5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【さくらTV】出目川ディレクター【其の2】

1 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/07 16:09:28 ID:lLrLjBcR
┌────―――――─――――――──―――――┐
|                                  |
|                                  |
|                                  |
|   出目川スレは                           |
|   文字バレやらまとめやらを貼り付けて行く        .|
|    忙しい方や最近デスノを読み出した方に         |
|   優しいスレを、                         |
|   割りといい加減な感じでめざしています。      |
|                                  |
|                                  |
|                       ‐十 / l = ‐┬‐ ヽ /  |
|                   (二  \ 二)  l.   V   |
└────―――――─――――――──―――――┘
                          __
                       ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ、
                       /.:.:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                   /.:.:.:.:.:.:.:.//|ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                   j.:.:.:.:.:.:/〃!!  ヽト、\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                    ヘ.:.:.:.:/‐-- 、、   ,、-‐二ミヽ.:.:.:.:.:/
                   r┼〃 ニ。ニヾ二7ニ。ニ`ヽ辷:√ヽ
                   { ヘ{{  ` ̄ 〃⌒ll ` ̄   jj⌒リ冂} 詳細バレ師に感謝の心を忘れるな
                   | 爿ヾ ===彳   )ヽ、____〃  ヒ│おまいら!   
                 _| ヽ!   ,ィー`ー‐'─ヽ ̄    レ'丿   
       r─‐、___ --<  |/人_!   {{┬──‐‐ッ'     ├个ト、
    , --ヽ、  \ \: : : : :∨/ノ ハ    H´ ̄ ̄/ソ′   /| ハ||:\
    〈   /ヽヽ___, ヽ: : i: :∨ ノ ハ、  ヽ二二//    / ||∧ ||┬‐`ー- 、_
  ,;;┬‐`ーヽノ_ノ‐┐   |: : ヽ: :∨ / ハ  `ー─‐ '′  / /∧ リ |: |: : :`ー‐、`ヽ、_
  >┴‐┬r── r┴、  ハヽ: ヽ: ∨ /  ハ\  __ ノ/   ∧ V.:/ : : : : : : : : : : : : :|\
  {{   │i i_」L.ノヽハ  i ヽ: l : ∨ ハ!、 ` ー─'"     ∧ヽ/. : : : : : : : : : : : : : | :|  ヽ
  /77"´ ̄ ̄ ̄ 丁丁)/  | |: | : |ト∨  ト`ー- ______,イl {{ノ:|: :|: : : : : : : : : : :|: | :|  ヽ
 | ∨   { { {_. -┴ァ'/  / |: : : |: : :\ | ` ー──一´ノ |/: : |: :|: : : : : : : : : : :|: |/     |

           
関連スレ
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.148
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1096888669/
DEATH NOTE-デスノート-page-70
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1096986771/

2 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/07 16:12:11 ID:FtHgDS2r
こんな時間に2をGet!

3 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/07 16:21:03 ID:sHnrKHF5
作っちゃったんかい

4 :page35「白紙」バレ:04/10/07 16:24:51 ID:wR3KhLVT
page35「白紙」

夜神月、監禁初日
リューク「さすがに、こういう所には住みたくないな…」
L(…キラであるなら、殺人の仕方を自供させ
実際に、やってみせてもらうのが一番いい…
そう考えていた私にとって、このやり方は決していい方法とは言えない
しかし、さすがにこの状態で、新に報道されていく犯罪者が死んでいけば、
キラではないと判断せざるをえない
という事か?…
それでも、今の私には
夜神月がそうなる様仕組んでおいたとしか考えられない…
どこまで計算し用意してある?
夜神月…)

ぱぱ「竜崎…
私を、この捜査本部から外してくれ」
刑事1、2「局長!!」
ぱぱ「今、キラとして疑われ監禁されているのは私の息子…
私にここにいる資格はない
監禁するか否か
さっき話していた時も私は一人、私情で息子を監禁させまいとしていた…」
L「そうでしたね
私情をはさむなんて駄目ですね…」
ぱぱ「こ…これで…
もし…」

ぱぱ「息子がキラだという事にでもなったら…
私は、どんな行動を取るか…」
L「…
はい…
夜神さんなら息子を殺し、自分も死ぬ…
などと考えなくもなさそうです
私もここに夜神さんを置かないのは賛成です
…が
しかし、これからどんなことになろうとも
辞職は考えないでください」
ぱぱ「! !…」


5 :page35「白紙」バレ:04/10/07 16:26:23 ID:wR3KhLVT
ぱぱ「竜崎…息子に
ここまでキラとしての容疑がかかっている…
それだけで辞職するのは当然だ…
警察というのは
そういう所だ…」
L「わかりました…
息子さんに疑いがかかっているのを知っているのは
ここの本部のものだけですから
辞めるのであれば…
息子さんがキラだと確定した時にしてください」
ぱぱ「そうだな…
それはわかっている…
今辞めたのでは目の前の事から逃げ出すだけだ
私もこの目で真実を
息子の潔白を見届けたい
しかし、これでは…」

ぱぱ「竜崎!
私も監禁してくれないか!?
今は冷静だが息子への感情でいつ何をするか…
L「ただし、夜神さんは監禁といっても今まで通り携帯の電源はたまに入れ
家族や外部との交信を普通に行なう
月くんにはその事実は教えず月くんが話かけてきたら
この本部にいるように思わせ会話する
そして夜神さんには監禁された中でも全ての捜査状況を随時報告する
それでいいですか?」
ぱぱ「恩に着る…
竜崎…」

夜神月・総一郎監禁三日目
月「竜崎どうだ?
昨日、一昨日にキラに殺されてもおかしくない新たな犯罪者は報道されたか?
報道されたのならキラに殺されたか?」
L「それなりの犯罪者が何人か報道されましたが
月くんを監禁してから誰一人犯罪者は殺されなくなりました」
月「殺されなくなった?
本当か?
リューク「りんごくいてーなー」L「はい」
月「そうか
いよいよ僕がキラって事になりそうだな」
L「まだ三日です
何かの偶然かもしれません」

6 :page35「白紙」バレ:04/10/07 16:27:26 ID:wR3KhLVT
L(どうなっているんだ?
夜神月を監禁してもキラの犯罪者への裁きは止まらないと読んでいたが…実際はピタリと止まった
夜神月は自分から監禁を望んだように見えたが…
これでは『夜神月がキラだった』、ということになる
こうなると問題はキラの自覚があったかなかったか
自分がキラであったとしても『自覚がなかった』と押し通しさえすれば済むと考えているのか?
夜神月らしくない、いやキラらしくない)
月「竜崎、ミサの方はどうだ?
何か事件解決のヒントになるようなことは聞き出せたのか?」
L「月くん、あくまでも月くんはキラ
弥は第二のキラとしてこうしているんです
弥のことを月くんに話すわけにはいきません」
月「なんだ厳しいな
僕もキラと第二のキラの正体を掴むためにこうしているのに」
外野「…」

[五日目]
リューク「駄目だ、そろそろリンゴ食わないと…」
月「とにかく我慢するしかないな…暇でも…」
ミサ「ストーカーさーん
ずっと座ってるだけのビデオじゃ売れないよー
着替え持ってきてくれたんだしいろいろ着替えてポーズとってもいいからさー」
一方、放心状態で天井を見上げている乳の乳首。


7 :page35「白紙」バレ:04/10/07 16:27:55 ID:wR3KhLVT
L「月くんや弥より乳の方が危ないですね」
外野「そりゃそうですよ
月くんを拘束してから5日
その間新たに報道された犯罪者は一人も死なない
こういう時は本人より親の方が辛いんじゃないかな」
外野「これではもうほとんど月くんがキラだったってことは決まりだからな」
L「乳」
急に乳首を勃たせる乳。
乳「どうした!?いい知らせか!?悪い知らせか!?」
L「いえ、あまり思いつめないようにと…
乳がそこで深刻に考え込んでいても結果は同じです
まだ先は長くなると思います
どうでしょう?そんなところではなくもっと気の休まる場所で休養しては?」
乳「バカな!?こんな状況で気の休まるところなどない!!
今の乳にはここが一番落ち着く!!
どんな結果になろうとここから出る時は息子といっしょだ!!」
L「分かりました」

[七日目]
くねりながら逆立ちを続けるリューク。
L「月くん、まだ一週間ですが流石にやつれてきてます
大丈夫ですか?」
月「ああ…自分でも格好のいい状態とはとても思えないが…
そんな下らないプライドは…捨てる」
リューク「!!」

次に僕が「捨てる」と口にした時だ
その時は文脈に関わらずその言葉を「ノートを」という意味で口にする

リューク「はいよ
じゃあな」
壁をすり抜け、消えるリューク。

目が急に澄む月

L「!?」
月(なんで僕はこんな事をしているんだ!?)
月「竜崎…確かに僕は監禁することを承諾しこうすることを選んだ
しかし今はっきり気付いた
こんな事をしていても無駄だ
全く意味がない
何故なら…僕はキラじゃない!
ここから出してくれ」


8 :page35「白紙」バレ:04/10/07 16:28:55 ID:wR3KhLVT
外野「?」
L「……?、?」
口をぽかんと開けたままのL。
L「駄目です
キラかキラでないか判断できるまで月くんが何を言おうとどんな状態になろうと出さない約束です
月くんが望んだことでもあります」
月「確かにそういった
しかしあの時僕はどうにかしていたんだ!!
キラという殺人鬼がやってきた事
自覚なしでやっていたなんて思えるか!?
キラがどんな力を持っているのか計り知れないがキラは大量殺人犯という人間として
絶対に存在し自分の意思で殺人をしてきた!!
キラとしての自覚がない僕はキラじゃない!!」
L「…?…
私もキラが自分をキラだと自覚してない、などとは考えていません
しかし月くんがキラだとしたらキラだと認めていないというだけで
総ての辻褄は合います
月くんを監禁した途端キラによる殺人が止まったのですから
私は月くんが自分がキラだということを隠しているんだと思っています」
月「…いいか、竜崎、よく聞いてくれ
僕は絶対に嘘など言っていない
僕はキラじゃない
こうしていることもハメられたとしか思えない
今は冷静に考えられる」
L「ハメられた? いいですか月くんが監禁されていることはここにいる者しか知らないんです
なのに監禁した途端、殺人は止まった」
月「じゃあそこにいる誰かがキラだ!!
僕も一緒に調べる
ここから出してくれ!!」
L(どうしたんだ? 夜神月…
言っていることが滅茶苦茶だ
しかし、何故か真に迫る感じだ)
月「早く出してくれ、時間の無駄だ」
L「駄目です、出すことは出来ません」
月「…くそ、なんでこんな事に…」
外野「どうなっているんだ?
月くんらしくないな
前言を撤回しているし全然論理的でもない」
外野「さすがの月くんも一週間で追い詰められて取り乱したってことか…
犯罪者が殺されなくなった以上、監禁を解くわけにはいかない…そのくらい僕だって分かってますよ」
外野「まあ何を言おうとこのままなら夜神月がキラで事件解決ってことでいいんじゃないか?」
L「…」


9 :page35「白紙」バレ:04/10/07 16:30:40 ID:wR3KhLVT
[15日目]
廊下をかけてくる外野。
外野「ど、どうなっているんですか!?
昨日一日で二週間以上裁かれていなかった犯罪者が一気に!!」
外野「ああ、キラ復活だ!!」
外野「乳には伝えたんですか!?」
外野「いや、まだ…」
カチッ
勝手に乳に音声を繋ぐ外野。
外野「乳!!キラが動き出しました!!」
乳「何!?」
外野「キラは休んでいただけです!!
また犯罪者達への裁きが始まりました!!」
乳「本当かー!!松田ー!!
じゃ、じゃあ息子は殺人が起きて喜んではならぬがこれで息子の疑いは…
いや…竜崎のことだ…白とは言うまい…」
L「では…灰色で…」
外野「聞こえましたか乳!!」
乳「ああ、ほとんど今まで黒だったんだ…よかった…」
外野「多分、限りなく白に近い灰色ですよ!!
じゃ、月くんにも」
また調子に乗って勝手に月に音声を繋ごうとする外野。
次はLが手を払う。
L「松田!!いや松田さん、止めて下さい!!
月くんには教えないで下さい」
外野「そ、そんな…」
カチッ
L「月くん…」
月「なんだ? 竜崎…」
L「もう二週間以上新たな犯罪者が裁かれていません
いい加減キラであることを自覚してもらえませんか?」
月「馬鹿を言うな、竜崎…
竜崎、お前は間違っている
今までの捜査状況から僕をキラだと推理するのも分かるがこれは罠だ
僕はキラじゃない!!
ズームにでもなんでもして僕の目を見てくれ!!
これが嘘をついている人間の目か!?
竜崎、早く出してくれ!!」
L「…弥、本当にキラが誰だか知らないんだな?」
弥「はあ〜またそれ?ミサが知りたいよ
キラはミサの親を殺した強盗を裁いてくれた正義の味方だもん」

L(…何がなんだか分からない…)

長期の監禁により乳が…!!次号、「親子」!!


10 :page36「親子」バレ:04/10/07 16:31:19 ID:wR3KhLVT
外車とかあるかなりでかい家の書斎(?)スクリーンのある部屋で
黒い影(第三のキラ、おっさんみたい、左きき)とレムが会話してる
影「こうして報道された犯罪者を消していく、後はこのノートを
  自由に使っていい、そういう条件だったな」
レム「ああ」(これでミサは助かるはず…)
影「君(レム)にとっても私にとってもこれは 良い取引ビジネスになった」
829 :名無しさんの次レスにご期待下さい :04/08/26 19:41 ID:AEMy0CH9
Lモニター見てる。(監禁50日目)
L「夜神さん、大丈夫ですか?夜神さんはそうしてる必要はないんですよ?」
乳「犯罪者がキラにまた殺されはじめてからもう一ヶ月以上…
  息子はキラではないと私は確信した…あとは竜崎、あなたが確信
  するだけだ。ここを出る時は息子と一緒だ…」
L「…」
松「局長も意地ですね…」
月のモニター、床に寝転んでかなりやつれてる
L「月くん、大丈夫ですか?」
月「ああ、大丈夫だが…」

11 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/07 16:32:02 ID:sHnrKHF5
貼ってくれてるところ悪いが、その2作ったのなら別に貼らなくても良くね?
別スレ乗っ取るから貼ってたんじゃなかったっけ?

12 :page36「親子」バレ:04/10/07 16:32:44 ID:wR3KhLVT
Lは月に犯罪者が殺されていることを教えてない。
月「キラは僕の現状を知ってる者の可能性が高いと思うんだ、その線で…」
L「いえ、犯罪者が死ななくなったのは月くんがキラだからです」
月「ちがう、僕はキラじゃない、何度言ったらわかるんだ」
L(キラなら再び殺人が起きていると知ってるはずだが
  …そうも見えない…)
L「弥」
ミサ「…はい?」
L「元気がないが大丈夫か?」
ミサ「…あんた馬鹿でしょ、何十日もこれで元気があったらミサが異常よ」
ミサうなだれてかなり疲れてる
L「はい、そうですね」
ミサ「早く放して…ライトに会いたい、ライトに…」
松「もう三人とも限界って感じですね…」

パーマ『竜崎…何故月くんを監禁し続ける? もう出すべきだ そうすれば曲調もでてくる』
パーマ『現に二人が情報を得ていないのに犯罪者が殺されているそれだけで十分わかるはずだ…』
L『いいえ』
L『わかったのは弥の夜神月に対する異常なまでの愛くらいです』
パーマ『…』
パーマ『竜崎…悪いが私には月くんが綺羅という自分の推理が外れたのを認めたくないから抗してるとしか思えない』
L『やはりそう思いますか』
パーマ『!…』
パーマ『月くんの言った様に綺羅はリンド=L=テイラー・FBIを殺している 監視され情報を得なくても人を殺せるならテイラーやFBIを殺す必要はない いくら調べられても足がつくはずないんだ』
パーマ『綺羅は余計な殺人はしないそれは竜崎も断言しているじゃないか』
松だ『…なるほど…この状況で人が殺せるならFBIなんて掘っておいても困らなかったはずですよね…』
パーマ『月くんの家の家宅捜索も何も出て来なかった それどころかこの事件を一生懸命推理しているメモが二重底にしている引き出しからでてきた… …もっとも最後の一行は『自分が綺羅かもしれない』だったが…』
パーマ『…もう50日ですよ?こんな事していても意味がないそれより真の綺羅を捕まえる事を考えるべきだ!!』
L『… わかりました…』

監視カメラ 乳の部屋
L『夜神さん』
乳『なんだ?』
L『どうしても直接お話したい事があります一度本部に戻ってきてもらえませんか?』
乳『!?…』
L『この件に関する私の結論を聞いて頂きたい まずは月くんの父親である夜神さんにです…』
乳『…わかった』
乳とL火照るの一室らしきとこで会話 乳吃驚顔!

三日後 ミサを車に乗せ走る乳
ミサ『まさかストーカーがこんなおじさんとは思わなかった で…やっと放してくれるの?』
乳『ストーカーではない私は刑事だ』
ミサ(刑事!……)
ミサ『…お…思い出した』
ミサ『最初…『第2の綺羅の容疑で』なんとかかんとかって…あれマジだったって事?』
ミサ『まさかねーっ あんなマニアックな縛り方警察がするわけないし… どっちにしろ解放してくれるのにまだ手足に手錠っておかしくない?』
乳『黙ってなさい』

車駐車場の地下みたいなとこに到着パーマと月がいる
ミサ『ライト!』
月(倒産!)
パーマ『じゃお願いします局長』
車走り出す
ミサ『ライト会いたかったーっ』
月『ミサ』
月『倒産どういう事だ?』
ミサ『えっ…!? 倒産!? やだー』


13 :page36「親子」バレ:04/10/07 16:34:54 ID:wR3KhLVT
ミサ「え・・・・!?父さん!?やだ・・・
   ミサ ライトのお父様にストーカーとか失礼な事を・・・」
月「やっと疑いが晴れて自由になれるってところか・・・」
父「いや・・・・これからお前達2人を・・・死刑台に連れていく
  ある施設の地下に極秘に儲けられた。その処刑場まで護送する役目を私が買って出た」
月「死刑台!?な・・・何を言ってるんだ父さん!?」
ミサ「な・・何!?冗談ですよね!?お父様・・・あはっ・・・」

父「Lは夜神月をキラ。弥海砂を第2のキラと断定し、お前達2人を抹殺すれば殺人は止まると断言した」
月「・・キラによる殺人は止まったはずじゃ・・・」
父「いやまだ続いている」
月「続いている?僕に言ったいたことと違うじゃないか・・・」
父「それはおまえの自白を取る為のLの情報操作だろう。そんなことは問題ではない
  お前達2人を抹殺すればキラによる殺人は止まるというLの提案を、国連、政府、全てのトップが
  聞き入れた・・・。キラは世間に隠され抹殺される・・・」
月「ば・・・馬鹿な。待ってくれ父さん。僕はキラじゃない」
ミサ「そうよお父様 何考えてるんですか!?自分の息子じゃない!!」
父「私が決めたのではない Lが決めたんだ
  警察関係にはLは絶対なんだ 過去の難事件もことごとく解決し  
  彼が間違った事は一度も無い」
月「父さん!僕よりもLを信じるのか?」
父「・・・・・・・・・・・・・・
  Lはもしこれで殺人が止まらなければ自分の死をもって責任を取るとまで言っている」
月「L・・・何を考えているんだ・・・・
   確かに今までの材料だけではそう推理しても仕方ないかもしれない・・・
   しかしこれは間違いだ・・・Lは間違っている・・・
   Lはなんでこんな結論を・・・
   何かおかしいぞ・・・・大体Lらしくないじゃないか
   今までのLは全ての事件で確たる証拠を挙げてきた
   こんな形で終わらせる気か?」
父「さあ着いたぞ」

人のいない川辺
月「何処だここは?こんな人気のない所に連れてきてどうする気だ?」
ミサ「あっ!お父様 もしかして逃がしてくれるの?」
父「ああ・・・ここなら何をしても人目につかない・・・
  私が勝手に処刑場ではなくここへお前達を連れてきた・・・
  ライト・・・」
月「?」
父「ここでお前を殺し私も死ぬ」
月「な・・・何を言ってるんだ父さん!?そ・・・そんな馬鹿な・・・」
ミサ「も・・・もう止めて!お父様変ーっ
   自分の子供がキラだから子供殺して自分も死ぬ?
   死にたければ自分で死ねばいいじゃない
   それやったらキラと同じじゃない そんな事もわからないんですか!?」
父「いや・・・キラとは違う
   私には親としての責任 刑事局長としての責任がある」
ミサ「もう!!ばっかじゃないのーっ!?」

14 :page36「親子」バレ:04/10/07 16:36:53 ID:wR3KhLVT
月「父さん ミサの言うとおりだ ここで死んでも真相は何も分からないままだ
  だったら逃げた方がいい その間に真相がわかる事もある
  いや逃げながらでも真相を掴んでやる」
父「もう遅いライト・・・上の決めた事だ 逆らえん
  どの道おまえは処刑される ならばせめて私の手で・・・」
銃を取り出す父
月「!!止めろ父さん!僕はキラじゃない!
  ここで死んだらキラの思う壺だ!!わからないのか!?」
父「弥・・・息子と私はここで死ぬが、私がお前を殺す道理はない。
  この車はそのうち警察が駆けつけるだろう
  おまえは正規の処刑場で抹殺されてくれ・・・」
月「そ・・・そうだ父さん!!もしキラや第2のキラなら黙って殺されるはずがないじゃないか!!
  ここなら誰もいないんだ キラや第2のキラなら・・・」
父「黙れ」
引き金を引く父
月「父さん!!!」
父「ライト 殺人犯同士地獄で会おう」
ミサ「やめてーーーーーーーーっ!!」

どーん

月「・・・・・・・・・・空砲・・・?・・・・・・・・・・・・・・・」
父「よ・・・よかった・・・」
月「よかった・・・って 何してるんだ?父さん」

父「許してくれ二人とも お前達を監禁から解く為にはこうするしかなかった・・・
  しかしわかってくれ・・お前がキラではないと信じているからこそやったことだ
  観ていたか 竜崎。言われたとおりやったが私はこの通り生きている」
月「!・・・」
ミサ「? ?」
バックミラーの上部にカメラがしこまれている。その映像を見ているL。
L「はい 迫真の演技でした。
  あれならば弥が姿を見れば殺せる第2のキラだとした場合ライト君が撃たれる前に
  夜神さんを殺したと考えていいでしょう・・・」
松田&相沢「・・・」

L「またライト君がキラの場合でもい、私の中のキラはいざとなれば親でも殺したはずです。
  ライト君の場合途中から演技を見破っていた可能性も否めませんが・・・
  しかし約束通り二人の監視は終わりにします
  そしてこれも約束通り、弥海砂はオカルトビデオと言い張ってますが
  ビデオを送った自白と数点の証拠がありますので、
  キラが捕まり全てが解明されるまでは監視下に置く」
ミサ「何それーまだ疑ってんのーっ?」
父「まあそれでも日常に戻れる。それでいいじゃないか?
  監視というのは自分に否がなければ逆に警察に守られる事にもなる」
ミサ「そっか じゃミサ第2のキラじゃないし。
   ボディーガードが付いたって思えばいいんだ」
L「そしてライト君の方も約束通り・・・」
月「?」

L「私と24時間行動を共にし、捜査協力してもらうということで手を打ちます」
月「!
  ・・わかった竜崎。一緒に捕まえよう・・・・キラを」
L「はい よろしくお願いします」

次号「8人」


15 :page37「8人」バレ:04/10/07 16:37:39 ID:wR3KhLVT
効、「ジャラ」手錠のアップ絵
月「ここまでする必要があるのか?竜崎・・・」
L「私だってしたくてしてる訳じゃありません」
父、松、相「・・・・・」
海「え?・・・24時間行動を共にするってこういう事!?」
海「男同士でキモイよ・・・竜崎さんってこっち系?
  大学でもライトと一緒にいたし・・・」
L「私だってしたくてしてる訳ではありません」
海「でもライトはミサのライトだし・・大体24時間一緒って
  ミサはいつライトとデートするの?」
L「デートする時は必然的に三人でとなります・・・」
海「はあ?」
  「あなたの前でキスとか・・・しろって言うの?」
L「しろなんていってませんよ?しかし監視する事にはなります・・・」
海「えええ?何それ?やっぱりあなた変態じゃない」
L「ライトくん ミサさんをだまらせてください」
月「・・・・・ミサわがまま言うなビデオを送ったのが君だというのは
  確定的なのにこうして自由にしてもらえてるだけでもありがたいと思うべきだ」
海「え?ライトまで何言ってるの?
  ミサは彼女でしょ?恋人を信用してないの?」
月「か・・彼女と言っても・・・君が「一目ぼれした」と言って
  いつも一方的に押しかけてきているだけで・・・」
海「じゃ・・じゃあ「好き」と言われたのをいい事にやっちゃえって
  キスとかしたんだ?」きぃーーーっ
L「その一目ぼれですが」
 「5月22日の青山なんですよね?ミサさん」
海「はい」
L「その日何故青山に行ったんですか?何を着て行きましたか?
海「だから何となく行ったんだって何度言わせるの?
  あの日の気持ちとか来てた服なんて本当に覚えてないの
  理由がなきゃミサが青山フラフラしちゃいけないわけ?」
L「そして青山に行って帰ってきたら一目ぼれしたライトくんの名前を知っていた」
海「はい」
L「どうやって名前を知ったのかは自分でもわからない」
海「はいそうです」


16 :page37「8人」バレ:04/10/07 16:38:29 ID:wR3KhLVT
L(・・・・・・)
 「では・・・ライトくんがキラだったらどう思いますか?」
海「えっ!?」
  「もしらいとがキラだったら?・・・・・」
L「そうです」
海「・・・・・・・・・ サイコー」
  「ミサは両親を殺した強盗への裁きをくだしてくれたキラにずっと
  感謝してたもん  ライトがキラだったらライトをもっともっと好きになっちゃう
  これ以上好きになれないくらい今も好きだけどね」
L「キラですよ? キラをもっと好きになる って・・恐いとは全然思わないんですか?」
海「ライトがきらだったらでしょ?全然恐くないじゃない
  ミサ キラ肯定派だし
  恐いどころか何かお役に立てないか考えるよ」
L「お邪魔になる事はあってお役に立つ事はなさそうですが」
海「・・・・・・」
父、相  なんかこの会話に耐えてるかんじ
L「しかし・・これだと第二のキラがミサさんである事は間違いないんですが・・・
  あまりに間違いなさすぎてそう思いたくなくなってきました・・・」
海「思わなくて正解ですミサはキラじゃありませんから」
L「ときかくミサさんは監視下に置きます」
L「こうしてわざわざライトくんに会える様コネクティングルームになった
  部屋の片方をミサさん一人の為に取っているんですから多少は我慢してください
  ミサさんの部屋のドアは中からも外からも このカードキーを使わなければ
  開かない様になっています 
  外出する時は内線でこちらの部屋に電話してください」
 「プライベートでも仕事でもこれからは松田さんが松井マネージャーとして
  常に一緒の行動すると事務所にお金を渡し通してあります
  警察とは言っていませんので絶対に自分からバラさない様に」
海「この おじさんがマネージャーって嫌だな〜」
松「そ・・・そんな・・・僕のどこが不服なんだミサミサ?」
相  振るえを押さえ
  「ホモだとかデートだとかキスだとかミサミサだとかいい加減にしてくれ!!
  これはキラ事件なんだわかってるのか!?
  もっと真面目にやってくれよ」
松「・・・・・・・・す・・・すいません・・・」
相「ああ・・いや・・・すまん・・・真面目にやっているのは わかっているんだが・・・」
  「さあ弥・・・君は自分の部屋へ」
海「えーーっ
  ライトー三人でもデートしようねーっ」
バタン(ミサを部屋に居れドア閉める)
相「ふーー」


17 :page37「8人」バレ:04/10/07 16:39:07 ID:wR3KhLVT
L「ライトくん」
月「ん?」
L「弥とは本気で?」
月「・・・いや・・さっきも言った様に彼女から一方的に」
L「じゃあ 弥にライトくんも本気である様に振舞ってもらえませんか?
  弥が第二のキラと関係あるのはビデオの件から確かです・・・
  そしてライトくんを愛してる事も・・・」
月「!」
  「・・・・・・彼女と親密になり第二のキラの事を探れって言うのか?」
L「はい ライトくんならできると思いますし そうして弥から解明の糸口を
  つかもうというのも二人を解放した大きな理由のひとつです」
月「・・・・竜崎・・・いくらキラ事件解決の為とはいえ女性のそういう気持ちを
  利用するなんて僕にはできない」
L「!」
月「悪いがわかってくれ 人の行為を踏みにじる様な事は僕の中で一番許せない
  憎むべき行為なんだ」
L(・・・・・・やはり何かがおかしい性格が変わったとしか・・・
  こんな事を演技でできるのか・・・?
  こうなると弥はキラに操られていたという考えだけでなく夜神月も・・・)
月「どうした竜崎?」
L「いえライトくんが正しいです・・・・・・・
  しかし捜査上の秘密等が彼女から漏れない様ライトくんからもよく
  言っておいてもらえると助かります」
月「竜崎 何日か置きにホテルを点々とする 今のこの体制
  なんとか変えられないのか?
 「ひとつのところに腰をすえて捜査すべきだと僕は思うが」
L「はい私もずっとそうしたいと考えてました  ですから…
 夜神さんたちと顔を合わせ捜査すると決めた時からすぐに建設に
 取り掛かってはいたんです 後数日で完成します  これです
月、松「?!」
L「地上23階 地下2階 屋上には外部からは見えないようになっていますが
 2台のヘリが格納されています。
外「ええ?!」  「すごいな…」

18 :page37「8人」バレ:04/10/07 16:39:46 ID:wR3KhLVT
L「外見はただの高層ビルに見せていますが入るには何重ものセキュリティを通る
 必要があります 中の設備 コンピューター等も全て
 並みのものではありません」
 5階から20階まではワンフロア4室ずつプライベートルームになってますので
 みなさんにはできる限りここで生活して頂きます
 捜査員を増やすことになっても60人くらいまでは大丈夫です
 ミサさんにはワンフロア与えれば文句も出ないでしょう」
月「ん?ああ」
月「それにしてもすごいなここまでしてるなんて…
松「というか…  この資金どこからでてるんですか?竜崎
L「………つまり…
 私はこの事件 どんなことをしても解決したい  そういうことです…
相「いや…答えになってない…」
月「ああ そうだな…
  僕も大量殺人犯人はもちろん 父や僕をこんな目に合わせたキラは絶対許せない
  どんなことをしても解決したい」
L「『どんなことをしても』と言うのならミサさんと より親密になり探りを…」
月「それはできない 人道に反する」
L「そうですか… 残念です…」
相「ぷっ…」
父「ん?」
相「いえ…私も益々やる気が出てきました
 竜崎 夜神さん 月くんどんなことをしてもキラを捕まえましょう!!」
父「うむ」
松「あの 僕の名前だけないんですけど…」

19 :page37「8人」バレ:04/10/07 16:40:16 ID:wR3KhLVT
15P目高層ビル(ビル名はYOTSUBA)
ロビーを歩くスーツの人物たち
16P目「そろったようですね  では定例会議を始めます」
はげ(尾々井)「我がヨツバグループの更なる飛躍…
       世界最大の企業にするために…」
   「誰を殺すか」
三堂「し…しかし尾々井 毎週必ず誰かを 殺す必要もないんじゃないか?
はげ「おい三堂 何 弱気なこと 言ってる 忘れるな 我々には…………」
はげ「キラとコネクション…  つながりがあるということを」額に汗
樹多「臆病風に吹かれる奴は 確実に殺される」
三堂「樹多 今のは臆病な発言じゃないだろ何言ってんだ」
奈南川「まぁ… 誰がキラとつながりを持っているのか
    そんなことは少し考えれば すぐにわかることだが
    命が惜しかったら そこには触れないことだ」
葉鳥「しかし この会議で決まったことは先週も先々週も実行された…
    この8人の中にキラにコネのある人物がいることだけは確か…」
葉鳥「そしてその人物は そのコネを個人のためにとどまらず
    会社の為 我々8人のために使ってくれるすばらしいことじゃないか」
鷹橋「しかしキラは何故悪人を裁くだけじゃなく  こんな殺人まで請け負い始めたんだ?」
火口「鷹橋 お前馬鹿だな…まだ気づいてないのか?」
鷹橋「え?」
火口「キラにとってこれが得になるからに決まってるだろ…」
鷹橋「キラの得に? キラが殺し屋を始めたって事か?火口」
火口「…お前黙ってたほうがいいと思うよ
あまり馬鹿だと殺されると思うから…」
鷹橋「………………」
火口「ここにいる八人はまだ 皆 若いが 一応 将来 社長の椅子も狙えるといわれているメンバーだ」
火口「そして現に この集まりが始まったときから 報酬は他の社員の何倍にもなった」
火口「キラが一企業に肩入れするなんて変な話だ  どう考えたって「コネがある」というのは建前で…

20 :page37「8人」バレ:04/10/07 16:40:48 ID:wR3KhLVT
火口「この8人の誰かがキラってことじゃないか」
火口「これではこの会議から抜けることは絶対できない」
鷹橋「ああそれは死を意味する」
火口「しかし余計な事は考えず ここで誰を殺すと もっともヨツバグループの利益につながるか
   それを真剣に話し合っていれば出世は約束されている ということだ」
火口「キラ以外の7人はキラ様様じゃないか」
紙村「しかし 人を殺して出世っていうのもな………」
火口(?)「おいおい紙村 俺たちは あくまで 誰が死ぬと うちの会社に都合がいいかという
   仮定の話をしてるだけだってことを 忘れるなよ」
葉鳥「そうそう この中にキラなんていない」
奈南川「葉鳥の言うとおりだ私たちは会話しかしていない」
会議
「で 本題だけど誰か提案ないか?」
「あの古臭くて頭の固いご意見番の相談役?
あいつ もういらないというか邪魔だろ?
殺して株わけちまおう どうせ70過ぎの爺さんだ いつくたばっても おかしくない」
「今はやはりIT市場で勝つことですから他社の優秀な開発者を操って持っているものを
うちに落としてもらって死んでもらうとか」
「だったら脅して引き抜けよもったいない」
「殺すぞっておどすのかよ」
「ITだけで勝ったってグループ全体の底上げにはならない 弱い業界こそ…」
「だったら うちの弱点である自動車販売を伸ばすために
他社でどんどん死亡事故おこすってのはどうだ?」
「ははそれはおもしろいな」
火口「もう少しまじめに意見しろそんな不自然な事故 すぐ怪しまれる」
紙村「そうだよ 警察だって馬鹿じゃないんだ
    疑いがかかるだけでも社のイメージダウンどころか 俺たちがクビだ」
奈南川「でも警察は心臓麻痺以外でも殺せるって わかってないんだろ」
外「おい奈南川 だからこそそこだけはばれないように うまく使うべきなんだよ」
はげ「それより先週の三堂の警察 とくにLを 一応 つぶしておくべきだという提案 どうなった?
    樹多を中心に対処すると決まったはずだが」
樹多「ああ 裏金で依頼人を判らないように世界中の
    名探偵や殺し屋を雇う方向で進めエラルド=コイル という探偵を見つけた」
三堂「へぇーっ」
樹多「人探しに関しては L以上かもといわれている 探偵で何よりもこいつは依頼内容に関係なく 金で動く」

21 :page37「8人」バレ:04/10/07 16:42:01 ID:wR3KhLVT
会議中
「しかし 流石に今の世の中 いくら調べても
殺し屋なんてのはいないみたいだな…」
「私たちが簡単に探せて頼めるような殺し屋は 殺し屋じゃないだろ…」
「まあ顔と名前がすぐ割れる殺し屋ではすでに キラに殺されているはずで…」
「はは…」
「大体 キラ以上の殺し屋なんていないんだ 意味が無い…」
「やっぱり犯罪者を裁いてくれるキラっていうのも ありがたい存在なんだよな…」
「そうですね 僕たち高額所得者にとって犯罪者は恐怖ですからね 特に強盗は…」
レム「人間って生物は 実に醜い…」


p37終わり ある場所である諍いが起こる!!誰が…?!次号「打撃」

22 :page38「打撃」バレ:04/10/07 16:43:28 ID:wR3KhLVT
Page.38「打撃」
−次のキラを追う為に・・・装備の整った新捜査本部へ相沢出勤!!

新捜査本部
車で地下に入って行く相沢

入り口で暗証番号を打ち込み指紋チェック
扉が開き車を駐車。

エレベーター横のBOXに装備を入れる。
ブー
相沢「あっこのベルトしてちゃな・・・」
ベルトもBOXへ入れる。
ブー
相沢(くそっまだ何かあったか?)
トランクス姿になる。
相沢「これでどうだ」
ガー・・・扉が開く。

モニター室
松田「で、スタートする時はこのキーです」
父「うむ」
相沢「お疲れ様です。指紋に網膜照合。馴れないと入るだけで大変ですね」
父「どうした?そのおでこ」
相沢「あっ女房と喧嘩になりまして・・・
    まだ子供も小さいですし、私は通いってことになりそうです」
父「ああ 家には帰ったほうがいい」
松田「もったいないな〜 凄いですよここの部屋は  
   億ションでもなかなかないっすよ。家族ごと引っ越してくればいいのに」
相沢「馬鹿言うな。家族だって部外者だろ。せめて『宇生田の仇』って言えるなら
    女房も理解してくれるのに
    竜崎は?」
松田「デートですよ。ミサミサの部屋で。月くんと三人で」


23 :page38「打撃」バレ:04/10/07 16:44:17 ID:wR3KhLVT
松田「観ますか?」
相沢「えっ観れるのか?」
松田「一応この建物の中は死角が無いように監視カメラがついてるんですよ。
   もちろん部屋の中まではミサミサの部屋しか普段は見れませんけどね」
相沢「まあ弥が第2のキラと関わっていたと考えれば流崎ならそうするだろうが・・・
   しかし松田 『ミサミサ』って呼ぶのはやめろ」ちょい切れ気味の相沢
松田「あっはい  じゃ ちょっと観てみましょう」
ミサの部屋がSクリーンに映し出される
相沢「このスクリーンに映るのか・・・」

ミサ部屋
ミサ「ねー・・・これデートって気になれないんだけど・・・・・・・・」
L「私の事は気にしないでいいです それよりケーキ食べないんですか?」
ミサ「・・・甘いものは太るので控えてます・・・」
L「甘いものを食べても頭を使えば太らないんですけどね」
ミサ「あっ!またミサをバカにして・・・」
ミサ「じゃあケーキあげるからライトと二人きりにしてもらえない?」
L「二人きりになったところで監視カメラで私は観るんですから同じ事です」
ミサ「だから変態だって!止めてくれない!?そういう悪趣味」
L「何とでも言っていいですがケーキは頂きます」
ミサ「じゃあいいわよ ライトと二人きりになったらカーテン閉めて電気消すから」
L「赤外線カメラにもなってますから」
ミサ「じゃあ二人で布団かぶっちゃおうか?ライト」
月「そんなことよりせっかく設備の整った本部に来たのに  竜崎、お前全然やる気ないよな?」
ミサ「・・・・そ・・・そんなことより・・って・・・ひど・・・
L「やる気ですか?ありません・・・実は落ちこんでます」
月「落ちこんでる?」
L「はい・・・」
L「私はずっとライト君がキラじゃないのか?と考えていましたから
  その推理がはずれだとしたらもうショックで・・・」
月「・・・」
L「いえ、まだ疑っているんですけどね。だからこうしているんです」
手錠のアップ
L「しかしキラは人の行動を操れた・・つまり
  私が月くんをキラだと疑うようにキラが月くんを操っていた・・・」
仏頂面で喋るL
モニター室で様子を見ている三人
L「月くんもミサさんもキラに操られていた・・・  
  そう考えると私の中で辻褄が合ってしまうんです・・・
  ただ何故二人を殺さないのか?そこだけが腑に落ちませんが・・・」
松田&相沢(・・・・・・・・)

24 :page38「打撃」バレ:04/10/07 16:45:46 ID:wR3KhLVT
L「もし本当に操られ自覚も無く人を殺していたとしたら
 被害者でしかないわけです。
 一から推理しなおさなくてはならない・・・。ふりだしです。
 警察の情報を盗む事が可能な月くんにキラが目をつけ、操り、
  その月くんを私が疑うようにキラが仕向けていたのだったら・・・
  私だって悔しい・・・正直ショックです・・・」
月「・・・竜崎・・・その考えだと僕もミサも操られていたがキラだったって事じゃないか?」
L「はい。それは間違っていないと思います。二人ともキラです」
L「私の考えでは監禁したときの月くんはキラでした。
  そして監禁したその時から犯罪者は死ななくなった・・・
  そこまでは月くんがキラだったで通ります。
  しかし2週間したらまた犯罪者が死に始めた・・・  
  この事から次のケースが考えられる・・・
  キラの能力は人を渡っていく。
  第2のキラのビデオにも『能力を分ける』という言葉がありました・・・」
月「・・・面白い考えだが、キラがそんなことえきるとしたら 捕まえるのは容易じゃないな」
L「はい・・・だから参っているんです・・・
  誰かを操り犯罪者を殺していき、操られたものが捕まったりしたら
  能力を他のものに移し、しかも記憶は残らない・・・
  これではいくら捕まえても無駄です・・・」
月「しかしまだそうと決まったわけじゃないだろ。
  実際キラについて具体的にわかっていることが少なすぎる。
  やる気出せよ」
L「やる気?あまり出ませんね・・・
  いやあまりがんばらない方がいい・・・」
月「・・・」
L「必死になって追いかけてもこっちの命が危なくなるだけ・・・
  そう思いませんか?実際何度死ぬかと思ったか・・・」
立ちあがる月
月「竜崎・・・」
L「?」


25 :page38「打撃」バレ:04/10/07 16:46:33 ID:wR3KhLVT
ゴッ
月の渾身の右ストレートがLの左頬に炸裂。
派手に吹っ飛ぶL。
L「痛いですよ」
月「・・・ふざけるな。  
  僕が真のキラじゃなかったから、自分の推理が外れたからやる気が無くなった?
  ふてくされてるのか・・・?」
L「・・・言い方が悪かったかもしれませんね・・・
  こっちから動いても損かもしれないので止めましょうと・・・」
月「何言ってるんだ?こっちから追い詰めないで捕まえられるはずが無いだろ
  必ず死刑台に送るとTVでキラに言い放ったのは誰だ!?
  警察官、FBI捜査官、アナウンサー、罪の無い人間を何人巻きこんだと思ってる!?
  それにミサや僕を監禁したのはお前だろ?」
L「わかってます・・・しかし・・・どんな理由があろうとも・・・」

ボギッ
Lのカポエラキックが月のアゴを突き上げる
L「一回は一回です」
ミサ(一回は一回って・・・)
L「推理が外れたというより・・・『夜神ライト=キラ、弥海砂=第2のキラ』では事件は解決しない
  だからちょっとガックリきた。人間としてそれくらいダメですか?」
月「ダメだね。大体お前の言い方は僕がキラじゃないと気が済まないって言い方だ
L「月くんがキラじゃないと気が済まない?
  ・・・・・・確かに・・・・そうかもしれません・・・・・・・・・・・
  今気付きました。な・・・何か・・・  月くんがキラであってほしかった・・・・・」
再び月の右ストレートがLの顔面中央を捉える。
殴られながらL(夜神月・・・私の諦めに対し本気で殴るなんて・・・やはりキラじゃないのか?
          いやキラの能力を誰かに分け、犯罪者を裁かせ自分はしらばっくれている可能性も0じゃない」
L「一回は一回ですよ?私結構強いですよ?」
蹴りをぶち込むL モニターを見ている3人
松田「へ・・・部屋に電話して止めましょう」
父「松田・・・やらせとけ・・・」
相沢「・・・」

松田のケータイがなる
松田「おっ?」
相沢「おい松田、携帯の電源入れてるのか!?何やってんだ?竜崎が知ったら・・・」
松田「いえ、これミサミサのマネージャーとしての方の携帯で、竜崎も常に電源入れておけと。
   はい松井です はい・・・はい・・・本当ですか!?ミサミサの部屋に・・・」
父&相沢「?」
ミサの部屋の電話が鳴る  Lがとる
L「はい」
松田「竜崎、やりました!!」
L「どうしました!?」
松田「ミサミサがエイティーンの読者人気投票で一位になりました!!  
   2ヶ月近く行方不明になっていたのが逆に話題になってよかったみたいです」
L「・・・・はいそうですか・・・」
松田「『はいそうですか』って気の無い返事ですねー・・
   これは西中監督の次の映画の主役に決まったって事なんですよ!!」
L「・・・」
月「どうした?」
L「どうでもいい。松田のいつものボケです」
月「まあ松田さんは天然だからな」
松田「・・・・こっちに聞こえてるってあの二人なら分かってますよね?・・・」

26 :page38「打撃」バレ:04/10/07 16:47:16 ID:wR3KhLVT
十日後
第3のキラ宅
第3のキラ(以下キラ)「レム、本物のキラはちゃんと存在しているんだったよな?」
レム「ああ・・・私があいつから離れた時は間違い無くキラだった。
   死神も憑いてた」
キラ「じゃあ何故犯罪者を殺すのを止めて人任せにしてるんだ?」
レム「さあ?しかし嫌ならもう止めて良いぞ」
キラ「?」

キラが読んでる雑誌にミサの映画出演決定の記事
レム(もう犯罪者を殺す必要は無いだろう・・・)
左手で何か書いているキラ。
キラ「いや・・・犯罪者は死んでもらわないと困る。 
   特に汚い金のやりとりをしている企業のお偉いさんたちはね・・・
   いくら『事故死』とだけ書けば、それを書いたときから最短でかつ自然に見える事故に遭って死ぬと言っても
   他企業の大物が事故死ばかりというのもね。
   病死は逆に『病死』と書いただけでは自然な病死には時間がかかってしまう。
   病気の進行にあまり無理のある死の状況を書けば心臓麻痺だ・・・
   つまりこのノートには、早く殺したいときは『事故死』。
   ゆっくりでもいい時は『病死』とだけ書くのが1番いい。
   だが・・・」

キラの口元アップ。ヒゲは無い。
キラ「さすがに自然に見える事故死と病死だけではらいばる企業の人間が消えて行くのも限界がある」
キラの片目ドアップ
キラ「だからキラは、政界や企業の汚職事件にも手を伸ばしたとするのが1番都合がいい。
    皆やってるし、やってない人間は操って裏金のやり取りをさせて殺す。
    キラが裁くのなら心臓麻痺でいいんだからね。
    大体キラがいなくなった2週間の事を誰が想像できた?
    最初の一週間くらいは静かだったが、その後はキラが現れる前と比べ2倍近くもの犯罪が世界中で起きた・・・
    悪い事したい奴もキラがいるから我慢してたんだな。
    そして世界中の犯罪者以外の人間達は・・・
    キラの復活を心から願っていたじゃないか。
    もう世の中にキラは必要な存在になっていたんだ・・・
    本物が殺らないのなら私が殺ってやる。我が企業にとってもこの世界の治安は大切だからね」

2004年10月
新捜査本部
情報部みたいなところで一緒にいる月とL。
月「竜崎、やる気が無いのに悪いがちょっと来てくれ」
L「?」
月「これよく見てみろよ。片寄ってるだろ?そしてこっちは急成長だ」
L「や・・・夜神くん・・・」
月「どうだ?少しはやる気出たか?」

月が見たのは!?次号「離別」

27 :page39「離別」バレ:04/10/07 16:48:06 ID:wR3KhLVT
Page.39「離別」

−やる気を削がれたLが興味を示す・・・。月は何を見つけた!?

