射をいやがる子供のようにイヤイヤをして石を掴もうとしません。
「シンドウ!わんわん!(進藤、はなしてくれよ!)」

困ったヒカルは、とにかく犬を落ち着かせるために、飲み物を持って来てやろうとしました。
「芦原さん、ちょっとオレの代わりにワヤを押さえといて」
今度はヒカルの腕よりも、さらに大きな芦原の腕で抱え込まれて、犬は身動きすらできません。
ヒカルが言いました。
「いいかワヤ、オレは台所で飲み物用意してくるから……そのあとは、ちゃんと打つんだぞ」
正直、よもや戻るまで打ってないということはないだろう、と考えての発言でした。

84 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 04:56:47 ID:???
しかし、犬は’台所’という言葉にギョッとしていました。
「やばい、オレ喰われる、今、台所に行ったのだって、
きっと包丁を研ぎに行ったのに違いない。逃げなきゃ!逃げなきゃ!逃げなきゃ!」
再び、もがき出した犬をなだめる芦原。
「ほらほらワヤくん、落ち着いて」
「落ち着くから、離して!わんわん!離してくれなきゃ打てない!」
しかし、犬の目には「ウソ」と書いてあるようでした。
「わんわん!(第一、こんなに押さえられちゃ、手前にしか打てないじゃないか!)」
言ってから、犬はハッとしました。
「(はっ、そうか!さては押さえつけられていても、打てるところ、それが答えなんだ。
当然、みんなが考えているのは下辺のはず!と、すると……ここか!
それとも、こっちの…… ああ、どっちなんだよ!?)」
そして、ヒカルが冷蔵庫の中を物色しているときでした。
犬は顔を真上に向けると、空に向かって吠えたのでした。
「アォオーーーーーン!(伊角さーん、どっちに打つんだよ!?)」
それは、町じゅうに届けとばかりに犬が叫んだ、魂の遠吠えでした。

「この遠吠えは!? ……やはり、ここだったか!ワヤ!!」
すでに伊角は、塔矢邸の塀の向こう側にまで来てました。

85 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 05:00:13 ID:???
さっそく伊角は犬笛で応えました。
すでに犬との間には、いくつかの合図が決めてありました。
「(あっ、伊角さんの笛!やった!助かった!!)」
伊角は一番短い犬笛を、勢いよく、そして長く吹きました。
それの意味は「がんばれ!」でした。
「わ……わん (伊角さん、わけ分かんないよ……)」
伊角は犬に応えようと懸命に笛を吹いてました。
犬も再び伊角に呼びかけました。
「アォオオオーーーーーン!(よく聞いて!)
アォオーーーーーン!(どっちに打つか教えて欲しいんだ!)」
伊角も犬に応えます。
「わかってる!大丈夫だ!」
「ウガガガー!」
伊角には犬語がよく解っていませんでした。
追いつめられた犬に、少しずつ野生が目覚めてきました。
「ウウー、石?ガウガウゥゥー、何だっけ?(ソウダヨ打ってやるンダ!)
どこにダ?ウガガガーー、わんわん!(ハナシテ クレヨウ!)ウウーーイスミサン……」
そうして犬は ついに力尽きて 石を持ったまま、その場にばったりと倒れたのでした。
倒れるときに、碁盤のどこかに指が当たったようでした。

塔矢家の冷蔵庫をあさっていたヒカルが戻ってきました。
そして碁盤の上の石と、動かなくなった犬を交互に見て言いました。
「ここが、ワヤが最後に打った場所か…… ふうん、やけに渋いトコに打ったなあ。
……ま、オレは次ここを押さえるから問題ないんだけど」
「でも進藤くん、ワヤくんが動けなくなった以上、勝負はここまでだね」

86 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 05:03:24 ID:???
ヒカルは犬の両脚を掴んで持ち上げ、ダラーンとのびた犬の体を
振り子のように左右に振って、逆さフラダンスにしました。
「……おいワヤ、起きろ!」
ぶらぶらと振らされていた犬は、やがて頭部が振り子とは逆へ動いたのと同時に、ジタバタと もがきだし始めました。
「やめろ、やめろよ、わんわん!」
「あ、目を覚ました」
すかさず芦原が、まだ逆さになったままの犬に訊きました。
「おはよう、ワヤくん。 さあ、クーラーの届け先の住所を教えてくれ」
「え、なに?住所って?もしかしてオレ……勝ったのか?」
「そうだよ、ワヤくん、よくがんばったね」
犬は、くるりと着地すると、3人の顔を見回してから、跳ね回って喜びました。
「やったあ、やったぞ!クーラーだあ!」
そして庭を駆け回る犬を見ながら、アキラが芦原にいいました。
「今日は、ボクが芦原さんを見直した日になりました」
「おまえな! ……まあ確かに、今日は思わぬ勉強をさせてもらったし…… 代金は僕が全額出すことにするよ」
それを聞いたヒカルも犬を追いかけて言いました。
「やったあ、勝ったぞ!良かったな、ワヤ!」
「わんわん!進藤、お前もよくやった!」


87 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 05:04:24 ID:???
塔矢邸の外では、伊角が壁にもたれかかったまま、犬が出てくるのを待っていました。
「ワヤ、遅いな。 どうしたんだろ?勝ったと思うのだけれど」
もう日が落ちかかってました。
そこへ、ようやく塔矢邸から犬が走って出て来ました。
そして伊角に飛びついて言いました。
「伊角さん!オレ、オレ、すげーピンチだったのに!ひどいや! もう伊角さんには絶対に明日のこと、内緒にするからね!」
「明日のこと?」
「そ!明日になるまで、なーいしょの話」
「なんだよ、気になるなぁ」
しかし、明日までとは言ったものの、帰る道すがら、犬は我慢できずに伊角に言いました。
「伊角さん、明日ね、ビックリするようなプレゼントがあるよ」
「へぇ、なんだろう」
「それだけは内緒。絶対にビックリしてくれなきゃ、いやだからね」
「ああ、わかったよ、ワヤ」
犬と伊角は、夕日に照らされながら笑いあっていました。

その横を数台の車が通り過ぎていきました。

前を行く1台は、ヴィンテージレッドのRX−7 タイプR。
3層ラジエーターで、水冷直列2ローターインタークーラー付シーケンシャルツインターボ、
347s/6500rpmを叩き出す緒方の車でした。
適合マフラーも、緒方好みの低いエグゾーストノートを奏でていました。
外見からは判らないチューンが緒方の好みでした。
「今のは!?」
伊角とすれちがった刹那に、緒方は、もしや自分の知ってる人間ではと思いました。

88 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 05:05:26 ID:???
しかし、一方通行をUターンすることはできません。
緒方は、急いで車を塔矢邸の敷地内に乗り入れ、強烈なスピンをかけて停めました。
緒方の派手なパフォーマンスに、ヒカルはつぶやきます。
「……緒方先生、また意味もなくスピンターンなんかして」
「進藤くん、緒方先生はね、アレがしたくて乗ってるんだよ」
緒方は車を降りると、塔矢邸の外へ走って出て行きました。
「あれれ?出て行っちゃった。どうして?」
ヒカルの質問に、芦原も首をひねります。
「うーん?」
しばらくして緒方が戻ってきました。結局、緒方は伊角を見失ったのでした。
そして緒方の方から3人に訊いてきました。
「今ここに、二十歳くらいの青年が訪ねて来てなかったか?」
アキラが答えました。
「来てませんよ?緒方さん」
「……そうか (やはり違う……か)」
来るときに見た若者の屈託のない笑顔と、緒方が知っている若者の不幸な過去とでは、もともと違和感がありました。
緒方にとっては結びつかないものでした。
かつては伊角の才能を惜しいと思った緒方でしたが、人違いなら仕方ありません。
「(そう…… いまさら彼がここに来るわけがないのだから……)」

89 :クーラー欲ッシュ!:04/09/24 05:10:55 ID:???

翌日、伊角の家に届いたクーラーは、扇風機のように首を振ったりはしませんでした。
そのためか犬は、クーラーに飽きてしまい、やがて扇風機と もつれ合うことのほうが多くなったのでした。

そうして幾日かが経ちました。
今日も犬が、伊角の家に訪ねてきます。
「伊角さん、はやく扇風機のスイッチ入れて入れて!」
スイッチを入れた扇風機のファンをマイクに見立てて、犬は歌いました。
「♪ う゛ぉう゛ぉーーう!!  お前の涙〜っ 俺のぉお、俺のハートをきーでぶるぇあ゛あっ! 」
犬は扇風機を抱え込んだまま、転げ回って叫ぶ、派手なマイクアクションが好きでした。

伊角はそれをニコニコと見ておりました。
「……ワヤは、扇風機に歌うのが好きかい?」
「大好きさ!」
「そうか、気に入ってるのなら良かったよ。オレの家にはカラオケセットないし……」
「カラオケセットってなに?」
「部屋がスタジオになるものさ」
「スタジオぉ!?」

犬の好奇心は、どうにもとまらないのでした。




めでたし めでたし

90 :マロン名無しさん:04/09/24 13:24:38 ID:???
サロンの作文見っーけ。
ここは和谷の作文だけですか?
他にも読みたいです。

91 :マロン名無しさん:04/09/24 14:06:41 ID:???
今回のツボ

自画自賛 逃げ足 ウソと書いてあるような目
わかってない伊角 逆さフラダンス 等々

クーラーがない俺の部屋にも秋が来て、やっと楽になった。
夏の間からずっと楽しませてもらいました
次回作も待ってるよ!

92 :マロン名無しさん:04/09/24 20:15:04 ID:???
カラオケも欲ッシュ!
緒方が言ってるのは何の事だろう。
犬が女の人に首を絞められた話とか、気になってるんだが…
とりあえず乙〜!

93 :マロン名無しさん:04/09/25 02:57:18 ID:???
乙でした(゚∀゚)

伏線が激しく気になるので伊角や緒方の過去話にも期待
こうなったら主人公が和谷以外でも別にイイと思う
和谷「負け犬」スレだしな

94 :マロン名無しさん:04/09/25 04:40:43 ID:???
ワラタ

95 :89:04/09/25 16:43:26 ID:???
みんなドーモです。
クーラーの裏設定っぽいとこは、ネコとの対局だけ書いてみようかと思ってます。
その前に「青い鳥のヤムチャ」を、少し書いてみるつもりです。

96 :マロン名無しさん:04/09/25 20:21:50 ID:???
青い鳥のヤムチャってRPGっぽいやつだっけ
クーラー番外編ともども、待ってるぞ!

97 :マロン名無しさん:04/09/26 02:02:48 ID:???
保存してあったログで「青い鳥のヤムチャを求めて」読み直したら
負け犬が桜野さんに首絞められてたw
女に首を絞められた過去はこれの事かな。

98 :マロン名無しさん:04/09/26 17:27:37 ID:???
前スレ見られない人の為に「青い鳥のヤムチャ」の過去分を投下

↓は住人のネタフリ部分
------------------------------------------------------------
デスノート終了後和谷の中国修行編が始まります。
社はアメリカに、ヒカルと倉田はモンゴルへと旅立ちます。
その後和谷の世界征服編が始まります。

和谷は、「負け犬一族」の末裔だったのです。
そして、王家の紋章の「尾っぽをまるめた犬」を持つと、
人間界に散らばっている他の仲間を見つける旅に出ます。

王国の復活は、プリンスである和谷の使命でした。
しかし、和谷の旅は困難を極めます。
そんなときいつも、故郷においてきたジジィの言葉が思い出されるのです。

「若さま… ヤムチャにお会いなされ… ウ、ゴホッ、ゴホ 」
「じい、ヤムチャって誰?」
「わ、若さまの…」
------------------------------------------------------------

99 :青い鳥のヤムチャを求めて:04/09/26 17:28:15 ID:???
和谷と伊角の旅は続いていた。

レエピンを、腕にぶら下げて歩いている人物がやって来た。
レエピンというのは、捨てられた子犬のような目で「イスミクン」と鳴く哀願動物であった。
しかし、その人物のように、腕にレエピンの首を引っかける人物は珍しかった。

レエピンの鳴き声に、つい名前を呼ばれたのかと振り返る伊角。
桜野「あらぁ、噂通りね。あなた大きいレエピンを持っているのね。どう、私のと交換しない?」
和谷「ふざけんな!だれが、お前なんかのペットに…」
桜野「お前なんかとは、何よ!」
桜野は、和谷の背後から首を絞めた。
和谷「きゅー」
桜野「あら面白い、このレエピン、首を絞めると鳴くわ」
和谷「きゅー」「きゅー」「きゅー」「きゅ〜〜」
伊角「よせ!」
桜野「なによ、交換がイヤだったら、私のレエピンのほうを仕込むんだから!」
桜野はレエピンの首を絞める。

桜野「ほら鳴け!鳴け!きゅーと鳴いてみせろ!」
レエピン「イスミクン!イスミクン!」
桜野「違う!きゅーだ、きゅーと鳴くんだ!」
レエピン「イスミ…、イ…」
伊角「やめてくれ!…もう見ておれん」
桜野「ふーん、どうやら決心がついたようね。レエピンもアナタの方を気に入ったみたいよ」
見つめ合うレエピンと伊角。レエピンは、チワワ目で哀願していた。
どうする伊角。伊角は和谷を見た。
和谷「な…何?伊角さん…真剣な目して…まさか、ここでチェンジだとか言わないよね?」
伊角「和谷、聞いてくれ」
和谷「いやだ聞きたくない! くそー、おい女!オレと勝負しろ!」
和谷は伝説のマグネット碁盤を取り出した。
桜野「あら!?そんなものまで持ってるの! いいわ、レエピンが相手する。レエピン!勝ったらトレード成立よ!!」
和谷とレエピンの対局が始まった。

100 :青い鳥のヤムチャを求めて:04/09/26 17:29:21 ID:???
伊角「…気落ちするな和谷。いい碁だったぞ」
和谷の惜敗だった。
伊角「それにな、さっき言おうとしたんだけど、お前さっさと逃げてくればいいじゃないか」
和谷「はっ!そうだった。 …でも遅い、もう遅い…碁盤の契約は絶対なんだ…」
伊角「ふう、しかたないな」
伊角は、桜野に向き直った。
「今度はオレと勝負してください!そして和谷もレエピンもかけて下さい」
桜野「いいわ。そのかわり、私が勝ったらアナタは私のものよ。さ、この伝説の碁盤に誓いましょ」
碁盤が光り、対局が始まる。

伊角「…気落ちしないで。 とてもいい碁でした」
伊角の勝利だった。
桜野「…ありがとう、やさしいのね。いいわ決めたわ。私、アナタについてく!」

今日の和谷日記
「今日、従者が3人になった。よーし、次は本因坊ゆかりの地だ!!」

101 :マロン名無しさん:04/09/26 22:17:31 ID:???
>98 サンクス
そういやあったあった、こんな話
この続きが読めるのか。楽しみだ。

102 :マロン名無しさん:04/09/28 11:28:49 ID:OZp1cnv0
デジカメ持ってないし、使い捨て(フラッシュ付)買っていくかな。
…でも仕事つまってるんだよねw

103 :マロン名無しさん:04/09/30 17:50:56 ID:???
ワヤムチャほっしゅ!

104 :マロン名無しさん:04/10/01 16:51:02 ID:anRhnj/X
赤いほね募金

105 :マロン名無しさん:04/10/03 16:57:06 ID:???
>赤いほね募金
何となく猟奇的なものを想像してしまった

106 :マロン名無しさん:04/10/04 11:28:11 ID:???
赤いほね欲ッシュ!

107 :マロン名無しさん:04/10/05 21:09:41 ID:WXkfsXa3
そうなる気がする。

108 :マロン名無しさん:04/10/07 09:12:48 ID:???
わんわん!

109 :マロン名無しさん:04/10/08 00:47:01 ID:???
シッシッ!

110 :マロン名無しさん:04/10/08 20:49:23 ID:???
お手!

111 :マロン名無しさん:04/10/09 18:16:28 ID:???
「うしろ足をのっけましょう、わんわん!」

112 :マロン名無しさん:04/10/11 15:21:56 ID:???
即座にバシッ!
「ふせ!」

113 :マロン名無しさん:04/10/11 20:06:24 ID:???
負け犬を名犬に調教するスレはここですか?

114 :青い鳥のヤムチャ:04/10/11 23:49:58 ID:???
=========================================
和谷、伊角、レエピン、桜野の旅は続いていた。
=========================================

ヽ(´∀`)λ(゚∀゚ )ノ 
  (  へ) (  へ)  
 く    く     


  ノ○
 ∠Pゝ 
  /ヘ
  / ○| ̄|_   

=========================================

和谷「あそこが村の入り口だね。人がいる。聞いてみよう」
村人「ようこそ、みなさん。ここは碁盤村です。碁フェスティバルをやってます。こぞってご参加下さい」
村に入ろうとする和谷とレエピン。
入る前に村人に確認してみる伊角と桜野。
伊角「碁フェスティバルは、どこでやっているんですか?」
村人「村の中央にある中央ビッグサイトでやっておるよ。……しかし、困ったことが起きたもんだ」
桜野「困ったこと?」
村人「展示してあった本因坊の碁盤が盗まれてしまったんじゃ……」


115 :青い鳥のヤムチャ:04/10/11 23:50:53 ID:???

和谷「あそこが中央ビッグサイトの入り口か。人がいる。聞いてみよう」
係員「……いや困った、困った」
和谷「困ったって何が?」
係員「今年のフェスティバルから碁盤屋を変えたんだが、どうにも評判が良くないんだ」
伊角「碁盤も盗まれたと聞きましたが」
係員「そうなんだよ。その碁盤屋が展示用に持ってきた物なんだけどね。盗まれたから弁償しろと騒いでてね。600万円だよ。トホホ」
和谷「600万円!? 伊角さん!碁盤を探して お礼を貰おうよ!」
係員「もう、めぼしいところは探したよ。碁盤屋も次のイベント会場に行くとかで、今日の夕方には旅立つそうだし……」
和谷「おじさん、それまでに見つけられたら100万円おくれ」
係員「100万か……いいだろう。期限は今日の夕方までだよ」

桜野「この展示ケースの中に、600万円の碁盤があったのね……」
和谷「ようし、まずは基本中の基本だ。レエピン、この展示ケースの中のニオイを覚えろ!」
レエピンは、くんくんとニオイを嗅ぐと、そのままニオイのあとを追いかけた。
だが行き先はすぐ近くの碁盤の即売ブースだった。
和谷「なんだ?ここらは碁盤がいっぱいあるぞ?」
係員「……あのねキミたち。本因坊の碁盤は、ここで展示ケースに入れて、あの場所に持っていったんだよ。
だから、それ以外の(ケースから持ち出した時の)ニオイのあとを探して欲しかったんだが……
まあいい、我々もまた探してみるから、キミたちはフェスティバルを楽しんでってくれ。(……はぁ、がっかりさせてくれる)」
係員は行ってしまったが、なおも即売ブースの碁盤をくんくんと嗅いでいるレエピン。


116 :青い鳥のヤムチャ:04/10/11 23:51:54 ID:???
碁盤屋「こらガキども!売り物の碁盤を汚す気ィか!荷造りの邪魔すな!」
和谷「おじさんたち、夕方に出て行くんじゃなかったのか?」
碁盤屋「もう、とっとと引き上げるわい」
和谷「えー?おじさんたちが引き上げるまでに碁盤を見つけなきゃならないんだよ」
碁盤屋「知ったこっちゃない」
すでに碁盤は次々と箱に詰められていった。
和谷「ちぇ、なんだよ。つまんねーの。おい行くぞレエピン」
だがレエピンは、そこから離れようとしなかった。
和谷「おい、レエピン」
伊角「まて和谷、碁盤がどこにあるか 今 解った。レエピンは正しかったんだ」
和谷は叫んだ。
「碁盤のありかが解ったぁ!?」
(ざわざわ)

御器曽「ほう、見つけただと?ウソつけ、そんなウソをつくってことは…… さては お前らが犯人だな?」
怒る村の男達。
「なにぃ!犯人!?」
「あいつらか!」
「逃がすな逃がすな」
「とりかこめ、とりかこめ」
伊角「!!」
ここで桜野が男達を一喝した。
桜野「あんたたち!おとなしく見てなさい!」
男達がギョッとした目で桜野を見る。


117 :青い鳥のヤムチャ:04/10/11 23:53:58 ID:???
「なんだぁ〜!?このアマ。ずいぶんと気が強いじゃねえか」
「ツッパらかってるだけさ。内心チビってんだよぉ。なっ、おねえちゃん。へへへ」
桜野「うるさいよ!お前達っ」
桜野は片手で髪を掻きあげ、その手を腰にやると、見栄えのする胸をはって啖呵をきった。
「はばかりながらアタシらはね、お前達のために犯人を見つけてやろうってんだ!
少しは足りないオツムで状況を考えたらどうだい!」
桜野の啖呵に、興奮を押さえきれない村の男たち。
「おいおい、あんな勝ち気なねーちゃん、見たことねーよ」
「それに、よく見ればプロポーションもグンバツだなや」
「ああー、もうたまんね!」
男達の視線が桜野一人に注がれた。桜野は、悠然とその視線の中を歩いていたが、
やがてその歩調に合わせて、男達の視線が自分の胸と脚をずっと追いかけていることに気づいた。
桜野は、どんっ、と片足を踏みならすと、腕を組んだままの挑発的なポーズで、男たちをこきおろす。
「お前達、下品だねェ。ここじゃ、そんなに女がめずらしいのかい!? え?」
「違ーう!あんたみてえな女が珍しいだけだ!」
「そうだ!そうだ!そのお高くとまった顔を俺の○○○○で泣かせてみてえだけなんだ!」
「俺もだあー」
「俺もだ!だが、ただ泣かすだけじゃ済まさねえーぜェ」
桜野「いいかげんにおし!!」
桜野は言葉のムチで男達を叩く。
「どうせ、お前達の○○○は、お前達にお似合いの貧相なものだろうよ!
せいぜいカカトで踏みつけてやるしか使い道がないものさね。お気の毒に!」
これを聞いた男達は「うおお」と歓声を上げた。
その中には自慢の○○○○を、これでも貧相なモノかよと出してみせる者もいた。
桜野「はん!お前達の○○○なんか、○○○で、○○○な、まるで○○○だよっ!」
「ああ!もっと、もっと言ってくれ!」
「踏めるもんなら、こっち来て踏んでくだせえー、つーか踏みに来て!」
「女王様ばんざーい」
「ばんざーい」「ばんざーい」

118 :青い鳥のヤムチャ:04/10/11 23:58:56 ID:???
村娘A「なによ!? あの女!ありえなくね?」
村娘B「むかつく!」
村娘C「氏ね!」

桜野は、きびすを返すと 後ろを向いたまま、片手で男達に静まれと合図した。
一斉に黙る男達。
しかし 男達のギラギラとした目に、和谷たちが何かヘタを打てば、すぐにでも押し寄せて来そうな迫力を感じた。
和谷「こえーよ、ねいちゃんが……」
レエピン「イスミクン……」
伊角は碁盤屋に向かって言った。
「はじめから不思議でした。高価な碁盤が盗まれたというのに、なぜ急いでこの村を出て行かれるのかが」
碁盤屋「そりゃ、こっちにもスケジュールがあって……」
伊角「逆に御器曽さん、あなたはスケジュールを変えてまで一緒に村を出て行かれようとしてますね」
御器曽「ふん、それがどうした?」
伊角「あなたたちは、はじめから仕組んでいたんじゃないですか?」
碁盤屋「なんやとぉ!?アンタぁ、いいがかりをつける気かい?」

和谷が叫んだ。
「犯人はお前達だぁーー!」

和谷の言葉にどよめく村人たち。
「な、なにいーー?」
「犯人があいつら!?」
「それじゃ、狂言だったんかい!?」

御器曽「しょ、証拠はあるのか!?」
伊角「証拠は、おそらくあなた達の積荷の中……」

119 :青い鳥のヤムチャ:04/10/12 00:01:37 ID:???
和谷が叫んだ。
「証拠はお前達の積荷の中だぁーー!」
驚く村人たち。
「な、なにいーー?」
「積荷の中ァ!?」
御器曽「ふん、積荷の中には署名入りの碁盤なんかないぜ!さあ、にいちゃん達、この責任は一体どう取ってくれるんだい!?」
桜野「当然、署名は消したんでしょうね。だけど、おあいにくさま。うちのレエピンは鼻が利くのよ。
さ、レエピン!碁盤を探しておいで!本カヤの碁盤があるはずよ!」
碁盤売り「しもたー!御器曽はんの口車にのって新カヤばっかりにしてたんやーー」
御器曽「バ、バカ!」
がっくりと膝をつく碁盤売りと立ちつくす御器曽。
事の成り行きを見守っていた係員が、伊角に訊いた。
「キミたちは一体何者なんだね?」
伊角「いえ名乗るほどのものでは……」

和谷が叫んだ。
「漂流探偵 和谷さまだぁーー!」
そして村の男達に、そろってVサインを出して見せる和谷とレエピン。
村人「おおーーっ!!」

今日の和谷日記
「今日はチームプレーの勝利だった。
ようやく みんなにも、パーティーとしての自覚が出てきたみたいで、
リーダーとして うれしいかぎりだ。
でもレエピンは、もう少し言葉を覚えないと、オレの影武者になれないぞ」



漂流探偵 和谷様の巻 おわり


120 :マロン名無しさん:04/10/12 01:15:33 ID:???
青い鳥キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!
職人さん待ってたよ〜!!

桜野ねえさんかっこイイ !!
ワヤムチャのヤムチャっぷりがイイ !!
それにしても職人さんの書く伊角は、いつももムチャクチャ善良そうだなあ。
ワヤムチャと足して2で割ると、丁度よいね。


121 :119:04/10/12 08:15:03 ID:???
トンクス
>>ワヤムチャと足して2で割る ・・・ワヤの手と頭部を持つ伊角の話「ワヤ男の恐怖」とかね、
文章力があればチョコっとばかし書いてみたい気もします。

122 :マロン名無しさん:04/10/12 14:41:28 ID:???
女王様ばんざーい!職人さんばんざーい!
村娘ABCにはプリクラ少女の面影が…(w

123 :マロン名無しさん:04/10/12 22:51:58 ID:???
      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  証拠はお前達の  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__   積荷の中だぁーー!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../ 


124 :マロン名無しさん:04/10/12 22:54:28 ID:???
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ──    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /             \    \    /            /            \
 /         U      ヽ    \  /            /          U    ヽ
 l:::::::::               |.    / l            l               :::::::::| 
 |::::::::::U  (●)    (●)   |.  /   |::::: (●)    (●)|   (●)    (●)  ::::::::::|
 |:::::::::::::::::   \___/    |   ── |::::::::  \___/  .|    \___/  :::::::::::::::::|
 ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ        ヽ::::::::  \/    ヽ     \/  ::::::::::::::::::.ノ

125 :マロン名無しさん:04/10/12 23:05:43 ID:???
最初の挿絵は、左上から伊角・和谷・桜野・楽平?
それとも伊角・楽平・桜野・和谷?

桜野のペットは楽平だけど足蹴にされてる和谷も捨てがたい

126 :マロン名無しさん:04/10/13 01:24:19 ID:???
左下の女王様ポイのは桜野ねーさんだな。

127 :114:04/10/13 01:41:44 ID:???
左上は、双子のように似ている楽平と和谷のつもりでした。
なので足蹴にされてるのは伊角。
(そういえば前スレでも伊角は足蹴にされてます)

128 :125:04/10/13 01:46:33 ID:???
伊角だったのか・・・全然違ったよスマソ(´∀`;)

善良キャラなのに足蹴にされる伊角哀れ
でも桜野と伊角はSとMでお似合いだな

129 :114:04/10/13 02:15:18 ID:???
実は、関所越えのシーンで使おうとしていた絵でした。

130 :マロン名無しさん:04/10/13 03:38:10 ID:???
双子みたいに似てても
よりドキュソっぽい(゚∀゚ )顔のヤシのほうが負け犬って感じがする。

131 :マロン名無しさん:04/10/13 09:38:25 ID:???
キバヤシ見て、他の常駐スレに来たかと思った。ワラタ

132 :マロン名無しさん:04/10/13 19:53:45 ID:???
>130 なるほどー、
負ければいいというだけでもないんだね。
納得だ〜。

133 :マロン名無しさん:04/10/15 14:47:59 ID:DfJdc5B/
3くらいだっ

134 :マロン名無しさん:04/10/16 21:55:49 ID:bw5ROA/Q
底上げ

135 :114:04/10/17 22:03:25 ID:???
それじゃあ今週の俺のターン
「欲ッシュ」は場に伏せ
「青い鳥」を守備表示にして
ターンエンド

136 :マロン名無しさん:04/10/18 16:57:54 ID:???
もっとブラックいすみんが見たいでつ…スマソ

137 :マロン名無しさん:04/10/19 00:11:39 ID:???
>135
次の作品のネタフリですか?(゚∀゚*)ワクワク

138 :マロン名無しさん:04/10/20 00:07:00 ID:SQF8kCoO
〇〇〇〇
〇〇〇〇
…ワが、ヤっつ。

139 :マロン名無しさん:04/10/20 13:25:21 ID:???
和差積商

140 :マロン名無しさん:04/10/20 20:59:32 ID:???
台風なんかに負ける和谷さまじゃねーぜ。

141 :マロン名無しさん:04/10/21 06:26:10 ID:???
みんなも非難するときゃ行儀良く非難しなきゃな、…おっと避難だったぜ。

142 :マロン名無しさん:04/10/22 08:32:18 ID:???
和漢生薬

143 :マロン名無しさん:04/10/22 21:46:57 ID:???
なにげに>>138和ロタ

144 :マロン名無しさん:04/10/24 02:05:09 ID:Nd/NL6CU
shakunage

145 :マロン名無しさん:04/10/24 06:24:30 ID:???
美しいageだな

146 :マロン名無しさん:04/10/25 02:50:53 ID:???

           ∧   ∧  /(
        )`、)  ( / \ノ  ~(_
       ) ~             (
    )\) ` , ;' ':;,,     ,;'':;,     フ
   .(      ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,  .(∧  
  )`、)    ,:'           `:、   (  ツイてる!
       ,:'              ',  (_∧
   _)   ,:'   \    /     ;'     (
)\)     ;  ●      ●    ;'      ) 
\      ';,   (__人__)      ;'     /
 ゞ      `:、            ,;:''      (
 \..      ';          ':;,      (
  )       ';==ァ'⌒ヽ=='=',:;,  ;`;  )
  ゞ       '; ヽ二■二/   ':;,丿 ; /
         ';             : ;''
        (.,.,.,.,..,).,.,.,..,,.,.(,..,.,.,.,..,.).:;:;


147 :和谷の碁:04/10/26 09:19:04 ID:???
よ〜く考えよーう
布石は大事だよ〜

148 :マロン名無しさん:04/10/28 07:25:52 ID:cBKivERx
「自分がやられた腹いせに犬の腹を蹴る」
「本当に飢えた犬は棒で殴られても
嬉しがる」

149 :マロン名無しさん:04/10/28 22:00:23 ID:???
ワヤの旅は続いています
「腹いせに蹴られたり棒で殴られたりしているけど、
 俺はげんきです。」

           ∧_∧
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)



150 :マロン名無しさん:04/10/29 00:15:29 ID:???
なんか無闇にカワイイ

151 :マロン名無しさん:04/10/29 11:01:04 ID:???
ワヤは旅立ちました。
 


勝てる勝負を求めて…

152 :マロン名無しさん:04/10/29 19:09:16 ID:???
いままで応援ありがとう。
楽しかったよ。
さようなら、きのうまでのオレ。
オレは今日、きのうまでのオレと決別します。

和谷は、そう言い残すと負け犬の国に帰っていきました。

もう私たちは和谷と会うことは出来ないのでしょうか?


いいえ… もし、あなたのそばに、元気で明るく、
実力のないわりに世渡りが上手く、
そしてちょっぴり卑怯な男の子がいたとしたら…

あるいはそれが、和谷なのかもしれませんよ。

153 :マロン名無しさん:04/10/29 20:12:48 ID:???
>>146-152あたりワロタ

154 :マロン名無しさん:04/10/29 20:13:49 ID:???
特に>>152にワロタ
元ネタはうろ覚えだけどサリーちゃん?

155 :152:04/10/29 21:13:11 ID:???
>154 当たりです。有名どころでねらいました。

156 :マロン名無しさん:04/10/31 12:39:58 ID:???
「泣く子は餅を一つ余計にもらえるが、犬なら石を投げてやれ」

「虎が犬をくわえていったくらいに、せいせいした」

157 :マロン名無しさん:04/11/02 22:54:21 ID:kLxu43xy
 

158 :青い鳥のヤムチャ:04/11/03 13:11:33 ID:???
=========================================

桜野、伊角、和谷、レエピン、碁盤屋の旅は続いていた。

=========================================

桜野「お買い物がたくさんできて楽しいわ♪」
碁盤屋の財力で、和谷たちはリッチな旅を満喫していた。

行く手に関所が見えてきた。
和谷「関所だ」
その関所より手前で、道が分かれていた。
碁盤屋の目が怪しく光った。
碁盤屋「あそこはワイロで通れる関所でっせ。うんと遠回りをすればワイロの要らない関所もあることはあるんやけど、
まあ遠回りしたときの宿代を考えたら……ここはワイロ使て、近道しまひょ」
碁盤屋の説明に一同は うなずいた。
「ここのお偉いはんは、菅原顕忠はんというてな……なんでも藤原なにがしいうお方に
昔、不正をあばかれましてん。 んで、中央から飛ばされなはったんやけど、ワイロの渡し方にもうるさいお方で……
こうな…… まるで碁笥の中の石を掴んだかのように銭を持ってな、で、これまた自分のアゲハマにするかのように
相手に渡すのが流儀なんだそうでっせ」
碁盤屋は、「荷車のワイロには違う作法があるよってに先に行っておくんなはれ」、と4人を促した。

和谷たちは碁盤屋に言われたとおりに、(アゲハマにするかのような仕草で)ワイロを役人に渡した。
役人たちは顕忠公をおちょくったのだと判断した。
その報告を受けた顕忠は怒り狂った。

たちまち和谷一行は、その場で御用となってしまった。


159 :青い鳥のヤムチャ:04/11/03 13:12:26 ID:???

伊角「…で、まんまとオレたちは騙されて、いま牢屋にいるわけだが……」
桜野「してやられたわね。外にいる碁盤屋が、保釈金を払えば出られはするけど……」
和谷「オレの碁盤と引き替えにだろ?イヤだぜ、そんなの。 なんとかしてくれよ伊角さん!この通りだ!!」
伊角「なんとかしてくれといわれても…」
和谷「伊角さんなら、きっと出来る!オレは、オレは……」
伊角「わかった。みんな耳を貸してくれ。脱出作戦その1、まず……」
和谷「やっほう!さすが伊角さん!さあ、みんなで称えよう!伊・角・さん、伊・角・さん」
レエピン「イスミクン、イスミクン」
和谷「伊角さん!伊角さん!」
レエピン「イスミクン!イスミクン!」
伊角「……」
和谷「さ!伊角さん、早く聞かせてくれ…」
看守が牢屋の鍵を開けた。
看守「お前達、出ろ!全員だ」
桜野「え?」
和谷「なんだ、もういいや伊角さん」
伊角「……」

お白州の場に座らされた桜野、伊角、和谷、レエピン。
目の前には、各種の雑貨 ――大工道具・性玩具・怪しいパーティーグッズなど―― が、並べられていた。
顕忠「おまえ達、その中から好きな物を選ぶのだ」
それでまず桜野がムチを選んだ。
和谷は手になじみやすいとの理由で、バールのようなものを選んだ。
顕忠「一度選んだものは換えてはならぬぞ」
この言葉にイヤな予感がした伊角。
伊角はハリセンを選び、そしてレエピンにはピコピコハンマーを選ばせた。

160 :青い鳥のヤムチャ:04/11/03 13:13:49 ID:???
顕忠は側女を右手で抱き寄せながら話を続けた。
「さて、お前達には これからドツキアイ漫才をやってもらう…… もちろん、たった今選んだ物を使ってな。
面白くなければ放免はせんぞ」

和谷はしまったと思った。
「やばいな。レエピンはしゃべれないし、ねいちゃんは叩く方しかやらないだろうし、伊角さんにボケは期待できないし」
まじめな伊角は何か面白いことを言おうと、はやくも固まってしまっていた。
和谷はバールのようなものを選んでしまったことに少し後悔していた。
「こんなもので殴ったら…えらいことになるし…オレは殴られるしか…」
顕忠「お前達は、お互いをドツキ続けるのだ。もしかすると死ぬまでな。フハハ」

顕忠の狙いは明白だった。
顕忠は囚人をいたぶることで、放逐された自分を慰めているのだった。
「(この俺が僻地にいるのは、あのとき藤原めが出しゃばったせいだ。 あの若造には、いつか煮え湯を飲ませてやる……)」
だが今は、常にうっぷんをはらす相手を欲している生活を送るのみだった。
側女にも、あえて憎い仇によく似た女を選んでいた。
女の長い髪は後ろで束ねさせて、そのうえ服装まで似させていた。白拍子のようだった。
そして毎晩、その白拍子を寝所でしめあげていたのだった。
己に逆らわない側女に顕忠は心が充足していくのを感じていた。
「(思えば あの若造、顔だけは美しかったが……)  ええい、くそ!」
顕忠の右手に力が入った。
「(奴は俺が苦しんでいる、そのことすら知るまい!あの若造が!あの若造が!くそ!くそっ!)」
胸を強く掴まれ、側女は苦しそうに身もだえた。

161 :青い鳥のヤムチャ:04/11/03 13:14:59 ID:???
そのうしろから、和谷は顕忠の袖を引っぱって言った。
「おじさん、おじさん」
袖を強く引っ張られ、肩が半出しになった顕忠は、怪訝な顔で和谷を見る。
「なんだ?こわっぱ」
ここで和谷は伝説の碁盤を取りだした。
「オレと勝負しろ」
「何ィー!? この顕忠と碁の勝負とな! かつては囲碁指南役だったこの俺と!?」
「そうさ、さあ、この碁盤に誓ってくれ」
「(こんな小僧に……)」
屈辱だった。顕忠は我を失い、仁王立ちになって家臣に命じた。
「このうつけ者の首をはねい!」
和谷は驚いた。
「ええ!? そんなぁ!オレはそのうち地方の司政官よりも偉くなるんだぞ!お前なんかに……」
「おだまりィ!」
桜野のムチが和谷を打った。
バシィッ!  「ぐぎゃあっ!」
和谷の体が宙を舞った。
桜野「ちょっと目を離すと、この子は!!」
桜野は、地面に落ちた和谷の背中をなおも打ち据えた。
ビシィッ!  「ひぎゃああーー!」

ムチで打たれる和谷を見て、顕忠の側女は自身の胸に手をやり呼吸を乱しはじめた。
彼女は身をよじって顕忠に身をあずけてくる。
いつもと違う乱れかただった。理由が桜野のムチにあることは明白だった。
「(この女、真性のなぶられ好きだったか!?)」
顕忠は手慣れたしぐさで、女をせめた。
「あ……」
顕忠の手が女の肌をみるみる桜色に染め上げていく。
「フフ、(こうゆうことなら、あのムチ使いだけは雇ってやってもよいか)」

162 :青い鳥のヤムチャ:04/11/03 13:16:37 ID:???
顕忠は桜野に命じた。
「ええい、そこの女 ぬるい!もっと強く打ち込めい!いやそれでも足らぬ!百回鞭打ちせい!それでおぬしだけは許そうぞ」
鞭打ち100回といえば常人が普通に死ねる回数だった。
その言葉に和谷は怯えた。
「イヤだー。死んじゃうー!」
そんな和谷を伊角はハリセンで叩いて落ち着かせた。
「和谷、調子に乗りすぎたな。ここはオレにまかせてくれ」
「伊角さん…… クールだね」
伊角は顕忠に向き直って言った。
「オレはミヤコシティでは棋士でした。この勝負受けて下さい。そしてオレが勝ったら……」
「ミヤコシティだと?本当か?」
「ええ」
「ならば良いだろう、勝負してやる。そしてお前が勝てば全員無罪放免にしてやる」
「ひゃっほう!伊角さん、クールなだけじゃないんだね」
さらに伊角は条件を上乗せした。
「それに、この関所にある宝物もいくつか頂きたいのですが」
それを聞いた和谷。
「スゲエ!燃えてきたぜ」
「和谷、オレだって熱くなるときもあるのさ。
……そしてオレが負けたら、オレがここでドレイになります。なんでもします」
顕忠は髭を触る仕草で軽く笑う。
「足らぬな、あそこのムチ使いの女もつけてもらおうか。ついでにムチ打たれ男のソイツも一緒に」
伊角は和谷の肩を掴むと、「オレたちふたりだけならいいですが、」と交渉を続けようとした。
「ええ!?オレたちだけって、ちょっ、ちょっ、ちょっ、ちょっと伊角さん」
桜野が二つ返事でOKした。
「私はいいわ」
それで和谷も黙った。

163 :青い鳥のヤムチャ:04/11/03 13:19:17 ID:???
顕忠は、あらかじめアゲハマを仕込んだ専用碁笥も持っていたが、ミヤコシティの棋士相手にそれを使う気にはならなかった。
「……そうか、ミヤコシティで育った人間なのか。よかろう、期待しておるぞ」
碁盤が光り、対局が始まった。
伊角が黒だった。
顕忠は伊角の一手目に驚いた。
「一手目が星?ハッ!これは異な手を」
伊角の二手目も星だった。顕忠は思った。
「(もしかして俺が飛ばされてから、ミヤコではいろいろ研究されたのか?)」

予断を許さないコミなしの勝負。結果は伊角の辛勝だった。

「約束どおりオレたちは、ここを通らせてもらいます」
「ムチもいただいてくわ。代わりにこれを全部あなたにあげる」
桜野は、碁盤屋の金で買ったすべての服を側女にプレゼントした。レザー製のトゲトゲしい服ばっかりだった。
側女はおおいに喜んだ。


今日の和谷日記
今日はとても痛かった。
本当にマジですっごく痛かった。


・桜野はムチを手に入れた。
・和谷はバールのようなものを手に入れた。

碁盤屋の陰謀の巻 おしまい

164 :マロン名無しさん:04/11/03 17:44:08 ID:???
キタ――――(゚∀゚)――――!!!!
桜野姉さんすげー生き生きしてるw
菅原の側女はこのあと女王様に変身するんじゃないか

165 :マロン名無しさん:04/11/03 20:48:51 ID:???
側女って佐為ソックリサンなんだよね??
トゲトゲレザー佐為・・・・(゚Д゚*)ムハァ

166 :マロン名無しさん:04/11/04 00:10:44 ID:???
心なしか本スレとシンクロしているな。

167 :マロン名無しさん:04/11/04 22:33:39 ID:???
桜野の愛のムチじゃ確かにぬるいかもなw
棒はまだか。

168 :マロン名無しさん:04/11/06 00:11:36 ID:???

 ‖| | ‖
 ‖| | ‖
 ‖| | ‖
 ‖| | ‖
 ‖| | ‖ キキキキ
 ∧∧∩
 (   )ノ
 |   |
〜  |
 ∪∪ 超音波で交信

169 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 00:45:51 ID:???
>167
棒が出てくるのは、まだちょっと先になると思うので、ネコとの対局を先にやりますね。
出だしだけAAです。マターリいきます。
=========================================

昔のことですが、ある夜、夕飯を作っていた伊角の前に
見知らぬ犬がやってきました。


伊角
  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) チャーハンだ
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J


        アッ! 。・゚・
  ∧,,∧       。・゚・。・゚・
 (; ´゚ω゚)て   //
 /   o━ヽニニフ
 しー-J    彡


    ∧,,∧  ショボーン             \ ∧ ∧  ♪  犬 
   ( ´・ω・)          ♪オレガ全部クウ  (・▽・,)    
  c(,_U_U      ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・・    / U  U\ノシ  
     ━ヽニニフ                    U  U 


伊角の分のチャーハンも食べて、お腹いっぱいになった犬。
やがて犬は、そこに居つくようになったのでした。


170 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 00:48:39 ID:???

月日は流れ、ある日のこと。
犬は、いつものように伊角の家でメシをすませたあと、腹ごなしにと外に出ました。
そしてモールス信号で、バイロン卿の詩を 奏でていました。

 ‖| | ‖
 ‖| | ‖
 ‖| | ‖ キキキキ……
 ∧∧∩   What is the end of fame? 
 (   )ノ   (名声を得て、ですか…それが何か?)
 |   |  
 〜 |
 ∪∪    

すると、そこに一人の女の子がやってきました。

 ‖| | ‖
 ‖| | ‖ キキキキ ……
 ‖| | ‖   ……It is but to fill
 ‖| | ‖A certain portion of uncertain paper:
 ‖| | ‖Some liken it to climbing up a hill,
 ‖| | ‖ Whose summit, ……
 ‖| | ‖
 ∧∧∩
 (,,゚Д゚) ノ      ∧ ∧ 
 |   |       (゚ー゚ ) なにしてるの?
 〜 |        |   \
 ∪∪     □ UU_)〜  しげ子

それは、この街の碁道場の娘、しげ子でした。

171 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 00:49:43 ID:???
しげ子はケーキが好きでした。
評判のよいケーキ屋へは、門人に連れてってもらったりもしていました。
今日は、そしてそのお返しに、自作のケーキを門人の冴木のところへ持っていくところでした。
鼻のよい犬は、しげ子の持っている箱のなかみが気になりました。

犬「くんくん、そのケーキいたんでるよ」
しげ子「え!本当?」
犬「それ、昨夜作ったあと冷凍庫に入れなかったでしょ?時間もたっているし。生クリームに贅沢しすぎたね」
しげ子はガッカリしました。
「このケーキね、お返しにって思って、一生懸命作ったの。
すぐに食べられるようにって、凍らせなかったのよ……そうか、ダメになったか……」
「ならオレが喰ってもいい?」
「大丈夫?」
「オレなら平気さ」


犬はケーキを全部たいらげてしまいました。

,     ∧ ∧ 食った〜
     (,,´Д`)っ
     (つ⌒ヽ
   〜(O__つ


172 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 00:50:51 ID:???
それを見てしげ子は喜びました。
しげ子「おいしかった?」
犬「うん、よく出来てた。でもちょっとバニラエッセンスをきかせすぎかな?」
しげ子「そう?本当はね、バナナクレープのほうが得意なの」
しげ子と犬は意気投合しました。


               私、しげ子。あなたは?
            \_________ __/
     犬                    |/
   〃∩ ∧_∧                 しげ子
   ⊂⌒( ・∀・)           ∧_∧   
     `ヽ_つ ⊂ノ (○)  (○)   (∀・  )∩゛  サッキノ ウルサカッタヨ・・・
            ヽ|〃  ヽ|〃   ∩、 ∩  ⌒つ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 名前は…… まだ、無いっしょ!( T∀T) 。。
\______ __________/     
          |/
   〃∩ ∧_∧              
   ⊂⌒( ・∀・)           ∧_∧   
     `ヽ_つ ⊂ノ (○)  (○)   (∀・  )∩゛  ナイショ?
            ヽ|〃  ヽ|〃   ∩、 ∩  ⌒つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


173 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 00:53:08 ID:???


  内緒なのね。わかった。
\______ __________/
          |/
        ∧_∧
  (○)   (∀・  )∩゛  ツギアウトキノ オタノシミ・・・
  ヽ|〃   ∩、 ∩  ⌒つ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


(〃 ̄ー ̄〃)  「今日はあなたにあえて楽しかったわ。またケーキ持ってくるから食べてね」

(・∀・) 「O.K!」






174 :マロン名無しさん:04/11/07 01:45:06 ID:???
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
負け犬のくせにロマンスの匂いがするぞ!?
青い鳥ともども続き待ってるぞーーー!!

175 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 15:22:29 ID:???
犬は、しげ子にパンやケーキについて色々アドバイズしました。
そんなことが出来るのも当然でした。

かつて犬はパン屋や魚屋といったところで、よく食料を調達してました。
怪盗犬と呼ばれたこともありました。
そのうち犬は盗みに入る前には、綿密な調査が必要なんだと実感していきました。
「将を射んと欲する者はまず馬から射よ」
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
犬は狙いをつけた店の開店時間、閉店間際の目玉セールなどは地元の主婦よりも詳しく調べあげました。
そして、トラックの仕入れの時間はもとより、商品が店頭に並ぶ時間、焼き上がりの時間や、お得意さんの顔すらも調べました。
パンやケーキの歴史、出世魚や外来種などの小ネタや、魚の目利きにまで詳しくなっていきました。
店に媚びを売りながらも潜入調査をしているうち、とくにパン屋では、店番をまかされるほどに信頼されました。

パン屋「どうだい、いっちょ自分でパンを焼いてみるかい?」
犬「え、いいのかい?親方!」

そのうち犬は実際にパンを焼く事まで教えられました。
筋が良かったのか犬の焼いたパンは、その商店街では好評でした。

しかし、犬は隙をみてパンを盗み食いしていたのです。
それもバレないようにと、少しずつ、あるいは売れ残りのパンなどを食べてました。
店の人は気づいてましたが、最初から犬へのお駄賃のつもりでした。
また、犬があまりにも鋭い目でパンを食べるので、焼き上がりを確かめる職人魂の現れにも見えていました。
少量のパンで、働いてくれる犬は、この店ではひどく重宝していたのでした。
こうして犬はパン職人の技術までも身につけたのでした。
まだ伊角と出会う前の、遠い町での お話でした。


176 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 15:23:21 ID:???
「伊角さーん、ゴハンまだ?」
お腹をすかせた犬が伊角に催促します。
伊角「ああ、今週はもう米がなくてな、ちょっと待っててくれ。たった今、パンの耳を貰ってきたところなんだ。いっぱい貰ったからな。今日は揚げパンだぞ。」
「やったぁ!オレ、伊角さんの作る揚げパンが大好きなんだ!」

いつもパンの耳をくれる店を、伊角は有り難がっていました。
このパン屋は、前にも一度「親切なパン屋さん」だと伊角が言ったところでした。
それを犬は覚えてました。それで、どんなところか様子を見に行ったことがありました。
様子を見に行った犬は、結局ここでも手伝いをして来ました。
かつて身につけた技量が役に立ったのでした。
その手伝いは、今でも続いていました。けれども犬は、ここでは商品に手をつけてはいませんでした。
「もう盗みをしなくても伊角さんが食べさせてくれるんだ」と思っていたからです。

それでも犬の知らないところで、パン屋からは時々犬の給料が支払われていました。
それがパンの耳でした。
犬の飼い主だと思われている伊角に渡されていたのです。伊角は、これが犬への報酬なのだとは気づきませんでした。
犬自身も自分の給料だという認識はありませんでした。ただ伊角にパンを分けてくれる親切なパン屋さんなのだな、と思ってました。

「おいしいケーキがやってくる!」
しげ子の言った通りでした。
ある天気の良い日のこと、商店街に地元のテレビ局から(TVカメラの)クルー達がやって来たのです。


177 :マロン名無しさん:04/11/07 18:11:06 ID:???
パンの耳って、居酒屋とかで今でも注文するよ。

178 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 23:16:50 ID:???

姉「祐輝、パン焼き器が貰えるわよ!」
弟ネコ「はぁ?パン焼き器?」
姉「商店街でね、男女ペアでケーキ作る催し物があるのよ。テレビも来るのよ。上位3組までパン焼き器が貰えるの」
弟ネコ「それって、まさか……オレと姉貴でペア組むのかよ?」
「だって参加資格が男女ペアだもん。……大丈夫よ。地方局っていうのはね、姉弟とか親子のペアを仕込んどいて、
必ずほのぼのとした笑いをとるものだから」
弟ネコは、ため息混じりに言いました。
「姉貴には男友だちがいんだろ?いっぱい」
「なによ、みんな仕事で…」
「とにかくオレ、パスだから」

犬「え?オレがしげ子ちゃんとペア?」
しげ子「うん、TV局の人に訊いたらね、笑いながら ぜひご参加ください、って」
犬「ふーん?でもオレ一応、ケーキ作りのプロだしなぁ」
しげ子「大丈夫だってば。TV局の人も絶対参加してくれって言ってたもん」

姉の誘いを断って、今日も賭碁で荒稼ぎをしている三谷ネコ。
三谷は、碁会所でズラシ、仕込み、脅し、なだめすかし、なんでもやってました。
三谷にとっては、常に「普通のネコとはひと味違うぜ」が、自分のモットーでした。
そんな三谷に、相手も孫に小遣いやるつもりで気前よくお金を払っていたのでした。
三谷が何局か終えた頃には、ケーキ作りの順位も決まってました。

テレビをつけた――三谷にいつも よくしてくれる――席亭が言いました。
修さん「三谷くん、テレビやってるよ。お姉さん、出たがってたんだろ?一緒に出てあげれば良かったのに」
「へっ、あんなのバカらしくって。第一、パン焼き器が貰えるとは限らないだろ?」
修さん「いやぁ〜、レベル低かったみたいだよ。ほら、あんな小さな女の子が貰ってる。
三谷くんのお姉さんだったら、絶対貰えたろうに。たまには、お姉さんを喜ばせてあげなくちゃ」
三谷はテレビの画面に目を移しました。
確かに小さな女の子の喜びの表情というのを写してました。

179 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/07 23:18:30 ID:???

司会「おめでとうございます。なみいる強豪(笑)を蹴散らしての入賞です。お見事でした。今のお気持ちは?」
しげ子「ありがとうございます。とってもうれしいです!」
司会「彼氏の方はどうですか?(と、犬にマイク)」
犬「わんわん!」(シッポをふる姿に会場爆笑)
司会「はい、ありがとうございます!しげ子ちゃんは、パン焼き器で誰にパンを焼いてあげますか。
(司会の後ろのカンペには『お父さん』と書いてありました。『おやおや、彼氏じゃないんですか?』と、話を続けるつもりためでした)
しげ子「えっと……お父さん、パンあまり好きじゃないし(司会、アテが外れる)……冴木さん、とか、お弟子さんのみんな!」
司会「お弟子さん、というと?しげ子ちゃんの家では何かを教えていらっしゃる?」
しげ子「父は碁打ちです」

ピクッと、三谷の耳がテレビの方に向きました。

司会「へえ、それじゃ、しげ子ちゃんも碁を打てるのかな?」
しげ子は「ちょっとだけなら」と、その場は可愛く笑ってみせました。
でも本当は全然打てませんでした。
司会「そうですか、いつかお父さんを負かしてくださいね。(笑)それでは可愛いらしいカップルに、みなさん拍手をお願いします!」

拍手が起こっている会場の風景を、三谷は見つめてました。
三谷「……ふうん、あの子、ちょっとだけ打てるのか…… ちょっとだけ、 ね……フフン」
たまには姉孝行でもしてやるか、と三谷は思いました。
「さてと それじゃ、あの お嬢ちゃんが、商店街に居るうちに行かなくちゃな」
三谷は地下の碁会所をあとにしました。


180 :179:04/11/08 00:53:52 ID:???
今日一日出来るだけ先に進めようとしたんだけど…
ミスが増えるな、こういう投下の仕方は。
反省した。(´・ω・`)

181 :マロン名無しさん:04/11/08 01:30:34 ID:???
鋭い目でパンを食べる犬ワロタ。
三谷姉弟はネコで、和谷は負け犬で、
しげ子と伊角さんは人間と思っていいのかな?

>ミス
もし職人さんが直したいところがあったら、
あとから訂正してくれれば脳内補完して読むよ。

182 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/08 06:49:38 ID:???
>181
>三谷姉弟はネコで、和谷は負け犬で、 しげ子と伊角さんは人間と思っていいのかな?