L「や・・・夜神くん・・・」
月「どうだ?少しはやる気出たか?」
L「もしこれがキラに繋がっていたらコノキラは悪人を裁くのが本当の目的ではない・・・?」
月「・・・ああ、悪人を裁いてるのをカモフラーフに利益の為に人を殺しているとも考えられる・・・」

L「いつか夜神くんの言っていた『大人ならその能力を自分の為、出世やお金のために使う』
  というのに当てはまりますね・・・
  しかしキラと第2のキラが同時に存在していたと考えれば
  これは犯罪者を裁いているキラとはまた別のキラかもしれません
   それにしてもよくここまで調べられましたね」
月「ああ」
松田「僕もかなり手伝ったんですよ竜崎」
月「この全世界の警察や情報機関、役所に直接アクセスできるシステムのおかげだ
   正直言って何からすればいいのかわからなかった・・・
   それで一から・・・まずキラが日本にいると言う説から検証してみた
   明らかに日本の犯罪者が片寄って多く殺され、日本での報道と関連付けてみると
   日本の情報下にキラがいるのは確かのようだ。
   そしてキラが心臓麻痺で殺すのならキラの仕業として確認できない被害者もいるかもしれないと考え」
月「犯罪者以外でもとにかく心臓麻痺で亡くなった者をもう一度現在から遡って可能な限り詮索した。 
  普通ならとてつもなく時間のかかる作業だがこのシステムだと割と早くそれも出来た」
松田「これをかなり僕が手伝ったんです竜崎」
月「過去5ヶ月の犠牲者を挙げたところでその一人一人についてよく調べてみるつもりだったが
  その途中で、おの注目すべき三人に気が付いた。
  二人なら偶然で流していたかもしれないが三人だ。
  赤丸商事 開発企画部長 田三八 六平
  青井物産 システム統合部次長 青井 幸時
  元ヨツバグループ会長 森矢 竹吉
  三人共、日本を代表する企業に、重要な位置で関わっていた人物
  その3人が心臓麻痺
  なので今度は赤丸・青井・ヨツバの事をいろいろ調べてみた
  ヨツバの株価はジワジワ上がり、赤丸 青井は下落」
L「それで日本の大企業の周りの死を心臓麻痺に留まらず調べて見たわけですか・・・」
月「ああ、そうしたら・・・
  ヨツバにとって都合のいい死がこんなに・・・この3ヶ月で13人・・・ 
  他の企業から見た場合、都合いいのはせいぜい一人か二人だ。 
  さっきの3人以外は事故死と病死 一人は自殺
  そして今週に入って贈賄でキラに裁かれたものが二人・・・」
L「3ヶ月と言うと夜神くんを監禁し、一度殺しが止まり再び殺しが始まった時。
  そこも私には引っかかる・・・・・」
月「・・・・・・・・・確かに。
  どう思う?僕にはキラがヨツバに肩入れしてるとしか思えないが」
L「・・しかしそうなるキラは・・・」
月「ああ」
月&L「心臓麻痺以外でも人を殺せる!」

28 :page39「離別」バレ:04/10/07 16:49:12 ID:wR3KhLVT
円卓
「しかし本当にここで決まった事はすぐに実現される。凄いな・・・」
「先週から取り入れた贈賄でキラに裁かせるというのはいいアイディアだ」
「これだけ何の疑いもかからず上手くいくと面白くなる」
「まあそのためには八人で知恵を絞り、わざわざ遠回りにウチの利益になるような奴を選んできたんだからな」
 何より自分の会社の人間を殺してるのは大きいよ」
「本当はライバル企業の幹部を片っ端からぶっ殺して行くのが手っ取り早いが
 いくらなんでもそれはな」
「はは」
葉鳥「ヨツバの利益も株価も目立たない程度で徐々に伸びている」
尾々井「ああ、全て我々の計算通りに数値だ」
葉鳥「ただ俺はひとつ引っかかっているんだが、3人心臓麻痺で死んでる件・・・
   会議では二人が病死、一人が事故死と決まっていたはずだ」
三堂「そんなのそんなに気にする事じゃないだろ?」
紙村「そこ調べるの樹多達だったな。どうなんだ?」
樹多「まず事故死の田三八氏だが、自然な死になるよう、彼が休日の夜高速をドライブする趣味があることから
   『愛車で湾岸線をドライブ中側壁に衝突し死亡』とこの会議で決めた
   しかしこの指定時刻には田三八氏は自宅でなく、ある女性とお忍びでイタリアにいた
   『愛車』と『湾岸線』と指定しなければイタリアで事故死だったと思われるが
   依頼に不可能な点があったということだ」
尾々井「つまり死の依頼に不可能な点があるとキラは心臓麻痺で殺してしまうという
     三堂の説の考えていいんだな?」
火口「だから先週も言ったろ?『事故死』とだけお願いすれば、そこから最短の時間で自然な事故死を
    起こしてくれるのは明らかだ。もう『事故死』とだけ頼めばいいんだよ」
三堂「『病死』の方が心臓麻痺になったのも病名を『癌』にして死亡時刻まで指定したから・・・
    健康な人間が急に癌で死ぬのは不可能って考えでいいと思うよ」
「うむ。『病死』も病名で時間を指定しなければ『いつかはその病気で死ぬ』でいいだろ」
「まあ3ヶ月で3人だし、ここまでわかれば今後犯罪者以外は心臓麻痺では死なない
 気にするほどではない。
 大体警察は犯罪者だけで手一杯のはず。
 一般人のその3人から俺達に辿りつける者がいたら神だよ」
奈南川「それにもう・・・警察には圧力をかけてある」

29 :page39「離別」バレ:04/10/07 16:50:14 ID:wR3KhLVT
本部
相沢「確かにこれは片寄ってるな。ヨツバにとって邪魔な人間がこんなに・・・」
松田「大企業って裏工作して平気で事故に見せかけたり
   薬盛って病気に見せかけた殺人してそうですもんね・・・」
相沢「いつの時代だよ。今そこまでしてる企業あるわけ無いだろ」
L「しかしヨツバはそこまでしてますね・・・
  問題はそれがキラを使ったものなのかどうか・・・」
相沢「竜崎はこれをキラだと考えてるのか?」
L「心臓麻痺三人ですから可能性はあります。
  まあ私の推理は外れるのであてになりませんけどね・・・」
相沢「キラをヨツバが多額の金で雇ってるってことは?」

L「キラを雇うなんて考えられません」
相沢「何故?」
L「私が見つけられなかったキラを一企業が先に見つけた事になりますから。 
  ありえません」
相沢「・・・さっきは『私の推理ははずれるのであてにならない』と言って
    今度は凄い自信だな・・・どっちなんだ?」
L「さっきのはスネてみただけです。
  それに大企業の人間とはいえ、キラが一般人に見つかってその企業に力を貸すとは思えません
  キラだとバレた時点で相手を殺すと考えるのが普通です
  だったら『ヨツバの誰かがキラ』いや『ヨツバの中にキラの能力を持ったが人間いる』
  という推理をしたほうがまだマシです」
相沢「では逆にキラが自分をヨツバに売り込んだってのはないか?
    何かこれからの活動で資金が必要になったとか・・・」
松田「そんなキラ安っぽすぎますよ。そんなのもう全然カッコよくないっすよ」
相沢「松田おまえキラろカッコいいと思ってたのか?ああ?
松田「あっいやそういう意味じゃなく・・・すいません」
相沢「まあキラが関係してろうとしてなかろうと、これは調べないわけには行かないな・・・
  しかしこういう大企業にメスを入れるとなるとかなり厄介な事に・・・」
L「ワタリが財界には詳しく顔も少し利きますが
 もしキラが関わっていたらワタリ一人に探らせるのは危険過ぎる」
月「ワタリって誰だよ竜崎」
L「たまにパソコン越しに出て来る、夜神くんにもう一人のLと思わせていたアレです」
月「ああアレか」
PCのL画面「・・・・」
L「もう夜神Sなんも警察庁から戻ってくるでしょう。
  そこでこれからの方針を決める事にして今はまず出来ることを・・・」
相沢「じゃあヨツバの会社構成、できるだけ調べときます」
月「僕はヨツバのメインコンピューターに侵入できないかやってみるよ」
松田「えっと・・僕は・・・」

30 :page39「離別」バレ:04/10/07 16:50:50 ID:wR3KhLVT
警察庁次長室
父「な・・・何を言ってるんですか次長!?
  キラ事件を止めろというんですか!?」
次長「私ではない。上が言ってるんだ。もちろん私も反論した」
父「・・・な・・・何故上がそんな事を・・・・
  ま、まさかキラのおかげで治安が良くなったなんて本気で考えているんじゃないでしょうね?」
次長「いや・・そうではない・・・決して警察はそんな考え方はしない」
父「?・・・『警察は』?・・・じゃあ上って誰なんですか?」
次長「・・・・・・・・・・・」
父「・・・・・まさか政府が?
  先週収賄でキラに殺された政治家が関係あるんですか?・・・・・」
次長「・・・・」
父「・・・せ・政府が警察に圧力を?・・・・」
次長「夜神・・・政府あっての国家だ・・・政府が滅びれば国自体が滅びる・・・」
父「次長!!何を情けない事言ってるんですか!!
  いやそれでもおかしい。キラに殺されそうな事をした政治家が沢山いたとしても
  そういう人間ほど自分の身かわいさにキラを一刻も早く捕まえてほしいはずだ」
次長「それが・・・」
次長「キラは警察がキラを追う事さえしなければ政治家には手を出さないと言ってきている」
父「・・・言ってきている?誰にキラが言ってきたんですか!?
次長「そこまで私も知らん  キラは確かに収賄容疑の政治家を葬った。
    しかしだからこそ今のキラの存在は大きい・・・ 今のキラは政治に協力的だ」
父「協力的!?」
次長「恐ろしい奴だキラは・・・」
父「協力ってどういう意味ですか?・・」
次長「・・・・・キラは自由と言ってもいいくらいに人を殺せる
   金を得るのは簡単だろう・・そして政府に莫大稲献金を・・・」
父「!・・・・・・・・・・キラからワイロを受けている奴がいるのか・・・
   殺すという恐怖で縛るだけではなく金という飴を与えて政治家達を意のままに・・・」
次長「・・・も、もうだめだ。キラは日本の最終兵器だと言った者もいる・・・」
父「・・・・それで公には今まで通り『警察は全精勢力をを尽くしてキラを追っている』としつづけるんですか?」
次長「ああそうだ」
父「国民・・・いや全世界の人間を騙し・・実際には日本の警察はもう一人もキラ捜査をしなくなる
  もし私達が捜査を続けたらどうなるんですか?」
次長「・・・・私も自ら命がけでキラを追うもの道を選んだ君達に捜査を止めろとは言わん・・・
   しかしやるなら警察庁下で割り当てられる通常の業務をこなし
   その後や合間にあくまでも一個人として捜査してくれ」
父「つまり・・・・少なくとも・・・Lと行動を共に捜査するのは禁じると・・」
次長「・・・・そうだ。
   Lと繋がるパソコンを警察庁内におく事はできないし
   勤務時に何処にいるかもわからない状態は認められん
   警察庁の人間は警察庁を拠点として動くのが当たり前だ」
父「・・・・このままLと捜査を続けたらどうなるんでしょうか?」
次長「・・・それを私の口から言わせるのか?・・・」
父「・・・・わかりました。失礼します」
次長「!夜神、まだ返事を聞いてないぞ」
父「キラ捜査に有力な情報をくださった事に感謝します」
バタン。出ていく父。

31 :page39「離別」バレ:04/10/07 16:51:52 ID:wR3KhLVT
本部
松田「局長 あっ模木さんも、お疲れ様です。
   凄いっすよ。月くんと僕の活躍でヨツバグループにキラが関係しているんじゃないかって
   疑惑が濃厚になってきました」
父「ヨツバ!?」
松田「は・・・はい」
父「たぶんそれだ。よくやった・・・」
松田「え?」
父「今次長からキラが政治家にワイロを贈ったという話を聞いてきたところだ」
相沢「キラがワイロ?ヨツバの財力を使ってってことか・・・」
松田「すごい情報っすね。繋がりますよこれ
   だから局長もそんな気合の入った顔に」
相沢「もしかして、それで例の、この本部にキラ事件捜査の志願者を全国の警察から募るって案が
    通ったんですか?」
父「その逆だ・・・志願捜査員どころか警察はキラに屈した」
松田「えっ!?」
L月「・・・・」
父「模木にはもう話し、模木はここに残る決心のようだが」
松田&相沢「?」
父「相沢、松田、まだキラを追う気があるのなら私と模木と共に・・・」
父「今から警察庁に辞表を出しにいくんだ」
!!!?
父「もう警察を辞めなければ本気でキラを追う事は出来ない」
相沢「ど・・・どういう事ですか?」
松田「そ・・・そうですよ。警察だから追えるんじゃないんですか?」
父「簡単な事だ。『Lと共にキラを追うならクビだ』
  今そう言われてきた。ただそれだけだ。
   キラに脅されてだとしても上野決めたことだ」
松田「そ・・それで・・・きょ・・局長は本当に辞める気なんですか?・・・」
父「ああ、数時間後にはもう局長ではないな。
  皆 自分の生活がある。よく考えて決めてくれ。
  もう懸けるのは自分の命だけではない」
松田「そうですね・・・奥さんや子供がいる人は特に・・・」
L「・・・私は、皆さんは警察に戻るべきだと思います。
  もともと私は一人でしたし、警察のほとんどの者がキラに殺されたくないから
  私には協力できないとすぐ背を向けた。
  それでも今まで残ってくれた皆さんのその気持ちだけで−
  私は一人でもやっていけます。  
  そして・・・必ず警察に・・・キラの首を土産に皆さんに会いに行きます」

−警察でなくなる!?Lは・・・!?

捜査本部の変化にそれぞれの心境は一体!?次号「仲間」

32 :page40「仲間」バレ:04/10/07 16:53:02 ID:wR3KhLVT
Page.40 「仲間」

捜査本部ビル

L「私は一人でもやっていけます。そして…
  必ず警察にキラの首を土産に皆さんに会いに行きます」
月「竜崎 僕がいる限り一人という事はない。この約束もある」
ジャラ、と手錠を見せる月
L「そうでした
  夜月くんはキラを捕まえるまで行動を共にしてもらいます
  しかし他の皆さんは警察に戻られた方がいい…」
捜査陣(……)

父「竜崎 この事件には警察の協力が必要だと言ってくれてたじゃないか」
L 「言いました
  しかしそれは夜神さん達が残った事で私と警察が切れずにいた事と
  警察が組織としてキラには従わず逮捕を望む姿勢でいた事が協力となっていたんです
  さくらTVの時のように…
  しかし警察を辞める二・三人の一般人の協力は警察の協力ではありません
  そして警察はキラを捕まえないと決めたのですから
  もういいです」 
捜査陣「……」
父「た…確かに警察でなくなる我々ではたいした力にはなれないかもしれない…
  しかし…
  私達の気持ちはどうなる?
  これでもここまで本当に命懸けでやってきたつもりだ
  警察を辞めここでキラ捜査を続けるか 警察に戻りキラを追う事を諦めるか
  それくらい自分で決める権利はあるはずだ」
L 「………そうですね
  ではどちらにするか決めてください」
相沢「……… し…しかし局長…
   正直警察を辞めたら無職になるって事ですよ…
   キラを捕まえられたとしてもその先どうするんですか?
   松田の言う様に私や局長には妻子がある…
   私には…とてもそれを犠牲にしてまで…」
父「先か…
  考えていないが…キラを捕まえたその後は…」
父、爽やかな笑顔
父「再就職だな」
相沢・松田・模木「………」
松田「決めました!!僕も警察辞めて局長達とキラを追います」
相沢「松田…」
松田「せっかく僕の調べた事が役に立ってヨツバが怪しいって思えてきた。
   ここでやめたくないし、僕にはミサミサのマネージャーって仕事もあるから
   無職にはなりませんよ…はは…
   元々コネで入れた警察庁だしもういいっすよ。親達はガッカリするでしょうけどね。
   それにこれでキラを捕まえられず警察に戻ったら負け犬って気が…」
父「松田 言葉に気をつけろ」
松田「!?」
俯く相沢
松田「あ… 相沢さん…」

33 :page40「仲間」バレ:04/10/07 16:54:01 ID:wR3KhLVT
相沢「竜崎 警察に戻り空いた時間に協力するというのでは?」
L 「……駄目です 警察に戻るならもうここには来ないでください
  もはや警察の人間は敵だと思った方がいい状況ですから…」
相沢「……………………
   そんな…。今まで通りここにいようが警察にいようが秘密は漏らさない
   いや…こんな形で警察庁に戻れば最初の捜査本部に居た者達から
   Lのスパイという目で見られるだろう…
   それなら開き直って警察の動きを観る者をこっちから一人置いたと考えれば…」
L 「警察に戻り警察の方針に従い一人でキラを追うのは自由です
  何か知らせたい事があったら夜神さんにでも電話して伝えればいい。
  それも自由です。しかしこっちの情報は絶対渡しません」
相沢「……………………
   そうだな…竜崎の言う通りだ… ここの情報は絶対に外に出しては駄目だ…
   未練がましい事を言って申し訳ない」

L 「一刑事として命懸けでキラを追う事は間違ってないと思いますが
  刑事でなくなってまで家族に迷惑をかけキラを追うのは
  決して正しい事だとは私は思いません。
  刑事として死んだら殉職ですが、ここで無職で死んだら犬死にです」
父「竜崎の言う通りだ相沢。ここでやめても誰も責めはしない」
松田「そうですよ 裏切り者なんて思いませんよ」
相沢「……
   き…局長だって家族があるのに警察を辞めてまで…………」
父「相沢 私とおまえでは立場が違う
  息子がキラだと疑われ 息子共々自らだが監禁までされた。全てキラのせいでだ。
  おまえも見てたはずだ もう引き返せない…。これは私のエゴなんだ…………」
L 「それに私はまだ月くんが主犯のキラだという線も捨てていませんしね」
父(………)

父「こんな言い方もなんだが うちの子は大きい
  おまえにはまだまだ子供を育てていく責任が--」
相沢「ず…ずるい。ずるいですよ…俺だってここでやりたいです…
   俺だって本当にいつ死ぬかわからない覚悟でやってきました…
   それに…ここでやめたら宇生田に顔向けが…
   くそっ!なんで警察に勤める刑事がキラを追っちゃいけないんだ…」

モニターから声『……竜崎』
L 「どうしたワタリ」
ワタリ『あなたはこの捜査本部の者に何かあった場合 例えば警察をクビになった場合でも
    その者と家族が一生困らないだけの経済的援助をする事を最初に私に約束させた。
    何故その事を言って差し上げないのですか?』
L 「余計な事を言うな ワタリ」
ワタリ『あっ…はい すみません
    つい聞いていられなくなり…』
笑顔になる松田
松田「な…なんだ… ぼ…僕達の生活保障までされてたんですか
   よかったじゃないですか相沢さん。これなら刑事という肩書きにさえ拘らなきゃ
   今まで通りにやれますよ」

34 :page40「仲間」バレ:04/10/07 16:55:11 ID:wR3KhLVT
相沢「竜崎」
L 「はい」
Lの方を向き直る相沢。Lは相沢に背を向けている
相沢「俺が警察を辞めて一緒にやるかどうか観てたのか?」
父「ち 違うぞ相沢 竜崎はそういう事を自分で言うのが嫌いなだけだ」
松田「そ…そうですよ 竜崎ってそういう偏屈なところあるのは
   もうわかってる事じゃないですか」
L 「いいえ
  試してました。どっちを取るか観てました」
父・松田(竜崎…)

相沢「……………………」
L 「……………………」

相沢「わかった…俺はここを辞めて警察に戻る」
松田「!相沢さん…」
相沢「俺は局長達の様にすぐに決断できなかったし、警察に戻る方に傾いていた…」
松田「そんな意固地にならずに…」
相沢「いや、やめる。今またはっきりわかったが俺は竜崎が嫌いだ。
   竜崎のやり方全てがな!!」
L 「それが普通です相沢さん
  私は相沢さんみたいな人好きですけどね」
たじろぐがすぐにLに背を向ける相沢
「こ…こういう事を白々しく言うところがまたどうしようもなく嫌いなんだ!
 俺はここをやめる!」
L 「お疲れ様でした」

-捜査本部ビル-
二日後

モニターに映っているミサ、メイク中
PCに向かっている月
何かフォークで食べてるL
大量の書類を作っている模木
暇そうな松田

松田「また一人減っちゃいましたねー。建物が大きいだけに寂しいっすねー。
   (黙々と働く模木を横目に)
   模木さんは居ても殆ど喋らないし…」
月「また見つけたぞ竜崎。
  9月10日 自宅階段で足を滑らせ転落 打ち所が悪く死亡
  大友銀行飯田橋支店長 矢位部巡一 来月には本店次長になる予定だった
  実質 大友で今一番のやり手とされていた人物。
  そして三日前に大友銀行取締役 山込田時男が贈賄容疑で事情聴取。
  逮捕はまだだがこうなると今までのパターンからキラに裁かれるか自殺する事に…
  これで大友銀行はもうガタガタだ。ヨツバ銀行は大友を抜けば国内一になる…」
父「9月10日というと金曜だな」
月「!?」

35 :page40「仲間」バレ:04/10/07 16:56:03 ID:wR3KhLVT
父「私達は簡単な事を見落としていた。もう一度よく調べ直してわかったんだが
  ヨツバにとって都合のよい死は週末に集中している」
松田「えっ?本当ですか」
父「一連の死が三ヶ月前からだとして、最初の頃は事故死でも死亡日時にバラつきがあったが
  土曜の午後に集中しだした。ライトが最初に注目した三人の心臓麻痺も全てそうだ」
松田「よ…よく気づきましたね局長!……………まだ月くんも竜崎も言ってなかった事を」
父「………もう局長ではないと言ってるだろう」
松田「いえ僕にとってはずっと局長です」
月「殺人が週末に集中…どういう事だ?」
L 「おかしいですね…
  この殺人にキラが関係しているのならキラは心臓麻痺以外でも人を殺せる事になる
  ならばそれがバレない様、事故死等は死の時間を操って片寄りが表面に出ないようにするはず…
  週末に何か意味があるのか?…
  やはりキラではないのか?…」
月「僕も見落としてたことを…これは何かのヒントになるよ父さん」
父、ガッツポーズ
父「私だってまだまだおまえや竜崎に負けておれん
  ここのお荷物にはなりたくないからな」
松田(………………)
L 「ヨツバの中にキラがいるのか、キラがヨツバを利用しているのか、
  キラは関係していないのか…わかりませんが、もうキラの仕業だと考え捜査しましょう。
  ヨツバを徹底的に調べます」
模木「国内外ヨツバグループ全社員リストできました」
L 「模木さん地道な作業ありがとうございます」
大量の紙束を置いて去っていく模木
月「30万人以上か…よくこれだけの人をこんなに早く出せたな…凄いよ模木さん」
L 「模木さんは最初から何気に凄いですよ」
松田「………………。よ…よし、僕もがんば…」
携帯が鳴る
松田「あっマネージャー携帯が………………」
モニターに映っているミサ、携帯で電話している
ミサ『マッツー、ロケ行くよー』
松田(そうか、今日も午後から映画のロケが…)
松田「僕も捜査の方がしたいけど仕方ないから行ってきまーす」(………)
書類を見ている皆の様子を横目に、気まずそうに立ち去る松田
父「社員の数にも驚くが支社だけでもこんなに…。どこから手をつけたらいいのか…」
月「もっと人手が欲しいな」

L 「ワタリ」
モニター越しにワタリの声
ワタリ『ハイ』
L 「アイバー、それにウエディをここに呼べるか?」
ワタリ『え?彼らの居所は把握してますが顔を見せる気ですか?』
L 「彼等と私にはもうそれなりの信頼関係があります。ヨツバという大きな物を探るのにわざわざ
  ワタリを通していたのでは無駄に時間がかかるし私の考えも伝えにくい」
ワタリ『……わかりました。手配します』

36 :page40「仲間」バレ:04/10/07 16:57:08 ID:wR3KhLVT
三日後
捜査本部ビルに現れた男女。コツコツと歩いてくる
アイバー「俺はアイバー、詐欺師だヨロシク」
ウエディ「ウエディ、職業はドロボウ」
父「さ…詐欺師に泥棒?……」
L 「そうです。アイバーは語学力 心理学 人格変換術 あらゆる社交に必要な物を身につけ
  必ずターゲットと親密な関係になる詐欺師。潜入捜査に使えます。
  ウエディはどんな鍵 金庫 セキュリティでも破れる泥棒です。その証拠にこうして
  我々に気づかれる事なくここまで入って来た。2人とも歴とした、犯罪者です」
父「………………は…犯罪者と一緒にやるのか?」
L 「犯罪者といってもキラに裁かれる様な表に出てくる者とは少し違います。
  裏の世界のプロとでも思ってください。他にも必要に応じ犯罪者であろうと
  手を借りられる者は押さえてあります
  皆顔を見せたがりませんし私も信用できる者にしか顔は見せませんが
  この本部に住んでもらう者がいるかもしれません。
  流石に夜神さん達が警察であったのでは入れられませんでしたが今となっては…」
父「…………しかし…」
月「…………なるほど、ヨツバを探るならこういう人達も必要になる。
  皆で力を合わせてがんばろう!」
アイバー・ウエディに握手を求めて手を差し出す月
松田「うん」
父「……う…うむ…」
公園。ベンチに一人座ってボンヤリしている相沢

相沢の娘「あっパパだ!」
相沢の妻「まさか…」

相沢を見つけて駆け寄る娘

娘「ほらーパパだーっ」
妻「あなた…」
相沢「由美… 恵利子…」
娘、相沢に抱きつく
妻「何してるのよこんなところで…
  帰って来るならちゃんと言ってよね、あなたの分のおかず買ってないのよ」
娘「私のコロッケ半分あげるよー」
相沢「すまん…ずいぶん休んでなかったから休暇がもらえてな」
娘「えっ『きゅーか』ってお休み?」
相沢「ああそうだ」
娘「やったー」
相沢、娘を高く抱き上げる
相沢「それにこれからはちゃんと毎週休めるんだぞ」
娘「ええほんと-?すっごーい」
相沢「だからこの公園にだって… いや動物園にだって… 遊園地にだって…」
肩を震わせている相沢。娘を降ろし、項垂れる相沢の後ろ姿。
娘「どうしたの?パパ…
  ママ…パパが泣いてる…」

己の命の為ではない。愛する家族の為に…相沢、無念の離脱!!
ヨツバに対するキーマンとなるのは!?次号、『松田』


37 :page41「松田」バレ:04/10/07 16:58:32 ID:wR3KhLVT
page.41松田

表紙はビル街を飛ぶレム。

公園にてミサ映画ロケ中
俳優「君を愛しているよ」
ミサ「監督、ミサ、彼氏いるのでラブシーンはNGでお願いします」
監督「……何言ってんの?今更…」
  「そんな事言ってたら映画撮れないよ」
ミサ「だからキスはしてる振りだけに」
ロケ現場の向こうにあるビルを見ながら
松田(ヨツバグループ東京本社…)

前回の父と模木の活躍シーンを思い出す松田
監督「2時間休憩ーっ」
松田(今日は金曜…ヨツバにとって都合のいい死は金曜から土曜の午後までに集中している…)
ミサ「松ぅ〜っあの監督ムカツクんだけど」
松田「ミサミサ今日のロケ結構遅くまでだったよね?」
ミサ「えっ?うん、22時すぎまではかかるだろうって…」
松田「じゃその頃には戻ってくるから」
ミサ「えっ?どこ行くのよ?」
  「………何よ皆して… もーーっ」

捜査本部にて
月(ユリとスペースランドに行った時、前日銀行強盗した恐田奇一郎がバスジャックしピストルを乱射
  最期はバスから飛び出し車にはねられ死んだ…
  キラが心臓マヒ以外でも人を殺せるとすると…………)
 (あの時レイ=ペンバ−というFBI捜査官が同乗していた…
  恐田を操りレイ=パンバーの身元を明かさせたというのは筋が通る…)
 (そしてレイ=ペンバ−の婚約者南空ナオミ、行方不明だが…)

月(確かに僕は元旦に彼女に会った。細かな会話の内容は思い出せないがキラ事件に付いて話したし
  彼女はキラは心臓マヒ以外でも殺せると言った…確かそう言ったはずだ…)
月(何故僕は今までこの事に注目していなかった?
  今まではキラが心臓麻痺以外で人を殺せると考えていなかったからか?
  いや、それでもペンバーと南空は注目すべき2人だ…
  まさか竜崎の言う通り僕が…いやそんなはずはない)
月(……………もし仮に僕が顔と名前で人を殺せる能力があったらどうだ?
  悪人を裁こうとするか?……確かに世の中いない方がいいと思う人間はいるが…
  自らが殺人犯になって悪を裁く事で世の中を変えようとまで僕は思わない…)
月(やはり考え過ぎだ。僕がキラであるはずがない。
  そんな記憶は全くないし大量殺人をしてその記憶が残らないなんてあり得ない)
月(ペンバーや南空の事は竜崎に話すべきではないな。話す意味もない。また話がこじれるだけだ)

38 :page41「松田」バレ:04/10/07 16:59:35 ID:wR3KhLVT
月(そんな事より今犯罪者が次々とキラに殺されている…
  余計な事は考えずにキラを捕まえる事だけに集中するんだ)
L「夜神くん」
月「ん」
L「どうしました?深刻な顔をして」
月「いや、モニターばかり見ていたから少し疲れただけだ」
 「ヨツバ本社のコンピューターに侵入できたがさすがにキラに繋がる物はないな
  そんな証拠になるような物をわざわざ入れるはずもないけどね」
L「凄いですね。このハッキングの腕があったら警察のコンピューターでも侵入できたでしょうね」
月(確かに僕は警察庁の父のパソコンをハッキングしていたが…
  しかしそれはキラ事件を僕なりに考えるためだ…キラだからではない!)

月「まだそんな事を言っているのか?竜崎。
 僕を疑っているのは勝手だが今起きている事にちゃんと目を向けてくれよ」
L「そうですね。とにかく今のキラを捕まえる。それが事件解明への今できる最良の事に違いないですから」
ワタリ「竜崎!」
L「どうした?ワタリ」
ワタリ「探偵のエラルド=コイルの所に「Lの正体を明かして欲しい」という依頼が…」
   「それなりのエージェントを2人通して依頼人が分からない様工作してありますが
   依頼主はヨツバグループ東京本社ライツ企画部長 樹多正彦と突き止めました。
   前金で10万ドル成功報酬140万ドル」
L「よく調べてくれました。ワタリ」
局長「!!やはりヨツバか……」

松田ヨツバビル正面玄関にて
松田(こんな大きな会社なら皆が皆顔を知ってる訳じゃない。社員になりすませば怪しまれないだろう)
ビルの受け付けを見てアポイント制になっているのを見て
松田(……無理か……)
ヨツバ社員「やべ15時からのプレゼン遅れたら課長に…」
カードキーを出して通る社員を見ながら
松田(社員はあそこにカードいれて通るのか…ここからは入れないな………)

松田(いや…こういう会社には必ず裏口もあるはず)
松田「あった」
松田(こっちにも人が…しかしあの警備員にさえ気付かれなければ……)
警備員が後ろを向いた隙にこっそり入る
松田(不法侵入だよな…これ…もう刑事でもないし……見つかったら捕まるな)

捜査本部にて
局長「エラルド=コイルといえばLに次ぐ名探偵といわれている者じゃないか
   金で動く事でも有名だが人を探し出す事にかけては断トツ…」
月「ヨツバとキラが繋がっていてLの正体を欲しがっているという事は正体を知ったら殺すつもりだろうな」
局長「まずいな。人手がないのにコイルの方にも気を配らないと駄目という事か…
  コイルも顔を隠しているだけに厄介だ…」
L「大丈夫ですよ。エラルド=コイルという探偵も私ですから」
局長「えっ!?竜崎がコイル?」
L「今世界の三大探偵といわれているL、コイル、ドヌ−ヴ、皆私です。秘密にしておいてください」
L「私を探そうと考える者は結構これに引っ掛かります。
  コイルもドヌ−ヴもワタリが仲介に入りますからバレバレです」
月「流石だな。竜崎」
 「あ、あった」

39 :page41「松田」バレ:04/10/07 17:00:30 ID:wR3KhLVT
月「樹多正彦 ちゃんとヨツバの社員リストには入ってる」
局長「しかしいくらヨツバとはいえ企画部長なんてポストで一億五千万なんて金
   右から左へ動かせるはずがない。こいつがキラッて事か?」
月「それはないと思うよ、僕は」
局長「そうか?キラならいくらでも金を得る手段はあるだろうし
  いや自分がキラだというだけでヨツバから金がとれるのでは?」
月「それだとキラはヨツバの利益を上げそこから金をもらったって事になる。
  父さんの言う様に金を得る方法は他にいくらでもある。
  突き詰めればヨツバの社長に「金をださなければ殺す」と言えばいいだけだ」
L「そうですね。依頼主だからといって樹多がキラとは考えにくいですね」
 「ここまできたらもうアイバーとウエディに働いてもらっていいでしょう」

松田ヨツバビル内
前からサラリーマンがたくさんやってくる
松田(わっまずい。いっぱい人が出て来た)
  (17時半…定時業務終了ってことか…)
隠れる松田。サラリーマン達はエレベーターへ
松田(…僕もあいつらにまぎれてここを出た方が…いや…それじゃ入って来た意味がない…
   社内中物色するか…いや、そんなことして捕まったら…やっぱり帰った方が…)

エレベーターを待つ後ろ姿(たぶん鷹橋と紙村)
鷹橋「はーっ今日もあれか…ダルいな…」
紙村「でも週末だからまだいいんだ。あんな何時間になるかわからない極秘の会議
   月曜だったら会社来るの憂鬱になる」
鷹橋「それもそうだな」
松田(極秘の会議…!?金曜の夜いつもやってる様な言い方…ビンゴ!?
   き…今日の僕は冴えてるぞ)
エレベーターの向かう階数を見る
松田(19階、いや待て)
エレベーターに乗るのをやめて階段で19階に向かう

捜査本部。アイバー樹多の顔写真を見ながら
アイバー「彼に近付けばいいんだな。任せてくれ」
L「はい。お願いします」
ウエディ「で、私はこいつのいるヨツバ東京本社の監視カメラや防犯システムを破れるようにしとけばいいのね」
L「はい」
 「では皆さん、分かっていると思いますがこれからのやり方に付いてもう一度確認しておきます」
 「相手はヨツバでありキラでもある。ヨツバにとって都合のいい死が多発し
  心臓麻痺死者もいる事と探偵を雇ってまで私を探している事からまず両者は関係していると考えていい」
 「キラの能力を持った者は一人とは限りませんが、ヨツバを洗って行けばきっとたどりつけます。
  まず誰が能力を持っているのか何人が持っているのか完璧に把握する」

40 :page41「松田」バレ:04/10/07 17:02:25 ID:wR3KhLVT
L「その能力は顔と名前さえあれば念じるだけで殺せる物だと考えればその見分けはとても難しく危険も伴います。
 そしてその能力は人から人へ渡るという可能性も少なからずあります。ですから」
 「絶対にヨツバ側に我々が調べている事を気付かれてはなりません。
 気付かれたらその時点でキラは捕まえられなくなるくらいに考えて下さい」
 「気付かれない様慎重にジックリ調べ、なおかつ…」
 「その者がその能力を持っているという証拠と殺しを行って来たという証拠を誰に説明しても
 明白であると納得できる形で捕まえます。気付かれずに証拠を押さえる…それしかありません。
 くれぐれも焦った行動、先走った行動、一人の判断で動かないで下さい」

階段を昇りきる松田。
松田(あ、あの部屋だ)
会議室を見つけるとそっとドアの前にいって聞き耳をたてる。
松田(くそっ…何か会話してるのはわかるが何を言ってるのかは聞き取りづらいな…)
  (しかし金曜の夜に数名で極秘会議…もしかしたらもしかするぞ、これは…)
1時間後
松田(さっき絶対「殺す」って聞こえた…キラ…キラって言った。出た「キラ」出た!!
   ええっ!?「キラに殺してもらうのは」…聞こえたぞ!!)
  (こ…こいつらやっぱりキラと……やったぞ…凄い手柄だ!!)
その時松田の張り付いてたドアが開く

ドアの向こうから葉鳥と紙村
紙村「俺もトイレ…」
松田「!」
捜査本部にて
L「探ってる事を気付かれないためにもまずアイバーとウエディに…」
ワタリ「……竜崎」
L「どうした?ワタリ」
ワタリ「松田さんがベルトで緊急サインを送って来ました…」
L「……どこから?」

ワタリ「それがどうやらヨツバの東京本社内からの様で…」
局長「な…何をやってんだ!?松田は!!…気付かれでもしたら…」
月「いや緊急サインってことはもう気付かれてる可能性も…」
アイバー「……だとしたらたぶん殺されますね」
L「……今までの話は忘れて下さい…作戦考え直しです」
 「…………松田の馬鹿…」
驚愕の顔の松田。あおりは「死!?」

47号巻頭カラー「天国」

41 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/07 17:58:16 ID:ylbQrpeB
乙。
これで安心して47号のバレが待てるよ。

42 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/07 23:09:35 ID:w7aaSngc
お疲れ様です

43 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/08 00:14:19 ID:5FSxkTMT
ナルトが異様な早さでバレあがってたのに、デスノはまだ来てないですか?

44 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/08 00:19:45 ID:QtWjwIpT
       
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  46号は休載です。l
 |_________|     
  i⌒l'´ ̄⌒ヽ||
  | ノ ノノハ))) ||                
 ノノ(li ゚ ヮ゚ノリノ||
   /   づΦ

45 :5巻以降バレまとめ:04/10/08 01:26:42 ID:TLTaqmjm
専ブラポプアプ
page35「白紙」 >4 >5 >6 >7 >8 >9
page36「親子」 >10>12>13>14
page37「八人」 >15>16>17>18>19>20>21
page38「打撃」 >22>23>24>25>26
page39「離別」 >27>28>29>30>31
page40「仲間」 >32>33>34>35>36
page41「松田」 >37>38>39>40

携帯・IE用一括
page35「白紙」 >>4-9
page36「親子」 >>10-14
page37「八人」 >>15-21
page38「打撃」 >>22-26
page39「離別」 >>27-31
page40「仲間」 >>32-36
page41「松田」 >>37-40

・俺メモ
4巻発売時に既出分追加貼付け

46 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/08 02:23:14 ID:DSIj8jvD

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 46号は休載です。 l
 |_________|
  i⌒l'´ ̄⌒ヽ||
  | ノ ノノハ))) ||
 ノノ(li ゚ ヮ゚ノリノ||
   /   づΦ

47 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/08 16:02:13 ID:QtWjwIpT
前スレのpage26〜page40、QJテキストはここから。
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1084805389/484

【文字バレ師たち】
弟 ◆UVaAk0rOs2
 火曜夜〜 兄が見たのを聞いて簡易バレ。携帯
ミナ ◆NPstCqwibg
 水曜夜以降、新手のバレ師の真偽確認をしてくれる。文字バレからは引退。
5ch ◆UvGJoaFDw6
 木曜朝〜 いつのまにやら詳細バレ師に。文字バレ真打
875 ◆Xz57dKmWhs
 木〜金 ワンピバレスレの神だが、時々デスノスレにも来てくれる。デジカメからの画像うpも。

48 :page.42 「天国」文字バレ:04/10/12 23:09:04 ID:2jaOEZLG
896 名前:弟 ◆UVaAk0rOs2 sage 投稿日:04/10/12 22:23:09 ID:YqMAaPHh
>>839はマジ

839 デジカメうpって怒られたバカsage 04/10/12 21:32:15 ID:rvyY3VoF
表紙煽り
つながれている。 鎖に、そして何かに。
page.42 天国
葉鳥「なんだおまえ!!」
扉の前で腰を抜かす松田を見て思わず立ち上がる八人
おもむろに海砂の写真と偽名の名刺を出し営業に来た風を装う松田
会議を聞かれたと不安になる者もいる中
営業トークを聞くために松田は別室へ連れて行かれる

葉鳥と紙村を松田の見張りに置きつつ残りの六人で松田の処遇の会議
話を聞かれた可能性はあるが会社の中では殺せない
かといって外に出しても誰かに喋られる可能性があると危惧する六人

所変わってLビル
パパ「松田は弥の監視を常にしているはず 二人でヨツバに居るという事か?」
月「・・・・・・松田さんじゃわからないね・・・」
L「・・・・・・・・・・・・
Lは松田が外に出るときには本名が分かる物を持ち歩いていない事をパパに確認すると
松田の携帯に電話を入れる

またまた場面はヨツバ本社へ
松田の所持品を確認するが海砂のマネージャーとしての物しかないので
産業スパイ等の疑いは持たずにマネージャーと信用する
松田「はい マネージャーといってもスカウトから営業まで何でもしております
    ミサミサはどうでしょう!?」
と、取り繕いながらも松田の頭の中ではキラの力による死への恐怖で混乱している様子
その時松田の携帯に着信がある
葉鳥「出ていいですよ しかしここに居る事は言わず少し耳から離して私にも話が聞こえる様に」
L「よーっ 松井ーっ 朝日だーっ おひさーっ」
パパ「・・・・・・・・・」
Lの声だと気付いた松田は
松田「おーっ 朝日久しぶり」
L「あ 外じゃないみたいだなもう家か?」
松田「ああ」
L「今一人?」
松田「うん・・・ 家で一人だよ何?」
L電話口を手で塞ぎながら皆に
L「松田は弥と別坑道で一人ヨツバに居ます
パパ・模木「・・・・・!」
L「今から飲みに行かないか?」
松田「えっ?飲みに? き・・・今日は止めとくよ・・・」
L「なんだ またサイフがピンチなのか?」
ピンチという言葉が隠語であると察知して
松田「ああ・・・そう言う事 バレバレだな あはは」
L皆に
L「松田ピンチです」
パパ「!」
L「じゃ また改めて誘うよじゃーなー」
と電話が終わる

49 :page.42 「天国」文字バレ:04/10/12 23:09:57 ID:2jaOEZLG
23 名前:デジカメを(rysage 投稿日:04/10/12 22:50:28 ID:rvyY3VoF
松田の疑いが晴れ正式にマネージャーとして残りの六人に紹介される松田
営業に来たのに本人がいないことを突っ込まれる,
松田「あっ それはもう えーっと 映画のロケもうすぐ終わりますからそしたらすぐここへミサミサを呼びます
    是非是非ミサミサをヨツバのイメージガールに・・・
ロケ終了までの時間を稼ごうとする為に必死に取り繕ってます

ロケ現場
ロケが終わった海砂に月からの電話がある
月「ミサ 僕だ松田さんは?」
ミサ「えっ? あっ・・・ あいつサイテー
   3時頃だったかなーミサの事ほったらかしにしてどっか行っちゃったの
   ミサ 松がいないとそこ入れないんだよね」
と、そこに海砂の仕事用携帯に着信
月からの電話はそのままに松田からの電話に出る海砂
松田からヨツバのCMに出れるかも知れないからヨツバ本社に来るように言われ喜ぶ海砂
松田からの電話も終わりその事を月に報告したが月はヨツバには行ってはいけないと言われる
しかしLが
L「夜神君 ミサさんを行かせましょう 松田さんを助けられるかもしれません」
月「!?」
L「ミサさんは夜神君の言う事なら聞いてくれます」
月「ちょっと電話を切らず待っていてくれ ミサ」
ミサ「うん」
L「 ・・・・・・・・・ これでどうでしょうか?」
月「なるほど・・・止むを得ないな
  ミサ よく聞いてくれ」
ミサ「ん? うんうん」
月「ミサ わかったか?プロダクションの方の連絡その他の用意 そしてセキュリティ
  こっちで全てやっておくミサのかわいさがあればきっとうまくいく」
ミサ「うん!ライト「かわいい」っていってくれてありがとうライトの頼みだもんちゃんとやる!」
凄く嬉しそうに返事をする海砂

場面はヨツバ本社へ
松田「おまちかね 弥海砂です」
仕事用の服に着替えた海砂が
ミサ「わっ8人もでの面接・・・さすがヨツバさん・・・・・・
   ミサミサです ヌードにはなりませんが 水着や下着姿までならOKです!!
   よろしくお願いします!!」
鷹橋「や・・・やっぱ本物はものすごくかわいいな・・・」
樹多「今はそういう問題じゃないんじゃないか?」
三堂「・・・・・・・・・・・・」
ミサ「松 ヨツバさんだし事務所からスペシャル接待OK出たよ」
松田「ん?スペシャル?」
ミサ「皆さんをミサの広ーい家で事務所の女の子沢山集めておもてなししまーす」
紙村「えっ 事務所のモデル沢山?」
松田(´-`).。oO「そうか ミサの部屋なら竜崎たちが観る事ができる・・・
          竜崎が助けを?こ・・・殺されずに済むかも・・・」
八人は口々にミサの部屋へ行く事に

50 :page.42 「天国」文字バレ:04/10/12 23:11:21 ID:2jaOEZLG
36 名前:デジ(rysage 投稿日:04/10/12 22:52:41 ID:rvyY3VoF
海砂の部屋を写したモニタ
ミサ「はい 飲んで飲んで」
八人「これは『天国』だな あはは」
L「ミサさん結構やりますね」
その乱痴気騒ぎの中こっそり携帯を持ち出しトイレに行き
トイレからLに連絡を取り盗み聞いた会議の事を伝え何とか殺されない方法が無いか聞く松田
そこでLから殺される前に死ぬ事が助かる方法と言われ
更にある行動を取るように言われる

トイレから酔っ払ったふりをしながらベランダまで行き突然
松田「さ〜っ 皆さんご注目ーっ 松井太郎ショーターイム!」
言うや否や松田はベランダの手すりに乗り
皆の制止も聞かずに手すりの上で逆立ちをする

次の瞬間松田は手すりから落下してしまう
しかしそのすぐ下には模木とパパがマットで作った滑り台があり
それに乗ることで下の階に避難する事ができた松田

八人がベランダから下を見るとうつ伏せに倒れた男の姿が
アイバー(´-`).。oO「まったく嫌な役だな」
ウエディ「OH!NO! ドンッって音がしたから来てみれば・・・119番しなくては」
通行人を装ったウエディが騒ぎ立てる

場面はミサの部屋
海砂はこの場は何とかするから早く帰るように促しつつ
どさくさにまぎれてCMの事もお願いする
救急隊員に成りすましたLと月が救急車で駆けつけ松田ことアイバーを収容
それを見た八人が目の前で死んだ事で安心する

翌日
新聞を見ながら
松田「小さいなー・・・」
そこには凄く小さく海砂のマネージャーの死亡記事がある
月「それでも絶対ヨツバのあの八人は確認するはずだから大丈夫だよ
  これで松田さんは死なずに済むんじゃないかな たぶん・・・」

海砂のマネージャーを松田から模木へ交代し
モニターにヨツバ八人の写真を写しながら
この八人の中にキラに繋がっている者が居るとLが言って終わり

L側、核心へ迫り始める!?次号、「黒」!!