そのとおりです。
しげ子登場時がAAだったので、自分でもなんだか動物に見えてきました。
でも、しげ子は人間です。
クーラーの時にネコって書いたから、三谷はネコ決定なんですが、自分のなかでは
もはやどーでもいいので、姉弟そろって(なるたけネコの)ネコミミモードで読ンデネ(・∀・) 

183 :マロン名無しさん:04/11/08 12:14:07 ID:???
自分はずっとイヌミミモードで読んでました。

184 :マロン名無しさん:04/11/09 01:13:15 ID:???
つづききたーー!!
どのキャラもオモシロイ。
そうか、ビクッとテレビのほうを向いた三谷の耳はネコミミなんだなw

185 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/09 22:39:21 ID:ELvn6xmb
5555

186 :185:04/11/09 22:47:50 ID:???
いま試しにあげてみたら555位から5位にあがった。スレタイ和谷5が。なにかあるのかも知れない。「5」に。「碁」かも?いやほんと。

187 :マロン名無しさん:04/11/10 12:19:53 ID:???
いちいち本スレに影響を受ける必要なし。

188 :マロン名無しさん:04/11/10 19:47:14 ID:???
負け犬の作ったパン 興味ある。
食べてみたいかは微妙だけど。

189 :マロン名無しさん:04/11/12 14:50:53 ID:???
くんくん

190 :マロン名無しさん:04/11/13 13:01:32 ID:???
   j-ーー ,,______
 r'"r'"    `/ ̄/    ̄ヽ   
 ,ヽヽ     //  /  ノ  ヽヽ ヽ
  ノ ̄ヽ  "ヽ/  ll  =・= =・=ヽ   
 |  \_)\ .\ υ`ー'(、  ●,'|\    クマー
 \ ~ )     \ .\_   ノトェェイ,/\_つ  
    ̄       \_つ ヽ`ー'ノ   


191 :人生いろいろ、犬もいろいろ:04/11/13 13:16:52 ID:???

    ∧,,∧
   ミ,,゚∀゚彡∬   ここほりたまえワンワン
   (ミ 名 ミつ━~    
    ミ 犬 ミ
    ∪ ∪



  γ'⌒ヽ∧ ∧
   し'ゝつミ;´Д`彡つ  ははっ。かしこまってワンワン


192 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/14 11:22:08 ID:???

しげ子を見つけた三谷が近付いてきて言いました。
「よう!お二人さん、テレビ見てたよ。よかったね」
しげ子「ありがとう!」
犬「だれ?しげ子ちゃん」
しげ子「テレビで見てた人よ」
犬「ああ、そうか」
三谷「キミ、碁打てるんだってね。ちょっとオレと勝負しないか?そのパン焼き器を賭けてさ」
しげ子「あはは、実は私、碁 打てないんだ。じゃね♪」
しげ子は三谷の横を通り過ぎます。そのあとを歩いてく犬。
三谷は振り向きもせずに言いました。
「へぇ?碁打ちの娘が逃げるんだ?」
犬が反応しました。
「なんだと!?」


193 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/14 11:22:55 ID:???
しげ子「いいから行きましょうよ」
犬「しげ子ちゃんは先に帰っててくれ。大丈夫、パン焼き器はオレが必ず家まで届けるよ。もちろん、極上の小麦粉をコイツに買わせてからね」
しげ子「でも……お父さんは賭けキライだよ。いいの?」
犬「男には避けては通れないこともあるのさ。 それに……実はオレ、碁はかなり強いんだ……」
「え!?本当に?」
「本当さ。だから先に行っててくれよ、しげ子ちゃん」
犬の強さは伊角の折り紙付きでした。
それだけに犬は自身満々の目でしげ子を言いきかせたのでした。
「……うん、わかった。じゃ先に行ってる!」
しげ子は安心して帰って行きました。
三谷「話は済んだ?強いんだって?それじゃ石3っつくらい置かせて貰おうかな」
犬「ふん、石くらい3っつでも4っつでも好きなだけ置けばいいだろ」
「そうかい、それじゃ九つ置かせて貰うよ」
そんな三谷を見て、犬は笑いながら言いました。
「へへっ、じゃ行こうか? おっと、今さら逃げるなんてのはカンベンしてくれよ……」

地下の碁会所に降りていく三谷と犬。

三谷と犬は碁盤をはさんで席に着きました。
三谷「じゃ、賭けるモノの確認をしようか」
犬「ああ」
犬はパン焼き器を机の上に置きました。
三谷は小麦粉代として三千円を机の上におきます。
犬「オマエが石を九つ置いたら開始だな」
三谷「その前にレイズ」
犬「あん?レイ……なんだって?」

194 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/14 11:24:27 ID:???
三谷「レイズ、掛け金の上乗せのことさ」
犬「……」
三谷は千円札を一枚上乗せして言いました。
「この千円は、そうだな、負けたらさっきの女の子に、ちゃんと負けましたと言うこと。わかった?」
「なんだ、そんなことか。いいぜ」
「降りたら負けだ。知ってるな?」
「オレは降りないさ!バカにするな」
「そうか、安心したよ。……さらにレイズ」
「おいおい、上乗せはいいけどな、オレは強いんだぜ」
「へぇ、そうなんだ。 棋力はどれくらい?」
「棋力なんて知るもんか。伊角さんが強いっていってくれたんだからな」
「誰、それ?碁打ちかい?他の人は何て言ってるんだ?」
「え……他の人?
 (……そういえばオレ、他の人と打ったことがない。オレまだ伊角さん以外の人と打ったことないんだ……)」
「あれ?何?黙っちゃって。もしかして、その碁打ちにおべんちゃら言われて、その気になってた?」
「伊角さんはオレにウソなんか  つかねーよ……」
「あ、そう。 でもさ 知ってると思うけど、碁で一番強い人の年収は、億を超えてるんだぜ……」
「お、億ぅ!?」
犬は驚きました。
「フフ、なあ、そのナントカってやつは碁でどれくらい稼いでるんだ?」
「え…… いや、億とかじゃ……ないけど……」
「それじゃ、その強くないヤツにオマエ自身が互戦で勝ったことは?」
「ない……」
「それじゃ強いってのは、オマエの勝手な思いこみってことだな」
「…………」
「な、そうだろ?」
「…………」
「おーい」
ビクッとした犬を、三谷はたたみかけてきました。

195 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/14 11:25:38 ID:???
「ハハ、どうやら、おべんちゃらじゃなくて、その碁打ちからして下の下の打ち手ということか。
だったら容赦しないぜ。もっともっとレイズしなくちゃ。へへっ」
「おい待ってくれよ……」
犬はすっかり三谷に丸め込まれていました。

三谷「じゃオレは自分の内臓賭けるから、オマエも内臓賭けろよ」
犬「何言ってんだよ!死んじゃうじゃないか」
三谷「いやかい?へへ、犬の肉は高く売れるんだけどな」
「まだ、受けるって言ってないだろ!」
「降りるのかい?ここで降りたら、いままで賭けた分は、オレの物になるんだぜ」
「そ、そんな!?」
「決り事だからな。それじゃ内臓より先に、まず……」
三谷は机の下から紙袋を取り出して言いました。
「いいかい、この紙袋の中には、オレの姉貴から貰った大事なサスペンダーが入ってる」

本当は、このサスペンダーは碁会所に起きっぱなしになっていたもので、それほど大事なものではありませんでした。
しかし、そのまま三谷は続けます。
「姉貴は苦労してんだよね…… その姉貴から貰ったサスペンダーは、オレにとって命のように大事な物なんだ」
犬はいやな予感がしました。
「オレはこのサスペンダーを賭ける。だからオマエには……そうだな……その首輪を賭けて貰おうかな。
ま、首輪をなくして帰ったら、その首輪をくれた人をガッカリさせるんだろうけどな……」


196 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/14 11:27:04 ID:???
勝ち誇ったような笑みで真正面から見つめている三谷に、犬は完全に飲まれてしまいました。
「オレは、まだ首輪を賭けるなんて言ってないからな!」
「言わなくても同じことさ。オレが次にレイズするまでにオマエが降りてなきゃ賭けは成立だ」
「くっ!」
「さてと、レイ……」
「うあああーあっ!」
犬は脱兎のごとく その碁会所から逃げ出してしまいました。
犬の「ばかやろー」という声が、外の階段を登っていきます。
三谷は、くすくす笑いながら大声で返しました。
「毎度ありー(……いや、毎度じゃないか、)また、よろしくー!」
三谷は外の階段に顔を出してみました。もう犬の姿はありません。
すでに犬は碁会所からかなり離れたところを走っていたのでした。

ごおっ、という風の中を犬は疾駆していました。
犬の視界からは、景色が猛スピードで後ろへ消えていきました。
しかし犬の頭からは 三谷の顔が、ずうっと離れませんでした。
犬の中では、三谷の笑みは、すでに邪悪なものに作り替えられていました。
しげ子との約束も果たさずに、碁会所から飛び出してしまった自分。
犬は走りながら涙が出てくるようでした。
「あの時、勝負なんか受けずに、しげ子ちゃんと一緒に行けば良かったんだ!」
そして犬の頭の中には、にこやかに「レイズ……」と言ってくる三谷がいました。
「ちくしょー、なんで!なんでレイズばっかりするんだよ!ちくしょー」

いつしか犬は、叫びながら走っていました。
「悔しい!悔しい!悔しい!」

197 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/14 11:37:04 ID:???

ものすごい勢いで、犬はメガネキノコの家に飛び込んでいきました。
犬は、あわよくばメガネキノコに、パン焼き器が貰えればとも思ってました。
しかし、まずはその場で愚痴を吐き出さないと、どうにかなってしまいそうでした。
応対に出たメガネキノコが言いました。
「なんだ犬か。何の用?」
メガネキノコはもったいぶって訊きました。
どうせ骨をもらいに来たのだろうと思ってました。
しかし、犬はものすごい勢いで愚痴を言い始めました。
これにはメガネキノコも閉口しました。
犬の愚痴は、メガネキノコには分かりずらいものでした。
ふつう、勝負の後の愚痴というものは、
「悪くなかったのに!左辺はうまくさばいたのに。」だとか、
「あそこで後手ひいてトビに回られて、細かい碁になって結局2目半負けかよ!くそぉ!」とかいった
「あそこで、あのように打てば良かった」系が多いのですが、犬の愚痴は時系列が散漫で要領を得ないものでした。

「悔しい!強くないかもしれないくせに、オレをなぶった非道なヤツ」に
「悔しい!相手が勝負を押しつけてきたから」、
「悔しい!もともと挑まれたので勝負しようとしていた」にも関わらず、結局、
「悔しい!オレが勝負の場から去った」ことが、とても
「悔しい!悔しい!悔しい!」と悔しがっていることは解ったのですが、
どうやら勝負も何も、いまだ、まるっきり打ってもいないようなのでした。

辛抱強く聞いていたメガネキノコも、やがて首を振って嘆息を漏らしました。
そして犬に向かって言いました。
「犬………… オマエって、ホントに あきれたヤツだね……」

198 :195:04/11/14 15:01:13 ID:???
サスペンダーは碁会所に『置きっぱなし』、のマチガイね。
他にマチガイは無いと思ふのであります ∠(`・ω・´)

199 :マロン名無しさん:04/11/14 23:14:51 ID:???
内臓まで賭けろと言い出す三谷に闇に生きてきた男の匂いがする
ガンガレ、負け犬

200 :マロン名無しさん:04/11/15 08:40:15 ID:???

   ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧
  ( (-( -( - ( -д( -д)
  (つ(つ/つ//  二つ
ハァ─) .| /( ヽノ  ノヽっ ─・・・
   ∪∪とノ(/ ̄ ∪

                ∧
 ((  (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ
   ⊂`ヽ( -д-) _)д-) )  ノノ
  ヽ ⊂\  ⊂ )  _つ
スゥ──(/( /∪∪ヽ)ヽ) ノ ──
      ∪ ̄(/ ̄\)


     (\  ∧ ∧ カッ
      < `( ゚Д゚)    キリget!
       \ y⊂ )
       /    \
       ∪ ̄ ̄ ̄\)



201 :マロン名無しさん:04/11/15 11:33:00 ID:???
必殺技が使える女王様が読めるのはジャンプだけ!

202 :マロン名無しさん:04/11/15 20:13:36 ID:???
あえて言おう、三谷こそガンガレと!
どっちが勝つのかスレの上のほうに書いてあるし…


203 :マロン名無しさん:04/11/16 14:00:18 ID:???
試合に勝って勝負に負けるのがうわなにすr

204 :マロン名無しさん:04/11/18 21:28:51 ID:???
週刊少年ジャムプでとある犬(ドッグ)が栄冠に輝いてた

205 :マロン名無しさん:04/11/20 01:38:38 ID:???
西洋ドッグな

206 :マロン名無しさん:04/11/20 16:44:24 ID:???
みんな この俺を情け無用という
月に吠えてひとり
ワーーーーーッ!!

親無し宿無しの 名もないワンワンは
鎖を噛み切った!
ヤーーーーーッ!!

           ∧_∧  〜♪
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)




207 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 02:52:25 ID:???
メガネキノコは犬を残して部屋の外に出ていきました。
メガネキノコがいなくなると、犬は急に静かになりました。
そうして部屋の中のめずらしいものを、指で つついたりしながら待ってました。
犬が冷静に今後について考え始めた頃、メガネキノコが戻ってきました。
手にはリュックと巾着袋を持っていました。
「犬、顔を上げて。オマエの首輪にコレをつけてやるから」
犬は顔を上に向けて、メガネキノコに巾着袋を付けてもらいながら訊きました。
「なんだい、これ?」
「ネコとの再勝負に必要なものさ。この中に入れてある」
「えっ!? それにしても、ずいぶん軽いな」
「犬、いまからボクのいうことを良く聞けよ。時間は無いだろうから、意味とか理由なんか解らなくていい。
ただセリフとアクションだけをしっかり覚えろ」

三谷はまだ碁会所におりました。
パン焼き器を手に入れたことを姉に電話で告げると、そのまま姉を碁会所で待っていました。
一緒にパンの材料を買うつもりなのでした。

そんな三谷のところへ、リベンジに燃えた犬がやって来ました。
背中にはリュックを背負っていました。
「おい、待たせたな。このハッタリ野郎」
「へえ、泣いた負け犬が戻ってきたか」


208 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 02:53:22 ID:???
「時間がないんだ。こいつで勝負を受けて貰うぜ」
犬はそう言うと、巾着袋からカードを取りだして机の上に置きました。
三谷は、そのカードを見て驚きました。
「これは!? (アメリカンイクスペンスプラチナカード!なんだって、こんなカードを犬が持ってるんだ!?)」
犬はさらに小さな封筒を取りだしました。
「そしてこの中には暗証番号のメモが入ってる」
犬はカードくらいの大きさの封筒を、その上に重ねて置きました。
「さあ、このカードに見合うものを賭けて貰おうか。あ、そうそう、一応 言っとくけど十万二十万のはした金なら
勝負はなしだ。とてもじゃないが受けられないぜ」
犬は、心の中では「なんで勝負を受けないって言わなきゃならないんだよ?」とメガネキノコの作戦に懐疑的でした。
しかし、ここでは言われた通りにしてました。

思わぬ展開に興奮した三谷はプラチナカードと、上に乗っている小さい封筒から目が離せなくなっていました。
三谷にとっては魔性の吸引力がそのカードにありました。
三谷「このカードが……勝てばこれがオレのものに……」
犬の方は、三谷の反応に少なからず驚いていました。
「(メガネキノコが言ったとおりだ。本当に、カードから目が離せなくなっている……)」


209 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 02:54:15 ID:???
三谷がカードに手を伸ばそうとすると、犬はその手をパシッとはたきました。
そして三谷の顔の前で、1本だけ立てた指をゆっくり横に振りながら言いました。
「チッ、チッ、チッ。 ダメだぜ、勝手に触っちゃ。どうしても触りたきゃ、勝負に勝ってから好きなだけ触るんだな」
「へっ、これでパン焼き器を取り戻そうってのかい?」
「パン焼き器ィ?」
犬はわざとらしく両手を広げ、肩をすくめると言いました。
「いまさら、そんなもんはどうだっていいんだよ」
と、犬は心にも無いことを言いました。
「このカードに見合う物はな、よく聞けよ。オマエの持ってる物 す べ て だ。 どうだい、解りやすいか? ぼ・う・や」
「フフン、まだ勝負を受けるとは言ってないけど?」
「はん!情けないヤツだな。幸運の女神が聞いたら、せせら笑うだろうな。今の一言でオマエのツキは一気に逃げたろうよ
……だが、ま、いいさ。おれも慈善事業をしてるわけじゃない。これで帰らせて貰うよ」

犬はプラチナカードにゆっくりと手を伸ばしました。三谷は、その手を素早く掴んでとめました。
「待てよ、オレは受けないとも言ってないぜ!」

三谷は強気満々の顔でした。犬も三谷を強気の顔でにらみ返しました。
お互いに不敵な笑顔を相手にみせていました。
こうして対局が始まりました。


210 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 02:55:18 ID:???

三谷は、黒石の碁笥を掴むと さっと石を置き始めました。
「最初の約束通り、オレは石を九つ置かせて貰うぜ」
「どうぞ (やばい、そういえばそうだった。つい忘れてた……) 」
そして犬が白石を置きます。犬は余裕のあるポーズを崩すことはありませんでしたが、白が一つしかない盤面は、
犬にとって、どうにも心細いものでした。
「さあネコ、次はオマエの番だぜ (ああ、どうしよう……九つも石を置かせて、オレ勝てるだろうか……)」
「へっ、やっと一つ置けたね、犬。見てなよ、片っ端からつぶしてやるからさ」
「できるもんなら、やってみろよ、ネコ」
「なんだよ、いま謝れば許してやろうと思ったのに」
「え?許す?」
「ああ、許してやるよ」
「(許すってどういう意味だ??? 返してくれるとか?……ちょっと聞いてみても……いや、だめだ、だめだ。
メガネキノコに、くれぐれも相手の口車には乗ってくれるなと念を押されてるんだった)」
「なぁ犬、オマエがここで、まいりましたと言えば、もうオマエに非道いことはしないよ」
それを聞くや、早くも犬の心臓はバクン、バクンと波打ちはじめました。

「(どうしよう、今、まいりましたと言うべきだろうか……)」
あっさりと「まいりました」の一言が、犬の喉元まで出かかってきました。
そのとき犬が、自分の置かれている状況に気づけたのは幸運でした。
「(……あれ?よく考えたらオレ、負けても変なカードを渡すだけじゃん)」
犬は憑き物が落ちたように冷静になりました。
「(あのカードが、どんなレア物か知らないけど、メガネキノコだったら、きっといっぱい持ってるだろうし)」
そう思うと、犬の目には闘志がみなぎってきました。
犬は言いました。
「もういいよ、ネコ。さっさと打てよ」
三谷は、澄みきった犬の目を見て、カモを引っかけ損なったことを悟りました。
「ちっ!」
「へへっ (そうさ、勝ってメガネキノコに言ってやるんだ。オマエのおかげで勝てたって)」

211 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 02:56:46 ID:???

対局が進むうち、犬はあることに気がつきました。
「ふむむ (このネコ、なんだか……妙に弱くないか?)」
「(この犬、強いな…… このままじゃ…… 仕方ない。そろそろアレやるか)」
三谷は石をズラしました。
「おいおい、ネコ。そりゃ、いくらなんでも、バレバレだぞ。もっと うまくやりなよ」
「うっ……今のは……ちょっと手がすべっただけだ!」
「そう願うよ。あんまりガッカリさせんなよ」
「(まずいな、この犬を甘く見過ぎていた。どうする!?)」

「(なんだよ?こんな腕前で、よくも あんなでかい態度をとれたもんだ) へへ、こんな腕でオレを騙そうだなんて……」
犬は大きな音をたてて石を打ち込みました。
「……百年早いぜ!!」
「くっ、(ここはもうダメか?いや、まだ残っている!)」
「ほうらほら、あっちもこっちも火がボウボウだ」
「(そうか、こいつ わざと あちこち残してるんだ。くそっ)」
ここで犬は何気に石をズラしてみました。しかし三谷はそれには気づけませんでした。
「(ネコのやつ、完全に舞い上がってるなぁ) よし、一気に たたみこむか」

犬の怒濤の攻めが始まりました。三谷は懸命に受けますが、どうにもなりません。
ここにいたって、ようやく三谷は自分の石がズラされたことに気づきました。
ハッとした三谷の目の前で、犬がニカッと笑いました。
「(だめだ、腕が違いすぎる。そのうえ石をずらされたら……)」
戦意を喪失した三谷は、絞り出すような声で言いました。
「負けました……」

212 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 03:01:13 ID:???

犬はプラチナカードを巾着袋の中に戻すと、今度はパン焼き器を背中のリュックに押し込むのでした。
その光景を三谷は、ただ黙って見ていました。
どうやら犬はパン焼き器だけで満足しているように見えたからです。
リュックに詰め終わると、犬は三谷に勝ち誇った目を向けたまま、出口へ歩いていきました。
そのとき、三谷の姉が階段を降りてやって来ました。

姉「祐輝、お待たせ。小麦粉の他にも欲しい物があるのよ。でね、姉弟そろっての買い物は久しぶりだし……」
犬は、「(ああ そうだ!小麦粉が要るんだった)」と思い出しました。
三谷は自分の顔から血の気が引いていくのが判りました。
三谷「姉貴逃げろ!」
姉「え?」
犬「よし、お前も一緒に来るんだ」
姉「ええ!?」
犬は、姉ネコのスカーフをくわえて引っ張りました。
そして自分の背中に姉ネコを乗っけるやいなや、ロケットのように碁会所を飛び出していきました。
姉「きゃあ」
犬のスピードは、姉が全く経験したことのない猛烈なものでした。すべての景色が、ごおっ、という音とともに後ろへ飛んでいくのです。
うっかり顔を正面に向けていると、呼吸すらままならないほどでした、
犬「しっかりつかまってないと振り落とされちゃうからね」
姉は必死にリュックにしがみついていました。犬はさらにスピードを上げ、矢のように目的地を目指しました。

三谷が、「姉貴逃げろ」と、叫んだところで、席亭の修さんが様子を見にきました。
「三谷くん、お姉さんが、どうかし…… あっ!」
席亭が見たものは、姉ネコが連れ去られる現場でした。
残された三谷が呆然としてました。瞬間、席亭は理解しました。
三谷の姉がギャンブルのかたに取られてしまったのだということを。
「三谷くん、あんた……とうとう……おねえさんまで……」
「ちっくしょおーー!!」
床に突っ伏して悔しがる三谷を見下ろしたまま、席亭は これは自分のせいだと思いました。
自分がもっと早くに三谷をいさめていれば、こんなことにはならなかったはずでした。

213 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 03:02:22 ID:???
=========================================
  とある酒場にて
=========================================

日 ▽ U △ □ ◇ D 日 目 △
、≡≡≡≡≡= ∧∧ ≡≡≡≡≡≡≡≡
. V ∩ []  (,,゚Д゚) 日 ∨ ▽ □
__∧∞∧__ ∧ ∧l)_.∧-∧_____
  (   ´∀)∇ (    )  (∀・   )∇    /l
―(    )─ /   |─ (    )───  ..|
  ━┳━)  .(__,,丿   .━┳━)      |  |
    ┃し'  ━┳━.     ┃し      |/
  ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ...┻ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧∞∧   ∧_∧   \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)  (・∀・ )   |< この店はいい感じだな。
 (∇,  )__(,,∇  )  _| │ でも店の奥は、やけにすいてるね。
_∧┷ ∧∞∧ ̄┷ ̄/.//|  \__________
  ) (    )  /┃.| | |
  ̄ ̄ ̄\ )_/   |__|// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      || ┃     < 店の奥にはあぶない人が来てるの。
      |_)        \____________
---------

酒場にて……この店の奥には、客が2人いました。
一人は若い男で、さっきから店の女の子に、なにかと口説かれていました。
その向かいには、中年の常連客がいました。
その中年男性はいま、隣にいる女の子をデートに誘っているところでした。
そこに電話が掛かってきました。
「ち、電話かよ。あけみちゃん、ちょーっと待っててね」
電話を掛けてきたのは、昔から良く知っている人間でした。

214 :パティシエ欲ッシュ!:04/11/21 03:04:36 ID:???
ダケ「おう、なんだ修さんか。どうしたい、また熊退治かい?」
修「熊じゃないよ、犬だよ。お腹を空かせた痩せ犬さ」


「ふーん、このままじゃ、あわす顔がないだろう、と…… また、よく聞くような話だな。
分かった、けどよ、修さん、自分でやりゃいいじゃねえか。それとも碁は、もう さっぱりダメかい?」
「……」
「へへ、ガキの棋士か……昔を思い出すぜ。……もう大人だった修さんはハガシの反則がばれて調子を崩したんだったよな、
オレも苦手意識を持ったやつに最後まで勝てなくてよ、結局2人とも星が足らなくて……」
「昔のことは、もういいよ!それより受けてくれるのかい、くれないのかい!」
「受けるぜ。じゃ、また電話する」

ダケは電話を切ると、しばらく何事か考えていましたが、やがて前の席にいる連れに言いました。
「おい伊角、役に立ってもらうぜェ。 ……お前もそろそろ、まとまった稼ぎが欲しいよな?」
「はい……」
それは覇気のない返事でしたが、ダケを満足させるには充分でした。「(こいつも案外これで腹を決めるかもしれねえな)」
「ええー、伊角くん帰っちゃうの? もーう、悪い師匠だよねー。ねー、伊角くーん♪」
「おいおい、オレと伊角は師弟関係じゃねえ、仲間だぜ仲間。俺はコイツが大好きでな」
「どーだか。ムリヤリやらせてるんじゃないのォ?イヤならイヤってはっきり言わなくちゃだめよ、伊角くん」
ゆっくりと立ち上がった伊角の瞳は、犬には見せることのなかった深い闇をうつしていました。
「オレ やります」
ダケは、それ見たかと得意気な顔を周りに見せて言いました。
「お前のそういう素直なとこも 俺のダチの若い頃にそっくりだぜェ」

215 :マロン名無しさん:04/11/21 10:06:14 ID:???
うわ…       ぬるぽ

216 :マロン名無しさん:04/11/21 19:20:35 ID:???
        
 / ̄ ̄,.、ヽ
 |___| | |ト |_|   ガッ
  `Y゙ ̄(゙)_(゙)
  / ̄べ 
  /  \ ヽ
 と二二づ


217 :マロン名無しさん:04/11/21 21:47:46 ID:???
伊角さん!なんでだよぅ!(ノД`)・゜・。

218 :マロン名無しさん:04/11/21 22:32:55 ID:???
        ゚・ 。  ・。
        。・゚・⌒)
  ∧,,∧   o━ヽニニフ ))
 (;`・ω・)彡。・゚。・⌒)
⊂   o━ヽニニフ ))
( ⌒)  チャーハン!チャーハン!
c し'


219 :マロン名無しさん:04/11/21 22:36:53 ID:???
調子づいてくるとイカサマも厭わない、さすが負け犬w
次は伊角戦か!?

220 :マロン名無しさん:04/11/21 22:37:28 ID:???
ひさびさのニアミスに感動

221 :マロン名無しさん:04/11/22 19:35:25 ID:???
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
人畜無害そうな夷隅みたいな奴に限って悪に染まると怖いんだよな。

222 :マロン名無しさん:04/11/23 15:19:28 ID:TsT3Uaa3
ズゴック

223 :マロン名無しさん:04/11/25 00:47:10 ID:???
犬のふんを踏んだ男に世間の目は冷たい。

224 :マロン名無しさん:04/11/25 12:01:11 ID:???
公園がイヌの品評会みたいになると、いきおいで芸を見せるイヌもでる。

225 :マロン名無しさん:04/11/27 01:59:20 ID:???
天高く 鼻も乾きやすい季節になりました
みなさんは どうお過ごしでしょうか
俺はげんきです

           ∧_∧  
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)



226 :マロン名無しさん:04/11/27 13:14:50 ID:???
>225
このAA見るたびに思うんだが
肩に担いでる荷物?がミカンみたい。

227 :マロン名無しさん:04/11/30 00:34:23 ID:???
犬の鼻が乾くのは具合が悪いときらしいが大丈夫か、負け犬

228 :マロン名無しさん:04/11/30 01:07:08 ID:???

       ∠‖
      ..─⊆⊇- 、 ……待て、
    /∴        \  その子をどこへ連れてく?
   /∴∵━━   ━━ ヽ 
  |∴∵⊂■⊃  ⊂■⊃ |    
  |∴::⊂⊃  ┏┓  ⊂⊃ | ┏∧_∧
 ┃∵∴..     ̄     .|━┛( ;´Д`)  
 ┛ \∵∴        /.  (  つ凾ツ
     丶∵∴ _ ..... . ′.   'ヽ, ヘ(_)  
        ┃┃     ,    し し'
        ┛┗   



229 :マロン名無しさん:04/11/30 01:48:12 ID:???
禿ワラw
みかん星人か?

230 :マロン名無しさん:04/11/30 10:43:56 ID:???
クレーンゲームでミカン星人が取れたときは嬉しかったなぁ。

231 :マロン名無しさん:04/12/02 14:55:18 ID:sVpvsceK
ゲーセンからヒカ碁が姿を消してから久しい。

232 :マロン名無しさん:04/12/02 22:50:01 ID:???
ウゴウゴルーガはもっと久しい

233 :マロン名無しさん:04/12/03 00:10:40 ID:???
というかゲーセンにヒカ碁のどんなゲーム(?)があったのか知りたい
UFOキャッチャーとかか?
まさか…囲碁ゲー?

234 :マロン名無しさん:04/12/03 06:43:05 ID:???
囲碁ゲーじゃないですけど、プライズゲームでバンプレストから各種出ておりました。
他のページに飛んだらゴメン  ↓

ttp://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20020313/banpre.htm


235 :マロン名無しさん:04/12/03 06:52:55 ID:???
今だとヤフオクとかプライズパークとかで手に入れられるかどうかってとこでしょうか?
でもストラップだったら都内で夏くらいまで見かけたなァ

236 :マロン名無しさん:04/12/05 22:54:51 ID:???
>42
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  リーグ戦を開催すれば
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  みんな参加してくれる……
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f   俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!



237 :逃避行:04/12/06 03:14:46 ID:???
……けれど伊角さんを大好きだって言う おっさんが現れて 
二人が急速に近づいていく様を見ているのは とてもとても悲しいもんだ。
ちょっとブラックな伊角さんも見たかったはずだろって?
けれど、オレが見捨てられたと ヒソヒソと裏で囁かれるなんて屈辱の極みだし。
なぁ、 オレは伊角さんを 元の優しい伊角さんを望んでいる。
なぁ、 酒場にいたオレと同じ思いの お姉さん 何を望んでいるんだい?
このまま、おっさんと伊角さんの逃避行を見守るのかい?
やっぱり伊角さんは ただの お客だったのかい?
あんなおっさんより自分の方がふさわしいって そうは思わないか?悔しくないのか?

悔しい 悔しい 悔しい……!!

そうか…… だよね……オレもそう思う。
オレは渾身の心を込めて 伊角さんの心を取り返す。
けれど この暗い闇の底で何年もの間ずっと絶え続けたオレに ただ取り返すだけじゃもはや足りない!
そう 足りないんだ。時をズタズタに引き裂いて 伊角さんを取り返してやる・・・!
いいかい?見てなよ。 こうなるんだ……


   ―― 翌朝 ―― 

      _, ,_   ハッ!? 
ガバッ! (ノ `Д´)   夢オチダッタノカ……
   彡/  _ノ⌒⌒⌒`〜、_
 ( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃     

238 :マロン名無しさん:04/12/06 09:04:16 ID:???
悔しい!1回、ルルル3錠。

負け犬が伝染ったかな?と思ったら、サッサッサ〜のパブロンフ。

239 :マロン名無しさん:04/12/07 12:46:30 ID:qiwvvv3y
>>237 もっとわかりやすくお願いします。

240 :マロン名無しさん:04/12/08 00:27:55 ID:???

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  プロになったらアマチュアなんかに
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  負けやしない……
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f   俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

241 :マロン名無しさん:04/12/09 00:42:32 ID:???
:::::::::::/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  現  な  闘  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ 実   き   わ  ノ:::::::::::
:::::::::::/  と   ゃ   イ:::::::::::::
:::::  |   ゚       ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...-
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、::
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '-
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;


242 :マロン名無しさん:04/12/10 00:41:08 ID:???
義高っ ドラ焼き買ってきたよ!

243 :マロン名無しさん:04/12/10 09:42:57 ID:???

     ⌒ ⌒               ____
   (     )          ゝ/     __ヽ
      | | |              /       | h
   , ── 、 __          i      , |-||
 /         ヽ     /   ヽ      (|| | /^ヽ
/       /)ノ)ノ   //   \∧/   ノ /ヽノ
|      ///⌒ヽ   /   , ─/ ̄ ̄`─ ´ / ______/
ヽ     /)─|  ミ|      /  /     ,-─ ′ ─────/
∠   (| |.  ヽ__ノ>     ( ̄ノ/     /    −、        /
∠_ / ` /^\__ >      ̄ |─── |─┬┘ |───/
  ノ    (__          ヽ___ノ─┴ 、__ノ ̄ ̄/
 / ̄ ̄\┌─ ′ /^−、    -、_/  /_____ /
/ ̄ ̄ ̄⌒ヽ   (   丿  /   |  /─────/
        \  / ̄/   (__ノ ̄ ̄  //  /
          \/  / 「義高!携帯の電源くらい入れときなさい」

244 :マロン名無しさん:04/12/11 11:04:15 ID:???



               トv'Z -‐z__ノ!_
             . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
           ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,      ____________
         rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、  /
         、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´ <  オレはもっとハンサムだ
           ゞ'-''ス. ゛=、、、、  _/ノf::::  ~   \____________
         r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
            _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
            ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
            ;.   :ゞLレ':: \ `ー',ィァト.::  ,.
            ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
               _  .. ,、 :l !レ'::: ,.





245 :マロン名無しさん:04/12/13 07:50:19 ID:???
なんか書き込みにくいのは、また引っ越しでもしてんのか?
それとも攻撃か?冬休みには早い気もするぞ。



オレも●買おうかな?
オレは元気です。

           ∧_∧  
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)


246 :マロン名無しさん:04/12/13 20:16:33 ID:???
>245
………待て、その子をどこへ(ry

247 :マロン名無しさん:04/12/14 14:10:00 ID:???
そういや未完(みかん)の対局っていう囲碁映画があったな。

248 :ミカンさんを知ろう:04/12/16 13:58:33 ID:???
名前、腐ったミカン
特徴、熱烈な川田利明のファン、四天王プロレスの信者
外見、オダギリジョーに似ていて、「ブリーチ」の作者よりかっこいい
職業、超売れっ子漫画家、週刊チャンピオンには描く気が無い
交友関係、
アシスタントからは慕われている
なんか漫画業界の大物も必ず参加するパーティーがあったみたいだけど、関係ないね
(仲のいい奴らとはいつもつるんでるし、今月の下旬には銀座で仲間内だけで集まるのさ)
女は何人かいるけど、本命は別だよ
有名女優Sと交際を始める(俺のラブワゴンが動き出した、という耳を疑うような名言が飛び出す)

・仲良くなるとベントレーをプレゼントしてくれる。
・去年の納税額は2000万円
・作品の初版が80万部



249 :マロン名無しさん:04/12/16 23:08:01 ID:???
              . -‐- .,. '  ̄  ` .  _,.-―- 、__,,....ィ
           , ´            ヽ   i    ヽ   '-、
           /                    \ l   ,  ト 、 ~ヽ.___,,,...,.,, ガ
        /                    ` 、‐ ' 'z__ l ,>-‐''     ,//ク
        i              人 l、     ヾ    `´      /// ガ
        /         ,ィ /  ヽi ヽ. l、   ,| ∪. | | | | |   /  // ク
        "i     /^ヽ! / !,/ -―-  |,/ |   ハj   | | | | |  人ヽヽ  ブ
       i    l ハ i/      ━    ヽ. l/ /    .| | | | |   ゙ヾ.ヽヽ ル
       ゙l.   ヽ_            { 、_ソノ \;,,,,.  -  ..、      '; !~l ブ
       /ヽ! ,ィ/            `-  ;'   ;;;;;'      ` :,    ヽ!| ル
     /  _Y     ヽ      t 、  /_     ':,  ○     ;      ヽヽ, ガ
    〃´ ̄ 亠─----;:>- 、.  `´ /,,. ';  ,, _  ` 、 _ ,,, .. '         ;"/ タ
   i'´          ̄  __ ,,.. -`<´ ;: ○,:' ,:'     `  -  、し ,,.. --‐ // ガ
   /l         ,. - ´ /    \ヽ`´,. '           ` ~    /l|| タ
  i  !         /    /      ;;;`'`i   ,.-‐ 、   , ,    ,. -‐'  | | ブ
  l  i     /     l       '''' .| !  ` -: '    '   ィ       i.| ル
  l    !   /       l        \\   ,...、__,,.-;; /;'ノ      l | ブ
  |   ヽ/         !         ヽ `-:イヽ-' ////      ;リ/ ル
 |                i             ` ~ ´  //       ;'.ノ
「ワヤ、疲れたろう。オレも疲れたんだ。 何だかとても眠いんだ。ワヤ…」

そして春、雪解けの季節、幸せそうに微笑む若い男と…

250 :マロン名無しさん:04/12/17 01:16:01 ID:???
>249
涙でモニターが見えない。

251 :マロン名無しさん:04/12/17 11:34:49 ID:KWPCrJ06
>>249 「ワヤ、疲れたろう。オレも疲れたんだ。何だかとても眠いんだ。ワヤ…」

そして春、雪解けの季節、幸せそうに微笑む若い男と
犬が身代わりに置いてったぬいぐるみが…

252 :マロン名無しさん:04/12/17 19:59:27 ID:???
「ワヤ、疲れたろう。オレも疲れたんだ。何だかとても眠いんだ。ワヤ…」

そして春、雪解けの季節、幸せそうに微笑む若い男と犬が、ついに長き冬眠より目覚めた。
そう、旧人類たちを従えるために……


253 :マロン名無しさん:04/12/17 20:35:31 ID:???
ワヤ「もー、冬眠の間ずっと吸い付かれてくすぐったかったぜ、伊角さん」
伊角「すまん、他に養分摂取の方法が見つからなかったから……」

254 :マロン名無しさん:04/12/20 00:03:51 ID:VDcHgoaa
ここも人がいるのか

255 :マロン名無しさん:04/12/20 09:17:44 ID:???

                     ヽ_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ノ
       ハ,_,ハ    m       )                   (
  ?   ,:' ´∀';   ノ    r 、  ) うおぉー モフモフさせろー!! (
    l^ヽ'"'"~/^i'ツ'∧_∧ /    )                   (
  ヾ        'ミ,    )   __Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  ミ  ´ ∀ `  と,   ヽ ==--- ̄ ̄
  ッ       _   "ミ__>  ====----
 (´彡,.     (,,_,ノ  _ヽ_)_)
     "'"'゙''""''''゙""´
            ばふっ


256 :マロン名無しさん:04/12/20 21:34:45 ID:???
漏れもモフモフしたい・・・ ヽ(´∀`ヽ)

257 :マロン名無しさん:04/12/22 09:52:27 ID:q3SmjJuf
この時期みんなクリスマス物とかお正月物でも書いてんのかな

258 :マロン名無しさん:04/12/22 10:55:46 ID:???
なんだこのスレ。はじめて見つけた。
つか小説マジワロタじゃねえか…!
ほったは和谷に恨みでもあるのか?

259 :マロン名無しさん:04/12/22 12:12:23 ID:???
愛情の裏返し。

260 :マロン名無しさん:04/12/23 23:38:03 ID:???
和谷って黒番はどう打つのが得意なの?
生意気に初手小目が多かったと思うけど

261 :マロン名無しさん:04/12/24 11:41:54 ID:???
「和谷の碁」の想像。
最初にsaiを見たとき、秀策みたいなやつと思った和谷。
「オレ秀策の棋譜よくならべるし」
またヒカルを研究会にさそったりとか、もともとめざす棋風は
現在のヒカルと同じだったんじゃ?
(すぐにヒカルに抜かれたが)
加えて和谷はプロ試験ではヒカルに「入ってこなけりゃ勝ち」という大胆な
勝負に出るも、あえなく撃沈。
もう和谷が勝ち残るには、じっくりヒカルを追いかけるか、
あるいはアキラを手本に力碁にするしか


なんてノリなのかもしれないのかななどと考えてみたり。

262 :マロン名無しさん:04/12/24 23:32:59 ID:???
初級者の私には棋譜を並べてみてもsaiの棋風とかわからなかったのですが設定とかあるのでしょうか?
(プロの棋譜を参考にしていたと聞いたから棋風はないものと納得していた)
よろしければ簡潔に教えてくれないでしょうか?
できればヒカル・アキラ・塔谷名人の棋風も教えてほしいです

263 :マロン名無しさん:04/12/25 00:23:46 ID:???
和谷万年二段に、今後の囲碁界の動向をうかがうスレはここ…かな、そこかな、どこだろう?

264 :マロン名無しさん:04/12/25 05:07:52 ID:???
基本的には囲碁板だとは思うのだけれど
違うのかな?

265 :マロン名無しさん:04/12/25 20:31:46 ID:???
それより和谷はまだ二段なのか
きらめいていたあの頃を思い出せ和谷

266 :マロン名無しさん:04/12/27 18:38:16 ID:???
初登場時の和谷はかっこよかった
人生一寸先は闇

267 :マロン名無しさん:04/12/27 20:07:05 ID:???
一寸先はヤム

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 15:53:38 ID:VxUUYdCV
移転してたのかyo
自己主張age

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 22:52:39 ID:iNItrBEg
立ち退きじゃないよ、移転だよ。

移転先でもオレは元気です。

           ∧_∧  
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)



270 :IDでるようになったんだな:04/12/29 10:45:44 ID:bYLQ9uIc
世紀末リーダー伝たけしに出てきた犬はやーんやーんと鳴いた。
ならば普通の犬と一緒に鳴いたらワヤーんワヤーんと聞こえたはず。
これは人間とケダモノとの区別がつかなくなっていくことを
予言したノストラダムスが再び我々の前に立ちはだかったということだ。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 18:01:50 ID:D3xDGkhL
またかよ・・・
いったいノストラダムスは人類を滅ぼしたいのか?滅ぼしたくないのか?
それとも従順な犬人間に萌えているだけか?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 19:33:08 ID:8SF3adAJ
紅白のマツ犬(ケン)サンバが楽しみだ。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 00:51:36 ID:CTb4GqXf
ここ、なりきりスレじゃなかったんだ!? 

             O 。 ○ O 。・ 。つ〕
           o ゚。・ ,、、__゚ ゚ ・ _゚ O     ̄
           _,rァ‐、、/'ヘ::i::i!`i!、‐7、ヽ O
          ,r7//:ヽY'‐‐゙iトi!゙lトi衫!i!、::\ ゚
 ・ ゚ o ゚ o 。/'//::i::/ ,、 へ | | i! i!ソノi!::、::::\
 ゚ ○ 0 ゚ o i:!|!::|!:!‐'   ,ニ. l l'゙!;;l|::::゙、::::::\
‐'''''''''''── 、 !ハ!l;:|l /ヽ  ' ` U  i7`i::'i:::::::::ヽ
        、` 、 |::j!`  _,,,,, ─ 、   ル'/::::}::::::::ト!
     、、、ヽヽ i.|l:{ / ̄      ヽ r‐':::::i!::::::::i! 
   i l |l川ノjノ ノ|l、!、゙、        ノ/  `ニ‐、::/
 | l /j//  (''′l! ゙ン`'`‐ニ二二ニ‐'/  ,ィ´/ `ヽ
Y′‐' ,r'´  ヽ、 /_   \===7´ ,////,    l
 、! U    ,r i  | ゙、‐、_  ヽ:::/ /:;:;/ | /'´   |
 、`、 /⌒ー'`´ / _,、j、゙、;:;:;二__゙、/':;:;:;:;/ y'   |
、 `j )`ー‐‐‐//、ヽ_,r‐r'   `ヽ、ー'  〉_,、    | |
‐/ ̄ ̄``'=''' /7、_Y  Y,r ,   /l゙i ̄ ̄ `'‐  l |
|::::::::\`!、\ヽ )゙i____X_,、  // i         / 人
ll::::l:::::::::::::\!:::::`ト‐/'==l   ̄`''´‐--、__/-'\ \



274 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 02:19:37 ID:UakX8oIg
あけおめ2005.

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 17:29:47 ID:ClrvGqSU


  良い年でありますように
 \______  _____/
         ( _ノノ
    ┏,/|||||''||ヽ/)━━━━━┓
    ┏ ||*゚ー゚)(/)━━━━━┓
    ┗┳.( ⊃(/)━━━┳┳┛
      ┃、ヽ/  ヽ     ┃┃   
    ┏┻┻,|======| ━━┻┻┓ 
    ┗┳┳.ヽ__ ¶_ ノ ━━┳┳┛
      ┃┃ (/)     ┃┃
      ┃┃ (/)     ┃┃ 
     ,┃┃ (/) / ̄ ̄\┃         r1ヽ
     ,┃┃ (/)/ Y ・  ・\,         l j:::::l   
  , ´   ヽ, (/)/   |   ▼  .|        j ヱ::::l  
  lノノノハヽ )..(/)ヽ |,, _人__,,|         jl´∀`ll!  
   |li ゚ - ゚ノ  (/) ヽ_ノノ´ヮ`)   〃ヾ▼  rlF 〒 リヽ  ''' """''' ""''' """'''
  (つ  つミ (/)  |(ノ\|),   (ヮ゚* ) / |_j_| ヽ
  |_|_|_D (/)_ノ|_|_|_  O┬O )ヽ/|  l  |ヽ/
  /////ノ,,,,,,ヽ ////| ,◎┴し'-◎(、|_l_|、,)_  /
////////////  |                 /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | /  /          / 
|        奉  納        |  ,|
|                    |




276 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 23:07:59 ID:JiobJeSc
ことよろ。

277 :負け犬にお年玉 【407円】 :05/01/01 23:33:03 ID:LWBQU9eh
おーAAすげえ。左端は夷隅さんか?
青ざめてるように見えるのは気のせいか…

278 :275:05/01/02 01:49:37 ID:w3ZtnPPo
>277
はい、青ざめているのではなく、単に髪の毛だけをかいたつもりでした。

279 :275:05/01/02 09:02:51 ID:w3ZtnPPo
とは言ってもオレ自身も、もう青ざめてるようにしか見えんようになった。
描き直そうかなとも思ったが、青ざめるのもお金出すのも伊角なら違和感ないからいいや。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/03 18:10:14 ID:rOs4X3n7
廃れているように見えて
「和谷」「犬」「負け」の三大要素の何かが絡めてあればOKなスレ。

イテンダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)イテンダー!!


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 01:10:51 ID:ZdulzmNE

       旦~双子~三つ子~1人っ娘~編みタイツ~白レース~うさぎさん~魔法っ娘~無口~妬きもち焼き~
        旦~甘党~辛党~大食い~うわばみ~酒乱~おねぼうさん~暑がり~寒がり~だっこ~男装っ娘~ぷに~
        旦~ヘアバンド~ノースリーブ~裸Yシャツ~白タイツ~黒タイツ~絶対領域~ジャンスカ~おでこ~ぴんく~羽付き~
       旦~体操部~新体操部~転校生~ゴスロリ~帰国子女~三つ編み~横ポニ~ベレー帽~麦藁帽子~八重歯
       .旦~大和撫子~ヤンキー娘~黒髪~茶髪~金髪~プリーツスカート~フレアースカート~病弱~半ズボン~関西弁~
        旦~先輩~同級生~後輩~天然娘~いいんちょ~ツンデレ~内気~泣き虫~勝気っ娘~お姫様~お嬢様~
        旦~図書委員~保健委員~天文部員~いじめられっ娘~十二単~ロボっ娘~浴衣~振袖~訪問着~
        旦~おかっぱ~割烹着~素足~ひらひらドレス~ロングスカート~ミニ~タイトスカート~キュロット~パンツルック~ローライズ
  ∧__∧   .旦~オーバーオール~セーラー~ブレザー~競泳~テニス~レオタード~ジャージ~短パン~ぬるぽ~ボクッ娘~ドジッ娘~
  ( ´ ・ω・) 旦~姉~妹~幼馴染~従姉妹~巫女~裸エプ~褌~くのいち~スパッツ~袴~ふたなり~兎耳~ガーターベルト~
  /ヽ○==○ 旦~メイド~ナース~シスター~スク水~白ビキニ~ポニテ~ヤンマーニ~ツインテ~ロング~ショート~ぶるま~~純白~狐耳~
 /  || ノ| 旦~きょぬー~ひんぬー~たれ~つるぺた~ショタ~眼鏡~リボン~ハイソ~チャイナ~アオザイ~サリー~猫耳~犬耳
 し' ̄(_)) ̄(_)) ̄(_))  ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)  ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)  ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)) ̄(_)
「姉あるよ〜猫耳もあるよ〜 けど取ったら崩れるよ〜」



282 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 08:13:44 ID:W8yN8qB7
他のスレでも見かけたよツンデレ。
これだけ意味が解らない。
ツンとすましたデレ助?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 11:19:24 ID:C5bQi0IR
惜しい、普段はツンツンしてるけど2人っきりになると
急にしおらしくなってデレデレといちゃつくキャラのこと。
ヒカ碁にはいなかったなァ。特定の人物に敵愾心燃やす描写は
いろいろあったけども。
和谷-アキラ
加賀-アキラ
海王中囲碁部の一部-アキラ
倉田-アンテソン
緒方-桑原
森下-塔矢門下など

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 14:38:19 ID:05mKLWhG
和谷に敵愾心燃やしてくれる相手は…
そういえばいなかったか
フクは少し違うし

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 22:55:15 ID:cP9G+W13
この馬鹿どうにかしろ

和谷6
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1104846577/

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 23:58:29 ID:hPD8Sg5r
おお…早くこっち来い>向こうの1
今回の移転はいきなりだったからなぁ。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 00:18:38 ID:ThziS65S
マリオ64DSやってたらマリオが2回ジャンプしたときに
「ワッ! ヤッ!」って言ってびびった

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 06:36:06 ID:VpSnlvH9

                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ,r''゙ ̄`''" ̄`'ヽ   !    ・・・和谷って    |
    /i .;   `"   `, ヽ |                 |
   /i i .i i  `"  i .i !. i`,/'|    何者?        |
  ,'i! i .i! ii !ハハ! !i .i i! i ',|               .|
.  i.i! !i i! i! il  li !i i! i! i i>               /
  i_li 」_l _!__i」 、!_l__! 」_li」_i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヾ`┥-・-`i__i -・-┝,i j
   `!u`'ー--'ィ `ー--'゛ !"
    `ヽ、  ---` .,, ''
     r'「`i┬┬i"l、ヽ
   /`'"-、`ヽ、/ ,r-"'ヽ



      ____/(//-−z_
    _,>:::::::::::::::::::::::::::::::::`>     ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.    |   和谷くんはー    |
   _ノ::::::::::::::ィ::::/lハ:::ハト::l、:::::::::::ゝ   |  ボク た ち の      |
   フ:::::::::l:/ l|/ ! V  l ヾ \!::::ヽ  |   ラ イ バ ル でー  |
   ´}::::::::/' ,.r''"~     ''ヽ }l:::「/'  |    仲 間 でー     |
   r'‐、:::!     _       _   'Ll`   |     そして      |
   lく{)l;|   ´ `   i ´ `  |j.}',   |    安全パイぃ    .|
   ヾー、        ‐ )   レ′   >               /
    `T:l        ,.-、   /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     レへ、    (__,ノ  /
       |`' 、,_  _,.ィ'゙_
    _,.-rT!     ̄ //´"' 、



289 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/07 20:12:17 ID:L9I8w6U5
今気付いたけどスレタイが和谷碁だ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 02:48:33 ID:03lVrKmH
>>234
負け犬がVサイン出してる。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 14:15:46 ID:w9gJzq6F
ツイてる?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 22:30:51 ID:+oJs3DiO
ネコ耳は萌え要素なのにイヌ耳に萌える奴を見た事がないのはなぜだろう

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 19:26:58 ID:Ey5r1Y5B
 
::::...  和谷の碁、もう終わっちゃったのかなぁ?
   ::::... ∧_∧_∧
    ::::.(∀・( ´Д`) バカ野郎 そんなタイトル、まだ始まってもいねーよ
   r -(  ( O┰O
  ..::ii'⌒< <  ) 冊冊〉  キコキコ・・・
  ::'、__,,l!しし(_)l!lJ´
          '、__,l!j    ::::..



294 :214:05/01/11 01:22:09 ID:1CJ+hbKG
>293
再来週くらいから続きが投下できるようにしたいなと思っております。ヨロピクね。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/11 07:34:52 ID:RRmwxzDX
>>292 犬耳のなかにオオカミ耳を含められれば、犬耳萌えの歴史もたいしたものになる。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/11 10:31:54 ID:278rgzOy
294 待ってるぽ。

295 オオカミ耳って萌え対象か?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/11 10:37:51 ID:t6itP86A
犬耳はショタ萌えだろ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 00:39:55 ID:F/AMQ2MJ
オオカミ耳も?

299 :和谷が犬と呼ばれて数年:05/01/12 13:53:36 ID:BBXSMfiN
手塚治虫、平井和正両先生は狼に変身する

300 :途中で送信してしまった:05/01/12 14:13:28 ID:BBXSMfiN
まぁ時代は軽薄短小に向かう流れもあるということをいいたかったわけで。
完全に変身しない犬夜叉だとかでは、かごめの家族が犬耳に触りたがったりとか
ネコ耳も自前ではなく帽子に付いてるだけのアクセサリーというのも一般的だ。
だけど和谷はアクセサリーすら身につけていない。
もちろん変身能力があるわけでもない。
このつきつめた軽薄さは、ある意味究極の犬だといえる





と思ってみたり。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 19:49:44 ID:AQ40NsAu
よくわからんが、和谷が偉いということは伝わった。

302 :300:05/01/12 21:16:13 ID:BBXSMfiN
(^∀^)

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 23:18:05 ID:P02pwQ+T
↑和谷

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 17:16:44 ID:mMS07qZY
パラレルというよりむしろアニマル。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 17:34:54 ID:NQHbrFNe
アキラスレでみんなの負け犬和谷がキユ扱い受けてた(つД`)

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 13:06:35 ID:RO2JcTrc
うん、AAに笑った。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 01:53:56 ID:gcFdFpnU


                          /^i,,、,、/^i
                       ヽ'       ツ,
                       ミ ^ 〜 ^O    彡
                     ハ,_,ハ         ミ,
                    ,:'  ´Dnと      ミ
                    ミ;:,っu_,,っ,、_、、,,,_,、,,;;,彡


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 02:32:43 ID:/9reueNI
もっさりさんAAは犬なのか猫なのか悩む今日この頃

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 04:11:40 ID:JdJYyBmQ
ここは週刊少年漫画板と同じ鯖だっていうから
早々に落ちるのかなと実は心配してました。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 18:21:22 ID:OkVSyn6J
回転速い板と同じ鯖だと鯖落ちは心配だが
スレ落ち基準は板によって違うんじゃないか?俺もよくは知らんが…

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 22:21:19 ID:+Yu9/WNa
スレ数がいくつまで許容されるのか調べようとしたけどくじけた。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 22:47:47 ID:bWk65k+U
>>311
意味がわからん
どうやって調べようとしたんだ?●持ちで大量スレ立てでももくろんだのか?

ちなみに現在のスレ数580

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 23:28:39 ID:adDMch7R
自治スレとか見ればわかる場合もあるだろ。
もっともスレ落ち基準を公開すると
落ちそうなスレを故意に保守する馬鹿とかもいるので
大抵は非公開だが

314 :311:05/01/22 13:30:21 ID:bbBzoRhf

なんだか自治スレで313に見られた気がする。

        同板ID同じキュワヤー
         ∧∧
     ー(⌒-゚∀゚)-




 ヽ(`Д´)ノ ぶっちゃけ自治スレで聞けばいいやと思ってたんだけどさ・・・



        つい聞くの忘れたキキュワヤー

             ∧∧
        (((>(⌒-゚∀゚)-
 


315 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 20:07:31 ID:lhj9DBcy
俺、自治スレまでは見に行ってないよw
前に別件で某板の自治スレをロムってた時に話題が出てきてただけなんだ
そういやあキユって消えたな〜

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 09:06:35 ID:uVUAjvw9
以前に犬スレが落ちたときに漫画サロンのスレ数が800スレくらいだったから、
いまならサロンのスレ数もさぞやスッキリしたことだろうと思って見てみたら・・・もう1000を超えている。びっくり。

317 :名無しかわいいよ名無し:05/01/25 15:18:28 ID:gbK0AW16
::;r':;r':;r'.:;r'.::;'.i!:::i!::::!i!:::i!::i!;::::', '';:':,:':,'::,'':;:''-::::.`丶、
:';r'.:;r' .;r'.::::;' i!i:::i!::::!i!:::l ';:i,';:::', ',';:':,::':,':;:.'';::':::;;:.ヽ`ヽ
'' .;r'.::;r'.::::::; .i!.i::!i:::::!i!::i!_ ';:; '';:',:::';:::::';:::':,'':,':::. ', 、` 、 `
;r'..:::;r'.:::::::;' .!:::!::!'';::::!i:! !''-':;、_':;';::',';:',';',':;':,':;::::::.、`丶、
::::::;r'.:::::;r'.:::::::::!:! ';::::::! !  '; `'!;:':;;',';:',';':,':;':,:::::::.、  `
::;r'二''ヾ;::::::::i!::::!  ';::::!  _,,==、 ';::::',';:',';:,:':,:':;::::::.、
;' /ー"ヽ ';::::;''!::::!`  ';:::!  '!i  ,,ゝ 'r'!';ハ,!::',':;:':;:';:::::.、
! /^ヽ.  ';::! !:::::!   ';!  `  li   !;! '!i::i';','';:,'';.、`ヽ、
!, :  (   ';:! ';::!    `   ヽf、   !ヽ '!::! '!:i',ヽ ヾ、 `
:', '、 )   !!  ';:!            ヽ、 !'  !i `ヾ、
:入 - 、     ヽ.             丶  '!
/ ヽ、_ `                  /
.   ヽ                   i
.                 `''' 丶  ノ
                      j
                    r''~
       ヽ,            l
        ''::ュ,、_        ノ
          l'"~`'''''----'''"
          ノ ` ヽ、
         /i;;::::::::.. '、
.        / ';;::::::::::::.`、ヽ、___
.        ノ  'i:::::::::::::::.!::::::::..  ̄ '''''''---  _
.       /   ,':::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'::. `、
          ,:'::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::. `


「明日こそ!」

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 18:57:33 ID:4i97sMQD
今日がダメでも明日がある。
明日がダメでも、そのまた明日がある。
♪何べんで〜も 明日は やってくる。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 22:55:20 ID:2S48QEzd

          : 感 :
          : 動 :
          : す :
          : べ :
          : き :
          : か :

            わ
            か
            ら
            な
            い
            _, ._
        ∬ (□д□ )
        旦 ∩∩ノ)

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 16:36:37 ID:1oBenQ0y
今週号の少年サンデーに負け犬公園なんてものが出てきた。
そこで主人公はイスミお嬢様と出会ったのでありました。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 01:42:54 ID:ZkqOSxxl
「ハヤテのごとく」な。

322 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 10:10:51 ID:YC0/QWC0
今日から名無しさんの名称変更。

323 :名無しかわいいよ名無し:05/02/01 21:02:23 ID:jA4afCbW

【ほったゆみ】ユート:その1【河野慶】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1107229691/

また負け犬キャラとか出るんかね?
昨今の週マガで和谷顔の主人公キャラとか見てると
性格はともかく和谷髪ってのはありそうだと思えるな。


324 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 02:36:54 ID:WWK2To81
和谷は外見的にはジャンプ漫画の正統派主人公タイプだからな。
(ベタ塗りツンツン頭)

325 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 12:09:17 ID:JOvRROLp
和谷ってやつは…、和谷ってやつはよ、ツンツンだぜ。まったくよ…


イカしてるぜ!
なぁおい。

326 :名無しかわいいよ名無し:05/02/04 16:27:31 ID:P+gViH+L
ほしゅ

327 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 15:53:13 ID:n2fKTdYu
 

328 :このスレの和谷は違和感あるくらい可愛いいかも:05/02/06 22:26:35 ID:lcCo2uIJ
それは大会前日の悲劇だった

::::  \             >>和谷の両腕に冷たい鉄の輪がはめられた
\:::::  \
 \::::: _ヽ __   _     外界との連絡を断ち切る契約の印だ。
  ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_
   // /<  __) l -,|__) > 「伊角さん・・・、俺、どうして・・・
   || | <  __」_ゝJ_」_>    秘密のバイトなんて・・・しちゃったのかな?」
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )   とめどなく大粒の涙がこぼれ落ち
   ヾヽニニ/ー--'/        震える彼の掌を濡らした。
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂        「その答えを見つけるのは、お前自身だ。」
       6  ∂
       (9_∂         和谷は声をあげて泣いた。

未来ある若手棋士らが集う華やかなレセプション会場の裏口から、
未来の消えた負け犬が消防士とともにひっそりと消え去ったことを、僕たちはしらない・・・。

ttp://snow.prohosting.com/hikaru37/hikago/firefighter1.htm

                   __[警] [犯]__
                    (  ) ('A`) 
                    (  )Vノ )
                     | |  | | 
     パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ

329 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 23:52:07 ID:824x5fEo
和谷がショタコン師匠にカラダを要求されてる小説が読みたいんですが。

330 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 01:07:40 ID:DOA0mRyj
このスレにいるのは和谷ではありません。一匹のモフモフの負け犬です。

331 :名無しかわいいよ名無し:05/02/11 18:08:41 ID:9q6/YXhy
負け犬小説なら待ってる。

332 :名無しかわいいよ名無し:05/02/13 22:46:14 ID:x9Jr8qe1
負け犬はチョコもらえるのだろうか
伊角さんのもらったチョコを心底楽しみにしている、に
1000パティシェホッシュ!

333 :名無しかわいいよ名無し:05/02/14 08:54:12 ID:lAxs3y82


334 :名無しかわいいよ名無し:05/02/14 22:25:22 ID:12nqgdId
          ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ       \   `ヾ、 ‘ヽゝ  \;;;\
         ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (         \    \、__`!,,l., ,,ゝ\;;\
           `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.          \    ゛`i`iノ,._ゝ=イ~`ヽ、\
     l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"             \   r=イノ~`=、: ヾ ヽ,\
     |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.                  \ i| 〉=、、_丿ノ / ノ\ ,,,ノ!、_,
  |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)                    \!i、 ( "  (ヾ/  、 `) `i  I  `ii'
  |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //                     .\ヽノノ= ノ,, ,,..._/' ノ  T  〉
  ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/                        `==、ィ  ,!´,,,...>, <  .E  (、
  .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ、                        ,.;:-=-ゞー.i/= ィ'.ノ !=, ッ ,.=(
  !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,                       (       ヽニノ' ~ヽ_'"`!/
  ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li                     ,.='、_   ,=   Y   ,  `i、
   !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉                   ,ノ, -//ヽィ´   .ノ    ,.   )
    ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"    ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、  ,i´ ノ  ,;イ´    i"     l、 _.ィ`i,
     i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ    ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、    i'     丿、iヽ-、ノ
     ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ   ,i" .    〉    <'"( ` ノ`i
   _.ィ i ;;;;ヽ,   `~ '"  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i   ゝ、  ∧_,.;;=-、_ノ )'"/ノ
 ,.;:‐'i i j;;;;;;;;、;/        ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"   / ``ーフ‐ 、   ヽ,ィ ノ
  ( ;l ,!";;;;;;,.;ノ          !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il       /   ノ  ヽ.   '= ' ) i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/           >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    (    `i,   ゝ,   ="ィ
 ;;;;;ィ;;,.;:ゝ=、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、   `ー、_ノノ.ノ    ヽ   `i
 ;;;;i''"´             /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      .!、 ノ    /    i'
 ノノ               ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"        し′  / ノ   /
 ;/                `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l            / へ  /
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ            l~~~~^i^′
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 死んじまったぜ二人とも。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  オリバは道歩いてたら膝に当たり、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_烈はヒザカックンに巻き込まれ地割れに落ちちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´
















335 :名無しかわいいよ名無し:05/02/14 22:26:22 ID:12nqgdId
          ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ       \   `ヾ、 ‘ヽゝ  \;;;\
         ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (         \    \、__`!,,l., ,,ゝ\;;\
           `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.          \    ゛`i`iノ,._ゝ=イ~`ヽ、\
     l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"             \   r=イノ~`=、: ヾ ヽ,\
     |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.                  \ i| 〉=、、_丿ノ / ノ\ ,,,ノ!、_,
  |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)                    \!i、 ( "  (ヾ/  、 `) `i  I  `ii'
  |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //                     .\ヽノノ= ノ,, ,,..._/' ノ  T  〉
  ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/                        `==、ィ  ,!´,,,...>, <  .E  (、
  .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ、                        ,.;:-=-ゞー.i/= ィ'.ノ !=, ッ ,.=(
  !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,                       (       ヽニノ' ~ヽ_'"`!/
  ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li                     ,.='、_   ,=   Y   ,  `i、
   !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉                   ,ノ, -//ヽィ´   .ノ    ,.   )
    ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"    ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、  ,i´ ノ  ,;イ´    i"     l、 _.ィ`i,
     i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ    ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、    i'     丿、iヽ-、ノ
     ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ   ,i" .    〉    <'"( ` ノ`i
   _.ィ i ;;;;ヽ,   `~ '"  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i   ゝ、  ∧_,.;;=-、_ノ )'"/ノ
 ,.;:‐'i i j;;;;;;;;、;/        ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"   / ``ーフ‐ 、   ヽ,ィ ノ
  ( ;l ,!";;;;;;,.;ノ          !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il       /   ノ  ヽ.   '= ' ) i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/           >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    (    `i,   ゝ,   ="ィ
 ;;;;;ィ;;,.;:ゝ=、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、   `ー、_ノノ.ノ    ヽ   `i
 ;;;;i''"´             /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      .!、 ノ    /    i'
 ノノ               ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"        し′  / ノ   /
 ;/                `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l            / へ  /
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ            l~~~~^i^′
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 死んじまったぜ二人とも。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  オリバは道歩いてたら膝に当たり、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_烈はヒザカックンに巻き込まれ地割れに落ちちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´
















336 :ツンツン頭ムツカシイ:05/02/15 00:33:13 ID:9bKm2qZ/

    ヾ:从w、
  ノv゙.yλヾヾ,‐,
   ,∩;`・ω・)ノ   ぬるぽ〜
  {{ ヽ     l'
     |  (⌒) }}
    ,,し'⌒^
   {{■          
  .  ■ }}          
   {{■           .
   { ■
   ■}}
  {■
  ■■
    ■
  {{■
    ■}
   {{ ■
    ■ }}          
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    \    \   ガツ!
             \ \     _.ィ`i,
               \   \,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、   
                 \  ,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ 
                  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i
                 ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"  
                   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il    i
                 >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    
      、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、  
    ´            /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ   
                 ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"   
                 `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l     
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ   
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 14日は大変だったぜ。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  ワヤが伊角のチョコ積み上げすぎて落ちたもんだから、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_その時、俺までチョコの直撃を食らっちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´



337 :名無しかわいいよ名無し:05/02/15 00:51:10 ID:9h4mj57I
336の努力をたたえる!

338 :名無しかわいいよ名無し:05/02/15 14:29:17 ID:WvATep4w
ほったの新連載に和也ってキャラが出てきてた
見た目とか性格はあがわ君の方が和谷っぽだが

339 :名無しかわいいよ名無し:05/02/15 15:41:20 ID:rUtX6V2/
吾川君はヮヤムチャの素質十分と見た。今後に期待

340 :名無しかわいいよ名無し:05/02/15 16:54:30 ID:/6UitJ2D
          ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ       \   `ヾ、 ‘ヽゝ  \;;;\
         ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (         \    \、__`!,,l., ,,ゝ\;;\
           `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.          \    ゛`i`iノ,._ゝ=イ~`ヽ、\
     l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"             \   r=イノ~`=、: ヾ ヽ,\
     |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.                  \ i| 〉=、、_丿ノ / ノ\ ,,,ノ!、_,
  |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)                    \!i、 ( "  (ヾ/  、 `) `i  I  `ii'
  |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //                     .\ヽノノ= ノ,, ,,..._/' ノ  T  〉
  ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/                        `==、ィ  ,!´,,,...>, <  .E  (、
  .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ、                        ,.;:-=-ゞー.i/= ィ'.ノ !=, ッ ,.=(
  !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,                       (       ヽニノ' ~ヽ_'"`!/
  ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li                     ,.='、_   ,=   Y   ,  `i、
   !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉                   ,ノ, -//ヽィ´   .ノ    ,.   )
    ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"    ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、  ,i´ ノ  ,;イ´    i"     l、 _.ィ`i,
     i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ    ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、    i'     丿、iヽ-、ノ
     ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ   ,i" .    〉    <'"( ` ノ`i
   _.ィ i ;;;;ヽ,   `~ '"  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i   ゝ、  ∧_,.;;=-、_ノ )'"/ノ
 ,.;:‐'i i j;;;;;;;;、;/        ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"   / ``ーフ‐ 、   ヽ,ィ ノ
  ( ;l ,!";;;;;;,.;ノ          !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il       /   ノ  ヽ.   '= ' ) i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/           >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    (    `i,   ゝ,   ="ィ
 ;;;;;ィ;;,.;:ゝ=、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、   `ー、_ノノ.ノ    ヽ   `i
 ;;;;i''"´             /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      .!、 ノ    /    i'
 ノノ               ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"        し′  / ノ   /
 ;/                `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l            / へ  /
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ            l~~~~^i^′
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 死んじまったぜ二人とも。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  オリバは道歩いてたら膝に当たり、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_烈はヒザカックンに巻き込まれ地割れに落ちちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´



















341 :名無しかわいいよ名無し:05/02/15 16:56:27 ID:/6UitJ2D
          ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ       \   `ヾ、 ‘ヽゝ  \;;;\
         ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (         \    \、__`!,,l., ,,ゝ\;;\
           `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.          \    ゛`i`iノ,._ゝ=イ~`ヽ、\
     l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"             \   r=イノ~`=、: ヾ ヽ,\
     |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.                  \ i| 〉=、、_丿ノ / ノ\ ,,,ノ!、_,
  |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)                    \!i、 ( "  (ヾ/  、 `) `i  I  `ii'
  |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //                     .\ヽノノ= ノ,, ,,..._/' ノ  T  〉
  ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/                        `==、ィ  ,!´,,,...>, <  .E  (、
  .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ、                        ,.;:-=-ゞー.i/= ィ'.ノ !=, ッ ,.=(
  !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,                       (       ヽニノ' ~ヽ_'"`!/
  ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li                     ,.='、_   ,=   Y   ,  `i、
   !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉                   ,ノ, -//ヽィ´   .ノ    ,.   )
    ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"    ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、  ,i´ ノ  ,;イ´    i"     l、 _.ィ`i,
     i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ    ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、    i'     丿、iヽ-、ノ
     ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ   ,i" .    〉    <'"( ` ノ`i
   _.ィ i ;;;;ヽ,   `~ '"  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i   ゝ、  ∧_,.;;=-、_ノ )'"/ノ
 ,.;:‐'i i j;;;;;;;;、;/        ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"   / ``ーフ‐ 、   ヽ,ィ ノ
  ( ;l ,!";;;;;;,.;ノ          !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il       /   ノ  ヽ.   '= ' ) i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/           >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    (    `i,   ゝ,   ="ィ
 ;;;;;ィ;;,.;:ゝ=、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、   `ー、_ノノ.ノ    ヽ   `i
 ;;;;i''"´             /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      .!、 ノ    /    i'
 ノノ               ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"        し′  / ノ   /
 ;/                `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l            / へ  /
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ            l~~~~^i^′
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 死んじまったぜ二人とも。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  オリバは道歩いてたら膝に当たり、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_烈はヒザカックンに巻き込まれ地割れに落ちちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´



















342 :名無しかわいいよ名無し:05/02/15 16:58:49 ID:/6UitJ2D
          ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ       \   `ヾ、 ‘ヽゝ  \;;;\
         ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (         \    \、__`!,,l., ,,ゝ\;;\
           `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.          \    ゛`i`iノ,._ゝ=イ~`ヽ、\
     l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"             \   r=イノ~`=、: ヾ ヽ,\
     |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.                  \ i| 〉=、、_丿ノ / ノ\ ,,,ノ!、_,
  |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)                    \!i、 ( "  (ヾ/  、 `) `i  I  `ii'
  |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //                     .\ヽノノ= ノ,, ,,..._/' ノ  T  〉
  ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/                        `==、ィ  ,!´,,,...>, <  .E  (、
  .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ、                        ,.;:-=-ゞー.i/= ィ'.ノ !=, ッ ,.=(
  !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,                       (       ヽニノ' ~ヽ_'"`!/
  ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li                     ,.='、_   ,=   Y   ,  `i、
   !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉                   ,ノ, -//ヽィ´   .ノ    ,.   )
    ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"    ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、  ,i´ ノ  ,;イ´    i"     l、 _.ィ`i,
     i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ    ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、    i'     丿、iヽ-、ノ
     ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ   ,i" .    〉    <'"( ` ノ`i
   _.ィ i ;;;;ヽ,   `~ '"  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i   ゝ、  ∧_,.;;=-、_ノ )'"/ノ
 ,.;:‐'i i j;;;;;;;;、;/        ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"   / ``ーフ‐ 、   ヽ,ィ ノ
  ( ;l ,!";;;;;;,.;ノ          !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il       /   ノ  ヽ.   '= ' ) i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/           >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    (    `i,   ゝ,   ="ィ
 ;;;;;ィ;;,.;:ゝ=、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、   `ー、_ノノ.ノ    ヽ   `i
 ;;;;i''"´             /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      .!、 ノ    /    i'
 ノノ               ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"        し′  / ノ   /
 ;/                `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l            / へ  /
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ            l~~~~^i^′
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 死んじまったぜ二人とも。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  オリバは道歩いてたら膝に当たり、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_烈はヒザカックンに巻き込まれ地割れに落ちちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´



















343 :名無しかわいいよ名無し:05/02/15 19:39:57 ID:Jl8D/3nM
もしヤムチャ化したらあがわくんの事はわがわくんと呼ぼう。

344 :名無しかわいいよ名無し:05/02/16 00:22:27 ID:s+qiEtI5
素晴らしい敬称だなw

345 :名無しかわいいよ名無し:05/02/16 12:17:22 ID:C20SnXfe

 ○ ○ ○
 ○ ○ ○
 ○ ○ ○
。○。 ○ ○
○  ○ ○

ワの川

346 :名無しかわいいよ名無し:05/02/16 14:28:25 ID:8/F7piq2
ワらたw

347 :名無しかわいいよ名無し:05/02/18 00:04:49 ID:JU7SMPOh
今日、山手線でDBGT電車に乗った。
全車両の車内のポスター、TVがドラゴンボールの
DVD−BOX(通称ドラゴンボックス)の宣伝電車だ。
ポスターを彩るのはドラゴンボールの出演者の面々。

だが、なぜだろう?
ヤムチャがいない!?
あーあ。

348 :名無しかわいいよ名無し:05/02/18 01:23:11 ID:zKaX1lWs
>DBGT電車
東京にはそんなものがあるのか…すげえ

349 :なんとなく小ネタ:05/02/18 16:51:06 ID:cZbsUc83
会場にて


和谷は、ヨンハの後ろから声をかけた。「コ・ヨンハくん」
ヨンハ「?」
振り向いたヨンハに和谷は続けた。
「つい先日、塔矢先生とも対局し、2年後には世界のトップに立つと評判のコ・ヨンハくん。
もし誰にも漏らさないと誓っていただければ、日本チームとコラ事件に関する重大な事をお話したいと思っています」
うんざりさせるような和谷の前口上だった。
「(なんなんだ突然こいつ…… 相手にしない方がいいのか……?しかし日本チームとコラ事件に関する重大な事って……)」
ヨンハは、この人物の話を聞くことに決めた。くだらない話ならば途中で止めさせてもよい。
「誰にも言わないさ、何だ?」

和谷がヨンハの耳元でささやいた。
「私はゼルダです」
その言葉はヨンハに衝撃を与えた。
「(そんな!? ま……まさか……  何を言ってるんだこいつ!? 変なヤツとは思っていたが、マジでおかしいのか?)」
ヨンハは足元がふらつきかけた。「(まずい、落ち着かなくては)」


350 :名無しかわいいよ名無し:05/02/18 18:34:42 ID:brPFqqkw
和谷は何語でしゃべってるんだ?w

351 :名無しかわいいよ名無し:05/02/18 19:09:26 ID:ALo+lCIu
         ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ       \   `ヾ、 ‘ヽゝ  \;;;\
         ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (         \    \、__`!,,l., ,,ゝ\;;\
           `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.          \    ゛`i`iノ,._ゝ=イ~`ヽ、\
     l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"             \   r=イノ~`=、: ヾ ヽ,\
     |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.                  \ i| 〉=、、_丿ノ / ノ\ ,,,ノ!、_,
  |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)                    \!i、 ( "  (ヾ/  、 `) `i  I  `ii'
  |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //                     .\ヽノノ= ノ,, ,,..._/' ノ  T  〉
  ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/                        `==、ィ  ,!´,,,...>, <  .E  (、
  .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ、                        ,.;:-=-ゞー.i/= ィ'.ノ !=, ッ ,.=(
  !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,                       (       ヽニノ' ~ヽ_'"`!/
  ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li                     ,.='、_   ,=   Y   ,  `i、
   !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉                   ,ノ, -//ヽィ´   .ノ    ,.   )
    ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"    ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、  ,i´ ノ  ,;イ´    i"     l、 _.ィ`i,
     i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ    ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、    i'     丿、iヽ-、ノ
     ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ   ,i" .    〉    <'"( ` ノ`i
   _.ィ i ;;;;ヽ,   `~ '"  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i   ゝ、  ∧_,.;;=-、_ノ )'"/ノ
 ,.;:‐'i i j;;;;;;;;、;/        ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"   / ``ーフ‐ 、   ヽ,ィ ノ
  ( ;l ,!";;;;;;,.;ノ          !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il       /   ノ  ヽ.   '= ' ) i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/           >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    (    `i,   ゝ,   ="ィ
 ;;;;;ィ;;,.;:ゝ=、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、   `ー、_ノノ.ノ    ヽ   `i
 ;;;;i''"´             /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      .!、 ノ    /    i'
 ノノ               ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"        し′  / ノ   /
 ;/                `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l            / へ  /
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ            l~~~~^i^′
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 死んじまったぜ二人とも。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  オリバは道歩いてたら膝に当たり、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_烈はヒザカックンに巻き込まれ地割れに落ちちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´
















352 :名無しかわいいよ名無し:05/02/18 19:10:36 ID:ALo+lCIu
         ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ       \   `ヾ、 ‘ヽゝ  \;;;\
         ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (         \    \、__`!,,l., ,,ゝ\;;\
           `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.          \    ゛`i`iノ,._ゝ=イ~`ヽ、\
     l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"             \   r=イノ~`=、: ヾ ヽ,\
     |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.                  \ i| 〉=、、_丿ノ / ノ\ ,,,ノ!、_,
  |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)                    \!i、 ( "  (ヾ/  、 `) `i  I  `ii'
  |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //                     .\ヽノノ= ノ,, ,,..._/' ノ  T  〉
  ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/                        `==、ィ  ,!´,,,...>, <  .E  (、
  .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ、                        ,.;:-=-ゞー.i/= ィ'.ノ !=, ッ ,.=(
  !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,                       (       ヽニノ' ~ヽ_'"`!/
  ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li                     ,.='、_   ,=   Y   ,  `i、
   !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉                   ,ノ, -//ヽィ´   .ノ    ,.   )
    ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"    ,.;:-――一=-、,,,,,,,,,、、  ,i´ ノ  ,;イ´    i"     l、 _.ィ`i,
     i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ    ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``i, .lノ ,,.;='" !、    i'     丿、iヽ-、ノ
     ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"  _.;:-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ ノ ,ヾ   ,i" .    〉    <'"( ` ノ`i
   _.ィ i ;;;;ヽ,   `~ '"  `' ,. -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.ィ<´〈 i´!,,i   ゝ、  ∧_,.;;=-、_ノ )'"/ノ
 ,.;:‐'i i j;;;;;;;;、;/        ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;:=-‐''" ,、`i '=-"   / ``ーフ‐ 、   ヽ,ィ ノ
  ( ;l ,!";;;;;;,.;ノ          !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::==-'''"ノ  ;i:;> !ヽ,il       /   ノ  ヽ.   '= ' ) i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;/           >、_,...='"´  Xノ 、 ;:; '、,,. ;  ノ ノ,/ l    (    `i,   ゝ,   ="ィ
 ;;;;;ィ;;,.;:ゝ=、          /´ `i,   , / / ,. ;:;、 ゞ,.    / , i !、   `ー、_ノノ.ノ    ヽ   `i
 ;;;;i''"´             /、_ゝ l , ,..;: _.;;´ .....,,,,,__´ ! =,//,ヘ .ノ      .!、 ノ    /    i'
 ノノ               ヾ ,ィ i、 ,.;:"   ,i;;;;;;;;;;;;;;;;=イ ノ ノ ,.ィi"        し′  / ノ   /
 ;/                `i、l 、へ、 ,..;-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;丿ノ ヽ''"  l            / へ  /
                 丿`ーiニて''"ヾ ヽ``=--ィ,   ノ) , ノ            l~~~~^i^′
                ノl;;;  (  `!, /^i , // '=-、_ ,.) ,i丿 死んじまったぜ二人とも。
            ,.;:-ー;;メ i、  `ー、_ノ   ,i´ ,.;:-=ニ=‐┐ ノ  オリバは道歩いてたら膝に当たり、
         ,.;:‐''"´  /   ゝ    ヽ、 / .,i´!、__ ヽ_,.;! ノ ノiヽ、_烈はヒザカックンに巻き込まれ地割れに落ちちまった。
     ,,..;:=‐''"´     ノ    ヽ、    `‐( 、``ー-ニ-‐'"イ l、 ~`ー-=、..__
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´
















353 :名無しかわいいよ名無し:05/02/18 20:21:23 ID:yCiZmnaT
まだつづくなら削除依頼行くか

354 :名無しかわいいよ名無し:05/02/19 13:47:18 ID:HJ6iDtRc
職人サン、お忙しいのかな
それともケーキ食べ過ぎて倒れてるのかな(´・ω・`)

355 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:11:47 ID:N4qcODjo
続きです・・




三谷は、碁会所でうつぶしたまま、これからどうしようと思っていたときでした。
おずおずと席亭が言いました。
「三谷くん。お姉さんは犬に噛まれたものと思って忘れさせてあげなきゃいけないよ。
一番つらい思いをしてるのはお姉さんなんだから、三谷くんこそ、気をしっかり持たないと」
三谷は もう家には帰れないと思っていました。席亭は、それに気づいていたのでした。
今の三谷はまるで昔の自分を見ているようでした。

席亭は、家に帰れない辛さは知っているつもりでした。
三谷が家に帰れなくなってはいけない、と席亭も励まそうとするのですが、良い言葉が出ません。
「三谷くん、お姉さんは必ず帰ってくる。その時しっかりしなくてはいけないよ。人間って、謝れなくなってからじゃ遅いんだからね」
三谷は重い足取りで碁会所を出たのでした。

三谷は、夜の街をひとりで歩いているうちに、犬の行動が変だったことを思い出してきました。
今となっては、犬の最初のびびっりっぷりは、演技だったのだと思わずにはいられませんでした。
よくある手口でした。最初にカモに勝たせてカモがでっかく賭けたところでごっそり頂戴する。
犬がプラチナカードを持ってきた時に気付くべきだったと後悔してました。
「くそっ!あの最初の負けっぷりが演技だったなんて」
これまでプロ棋士を後援するタニマチのようなお金持ちの存在は聞いてはいました。
しかし飼い犬に棋士の娘を連れまわさせたり、プラチナカードを持たせるなどという酔狂な話は
聞いたことがありませんでした。
三谷は犬の背後に巨大な組織の存在を感ぜずにはおれませんでした。



356 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:12:52 ID:N4qcODjo
=========================================
チャーハンパン
=========================================
そのころ森下家では、犬・しげ子・三谷姉がパンを焼いてました。
姉は弟を少し懲らしめる意味で、森下家に少し長居をしているのでした。


二二二二二二二二二二二二二||
//  ‖      //ヾ::::::::ノ|
/    ‖ /         ヾ::.:::ソ| ∧ヽ∧
      ‖     //    |三| "^ー^*ヽ,ヽきれいに焼けたわ〜
 /  ∧・_∧        ノi::i:;; ゝ  くノノ  さあさ、まずは私のパンを召し上がれ
    ( ´∇`∩/ ∧∞∧:::ノ::::i;;;;/ ノ ̄ヾ i
二二 (つ   ノ二 ( ´∀`)~~~~~し⊆⊇とノ
  __ ヽ  ( ノ   (つ  つ    |   _ノミ
 |\ ̄(_)し' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ |___/|
 \ \                \ | |



姉は、犬オリジナルのチャーハンパンを食すと言いました。
「最初にチャーハンパンって名前を聞いたときは、味付けした御飯を入れた飲茶みたいのを想像したんだけど違ったわね」
「はは、飲茶か〜。これはパンの耳をみじん切りにしてチャーハンにしたものだからね、パンとの相性はピッタリだぜ」
「さすがだわ。パンの耳を知り尽くしてなきゃ出来ないことね。ソースを絡めてあるのに、とても香ばしいわ!」


357 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:13:39 ID:N4qcODjo
しげ子が解説しました。
「あのね、伊角さんって人がパンの耳でチャーハンを作ってくれたんだって。
そのときの衝撃的な香ばしさが忘れられなくて思いついたんだって」
「ああ、チャーハンパンは、オレと伊角さんの合作なんだ。ほら、よく見てくれよ」
犬はパンを割って、ソースの染み込んだ中を見せました。
焼きあがったばかりのパンの中からは、ほくほくと白い湯気が立ちのぼっています。
「今回は、とんかつソース味とデミグラソース味だったけど、他にもいろいろ出来るんだぜ」
「へぇー?」
「いろんな味食べてみたいねー!」
犬は大得意でした。
「(へへ、大評判だな。伊角さんも喜んでくれるだろうな!)」

=========================================
天皇杯
=========================================
酒場を出たダケは上機嫌でした。



358 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:14:33 ID:N4qcODjo

「ダケさん、それじゃ明日ですね」
「ああ、そうだ。それと……」
ダケは、人気のないところに来ると、伊角にお金を渡しました。
伊角は困惑しました。
「いいってことよ、な、受け取っとけ」
「ですが……」
「そう言わずにとっておけ。準備金と思ってくれ。オレはお前に期待してるんだからよ」
「期待?」
「ああ、サッカーにアマもプロとタイトルと争う天皇杯があるだろ。
あんなのがな、囲碁にもあったらいいだろうな、って前々から思っててよ。
そして俺の中では、その時いざ活躍できるアマは誰あろう、我等が伊角慎一郎だけってわけよ、どうだオイ?燃えんだろ?」
伊角は、ダケの話は現実離れしたものだと思いました。
しかし淡々と話すダケの目に、自分への期待は本物なのだなと思わされました。
今日は、伊角がダケからの仕事を初めて請けた日になったのでした。

=========================================
姉の帰宅
=========================================
姉が帰宅しました。
玄関では三谷が電気もつけずに座って待っていました。



359 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:15:34 ID:N4qcODjo
暗闇で静かに光る弟の目を見て、弟も反省したのだと思い、姉は明るく言うのでした。
「あらあら、電気もつけないで、どうしたの」
三谷の頭の中では、席亭の「お姉さんに、忘れさせてあげて」というセリフがリフレインしています。
「 姉貴……。ごめん、許してくれ……下さい、 オレ……」
ようやく口を開いた弟の消耗しきった声に、姉は驚きました。
心配になった姉は、慌てて本当のことを言いました。
「あ、あのね、パン作ってきただけだから。そうそう、チャーハンパンっていうのも教わったのよ。
すごく美味しいんだから。アンタの分もいくつか貰ってきたのよ。食べてみて。おなかすいてるんでしょ?」

三谷は、その姉の様子から、どうやらパン以外には、お手当は貰ってないと見ました。
それはとりも直さず自分の姉が、たった数個のパンと引き換えにひどいめにあったのではないかと思わせることになったのでした。
三谷は、ますますいたたまれなくなり肩を落とします。
「もう、しっかりしてよ」
姉は、ちょっと薬が効き過ぎたかと、一生懸命に説明するのですが、弟はなかなか納得しません。
「あのね、だからパンを焼く教室に行って、おしゃべりしてたようなものかな?心配する必要ない、ない!」
「本当に、ひどいことはされてないのか?」
「じゃあ見てみる?」
「え?」
「久しぶりに一緒にお風呂に入りましょうか?」
姉は弟の両肩にやさしく手を置きました。
そして無言で、その手を肩口から背中へ、そっーと滑らせ、そのまま浴室へと弟をいざなったのでした。



360 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:20:33 ID:N4qcODjo
=========================================
夢ミカン
=========================================
その夜、犬は大きなミカンに追いかけられる夢を見ました。
犬の体の数倍の大きさで、手足まで生えているミカンの集団から追いかけられる夢でした。
夢の中で、犬は人さらいと間違えられたのでしたが、すぐに疑いは晴れました。


       ∠‖
      ..─⊆⊇- 、 ……待て、
    /∴        \  その子をどこへ連れてく?
   /∴∵━━   ━━ ヽ 
  |∴∵⊂■⊃  ⊂■⊃ |    
  |∴::⊂⊃  ┏┓  ⊂⊃ | ┏∧_∧
 ┃∵∴..     ̄     .|━┛( ;´Д`)  
 ┛ \∵∴        /.  (  つ凾ツ
     丶∵∴ _ ..... . ′.   'ヽ, ヘ(_)  
        ┃┃     ,    し し'
        ┛┗   


そしてミカンたちから、お詫びにと、特別製法のマーマレードをもらったのでした。
門外不出の製法まで教えてもらい、犬は大いに満足しました。そこで夢から覚めました。


361 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:22:32 ID:N4qcODjo
朝でした。
「おはよう、目が覚めたか。お前、寝相悪いな」
すでに伊角は起きていました。
「あ、伊角さん。おはよう。でも、寝相が悪いって?」
犬はとくに寝床から出てはいないようでした。
伊角は犬に答えました。
「覚えてないのか?お前、夜中に家の中を走り回ってたんだぞ」
「ええ!?そうなのか」
「今日はオレの家で寝てたから良かったけど、これが夜の学校とかだったら、怪談話になってたところだな」
そう言うと伊角は快活そうに笑いました。
その話を聞いて、あらためて犬は考えてしまいました。
「なぜだろう?集団に追いかけられる夢をみるだなんて。過去の抑圧された経験が夢となってあらわれるとかいうやつだろうか?
そういやオレが柑橘系とかハーブとか研究した頃だったかな。追いかけられなくなったのは……」
犬は昔、風邪をひいた親方のために、温めたワインにハーブを入れたり、ミカンでマーマレードを作ったりしてた頃を思い出しました。

=========================================
ミカンケーキ
=========================================

思い出したが吉日でした。
犬はさっそく、しげ子のところへ出かけたのでした。
「しげ子ちゃん、お願いがあるんだ」
「なあに?」
「思い出したんだよ!オレ作ってみたかったものがあったんだ!それを作るには、しげ子ちゃんの協力が要るんだ」
「なに作るの?」
「ミカンケーキさ!」

362 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:24:06 ID:N4qcODjo
                      ∠‖
                ∠‖  /:::::::::::\   
          凵@   / ̄:: ̄\|____|./:: ̄::::::\   
    凵@ / ̄:: ̄\|____| l ∧∧ l  |____|/ ̄:::: ̄\   
 / ̄:: ̄\|____| .l ∧∧ l  ヽ(゚∀゚)ノ l ∧∧ l  |____|./:: ̄:::\
 |____| ヽ(゚∀゚)ノ  ヽ(゚∀゚)ノ    ( ヘ)  ヽ(゚∀゚)ノ  ヽ(゚∀゚)ノ  ,|__::_:::|
 ヽ(゚∀゚)ノ   (  )     (  )    <      (  )    (  )   ヽ(゚∀゚)ノ
 | ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄:: ̄|| ̄:: ̄::: ̄ ̄|
 \,::::_,/.\,::::::::::,/.\::::::_,/ \,::_:,::/.\,::_:,/ .\:::_,:::/..\,_:::_,/

森下家の台所で犬は新ケーキの作成に取り掛かりました。
どうしても判らなかった問題点も夢の中でクリアしてました。
こうしてミカンケーキは完成したのでした。
ミカンケーキはマーマレードにより、あたかも もぎたてのミカンのような光沢がありました。
形や大きさは、しげ子の意見を尊重して温州みかんほどの大きさになりました。
「どう?しげ子ちゃん」
「おいしい!このマーマレードも、売っているものと全然違う!すごくおいしいー!」
ついに犬は一級品のオリジナルケーキをこの世に誕生させたのでした。
「こんなに美味しいの初めてだよ」
「実は今日、夢の中で教えてもらったんだ」
「え〜ウソだぁ」
「本当さ。ダンテの神曲だって夢で教えてもらったんだぜ」
「でも〜、いくらなんでも眉つばだよぅ」
「まあ、それはいいとして、しげ子ちゃんのほうの大事な話って何?」
「あのね、今さっき電話でお姉さんに聞いたんだけど、祐樹くんて、賭け碁でインチキばかりしてたらしいの」
「そうか、しげ子ちゃんが大好きな人の弟だもんな。心配だよな。よし!オレがアイツの根性を叩き直してやるよ」
「ありがとう。今日は祐樹くん、碁会所で留守番してるんだって」
「留守番?お店ばんじゃなくて?」
「留守番だって言ってたよ」
「ま、いいや。じゃ、オレにまかしておけよ」
「うん、がんばって。あとでお姉さんも行くって言ってたから、このケーキも持ってってあげて!」
犬はミカンケーキをリュックに入れると、地下の碁会所へと向かったのでした。

363 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:26:09 ID:N4qcODjo
=========================================
碁会所へ
=========================================
その日ダケは、伊角を呼び出すと、地下の碁会所までの地図を渡して言いました。
「お前にはそこの碁会所へ一人で行ってもらうぜ。オレは別の所へ行かなきゃならねえからな」
「別の所?」
「ああ、いよいよ準備が整ったからな。しっかりな!どんなヤツが来ても受けたつんだぜ」
そう言って、ダケは伊角の肩をたたきました。
「はい」
伊角は気合いを入れて臨むのでした。
「その意気だぜ。(それにしても、いいタイミングだぁ。オレでなきゃ、ただのスキャンダルだったぜ)まったくよ、へへ」

伊角より先に、ケーキを持った犬が碁会所に到着しました。
しかし、そこにはまだ三谷しかおりませんでした。
「何だ?犬。今日は休みだぞ」
確かに碁会所のドアには、「本日休業」の札がかかってました。
「あれれ、まだお姉さんは来てないのか。まあいい、おいネコ、お前に碁というものを教えてやりに来てやったぞ!」

その後、姉が遅れて碁会所に到着すると、ちょうど犬と三谷が碁盤をはさんで、あれやこれやと協議しているところでした。
「バカだな犬。これは実際ある話なんだって」
「へえ〜、オマエ、プロの対局とか詳しいんだな」
「いや、あまり棋士の顔とか名前とかは知らない。だけど碁会所来ると、いろいろ聞くしな。我流のオヤジばっかだけど、薀蓄とかあるんだ」
「ふーん、他には?」
「王座のタイトル戦で、黒が勝てる碁だったのが、白が着手していたことに気付かないで
相手の秒読みと勘違いしたまま、時間切れ負けとか」
いつのまにか、犬は三谷から講義を受けていたのでした。
「そういや犬、オマエって、我流のオヤジたちとは違う碁を打つよ。よっぽど良い師匠についたんだな」
「へへ、伊角さんは最高なんだ」


364 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:28:43 ID:N4qcODjo
「じゃ、これは知ってるか?コウダテ打たずに取り返して負けた人とか二度打ちして負けた人」
「でも、そんなの相手がミスするのを待ってるだけだろ。まちぼうけじゃないか」
「ところが受ける一手が分かりきってるときは、逆にミスをこちらから誘発させやすいんだぜ。
なにしろ相手は、次の次に打つ場所の事で頭の中が一杯だからな。
碁石で碁盤の横を叩くんだ。すると相手は勘違いして二度打ちするって寸法だ」
「スゲエ!」
「な、勝てちゃうだろ?」
「スゲエ!スゲエよ!お前、よく研究してるな」
和気あいあいな雰囲気に、姉が笑顔で近づいてきました。
「あなたたち、なにやっているの?」
「あ、お姉さん、オレ、新作ケーキを持って来たんだ。」
「マジでオマエが作ったのかい?ケーキよりも、犬はフラダンスでも踊ったほうが、姉貴は喜ぶぜ」
「それって、もしかして、フラダンダースの犬とフラダンスとをかけてんのか、
脱力するようなネタだな。フラダンスなんか踊るわけねーぜ!
そんなことより早速このケーキ食べてみてくれ。おい、オマエも食べてみろ。うまいんだぞ!」

さっそく試食会が始まりました。
最初、三谷は犬のケーキの出来をなめてました。犬の得意気な態度を考えても、
せいぜいコンビニのケーキくらいの出来だろうと思ってました。
しかし、それは大きな間違いでした。一口食べるなり、三谷も姉も言葉を失ったのでした。
「驚いたよ……」
「ホントに……おいしい!!」
二口目を食べてからようやく、その感動を語りだしました。
「この光沢はマーマレードなのね。でも表面はベタベタしてなくて食べやすいわ。
この表面の粉に仕掛けがあるのね!」
「それに中身もふわふわで口の中で雪のように解けていく……」
「まいったわ…… これが本当のブランシールなのね……」
人間の思い悩みの全てさえも氷解させていくような素晴らしい味でした。
「すごいぜ!犬」
そこへ伊角が現れました。

365 :パティシエ欲ッシュ!:05/02/19 17:35:19 ID:N4qcODjo
犬は驚きました。
「あれ伊角さん!?」
伊角も犬を見て驚きました。
「どうしてオマエがここに居るんだ?」
三谷が伊角に向かって言いました。
「アンタが伊角さんか?聞かない名前だなとは思ったけど、まさか犬に碁を教えたやつと同一人物だったとはね」
三谷は伊角という名前の人物が来ることを知っていたようでした。
「オレは留守番さ。今日、ここの席亭から、伊角って人が来たら飲み物でも出して待たしといてくれと、言われてるんだ……」
三谷は言われた通りに飲み物を用意しながら、伊角に言います。
「しかし、アンタとんでもない犬に碁を教えたもんだな。 全く……仕込みすぎだぜ」
三谷は少しはにかんだ様子で、犬を誉めます。
「まったく、たいした犬だぜ」
「えへへ」
犬は少し喜びました。
そして犬が伊角にもケーキを出そうとしたときでした。
ドアの呼び鈴が鳴りました。三谷がドアのところへ行きます。

しかしドアの覗き穴から外を覗いた三谷は、ドアを開けるどころか、逆に音もさせずにカギをかけてしまいました。
そして首を傾げながら戻って来て、伊角に向かって言いました。
「なあアンタ、どういう理由で 休みの日に来てんだい?」
伊角は、三谷に質問の意図を訊こうとしました。
が、三谷はそれに構わず続けます。
「今、おもてにヤクザが来てる。アンタ、一体何て言われて、ここへ来たんだよ?」


366 :名無しかわいいよ名無し:05/02/19 20:45:04 ID:zIQS+9Gk
  , ´   ヽ,   
  lノノノハヽ ). ♪ 貧しさに負けたァ〜 
   |li ゚ - ゚ノ;宦@  
  (つ∨⊂; |  
  |_|_|  |   

     / ̄ ̄\
    / Y ・  ・\,   
   /   |   ▼  .|  
  ..ヽ  |,, _人__,,|   
    ヽ_ノノ´ヮ`) , ♪ いいえ 世間に 負けたァ〜 
      |(ノ\|), |
     _ノ|_|_|   | 

          / ̄ ̄\   ♪この町もおわれたァ〜 
         / Y ・  ・\,   
  , ´   ヽ, /   |   ▼  .|   いっそ きれいに 死のうか〜
  lノノノハヽ )..ヽ |,, _人__,,|   
   |li ゚ - ゚ノ,宦@ヽ_ノノ´ヮ`)     ♪
  (つ∨⊂, |   |(ノ\|),  .|  
  |_|_|  |  _ノ|_|_|    .|  

367 :名無しかわいいよ名無し:05/02/19 21:00:26 ID:oNalfI3R
つづきキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
チャーハンパンちょっとうまそう。文章とAAのテンポが絶妙だなぁ

366の負け犬枯れススキもワロタw

368 :名無しかわいいよ名無し:05/02/19 23:20:12 ID:O8vFe2Z7
本当に>>3につながっていく?

369 :名無しかわいいよ名無し:05/02/19 23:46:14 ID:YsPz3uhS
ミカン星人の登場にやられたw

>>368
クーラーとパティシエは別の話だよ

370 :名無しかわいいよ名無し:05/02/21 00:44:07 ID:Gcns73Vb
三谷姉に浴室へといざなわれたいんですが。

371 :名無しかわいいよ名無し:05/02/21 07:49:33 ID:AtJuC1yo
玄関で待ってれば桶

372 :逆さまフラダンス:05/02/22 19:47:49 ID:hQktKmye
フラーというのは踊りのことなので、
フラダンスというと踊り踊りという意味になります。

373 :名無しかわいいよ名無し:05/02/26 18:25:55 ID:j/6lUaZS
 

374 :名無しかわいいよ名無し:05/02/26 22:55:34 ID:RhXRyTEJ
あがらはって
さがらはったら
ここだったか。わんわん。

375 :名無しかわいいよ名無し:05/02/28 18:43:12 ID:48CKNtJi
次回ヤクザAとかBとかCが出て来ると予想。

376 :名無しかわいいよ名無し:05/03/01 00:14:10 ID:Ct8Cmgey
普通に考えればダケだけどね。

377 :名無しかわいいよ名無し:05/03/01 22:00:27 ID:Ct8Cmgey
いぬのえいが 小説「ポチは待っていた」映画化

378 :名無しかわいいよ名無し:05/03/03 17:59:19 ID:UcGnmXoU
犬は居ぬ。

379 :名無しかわいいよ名無し:05/03/04 01:35:18 ID:mVH/J3xc
ネコもいねえコ。

380 :パティシェ欲ッシュ!:05/03/05 13:22:20 ID:GY5Po3bE

弟についで姉も、ドアの外を確認しました。
そして戻ってきて言いました。
「確かにカタギじゃないわね……若いけど目つきが鋭いわ。幹部かしら?」
弟も、姉の言葉は当たっているように思いました。

今の状況を三谷は推理しました。
しかしその推理は、ここの席亭は関係ないと無意識に決め付けているものでした。
「休業の札が出ている店に、わざわざヤクザの幹部が来る……」

三谷は伊角に向かって言いました。
「仲介をしたのはどんな人なんだい?」
「え? いい人だよ。 ダケさんと呼ばれて頼りにされてる。みんなが嫌がる仕事も引き受けるからだろうな」
「それで今日の対局相手はどんな人?」
伊角は誰が来るのか名前も聞かせてもらっていませんでした。
「まだ知らないが、ここで会えることになってる」
「それじゃダケって人は、アンタがここにいる事を知っているんだね」
「ああ。そんなことよりも、いつまでもドアを閉めてちゃ失礼だな」



381 :パティシェ欲ッシュ!:05/03/05 13:24:45 ID:GY5Po3bE
三谷はドアに行こうとする伊角の前に立ちはだかって言いました。
「なぁ、今だから言うけど、森下門下に負けて、ギャンブルのかたに取られてしまったヤツがいるという話は聞いてるか?」
犬は驚きました。「えっ!しげ子ちゃんのところじゃないか!?」
三谷は犬には構わず続けました。
「オレは、その事件は、たとえ被害者がメディアに晒されることになっても、公にすべきかとも思ったんだ。
だけど…… ま、オレはしなかったんだけどな」
「祐輝…… そこまで考えてくれてたの?」
「すぐに事実じゃないと確信したし。
だけど、その話を聞きつけたやつが、もし小遣いかせぎをしようとしたとしたらどうなる?
ありもしないスキャンダルで森下に口止め料をせびるんだぜ」
犬は、あきれて言いました。
「そんなのバカじゃん、叩き出されるだけじゃん」

三谷は犬にチラッと、いちべつをくれると、なおも続けました。
「たぶん、そのダケってやつは、ここには来ないな」
「そうだ……が、 別の所に行くと言っていたし」
「フーン、じゃ、おそらく主犯はアンタだ。 ……いや 正確には、その主犯はアンタだということで世間は動いている、という意味だけど」
犬は仰天しました。
「お、お前、いきなり何言い出すんだよ!?」
「アンタの居場所を知ってるダケってやつは、罪から逃れるためにアンタを主犯ってことにしたのさ。たぶん、ボコられたんだろうな」
伊角は三谷を、なだめるように言いました。
「あまり想像だけでモノを語ってほしくはないな。単なるキミの推理だろ?」
「さあ、どうかな?大っぴらにヤクザが絡んできたって事は、そのダケってやつ、どこまで森下相手に図に乗ったんだか分かんないんだぜ。
たぶん、森下家には相当恨まれている。あそこには娘もいたし」
「し、しげ子ちゃん!?」
三谷の推理を聞いて、犬はガクガクブルブルになりました。


382 :パティシェ欲ッシュ!:05/03/05 13:25:42 ID:GY5Po3bE

「ど、どうしよう伊角さん!」
さらに三谷は続けます。なぜか急いているようでした。
「そのダケってのから、いくら貰ったんだい?もしかして、そのお金、無名のアンタが1回の指導碁でもらえる額じゃないんじゃないか?」
金額の話が出て、伊角は一瞬、ぴくっと、しました。
そして、自分への期待を話していた時のダケの目を思い出しました。
「(まさか?あんな目をしながら人を騙せるものだろうか)」
「なあ、なんで碁会所を貸し切りにする必要があると思うんだい?いくらなんでも赤字だろ。
この碁会所に不自然な形でアンタを足止めしとくためじゃないのか。アンタだって、相場を知らないわけじゃないんだろ?」
それでも伊角は納得がいきませんでした。
「いやオレは碁を打って……」
「もうやめてくれよ!伊角さん、いいじゃないか!お願いだよ……」
犬は三谷のほうも見ました。
「ああ、ど、どうすりゃいい?」



383 :パティシェ欲ッシュ!:05/03/05 13:28:55 ID:GY5Po3bE
犬の懇願する目に、三谷はこともなげに答えました。
「簡単さ、今だけ隠れりゃいい」
「へ?隠れる?」
「ああ、あそこの荷物用のロッカーが空いてるぜ。人が座るくらいのスペースは充分ある。扉を閉めちまえばもう判るわけねーよ」
「それだ!伊角さん!早く隠れて!」

「オマエまで何を言ってるんだ?オレは対局をするだけだ」
「対局だけじゃ済まなさそうだから言ってるんだけどな。ここは犬の言うとおり隠れてろよ。
確かめるのは後でもいいだろ?もう時間はないぜ。
なにしろ、今 外にいるヤツに ここを見せて、アンタがいないという事をハッキリさせとかなくちゃ、
上に控えているヤツラまで降りてきちまう。それはオレも姉貴もゴメンだ」
「上にも人がいると、どうしてキミに分かるんだ?」
「知らないのか?普通、相手の様子を見るときは、最初に一人で相手を油断させるもんだ。
そして、本命が顔を出したところで複数人出て来る。本当さ」

「伊角さん、隠れてくれよ。 なんか…… いやな予感がするんだよ!」
犬が必死な目をしても、伊角は隠れてくれそうにありませんでした。
三谷があきれたような声を出します。
「だからァ、普通ヤクザは一人じゃ行動しないんだって。きっと仲間が上で待ってる。
ドアを開ければアンタは車に乗せられてTheEndさ」



384 :パティシェ欲ッシュ!:05/03/05 13:30:39 ID:GY5Po3bE
犬は伊角を守りたいと思ってました。
「(勘が、オレの直感が告げている!あのドアを開けたら、伊角さんはオレの前から消えてしまう……)」
犬は、何とかしなくては!と考えておりました。
しかし犬には、対局するつもりでいる伊角を止める方法が分かりませんでした。

とうとう犬は泣き出してしまいました。
「あ あ あ あ あ ……  悟った……悟ったよ…… あああ…… 」
皆の前で、犬は大粒の涙をポロポロと こぼしています。犬は、自分では伊角を破滅から救えないのだと思ったのでした。
さめざめと泣く犬を見て、三谷の目つきが急に変わりました。
まるで獲物を狙う山猫のような目で伊角にくってかかりました。
「おい!形はどうあれアンタがコイツの飼い主なんだろ!」
犬は伊角につめよる三谷を見て、自分の代わりに説得してくれそうな気がしました。チャンスなんだと思いました。
三谷は伊角の胸ぐらを掴みながら言いました。
「見てみろ!あの犬の哀れな姿を!」
三谷が指差す先では、すでに犬が仰向けで胸をおさえ、痙攣しながら口から泡を吹いていました。
涙を誘うシーンでした。
「飼い犬にまで、心配させてんじゃねえよ!いいから、さっさと隠れろって!」
姉が横長のロッカーを開けました。そこへ三谷が伊角を引っ張ります。
引っ張られる伊角の後ろからは、犬もグイグイと押しまくっていました。
それは、アラスカの犬ぞりレースに出場しても勝てそうなほどの力でした。
「大丈夫、姉貴とオレとで なんとかするから……」
ついに伊角はロッカーの中に押し込められたのでした。


385 :パティシェ欲ッシュ!:05/03/05 13:35:36 ID:4se3yfG8
=========================================
(∩ ゚д゚)アーアー聞こえなーい
=========================================
伊角をロッカーに押し込むと、犬は伊角の上から、のしかかって抑えました。
「おい犬、そいつの両耳も押さえておけよ。外の様子が分かると、出てきちゃうかもしれないからな」
「わかったよ、ネコ」
犬は伊角の両耳を、前足でふさぎました。そうして、ゆっくりと耳を擦りながら、呪文のように唱えはじめました。
「伊角さん、どこへも行くな。伊角さん、どこへも行くな……」
伊角は、犬に髪の毛をクシャクシャにされ、少し耳も痛かったのですが、同時に暖かいものを犬から感じていました。
伊角も頭の中では、何か間違ってるとは感じていましたが、やがて犬の暖かみの中に意識が沈んでいきました。
まるで犬が懸命に唱える呪文が効いたかのようでした。
三谷はロッカーの扉を閉める前に言いました。
「犬、うるさいぞ。しゃべるなよ。居留守がばれたら、もう知らないからな。あと、ついでにオマエも耳をふさいどけ。ビビッて鳴かれたら困る」
「おう」
犬は自分で両耳をぺたっと閉じました。これで犬にも外の様子は分からなくなります。
三谷はそれを確認すると、再び扉を閉めようとしました。
が、犬がそれを止めて言いました。
「あ 待て、ネコ」
「あん?」
「助かった!ありがとう!」
「ああ……」
三谷は扉を閉めると姉に言いました。
「もうドアを開けてゲストを入れてもいいぜ、姉貴」
「うん」
姉も、さすがにもう弟は肉親を賭けたりはしないでくれると、この時は思っておりました。
三谷は晴れやかな顔で気合を入れて言いました。
「さあ、ドアの向こうには、たった一人。軽くいなすか」

386 :名無しかわいいよ名無し:05/03/05 21:09:31 ID:u1wYq2Yp
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
負け犬の飼い主伊角さんへの愛に泣きワラw
三谷はもっと姉を大事にしる!!