51 :page.42 「天国」補足:04/10/12 23:14:36 ID:2jaOEZLG
142 名前:弟 ◆UVaAk0rOs2 sage 投稿日:04/10/12 23:09:19 ID:YqMAaPHh
出ていないくだらないこと

・レムは喋らないが登場する。
・アイバーはちゃんとかつらもしていて上から見れば完璧に松田。
・ミサのマネージャーはアイバーにしようとしたが、アイバーが拒否したため模木になった。


52 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/12 23:21:49 ID:splfBozV


53 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/12 23:39:37 ID:KMRSCrNQ
51乙カレ
弟氏にマジ感謝

54 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/13 05:30:32 ID:ogMBIHOH
なんかデスノどんどんツマんなくなってないか?
もう月とLのギリギリの知恵比べは無しか?(´・ω・`)

55 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/13 08:09:02 ID:qTun8B/8
乙です!すげーワロタ

56 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/13 09:49:53 ID:h0tps2ya
>>54

今の引き伸ばし展開が月の復活を衝撃的なものにするための対比として倦怠感を出している
んだとすればまぁ耐えられるけど...(サイがいなくなった時のヒカルみたいに)
どうせこんなことになるんだったら1年くらいで終わった方がデスノは名作として後世に語り継がれてたろうな。

もう、引き伸ばしがみえみえすぎて別にこんな脱線の話は必要なかったきがする。

57 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/13 10:05:24 ID:phgUTn7r
松田のバレで確信した。
これはギャグ漫画だったんだよ!!

58 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/13 20:35:31 ID:AIbFreOT
デスノ最悪な内容になって来たな…。
マジでギャグ漫画?

59 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/14 01:39:39 ID:YGZmM8Dx
文字バレの完全版はないのでしょうか?見たいよぅヽ(´д`)ノ

60 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/14 01:49:19 ID:ALGMN/sl
マルチせずにおとなしく待て

61 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/14 02:19:53 ID:YGZmM8Dx
>60
マルチ?…あそっか、さっきネタバレにも書き込んだから…ごめんなさいね、いつまででも待つわ!(*^_^*)

62 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/14 05:46:36 ID:13k1p2dH
(*^_^*)はヤメレ…

63 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/14 08:58:16 ID:VcrqbooT
(´А`)ベランダなんてあったっけ?

64 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/14 10:09:49 ID:gsQ3pKYw
ないと布団干せないだろ

65 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/14 14:19:25 ID:HkfdINgq
>>63
テラス

66 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/15 00:47:48 ID:jxlF+JJQ
ここはネタバレを載せるだけにして
コメントはネタバレスレにかけやカスども。

67 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/15 15:00:49 ID:nB7oBw+6
8人の中に一人だけバカっぽいのがいるが、あれがキラだろ。どうみても怪しい。
シルエットではついてなかったヒゲがついてるけど、Lの時も顔が出てないときと出た
時じゃ全然顔が違ってたからなぁ。
わざとらしい演技するんじゃねー!!

68 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 22:59:20 ID:vHx16Ugd
381 :弟 ◆UVaAk0rOs2 :04/10/19 18:58:45 ID:vnCHz1c7
page.43 「黒」
アイバーがエラルド=コイルを名乗り樹多に電話をする。
樹多は何で自分の番号を知っているのかと驚くが、エラルド=コイルならおかしくないだろうと納得。
アイバーは、口止め料200万ドル前金200万ドル成功報酬800万ドルにしてほしいと言い電話を切る。
八人は緊急会議を開く。
会議の内容は金のこととエラルド=コイルのこと。
金については前金500万ドル成功報酬1000万ドルに決定。
エラルド=コイルについては、
「口止め料を払え」「最近ヨツバが急成長」「Lの捜索を依頼」などのことから、八人の中にキラの関係者がいるとエラルド=コイルに感づかれたかもしれないと誰かが言う。
だとしたらエラルド=コイルを敵にしてはマズイので、大金を払ってエラルド=コイルを飼うことにする。だから上に書いた金額を払うことにした。
Lはこの方法を聞いて「名前を使われたのは少し気に食わないが、いい方法だ」と言う。(アイバーが行動を起こしてからLに言ったのか、Lに言ってから行動したのかは不明)
松田がまだ死んでないので、第3のキラは顔だけで殺せないと推測する。
松田「本当に危なかったんですね。」みたいなことを言う。
ウエディに八人の会議室に盗聴器と監視カメラをつけてもらうことにする。
最後のページ
本部でみんながモニターを見ている。
モニターに映っているのは八人の会議室。今から会議が始まろうとしている。なぜか一人いない。
・レムとリュークは登場しない。
・松田を外出禁止とかの話はなし。
・黒の意味は、「松田の話を聞いただけでは八人は黒とは言いがたいが、もうここまできたらきっと黒だろう」ということだと思われる。

69 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:07:57 ID:vHx16Ugd
541 :(ry :04/10/19 21:02:21 ID:6Nx1mB0F
プロフィールを書く作業が予想以上に面倒くさかったです
しかもまだまだ書き終わらないしorz
page.43「黒」
煽り「八人に絞られた!? 次は・・・!?」
捜査本部モニター前モニターには八人の名前プロフィールが映っている
父「松田の話が本当ならこの八人の中にキラもしくはキラに繋がった者がいるという事に」
松田「本当ですよ 「キラに殺してもらう」って言ってたんですから」
父「竜崎 仮にこの八人全てにキラの能力が備わっていたとしても
   第二のキラの様に顔だけで殺せる能力は無いと考えていいのか?」
L「そうですね・・・
  顔だけで殺せるなら松田さんを死んだように見せても 今生きてるのは考え難いですから」
松田「えっ・・・あっ・・・そうか・・・ 僕本当に危なかったんですね・・・」
見開きで八人のフルネームとプロフィール
両脇に「ノートを持つ者は・・・」「この中にいる・・・!?」


70 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:08:40 ID:vHx16Ugd
543 :名無しさんの次レスにご期待下さい :04/10/19 21:03:56 ID:6Nx1mB0F
鷹橋 鋭一:40歳 既婚 子あり
 マテリアル企画部部長件ヨツバホーム取締役
 慶洋大学商業部卒
 趣味はサーフィン
 全国経済新聞社社長・鷹橋蔵造の息子
三堂 芯吾:32歳 独身
 経営戦略部部長兼ヨツバファイナンス取締役
 東応大学法学部卒
 趣味はフェンシング
 参議院議員・三堂栄吾の息子
紙村 英:36歳 独身
 人事部人事課長
 京土大学法学部卒
 高校時、ラグビーの全日本代表選出経験あり
 母子家庭
火口 卿介:32歳 独身
 新技術開発室室長
 早稲木大学政治学部卒
 剣道五段
 ヨツバ重工業社長・火口二郎の息子
樹多 正彦:32歳 既婚
 ライツ企画部部長
 東応大学理工学部卒
 趣味は眼鏡集め
 両親共に生物解剖学教授
葉鳥 新義:33歳 既婚 子あり
 宣伝戦略部部長
 二橋大学文学部卒
 趣味は陶芸
 現ヨツバグループ社長・四葉台之介の息子 しかし愛人の子である
尾々井 剛:43歳 独身
 VT事業部部長
 早稲木大学法学部卒
 ガンマニア
 父親は防衛総庁勤務
奈南川 零司:30歳 独身
 第一営業部部長
 ハーバード大学経営学部卒
 将棋の腕前はプロ四段並
 父はヨツバアメリカ本社社長
 アメリカ在住経験6年

71 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:11:02 ID:vHx16Ugd
642 :(ry :04/10/19 22:00:01 ID:6Nx1mB0F
月「しかし いくらこの八人の身辺を調べても個人的な殺人と思われる死は出てこない
  ヨツバ拡大という私欲にキラの能力を使うなら個人の欲にも使っていて
  誰がキラもしくは繋がっているか絞れると思ったんだが・・・」
L「個人が自由にキラの能力を使えるわけではないのか・・・」
月「あるいはヨツバに疑いがかかったとしても個人には絞られない様注意を払っている」
L「どちらにしろ 八人で会議して行動してるんですから一人では何も出来ない馬鹿で腰抜けなんですよ」
父「その八人の会議が金曜に開かれ 金曜の夜から土曜の午後に掛けてヨツバにとって都合のいい死が起きる
  まずこれを立証したいな」
松田「もう明白ですって 僕がこの耳で」
父「 「耳で聞いた」では証拠にならんだろ」
L「今のアイバーはこの八人の誰かに近づく事
  ウエディは会議の行われる東京本社のセキュリティを破る事に専念しています
  これがうまくいけば・・・今度の金曜は面白い事になるかもしれません」
ヨツバ樹田のデスク
 ピピピ・・・樹田の携帯が鳴る、画面には「通知不可能」の文字が
樹田「ん?何だ?通知不可能?」
 とりあえず電話に出る
樹田「はい・・・」
?「ヨツバグループ東京本社ライツ企画部部長 樹多正彦さんですね」
樹多「ああ そうだが・・・お宅は?」
?「エラルド=コイルと申します」
樹多(´-`).。oO「エラルド=コイル!? L探しを頼んだ探偵・・・な・・・何故 私に直接・・・」
 場面はパリ
 椅子に座り机の上に足を投げ出しつつワインを飲みながら電話しているアイバーの姿
アイバー「もしもし?私に仕事の依頼を頂いたと思うのですが」
 樹多は自分のデスクから人気のない所に移動しようとする
樹多(´-`).。oO「確かに依頼したが依頼主はわからない様にしたのに・・・
         これを今認めてもいいものか・・・大体こいつ本当にコイルなのか・・・?
         いや コイル以外に「Lの正体探し」の依頼をしたのを知り得るのは仲介人くらいだし・・・・・・」
アイバー「・・・・・・ああ・・・すみません突然の電話では困りますよね心中お察しします
     しかし私も依頼主本人ときちんと契約交渉した上でしか仕事は出来ませんのでご了承ください」
樹多(´-`).。oO「・・・・・・確かに仕事を受ける側の理屈だが・・・これにどう対処するべきか・・・」
樹多「・・・・・・・・・・・・」
アイバー「・・・・・・・・・・・・
     わかりました一日お待ちしますので樹多様が依頼人として契約してくださるなら
     明日この時間までにお電話ください 電話番号は・・・」
アイバー「こちらの条件だけお伝えしておきます
     提示された報酬額ではお請けできかねます 前金200万ドル成功報酬800万ドル」
樹多(´-`).。oO「は・・・800万ドル・・・!?ば・・・馬鹿な・・・」
アイバー「またご依頼されない場合でも口止め料として200万ドルは頂きます」
樹多(´-`).。oO「口止め料!?な・・・何言ってんだこいつ・・・」
アイバー「では ご検討された上よいお返事を頂ける事を願っております」
 そう捲し立てるとアイバーは一方的に通話を終了してしまう
樹多(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」
 樹田はなにやら思いつめた表情でどこかに電話する


72 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:23:12 ID:vHx16Ugd
917 :(ry :04/10/19 23:20:05 ID:6Nx1mB0F
 電話の相手は尾々井(モーフィアス)
尾々井「何?コイルから電話!?Lについて何かわかったのか?」
樹多「いや・・・それがこっちは黙ってたんだが・・・
   前金200万ドル後で800万ドルが条件だと・・・」
尾々井「800万!?合わせて1000万ドル・・・正気か・・・」
樹多「確かにそう言った・・・
   と・・・とにかく明日までに返事をくれと言われてるんだ
   どう返事するか皆で決めるべきかと・・・」
尾々井「・・・・・・
    ああ そうだな電話でこんな会話してるのもまずい
    9時過ぎなら今日でも皆都合がつくはずだ奈南川・鷹橋・葉鳥には俺が連絡する
    あとの三人はおまえがしろ」
樹多「わかった」


73 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:24:51 ID:vHx16Ugd
924 :(ry :04/10/19 23:21:53 ID:6Nx1mB0F
 八人会議
「では臨時会議を始める 詳細は手元の資料を・・・」
葉鳥「僕は樹多さんは慎重な行動を取ったと思うが・・・」
鷹橋「そうかな?何も言わなかったのはまずい・・・依頼を出しておいて応えないのでは怪しまれる」
火口「馬鹿かお前ら 何を今更「怪しまれる」だ もうそんなレベルじゃない事くらいわかれ」
鷹橋「・・・・・・・・・・・・」
三堂「火口の言う通りだコイルはもうかなりの所までわかっている
   でなければ「口止め料」などとは言ってこない」
鷹橋「かなりのところまでってどこまでだよ」
三堂「いいか コイルにしてみれば仕事を請ける前に依頼人をはっきりさせるのは当たり前の事だ
   それ位すぐ突き止める それができない様では探偵として無価値だ
   ましてやコイルは人探しで名高い・・・依頼人が樹多だと分かれば次は樹多と言う人間を調べる
   これも当然の事だ少し考えればわかる」
奈南川「依頼人がヨツバの社員・・・ただコイルはここで留まらなかった
    ここ数ヶ月のヨツバの成長・・・その成長の裏にある物まで辿り着いたのだろう・・・」



74 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:26:08 ID:vHx16Ugd
尾々井「樹多がキラと繋がりがあるところまでわかったと考えた方がいいって事か・・・」
紙村「そ・・・それってまずいだろ・・・」
鷹橋「誰かにバラされでもしたら・・・」
三堂「だから口止め料なんだろ」
葉鳥「・・・・・・だ・・・誰がキラなのか知らないが僕はもうこの会から抜けたい
   巻き添えになって犯罪者として捕まるのは御免だ」
火口「うわっ・・・葉鳥おまえ明日には死んでるな・・・・・・」
葉鳥「ま 待て今のは冗談だ やる!ちゃんとやるから」
奈南川「これで葉鳥がキラというのはなくなったか・・・」
尾々井「どうかな?葉鳥がキラなら何を言っても死なない
    逆にどんな演技をしてもいいという事になる」
紙村「と・・・とにかく葉鳥を殺すのは駄目だ
   この中から死人が出るのはまずい!やりにくくなる」
尾々井「葉鳥 今まで何度殺しの会議をしてきたと思っている・・・
    ここで抜けたってお前の立場は何も変わらない
    「抜ける」などとはいう事は考えない事だ・・・」
葉鳥「ああ・・・そうだなすまん・・・」
樹多「で・・・どうするんだ?キラと繋がりがあるとまでバレてるなら
   最低でも口止め料の200万ドルは払わなければならないって事になるが」
火口「どうせ200万ドル払うならLの正体をつかませてからコイルを殺した方が得だな」
鷹橋「・・・・・・・・・・・・」
尾々井「顔もわかってないのにどうやって殺すんだ」
火口「我々の前に顔を出す事をこっちの条件にすればいい
   一人が会って写真撮るだけでいいだろ」
尾々井「本人かどうかわからないだろ」
火口「電話で声はわかってるんだろ?」
尾々井「その電話の主が代理人と言うのも十分ありうる」
火口「代理人に「口止め料」なんてヤバイ事言わすか?一応探偵なんだぞ」
三堂「・・・・・・・・・・・・
   火口なんでお前はそう殺したがる?コイルを殺す必要はまったく無い それにコイルはやはり相当賢い
   依頼人を割り出すのは当然としても報酬の吹っ掛け方から見て
   樹多個人ではなく組織的にやってるとまで踏んでいる」
奈南川「・・・そうだな・・・そしてコイルはそれだけではなくキラの考えまでもう見抜いている」
鷹橋「キラの考え?」
樹多「キラの考えって何だよ教えてくれよ奈南川」
奈南川「いいか 私がキラの考えを推測したからといって私がキラだなんて安直に考えるな
    まあそれに何の不都合も無いが・・・ いいかキラが欲しがっているのは知恵だ
    知恵が欲しいから自分だけではなく他の七人を集めた」
火口「そんな事は言われなくてもわかってるよ偉そうに言うなよ」
奈南川「キラはまず世の中から悪を排除する事を考えそれは徐々に浸透し実際に世の中は変わってきている
    人間の欲として次は何を考えると思う?金だ
    いや 普通は真っ先にこっちを考える者の方が多いだろう キラは人を操ってまで殺せる
    金を得るだけなら簡単だがキラが欲しているのは社会的地位を備えた上での金だ
    宝クジを何度当てようが株で大儲けしようが成金と地位を兼ね備えた金持ちでは意味も人の接し方も違う
    この中にキラが居るのなら地位も金も得られる立場にある」

75 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:36:00 ID:vHx16Ugd
後、コピぺヨロ…

76 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:51:07 ID:oZHZvVZI
尾々井「・・・・・・・・・・・・ 
    確かにこの会議を慎重にうまくやっていけば 
    ヨツバは必ず世界で突出した莫大な利益をあげる会社になる 
    そしてこの八人が幹部になることもまず間違いない 
    その椅子の座り心地の良さはここに居る者ならわかるはず・・・・・・・・・・・・」 
火口「地位か・・・なるほどね・・・くだらねー」 
鷹橋「その地位を作り上げていく為に知恵を出し合う集まり・・・確かにそうだ・・・」 
尾々井「そしてコイルは「ここまでわかっている」と知恵を見せてきた 
    効果的にキラに自分を売り込んできたと見えるな・・・ 
奈南川「いいか コイルは金よりも馬鹿な正義感のために動く探偵だったら私達は終わっていたといえるが 
    しかし予想通り金で動く探偵だとコイルは示している」 
三堂「・・・・・・・・・・・・ 
   コイルはLを探し出すのを探偵として興味本位でやっていたという逃げ道を作っていると考えられるが 
   私達がやっている事がわかっていて依頼を請けようと言っている 
   つまりコイルには片棒をかつぎ同罪になる覚悟があると考えていい・・・ 
   契約する事でお互いの弱みを握り合うと言う形になる」 
尾々井「金さえ出せば仲間になる そういう事か・・・・・・」 
紙村「な・・・なんか俺たちにとって都合よく考え過ぎじゃないかな?」 
樹多「いや 私もコイルは頭がキレると思う 
   こういう奴は味方につけておかなければ駄目だ 
   後々役にも立ちそうだ」 
奈南川「そうだ 買え いくら出してもだ」 
樹多「この会の運営資金は今60億弱ある これから増えていく事があっても減る事はそうない・・・ 
   コイルの条件で契約していいかな?あまりモタついてるとコイルに見切られる」 
尾々井「・・・・・・・・・・・・ 
    コイルは前金200万ドルと言ってきているんだよな」 
樹多「? ああ」 
尾々井「500万ドル渡しておけ」 
  「!」 
尾々井「コイルにこっちの器のでかさを見せておいた方がいい 
    そしてコイルを高く評価していると言う事もだ」 
三堂「ああ そのくらいの方がいいな 金で動く人間なんだこっちが太っ腹だと見せてやれば安心する 
   金で飼っておけばこっちも安心できる絶対に出し惜しみは駄目だ」 
樹多「じゃ 前金500万ドル成功報酬1000万ドルで契約するぞ いいな 
   「ああ コイルも末はヨツバの幹部だ」 

 会議終了 
 皆次々と会議室を後にするなか紙村が尾々井に話し掛ける 
紙村「尾々井」 
尾々井「なんだ?紙村」 
紙村「三堂や奈南川の言う事もわかるんだが・・・ 
   こいるがどこかの警察やLのスパイって可能性を皆まったく無視していないか?」 
尾々井「!・・・・・・・・・・・・」 
紙村「日本警察は押さえつけたかもしれないがキラに裁かれているのは日本の犯罪者だけではないし 
   コイルも日本人じゃない どこかの国の調査機関って事も・・・・・・ 
   それにコイルが先に警察やLに俺たちを売るなんて大いにありえる事じゃ?」 
尾々井「紙村 なんでお前はそうマイナス思考ばかり働くんだ・・・」 
紙村「いや 俺はあらゆる可能性を・・・」 
尾々井「悪い方の可能性ばかり考えてどうする 
    大体自身もってそう思うなら会議で言え」 
紙村「・・・・・・そうだけど・・・」 
尾々井「まあ心配するな 
    いざとなったらコイルだかLだかのアジトにミサイルぶち込めば済む事だ 
    ヨツバは強い」 
紙村「えっ・・・」 
尾々井「冗談・・・だ・・・」 


77 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/19 23:53:54 ID:l5Nm9rLD
(;-д-)ハァー…いつになったらライトは悪に戻んねん

78 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/20 00:28:54 ID:e4kaIb78
 捜査本部 
 パソコンのモニターにWの文字 
ワタリ「竜崎 アイバーから連絡が入っています」 
L「繋いでくれ」 
アイバー「竜崎 まだ完璧に信用されたとは思えないが 
     コイルとして八人と間接的にだが接触する事に成功しました 
     明日にもまた日本へ入ります」 
L「流石に仕事が早いですねアイバー」 
アイバー「こうなれば向こうから僕に意見を求めたり直接会おうとするのが定石」 
L「・・・・・・アイバー 彼らの前に顔を出すのは危険ですくれぐれも慎重に・・・・・・」 
アイバー「わかってます しかしLには二度も助けられた 
     今だってあなたの持つ僕の詐欺の証拠を出されたら僕はヨボヨボになるまで刑務所暮らしだ 
     そんな人生よりよっぽど楽しい 命がけでやります 
     詐欺師を止められない理由のひとつはスリルですから 
     それより もうヨツバから500万ドル頂いたが実在しないLを作り上げて奴等に渡し 
     もう1000万ドル取る事を考えていいか?」 
L「わかりました 私もうまい方法を考えてみます」 
父「・・・・・・・・・・・・」 
松田「はは 偽のL作って1000万ドルって詐欺ですね・・・・・・」 
L「いえ 操作の一環です」 
月「コイルとしてヨツバに潜入か・・・ やるなアイバー」 
L「私の別名で勝手な行動とは・・・とも思いましたが いいアイディアなので我慢しました」 
ワタリ「竜崎 今度はウエディからです」 
L「繋いでくれ」 

 どこかのビル(ヨツバ本社?)の屋上でラバースーツに身を包み電話をしているウエディの姿 
ウエディ「もう拍子抜けよ 
     ヨツバ本社のセキュリティは日本の一般的な会社の下ってところね・・・警備会社と契約してるだけ 
     例の会議室に盗聴器とカメラをつけるのは 
     警備員の巡回時間さえ把握すれば簡単にできるわ 探知機もなし」 
L「明日の深夜ワタリに準備させてある覗き屋を連れて もう一度会議室に入ってもらい 
  カメラと盗聴器の設置を手伝ってもらえますか」 
ウエディ「OK」 
松田「な・・・なんかものすごく手際よく進んでるなあ・・・ワクワクしてきた」 
月「これで金曜に会議が開かれれば竜崎の言う通り面白い物が見れそうだ」 
L「はい」 

 8月15日金曜日 
 会議室に続々入ってくる八人それをモニターで見つめる捜査本部の面々 
「そろった様だな では定例会議を・・・・・・・・・・・・」 
月「松田さんの言ってた時間よりはずいぶん遅いけどいよいよ始まったな」 
松田「なんかドキドキっすね 僕の活躍から発覚した極秘会議だし・・・」 
L「ドジですから」 
父「しかし八人ではなく七人だな」 

煽り「そしてL達は目撃する・・・!!」 
次回予告「葉鳥がいない・・・!!会議で何が・・・!?次号、「後継」!!」 


79 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/20 00:36:05 ID:e4kaIb78
>>78 8月じゃなくて10月でしたorz 


80 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/20 00:49:54 ID:7fwA/C14
>>79
乙(・∀・)

81 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/20 14:27:43 ID:i9FOzjlK
>>67

確かに、鷹橋だけ明らかにバカっぽいセリフを吐いてるな。
そんな人間がこの8人の会議に入ってることすらあやしい。

82 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 09:47:59 ID:ptXQ9tLB
しかしプロフィール凄いな。
学歴も地位も生まれも超エリート。

でも43歳ガンマニア独身w

83 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 10:17:10 ID:ZtH3c/at
「趣味は眼鏡集め」ワラタ。

84 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 12:06:27 ID:XxQ29/yO
引っかかるのは紙村一人だけ「母子家庭」ってとこなんだよな。
他は親がヨツバグループの重役だったり、それなりの地位を持ってたりで。

一人だけコイルがスパイであることを勘づいた事を考えても
紙村=キラって可能性は高くなってきたと思う。

85 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 13:05:06 ID:VhWnpDYG
どうせ引き伸ばすだけ引き伸ばすんだろうから
人気でそうなイケメンに決まってる

86 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 13:44:38 ID:bilVhI5D
まぁな
捜査本部の刑事でミサに殺された若い香具師も
顔は適当だったもんなー
「ヒカルの碁」で言うなら、出版部の出っ歯の古瀬村だっけ、
あいつみたいなポジションだった。
そういうどうでもいい顔の香具師が最後まで残るとは思えん

87 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 13:54:00 ID:z/mcSsKd
実は小畑もまだ誰がキラか知らなかったりして

88 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 14:24:34 ID:hVlRLpJJ
>87
一切先のことは知らされずに描いてるみたいだから
マジで知らないまま、描いてた可能性は高いぞ

確か…
雑誌に掲載される分の、4週だか5週だか先の分まで
原稿のストックはあるらしいので
(大場のシナリオは、更にその5週先の分まで)
今頃、小畑の手元では第3のキラの活躍が描かれてるのかもな

89 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 14:30:34 ID:bilVhI5D
>>88
第3のキラって、よつばのキラでしょ?
(第2のキラはミサだから)

90 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 14:47:12 ID:hVlRLpJJ
そうそう。
ヨツバのキラが顔を晒して活躍してるかもって意味な

91 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 16:17:01 ID:bilVhI5D
>>90
なるほど…全てを理解したッ!

92 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 17:12:37 ID:BdMUFAoB
つかここは文字バレ保管庫だから考察はバレスレでやろう

93 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/21 17:59:26 ID:r/8s7c8V
すれ消費するより文字バレ倉庫作ったほうが委員じゃないっすかー

94 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/22 14:09:50 ID:km9AP1HO
イケメンあっこいい

95 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/24 01:10:29 ID:Y7vJeO8I
そういえば昔麻布のやつらもデリ中に馬券かいにいってたな

96 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/24 01:40:56 ID:rc3hFw4W
奈見川が一番年下だったのか・・・
てっきり三堂辺りかと思った・・・

97 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/24 20:12:09 ID:d7m7hFAU
だってセフィロスだから

98 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 09:19:18 ID:MddgLaB/
文字バレまだ〜?

99 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 10:14:59 ID:f3eBMWNd
これで並河キラだったら当たり前すぎるな。火口がいいかな。

100 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 12:04:18 ID:f3eBMWNd
なんで8人の自宅にカメラをつけないんだろう

101 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 13:03:05 ID:0XEpL0Yc
>>100
警察じゃないから。

102 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 13:07:50 ID:f3eBMWNd
会社にはつけたじゃん

103 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 13:42:55 ID:0XEpL0Yc
言葉が足りなかったようだな。
人手不足なんだよ。
警察が味方ついてた時みたいに、
仕掛け→監視を八人分も処理できない。

そもそも、のぞき屋に八人も隠しカメラの設置頼んでたら(ry

104 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 14:35:33 ID:ZNRQfEYU
8人もの家に監視カメラつけてたら、気づかれる確率も8倍に跳ね上がる。
定例会議を覗いて、疑わしいのを絞り込んでからでも遅くはないしな。

そもそも自宅につけるだけじゃ完全に監視したとは言えないと、月の一件の時に
相沢が言ってた。自宅+車+職場etc×8人分も監視できんだろ。


105 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 15:50:55 ID:hHu77KNw
会社のセキュリティや8人組ではウエディや監視カメラに
気付くことは出来ないだろうが、レムは多分分かるよな。
そうなった時レムはどう動くんだろうか? そもそもあの
連中の中に居る第3キラには特に思いいれも無い(醜いと
言ってたな。それにミサも一応解放されてる)訳だが。

106 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 16:23:17 ID:U3VrotVA
レムはきっと教えないと思うよ。嫌ってそうな発言しかないし。
黙って見てるだけじゃない?

107 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/25 18:49:52 ID:HLw+7y29
次回

あの7人が心臓発作で全滅⇒残り1人は海外逃亡⇒数日後、第4のキラ出現?!

108 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/26 18:58:13 ID:wkw9obPZ
>>107
本当だったら漏れは蠢いてみせる

109 :page44「後継」文字バレ:04/10/26 21:15:13 ID:0UKviYsf
474 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/10/26 19:08:31 ID:8oV1MCUX
>>458
トリップ付けてみました
あと次号予告です
ttp://sylphys.ddo.jp/upld2nd/niji7/src/1098785234810.jpg


606 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/10/26 20:02:09 ID:8oV1MCUX
文字バレは今必死に書いてます

page.44 「後継」
煽り「殺人会議、開始・・・!!」

 捜査本部モニター前捜査本部の面々は盗撮している極秘会議を見ている

 「では定例会議を始める」
松田「黒スーツに黒ネクタイマフィア気取りですね」
月「いや七人しかいないところを見ると喪服だ」
父「!ま・・・まさか八人の中の一人を・・・・・・」
L「たぶん殺っちゃいましたね・・・・・・」

尾々井「我々ヨツバグループの更なる飛躍発展の為に・・・ 誰を殺すか」

月・父「! ・・・・・・・・・・・・」
松田「ほら僕の言う通りでしょう」
L(´-`).。oO「・・・・・・まずい・・・このままいくと・・・」

尾々井「その前に今回はいくつか話し合うべき点がある
    まず葉鳥が死んだ事・・・」
奈南川「仕方ないだろう正直葉鳥が死んでくれて私はホッとした」
鷹橋「仲間が死んでホッとした?何言ってるんだ奈南川」
奈南川「この会議から抜けようとする者がどうなるか
    キラは最低一人はこうしてはっきり見せしめにしておく必要がある
    葉鳥が火曜の臨時会議で「抜けたい」と言ってくれた時から私はこうなる事を願っていた」
尾々井「・・・・・・・・・・・・うむ」
鷹橋「・・・・・・・・・」
尾々井「皆これで葉鳥の死の意味は十分わかったと思う・・・肝に銘じろ
    次エラルド=コイルの報告書の方だが・・・・・・・・・・・・」
紙村(´-`).。oO「葉鳥の事これだけかよ・・・」

110 :page44「後継」文字バレ:04/10/26 21:54:21 ID:0UKviYsf
火口「500万ドルの代償がこの報告書か・・・」
樹多「日本警察はキラ事件から撤退 その事件は一部の政府官僚 警察幹部のみしか知らず
   他先進各国も国内での情報科学捜査のみ・・・現在Lはどの国ともやり取りはせず独自で動いている
   Lの今までのあり方から一人になってもキラ逮捕を諦める事は考えられない
   キラは日本の関東にいると断定した直後から日本に入ったと思われる・・・」
火口「「思われる」ってなんだよ不確定じゃないか
   それにLの顔や名前 肝心な所が何もわかっていない・・・」
樹多「Lにはワタリという代理人がいてICPOなどにはワタリが出る
   警察とのやり取りはそのワタリかパソコンを通す
   警察庁内の捜査本部にワタリが出入りしていた事もありワタリについても調査中」
鷹橋「三日にしてはよく調べてあるじゃないか」
火口「馬鹿コイルですら己のライバルといってもいいLの事を
   たったこれしかわかってなかったって事だ 三日で調べた事じゃない」
鷹橋「・・・・・・・・・・・・」
紙村「なあ・・・Lの方がコイルより上手と考えると俺はどうも・・・」
尾々井「まあ待てコイルはこの報告書の最後でLの存在は軽視すべきでないとの忠告をくれたりもしている
    「このペース・・・特に金曜・土曜にヨツバにとって有利に働く死が毎週では
    Lがキラと関連づける事は絶対にないとは言えない」と・・・」
三堂「私達のやっている事をそこまで調べ上げたコイルはやはり有能だと思う
   とりあえず毎週末に死というのは改善するべきだ」
火口「そうかな? コイルは依頼人が樹多だと調べ さらにヨツバを調べたからそこまでわかったんだろ?
   俺たちはかなりの工夫をし遠回りにヨツバに返ってくる様に殺している 疑いを持てる者などいない
   Lだって心臓麻痺以外でキラが殺せる事は知らないはずだ キラと結びつくはずもない」

松田「す・・・凄いですねガンガン自白してるって感じだ」
父「ああ もうこの録画があれば七人を逮捕できるんじゃないか?」
L(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・やはりまずい・・・」

樹多「しかし週末に集中して事故死は確かにまずいかもな」
尾々井「いや 日時指定に不可能が生じると心臓麻痺だ
    キラとの関連を考えるなら心臓麻痺がもっとも駄目だ」
火口「キラも融通利かないよな 一週間適当に割り振ってくれればいいのに」
 ちょっとテンパった感じの紙村が
紙村「・・・・・・・・・なあ・・・誰がキラなのか・・・名乗ってもいいんじゃないか?
   こんな殺しの規則を文章にされてもわかりづらい
   口で説明してもらって俺たちも質問できた方が全然話も早く進む
   俺たちはもうキラに一生ついていくし 逆らう者もいるはずがない」
奈南川「葉鳥の死の効果もあるしな」
樹多「しかし誰がキラなのかわかれば必ず裏で「○○を殺してくれ」と言い出す奴が出てくるだろう?」
奈南川「うむ・・・」
三堂「それにキラの意見がどうしたって力を持つ
   キラの言う事に逆らったら・・・と言うのが自然に働いてしまう」
尾々井「・・・・・・・・・・・・まあ そうだな
    七人平等な立場で意見できた方がいい」
火口「大体キラだっていくらこの七人の前でも自分がキラだとバレたくないに決まってるだろ
   何言ってんだ紙村は」
尾々井「また話が逸れてるな・・・コイルの指摘についてだ
    今までの殺しのペースでいいのかどうか?」
三堂「私はコイルがそこに気付いた以上 今のペースで殺していくのは危険だと考える
   いくら依頼人がヨツバの者だからといっても本当はコイルにさえ気付かれてはならなかったはずだ
   ここまでは順調にやってきたんだ ここからは更に慎重に 絶対誰にもバレない様にしていくべきだ」

111 :page44「後継」文字バレ:04/10/26 21:55:53 ID:0UKviYsf
松田「もう僕達にバレバレなのに笑っちゃいますね」
父「全然笑えん!」
松田「・・・・・・すいません・・・」
父「うむ」

尾々井「この会議自体二週に一度にしないか?殺すのも月単位で2〜3人
    現状それで十分ヨツバは成長していく 逆にこれ以上急激な伸びは危険だと考えよう」
奈南川「そうだな 慎重にやっていくにこした事は無い」
七人の誰か「とりあえず各人が普段からヨツバの為になる事を考えておき 会議自体はこれから隔週という事にする」
尾々井「では本題に入る 誰を殺すか」

月・父(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」
 Lは絶句している夜神親子を見ながら
L(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」

三堂「ELF保険の日本進出 これは喰い止めないと他社含めヨツバの顧客も多くが流れる」
樹多「アメリカの会社なんだからアメリカ国内で まずこのプランの重要人物を事故死させればいいだろう
   日本にいる我々との関連は薄いし我が社だけが喜ぶ訳でもない」
 リストを見ながら尾々井が
尾々井「ではELFはここに挙がっている者を事故死でいいな?」
他六人「異議なし」

父「・・・・・・」
月「な・・・なんだこれは こんな簡単に・・・」

尾々井「もう一人は火口の提案したヨツバのリゾート計画に対し
    地元民を巻き込み訴訟を起こそうとしている 釘沢組の前西参太郎氏
    前西はかなり高血圧で悩んでいるので時間指定の脳卒中等の病死で可 これでいいか?」
他六人「異議なし」

 捜査本部のモニターに映し出される会議の様子
尾々井「問題はさっき出た死のペースだな・・・」
樹多「とりあえず二週間おきと考えれば来週に片方をと言う事になるが・・・」
火口「いや不規則にするならアミダで日にちを選ぶとかカレンダーにダーツだな」
月「キラ・・・事故死・・・病死・・・死の時間設定・・・僕達の考えていた通りだ もう間違いない」
L「いえ 残念ですが今挙げられた者が死んで初めて「間違いない」です」
月・父「・・・・・・・・・・・・」
L「この七人の会議での言動 そして会議で挙げられた者が死ぬまでの七人の行動
  これをこれからずっと事細かに観ていけば・・・必ずキラを捕まえられます」
月・父「り・・・竜崎!」
L「何ですか?二人揃って・・・」
月「竜崎の考えているやり方はできない 間違っている!」
父「うむ!!」
L(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・ほら来た」
月「この七人に殺しを続けさせていく事でキラを捕まえようとしている様だがそんな事は出来ない」
L(´-`).。oO「やっぱり・・・・・・・・・・・・」
父「そうだ 明らかにこの七人は殺しをしている
  松田の証言とこの映像を出す所に出せば立証できるのでは?
  殺しをさせていき 容疑を固めていくなんてとんでもない」
L「・・・・・・私・・・殺しをさせていくとは・・・まだ言ってないじゃないですか・・・
  しかし困りましたね最低でもここで挙げられた者が一人でも死なないと逮捕は無理でしょうし・・・
  いや・・・そんな事はどうでもいいんです 問題なのは・・・今捕まえてしまったら全てが台無しになるって事です」
L(´-`).。oO「・・・・・・何か策を考えなければ・・・・・・」

112 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/26 22:42:20 ID:mv7KpKbh
月「竜崎落ち着いて考えてみろ 今殺されようとしているのは犯罪者でもない 見てみぬ振りなどできない
  今のヨツバの殺人はこの七人が発端になっているのは明らかだ」
L「・・・・・・・・・・・・やっぱり夜神くんは犯罪者なら殺されてもいいという考えなんですね?」
月「そういう意味じゃない論点をずらすな」
ヨツバ「じゃあ前西だけは今週末 ELFは三週間後にキラに頼むと言う事でどうだ?」
   「うーん」
   「バラつかせばいつでもいいともいえるしな・・・」
父「今週末になればまた今夜から明日の午後までにって事だ!!まずい!!
  ライトあの七人はもう携帯番号もわかっていたな?」
月「ああ 警察のシステムを通せば会話の傍受もできる」
L「警察は駄目です 傍受している事を逆にヨツバ側にいう恐れがあります
  もう警察は信用できないと考えてください」
月「・・・・・・それはそうだな・・・」
父「とにかく誰でもいい七人の誰かに電話して殺人を止めさせる!」
L「待ってくださいそんな事をしたらアイバーが彼等に接触した三日後に捜査の手が伸びた事になり怪しまれます
  それと何よりも・・・キラが誰なのか断定できなくなる可能性が極めて高い・・・
  せっかくここまで来てまた振り出しになりますキラを捕まえるにはキラだという証拠がどうしても・・・」
月「いや それでも人命が優先だ何言ってるんだ竜崎」
父「第一キラが念じる様な事で人を殺せるのだとしたら証拠など簡単に挙がるとは・・・」
L「じっくりやれば必ず証拠が出るんですけどね・・・証拠は必ずあるんです」
父「・・・・・・何故そう言い切れるんだ?」
L「それは」
松田「キラはリンド=L=テイラー FBI捜査官を殺しているから」
父「松田!?」
松田「テレビでLと名乗り「キラを捕まえる」と言ったテイラーとキラを捕まえる為に動いていたFBIを殺したという事は
   捜査の手が迫ればキラだという証拠を見つけられ捕まるから つまり証拠が無いのならいくら捜査されても困らず
   テイラーやFBIを殺す必要は無かった証拠は必ずあるって事です
   相沢さんが前に言ってた事ですけどねそう言う事だってこないだやっとわかりました」
父「・・・・・・うむ・・・
  しかし今の時点ではこの七人の誰がキラなのか キラに繋がっているのかもわかってないんだ
  前西氏を助けるにはここまで捜査が入っていると奴等にわからせるしかない」
L「・・・・・・そうですね 仕方ありませんね・・・
  キラ断定より人命・・・・・・・・・・・・当たり前ですよね・・・」
 凄く残念そうなL
L「・・・・・・・・・・・・」
月「・・・・・・・・・・・・」
月(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」
月(・∀・)「!」
月「竜崎 仮にこの七人に中にキラがいたとしてこの中の一人に電話をし そいつに当たる可能性は1/7と考えていいのか?」
L「? 私は多くても二人2/7と考えていますが・・・」
月「どうせ捜査の手が伸びていると知られる覚悟ならその2/7に賭けてみよう」
L・父「?」
月「「L」の名を借りるぞ竜崎
  今までの会話でキラではなさそうでそれなりの発言力を持っていそうなのは・・・」
松田「尾々井」
月・L「奈南川」
松田「・・・・・・・・・」
L「電話するならここのを使ってください逆探も盗聴もできない様になってます」

113 :page44「後継」文字バレ:04/10/26 23:50:41 ID:0UKviYsf
「ピピピピ」
 突然奈南川の携帯が鳴り出す
奈南川(´-`).。oO「非通知・・・?」
月「ヨツバグループ第一営業部部長 奈南川零司さんですね」
奈南川「ああ そうだが?」
月「適当に相槌を打って聞いてください」
奈南川「ん?何だ?」
月「私はLです」
奈南川(´-`).。oO「L!? 馬鹿な・・・ま・・・まさか・・・」
月「その会議室にはカメラと盗聴器が仕掛けてあり今の会議の会話と映像は全て録りました
  冒頭の話題は葉鳥氏の死の事 会議の内容は誰を殺すのか そうですね?」
奈南川(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・完全に観られている・・・コイルの言う様にLを軽視していたという事か・・・・・・・・・
          もう・・・最後だ・・・・・・・・・・・・」
月「もし あなたがキラもしくはキラと直接交渉できる人間でないのなら取引しましょう」
奈南川(´-`).。oO「取引!?・・・・・・」
月「ELF社長と前西氏を殺すのを1ヶ月先に延ばしてください
  あなたなら難しい事ではないと思います・・・」
奈南川「うむ そうか・・・それで」
月「それをして頂いて今後私達に協力してもらえればあなたの罪・・・
  いえ キラ以外の者はキラに脅されその会議に参加していたとして罪は問わない」
奈南川「ああ そうか・・・」
奈南川(´-`).。oO「これではLにつくしか・・・いやLについたとキラにわかったら殺される・・・・・・・・・どうすれば・・・
          !・・・・・・コイルも殺しのペースを遅らせる様提案していた・・・そしてこのタイミングで今度はL・・・
          ・・・・・・まさかコイルとLが繋がっていたのか?・・・・・・
          まずい・・・コイルを買えなどと偉そうに言ったのは私だ・・・こうなったらL側に・・・
          ・・・・・・いや・・・焦るな・・・キラは平気で人を殺せるんだ・・・どうちらにつけば・・・」
月「この電話の内容をバラせばパニックになる あなたにプラスはない 皆捕まる事になります
  しかし私の目的はキラとの一騎打ちです いいですか・・・・・・
  Lがキラに勝てばあなたは無罪 キラがLに勝てばあなた方はそのまま裕福な人生」
奈南川(´-`).。oO「・・・・・・確かにそういう事になるが・・・
          ・・・・・・・・・そうするとLとは・・・いや キラに対して・・・
          落ち着け・・・自分に必要なのは・・・」
月「色々な事が頭の中を巡っていると思いますが あなたはどちらにも合わせておき傍観していればいい
  L キラ どちらが勝ってもあなたに損はない あなたにとっての損は今捕まってしまう事です」
奈南川(´-`).。oO「・・・・・・私が最終的に出すであろう答えを先に・・・見抜いている・・・」
月「では・・・」
奈南川「ああ じゃあ月曜に・・・」

114 :page44「後継」文字バレ:04/10/26 23:51:31 ID:0UKviYsf
 月との会話を終えた奈南川に尾々井が語りかける
尾々井「どうした?奈南川 誰からだ?」
奈南川「いや 部下がまたヘマをして月曜に尻拭いだ・・・中断させてすまない
    話を戻そうELFの奴等と前西をいつ殺すかだ・・・」
 なにやら思う所有り気に奈南川を見つめる紙村
紙村(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」
奈南川「こういうのはどうだ? 1ヶ月コイルに時間を与え1ヶ月経てまだLの正体がわからなければやむをえん
    日をばらつかせて殺す次も1ヶ月与える という繰り返しでLを始末できたら隔週2〜3人ペースに戻す
    つまりLを始末するのを優先すると言う事だ」
三堂「なるほど・・・確かにまずコイルにLを探し出させ殺す事だ
   それができればもう邪魔は無くなる それまでは慎重にか・・・」
尾々井「うむ・・・それでいいんじゃないか?」
火口「まあ石橋を叩くくらいじゃないとな」
奈南川「あくまでも1ヵ月後に日時を設定するのではなくLを殺せなければそこでキラに頼む
    逆に言えば明日Lが死ねば明日キラに頼んでいいという事だ」
奈南川(´-`).。oO「L・・・この場はこれで満足だろう・・・だがこれから私がどう動くかそれは私が決める事だ・・・
          しかしLの言った通りにしてるのがやはり一番か・・・」

「ではコイルに1ヶ月与える事にするしかし会議は隔週で行う 以上」

L「うまくいきましたね・・・
月「ああ」
L「やっぱり夜神くんは凄いです 殺しを延期させるだけではなく奈南川から情報を得られるかもしれません
  しかも私のやり方に似ていますし・・・・・・・・・・・・私より早く考えついた・・・
  ・・・・・・これなら もし私が死んでも夜神くんがLの名を継いでいけるかもしれません」
月「何を縁起でもない事を・・・ これで1ヶ月以内にキラを断定し証拠まで挙げなくてはならなくなった ここからが勝負だろ」
L「・・・・・・・・・・・・はい・・・」

煽り「期限1ヶ月!!」
次回予告「時間がない!焦るLは!?次号、「無茶」!!」

115 :page44「後継」文字バレまとめ:04/10/26 23:53:45 ID:0UKviYsf
ポプアプ
>109>110>111>112>113>114
一括
>>109-114

感想・ツッコミはこちらでドゾー
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.167
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1098797124/


116 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/28 16:40:24 ID:jgecLnRV


117 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/29 02:25:34 ID:UmK6FkgH
整理と誘導を兼ねて

・ネタバレスレの移行状況
page.167    http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1098797124/
page.167(168) http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1098797263/
page.167(169) http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1098973016/
page.168(170) http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1098973163/
page.168(171) http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1098973808/

現在169スレが現行スレ

118 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/29 16:47:45 ID:omjfnOal
次に死ぬのは、このいい男かな...。
このひとがキラ3だったらな。イケメン対決でうれしいんだけど。
死んだ一人は、実は死んでなくて隠れていて、そいつかキラ3とか..
昔そんな小説を読んだよ。

119 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/10/29 17:12:00 ID:Y41IRO24
ageんなヴォケ!