387 :名無しかわいいよ名無し:05/03/06 01:37:19 ID:/wDe8Igp
なんかヤバい展開だと思っているのは俺だけみたいだな。
エロすっ飛ばして放浪編というのは勘弁な。

388 :名無しかわいいよ名無し:05/03/09 12:18:33 ID:W8B4FIJ0
うーん… よくわからん。

389 :名無しかわいいよ名無し:05/03/09 18:31:28 ID:12wsYS4O
だが、それがいい。

390 :名無しかわいいよ名無し:05/03/11 09:49:20 ID:u8U40jqd
本当に?

391 :名無しかわいいよ名無し:05/03/11 17:30:54 ID:LZOYP8tP
負け犬の飼い主伊角への主従愛は本当だ

392 :ちょっと小ネタ:05/03/12 14:45:06 ID:HDkp5M8e
ヤクザ「ヘッ。約束通り、姉さんは貰ってくぜ」
三谷「ちっくしょおー!」
犬「待って!おじさん、オレとも勝負して。そしてオレが勝ったらお姉さんを返してやってくれ。オレは、そいつの友達なんだ」
三谷「犬…、お前ってやつは……」
ヤクザ「それじゃオマエのかけるものは何だい?」
犬「えっ、かける?」
ヤクザ「じゃねえと、できねーなぁ。賭けってのは、そういうもんだろ?」
犬「よし、オレは自分自身をかける!」
ヤクザ「ヘッ、男よりも女のほうが相場は高いんだぜ。他にもつけて貰おうか」
犬「わ…わかった。それじゃ、伊角さんもつける!」
ヤクザ「いせいがいいな、あんちゃん。負けてもいいんだな」
犬「え!?負ける?」
ヤクザ「負けたらどうなるか、楽しみだぜ…‥」
犬「こ、こ、こ、この話はなかったことに……」
伊角「そこまでだ!」
ヤクザ「お!?」
犬「い…伊角さん!その衣装は?」
伊角「ロッカーの中にあった。サイズがぴったりだった」

続 か な い

393 :名無しかわいいよ名無し:05/03/12 20:06:47 ID:5A+6CzR2
なんの衣装だっちゅーねん。
なんとなく消防士伊角さんをを連想したがw

394 :名無しかわいいよ名無し:05/03/13 00:38:47 ID:xFzDr/Yb
サンリオのパティシエは、シロウサとクロウサです。
シロウサとクロウサのケーキを食べると元気が貰えるのです。

395 :名無しかわいいよ名無し:05/03/13 03:19:44 ID:clhnEDSw
夜中にわらわさんで…ハライタイ

続 い て く れ

396 :パティシエ欲ッシュ!:05/03/14 01:17:28 ID:gsnslzCC
=========================================
入ってきた男
=========================================
姉は弟と顔を見合わせました。
「いい?開けるわよ…… 」
姉は何事もなかったかのように、急ぎ外の男を迎え入れようとドアを開けます。
「ハイ、お待たせし……」
ドアを開けるなり、男が素早く入って来ました。その男の鋭い眼光に、姉はハッとしました。
「(あら!? 覗き穴のレンズを通さずに改めて見たら、わりかしイイ男。
だけど、このスーツ…… 噂に聞く六本木ヤクザって、こんな感じかしら?)」

入ってきたのは、まばゆいばかりのホワイトで個性をアピールするとともに、
ソフトな素材感とシャープなシルエットで華麗な大人を大胆に演出しているスーツ姿の緒方でした。
緒方は、ずっとドアの外から聞き耳を立てていたのですが、「何を言ってるのか聞き取れん」状態でした。
なかなか部屋に入れなかったため、このときの緒方は少し不機嫌顔でした。
それで入ってくるなり緒方は、三谷のむき出しのサスペンダーを睨んで言いました。
「キミ…… サスペンダーというものは本来見せびらかすものじゃない。暑くても上着で隠しておくべきだ」
それは姉が買ってきた物でした。緒方としては基本的な注意を与えたのですが、三谷にとっては挑戦でした。
「なんだ、コイツ?」三谷は、にらみ返しました。
そんな二人を見て、姉は思いました。
「(祐輝の貫禄負け……ね)」
たとえ二人がどんな勝負をしても、必ず弟が負ける。そんな雰囲気が緒方にはありました。
「(もし勝負したら……いえ、勝負して欲しいかな……私を賭けて……なんてね )」
はやくも姉は、緒方の指に、惹かれていました。
「(でも そうね…… あの指が、私の首筋を撫でたら……)」
姉は、あらぬことを考えていました。そして、その想像だけでノドをゴロゴロと鳴らしてしまいそうになるのでした。
姉の熱い視線を受けながら碁会所の中を見回っていた緒方は、やがて三谷に訊きました。
「キミ、他に人はいないのか?」
「見りゃ分かるだろ?ここにはオレ達だけさ」
なぜか三谷は緒方に対して、ふつふつと敵対心が沸いてくるのでした。
「(こんな、うさんくさいヤツなんかに負けるもんか)」などと思っておりました。


397 :パティシエ欲ッシュ!:05/03/14 01:18:57 ID:gsnslzCC

一方その頃、この碁会所の席亭とダケは、近所の碁会所で碁を打っていました。
修が石を打ちながら言います。
「どうしたかな三谷くん、お姉さんと仲直りできたかねえ?」
ダケが薄ら笑いを浮かべながら答えます。
「大丈夫さ。顔向けできないなんて悩みは、さっさと会っちまうのが一番だぜ」
「それなら、わざわざ貸し切りにする必要はなかったんじゃないのかい?」
「俺のとこにも似たような悩みのやつがいてな」
「例の伊角くん?」
「そう、なにしろ貸し切りがOKになったからな。
人ごみに紛れて隠れることが出来ない場所へ、誰が来るかも教えずに送り込んでやった。
アイツの驚く顔が目に浮かぶぜ。
念のために相手にも伊角のことを伏せておいたしな。ま、後は放っておくだけで大丈夫だ。
今日は修さんが、その三谷って奴のために貸し切りにしてくれたんで助かったぜ」
「席亭が留守にしちゃまずいんだけどね……」
「いいじゃねえか、俺へのご褒美ってことで」
「うまくダケさんに乗せられたらしいね」
ダケはスキャンダルも、自分のところで止めた気でいました。
「へへ、まあ不器用なヤツだったが、もう腹を決めた頃だろう。お互い気まずくても、会うのを避けてちゃ駄目ってこった」
伊角と緒方が会った以上は、もう自分が伊角と連絡がとれなくなっても、それはそれで仕方がないだろうと、ダケは思ってました。

「それにしてもダケさんの碁、少し変わったね。いつものカクラン作戦じゃない、というか……」
「修さんもニブいな。知ってたか? 俺は修さんと、ずーっと、こんなふうに碁を打ちたかったんだぜ。へへ」


398 :パティシエ欲ッシュ!:05/03/14 01:21:07 ID:gsnslzCC

「本日休業」の札が出ていたので、碁会所に2人しか居ないことも、緒方にとってアリでした。
しかし、聞かされた話では「有望な打ち手がいるので見てやって欲しい」とのことでした。
緒方には、三谷はどうしても有望株には見えませんでした。
おまけに、さっきから三谷が得意げに話す「マル秘テクニック」とやらに緒方はうんざりしていました。
三谷としては、緒方に対し「(どうだ、お前らのやるズルなんかオレだって知ってるんだぞ!)」とばかりに、
一生懸命に予防線を次々と張って、かわそうとしているのでした。

「白スーツのお兄さん、どうしたんだい? オレのテクは、まだまだこんなもんじゃないぜ。
石をズラしたりなんてのは当たり前、石をポケットの中に隠し持ってて整地のときに使ったりとかな。
もう碁会所じゃ負けなしだぜ……」
緒方は気分が悪くなったので、ここを出ようと思いました。
「もう結構。キミのことは良く判った。これで失礼する。どうやら、とんだ無駄足だったようだ」
緒方は苦々しいものを感じていました。
「(オレとしたことが……あんな男の土下座ごときに、心を動かされただなどと……)」
「おっと、待てよ。無駄足なんかじゃねーぜ。これ持っていきなよ」

三谷は袋入りのミカンケーキを緒方に渡しました。
「これは、この商店街のいずれ名物になるケーキだ。うまいぜ!」
片目をつぶって言う三谷に、緒方は一言だけ言いました。
「頂いておこう」
そして、きびすを返すと そのまま碁会所を出て行きました。



399 :パティシエ欲ッシュ!:05/03/14 01:22:23 ID:gsnslzCC

緒方が建物から出て行ったことを確かめると、三谷は伊角たちの隠れているロッカーを開けました。
「もういいぜ、出て来いよ。 ……って、おい、犬? いったいオマエ何してんだ?」
「フラダンスに決まってるだろ。お前への感謝のしるしに踊ってやってるんだ。……どうだ? カッコいいか?」


緒方には不愉快なことがあると、よく行くところがありました。
今回のことも、かなり腹に据えかねたので、早速そこへ行きました。
そこは、碁の事など何も知らない女のマンションでした。
緒方は、そのマンションの駐車場まで来てから、ようやくミカンケーキを食べたのでした。
その途端、ケーキを一つしか貰わなかったことを激しく後悔しました。
このケーキは、いきなり押しかけたときでも、素晴らしい手みやげになるものでした。

「仕方ないな。ケーキは部屋で二つに切ろう。幸いオレの心の中にも、研ぎすまされたナイフがある……フッ、」
緒方は一流の味に出会えたことで、いくぶんかハイになっていました。
そのハイになったまま、一口かじったケーキを袋に戻すと、足取りも軽く女の部屋に向かったのでした。



400 :パティシエ欲ッシュ!:05/03/14 01:23:37 ID:gsnslzCC
=========================================
パティシエ欲ッシュ!
=========================================
「いらっしゃーい!」
数日後、犬の手伝っているパン屋に緒方がやってきました。
緒方はミカンケーキの味が忘れられずに、この商店街のケーキ屋とパン屋を回っていたのでした。
しかし、どこにもミカンケーキはありません。
探し回ったあげく、ここにたどり着きました。
この商店街の、犬の手伝っているパン屋が最後の店でした。
しかし外から見ても、この店にはケーキは置いてません。
緒方はダメ元で尋ねました。
「キミ、この店ではケーキは扱ってないのかい?」
犬は明るく答えました。
「ケーキかい?ゴメンよ、ウチはクリスマスのときしかケーキは売ってないんだ。
クリスマスにまた来ておくれよ。しっかりサービスするからさ!」
「あ、いや、ありがとう。覚えておくよ」
緒方はがっかりしました。

去っていく緒方を、犬はパタパタとしっぽを振って、見送ります。

空は青く、白い雲も厚くなっていました。
今年の夏は暑くなる。
そんな予感のする昼下がりでした。




おしまい

401 :名無しかわいいよ名無し:05/03/14 02:47:07 ID:GgxRVcl5
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
〆は緒方でキタかw
喉をゴロゴロいわせる三谷姉猫と負け犬のフラダンス想像してわろた。
職人さん、お疲れさん!

402 :400:05/03/14 19:50:26 ID:lIdTIMiF
おお、ありがとさん!
思えば、このスレで一年書いてるんですな。
ノロマなので、レス数は少ないですが。
今回「負け犬は伝染する」というのを
書こうとしました。
ですが、何だか難しかったです。
最初、感染力のある「負け犬ハザード アポカリプス」
みたいなノリならば受けるかなと思いました。
でも結局、途中で破綻したのでした。


403 :名無しかわいいよ名無し:05/03/14 22:09:37 ID:FZv8p3Qx
もうそんなになるのか!>1年
いつも楽しませて貰っているよ。職人さんありがd!

404 :名無しかわいいよ名無し:05/03/15 01:37:23 ID:UNDaSv33
        |::/   `ヽ- 、_llllllllllll_,、--―――'´ ̄ ̄`ヽ、lllllllllllllllll,、-―'::::::: |
        |/          ̄ ̄       _,、--    \,、--'´:::::::::::::::::::::|
        | _,、--、 ヽ-、____,、--―'´          |::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |      `ヽ、         ,、--―´ ̄`ヽ、_   |::::::::::::::::::::::::::::::::|
        /        `ヽ、   ,、-―'´            l、::::::::::::::::::::::::::::::|
        / ,、-―ヽ、                         \、:::::::::::::::::::::::|
       l´//―ヽ、, \           ,、-'´ ̄´\        |::::::::::::::::::::::|
      /       \ l、       _,、-'´__,、-――-、\      |:::::::::::::::::::/
      `l        `l`l     /,、-'´               |__,、--、:::/
    ,、-'´ ̄ ̄`ヽ--、__ `||    |/                /| /`|::/
    |  l――----、__ `ヽ|_  ,、-―――-、__       /´ //\ T
    `l |       `l     ̄ _____  `ヽ-、_// ̄  |\  |
     `l l        |  ,、-、  |       `ヽ--、_  /    > |  /
      | |       | /  l \ |            ̄| /   / / /,イ
      \`ヽ、_____/ /  |  | |           //   /  |// |
       |`―---、__|  /  `l ,\         //   /   ノ  ト、
       \__    ノ  ノ    \ `ヽ――――'´/   /  l´´| | 、\_
         `l`l`l  /     ̄ ̄|  ̄ ̄`―――'´ ,、--―′/   |  | \ `|
         `l Г`ヽ、_,、---'´ ̄ヽ、___     / /   |  /  |\、|  |
          `l \___,        ___\        /  |   |  |  ト
          |   |_`ヽ―――――'´/|  |     l /|  /     / / /\
          \__ \ \___,、-―'´ ̄/      // /  |    / / / /
         ,、-'´ \ ト |       _/       /   /  /   ////
       ,、'´   / \|二二二二二//       /  /  /  /// /
     ,、'´     |  /\_____/    _,、-'´   /  |/ // /
  ,、'´ ̄      / / / |    \      /     /  /  / //
/         / / / |          /      /  /  ///
          | || |        /      / /  // /
         /  / / /`ヽ―----―'´       / /  // /
      
「真に負け犬を極めた者は、戦いの場にたどり着くことさえできぬ!」


405 :名無しかわいいよ名無し:05/03/15 01:39:20 ID:UNDaSv33

::;r':;r':;r'.:;r'.::;'.i!:::i!::::!i!:::i!::i!;::::', '';:':,:':,'::,'':;:''-::::.`丶、
:';r'.:;r' .;r'.::::;' i!i:::i!::::!i!:::l ';:i,';:::', ',';:':,::':,':;:.'';::':::;;:.ヽ`ヽ
'' .;r'.::;r'.::::::; .i!.i::!i:::::!i!::i!_ ';:; '';:',:::';:::::';:::':,'':,':::. ', 、` 、 `
;r'..:::;r'.:::::::;' .!:::!::!'';::::!i:! !''-':;、_':;';::',';:',';',':;':,':;::::::.、`丶、
::::::;r'.:::::;r'.:::::::::!:! ';::::::! !  '; `'!;:':;;',';:',';':,':;':,:::::::.、  `
::;r'二''ヾ;::::::::i!::::!  ';::::!  _,,==、 ';::::',';:',';:,:':,:':;::::::.、
;' /ー"ヽ ';::::;''!::::!`  ';:::!  '!i  ,,ゝ 'r'!';ハ,!::',':;:':;:';:::::.、
! /^ヽ.  ';::! !:::::!   ';!  `  li   !;! '!i::i';','';:,'';.、`ヽ、
!, :  (   ';:! ';::!    `   ヽf、   !ヽ '!::! '!:i',ヽ ヾ、 `
:', '、 )   !!  ';:!            ヽ、 !'  !i `ヾ、
:入 - 、     ヽ.             丶  '!
/ ヽ、_ `                  /
.   ヽ                   i
.                 `''' 丶  ノ
                      j
                    r''~
       ヽ,            l
        ''::ュ,、_        ノ
          l'"~`'''''----'''"
          ノ ` ヽ、
         /i;;::::::::.. '、
.        / ';;::::::::::::.`、ヽ、___
.        ノ  'i:::::::::::::::.!::::::::..  ̄ '''''''---  _
.       /   ,':::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'::. `、
          ,:'::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::. `

     「護身完成!」

406 :名無しかわいいよ名無し:05/03/15 18:52:59 ID:Rq9Y8Zw2
もしかして去年のクリスマス用のお話だったのかな。

407 :名無しかわいいよ名無し:05/03/15 20:58:24 ID:vfq1LPWC
別にそんなこともないと思うがミカンケーキは本気で食ってみたい

408 :名無しかわいいよ名無し:05/03/18 01:15:11 ID:U0+KK4Dw
ときどき出てくる405のAAはカクイイ。

409 :名無しかわいいよ名無し:05/03/18 10:15:24 ID:oKmy+7N0
同意

410 :名無しかわいいよ名無し:05/03/19 05:48:29 ID:VpFyFRmc
漠然とだけど次は岸本が出て来るヨカーン。

411 :名無しかわいいよ名無し:05/03/20 11:04:29 ID:TNZjSrlj
次はこういう話だと思います

犬が怯える
   ↓
なんとなくのりきる
   ↓
犬がフラダンスを踊ると緒方が来る
   ↓
伊角とすれちがう

412 :名無しかわいいよ名無し:05/03/20 22:29:38 ID:fHgQ6Oo7
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;   
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  このスレならすぐに沈む……
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  そんなふうに考えていた時期が
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  俺にもありました
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!


413 :名無しかわいいよ名無し:05/03/20 23:47:59 ID:WMDYH09M
前スレが400手前で落ちたことを考えると、
第一の関門を突破したように思える。

414 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/21(月) 20:31:39 ID:kN32GGay
クリスマス・イブって何げにネロとパトラッシュの命日じゃん。

415 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/22(火) 18:07:25 ID:i11zxoMi
フランダースの負け犬

416 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/22(火) 19:06:32 ID:BT7DmeIc
伊角ネロ一郎

417 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/24(木) 23:57:41 ID:iSYay9Sv
ルーベンスの棋譜

418 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/25(金) 00:13:55 ID:WVHaKOQT
この対局後、唯一無二の棋譜のことを瑠宇弁守の棋譜と呼ぶことになったのは言うまでもない。
―――民明書房「囲碁の起源とお茶目な棋士たち」より―――

419 :♪ワヤワヤ ルワ:2005/03/28(月) 01:47:03 ID:4e7+8/PM
=========================================
♪ずでんと叩いて けとけと蹴飛ばして  
=========================================
みなさん、こんにちは。
私は海王中囲碁部のメガネっ娘です。
セリフが貰えたカワイイ子といえばお分かりでしょ。

つまり、私は、いわゆる
コイツです、



ツ。
│ 

│ / \  /|.      |     ○○○○○○○○
│/   \/ |  ./ |     
│  __  |//   |      
│  |___|   /     \
│  |___|   /_,.      \__   __ _,,、-r―‐‐-- 、、____________
│  _,_   /        \(.   ,.ィ'´/  l     i   丶、
│   lニコ    'ー‐ァ       ``' / /   .l   .|   !    ヽ
│  |,r三ァ|   /           ./ l    l l    ! | l l i.   ヽ
│    _,     <           / | .i    i !   l! l ! l !l   l
│   |/     \         l |. ! i'、  !    ll l! j l!l! l    l
│   ○    、--`       !  | l |‐ヽ、 l、   !i !i/! l‐ハ. l.   l
│      、ー`           ! ! l l.!.,.=‐ 、!ヽ, /ノ'/´!ノ=、 l !   l
│ ! /\ 「,,.、-‐‐-、、      l.! ト、.l !′i:':::i`    '゙i:':::i ` リ、i l l    r、
│/    /::::::::::::::::::::::\      ヾ ! 'ヾ'、 `''"      `''′ノ'` ! !j    ! l
│   /:::::::::::::::::::::::::;ィi::::ヽ.    `'、、_、       '       , ,/i /     ! Vハャvv、
│   .i::::::::::::::::::::::// ヽ::::!      ヾ, '、   ヽー ‐‐ァ   /7ソ}′     ! / ノ! } } }
│   l:::::ゞ__,.‐'′''ー l::::l         ヽ,\   `ー‐'′ ,.ィ'/        ゙i いイげ、
└→.l:::r、!( >)‐(< )::!          `` l丶、 __ ,. ' l´′         ヽ `ヽ   !
   l::::ヒ、 // __,..、//l::::i          /ヽ、     _,.ハ.           ヽ   j
   .l::::::::::ヽ、/    i/:::::|.  「 ̄` '''''''''''〈  `ォ,_,rく   〉‐ー─‐ ‐ ┐     } .   {
   l:::::;r‐‐ュ「`'ー‐‐'´ト/⌒ヽ/:| : : : : : : : :llヽ /YHYヽ /ll: : : : : : : : :|、     |.   |
  l:r'゙l    {lヽ/束'、/!}′ .」::::|: : : : : : : : :ll. ゙´/:::! !::ヽ`゙ ll: : : : : : : : :.|:::'、     |    !
  .l:l::! l    !`゙7价lk'":ヽ./::;r'"!: :,.-‐'': : : :ヾ、,7::! !::〈,:r''゙: : ''‐-、: : : :l`'ヾ:、  .!    i
  l:!::! 〉 r'゙: :/」|||l,〉 : :/:::::l   !: : : : : : : : : : 〈::」'Y'l:::〉 : : r──┐: :l  l li,.  !    .l
. 「゙゙'''ツ′ i: : : : : |||: : :ノ::;r┘  i : : : : : : : : : : : : :.|||: : : : : : ̄ ̄ ̄: :.!  l `\.!    !
. ゙T7   l: : : : : :||| :/::::/  l  l: : : : : : : : : : : : :.:|||.: : : : : : : : : : : : :i  l  l,/i.    i
. レ   l`T" : : lrく::::/   l   i'、: : : : : : : : : : : : ||| : : : : : : : : : : : :.i l /  !    l
 {、  ,ノ!: :l : : :./  `゙'‐、_  l  l人ヽ、 : : : : : : : : |||: : : : : : : : : : :,.イ! .l ,.'    !      !
   ̄  l : l: : : ソ、    `'‐.!_,/  〉‐:゙ヽ: : : : : :'''{{{'''': : : : : : ,r''"r' ! l./  .,r'|     l
    /^'ヽ!:.:/  `丶、    7  .}: : : `! : : : : : |||: : : : : : : :!: : :{ `'l.  /  !    j
.   /: : : : :/    /`''‐--'′  !.: : : :i: : : : : :.||| : : : : : : :i: : : !  ヽ ハ      /


420 :♪ワヤワヤ ルワ:2005/03/28(月) 01:49:47 ID:4e7+8/PM

ああ、思えばこのときが私の人生で一番輝いていました。
大会では副将をつとめて、ちゃんとセリフだって貰えたし。
大会当日には、大将を呼び捨てにしちゃったりなんかして。
なにしろ私は「万事丸くおさめましょう」がモットーなんです。
副将にだって、作戦じゃなくて実力でなったんだもの。
自分で言うのもなんですけど、がんばりやさんなんです。

そんな私も、囲碁部を辞めるべきかと悩んだときがありました。
そのときのことをお話します。

あの日、私はお茶菓子の当番でした。
海王囲碁部では、お茶とお茶菓子が部費で買えました。持ち込みも自由です。
でもポテトチップなどは碁石を汚さないように食べるのがメンドイので御法度です。
戸棚の中の買い置き分から、お菓子箱へと補充するのが当番の仕事でした。

私が、一番で部室に入った、と思った……あの日、先客が戸棚のお菓子をガツガツと食いあさっているのを見つけました。
それは一匹の子犬さんでした。



421 :♪ワヤワヤ ルワ:2005/03/28(月) 01:59:03 ID:4e7+8/PM

私は子犬さんの背後から忍び寄ると、シッポを掴んで持ち上げました。
「あらあら、どこから入ったの?子犬さん」
宙ぶらりんになった子犬さんは私に悪態をつきました。
「はなせよ、バカ!噛みつくぞ、オカチメンコ!」
私は子犬さんをぶら下げたまま、2階の窓を開けて言いました。
「ここから放り投げてやりましょうか?子犬さん」
「コラ!やめろよ、オタンコナス!」
「子犬さん、おわび嫌いは 弱虫小虫よ……」
私が子犬さんを窓の外で ぶらぶらさせていますと、
どこからかメロディーが聞こえてくるようでした。

♪ 犬ころ ころ コロがせぇ〜   深い谷底へ 突き落とせ……

私は、子犬さんに正直にうちあけました。
「ねえ、子犬さん。私そろそろ腕が疲れてきたみたい」
すると子犬さんは態度を改めてくれました。
「すみません、落とすのは止めてください。お願いします。このとおりです。許していただけるなら、あなたの願い事を一つだけ叶えてあげます」
「まあ。(子犬さんたら魔法が使えるのかしら?)」

実は、私は窓辺に立ったときから、校庭にいる塔矢くんを見つけていました。

「それじゃ子犬さん、あそこにいるおかっぱの男の子と、私を相思相愛の仲にしてくださいね」
私は、子犬さんに塔矢くんが良く見えるようにと、軽く手首を回しました。
「あの おかっぱかい? なんだ、そんなことならお安い御用さ!」
私は子犬さんを許しました。これ以上しかっても何のメリットもないと思ったのです。
そして子犬さんは、「まかしておけよ」と言い残すと、自信満々に部室から出て行ったのです。



422 :♪ワヤワヤ ルワ:2005/03/28(月) 02:09:46 ID:4e7+8/PM

「大丈夫かしら?うまく釣れ…… いえ連れてきてくれるかしら?
おっと、私も身だしなみを鏡で再チェックして……うん、やっぱり塔矢くんには、まず私の右側から見てもらえるようにして……
だから……体の向きはこう。……あー、もードキドキする」

「お待ちどおー!」しばらくして子犬さんが戻ってきました。
見ると、子犬さんの後ろには、おかっぱの女の子―――女子チームの三将―――が、いるじゃありませんか。
連れてこられた三将は、はにかみながら私に言うのです。
「アナタの好意は分かったわ……」

私は驚きました。
このときの三将の微笑は怖いうえに、私も余程あわてていたのでしょう。
弁明もせずに、隣の準備室に逃げ込んでしまい、鍵までかけたのでした。
私の狼狽ぶりは見ものだったと思います。
我に返って、ふと足元を見れば、一緒に準備室に入ってきた子犬さんが、自慢げにしっぽを振って私を見上げていました。
思わず私は、子犬さんの顔を靴の先でグイグイと押し上げました。
子犬さんは目をむいて怒りました。
「いきなり何すんだよ! このボケナス!ボケナス!」

私は、精一杯コワイ顔で子犬さんを にらみつけて言ってやりました。
「ア、アナタ、石器時代からの人類の友人だったら、人間のオスとメスの区別くらいつけてよ!」
「え!? もしかして…… オレ、間違えたのか?」
「そうよ、アナタはとんでもないことをしでかしてくれたのよ!子犬さん」



423 :♪ワヤワヤ ルワ:2005/03/28(月) 02:20:19 ID:4e7+8/PM


ドンドン!

早くも三将は、準備室のドアを叩き始めてます。
「ああ、どうしましょう…… いい? とにかくこの状況を何とかしてちょうだい。さもないと……」
「さもないと?」
「アナタを殺す……」
本気でした。
そんな私の本気が伝わったのかどうか、子犬さんは言ったのです。
「よし、わかった!じゃあ何とかするから、あの窓からオレだけ廊下に出させてくれ」

私は言われたとおりに廊下側の高い窓を開けて、子犬さんをそこまで持ち上げました。
そのうえで、ヘラヘラ笑っている子犬さんに、念を押したのです。

「裏切ったらホントに、ホントに殺すんだからね!」
「へへ、へへへっ、まかしておけよ!」
そう言って、子犬さんは外へ出て行きました。

ガチャリ…… ついにドアを開けて三将が入ってきました。

「(ガッデム!合鍵を持って来たのね!) あの、ええと……実は……」
「うふふ、なあに?恥ずかしがらなくてもいいのよ」
三将は腕力も人気もありました。
下手な対応をすれば、『明日から私はイジメられる学校生活』に入ることが容易に想像つきました。

近づいてくる彼女に、私は思わず後ずさり、机に後ろ手を付いて体をささえました。
足が震えていました。
「かわいいのね。大丈夫よ、大丈夫。 私だって良く知らないから。
でも最初にハッキリさせときたいんだけど、私のほうが気丈夫だし、これでいいかしら?」

そのセリフ、なんて答えたらいいのか分かりませんよ。


424 :♪ワヤワヤ ルワ:2005/03/28(月) 02:38:07 ID:4e7+8/PM
「ちょっとメガネが邪魔、ね…… 外しましょ」

私は近眼です。それなのにピンチにメガネがないのは、ちょっとした恐怖です。
「あ、ダ……ダメ……」
メガネを取られまいと両手で押さえたとたん、私の腰に両手を回されてしまい、
そのまま机の上にゆっくりと体を倒されていきました。
三将が耳元でささやきます。
「あなたは、少し覚悟が足らないところがあるのね……それじゃ、いつまで経っても大将になれないわ」
「……(うう、どこまで覚悟すれば)」
「大丈夫よ。私が あなたを守るんだから安心して……」

その言葉には、本当に安心させられるものを感じました。
加えて横になったら、体の力が抜けて、すごく楽になったんです。
「ふぅ、大事にされるのは悪くないわ……」
「そ?よかった……」

その時でした。
ドアを開けて尹先生が準備室に現れました。 一気に気だるい空気が一掃されました。
私たち二人は、机から飛び起きました。
廊下では子犬さんが、しっぽをパタパタと振って私を見ていました。
「(上出来よ、子犬さん!)」
私は前を合わせながら、あわてて尹先生の横をすり抜けると、そのまま部屋を出ました。
そして私が廊下に出たと同時に、準備室のドアが閉じられたのです。

ガチャリ…… 鍵のかかる音……。

部屋の中には、男と女。
これはまさか!? いえ、もしかすると…… 私はドアに耳を当てて中の様子を伺いました。
二人の会話が聞こえてきました。

「尹先生、どうされたんですか? そんな……コワイ顔なさって……」
「キミの好意はわかった……」


「あ、やっぱり……」私の予感は当たりました。



425 :♪ワヤワヤ ルワ:2005/03/28(月) 02:47:18 ID:4e7+8/PM

子犬さんの仕業なのでしょうけど、なんてこと! これは大変なことに……
でも、そこからの展開は違ってました。

「……尹先生、私うれしいです。ずっと、心のどこかで願ってた……みたいな気がするんです。尹先生に熱い言葉をかけてもらえるのを……」
「だが、今は教師と教え子だ。だから……私は待つ!」
「待っていてください!私が卒業するまで!」

どうやら部員が集まる前に、丸く収まるみたいで、盗み聞きをしていた私も一安心です。
私は子犬さんに向かって言いました。
「子犬さん、ありがとう!」
「へへっ、オマエのスカタンな願い事は叶えてやったからな。これでお別れだ。じゃあなスットコドッコイ、楽しかったぜ。」
「あっ、子犬さん!待って!」

けれど、あっという間に子犬さんの姿は見えなくなってしまいました。
「あーあ、結局、私の願いは何も……」
思えば、本当に惜しいことをしました。

そうそう、熱く燃え上がってた尹先生たちですけど、卒業どころか合宿の時には、もう お熱が醒めてました。
まるで、憑き物が落ちたように。
そのかわり、その合宿では、たくさんのカップルが誕生しました。
団結力を養う「スーパー合宿」では、カップル誕生は例年の事らしいので、この時は子犬さんは無関係です、ね……きっと。
私も あれ以来、子犬さんを見かけてませんし。

あーあ、それにしても今どこにいるんだろ? あれから飼い主でも見つかったのかなー?

(おわり)


426 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/28(月) 10:34:12 ID:+2GYxQe6
後付け設定ですか?
それとも新シリーズ?

427 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/28(月) 16:12:19 ID:RKA64j2R
新しいのキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
海王眼鏡っ娘とはまた渋い所に目を付けてきたな。
負け犬が伊角さんに飼われる前の話かな?

428 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/28(月) 19:32:34 ID:9b2LROYq
今回もほのぼのとブラックの割合が絶妙だ
ところでルワって何?

429 :419:2005/03/29(火) 05:44:06 ID:9s6JKESm
どーもです。
いきなりですけどタイトル間違えますた。
=========================================
♪ずでんと叩いて けとけと蹴飛ばして  
=========================================
ではなくて本当は、
=========================================
♪犬ころころ コロがせ  深い谷底へ 突き落とせ  
=========================================
でした。
一度に2話落とそうとしたんだけど、直前で1話目を削ったときに、
投下するほうのタイトルまで消してしまったのでした。
(前スレで段落ごと順番間違えたときも驚きましたが、実際にタイトル間違うときが来るとは)


>ルワって何?
元ネタは、「不思議ソング」という 「宇宙刑事シャイダー」の挿入歌です。

ttp://homepage2.nifty.com/Legend/fusigi-uta.htm



430 :名無しかわいいよ名無し:2005/03/29(火) 17:21:57 ID:gciitW5J
ほえー。一つ利口になった

431 :名無しかわいいよ名無し:皇紀2665/04/01(金) 00:53:26 ID:093Jh68v
あれからもう65年か・・・

432 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/04(月) 15:59:32 ID:pLWc/D/p
首をしめる行為

433 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/07(木) 22:34:18 ID:pL1uRQST
ヤシーロ

434 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/10(日) 17:47:07 ID:ucBCBYJ6
まけいぬもふもふ

435 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/12(火) 18:05:47 ID:Mm/cWTUT
ゴッキー

436 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/12(火) 22:55:47 ID:nQI/BWwA
負け犬のあだ名「マッキー」

437 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/12(火) 23:19:34 ID:hcnLTm76
知ってる人いないだろうけど「夜明け前のマッキー」

438 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/12(火) 23:21:13 ID:hcnLTm76
間違えた「夜明けのマッキー」

439 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/13(水) 00:18:04 ID:kb59xn83
夜明けのマッキー
ぐぐってみた。…昭和の香りがしたw

440 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/13(水) 00:52:15 ID:Nx1PAVHO
野獣伝説ワヤ

441 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/14(木) 00:31:11 ID:eKc6H4wn
和牛定食ワヤ

442 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/14(木) 02:02:56 ID:rFbeqa40
ワラ

443 :野獣の巣:2005/04/14(木) 02:04:11 ID:rFbeqa40
========================================
主な登場キャラ
=========================================

ワヤ……犬、碁が打てる。
伊角……ワヤに寝床を提供することが一番多い。
越智……プロ棋士、ワヤとつるむことがある金持ち。
ヒカル……プロ、ワヤの弱点を知っている?
アキラ……ヒカルのライバル。
社……北斗杯に出るために東京へ

=========================================
指導碁
=========================================

「わんわん、メガネキノコ、ここが会場かい?」
「ああ、そうだよワヤ」
今日は囲碁フェスティバルの日。
ワヤは越智に連れられて会場まで来たのだった。

会場にプロと対局できるコーナーがあった。
「ワヤ、あそこでプロと対局してみるかい?」
「なんだ、勝てるわけないからいいや!」
「勝負じゃないよ、指導碁さ」
「本当か?賭けたりはしないんだろうな?」


444 :野獣の巣:2005/04/14(木) 02:05:55 ID:rFbeqa40
越智はワヤを女性プロの席へ連れて行った。

女性プロは、にこやかにワヤに訊いた。
「あなたの棋力はどれくらいかしら?」
この質問に突然謝りだしたワヤ。
「生まれてすみません……」
「は?」
越智が何事もなかったようにフォローを入れた。
「ああ、いまのはコイツの口癖だから、気にしないで。棋力は若手プロと同等といったところです」
「まあ、すごい!ええと……お名前は?」
「ワヤ!」
「それじゃワヤさん、おてやわらかにね」
女性プロは、越智の言葉を本気にしてないようだった。
ワヤはシッポを振りながら女性プロに訊いた。
「石九つ置いていい?」

越智がワヤを諌める。
「ワヤ……指導碁だって言ってるだろ。ごめんね、互い先でお願いします」
「わかりました(何だか大変な方たちね)……ではワヤさん、一手目をどうぞ」
ワヤは元気よく一手目を打ち込んだ。

やがて盤面は、ワヤの有利になっていった。

指導碁のつもりで始めた女性プロも、すでに真剣に打たざるを得なくなっていた。
「ワンちゃんの相手をしてるのに、ここも手が足りない……こんなことって……」
盤面のあちこちで、ワヤが一手先んじていた。
手が止まる女性プロ。

445 :野獣の巣:2005/04/14(木) 02:08:03 ID:rFbeqa40

ここで越智がワヤにささやいた。
「ワヤ、気持ちよく打ってるとこ悪いんだけど…… 向こうも、今から本気出すってさ」
途端に不満げな声をあげるワヤ。
「ええ!? オレ負けちゃうじゃないか!」

ワヤが負ける気満々なので、とりあえず元気づける越智。
「大丈夫だよ、オマエが負けそうになったら、またやさしくなるんだから」
「ホントか?」
ワヤはキラキラする目で、女性プロに確認した。
「ホントに勝たせてくれる?」
あっけにとられる女性プロ。
「え、ええ……」

「よおし、勝負手を出すぞ!」
大きな音を立てて打ち込んだワヤ。
その急所への一撃に、たじろぐ女性プロ。
「(ここをムリにしのいでも……碁は崩れてしまう。それに……泥沼戦に引きずり込んでも……)」
すでに女性プロは、喜々として碁を打っているワヤに、底のしれないものを感じとっていた。

「……(なんで こんな強い打ち手が、犬の中にいるのよ……  勝てるわけ……ないわ……)」
ワヤのシッポを振るテンポが変わった。
ビクッとする女性プロ。
ここで越智はワヤに言った。
「ワヤ、そろそろ相手も本気出すって……」
ワヤは世にも情けない顔をして言った。
「なんだよ……なんだよ……勝たしてくれるんじゃなかったのかよ?」

越智は思った。
「(このメンタリティは、本当に筋金入りみたいだ。もう変えようがないのかな?)」

女性プロも思った。
「……(なんで こんな強い打ち手が、こんなにも弱気なのよ?  わけ……わからないわ……)」

446 :野獣の巣:2005/04/14(木) 02:09:31 ID:rFbeqa40
=========================================
負け犬病
=========================================
その病気に最初にかかったのは倉田だった。
ヒカルとアキラを引きつれ、安い中華料理の店に行くところだった。
そこは、ギョーザを9皿食べると、8皿分がタダになるキャンペーン中だった。
店に入ろうとしたところで、いきなり倉田が苦しみだしたのだった。
「ぐ、ぐゎ〜、ダメだぁ〜、ダメだよ  もう ダメだ……」
ヒカル「 どうしたんだよ!?倉田さん!」

倉田「進藤、ダメだよ オレもう…… 9皿も食えない……」
ヒカル「なんでー?倉田さんなら、9皿くらい楽勝だろ。
あ!それとも いよいよダイエット始めた? だったらオレも付き合うよ」
ヒカルは、倉田におなかを出して見せた。
ヒカル「ほら見てよ、ここんところの肉なんて、要らないよなー」

険しい目をしたアキラがこぶしを握りしめて言う。
「……ボクは、そうは思わない」
少し怒っているようだった。
「往来で はしたないぞ、進藤。 それに倉田さんが言われているギョーザは、一個の大きさが
オムライスと同じくらいの物なのだと、どうして気づかない?」
ヒカル「そんなことねーよ、塔矢。だってオレと倉田さん、ここ来るの2回目だもん」

御木曽は、テレビの解説中に発病した。
女流棋士「本日の解説は御木曽先生にお越し頂きました。さて、今回の二人の対局をどう見られますか?」
うつむいている御木曽「……アホルダー…… オレは……アホルダー……だ……ひひ、アホルダー……」
女流棋士「ハ?御木曽先生、どうかされまし……」
突然、御木曽が絶叫し始めた。
「ダメだぁ〜、あーっ、ダメだぁ〜、下がるっ! 株が下がるゥ〜〜!!」
女流棋士「御木曽先生、落ち着いてください!御木曽先生!」
御木曽の乱心に収録現場は大騒ぎとなった。

その日、棋院のあちこちで悲鳴が聞こえたのだった。


447 :野獣の巣:2005/04/14(木) 02:10:49 ID:rFbeqa40


その日の午後、ヒカルは病院へ、倉田の見舞いに行った。
しかし、そこで見たものは、病院のベッドで元気に両手を上に伸ばして、あくびをしている倉田だった。
その表情はとても病気とは思われなかった。

「倉田さん、もういいの?」
「おう! もー気分爽快。それじゃ、進藤、さっそくメシ食いに行くか?」
「ええー!? オレはいいよ。さっき食べたばっかだし……」


記者に、北斗杯の意気込みについて訊かれている越智。

越智「え? どういうことなんですか?」
古瀬村「だから北斗杯代表選手にはキミが選ばれたんだよ。社くんが倒れてしまってね、北斗杯は欠場するんだ」
「社が?病気ですか?」
「知らなかったのかい?いま棋院で流行っている病気を。といっても、昼間のうちだけだったけど」
「それじゃ社は、日本棋院に来てから病気になったんですか?」
「そうだよ、 ……勝負師にしか、かからないという新しいタイプの免疫不全症でね、
ま、適当な名前がなかったからね、みんなは『負け犬病』と呼んでるけど」
「負け犬病……」


448 :野獣の巣:2005/04/14(木) 02:13:56 ID:rFbeqa40
すっかり元気になった倉田が食事に行ってしまうと、ヒカルは、倉田と社の担当医に尋ねた。
ヒカル「先生、なぜですか!どうして、倉田さんは退院できるほど快方に向かってるのに、いまだに社は……」
担当医「うむ、それを説明するには、まず世の中はマイナス因子とプラス因子でバランスが保たれていることを、理解するのが必要だな」
ヒカル「はあ……」

担当医「いいかな?あの海を泳いでるイカも、実は体の中に悪玉コレステロールがいっぱいなんだ。
だが、それを上回る善玉コレステロールがイカの体内にある。よって大海原を元気に泳ぎまわれるほど、体のバランスは保たれているわけだ」
ヒカル「……」

担当医「そして今回の この負け犬病は、勝負師としてのマイナス因子を大きくさせてしまうものなんだ。
社くんは天才と云われてるらしいし、きっと才能で駆け上がってきた ひらめきタイプの棋士なのだろう」
ヒカル「ひらめきタイプの棋士……そうかも」

担当医「やはりそうか…… そんな天才の社くんには、このマイナス因子が極端に少ない」
ヒカル「それじゃ社は……」

担当医「うむ、社くんには、リハビリで自然治癒出来るだけのプラス因子に作用する抗体が無いんだ。
そして抗体の量は、『勝負師としてのマイナス因子』の量に比例する。
なぜなら抗体が少なければ、生きることにも負けてしまい、生命活動さえ維持できなくなってしまうからだ。
かといって、その抗体だけを他の棋士から移植しても、今度はその棋士が……」
ヒカル「そうか、今度はその人が負け犬になってしまうんだ!」

古瀬村「抗体が手に入る見込みがないので、代表選手はキミになったというわけなんだ。
なにしろ『勝負師としてのマイナス因子』をたくさん持っていれば、もともと勝負事はしないわけだからね。
『勝負をしない勝負師』を見つけようなんて無理な話だよね」
説明し終えた古瀬村は、次に代表選手になった感想を越智に聞こうとした。
そんな古瀬村に対し、越智は言った。
越智「棋院の外になら、そういう棋士をボクは知ってます」

449 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/14(木) 23:15:22 ID:QOCrArbo
あいかわらず何の前触れもなくきた〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!

>ワヤ……犬、碁が打てる。
しょっぱなからワロスw

450 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/15(金) 22:01:18 ID:GADNdmpD
「ええ!? オレ負けちゃうじゃないか!」
「ホントに勝たせてくれる?」

筋金入りの負け犬メンタリティにハゲわろたww
この女性プロはもしかして「勝てるわけないわ」のおばさん?

451 :445:2005/04/16(土) 15:45:48 ID:Qt8nonX9
>この女性プロはもしかして「勝てるわけないわ」のおばさん?

そのとおりです。

それと修正。
ヒカル「……あ!それとも いよいよダイエット始めた? だったらオレも付き合うよ」
のところ
×→ヒカルは、倉田におなかを出して見せた。
○→ヒカルはシャツを巻くって、倉田におなかを出して見せた。
です

あと、ここは流すところだけど一応修正
担当医「やはりそうか…… そんな天才の社くんには、このマイナス因子が極端に少ない」

×→天才の社くんには、このマイナス因子が極端に少ない
○→天才の社くんには、このマイナス因子が元々極端に少ない
になります。

いろいろすまんけど、書いてるときって頭の中に絵があるから、気づかないんだなー、と思った。


452 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/16(土) 22:26:38 ID:qHuuRacw
おつです。上の文章でも意味通じてたよ〜

453 :野獣の巣:2005/04/16(土) 22:50:42 ID:SY8Ci7O6

=========================================
トラックはゆくゆく 灰皿は残る
=========================================

翌日はポカポカと暖かだった。
ワヤは、河川敷で遊ぶ犬たちを眺めていた。
犬たちは飼い主とフリスビーを楽しんでいたのだった。
ワヤは、ため息をもらした。
「あーあ、伊角さんも フリスビー買わないかなー オレ、絶対うまくキャッチ出来る自信があるのに……」
そのときだった。
ワヤの目の前に、金物の平たい灰皿がカラカラ カランと転がってきた。
それは、手のひら大の円くて薄っぺらい、ステンレス灰皿だった。
そしてワヤは声をかけられた。
「キミ、 そこの灰皿とってくれんかの」
声の主は桑原だった。
ワヤは、無言で言うことを聞いた。
その灰皿をくわえると桑原のところまで持っていった。
桑原「すまんの。だが……これはどうかの?」
いきなり桑原は高く灰皿を放り投げた。
放り投げられた灰皿は、落ち始めると風に乗ったのか、その角度を緩く変えていった。
ワヤは思った。
「(フリスビーだ!)」
「ほれ、グズグズしとると地面に落ちるぞ」
ワヤはスーパーダッシュで、灰皿が落ちる前にくわえてキャッチした。
「ほお」感心する桑原。
ワヤは桑原に灰皿を渡すと、得意気に言った。
「へへっ、ちょろいぜ」

454 :野獣の巣:2005/04/16(土) 22:52:38 ID:SY8Ci7O6

「さて次はどうかの。とりゃ!」
桑原は力いっぱい右の方向に投げた、と見せかけて左に投げた。
逆をつかれたワヤは、しかしそれでも即座に方向転換して、あっという間に灰皿の落下地点に入った。
まだ灰皿が、地面から3メートルのところ。
ワヤはジャンプして灰皿をくわえると、空中で回転してから着地してみせた。
フライングディスクの公式戦なら高得点だった。
ワヤは胸をはり、トロットで戻ってくる。

桑原「大したもんじゃの。さて、お次は……」
桑原はワヤの裏をかこうと、右に投げる、と思わせて、左に投げるか思いきや、
やっぱり右にしたという顔つきで、左に向かって投げるそぶりのまま体を右に向けた。

そのたびにワヤは、首を右に向けたり左に向けたりしながらも、
桑原が投げるのを、まるでスタートの合図を待つレースマシンさながらに、
脚をブルブルさせながらも、飛び出すをこらえていた。

桑原「後ろじゃ!それっ!」
桑原の投げた灰皿は、後ろのトラックに向かって飛んでいった。
そのトラックは観音開きのコンテナを積んでおり、扉は開け放されていた。
灰皿はそのコンテナの中に飛び込んでいった。
ワヤ「あー、どこ投げてんだよ」
ワヤはコンテナの中に灰皿を探しに入った。
「中は暗いな……」
暗い中にも、わずかに光る灰皿を見つけ、近寄るワヤ。

ガシャーン!

ワヤの後ろで大きな音がした。


455 :野獣の巣:2005/04/16(土) 22:55:33 ID:SY8Ci7O6

コンテナの中には、まるで二重構造のように猛獣用の大きな檻が積まれていた。
その檻の中にワヤが入った途端、檻の扉は落ち、ワヤを閉じ込めたのであった。
大きな音は扉が落ちる音だったのだ。
ワヤ「あっ!」
開けっ放しのコンテナの外からのぞきこむ桑原が、檻に閉じ込められたワヤに言う。
桑原「フォッフォッ、どうしたのかの?」

ワヤ「おじいさん、たいへんだ!オレ閉じ込められた!たすけてくれ」
桑原「フォッフォッ、ムリじゃな」

ワヤ「そんな冗談いわないでくれよ。ホラ!灰皿だよ!」
ワヤは、口にくわえた灰皿を、首を曲げて檻の隙間から半分ほど出してみせた。
そして、見てくれといわんばかりに鉄格子に灰皿をぶつけてガチガチと音をたてる。
桑原「おお、ごくろうさん……」
桑原は微笑みながらワヤの口から、灰皿を受け取った。
そして、期待に満ちた目で自分を見ているワヤに言った。
「……ワシらはの、最初からオマエの体に用があったんじゃ」
それを聞いて驚くワヤ。
「え!? まさか……罠だったのか!
(……もしかして犬さらい? そういえば、知らない人について行っちゃダメだって、伊角さんが言っていた!) 
ちくしょう!ワォーン!ウォォォーン!」
猛然と檻に体当たりをするワヤ。
「くそっ、出せっ 出せよ!このハゲじじい!!」
これを聞いた桑原はあきれたような声を出した。
「口汚いやつじゃのぉ。 ……運転手さん、もう行っておくれ」
コンテナの扉が閉められ、中は真っ暗になった。
「ギャワーーーーン!」 
「フォッフォッ、心配することはない。すぐにお仲間に会えるでの
……とは言っても、もう聞こえぬかもしれぬがの…… フォッ! 
フォーフォッフォッフォッ……」


456 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/16(土) 23:22:21 ID:/g4FQDKl
ジジィ…

457 :454:2005/04/17(日) 13:26:08 ID:iyKpDlbN
×→桑原が投げるのを、まるでスタートの合図を待つレースマシンさながらに、
脚をブルブルさせながらも、飛び出すをこらえていた。

○→桑原が投げるまで、まるでスタートの合図を待つレースマシンさながらに、
脚をブルブルさせながらも、飛び出すをこらえていた。

前スレの分を見直したら、「賢明」が「懸命」になってたり、「同性」が「同姓」になってたりしてた。
意味通じてたと思うし、これからも脳内変換よろしくね。
自分は、とりあえず落ち着くことにするよ。

458 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/17(日) 21:34:57 ID:xw+vvPor
ぁゃしぃジジイキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!
職人さんのかくワヤ犬はほんとうにヘタレで(*´Д`)ハァハァするよ
脳内変換はたぶんできてると思うけど、職人さん的に気になるとこは
直してください。


459 :457:2005/04/18(月) 00:54:58 ID:Wji3f5ju
( ´・∀・`)ノ  ラジャ。

460 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/18(月) 21:02:04 ID:ClGo6Isu
レースマシンさながらのワヤのとことか、
前に犬飼ってたからわかるよ。
お仲間=やっぱり負け犬なんだろうかw

461 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/18(月) 23:37:09 ID:MguASNiU
今日は伊角さんのお誕生日だというのに。
ワヤは拉致られたままか……(´・ω・`) ショボン
無事に帰って来られることを祈ってるぞ。

462 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/20(水) 00:24:23 ID:jNHTil37
飼い主伊角さん、誕生日おめ!
バースデーケーキは実にうまそうだったミカンケーキで。

463 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/25(月) 01:52:24 ID:8+OlTuZG
いつのまにやらここでは、とても自然に和谷が犬化したな
もう和谷が人間だったなんて考えられないよ

464 :野獣の巣:2005/04/25(月) 04:54:57 ID:g+WxxXt8
>463 一応、ワヤ→犬。 和谷→人間、で認識お願いします。




=========================================
囚われたワヤ
=========================================

社が入院している病院の手術室。
そのひとつに、となりの部屋から見えるように大きな窓のある手術室があった。
たまに大勢のインターンや他の大学の先生らが見学するときには、重宝していた手術室だった。

ワヤは、今 その手術室にいた。
さんざ吼えまくり、スタッフに手を焼かしたワヤも、今は首輪を外され、両手両足を、
手術台の上の機械に括り付けられていた。

その横には手術台がもう一つ。
そこには社が、やはりワヤと同じように大の字になって拘束されていた。



┌─────────┐  ┌──────────┐
│       社     │ │   ワヤ      首輪 │
│       ↓     │ │      ↓     ↓ │
│      ■■     │ │     ■■   ◆◆ │
│      ■■     │ │     ■■    ◆◆│
│ ■■■■■■■■ │ │ ■■■■■■■    │
│     ■■■     │ │    ■■■       │
│    ■■ ■■   │ │   ■■ ■■      │
│  ■■    ■■  │ │  ■■    ■■     │
│ ■■       ■■│ │                │
└─────────┘  └──────────┘
           ↑こんな感じ↑



465 :野獣の巣:2005/04/25(月) 04:56:33 ID:g+WxxXt8

その手術室には、朝から何やら怪しい道具が色々と運び込まれていた。
それらの道具は、車で数分の所にあるSMショップから、急ぎ調達されたものだった。
ワヤを怯えさせることにより、マイナス因子の抗体を活動化させようと、手術室内をおどろどろしく見せるために用意されたのだった。
そのため、なるたけ拷問道具に見えるものを、ということでSMショップから調達された。
が、しかし、それらの道具は いずれも、過去にワヤが越智家の博物館で見た珍しい物の迫力に、
遠く及ばない物ばかりだった。

そのため、いくら担当医が道具を指差し、さもこれから拷問でも始めるかのようにワヤを脅してみても、
効果は まるで無かった。
ワヤの目には、それらは しょせん玩具としてしか映らなかったためだった。

一人で考え込み始めた担当医。
「う〜ん?ワヤくんは気弱だって聞いていたが、本当だろうか?
さっきも数人を相手に、悪口雑言の暴れまくりだったし……本当に検体たりうるのだろうか?
ここは やはり越智くんの対局が終わるまで待ってから、彼に話を聞くしかない、か……」

=========================================
改造手術
=========================================

越智より先に、対局が終ったヒカルがやってきた。
ヒカル「先生! 社、どうですか!?」
担当医「うまくない。連れてこられたワヤくんは、まるで怯えるそぶりを見せてくれなくてね。
肝心の抗体は少しも手に入らないんだ。
もう社くんは、目も見えない、耳も聞こえない、口も利けない体になってしまっている……」
「そんな!」
「隣でワヤくんが騒いでいるのに、社くんは あのとおりだ。何も反応しないんだ」
「社…… なんて ふびんなやつ……」
「抗体が手に入らないと、そろそろマズイことになりそうだ」


466 :野獣の巣:2005/04/25(月) 04:58:21 ID:g+WxxXt8

ヒカルは決心した。
「よし、オレがワヤを説得してみる!」
「え、説得?怯えてもらえるようにかい?」

すでに社は、わずかな空気の振動から、辺りの気配を おぼろげに感じとれるだけになっていた。
その隣では、ワヤが騒いでいた。
「やい、このオレをどうするつもりだ! いまからオレと隣の人の脳を交換でもして、オレを人間犬にでもするつもりか!?」

社「(なんや……そら? ……なら、オレは……犬人間かい?
……さっきから ワンワンうるさい思たら……ワンコやったんか……)」

そこへヒカルが入ってきた。ヒカルの登場にワヤは喜んだ。
「あっ、進藤ォッ!助けにきてくれたのか!わんわん!進藤!早く、早くこの機械を外してくれ!」

ヒカルは、うつむき加減にワヤから少し目をそらすと言った。
「いや、悪いけど……」
「な!なんでだよ!?」
ヒカルはワヤに向き直って言った。
「ワヤ、お前の隣に病人がいる。治すための元気の元が足りない。
そういう病気だもんで、つまり、えーと……そういうわけだ。お前の助けを必要としてる。
だから今からオレとお前は勝負するんだ!」
「どういうことだ?進藤」
「どういうことも何も……」
「それじゃ進藤、まず先にその首輪をオレにつけてくれ!」

ワヤは首輪を使うことで、伊角に助けに来てくれるよう頼む気だった。
そして、そのためには首輪に通信機器がついてる事を気づかれてはならない、と用心もしていた。
「ワヤ、首輪はつけても、手足の機械までは外せないぞ?」
「それでもいいから頼む!このとおりだっ」
「なんで?……もしかして、これ変身ベルトなのか?ワヤ」
「バカ言ってんじゃねーよ、進藤。さ、早く」
社「(進藤…… そのネタは…… オレにだけはストライクやからな……)」



467 :野獣の巣:2005/04/25(月) 05:03:48 ID:g+WxxXt8
手術室の外で様子を見ている担当医。
「何を話してるのかは聞こえないが、もう間に合わないかもしれない。ワヤくんは全然怯えてくれないし。
このままでは……社くんは、そのうち呼吸さえも止めてしまう……」

社「(そうか……分かったで…… オレは、いまから勝負の闘気を分けて貰うわけやな……進藤とワンコから……
つまりはシナジーや、闘気のシナジー効果というわけや!)」

ヒカルは首輪をいじりまわしながらワヤに言った。
「ところでワヤ」
「なんだ?進藤」
「いまからお前はバーベキューにされちゃうんだけど、いまの気分はどうだ?」

社「(何でやねん!)」

ワヤ「キャ、キャウウウーン!!」

社「(……進藤、なんだってわざわざ、そんなプレッシャーかけるようなことを〜!?! 闘気のシナジーやなかったんかい!?)」

この瞬間、計測機器を見た担当医は狂喜した。
「うおっ!いきなりマイナス因子がメーターを振り切った!
何をどう説得したのかは不明だが、さすがは進藤くん!
これであとはワヤくんがやる気を出して、抗体が活動化するのを待つだけになった!」
担当医は両手で大きな丸を作って、窓の外からヒカルにサインを送った。

それを見たヒカルは、ワヤをなだめて勝負にもっていこうとした。
「大丈夫だ、ワヤ。お前がオレに勝てば、バーベキューにされないで帰れるぞ」
ワヤ「そんな危険な勝負、できるわけないだろ!!」
ヒカル「勝負しなきゃ、このままバーベキュー&ジンギスカンに決定だぞ?」
ワヤ「そんなバカな!? じゃ、進藤は もちろんオレに勝たせてくれるな?そうだよな?進藤。だって、俺たち友達だもんな。な!」
ヒカル「勝つも勝たぬも…… お前しだいなんだ、ワヤ。 ……がんばれ」


468 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/25(月) 14:33:27 ID:YURK1vfx
>>464 カタカナだと犬なんですね。

469 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/25(月) 20:42:49 ID:QWwPUQrj
ワヤの体と首輪で犬の形か。ワロス

470 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/25(月) 23:43:06 ID:L+AfEAV1
そろそろ人間の和谷も見たいかな

471 :466:2005/04/26(火) 01:23:25 ID:3E2gmS8E

「人間の和谷」に、なんだか笑った。人間の和谷は、もう変なのしか書けないかも。

またまた修正です。「だから今からオレとお前は勝負するんだ!」「どういうことだ?進藤」の次です。

×→「どういうことも何も……」

○→「どういうことも何も……碁で勝負だ!」

472 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/26(火) 17:39:22 ID:NHIHfu1m
「進藤は もちろんオレに勝たせてくれるな?だって、俺たち友達だもんな。な!」
今回も潔いまでの負け犬っぷりにワロスw
それでこそワヤ

473 :466:2005/04/27(水) 23:40:41 ID:WkAq4U+l


 |  ヒカルはワヤに向き直って言った。
 |  「ワヤ、お前の隣に病人がいる。
 |   治すための元気の元が足りない。 
 |    
 ̄ ̄ ̄ ̄


  「ワヤ、お前の隣に病人がいる。 
 |
 |  
 |∧_∧
 |´・ω・`)   ×→治すための元気の元が足りない。      
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 |
 |   
 |_∧
 |ω・`)つ ○→治すための元気の素が足りない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

474 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/28(木) 23:29:30 ID:GieZ/J4p
ラジャー!(`・ω・´)シャキーン
そのままでも通じるけどなw

475 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/30(土) 14:02:58 ID:YsnibjA5
パタリロ西遊記アニメ化

 ttp://www.hakusensha.co.jp/patalliro/cast.html

和谷がマライヒなのかよ! Σ(・ω・ノ)ノ!びっくりっ!