120 :page.45「無茶」文字バレ:04/11/01 21:24:53 ID:tkuJy6e8
237 名前: (ry ◆6mROy/SAOk [sage] 投稿日: 04/11/01 18:59:24 ID:VOfUCyXf
こんばんは 
ただいま帰ってきました 
次回予告は不向(ふむき)です


336 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 04/11/01 20:03:23 ID:VOfUCyXf
page.45「無茶」 
煽り「月へ・・・Lのこの言葉の真意とは・・・!?」 

L「・・・・・・・・・・・・これならもし私が死んでも夜神くんがLの名を継いでいけるかもしれません」 
L(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」 
月「何を縁起でもない事を これで1ヶ月以内にキラを断定し 
  証拠まで挙げなくてはいけなくなったって事だ ここからが勝負だろ」 
L「・・・・・・はい 
  しかしヨツバに最初に目をつけたのも夜神くんですし・・・ 
  やはり私よりも有能と言ってもいいのかも・・・」 
月・松田「・・・・・・・・・・・・」 
L「・・・・・・・・・・・・夜神くんならできるかもしれません・・・」 
月「・・・・・・・・・・・・Lを継ぐ事をか?」 
L「いえ・・・ 今私が考えているのはその事ではありません が」 
月「?」 
L「もし私が死んだら継いでもらえますか?」 
月「!」 
L(´-`).。oO「キラで演技をしているなら必ず「継ぐ」と答えるはず」 
月「何言ってるんだ竜崎 これをしている限り死ぬ時は一緒じゃないのか・・・・・・?」 
 と月は言うと腕に付けられた手錠を見せる 
月「! ・・・・・・そうか・・・ 竜崎悪いがいま竜崎が考えている事を皆の前で言わせてもらう」 
L「!」 
父「!?」 
月「竜崎は僕がキラなら今僕がキラであることをしらばっくれ 演技でこうしているか 
  キラの能力が他の者に渡り今の僕にはキラだった自覚がなくなっている・・・というふたつのパターンを考えている」 
  前者・・・僕が演技をしているならこの手錠は絶対外せない僕を自由にする訳にはいかない 
  いや 演技じゃない方のパターンでも手錠は外せないだろう・・・・・・」 
父・松田「?」 
月「竜崎は僕がキラだったと考えているし もしその能力が人に渡ったのだとしても 
  僕がキラならもう一度その能力が僕に戻ってくる様に仕組んであると考えている 
  つまり単に操られていたのではなく自分から人に渡し自分の疑いが晴れた所で力を戻すという策略」 
L(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・凄い 私の考えている事をここまで的確に・・・」 
月「竜崎は「夜神月がLの座を奪った上でのキラになる」そう考えた」 
L「正解です」 
父・松田(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」 
月「Lと同等の地位を得て警察等も自由に動かせる立場にあり裏ではキラ 最強だな・・・ 
  それを僕にならできる・・・いや やりかねないと言った」 
L「・・・・・・はい」 
月「しかしこれでどうだ?これで少なくとも僕が演技している訳ではないというのはわかったんじゃないのか?」 
L「演技をしLの座を奪う事を狙っているのならその計画を皆の前で自らばらすはずがない・・・という事ですね?」 
月「そうだ これでもし竜崎・・・いや Lが死に僕は生きていてその後キラが現れたのなら 
  僕がキラだとワタリなど第三者に判断させるようにしておけばいい 
  そしてもうひとつのパターン・・・能力が誰かに渡り僕に戻ってくる様にしてあるとしよう 
  その場合 今僕はキラであった自覚を失っているという考えでいいんだな?」 
L「はい 私にはそうとしか思えません」 
月「竜崎・・・」 
L「?」 
 Lの椅子を自分の方に向け語りかける月 
月「この僕が今存在するキラを捕まえたその後で・・・キラに・・・殺人犯になると思うか?そんな人間に見えるのか?」 
 Lの両肩に手を掛けハッキリと言い放つ月 
 そして見詰め合う月とL 

121 :page.45「無茶」文字バレ:04/11/01 21:26:43 ID:tkuJy6e8
449 名前: (ry ◆6mROy/SAOk [sage] 投稿日: 04/11/01 21:03:43 ID:VOfUCyXf
L「思います 見えます」 
月「・・・・・・・・・・・・」 
 「バキィ!」 
 月の右ストレートがLの顔面に真っ直ぐめり込みLの右ケンカキックが月の右っ面に同時入る 
父「ま・・・また・・・」 
松田「はい!一回は一回今回は相討ちという事で・・・これでおしまい」 
月「そ・・・そうだなとにかく今は目の前にいるキラを捕まえる事だ手錠さえしていれば文句無いはずだ」 
L「そうですね もう1ヶ月しかないんですし」 
松田「ふーっ」 
父「・・・・・・」 
月「いや 奈南川がキラだった場合キラによる殺人が今すぐなくなる可能性も・・・」 
松田「でも それなら奈南川から証拠を得るのは難しくなるんじゃ・・・」 
父「・・・・・・・・・・・・」 
L「いえ 奈南川がキラはないでしょう あの地位にいてそこそこの才気もあります 
  彼なら自分一人で行動する様に見える」 
父「竜崎」 
L「はい?」 
父「さっきの会議を証拠にあの七人を捕まえる事ができれば犯罪者も殺されなくて済むのでは?」 
L(´-`).。oO「また・・・」 
L「残念でした」 
父「! 残念?」 
L「あの七人の中にキラがいるとは限りません 繋がりを持っているだけであれば七人を捕まえても犯罪者の方の死は止まりません 
  あの七人がキラに殺されるだけです 七人の中に絶対キラがいるというのでなければ今捕まえる意味はありませんし 
  仮にいたとしても現在誰がキラなのか断定は難しい まだ時期尚早だと私は思います」 
父「し・・・しかし七人の中に絶対いないとも言えないのなら七人を捕まえれば犯罪者の死が止まる可能性もあるという事のはずだ・・・」 
月「確かに・・・父さんの言う通りだその可能性はある・・・・・・」 
L(´-`).。oO「・・・・・・やはり・・・駄目か・・・」 
L「犯罪者の死は止まるかもしれませんね・・・・・・」 
父「では人命を優先し七人を捕まえるべきだ」 
松田「でも局長それも難しいですよ・・・私達もう刑事じゃないんだし警察も協力してくれそうも無いですし・・・ 
   やはり竜崎の言う様にキラとその証拠を突きつけるくらいじゃないと・・・・・・」 
父「いや 一人でも犠牲者を減らす事が大事じゃないのか」 
L「あの・・・ やっぱり私は一人でキラを追います 
  この本部は夜神さんたちにもお貸ししますし私も使う 
  夜神さん達は夜神さん達のやり方で捕まえるなり好きな様にしてください 
  私は私のやり方で捜査していきます そうしないと口論になるだけです 別行動にしましょう」 
父(´-`).。oO「・・・・・・」 
父「つまり竜崎はあくまでもキラに絞って追うという事か」 
L「はい」 
父「犯罪者であろうと人の命だ」 
L「わかっています しかしそれで犯罪者の死が止まると決まった訳ではありません」 
父「しかし止まる可能性があるなら未然に防げる事はやるべきだ」 
L「はい 夜神さんの考えが一番正しいと思います ですから七人を捕まえたいなら捕まえてくださいと言いました 
  しかし私はキラを捕まえる事だけに専念します この事件はキラを捕まえなければ解決しない 
  目の前の犯罪者何人かの死を阻止する事が意味の無い事だとは言いません 
  しかし詰めて全ての真相を解明しなければまたキラは現れ犠牲者は結果的には増える 
  ならば七人よりキラを断定すべきと言うのが私の考えです 
  私は七人逮捕には反対ですからやるなら夜神さん達の責任でお願いします」 
父・松田「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 
L「私は私でキラを追う期限は1ヶ月・・・・・・どっちが早いかですね」 
 そう言うとLは手錠で月を引っ張りどこかへ行こうとする 
月「り・・・竜崎」 

122 :page.45「無茶」文字バレ:04/11/01 22:03:25 ID:tkuJy6e8
587 名前: (ry ◆6mROy/SAOk [sage] 投稿日: 04/11/01 22:00:11 ID:VOfUCyXf
月「どこ行くんだ?」 
L「弥の部屋です すみません月くんもお父さん側だとわかってますが手錠が外せないので付き合ってもらいます」 

 部屋に入ってくる月を見て嬉しそうに 
ミサ「ライト!今日デートOKの日だっけ?」 
 明らかにつまらなそうな表情で 
ミサ「竜崎さん付きの」 
L「ミサさんあなら月くんを愛してますか?」 
ミサ「えっ・・・ あっ・・・はい・・・とっても・・・」 
L「しかしキラも崇拝している」 
ミサ「!? ・・・・・・はい・・・」 
L「では月くんとキラだったらどっちを取りますか?」 
ミサ「はあ? そんなのライトに決まってるじゃん 
   キラには感謝していて会いたいと思ってた事もあるけど愛なんかじゃないし 断然ライトです」 
L「月くんはキラを捕まえたい そうですね?月くん」 
月「ああ 決まってるだろ」 
L「捕まえたいそうです さあどうします?」 
ミサ「ライトが捕まえたいなら捕まってほしいと思います」 
L「では月くんの役に立ち月くんと一緒に捜査できるなら協力したい・・・ですね?」 
月「り・・・竜崎・・・」 
ミサ「うん! ライトの為になるならミサはなんでもします」 
L「では私は誰でしょう?」 
ミサ「えっ・・・?竜崎さんとしか・・・別に下の名前知りたくないし・・・」 
L「ではLとは誰でしょう?」 
ミサ「パソコンの中から話してた「L」って画面の人」 
L「はい正解です」 
ミサ「やった」 
月(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」 
月「ち・・・ちょっと待て竜崎・・・」 
L「はい?」 
月「何をする気だ?」 
L「私の勝手な捜査です気にしないで下さい 時間がありません 私焦ってます」 
月「ふざけるな ミサを巻き込んで竜崎の勝手な捜査では済まないだろ」 
L「まあ それもそうですね」 

123 :page.45「無茶」文字バレ:04/11/01 22:04:02 ID:tkuJy6e8
589 名前: (ry ◆6mROy/SAOk [sage] 投稿日: 04/11/01 22:00:42 ID:VOfUCyXf
L「アイバーに連絡し「Lを探していたら弥海砂がLを知っているかもしれないと言う線が出た」 
  とエラルド=コイルからあの七人に報告させます 
  もう松田さんのドジの時CM等で使ってくれという話は一度してある・・・必ず食いついてきます 
  キラの犯罪者への裁きがなくなった二週間その直前にミサさんは何者かに監禁 
  ミサさんは両親を強盗に殺されその強盗がキラに裁かれた事でキラを崇拝 
  東京に出てきたのは第二のキラが洗われる少し前 
  こんな事はエラルド=コイルならすぐ調べられて何ら不思議ではありません 
  そこに留まらず「弥海砂は第二のキラ容疑でLに取調べを受けたらしい」と報告させ 
  「しかし誤認逮捕だったとわかり弥に謝罪 多額の賠償金を払いその事実をもみ消した」そこまで言わせます 
  くだらない噂の飛び交うネット上などでは誰も信じませんがコイルがあの七人に言えば信じます 
  コイルにも手柄が出来よい事づくめ」 
ミサ「それマジだしね」 
L「これならLと弥海砂は監禁時に接触があったとしLの事を知っているかもしれないと考える 
  必ずヨツバはミサさんをCMに起用し色々聞き出そうとしてきます 
  そしてミサさんはキラを心から崇拝し会いたがっている事 
  キラの為なら何でもする様な事をタイミングのいい所でほのめかせばいい・・・ 
  今撮っている映画の演技を見ればミサさんにとってはたやすい事・・・天才女優ですから」 
ミサ「うん 面白そうね えっと・・・ライトは本当にキラを捕まえたいのよね?」 
月「! ・・・・・・ああ・・・それはそうだが・・・ 確かに捕まえたいがこれは駄目だ」 
ミサ「なんで・・・・・・?」 
月「ミサが危険な目に遭うからに決まってるだろ」 
ミサ「えっ!?私の身を案じてくれるの? やったーっ 
   でもミサライトの為ならそれくらいなんでもないよ」 
月「・・・・・・・・・・・・ 
  いいかミサ Lの事を知っているかもしれないとなれば相手はどんな手でそれを言わせようとしてくるかわからない」 
ミサ「大丈夫 ミサどんな拷問されたって言わないもん」 
L「はい そうですね」 
月(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・・・・」 
月「・・・大体キラは死の前の行動を操れる ミサを操って喋らせて殺すと言う恐れが十分ある」 
L「それも大丈夫です」 

124 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 22:45:46 ID:nMk7jAEM
おわり??

125 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 22:55:34 ID:R2Efw7Al


714 (ry ◆6mROy/SAOk sage New! 04/11/01 22:51:51 ID:VOfUCyXf
 そう言うとポッケからクシャクシャになった一枚の紙切れを取り出す
月「?」
L「さっきウエディに会議室からカメラ等をはずした後送らせたファックスです
  彼らは会議後全ての書類を会議室のシュレッダーに入れて退室・・・そこから取り出し復元してもらいました
  そしてその中で一番興味のあった「殺しの規則」の書類です
  これを見れば顔だけで殺せないのは一目瞭然です 必要なのは顔と名前「名前は通称名等では駄目」ともある
  そして「操って殺す時」の16項「操る際 特定の誰かに対しての言動行動をさせる事は出来ない
  他の人間の名前が挙がった場合 操作は無効となり皆心臓麻痺となる」
  これはつまり「弥海砂にLのことを喋らせ殺す」とはできず心臓麻痺となるという事です そもそも「L」は通称ですし」
月「・・・・・・おい竜崎それだけではなんの保証にもなっていない
  いや どの道Lを殺せば用がなくなり口封じにキラはミサを殺す」
ミサ「それはさすがにヤダ・・・」
L「月くん我々が勝てばミサさんは死にません それに手錠がある以上運命を共にするんですよね
  私が死んだら月くんも死ぬ そうなったら一番悲しむのはミサさんじゃないですか私や月くんが死ぬかキラが捕まるかです
  さあどっち?」
ミサ「キラ捕まる ライトのいない世界じゃ私生きていけない」
L「はい正解」
月「おい竜崎『無茶』苦茶だ」
L「時間が無いんです 私焦っています それに弥海砂この子の根性と・・・月くんへの愛は世界一です」
ミサ「!! ・・・・・・り・・・竜崎さん・・・
   み・・・ミサ 今まであなたのこと誤解してたかもしれない・・・変態とか言っちゃって・・・・・・
   ちゃんと私を理解してくれるのね・・・」
L「はい ミサさんは月くんにふさわしい最高の女性です」
ミサ「? ? ?
   ありがと竜崎」
 そう言うとミサはLのホッペにキスをする
L「好きになりますよ?」
ミサ「いえ・・・それはちょっと・・・」
月(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」
ミサ「お友達と言う事でどうでしょう 竜崎さん」
L「はい
  また友達が増えました」

 三人で輪を作り回りながらミサが
ミサ「うん ライトの友達は皆ミサの友達 仲良くやりましょう」
月(´-`).。oO「・・・・・・・・・・・・」
ミサ「そしてミサは友達を絶対裏切りません 任せておいて
   三人 力合わせてキラ逮捕!!」
 そして何故かがきデカの「死刑」のようなポーズをとり言い放つミサ
L「いえ それが・・・・・・
  夜神くんは私と違う捜査方法をお父さん達と取る様で 私とミサさん二人でという事に・・・」
ミサ「えっ 何それ・・・・・・」
月「・・・・・・・・・・・・やり方が汚いぞ竜崎・・・これじゃ僕はこっちの捜査にも加わるしか・・・」
L「いえ 結構ですよ」
ミサ「何言ってんのライトも参加決定ーーーーっ」
月「いや 違う・・・この捜査自体に僕は反対なんだ ミサは危険すぎる」
ミサ「ライト 私の事想ってくれてありがとう でもやらせて
   ミサ ライトの役に立ちたい 役に立ってライトにもっと愛されたい
   それにミサは・・・」

 総本部モニター前全てを見ている松田、摸木、夜神(父)の姿
ミサ「ライトの為になら喜んで死ねる」
父「やはり現状では七人の逮捕は難しいか・・・何かいい策はないか 摸木 松田」

煽り「ミサ、危険の渦へ!?」
次回予告「作戦決行!?ミサ、ヨツバメンバーと対面・・・!?次号、巻頭カラー「不向」!!」

126 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 22:56:23 ID:R2Efw7Al
うわタイトル忘れてた…orz
マジごめんなさい

127 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 22:57:21 ID:tkuJy6e8
>126 乙

128 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 22:58:51 ID:nF4YrcIA
>>120-123 >>125

129 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 23:01:47 ID:qd/+qo98
>>126
めちゃくちゃ乙です。
俺、バレは読みたいけど絵は本誌で見たい派だから、こういう文字バレが一番好きだ。

130 :126:04/11/01 23:04:35 ID:R2Efw7Al
自分は転載しただけなんでお礼はバレスレの(ry ◆6mROy/SAOk氏に言ってあげてください…

131 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 23:05:52 ID:/V0359FL
乙です。

132 :page.45「無茶」文字バレまとめ:04/11/01 23:06:50 ID:qDiuFHDD
ポプアプ
>120>121>122>123>125
一括
>>120-125



133 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 23:16:21 ID:qDiuFHDD
ん?なぜだろう
ID:tkuJy6e8氏が貼った分をポップアップで見ると
半角スペースが で表示されている。俺だけかな?
専ブラ等の環境のせいかな…

134 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 23:22:46 ID:tkuJy6e8
>133
当方ギコナビ使ってます。申し訳ない>半角スペース文字化け

135 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 23:29:00 ID:nF4YrcIA
>>134 JaneStyleだけど問題ないよ 乙

136 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/01 23:34:50 ID:qDiuFHDD
>>134
あ、こちらこそわざわざ答えてもらってスマソ。乙カレさんです

137 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/02 03:02:25 ID:wgTTG/DM
予告もういっちょ。

「ミサの前に突如現れたその者とは一体・・・誰?」

138 :5巻以降〜最新号文字バレ:04/11/02 18:33:04 ID:Lo4Q57WZ
5巻収録はおそらくpage43まで。page45「無茶」はジャンプ未発売(11/08売り)

ポプアプ
page35「白紙」 >4 >5 >6 >7 >8 >9
page36「親子」 >10>12>13>14
page37「八人」 >15>16>17>18>19>20>21
page38「打撃」 >22>23>24>25>26
page39「離別」 >27>28>29>30>31
page40「仲間」 >32>33>34>35>36
page41「松田」 >37>38>39>40
page42「天国」 >48>49>50>51
page43「黒」   >69>70>71>72>73>74>76>78>79
page44「後継」 >109>110>111>112>113>114
page45「無茶」 >120>121>122>123>125

一括
page35「白紙」 >>4-9
page36「親子」 >>10-14
page37「八人」 >>15-21
page38「打撃」 >>22-26
page39「離別」 >>27-31
page40「仲間」 >>32-36
page41「松田」 >>37-40
page42「天国」 >>48-51
page43「黒」   >>69-79
page44「後継」 >>109-114
page45「無茶」 >120-125

139 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/02 18:41:44 ID:qh+PV8tl
>>138
乙です!

140 :4巻 How to use it:04/11/03 02:20:25 ID:5ZWOTQss
XVI-1・死神は必ずデスノートを1冊は所有していなければならない。
その1冊は人間に譲渡できないし、人間に書き込ませる事も許されない。

XVI-2・死神同士のデスノートの交換や他の死神のノートへの書き込みは、
なんら問題ない。

XVII-1・死神は特定の人間に好意を持ち、その人間の寿命を延ばす為に
デスノートを使い、人間を殺すと死ぬ。

XVII-2・死んだ死神は消えるが、デスノートは残る。
そのノートの所有権は、通常、次にノートに触れた死神に移るが、
死神大王に返上するのが常識とされている。

XVIII-1・人間界でデスノートを持った人間同士でも、相手のデスノートに触らなければ、
相手に憑いている死神の姿や声は認知できない。

XVIII-2・死神の目を持った人間は顔を見た人間の名前と寿命を見る事ができるが、
デスノートを持つ事によって、命を取られる側から取る側になる為、
殺す人間の寿命だけが見えていればいいという考え方から、自分を含め、
他のデスノートを持った人間の寿命の方は見る事ができない。

XVIII-3・死神は人間に死神の目で見える名前や寿命を教えてはならない。
これは人間界の混乱を避ける配慮である。

XVIV-1・人間界で使われるデスノートには、生きた死神の人間界で人間に使わせる
という意思が始めになければならない。

XVIV-2・その後、人間に憑いた死神が死ぬ事は考えにくいが、
死んだ場合、その死神が人間界に持ち込んだデスノートの効力に
変化は生じない。

XX-1・死神の目で人間の名前・寿命を見るには、その人間の顔の左右の半分以上を見なければ
ならず、上下の場合は頭から鼻まで見る必要があり、目より下だけを見ても名前・寿命は
見えない。また、顔の一部、目・鼻・口等が隠れていても顔全体が見えていれば、名前・
寿命を見る事ができる。隠された部分が顔の何%を占めると名前・寿命が見えなくなる
かは検証していくしかない。

XX-2・上記の条件をクリアーしていれば、どんなに過去の物であろうと写真や映像でも名前・
寿命を見る事ができるが、写真・映像の場合はその大きさや鮮明度で見えない事がある。
また、どんなに写実であろうとも顔の絵では名前や寿命は見えない。

XXI・死神の目を持った人間は、元の視力に拘らず、人間界でいう
3.6以上の視力になる。

XXII・デスノートの所有権を失った人間は自分がデスノートを使用した事等の
記憶が一切なくなる。 しかし、ノートを持ってから失うまでの全ての記憶を
喪失するのではなく、自分のしてきた行動はデスノートの所有者であった
事が絡まない形で残る。

XXIII・二冊以上のデスノートの所有権を得た人間は、1冊の所有権を失うと
その失ったノートに憑いていた死神の姿や声を認知できなくなり死神も
離れるが、1冊でも所有している限り、
関わった全てのデスノートの記憶は消えない。

141 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/05 10:07:06 ID:DtlPUtAB
L「ミサさんあなら月くんを愛してますか?」

ワラタ。北海道弁?

142 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/05 10:16:44 ID:nSiojhkm
写植はローマ字入力で行われていることを証明したわけで

143 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/06 10:31:36 ID:EXCShL+l
>XXI・死神の目を持った人間は、元の視力に拘らず、人間界でいう
>3.6以上の視力になる。

すげえ便利。
透視能力がついていないのが嘘のようだ。

144 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/06 10:40:32 ID:HZGXLb+d
>>143
少なくとも死神本人は、それくらいの視力がないとな
天(?)から下界を見下ろしながら人間の名前と寿命を見るんだから
あまり視力がないと困るわねえ

145 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/08 01:57:18 ID:MLJmEQIf
最近ネタバレ読んでもドキドキしない、ネタバレまだかなーってワクワクしてたのが懐かしいよ
なんだこの糞展開は 。ガモウだめだな

146 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/08 06:32:50 ID:iYMQ77Rc
所詮はガモウだからな。

147 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/08 22:45:07 ID:zdKH/RWO
沈んでるな。保守カキコ。

148 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/08 22:49:24 ID:+8he6nLs
保守するならageないとだめじゃないの?

149 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/08 22:52:16 ID:XgNT6v3H
sageで問題ないから上げるな

150 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/09 06:44:15 ID:A4RqvNLP
最終書き込み時間が落ちるかどうかの判定に使われるんだよ。

151 :page46「不向」文字バレ:04/11/09 20:47:18 ID:YVUuXROb
869 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/09 20:38:07 ID:v8iRl+dX
page.46「不向」
煽り「踏み込むな。」

 捜査本部モニター前  モニターにはL、月、ミサの三人の姿が映っている
父  「・・・・・・下手に警察にヨツバの事は言えん 日本警察にキラの息がかかっているなら逆効果になる・・・
    他国の警察はLを通さなければ動かない・・・」
松田 「完全にひとつの建物の中で捜査する事になっちゃいましたね」

 その時モニターの向こうでは何やらミサがLの髪を掴んでわめき散らしている
ミサ 「ライトも居るのに色仕掛け作戦なんてできません 何考えてるのよ」
摸木 「・・・・・・」

父  「松田 竜崎側に付きたいなら私に遠慮する事はないぞ」
松田 「えっ!? いや そんな・・・全然思ってません」

 所変わってヨツバ本社の会議室 7人が集まり会議をしている
火口 「なあ 隔週どころか会議が増える一方じゃないか・・・」

尾々井「仕方ないだろコイルが「弥 海砂がLを知っているかもしれない」と言う報告をしてきたんだ
    これから取るべき道を話し合わなくては」

御堂 「キラによる犯罪者殺しがなくなった二週間 ネット等で流れた数多くの噂のひとつから
    この二週間と重な実際に弥海砂が行方不明という事実が発覚
    さらに行方不明直後に弥の借りていた部屋に家宅捜索が入った証拠を独自に入手
    弥は両親を強盗に殺されその強盗はキラに殺されている
    「キラに会いに東京に行く」と弥が言ったという実の姉の証言も入手
    上京したのもさくらTVに第二のキラからビデオが送られてきた時と一致」

樹多 「やはり凄いなコイル 今回は「思われる」とか推測ではなく断定してるし証拠もある様だ」
尾々井「弥はLに取調べられたという事になるが・・・問題はここからだ
    以上の事から弥はキラを崇拝しているといえる
    さらにヨシダプロは弥をヨツバのイメージキャラとして売り込んでいる
    ヨツバの宣伝に弥を使いLについて聞き出す事を奨める・・・
    私はこの考えを素直に受け入れられないんだが・・・」

御堂 「何故だ?いい策だと思うが」
尾々井「これだと弥に我々がキラと繋がりがあることを臭わせるか キラが弥から直接聞き出せ という事になる」
火口 「実際繋がってるんだからそれを示せば キラの崇拝から喋るって事だろ
    その後殺せばいいんだ いい策じゃないか」
奈南川「いや 尾々井の言っているのはLの正体はあくまでもコイルが暴くべきで
    ここで我々に委ねるのは筋違いだと言う事だろ?
尾々井「うむ Lの正体を暴くのが契約だったはずだ」
御堂 「しかし これだけ条件が揃っていればヨツバがイメージキャラに使い探った方が早いというのも当然だ」
紙村(´-`).。oO「・・・・・・」

紙村 「なあ・・・コイルはヨシダプロが弥をヨツバに売り込んでいるってどうしてわかったんだ?
    松井ってマネージャーが一度強引に売り込みに来ただけだ それに来た事自体ただの偶然だったのか?」
火口 「それはヨシダプロをちょっと調べればわかる事だろ 接待までしてくれたんだ
    大体 偶然じゃなかったら何だというんだ紙村」
紙村 「さあ?」
火口 「「さあ?」かよボケ」
紙村 「・・・・・・」

152 :page46「不向」文字バレ:04/11/09 21:51:15 ID:YVUuXROb
67 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/09 21:39:52 ID:v8iRl+dX
奈南川(´-`).。oO「どうなっている・・・?この会議もLは観ているのか・・・?
          コイルがどっち側なのかでまるで状況が変わってくる・・・
          L側なら弥の存在も紙村の言う様に何か裏が・・・
          こうなると私はL側に付いたほうが・・・
          いや そんな事をしても無意味だキラに気付かれれば殺される・・・
          やはりLの言っていた通りどっちが勝つか何もせず見届けるのが得策・・・」

紙村 「前から思っていたことだがコイルにもこの席についてもらうべきじゃないのか?」
奈南川「!・・・」
尾々井「ああ それを私は言っているんだ 我々の片棒を担ぎながら自分は安全圏に身を置き
    「あとは自分達で探れ」と言うのが気に入らない コイルもここで一緒にやるのが筋だ」

御堂 「それはそうだが・・・ノコノコ出てくるとも思えないが・・・
    樹多コイルに電話して出て来いと言ってみろ」
樹多 「・・・・・・」

尾々井「本当に私達と手を組み暴くつもりなら今ここに来るのが一番いいはずだと言うんだ」
樹多 「ああ わかった・・・」

 そう言うとコイルことアイバーに電話を掛ける樹多
 一方のアイバーは恐らく高級ホテルであろう豪華な一室で電話を受ける

アイバー「樹多さん そちらからはなるべく電話はしない約束だ。急用ですか?」

樹多  「いえ・・・実はこれから先はあなたにも直接話し合いに加わってもらいたいと言う事になって・・・」

アイバー「つまり行動を共にし ヨツバ社内のカメラ等に私が映り
     あなた達がしている事がバレた時 私も同じ立場にいるようにしろという事ですか?」

樹多  「そういう事になる
     それにLの正体を明かすのはあくまでもあなたの仕事だという意見も出ている」

アイバー「そうですね・・・
     わかりましたそう言うことなら私にいい考えがあります
     しかし顔を晒し行動を共にするならもう250万ドル願います」

 電話を切り慌てた様子で皆にアイバーとのやり取りを喋る樹多
樹多 「ここに来るなら上乗せ250万ドルと言っている」

尾々井「やはりな・・・取れるところで取りにくる
    構わん出してやれ」

153 :page46「不向」文字バレ:04/11/09 21:53:49 ID:YVUuXROb
70 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/09 21:40:27 ID:v8iRl+dX
 場面変わってキラの自宅
 自室の大型モニターに犯罪者のリストを出し今日も裁きに精を出している

キラ  「会議が終わっても家に帰れば犯罪者裁き キラは忙しいな
     しかし面白くなってきた
     弥海砂は第二のキラだったに違いない そしてLに捕まった」
レム  「!」
キラ  「そこから逃れる手はひとつノートの所有権を放棄する事
     そして記憶をなくしたという事だ
     それくらいあのコイルの報告書から私でも読み取れる
     放棄したノートはこのノートなのか それともまだそのノートが存在しているのか
     とにかく弥はLに接触したもしかしたらキラにもだ・・・
     これを方っておく手は無い 放っておくのは危険とも考えられる」
レム(´-`).。oO「・・・・・・」
キラ  「私は弥海砂を妻に迎える」
レム  「!」
キラ  「弥も次期ヨツバを牛耳る者でありキラである私と一緒になることを拒むはずがない」

 第三のキラはそう言うと椅子についているボタンを押し大型モニターを収納させる

キラ  「今をときめくアイドルとヨツバの重役か・・・まあ悪くない
     金、地位、そして美しい妻、端から見れば羨ましい限りだろう・・・
     結婚したら保険金をたんまりかけてやる」
レム(´-`).。oO「まさかこんな卑劣な奴に・・・大丈夫だとは思うが・・・」

キラ  「レムノートを例の所に隠しておいてくれ」

 そうレムに命じるとどこかへ行ってしまう第三のキラ

レム  「・・・・・・」
レム(´-`).。oO「死神がここまでするのは掟破りな気もするが・・・そういう掟は無い・・・
         今、私がミサの為にしてやれる事はこれくらいしか考えつかない・・・」

 ミサがこれから窮地に立たされる事を感じたレムはデスノートを少し千切り取り持っていく

154 :page46「不向」文字バレ:04/11/09 23:14:24 ID:YVUuXROb
312 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/09 23:07:15 ID:v8iRl+dX
 場面は翌日の捜査本部
 Lチームがミサをヨツバに送り出すために演技の練習をさせている
アイバー「ミサさんあなたは「キラに会いに行く」と言って東京に出てきた」

ミサ  「え!?」
L   「ミサさん そこは臭いといってもオーバーアクションは止めてください」
 座っていた長椅子の上で盛大にズッコケたミサにメガホンでダメ出しをするL

ミサ  「ええーっ今のを迫真の演技って言うのよ」
L   「いいからやり直しです」
ミサ  「はいはい 竜崎大監督〜〜〜〜」
L   「ミサさん真面目にやっていただかないと蹴り入れますよ」
 ミサは頬を膨らませブーたれながらLに文句を言い
 方やLはそんなミサの態度など意に介さず練習を続行させる

 そんなL達のやり取りを監視用モニターで見ている父チーム
L   「ではそろそろ摸木さんにも参加してもらう交渉をしておきますか」

 そうLが言うと父チームの電話が鳴りそれに応じる夜神父
L   「竜崎です」

父   「言われなくてもわかる」

L   「しかし こちらからは内線を使わなければそちらの声が聞けません」

父   「それもわかっている」

L   「摸木さんは今まで通りミサさんのマネージャーとして動いてもらってよろしいんでしょうか?」

父   「・・・やむをえん」

L   「では 摸木さんは引き続き 摸地幹市マネージャーとして動いてもらいますが・・・」

摸木  「?」

L   「こちらの作戦は思いの他上手く進んでいて 摸木さんの役割もかなり重要になってきました
     もう少しマネージャーらしく松田さんの様なノリでお願いします」

父・摸木・松田「・・・・・・」

155 :page46「不向」文字バレ:04/11/09 23:15:09 ID:YVUuXROb
314 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/09 23:08:07 ID:v8iRl+dX
 二日後
 ヨツバ本社に向かう車の中
摸木  「み・・・ミサミサ」

ミサ  「顔が笑ってないって
     無理して「ミサミサ」じゃなく「ミサ」でいいからモッチー」

摸木(´-`).。oO「向いていない
         しかしこれもキラを捕らえるための任務・・・L側・局長側など関係ない」

摸木  「ミサミサ!!」
ミサ  「何!?モッチー」
 意を決した摸擬はぎこちないが笑顔でミサの方を向くが、突然の変わり様に驚くミサ

摸木  「今日はヨツバさんの広告に使ってもらえるかの面接でもありますが
     潜入捜査という事になります」

ミサ  「言われなくてもわかってるって
     もうライトと竜崎さんと変な外人さんともバッチリ打ち合わせしてあるもん
     モッチーの方こそ失敗しないでよ キャラは体育会系の元気いっぱいマネージャーだからね」

摸木  「はい がんばりまっす!!オッス・・・」
ミサ  「・・・・・・」

 そんなやり取りをしているうちにヨツバ本社に到着する二人
 到着した二人を出迎えたのは尾々井と紙村だった

尾々井 「お待ちしておりました 尾々井です」
紙村  「紙村です」

摸木  「おはようございます!ミサミサのマネージャーこと摸地幹市です!宜しくお願い申し上げます!」

ミサ  「尾々井さん 紙村さん お久しぶりでーす」

尾々井か紙村「では早速ですがミサさんは面接室の方へ
       マネージャーさんは応接室の方でお待ちください」

摸木  「はい!
     ミサミサファイトーッ!!私モッチーはCM決定祝賀接待の用意をしてお待ちしておりまーす!!」
ミサ(´-`).。oO「やる時はやるのねモッチー」
 今までの摸木からはとても考えられないようなアクションでミサを送り出す摸擬
 ミサを見送ると応接室の椅子に腰掛け
摸木(´-`).。oO「ふーっ・・・向いてない・・・よな・・・?」
 と疲れた表情で思うのであった

156 :page46「不向」文字バレ:04/11/10 01:02:18 ID:iXXxHjbQ
788 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/10 00:55:09 ID:cUVR9SAi
 面接室に通されこれから面接が始まろうとするミサを見つめるレム
 更に面接にはヨツバの面々と行動を共にする事になったエラルド=コイルことアイバーの姿もあった
レム(´-`).。oO「ミサ・・・またこの建物内で会うとは・・・」

アイバー「私とは初めてだったねミサさん
     宣伝部専属アドバイザー ジョン=ウォレスです
     宜しくお願いします」

ミサ  「外国のスペシャリストの方とは流石ヨツバさんです
     こちらこそ宜しくお願いします」
ミサ(´-`).。oO「この人が聞いてくる事はもう決まってるし、答え方もOK
         問題は他の四人からの質問・・・大丈夫ライトの為に頑張らなきゃ」

 面接官はヨツバの七人全員ではなく尾々井、三堂、火口、紙村の独身グループとアイバーの五人で行われていたのであった
ミサ(´-`).。oO「でも キラかもしれないという七人全員じゃなかったのは残念ね・・・まあ それじゃ多すぎて変か・・・
         前も思ったけど三堂って人はちょっとライトに似てるかも・・・でも皆オヤジ過ぎ・・・」

アイバー「ではいきなりですが正直に言います
     実はミサさんを採用する事はほとんど決まっているんです
     ただ その前に一つだけ確認しておきたい事が・・・」
ミサ  「はい?」

アイバー「いろいろと調べさせてもらいましたが・・・
     両親を強盗に殺されその犯人を殺したキラを尊敬しているとか?」
他四人(´-`).。oO「いきなり核心を・・・」

ミサ  「いえ そんな事はありませんキラは悪人です
     ミサミサは健全で明るい元気な娘です」

アイバー「ミサさん企業のイメージと言うのは大切でキラに賛同しているというのは・・・」
ミサ  「だからキラに賛成してるなんて一言も・・・」

アイバー「あなたは「キラに会いに行く」と言い東京に出てきた・・・」

ミサ  「え!? そ・・・そんな事誰に・・・」

アイバー「京都にお姉さんが居ますよね?
     アイドルとしてのイメージがあるから誰にも言うなと言いながらお姉さんだけには話した」
ミサ  「あ・・・姉がそんな事を・・・?」

アイバー「お姉さん お酒が入ると少しお喋りになりますね」
ミサ  「ま・・・まさか姉と・・・」
アイバー「お姉さんもその夜の事はミサさんにも言わないでしょう
     もろちん相手は私ではありませんよ
     しかし これは確かな情報なんです
     ミサさんの顔にも「バレた」と書いてある」
ミサ  「・・・・・・」

157 :page46「不向」文字バレ:04/11/10 01:02:52 ID:iXXxHjbQ
790 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/10 00:55:51 ID:cUVR9SAi
尾々井(´-`).。oO「コイルそこまで捜査しているとは・・・」
三堂 (´-`).。oO「なるほど
          自分が聞き出すなら面接官にして弥を呼び出せというのは名案だった様だ・・・」
紙村 (´-`).。oO「・・・・・・」

アイバー「まあ仮にミサさんがキラに賛成だとしてもバレなければいいんです
     ただ私達には嘘をついて欲しくない
     これから互いに信用し助け合って仕事をしていくんですから」
尾々井 「そうです
     ミサさんのイメージ作りや事前に対処すべき問題があれば私達は協力を惜しまない」

ミサ  「・・・はい もうこんな事のないよう姉にもよく言っておきます・・・でも・・・
     確かに東京に出てきたのは会えるはずの無いキラへの憧れもありましたが仕事の為が一番の理由です
     「キラに会いに」なんて半分冗談で言ったのも 本当に姉だけなんです
     そんな事世間には微塵も見せてません」

アイバー「ミサさん・・・嘘はつかない様にと言ってるんです
     まだ隠してる事がありますよね?世間にバレたくない事が・・・」
ミサ  「えっ・・・」
ミサ (´-`).。oO「ここで汗いっぱい出して間を溜める・・・」

アイバー「ネット等でほんの一瞬うわさになったが誰も信じなかったアレです」

ミサ (´-`).。oO「ミサ ネットなんて見ないんだけどなー・・・」

アイバー「「弥海砂はLに拘束された」これの真相を自分の口で話してください
     失礼は承知の上で私達はこの点について有能な探偵に調査してもらいました
     ヨツバのイメージキャラがキラだったでは困るんです」
尾々井 「うむ 正直にお願いします」

158 :page46「不向」文字バレ:04/11/10 01:03:57 ID:iXXxHjbQ
792 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/10 00:57:16 ID:cUVR9SAi
ミサ  「わ・・・わかりました 全てお話します・・・
     確かに拘束されました・・・Lだと思いませんでしたがキラの事について聞かれました・・・
     でも私は第二のキラじゃないしキラと何の関係もないとわかったから今こうしているんです」

他四人(´-`).。oO「本当だったLに拘束されている・・・」

レム (´-`).。oO「ミサ・・・何を考えている?何故そこまで喋る?・・・・・・仕事の為か・・・?
          ミサはここにキラがいるとはわかっていない・・・このままではまた酷い目に・・・」

尾々井 「拘束した相手の顔を見ましたか?」
三堂  「尾々井・・・聞き過ぎだ・・・」

ミサ「いえ 目隠しされていたので・・・」

三堂  「しかし声は聞いたという事ですね?」
尾々井 「・・・三堂 聞き過ぎでは・・・」

ミサ  「会話しましたけど相手の声はスピーカーからで
     よくテレビであるモザイクかけた時のあんな声でした・・・
     あの・・・でも この話その人に「絶対誰にも言うな」ってお金も沢山貰ったし・・・」
尾々井 「大丈夫ですよ 信用して何でも話してください」

火口  「よー これじゃ面接じゃなくて
     まるで尋問じゃないか何時間やる気だ?俺トイレね」
三堂  「確かに少し関係ない方に話がそれた様だ・・・」

ミサ  「あ・・・あの・・・私もトイレいいですか?」

尾々井 「どうぞ」
三堂  「話が長くなりそうだ私も・・・」

 火口と三堂はトイレに行く途中でコイルの手腕に感心しきりのようである
火口  「しかし流石だなコイル あそこまで吐き出させるとは」
三堂  「ああ もう採用決定だな
     コイルもいるし本当に弥海砂からLの正体がつかめるかもしれない」

 一方ミサは化粧を直すつもりなのか洗面台に手をつき鏡と向かい合っている
ミサ  「はーっ・・・神経つかうわ・・・
     でも うまくいってるしがんばらなきゃ」

 そのとき洗面台に置いていた手にレムが隠し持っていたと思われるデスノートの切れ端を触れさせた

 デスノートに触れた事によりレムが見えるようになったミサ
 しかし第二のキラだった時の記憶が蘇っている様子も無く
 まるで化物が突然現れたように恐怖の表情を浮かべる
 叫ぼうとしたミサの口をレムの手が覆おうとする
ミサ「キ キャ・・・!!」

煽り「レム出現!!ミサに何を・・・!?」
次回予告「レムを覚えていないミサは!?次号、「先走」!!」

159 :page46「不向」文字バレまとめ:04/11/10 01:07:30 ID:iXXxHjbQ
page46「不向」
>151>152>153>154>155>156>157>158
>>151-158


他ギャグスペ2005や表紙なんかの情報

549 名前:(ryトリップ無しsage 投稿日:04/11/09 10:38:01 ID:w2n19SxU
デスノの4コマ見ましたよ。

560 名前:(ryトリップ無しsage 投稿日:04/11/09 12:20:20 ID:w2n19SxU
4コマは1本です
で、次回予告は「先走(さきばしり)」です

696 名前:(ry ◆6mROy/SAOk sage 投稿日:04/11/09 19:28:27 ID:v8iRl+dX
デスノの表紙は白い服を着て黒い羽を生やした月一人です
ジャンプ51号の表紙はアイシールド21でした

160 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 01:39:02 ID:K+pn1OXW
まとめ乙(・∀・)イイ!!