476 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/30(土) 22:32:35 ID:+r67UvCY
負けいぬ
マライヒ

最初の一文字だけ共通してるなw

477 :名無しかわいいよ名無し:2005/04/30(土) 22:36:25 ID:Zr0FPElq
ハア? と思ったけど新作か。さすが人気あるのな。

478 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/01(日) 15:59:47 ID:pFD/E5HC
さしあたって碁盤と碁石があればいいんだよ。

479 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/01(日) 17:22:42 ID:9+bm4A/n
ってかパタリロの綴りを初めて知った

480 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/02(月) 03:05:35 ID:xuyyNKnB
ちょっと貼りますね

名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:05/02/23(水) 19:11:57 ID:eahXCUYD
dreamの長谷部優ちゃんはゴキ手掴み。
しかも「カブトムシを捕まえた」と言うのでメンバーが見にいったら
ゴキだったという。。。


481 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/02(月) 06:05:07 ID:uc0NTMnE
まちがえた。こっち。

高木礼子本人HP「猫目茶房」


http://www53.tok2.com/home/reireisama/

482 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/04(水) 19:39:33 ID:8v2CeRRj
両手両足を縛るってのは
このことかァ、ナルホドね。

483 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/05(木) 18:01:15 ID:M3I1xRCN
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダ   _,,_,,,,, ちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃ,,r '";;iiiiiiiiiiiiiiiiiii;;`i;,,、 メだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなく/::::;;;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;::`;,、 だ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げ  /::;;;;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;:::::\  逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げ l:;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;:r、 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げ 'liiiiiiiiiiii/iiiiiiトiiiiiiiiiiiiハiiiiiiiiiiiiiiiハヽ げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げ ,-、iiii/liトハiiハiii/ lハliリiiiiiiil"`'  げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げ  〈 `'jV  .____,,,i,,__ii   _,,,iiトiiiハ/  げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げな ヽ、_ '" r-ョァー   "ya-//"   逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくち ヽ  ゛~`   '、 "~'/''"  メだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げ    _r-|ヽ、  _  _'" , '   ダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃 _,./'/ ii  ` 、  ' , rt,_    ダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
'"_,,  / l"    `''";l、ヽ, "'  ,   メだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
    /  `,       `〉 i、   ` ,、   逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
   /i   i,ー-、  _,,r`i  ヽ,    \、 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
   /    ,_ヽー-- -ー''l   ヽ     'i,逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
              '  '~` ̄     'l 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ
逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ 逃げなくちゃダメだ


484 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/05(木) 18:16:00 ID:M3I1xRCN

「クゥ〜ン (進藤の一言で、やっと分かったよ……
オレは……オレは、やっぱり……

   /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiir、    ,/\,,ヘ/\,/\,/\
   /liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiリiトiiiiiiiハiil iil  liiiハiiiiiiリiiiiiiiiiiiiiiii、  >
  " 'liiiiiiiiiiiiiiiiiii/iリiiiiハ/ lil  il  liii/liiiiトiiiiiiiiiiiiiiiil  
   /iiiiiiiiiiiiiiリii/--トiiii/     i  _lil" liil liiiiiiiiiiiiiiiト > 逃げなきゃダメだ!
  riハiiiiiiiiiiil ii   ,,__"`'r、 ,i i, _,,/,, yrーir、 liハiiiiiiiiii〈   >
  ii liiiiiiiiiil   yr"~~`''y,^",‐` -''r''~,,   "   liiiiiiiirヘ,,  ^
   /,liiiiiiiil        〈l,`            "_,,/~  /  "//ヘ/\,,^\,,/\
  /⌒ヾ,i--l          _,,....,,_         ,./    `r,,‐-、
  ヽ ,  ヘr..,,_     ,,r-_''"- ー--丶、     /         〉
 _,, 」     ヽ、   rl'"      ゝj,    ,/         l'~
l         ヽ、   l"         'l   l    ヽ,,     ヽ,
`''+,         i,  l   ..... ,, ー ,.  l,   l      ヘ  ,r-"
 r"      ,    `、 l /      ヾ,,.l  /      ヽ, l
 ヽ,,_   /     } lrv        l.l  ,r        l/'"
   ,l  /      〈  ヽヽ、_____ ,,,,,....//  l        i,
   ヽ、/       lゝ、 `ー- ,,,...... -ー''" ,,/l        'i


485 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/06(金) 01:29:05 ID:hiArXvA2
ハゲワラスw ワヤンゲリオンw

486 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/06(金) 02:57:58 ID:Y51U4Hue
        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|  まさか!!
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|  ここで
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ    ロンギヌスの
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉   対局時計が!?
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/


487 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/06(金) 04:21:16 ID:w+N0l5Mz
/:;' ,!' ,!' ,i!';!' ;!':::;' ;' ,'::;i!';':.;!';::!::!:;';'!i!, i;::'i;:'i, ';::'!i;: ', ',
 ::;' ,!' ,!' ,!i':;!' ,i'::::;' ;' ,':::;i!:!::;!:!;';:::!:;';'!i!i: !i::::!i::!i, ';:!li;: ', ',
 :;' ,i' ,i' i! !' ,i!'::;!' ,!' i':::;!':!':l''ヾ'!''!/リl!l!i !i!i::::!i!::!i, i,'!li;: :  l
 ' ,r!' i! ,i!,i' ,!':::i!'l ,!' ,i!::::i!:i!::l     ll:!i:! !i:::! !i::!i, '!i !li; : i.l
  ,i!:!: i! i! l: !::::i!' l !'i l l:::l:l l::l     ll !:! !i!::! !li:::l, i!i, !i. : il!!
  :l::!:::i! :l!::l: !::::l! !l '!| !:l::l l:l :  :  !! !! !i!:! !i:::!i:!i ! !i: : ! !
 -!;:!i:::!.::l:il: !::::l!;;;;!;;;;!;;;,,!!;|,, !! !  !  ,,,,!,;;;;!!;;;;:!li::!i:!i !i.i! : !
 ~='!l';::';:l:il: !:::!ト,,、ゞ゚'ィ_,,`'-~" ミ  ::."~,,_ゞ゚'ィノ゙l:!:;!':i! !i:i! : !
  !rヽ!::::!i::!i',!::/ー=,,  _,,   :i  !:: ー.,,_ ,ィ'゙!!'::;!': .!:!::r!'
 、'ヽ!!;::!'!l::!:i!::!         .::!  !:       !;!':i:r'!:!::!
 ::ヽ '`!:i !!:::! '!!        .:::::!  '!:       i!',;'!::;r'/
 l::!::iヽ_` '!!'!i        .:::::::!.  !::.     イr';!''/!/
 l:::!::!::|:!,  ';:    ,r   ''==:!;、__ノ='  、   ,!!'|/
 li::!:;'::|::!,  :'   '"             '': 、 !'/
 l!i:!;':::|::::!,    :: ::              : :: /
 r'1::i:| ';:::!i,   : ::  --''''''''''ー--''''ー  : ' /  ついに知ってしまったか・・・
 l l:!;'!:| ':;::::!i;,   :,    ー:,,,,,,,,,,ィ    ; /_  緒方君・・・
 :l !ヽ!|  '!, ';::!i:,      ,      、   /:l; l-.,
 ::!, '!,ヽ,  !, ';:::!i,    "       ゙  /::::! li :.',
 ::::':, '!, ヽ ';,  ':;:::!i,           /:::::/ ./'!, :.ヽ


488 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/06(金) 04:22:18 ID:w+N0l5Mz

ヾ                             ,、    |   
  `ヾ _                         / l     |
      ̄,ー-z___             //  l l   |   
  .    '.,/./l  ̄;  ト-三彡      ///    lノ_ l    
      l.l ,' l  ヽ_.i`-' ノ彡彡彡彡==--- __二二r-─ヽi もちろんです。塔矢先生!
      l.l l l    ~二--ゝl  ̄.//二=┐=─ 、=-、 ヽ i   
      .l.l.l i        ノノ'⌒ l l-、─-ト_ソ ノ  ヽ '-,__|   
       ヾヽ、     /,'/ ./ ヾヽ`,        , ' r-┘|  
        ヾ==---- ',r "/ /   ヽヽ'        / /   丶  /
        l   ̄ ̄  / /     ヽ、      / /    丿ノ
        ヽ      `-、--、    ` -、__'ノ   ノ
         ヽ                       ι'   /~
          `、    ト、─- 、_              /
           ヽ   ` - 、_    ヽ           ,-'
            ',    、   ─ - '         , -'
             ヽ    ──          , - '
              l             , - '
              \         _ , - '
                ト──--- '

489 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/06(金) 04:24:04 ID:w+N0l5Mz

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´      U     l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::

対局時計というものは数字で時を表し、この和谷5の「5」は碁を表している・・・



490 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/06(金) 04:25:18 ID:w+N0l5Mz
       _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │   
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l    
  ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、   
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ ! 
 ゙!  7     ̄    | トy'/
 !  `ヽ"    u    ;-‐i´ 緒方先生・・・それは、つまり・・・
 ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
  ヽ、 ー         / ゝ
   \   __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /

491 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/06(金) 04:26:06 ID:w+N0l5Mz

まあ待て芦原、その前にちょっとティータイムだ。

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉
            

492 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 06:03:12 ID:yUnirjG/
                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |    ☆
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!   /
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/ /
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|  ___  `}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽ ´  ` //リ   キミに
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./    教えたいことがある。
            \!     ヾ_,.      /‐'    
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉


493 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 06:12:36 ID:yUnirjG/
    ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ
..≦              `i,
..≦               i、
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i         
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|  もう塔矢先生は、待ちくたびれて
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /   帰ってしまわれましたよ。  
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'   代打で来ました。
  !{   ,!   `      μ!
  ゙!   ヽ '       ,i!
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ
    ヽ  ‐-    / "ト、
     ヽ.___,._/   // \
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、
   /  /i:::::.    //     ヽ



  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

冴木か…… そうか帰ってしまわれたか……
芦原も聞いてくれ……

494 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 06:15:43 ID:yUnirjG/
  丶   \   ̄ ̄~Y〜 、
  |  \ __    /    \
  |ゝ、ヽ  ─     /    ヽ |
 │ ヾ ゝ_         \  |
 │  ヽ_ _ / /| |\   \|
  \ヽ   _ // / |  \   |
   ヽ\二_二// ∠二二二| ヘ|
    | | | ヽゝソゝ|TT|<ゝソ フ |/b}   犬にネギを与えてはならない!
    ヾ| ヽ___ ノ/|| .ミ__ ノ | ノ
      |       凵@     /フ
      | u .F二二ヽ   /|/
      \.   |/⌒⌒|   イヽ
      /. \  ==′/ |.| |
      ̄||  ヽ__/  / / ̄
      \ヽ_____ノ ノ
        ───―――



495 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 06:23:49 ID:yUnirjG/
    ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ
..≦              `i,
..≦               i、
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i         
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|  知ってますよ
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /   常識でしょ。
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'
  !{   ,!   `      μ!
  ゙!   ヽ '       ,i!
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ
    ヽ  ‐-    / "ト、
     ヽ.___,._/   // \
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、
   /  /i:::::.    //     ヽ



      _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l   
  ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、    僕だって知ってます
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !     ネギ中毒になるんでしょ。
 ゙!  7     ̄    | トy'/    
 !  `ヽ" _       ;-‐i´
 ヽ  ` ̄ /     /ヽト、
  ヽ、          / ゝ
   \   __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /


496 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 06:29:54 ID:yUnirjG/
ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
        [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|   
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

まあ これを見てくれ。 3番のところだ。

<症状と原因>
何かの原因で下痢が始まり、3日目ぐらいになると、下痢便に血が点々と混じることがある。
これは、下痢が続いたことで腸内が荒れて出血したので、下痢の原因とは別の場合がある。

1.お腹が冷えた室内で生活している犬で、特に夏などひんやりとしたフローリングやお風呂のタイルにベタッとお腹をつけて寝るのが好きな子がいる。
 でも、1時間も2時間もそのまま寝ているとお腹をすっかり冷やしてしまい、下痢する場合がある。

2.寄生虫がいる寄生虫には何種類かあって、血便を起こしやすい虫もいる。
 子犬だと、血便で血液を失い、寄生虫に体の栄養をとられて衰弱し、命に関わる場合も。

3.ネギ中毒…症状がひどかったり、手遅れになると命に関わるので注意が必要。
 ネギそのものは食べさせなくても、エキスを含んだ煮汁や他の物でも同じ事。血尿、おう吐も伴う。

497 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 06:40:46 ID:yUnirjG/
    ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ
..≦              `i,
..≦               i、
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i         
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|  それが?
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /   
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'
  !{   ,!   `      μ!
  ゙!   ヽ '       ,i!
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ
    ヽ  ‐-    / "ト、
     ヽ.___,._/   // \
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、
   /  /i:::::.    //     ヽ



        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|  
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|  入っていたんだよ
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ   
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉  ネギが!!
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/



498 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 06:48:55 ID:yUnirjG/

     r-─-‐-、
   (  オ   l
    )  レ   }                  ,. ─- 、,,.___
   {   の  l                   ,イ〃          `ヽ,__
   ゝ  :   ,,ゝ             N. {'             \     / ̄`` ‐ '´ ̄
     ー─ '               N. {               ヽ   /
                       N.ヽ`               〉   {  飲んでいた
         __              N.ヽ`        ,.ィイ从       /  l  お茶の中にな!
    __. -<^l三!             ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   ノ 
  /  `l一| ̄! !                 lrf´ゞ"モ=ヾーf =モチ<}rv^i   (
 |  `j三| j _,ノソ- ´ ̄`ヽ         ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ    )ノ⌒ヽ、___
 |ー(_/ー'   | l」 -‐''"            !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'
 lー‐、    r‐: レ'                 ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
 `、  |    | /           -‐''7´   ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヽ
  !ー    r'            /          ト` ー-- ´  __,ノ     \
  !    _,l`!          /      __ -〈 ヽ,.-─ '"          ゙ヽ、
  f `ー‐ ':.:.: !       /             /´
 ノ:.:...  ..:.:.:.: `!     /    /          / t(
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   /     /          /


       _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │   
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l    
  ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、   
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ ! 
 ゙!  7     ̄    | トy'/
 !  `ヽ"    u    ;-‐i´  緒方先生・・・ 誰かが入れたってことですか?
 ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
  ヽ、 ー         / ゝ
   \   __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /



499 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 07:05:55 ID:yUnirjG/

   |丶   \   ̄ ̄~Y〜 、
  |  \ __    /    \
  |ゝ、ヽ  ─     /    ヽ |
 │ ヾ ゝ_         \  |
 │  ヽ_ _ / /| |\   \|
  \ヽ   _ // / |  \   |
   ヽ\二_二// ∠二二二| ヘ|
    | | | ヽゝソゝ|TT|<ゝソ フ |/b}  
    ヾ| ヽ___ ノ/|| .ミ__ ノ | ノ   そうだ! これはあきらかに
      |       凵@     /フ    我々対する挑戦だ!
      | u .F二二ヽ   /|/     飲めるものなら、飲んで見せろという……
      \.   |/⌒⌒|   イヽ
      /. \  ==′/ |.| |
      ̄||  ヽ__/  / / ̄
      \ヽ_____ノ ノ
        ───―――


500 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 07:18:59 ID:yUnirjG/
::::::;r'.:::::;r'.:::::::::!:! ';::::::! !  '; `'!;:':;;',';:',';':,':;':,:::::: `           ::::::::::::::::
::;r'二''ヾ;::::::::i!::::!  ';::::!  _,,==、 ';::::',';:',';:,:':,:':;::::::.、          ::::::::::::::::
;' /ー"ヽ ';::::;''!::::!`  ';:::!  '!i  ,,ゝ 'r'!';ハ,!::',':;:':;:';:::::.、         ::::::::::::::::
! /^ヽ.  ';::! !:::::!   ';!  `  li   !;! '!i::i';','';:,'';.、`ヽ、    ::::::::::::::::::::.
!, :  (   ';:! ';::!    `   ヽf、   !ヽ '!::! '!:i',ヽ ヾ、 `  ::::::::::::::::::::.
:', '、 )   !!  ';:!            ヽ、 !'  !i `ヾ、      ::::::::::::::::
:入 - 、     ヽ.             丶  '!         ::::::::::::::::
/ ヽ、_ `                  /         ::  ::::::::::::::
.   ヽ                   i           ::::::::::::::::
.                 `''' 丶  ノ          ::::::  ::::::::::
                      j           ::::::::: :::::::
                    r''~            :::::::::::::
       ヽ,            l            ::::::::  ::::::::
        ''::ュ,、_        ノ              ::::::::::::::::
          l'"~`'''''----'''"             ::::::::::::::::
          ノ ` ヽ、                :::::::::::::::
         /i;;::::::::.. '、              ::::::::::::::::
.        / ';;::::::::::::.`、ヽ、___        :::::::::::::::: 
.        ノ  'i:::::::::::::::.!::::::::..  ̄ ''''''  _ :::::::::::::::
.       /   ,':::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::
          ,:'::::::::::::::::::::!::::::::. `  ::::::::::::::::::::::::
           :::   ::::::   :::::::::::::::::::
             :::::::::::::  :::::::::::::::::::

  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

こんなことができるやつ……
だが…… 証拠がない。証拠が……


501 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 07:20:20 ID:yUnirjG/

今回もヤツを捕らえられるような証拠はなかった。
だが、どんな苦難にも負けることはない!それが俺たち塔矢門下の唯一のとりえなんだ!!

                      ,ィ, (fー--─‐- 、、     
.                     ,イ/〃        ヾ= 、  
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ‐‐-- 、
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }    `‐、
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l、_ ,、-‐、  |
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l     ヽ |
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ _,,ェヒ‐ l,-、
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノl 、fモチ lヾ;|
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ l、,    lソ
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ─‐    丿
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、  `  / ,|、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_
          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_



502 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 16:18:11 ID:0GfhigUi
わけわからんw塔矢門下に冴木混ざってるしwwでもワロス

503 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 17:25:25 ID:5oyHWXBu

    |┃
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  話は聞かせてもらったぞ!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |  冴木は潜入スパイだったんだ!
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
    |┃      l     r─‐-、   /:|
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l

    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
           /   , ,ィ ハ i、 、     !       、ー'´         \ 
           /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |      >       ,       ! 
            イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│        ≧  , ,ィ/ハヽ\   |
            r、H   ┴'rj h '┴ }'|ト、        1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 !
            !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ       _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h
            ヾl.     fニニニヽ  u/‐'        {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ 
              ト、  ヽ.   ノ u,イl.          ヾl   ヾ_  v ./'   
             ,.| : \  `ニ´ / ; ト、          ト、u ヾー `> /.|.  
          -‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- _     | :\   ̄ /,' ト、_
            /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、ノ ::  `ー '   /,.
           /     \    /     |        | _,.ヘ<  _::   _,. イ



504 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 17:27:02 ID:5oyHWXBu
                       _,.>
                   r "
   >>503マジで!?      \    _
                    r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                 .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                  /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
              ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :



505 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 17:33:17 ID:5oyHWXBu
       _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l   
  ! ‐;-、   、-─  ‐ヽ. ,.-'、    
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !   そういえば、いつもボクは冴木くんに
 ゙!  7     ̄     トy'/    食事に誘われてます。
 !  `ヽ"         ;-‐i´
 ヽ  ` ̄二)     /ヽト、
  ヽ、 ー         / ゝ
   \   __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /


         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、          , ‐'´        `‐、, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   <         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、       |
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l /  ...レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /.|\  riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、
      /`゙i u       ´    ヽ  !..|(・)  !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!...|⊂⌒.゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /....| |||||||||!、  ‐=ニ⊃   / !  `ヽ"    u    i-‐i
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /  ......\ ヘ_ ..ヽ  ‐-  /  ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /    .........\__..ヽ.__,./   //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´       ./  .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /       ..⊂ (    ./  /i:::::.   //      ̄ i::::  / /




506 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 17:37:28 ID:5oyHWXBu
     r-─-‐-、
   (  冴   l
    )  木   }                  ,. ─- 、,,.___
   {    :  l                   ,イ〃          `ヽ,__
   ゝ      ,,ゝ             N. {'             \     / ̄`` ‐ '´ ̄
     ー─ '               N. {               ヽ   /
                       N.ヽ`               〉   { オレにも!
         __              N.ヽ`        ,.ィイ从       /  l  食わせろ!!
    __. -<^l三!             ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   ノ 
  /  `l一| ̄! !                 lrf´ゞ"モ=ヾーf =モチ<}rv^i   (
 |  `j三| j _,ノソ- ´ ̄`ヽ         ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ    )ノ⌒ヽ、___
 |ー(_/ー'   | l」 -‐''"            !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'
 lー‐、    r‐: レ'                 ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
 `、  |    | /           -‐''7´   ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヽ
  !ー    r'            /          ト` ー-- ´  __,ノ     \
  !    _,l`!          /      __ -〈 ヽ,.-─ '"          ゙ヽ、
  f `ー‐ ':.:.: !       /             /´
 ノ:.:...  ..:.:.:.: `!     /    /          / t(
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   /     /          /


507 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 17:40:00 ID:5oyHWXBu
今回もスパイをつかまえることはできなかった。
だが、どんな苦難にも負けることはない!それが俺たち塔矢門下の唯一のとりえなんだ!!

                      ,ィ, (fー--─‐- 、、     
.                     ,イ/〃        ヾ= 、  
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ‐‐-- 、
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }    `‐、
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l、_ ,、-‐、  |
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l     ヽ |
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ _,,ェヒ‐ l,-、
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノl 、fモチ lヾ;|
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ l、,    lソ
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ─‐    丿
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、  `  / ,|、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_
          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_



508 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/07(土) 22:20:04 ID:biH2fznN
塔矢門下によるスレ乗っ取り
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!
さあ、どう出る負け犬

509 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/08(日) 22:34:52 ID:RIBMEBYY
「長い物には巻かれろ」「寄らば大樹の陰」
それが負け犬クオリティ

510 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/10(火) 03:16:05 ID:9d9stysw
日本が二足跡歩行型戦闘車両の開発を進める

 二本足のロボットが戦場を駆け巡り戦う。そんなアニメやマンガにはお馴染みの光景が現実のものになるかも知れない。
 陸上自衛隊の兵器開発部門の一つ戦闘車両開発室は、大手工作機器メーカーの榊原機械株式会社(本社所在地 群馬県北群馬郡榛東村新井 )と
共同で二足歩行型ロボットの開発を進めることを発表した。
 自衛隊では現在、74式戦車の後継となる新型戦車の開発を進めているが、しかし戦車は防御力が低い代わりに機動性が乏しく、
機動力の高い歩兵や装甲車などが接近した場合は対処が難しいデメリットがある。
 一方、歩兵や装甲車は機動力が高いが、防御力が低く、特に歩兵は速力が弱い。
 そのためより機動力が求められる21世紀型の戦争では、歩兵と戦車の両方の長所をもった装備が必要との認識に立ち、二足歩行型ロボットの開発が決定された。
 榊原機械株式会社が試作したLW−1は、対空ミサイル及びバルカン砲などを搭載して、極めて高い戦闘力を有している。
 今後、実証試験が行われ、来年の秋までには採用の是非が決定されることになり、正式採用の後には100両から200両程度が試験的に配備されることになる。

http://www.sakakibara-kikai.co.jp/products/other/LW.htm



511 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/10(火) 03:32:26 ID:9d9stysw
ごめんなさい。誤爆です。

512 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/11(水) 02:37:17 ID:vRqnt82d
ε=з  ホネ

513 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/12(木) 08:19:13 ID:HbODTa3y
ホシ肉

暘ゥセZヘ


514 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/13(金) 01:12:57 ID:mw/W6RzZ

.       ∧_∧
      (´・ω・) <チョチョンノパ
      .c(,_uuノ      
      (´・ω・) <チョチョンノパー
      .c(,_uuノ
.    


515 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/13(金) 17:27:40 ID:4CkuTxhd
なんかやれ。

516 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/13(金) 23:51:52 ID:n1Al8KZy
.       ∧_∧
      (´・ω・) <アノネ
      .c(,_uuノ      
      (´・ω・) <オッチャン
      .c(,_uuノ
.      (´・ω・) <ワシャ
      .c(,_uuノ      
      (´・ω・) <カナワンヨ
      .c(,_uuノ

517 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/19(木) 01:11:44 ID:ONW43nW8
             /::::,,    ∧_∧          . : : : . .ヽ
          /:::    (´・ω・)  〜♪ . : : : : : : : : .ヽ
           /::::__ .c(,_uuノ___ . : : : : : : : : : : : .i
        ,.;‐;;;''"_______;;``..ー-、、_: : : : : : : : : :l
        _y'::フ´::::://::::/:::/::l::::l!:::::、:``''‐‐-、、;;':、:0 : : : : : l
    ー‐''''フ:,.',:::/::/:/;イ/!;イ::::l:::::!lレ、:;k:::::l:::::l::::ヽ;;;;':、: : : : : :.!
       /'イ/:/;ノ!::jZj氷:、l:::l !:::lィ行以::::ト、::ll::i::`l'‐、;;‐、0: :j
      ,'"i:i!:イ:r‐-/ノ' lヾ,_l::l_i:::l_F'゙ヾ`ヾ!_l:!」::l::::l l::lぅ、;;Z′
       / l'l::::/:i!:!:l 、__' ハヽ!i ヾ'゙、_'_, 'i「|「l::::ト:l l比! !::ド:、、
        }シ!:l!i!:i:!` ̄´タノ ̄{〕   ̄ ̄´/ ' l::jl::l! lY゙ !トミぃ、``''ー
       ノ i:!i:l`lー─‐ 〈 、 `ー── ′j i りl:A. l! j::!:i:::ト、``
         l! }! }:!   、_ -‐―、`ヽ   (__) ノ'゙´l l/:::t、!::! 丶
          'りノl、   }`ー''二二ヽ     /゙T[[l`ロ}:l:!`!ト!
          ノ'" lハ、  !rシ′   }    /  l:l::| 「::::l::いリ
           ノ′}ハ、 !{      ,'   /   l!l!| |l::!:ト{、
               j!_l!ヽヾー--‐シ′/    ノ'l.| |!l:l!:l`iヽ、
          _,、‐'゙,:-'フ`、  ̄ ̄ _/    /  !| l:::l!`l:::l:::.:`:‐、、
      __,、‐:'":.:.:.:.:/:./.:.:.:.::`T""´      /   レl:::.:::.:::l::.:i:::.:.:.:.`:ー、、
   __,、‐'゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.::::ハ       /   /´:::.:::.:::.:!:::.:!:::.:.:.:.:.:.:.:.:`:‐、、
 /´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.::/  i      /   /:::.:::.:::.:::.:.i:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
./:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:::/   !    /   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


518 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/22(日) 14:12:57 ID:2IEv0Z8k
「オーレー オーレー♪マツケンサンバ♪オーレー オーレー♪マツケンサンバ♪」
   ∧_∧   ∧_∧
  ( ・∀・) ( ´∀`)
 ⊂    つ⊂    つ
  .人  Y   人  Y
  し'(_)   し'(_)

 「あぁ 恋せよ アミーゴ♪踊ろう セニョリータ♪」
   ∧_∧  ∧_∧
  (・∀・ ) (´∀` )
 ⊂、   つ⊂、   つ
    Y 人    Y 人
   (_)'J   (_)'J
  「眠りさえ忘れて 踊り明かそう♪サーンバ ビバ サーンバ♪」
  ∧_∧  ∧_∧
 ( ・∀・ ) ( ´∀` )
 ( つ⊂ ) ( つ⊂ )
  ヽ ( ノ  ヽ ( ノ
 (_)し'  (_)し'

 「マ・ツ・ケ・ン サーンバー♪オレ♪」
   ∧_∧   ∧_∧               【ゴールデンレス】
  ∩ ・∀・)∩∩ ´∀`)∩             このレスを見た人はコピペでもいいので
   〉     _ノ 〉     _ノ              10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
  ノ ノ  ノ  ノ ノ  ノ                そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
  し´(_)   し´(_)                出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です



519 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/22(日) 16:55:06 ID:YmsXAJd2
必死にコピペしまくるzelda萌え〜萌え〜マ・ケ・イ・ヌ・サンバ〜♪

520 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/22(日) 19:30:34 ID:aA7KsW11
略してマケサンかw ワロス

521 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/27(金) 17:35:17 ID:v/qK0Sqh
あの強さは絶対プロだぜ。

522 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/28(土) 15:52:17 ID:hhvgESt0
ユー○の吾川はかっこよかった頃の、
中井は堕ちてからの負け犬に似てる

523 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/28(土) 17:33:23 ID:ivLJbM7t
ヒカルの碁、終わったね。

524 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/28(土) 22:50:41 ID:U8Ih+zkZ
↑っておい、いつの話だ

525 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 12:42:04 ID:a1XNWQtM
夏の読み切りが最後なのかなぁ

526 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 15:12:56 ID:FF+NLRGL
読み切りにはきっと和谷が出てくるぜ。

527 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 17:03:38 ID:/8UB2tWR
和谷タンの活躍キボン。もう三本立てくらいで。

528 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 18:11:12 ID:ShEhjgEy
三本とも全部夢落ちで!

529 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 19:31:50 ID:2MNbDu8S
:::/\\                  /  / /ヽ::::::::::::
:::: ヽ \\      ィユ;      /  / / /::::::::::::::::
:::: ( \ \\    (U´Д`)     l  三 / / ):::::::::::::::
:::::::ヽ ヽ . ミヽヽ,   | |       /   二 / /::::::::::::::::::
::::::: ( \ ヽミ ヽヽ  | .|   +  /    二 ___/ヽ ...::::::::::::::
::::... /ヽ ヽ ニ ヽヽ |,,,| ┼  //   ニ _______/   ...:::::::::
:::.   ヽ____  ニ ヽ`l  ヽ__//    ニ ____ノ     .....::::::::::
      ヽ___,  ニ l ::   ′    ニ ___ノ +   + ....:::::::::
        ヽニ -‐ ,l ::     __ ≡ __ノ+ ┼ *    :::::::::
         ヽ---'''ヽ、  ,,,;''''='''''__ +  ┼  +  .::::::::::
 :::::...     + ┼ + EEi''!Q.Qー-、___~'''''ー-、   :....::::::::::::
  :::::::....     + ┼ EEi. Q. Q  +~~'''ヽ ..:...::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::.....    +  EEi. Q.  Q  ┼  :....:::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::....: + * EEi Q   Q  .....:::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::...  + EE!  Q    @.....:::::::
        ::::::::::::::::::....::....::.  カカ  @...::::::::::::::::

和谷よ、目を覚ますのです。お前は夢を見ていました。
最初は本因坊になる夢を、その次は王座と十段になる夢を。
後輩たちからもモテモテになりましたね。
でももう目覚めるときです。さあ、瞼をあけてごらんなさい!

530 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 21:41:11 ID:lzAAPBq1
テラワヤスwww
元ネタは火の鳥?

531 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 21:58:49 ID:FIAzMgsM
火の鳥「鳳凰編」ですな。

ジャンプ23号で、
ほった先生が久々に楽しみだと言っていた今日のダービーは
やはりディープインパクトの勝利でした。単勝1.1。

532 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/29(日) 22:10:02 ID:ShEhjgEy
>529
和谷事ながら、こわくてこわくて瞼をあけられないよママン!


533 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/30(月) 12:47:19 ID:oLj4iF4L
あのときキ〜ミは〜〜♪ ワヤかった〜♪

534 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/30(月) 20:43:07 ID:QbPcy2IF
あの日
あのとき
あの場所で
君がヘタれなければ
君はいまでも
素敵なナイスガイ のまま

535 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/30(月) 21:32:08 ID:QbPcy2IF
キミのためにプロ になる
キミを守り続ける
やわらかく キミをつつむ
もふ もふになる

536 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/30(月) 21:43:06 ID:4FVeLR5f



                          /^i,,、,、/^i
                       ヽ'       ツ,
                       ミ ^ 〜 ^O    彡
                     ハ,_,ハ         ミ,
                    ,:'  ´Dnと      ミ
                    ミ;:,っu_,,っ,、_、、,,,_,、,,;;,彡




537 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/30(月) 22:30:11 ID:zv+2L/YW
負け犬スレでなごむ日が来るとわ!

モフモフ

538 :名無しかわいいよ名無し:2005/05/31(火) 00:21:01 ID:hPRRM+ML
元々なごみスレだと思ってた自分は…!
はてはてモフモフ

539 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/01(水) 16:32:20 ID:EiwLhDkR

  ふ
    っ
      とな。

540 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/01(水) 21:53:38 ID:5xwfYrO6
毛布! 毛布! 

541 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/01(水) 21:57:02 ID:m+AeqZKg
負け犬を濡れた毛布にくるむ

542 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/02(木) 01:18:58 ID:Y+r0jkmV
負けストーリーは突然に

543 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/02(木) 15:22:35 ID:eJRRQpmX
レッサーパンダは突然に

544 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/03(金) 01:07:30 ID:KfOzsgfP
へん、何だ、レッサーパンダなんて! 二本足で歩く位、俺だってできるぜ!

人類としてそれでいいのかゎゃ

545 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/03(金) 16:32:15 ID:435CPNLu
レッサーパンダに負ける負け犬

546 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/04(土) 01:03:06 ID:i53WYJq3
負け犬の名に恥じない生き方をする負け犬


もふもふしたい漏れ

547 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/05(日) 14:54:25 ID:OZCeB40v






548 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/05(日) 15:13:15 ID:1AXcCLgs
ツレルカ(;´Д`)つ 愛

549 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/05(日) 18:55:05 ID:U1XMvJCR
愛を ください モフモフ
愛を ください イェー♪

550 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/06(月) 20:19:19 ID:B9LatWTI
もふバーガー

551 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/06(月) 20:59:36 ID:osP873JY
わやわや(笑笑)

552 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/07(火) 01:39:36 ID:kY1ECf51
           、
    ミ;ヽ.    ミ斗
     ミ'シ\ ミ;:  |
      ミ';, ヾ;'  /
      ミ:;:,... i,,.ノ    _
  ≧゙''''",   _,,二二´,,・ )≠=-
     // ̄         /ハ
    オォ           ハ,_,ハ 
                ミ*´∀`ミ
              {  U Ul
               ヾ.,____,ノ

あ な た の そ ば に も ふ も ふ を と ど け ま す

553 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/07(火) 20:10:39 ID:XIsXVXTR
そのもふもふ、しかと受け取った!

554 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/08(水) 00:36:32 ID:uVK0IQs4
負けないでー もーおー少しー
さーいぃごまでー ワヤりつづけてー♪

555 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/08(水) 17:14:36 ID:4GRURkFb
部屋とwayaシャツと私ぃ〜

556 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/10(金) 16:56:07 ID:XqNqGhve
単行本の和谷のツンツン髪まで触ったらもふもふしてるように思えてきた。

557 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/11(土) 20:03:10 ID:JAFwW1Bx
和谷がへたれないままだったら今の負け犬化も
ひいてはモフ化もなかったのだろうな
と思うと感慨深い。

558 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/14(火) 15:32:39 ID:A4TVKhSK
最近、犬が写実的に描写されるマンガが目立つようだ。

559 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/14(火) 17:55:19 ID:YnA6nxTV



























kono sureno goaiko arigatou gozaimasita




560 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/15(水) 02:33:55 ID:4mD06sOh
流れ星銀牙とモフモフ負け犬
同じ犬でも大違いだ…

561 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/15(水) 16:12:49 ID:iTJi1YHU
モイフチャーリンス

562 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/16(木) 05:11:16 ID:Fuxplj9c
東京モフド学園

563 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/16(木) 10:24:47 ID:uymsTiHX
モフドナルド

564 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/16(木) 10:47:03 ID:mXjfh0hG
モフド(モサド)

565 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/16(木) 14:48:54 ID:wJwfozka
モフビーズ

566 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/16(木) 16:48:14 ID:YHfhkCB8
モフ煮込みうどん

567 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/17(金) 18:04:06 ID:p0rZhdP9
腹に一モフ

568 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/17(金) 19:43:00 ID:gZLpZBOk
モフコンドリア

569 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/17(金) 21:39:56 ID:7nO6aB3t
カラマーモフの兄弟

570 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/19(日) 01:05:59 ID:prpqrm9A
1レスずつでも落とした方が良いよ。
経験上からだがね。

571 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/19(日) 17:31:41 ID:asPrZpK9
           、
    ミ;ヽ.    ミ斗
     ミ'シ\ ミ;:  |
      ミ';, ヾ;'  /
      ミ:;:,... i,,.ノ    _
  ≧゙''''",   _,,二二´,,・ )==-
     // ̄        
    オォ  
                          (⌒;;
                         (⌒;(⌒;;
             l l
            l l ll
             ll ll  
            l /ハl ll
  (⌒       llハ,_,_,ハ て
(⌒;;(⌒     Σミ;゚Д゚、ミて
           {  U Ulι
            ヾ.,____,ノ
                   

572 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/19(日) 22:13:26 ID:g3NbHTH1
Σ(゚Д゚;) マ、マケイヌ!

573 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/19(日) 22:30:02 ID:xqcnVtRz
この スレが拾わなくて誰が拾うんだ!!
という訳で、>572お先にどーぞ

574 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/19(日) 23:26:31 ID:rB+Mzz+z
拾うっつか誰かが受け止めnever!

575 :実況かなぁ?かきこみにくい:2005/06/20(月) 01:30:20 ID:/uLR0IyQ



                        
                            l l
                           l l ll
                            ll ll  
  \ヽ ,ヾ                    l /ハl ll
    \ \.    ブーン           llハ,_,_,ハ   〜♪ 
ヽ \ 、、                    ミ'∀`*ミ
      \ヽ\/⌒ヽ           {U U  l
    ⊂二二二( ^ω^)二⊃        ヾ.,____,ノ
           ──        

 (⌒;
(  (⌒)


576 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/20(月) 01:32:17 ID:/uLR0IyQ


                                 /⌒ヽ ブーン
 ── =  ≡   ≡ ≡  ≡ ≡ ≡≡⊂二二二( ^ω^)二⊃
                                 ──  
                            (⌒;
               l l             (⌒(⌒
              l l ll
               ll ll  
              l /ハl ll
  (⌒         、llハ,_,ハ
(⌒(⌒       Σ ミ;゚Д゚、ミ、つ
             { U _U彡
              ヾ.,____,ノ
                   



577 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/20(月) 12:32:57 ID:6IVIpav2
Σミ゚Д゚;ミ

578 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/20(月) 20:32:36 ID:72tg6Xng
それがまけいぬクオリティ

579 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/21(火) 20:07:34 ID:hy4q2J3z
もふもふしてるから落ちても大丈夫かもしれないし
そうでもないかもしれない負け犬

580 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/21(火) 21:45:36 ID:l21zEo97
そういや前スレも落ちたんだよな。
宿命かな。

581 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/22(水) 12:36:15 ID:DwD858gz
6/25公開のダニーザドッグのコピーだか設定だかが気にかかる。
曰わく「首輪を外すと強くなる」
「5才で誘拐され……」
「犬としてではなく、人として……」
ジェット・リー、モーガン・フリーマン、リュック・ベッソン
なぞの映画だ……

582 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/22(水) 17:26:04 ID:w2M5jRAA
↑すんげえ気になる

リュックベッソンてフィフスエレメントの人だったかな

583 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/22(水) 20:32:01 ID:LJo2bDZG


584 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/22(水) 21:04:20 ID:DwD858gz
フィフスエレメントの銃アクション以降、
すっかりお馴染みになった拳銃の横撃ち
(照準が内側にくるように拳銃を横に傾ける)
ですが、本来はやってはいけない撃ち方です。
当たりにくくなるうえに危険でもあるからです。

585 :途中で送信してしまった:2005/06/22(水) 21:58:11 ID:DwD858gz
ところが横にしたほうが役者の顔がよく見えるということで、
現在このことは、映画界では不問とされています。

586 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/23(木) 01:14:18 ID:AIMH29xi
へぇーへぇーへぇー×08(ワヤ)

587 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/23(木) 23:47:06 ID:8/F+oTUF
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :                  : : : : : : : : : : : :     : : : : : : : :
                          
               l l          
              l l ll
              ll ll  
              l /ハl ll
             、llハ,_,ハ
          (((( ミ;゚ДД゚、ミ ))))) ガクガクブルブル
           ((({UU _UU))))
             ヾヾ.,____,ノノ
                                        
`'"~')、.,_,..、               
    .,:;ソ.,_.._             
人.,_,.(,._._;ノ'"


、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ                    
   ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ                
                                                        
       


588 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/23(木) 23:49:28 ID:8/F+oTUF





              . i!
              ##|:l##
                l:|      「艦長!司令本部からです!」
             i二i二i二i    
              -|;,;i;;l;;i;;|-     「なにぃ!?」
             .|;;;;i;;;;;i;;;;;|,
           |,,,,.|_l|_l_||_l_||_l|,,,,,|
            l≡l≡l≡l≡ll
          |   |l;;l;l;ll;ll;:l;:l|;|        |      |
    .       |二:二:二ll二:二:二二二二二ll二二二二l
           \:: ::: :: ::: :::::::\;;::::::::::;/::: :::: ::::: ::::::/
            \::::: ::::: ::::: :: l:::::::::l::: :::: :::: :::: :/
                \::: ::::: ::::: :l::::::l::: ::::: ::::: ::/
                l:: ::::: ::::: l:::::l:: ::::: :::: : :l
                 l::: ::::: :: l:::l::: :: : ::: ::l゙
 〜 〜 〜 〜 〜 〜  l;;;; ;;;; ;;;l::l;;;; ;;; ;;; ;;l゙゙ 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
 〜 〜 〜 〜 〜 〜  〜 〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜
〜 〜  〜  〜 〜 〜 .'''〜 〜 ゙'''' 〜 〜 〜 〜 〜  〜 〜 〜 〜


589 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/23(木) 23:53:58 ID:8/F+oTUF

\ 接近している正体不明の飛行物体に対して、迎撃命令が出ました!! / 
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧ ∧   ∧ ∧
       ___( _冂二冂(,,゚Д゚)
      ∧⊂/ ̄|二| ̄\つ∧二ヽ
      ⊂匚|_/_\_匚i_|∪∪i]
      \/∠ / / \_/二/
      /∠ / /
     /∠ / ∧_∧___    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /∠ / /7´Д` ) / |  <   よし。総員、戦闘配置。
  /∠ /   ○ =i|= ~)/ |   \_______________
/∠ /  i'''√√ i'''i ̄ ,,,,/
∠ / /__(_(_)/ ̄    ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 / /  \\\/      (・∀・ )<  ラジャー
          ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ )  \____________
               |        |   |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


590 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/23(木) 23:55:00 ID:8/F+oTUF

                       「イヤッホオーーーウ!」
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _-
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////


591 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/23(木) 23:56:35 ID:8/F+oTUF



                            / ̄/ /7/7
                       /7クク  /  /
                      / /   /    ̄ ̄/
                     /  ̄ ̄/  / ̄ ̄
                     / / ̄ ̄ _/
                    /_/
                __            「腕がなるぜ」
                 , '┴''` 、    fl
            _{,'ヽ、;  `ー¬r‐┴──--------------X、
           /ヘ \rtr、__∧  Vr' ̄]l-‐‐…  __,.二 -…'''"´
-- -- - - _,,.. ‐''"ヽi └┘ XllV  └ ┘v ll`ーr=ニ二,´  ‐‐‐─‐‐‐
  _,,.. ‐'' "  _,,,..  -‐ァ `(⌒{}{} ` ┬(⌒'Vll_,ノ;, ̄ ̄
 '-‐ '' "´     ∠斗‐‐、__ム>‐'`ー^iー'^fl  ゙;; ‐ -‐ +-
             {}      :;   j   `    ゙:;
 - ‐_+      ‐-  ー_- ‐   ゙:..          ::_‐- ‐-=
_________________________
/////////////////////////



592 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/24(金) 04:48:37 ID:MH0UgsUu
マケイヌ!逃げて!超逃げて!

593 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/24(金) 20:26:15 ID:BrNqCyTO
逃げ足なら誰にも負けねー!
それが負け犬クオリティ

594 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/25(土) 17:07:33 ID:v+fANEon
しかし空中では足で逃げられない、どうする負け犬!!

595 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/25(土) 23:43:58 ID:DIDXVSGH
           l l          
          l l ll
           ll ll  
          l /ハl ll
         、llハ,_,ハ
         ミ∩Д∩、ミ 
         {`'"~` ̄}
         ヾ.,____,ノ
                                        
`'"~')、.,_,..、               
    .,:;ソ.,_.._             
人.,_,.(,._._;ノ'"


、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ                    
   ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ                


                  r1ヽ
                  l j:::::l  あーー 
                 j ヱ::::l  ふわふわですー 
            ヽ ̄ ̄ヽjl´∀`ll! /⌒ ̄(━
             \_ rF〒リλ\,,__\
                 \\=_〜
                   、ヽ,\ ヽ)    
                    ~レ〜レ^~
_ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ                       ノ⌒ヾ`'"~`⌒'ゞ
   ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ                 _ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~`'"~')、.,_,..、
                                ~"`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,'"~"'       .,:;ソ.,_
                                        (_,.     人.,_,.)   ⌒):、,_
                                              ヾ、.,__ソ^ソ'`"~⌒ 'ー- ー'


596 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/25(土) 23:46:44 ID:DIDXVSGH
                  l l          
                 l l ll
                  ll ll  
                  l l          
                 l l ll
_ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ     ll ll                  ノ⌒ヾ`'"~`⌒'ゞ
   ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ     ll ll |             _ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~`'"~')、.,_,..、
                    ll ll              ~"`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,'"~"'       .,:;
                 ll ll | |                    (_,.     人.,_,.)
                  ll |                        ヾ、.,__ソ^ソ'`"~⌒ 'ー-
                  ll ll
                  l l          
                 l l ll
                  ll ll
                /l_,.__//
            :| `ー‐''      {
           . /|          ヽ._,
             ブ  ぎゃん!!  /
              /!        ノ(
             l/;//⌒7/ヾ`ヽ

597 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/25(土) 23:47:43 ID:DIDXVSGH

    「小隊からです!『目標は消失しました』」
    「!?」

               . i!
              ##|:l##
                l:|
             i二i二i二i
              -|;,;i;;l;;i;;|-
             .|;;;;i;;;;;i;;;;;|,
           |,,,,.|_l|_l_||_l_||_l|,,,,,|
            l≡l≡l≡l≡ll
          |   |l;;l;l;ll;ll;:l;:l|;|        |      |
    .       |二:二:二ll二:二:二二二二二ll二二二二l
           \:: ::: :: ::: :::::::\;;::::::::::;/::: :::: ::::: ::::::/
            \::::: ::::: ::::: :: l:::::::::l::: :::: :::: :::: :/
                \::: ::::: ::::: :l::::::l::: ::::: ::::: ::/
                l:: ::::: ::::: l:::::l:: ::::: :::: : :l
                 l::: ::::: :: l:::l::: :: : ::: ::l゙
 〜 〜 〜 〜 〜 〜  l;;;; ;;;; ;;;l::l;;;; ;;; ;;; ;;l゙゙ 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
 〜 〜 〜 〜 〜 〜  〜 〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜


598 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/25(土) 23:48:38 ID:DIDXVSGH

「見失ったというよりも、消えたのです」
「……全機帰艦せよ!」

                                       
                   -- - ヾ             /‖
              ,`ー||/ , レ¨ヽ、             /  |
             /  _ - ''"~~   ゙i,,|          /  |
           _/ ,r "  ゙!、  ゙!   ゙!__,、-ー┬ーーー-、‐‐‐┴-,,,,,,..
        _.,、、-:i;{      i   i  ゙!;;;;;;;;;;;;;;;;゙!"''-、 、 "''-、   ````''''---、、、、..___
      ,/    i;;゙!、    ,i"゙゙ ,i   ゙!;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!、\"''-、 "/'ーー、、、、、,,,,,,,,,,,,,、, ̄ ̄`'''ーーー‐-,
    ,/       i;;;;;゙i、゙゙    ,r"゙!、  ゙!;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!、l`\"'-"''-、        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  / ___、、、--‐'''""i;;;;;;;;゙i、__         ゙!__,_、-''"゙! l   l\''-、""'''''ーー‐‐--、、、、、、、、,,,__.
   ̄ ̄   __,,,、、、-\ ゙̄iゝ、"''-、"''-、 ,r" ゙! ,-‐、 \ l _\,i" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X



599 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/25(土) 23:50:26 ID:DIDXVSGH
                  l l          
                  ll ll  
                  l l ll
   ⊂⊃            ll ll
                /l_,.__//
            :| `ー‐''      {
           . /|     な     ヽ._,
             ブ    ん    /
              /!    !?    (
              l/;//⌒7/ヾ 
                  l l ll
                   ll ll           ⊂⊃
                /l_,.__//
            :| `ー‐''      {
           . /|   で     ヽ._,
             ブ  す    /
             /!        ノ(
              l/;//⌒7/
                 l l ll
 ⊂⊃              ll ll  
                /l_,.__//
            :| `ー‐''      {
           . /|     と    ヽ._,
             ブ    |   /
             /!        (
             l/;//⌒7/ヾ  
                  ll ll
                /l_,.__//
            :| `ー‐''      {
           . /|     |     ヽ._,
             ブ    |   /
              /!        ノ(
             l/;//⌒7/ヾ    
                  l l ll  
                  l l          
                 l l ll
                  ll ll  
                  l l   

600 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/26(日) 00:27:55 ID:X2U3bM9H
どうなるんだよ!Σミ゚Д゚;ミ
しかし>595の目を押さえてる負け犬はちょっとカワイイと思ってしまった

601 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/29(水) 17:48:48 ID:PQpZIaVu
近所の映画館いったら、581の謎の映画のポスターが貼られてた

602 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/29(水) 20:17:03 ID:CDN/Czs8
ピアノマンの家で、ネギのスープを飲むシーンは、犬の生活から人間の生活へ
という象徴的なものを狙ったのか、どうか
さりげなさすぎて微妙だった。

603 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/29(水) 20:22:54 ID:zAulJCI7
おっとイカン、ダニーザドッグのシーンね。

604 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/30(木) 10:07:14 ID:jP0mjsDk
いつも白スーツを着ている男が、ダニーの飼い主だった。

605 :名無しかわいいよ名無し:2005/06/30(木) 11:46:50 ID:/qHw93ow
お…が…伊角さん!

606 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/01(金) 08:57:35 ID:OQapPt6M
じつは和谷の「谷」をタニと読んだことから、ダニーの名前が決まった。
フランスのTVでは、日本女子柔道選手の名前に
漢字も併記されるため、「谷」の字だけは映画監督も知っていた。
もちろんソースは映画館で売ってたパンフレットからなんだけれども、


とか言ってみたい。

607 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/01(金) 19:50:32 ID:OQapPt6M
JRのネコ耳新幹線は、フォルム的には犬だと思う。

608 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/01(金) 21:39:22 ID:yj812BNG
ネコ耳新幹線なんてあるのか
新手の萌えキャラみたいだ

609 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/02(土) 00:05:25 ID:FIx0SkAF
ドラえもんみたいな耳ですが、正面からみるとムーミン顔なんだそうです。

次世代新幹線「FASTECH360」

ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050624k0000e040037000c.html

610 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/02(土) 18:20:16 ID:0u4HMzJg
↑正面顔に変換してワロス
たしかに、ムーミンに見えないこともなさそうな

あとドラえもんは耳ないぞ誕生時にはあったけど鼠に齧られてあぼんしたから

611 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/02(土) 21:50:18 ID:tSmN/NhP
マジディスカ?>鼠に齧られてあぼんしたから
((((;゚д゚)))

612 :609:2005/07/02(土) 21:58:06 ID:9j4tAkEo
>610 たしかに。
かつてのドラえもんの耳みたいですが、正面から……だな。

613 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/02(土) 22:08:34 ID:9j4tAkEo
>611 そのネズミにかじられた恐怖から青い体になってしまいました。
もとは黄色でした。そして耳のないことを気にし過ぎないようにと、
ドラミにも耳が付いてません。代わりにリボンを付けました。

614 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/02(土) 22:10:02 ID:dPMy+IuF

          r:1:ヽ
          j:: j::::l   いざ!
           jハ::ヱ:l  
         ミ,,*´∀`ミつ−━           
        彡  づ(\   
      (\_ノ(__彡⌒ ⌒ヽ_   
       ) ____  ・_つ
      (/      (/
    。 ゚
   。
  。
    _,.