161 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 01:40:08 ID:K+pn1OXW
(ry氏からもう一つ予告頂きました


「久しぶりの二人の会話。その内容とは一体・・・!?」

162 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 10:56:29 ID:ff09FYT5
月はまたのけものかい

163 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 10:58:01 ID:7C/dUIGp
そりゃミサはレム覚えてないだろ。だってヨツバキラに所有権のあるノートに触れただけなんだし。

164 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 11:02:20 ID:eQIV9cQn
乙です。
キラは三堂か紙村で決まりだろうが・・・
ノートに触っても所有者にならなければ記憶は戻らんのだな。

165 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 11:05:27 ID:ff09FYT5
なるほど今度はミサに所有権が渡って
また捜査が振り出しか?

166 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 13:25:40 ID:iXvEAcLB
ミサはレムを覚えていないが、目はどうなんだろう?
せっかく寿命の半分使って取引したんだから、せめて3.6の視力
くらいは復活して欲しいよな

167 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 16:08:52 ID:NiJJAfJA
次スレのテンプレでは「バレの感想やつっこみはネタバレスレで書け」ってのを入れてくれ。

168 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 16:22:44 ID:Uor5xlQv
現時点での誘導もして置いた方が有効だぞ。

DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.179
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100019562/

169 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 16:50:55 ID:eQIV9cQn
ネタバレスレはクレクレ厨と流れが速いのとでついていけません

170 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 17:40:14 ID:Uor5xlQv
なら諦めろ。

つーか一方的に感想やらつっこみ書くだけなんだから
何時もの速度が速かろうが遅かろうが関係ないだロ。
書き込んだ時点はそのスレ見ているんだし。

171 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 17:57:19 ID:NiJJAfJA
だいたいここは雑談がうざくてネタバレだけ見たい人の為のスレだろ。
感想とか書かれたらネタバレスレと分けた意味ねーじゃん。

172 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 19:28:36 ID:McOE0bta
まあどこにでも空気を読めない奴はいるわけで。

173 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/10 22:48:09 ID:01jyyyWS
>>115みたいに文字バレを貼った直後にネタバレスレに誘導すれば雑談厨は現れないだろう。


来週はちゃんと誘導お願いしますね。

174 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/11 01:39:29 ID:fEWNy+/f
もろちんw


175 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/11 02:00:41 ID:jUIfxLyf
あらら、また糞話かと思ったが最後で何か久しぶりのワクワク感が蘇ったよ
久しぶりに来週が楽しみ〜って思える展開

176 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/11 03:23:51 ID:3TZkwdO2
・page46「不向」 >>151-158
バレスレが移行しましたよ…
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100102519/

うん、>>115>>159は同一人物だったりしたわけだが
今回誘導入れるのをすっかり忘れていた。スマソ。
またうっかりした時はフォローヨロ

ああ(ry氏…
最近スキャソが遅れ気味だったのは
主にダウソの方が荒れていたからなんだけどな。
まあそれで氏の気が済むのなら良いか

177 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/12 17:46:19 ID:k16+S5LK
バレスレ誘導
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.182
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100244774/l50

178 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/13 14:18:50 ID:p+1w+l3v
保守

179 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/13 20:32:53 ID:9PC4IRsl
誰か四コマの詳細もキボンヌ

180 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/13 20:48:36 ID:ur283eK1
コンビニで立ち読みしてきなよ
今回は袋綴じじゃないぞ
あの小ネタを文字で説明するのもどうかと思う

181 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/13 21:19:02 ID:+fPb2DbP
個人的には4コマより1コマのほうが好きだ。

182 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/13 21:50:42 ID:+wTTl9ED
>>181
俺もだ…w。

183 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/14 00:24:33 ID:9FPkJj40
せっかくの出目川スレだしな

184 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/15 19:52:47 ID:Z7DD9RA7
保守

185 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/16 17:10:50 ID:zJ39iJnA
:(ry ◆LImO8bHQ.E :04/11/16 12:59:51 ID:mFVIpRq6
今は携帯なのでうpはできないです
バレはレムがミサにミサが第二のキラだったこと月が初代キラだったことをを教えます
次号では第三のキラの正体がわかるっぽいです


186 :page47「先走」文字バレ:04/11/16 20:52:59 ID:cTOI6Yd+
774 名前:(ry ◆LImO8bHQ.E sage 投稿日:04/11/16 20:48:43 ID:DbQRWu99
page.47  「先走」
煽り   「レム出現!!しかし、ミサに記憶はなく・・・!!」
あらすじ 「ヨツバに存在するキラを突き止める為にLのとった策は、ミサをヨツバにイメージガールとして潜入させる事。
      その為の面接はうまくいっていたが、ミサがトイレに立ったその時、突如レムが現れて・・・!?」

 ヨツバ本社の女子トイレ、レムに口を塞がれたミサは逃げる事も叫ぶ事もできないでいた

ミサ(´-`).。oO「な・・・何これ!? お化け?」

レム(´-`).。oO「こんな切れ端に触れさせても失った記憶は戻らない
         そんな事は分かっている・・・しかし、これでミサに私は見えるしこうしてミサの口を覆うこともできている
         今はそれで・・・」

レム「ミサ、今お前はヨツバの者にいつ殺されてもおかしくない危険な状況にいる それを伝えに来た
   落ち着いて聞いてくれ」
ミサ(´-`).。oO「落ち着けったて・・・大体、今このお化けの方がミサを殺しそうじゃない」

レム「私はミサの味方だ」
ミサ(´-`).。oO「味方?こんなのが?やだ・・・」

レム「時間が無い、これから私が言う事は全て真実だ
   まず、私を怖がらず存在を受け入れてくれ」
ミサ(´-`).。oO「怖がるなって・・・無理・・・
         どう考えたって人間の手の感触じゃない・・・体温感じないし・・・」

 所変わってLビル
 ミサを送り出したL達は捜査本部でミサの安否を気遣うのかと思いきや特に心配している様子は見せない
 別チームであるはずの松田が一番ミサの事を心配している

松田「ミサミサ大丈夫かな〜
   面接する部屋かミサミサ自身に盗聴器つけるべきだったんじゃ?」
L 「面接する部屋はどの部屋か分かりませんし、ミサさんに付けたらミサさんがより危険になります
   それにこれは、私達チームの行動ですから松田さんは心配しなくていいです」
父 「そうだ松田 こっちを手伝え」

 一方ライトは、初代キラが裁いた犯罪所のリストと第三のキラが裁いた犯罪者のリストを見比べ一人思い悩んでいた

月 「・・・・・・
   やはり別人だ・・・僕が監禁される前のキラと現在のキラ・・・
   犯罪者を裁いているという行為で括れば同じだが明らかに違う・・・
   現在のキラは殺人を犯し報道された者を片っ端から裁いているが
   前のキラは殺意の無かった者、謝って人を殺してしまった者、情状酌量の余地のある者に対しては極力裁きを下していない
   例えば、誤って車で人をはね死なせてしまった者、前のキラはかなり悪質な違反でもしない限り事故を起こした物を裁いていない
   それどころか殺人を犯した者に対して殺すだけの理由があった、殺された人間の方が悪だとキラ自身が判断すれば裁かない・・・
   僕がキラならこういう裁きをするだろう・・・それに比べ現在のキラは人間らしい感情が感じられない・・・
   いや、前のキラも現在のキラも大量殺人犯に変わりはない
   殺人に正義も悪も存在しない、どちらも悪だ、そんな事は分かっている
   しかし・・・前のキラの基準・・・僕の考えに恐ろしく近い・・・
   !・・・何を考えているんだ僕は、僕はキラではない
   キラを自分に重ねて考えるなんて・・・どうかしている
   しかし、今のキラと前のキラの違いに竜崎も気付いているはず・・・
   何故、この事を僕に言ってこない・・・
   どうせ夜神月が前のキラだったのだから言うまでも無いと言う事か?」

187 :page47「先走」文字バレ:04/11/16 22:05:49 ID:cTOI6Yd+
24 名前:(ry ◆LImO8bHQ.E sage 投稿日:04/11/16 21:55:49 ID:DbQRWu99
 所変わってヨツバ本社の女子トイレ、レムはミサの口を塞いだままだ

レム「夜神月はキラだ」
ミサ「!」

ミサ(´-`).。oO「・・・・・・」

レム「ライトは今何をしている?」
ミサ「・・・・・・」

  「ポンポン」
 ミサは口を塞いでいるレムの手を叩き喋る意思のある事をアピールする
レム「手を離していいんだな?大声は出すなよ・・・」
ミサ「はー はー」
 口を塞がれて息が出来なかったのかミサは床にへたり込み深呼吸をして息を整える

ミサ「あなた何?ストカーじゃないのは分かるけど全然人間に見えない・・・」
レム「当たり前だ 私は死神だ
   ミサ、お前は一度私と行動を共にした
   前はノートを先に手にしてから私に会ったからすんなり受け入れられた様だが
   さすがに今回は信じ難いようだな・・・」

ミサ「全然言ってる事もわからない・・・ミサと会った・・・?ノートって何・・・?」

レム「デスノート、人の名前をそこに書き込むと名前を書かれた人間は死ぬ」

ミサ「!?・・・・・・
   そ、そういう話嫌いな方じゃないけど・・・」

レム「そのノートで夜神月は犯罪者を裁いていき「キラ」と呼ばれる存在になった」

ミサ(´-`).。oO「!・・・
         ライトが・・・キラ・・・」
ミサ「ライトがキラ、本当にそうだったなら素敵ね」

レム「そして、ミサもキラと同じ・・・いや、それ以上の能力を持っていた
   その能力でミサはキラである夜神月に近づくことに成功した」
ミサ「!」

ミサ「・・・・・・
   ライトがキラで・・・ミサが第二のキラ・・・」
レム「そうだ・・・いや「そうだった」が正しい」

ミサ(´-`).。oO「竜崎、当たってんじゃん」

188 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/16 22:58:05 ID:PMn8PylT
レム「もう一度聞く、ライトは今何をしている?」
ミサ「竜崎っていうLの手下と一緒にキラを捜してる・・・
   でも、キラがキラを捜してるって変じゃない?」

レム「キラを捜してるか・・・ライトの作戦通りだな」

ミサ「作戦通りなの!?」
レム「ああ」

ミサ「もしかして・・・ああ見えてライトはキラでライトはLを殺そうとしている・・・
   今、L側にいるのは作戦」

レム「ああ、そのはずだ
   ミサ、ライトと二人きりで話せるようになったか?」
ミサ「それは無理・・・さっき言ってた竜崎って人とライトは24時間手錠で繋がれちゃってるの」

レム「手錠!?
   なるほど手錠か・・・L側もなかなかやるな、手錠はライトの計算外だろう・・・
   ライトが今でもノートを持っているのか、それとも記憶を飛ばし疑いを一時的に晴らす為
   今は持っていないのか、それだけでも分かるといいんだが・・・」

ミサ「なんか言ってる事難しいよ、訳わかんない・・・」
レム「さっき言ったノートを使って人を殺しても、そのノートを手放せば使っていた事やノートの存在を忘れてしまうんだ」

ミサ「何それ・・・都合いい様な・・・悪い様な・・・
   ねーっ ライトはキラで今のキラを捕まえてLを殺したいんだよね?」
レム「ああ、そうだろうな」


189 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/16 22:58:36 ID:PMn8PylT
ミサ「で、ミサは第二のキラだった」
レム「? ああ、そうだ」

ミサ「じゃあ、あなたの能力でライトもミサもキラになったんだよね?」
レム「いや、ミサはそうだがライトは違う死神の能力だ」
ミサ「じゃあ、もう一度あなたの能力でミサをキラにしてよ
   ライトもキラになるのなら私もなりたいし、ライトの手助けができるじゃない」
レム「・・・・・・」

レム「それはできない、ミサは一度寿命を縮めてまでライトに尽くし、ライトの為に死のうとまでした
   もう、あんな目に遭わせたくない」

ミサ「・・・・・・
   ミサ、ライトの為にそんな事してたんだ・・・嬉しい・・・」
レム「・・・・・・」

レム「それにノートの所有権は、今所有している人間の意志なしに死神が勝手に移動させる事は許されない
   ライトの計画はキラを捕まえて、そのノートを手に入れる事だろう・・・」
ミサ「そっか・・・」

レム「問題は、もう一冊のノートを今持っているのか持っていないのか・・・
   それで状況はかなり違ってくる・・・」
ミサ「ノートって何冊あるの?」
レム「今、人間界にあるのは二冊のはずだ・・・」
ミサ「でも、ノートを持ってるならこんな面倒臭い事をせずにLを殺してるんじゃない?」
レム「いや、Lの名前がライトには まだ分かっていなかった
   「L」と書いても死なないからね
   顔の方は見ている様だったが」

ミサ「なんか複雑すぎ・・・
   じゃあ、死神さんがLを殺すって事はできないの?
   できるよね?死神なんだから」


190 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/16 23:25:47 ID:PMn8PylT
レム「一度はそう言う話も出たが、もうできない」
ミサ「なんでよ?」

レム「今のノートの所有者を見ていたら・・・夜神月を応援したくなってしまったからね
   今思えば夜神月はミサと同じくらい純粋なのかもしれない
   夜神月は自分の為ではなく、あくまで人間界を良くする為にノートを使っていた・・・
   その邪魔をする者は消すというのも今なら納得できる」

ミサ「そうよ、キラは・・・ライトは世の中を良くする為にやってるんだよ
   そんな事も分かってなかったの?死神さん
   でも、応援するなら尚更Lを殺してあげればいいじゃない」

レム「いや、今のノートの所有者やLを私が殺すと結果的に夜神月の寿命を延ばす事になるかもしれない
   夜神月に好意を持ってしまった今、それをやると私が死んでしまう
   応援するとは言ったが命を投げ出すほどではないからね」
ミサ「ケチ」

レム「それに、そんな事は夜神月も望んではいない」
ミサ「えっ?」

レム「ライトは自分なりの計画を進めているはず・・・余計な事はして欲しくないだろう」
ミサ「そっか・・・」

レム「ミサ、ライトをまだ死ぬほど好きか?」
ミサ「!・・・
   死神さん、あなた本物だね、ミサのこと全部わかってる
   言う事 全て信じるよ
   ライトの事は愛してるよ・・・そう、死ぬほど
   それに・・・ライトがキラでミサもキラで二人がキラなんて本当にサイコーだもん、信じる」


191 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/16 23:26:21 ID:PMn8PylT
レム「変わらないなミサ
   そのライトへの気持ちも一生変わらないだろう・・・
   ならば私も もうミサの幸せはライトについていき尽くす事だと考える」

ミサ「ありがとう、死神さん」

レム「ただし、ライトがミサを殺そうとした時だけは、私の命を張って私がライトを殺す」
ミサ「!」

ミサ「ライトがミサを殺すなんてあるわけないじゃない
   それに、何で死神さんが私の為にそこまでするの?
   死神に愛されたって困るし・・・ライトが死んだらミサ生きていけないよ」

レム「まあ、そこはあまり深く考えなくていい
   ミサを守るのは私の意地みたいなもので愛とは少し違う、私もメスだしね
   ミサの気持ちは良くわかった
   ここからが本題だ」
ミサ「?」

レム「今のキラは卑劣で最低の人間だ、何をするか分からない
   気を付けろ、他のヨツバの人間にもな」
ミサ「うん・・・わかった忠告ありがとう」


192 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/16 23:48:29 ID:PMn8PylT
レム「今、私の姿が見え声が聞こえる人間は、そのキラとミサだけだ
   これから面接に戻ればミサには誰がキラなのか分かるはずだ
   こいつは特に信用するな」
ミサ「・・・うん
   それは分かったけど だったら今、誰がキラなのか教えてくれてもいいじゃない」

レム「それもできない それができるならミサがあそこまでしてライトを捜さなくても私が教えれば済んだじゃないか」
ミサ「その「あそこまでして」がミサは覚えてないじゃん」
レム「とにかくノートを持った人間を人間に死神が教えてはならないという掟があるんだ
   今こうしてるのもギリギリだろう・・・」

ミサ「う〜ん・・・ルールが多過ぎて嫌になっちゃうよ・・・死神さん嫌にならない?」
レム「仕方ないだろ、そうなんだから
   いいかミサ、今のキラ・・・いざという時は私が殺すが、それをやると私が死んでしまう
   こんなキラの為に死ぬわけにはいかない
   ミサがライトと一緒になった時のライトのブレーキになる為にもな」
ミサ「う〜ん、分からない事いっぱいだけど
   ものすごくミサの味方っぽいのはさっきからひしひしと伝わってくるよ、死神さん」

レム「いいか、ミサにはキラが誰なのか分かってしまうがライトを信じ好きな様にやらせるんだ」
ミサ「うん」

ミサ「つまり、ライトにはライトの計算があるんだからミサはいつも通りに振る舞って
   キラが誰なのかライトに自分で分からせるって事ね」
レム「そうだ、私がミサに姿を見せたのもライトの計算に入ってないはずだからね」

ミサ「今ミサが「キラは誰々」なんて言ってもライトは信じないし竜崎やLに怪しまれるだけ
   そんな事 私にもわかるわよ 任せといて」

レム「そうだな、ミサはこういう時は私より知恵が回るのかもしれない
   何しろ あの夜神月と、キラの能力を持った者捜しごっこをして勝ったんだからな」
ミサ「うわっ ミサ凄っ・・・?
   まあ、ミサは演技派だしね 西中監督、ライト達、今度は死神さんにまで演技しろって言われちゃってちょっと大変
   大きなCMも入ってきそうだしー 売れっ子だね
   死神さんと話してると面白いしもっと聞きたい事いっぱいあるけどもう戻らないとまずいね
   アイドルうんちしないし」

レム「そうだな・・・
   最後にもう一つ大切な事を言っておく
   いくらライトの力になりたくても私やノートの存在はどんな事があってもミサから教えては駄目だ
   L側の人間と手錠で繋がれているなら尚更だ
   過去にミサは「ノート」という単語を使ってしまったからね
   それを聞いたらL側はミサとライトがキラだったと分かりライトの計画は崩れていく」

ミサ「うん わかった ありがとう」
レム「じゃあ私は先に戻るくれぐれもヨツバの奴等、特にキラには気を付けろ」
ミサ「あっ」

ミサ「死神さん、お名前は?」
レム「レムだ」
 レムはミサに名を告げると壁を通り抜け第三のキラの元へ帰っていく

ミサ「トイレ長くなっちゃってスミマセン
   お化粧バッチリ直してきました」
 面接室に戻ったミサはレムの前に居る人物が第三のキラだと意識しつつも顔には出さない
ミサ(´-`).。oO「レム・・・レムの前の人がキラね?」


煽り  「次号、ヨツバキラ判明!!」
次回予告「ミサ、キラの正体を知るもライトには話せない!!そこで・・・!?次号、「交換」!!」

193 :page.45「無茶」文字バレ:04/11/17 00:07:26 ID:UEbJVrm4
乙。まとめ&誘導〜

ポップアップ
>>186
>>187
>>188
>>189
>>190
>>191
>>192
一括
>>186-192


感想・ツッコミはこちらでドゾー
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.185
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100608665/

194 :page47「先走」文字バレまとめ:04/11/17 00:08:29 ID:3iVYlmPQ
ポプアプ
>186 >187 >188 >189 >190 >191 >192
一括
>>186-192

感想・ツッコミはこちらでドゾー
page.185 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100608665/
たぶんその次スレ
page.185(186) http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100609218/

乙乙

195 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/17 00:09:29 ID:3iVYlmPQ
しもたスマソ

196 :193:04/11/17 00:23:18 ID:UEbJVrm4
あ、名前欄間違えた
何故前々回のタイトルを・・・_| ̄|○スマヌ

197 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/18 02:36:49 ID:R+Ueogvn
予告もういっちょ。

651 (ry ◆LImO8bHQ.E sage 04/11/16 23:53:47 ID:DbQRWu99
>>611
巻末予告にデスノが無かったです
代わりに柱の予告です「ヨツバキラ、判明!!それを知ったのは・・・!?」

198 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/18 18:44:08 ID:DZh8BBNA
>>197
ヨツキバラって読んでしまった…orz

199 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/18 19:01:31 ID:iUNQ01Qk
ヨツバキラにサを加えて「月よさらば」

200 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/18 20:03:01 ID:fmcQOpwG
>>199
おぉ凄い。

201 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/19 16:29:26 ID:uUPtiPMI
こっちいけ。
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.186
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100646342/

202 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/20 20:29:47 ID:Wm0mUlN1
保 守

203 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/20 20:32:31 ID:319VD4pQ
雑談はこちらへ
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.188
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1100855992/l50

>>201のスレはもう1000行きましたので

204 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/22 01:13:47 ID:tjG2Yssx
保守

205 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/22 03:43:22 ID:lv8OSHGY
この板なら突如として変な圧縮・移転が起こらない限り
保守しなくても大丈夫ですぜ

206 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/22 12:24:27 ID:loE1qbKN
917 名前: (ry ◆LImO8bHQ.E [sage] 投稿日: 04/11/22 12:18:35 ID:Y02nUOGC
こんにちは
次回予告は「植木」です
そして第三のキラは火口でした


207 :ナミさんラブ:04/11/22 15:22:33 ID:1dXCj9ZR
植木?
月の所に期日指定で宅配便が来て、それが植木で、デスノが鉢の中に?とか想像してしまいました。

ところで本当に火口ですか?
前に、この中にキラがいるとかいう場面で、みんな汗かいてたのに、火口とナミさんだけ汗かいてなかった。


208 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/22 15:39:51 ID:brWcnfia
出目川スレは本スレで出たバレを貼り付けるスレです。
雑談、質問等は本スレでお願いします。

DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.189
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1101096240/

209 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/22 17:45:11 ID:LaE2o7Y4
ネタなら韓国公式にあるぞ。見て来い

210 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/22 20:32:28 ID:DSoiX0xi
308 名前: (ry ◆LImO8bHQ.E [sage] 投稿日: 04/11/22 20:10:05 ID:7gudAJ4t
page.48 「交換」 
煽り  「ヨツバキラは火口!!」 
あらすじ「Lはミサをヨツバに潜入させる策を取った。その時レムが出現。 
     レムによりミサはデスノートの存在、そしてキラを知った・・・!!」 

  ヨツバ本社面接室 
  火口の後ろにレムが立っている 

ミサ(´-`).。oO「火口がキラ・・・最悪・・・ こいつ、この間 接待した時も・・・」 

  以前あった天国接待の時の火口の行為を思い出すミサ 
  その時の火口は酔っていたとはいえミサの肩に手を回し異様なまでに馴れ馴れしい 
  左手にはグラスを持っている 

火口「ミサちゃん携帯番号教えてよ 
   ミサちゃん俺のタイプだし悪い様にはしないよ」 
鷹橋「おい火口!抜駆けは無しだ!」 

ミサ(´-`).。oO「結局携帯のメルアドだけ教えちゃったけど未だに誘いのメールを送ってくるスケベおやじの中の一人・・・」 

  場面は変わって捜査本部モニター室 
  月、L、父、松田の四人がミサの帰りを待っている 
松田「ミサミサ遅いなあ〜まだ面接やってるのかなあ〜」 
L 「よほどヨツバはミサさんに聞きたい事があると・・・いい傾向です」 
月・父「・・・・・・」 

月 「竜崎、やはりミサをヨツバに近づけるとしても第二のキラであった様に見せるのは危険過ぎる 
   今からでもアイバーや奈南川を使って完全に否定しておくべきだ」 
L 「 「第二のキラ容疑でLに拘束されたが間違いだと分かり開放された」ですから否定してます」 
月 「僕が言ってるのはその「Lに拘束された」が危険だって事だ」 
L 「しかし、ミサさんは進んでこの策に・・・」 

211 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/22 20:33:49 ID:DSoiX0xi
父 「心配するなライト 
   今の状況を全てテレビ出演し私が発表する」 
松田「もう警察でもないのにそれは無理ですよ局長・・・」 
父 「いや、さくらTVの出目川なら飛び付いてくる 
   私が警察を辞めた経緯 ヨツバがキラの能力を使っている事・・・ 
   それらを発表すればキラによる犯罪者殺しが止らなかったとしてもヨツバの殺しは必ず止まる」 

月 「そんな事・・・ほとんどの人は父さんがおかしな事を言っていると思うだけだ 
   何よりも父さんがキラに殺される」 
父 「わかっている・・・しかし、世間に何と思われようとヨツバの殺人はなくなるはずだ 
   私一人の命で何人もの命が救えると思えば・・・」 
月 「父さん!母さんや粧裕はどうなるんだ」 

L 「・・・・・・夜神さん 1ヶ月待ってもらえませんか? 
   どちらにしろヨツバの殺人は1ヶ月先まで起こらない様にしたんですから1ヶ月待ってもらえませんか?」 
父 「そうだがヨツバがキラと繋がっていると発表すれば犯罪者の方の殺人も止まるかもしれない」 

L 「今、夜神さんの言ったやり方では恐らく99%止まりません 
   何度も言う様ですがキラを逃すだけです」 

父(´-`).。oO「・・・・・・」 
父 「どう思う?ライト」 
月 「・・・父さん悪いがここは竜崎に賛成だ キラを捕まえなければ犯罪者殺しは止まらない 
   あの七人全員を逮捕するというのなら止まる可能性はあるが 父さんの言ったやり方では止まらない 
   七人全員の名前を発表したりしても混乱を招くだけだ 
   キラに殺されるのを恐れるが故あの会議に出席している者がいれば その者の一生を犠牲にする事になる」 
父 「・・・うむ」 
父(´-`).。oO「・・・・・・」 
父 「竜崎わかった・・・1ヶ月待とう いや、それまでは協力する 
   しかし、1ヶ月経ってキラを捕まえられなければ私は何と言われようとさっき言った行動に出る」 

L 「わかりました 大丈夫です 夜神さんが協力してくれるなら必ず1ヶ月以内に捕まえてみせます」 
父 「では協力するとした上で言うが 私も弥を危険に晒す今の捜査には断固反対する」 
L 「・・・・・・そう言うことでですか・・・」 

212 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/22 21:20:01 ID:DSoiX0xi
  そんなやり取りをしてる内にミサと摸木が面接を終え帰ってきたようだ 
松田「あっミサミサ帰ってきた」 

ミサ「はーっ疲れた」 
摸木「竜崎 ヨツバはミサさんの各方面での広告採用を決めました」 

松田「どうだった?ミサミサ」 
ミサ「どうって?」 
松田「だから 何を聞かれたとか誰が怪しいとか」 
ミサ「そういう報告はライトと竜崎さんにしかいたしません 捜査チームが違いますから」 
松田「いや、たった今 竜崎中心で協力していく事になったんだ」 
ミサ「へー 携帯番号やメルアド教えたらあの七人の内の三人がもうプライベートな誘いをしてきたよ」 
松田「なんだと・・・」 

ミサ「この誘いに乗っていって探っていけばいいのね まさに作戦通り」 
L 「その作戦は中止になったみたいです」 
ミサ「えっ!?何でよ ここまで来てふざけないでよ」 
L 「わ・・・私の意見ではありません」 
月「このやり方ではミサが危ないんだ 
  CMに出るなとは言わないがこれからは第二のキラ容疑やLに拘束されたかもしれないという事は否定していく 
  ミサは摸木さんにガードしてもらいタレントとしてだけ動くんだ」 

ミサ「・・・・・・ 
   ライトがそうしろって言うならそうする」 
L (´-`).。oO「! ・・・ ?」 
ミサ「じゃ ミサ疲れたし明日のロケ早いから寝るね」 
L (´-`).。oO「・・・・・・」 

ミサ(´-`).。oO「ミサの事心配してくれてありがとうライト・・・ 
         でも、ミサいい方法思いついちゃった 
         ミサはキラが誰なのかもうわかってるし絶対ライトの役に立てる・・・嬉んでもらえる・・・」 

ミサ「ライト 一緒に寝ない?」 
月 「・・・何言ってんだミサ」 
ミサ「わかってる それはキラを捕まえてからね 照れなくていいよライト」 
L 「照れなくていいです月くん」 
月 「僕は照れていない」 
L 「何 真剣に答えてるんですか月くん」 

213 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/22 21:21:06 ID:DSoiX0xi
  翌日ロケ現場 
監督「カーット!!」 
ミサ「お疲れ様でーす 
   よーし今日のロケ終了」 
摸木「ミサミサおつかれーっ!」 

  ロケを終えたミサは誰かと約束でもあるのか時計を気にしながら 
  帽子にサングラスとプライベートの芸能人よろしく変装をしていた 
ミサ「トイレはそこの東応女子医大病院の借りればいいんだよね」 
摸木「はい」 

ミサ「じゃ ちょっと待っててね」 

  と摸木を待たせ女子トイレに入るとミサと同じ事務所の後輩と思しきナース服の女性が待っていた 
後輩「先輩 お疲れ様です」 
ミサ「のりちゃん ナース服似合ってるー 
   面倒な事 頼んでごめんね 
   じゃ 早く服取り替えて」 
後輩「先輩くらい売れちゃうとデートするのも一苦労なんですねー」 
ミサ「あっ カツラも」 

後輩「ミサ先輩の服着れるなんてちょっと感激です 
   で、先輩 誰とデートなんですか?」 
ミサ「それは内緒 ありがとね のりちゃん」 

  上手いこと後輩と服を交換したミサは待っている摸木をやり過ごし一人きりになることに成功した 
ミサ「うまくいった」 
  そう言うとミサは火口へ電話を掛け始めた 

214 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/22 22:19:32 ID:DSoiX0xi
携帯「ピピピ」 
火口「おっ」 
ミサ「火口さーん ミサでーす 今女子医大の前」 
火口「おお 昼にくれたメールマジだったんだ 嬉しいな すぐ行く」 

  火口の愛車がミサを迎えにやってきた 
  エンジン音の五月蝿い左ハンドル車だ 
ミサ「うわっさすが凄い車」 
火口「こんなのでいいならいつでも乗せて・・・いや、買ってやるよ 
   それよりナース服とはいいねーミサちゃん」 
ミサ「お気に召しました?はは」 

火口「どこ行きたい?」 
ミサ「うーん まず、高速飛ばして」 
火口「OK」 

  一方ミサにやり過ごされた摸木の元に後輩がミサの格好で歩み寄ってきた 
  だが、ミサじゃないことに摸木は呆気に取られ 
  それに対し後輩はバツの悪そうな顔をしている 
摸木「ミサは!?」 
後輩「デートです あはは」 

摸木(´-`).。oO「しまった・・・」 
  摸木は表へ駆け出しミサが居ないかとあたりを見回すが もうどこにもミサの影は無かった 
摸木「・・・・・・!」 

  捜査本部 
  摸擬から一連の事の連絡が来たようだ 
ワタリ「竜崎 摸木さんからです」 
L 「はい」 
摸木「すいません 弥に東応女子医大病院で騙され見失いました」 
松田「何をやってるんだ?ミサミサは」 
父 「それを言うなら摸木だ 何してたんだ」 
L 「まあ 遊びたい盛りにずっと監視では 気持ちはわかりますが」 
月 「それだけならいいが・・・」 
  月はミサに電話を掛けるが電源を切っているようで全く繋がらない 
月 「僕には いつでも連絡がつくように約束しておいた携帯を切っている・・・」 
L (´-`).。oO「昨夜の弥の夜神月に対する反応は変だった 
         いつもなら「ライトの為なら自分の身の危険は」と食ってかかるところを素直に退いた 
         そして夜神月との連絡を絶つ行動・・・おそらく・・・」 

215 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/22 23:36:30 ID:Zai095FK
  所変わって夜の首都高火口はミサとレムとドライブをしている
火口「ミサちゃん そろそろ食事に行かないか?」
ミサ「うん? とか言って変な所に連れ込まないですよね
   まあ 変な事されそうになっても ミサ人を殺せるから大丈夫だけど」

レム(´-`).。oO「何を考えているんだミサ これは夜神月の言う通りの行動なのか・・・?
         いや、ミサはいざとなったら私に火口を殺してくれと言ってるだけか・・・?
         確かにミサは私と居る時は私を使って人を殺せる・・・」

火口「ははは 面白い事を言うなミサちゃんは 人を殺せるだって?」
ミサ「はは 本当だもん だってミサは・・・第二のキラだから」
火口「!
   あはは そうだったなLにそう間違えられたって話になってる」
レム(´-`).。oO「・・・・・・」
ミサ「でも Lも結構馬鹿なの最後の詰めでミサをキラじゃないって判断しちゃって・・・」
レム(´-`).。oO「ミサ 何を言っている・・・そんな事を言ったらこいつに・・・いや、何か考えがあるのか・・・?
         私は火口を殺せるがそれでは私が死ぬとまで言っておいたのに・・・一体何を・・・?」

火口(´-`).。oO「ま・・・まさか本当にこの娘が第二のキラなんてないよな・・・」
火口「あはは ミサちゃんそんな嘘ついてまで警戒しなくても大丈夫だよ
   俺はこれで結構紳士だ」
ミサ「そうね ミサもキラにしか第二のキラの証拠見せる気ないし」
火口「キラにしか見せない?どういう意味?」
ミサ「ミサ キラのお嫁さんになるのが夢なの キラも絶対ミサを必要としてくれるから」

火口(´-`).。oO「第二のキラならさくらTVの事件から死神の目を持っているのは明らかだ・・・
         もし、これが本当ならこの娘は何としてでも俺の側に置いておきたい・・・
         ・・・・・・・
         そうなると今俺の持っているノートはキラの持っていたノートか?
         俺のは第二のキラのノートの可能性が高いと思っていたが・・・
         キラのノートが俺に渡ったから犯罪者の裁きがなくなったとも考えられるな・・・試してみるか・・・」

火口「はは じゃあ俺がキラだから結婚してくれよミサちゃん」
ミサ(´-`).。oO「来た・・・!!」

ミサ「えっ!?本当!?」
火口「!!」
ミサ「本当なら証拠見せ合いましょうよ・・・・・・って冗談に決まってるよね?
   はは ミサが第二のキラで火口さんがキラだったなんて偶然あるわけないし ミサ馬鹿みたい」

火口「はは 大体キラも第二のキラも自分が人を殺せるなんて見せたらヤバイじゃないか」
ミサ「そうかな?相手がキラかもしれないならミサは自分から見せるよ
   そうしなきゃ始まらないし ミサがここで誰かを殺したとしてそれを火口さんが誰かに言っても誰も信じるわけないじゃん
   ミサ「そんなこと言ってない」って言えばいいだけだもん」

火口「はは・・・じゃあ殺してみろよ俺はキラかもしれないよ はは」
ミサ「いいよ でも悪い人しか殺さないよ キラならこの約束テレビでしたの知ってるよね!」
火口「そうだな・・・悪い人か・・・」

  いつの間に一般道に下りてきたのか火口は車を路肩に止めダッシュボードからノートパソコンを取り出した


216 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/22 23:36:43 ID:DSoiX0xi
  所変わって夜の首都高火口はミサとレムとドライブをしている 
火口「ミサちゃん そろそろ食事に行かないか?」 
ミサ「うん? とか言って変な所に連れ込まないですよね 
   まあ 変な事されそうになっても ミサ人を殺せるから大丈夫だけど」 

レム(´-`).。oO「何を考えているんだミサ これは夜神月の言う通りの行動なのか・・・? 
         いや、ミサはいざとなったら私に火口を殺してくれと言ってるだけか・・・? 
         確かにミサは私と居る時は私を使って人を殺せる・・・」 

火口「ははは 面白い事を言うなミサちゃんは 人を殺せるだって?」 
ミサ「はは 本当だもん だってミサは・・・第二のキラだから」 
火口「! 
   あはは そうだったなLにそう間違えられたって話になってる」 
レム(´-`).。oO「・・・・・・」 
ミサ「でも Lも結構馬鹿なの最後の詰めでミサをキラじゃないって判断しちゃって・・・」 
レム(´-`).。oO「ミサ 何を言っている・・・そんな事を言ったらこいつに・・・いや、何か考えがあるのか・・・? 
         私は火口を殺せるがそれでは私が死ぬとまで言っておいたのに・・・一体何を・・・?」 

火口(´-`).。oO「ま・・・まさか本当にこの娘が第二のキラなんてないよな・・・」 
火口「あはは ミサちゃんそんな嘘ついてまで警戒しなくても大丈夫だよ 
   俺はこれで結構紳士だ」 
ミサ「そうね ミサもキラにしか第二のキラの証拠見せる気ないし」 
火口「キラにしか見せない?どういう意味?」 
ミサ「ミサ キラのお嫁さんになるのが夢なの キラも絶対ミサを必要としてくれるから」 

火口(´-`).。oO「第二のキラならさくらTVの事件から死神の目を持っているのは明らかだ・・・ 
         もし、これが本当ならこの娘は何としてでも俺の側に置いておきたい・・・ 
         ・・・・・・・ 
         そうなると今俺の持っているノートはキラの持っていたノートか? 
         俺のは第二のキラのノートの可能性が高いと思っていたが・・・ 
         キラのノートが俺に渡ったから犯罪者の裁きがなくなったとも考えられるな・・・試してみるか・・・」 

火口「はは じゃあ俺がキラだから結婚してくれよミサちゃん」 
ミサ(´-`).。oO「来た・・・!!」 

ミサ「えっ!?本当!?」 
火口「!!」 
ミサ「本当なら証拠見せ合いましょうよ・・・・・・って冗談に決まってるよね? 
   はは ミサが第二のキラで火口さんがキラだったなんて偶然あるわけないし ミサ馬鹿みたい」 

火口「はは 大体キラも第二のキラも自分が人を殺せるなんて見せたらヤバイじゃないか」 
ミサ「そうかな?相手がキラかもしれないならミサは自分から見せるよ 
   そうしなきゃ始まらないし ミサがここで誰かを殺したとしてそれを火口さんが誰かに言っても誰も信じるわけないじゃん 
   ミサ「そんなこと言ってない」って言えばいいだけだもん」 

火口「はは・・・じゃあ殺してみろよ俺はキラかもしれないよ はは」 
ミサ「いいよ でも悪い人しか殺さないよ キラならこの約束テレビでしたの知ってるよね!」 
火口「そうだな・・・悪い人か・・・」 

  いつの間に一般道に下りてきたのか火口は車を路肩に止めダッシュボードからノートパソコンを取り出した 


217 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/23 00:16:35 ID:e97+rCEM
火口「金欲 銀造(かねほし ぎんぞう)大手サラ金会社の社長 
   酷い取立てで有名で場合によっては保険金で払わせる悪党だ どうだ?」 
ミサ「でもこの人殺しで火口さんはすぐ死んだかどうか確かめられる?」 
火口「ああ こいつと俺はちょっとした繋がりがあるボディーガードしてる奴に電話入れればすぐわかる」 
ミサ「じゃあ ちょっとあっち向いててくれる?」 
火口「ああ・・・」 

火口(´-`).。oO「何かに書いている・・・しかしノートではないな・・・本当なのか・・・? 
         証拠というなら死神を見せれば・・・?いや、私はいまノートを持っていない 
         私がキラである事も見せられない・・・まあ、そもそもノートを奪われたら終わり・・・ 
         それは最後の確認手段か・・・」 

レム(´-`).。oO「ミサ・・・金欲銀造を殺すんだな・・・それで火口を信用させる・・・いいだろう 
         ミサを信用するしかない金欲銀造を殺したところで私がミサの寿命を延ばす事には到底 結びつかない」 

  レムは自身のデスノートに金欲銀造の名を書き込み始めた 

ミサ「はい もう死んでるよ」 
火口(´-`).。oO「・・・・・・」 

  ミサが金欲銀造の死を告げると火口は銀造のボディーガードに電話をかけた 
火口「ヨツバの火口だ」 
ボディーガード「すまん・・・今 社長が倒れて息が・・・後にしてくれ!」 
  ボディーガードはそう言うと一方的に電話を切ってしまう 

ミサ「ねっ」 
火口(´-`).。oO「・・・・・・ 
         私が指名した人間を今この場で・・・これは能力を持ってなければ絶対出来ない・・・決まりだ」 

火口「で、俺がキラなら結婚するんだな!?」 
ミサ「な・・・なんで急にそんな真剣な顔になるの? 
火口「キラだから」 
ミサ「じゃ証拠」 
火口「そうだな・・・俺は家に帰らないと殺せないんだ・・・わかるだろ?」 
ミサ「ああ・・・それじゃ駄目ね ミサを火口さんの家に連れ込む魂胆かもしれないし 
   ミサと別れてから何時何分に誰を殺すってのじゃちょっと微妙になるよね」 
火口「・・・そこまで考えるのか・・・念入りだな・・・」 

ミサ「あっわかった じゃあ逆に犯罪者裁くの止めてみてよ 
   キラなら止められるはずでしょ?」 
火口「ん?」 
ミサ「で、ミサが裁き始めてって言ったら裁くの 
   それなら信じるよ 犯罪者裁きだけはキラの意志でしか動かないはずだもん」 
火口「なるほど 名案だな 
   わかった 俺はキラだからミサちゃんに信用してもらう為に今から犯罪者裁きを止める 
   そして俺がキラだとわかってもらえたら結婚だ」 
ミサ「うん 
   それと携帯やメールでこういう話は絶対駄目 一度Lに睨まれてから傍受されてるかも だから」 
火口「ああ・・・こういう話は直接会った時が基本だ 
   会社にも極秘事項はそうしろと言ってるのにできない馬鹿がいて困るよ」 

218 :page.48 「交換」文字バレ:04/11/23 00:29:56 ID:e97+rCEM
  捜査本部モニター室 
  突然摸木の携帯が鳴り出した 
ミサ「モッチー ミサでーす 入れてー」 
月 「ミサ」 
  モニター室の大型モニターにミサの姿が映し出されている 
  ミサが帰ってきたようだ 

ミサ「ライトー火口がキラだよー」 
  重要な情報を持ってきて月に誉めてもらえると思ったのか満面の笑みで月へ駆け寄っていく 
  そして携帯を取り出すと何か操作を始めた 
ミサ「これ聞いてこっそり録音したの携帯って超便利」 

火口『俺はキラだからミサちゃんに信用してもらう為に今から犯罪者裁きを止める 
   そして俺がキラだとわかってもらえたら結婚だ』 
ミサ『うん』 

松田「これで犯罪者裁きがとまったっら火口って事に・・・局長が一番気にしていた裁きも止まる 
   凄いよミサミサ」 
父 「うむ」 
月・L「・・・・・・!」 

煽り  「キラ確定目前!!」 
次回予告「ミサのこの行動から・・・!?次号、連載一周年記念巻頭カラー「植木」!!」 


219 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/23 00:30:51 ID:e97+rCEM
170 名前: (ry ◆LImO8bHQ.E [sage] 投稿日: 04/11/23 00:30:28 ID:gyi1Hh4D
巻末予告は「ヨツバのキラが判明!追い込むためには・・・!?」 

220 :page.48 「交換」文字バレまとめ:04/11/23 00:31:33 ID:e97+rCEM
ポプアプ 
>210 >211 >212 >213 >214 >216 >217 >218 
一括 
>>210-218 

感想・ツッコミはこちらでドゾー
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.190
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1101132422/

221 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/23 00:38:14 ID:e97+rCEM
184 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 04/11/23 00:32:40 ID:58HoURZh
金欲銀造の顔を何でレム知ってんの? 