615 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/03(日) 15:45:41 ID:cy1SEqqA
オイオイなんだよちょっとカコイイじゃないか…
神の一手でも目指すつもりかまけいぬ!

616 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/04(月) 11:28:17 ID:iX0GwL7s
和谷の神の一手は
打った瞬間 「モフッ」 と音がする

617 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/05(火) 12:04:01 ID:K/EJglDD
モ吹いた

618 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/08(金) 00:07:43 ID:Ws3yJiW+
モッフィーちゃん

ミッフィーの亜種で、もふもふしている。

619 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/08(金) 19:39:24 ID:3w5B69ZG
さっきたまたまドラえもんのOP見たら
映像が610-613の耳がなくなって青くなるエピソードだった

620 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/09(土) 16:02:51 ID:23fwJVk7
       ,,.、 _、、,,  ハヾ ノハ\||/ノハ\  ||/ハ/ハヾ  
      /  };;゙ 彡      []  H    ノハ\ H//ヽ/ハ
.      ,i'  /  ソ;  ♪    ζ\||/ハヾ  \||/ハヾ
     ;;゙ ,_,ノ /;  ハ,_,ハ  ノハ\ H/ハヾ ξ  H    
    ,r'      `ヽ,:' ´∀';  []ハ\||  []ハヽ\||/ハヽ 
   ,i"       ⊂   ,::''  ξ \||/ζ/ノハ H   []    
   !.  ´    `  ,!''し'´'; "'',,\| \H       \||//ハヾ  
   ;;    ▽   ,::''    ,;;:\|| |||      \||/      
  (´彡`´"'ヾ   'ミ,   ,;;: 、、 ||| |||       |||
        (,,_,ノ'  '゙''""''''゙""


621 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/09(土) 19:10:20 ID:3d2nkV8U
ちくしょう、もふ犬スレの癖になごませやがって!

622 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/10(日) 18:34:58 ID:4Svzb07u
>>620みたいなAAがヒカ碁関連だなんて、
ここの住人以外は絶対わからないよな。

623 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/10(日) 21:12:56 ID:KzLiTeWS
選ばれし者にのみわかる楽しみってやつだな

624 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/10(日) 22:18:43 ID:kIYgHb+y
もふもふしてーーーー!!
負け犬の願い事は何だったんだ。

625 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/11(月) 00:28:31 ID:4ZiCm60R
「次のリーグ戦こそ優勝だ!」

※注:負け犬リーグです。

626 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/11(月) 02:03:02 ID:81hIAHfR
たなから ぼたもち

627 :野獣の巣:2005/07/11(月) 02:04:58 ID:81hIAHfR
ヒカル「勝つも勝たぬも…… お前しだいなんだ、ワヤ。 ……がんばれ」

そのとき社は、聴いたのだった。美しい音色を。
それは、管楽器と弦楽器を限りなく近付けたような伸びやかな音色。
どこか郷愁を帯び、消毒液くささをも忘れさせる、心に しみいる音。

その音の発生源はワヤだった。
ワヤが怯えて「クゥ〜ン クゥ〜ン」と鳴きはじめたのだった。

=========================================
ヽヽヽ.イ,,
∠,从从,シ 
 (;゚ −゚)  <すんまへん、ちょっと通りますよ・・・ 
 /つ⌒0
 l/ ´_ゝ`) <一足お先にプロですよ・・・
 |    /
 | /| |
,// | |
U  .U
=========================================
「ちょっとおじゃましますよ」
担当医「古瀬村さん……」
古瀬村がビジネススーツの女性を伴い入ってきた。
その女性は、淡い色のシャツに麻のストレートパンツ、肩にはベージュ色のショルダーバッグを提げていた。
「先生、こちら南斗ゼネラルフーズさんです。ぜひワヤくんに会わせて欲しいとのことなので、お連れしたんですよ」
「南斗ゼネラルフーズの磯部と申します」
女性はにっこり微笑みながら名刺を渡して言った。
「こちらに碁の打てるワンちゃんがいると伺ってきたのですが……」


628 :野獣の巣:2005/07/11(月) 02:07:40 ID:81hIAHfR
古瀬村はキョロキョロと部屋を探し始めた。
「先生、ワヤくんはどこですか? あっ、あそこだね。 あれ?進藤くんも一緒?」
担当医は、古瀬村と磯部の二人に同時に説明した。
「いま進藤くんに手伝ってもらっています。今から社くんの体に、びっくりするくらいの負けじた魂が、ワヤくんの体から注ぎ込まれるんです」
「へェ?ワヤくんって、なんだか凄そうなんですね。よかったですね、磯部さん」
「はい!」
「何の お話ですか?」
磯部は担当医に説明した。
「申し遅れました。じつは社名を冠した囲碁大会を計画しているんです。
ところが、そこへちょうど碁を打てるワヤくんのことを耳にいたしまして、
ええ、我が社はドッグフードも取り扱っております。
ここは、ぜひともワヤくんにも参加していただけないかと交渉に来ました次第です」
「ほう! いい企画ですね」
「ありがとうございます。 ……先生、よろしくお願いいたします!」
「い、いや、私はワヤくんのマネージャーとかではありませんでして、……もうすぐ治療も終りますから、
直接お話してみてください。今、進藤くんにワヤくんを説得してもらっているところです」
だが磯部には、その光景は説得しているというふうには見えなかった。

いまワヤは、ヒカルの手にしている首輪に、懸命に首を伸ばしているところだった。
そしてワヤが首を伸ばすのに合わせて、ヒカルも少しずつ首輪をワヤから遠のかせているのだった。
ワヤは四肢が機械にくくりつけられたままなので、いっそう鼻先が ぐーんと伸び、体は
鼻先を頂点とした見事な二等辺三角形を形成していた。
ワヤは首輪を凝視し、「もう少しだ!」と気持ちを奮い立たせ、無我夢中で首を伸ばす。
その結果、ワヤの体の中の抗体が、激しく活動化するのだった。


629 :野獣の巣:2005/07/11(月) 02:09:40 ID:81hIAHfR
担当医は、そのワヤのパワーにあらためて驚いた。
「す、すごい!見る間に抗体が、増えていく!」
担当医はガッツポーズをとりながら、社に抗体を送りこむべく機械を操作した。
ついにワヤの体から抗体が抜かれ出した。

ワヤは「きゃひ」という奇声をあげると軽く痙攣を起こした。
その痙攣に少し驚いたヒカルが心配そうに訊く。
「大丈夫か…… ワヤ」
ワヤは痙攣しながらも答えた。
「あ、はい。  ……だいじょうぶです、くっ ぐゃふ! 
……ちょ、ちょっと体がゾクゾクッとしてきて……というか進藤さん」
「何?」
「やい!オレはオマエをトモダチだと…… あ ああ し、し、し、しー、し、しー、しー 進藤さん、
ちょっと、首輪が遠いです……これでは首輪に首が通りません。あー、あ……ぴ……」

抗体が抽出されるたびに、ワヤの体は一瞬プルプルと痙攣した。
だがそれでも、抜かれるほどに抗体は、ワヤの体の中でさらに激しく活動した。
ワヤの瞳に闘志が戻る。
「おい進藤!なんだってオレから首輪を離すんだ!?」
「いや、近づけるたびにオマエが いちいちしっぽ振るもんだから、何かあるのかなって、つい……」
「そ、それはだな、オマエの気のせいだ!」

いよいよ社への抗体の注入も終わりとなった。
「よし抽出は終った。あとは社くんが回復するのを待つだけだ。本当にワヤくんの生き延びようとす力は素晴らしい!」

担当医は、ヒカルに「もう大丈夫」との合図を出した。その合図にヒカルも首輪を持ちながらうなずいた。
「よくがんばったな!ワヤ。ついでに手足の機械も外してやるからな!」
「……」
「あれ?なんかむずかしいな。ちょっと待ってて」
「なんだよ……外してくれるんなら、もっと早くに頼むぜ、進藤」

ヒカルは「機械をはずしてくれ」と、機械を指差したポーズで、担当医を呼んだ。
それを見た担当医が他の二人を促して、ヒカルたちのいる手術室へと向かう。


630 :野獣の巣:2005/07/11(月) 02:13:52 ID:81hIAHfR
ここでワヤが突然ヒカルに訊いた。
「それにしても進藤、あのジジイはどうしてる?どこにいるか知ってるか?」
「ジジイって……」
「オレを捕まえたやつだよ!」
「桑原先生がどうかした?」
「桑原っていうのか。アイツは許せねえ!オレの純情を踏みにじりやがった」
「おいおい待てよ、許せねえといったって、桑原先生はおじいちゃんだぞ、おじいちゃん。碁だけは強い……」
「だったら碁で勝負してやるっ。何でもいいっ、オレはアイツと戦いたいんだ!」
「ちょっと落ち着けって」
「アイツは……このオレを、タマネギと一緒に調理しようとしやがったんだ!そんなの犬として許せるか!!」

そのワヤの勢いを、ヒカルはカッコイイと思った。
ヒカルの闘争心が、ワヤの言動に大きくシンクロしたのだった。
それは、ついバーベキューとジンギスカンの話は冗談だ、と言うのを忘れてしまうほどだった。
ヒカルは、ワヤが捕まったときにワヤの純情を踏みにじったことこそが問題なのだろう、と理解した。
そして口元をほころばせるように言った。
「……戦いたい、 か…… (ワヤのやつ、桑原先生と戦いたいだなんて、……なんかカッコイいいぜ!)
ワヤ!応援させてくれ」
「おう!」
入ってきた担当医が、ワヤの拘束具をはずしながら言った。
「へえ、ワヤくん、桑原先生と対局したいのかい?実現するといいね」
ヒカルは担当医に不満げに言った。
「たしかに、桑原先生は、お忙しいけどさ……」
この場で冷水をかけるまねはして欲しくなかった。
しかし、それはヒカルの勘違いだった。すでに対局の可能性は ある話になってきていた。


631 :野獣の巣:2005/07/11(月) 02:19:35 ID:81hIAHfR

ヒカル「ええ!?それじゃ本当に、チーム戦になるんですか?」
古瀬村「そうさ、それも人気棋士の桑原先生が出られるようなら申し分ないんだけど。そうするとワヤくんのチームにも、強い人が欲しいよねぇ」
ヒカル「でも、桑原先生と同等のプロというと……」
ワヤ「進藤〜っ、寝とぼけたこと言ってんじゃねえぇぇ!テメーは、こっちのチ−ムなんだよおおお」
担当医「おおっ、やっぱり!」
磯部「お願いしますね、進藤プロ」
古瀬村「そうこなくちゃ!因縁絡みは盛り上がるし。そうだ!見出しは『進藤プロ、桑原プロ=日本棋院に反旗!?』
うん、こいつはいい!きっと世間の注目を浴びるよ!」
ヒカル「えーっ!? ちょっとちょっと、オレ反乱側なの?」
「いいだろ、進藤、勝てばオマエが日本一、負ければ棋院をクビだ」
「なんだそりゃ? ワヤ、自分で何言ってるか判ってるか?」
「そのほうが燃えるだろ、日本一か引退、日本一か引退だぁー!」
ワヤはゲラゲラ笑いながら宣言した。
「いいか、進藤、ブン屋さんも。決戦の場は東京ドームだ!!」
ワヤの言動に担当医はあわてた。
「いかん、リバウンドだ!」
その場に衝撃が走る。
「リバウンドォ〜!?」
「みんなもワヤくんを押さえてくれ!心臓マッサージが必要になるかもしれん!」
「こ、こら!なにしやがる!離せ、離しやがれ!」
群がる人間を振り払い、さっそうと手術台の上に立ちあがったワヤは、興奮しており、フー、フーと大きく呼吸を荒げていた。
そして背から頭までの毛はツンツンとたてがみのように逆立ち、両肩は盛り上がり、その瞳には野獣の誇りを燃えあがらせていたのだった。


632 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/11(月) 09:27:33 ID:vgfblfgy
!?

633 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/11(月) 11:06:25 ID:v+MqBH6B
短冊にかかれていること:あかよろし(変体仮名文字)

634 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/11(月) 12:40:34 ID:X5dP0c2g
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
なんか燃える展開にw
少年漫画の主人公みたいだぞまけいぬ!

635 :454:2005/07/11(月) 21:34:17 ID:8erKlBdD
コンテナの扉は開け放されていたのに、「中は暗いな……」とワヤが言っています。
これは、落下させる檻の扉を、ワヤに気づかれないよう、入り口の上半分以上を幌で隠していたために
中が薄暗くなっていたのです。
加えて、ワヤは明るい所から暗い所へ勢いよく入ったので、まだ目が慣れてなかった、
……のです。


それと、>628の「びっくりするくらいの負けじた魂」は、負けじ魂のことであって、
猫舌みたいな「負けじた」を、考えていたわけではありません
……なーんちゃって。

636 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/11(月) 22:04:20 ID:pRcz8fpU
負け犬カッコヨスギて次に来るだろう反動にワクテカ
職人さんの淡々とした文章が、またイイっ!!

>633
マケイヌー!「あのよろし!あのよろし!」

637 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/12(火) 00:16:18 ID:66O8sxY2
負けず嫌いの魂ってことか>負けじ魂

638 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/13(水) 09:54:35 ID:7pOPuOQR
 ________________
|☆☆ポン・デ・ライオンレス☆☆  |
|                    .|
|    ○ ○             ..|
|   ○・ω・○  モッチモッチ!      |
|    ○ ○              ..|
|  .c(,_uuノ             ..|
|このレスを24時間以内に九つの .|
|スレに貼り付けてください     .|
|そうするとポン・デ・ライオンが  ...|
|あなたの家にモチモチしに行きます ..|
|________________|


639 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/13(水) 22:04:55 ID:E9rYk5/W
モチ犬には負けないぜ! 闘志を燃やすまけ犬。

640 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/14(木) 00:05:01 ID:Pqo9JigT
犬じゃなくてライオンだぞまけいぬ!モッチモッチ

641 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/14(木) 01:10:48 ID:Mg2yObJq
モフモフするのはいいが、モチモチされるのは……なあ

642 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/14(木) 11:31:27 ID:PwXe4V8F
 ________________
|○●ナン・デ・マケタンダロ●○  |
|                    .|
|    ハ,_,ハ              |
|   ミ*´∀`ミ  モッフモフ!       ..|
|  .c(,_uuノ             ..|
|                    .|
|このレスを24時間以内に九つの |
|星に貼り付けてください      .|
|そうすると負け犬モフモフが     |
|あなたの家にモフモフしに行きます .|
|_________________|

643 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/14(木) 16:12:15 ID:m16HR0E/
貼れってか! それ碁盤に貼れってか!

644 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/14(木) 17:55:49 ID:SBrVY4nV
美しき必敗の一手を繰り出せるようになる。

645 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/16(土) 11:16:26 ID:aHn0a3An
一柳「『○●ナン・デ・マケタンダロ●○』かい?貼ったよ、そしたらさ、出たよ。本当にモフモフが。
おっと、お釣りかい?お釣りといえば、そうさな、やっぱり最初は釣りと思ったね」

売店の人「……」

一柳「よくいくサイトのだったし、こうしたおふざけは嫌いじゃないやね。
棋院の女の子たちも呼び出したっていうからさ、話題に乗り遅れちゃいけないってんで、
気になったもんだから、ここはちょっとやってみるかって、あやうく24時間以内だったね」

売店の人「……」

一柳「いや驚いたのなんのって。だってさ、碁盤に貼ったくらいでさ、いやいや、もちろん碁盤に糊付けはしないよ。
置いただけ、置いただけで来たんだよ。
そこで思った。
これはなんの冗談だい?きっと、なんか仕掛けがあるにちがいないよ!
てんで、探したね、仕掛けを。
でもね、なかった。そりゃそうさ、一体誰がよその家に仕掛けなんかできるもんかね。
長年連れ添ってるウチのも、機械モノは全然駄目さ」

売店の人「……」

一柳「さすがにね、まさか本当にモフモフしたのがくるとは思わなかったからね。
あんなにモフモフしてんなら、少しは おすそ分けが欲しいもんだって言ったら、最近よく触られるってね。
おまけにね、モフッフとほほえんでんだよ。
え?対局の時間が近づいてるって?
なあに、考えてごらんよ。あの先生は、いつもスローで みんな待たされる。何しろ……」

売店の人「……」


646 :ボビー:2005/07/16(土) 17:30:19 ID:bxbKBiJZ
もす!

647 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/16(土) 22:34:17 ID:5/KlsBWQ
召喚獣ナン・デ・マケタンダロ

648 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/17(日) 11:34:41 ID:aG507Dro
      l:::::l:::!!::::!::!:::::::::::l:::l::::::/::::ハ::::::::::::!::::i:::::!:::::::!::!::::::!:::|      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      l:::::!:::!!::::!::!:::::::i::|::l::::::/:::;'   ゙、、:::::::!::::i::::ト、::::!::!:::::li::|    |  和谷子、 私と同じ記録係…          |
      |::::!:::!:!:::!:::!::::l::l::::l:::::/::/____  ゙、゙ 、:::!::l'!:::l-'、:!::!::::::|l|    | それも若い…。                  .|
      |::::!:::!:!:::i::::!:::l::l::::!:::::::/ __,,,_ ̄ ` `'、::! lィ-ミ!;!:li:::::::|!     .| そして新進の気鋭プロとも親友気取り…。  |
      l::::!:::!:!:::l|:::!::::l:!:::::::;〃f'i:::く `     ゙! '{::゙i ' l|l:l:::i::|     .|                            |
      !::::!::!:!::l、|::!::::l:::::i://  `'-'        `´  l!l|::|l:|     .| ズルイ子……                  |  
.     i:::::!:!::!::lヽ|:!:::l:::::l|           i    il|:jノ|l|     .\_   、_______________/
.     !::::!:!::!::l::::::|::::l:::::|l  u          〉   ,':|:::::lリ        (    ) 
     i::::::::::!::l:::::::l::::l:::::l !               /:::l:::::|        ,`=、′
      l::::::::::!:!::::::::i|:::l:::::ト、       −''‐''′ , ':l::::l:::::!     。 O `ー '
.      i::::::::::!:::::::::::l:!:::!::::l ` .、      '''  /l::::|::::l:::::i
     i::::::::::!::::l::::::! i:::::::::l   ` 、     /i:::::|:l:l::::l::;!:l
.    i::::::::::!::::i|:::::|`'i::::::::l      `':::-;:::':i:l::::l::::li:::l:::l:;!l:|
    ,'::::::::!::::::li::::il  !:::::::l       /l`i:l::|::::l:::l|::::!;!:;!|::|
    /:::::::::::::::;ハ::::!l  i:::::::l`'-、,_   ,'::ノ `、- !_i::l:::;!:;!::|:::|
   /::::::::::::::/ ゙!::l ! .l:::li::l   '--, r',、   'i,  `'‐iム::l::ト!
   /:::::::::::/   |l、  !::i!i!    /O!' \   i,  /'   ゙!|^'-、
  ノ---''"  i   l!\ ゙!i, ゙、   /:l i   \ i,      リ
''´      i    !  \ `    / ! l/   l\ i,

649 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/17(日) 11:45:09 ID:XLF3OLm/
次回の銀魂で、赤ん坊は「もふ」とか言い出すかも。

650 :648 セリフ間違えた:2005/07/17(日) 12:15:18 ID:uDrsQp9d
      l:::::l:::!!::::!::!:::::::::::l:::l::::::/::::ハ::::::::::::!::::i:::::!:::::::!::!::::::!:::|      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      l:::::!:::!!::::!::!:::::::i::|::l::::::/:::;'   ゙、、:::::::!::::i::::ト、::::!::!:::::li::|    |  和谷義高… 私と同じ記録係…       |
      |::::!:::!:!:::!:::!::::l::l::::l:::::/::/____  ゙、゙ 、:::!::l'!:::l-'、:!::!::::::|l|    | それも若い…。                  .|
      |::::!:::!:!:::i::::!:::l::l::::!:::::::/ __,,,_ ̄ ` `'、::! lィ-ミ!;!:li:::::::|!     .| そして新進の気鋭プロとも親友気取り…。  |
      l::::!:::!:!:::l|:::!::::l:!:::::::;〃f'i:::く `     ゙! '{::゙i ' l|l:l:::i::|     .|                            |
      !::::!::!:!::l、|::!::::l:::::i://  `'-'        `´  l!l|::|l:|     .| ズルイ子……                  |  
.     i:::::!:!::!::lヽ|:!:::l:::::l|           i    il|:jノ|l|     .\_   、_______________/
.     !::::!:!::!::l::::::|::::l:::::|l  u          〉   ,':|:::::lリ        (    ) 
     i::::::::::!::l:::::::l::::l:::::l !               /:::l:::::|        ,`=、′
      l::::::::::!:!::::::::i|:::l:::::ト、       −''‐''′ , ':l::::l:::::!     。 O `ー '
.      i::::::::::!:::::::::::l:!:::!::::l ` .、      '''  /l::::|::::l:::::i
     i::::::::::!::::l::::::! i:::::::::l   ` 、     /i:::::|:l:l::::l::;!:l
.    i::::::::::!::::i|:::::|`'i::::::::l      `':::-;:::':i:l::::l::::li:::l:::l:;!l:|
    ,'::::::::!::::::li::::il  !:::::::l       /l`i:l::|::::l:::l|::::!;!:;!|::|
    /:::::::::::::::;ハ::::!l  i:::::::l`'-、,_   ,'::ノ `、- !_i::l:::;!:;!::|:::|
   /::::::::::::::/ ゙!::l ! .l:::li::l   '--, r',、   'i,  `'‐iム::l::ト!
   /:::::::::::/   |l、  !::i!i!    /O!' \   i,  /'   ゙!|^'-、
  ノ---''"  i   l!\ ゙!i, ゙、   /:l i   \ i,      リ
''´      i    !  \ `    / ! l/   l\ i,


651 :648ですが:2005/07/17(日) 12:23:43 ID:uDrsQp9d
正直に言うと、誤爆だった。

652 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/19(火) 18:45:01 ID:GxlU9U9+
モフ犬の髪は天パじゃなくて多分毎朝自分でセットしてる
俺っていい男だぜとかモフりながら

653 :野獣の巣:2005/07/20(水) 05:57:16 ID:iFHQ+KLH
ワヤの咆哮うずまく部屋に、越智も入ってきた。

ちょうどワヤが手術台の上に立ち、皆の前でやけに堂々と、
上を見上げて大きく胸を張っているところだった。
「(なんだ?この光景……)」

久しぶりに勇ましいワヤを見たため、少し興奮した越智が、
つとめて平静にヒカルに問いかける。
「どうかしたの?」
振り向いたヒカルが言う。
「越智、ワヤのやつ、心臓マッサージが必要らしいんだ」
「今度はワヤが病気?」
担当医が状況を説明した。
「ワヤくんの異常な筋肉の盛り上がり、競走馬のような猛烈な呼吸、
それらから推察するに、もしクールダウンがうまくいかなければ、
ワヤくんの心臓は、はじけ飛んでしまうことになる……かもしれない」

一同驚く。
「なんだって!」

「おそらく吠えてるだけでは消費しきれない! 今のワヤくんの途方もないエネルギーは!」


654 :野獣の巣:2005/07/20(水) 05:59:58 ID:iFHQ+KLH
越智がワヤに歩み寄って言った。
「ワヤ」
「おっ、オマエも来たのか。ガルルル」
「今から迎えの車とツーリングする?家まで送るよ」
「よおし、それじゃ送ってもらおうじゃねえか!」

ワヤは"伏せ"の姿勢をとって、越智が背中に乗れるようにして待った。
越智はワヤを車と併走させてエネルギーを使わせようと考えたのだが、
今は逆らわずに ワヤにまたがることにした。

一回り大きくなったワヤの体には、首輪がキツそうに見えた。
「ワヤ、首輪を緩めてやるね」
「ああ」
越智が首輪を緩めると、ワヤの呼吸音は、ひっかかりのない余裕のあるスムーズな音になった。
それはエンジンの排気量を上げる際の、マフラーも大口径に変える影響に似ていた。
越智はワヤのエグゾーストノートに熱いものを感じていた。
「(なんだろ?この迫力、それと……危険なまでに熱い闘志…… 昔のワヤみたいだ…… そうだ、出会ったころの……)」

ワヤは越智を乗せて、すくっと立ち上がると言った。
「準備は良いか?メガネキノコ」
その言葉に、首輪をしっかりと掴み直す越智。
その後ろで叫び声。
「ちょっと待ったぁー!」

越智が振り向くと、そこには復活した社が手術台の上で腕を組んで立っていた。
「社!?」
「面白そうやな、オレも送ってもらおうやないか」




655 :野獣の巣:2005/07/20(水) 06:01:33 ID:iFHQ+KLH

担当医が注意をする。
「社くん!まだ君は病み上がりじゃないか」
「大丈夫や。オレ自身も、一緒にクールダウンをさせてもらいます」
社も じっとしてられなくなっていた。
社は、越智の体を前方へ押し出すようにして自分のスペースを空けると
ワヤにまたがった。
ちょうどバイクで2ケツするような乗り方で、社の重心は軽く後方にとられていた。
しかしワヤの体に不気味な鳴動が始まると、社は即座に前かがみになって両手で首輪を掴んだ。
天才ならではの判断の良さだった。
社は(ワヤの背中にセミのように張り付いている)越智を、包み込むようなポジショニングでスタートに備えた。
部屋全体の空気が震えはじめ、誰もが息をのんで身構えたときだった。
ついにワヤは、ドォオオンと空気を震わせて、二人を乗せたまま建物から飛び出していったのだった。


外は既に夜だった。
ごぉっ、という風の中を、ワヤは二人を乗せたまま疾駆していた。
そんな風の中で、越智はワヤの逆立った毛に顔をうずめるようにしながら、
呼吸する術をなんとか確保していた。

社はというと、見よう見まねで、競馬で見られるモンキー乗りを試していた。
天性なのか、見よう見まねのモンキーは、背中と地面がきちんと平行になっており、ワヤを気分よく走らせていた。


656 :野獣の巣:2005/07/20(水) 06:03:41 ID:iFHQ+KLH
走ってるうちに、社の眼前にはゲームで見たことのある風景がひろがってきた。
首都高の入り口が近づいていたのだった。
「近道するぜ」
ワヤは言うが早いか、二人を乗せたまま首都高の高架を駆け上がっていった。

社は驚いた。
「おいっ!首都高に入るんか!?」
「大丈夫さ、料金所の手前で降りるから」
「い、いや。そういう意味やなくて……」
高速道路というものは一方通行で、Uターンなどは許されない。第一、料金所の手前で降りる道はない。
ところが今のワヤの言葉から予想させられる事態……
仰天する社。
「ちょい待ちぃ!高速道路を横断して逆走する気かい!?」

越智は顔をうずめたまま、今の会話は聞いてないことにした。
ワヤはなおもスピードを上げる。

「さあ、いよいよだっ、しっかりつかまってろよ!」
ワヤは高速道路の柵に向かって爆進した。その意図に社は戦慄した。
「まさか!?」と思った。悪い冗談だろうと思った。
しかしワヤは減速せずに、そのまま高架の柵を乗り越えると、まるで解き放たれた歓喜ともいうべき雄叫びをあげた。
「それっ、バンザーイ!」
ワヤは二人を乗せたまま、高速道路から飛び降りたのだった。

ワヤの気分はムササビだったのかもしれない。見事なX字ジャンプ。
「うわああああ……」
社は叫びながら後ろを見た。反射的に柵を掴もうとしたのだ。
しかし、ワヤのジャンプは初速が速く、柵は既にはるか後方にあった。



657 :野獣の巣:2005/07/20(水) 06:06:39 ID:iFHQ+KLH
このまま20メートル下のアスファルトへ転落、さらに車にひかれ、ひき肉混じりの真っ赤なピザになる……

そんな考えが その後の事故処理現場の想像とともに、社の頭の中をかけめぐった。
昔聴いた童謡までもが一緒に聞こえてきた。
「♪柵を越えて ラララ お星様に……」
この瞬間、社の目に映る全てがスローモーションになった。

道路のヘッドライトの灯りも、ゆっくりと流れていく。その向こうに見えるビルのネオン。
社は綺麗だな、と思った。

そうして視点の変化とともに、ゆっくりと落下を体が感じ始めたとき、社は続きを叫んだ。
「……あああ・・バンザーイ!」

ザンッ!!

ワヤは高速道路のすぐ脇の歩道橋に飛んだのだった。
そこへ着地するやいなや見事な「タッチ アンド ゴー」で、スピードを落とさず
ワヤは歩道橋を駆け降りていった。


伊角は、ワヤの行方を心配していた。
ワヤから突然のSOSを受けたあと、応答が無くなってしまったのだ。
ワヤのいたずらにしては、手が込んでいた。
しかし今、ワヤの雄叫びが、伊角の耳に直に聞こえた。
近くだった。伊角は安心した。
ワヤは、すぐに家に入ってくるだろうと思った。


658 :野獣の巣:2005/07/20(水) 06:08:39 ID:iFHQ+KLH

ワヤは、伊角の家の前で、うまく止まりきれずに少しオーバーランした。
「おっと、行き過ぎるところだったぜ。ウォォーン!」
ワヤは、まだ走り足りないかのように、ダッシュと停止を小刻みに繰り返していた。

越智が、ワヤと社の隙間から、這い出るようにゆっくりと降りた。
「よいしょ、と……」
しかし、まだ社はワヤに乗ったままだった。
「着いたんか?でもオレ上着忘れてたから、スマンけど また病院に戻って欲しいな」
「いいぜ。戻るか?」
「ワヤ、今度は もっとクールダウンらしく、もう少しゆっくり走るといいよ」
「ようし、わかったぜ!」
そして、社を乗せたワヤは、再びロケットのように飛び出していった。

玄関を開けて伊角が笑顔で言った。
「どうしたワヤ?こんな時間に吠えて。今夜も いい月なのか?」
しかしそこには、ワヤはいなく、かつて共にプロを目指していた仲間がいた。
伊角の顔に驚きの色がうかがえた。

「……ふーん、伊角さん、今、ここに住んでるんだ?」
「越智……」
「ご丁寧にワヤに口止めまでしてさ、なんだかガッカリしちゃったな……」


659 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/21(木) 00:57:47 ID:z65bxBTX
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
ムササビジャンプコワスww
こいつは只者じゃないぜ

660 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/21(木) 09:51:33 ID:/+bjbdva
↑板垣

661 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/21(木) 20:44:54 ID:8AKITW3g
もし/if=モフ

662 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/21(木) 22:21:56 ID:Wnf0OMly
モフも〜私が〜 犬を〜飼ったな〜ら〜
負け〜犬を〜 飼うで〜しょおお〜♪

663 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/21(木) 23:10:52 ID:JO3xaHI2
♪柵を越えて ラララ お星様に……をPCの前で口ずさんでみたことは秘密

664 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/22(金) 11:16:42 ID:rWZ6CZCv
7/27〜28 日比谷公園にグルメ屋台が大集合。
昼はフラダンス、夜はライブ。公園内は犬OK!
(野音はダメかも)

665 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/22(金) 21:08:28 ID:x8qiCfGd
実にこのスレにふさわしいGJな情報だ

666 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/24(日) 11:05:35 ID:I7ZhBr26
人間が犬にさせられるというと、アメリカ映画の「チアリーダー忍者」に出てきた男達も かなり犬だった。
何かというと、女の子らは空気入りの人形になるし。
その映画の冒頭に出てきた前髪金髪の男の子は、インターネットのせいでホモにされちゃう。
マルコムXみたいのが、世界を混乱に陥れようとするも、いかんせんウンコやオナラネタ大杉。
そんな「カトリックとプロテスタント」の戦いを描いた映画だった。

667 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/26(火) 22:47:12 ID:EFVQxVid

「 また…… 負けた……か、……もはや私では不足ですかな?」

       /::::::::::::::::;'::;riilliiョ、::::;:::::::::::::::::::::::::;'::;;riilllllllli,';:::::::::::::::::::ヽ
.      /:::::::::::::::::;':::"":::::゙゙''ミ、';::::::::::::::::::::;',;!!'":::::::::`゙'::::::::::::::::::::::::'.
.      ,'::::::::::::::::::::::::/ ,r--、ヽ  ';.: : : : : :./  r,r--=、ヽ::::::::::::::::::::::::',
      |:: : : : : : : : : ; イ_  n`, ン/:: : ⌒ : ::\<,,_n _,`/ノ: :__: : : : : : ::i
    ___ |:: : : : : : -''/ `  ̄""ィ /     \  -゙゙ニ  : :ヽ: : : : : : ::::l __
   / ,、::!:: : : : : // //''"  /        ',    ヽ\ : : : : : ::::!:::,、'、
.  //_/!::::: : :           i  _     _  .i           :: :::::!-ヽ'.
. l // 7 i:: :         ..;;r  `'- `    " -'"  ャ;,.        : ::i iヽi '.
 l !ヽ〈 |:::        ..;;r'                'ャ;;..        ::l ハ ! l '.
 l ヽ ! ri:|::       ::r''                   'ャ;,       ::l i ,ノ :l
. l ヽ' ! |::                                   :l〈〉 ノ l
  '!  !、 |:           _,,===--'''''''''''--===,,,_           .:l ,r" /
  `   .!     ヽヽ   '"              ゙゙''   //     :!  /

        
            
      r:1:ヽ    
      j:: j::::l  「いえ、とても良い碁を打たせていただきました」      
      jハ::ヱ:l 
     ミ*´∀`ミ   / ̄: : ̄: ̄ ̄/|
     彡づ とミ  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ,|
     と '゙')'゙')   |______|/
   彡※※※※ミ  (⌒)   (⌒)





668 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/27(水) 00:02:22 ID:RMgKo/yv
まけいぬの余裕の表情を見てると胸の奥がモフモフする。

669 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/28(木) 16:08:55 ID:5bjB6PPa
暑いな。負け犬のアパートも夏は蒸風呂だろうなぁ

670 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/29(金) 00:02:23 ID:+s30pGp0
日曜日は実家に戻り 月曜の朝まで涼む

火曜日は指導碁に出かけ 水曜日は棋院で涼む

ワヤワヤワヤワヤワヤワヤヤ〜
ワヤワヤワヤワーヤーヤー

671 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/29(金) 04:15:36 ID:VmEf5YCL
GJ! GJ! GJ! グッジョ!(AA略)

672 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/29(金) 14:23:27 ID:1WKLZEFR


vjdfkjvkdvo

kvkzsdkvo
ffffff
gbdf
ldpvpzsdvkzsk

lkvzckv



f;hdgh dds
;gfs

sd@fpsdfpf

gdfg

ff
jfj77

このスレのご利用 ありがとうございました




673 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/30(土) 16:47:47 ID:ARJ37//e

 __________________
|○●彗星のごとく現れた天才棋士●○|
|ナゾの非公式戦の棋譜発掘!     |
|対局者たちの証言から、勝利の軌跡と|
|その素顔に迫る              |
|    r:1:ヽ                .|
|    j:: j::::l                .|
|    jハ:ヱ:l                 |
|   ミ*´∀`ミ  モッフモフ!          ..|
|  .c(,_uuノ                ..|
|                       .
|     ……               |
\_____.. ________/
         ∨  /^l
     ,―-y'"'~"゙´  | 
     ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   
     ミ  /       /    
     ':;  ミ;,,.,.,)/ヽ  (,.,ミ 
     ミ :l _____ヽ
    ミ゙゛';:, ~)   :,,  ~) 
     `゙ "`'''~^"~'''゙"''"゙'   



674 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/30(土) 16:50:42 ID:ARJ37//e
   : : :..:..:.::::!i::! ! !i!::!i::::::!i::::::::::!i:!:::!i/i!:::!i:!i!i!i!::|  「ええ、棋院では、私が最初にお相手させていただきました。
 : : :..:..:.:.::!i:!  !i::!i!:::::::∠:/:://l:::/l::イ:!i/i!/    そのときは指導碁を打ってあげるつもりだったんです」
  : : :..:..:.:!i:! ii i i::!i'!:::∠,,,_ ̄廾/://_/::/:// 
 : : :..:..:..l:::!.i! i i::! !ir'"^!/゚ブミ///_///   
  : : :..: l:::!i!.i!i!i:! i!|   `"''  "イ/` イ    
 : : :..: l:::!i!.i!i!i::! i!|        .l:::::!!i|     
  : : :l l:::!i!i::!ii:! i!|         l:::! i|     
 : : ::l l:::!i!i::!i!:! i!|       ニ イ:! i!|    
  : :::lヽl:::!i:!:!i!i::!i|!    ..  _」::!i:::::!i:!i|   
 : : :l  l:iハ:!i!i!i:::|    ,.゚イ !::i!:::!ii::!:|     
  : ::l  l!|:|:!i:!i!:::|   /.:::::! !:i!::!i!:::!:|     
 : : :l\l!i||::!i!i|i!::|T'"::::::::::::!i!i:!i!::!i!::!:|     
  : : l\ l!iヽ::::||::!|::i!::!i:::::::::!:::::||::|:/||



| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ 
|   ……                |
\_____.. ________/
         ∨  /^l
     ,―-y'"'~"゙´  | 
     ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   
     ミ  /       /    
     ':;  ミ;,,.,.,)/ヽ  (,.,ミ 
     ミ :l _____ヽ
    ミ゙゛';:, ~)   :,,  ~) 
     `゙ "`'''~^"~'''゙"''"゙'   

     , '::::::::::::: ::::  ::::::::::     :::::ヽ  「胸を借りるつもりで、最初から置き碁でした。
.    /:::::::::::::::              :::',  強いということは判っていましたから。
   /::::::::::::::::::::::.        ::. .  :. :::',  でも、まさか置石をあんなふうに自分のものに
   ,'::::::i::::j|!:::l::::!:::::::::ll:::: : : ::::: :::::. :::. ::. :::l してしまうだなんて……」
.  l::::::ハ::小{ll:::::!、::::::!ト、:::、:::::::::l:::::::::::::::::::! 
.  ノ!:/}! |l  ヾヾ:|lヾ;::|l l|ヾ!l、:::::l|:::::::::::::::::!
  ノ'イ:!‐、、   ` _,シ'⌒' ' ヾ;:|l/,、ヾ:::::,'
   ノヘr,ニ、川_/,二、、 ,,-''シljlハ.! }:::/
    ( i `゚´)‐(  `゚ ´ )'"   ル'ノ/;イ、
   / `! ̄´|  、"""´     レ'/ | llヽ、
. ,ィ´  l:::、 └ r''′         /  '  レlj:l、ヾ;:、
/::l l:、 l::::::\ r┴ー‐、 /´lj  , ' , '  /::/:|::! !:::
|ノ l::l l:::::::r‐`−‐‐‐ 、}  .!//  ,/::/:::l::::!. l::::
|l\ヾ;、 l:::::ゝ、、、、、  ヽ Y´   , '/::/:::::l!::::! !:::
|l::::::>、゙、 l::::{、         !_,.-'´ /:::/:::::::i:::::!l::::
|.l::://:l|`!l::::::{```       '、   /:::/:::::::::!::::!l:::
| l::j j::ll::::l!::::::>、        ヽ/、:/l !:|l::::i:::il:::

675 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/30(土) 16:52:01 ID:ARJ37//e

        __,,,---------,,,__
      ,r‐ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`'-,、
     _/:バ、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、
   //`''''''^ヽ、`ニ'''--__---____:ヽ
.  /::::l      `'''''--------- 、:::::::::l  「オレが勝てなかったのは油断したせいだ。
.  l::::::l                l:::::::::l  再勝負?必要ないね」
  l::::::l                l::::::::::l
  |:::::|  ,r‐‐、       , ‐‐‐ 、 {:::::::::l
  _l:::::|   -`'--'  ー' ‐‐  ヽ ヽ::::l,..、
 ,'r,、゙l|  < ・ >|   ‐=・=,‐   l:/,r、ヽ
 l iいl|       l    ̄      jl/` l |
 ! !゙'‐゙l    __,,(.,、 ,、゙j,,_     / ,),/ ,ノ
 ヽ `‐| 、 /          、   / .ト‐',/
.  `'‐|  l !`ー、──‐ァ‐' |  l  |ー'
    ヽ、  `   `二二´  '    /
      |`-、         _,-イ、
    /| | l`i、      ,r'´ / ,l | \
_,, ィ'´  | ヽ、l `''''──''''´ _、‐` l   `i- 、



| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ 
| (; ゚Д゚),.……………………………|
\_____.. ________/
         ∨  /^l
     ,―-y'"'~"゙´  | 
     ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   
     ミ  /       /    
     ':;  ミ;,,.,.,)/ヽ  (,.,ミ 
     ミ :l _____ヽ
    ミ゙゛';:, ~)   :,,  ~) 
     `゙ "`'''~^"~'''゙"''"゙'   




676 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/30(土) 21:52:17 ID:Y6cdMST4
ワヤスゴスwwwww

677 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/31(日) 20:43:23 ID:YREe4YuG
>>396
キーボードに顔突っ込んだ。

678 :名無しかわいいよ名無し:2005/07/31(日) 21:03:52 ID:YREe4YuG
>>571
>1レスずつでも落とした方が良い
の意味を履き違えてるように思います。

679 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/01(月) 03:27:00 ID:F7EGiydE
いらっしゃーい

680 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/01(月) 18:56:50 ID:HbDW2Si6
銀魂の
ジジィに抱かれて
「もふっ」と鳴くかな

681 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/02(火) 02:07:39 ID:Vd3NfuCF
自分もあれ見て負け犬を連想したw

682 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/06(土) 01:08:51 ID:mFeN+nxY
定春にビビって尻尾を足の間に隠すまけいぬ

683 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/06(土) 01:09:51 ID:mFeN+nxY
下がってたのでついでにage

684 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/06(土) 21:15:52 ID:wvAZ/biq
          _,,,,,,,,__
       ,ィ'。´  ・  `゛ヽ、
       /_,,ィ" ̄ヽ、    ,r'ヽ、目つぶしチョーップッ!!!
     ,i'"~フ      `ヽ l::::......l
    r"`-'´   ..___   } |:::::::::::l
    l、 ..::λ_,,、ィ';;;;;;;lT;;;;;l l::::::::/
    `"Til;;;;;;;;/ヾ"┬i"、ヽヾ;ィ' _,,、-ッ
      ヽ;; i l 、-ー、ヽヽ`ッ-ァ'i" /-ッ''"^ー--''フーッ'^` ̄"~''"''ーー--、
         `ヽ .}r"」.ヽУ/{ | / /''"_,  / ,/ ./' _,ィ=''"_,、-ー''"   L__
           `ヽ-ーく//ヽヘ ''"_,;:'" _,/ '"  .r"_,ィ'-'"´       二ニユ
              ヽ,/,' 、 〉;;,、、_ ''"__,,、___ヽ}          ――--|
              <ヾ >';;;;/__ ̄~ -、、__ l  /          __ ̄ ̄]
               '} V;;;/         -'ュ /          _  ̄`ヽ_|
   _,,、--,,_        |;;;;/          _ノ<''7 ̄ヽー、     _ . ̄`ヽ、/
  f" _」/´,`ー、        `、ヽ  、     _,、'"_,r"ニ三-^ヽ、 }ヽ、    ̄==-、`〉
  .ト、、,_f"_,イ-'' キ       ヽヽ__ヽッ--ー/-''"´    ̄`ヽ、'、y=-'`ー-- _ У
  lヽ-,,,_つ  ,ノ`i'ー--ー、、_,,、_ヽヽ-ッ-'"-'" /      ヾ'"ニ=ー'''" ̄`ヽノ
  ヽ--_,,ィ^`ナ/,'        __,ィ"{"^ノ_,/-、  ,、-、 ,r-、 /´_,、-‐'' ̄ ̄´''"´
   `"''"ー''く,/,_      rー'"   /`'"{、_,,ノ {  ,l l、 ノ}、
         . |      ヽ_,,、-'"  _|    _ !` ´,ィ、  l、
           冖i 、 、  ノ'   ,,ィ"ノ   /^ヽl   | ヽ  .ヽ
             l ヽ _/   ,、'" /  ,/   |   |   ヽ  ヽ

685 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/06(土) 23:11:07 ID:npNui5sU
頭にかぶってるのは犬か?w

686 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/07(日) 22:12:40 ID:h9XxkuAX
「和谷ぁ!起きろよ。目を覚ませ。記録係のくせに居眠りすんな!」

ヒカルの声に和谷は目を覚ました。
和谷はヒカルの名前を、寝言で呼び続けていたのだった。
ヒカルは口をとがらせて言った。
「お前が『記録係の仕事がなくなったから今日はやりたい気分なんだ〜』、なーんて言ってたのに。やる気あんのかぁ?」
「まあまあ、進藤。彼も疲れているんだろう。記録はあとでつければいいじゃないか」
部外者である塔矢アキラのセリフが、和谷の鼻につく。
「(ちぇ、塔矢のやつ。いきなり押しかけてきたのに、もう仕切ってる)」

今日は和谷リーグの日。
それも本来なら和谷とヒカルの決戦の日だった。
しかし、その対局は後回しにされた。
突如、塔矢アキラが押しかけてきたためだった。
和谷の家の前で、奈瀬と歩いてるヒカルと たまたま遭遇したからとのことだった。
塔矢アキラの登場に、和谷リーグのチャンピオンとアキラとの対局を望む声が高まった。

和谷としてもリーグが自然消滅してしまわないように、興行的なことも考えるべきだと考えた。
結果、和谷は主催者としての立場のほうを優先し、自ら記録係をかって出たのだった。
しかし、いねむりをしてしまった和谷。
本田が和谷に訊いた。
「和谷、どんな夢見てたんだ? 寝言で何度も進藤を呼び捨てにしてたぞ。あまりハッキリしゃべるから
最初は普通に会話してるのかと思ってたくらいだ」

687 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/07(日) 22:15:09 ID:h9XxkuAX
和谷は話し始めた。
「悪かった。夢の中で、対局相手に進藤の名前を教えてあげようと 一生懸命だったんだ。それが寝言に出たんだな」
「和谷、オレの名前を教える夢ってなんだよ?」
「なぜかオレ、平安時代で打ってたんだ。オレの打ち方が珍しがられちゃってさ、オレに勝ったやつに訊かれたんだ。 
烏帽子を被ってるやつでさ。『あなたのお友達もお強いのですか』って。
だから『オレの部屋には、進藤ヒカルが来てる』って宣伝してやったんだけど、
そのとき『あれ、オレは今、自分の部屋にいるんだよな』と気が付いたんだ。
そしたら急に、対局相手の烏帽子のヤツにオレの声が届かなくなってさ、それで進藤の名前を繰り返し叫んだんだ」

その説明に、ヒカルの声から不機嫌さが消えた。
「和谷、そこで目が覚めたのか?」
「ああ、すぐにな。烏帽子かぶったやつは、いつかオレの友達に会いに行きたい、みたいなこと言ってた。そいつとの対局は最高だったなー。棋譜も覚えてるくらいだ」
ヒカルの声が震えてくる。
「その棋譜を教えてくれよ」
「あとでな」
「そうかー、和谷ー! お前、最高にいいやつだな」
和谷に抱きつくヒカル。
アキラの目が険しくなった。
「おいおい進藤、対局相手がお待ちかねだぞ」
ヒカルのはしゃぎように少し面食らう和谷。
「(なんだぁ?よくわかんねーけど、これで進藤の出席率が上がる気がするなー。しめしめ、和谷リーグはまだまだ盛り上がるぞ)」
ヒカルをアキラのもとへ押し出しながら和谷は言った。
「ほら進藤、がんばれよ。(あれ、大事なことづてがあったような……まあ、いいか。それにしても……不思議なほど長い夢を見た気がする)」

千年リーグ・完

688 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/08(月) 01:11:19 ID:FCjX8dr7
負け犬リーグが何かちょっといい話に!Σ(゚Д゚)

689 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/09(火) 11:41:11 ID:iK0pVuJW
今週号のジャンプの袋とじを見る限りでは、例のゲームに和谷は出ない。

690 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/09(火) 22:29:52 ID:7vPgcenh
今からでも遅くはない
番外編で負け犬リーグの話が読みたい

691 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/10(水) 22:39:01 ID:bfPiJ3SN
そういや番外編シリーズに和谷が主人公のってないなー。
つまり、和谷リーグは本編向きの話か
あるいは黒歴史ということかもしれん。

692 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/11(木) 08:19:49 ID:3M5q0w5u
編集部の好みのせいか和谷のヘアスタイルは、講談社の雑誌では珍しくない。
月刊少年マガジンの「アライブ」という作品では
連載中に主人公の髪型がどんどん和谷になっていき、顔も和谷に見えるカットが増えていった。
ついに今月号では、幻覚や回想(幼年時)入り乱れての和谷三昧となった。

693 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/11(木) 18:25:33 ID:XnuR0ooJ
ワヤイブ

694 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/12(金) 00:39:06 ID:HBph0Cl0
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  話は聞かせてもらった!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |  和谷は講談社の回し者だったんだ!
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
    |┃      l     r─‐-、   /:|
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l



    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l ,
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /,
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /..  
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、|   
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \.
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'   

695 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/12(金) 00:41:41 ID:HBph0Cl0
       _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l   
  ! ‐;-、   、-─  ‐ヽ. ,.-'、    
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !   そういえば、和谷くんが強気なキャラでなくなったのは
 ゙!  7     ̄     トy'/    小学館漫画賞を貰ってからでした。
 !  `ヽ"         ;-‐i´
 ヽ  ` ̄二)     /ヽト、
  ヽ、 ー         / ゝ
   \   __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /




    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                 (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h '┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |

696 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/12(金) 00:43:02 ID:HBph0Cl0
    ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ
..≦              `i,
..≦               i、
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i         
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,| 
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /   
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'               ___\`ヽ)\ミヽ、 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  !{   ,!   `      μ!            ⌒>`゙''::::::::::::::::::::::`゙ヾ   .|  この髪型?       |
  ゙!   ヽ '       ,i!            ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙^ヾ<   | ちぇ、どうなってるんだ |
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ           /:::::::::::::::::::::::::::::λ::::::::::::::::::ヽ  |  ノストラダムス     |
    ヽ  ‐-    / "ト、         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::λ>                 /
     ヽ.___,._/   // \       ノ::イ::::::::::::::::::::::彡:;'::::ノ::::):::::'::;:::::::::::ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、    ⌒゙/::::::::::::::::::::::::::γ:::::::::::;:::::::::::l:::::::::::人__,
   /  /i:::::.    //     ヽ    ,|::::::::'''//ノ:::イv::::::/ノ:从::v,:::从:::::::::::::<   
                         リ从:::::::::::ノ==リ、リ ノ=サ7γヽ:::::::::≦
     /|,
   /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  
   |   泣き言を言うんじゃない                  |
   |   オレたちは謎を解き明かすことこそが使命なんだ! |      
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


697 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/12(金) 00:44:09 ID:HBph0Cl0
   |丶   \   ̄ ̄~Y〜 、
  |  \ __    /    \
  |ゝ、ヽ  ─     /    ヽ |
 │ ヾ ゝ_         \  |
 │  ヽ_ _ / /| |\   \|
  \ヽ   _ // / |  \   |
   ヽ\二_二// ∠二二二| ヘ|
    | | | ヽゝソゝ|TT|<ゝソ フ |/b}  
    ヾ| ヽ___ ノ/|| .ミ__ ノ | ノ   そうだ! あきらめたら、そこでオシマイだ!
      |       凵@     /フ    おれたちは前に進まなくてはいけないんだ!
      | u .F二二ヽ   /|/     
      \.   |/⌒⌒|   イヽ
      /. \  ==′/ |.| |
      ̄||  ヽ__/  / / ̄
      \ヽ_____ノ ノ
        ───―――




698 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/12(金) 00:45:59 ID:HBph0Cl0
 / / / l  l | l | l、     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
/ ,// /l | |l / l |l_|_LjL!    .| さすが、オレたちの  |
. / ,/ /‐t!l | l イ|´| l | ヽ   | ライバルで仲間です、 |
/l /l /ぅ、、l|.   ぅtjー、、 \.ハ | 緒方先生。       |
 l' l' } lリヽ     liリ  ,`  }! ll| いよいよオレも謎に |
   j ゞ‐'j    `'' '"   / /'|  近づけたんですね |
    i 、-'              |              |
.   :  ヽ             |              .|
    '、   、、_          >           /
    ヽ    ``         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ` 、             /  ト、!ヽ「`'
      ゙ 、       _,、‐'    /
        ` 、__,,、-''     /
             /j    /



      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  そのいきだ!  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > 俺たちは着実に
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__ 謎の核心に近づいている!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , -   

699 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/12(金) 00:48:00 ID:HBph0Cl0
今回も講談社の野望を暴くことはできなかった。
だが、どんな苦難にも負けることはない!
それが俺たち塔矢門下の唯一のとりえなんだ!!

                      ,ィ, (fー--─‐- 、、     
.                     ,イ/〃        ヾ= 、  
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ‐‐-- 、
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }    `‐、
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l、_ ,、-‐、  |
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l     ヽ |
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ _,,ェヒ‐ l,-、
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノl 、fモチ lヾ;|
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ l、,    lソ
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ─‐    丿
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、  `  / ,|、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_
          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_




700 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/12(金) 02:00:36 ID:re6KXZ/R
キバヤシワヤスw

701 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 01:41:48 ID:gni2YKAG

              論-ニ 二l   __∠ //  〃 ::::::::::::Yハヾヽ /. 
     痛    片   /=二三l∠三三ミヽ /ハ ::::::::::::::|| lNハj |  な  謎  門  塔
               L ニ三/ 、__`ヾミミ∨ {ヽ l::::::::;;、」ハj リ  |  ど  を  弟  矢
     い    腹    /ミミミl   ヽ、__辷rヾミゝ `リ:r彡三ミ//,  |  と  追  の  ご
               /ミミlミミ|  \   ̄´ノ::'⌒ヾ:ニtテ‐y′   .|  は  お  分  と
     わ        .>リミミl    `ー‐'´     ト、: ̄〈      |      う  際  き
              /(´jミミ|          __  __ |::::Y´/     |         で  の
__/\/\/⌒レ^ヽ∧ `lミミl   ,r─−く:::(    ` Y l       |        
        〃/l/l l/l「T^ー'   // ,仁二¬ーニ‐-_イ  |、     ヽ       
        //l / l l l !::::.     / {⌒ヽ  ̄`¬─--7 トハ      \
        l/l/l j j l/|::::::.     ヽ二ニニ−ー---ノ 川l|        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /j l/l ハ l/l:::::::.             こ二 ̄  ,lリリ



702 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 01:42:41 ID:gni2YKAG
    ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ
..≦              `i,
..≦               i、
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i         
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|  云われてますよ
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /   緒方先生。
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'
  !{   ,!   `      μ!
  ゙!   ヽ '       ,i!
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ
    ヽ  ‐-    / "ト、
     ヽ.___,._/   // \
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、
   /  /i:::::.    //     ヽ



      _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l   
  ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、    なんだか大物っぽい人ですね
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !     知らないですけど。
 ゙!  7     ̄    | トy'/    
 !  `ヽ" _       ;-‐i´
 ヽ  ` ̄ /     /ヽト、
  ヽ、          / ゝ
   \   __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /



703 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 01:43:47 ID:gni2YKAG
ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
        [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|   
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

まずいな。 
あれほど新聞社に顔のきく男が、俺たちの前に立ちはだかってきたとは!?
しかし、これで見えてきたぞ! 
だが……これで俺たちは表立って動くわけにいかなくなった。


704 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 01:45:32 ID:gni2YKAG
::::::;r'.:::::;r'.:::::::::!:! ';::::::! !  '; `'!;:':;;',';:',';':,':;':,:::::: `           ::::::::::::::::
::;r'二''ヾ;::::::::i!::::!  ';::::!  _,,==、 ';::::',';:',';:,:':,:':;::::::.、          ::::::::::::::::
;' /ー"ヽ ';::::;''!::::!`  ';:::!  '!i  ,,ゝ 'r'!';ハ,!::',':;:':;:';:::::.、         ::::::::::::::::
! /^ヽ.  ';::! !:::::!   ';!  `  li   !;! '!i::i';','';:,'';.、`ヽ、    ::::::::::::::::::::.
!, :  (   ';:! ';::!    `   ヽf、   !ヽ '!::! '!:i',ヽ ヾ、 `  ::::::::::::::::::::.
:', '、 )   !!  ';:!            ヽ、 !'  !i `ヾ、      ::::::::::::::::
:入 - 、     ヽ.             丶  '!         ::::::::::::::::
/ ヽ、_ `                  /         ::  ::::::::::::::
.   ヽ                   i           ::::::::::::::::
.                 `''' 丶  ノ          ::::::  ::::::::::
                      j           ::::::::: :::::::
                    r''~            :::::::::::::
       ヽ,            l            ::::::::  ::::::::
        ''::ュ,、_        ノ              ::::::::::::::::
          l'"~`'''''----'''"             ::::::::::::::::
          ノ ` ヽ、                :::::::::::::::
         /i;;::::::::.. '、              ::::::::::::::::
.        / ';;::::::::::::.`、ヽ、___        :::::::::::::::: 
.        ノ  'i:::::::::::::::.!::::::::..  ̄ ''''''  _ :::::::::::::::
.       /   ,':::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::
          ,:'::::::::::::::::::::!::::::::. `  ::::::::::::::::::::::::
           :::   ::::::   :::::::::::::::::::
             :::::::::::::  :::::::::::::::::::

  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

正直、塔矢門下でない者に動いてもらいたい……
だが…… 連絡方法がない。連絡方法が……

705 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 01:46:35 ID:gni2YKAG
またしても巨大な影が俺たちの行く手を阻んだ。
だが、どんな苦難にも負けることはない!それが俺たち塔矢門下の唯一のとりえなんだ!!