208 名前: (ry ◆LImO8bHQ.E [sage] 投稿日: 04/11/23 00:35:47 ID:gyi1Hh4D
>>184 
火口がノートパソコンで銀造を教える時に顔写真と名前を見せていました 
その時に見せたと思うのですが 
よくよく考えたら火口の知り合いらしいので本人を見たことがあるのかもしれません 



222 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/23 00:57:20 ID:e97+rCEM
296 名前: (ry ◆LImO8bHQ.E [sage] 投稿日: 04/11/23 00:56:31 ID:gyi1Hh4D
金欲銀造の読みがなですが「かねほし」ではなく「かねぼし」でしたorz 

223 :1/2 ◆KIRA/DnCJs :04/11/23 01:03:57 ID:d8ZNnn6v
ぶぶか(?)とかいう週刊誌の中身らしい↓

379 名無しさんの次レスにご期待下さい sage New! 04/11/22 20:33:36 ID:XpMVq/Nb
【ジャンプの屋台骨を支える、大ヒット作品に衝撃の事実が発覚!】

え?まさか?と最初は誰もが思った。
今回の情報源が、集英社と関係の深い人からの情報、
しかもお互い全くかかわりのない3人の証言者が現れなければにわかには信じられない話だった。
とはいえ、世の中には鋭い人間が多い。
ネット上では、もう随分前から「大場つぐみ=ガモウひろし」説が囁かれていた。
理由は種々あるが、「主人公、夜神月が通う予備校の名前が蒲生ゼミナールである」
「大場つぐみをローマ字で書くと、oobatugumi、この中に小畑、蒲生の名前が入っている」
「著者コメント欄の大場ツグミのイラストがガモウひろしのタッチである」
などは信憑性が高い。大場ツグミ=ガモウひろしであるのはもう間違いのない事実だが、
何故ジャンプは別名義で、連載を始めたのだろうか?

481 379 2/3 sage New! 04/11/22 21:09:04 ID:XpMVq/Nb
静かなようなので続きしますね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何故ジャンプは別名義で、連載を始めたのだろうか?
関係者A
「最初は、デスノートに作画をつけるつもりはなかったんですよ。
 担当編集は完全にガモウひろしの作品企画として出してたんですが、
 全然通らなくて。 そこで、作画に小畑健さんの名前を出したら一発で企画が通った。
 ガモウひろしの名前を隠したのは、単純にイメージの問題だと思いますよ」
確かにデスノートの絵がガモウひろしでは、今の人気はなかったように思われる。
関係者B
「現在、集英社内では戒厳令が敷かれてますよ。絶対に外部に話してはいけないって。
 そんな事してるから余計、漏れると思うんですけど。
 もう人気も定着したから、人気は下がらないと思うんですけどね」
しばらく姿を消していた、漫画家ガモウひろしと、
画力はずばぬけているもののなかなか人気がでなかった漫画家小畑健のコンビが、
大ヒットを飛ばしている事実は、往年のジャンプファンとしては嬉しい限りである。

224 :2/2 ◆KIRA/DnCJs :04/11/23 01:04:39 ID:d8ZNnn6v
525 379 3/3 sage New! 04/11/22 21:24:45 ID:XpMVq/Nb
表紙だけ見ると、同じジャンプで連載している以外何の共通点もないように見える2作品。
かなり強引に読み解けば類似点を見つける事もできるが、
サラッとデスノートを読んだだけで、原作者がガモウひろしだと気付けたらその人は超能力者だ。
―――――――――――――――――――
【直接 集英社に電話してみた!!】
という訳で、真偽を確かめるため直接、週刊少年ジャンプ編集部に電話してみました。

スタッフ(以下 ス):読者なんですけれど、質問があるんですが?
ジャンプ(以下 ジ);どうぞ
ス:デスノートの原作者がガモウひろしだって噂を聞いたんですが?
ジ:その件に関しては、秘密にさせて頂いております。
ス:何故ですか?
ジ:原作者の意向です
ス:原作者というと?
ジ:大場つぐみさんです
ス:ガモウひろしさんの意向はどうなんですか?
ジ:えー・・・・・(沈黙)

何回か電話したのですが、似たような解答でした。
意地悪な質問をして御免なさいでした。
予想に反し、丁寧な対応のジャンプの編集さん。
さすが少年誌発行部数-1.
今後も応援していますので、本気で怒ったりしないで下さいね!
原作者が誰であれ面白い漫画は面白い!(だったらバラすな)
〜〜〜〜〜〜〜〜
後はラッキーノートというパチ漫が載ってました。
>>495 そう言ってくれると嬉しいっす(ノД`)

225 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/23 01:40:00 ID:7s0nPddn
KIRA氏ありがとう。・゜・(ノД`)・゜・。 

226 : ◆jMM65ZZI.c :04/11/23 22:57:27 ID:FRsxEfbE
a

227 : ◆15LQKhFpow :04/11/23 22:58:02 ID:FRsxEfbE
a

228 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/24 02:04:46 ID:Ck1HsIGO
「ウラBUBUKA」とかいう雑誌みたいね。
ttp://under.under.jp/archives/000127.html
立ち読みしてくるか。

229 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/24 02:11:53 ID:ulFoMUyy
感想・ツッコミはこちらでドゾー
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.191
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1101229565/l50

230 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/24 15:15:57 ID:YjTEQgg8
>>224
ちょっとまて。その質問の答えなんかおかしくねーか?
とりあえず否定しておけばいいのに、秘密って・・・・・・。
アンに認めてるようなもんじゃねーか?

231 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/24 15:23:14 ID:4H/wsN2G
がもう説含め大場の正体は謎にしておくんだろ

232 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/24 17:32:58 ID:CLH9lyox
>>230-231
バレスレに誘導しても日本語が読めずにレスするアフォども

233 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/26 17:43:55 ID:BJgPvfLY
保守

234 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/26 18:01:55 ID:34X8/xyG
>>230
出版・マスゴミ他売れれば何しても良いってのはあるからな
全てが実際にあったことと思わないことだね・・・

235 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/27 15:47:18 ID:N30+lp/O
雑談はこちらで
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.192(実質193)
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1101373414/l50


236 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/30 10:50:56 ID:xzXBlhpp
来週って休載じゃないよね
そろそろネタバレ来てるかと思ってたのに

237 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/30 10:57:13 ID:yFFNq+XQ
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.194
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1101732011/

238 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/30 13:58:33 ID:EKjNsulI
>>237
サンクス
でも、なんであっちに文字バレが出てんのかな
ネタバレスレだと、ネタだとかなんとかうざいのに。
こっちでいいじゃん

239 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/30 14:24:38 ID:X5l+iCiq
こっちに本バレ来るのが普通になったら、
そのうざいネタやってる奴までこのスレに来て、ここが今のバレスレ化するだけで無意味に決まってるだろ

ってか雑談はこっちで
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.194
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1101732011/

240 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/30 18:49:38 ID:7+yXaKUJ
>>239
おいおいw
じゃあ、このスレって何のためにあるわけ
バカだろおまい

241 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/30 19:24:09 ID:+Ss3eOwg
>>240
>>1

242 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/11/30 20:03:49 ID:X5l+iCiq
>>240
何か勘違いされてる気がするんで言っとくが
>>239の「本バレ来るのが普通に〜」=「バレスレより先にこのスレに本バレが来るのが普通に〜」ってことな

雑談すまんかった、以下何事もなかったかのようにお願いします

243 :page.49 「植木」文字バレ:04/11/30 23:10:22 ID:oipTARq2
page.49 「植木」
煽り  「ミサが証拠を!!」
あらすじ「ヨツバキラは火口!しかし、それを知るのはレムと接触したミサだけ…。
     そこで、ミサはひとり火口に近づき、レムの助けを借りて自分を信用させ、自白を取る事に成功したが!?

火口『俺はキラだからミサちゃんに信用してもらう為に今から犯罪者裁きを止める
   そして俺がキラだとわかってもらえたら結婚だ』
ミサ『うん』

松田「これで犯罪者裁きが止まったら火口って事に…局長が一番気にしていた裁きも止まる
   凄いよミサミサ」
父 「うむ」
月 「ミサ…」
L 「………」

L(´-`).。oO「犯罪者殺しが止まれば火口がキラの能力を持っていると考えて間違いない…
        弥が夜神月の為にある程度やってくれるとは考えていたが…ここまでやってしまうとは…
        しかし 犯罪者殺しまで止まってしまったら肝心の殺し方を見るのが難しくなる……
        何か策を考えなければ…」

月 「ミサ これをどうやって火口に言わせたんだ?」
ミサ「え?あいつミサにメロメロだもん「キラなら結婚する」って言ったらこうなったんだよ
   それにあいつミサを第二のキラだと思い込んでるし」
ミサ(´-`).。oO「こう言っておかないと後で矛盾が出てきちゃいそうだし…」

月 「馬鹿 そこだけは必ず否定しろと言ったはずだ
   「第二のキラ容疑で拘束されたが間違いだと分かった」だったはずだ」
ミサ「で でも もうこれで火口がキラなんだから捕まえればいいだけじゃない」

月 「いや 七人で「第二のキラであるミサを引き込む為に犯罪者裁きを止める」と言う話し合いをされれば誰がキラなのか分からなく…」
ミサ(´-`).。oO「げっ… ミサは火口って分かってるからこれでOKって思っちゃったけど…これじゃ駄目なの…?」

月 「……待て…
   それは裁きが止まる前にそう言う話が七人の間で出たか奈南川に確認するだけで判断できるな…」
L 「そうですね
   火口がキラの能力を持っているなら誰にも言わずに止めるでしょう
   持っていないのなら会議を開き「第二のキラを引き込む為に裁きを止めろ」と言うしかないですが
   そんな火口の個人的意思にキラが応じるとは思えません…とにかく奈南川に聞けばいいだけです」

父 「しかし奈南川が本当の事をいうとは限らないのでは?」
月 「いや ここまでくれば「火口がキラ」だと教えてやればL側に付くしかないと考え嘘をつくはずも無いよ」

L 「どちらにしろ このまま犯罪者殺しが止まれば…火口はキラの能力を持っている そこはガチです」
月 「そうなるな」
ミサ「やった」

L 「こう言うのを手柄って言うんでしょうか?松田さん」
松田(´-`).。oO「…………」

244 :page.49 「植木」文字バレ:04/11/30 23:35:37 ID:oipTARq2
月 「そうも言ってられないぞ竜崎
   この状況では まだ殺し方が分からない」
ミサ「!?」
L 「そうなんですよね…火口を捕まえるより先にどう殺してるかが欲しい…」
月 「そして犯罪者の死が止まったらその殺し方が見れない そうだな?」
L 「はい」
月 「どうする?このままじゃミサが殺されかねない」
ミサ「えっ?」

L(´-`).。oO「………………
        ………………」

L 「ミサさん どうやって火口に第二のキラだと思い込ませたんですか?」
ミサ「えっ…えっと「人を殺せる」って言って…「先に証拠を見せた人にはミサも証拠を見せて その人が男なら結婚しちゃう」
   って感じで キラへの崇拝ぶりをアピールしまくって…そしたらどんどん話が進んじゃって火口がこう言ったの」
L 「では これで犯罪者が死ななくなったらミサさんは人を殺さなければまずいですね 殺せるんですか?」
ミサ「殺せるわけないじゃん
   でも火口はミサと結婚したいだけに決まってるし殺さないよ」
月 「いや ミサと結婚が第一の目的じゃない 第二のキラじゃなければ殺すだけだ」
ミサ「あっ ライト火口に妬いてんだ?大丈夫 ミサが結婚するのはライトだよ」

月 「……もう駄目だ殺し方などとも言ってられない 火口を押さえよう」
L 「ミサさんの危険回避の為にですか?」
月 「そうだ」
ミサ「ライト…」
L(´-`).。oO「…………」

ミサ(´-`).。oO「「殺し方はノートに名前を書くんだよ」って言っても信じてもらえないよね…今そんな事分かってるミサの変だし…
         レムもノートの事を言ったらライトの計画が崩れるから絶対言うなって言ってたしなあ…」

月 「ミサはこれで火口を捕まえられると思ってやったことだ 仕方がない
   それに…火口を捕まえてからだって殺し方は分かるかもしれない」
L(´-`).。oO「………………
        いや 夜神月がキラだったのなら火口を捕まえてもまたあの時と同じ事が繰り返される可能性が…
        しかし…今度の相手は夜神月ではなく火口だ…奴の性格心理分析を見ればいくらでも…」
L 「どうせ 火口を捕まえるにしても犯罪者が死ななくなったと判断してからです…少し考えさせてください」


L   「ワタリ ウエディを」
ワタリ 『はい』
L   「どうですか?ウエディ」
ウエディ『会社の中の七人の行動なら7割くらいまでならカメラで追えそう
     私とワタリだけでは外は無理』
L   「火口に絞ったらどうなりますか?」
ウエディ『火口?』
L   「はい」
ウエディ『まだ五人しか家の中には入ってないけど三堂 奈南川 火口の家は普通のセキュリティーじゃない
     特に火口は電波を遮断した地下室を最近作っていて 私でも侵入に二日を要した
     映像や音声はその地下室からは飛ばせないけど 留守に入り録音機器等を仕掛け後日また回収に入るって手は出来なくは無い
     時間は制限されるけど』
松田  「やは火口が怪しいですね」
父   「うむ」
L   「わかりました では 家ではなく火口の車に盗聴器・発信機・カメラをお願いします」
ウエディ『えっ…ここまでやって…人の家に入るのがどれだけ大変か分かってる……?
     それに火口は車を何台持ってると思う?』
L   「6台です」
ウエディ『…………わかった火口の車全部につければいいのね?』
L   「お願いします」

245 :page.49 「植木」文字バレ:04/12/01 00:01:03 ID:C6Gnn08p
ミサ(´-`).。oO「うわっ…今日火口」に会う前にこれをやられてたら…ヤバ…
         やっぱ もうミサ動かない方がいい…
         でも それじゃミサっぽくないし ここは演技しとかないと…」

ミサ「じゃあミサがまた火口に会って車の中で殺し方を上手く喋らせればいいのね」
月 「違う! そんな事を聞いたらミサが第二のキラじゃないとバレて殺される
   もうミサは何もするな」
L 「そうですね 犯罪者が死ななくなった後 火口がミサさんに会ったら人を殺してみろと言ってくるに決まってます
   ……………… ………………
   それより火口…キラが外で私達の目の前で殺しをしなくてはならない状況を作りましょう」
月 「考えがあるのか?」
L 「なくはないんですが その前にどうしても一つだけ引っかかっている事が………」
L(´-`).。oO「……………」
L 「夜神くん 話が戻って悪いんですが…もう単刀直入に聞きます」
月 「? なんだ」
L 「殺したことを覚えていますか?」
月 「!?
   まだそんな事言ってるのか…僕はキラじゃない何度言えば…」
L 「質問に答えてください 覚えていますか?」
月 「覚えていない……」
L 「ミサさんはどうですか?」
ミサ「覚えてませんしキラとかじゃありませんから」

L 「夜神くん 私が今から言う事を真剣に推理・分析してみてください
   その答え次第でキラを捕まえる事に踏み切れます
   夜神月はキラだった
   そしてキラの能力は他の人に渡った
   今 夜神月はキラだったという事を忘れている
   これを前提にした分析です そういう考え方できますか?」
父・松田(´-`).。oO「……………」
月 「…ああ やってみよう」
L 「夜神月はキラだった そしてキラの能力は人に渡った…これは夜神月の意思で渡ったのか?
   それとも 夜神月の裏にキラの能力を与えていた者がいて夜神月から他の人間に移したのか?
   どっちですか?」

 両目を閉じ暫く考え込む月、そして
月 「その前提なら夜神月の意思だ」

L 「そうですよね…もし 与えられたり移せたりできる人間が裏にいて殺し方を知られたくないのなら
   あのギリギリまで他に移さなかったのはおかしい
   能力を与えただけで後は関知してなかったというのであれば
   月くん ミサさん共にあのタイミングで他に移るなんてもっとあり得ない」
月 「そうだ 裏で操る存在だなんて
   この本部にそいつがいない限り天からでも一部始終を見てられたくらいの存在になる
   そんな事ができるなら 今こうして僕達が話している事もそいつには筒抜けだ」
L 「やはり 私の結論と同じ様です
   天から見通せる様な者の存在を認めたらそんな者は捕まえようが無いし
   私はとっくに殺されているか永遠に掌の上で遊ばれ続けるかです
   いや…そんな者の存在などあり得ない…」
L(´-`).。oO「夜神月がキラであったとしても」
L 「キラの能力は能力を持った者の意思でしか動かない
   夜神くん おかげで99%スッキリしました 火口が自分から人に能力を渡さない状況を作って殺し方を見せてもらいます」
月 「どうするんだ?」
L 「夜神さんがさくらTVで全てを暴露すると言ってた手段 あれは使えます
   さくらTVを使って火口を引っ掛けます」

松田「ドッキリテレビだ」
ミサ「何それ?」

246 :page.49 「植木」文字バレ:04/12/01 00:28:53 ID:C6Gnn08p
月 「しかし さくらTVじゃ誰も信用……… !」
  「そうか…誰も信用しないさくらTVだからこそできる事もある…」
L 「はい…出目川が今でもやっている「キラ特番」今では誰も信用せず視聴率は もう良くて3% 総務省もほったらかしです」
月 「しかし 真実を知っている者だけには真実かどうかわかる
   3時間枠を取らせ 冒頭で「番組の最後までにはキラが誰なのか発表する」と言う」
松田「そんなの信じるかなー?それも さくらTVでしょ?大体 火口がその番組を観ないかもしれないし…」
月 「火口に「まずい直ぐにテレビを観ろ」と奈南川を使って電話させるだけでいい…
   そして そのテレビに出てる者が秘密を知る者だとわかれば火口は信じる」
松田「なるほど アイバーを使うんだ 実はスパイだったってばらしちゃうんですね」
L 「残念 違います
   アイバーは使えません 探偵エラルド=コイルでは恐らく火口の行動が限定されてしまいます
   火口が そのTV出演している者を殺せると思える者でないと駄目です
   つまり 名前を調べようとすれば すぐ調べられそうな者…そういう者であれば火口は発表まで諦めない」
松田「そんな…下手したら殺されるかもしれない役なんて誰がやるんです?」

 捜査本部の松田以外の5人が一斉に松田の方を見た
父  「松田か」
月・L「松田さんしかいない」
ミサ 「マッツー!」

月 「火口は松田さんが会議を盗み聞きしていたと思うし
   死んだはずの その松井マネージャが暴露しようとしているなら信じる」
松井(゚Д゚;).。oO「……………」
L 「そうです「偶然キラの会話を聞いた所を見つかり 殺されると思い友人に頼み死んだ様に見せた」
   「しかし これでキラが誰なのか分かれば英雄になれると考え
   その場所やその場にいた者達を独自に調べていたらキラが分かり この発表に至った」そう言えばいい
   さくらTVには いつも通り証言者用の擦りガラスとマイクを用意させる
   火口はその発表とシルエットからでも松井マネージャーと気付くでしょう
   しかし さらに局のミスで一瞬 擦りガラス向こうの人物の顔が映ってしまう」

ミサ「うわっ 面白そう」
松井「…………」

月 「それをやるなら「キラに協力しなければ殺すと脅されていた七人の犠牲者がいるんです」
   というほかの七人への対応をまず入れるべきだ これで火口以外の六人は下手に動く事は無くなる」
L 「はい その夜神くんの案 採用
   思いっきり他の七人は犠牲者にしましょう 事実そうだと思いますし
   なんならイニシャルまでは出してもいい 火口は焦ります
   そして番組終了までにはキラであるHの本名を発表すると言う」
父 「しかし 火口は松田を殺す為にさくらTVに来るわけでもなかろう」
月 「いや もう火口の取る行動は決まってくる
   まず松井太郎という名でキラの能力で殺す事をしていなかったのならそれを試す
   それでも死ななければ第二のキラと思い込んでいるミサに「殺してくれ」と言ってくるか
   「ミサの前のマネージャーだった松井さんは本名じゃない様だが…」等と聞き出そうとしてくる」
L 「しかし そのミサさんも携帯を留守にしどこにいるか分からない状態にしておく
   火口は第二のキラだと思い込んでいるミサさんの協力が欲しいからミサさんに危険は無い」
父 「そうなると次は現マネージャーである模木に電話して弥の居所を知ろうとするな」
L 「「ミサミサは久々のオフでどこかへ遊びに行った」で十分です…いや「今 沖縄だが」をその前に付けてください
   もし模木さんに「前のマネージャーの名前知らないか?」とでも聞いてきたら「知らない」か「松井太郎」でもいいし
   「そんな事は社長や事務の者に聞いてくれ」と言えばいいどうせ火口が次に当たるのはヨシダプロです
   ヨシダプロ事務所に電話したら社長に転送される様にしてヨシダプロ全員で沖縄に社員旅行にでも行っておいて貰いましょう
   で 火口と電話で繋がった社長にこう言わせるんです「松井太郎はマネージャーとしての名で本名は忘れたが履歴書は事務所にあった」と
   そこまでいけば「履歴書が見たいのなら入り口の横の『植木』鉢の下にカギがあるから勝手に入って見てくれ」
   とまで言ってしまって大丈夫です」

ミサ「入り口の横に植木鉢なんてないよ」
月 「なければ置けばいいし他の所でもいい
   竜崎は例えで言ってるんだ」
ミサ「うん わかってるけど一応ここは突っ込むとこかな?って…」
L(´-`).。oO「………」

247 :page.49 「植木」文字バレ:04/12/01 00:49:24 ID:C6Gnn08p
父 「事務所に入り その履歴書を見て次に起こす行動が殺し方という事か」
L 「はい」
父 「しかし 絶対火口が自分で来るとは…」
月 「いや 番組は進み いつ発表されるかわからないこの状況では
   火口は一秒でも早く名前を知る事しか考えない 人を使う余裕は無い」
L 「他の者が来たら入れなければいいだけですし
   火口はそんな不確実で面倒な事はせず自分で動きます
   大体名前を知りたがる行動は第三者に怪しまれるだけです
   今の所この策に問題があるとすれば…もし火口が第二のキラの様に顔だけで殺せる事ができれば…松田さんが死にます」
月 「それも今 松田さんが生きてる事
   今までの犠牲者 殺しの規則 ミサを欲しがってる事から無いだろう」
松田「いや「だろう」じゃ…」
L 「まあ 犯罪者の死が止まったらの策ですし 止まるかどうか2〜3日は見なければなりません
   やるかどうかは その間に松田さん自身が決めてください
   駄目なら他の策を考えます」

松田(´-`).。oO「………………
         ………………」
松田「2〜3日なんていりませんよ やらせてください」


煽り  「キラを捕らえる…決意の松田!!」
次回予告「火口を追い込む作戦始まる!!一方、その時!?次号、「四葉」!!」



表紙 月・L・ミサ・アイバー・ウエディ・火口・レム・リューク

248 :page.49 「植木」文字バレまとめ:04/12/01 00:52:29 ID:C6Gnn08p
>>243-247

(ry ◆LImO8bHQ.E :04/11/30 23:03:22 ID:JaFc+kfC
様の提供でお贈りしましま

249 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/01 01:00:58 ID:QKsqDYeJ
>>248
乙。

感想・ツッコミはこちらでドゾー
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.195
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1101822155/l50

250 :????????:04/12/02 12:21:17 ID:ptqQxBgt
(´-`) ?

>>153
キラ 「弥海砂は第二のキラだったに違いない そしてLに捕まった」

>>215
火口(´-`).。oO「ま・・・まさか本当にこの娘が第二のキラなんてないよな・・・」


251 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/02 14:08:34 ID:9W2+Ucgi
>>250
本スレで書いてこいボケ!

252 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/05 08:48:46 ID:lDB9q5pJ
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.196
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102078906/l50

感想・疑問・ツッコミはこちらのバレスレで

253 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/05 22:41:08 ID:cFkcATVc
保守

254 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/06 18:52:56 ID:/IzDSn2s
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.198
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102258307/l50

感想はこちらで

255 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 14:13:41 ID:7lDw0kmM

                          __
                       ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ、
                       /.:.:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                   /.:.:.:.:.:.:.:.//|ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                   j.:.:.:.:.:.:/〃!!  ヽト、\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                    ヘ.:.:.:.:/‐-- 、、   ,、-‐二ミヽ.:.:.:.:.:/
                   r┼〃 ニ。ニヾ二7ニ。ニ`ヽ辷:√ヽ
                   { ヘ{{  ` ̄ 〃⌒ll ` ̄   jj⌒リ冂} もうすぐ復活
                   | 爿ヾ ===彳   )ヽ、____〃  ヒ│出目川再登場に乞うご期待!!!!   
                 _| ヽ!   ,ィー`ー‐'─ヽ ̄    レ'丿   
       r─‐、___ --<  |/人_!   {{┬──‐‐ッ'     ├个ト、
    , --ヽ、  \ \: : : : :∨/ノ ハ    H´ ̄ ̄/ソ′   /| ハ||:\
    〈   /ヽヽ___, ヽ: : i: :∨ ノ ハ、  ヽ二二//    / ||∧ ||┬‐`ー- 、_
  ,;;┬‐`ーヽノ_ノ‐┐   |: : ヽ: :∨ / ハ  `ー─‐ '′  / /∧ リ |: |: : :`ー‐、`ヽ、_
  >┴‐┬r── r┴、  ハヽ: ヽ: ∨ /  ハ\  __ ノ/   ∧ V.:/ : : : : : : : : : : : : :|\
  {{   │i i_」L.ノヽハ  i ヽ: l : ∨ ハ!、 ` ー─'"     ∧ヽ/. : : : : : : : : : : : : : | :|  ヽ
  /77"´ ̄ ̄ ̄ 丁丁)/  | |: | : |ト∨  ト`ー- ______,イl {{ノ:|: :|: : : : : : : : : : :|: | :|  ヽ
 | ∨   { { {_. -┴ァ'/  / |: : : |: : :\ | ` ー──一´ノ |/: : |: :|: : : : : : : : : : :|: |/     |


256 :page.48 「四葉」文字バレ:04/12/07 21:34:12 ID:yFCQ8EYB
page.48 「四葉」
煽り  「火口確保作戦が動き出す頃、ヨツバ・三堂の自宅で…。」
あらすじ「ひとり動いたミサによりヨツバキラは火口とほぼ断定した捜査本部。
     しかし、確保までには殺し方を知りたいLは、松田を囮として火口を動かす作戦を立てる。
     死の可能性はあれど松田も決断し…今!!」


    三堂の自宅にて三堂と紙村がなにやら話をしている
   しばらく話しているとの玄関に奈南川の愛車がやってきた
   インターホン用のカメラにも奈南川の車が映っている
三堂 「奈南川が来た様だな」

    奈南川は二人が話していたリビングにやってきた
奈南川「こそこそと何の相談だ?」

紙村 「奈南川…誰がキラだと思う?」
奈南川「………… …………
    それを聞いてどうするんだ?
    大体 紙村かもしれないし 三堂かもしれないじゃないか。」
三堂 「いや 紙村じゃない
    私に「もうキラの悪事にはついていけない」と泣きついてきた」

奈南川「紙村 三堂がキラだったら 殺されてるな」
紙村 「いや 三堂や奈南川は放っておいたって出世するし
    八人で死の会議なんて馬鹿な事をするはずがない
    俺だって その位は分かる
    皆 キラに殺されるのを恐れて 合わせているだけだ
    誰がキラなのかさえハッキリさせれば 六人で他の対応だってできるはずだ」

三堂 「私も あの会議には嫌気がさしているが どうしようもないだろう」
紙村 「しかし このまま続けていたって いつかは世間にバレる
    いや そうならなければ 終わらない」

奈南川「では 紙村 逆に聞くが 誰がキラだと思っている?」
紙村 「………… …………
    鷹橋か火口…」

三堂 「鷹橋はキラの引き立て役だ キラより考えの浅い者もいないとまずい」
奈南川「ふっ…皆 大体わかってるんじゃないか…………
    火口だろうな…」

三堂 「……………………
    出世や金に一番貪欲なのは火口だ
    いつも「出世なんて」と口癖の様に言っているのが 逆にこだわっている証拠だ」
奈南川「そのくせ人を馬鹿にし 上手く使うこともできず 開発部部長から開発室室長に格下げだからな
    ところで ここに来る様 声を掛けたのは私にだけか?」
三堂 「尾々井にも掛けたんだが「そんな下らない密談は勝手にやってくれ」だそうだ」
奈南川「はは 大雑把な尾々井らしい」


257 :page.48 「四葉」文字バレ:04/12/07 22:23:37 ID:DwnSrBzL
三堂 「樹多もコイルへの依頼及び運営資金の講座提供をさせられた事からキラではない
    それがなければ 計算高い樹多をいうのも 最初は考えたんだが」

紙村 「なあ あの運営資金や俺達への報酬は 社長が出しているらしいじゃないか
    社長はどう思ってるんだ?」
奈南川「どう思ってるも何も キラに脅されているに決まってるだろ
    社長だって こんなやり方での繁栄は望んでるはずがない」
三堂 「そうだな
    まともな人間は これがバレた時の方を考える」

奈南川「初めて あの会議が行われた時 皆 特別な人事異動があると 言い渡されて集まったんだろ?
    あの時の社長は少し変だった」
三堂 「そうか?私は「また出世だ」と思って 意気揚揚と参じたが」
紙村 「いや そう言われてみると 俺に電話をしてきた時の社長の声は 少し怯えた感じだった…
    やはり脅されていたのか…」
三堂 「当たり前だ
    社長が自らこんな馬鹿な事をする訳がない」
奈南川「そして 私達はモニターで予告殺人を見せられ もう あの会議から逃れられなくなった…
    あの「何時何分に誰が死ぬ」って映像や その他の書類を最初に作った者を捜せば誰がキラだか分かるが
    それをする者などいるはずがない…」

紙村 「……………………
    奈南川 葉鳥が死んだ後の会議中に電話が掛かってきただろ?あれ 何だ?」
奈南川「……………………
    紙村 おまえは本当に目敏いな…その注意深さを買って キラはメンバーに入れたんだろう…
    しかし そんな慎重な男が あんな殺し方を進んでやるはずがない
    ……………………
    キラは それすらも読めなかったって事か…」

   『ピピピピ』
   奈南川の携帯に捜査本部にいる月から着信が入った
奈南川「奈南川だ」

月  「奈南川さん Lです
    今 一人ですか?」
奈南川「いや」
月  「では また適当に相槌を」
奈南川「その必要は無い
    会議中に あなたから貰った電話が変だと気付いた者と居るんだ」
紙村 「なんだその電話?」
奈南川「Lだ」

   三堂、紙村の顔に緊張が走る
奈南川「L ここに三堂と紙村が居るが 二人共 キラとは思えないし キラに腹を立てている口だ
    何を言われても 私の様に Lとキラの決着を見守るだろう」

258 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 22:39:50 ID:cd30WRoE
Page48じゃなくて50じゃねぇ?
こないだのが49だったし。

259 :page.48 「四葉」文字バレ:04/12/07 22:45:42 ID:DwnSrBzL
月  「………… …………」
   月は電話口を押さえLの反応を伺う
L  「いいでしょう」

月  「今夜 キラを捕まえるので少し協力して欲しい」

奈南川(´-`).。oO(………… …………)

奈南川「火口も最後か…」
月  「わかってたのか?」
奈南川「はは Lでも引っかかるんですね
    今の あなたの反応でやっと100%火口になりました」

月  「………… …………」
ミサ 「奈南川ってやるねー
    あの人の顔は そこそこやるとミサ思ってたの」
L  「いえ 夜神くんの失敗です」

月  「今夜7時からのさくらTVのキラ特番で火口を動かす
    番組が始まって数分後に 火口にテレビを見る様 連絡を入れて欲しい
    他の六人は 絶対に悪い様にしない
    そこに居ない樹多・鷹橋・尾々井が何かしようとしたら止めてください」
奈南川「ああ わかった 信用しよう
    なんなら六人で その番組を観させてもらう」

   月との電話を終えると奈南川は三堂、紙村と今後について話し出す
奈南川「やはり火口だそうだ
    今夜 たぶん捕まる」
紙村 「…………
    そうか…俺達も当然 報いを受けなくてはな…」
奈南川「いや それはなさそうだ Lは最初の電話から他の七人は被害者とすると言っていた」
紙村 「しかし ヨツバの社員がキラだったという事は 公になってしまうんだろ…」
奈南川「それもどうかな?」
三堂 「いや ヨツバの社員がキラだったのは真実だ そうなっても仕方ない」
紙村 「そうなると ヨツバへの批判は 避け難いな」

三人 「………… …………」

奈南川「三堂 紙村 ヨツバは傾くかもしれない
    キラが捕まれば また世の中も荒れるだろう…
    しかし そういう時にこそ ヨツバの為 社会の為に貢献するのが本当のヨツバ社員じゃないのか」
三堂 「そうだな…」
紙村 「ああ… いい事を言うな 奈南川」

260 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 22:46:35 ID:DwnSrBzL
>>258
ゴメン一個目コピペしてたから気づかなかったorz

261 :page.48 「四葉」文字バレ :04/12/07 23:21:30 ID:DwnSrBzL
   所変わって火口の自宅の地下室
   火口はいつに無くハイテンションだ

火口 「はははは!
    犯罪者の裁きを止めて三日 そろそろ いいだろう
    これで第二のキラ 死神の目も手に入る
    いよいよ 社長に私がキラだと教えてやろう
    まずは昇進 そして いつかは社長
    そうなれば あの六人は━━…」

   地下室の机にあるランプが光りだした
   携帯電話に着信があると光りだす仕掛けのようだ

火口「電話か」

   そう言うと電波の入る所へ行くために地下室を出て行く
   そして 電話を掛けてきたのが奈南川だと確認すると電話に出た

奈南川「火口 まずい テレビを見ろ さくらTVだ」

   言われるがままにTVをつける火口

司会者『では その中の一人がキラなんですね?』
松田 『はい 証拠も沢山あるんです』

   そこに写っていたのは松田の出演するキラ特番だった
   松田と司会者は「生命の危険を考え 証言者 司会者共に顔をお見せできません」という注意と共に
   擦りガラスの衝立の後ろにいる

火口 「なんだこれは どうせ まだデマだろ さくらTVだぞ」
奈南川「それが 一番最初に「八人で会議していた所に遭遇した」と言ったんだ」

火口(´-`).。oO(会議の事を知っている者?
        …………
        誰だ?誰か裏切ったのか?…)

松田 『そして そのうちの一人が殺されて七人に…
    犠牲になったのは Hさんです』

火口(´-`).。oO(H…葉鳥…ここまで知っているとなると
        …他の六人か…いや コイル!?)

松田 『Hさんは その会議から抜けたいと言って キラに殺されました』

火口(´-`).。oO(いや 他の六人やコイルが こんな事をして得になる事はない…
        しかし 他に あの会議を知っている者なんて…ん?このシルエット…)

   その時 松田側の衝立が倒れ松田の素顔が晒されてしまう

火口 「あ…あいつだ!!」

司会者『あああっ!……』
松田 『……!』

火口 「ミサのマネージャーだった松井だ 何で生きている!?」
奈南川「殺されるかと思って 一か八か マンションから落ちる振りをして
    下の階のベランダに逃れたと さっき喋っていた」
火口 「じゃあ あの時 運ばれた遺体は?」
奈南川「友人に頼んで 倒れてもらっていただけだ
    人が倒れていれば ああなる」

262 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:22:17 ID:DwnSrBzL
ってまた間違えた…一回死んでくる

263 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:25:15 ID:umYCEoVe
>>262
イキロ

264 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:31:54 ID:8zEaAIDz
>>262 心臓麻痺 Page50文字バレを全てコピペし終って三秒後に死亡

265 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:33:41 ID:KFeSdrNi
>>264
神に対してなんたる冒涜。お前がどっかいけ。

266 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:39:50 ID:IQK7C/no
>>262
がんがってくれ。俺は毎週感謝している。

267 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:41:09 ID:LIjWrmVC
>>264
神に対してなんたる冒涜。

>>264 心臓麻痺 Page50文字バレを全て読み終える直前に死亡

268 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:42:33 ID:DXBh3EVh
雑談はバレスレで...

269 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/07 23:48:02 ID:DwnSrBzL
>>264
ワロタ

皆有難う 神じゃないけど続きもやるよ

>>268
ゴメ;

下から何事も無かったかのようにコピペ

270 :page.50 「四葉」文字バレ:04/12/07 23:50:54 ID:DwnSrBzL
火口(´-`).。oO(…………
        いや 私は念の為 家に帰ってから 奴の名刺を見て 名前をノートに書いた…
        何故 生きている…元タレントで芸名のままマネージャーになったとか…………?
        いや そんな事はどうでもいい
        実際に生きている 何とかしなくては…
        …………)

奈南川「しかも こいつは その後ずっと一人でヨツバを調べ回り 誰がキラなのかわかったと…
    今 皆に連絡している」

火口(´-`).。oO(………… …………)
火口 「わかった 一度切るぞ」

司会者『し…CMの後は どのような調査をして キラに辿り着いたか お話して頂く予定でしたが…
    先程のアクシデント…大丈夫ですか?もう止めますか?』
松田 『いえ…元々 危険は承知です…
    正義の為に 殺されようと最後までがんばります!』

出目川「いいぞ いいぞ あくまでもキラの発表は 番組の最後まで言うんじゃないぞ」

火口(´-`).。oO(殺すしかない
        第二のキラであるミサなら 顔はもちろんの事 名前も知っている…)

   火口は 作戦通りまずミサに電話を掛ける

ミサ 「来たーっ」

   だがミサは 火口からの電話を無視する

留守電『電話に出る事ができません
    メッセージのある方は━━…』
火口 「くそっ こんな時に…」

火口(´-`).。oO(まずいな… いつ暴露されるか…)
松田 『正直 発表を決断するまでは かなり悩みましたが 知った以上は 発表するのが人間だと決心しました』
司会者『その発表は 間もなくです チャンネルはそのまま』

   火口は次に三堂に電話を掛けた

火口 「三堂 俺だ さくらTVがまずい
    参院にいる お前の父親から まら総務省に手を回して番組を止めさせよう」
三堂 「………… …………
    私も見ているが…それは無理だ
    誰もこの番組を信用していないし 逆に疑われる
    それに もう何も心配ないじゃないか」
火口 「!?」
三堂 「さっき 顔がテレビに映り 松井太郎と確認できた
    奈南川からテレビを見ろとの連絡は皆に回っている
    七人の内の誰かがキラなのだから松井太郎は間もなく死ぬ」

火口(´-`).。oO(…そうか…松井太郎が本名でないと わかっているのは キラである私だけ…
        それを言えば キラだと言う事をバラす事になる…
        かといって あの六人に私がキラだとバラしたところで あの六人では あいつを殺せない…
        殺せるのは キラである私だけだ)
火口 「………… そうだな じゃあ…」

司会者『そんなキラの正体までお付き合いください』

271 :page.50 「四葉」文字バレ:04/12/08 00:11:32 ID:31uL6aZj
   三堂との電話を終わらせると次は模木に電話を掛ける火口 かなり焦っているようだ

ワタリ『竜崎 火口から模木さんに電話が入りました』
L  「はい 次 来ましたね」

火口 「模地 ミサはどこだ!?」
模木 「あっ お世話になってます 火口様
    ミサは ただ今 久々のオフで出掛けております
    明日の朝には帰ると…はい」
火口 「どこに出掛けたかと聞いているんだ!」
模木 「それがプライベートなので誰にも知られたくないと…申し訳ございません
    明日には連絡がつくかと」

火口(´-`).。oO(くそっ…顔は わかっているんだ        名前さえわかればいつでも…)

火口 「前のミサのマネージャー あれは 元タレントか?」
模木 「はい?」
火口 「松井太郎っていただろ?」
模木 「ああ…入れ代わりで入ったので私は何とも…
    そういう事でしたら事務所の方に…
    あ…でも 今 皆で沖縄に来ているんで 社長に電話して頂けますか?」

ワタリ『火口からヨシダプロ社長に中継します』
月  「まったく 筋書き通りで怖いくらいだな」
L  「怖がらず 嬉びましょう 夜神くん」

火口 「ヨツバの火口だが前にいた松井太郎って本名じゃないのか!?」
社長 「ああ 彼はマネージャーとしての名前を使っていたんですよ 火口さん」

ミサ 「段々 聞き方がストレートになってきてるね 火口のバカ」
L  「余裕がなくなってきている証拠です」

火口 「本名は!?」
社長 「確か…山田…いや 山下
    下の名前は覚えてませんね」
火口 「ふざけるな!雇った人間の名前くらいちゃんと覚えておけ!」
社長 「何ですか?その言い方?
    事務所に戻れば ちゃんと履歴書も とってあるし
    特に問題ないでしょう?」
火口 「じゃ 戻って教えろ」
社長 「それこそ ふざけるなです
    こっちは2年ぶりの社員旅行なんです
    そこまで言うなら事務所のロックの暗証番号 教えますから入って見て頂いて構いませんよ
    履歴書は入って左の奥の机の一番下の引出しです
    ちゃんとアイウエオ順になってます
    たぶん山下です」

火口(´-`).。oO(………… …………
        番組の最後にって言うのであれば まだ2時間ある…)

   火口はデスノートと拳銃をバッグに詰め 車でヨシダプロの事務所へ向かう火口
   そして それを追跡すウエディの影もあった

ウエディ「火口 確認 所持品はバッグのみ 追います」
月   「ここまでは 思惑通りだな」
L   「はい」


煽り  「追いつめる!!」
次回予告「火口の動きに!?次号、「誤認」!!」

272 :page.50 「四葉」文字バレ:04/12/08 00:17:45 ID:31uL6aZj
>>271
嘘バレでした・・・騙されたorz
今日本当駄目駄目だ…

273 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/08 00:22:52 ID:1yVKXkSj
>>272
577 名前:(ry ◆LImO8bHQ.E [sage] 投稿日:04/12/08(水) 00:18:57 ID:vj4NVhLs
日付変わってる上にトリップ付け忘れたorz

巻末予告は「火口確保作戦の中で次々と明かされる事実!!」です

274 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/08 00:23:12 ID:8ehx0VnO
>>272
本バレだったよ。ryさんがトリップ付け忘れただけらしい。

275 :page.50 「四葉」文字バレまとめ:04/12/08 00:23:11 ID:31uL6aZj
巻末予告は「火口確保作戦の中で次々と明かされる事実!!」

ポップアップ
>>256
>>257
>>259
>>261
>>270
>>271

今回ポップアップ推奨
一括
>>256-271

感想・ツッコミはこちらでドゾー
DEATH NOTE(デスノート)ネタバレスレッドpage.199
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102425843/

嘘バレではなくトリップ付け忘れだったそうです;なので>271は本物

276 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/08 03:41:12 ID:wGehpViK
さすがに>>271が嘘バレだったら作った奴に惚れるわ

277 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/08 15:46:42 ID:onXoi6bq
>>929
あ!(ry氏だーヽ(・∀・)ノ
いつも 本当にありがとうです!!
(ry氏の バレの書き方は大好きだよ。 あの顔文字の使い方とセンスの良さと、
キャラの 今いる状況とかが解かり易くて 俺の脳内がデスノで膨らみます(w
ただバレを見るだけじゃなく、読んでてほんと楽しいっす(*´∀`*)


278 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/08 15:47:50 ID:onXoi6bq
ぎゃふん  ビミョーに誤爆してもーた orz

279 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/08 18:24:58 ID:8bqh0hne
感想などは全てこちらで。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.200
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102497738/l50

出目川スレには何も書かないように。

280 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/08 23:11:50 ID:3s4snLQO
>>279
ry

281 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/09 09:36:02 ID:5H8I3sqG
文字バレだけでどきどきした

282 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/09 12:48:04 ID:oLMTaZ+h
>>280-281
>>279が読めないのか?死ねよクズ共

283 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/09 15:46:59 ID:MCGQatY2
>>282 オマエモナー

284 :age:04/12/10 03:38:22 ID:RWsTBopu
下がりすぎたので

285 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/10 03:39:57 ID:FDdpfA/A
>>284
d
一応sageでも保守できますよ。


感想など全てこちらで
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.201
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102611206/l50


このスレには何も書かないように。

286 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/10 20:19:07 ID:XfYkI/pb



287 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/10 21:19:51 ID:WpxTvShl
 
   
  
     
   
       
   
   
    
  
    
  
 
 
                  
   
        
  
  
   
  
   
 
 
 
 
 
             
  
  
 
 
 
  


288 :(^^^):04/12/10 21:20:46 ID:X6d3WGem
なにこのすれ

289 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/11 01:34:46 ID:wvCuAE7x
空白スレだす。

290 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/11 18:43:37 ID:qzmsc2ba
感想など全てこちらで
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.201
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102611206/l50


このスレには何も書かないように。




291 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/11 19:31:04 ID:eHgwmE0c
まんこ

292 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/11 22:51:59 ID:LY2wJGgf
ああああ

293 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/11 23:28:42 ID:b35mAxq/
>>291-292
わかるよ、その気持ち。
何も書かないように。なんて妙な命令口調で言われるとかえって書きたくなるよなあ。
それこそが人の性( ´ー`)y~~~

294 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/11 23:39:46 ID:lIvCxkLn
感想など全てこちらで 
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.201 
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102611206/l50 


このスレには書いちゃだめんv



295 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/12 00:50:59 ID:NvDv0AoQ
んじゃ通りすがりだけど

感想など全てこちらでお願いします。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.201
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102611206/l50

このスレには何も書かないで下さい。

これでいいかな?

296 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/12 11:10:17 ID:Pityg4j7
何度もしつこく張ってるのいがいけないんだろm9(^Д^)プギャーーーッ

297 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/12 15:11:37 ID:QE+HuDXM
うん、そう思う

298 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/12 19:44:59 ID:UbshcY+t
もうこのスレだめぽ

299 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/12 22:04:07 ID:Ndcuxi2+
このスレにはまんことか書かないで下さい。


300 :300 ◆Asex.KT1oc :04/12/12 22:33:06 ID:FlvwphRl
まんこ

301 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/12 22:36:30 ID:XHKBUw/V
ちんこ

302 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/13 03:10:38 ID:3Jf++AAv
ぬるぽ

303 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/13 03:54:23 ID:4ejTRtHb
>>302
  ∧_∧
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ     人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡

304 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/13 12:23:44 ID:6lBDhUT2


305 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/13 23:54:06 ID:CzvhbDmn
ぬるぽ

306 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 00:35:26 ID:mwcHFBn/
>>305
蛾っ

307 :nullPo禁止:04/12/14 09:54:31 ID:yby5Y0sJ
このスレには何も書かないで下さい。


308 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 12:10:42 ID:c6QhLBPn





309 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 19:49:39 ID:uK7hjoxt
>>308
ワラタw

310 :ガッ:04/12/14 21:00:34 ID:JNTObzEl


311 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 21:54:48 ID:f6qiqF5M
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.200
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1102497738/l50

出目川スレには何も書かないように。


312 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 22:05:45 ID:ViH/6qYE
そりゃ困る。携帯から見てる俺はバレのまとめ重宝してるのに。

313 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 22:06:35 ID:ytsPSGep
これだけでスレ埋まるな(ノ∀`)

314 :page.51 「誤認」文字バレ:04/12/14 22:17:01 ID:vs5racny
page.51 「誤認」
煽り  「機は訪れた。動け!動け!!動け!!!」
あらすじ「ヨツバキラは火口と断定した捜査本部は確保へ向けて松田を囮として、火口を追い込む策を開始する。
     火口が動き出した所までは順調だが…。」

   ヨシダプロに向けて必死に車を飛ばす火口
   急ぎながらも車内でさくらTVのキラ特番を見るのは忘れない
   一方のウエディはそんな火口を難なく追跡していく

ウエディ「気付かれぬ様 距離をおいて追走します」

松田  『それで キラを含め八人とお酒を飲むはめになったんです』
司会者 『はは それは面白い』
松田  『あまり詳しいことを言うと その場に居た人達に誰がキラだったのかわかってしまうので
     今はこれ以上の事は言えませんけどね』
司会者 『はい
     誰がキラなのかは この先ゆっくりとお願いします』

   L・月・ミサの三人は捜査本部モニター室で一連の作戦の行く末を見守っている

L  「音声1は火口の車内 2はさくらTV 1の方を70 2を30」
月  「やはり火口は車内でもしっかりテレビを観ているな」

司会者『しかし それだとキラと対面してるって事になりますよね?』
松田 『はい
    その時は誰がキラなのかは わかってなかったんですけど』
司会者『しかし 顔を見られていながらも こうして出演するのは勇気ある行動と思えますが 大丈夫なんですか?』
松田 『はい
    私は調べるうちにキラが人を殺すのに必要な物は 二つあるとわかりました
    それが何なのか 噂は色々ありますが 私は はっきりわかったんです
    私に関して キラは その必要な物の一つを知りません』

火口(´-`).。oO(…………
        本名がバレていないから 殺されないと思って出てきた…そういう事か…
        !………
        だとすれば 名前に繋がる物は残さない…?
        ヨシダプロに残った履歴書まで頭が回っていれば ヨシダプロに行っても…
        ………… …………)

火口 「レム…どう思う?」
レム 「!「どう」って何がだ?」

月  「レム?誰だ?
    車には一人で乗り込んでいるし あの車に他の者が居るとは思えない
    携帯も使っていない…無線か何かか?」
L  「いえ あの車に無線機は付いていません
    こっちの盗聴器・カメラ・発信機だけです
    ウエディの仕事なので確かです」

火口 「ヨシダプロに行って履歴書があるかどうか?…だ」
レム 「………… …………」

月  「一人言か?
    ………」
L  「………」

315 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 22:57:11 ID:H2ckDqpz
レム 「そんな事を私に聞かれても わかるわけがないだろう」
火口 「…………
    キレる奴なら 自分の名前に繋がる物は 全て始末してからテレビに出る…
    それにヨシダプロの「勝手に事務所に入って見てくれ」というのも無用心じゃないか?…
    いや…私しか入らないのなら盗難に遭っても 私だという事にしかならないか…」

レム(´-`).。oO(多分 火口をヨシダプロに行かせるのがライトやミサの策なのだろう…
        ………… …………)

火口 「ヨシダプロに履歴書があっても それが偽名だったらどうだ?
    いや この場合 あいつがそこまでしている可能性は大いにある」
レム 「しかし あいつが お前をキラだと知っているのなら
    こののだと お前の名前が発表される…それも事実だ」

司会者『さー いよいよ 発表まで一時間を切りました』

火口 「………… …………」

レム 「行ってみるしかないだろ
    無ければ無いで仕方がないが それを見て名前を書き
    さくらTVで死人が出てもお前が怪しまれる事はない」
火口 「ああ そんな事はわかっている
    しかし 念の為 その後すぐに電話してしまったヨシダプロの者とミサのマネージャーは殺しておいた方がいいな」

ミサ 「えっ やだ 殺すって…」
L  「大丈夫です
    松田さんを殺したら という意味の「その後」です
    松田さんを殺せなければ それをやる意味はありません」
月  「確かにそうだが…」

レム 「よく考えろ あいつを殺せばいいだけだ
    逆に その前に電話した人間を殺せば 通信記録からお前が怪しまれるんじゃないか?」
火口 「…そうか…レム お前 頭がいいな…
    では 操って着信履歴を消させて殺す」
レム 「………
    しかし 電話会社の方の記録は残るぞ…」

月  「やはり 一人言とは思えない…レムって誰だ?
    誰と話している…」
ミサ 「………… …………」
L  「もし あそこで会話しているのなら…死神」
ミサ(´-`).。oO(うわっ …………)
L  「ですかね?」


316 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 23:36:36 ID:H2ckDqpz
レム(´-`).。oO(…こいつなら こっちから先に…)

レム 「ノートの所有権を私に返すのはどうだ?」
火口 「いや そんな事をしても惨めな末路しかない
    あいつは証拠もあると言っている
    それにヨツバの成長と死を照らし合わせたら あいつの言ってる事が真実だと誰も疑わなくなるだろう
    あいつが喋ったキラはキラにされる
    もし 明白な証拠が出なかったとしても 俺の人生は終わる…出世どころかヨツバに居られなくなるだろう」

司会者『もちろん我々スタッフは“キラもこの番組を観ている”そう想定して番組を構成しています
    じゃあ キラに呼びかけますよ
    キラ 自首しなさい』

火口(´-`).。oO(…こいつ 馬鹿な振りをしているが あの時死んだ様に見せ死を逃れた…
        …………
        とにかく 殺さなければ)

   そう思うと火口はミサに電話を掛けた

留守電『電話に出る事ができません』
火口 「くそっ」

L  「ヨシダプロに着きますね」
月  「いよいよだな」

L  「全画面ヨシダプロのカメラに」

   ヨシダプロに火口が到着したのを受けLが月に指示を出す
   一方の火口はヨシダプロの事務所に入ると脇目も振らずに松田の履歴書の元へ直行した

火口(´-`).。oO(入って左の奥の机の一番下の引き出し)

   火口は念願の松田の履歴書を発見する
   そこには「山下 太一郎」と偽名が書いてある

L (´-`).。oO(さあ どうやって殺すんだ 見せてみろ)

   火口は鞄からデスノートを出すと「山下 太一郎」とだけ書き事務所を後にする

月・L「!?」
月  「!!
    駄目だ 名前をメモしただけで出るぞ
    ここでは殺さないのか?」
L  「………… …………」


317 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 23:43:10 ID:MpqX0TNR
これで終わり?
一度テキストエディタに書いてから切り貼りすればいいのに。

318 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 23:44:05 ID:CFG+QTyb
>317
次号タイトル出てねえだろ。黙ってろ。


319 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/14 23:55:06 ID:H2ckDqpz
   模木はヨシダプロの前で火口を張っている
   Lの指示があればいつでも確保できる状況だ

模木 「竜崎 火口を押さえる用意はできています
    いつでも指示を」
L  「はい」

   そんなやり取りをしている内に火口が事務所から出てきてしまう

模木 「竜崎!
    押さえますか?…………」
L  「…………
    まだ 殺し方が判明していません
    もしかしたら車内で何かするのかもしれません
    車に付けたカメラから判明できれば そこで押さえます
    ウエディと連携して尾行に回ってください」

月  「しかし 一秒でも早く松田さんを殺したいはずなのに冷静だな 火口は…」
L  「そうですね
    名前が必要なら 履歴書ごと持って出ればいいのに 履歴書を引き出しに戻した…」

   車に戻った火口は車内のテレビに釘付けだ

火口(´-`).。oO(40秒…)

司会者『いや 本当に その勇気には脱帽します
    世の中にはキラに賛成という人も少なくない訳ですし』
松田 『いえ キラは殺人犯ですから 私は絶対に許せません
    確かに犯罪は減ったかもしれませんが━━━』

火口 「くそっ 死なない!」

月  「!? どういうことだ!?
    「死なない」って言ったぞ」
L  「もう殺しの作業をしたのか…事務所から出て車に入る間にしたのか
    …………
    名前を書く事が殺しの行動なのか
    …………」
月  「竜崎 どうするんだ?
    まだ泳がせて観るのか?
    やはり顔だけで「死ね」と思えば殺せるとしか…」
L  「………… …………
    松田さんは生きてます…」

L (´-`).。oO(………… …………
        どうなってる…
        しかし 殺し方が断定できない
        ここで押さえて自白を取ろうとしてもまた…)

火口 「くそっ…もう時間が無い…」

司会者『キラ発表まであと50分…』

320 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:16:23 ID:TlyK+/2x
ドキドキ

321 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:22:30 ID:czEGzuiH
わくわく

322 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:25:02 ID:HKyLp6il
またも火口はミサに電話を掛けた

月  「携帯出したぞ」
L  「また ミサさんでしょう」
ミサ 「当たり」

留守電『電話に出る事ができ━━━プッ』

火口(´-`).。oO(………… …………
        顔はわかっているんだ…
        …………
        会社に行けば あいつが忍び込んだ時の監視ビデオのテープがある…
        死神の目があれば…
        残りの寿命の半分か…
        しかし 発表されれば私の人生は終わるも同然…
        ならば太く短く…)

火口 「レム…取引だ」

月  「取引?
    なんだ さっきから言っている「レム」って
    本当にキラの能力は天からか何かのものなのか?…」
L  「それは考えたくないですね」
月  「じゃあ レムって何だ?」
L  「死神?…
    とにかく まだ様子を見たほうがいいですね
    まだ 色々出てきそうですし
    殺し方もはっきりするかもしれません」

   レムと死神の目の取引をした火口は邪悪な笑みを浮かべている

火口(´-`).。oO(これで俺は最強だ
        これなら いくらでも手はある)

    死神の目を手に入れた火口は、すぐに車を発進させ会社に向かっていった

模木 「追います!」

   火口の車が発進するのを見て模木とアイバーは車に乗り込み火口を追いかける
   ウエディは一足先に火口の追いかけている
  
   白バイ警官(白場維人)は街を爆走する火口の車を見てサイレンを鳴らし停止命令をだした

維人 「そこのポルシェ止まりなさい
    道路脇に寄せ止まりなさい」
火口 「くそっ」

   火口は白場維人の言う通りに車を停止させた

維人 「スピード違反だ 免許証」
火口 「ああ わかったよ」

ウエディ「まずいわね 火口が白バイに捕まった
     私はやり過ごすので アイバー達 お願い」


323 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:25:42 ID:jbmbdpAf
ウキウキあなたと〜♪

324 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:32:49 ID:HKyLp6il
火口 「免許証 どこに入れたかな」

   火口は維人の顔を見ると取引したばかりの死神の目で名前を手に入れる

維人 「? 早く免許証」

火口(´-`).。oO(こんなの付き合ってたら 10分や20分経ってしまう…そんな時間は無い)

   免許証を探すフリをしながら鞄の中に隠してあるデスノートに「白場維人 事故死」と書き込むと
   車を急発進させその場から逃げ去った

維人 「! こらっ」

   維人は逃げた火口を追いかける

維人 「なんて奴だ
    こちら交通機動隊
    …………!?」

   維人は大型トラックに激突しそのまま死んでしまった

模木 「り…竜崎…白バイがトラックに追突…大破!! ……」

月  「大破…事故死?…」
L  「………… …………
    まずいですね
    …………」

L (´-`).。oO(火口はカバンの中に手を入れたが その時何かしたのか?
        どうやっているんだ?
        いや そんなことよりも 白バイ隊員の名前を何から得られたのかどうかだ
        もし得ていなかったら…
        第二のキラの様に顔だけで?
        …………)

月  「レム…取引………」

L (´-`).。oO(違う
        顔だけで殺せる様になったのなら 顔を知っている松田もすぐ殺せるはず…しかし…
        ……)

L  「皆さん 火口をこれ以上動かすのは危険と考え「殺し方」は まだはっきりと判明できていませんが
    証拠は持って動いていると判断し 火口の確保に移ります
    しかし 火口は第二のキラ同様“顔だけで殺せるキラになった”
    その考えの元での確保です」


煽り  「危険最大!!」
次回予告「次号、猛追!?大増31Pセンターカラー「寸止」!!」

325 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:33:19 ID:vMzJRTPp
>>318
てめーも黙れよ。

326 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:33:51 ID:QGHMUcNh
初期のデスノより面白いな、この展開。

327 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:36:34 ID:nkL49pMq
以降のレスはこちらで
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.203
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103029184/

328 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:36:46 ID:8rrwSB2W
白バイと

329 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:41:29 ID:HIef2cNl
面白

330 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 00:55:21 ID:o5/Ekamb
コピペ乙
毎週助かってます

331 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 02:55:58 ID:Wq/IHlwx
Page.51「誤認」
ポップアップ
>>314
>>315
>>316
>>319
>>322
>>324

感想等は全てこちらで。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.204
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103041651/l50

332 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 03:20:01 ID:rbEWMpH3
>>330
氏ね。

333 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 03:20:14 ID:IKaMqQNH
>>314-324

334 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 08:36:00 ID:o5/Ekamb
>>332
すんませんが何が気にいらなかったんですか

335 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 09:08:48 ID:ZQI2i5Mx
ここはネタバレ保管庫です感想等は全てこちらで。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.204
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103041651/l50

336 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 10:10:45 ID:eqYqk1ke
感想じゃない

337 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 12:26:58 ID:kUGtHxYR
コピペの最中のレスは控えろよ

338 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 19:00:39 ID:D0lSWUrh
コピペの最中のまんこいじりは控えろよ

339 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 20:30:30 ID:kcSx13lg
久々にドキドキする展開になってきたな

340 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 21:08:22 ID:+nh7ZmH9
また、これでスレが埋まるな(ノ∀`)
いくら誘導したところで単発1行レスが止むはずねー

341 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 22:25:04 ID:eJTlwS+k
やめれと言われればやりたくなる
上島竜平のギャグみたいな物

342 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 22:44:31 ID:kUGtHxYR
みんな、わかってると思うけどスルーでつよ(`・ω・´)

343 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 23:06:50 ID:81icGACX
L (´-`).。oO(火口はカバンの中に手を入れたが その時何かしたのか?
        どうやっているんだ?
        いや そんなことよりも 白バイ隊員の名前を何から得られたのかどうかだ
        もし得ていなかったら…
        第二のキラの様に顔だけで?
        …………)

月  「レム…取引………」

L (´-`).。oO(違う
        顔だけで殺せる様になったのなら 顔を知っている松田もすぐ殺せるはず…しかし…
        ……)

L  「皆さん 火口をこれ以上動かすのは危険と考え「殺し方」は まだはっきりと判明できていませんが
    証拠は持って動いていると判断し 火口の確保に移ります
    しかし 火口は第二のキラ同様“顔だけで殺せるキラになった”
    その考えの元での確保です」


煽り  「危険最大!!」
次回予告「次号、猛追!?大増31Pセンターカラー「寸止」!!」

344 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/15 23:07:59 ID:81icGACX
すまん、誤爆ったorz

345 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/16 00:05:58 ID:QHYC48kx
>>332
ry氏の文字ばれをそのまま他サイトの掲示板にコピペしてるやつがいる
日時からもry氏のほうが先

やったことある奴はわかると思うが文字バレ作業は物凄い労力を要するんだよ。
単なるコピペ扱いしないでほしい。

346 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/16 04:13:31 ID:ZD9usUY5
便所の落書きもそりゃあ書いたやつは苦労したんだろうが所詮落書き

347 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/16 05:37:20 ID:SNqd7vWC
久々に面白いって、ミサの面接から面白かっただろが。

懐古厨はマジウザいな。

348 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/16 07:01:06 ID:1V0tbaMt
今回は久々に面白いな

349 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/16 14:15:17 ID:GYj/K7gZ
自分が面白いからって他人もそうだと思うなよ。>>347

350 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/16 14:42:47 ID:KLWEF9sF
いや感想はどうでもいいからこのスレに書くなよ
俺もな・・・

351 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/16 21:23:51 ID:maOEbhDP
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.205
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103126484/

352 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/17 12:21:18 ID:mesmfia8
>349
は?アホか、レムが出てきた最後のページが滅茶苦茶スレで賞賛されてただろうが。
確実にあそこから流れが変わったじゃん、お前池沼かよ。

ほんと懐古厨って四葉編前後でギャーギャー文句垂れて
「もう見ない、売る、詰まんなくなった」って散々喚いただけあってクズだな。

353 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/17 12:21:50 ID:mesmfia8
>349
は?アホか、レムが出てきた最後のページが滅茶苦茶スレで賞賛されてただろうが。
確実にあそこから流れが変わったじゃん、お前池沼かよ。

ほんと懐古厨って四葉編前後でギャーギャー文句垂れて
「もう見ない、売る、詰まんなくなった」って散々喚いただけあってクズだな。

354 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/17 12:39:44 ID:mULExYS5
いい加減にしてくれ厨房の皆様。ここはネタバレを貼るとこ


355 :349:04/12/17 15:04:08 ID:Y+q8ilSb
>>353
俺はヨツバ編は嫌いではないしむしろ好きな方だ。
自分のものさしで全てをはかろうとしないで欲しいな。

356 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/17 16:03:27 ID:pBSrNx4v
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.205
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103126484/

357 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/17 19:10:58 ID:u+B3keLW
>>346
うざい。
てめーがやってみろ。

358 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/17 21:13:38 ID:WbS47erk
雑談、感想はバレスレで。

359 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/18 01:22:38 ID:oBWAnr73
それいがいのラクガキはここで

360 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/18 14:20:38 ID:DET2HI1R
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.205
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103126484/


361 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/19 13:15:43 ID:Fu2xKk3h
ミサミサはおまんこ付いてないよ

362 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/19 20:20:45 ID:HsYpnCZ4
>>361
1. 着脱可能である
2. 別のものがついている
3. 空洞になっている

363 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/20 07:14:44 ID:Gckg+xp/
アイドルオナニーしないし

364 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/21 15:40:49 ID:d8+bljWW
ふんふふんふんふんふふふんふんふん

365 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/21 19:02:38 ID:zQsyj7fQ
まんこ

366 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/21 23:52:20 ID:rr1YHVDo
↓神降臨

367 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 00:33:03 ID:sxT3ZDBc
                     ∧
                    _/.:;;ヽ_
                      | .: ;;;;;;;|
   /⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ))      | .: ;;;;;;;|
  (   从    ノ.ノ        | .: ;;;;;;;|
   ( ./  ̄ ̄ ̄ ̄\       | .: ;;;;;;;|
   |::::::  ヽ ^   ...丶.    / .: ;;;;;;;\
   |::::_____  ___)    |.:○: ;;;;;;;;;;; |
  (∂:  ̄ ̄| ・) |=|ー |    |  .: ;;;;;;;;;;;; |
   (  (   ̄ )・・( ̄ i    n .: ;;;;;;;;;;;; |
♪〜 \   .._. ) 3( ._ 丿___ | | .: ;;;;;;;;;;;; |
    /ヽ .__二__ノ  . | | つ .:AIR ;;;. |
   / |//\__/   ヽ.// | |_ノ MAIL;;;..|
   (/ /。  〔__〕  / ̄ ̄ |. .: ;;;;;;;;;;;;:.|
   / |。        /       |.to.Japan:.|
  |   |。       ヽ       |. .: ;;;;;;;;;;;:..|
  |_∧_______.>     |/|.:;;;;;;;|\|
    \ . >     )    /´.:;;|.:;;;;;;;|;;:`\
     \( \  /       || .: ;;;;|.:;;;;;;;|;;;; : .||
      (⌒\ ⌒)       || .: ;;;;|.─‐|;;;; : .||
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

368 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 12:05:53 ID:anqLpXix
今日はまだ来てないのか。

369 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 18:40:58 ID:aqemvUZ/
今週は遅いな

370 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 19:01:20 ID:ky9YsSBg
合併

371 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 19:40:05 ID:anqLpXix
つうことは金曜日にくる可能性が高いって事か・・

372 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 22:00:32 ID:Vl4YHw7U
バレ氏からのクリスマスプレゼントてわけだなヽ(*´∀`*)/

373 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 22:21:56 ID:iNg5jsO6
だからよい子にしてないとサンタさんが来てくれません

374 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 22:39:51 ID:/clEPsp4
悪い子にしてると動物の臓物でぶたれるんですね…

375 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/22 22:43:29 ID:XykBvP2n
>>374
あれまじで怖いんだけど。

376 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 02:49:16 ID:mZG3VZAf
ry氏は引退しました。

377 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:15:13 ID:JPb5xlUI
page.52 「寸止」
煽り  「火口、力を持ち…!!」
あらすじ「松田を囮とした火口確保作戦が進行中し、
     捜査本部の思惑通りに進んでいったはずだったが、追いつめられた火口は死神の目の取引を!!」(原文ママ)

   白バイ警官をデスノートで殺害した火口はヨツバ本社に向かって車を爆走させる
   そして、その様子を車内のカメラによって観ていた月達
L  「「殺し方」は まだはっきりと判明できていませんが
    証拠は持って動いてると判断し火口の確保に移ります
    しかし 火口は 第二のキラ同様“顔だけで殺せるキラになった”その考えの元での確保です」

  表紙:月の後ろにリューク、レム、その他大勢の死神達
  煽り:「見ている。この物語を。」

   Lの目の前にあるPCの画面には「W」の文字がある
L  「ワタリ 警察庁長官に繋いでください」
ワタリ『はい』
   前述のモニタには「W」では無く警察庁のマークらしきものが映し出されている
L  「Lです
    キラをある個人に断定しました
    現在 国道1号線 日比谷から渋谷方面へ向かっている赤のポルシェ911 ナンバーは━━━
    申し訳ない事に 白バイ警官一人が犠牲になったと思われます
    確保はこちらでしますので そのポルシェには近付かぬ様 全警察官に通達願います」
月  「父さん 火口がヨシダプロを出た
    次のCMから第7対応だ」
父  「わかった
    出目川 次のCMでやる
    松井と司会者をマネキンに替え 音声は用意してある仮設スタジオから飛ばし
    CM明けには いかにも放送は続いているように見せる
    そして マネキン2体と回しっ放しのカメラを残して 全員撤収だ」
出目川「ああ 任せてくれ 完璧に準備はできている」
L  「では 夜神くん 私たちも行きますか」
月  「ああ」
L  「ミサさんは すみませんが ここで暫く動けない様にしていてもらいます」
   そう言うとLはミサの両手、両足に手錠を付け始める
ミサ 「ええーっ 何これーっ ふざけないで…」
月  「ミサ言う事を聞くんだ」
ミサ 「! … はい………
    気を付けてねライト 竜崎さんも…」
   月達を送り出したミサは両手、両足に手錠どころではなく鎖でグルグルにされている
月  「ミサ ありがとう」
L  「もし 私達が帰ってこなかったら
    24時間後に助けが来る様になってますから」
ミサ 「…………… ……………」
   月とLは火口をワタリと共にヘリコプターに乗り込み火口を追跡する


378 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:16:18 ID:JPb5xlUI
月  「ヘリの操縦までできるとは思わなかったよ 竜崎」
L  「免許など無くても 勘で どこをどうすればどうなるかは わかります
    夜神くんでもできますよ」
   火口を見逃すまいとモニターを凝視し続ける月
月  「!
    竜崎 火口はさくらTVには向かってないな 方向が違う」
L  「このルートだと 多分ヨツバ本社ですね」
火口(´-`).。oO(顔さえ見れば殺せるんだ
        本社には松井の映った監視ビデオがある)
L   「ウエディ ヨツバ本社の松田さんに関する全ての物の処理はできてますね」
ウエディ『はい
     あいつ本社に向かったの?
     都合いいわね 先廻りしてMr.夜神と局で待ち伏せる余裕ができるわ』
    本社に到着した火口
火口 「開発室室長の火口だ」
守衛 「あっ お疲れ様です」
火口 「警備室に入れてくれ」
守衛 「?」
    警備室で監視ビデオを捜すがどこにも松田の映っているビデオは無い
火口(´-`).。oO(くそっ…どこにもない
        いや このビデオなのに消されている…
        じゃあ 奴が これを消しに入った時のビデオが…あるわけないな…
        ここまで手回ししてあるとは そんなにできる奴なのか?
        ……………………
        それとも 誰か奴に手を貸し 裏切っている者が…
        いや…そんな事をしたって同罪になるだけだ それは考えられん…
        とにかく時間が…急がなくては)
   火口はすぐさま車に戻りキラ特番を確認する
司会者『いよいよ 発表の時間が迫ってきましたがどうですか?』
松田 『はい もう心の準備はできています いつでも…』
   すでに松田と司会者はマネキンに入れ代わっている
松田 『もう早く いってしまいたい位の気持ちです』
司会者『気持ちはわかりますが ここでもう一度CMを…』
火口(´-`).。oO(………………
        もう さくらTVに行って殺るしかない
        さくらTVはうちのCMを流している
        何食わぬ顔で入れる
        そして あいつの顔さえ見れば…)
   火口はさくらTVへと車を走らせる

379 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:16:59 ID:JPb5xlUI
模木 「火口 首都高に乗りました」
L  「はい そのまま距離を保って追ってください」
L  「ワタリ 一般車両が巻き添えにならぬ様
    首都高の入り口の方のみを全閉鎖する様 国土交通省に」
ワタリ「はい」
月  「父さん いよいよ 火口はさくらTVに向かう様だ
    15分足らずで着く 大丈夫か?」
父  「息子に「大丈夫か?」などと言われたくないな 大丈夫だ ライト」
    さくらTVのキラ特番スタジオでは父とウエディが火口を待ち伏せしている
    二人の他には松田と司会者役のマネキンだけだ
司会者『もう 発表前に言いたい事はありませんか?』
ウエディ「Mr.夜神 いよいよね」
松田 『そうですね キラが捕まった後の事を皆さんによく考えて欲しいと━━━━━…』
父  「ああ」
   ウエディはキラ対策用のスモークの掛かったヘルメットを父に投げてよこした
ウエディ「それとこれ アイバーは銃が嫌いで私しか持ってないから Mr.夜神も」
   さらに拳銃を父に手渡す
父  「私は もう警察官ではない それを持つ事は許されない
    君が日本で それを使う事もだ」
ウエディ「相変わらず堅いのね」
父  「うむ」
   さくらTVに到着する火口
   まだ放送は続いている
司会者『そうですね キラが捕まった その後が大切なのかもしれません』
火口(´-`).。oO(間に合った…)
   そして松田の名前を確認するべく急いでさくらTV内に駆け込む
火口 「!?」
   局内には人っ子一人いない
火口(´-`).。oO(何故 誰も居ない…?
        今日の放送は真実だから念の為?か…ふっ…
        まあ 誰も居ないなら居ないでやりやすい…)
   遅れて模木・アイバー組も到着する
   車を降りると二人共キラ対策用のヘルメットを装着し局内に突入する
模木 「竜崎 さくらTVに着きました 位置に着きます
    行こう アイバー」
アイバー「OK 模木」
   スタジオに到着する火口

380 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:17:54 ID:JPb5xlUI
司会者『証言者であるあなたに応援の電話 ファックスがどんどん入ってます』
火口(´-`).。oO(スタジオの中まで空…
        しかし テレビカメラの位置には気をつけなければ…)
司会者『誠に申し訳ありませんが 都合によりこの番組は ここで終了させて頂きます』
火口 「何っ!?」
火口(´-`).。oO(人形… ……… ……… まさか…
父  「そこまでだ! 火口!」
火口 「くっ」
   そこに模木・アイバー組も到着し四人で火口を包囲する格好になった
ウエディ「観念するのね」
火口  「な 何を勘違いしてるんだ 私は出目川さんと打ち合わせたい事があって…」
火口(´-`).。oO(メットをかぶっているということは…キラ対策…そうなると…)
火口 「私はヨツバグループ解発室の者…
    今 名刺を━━」
   火口はそう言い鞄を弄ると銃を取り出しウエディに向けて発砲する
父・ウエディ「!」
   しかし父が火口の凶弾から身を呈しウエディを庇う
模木 「局長!!」
   火口はそのまま逃走する
アイバー「! まずい」
ウエディ「アイバー」
   火口を追おうとするアイバーにウエディは持っていた銃を投げて渡す
アイバー「くそっ こんな物 使いたくはないが」
   銃を構え廊下に飛び出すが既に火口は逃げ去った後だった
アイバー「くっ」
模木 「竜崎 すいません
    火口は拳銃を所持 局長が撃たれました
    火口 逃走」
父  「大丈夫だ すまん竜崎
    肩をかすめただけだ すぐ追えば まだ捕まえられる 急げ!」
   父はそのまま模木達と車に乗り込み火口を追跡する

381 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:19:05 ID:JPb5xlUI
月  「まずい さくらTVから逃げられたぞ」
L  「…………… ……………
    仕方ありません 私たちも直接確保に移ります
    ワタリ 用意はいいですか?」
ワタリ「はい」
   ワタリはライフルを持ち準備万端といった格好だ
   そして月に拳銃を見せると
L  「夜神くんも撃てますか?
    いや 護身用に持っていてください 相手はキラです」
月  「…………… ……………
    いや 日本でそれは許されない」
L  「きっと 夜神さんも同じ事を言ったんでしょうね
    ………………」
月  「……ああ…」
火口(´-`).。oO(どういう事だ…罠だったとしか…)
テレビ『番組を変更し 夜のヒットチャートをお送りいたします』
火口(´-`).。oO(番組は止まったが 私が止めたのではない…
        ………………………
        何よりも人を撃ってしまった…
        これからどうすれば…)
   その時 高速の前方が眩しく光った
火口 「なんだ!?」
   けたたましいサイレンの音と共に幾台ものパトカーが火口の前方に立ち塞がった
火口(´-`).。oO(くっ…やはり罠だったんだ
        スモークを貼ったパトカーだと…
        警察は裏で しっかりとキラ対策を立てていたのか…)
ワタリ「何でしょうあれは
    警察には動かない様 言ったんですが…」
月  「………………
    こんな事をするのは…」
L  「はい そうですね ………」

382 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:20:47 ID:JPb5xlUI
相沢 「伊出 あらためて礼を言う」
伊出 「今は そんな事を言っている時じゃないだろ 相沢」
相沢 「いや 伊出がいなかったら 俺は多分何もやる気がせず ふ抜けて
    ただ形だけの捜査本部長のデスクに向かう毎日を送っていただけだろう
    お前がLと分かれてからも…いや 警察がキラ事件から退いてからもだ
    クビをかけた信用できる者を集い 上層部に知られぬ様 キラを追い続けていてくれたから
    今 こうして動けるんだ」
伊出 「相沢 私はただ お前がLの所から戻ってきた時
    警察庁内で一番キラを分かっているのは相沢だから私達の先頭にたってくれと頼んだだけだ
    あの時 何も疑わず信用し指揮を執る事を了承してくれた相沢に 私こそ感謝している」
相沢 「正直 弥のマネージャーとして死んだとされていた松田がテレビに映った時は胸が躍った」
伊出 「ああ 「やった!!」と思った
    そして あのポルシェに近づくなと言う命令…嬉しかったな」
相沢 「俺もだ 涙が出てきた
    これから先 どんな事があっても 俺達にはキラを追い続けてきたという誇りがある」
火口(´-`).。oO(くそっ…これじゃ前には…)
   前方のパトカーの群を抜けられないと悟った火口は引き返そうと車をUターンさせるが
   そっちにはLのヘリと父達の車がすぐそこまで迫っていた
火口(´-`).。oO(くそっ…しかしこっちなら抜けられる)
   そのままL達の方に向けアクセルを踏み込む火口だったが
   Lのヘリからワタリのライフルにタイヤを撃ち抜かれてしまう
火口 「!!」
  タイヤを失った車はそのまま防音壁に側面から激突してしまう
   そして動かなくなった車は相沢達のパトカーに包囲された
相沢 『隙間なく囲め こっちのウィンドウはいざという時以外空けるな
    そして Lからの指示を待つ
    Lは必ずこれをどこかで見ている
    我々が勝手に動いていいのはここまでだ
    かってな確保はせず Lの指示を待つ』
火口(´-`).。oO(駄目だ…抜けられない
        …………… ……………
        最早 これまでか…
        …………
        しかし ここで自首などしても私の人生は…私の人生は…)
火口 「来るなー! 誰も来るな!」
   追い詰められた火口は自らのこめかみに銃を押し当てるとそう叫んだ
月  「まずいぞ」
L  「馬鹿ですね」
火口(´-`).。oO(……………
        何をやってるんだ私は…
        自分を盾にしたって逃げられるはずがない…
        …………… ……………
        終わった…終わったんだ
        私の人生は終わったんだ…
…………………)
   そのまま引き金を引こうとしたその時
火口 「!」
   ワタリからの狙撃により火口の銃は弾かれてしまった
月  「…………
    終わったな」
L  「はい…
    ……………
    そうですね…
    ……………」
   車の中でガックリとうなだれる火口
   鞄から飛び出たデスノートが静かに佇んでいる
煽り  「火口、包囲完了す…!?」
次回予告「確保目前…その時…起こる!?次号、「悲鳴」!!」

383 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:22:09 ID:JPb5xlUI
巻末予告は「火口…捜査本部…彼らを待つ驚愕の状況…!!」

今回が(ry氏の最後のバレです。
お疲れ様でした。

(ry氏への労い、バレ感想その他全ては
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.207
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103722639/l50

こちらでお願いします。

384 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 03:23:31 ID:JPb5xlUI
「寸止」ポプアプ
>>377
>>378
>>379
>>380
>>381
>>382

一括
>>377-382

385 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/23 20:15:11 ID:j6IUcvOE
お疲れさま。

386 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 06:40:10 ID:oaJtCkBS
あげまんこ

387 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 15:47:24 ID:RlYK0IKE
ウソバレだろコレ、火曜日にラノベにうpしてあったやつじゃん。
合併なのにそんな前からバレが分かるはずが無い。
ヘリ運転とか、ライフル狙撃とかありえねー、どんな超展開だよ。

388 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 15:52:45 ID:7Q+HoxgX
とっくに画像も来ているのだが。

389 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 16:33:49 ID:RlYK0IKE
>388
マジかよ、糞2ちゃんころ共がアホな議論繰り返すデスノ系スレに興ざめして
バレ情報だけ得られるここしか見なくなったから知らなかったよ。

390 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 16:46:05 ID:h5ISN/yt
感想・批判・雑談等(空白・一行レスも含め)全てのレスは、

DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.208
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103805942/l50

こちらで。

391 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 18:06:48 ID:5yjHEas9
>>389
無様だな

392 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 18:22:07 ID:RlYK0IKE
>391
癇にさわったのか?wゲラ

393 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 18:58:24 ID:kYAkFi92
ID:RlYK0IKE
君、痛すぎ。

394 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/24 21:23:37 ID:i7u8FQ71
リ・Y・コイケ

かっちょいい

395 :もぎとり准男爵 ◆FTBYSHF7tw :04/12/24 21:25:42 ID:7WH3bUZV
>>392
IDからとって小池殿でどうかね。

396 :もぎとり准男爵 ◆FTBYSHF7tw :04/12/24 21:26:38 ID:7WH3bUZV
レス付いたから着てみれば>>394殿にすでに言われてた・・・or2

397 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/28 16:40:46 ID:zuNz4SMO
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | これまでのまとめ。 |
 |_________|
  i⌒l'´ ̄⌒ヽ||
  | ノ ノノハ))) || 
 ノノ(li ゚ ヮ゚ノリノ||
   /   づΦ

page26〜34文字バレ、QJデスノート特集など
http://www.geocities.jp/sinia_the_superstar/kako/demegawa.htm (484にまとめ)
4巻 How to use it >>140
裏BUBUKAデスノ記事 >>223-224

page35〜page45 >>138        
page46「不向」 >>151-158 >151>152>153>154>155>156>157>158
page47「先走」 >>186-192 >186>187>188>189>190>191>192
page48「交換」 >>210-218 >210>211>212>213>214>216>217>218
page49「植木」 >>243-247 >243>244>245>246>247
page50「四葉」 >>256-271 >256>257>259>261>270>271
page51「誤認」 >>314-324 >314>315>316>319>322>324
page52「寸止」 >>377-383 >377>378>379>380>381>382>383

6巻収録はおそらくpage52まで。

398 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/28 17:50:50 ID:zuNz4SMO
あ、専ブラでログ持ってる人は>>47から前スレに飛べます。

399 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/28 20:56:45 ID:/Za9Clbm
キャラの名前はいってるやつ全部飛ばされるかと思ったらここは残ってたんだな

400 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/29 15:19:13 ID:JGm+Nuem
ここは一応バレのログ取ってるとこだからね。
良かった。

401 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/29 17:45:40 ID:1KslhDzg
なにがおきた?

402 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/29 20:26:46 ID:cf2Ng9XT
>>401 「漫画キャラ」の新板が出来た、漫画のキャラクターの名前が入った
スレがものすごい勢いでそこに強制引越しさせられてるのだ、最近な。でもこのスレは無事だったってこと。

403 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/29 23:43:14 ID:8LoY2MKF
まあキャラの名前が入ってるとはいえ出目川についてのスレじゃないからな・・・

404 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/29 23:45:21 ID:K02EqhGp
運営側がそこまでちゃんとチェックしているとしたらたいしたものだな

405 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/29 23:46:43 ID:lkYHGDR3
そういう話も全てこちらで

DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.209
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1103994600/l50


406 :自称ネ申:04/12/30 03:03:51 ID:gWNUP9BF
普通ジャンプコミックスは二、三ヶ月で
次の巻が発売されるがデスノートは溜まるのが早いから
テニプリみたいに早く出たりするのでは?

407 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/30 03:14:56 ID:oNerQXIt
>>406 とにかく今もっとも売れる作品だからな、
集英社としても本音は一年で8冊くらいは出したい気分じゃないのかな。

408 :自称ネ申:04/12/30 20:36:24 ID:gWNUP9BF
うんうん!何気にジャンプでカラーになるの多いし

409 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/30 20:50:50 ID:feZxieMO
>>406
2月のラインナップに混入させたんじゃ、どう考えても
ボロ負けは目に見えてる鰤に、売り上げで1位を取らせたいが為に
多少ズラしたって噂もある…

それはともあれ、2月のジャンプコミックスはデスノ含めて凄いな

410 :自称ネ申:04/12/31 03:01:34 ID:P1GSNdo4
記憶文字バレまだ?

411 :自称ネ申:04/12/31 19:50:00 ID:P1GSNdo4
↑まちがえた○ | ̄|_
悲鳴文字バレまだ?

412 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/12/31 21:32:28 ID:g2UFuqIF
バレ以外の会話は↓でやってくれ。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.210
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104344835/

413 :イノセンスキモハゲ ◆YsomnAZ8yo :05/01/01 00:21:29 ID:aqZAtYIj
( ゚Д゚)y─┛~~

あけましておめでとうございます

414 :自称ネ申:05/01/01 20:03:37 ID:FM7I1/HH
今年もよろしく

415 : 【凶】 【1835円】 :05/01/01 20:36:33 ID:Q9UgmkCl
てすt

416 : 【612円】 【大吉】 :05/01/01 23:40:09 ID:GkzOsUEz
てすt


417 : 【だん吉】   【882円】 :05/01/01 23:55:37 ID:XjChhkCP
ttp://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_11/35000/34780.jpg

418 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/02 02:42:49 ID:37TtOkyq
あけおめこ

419 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/02 03:14:49 ID:+Jm+kkn+
>>409
2chの漫画ヲタ以外誰も気にしないコミックスの売り上げランキングの
ある作品の順位を上げるために小細工する理由などまるでないのだが

420 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/02 12:08:11 ID:ZdECBOgj
hosyu

421 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/02 12:10:38 ID:ZdECBOgj
今週はバレない?

422 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/02 16:35:46 ID:9kMLs02Z
最新バレはpage52「寸止」 (1/4発売5・6合併号分)
>>377-383 >377>378>379>380>381>382>383

次号、7号は1/17日発売

もう合併も終わるから
来るのはたぶん11日以降だろう

423 :自称ネ申:05/01/02 22:34:39 ID:PMSdd3I1
2月はワンピース、ナルト、デスノートで一位が争われそう・・・
所でハンターハンターも出るけど売れてるの?

424 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/02 22:45:43 ID:gH96CLUx
自称神とかいうやついい加減うぜーよ。書き込むな氏ね

425 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/03 01:13:32 ID:h5ADa1JG
ネタバレ以外の話は↓にお願いします。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

426 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/03 11:12:01 ID:nlEPueOT
ネタバレの話は↓にお願いします。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

427 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/03 18:06:21 ID:P39Tnn0e
オレ、単行本派で、気になってこのスレを読みふけってしまったけど
何?この展開。

いつからギャグマンがになったの?

428 :自称ネ申:05/01/03 19:42:38 ID:vl6Iq5v0
424 新年早々逝ってよし!
何様だテメェ

429 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/03 20:17:19 ID:e+v4XpSr
>>428
氏ね

430 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/03 20:36:39 ID:tipRRNUU
>>428
リアル消防は死ね

431 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 01:12:31 ID:bUB2GGKv
>>427
文字だけでは('A`)な展開も
小畑絵が付くと(゚∀゚)となったり、幾分マシに思えたり思えなかったりします


その現象を短いサイクルで繰り返す
デスノートネタバレスレッドを本年もよろしくお願いします
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

432 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 15:17:39 ID:GZ0PQwVS
逆に文字で期待してた部分が
絵付きになって('A`)になる部分もたまにあるがな…。


433 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 15:31:50 ID:EgGg0KDP
【他スレ宣伝用】
お前等お気に入りのスレに貼りまくれ!この事実を多くの消費者に伝えるのだ
貼れない時は一旦モデムの電源を切るなりしてIP変えると良いよ。

世界のSONY赤っ恥社員が勤務中に精を出す「セックス相手」募集
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/news/1104815617/

他社製品を貶し続け、自社製品を褒めるという情報操作を繰り広げてきた
ソニー直属の自作自演工作員、通称GKの悪行の一部が
ついにマスコミと2チャンネラーの手によって白日の下に晒された!

集えソニーに苦しめられてきた消費者よ!
聖戦はまだ始まったばかりなのだ!!