                      ,ィ, (fー--─‐- 、、     
.                     ,イ/〃        ヾ= 、  
         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ
        彡        N! l                   `、
   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、
 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ‐‐-- 、
_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }    `‐、
ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l、_ ,、-‐、  |
/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l     ヽ |
 l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ _,,ェヒ‐ l,-、
 ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノl 、fモチ lヾ;|
  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ l、,    lソ
   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ─‐    丿
  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、  `  / ,|、
-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ
   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ
-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l
              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_
          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_



706 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 12:52:29 ID:I8jYs7m9
昨日も言いましたよね?

707 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 14:40:41 ID:yY+6ctPL
誤爆?落雷じゃなくてヨカッタわんわん!

708 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 20:08:13 ID:P93EF7z/
708 なワヤ

709 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/14(日) 20:58:06 ID:z7F1Dd4+
キバヤシシリーズにまけいぬ登場!!
ちょwwキバヤシwwww電話があるだろwwww

710 :親父の小言:2005/08/16(火) 20:12:18 ID:m5CoST/A
犬は粗末にするな
初心は忘れるなかれ
人に馬鹿にされていろ
恩は遠くから返せ
ばくちは打つな
貧乏は苦にするな
年寄りはいたわれ


711 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/17(水) 23:11:38 ID:JqVaaDFp
>恩は遠くから返せ

カコイイ

712 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/18(木) 15:38:51 ID:FP+U+D9P
少年チャンピオン連載中のナンバMG5によると
柴犬は5才児くらいの知能があるらしい。

713 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/19(金) 12:04:58 ID:bneAKwZo
食用の犬は頭は良くないらしい。

714 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/20(土) 00:36:11 ID:FD4fRXw7
>712
マジかよ、じゃあオレ柴犬よりあたまがいいぜ!
得意になるまけもふいぬ。

715 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/21(日) 12:37:01 ID:rME5lMMB
指導碁するため町まで出かけたが
訪ねる先からチェンジといわれた
子犬がわらってる
自分もわらってる
ルールルルルー
負けてもいい天気

716 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/22(月) 19:36:59 ID:VwFN8CzV
そうか…まけいぬだって指導碁頼まれる事もあるんだよな…
棋力的にはまけいぬ>>>>>岸本なんだよな…
と1行目で妙に目から鱗が落ちてしまった

717 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/24(水) 01:09:01 ID:3lA8VEy+
              _−''  ̄ ̄''''− ..、
          ,.−'' ̄./!  、    、  `丶、
        /     !   、ヽ     \   \
.       //  '",イ|. ゙、 、 ヽ丶、    ヽ  `; ゙i,
       /// / / 'i  ` ヽ、 `ー  ̄   !  ノ i`、
.    ヽー┴"  /.  i.l 丶、   `ー  ノ   // ノ `、
    、_ゝ、ー   i  ! !, 'i `ヾ、、ー− =' 、   ___入`三シ
. 、___,.>-`−' ,ィ|  ヽゝ,\  ` `'ー−ノ`''ー=ニ `ー-''/
  \ ゝー'' ノ |.l .| \` `''ー=彡"ニ=−-''"__ノ._ノ
   、乂>-'__ノ_'ー、.i 'トミ=、___ニニ____ン _____ッ-''"`、!、ー/
   \ニ ̄!、 !"ゞj丶ゝ !、-゙-,ニ=--=-、ニ、 ___ニ=ー `ーフ
      `'ーiレj `'-= `ーゝ  `"ー''" ヽリゞ、ゞt=-''"ノ
        ゝ|               rルジテ-ン/
          !    ゝ          ノ_/-_ニ'"
          \  ,__         /__ン ̄
           ノ\   `     ./リ-.、
          / .\|\    ,,..-'" |/  `ヽ
.         /   |,  `''''"     |     `丶,
         /    .! !        |;        >
       /     | ヽ       ∧ i   _,.,.-'"
        ̄`−、  .|  ヽ       || ,.,-"

「海王の大将…なめているのか?オレなど歯牙にもかけていないって態度だ…」

718 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/24(水) 02:05:10 ID:wkesuecm
負け犬>>本田>>奈瀬、飯島>>(越えられない壁)>>>岸本>>>>>>>>>三谷、加賀、筒井

負け犬強いよ負け犬

719 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/24(水) 15:14:45 ID:4+zQqsvS
加賀と筒井の出番がないな。

720 :ブルドッグ:2005/08/27(土) 04:22:05 ID:AKJsnFb7

♪黙れ! うるさいぞ お前ら
泣くな! 悲しみに負けるな
こらえきれずに泣き出すのはヤセ犬だ

眠れ! 戦いは終った
傷は夜明けには薄れる
くやしさだけを胸の奥に刻み込め
恋の傷跡なら いつか薄れてゆく
男と男の戦いは永遠に消えない

見ろ!
俺の目を!
そらすな!
じっと見ろ!
夜明けの嵐が心を刺す 
ニッチもサッチも どーにもブルドッグ


______  /'⌒、_斗}yト、}!
 ||┌――┐| 〃   ≧`:::::::::::レ}ィ
 |||眠れ!.||     _ズ::::トr::':'::厶
_,,||└――┘|   ,rく\水::)^Y::
ニ゙二二ニエ ̄  f/, ), '^ヘ从^ド、
ョ ||___旦_]_ ノ' / 厂 ̄ ̄~K_, 〉
 ̄ト、ャャャャャャャ∀,/ ,ィ′   斤' |_ン
ニニニニニニニ,ニニレ  |l―ァ-fE|‐┘
  ,.--―┴〜|   !レ'ヘ._|E|   、v‐、
  | ヾ.、___ト-、厂_云フ!E|、  'ー'
  ! `ソ´ | .フY三=r=ァFチ┘
  ‖ |   | 《トハ  !.{~| //
___」ヽ _L. -└- 、,,__| ト1//



721 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/27(土) 15:04:57 ID:GjG8Ur3u

          , -''⌒ヽ, -ー、
         /,       、\       >>529
       / /   ,ィ   ヽ  ヽヽ     みんなおまえの夢、
       ./ // /,∠{. } ト、 ヽ ヽヽ     夢だったのよ♪
     / イレ ,イ7  {i |l 十ト、}  }.l l
     / i {/ ⌒丶゙V レ'}ハノ :: } l }   _
    /  l  !     ,  ⌒ヽ }/__l_l,!,,,,rノノ >、_ ヽヽ
   / / ..::|  l、   r- 、     /ヽ     ヽニ--ヽ ) )
  ノ / .::::::l:__, ヽ  し'   , イη   -、    ヽ.}
/:::/.:::/"  ヽ\_,,. ィ,"'"     ●  Y   ヽ
 /:://     、_v} /▼         /    } \
 ̄{://        ヽ{、__         /    /   〉-、 ,-、
 / /          >\_,.-ェ''フ_ノ!     /   ノ  ̄  }
../ l:::::::::::::......   , -'"\/:::::::∠-‐'   {   ノ  _ ノ     }
/  \ヽ、:::::::,.-‐'":::   ノ::::ノ)  / }  ヽ _,. -'"   ,,,,_ノヽ、
   ::::::::`ーヽ\::::::.  `ー' \__,,. -‐''"     .:/      \
          /\::::..           ..::; -'"
         /  \:::::.        .:; -'"



722 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/27(土) 15:20:39 ID:20o+ba8V
>>720 >>529 >>721だなー

723 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/27(土) 20:11:35 ID:H4b65Hiz
やめるんだ和谷…お前いつも喜び庭かけまわり
ペットボトルの液体をまいていたじゃないか?

724 :ガンダムエースによると:2005/08/28(日) 02:13:08 ID:ywj860+W
現在、秋田犬、甲斐犬、紀州犬、柴犬、土佐犬、北海道犬の六犬種が
天然記念物に指定されています。

725 :名無しかわいいよ名無し:2005/08/28(日) 03:05:20 ID:SajH1UgO
dkjfhffs



fkldkfakfal;



fkdlkfdl



fkdffdfk


fkfkdfdslfk



fk;kflkdf




kfdkfldkfl




f;dfkdf




726 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/01(木) 13:24:04 ID:euTNAhLv
かきこ

727 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/01(木) 18:35:44 ID:oRxs/AhY
わんこ

728 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/02(金) 06:39:42 ID:4GRjHZtV
くぁwせdrftgyふじこ

729 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/03(土) 23:31:36 ID:q0an84v/
小野妹子

730 :広告:2005/09/05(月) 10:09:09 ID:GiG7zF+n
ボール犬のバイト

試合中にボールをアンパイアに届けるカンタンな仕事です。

初心者歓迎、一から教えます。
やる気のある方、球場までかよえる方。
経験者優遇。

731 :人間という品種の犬:2005/09/05(月) 22:16:08 ID:ou1kehwT
(パタパタ)
ハッ
  ハッ
ハッ  ハッ、(ぴょん)ハフ
    ハフ    ハフ

     
   ハフ      ん……っ 



ウッ!






   
……くぅ〜ん


732 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/05(月) 23:22:39 ID:0WBWrF1+
状況が見えんww

733 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/05(月) 23:48:32 ID:odip7I9k
今週のネ○ロだな。
文字だけ見ると何か違う印象だがw

734 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/07(水) 19:08:54 ID:iMrfm97t
この台風で負け犬のアパートもガタガタいっただろう
雨戸あるのかな…

735 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/09(金) 01:21:47 ID:C9u1BeTz
網戸さえない部屋に住んでこそまけいぬ

736 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/09(金) 10:11:46 ID:Wt3jl6uY
とりあえず碁盤と碁石さえありゃいいーんだよ。

737 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/09(金) 18:45:27 ID:a5SMF+zL
潔いな

738 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/10(土) 01:15:45 ID:c98lWeun
ドラ焼もたのむ

739 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/10(土) 12:00:06 ID:nmAR5Abl
うちに泊めてやってもいいけど、ちゃんと差し入れ持って来いよな。

740 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:53:35 ID:F2BULkc0
豚の蚊取りと団扇も欲しいところだ
まだまだ残暑厳しいからな

741 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 22:49:17 ID:pZfq6U3S
伊角さんと門脇さんが一緒に選挙に行くって言ってた。
オレにはハガキも来ていないのに。
でも食い下がったら、伊角さんが支持政党だけ教えてくれた。
ようし2ちゃんで、その政党以外を叩いてやるぜ!
モチロン門脇さんの名前をフルに使って。

742 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 07:24:59 ID:Y+AON+Af
囲碁ファンの皆さん、

待望の梅沢由香里さんのブログが開設されました。
ttp://yukarigo.at.webry.info/
みんなで、囲碁界を盛り上げましょう!!
リンクもしてあります。

9月16日は梅沢由香里さんが特別ゲストとして登場する
第8回「経営と囲碁を語る」が開催されます。

ご興味のある方は是非、ご参加下さい。
詳細は下記のHPをご参照下さい。
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~hoen/diamond_pages/globis.html




とあるのですが、このページの左上の犬の写真が気になりました。わんわん。

ttp://eijiharada.exblog.jp/




743 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:11:14 ID:x7AlxVH3
>>742
携帯からだから見れないけどオチにワロタ。
これでこそまけいぬスレ

744 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/13(火) 22:30:20 ID:tuOaGNCC


745 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/14(水) 00:45:58 ID:TtDK5xtr


746 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/14(水) 02:54:19 ID:XNypF+Ed


747 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/14(水) 13:21:47 ID:XR3pCSTv


748 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/14(水) 16:44:39 ID:XQV1isOo


749 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/14(水) 23:20:40 ID:D4FvPKfF


750 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/15(木) 00:37:34 ID:X9JW9CbX
天 ×

段 ○

751 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/15(木) 02:37:18 ID:3aDjdqWq


752 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/15(木) 11:30:26 ID:NCVH5b5L


753 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/15(木) 19:42:50 ID:ykkkL9Qq


754 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/15(木) 23:00:47 ID:zvC7rHAu


755 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/15(木) 23:30:44 ID:86hItMNl
会  いつまで続く気だw

756 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/16(金) 22:11:17 ID:kBuud9vr
ヤワなワヤ

757 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/17(土) 03:09:28 ID:158KaSRL
墨谷二中の伊角に夢中

758 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/17(土) 12:03:52 ID:MPhcArYU
ラムラタ産買った倉田さん勝った

759 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/18(日) 13:23:36 ID:8hzyoFUL
見た目に三谷

760 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/19(月) 22:04:19 ID:KYeYclPE
じつはヒカル、アキラ、名人、sai、倉田が最古参のキャラ。
倉田の名は最初、倉田じゃなくて、しかも登場させるには条件があった。
そしてアキラが名人の息子という設定は、ヒカルとアキラのライバル設定よりも少し遅れて決まった。
ソースは俺。

761 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/19(月) 23:20:26 ID:8an2JKXt
まけいぬの名前が見当たらない…いやきっと俺の見間違いに違いない

762 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/19(月) 23:54:05 ID:KYeYclPE
和谷といえば、放映時のスポンサーになっていただいた(関東ではロッテとJR東日本)への感謝のカットにも
顔を出したり出さなかったり。
ロッテリアのシーンでは、後ろに小さくViewカードのコーナーがあったりします。

763 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/20(火) 12:05:49 ID:biVnGwqr
和谷って、ヒカルとはまた違った子供なイメージ。

764 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/21(水) 01:06:26 ID:uoigwdXW
=========================================
レセプション会場にて
=========================================

ヒカル「んー、塔矢のやつ、遅いなー。選手挨拶始まっちゃうじゃん」
社「今回も、オレらが代表選手になったなア。 あ、進藤、呼ばれとるで!」
運営委員「では進藤プロ、お願いします!」

ヒカル「えっ、なに?オレが選手挨拶すんの!?塔矢は?」
運営委員「先ほど急用で遅れてくると連絡がありましたので」
ヒカル「え〜!?」
和谷「いいぜ、進藤。 オレが挨拶やってやるよ」
ヒカル「和谷!いつのまに!!」

言うが早いか和谷は壇上へ。
和谷「え〜、ご来場の皆さん。私が進藤プロの友人であり、よき相談相手でもある和谷義高です。
私は昔から彼の面倒を見てあげてまして、この間も誕生日にプレゼントをあげたりして……」
ヒカル「プレゼントって…… あ、アレか。えーと、どこにやったっけ?」

和谷「……そんなわけで、進藤プロには大変に感謝され、慕われていまして……」

社「おい、アイツの挨拶、自分自身のことばかりやで?」
ヒカル「いや、和谷にしちゃ上出来さ」
和谷には目もくれず、料理をむさぼり食いはじめたヒカル。


765 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/21(水) 01:18:26 ID:uoigwdXW

しかし、その和谷の挨拶はなかなか終わらなかった。


ざわ……


客A「なんだ?彼は何を言っている?」
客B「自分は進藤プロよりも上だと言っているのか?」
外人「ミスター戸刈、和谷という人は、なんなんですか?プロですか?」
戸刈「さぁ?私には……」
外人「なんだ、知らないのですか」

戸刈「相川くん!」
相川「はいぃ!」
戸刈「目障りな奴がいる。(自分のクビをかき切って見せる仕草)非常に目障りだ!」
相川「わっかりましたあ!」

社「あ、なんや!? アイツったら、ゴツい男達に連れていかれよったで!」
ヒカル「平気、平気。 社、こっちの料理、メチャうまだぜ」

=========================================
会場の隣室にて
=========================================
和谷「なんだ?こんな部屋に連れて来て……」
相川「もーう、いけない人ですねー。これからお仕置きしますからね」

和谷「なに〜?オレは選手の友達だぞ。オレが応援しなくちゃいけないんだぞ!」 

記録係「本当に信じられない……またこんなオイタをするなんて」
和谷「キミ、誰?」
記録係「なんですって!? ……本当に ……信じられない……」
相川「お仕置きね……」
記録係「そうね、一から調教しなくては!!」
相川「でも私、ワンちゃんの調教くらいしか……したことないけど……」


社「なあ、アイツ、戻ってけえへんな……」
ヒカル「和谷?きっと帰ったんだよ。 おっ、社! これが一番うまい。食べてみ!」



(終)

766 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/21(水) 15:40:58 ID:7hGeNgMk
続きじゃなかったのか。タイトルくらいつけてよ。

767 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/21(水) 19:28:54 ID:NBuG9nwm
戸刈の仕草ワヤス
けっきょく最終回の翌年以降、北斗杯には出られたんだろうか負け犬・・

768 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/22(木) 10:37:13 ID:0WWR7bbo
無理に5ワヤ$。

769 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/22(木) 14:56:09 ID:L+W4evjC
携帯で
08押すと
ワヤと出たかな。

770 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/22(木) 19:48:34 ID:HNZLCXSc
何気に五七調?

771 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/22(木) 22:31:59 ID:2dEtYMJZ
764-765
マゾッ気あるタイプには羨ましい状況だなw
このお調子犬めっ

772 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/23(金) 18:12:17 ID:k+nKVK9O
(終)かよ!
やっぱり期待を裏切らないな、負け犬

773 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/25(日) 13:17:06 ID:pfrefyn+


        ハ,_,ハ 
       ,:' ´∀';/^l
     ,―-y'"'〜"゙´ |  モフモフ
     ヽ   ´ ∀ ` ゙'゙:
     ミ       ∧_∧
     ゙,, (,,ノ   ミ∀-* ) ))
      ミ     ゙と   ヽ
     ミ ⌒ヽ   (    )
      シ、,,,,,シ''''〜"ヽ_)__)


774 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/25(日) 13:50:45 ID:0aRK4nBZ
今日ちょっと涼しいからまけいぬにモフモフしたくなるよ

775 :野獣の巣:2005/09/26(月) 00:22:13 ID:bfJNqXw1
「伊角さん、ワヤに口止めしたのって、ボクや進藤に先越されたから?
それともプロと決別したという意思表示? ねえ? 
……でも伊角さんは、もうワヤにも先を越されちゃったんだけどね……」
伊角の茶を注ぐ手が止まった。
それを見て越智は話を続ける。
「ワヤはもうスポンサーまで付いているんだよ、伊角さん。
ワヤのために棋戦までしてくれるんだ。プロも参加する棋戦さ。
ワヤだって選手として参加する。れっきとしたプロ契約でね」
「ワヤが?」
「……驚いたでしょ、伊角さん」
            
=========================================
ワヤワクチン
=========================================

夜のハイウェイを、ワヤは社を乗せてシュッポ、シュッポ、シュッポッポと激走していた。
ワヤの心は軽く、つい口ずさんでいた。

「♪ウワーオ ワーオ ワオワァーー
道行く車が、ふりかえるよ 素敵なオレの胸まで弾むのさ……」

事実、走行中の車からは、悲鳴や歓声が聞こえていた。
「きゃあ!」
「犬!?」
「くそっ、速いぞ!!」 
道行く走り屋の中には、声をかけてくれる人もいた。
「こんな所を走るなんて正気かいっ!?」
するとワヤは答えるのだった。
「いいから いいから 気にすんなよ!ベイビー」


776 :野獣の巣:2005/09/26(月) 00:24:27 ID:bfJNqXw1
社のモンキー(騎乗テクニック)にも磨きがかかり、すでにワヤの速度は通常の3倍になっていた。
やがて社までが、ワヤに負けじとばかりに歌いはじめる。

「♪象のキンタマ100キログラムゥ〜
金星ガニのキンタマ3キログラムゥ〜
人喰い巨大ミミズのは…… ゼログラムゥ〜」

社はワヤの血清を体内に入れられて、すでに死ぬほどラリっていたのだった。

そんなラリパッパな社にワヤが叫ぶ。
「恥ずかしい男だな!いくらミミズでも、ゼログラムはありえないだろっ」
社もワヤに叫び返した。
「そういう唄なんやから仕方ないやろ!まったく、ノリの悪いやっちゃ」

そうこうしてるうちに社は思い出した。
「そおーやったあああ!お前の体にィィはなーー、ワヤクチンとかいうのが有るらしいで〜。どや 驚いたやろ?」
「ワヤクチン? ウワーオ!? ワヤクチンって何だ〜?」
「β-カロチンとかL-カルニチンの類の、美容と健康にいいやつやろなー。アヒャ!」


=========================================
ァ ∧_∧ ァ,、
,、 ( ´∀`) ,、'`
'` ( ⊃ ⊂)  '`
     ∧_∧ ミ あははは!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ バンバン

=========================================

「オレはニンジンとかラム肉とは違うぜ、うがぁー!」
「こらぁ! 寝てたときに聞いたんやでーー アヒャヒャ」
「寝てたときに聞いたのかー? ウヒャヒャヒャ!」


777 :野獣の巣:2005/09/26(月) 00:26:10 ID:bfJNqXw1
「ところでワレ!碁を誰に教わったんや、おうこら、おう。やっぱ犬のプロ棋士かい?」
「ゴラァ! 犬じゃないし、プロ棋士でもないぞぉ!!」
「さてはトンビが犬を生んだというやっちゃなー アヒャヒャヒャ!」
「おい云っとくけどな! 伊角さんは強いんだぜ。ざまあみろっ ウヒャウヒャ ウヒャヒャ!」
「そうか、気が変わったで。あんさん、今すぐとって返し!
帰りなはれ、アンタ戻りなはれ。それが大阪のあきんどだす。アヒャヒャヒャ〜」
「望むところさ!だけどオマエ、さっきは、ここらの道がわかるのは、
実は関東の出身だからって言ってなかったけか? ウヒャヒャヒャヒャー!」

2つの奇怪な笑い声が、夜の町を走り抜ける。
「アーヒャヒャヒャ……」「ウヒャヒャヒャヒャ……」

やがて怒涛のごとく、ワヤは伊角の家の前にすべりこんだ。
「さあ、ついたぜっ」
「ここかー。やっぱり思った通りや! さっきと同じ場所やで!」
「オマエ、頭いいなっ」
「ほな、いくで」
しかし社は、ワヤから降りた途端に思い直し、ワヤを呼び止めた。
「ちょっお、待てやあー! おい、裏口はないんか?」
「あるけど、どうかしたか?」
「このまま玄関から入るのは、初手3三や。そんなんばっかりじゃ、かたすぎんねん。オレは好かん!オレは表からは入られへんのやっ」
「あん?それじゃオレが裏口を開けるまで待ってるか?」
「おう、頼むで……」
社は背筋と肘を伸ばすと真正面からワヤの眉間を指差した。そして切れ長の目を細めて言った。
「なにしろ……勝負は……もう始まっとるんやさかい!」
迫力満点のオーラを放つ社にもワヤは気圧されることはなかった。
「……ヘヘッ、オマエの骨は拾ってやるからな」
「吐いたツバ飲まんときや〜。お月さんは燃えてるでえ…… アーヒャヒャヒャ!……」
「ウヒャーヒャヒャヒャ……」


778 :野獣の巣:2005/09/26(月) 00:27:21 ID:bfJNqXw1


越智は、ワヤの棋戦について伊角に教えていた。
「……もう進藤が参加するの確定だよ。あと桑原先生も多分。
でも社はどうかなぁ?日本棋院対関西棋院ってわけじゃないしね」
「ワヤが……いつのまに……」
伊角の表情を見て、いたずらっぽく笑う越智。
「あせってきた?伊角さん」
「い、いや…… 良いことじゃないか。おれもワヤの活躍を楽しみにするよ」
「ふうん、それでいいの?」
「いいもなにも……」

そこへワヤが玄関から飛び込んできた。
「ただいま!伊角さん! あれれっ!? メガネキノコ!? なんでお前がここに?」
「なんでって…… ワヤ お前ね…… いや、そんなことよりワヤ、お前もプロになったんだね。おめでとう」
越智の言葉に鼻高だかになるワヤ。
「へへ」
「ワヤは自分のチームに伊角さんを入れたいかい?」
「もちろんさ!」
「でも伊角さんは出たくないってさ」
「えええぇぇぇ!? なんでだよ伊角さん!!」

ワヤの目が伊角に訴える。
「オレは、伊角さんが仇を討ってくれるものとだとばかり……」
ワヤは涙を拭うように、ヨヨヨと泣きてるポーズをとって見せた。
それでも心の中では、伊角が一緒に戦ってくれるものと信じていたので、
泣きマネが終わると、すぐさまニコニコしながら顔を上げた。

しかし、そこに伊角の笑顔は無かった。


779 :野獣の巣:2005/09/26(月) 00:28:17 ID:bfJNqXw1

伊角の煮え切らない態度に、次第に不安を感じ始めるワヤ。
そんなワヤに越智が言った。
「ワヤ、無理もないや。伊角さんはワヤが誘拐されたことも知らないんだし」
伊角は驚いた。
「誘拐!?」
「そうなんだよ……オレ、誘拐されて拷問されたんだ……」
「拷問!?」
「それだけじゃないんだ……オレ、タマネギと一緒に食われそうになったんだ!」
「何だって!?」
「おれにはワヤクチンがあるっていってた……
美容と健康にいいとかで…… しかも調理前に拷問されそうになって……
きっと犬は、シメる前に怯えさせたほうが肉が美味しくなる、とかいう迷信があるんだ……
オレ、拷問されたことよりも、そんな迷信を信じることが『食にたずさわる者』として許せないんだ。
あの桑原とかいうジジィ!」
「桑原先生が!?」
越智が何気に付け加えた。
「まあ、確かに妖怪とよばれる先生だけどね。健康法なのかなぁ」

伊角は困惑した。
「(それにしても、さっきまでスポンサーが見つかったとかいう話じゃなかったか?
ワヤ……今日1日、いったい何をしていたんだ?)」



780 :野獣の巣:2005/09/26(月) 00:30:24 ID:bfJNqXw1

「ワヤの実力をフルに出してあげるためにも、伊角さんは絶好のチームメイトだと思うけどなぁ」
越智は、伊角の煮え切らない態度の原因も、知らないわけではなかったので、正直 説得はたやすいと考えていた。
しかし伊角のかたくなな態度に、越智の説得は自然と皮肉が混じり始める。
「大丈夫だよ。棋戦が中止になったら、その負債は全額ワヤ持ちになるから。
あ、伊角さんは前回の事もあるし、さすがに今回は変な事はしないと思うけど……」
「越智……オレは……」
「なーに?まだ何かあるの?」

ワヤが伊角に向き直って、勢いよく頭を下げた。
「伊角さん!オレと一緒に戦ってくれ!」
ワヤにとっては、正式な依頼のつもりだった。
しかし伊角の反応は、ワヤの期待を裏切るものだった。
「ワヤ…… オレには戦う資格がないんだ……」
これを聞いて、いよいよ越智があきれたような声を出す。
「またぁ? 結局それ?」
ワヤの声も元気がなくなってきた。
「伊角さん、オレ、オレ くやしいよ……」
そんなワヤに、越智が皮肉っぽく言う。
「ワヤ…… もう無駄だよ」

そのとき、部屋を揺るがす怒声があった。
「ちょっと待ったあああ!!」
その声の主は社だった。
誰も裏口を開けてくれなかったので、しびれを切らして表玄関から入って来たのだった。
社の大声につられたのか、ワヤの真剣な訴えが さらに熱を帯び、
雄叫びとなって夜の闇に こだました。
「ウオオオーー」
「うわああああーー」
もはや この密談も、部屋を揺るがす二つの雄たけびで、どちらが何を叫んでいるのか、当事者も判らなくなってきていた。
こうして、近所迷惑な夜が更けていったのだった。

781 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/26(月) 09:07:41 ID:BoA+eb8P
元ネタわからんから目がすべるすべる。
黙れ!もないし。

782 :780:2005/09/26(月) 10:45:31 ID:A4h/eCMy
>元ネタわからん
すまんのう。これからヒカルの碁になっていくきに。ゆるしとおせー。

783 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/26(月) 12:37:59 ID:BoA+eb8P
たしかに元々はヒカルの碁ですよね。
少しだけ驚きました。
頑張ってくださいね。

784 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/26(月) 16:42:24 ID:wTWkNcBV
野獣の巣キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!
ワヤクチン
美容と健康にいいといいつつ、社がかなり犬(ワヤ)化してきてるが

>781、>783
ヒント つ【このスレ、前スレ】

785 :名無しかわいいよ名無し:2005/09/26(月) 21:44:45 ID:RA50vhqs
このシュールさがたまらんwww
さらなる混沌を求む!!

786 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/01(土) 00:47:32 ID:NuWQNukc
ワヤ・ヨシタカ、主食はドラ焼

787 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/01(土) 01:36:12 ID:NoaUtpzs
職業 棋士

788 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/01(土) 02:59:26 ID:f5b4o6+N
弱点 モフモフされる

789 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/01(土) 19:09:31 ID:uqnMsOvg
ヘアスタイル ヤマアラシ

790 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/02(日) 01:28:53 ID:VaOJ53bi
属性 ヤムチャ、負け犬

791 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/02(日) 01:30:42 ID:6rbn49wX
棋力、岸本に余裕で勝てる。

792 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/02(日) 08:55:56 ID:RjUYiSSP
台詞 伊角さん!@北斗杯

793 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/02(日) 18:51:43 ID:6lXpIby0
ツイてる!

794 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/02(日) 19:53:41 ID:1ma+v/oV
二つの顔を持つ男。

795 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/03(月) 00:14:25 ID:1nt6ASqQ
学校の勉強が大キライ。

796 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/04(火) 20:53:23 ID:6XZY5PpY
♪歯〜ブラシー
 ハァ〜ブラシ〜

797 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/05(水) 14:04:00 ID:oBlcL+aR
♪ハーブラシー、オレは、ハ〜ブラぁシぃ〜

798 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/06(木) 18:47:35 ID:i5+j598D
ドクトルマンボウが歯医者に、ぶたの毛の歯ブラシを勧められた気がする……
が……
勘違いかもしれ……
な……

799 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/07(金) 12:59:06 ID:o1Tex2Q5
犬になれ!
オバQよりも強い犬になれ
犬だ
犬だっ
おまえは犬になるのだ!

800 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/08(土) 14:20:08 ID:rzNUoSFK

♪四角い碁盤のジャングルに
今日も嵐が吹き荒れる
ムカツク発言するやつに
正義のパンチをぶちかませ
行け 行け 和谷 (ワヤ!)
和谷義高
           ∧_∧
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)


801 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/08(土) 14:25:40 ID:rzNUoSFK
♪十九路のジャングルに
死を呼ぶワナが待っている
ツンツンヘアーをなびかせて
ヤツらのキバを折ってやれ
行け 行け 和谷 (ワヤ!)
和谷義高
           ∧_∧
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)


802 :おっと、間違えた:2005/10/08(土) 14:36:15 ID:rzNUoSFK
♪十九路のジャングルに
吼える野獣の無法者
ツンツンヘアーをなびかせて
ヤツらのキバを折ってやれ
行け 行け 和谷 (ワヤ!)
和谷義高


♪草も木もないジャングルに
ネット世界のワナが待つ
ルール無用の厨房に
「カッテニ キルナ」と言ってやれ
行け 行け 和谷 (ワヤ!)
和谷義高

           ∧_∧
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)

803 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/08(土) 14:39:49 ID:O6jHdOCd
最後のとこ、曲にどうあわせろって…_| ̄|○ノバンバンバン

804 :こんな感じで:2005/10/08(土) 15:48:27 ID:rzNUoSFK
ゆけ! ゆけ! ワぁヤー (ワァヤー)
           タイガー (タイガー)

わーやよしぃ たーかー
たぁいがああ マスクー

805 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/08(土) 16:26:17 ID:oqrOTPNd
オープニングのラストはスピンして走り出す緒方の車から和谷の顔のアップへ。

806 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/08(土) 22:52:11 ID:+ctVkHf6
下がっても意外に落ちない。移転は正解だったみたい。

807 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/09(日) 16:13:59 ID:5OePplKP
>804
(=゚ω゚)ノラジャ

808 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/11(火) 03:22:09 ID:Pj7T7kMS
和谷は髪型が(ry

809 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/12(水) 15:48:59 ID:bng1uTF2
なにさ

810 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/15(土) 00:27:49 ID:NdhKQ5U1
  ∧ ∧
  (   ,,) たぶん……
〜(___ノ


811 :野獣の巣:2005/10/17(月) 02:28:07 ID:KOkJRxqO
=========================================
とある個室にて
=========================================
自分の声しか聞こえない、そんな暗い部屋で社はもがいていた。
このとき社は何かを待っていた。
真っ暗だが、部屋がぐるぐると回りだしたのが分かる。
体は部屋にズブズブと深く沈んでいった。
そこに光が差し込んだ。
その光の向こうからは社の名前を呼ぶ声。
見ればメガネのキノコが犬にまたがり、社に近づいてきているではないか。
それを見た社は、キノコを充分に引きつけると、持っていた注射器でそのキノコの腕を深く突き刺した。
「ぎゃああ!」
キノコが叫ぶ。
「社っ、なにを……」
キノコの正体は越智だった。床に崩れ落ちる越智。

次に社は、犬に注射器を突き立てた。
そして犬の体液をゆっくりと吸い上げる。
その間、犬はパタパタとシッポを振っていた。
犬の体液を注射器に入れ終わると、社は「行くで」と一言だけ残し、部屋から出ていった。
そのあとをついていく犬。
残された越智は、指で床を激しく叩き続けるのだった。


社は日本棋院の前に立っていた。
獲物に飢えた社の手には劇薬入りの注射器が握られている。
「ほな乗り込むで……」
犬を引き連れ、正面出入り口から堂々と乗り込んだ社は、いきなり周りの人間を無差別に襲い始めた。
「きゃあ!」
「わあ!」


812 :野獣の巣:2005/10/17(月) 02:30:08 ID:KOkJRxqO

次々と棋院関係者に注射器を突き刺していく社。
注射液は、いくらでも犬から補充できた。
高揚感からか、いつのまにか社は、関西棋院応援歌を歌っていた。

「♪オーレーたちーは、関西棋院だ ビルも吹き飛ぶー 嵐の日でもー
オーレーたちの決意はかたいぞ 関西 関西 
オオ 関西のチカラだー…… アヒャヒャヒャヒャ……」

阿鼻叫喚の中、社の笑いがこだまする日本棋院。
迎え撃つ若手プロたちも、ことごとく社の凶針に倒されていった。

アキラやヒカルも例外ではなかった。
刺されたアキラは、顔をヒカルに向けたまま後ろ向きに走り出した。
「追ってこい」とヒカルに命令しつつ、後ろ向きのまま去っていく。
社は、アキラに「アンタ子供のときに鬼ごっこのルールを間違えて覚えたんちゃいますの?」と心の中でツッコミを入れた。

ヒカルはというと、刺された直後こそ社に物を投げつけたりなどの抵抗を見せていたが、
即効性の劇薬がまわると、やがてその身を社にあずけ、心の内を社に打ち明け始めた。
「なあ、社……もし……もし秀策が……いまの世に……(ここでハッとして社から離れる) な、なんでもねえ!」
そう言って走り去るヒカル。
社は、ヒカルの背中を見て、
「オマエ…… かわいい仕草でオレを誘ってるんか?」と、やはりツッコミを入れるのだった。


813 :野獣の巣:2005/10/17(月) 02:32:01 ID:KOkJRxqO
そのとき、社の背後から緒方の声。
「待て!」
緒方を見た犬が、敵意をむき出しにする。
「グルルル……」
そんな犬を制して、社は緒方に叫んだ。
「かかって来いやっ!」

緒方は余裕あるそぶりで、LARKに火をつけると、見下ろすようにして社に煙を吹きつけた。
「フッ、こんなことをしでかして、タダですむと……」
「むろんタダやない!釣りはいらんで!」
社は一気に緒方の脇腹に注射器を突きたてた。
「ぐわぁぁ!」
「殺ったでええ!(とったでええ)」
フラつきながら両腕で社を抱え込む緒方。構わず吼える社。
「そらぁ!ムリせんとオマエも吐き出せやっ!」
社を強く抱きしめたまま、緒方は目もうつろに歌い出すのだった。

「♪人妻 若妻 団地妻 金があるのが鬼妻で 金がないのが、おさな妻……」

あわれラスプーチンの断末魔だった。
もう社を止められる者はいなかった。むなしい勝利に社がつぶやく。
「悪く思うなや……」

そうして社は夢から覚めた。


ホテルのベッドで、社は大きな安堵のため息を漏らす。
いままで日本棋院で暴れた夢を見ていたのだった。
あたりを見回す。
悪夢を見たせいか、全身にジットリと汗をかいていた。


814 :野獣の巣:2005/10/17(月) 02:38:13 ID:KOkJRxqO
シャワーを浴びたい、そう思った社は浴衣を脱ぎ捨て、ユニットバスまで歩いていく。
が、すぐにその速力が上がった。ユニットバスに駆け込んだ社は便器にかじりついた。
「オエエエーー……」
気分が悪かった。吐き気はするのに吐けない。頭痛はひどい。
虚脱感の中で社はつぶやいた。
「もうワヤ血清……やめる……」
それは正解だった。同じ動物からの血清は二度使うことは許されない。
ショックを起こすからだ。アナフィラキシーショックといった。

=========================================
伊角宅にて
=========================================
近所迷惑な夜から二日、伊角の家の前に越智の姿があった。
ワヤ棋戦の打ち合わせをするためだった。おっつけ社も来るはずだった。
この日、電話では普通に現地集合にしたのだが、この期におよんで越智は、伊角の家に入りにくいものを感じていた。
越智は一昨日の夜のことをよく覚えていなかったのだ。

伊角を説得していたことは、途中までは覚えていた。
自分でも何か偉そうなことも言った気がするが、まあご愛嬌といったところだろうと思った。
しかしワヤと社が争ったあたりからは、かなり記憶があいまいになっていた。

あの夜は、まるで揮発性の強いアルコールでも吸い込んだように気が遠くなったのだった。
そのあと、かなり調子こいた行動も、とってしまったような気もしていた。
悶々としているうちに、社がやって来た。社は、すっかり毒気が抜けて穏やかになっていた。
「やあ……」
気まずい顔で挨拶する二人。社もまた、記憶が定かでなかった。
社は、今朝見た夢が夢だけに、あの夜、自分が何をやらかしたのかが、どうにも不安でならなかった。
あの夜、越智が「この部屋、たぶん……ガスが充満している……」と言い残して倒れたところまでは覚えていた。
しかし、そのガスがワヤ血清の副作用とワヤ自身から発せられたガスだとは、社には思いもよらないことだった。

そして今は、社にとっての一番の問題は、これからワヤに会うということだった。
頭がガンガンと悲鳴をあげているというのに、あのハイテンションなワヤの相手をすることは、考えるだけで社の気は重くなるのだった。
「(今…… アイツの相手をするのはキッツイで……)」
社は気がくじけそうになっていた。

ところが家に入った二人が見たものは、しおらしく伊角に土下座をして謝っているワヤの姿だった。
ワヤは、プロ棋士たちを伊角の家まで案内してしまったことを悔いていた。


815 :野獣の巣:2005/10/17(月) 02:42:36 ID:KOkJRxqO
「ゴメンよ伊角さん!オレ、伊角さんとの約束を守れなかった!」
そんなワヤに疲れた顔で話す伊角。
「いや……もう気にしないでくれ、ワヤ」
いぶかしげに社が言う。
「アイツも酔いがさめたんか……やっぱ今朝か? しかし それにしても……」
目を凝らして、その様子を見ていた越智。
「もしかしてワヤ…… しぼんだ?」

今、ワヤは座布団のようにぺちゃんこになって、伊角に謝っている。
そして目だけを越智たちの方へ向け、バツが悪そうに困った顔をしたあとは、再び伊角に謝りはじめた。
「お願いだ、勘弁してくれ!」
「わかったよ、ワヤ…… もう謝るのはやめよう…… な?」
「ダメだ!許してくれ、伊角さん! この通りだ!」
頭を下げ続けるワヤ。
「もういいって、ワヤ」
「いやだ!伊角さんが許してくれるまで、オレはちゃんと謝る!」
「だから、もうわかったから……」
「違う!本当に許してくれなきゃ、オレはダメになってしまうんだっ!」

入ってきた越智が伊角に訊いた。
「伊角さん、もしかして、朝からこの調子なの?」
伊角が答える。
「越智…… いや、朝からじゃ……」
「それって……まさか……夕べから徹夜で謝っている、とか?」
「いや……夕べからでもないんだ……」
「えっ!? ふ、二日間!?」
驚愕する二人。
しかし憔悴しきった伊角の顔は、それを真実だと物語っていた。
この数十時間、伊角にとって つらい責め苦のループが続いていたのだった。

越智がワヤをいさめる。
「ワヤ、いい加減にやめなよ。 このままじゃ伊角さん、壊れちゃうよ……」
「いやだ!許してくれるまで、頭を下げるんだ!オレ、オレ伊角さんに嫌われたら……もうオレ……」
伊角がかすれた声で言う。
「わかったよ、ワヤ。嫌いになんて、ならないから……」
しかし、ワヤの懺悔はとまらなかった。

816 :野獣の巣:2005/10/17(月) 02:45:33 ID:KOkJRxqO
これではいけないと、社と越智は、伊角を外に連れ出すことに決めた。
社は、ふらつく伊角に肩を貸しながら、ワヤに言った。
「オマエは、しばらく留守番しとき」
その言葉に不安をかきたてられたワヤが叫ぶ。
「……まさか、オレをここに捨ててく気かっ!?」
その不安を打ち消そうと越智が返す。
「いや、住んでる家に捨てるなんてこと、ありえないから……」
「必ず戻ってくるんだよな!? 絶対だよな!待ってるからな!」
と言いつつ、三人の後についてこようとするワヤ。
三人が玄関を出たところで、そのワヤが突然叫んだ。
「あぶなーい!」

ドン!

ワヤに体当たりされ、地面に転がる伊角。
ワヤは、突き飛ばした伊角をかばうようなポジションを素早くとり、越智と社のいる方向に向かって唸りだした。
驚く越智と社。
「どーしたんや!?」
ワヤは警戒心を解かずに言った。
「いまサソリが! ……サソリが伊角さんを狙っていた!」
越智が素っ頓狂な声を出す。
「サソリぃ?」
社は後ろを見回した。
「サソリってアレのことか……」
社が振り返った先、4〜5メートルのところに、黒いハサミムシがちょろっと顔を出していた。
社ほどには目は良くない越智が訊いた。
「え?どこ?」

社はワヤの行動に、あっけにとられる。
「……(これは重症や。このままでは勝負にならへん! ……どうする?)」


817 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/17(月) 13:50:56 ID:Rl5EkAgz
ヒント【保健所につれてく】

818 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/17(月) 16:58:17 ID:gJC9Nvg4
ヒント【代役をたてる】

819 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/17(月) 19:29:43 ID:Y41fECAs
ヒント【蝶のように舞い蜂のように(ry】

820 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/18(火) 21:05:51 ID:9D6yoHe3
ヒント【レセプション会場で相手チームに一服盛る】

821 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/19(水) 13:40:10 ID:drCmCqRJ
もしかして対局しないまま話が終了する。

822 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/19(水) 19:06:25 ID:tsHG5fmC
本当の対局はこれからだ!!

823 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/21(金) 12:11:16 ID:83MU0sF1
ワヤと伊角の新たな旅立ちに御期待下さい!

824 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/22(土) 12:55:26 ID:+yiXCucw
                          ____
                     , - '"´ -‐ー──-- 、` ‐ 、
                   , -'´r ┐           `‐、 \
                 / r┘ └┐           ヽ \ 
                /  └┐┌┘             ヽ ',
               //     └┘ ____         ', i
                i ,'    , -'"´       ``‐ 、      /ノ
               l l  , -'´    ヽ  \   ヽ  `‐、  //l
               ', ',/      l ヽ\ \   \ ヽ\ノ  ト、
               /    i .l l l', iヽ ',`‐、\`‐、 ヽ ', _ l::「\
 \           /,イ l     l l l l ', ', \  `‐, -‐ー-ァヽ/イ', レ  `‐、
   く`へ       -‐'´ l l   l l ト,l ', ',  ` べ::::しイ ', ', lノヽ、   ` ‐、
   く  \           l l   l l l ',ー、ヽ、   ヽ::::::-l/ ', ',ノ   \     ` ‐ 、
    \  \        l l   l l lヘしヘ   ,-'´ 丶::/  ', ',     `‐、      ` ‐ 、
      \  \/     '、 ',   ', ', l',ヽ::',-、-ヽ、_ ノ  /ヽ ',     ___` ‐ 、._     ` ‐ 、
       \/ \ヽ-、    ヽ\  ヽ ', r'´ -' ノ、       /   l .lヽ'"´   ,'  ̄`‐、 `` ‐- 、.__  `‐、
       / \/ ( ヽ、     `‐、 ヽ', ̄ヽ、  -‐'´ ノ  / l .l     lー--  `` ‐- 、._   ̄`` 、ヽ
         「 、  ヽ  ヽ      ,'`` ‐ lノ  ̄ ̄ ̄,-l-‐'´ヽ l l -┐ 、 lヽ          l     \ \
         くヽ丶    〈     /   ', ',  ,、-''´  ヽ-‐ー'´ リ Ol  ヽ l \         l      \  \
          `-ヽ、    ヽ   /     ', ',/', l             l   丶          l        \ ヽ
              ヽ   \ /    / ', ', ヽ.l           l    l         ノ          ヽ ',
               \   \   /,-‐'´ ヽ ',   l         O l    lヽ     ,、-'´ 〉          ', i
                \    \'´/     \  l           l  丶、l `‐--‐<  O/ \           l l
                 \    \l         ',           l   ヽ〉     ヽ' ´   l         l .l
                 / \     l  l       i.,         O l  二l      /    /         リ
                / /\   〈ヽ l /     l '.,          ', / ヽ、    /    /         ノ
               / /   \   ヽ \/     ノ  ヽ         Oヽ   プ` ‐ 、   /
              //     ヽ    \入__, -'´    \         \ ノ l   ` ‐、
              /        ` ‐ー'´            \        O\  l     \
             /                         \         \ l      ヽ
             ,'                           ヾ/         ヽ       `、
「負け犬病の患者さん? 動いちゃダメだから。 ♪いくよぉ〜」

825 :野獣の巣:2005/10/23(日) 19:33:34 ID:lJFpAhUo
「まあまあ、とりあえず待っとき!」
「なんでだよ!?」
「だってボクたち、いきなり車道に突き飛ばされたくないし……」
この越智の言葉が決定打になった。
ワヤは首をすくめて言った。
「離れて歩くならイイだろ?」
越智が少しキツイ目で言った。
「ワヤ……碁にもジッと我慢しなきゃいけないときがあるよ」

だが、たとえ家にいても、ワヤが火を出して伊角が焼け出されるおそれがあった。
すでにワヤは、家の中でも危ないことをしていたのだ。
ワヤは、伊角のご機嫌をとるためと自身の名誉挽回のために、昨晩は台所で張り切ったのだが、
ささいな物音にも、いちいち大げさに驚いてしまうため、失火の危険が度々あった。
それで伊角は眠ることも出来ず、ワヤから目が離せなくなったのだった。

ワヤにしてみれば、得意分野でのご機嫌取りをさせてもらえなかったので、ますます凹んだ。
そして皆がいなくなると、残されたワヤは不安になり、たまらずに、ひとつの結論を出す。
「みんな本当は、オレが追ってくるのを、家の前で待ってるんじゃないのか? ならば、追いかけるのが正解!」
そして外に飛び出たワヤ。しかし、
「いない…… なんだよ、本当にみんな行っちゃったのかよ……」

孤独感で情緒が不安定になってきたワヤ。
「いいさ、オレにだって帰巣本能くらいあるんだ。適当に歩き回ってりゃ追いつくはずだ!」
現代の科学でも、犬のフレキシブルな帰巣本能については謎の部分がある。
その未知の可能性を持ち出して自分自身を慰めると、ワヤは一路、伊角たちを目指したのだった。


826 :野獣の巣:2005/10/23(日) 19:35:15 ID:lJFpAhUo

ワヤが棋院近くまで来たときだった。
ロングヘアでパンツルックの女の子に呼び止められた。
「ワヤ!」
「あ、なんだ奈瀬か……」
ワヤにとって奈瀬は弱い打ち手だった。
だが、負けても誰にも媚びないところに、まぶしいものを感じさせるところがあった。
奈瀬が会心の碁を打って満足している姿には、「いつかはオレも」、と
ワヤをして考えさせたほどだった。

「ね、聞いたよ。棋戦のこと」
「棋戦のこと……」
「すごいね、ワヤ。 なにしろワヤのための棋戦なんだものね」
「……まあ、それほどでもないけどさ」
「私も出たいなー」
しゃがんでワヤの頭を撫でる奈瀬。ワヤは自然に耳を寝かせる。
「やっぱ、この耳かなぁ? ワヤみたいな耳があれば、みんなも私に注目してくれるのかな」
「おいおい、棋士と耳は関係ないだろー」
クールを装うとしたが、奈瀬に撫でられ、誉められてるうちに少しずつパタパタとシッポが動き始めた。
そのシッポの付け根を、奈瀬にいじわるっぽく掴まれて固定されると、ワヤの腰は、わずかに横にシェイクしだす。
「それとも、秘けつはシッポだったりして」
「シッポも関係ないぜ」
「それじゃあ、この首輪かなー?」
首輪という単語に、ギクッとして黙り込んだワヤ。
伊角が今度の棋戦で選手として出るならば、首輪を通してのワヤへの助言は不可能だった。


827 :野獣の巣:2005/10/23(日) 19:36:53 ID:lJFpAhUo
奈瀬はワヤの頭を大きく撫でながら言ってみた。
「ね、どうかなワヤ。私を選んでくれない?」
「選ぶって?」
「選手に。 アンタが選手を決められるって話になってるよ」
「オレが?」
ふいにワヤは思いついた。
「(奈瀬にオレの代わりをさせたらどうだろう…… オレは調子を落としているわけだし……)」

奈瀬に頭を撫でられて、まどろみながら考えるワヤ。
思えばワヤは、ここのところ誰にも頭を撫でられていなかった。
最後にワヤの頭を撫でたのは桑原だった。
やがて桑原の渇いた手の感触を思い出してきたワヤ。
その途端、騙されたうえにシッポまで振った悔しさが甦ってくる。
それがワヤの胸をカッと熱くさせた。ワヤの全身に力がみなぎってくる。
ワヤは、奈瀬を真剣な目で見つめると言った。
「悪いけど、もう選手は決まってるんだ!」
「 そうなんだ……」
奈瀬は力無く答えた。
ワヤの答えも、半ば予想していたかのようだった。
「だけど、ぜひ応援に来てくれよ。オレ、がんばるからさ!」
「うん、行くよ。がんばって」
ワヤはダッシュで、その場を走り去った。

猛スピードの風の中で、ワヤは笑っていた。
「やっと目が覚めたぜ。 ……オレが戦うんだ!」


828 :野獣の巣:2005/10/23(日) 19:37:56 ID:lJFpAhUo
=========================================
怪人X(エックス)
=========================================
ワヤは越智の家に飛び込んだ。
越智の部屋に通されたワヤが見たものは、作戦会議中の越智、社、ヒカルの3人だった。
「オーッス!来たぜっ!」
たくましくなって現れたワヤの姿に、社と越智は驚いた。
今朝のワヤと、まるで見違えたのだった。

ワヤは、越智の部屋に伊角がいないことに気づいた。
「(ふむむ、 伊角さんがいない? くんくん。ニオイはすれども姿は見えず。ということは、
ついさっきまでココに居たか、もしくは……」
きっとヒカルから身を隠すようにしているのだろう、とあたりをつけた。
ワヤは、伊角にも聞こえるかも?と、少し大声でヒカルに話した。
「おい進藤!最初に言っておく。いいか?オレは秘密を守れないヤツはキライなんだ……」
それを聞いたヒカルは、ワヤのセリフは何だか芝居がかってるな、と感じた。
「なんだ、やぶからぼうに…… もしかして登場シーンのセリフの練習か?」
今度はワヤが、ヒカルの言葉に首をかしげる。
「なんだよ、登場シーンって?」

越智がワヤに説明した。
「今度の棋戦だけど、ワヤチームは全員、覆面を着用するんだよ」
「覆面を着用?」
「オレと越智の共同プロデュースや。『日本棋院 対 裏稼業のプロ棋士』。
当然、裏稼業のプロやから、顔を隠して登場するわけや……」
「裏稼業ォ!?」


829 :野獣の巣:2005/10/23(日) 19:39:53 ID:lJFpAhUo
「そうや。そして日本棋院に挑戦状をたたきつけたんは、
裏のプロ棋士の養成所、『野獣の巣』からの刺客たち。つまりは、謎のマスクマン軍団や!」
「謎のマスクマン軍団……」
「特に進藤は、どうやって碁の勉強をしてきたかわからんところがあるから、うってつけの役やで」
ヒカルが付け加えた。
「まー、はなっからオレは反乱側にされてたからなー……」
ヒカルは、グレイのような笑い顔の仮面をワヤに見せた。
「オレの変装用の仮面はこれだぜ」
ヒカルは、その仮面で顔を隠すと自分のセリフをワヤに聞かせた。
「フフフ、私は 怪人エックス!! フッフッフッフッフッ……」
「進藤……」ワヤは言葉を呑んだ。
「いいノリやで。進藤」
「いやー、一度変装して打ってみたかったんだよね、オレ」
突然ワヤは胸を張り、四肢を踏ん張ると、大声で3人に命令した。
「よし!オマエたち。今からオレの頭を撫でるんだ!」
「ハア?」
いぶかしがる3人だったが、ワヤの真剣な目に まず越智が撫でた。
「こう?」
ワヤの頭に手のひらをのせて小さく円を描く越智。
越智が終ると、ワヤはヒカルの方を向いた.
「次、進藤!」
ワヤは、『撫で具合』を、ノドや脊髄で、キくことが出来るのだった。
ヒカルは、ワヤの頭をポンポンと叩くように撫でた。ぶっきらぼうな撫で方だったが、その感触にワヤは満足した。
「(……うん、進藤。オマエやっぱり仲間だ) よし、次!」

今のワヤには、真剣勝負のような迫力があった。
その迫力に応えるかのように社は、両手でワヤの顔を挟むと、自分の額をワヤの額にこすりつけて撫でた。
荒っぽい撫で方だったが、社の漢がワヤに伝わった。
まるでゴッドファーザーから祝福を受けるコサ・ノストラの面々、そんな光景だった。
やがてワヤは、一同に号令を発した。
「さあ、野郎どもっ、覚悟はいいか!? 日本棋院のヤツらに目にもの見せてやろーぜ!」

830 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/24(月) 03:12:18 ID:1pcC7eKy
怪人Xネタわろす。原作にあったな

831 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/24(月) 18:59:07 ID:aoiVlanD
負け犬の頭を桑原がいつなでたのか気になってる件。

832 :455:2005/10/24(月) 20:15:41 ID:eUErAzd7
こんな感じで


……のぞきこむ桑原が、檻に閉じ込められたワヤに言う。
「フォッフォッ、どうしたのかの?」
「おじいちゃん、大変だ!オレ閉じ込められた! 助けてくれ」
「フォッフォッ、……ムリじゃな」
「そんな冗談いわないで助けてくれよ。
ホラ! 灰皿だよ!」
ワヤは灰皿を口にくわえると、首をかしげて檻の隙間から半分ほど出してみせた。
そして見てくれとばかりに、灰皿を鉄格子にガチガチとぶつける。
「おお、ご苦労さん……」
桑原は微笑みながらワヤの頭を撫で、その口から灰皿を受け取った。
そしてシッポを振りながら期待に満ちた目で見ているワヤに言うのだった。
「……ワシらはの、最初からオマエの体に用があったんじゃ」


833 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/24(月) 23:27:04 ID:8JIAxv2D
ちょwwwそこで切るなwwwwwww

834 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/25(火) 00:07:06 ID:/5yT2xdY
>>455
もう半年も前なんだよな。

835 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/25(火) 12:18:57 ID:WVavzVxH
次で対局かな。

836 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/25(火) 19:57:05 ID:s9PifvOx
ギクッ!会場入りは出来ると思う。

837 :あらしのよるに:2005/10/26(水) 08:35:01 ID:DG1NIAUq
講談社41誌連合大企画。特別試写会に9800人ご招待!
「友情を、食べられますか?」


負け狼が出るっぽい。定かではない。

838 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/27(木) 02:04:16 ID:YlhtgWf0
ttp://www.dokusyo.or.jp/jigyo/dokusyo/top.htm

839 :名無しかわいいよ名無し:2005/10/31(月) 21:03:11 ID:GPgbXinx
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / わや国において、
  ゞ|     、,!     |ソ  <  負け犬スレというものは…
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /      \ やはり自虐的なんじゃないだろうか
    ,.|\、    ' /|、       \________
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
    \ ~\,,/~  /
     \/▽\/



840 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/05(土) 11:18:45 ID:ZOlU1pl5
サンデーGX11月号のメルカノ。に出てきたカツアゲされて歩道橋から墜落する男の子がかなり和谷だった。

841 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/05(土) 13:33:11 ID:eSJtRiuF


ミツカラナイノ…
     タスケテ…。

今日、貴方の夢の中にある女の子が出てきます。
その女の子は、母親に殺された女の子…。出てきた死体は、バラバラ死体。
女の子の死体の中で、足だけが見つかりませんでした
夢の中で女の子は、貴方の足をもいで持っていってしまいます。ええ、きっと。

アリガトウ…。

でも、このレスを二箇所に貼り付ければ貴方は助かります。これを回さず足を持ってかれ、死んでしまった人もいます。
それに、女の子はいいコですから回してくれたら1つだけ願いを叶えてくれることでしょう。

ミツカラナイノ…。



842 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/05(土) 19:28:14 ID:WCAgOvKc
てんやワんヤ

843 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/06(日) 11:29:01 ID:haK/YxWE
ワヤスチックがとまらない

844 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/06(日) 14:48:28 ID:4lFSDelb
ワヤんバカーんウフーン

845 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/06(日) 18:26:45 ID:/vPOghhp
まーかーワんヤーはらみたーしんぎょー

846 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/08(火) 18:43:20 ID:Q+aPJ2o2
この胸のわやめきを

847 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/10(木) 21:25:15 ID:umstOtyA
♪あったまツンツンツーンツン
さえてピッカピーカ
それがどうした オレ、プロ棋士さ
未来の碁界のスターが、弟分
どーんなもんだい オレ和谷様だい

新進気鋭 付和雷同
針小棒大 取捨選択
高速回線 3ヶ月無料

和谷様だい 和谷様だい
ワンやかワンワン ワンやかワンワン
和谷様だい


848 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/10(木) 22:04:59 ID:9EXEvT9s
>847 未来の碁界のスターが、弟分

その負け犬っぷりに泣き笑い・゚・(ノ∀`)・゚・

849 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/13(日) 21:47:23 ID:JiaswBUh
あワヤその時!

850 :野獣の巣:2005/11/14(月) 02:33:38 ID:AHdq+TCM
=========================================
南斗杯会場
=========================================

棋戦当日、後楽園ホールには、いつもならリングがある中央に、特設試合場が作られていた。

司会「囲碁ファンの皆様、こんばんは。
さー、やってまいりました後楽園ホール。
きょうは『日本棋院』対『野獣の巣』決戦であります。
昼間の遊園地の喧騒とは一味違う、大人の怒号とびかう格闘技の殿堂、ここ後楽園ホールからの実況です。
解説には、関西棋院の社プロにお越しいただきました」

社「ども、社です」

「いやあ、社さん、そもそも『野獣の巣』というのは、どんな団体なんですか?」
「まあ、棋士の養成所なんですが、所属している棋士たちは、たとえ実力があっても、公の大会に出ることが出来ません。
アマと見なされてしまいます。言ってみれば、裏のプロ棋士たちです。
で、その実力を日本棋院に見せつけてやる、というのが、今回の彼らの言い分です」
「ほーう、強気ですねー」
「まあ今回、南斗ゼネラルフーズさんという強力なスポンサーがついたおかげで、対局が実現したわけです」
「なるほど、ところで社さん、今夜は、なぜ後楽園ホールで?」
「ええ、ご存知のかたもいてらっしゃるかもしれませんが、当初は日比谷の野音を予定してました。
野獣チームは、危険な無法者揃いですんで、夜の林の中から登場というのを狙っていたんですが、
火を使う許可がおりなかったらしく……」
「……火を使う許可がおりなくて? そうでしたか。
しかし、恐ろしいチームだと前評判の野獣チームにも、意外に律儀な一面があるというエピソードですね」
「まあ、それでも日頃から下克上をたくらんでいる恐ろしい人たちです」

「その野獣チームですが…… 挑戦者であるのに、まだ現れてませんね?」
「野獣チームが、相手チームを襲撃しないようにとの配慮です。
衆人の注目する場には、先に日本棋院のチームから入っていただくという段取りです」
「おお(w、 やっぱりアブナイ人たちですね! 大丈夫ですか? この席、近づきすぎてませんか?」
「大丈夫です。ここは格闘技の殿堂、後楽園ホールっすから、こういうときのスタッフは充実しています」


851 :野獣の巣:2005/11/14(月) 02:37:56 ID:AHdq+TCM
「おーーと、そろそろです」
(♪パーパーーパパパッパーーー ジャーンジャジャーン、チャチャッ ジャンジャンチャカチャカ ジャンジャンチャカチャカ)
「さあ、入場テーマ曲(朝まで生テレビ)に合わせて、まず棋院チームの入場です。
「まずは、この人ぉ。 『楽はさせんぞ小僧ども。まだまだ若造たちに天下は明け渡さん』を金科玉条に、泣かした新人は数知れず。
囲碁界の権威にして重鎮、老いてますます お盛んな、くーわーばらあああーー!
(パチパチと拍手)
どうなんでしょう、社さん、ウワサでは今回の棋戦が因縁絡みになったのは、桑原先生が大きく関与してらっしゃるとか?」
「ええ、そらもう、バッチリ因縁ありまくりです」
「そうですか、東スポは正しかったんですね。そして、皆様 お待たせいたしました。塔矢アキラ選手の入場です」
(♪パーパーーパパパッパーーー)
「塔矢くん、颯爽としてますね」
「……社さん、噂によると塔矢選手は、『野獣の巣』の怪人Xとは、旧知の仲だとか?」
「はい」
「そして、この怪人X、たいへんな実力者です。先日は、門脇プロをも撃破してしまいました」
「見事でした」
「あの日に、塔矢プロは参加を決めたという、いわく付きです」
「その怪人Xですが、顔を隠していますが、その打ち筋から塔矢くんに正体を見抜かれてしまいました。
旧知の仲でありながら、棋院に対して反旗を翻している、そのことが……」
「なるほど! 自分の手で決着をつけたいと、立ち上がったわけですね!いったい、その正体は誰か?前髪金髪の悪魔、怪人X!
……そして塔矢選手は死闘を前に、まるで迷いのない、涼やかな目での入場であります。
しかし、その胸には当然、友への闘志が燃えさかっていることでしょう。
『いつしか袂を分かつのも人生にはつきもの。しかし友よ、キミの骨はボクが拾う!』  とーーうやーー アキラーー、(ワー パチパチパチ)
ここに参上…… あーっ!?しかし、なんと塔矢選手は、三将の席につきましたー!
驚きました。驚きついでに、会場の皆様には、ここで残念なお知らせです。
参加する、との情報は流れた緒方十段ですが、直前でキャンセルになっております」
「嫌われたもんですね、桑原先生」
「いえ、一応、都合がつかなくなった、とのコメントをいただいております」
(♪パーパーーパパパッパーーー)
「続きまして棋院チーム、『緒方プロの穴を埋めるのには、ちょっと荷が重いかもしれませんが、
その分、衣装を合わせて来ました』という本人のコメントは、同じ白スーツのォ、まーーしばーー。
(パチパチ)
つまり真柴選手が副将を務めるわけですね。おや…… 真柴選手、早速、桑原大将のご機嫌を伺っています。
しかし桑原大将は、つれないそぶり。これは、どうしたことだ?棋院チーム内に亀裂でしょうか?」
「うーん、真柴選手は、白スーツを着てくるべきではありませんでしたね」

852 :野獣の巣:2005/11/14(月) 02:40:12 ID:AHdq+TCM
ここで曲が終わり、風の音に変わった。
「お?野獣チームの入場テーマは、ピンクフロイドの『吹けよ風呼べよ嵐』……いや、違いますね……」
(♪じゃかじゃんじゃん、じゃか、 じゃかじゃんじゃん……)
会場の大型モニターには、野獣チームの足元のアップが映し出された。
(……♪じゃかじゃんじゃん、 パーパーパッア!!)
「……野獣チームの入場テーマ曲は、あの『新・仁義なき戦い』です!」
「キル・ビルで一挙にワールドワイドな曲になった曲ですね」
「先頭は果たして?話題の囲碁犬ワヤか? それともウワサの怪人Xか?
(♪パーー パパパーパーッ……)
「おお、来ました。怪人X! やはり大将です…… おや?違います!なんと怪人Xは、三将の席につきましたあ!」
「どうやら塔矢くん、見抜いてましたね」

「……そして、ここでワヤ犬登場ォ! やっ!?ワヤ犬ですが、縛られています!縛られています!
鎖に縛られていますっ。クチカセをつけられ、皮ベルトと鎖のボンテージ姿での登場であります」
「ワヤ選手、先日は私の隣でも縛られてました」
「そしてワヤ選手、怪人Xの席まで行き、今まさに怪人Xの手によって、鎖が外されていき……」
「今や!」
「ウオオオオオオオーーー!!」
「あー、吼えましたァ―――! ワヤ選手、今、ものすごーい雄叫びをあげましたー。
まるで『オレはいま解き放たれた。もうオレを縛るものは何もない』と言っているようであります!
そして、ワヤ選手は真柴選手の前に陣取りました。ということは…… ワヤ選手は副将での参戦であります。
すると社さん、大将は野獣ということになりますが……野獣チームは、大将戦を捨てる作戦に出たわけですね?」
「それは早計です」
「え?そうですか?なんと、意外に野獣チームも駒が揃っているようです!」
野獣の登場を心待ちにする観衆。
(♪パー パーー パッ!……)
野獣が花道に現れるのを、まだかまだかと期待していたそのやさき、突然 演奏は止まり、会場の照明が全て落ちた。
「……アアーーッ! いま会場の照明が全て落ちました!!これはー!?
誘導灯まで消えてしまってます。真っ暗です!ほとんど何も見えません! ……ご来場の皆様は、席をお立ちにならないよう、お願い申し上げます!」



853 :野獣の巣:2005/11/14(月) 02:41:50 ID:AHdq+TCM
暗闇の中、会場のスピーカーが、大型肉食獣の うなり声を大音量で流し始めた。
「ウグァアーアアー、ウガアーアアー……」
「これは!? この世のものとも思えないうめき声が……いま会場中を包んでいます!」
「……グァアーアアー、ウガアーアアー……」
「なんとも、なんとも不気味な声であります!」
「ついに来たんです……彼が……」

「ですが…… 真っ暗で、まだ何も見えません。
野獣の咆哮は聞こえますが、もしやこれほど真っ暗闇なのは、消防法違反ではないでしょうか?
……会場の皆様は、くれぐれも席をお立ちになりませんように!」

ざわめく会場……

ついにマスクをかぶった伊角の姿が、花道の奥に照らし出される。

「き、来ましたあああああ」
「ひいいい!」
会場のあちこちで悲鳴が上がった。

ピンスポに浮かび上がった野獣の姿に、騒然となる観衆。
それは仮面というには、あまりにも巨大で禍々しく、上半身をも すっぽりと覆う真っ黒なガスマスク。
セミのような面妖な顔には、掃除機のホースのような蛇腹の管が何本も巻きついていた。
目の部分は大きかったが、マジックミラーになっており、マスクの中は見えない。
会場のスピーカーが流していた不気味な叫び声も、いつしか人語混じりのものになっていた。
「ウガアアアァァーー UGaooh……血みどろー…血みどろー WuGuaaa……」

「社さん!?あれが、あれが野獣ですね!」
「はい!恐ろしくも哀しいさだめを持つ野獣です」

854 :野獣の巣:2005/11/14(月) 02:43:21 ID:AHdq+TCM
野獣マスクのパイプからは、機関車のようにスチームを勢いよく吹き上げていた。
が、やがて火薬の点火へと変わっていった。

ボンッ! シュゴーーッ

「あっ! ……あれは発煙筒でしょうか? 今、野獣の頭に火柱が立ちました!」

ボンッボン!

「うわわ、なんと、なんとぉ!? 野獣の両肩からも、火を吹き出しました!
すごい!巨大な火柱です。 私はこういう日本の祭りを見たことがあります!」
「彼は怒ってるんです!」
「ハア?何ですか、社さん!?」
「あれは野性の怒りです。我々人類の傲慢さに警鐘を鳴らしているんです!」
「なんとー、この火柱は大自然の怒りー。 さながらヴェスビオス火山のような猛烈な噴火であります」

越智からの遠隔操作で、演出可能になっていたマスクには、通信機器まで組み込まれていた。
たまらず伊角が越智を呼び出す。
「越智、越智。どうなってるんだ?火薬を使うなんて聞いてないぞ」
「大丈夫、伊角さん。中古だけど耐火服を改造したものだし、
火も良い角度で吹いてるから、きちんと火薬が燃え尽きるまでゆっくり歩いてくれれば安全だよ。
あ、上を向いちゃダメだよ。角度が変わっちゃうから……」

とりあえず伊角は首の角度を変えないように、ゆっくりと周りを見回し、安全を確認する。
「あっ!野獣が!いま野獣が周囲を威嚇しています。そして、また歩き始め……こっちを見ました!
確かに恐ろしい、恐ろしい地獄絵図です、社さん!」
「はい、まさしく地獄からの使者なんです。(よっしゃ、ツカミはOKや!)」



855 :野獣の巣:2005/11/14(月) 02:47:03 ID:AHdq+TCM
社のプロデュースで、会場の熱気はヒートアップしていた。
しかし野獣の火柱が小さくなってくると、ある種のファンは明らかに落胆していた。
その微妙な空気の変化に、社は焦ってくるのだった。
一方で、火が消えたことで伊角は、ようやく席につくことが出来た。
「……今、野獣の怒りも おさまったようですね。席につきました。 しかし、それにしても野獣選手、ここまでやるとは!
かつて、ここまで囲碁を冒涜した棋士が、いたでありましょうか?
やや!? ……そしてご覧下さいっ、
いま、野獣選手の肩が震えてきております!まだ、まだ怒りたりないのか!?
まだ火を吹くのか?野獣! しかし席についた今、よもや火はありえません!」
「はい、ですが危険です!危険な状態です!」
「え、何ですか、社さん!?」
「野獣には毒霧攻撃もあるんです!」
「本当ですか、社さん!? この棋戦、どうやら前代未聞の様相を呈してきました」

社にとっては、マスクに毒霧噴霧器が付いていようと、いまいと、どうでも良かったが、
伊角には、「もし本当に毒霧を吹いたら」という心理的打撃を与えることとなった。

「おーと、真柴選手、毒霧攻撃と聞いて、野獣選手をにらみ始めました。
『スーツを汚したらただじゃ済まさねえ』という目つきであります」

伊角はあわてて野獣マスクを外し始める。
もともと万が一、マスクが外れたときに備えて、伊角の顔には歌舞伎の隈取りのようなメイクを施してあり、
顔は判らないようにされているはずだった。

マスクを外し終わる前に、越智から伊角に最後の通信があった。
「あ、伊角さん、ついでだったから、ちょっと特殊なメイクにさせてもらったんだけど……」
獰猛な野獣のイメージを振りまいたあとだけに、伊角がマスクを取って顔を見せると、
その顔立ちに、会場には 少なからず衝撃が走ったのだった。


856 :野獣の巣:2005/11/14(月) 02:49:39 ID:AHdq+TCM
「え、えーー?」
「あ、あいつ……… 韓国のコ・ヨンハじゃないか?」

「コ・ヨンハぁ〜!?」
観客の声にヒカルは驚き、伊角を見据えた。
「いや…… なんだ、別人じゃん!」

コ・ヨンハと云われたことにも、ヒカルに素顔がバレなかったことにも驚いた伊角は、
脱いだ野獣マスクのマジックミラー部に、自分の顔を映してみた。

すると、そこには見たこともない人物が映っていたのだった。
伊角は驚き、しばし呆然と息を呑んだ。

「だれだ…… こいつ……」


=========================================
 こ     /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   だ
 い      /:::!::〈::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',  れ 
 つ.     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ 
 :   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l   :
 :   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  :
    !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   :
    j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !  
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   
     !ハト:{:!:i:トN{ (:;;)ゝ、i >、{ イ (:;;) 》\::l::!:ト!!:l::l!ノ   
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

=========================================


857 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/14(月) 10:58:45 ID:lRMDTOq6
我々人類の傲慢さに警鐘を鳴らす負け犬チームワロタ

858 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/15(火) 00:26:08 ID:LF92Meb5
ライト伊角さんキターーーーーーーーーーーーーーー

859 :吠えさせてよ…夏:2005/11/15(火) 01:03:24 ID:yq7c1ahO
♪綺麗な毛並みだったんだね 知らなかったよ
となりにいつも いたなんて 信じられないのさ
こんなに素敵なモフモフが俺 待っててくれたのに
どんな散歩にも つれてって そう言ってくれたのに

時がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら
二人して生きることの 意味をあきらめずに
語り合うこと 努めることを 誓うつもりさ

「私には勝負だったの あなたには手抜きでも」
涙浮かべた君の瞳に
何も言えなくて 吠えたかった…

♪もう、やたら吠えないほうが いいと、しつけた日
やっと解った事があるんだ 気づくのが遅いけど
世界中の悩み ひとりで背負ってたあの頃
俺の背中に吠える君は 俺よりつらかったのさ

短い夏の終わりを告げる 波の音しか聞こえない
もうこれ以上 苦しめないよ
背中にそっと オレも吠えてみる
           ∧_∧
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)



860 :前スレの150です:2005/11/16(水) 12:50:56 ID:LyzHZ/a4
ものすごーーく、突然、かつ今更なのでが、修正しますね。


150 名前:ワヤスレッド[sage] 投稿日:04/03/27(土) 18:20 ID:???

対局は、和谷がいきなり名無しに食ってかかる展開になった。
和谷は熱くなりすぎていた。まるで、一刻も早く名無しを追い出したがってるようだった。


アキラ「1(スレ立て人) さん、名無しさんに対してムキになってる? どうも戦略がわからないな」

和谷と名無しが争ってるまに、アキラは悠々と地を広げていく。

和谷「誰なんだよ…もしかして和谷リーグの参加者なのか?」
和谷は名無しに訊いてみた。


NNN 名前 :1(スレ立て人) [sage] 投稿日 :yy/mm/dd xx:zz ID:5cRnpmpG
ヲチしてたんですか?
ちちがったかな?
だれかなんて、どーでもいいだ
ろうと、エヘヘ。
おっと、このスレはいつごろ?どれくらい
前から見てらしたんですか?


×→和谷「誰なんだよ…もしかして和谷リーグの参加者なのか?」

○→和谷「誰なんだよ……もしかして……」

そして、159〜161の修正レスは、無かったことにしてくださいね。
過去ログ持ってるかた、よろぴこ。

861 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/16(水) 15:13:48 ID:LEWmdxq5
承知した

862 :親父の小言:2005/11/16(水) 20:49:58 ID:yLFgKAuq
大の字を犬に変えただけ


犬飯は食うな。
犬酒は飲むな。

863 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/17(木) 23:45:13 ID:s1KG6HjD
食いたくねぇーw

864 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/18(金) 19:57:24 ID:Ex4eK+Gq
わんこそば

865 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/18(金) 20:56:50 ID:W0Jl2FPl
Hot-Dog

866 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/18(金) 21:31:25 ID:DeB8F6eI
照犬(テリーヌ)

867 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/18(金) 21:57:17 ID:W0Jl2FPl
BIG1ガム

868 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/18(金) 22:37:51 ID:9gKXqk9m
ワンダフルライフ(ライス)

869 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/18(金) 23:01:50 ID:W0Jl2FPl
チキンライス

870 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/19(土) 01:56:57 ID:ZFCTu2rW
ワンタンメン

871 :ワヤムチャvsらいす:2005/11/19(土) 13:18:12 ID:cSIwvyIR
…すいまセーン… ボク ウソついてまーした…
犬が作った料理とか…… 
ヘドが出るほど嫌いデース…

ボクの国ではみんな… 
人間が作ったハンバーガーとバーベキューしか食べませーん…

こんなモフモフした毛布いりませーん。
ボクの国では夜寝る時は… 裸にGパンって決まってマース…

このウサギ小屋みたいな建築も気が滅入りマース… 
碁の高みを目指す?  
クソくらえでーす…
ボクの国ではプロに勝ちたかったら、コンピューターにチェス覚えさせまーす。

あ! あとそこのベルトインのアナタ!!
あなた、ひとつだけ推理まちがってマース!!

ワヤ血清とか言ってましたね… 
そんな野蛮なトリップしまセーン。 
その代わり 
ボクの国では みんな…
枕元に白い粉と武器が無いと…
安眠できまセーン…

でも日本のコトワザでひとつだけ好きなのありマース…

「犬も歩けば棒にあたる」

あの女はもちろん
おまえらも…
ボクの前では、今から棒で打たれる負け犬でーす。


872 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/19(土) 18:49:17 ID:dfvGqQRp
ネウロかワロス

873 :野獣の巣:2005/11/23(水) 23:28:40 ID:cLCH1cU2
司会 兼、実況が叫ぶ。
「なんと!なんと野獣のマスクから出てきたのは、
いかにも『ふっ、女なんて簡単なもんだ』などと言っていそうなイケメン野郎ぉー。
はー、ふざけてます。
会場の期待を裏切りました。バカにしています。とんでもない詐欺です。
レフェリーも驚いてます。この私もムカついてまいりました。
このことが判定にどう影響するか?
おお、それでも桑原プロ、野獣に握手を求めます。大将同士でエールの交換です。美しい光景です」

「フォッフォッ、野獣くん。キミ、いい指をしとる。相当打っとるようじゃな。
まあ、棋院に勝とうとしとるチームの大将じゃ。ワシなどアッサリやられてしまうじゃろうがの」
「え?あ、いえ…」

「桑原プロ、野獣選手の右手をガッチリ握って、仏様のような笑みぃー。
そして左の手で野獣の右手の甲をさすっています。撫でています。撫でています。
そして自分のほうへ引っ張ります。
これは!?ちょっと引っ張りすぎぃ!
レフェリーもカウントを……いや、とりません!レフェリーはカウントをとりません。
レフェリー、ここは流したあ。
それをいいことに桑原プロ、まだ撫でています。どんどん撫でています。そして野獣の手に顔を近づけて……
どうなんでしょう、社さん?」
「あそこから手相を見てあげるのがデフォです」

「なるほど!不吉な占いでビビらせるわけですね!?
そしてその隣では真柴選手が面白くなさそうに野獣選手を見ています。
言うなれば『うまく取り入りやがって』という目で野獣を見ております。

更にまたその隣の塔矢選手は、まるで我関せずと涼しい顔です。
菩薩様のような笑みを浮かべながら怪人Xと対峙しております。
怪人Xのほうは、試合開始が待ち遠しいんでしょうか? 今、退屈そうに……」

「塔矢くんは怪人Xが三将を選ぶことを見抜いてましたしね。冷静です」

874 :野獣の巣:2005/11/23(水) 23:30:57 ID:cLCH1cU2
「塔矢プロと怪人Xは、じつは通い合っちゃってる、てやつですか? 
たしかに塔矢選手の笑みは、『ボクだけが怪人のことが分かる』とでも言ってるかのような余裕に見えます。
どうやら解説の社さんよりも事情に詳しそうですね?」

「いえ、塔矢くんはボクと違って怪人の不満は知りません」
「ほう!やはり社さんは、深くご存知なんですね」
「ええ、……じつはオレ、過去に怪人Xから打ち明けられてます!」
「……言うまでもなく碁に関してのことですよね」

「もちろんです。じつは怪人くんとは、ある人物の家で、一緒に合宿をしたことがありまして……
そのとき怪人くんと2人っきりの相部屋になったんですわ。
そしたら彼、寝床の中から、そっとオレに教えてくれましたね。
『社だけには秘密を教えるよ』って……」

ガタッ!

椅子から立ち上がったアキラがヒカルに詰め寄る。
「いまの話は本当なのか!」

「おお!エキサイトした塔矢選手が怪人Xに詰め寄っています!
それに対し怪人X、大きくボディランゲージでNO!NO!と応えております!」

仮面の下からヒカルが、くぐもった声でアキラに呼びかける。
「よせッ、早まるなッ、オチツケ!」

「社さん! 怪人の取り乱しようは、まるで空手チョップを嫌がる外人レスラーのようですね!」
「ええ、さすが塔矢くん、トッププロにふさわしいファイティングスピリットを見せてくれてます。
(さすがや、塔矢。ぶっつけ本番でも、きっちり盛り上げよる。みんな、がんばれ! オレに出来るのはここまでや)」

875 :野獣の巣:2005/11/23(水) 23:33:15 ID:cLCH1cU2
「さあ、ここで、蚊帳の外となっている真柴選手ですが……特に動きはありませんね……いぶし銀のつもりでしょうか?」

真柴は、面白くないという顔で 桑原と伊角を見ながら、熱心に碁盤の位置を直しているワヤに言うのだった。
「キミも大変だねえ。どう思う?」
「どうって?」
「キミのところの大将が、桑原先生にスリ寄ってるのを許すのかい?
きっと彼は、スポンサーがついてるからこそ、キミに すり寄ってきたんだなー」
「え!?」
「ほら今、桑原先生にも うまく取り入ろうとしてる……」
真柴はいかにも呆れているかのように頬杖をつきながら、自分の右側にいる伊角をあごで指して言った。
「……そのうち何かあれば、いつでもキミを捨てる、そういうヤツだよね。アイツは……」

真柴は、左耳に生暖かい風を感じた。
左の目の端には、猛獣が牙をむいているのが映った。
飛びかかる寸前のワヤの表情だった。
「テメェ!」
ワヤがテーブルを越えて真柴に飛びかかった。
「わわっ!」
真柴は椅子に座ったまま後ろに押し倒された。
碁笥がひっくり返り、伊角が叫ぶ。
「ワヤ!!」

喜ぶギャラリー。ここぞとばかり実況。
「ついに行ったあー! いやあ、いったい誰が、いつ行くんだろうと期待感でいっぱいでした!
ギャラリーも待ってましたとばかりに、やんやの大喝采。
ここで野獣チームはワヤ選手を止めに入ります!
おやっ!?
ワヤ選手、真柴選手から離れなーい! 
これはいけません! すでにカウントが取られ始めてるぅ!」

「……スリー、フォー、ファイブ……」

ヒカルがワヤの首輪を両手で掴み引っ張った。
「やめろってワヤ!ほらっ、カウントとられてるぞ!」
「とめないでくれ!武士の情け!」
「いいから離れろ!」

876 :野獣の巣:2005/11/23(水) 23:35:35 ID:cLCH1cU2
やがてカウントをとっていたレフェリーが、首をふりながら両腕を頭の上で交差させると、
野獣チームを指差し、宣した。

「野獣チーム、反則負け!!」

どよめく観衆。叫ぶ実況。
「嗚呼ー!! あ な、なんと野獣チーム、反則負けであります!
いてっ!皆さん、物を投げないでください」

ボーゼンとしたまま、ヒカルは、力の抜けたワヤを真柴から引き離した。
騒然となった観衆。
「ふざけんなー!」
「金返せー」
真柴が立ち上がって舌打ちする。
「ケッ!」

「真柴選手、スーツの襟を直しながら悪態をついておりますが……
しかし……これは、野獣チームには、かなりのペナルティが予想されます……
とくに大将の野獣には、違約金が課せられるでありましょう!
なんという幕切れ!
野獣チーム、試合開始のゴングも聞かずに、棋院チームの前に敗れさりましたあ!

……いやー社さん、驚きの結果でしたね。 それでは、みなさん、後楽園ホールから、さーよーうならー」



「ちょっと待ったああああ!」
ひらりと放送席の上に立った黒い影。
声の主は社だった。
社が判定に物言いをつけたのだった。

877 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/24(木) 01:01:28 ID:sMRvMtm4
キタ━━━━ヽ(∀゜ )人(゜∀゜)人(≧▽≦)( ̄口 ̄)(´・ω・`)_| ̄|○(・_・)━━━━!!!!

878 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/24(木) 14:51:33 ID:o0rrw8hS
結局死なないみたいだね。

879 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/24(木) 21:21:03 ID:inmqG9qR
近頃手抜きに見えるのは気のせいだろうか?

880 :GET WILD:2005/11/24(木) 23:34:01 ID:+/4JbZOf
♪碁石、碁盤切りつけながら
ひとりでも 打ち続ける
チープなスリルに身を任せても
「負け」に怯えていたよ
It's your pain or my pain or somebody's pain
誰かのために生きられるなら
It's your dream or my dream or somebody's dream
何もこわくはない
Get wild and Dog!
ひとりでは 届かない神の一手を目指し
Get wild and Dog!
この街で仲間に甘えていたくはない
Get chance and Dog!
オレだって 勝てちゃうヤツがどこかにいるさ
Get chance and Dog!
リーグ戦で 無くした夢を取り戻すよ
           ∧_∧
       凵Q(_´∀`)
       (_)( つ  つ
          ( 、ヽノ
          し(__)

881 :876:2005/11/25(金) 06:07:46 ID:L8vc2UQp
        ____
       / /    \
       |  |        |
       |  |  () () |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |  |    ∀  | <  >879 気のせいれす。
. .....___|  |... .____|   \___________
 /.././.|_|/ / /   ̄ ̄\
 |  |  |  |:::::|  |  |          |
 |  |  |  |:::::|  |  |   ()  () |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  |  |  |:::::|  |  |     ∀   |<  ずうっと、こんな感じれす。
 |  |  |  |:::::|  |  |          |  \___________
 |_|_|_|:::::|_|_|_____|


他所でも普通に台本形式でAA使ってます。
ここより以前でも、顔文字使って似たようなノリでした。


エロパロ板 ○●○「ヒカ碁」女体化妄想スレ第1局○●○
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1065165493/84

エロパロ板 ○●○「ヒカルの碁」エロ妄想スレ第3局○●○
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1062753178/277



882 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/25(金) 08:14:44 ID:0YtEZhPS
おいおい。

883 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/25(金) 11:30:29 ID:QNKhBL7m
こりゃこりゃ

884 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/25(金) 11:51:22 ID:+cR2mUvJ
わんわん

885 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/25(金) 12:12:59 ID:QNKhBL7m
ニャンニャン

886 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/25(金) 12:19:54 ID:vpPtyG24
サルきゃっきゃっきゃっ

887 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/25(金) 21:11:56 ID:T+5R9OQO
カエルもアヒルもガーガーガー

888 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/25(金) 23:17:00 ID:mVo9P1Ox
            iヽ       /ヽ     
             |;'':;,ヽ、   ,;'  ';,    
              |   ゙''─‐'''"   l    
           ,/            ゙ヽ    
          ,i゙     \   /    ゙i!  ╋┓┏┓ ━┳━ 
          i!   ●      ●   l:  ┃┃┗┛ . ┃
          ゙i,,*   (__人__)  *,/   ┏━┓   .┃
           ヾ、,,         ,/,,    ┣━┫. ┃ ┣━
             /゙ "       ヽ    ┣━┫. ┃ ┃
            /         i!,,    ┗━┛. ┃ ┃
         (⌒i ヽ    〈 i   / ,:,,    ┛┗ . ┻━━━
          γ"⌒゙ヽ  l l γ"⌒゙ヽ
          i     i,__,,ノ ヽ_i,    i::          愛   男
          ヽ,_,,ノ"~´ ̄``゙ヽ,_,,ノ::: :          す   に
         ;"               ヾ, .       る   は
       ;"                   ':,        も   旅
      ;'                     ':,       の   立
      ;                      ';;;      た   つ
     ミ       ●       ●      ミ      ち   時
      ミ           @            ミ' ~;";^:  に   が
     ミ  """   ;"   ミ    ';   """ ミ oOOo ミ 別   来
     ';  """   丶,.,,,:" 丶,,,,:"   """ ;"':,_ .○,';;  れ   る
      ':,                     ;"ミ   ミ   を 
       ,,;                 _ _;" ;   ; '   告
       ; "                :'    ;'     げ  
       ;    ':,                 ;'      て 
      ; ':,     ':,           ,、:'
      ミ ':,   ;.,,;.,.         ;.,..,;.,.  '         ,
   ....,.,ミ    ミ' ~;";^:ミ   X    ミ' ~;";^: ミ      
  ミ  `"ミ  ミoOOo ミ       ミoOOoミ ミ     
  ミ  ,.,.,...':,_ミ  ○ ;ミ   ';   ;ミ ○ ;ミ_:'
          ミ,.,;.,.;,,. 丶, ,:"丶,,:" ミ,.,;.;,.丶


889 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 11:22:22 ID:H9VRkiwb
       ! _________  〉   /    `ヽ、   ::::::::::
      /´ /     ̄'-- 、. ト- 、_    i   :::::::::
───´─┬┐ ,ヘヘ    `   `ヽ、_ノ    :::::
  ___,,,...-‐''"| | ,'^ '^ヘ  i        '.,   ::::::::::
 ̄7     | | i   ! _/,,..-i─i      ',  ::::::::::::
  i      | |ヽト:::::::`レ'_,...!,_ノ、 ,'  i.    |
 .|   .|   | |'r、::::::::::::´r~ヽヽ !/  |     |   <囲碁バカ大将?こんなとこ潰してやる。ククク……
 |   |   | | トi:::::::::::::: ト__,! イi___.ハ    .|
 |   |   | |"´      ""/ イ' ノ   |
     :   | |、   r‐ァ   〈イノイ   i  |
     :   | |Y>、.,_____,,...イイノハ!.   |  |
::::::::     | | Y ノハ_,くヽイ_〈 イ>ト- 、_ .|  |


890 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 11:49:23 ID:H9VRkiwb
           v从:ノ、、
〜⌒〜⌒〜⌒ 彡゙⌒\ 〜⌒〜
⌒〜⌒〜⌒〜/  `・ω)ミ
〜⌒〜⌒〜⌒〜 U彡〜⌒〜⌒〜⌒
〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜
                     
,,、-'''"´ 、、 ̄ 从     
    ヽ、トミ,,、ヽ、ト、`i}-)\)'''""'彡´、   どいつもこいつもいい加減にしろや。 
  ノ/      ノ:::v    ´\  \   俺はなぁ、命懸けで生きてんだよ。
/⌒゙/:: /          ` ヽ ヽ     何度も何度も修羅場くぐってきてんだよ。 
 | |     ´        ● ○|  |   シャチに喰われそうになったことも数知れねえ。 
ヽ .ヽ      ●         /  /   飢えに苦しんだことはしょっちゅうだ。
 \ \  ○    (_人__)ミ/ /    2chのヒッキーみたいなぬるま湯人生送ってんのとは訳が違うんだよ。
     "''-、、,,,,,,彡_,,,,,,、、-''         それがなんだ?団塊批判だ?ウヨサヨだ? テレビの悪影響だ?
   "''-、、,,,,,,    _,,,,,,、、-''        藁かすな。常在戦場の命懸けで生きてる俺を見習え!



891 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 14:18:43 ID:dG9+RwN3

 三  ∧_∧
三  ( ・∀・)
 三 (    )
 三 | ||  、,,、、,,
三  (__)_) ヽシ,、从彡
 三  ┷┷ ┷  (´Д`;)ミ  ぅぁぁ

892 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 15:05:10 ID:QAxeuC1E
いま携帯からなんだが
何が貼られてんだ?
荒らされてんのか?

893 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 16:47:32 ID:Gpx9yQla
和谷タンのをよってたかって埋め立て工事しているところです。

894 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 18:53:25 ID:GjwiWQ5x
和谷は走り続けます。
自分の足で、自分で悩み、
和谷は走り続けます。

895 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 19:26:45 ID:XFsDyxl5
>>894
ユートにもまけいぬ似のツンツン頭がいたな

896 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/26(土) 19:39:42 ID:Gpx9yQla
>>892
俺auだけど、だいたいわかる。
負け犬すげーよ、ついにここまで来たか。

897 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/27(日) 13:12:31 ID:KQZeljVj

「(オレを捨てる!?)」
          ;' ':;,,     ,;'':;,
         ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,
        ,:'           : :、
 コノヤロウ,:' \  ,,. /  ノ( ::::::::',━━━ッ!!
       :'  ●    ●, ⌒   :::::i.
       i  ''' (_人_) '''' *   :::::i  
        :    {+ + +}      :::::i
       `:,、 , ̄ ̄      ::::::::: /
        ,:'        : ::::::::::::`:、
       ,:'          : : ::::::::::`:、

898 :ワヤワヤ ルワ:2005/11/27(日) 19:04:44 ID:SiBbBg/G
「鉄男くん、まだ将棋に未練があるのね。
でもね、囲碁をやることはね、将棋のためにもいいのよ」
「先生……、本当に?」
「そうだぞ鉄男。お前、いまは囲碁をやれ」
「うん!やるよ。そして塔矢アキラをやっつけてやるんだ!」
「その意気だ。鉄男!」

「……ありがとう子犬くん、うまくいったよ。
キミのアドバイズ通りにしたら息子も考え直してくれたようだ。
さ、これは約束の骨だ」
「ありがとうオジサン。でももったいないな。彼、将棋強いみたいなのに……」
「キミも親になれば分かるさ」
「どうかな?オレ全然年取らないんだよ」
「ハハ、そんなわけないさ」
「本当さ。オレ、誰かに会わなきゃ、進めないみたいなんだ」




ワヤは走り続けます。
勘をたよりに。
ワヤは走り続けます。

899 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/27(日) 23:54:30 ID:KHfosZ3c
>>898
いいかげん気づけ!
もし話をきく気があるなら俺にレスしろ。
無視しないで教えてやる。

900 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/28(月) 00:05:36 ID:FpB/8MmE
何からんでんだ?ユートネタわろす

901 :898:2005/11/28(月) 06:50:06 ID:mCOZkqOf
>899 どうされたかの?フォッフォッ。
まさか容量の話でもアルマーニ。

902 :899:2005/11/28(月) 21:53:42 ID:Oh2TQf2q
>>898
逃げたかと思ったら俺が誤爆してたんだね。
いやスマン。
あなたが誘導レスまで貼ったかと思っただけ。
あっちと間違えて誤爆しました。

903 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/28(月) 22:02:22 ID:rtioKunZ
わけわからん

904 :Get Oniku:2005/11/29(火) 19:33:07 ID:OejxFgfk
♪犬が いーま、肉をくわえて
肉が いーま、くわーえられてるぅ
犬が、まーよーい ながらも吠えれば
肉は落ちるよー 水の中ぁ 

905 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/29(火) 22:25:36 ID:rR2PVwgX
それの元ネタってイソップ童話だよな
気を抜くとウソップ童話って言いそうになるWJ育ちの俺

906 :名無しかわいいよ名無し:2005/11/30(水) 00:21:59 ID:amep7JEy
>904
ワヤカワイソス

907 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 00:07:15 ID:xGCRLJkG
あワヤ落ちそうになってるよage

908 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 00:08:40 ID:xGCRLJkG
あがってなかったOTL

悔しい!悔しい!悔しry

909 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 11:10:33 ID:jm+wLJtL
沈めたままでもいいんじゃない?
このスレもう終わりでそ。
もうすぐ490KB。



スレタイに作品名とキャラ名を入れるルールなので
タイトルとテンプレはこんな感じか?



【ヒカルの】和谷6【碁】

前スレ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1093796480/

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1069704591/l50

http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1041407052/



910 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 14:10:32 ID:x9z7JVZH
テンプレには>>786->>795

911 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 17:19:51 ID:b9dNTtRS
ここは囲碁漫画の最高峰、ヒカルの碁のワヤスレです。
和谷、犬、負け、ヒカ碁について語っていきましょう。
たまにDat落ちしたり、移転したりしますが、マターリしましょう。

912 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 17:41:09 ID:tAcR4n3x
>たまにDat落ちしたり、移転したり
それもデフォで>1なんだw

913 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 17:51:20 ID:x9z7JVZH
ここはマケイヌスレの最高峰、和谷スレです。
最強棋士和谷、犬、どら焼き、毛について語りましょう。
たまに保守レスをすると、いいことがあるでしょう。
ラッキーカラーは犬です。

914 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 18:07:27 ID:x9z7JVZH
ここは和谷スレです。
脊髄反射で削除依頼を出してはいけません。呪われますよ。
過疎ってますが、隔離スレではありません。どうぞ、ふるってご参加ください。

915 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 18:28:45 ID:x9z7JVZH
ここは犬スレではありません。
ですが犬OKです。むしろ主人公です。
犬首輪、犬散歩、犬フリスビー、犬ドッグフード、犬笛、犬碁について語り合いましょう。
過去スレ↓

916 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 18:34:05 ID:YrkSU5uy
わんわん!わわんわん!
↓過去スレ

917 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 18:53:31 ID:x9z7JVZH
クゥ〜ン

関連サイトと過去スレ↓

918 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 19:00:23 ID:x9z7JVZH
さあ、6スレ目だ

↓ここみれ

919 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 19:01:12 ID:x9z7JVZH
和↓

920 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 19:11:32 ID:I3c9zy5d
テンプレは1が決めるらしい↓

921 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 22:40:08 ID:Fy/ZHAfv
                |
                |  ≡  ∧_∧
                |≡   (・∀・ ) ひゃっ!
                |  ≡ /  つ_つ
                |≡  人   Y
                |  ≡し'ー(_)
                ↓

922 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/03(土) 23:46:15 ID:kxwu0fpw
              │ 
              |
              |
              |
              |
┌─────-───┘


923 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/04(日) 02:09:35 ID:5lvv3oVS
    |
    |
    └─────┐
          │
          │
          └────────────────────────┐
                                   │
                                   │
 ┌───────────────── (U´Д`)ワンワン──────────┘
 │
 │
 ↓

924 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/04(日) 10:34:16 ID:xAyNR+Kh
│    _、_
│  ヽ( ,_ノ`)ノ 残念、私のおいなりさんだ。
│ へノ   /
└→ ω ノ
       >


925 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/04(日) 18:44:24 ID:91pHXsCV
 (`ω´)y─┛~~

926 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/04(日) 20:22:58 ID:vxZFAQCX
  、,,、、,,
 ヽシ,、从彡,
..彡i;゜д゜)  ……
  j∪ ∪   
.,,.と__)__),,,,


927 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/04(日) 22:04:44 ID:kRs/wLtE
今度の土曜日まででいいなら次スレ立てる。

928 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/04(日) 23:56:48 ID:3CtroioX
(b^-゜)普通に間に合うと思う。

929 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/05(月) 20:13:12 ID:1esCavBm
空っぽのプールから生まれた伝説。
全米を熱狂させた(らしい)少年たちの切ない(かもしれない)スケボー映画。
「LORDS OF DOGTOWN」


930 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/05(月) 22:03:28 ID:JWIE7VkT
げー、いまくどかれてるよー。
関係ないけどクリスマスだね。
負け犬死ぬの?
夷隅さんおいて逃げるの?
どっち?

931 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/06(火) 05:20:36 ID:lKo+bjn6
どっちでもない。

932 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/07(水) 12:01:48 ID:tA7AFzbn
どっちでもいい。

933 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/07(水) 21:53:42 ID:gKyCBnzd
  ∧_∧
⊂(#・д・)  どうでもいいって言ってんだろ!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \



934 :ちぇっ、まちがえた:2005/12/07(水) 21:55:51 ID:gKyCBnzd
  ∧_∧
⊂(#・д・)  どっちでもいいって言ってんだろ!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \

935 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/09(金) 13:19:07 ID:Yxx8+Ran
908でageたのに今また最下層。また狼が出たのかと思った。

936 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/09(金) 13:21:10 ID:Yxx8+Ran
と思ったら600位位だった。

937 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/10(土) 18:39:56 ID:E9sVKYMF
「狼が来たよ!早くageないと落ちるよ」「それは大変や。なんとかせな」
犬の情報に、みんな慌ててageました。
犬はそれを見ると
「やぁい、みんな騙された」
と言って笑いました。

犬は「狼が出た」と言うだけで村人たちが大騒ぎしたのが、とても可笑しかったのです。
いつしか「狼が来たよ!」は、犬の日課になっていきました。

そうして幾日かすぎたある日、犬のいる板に本当に狼たちがやってきました。
そしてスレを乱立させたのです。
「わあ、大変だ!みんな協力してくれ」

しかしみんなは「もうその手は食わないぜ」
と相手にしなくなっていました。

とうとう犬のスレはなくなってしまいました。

938 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/10(土) 21:59:52 ID:QKPhYu9D
立った。

【ヒカルの碁】わんわんだけで1000は目指さないスレ【和谷6】

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1134219370/

ネタがないときは、わんわんしてください。

939 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/11(日) 00:33:45 ID:XI1prCuf
↑即死の可能性があるので、まだ埋めないほうがいいと思う。

940 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/12(月) 22:54:38 ID:V+IPkmUA
      ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙^ヾ<´
     /:::::::::::::::::::::::::::::λ::::::::::::::::::ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::λ
  ノ::イ::::::::::::::::::::::彡:;'::::ノ::::):::::'::;:::::::::::ミ      さよなら三角
 ⌒゙/::::::::::::::::::::::::::γ:::::::::::;:::::::::::l:::::::::::人__,,
   ,|::::::::'''//ノ:::イv::::::/ノ:从::v,:::从:::::::::::::<__
   リ从:::::::::::ノ==リ、リ ノ=サ7γヽ:::::::::≦
    ノ:::::::八/〈0。))  ´ 〈0。))イlrI /,7゙^ヾ
    i/|;;w、λ    ノ     ノ|し'゙
      ,イ∧\  、`  ,   /^''
          \  ̄ ̄,, イ'',_
         /,|>ー<  |Il \
       _,イ (      ノ|  l\,,,
     '''''  .'  ヾ     ノ     ゙゙゙



941 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/12(月) 22:55:41 ID:V+IPkmUA

           /(  /_-― 二7
           ヽヽ/ {/  ニ=−-〜
          / ̄    -      ` メ、
       /           ヽ      ゝ、_
     /  /           \_     ヽ
     ノ   ,      |     |     \ _X
     /  /      !            `   _ゝ
    ル, /  |/                     キ
    ´ノ     _|_|_|  | | i | |  |_i_i     ヽ、|  また来て四角
    7 レ ,- | `┼-|三ヽ|| | | | |三i-┼´|   、 ヽ
   ∠  | ヘ| .i |<Τ。Tヽ l VN /T。Τゝ |    ヽN
    ´‐-、ヽ_| .N ` ニ´   l.    ニ´  | Nv|ヽl
      < N         |〉      |W
       ` .\     ._ _      /
        /| \        ./
       |  |    ` 、_     /、
      -―|  \      ̄ ̄l  |―-
       |     \ ___ノノ| |
       | /\   \―― ´ /


942 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/12(月) 22:57:39 ID:V+IPkmUA
                ______________________
              , ..... '           ` 、
            /                  ̄`丶、
          /                          \
         / /                        \
         //   / ―                \   \
      / /    /     /  /                   \
     // /  /  / /     l            \\     |
     /   /  //    /    /     l |  i    ヽヽ     |
    | |  //    /| |    / | || | |ヾ li   \l  !   |
    i  / /  i   / | |  |      i   ヾヽ       |  ヽ
   / ノ i  /   // //     | | ノ  i |    i  i |   !     |
   /|  | ! | /| l   / | i     ノ | |   |iノ   \         | |   とらぬ狸の皮算用
   |ノノ||l_! !  | ! ノ | ノノi ||  / |l | | i |   !ヽヾヾ  \ l     |
   /  | ノ //〒ノ=!=|ュ! / ノ| /l ノi,'!ニ\ニl===弌__i__    |   \ 
  /ノ | | ノ/ | /='〒汀=、`/ ノヽノ  ノ ,ィ汀〒=zr   | |',γ|| |  ゝ\ヾ
   |ノノ |   | 、_ヽヾ;リ,`    ヽ   ' _ ヾ',り_ノ  从| |) | |  || ゝ \ヾ
   /ノノ∠ | |   `` ̄            ̄  ̄     | |-' /| /    ヾヽヾ
   / // ヽ'-|          |                   ! |-'  / \ヽヾヽ
  /  /_/ ヽ|       {|              ||      ヾ  ヽヽ
      ノ∠ノノノヽ       ヽ              / |  / …――ゝ ̄
     ∠ /ノ∠/ヽ      __,          / | i /ヾヾ
           // \               /  / | !
               \            /  /    \
        _ __    /\         /   /       \ ___
   __-― ̄||  || ̄ ̄     ̄    ̄             ||   ||   ̄―---
― ̄     ||  ||                         //   ||      ̄―_

943 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/14(水) 20:33:15 ID:1wLCq7O9


944 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/15(木) 00:45:54 ID:gHEShrzX


945 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/15(木) 20:26:21 ID:+FUtg8xG


946 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/15(木) 23:26:34 ID:wv61t5+B


947 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/16(金) 00:18:58 ID:Q+ci9iMu


948 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/16(金) 12:31:08 ID:rFIIngzd


949 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/16(金) 23:10:38 ID:mhW/GX+o


950 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/17(土) 00:39:22 ID:Vii509i9


951 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/17(土) 02:44:04 ID:oCkGCjZW


952 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/17(土) 14:40:53 ID:xRMsGytd


953 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/17(土) 22:23:32 ID:WuyrCxrz


954 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/18(日) 00:47:17 ID:+yxmRVkp


955 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/18(日) 14:51:30 ID:yaRLG2+9


956 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/18(日) 22:15:12 ID:myFqua/3


957 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/19(月) 13:21:19 ID:1PDJSrPQ


958 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/19(月) 23:16:31 ID:0qb5mXnG


959 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/20(火) 00:30:09 ID:7YY//Bcp


960 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/20(火) 17:58:37 ID:tfP9fGFI


961 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/20(火) 20:21:30 ID:mV51QOYn


962 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/20(火) 20:27:36 ID:yeyWFsB2
わん

963 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/21(水) 01:12:25 ID:kgWOSDAf
わんわん

964 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/21(水) 01:37:41 ID:Jfefr5R0


965 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/21(水) 01:39:41 ID:9W35p0Ah


966 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/21(水) 12:21:26 ID:GU5OF+np

と思ったけどやっぱり


967 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/21(水) 15:26:37 ID:qnp+W5TH
…ろ?

968 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/21(水) 21:34:55 ID:Jfefr5R0


969 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/22(木) 10:05:49 ID:Qr1iy8Lf


970 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/22(木) 13:17:45 ID:YRSJlNVn


971 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/22(木) 18:05:18 ID:Qr1iy8Lf


972 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/23(金) 01:37:54 ID:QfEtghxT


973 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/23(金) 14:51:26 ID:ICDXC0yr


974 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/24(土) 06:51:08 ID:FRjjskI0


975 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/24(土) 09:12:41 ID:YB9yFBOQ


976 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/24(土) 23:11:52 ID:SPCTMS72


977 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/25(日) 02:30:54 ID:h6OPaYHg


978 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/25(日) 15:05:40 ID:G0kRsMRq


979 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/25(日) 16:05:04 ID:i6j1+oNu


980 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/25(日) 22:06:40 ID:9aTA5QGB


981 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/26(月) 00:24:40 ID:rNJhUxA2


982 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/26(月) 08:54:10 ID:xKi0ZHbK


983 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/26(月) 13:28:39 ID:xKi0ZHbK


984 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/26(月) 22:53:51 ID:oU8aM+Tz


985 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/27(火) 00:21:28 ID:Dm7CVuCt


986 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/27(火) 22:24:10 ID:DoVxkyPf


987 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/28(水) 08:49:38 ID:Z/zDLM6s


988 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/28(水) 22:01:43 ID:T6AhfsUd


989 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 09:38:17 ID:3U0obFOT


990 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 19:19:49 ID:CdL2ZMAg


991 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 21:03:35 ID:UDRGKJBm


992 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:46:08 ID:NsZRQsEi


993 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/30(金) 19:06:00 ID:ix7iwbju


994 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/30(金) 21:07:06 ID:5FjOc3fi


995 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/30(金) 22:38:59 ID:4ueMWZJb


996 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/30(金) 23:13:16 ID:6Qm0fYfG


997 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/31(土) 10:57:15 ID:mTqP2flZ


998 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/31(土) 13:32:16 ID:HSrMhxbp


999 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/31(土) 14:10:49 ID:XC2necUp


1000 :ログ収集家(34歳) ◆ngfbXCLEt2 :2006/01/01(日) 00:20:55 ID:ikDZSDRK
せん!


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

500 KB
 -‐''"´        /      `i、    `i、_      ,.ノ ノ        ``=ー-:;;、..,,,,,__
           /   ,;:-''"~~`i、 `ー、__   丶ー---ナ'"_.ィ´

















ソ薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍
薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍薔薇珍 1071141.bbtec.net<>219.171.71.141<>
名無しステーション<>sage<>04/03/05 12:31 YOKX3Yl9<>997<><>YahooBB219171071141.bbtec.net<>219.171.71.141<>
名無しステーション<>sage<>04/03/05 12:31 YOKX3Yl9<>998<><>YahooBB219171071141.bbtec.net<>219.171.71.141<>
名無しステーション<>sage<>04/03/05 12:31 YOKX3Yl9<>999<><>YahooBB219171071141.bbtec.net<>219.171.71.141<>
やぐ </b>◆YAGU.R7fng <b><>sage<>04/03/05 12:31 YOKX3Yl9<>(=゚ω゚)ノ 1000<><@顏/test/read.cgi/cchara/1093796480/">★スマホ版★
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)