【ゲートキーパーズ悪行まとめ】
http://perape.sakura.ne.jp/memo/001/1218_gatekeeper.htm
【Sonny祭りのまとめサイト】
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1030/

関連スレ
PSP欠陥・初期不良とソニー社員による他社製品中傷に関する問題★63
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/news/1104755382/


434 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 15:34:32 ID:cKT3RiRM
ネタバレの話は↓にお願いします。
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/


435 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 16:46:04 ID:pQL4vwSG
ネタバレの話じゃなくて悪いが・・
最近忙しくてしばらく見てないで久しぶりに来たんだが
前まであったデスノ関係の他のスレってみんな倉庫行きみたいだね
ミサにハァハァするスレとかLに萌えるスレとか・・
何でいきなりみんな倉庫行っちゃったの?
今まではそれの続きのスレがどんどん立ってたのに
何で急に全部消えて続かなくなっちゃったの?理由あるの?
ごめん スレ違いなのは分かってるが

436 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 16:51:32 ID:AsQ48m4B
>>435
漫画キャラ
http://comic6.2ch.net/cchara/
ここへ池。

437 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 16:55:47 ID:cKT3RiRM
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは記録スレです。
書き込めば書き込むほどスレのdat落ちが早まるのでカキコは御遠慮下さい。


438 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 19:26:03 ID:OmU7QL75
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし以外は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは記録スレです。
書き込めば書き込むほどスレのdat落ちが早まるのでカキコは御遠慮下さい。

439 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 19:37:33 ID:61RjwUax
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは記録スレです。
書き込めば書き込むほどスレのdat落ちが早まるのでカキコは御遠慮下さい。



440 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 22:28:18 ID:EgxqTLI+
>>436
度々すみません…
やはり携帯からは行けないのでしょうか…
_| ̄|○ <iモナ、板更新しても出てこないんだ…

本気でスミマセン…もう雑談はしませんので、教えていただける方は是非教えて下さい。

441 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 22:31:53 ID:OYhpDXqr
>>440
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは記録スレです。
書き込めば書き込むほどスレのdat落ちが早まるのでカキコは御遠慮下さい。

442 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 23:31:07 ID:apnU7Dnm
さて

443 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 23:35:32 ID:0kVpbsLP
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは誘導コピペスレです。
書き込めば書き込むほど香ばしくなるのでROMは御遠慮下さい。

444 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/04 23:41:53 ID:U7zNb63h
>>440
模                    木
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1095153046/
デスノートのミサたんにハァハァするスレ MISA☆10
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1102517493/
【ネタバレ】デスノート火口スレッド【有り】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1101099159/
デスノの三堂様についてぶちまけるスレ【8人】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1094552608/
デスノートの相沢に萌えるスレ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1088920076/
【やらせて】デスノの松田はエロカワイイ3【ください】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1103554917/
【DEATH】夜神総一郎を応援するスレ2【NOTE】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1086892063/
デスノの奈南川を見守るスレ【8人】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1094536630/
デスノートのLに萌えるスレ13
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1102424920/
【黒か白か】夜神月に萌えるスレ7【それは愚問だ】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1099549430/

取り敢えず目に付いたのだけ。
ジャンプのキャラスレは↓に纏められているので、そこから探すのも一つの手です。
週刊少年ジャンプキャラ萌え総合スレッド
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1104283952/


445 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/05 00:37:26 ID:qingyEZ5
最新バレはpage52「寸止」 (1/4発売5・6合併号分)
>>377-383 >377>378>379>380>381>382>383

次は1/17日発売

>>444
おまいさんの優しい所は嫌いじゃないが
440にアフォにその答えは多分無意味だ。
imonaの中間鯖の一部が新板に未対応、という問題。

446 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/05 00:42:01 ID:DJEDG5oi
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは誘導コピペスレです。
書き込めば書き込むほど香ばしくなるのでROMは御遠慮下さい。


447 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/05 02:18:02 ID:+D46mWgP
こんなに暖かな優しさを頂いて黙ってスルーできません…
アフォと言われてもかまいません。
私の様な初心者厨の為に本当にありがとうございました。
スレ汚しスミマセン。消えます。

448 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/05 14:22:05 ID:UQDUNomU
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは誘導コピペスレです。
書き込めば書き込むほど香ばしくなるのでROMは御遠慮下さい。

449 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/05 15:59:09 ID:ctIDdPqs
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは記録スレです。
書き込めば書き込むほどスレのdat落ちが早まるのでカキコは御遠慮下さい。



450 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/05 20:23:51 ID:3CvQc6UR
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは記録スレです。
書き込めば書き込むほどスレのdat落ちが早まるのでカキコは御遠慮下さい。


451 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/05 21:30:26 ID:M7E6ZnpX
過多なコピペも御遠慮下さいだっつーの

452 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 03:54:20 ID:s7KmWdqG
悲鳴文字バレどこですか?

453 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 05:06:04 ID:zPSvYJ57
なんだ、レスが随分伸びてると思ったら('A`)

ここは記録スレです。
書き込めば書き込むほどスレのdat落ちが早まるのでカキコは御遠慮下さい。

454 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 11:24:59 ID:UztGS8cT
自分は誘導しているから、という考えがあるやつが一番タチが悪い

455 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 11:32:33 ID:jnYU2HSx
俺も今日から誘導レスを見るたびに雑談する人間になる事を誓う

456 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 11:38:50 ID:7Eua5aOx
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは誘導コピペスレです。
書き込めば書き込むほど香ばしくなるのでROMは御遠慮下さい。

457 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 14:09:16 ID:WLwCjOZa
バレマダー?

458 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 14:15:51 ID:b3uglL8c
いつから荒れるようになったんだ?

459 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 16:19:08 ID:3eBUuZhn
冬だからしょうがない
休みが明ければまた平穏になるさ

460 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/06 18:37:57 ID:hMyoh3KR
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
【さくらTV】出目川ディレクター【其の2】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1097132968/

461 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/07 04:10:50 ID:sjB0KQYP
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.211
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1104673664/

ここは誘導コピペスレです。
書き込めば書き込むほど香ばしくなるのでROMは御遠慮下さい。


462 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/07 16:35:12 ID:k+8yHYoU
キラが逮捕

【社会】「テレビ報道全て間違いだから」 六本木ヒルズを懲らしめようとした脅迫男逮捕…山梨
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1105079435/


463 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/07 18:02:48 ID:o++yqinS
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
【さくらTV】出目川ディレクター【其の2】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1097132968/

ここはログ倉庫です。書き込まないとdat落ちする恐れがあります。

464 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/08 12:47:21 ID:gmyfd+PG
悲鳴の文字バレもマダなのかよww

ザこっちイナ

465 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/09 09:22:55 ID:SHKPyIqG
あげ

466 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/09 09:52:45 ID:dIAocdQs
ノート使ってヨツバ仲間人質にするも何人か殺害したところでレムに諭され
ノート破棄で記憶喪失がベストと納得
ヨツバキラ編終了
レムはミサと別れた後に自分の存在が解らないのを知りつつライトに一方的にミサを託すと言い残し帰る

その隣で竜崎はライトの今後の警戒を強化することを考えていた



467 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/09 14:25:10 ID:KwBSiSOW
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
【さくらTV】出目川ディレクター【其の2】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1097132968/

ここはログ倉庫です。書き込まないとdat落ちする恐れがあります。

468 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/09 15:26:43 ID:72TdGfxy
出目川について語るか

469 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/10 10:51:52 ID:Hoq/TC8d
dat落ち防止

470 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/10 18:44:00 ID:IYCK6mPT
> 出目川
最近協力者みたいになっててワロタ

471 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/10 20:46:06 ID:DKEuxEpA
>466
これマジ?
レムはいつか死亡イベントで盛り上げると思ってたのに
レムはこのまま消えるだけか、大場の脳内は予測不能だな。

472 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/11 05:45:48 ID:Mn/QhW2a
まんこ

473 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/11 21:35:06 ID:nyq4nYD7
このスレの存在意義ってなんなの?

474 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/11 21:36:27 ID:cli6OsIb
>>473
>>1

475 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/11 21:36:37 ID:gLYhE6/l
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.216
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1105445657/l50

476 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 05:35:50 ID:wmfKnhOt
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
【さくらTV】出目川ディレクター【其の2】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1097132968/

ここはログ倉庫です。書き込まないとdat落ちする恐れがあります。

477 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 19:48:44 ID:aqmbTlyF
 _________________________________________________
/ こ こ は ロ グ 倉 庫 で す 。 書 き 込 ま な い と d a t 落 ち す る 恐 れ が あ り ま す 。\
\_________________________________________________/
                                        ○
                                          〇
                                            。
                                             (・∀・)

478 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 20:33:05 ID:/dJzPYIg
火口がおとなしく車から出てきて軽く拘束する。
Lがどうやって人を殺してきたのか聞くとあっさりノートの事をバラす。
夜神がノートに触るとレムが見えて錯乱して悲鳴をあげる。
模木が触って悲鳴。
Lが触って「本当に死神がいたとは…」みたいな事を言う。
月が触って大絶叫。記憶復活。
「計画通り。勝ったな。」「後は火口をノートを使わずに殺して、ミサにノートを持たせれば完璧。」みたいな事を言う。
後、実はレムが持っていたノートは月のもので埋めた方のノートは海砂の物だとか。
次号では月とリュークとレムの会話の内容が明らかになるらしいです。


479 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 20:38:17 ID:r1raVxRt
とりあえず弟氏の簡易バレ

DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.216
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1105445657/526

526 名前:弟 ◆UVaAk0rOs2 [sage] 投稿日:05/01/12 19:08:47 ID:P3npd1BT
火口がおとなしく車から出てきて軽く拘束する。
Lがどうやって人を殺してきたのか聞くとあっさりノートのことをバラす。
夜神がノートに触るとレムが見えて錯乱して悲鳴をあげる。
模木が触って悲鳴。
Lが触って「本当に死神がいたとは…」みたいなことを言う。
月が触って大絶叫。記憶復活。
「計画通り。勝ったな。」
「後は火口をノートを使わずに殺して、ミサにノートを持たせれば完璧。」みたいなことを言う。

547 名前:弟 ◆UVaAk0rOs2 [sage] 投稿日:05/01/12 19:13:20 ID:P3npd1BT
>Lはレム見ても悲鳴をあげなかったのですか?
あげなかったって言ってた気がします。

566 名前:弟 ◆UVaAk0rOs2 [sage] 投稿日:05/01/12 19:16:27 ID:P3npd1BT
>弟さん次号タイトルは知ってますか?
見忘れたらしいです。
あと、実はレムが持っていたノートは月のもので、埋めた方のノートはミサのものだとか。
次号では月とリュークとレムの会話の内容が明らかになるとか。
------------------------------------------------------------
↑について
「レムに渡してたのはノートの表紙はミサが使ってたノートだったような」とか
所有権の事とかはバレスレでも現在絶賛混乱中

また、他スレで弟氏のバレとほぼ同様のバレの中に
>記憶は所有権がないとノートに触ってる間だけ戻る
>だからノートから手を離すとまた白月に戻っちゃう
>あとレムが持ってたノートはリュークのノートだった
というものがアリ。
こちらは実績・証拠の無い名無しのバレなので一応その事を念頭に

480 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:23:20 ID:e6f1MLQR
こんばんはキモたんこんばんは。

481 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:24:01 ID:Dcl28Y50
で、次スレ立った?

482 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:24:15 ID:wHy16oqV
次スレ立ったか?俺が行ってくるか?

483 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:24:40 ID:Dcl28Y50
>>482
ヨロ

484 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:25:04 ID:AuA3vfA2
>>482
まだ ヨロ!

485 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:27:13 ID:iFCt+ORP
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1105536380/
おら乞食ら 住み着け

486 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:27:48 ID:wHy16oqV
どうやら先に立ったようだ。

487 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:28:09 ID:SYQRW8mZ
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓

DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.217
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1105536380/l50


488 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 22:28:31 ID:Dcl28Y50
>>486も乙。ではあちらでノシ

489 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/12 23:06:40 ID:EOsuvvnN
短っ!!

490 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 05:50:33 ID:SRziBAr4
糞レスで消費すんなボケ、文字バレ来てると思ったじゃねーかよ。

491 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 14:19:39 ID:DFRVQ8UP
age

492 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 19:20:43 ID:OLEX7txa


424 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい 投稿日:05/01/13 19:03:03 ID:iKCWl9E2
じゃあうpきたらやめる。
煽り「追われ囲まれそして…」
乳「竜崎、私に行かせてくれ」
L「…」
月「父さん…」
モギ「局長、私も行きます」
L「わかりました、夜神さん、モギさん、相手はキラです。絶対顔を見せず
細心の注意を払って押さえてください」
L「ワタリ、火口が少しでも妙な動きをしたらわかってますね?」
ワタリ「はい、殺さぬ程度に動きを止めます」

乳とモギ、二人で火口に近づく。パトの相沢が窓をあける

乳「相沢、顔を隠す物の用意はあるか?」
相沢「はい」
乳「援護をしてくれ」
相沢、敬礼して「はい!ありがとうございます 局長!」

乳「火口、両手をあげ車から降りなさい」
火口「…」
火口、両手から車を降りて後ろ手で手錠、目と口にテープをはられて確保

乳「竜崎、火口確保しました」
レム「!竜崎?ミサが言ってたLの仲間…
このままではノートの存在をL側が知ることになるんじゃないか?
どうする気だ?夜神月…」

月「モギさん、手筈通り火口にシーバーを」
モギ「はい」

火口の口のテープをはずす



493 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 19:41:18 ID:37Rc8/vy
月「火口、どうやって殺人をしてきた
キラとしてどうやって人を殺してきた?言うんだ!」
火口「…」

Lポットのコーヒーを飲みながら
L「言わなければ言うまでどんな手を使ってでも言わせます」
火口「ノートだ…」
月?「ノート?」
火口「信じられないだろうが顔を知ってる人間の名前を書くと
書かれた人間が死ぬノートだ」
L『ノート…?』
火口「車の中のバッグに入ってる…」
L「や…夜神さん、一応車の中にそんなものがあるか見てもらえますか?」
乳「わかった」

乳、デスノートを手にする「これか…」
乳「竜崎、ノートはあったが格別変わったノートでは…
確かに人の名前は書いてあるが……!!!」

乳、レムに気づく「うわあああっ!!!」

Lと月「!?」
L「どうしました 夜神さん?」
乳「ば…化け物… はーっ はーっ」乳、拳銃を出そうとする
L「夜神さん、落ち着いてください。夜神さんは今
拳銃は所持していません」
乳「そ…そうだった」

モギ「だ…大丈夫ですか?局長」
乳「も、モギ…見えるか?」
モギ、デスノートにさわる
「局長、疲れてるんですよ。でもこうして火口もつかまったし もう…」
モギ「ぐわあーーーーーーーーっ!?」

494 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 19:45:22 ID:hWJ+J7bJ
L「…」
月「どうしたんだ?父さん、モギさん」
乳&モギ腰をぬかして「…ああ…あ…」
乳「…こ…これは ど…どうやらノートを触ったものには見えるらしい…
ば…化け物が…」

L『…化物…ノート…死神…か』
L「そのノートをヘリに持ってきてください…」
乳「わかった、も…モギ 立てるか?ヘリに居る竜崎にノートを…」

レム『あのヘリコプターに竜崎というのが居るのか…ならば手錠で繋がれて
いる夜神月もあそこに…
確かにこれで夜神月もノートに触ることになるかもしれない
自分に所有権があったノートを再び手にすれば所有権のあった全ての
デスノートの記憶が蘇ることになるが…しかし
所有権ごと再び得られればいいが そうでなければ記憶が戻るのはその
ノートに触れている間だけ 現在の所有権は火口
ノートから手を離せば自分が使っていた全てのノートに関する記憶はまた
なくなる。これでは結局竜崎というものにノートの存在が知られるだけ…』

モギ、Lにノートを渡す、L例の手つきでノートをつまんで「…!?」

L、レムを見ながら「死神…ですね、本当に…いた…んですね…」
『ノート…青山で…ノートを見せ合う…夜神月…弥…青山で会った…』

月ノートに手をだす「竜崎、本当なのか?僕にもノートを」


495 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 19:53:54 ID:tmA8jj7x
L『…これが…キラの殺人の手段…キラ第二のキラ…
夜神月がキラだったとして…私の前で使うはずはない…が…
! ノートは二冊以上存在している…二冊…まだ終わっていない…
このノートは誰にも使えないよう管理するとして…』

月がノートをもって絶叫(横顔)
「うぐああああ」
見開きで月の記憶がフラッシュバック
月うつむいている

L「だ…大丈夫ですか?誰だってあんな化物には驚く…」
L『…このノートではない方のノート…』

月(顔は見えない)「…」
月「…こんなものに名前を書けば人が死ぬなんて…そんなの信じられるか?」
L「…え? し…信じたいですし …た…試してみる訳にも
いきませんよね…そうですよね?夜神さん…」
乳「当たり前だ!竜崎!!」
L「…仕方ありません 今は…あの化物…死神と火口から聞いてみるしか
ない…ですね?」
L『二冊あるとすればもたもたしてはいられない
しかし今はそれしか…うまく聞き出せれば…全てが…』

レム『夜神月 今ノートを手にしているのか?ならばとりあえず記憶はもどって
いるはず しかしそのまま持ちつづけることができなければまた記憶は消える
持ち続けられるのか?』

月「竜崎、まずはここに書かれている人の名前と犠牲者の名前を照合してみるよ…」
月、パソコンをあける
L「え…はい…まあそうですね」

パソコンをたたく月、それを見るL「…」
月『勝った…計画通り』

黒月復活!例のごとく凶悪な顔

黒月『あとはノートから手を離さないままこのノートに火口の名前を書かずに
火口を殺す
そすれば所有権は今手にしている僕へ移り この記憶は消えない
準備は記憶を失う前に全てしてある…大丈夫だ 僕ならできる
それさえすればこのノートがどんなに監視されどんなに厳重に保管されようと
いや 厳重に見張ってくれた方がいい
竜崎と僕が一緒の時に殺人の道具であるこのノートに指一本触れずに竜崎が死ぬ
レムも想像がついてないだろう
今埋めてあるのはミサが使っていたノート…あれをミサに拾わせれば全て片が付く』

おわり
月がリュークにさよならを告げた時、何が行われていたのか…?
次号「中」!!

疲れました、バレ師の苦労がよくわかりました…

496 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 19:57:04 ID:goRV8nlF


497 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 19:57:40 ID:SRziBAr4
キター
やっぱこのスレだけで良いな、効率良過ぎ。

498 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 20:01:51 ID:8cGtXMRP
やっとキタ━(゚∀゚)━!!

文字バレ氏超乙!!
張り付け氏も禿しく乙!!
あんたらサイコー!

499 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 20:19:18 ID:Kj0O57yO


500 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 20:54:45 ID:SRziBAr4
ナイスな展開で興奮して久々にバレスレ覗いたけど…
懐古厨のせいで興奮が冷めた
あいつ等いつまでもネチネチネチネチしつこいんだよ、一体何がしたんだ?

先の展開の予想とか聞きたいのに、懐古のネチネチしたレスがウザくて見る気無くす。

501 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 20:55:56 ID:z+1nk+pU
懐古するほど長い漫画じゃねーだろ

502 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 21:05:37 ID:KxjxKBgT
あーあ、新スレ立たなかった。
漏れ立てようとしたけど無理だったので、誰かおね。

503 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 21:06:25 ID:yTkhW6Va
俺もだよ

504 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 21:06:57 ID:uTBUt80V
全てこちらで。

DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.219
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1105617973/l50


505 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/13 23:51:08 ID:YzD0m4Rt
page53「悲鳴」
>>492>>493>>494>>495

506 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 02:52:45 ID:ttUP3Bu0
この展開だと月にめっちゃ不利って感じがするのに
月は「勝った」

もう次回が待ち遠しくてたまりませんね。
うまいなあラッキーまん

507 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 04:05:59 ID:+QpafaA5
さすが蒲生隆夫

508 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 05:41:22 ID:ocG7eTXV
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
【さくらTV】出目川ディレクター【其の2】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1097132968/

ここはログ倉庫です。書き込まないとdat落ちする恐れがあります。


509 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 18:54:22 ID:OGvosXGf
      ∵∴ パパーン!
  ∧_∧\ξ/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・) ∇ < 
(((つ───つ   | オメデトウ!!
  < <\\     \______
 (__) (__)

510 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 18:55:15 ID:OGvosXGf
                  ∩
                  ( ⌒)      ∩_ _ グッジョブ!!
                 /,. ノ      i .,,E)
             / /"      / /"
  _n  グッジョブ!!   / / _、_   ,/ ノ'
 ( l     _、 _   / / ,_ノ` )/ / _、_    グッジョブ!!
  \ \ ( <_,` )(       / ( ,_ノ` )     n
   ヽ___ ̄ ̄ ノ ヽ      |  ̄     \    ( E)
     /    /   \    ヽ フ    / ヽ ヽ_//

511 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 19:26:17 ID:ldT+Lyig
   n                n
 (ヨ )              ( E)
 / |    _、_     _、_    | ヽ
 \ \/( ,_ノ` )/( <_,` )ヽ/ / グッジョブ!!
   \(uu     /     uu)/
    |      ∧     /

512 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 20:14:43 ID:ldT+Lyig
       /::.__  .:::::::::::::    __   ヽ_
     / /●ヽ_ヽv /: /● ヽ   ヽ
    /   ̄ ̄ √___丶 ̄ ̄    |   
    |     / / tーーー|ヽ       |
    |     ..: |    |ヽ       |  
    |       | |⊂ニヽ| |      |  プギャーーーーーーーーッ
     |      | |  |:::T::::| !      |
      \:     ト--^^^^^┤     丿
      \::     / ̄ ̄^ヽ   丿
             l       l
       _ /,--、l       ノ
   ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l
  ,/   :::         i ̄ ̄  |
/          l:::    l:::    l
l   .   l     !::    |:::    l
|   l   l     |::    l:      l
|   l .   }    l:::::,r-----    l
ヽ  :l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /
 \::::`ー‐'  / l__l__/

513 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 20:19:57 ID:ldT+Lyig
 ,,.....,,
ξ _、,_ミ
δ ッJヾ
てノДソ <つまらん!お前の話はつまらん!

514 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 20:30:39 ID:ldT+Lyig
   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//

515 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 20:32:22 ID:ldT+Lyig
  ,,.....,,
 ξ _、,_ミ
 δ ッJヾ
 てノДソ      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//

516 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 20:33:35 ID:ldT+Lyig
  ,,.....,,
 ξ _、,_ミ
 δ ッJヾ
 てノДソ      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//

517 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 21:00:19 ID:ldT+Lyig
 プ、プ、プギャープギャプギャプ♪
    \    ププププギャプギャププギャプギャ/
       ♪  (^Д^) ♪
        _m9   )>_ キュッキュ♪
      /.◎。/◎。/|
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

518 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 21:02:26 ID:ldT+Lyig
    彡⌒/ヽ-、___
   ☆ /ミミ/____/

        ☆ノハヽ
        ノノ*´ー`) ムクッ
       _( つ/O___
     /   ヾ-(     /


        ☆ノハヽ
        ノノ*´-`) <・・・
       _( つ/O___
     /   ヾ-(     /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        ☆ノハヽ
      m9ノノ*^Д^)プギャーーーッ
       _|  /O___
     /   ヾ-(     /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

              Zzz...
       彡⌒/ヽ-、___
   ☆ /ミミ/____/

519 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 21:29:24 ID:fzMJeR1I
>>509-518
GJ

520 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/14 23:28:51 ID:k1Ra6Qcr
>>519
 ,,.....,,
ξ _、,_ミ
δ ッJヾ
てノДソ <つまらん!お前の話はつまらん!

521 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/15 03:36:17 ID:yQ7zPjUA
だれかハウルのあらすじ簡単に説明汁

522 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/15 03:43:49 ID:7KaN2e7W
ふたりが暮らした

523 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/15 03:56:17 ID:DLMsKC+S
ばばぁとセクース

524 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/15 04:53:32 ID:xEnOzVO5
>>521
ハウルは本当は最初で死んでて、幽霊になってた

525 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/15 07:57:21 ID:Yy5xb5Wb
あげまんこ

526 :名無しさんの次レスにご期待下さい:05/01/16 07:06:26 ID:dpGLR6W+
>>524
セックス扇子かよ

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 20:54:42 ID:GYs4CtBM
ついにキャラ板に来てしまったのか…

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 03:04:18 ID:1btWEEqS
出目川なんてつけずに文字バレスレとしていればよかったのに・・・a

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 03:09:02 ID:9K4GxP5I
移動するほうもセンスないなー
頭堅すぎ

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 03:10:57 ID:dVDRhrJU
例外を認めると、偽装スレが出来る

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 03:59:54 ID:DgXxcvPk
実際偽装スレだったしな

まあバレスレからリンク貼ってありゃ他板でも困らないし
人の多い週漫よりこっちの方がいいかもしれん

>>528
そうするとおそらく重複削除

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 05:21:23 ID:8DIfCG+r
火口「ミサミサとかいうあの女はどうした!あいつは第二キラなんだぞ!」
エル「知ってますよん。それよりも何故あなたがそれを知ってるかです。」
火口「俺が指名した奴を目の前で殺してみせたんだよ!あいつも死神の目を持っているぞ
   顔を見ただけで名前が分かって殺すことができるんだ。あいつにもそれが出来る
   危険だぞ!俺が捕まれば証拠を無くすために俺を殺すかもしれない。た、たすけてくれ!!」

エル『キラだと自供した以上、今更あれだけミサに罪をなすりつけても意味が無い‥
   ミサをキラに仕立てる理由もない。火口の言う事が本当とすれば、ミサは今も第二キラか?
   ・・・いや、あの様子はとても演技には見えなかった。
   ‥記憶が戻ったのか?だとしたら何故・・・記憶が戻るきっかけがあったはずだ‥
   ・・・少なくとも記憶が戻る可能性もあるのか‥‥‥夜神 月‥‥彼は‥‥‥』


533 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 12:27:05 ID:eDWws2JX
587 : ◆VISiOI0lns :05/01/18 12:09:42 ID:Ahp5wrcg
ジャンプ8号デスノバレ

「中」
話は数ヶ月前に遡って、月とリュークとレムでの話し合い。
月はLに拘束してもらい、二人が拘束されている間に
新たに報道される犯罪者が死んでいけばミサの疑いは晴れると言う。
「誰に渡してもいいのか」と尋ねるレムに、
なるべく欲のありそうな人間にノートを渡す様レムに指示。
そんな奴がキラなら、金や名誉のためにノートを使うから
僕とLなら突き止める事が出来るはずだと話す。

森に向かう途中で月はこっそりとノートをすり替え、
ミサのノートを森に埋め、自分のノートをレムに渡して所有権を破棄。
(この事はリュークもレムも知らない)

再び現在に戻ってきて、ノートを見ながらPCを操作している月。

所有権を破棄した時、そのノートに「触れた者のデスノに関する記憶」も
同時に無くなるので、月は捜査本部全員にデスノを触れさせておく必要がある。
本部の者がすぐにキラの殺しの手段を外部に漏らすはずは無い。
本部全員の記憶が飛べばノートの秘密も守られると考える月。

月がノートをぱらぱらめくっていると、端が破れている事に気づく。
(これは、まずい…!)
月が目を見開く所で終わり。

次回は何と 「林檎」 らしいw


534 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 12:41:41 ID:GOFvPbGr
ちょっと待て。本バレかどうか確定してから、こちらには貼ってくれ。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 14:31:31 ID:raZDJqBu
最近無駄レス増えたなこのスレ。
まぁ読者層を考えると仕方がないがな・・
俺はもうこのスレには書き込まん

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 21:21:32 ID:ajfVz98E
俺ももう二度と書き込みません

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 01:23:23 ID:fXVGVQg8
これ確定
レムにノートを返した後からレムがどこかに行くまでの部分と樋口の始末が書かれてた

レムのノートの所有権を放棄

レムがノートをリュークにあげる

リュークが地面(人間界)にノートを落とす

月が拾う

これでレムのノートに憑いている死神がリュークになる

今度はリュークのノートの所有権をレムに移す作業をする

レムに元リュークのノートをレムに持たせて
出世欲があって自分のためにノートを使いそうなやつで
さらに犯罪者裁きをする事を了承してくれる人間にノートを渡す月が指示

その後そいつを捕まえた後どうやって殺すのかの説明

回想終わり

腕時計の竜頭を1秒以内に4回引くと時計の底がスライドしてデスノの切れ端と針が出てくる

針で自分の指を刺して血で樋口の名前を書く

樋口死亡


538 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 01:35:16 ID:KhAul5tb
645 :弟 ◆UVaAk0rOs2 :05/01/19 01:14:34 ID:YXaWKDyx
・ミサが土の中のデスノートを手に入れたらリュークが憑くらしい。
・月は針で字を書く。
・デスノートの切れ端は飲み込むと回想シーンで言っていた。器用だからできるとか。
・火口を名前だけ書いて殺したあと、「どうしたんだ?」とか「火口が死んだら困るじゃないか」とかとぼけて終わり

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 02:38:32 ID:Veb7z6ph
次回予告は「創造」だそうです。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 07:05:30 ID:0kioRVtA
「オマンコ」は果たして本当に存在するのか?
女性の又の間にあるらしいんだが、もちろん俺は実物を見たことがない。
いや、それだけならまだ存在を信じることもできるんだが、さっき気がついたんだ。
「オマンコは存在しない」んだと。
 その根拠を幾つか述べよう。
1.女は絶対に「オマンコ」を見せたがらない。それも不自然なほど隠す。
  あの嫌がり方は尋常ではない。女子小学生ですら見せるのを嫌がるではないか。
2.AVを見ていても「オマンコ」の部分には必ずモザイクが
  かかっており、われわれは「オマンコ」を目にする事が出来ない。
  これこそが「オマンコ」が存在しない何よりの証拠ではないだろうか。
3.日常生活で「オマンコ」という言葉をひとたび発すると、
  法律で禁じられた行為であるかのような嫌悪の視線を受ける。
  しかも公共放送でも「オマンコ」は放送禁止用語となっている。
  これも明らかにおかしい。
   俺は確信した。「オマンコ」は絶対に存在しない。
 ・・これでもあなたは「オマンコ」を信じますか?


541 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 13:46:41 ID:tG0tyxHk
>>533
おいおい、レムがノート破ったのも何かの複線かよ
やべーまた面白くなってきてる

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 14:16:48 ID:Imf4gmct
伏線ドリフト!!

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 19:24:35 ID:8PDb8z1T
>>542
いやそのネタわからんだろう普通は

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 19:28:21 ID:KVNhFLYq
533は先走ったアホが張ったウソバレだろうが。
ちゃんと弟氏のレス読んだか?別のバレを本物認定してたぞ。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 11:42:10 ID:ZTAMPquQ
>>544
知ってるよ。

レム「何故こっちのノートなんだ?」
月「それならリュークが英語で書いた使い方が書いてあるし
  ミサが使っていた方ではレムが他の人間に渡すとミサが
  使っていた事がバレルと考え拒むかもしれないと思ったからだ」
月「それにそのノートからは僕の指紋や筆跡等ミサや僕に繋がるものは
  何も出ない様にしてある」
リューク「なるほど」
レム「……」
月「ミサを助ける為だ」
月「他に方法はない
  人をよく選んでくれ
  出世や金の為にノートを使う
  地位のある人物だ
  ただし1ヵ月以内には渡してくれ
  渡すのが遅れればそれだけ
  ミサの監禁は長引く」
レム「…いいだろう夜神月…
   ミサが監禁されていたのでは
   おまえも危ない
   おまえが必死なのもわかる…
   ミサが助かるのなら
   言う通りにしてやろう」
とか

レムが飛び立つのを月とリュークで見送る
月「これでレムはあのノートを渡した人間に
  憑いていなくてはならなくなる」
リューク「……?…」
月「僕がまたあのノートを手にしようとしている
  事は想像できたとしてもそれ以上の事は解らない
  だろうし動く事もできない」
リューク「……なるほど」
リューク「俺がさっきライトに渡したそのノート
     俺に「さよなら」と言ったくらいだから
     それも一度どこかで捨てるつもりなんだろうが
     そのノートなら再び持つのがライトでも弥海砂でも
     記憶が戻るというわけか…」
月「いや…
  このノートはミサが拾う事になるだろう…
  そして憑くリューク
  レムじゃない…」
リューク「…」
とか

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 11:47:31 ID:ZTAMPquQ
火口「うっ」
乳「!?」
模擬「!!」
乳「火口!」
火口膝から崩れ落ちる
乳「竜崎 火口が!」ってのもある

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 16:13:43 ID:Mkk19e9l
vacaさらしあげwwwwww

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 18:28:34 ID:FOeOI/MV
「中」

腕時計の中にノートの切れ端を隠し持っていた月
そのノートを使い、豆ピンで血を使って火口の名前をカキコ
40秒後、火口が心臓発作で死亡し、ノートの所有権が再び月へと渡る・・・
しかし、血で名前を書くことで月の知らないデスノートの新たなルールが発動してしまう

その効果により死んだあと、蘇り暴走状態となった火口は
凄まじい力で周囲の警官たちを皆殺しにする
ワタリは月とLを逃がすために一人ヘリコプターから降り、
力を一気に200%まで全開し、体中の筋肉が数倍に盛り上がり火口へと突進していく

だが、死んだ状態である火口に通常の打撃は通用しない
一撃で腹を貫かれ、瀕死の状態と化すワタリ
勝てない、そう判断したワタリは歯に仕込んでいた超小型高性能爆薬を噛み自爆

大爆音に巻き上げられ空高く飛行していくヘリコプター
その凄惨なる光景を見下ろしながら、月は一人笑みを浮かべるのだった・・・


次週「光臨」


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 21:36:27 ID:HeqMqYua
死神大王との決戦まだですか?

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 21:38:44 ID:WW78EnQY
終わったな。せっかく火口がつまらなくなったデスノを盛り上げてくれたのに。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/20 23:22:23 ID:L7yuFvyW
黒月は美しい…

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 00:00:44 ID:5wafH5UG
page.54 「中」

煽り 「月、記憶を失う直前の真相!!」

月 「これからのLの出方は大体わかっている 僕に考えがある………」

月 「さよならだ リューク」
リューク 「えっ!?」

月 「デスノートを死神に返したらその所有権はどうなる?」
リューク 「?
      本人の意志で返すのなら 死神に戻るんじゃないか? …」
レム 「ああ そうだ
    しかし そのノートの元の持ち主だった死神にしか返せない
    返せば所有権も もちろん死神に返る
    そんなことも考えてなかったのか?リューク いや、知らなかったようだな…」
リューク 「……べ、別にいいだろ…」
月 「そして一冊でもノートを持っていれば 今まで関わった全てのノートの記憶は消えない
   それでいいんだな?」
レム 「そうだ」

月 「二冊とも失えば全ての記憶が消え…
   記憶を戻すには自分の使ったデスノートの所有権をまた得る …あるいは
   所有権はなくとも使った事のあるノートであれば
   そのノート自体を手にしている時は全ての記憶が戻る…」
リューク 「へー」
レム 「しかしその場合はあくまでもノートに触っている時だけだ
    手を放せばまだ全ての記憶はなくなる」
月 「ああ
   ……………
   それだけ確認しておけば 十分だ

   僕が確実に寝ていると思われる時間なら尾行もないだろう
   いや 家に帰ってきて夜になった時点でもうないとは思うが念の為だ
   一度明りを消し寝たと見せ 朝4時から行動に移す」


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 00:02:11 ID:VGONxoNZ
場面変わって、林の中
レムにノートを渡す月

月 「このノートの所有権を放棄する
   これでこのノートの所有権は元の持ち主の死神レムに移った そうだな?」
レム 「そうだ、しつこいぞ」
月  「そして死神同士のノートのやり取りなら何の問題もない」
レム 「? ……ああ」
月 「じゃあそのノートをリュークにあげてくれ」
リューク 「?」
レム 「……
    夜神月…何を考えている?…」
月 「ミサを助ける為だ 少しは僕を信用しろ」
レム 「………わかった…」

レム、リュークにノートを渡す

月 「これでそのノートの所有権はリュークになった」
リューク、レム 「……………」
レム 「そういう事になる」
月 「リューク
   それをまた人間界の地に今そこに落として僕に返してくれ」
リューク 「えっ?
      まあいいけど」

リューク、ノートを地面に落とす
月がそれを拾う

月 「これでまた所有権は僕だ」
リューク 「おいおい 一周しただけで何も変わってないだろ」
月 「ああ そうかもな

(´-`).。oO(しかしこれが必ず役に立つ時が来る…)

   そして 僕が一番最初に手にしたリュークに貰ったこのノート…
   今度はこれをリュークに返すから レムにあげてくれ」
リューク、レム 「?」

ノートがリュークからレムに渡る

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 00:02:58 ID:5wafH5UG
月 「レム
   それをある程度の地位があり出世欲が強く その為に使うであろう人間に渡すんだ
   しかし最初に『報道されていく犯罪者を裁く事』をノートを使う条件として取引し
   その条件にしっかりと応じる者にだ」
レム 「……………」
月 「それをすれば必ずミサは今の監禁から解放されると約束する
   何年経っても解放されない様なら僕を殺せ それでどうだ?」
レム 「………いいだろう…しかし…
    何故こっちのノートなんだ」
月 「それならリュークが英語で書いた使い方が書いてあるし
   ミサが使っていた方ではレムが他の人間に渡すとミサが使っていた事がバレると考え 
   拒むかもしれないと思ったからだ
   それに そのノートからは僕の指紋や筆跡等
   ミサや僕に繋がるものは何も出ないようにしてある」
リューク 「なるほど」
レム 「…………………」
月 「ミサを助ける為だ
   他に方法はない 人をよく選んでくれ
   出世や金の為にノートを使う地位のある人物だ
   ただし1ヶ月以内には渡してくれ
   渡すのが遅ければそれだけミサの監禁は長引く」
レム 「…いいだろう夜神月…
    ミサが監禁されていたのでは おまえも危ない
    おまえが必死なのもわかる… 
    ミサが助かるなら言う通りにしてやろう」

レム、飛び去っていく

月 「これでレムはあのノートを渡した人間に憑いていなくてはならなくなる」
リューク 「……?…」
月 「僕がまたあのノートを手にしようとしている事は想像できたとしても
   それ以上の事はわからないだろうし動く事もできない」
リューク 「……………なるほど
      俺がさっきライトに渡したそのノート
      俺に『さよなら』と言ったくらいだからそれも一度どこかで捨てるつもりなんだろうが
      そのノートなら再び持つのがライトでも弥海砂でも記憶が戻るというわけか…」
月 「いや…このノートはミサが拾う事になるだろう…
   そして憑くのはリューク レムじゃない…」

リューク (´-`).。oO(………………)

月 「僕もミサの様に監禁され24時間監視される状態になる様仕向ける
   竜崎はここまで疑いをかけている僕をそうしないとは言えない
   監禁された状態でノートの所有権を放棄しデスノートに関する記憶を全てなくす

   僕からもミサからも証拠は絶対に出なくなる 出世もノートもないんだ
   出るはずがない

   今の竜崎だけではない父達もいる
   あの状態で二人が監禁されその間に犯罪者裁きが復活し 続けば
   竜崎はいつか二人を解放せざるをえなくなる」
リューク  「…………
       そうなるだろうな…
       …………
       しかし解放されたからといってあの竜崎が二人を自由にさせるとは思えないし
       大体記憶がなくなった状態でノートは手にできないだろう…」
月 「いや…
   リュークすらそう思う『監禁を止めても竜崎は二人の監視は辞めない』
   そこを利用するんだ」
リューク 「?」

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 00:03:56 ID:VGONxoNZ
月 「僕が監禁されデスノートの記憶を失ったら自分がどうするか…
   よく考えてみた……………

   必ず僕はキラを捕まえようとする
   自分がキラじゃなくてもこの事件は追っていただろう
   ましてやキラのせいで誤認で監禁された事になる 捕まえようとしないはずがない
   つまりLと僕は同時にキラを追う事になり
   キラを追う僕をLは常に観ている事になる…
   その先は見えている…」
リューク 「…………………………
      Lより先にレムがノートを渡す奴を捕まえノートを奪えると思っているのか?
      いくらライトとはいえ自信過剰じゃないか?」
月 「まあ…その自信もなくはないし…
   ………………………

   Lより先にキラを捕まえられればそれにこした事はない
   それでノートも記憶も取り戻せる事になる
   しかしそうもいかないだろう…
   竜崎の性格を考えれば下手をすれば『一緒に捜査しろ』とも言いかねない
   いや その可能性の方が高いくらいだ
 
   だからこのノートは埋めておくんだ
   そうしてから記憶がなくなればこのノートのある場所は誰もわからなくなる
   Lより先であろうと後であろうと同時であろうと
   レムの渡したやつのノートの方に触れればそれでいい…
   僕の考えでは たぶんほぼ同時に触る事になる…………………
  
   ……………
   そうとも
   Lだけが触りその時レムがノートを渡した人間が死んでさえいなければいい
   …今のL側が殺すはずがないだろう
   
   僕がノートを触った時ノートの持ち主を殺す
   それで所有権は僕に移り
   僕はそのノートを使わずにミサにもう1冊のノートのありかを教える…
   面白い事になる…」
リューク 「…………………
      まさか俺の渡したノートの最後は土の中に捨てられるとはな…
      
      ………………
      ここを弥海砂に掘らせるのか?そんなに上手くいくのか? 
      レムが言った様にもう片方のノートに触っても
      触ってる時しかライトに記憶は戻らないんだぞ」
月 「リューク 僕は寝る時くらいしか時計を外さない
   特に外出の時は必ず身に付けている 習慣ってものは変わらない
   しかもこの時計は大学に入った時に父さんからもらった物だ
   買い替えるはずもない」
リューク 「??何を言ってるんだ?………」

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 00:05:05 ID:VGONxoNZ
月 「この時計に仕込んである…………

[月、時計の竜頭を引っ張る]

   ここを1秒以上の間隔を開けずに4回引くんだ
   こんな動作誰も絶対しない
   押す事だって4回連続はしないだろう
 
[時計の裏面がスライドして、針とノートの一部が出てくる]

   その4回引く動作も記憶が戻るまでは忘れているだろうが
   記憶が戻れば思い出す
   底の部分がスライドして デスノートが貼ってある
   これでも一人分の名前を書くには十分な大きさだ
   書いた後ははがして丸めて飲み込んでやるよ
   僕は器用だしね」
リューク 「……………… ほんと器用だな…」
月 「監禁される時は時計は外されるかもしれない 
   しかし解放されれば僕の持ち物だ 必ず帰ってくる
   この時計をはめ 僕はレムがノートを渡した人間を捜す事になるだろう…
   捕まえた時には当然犯人の名前もわかっている
  
   この時計をし デスノートを手に入れる
   その時は必ず来る」

月 (´-`).。oO(必ず…)

  (´-`).。oO(………………大丈夫だ!…
         竜崎…父達…ミサ…そして記憶をなくした自分………
         ……………………必ずそうなる 自信がある!)
   
回想終了 場面転換 連行されていく火口
ノートを握りしめて思案中の月

月 (;´-`).。oO(焦るな…しかし今だ…ノートを手にしている今しかない
         いや…竜崎に気付かれる様なら……
         ……………もう一度くらい手にする事はあるだろうが……
         いや いける!)
 
月 「竜崎 まだ1ページ目だがやはり犠牲者と書かれている名前は一致している…
   一応全てチェックしてみるか?」
L 「はい」

月、腕時計の竜頭を引く


L (´-`).。oO(夜神月がキラだったとし
        このノートが殺人ノートだとしても私が隣にいる
        今ここでこのノートに書き込むなんて馬鹿な事はするはずがない
        やはりこれで事件を解決にして終わりにさせるという事か?
        ………………
        しかしノートは必ずもう二冊はある…
        ………………
        それがある限り事件は解決とはいえない…)


557 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 00:06:22 ID:VGONxoNZ
月 (´-`).。oO(ノートの存在がバレても竜崎は所有権のことは知らない
         僕がここで何かするとは絶対考えられない)
L 「しかしあんな化物を目の前にして
  夜神くんはノートの名前と犠牲者と照らし合わせるなんて冷静な行動ができて凄いです」
月 「そうか?最初は驚いたが何かもうこの方が納得いくよ
   とにかく火口とあの化物を隔離して取調べだな?…」
L 「そうですね」

月、針で指を刺す

月 (´-`).。oO(どうせレムはミサが第ニのキラだった事に繋がることなど言うはずがない
         早く火口を…)

血を付けた針で火口の名前を書き出す月

L 「夜神さん 火口を夜神さんの車へ
   もう一人の方も周りに気付かれない様お願いします」
乳 『もう一人の方?………………あっ ああ わかった』

月、名前を書き終える

月 (;・∀・).。oO(やった!…………
         これであと40秒… 36…35…34…)
  「竜崎 このノートを科学分析とかしたら何か出るだろうか?」
L 「……………夜神くんらしくないですね
  科学なんて越えてますよ それは」
月 (;´-`).。oO(29…28… 一生のうちで一番長い40秒だ…
  
  「はは…それもそうだ」

          23…22… 待ち続けるんだ 火口が死ぬまで)

火口 「うっ」
乳達 「!?」

火口苦しみだして膝をつく→死亡

乳、模木 「!!」「火口!」
乳 「竜崎 火口が!?」

月、L 「!?」
月 「な…なんだ!?どうしたんだ!?」
乳 『火口 意識不明』
月 「な…何やってるんだ父さん
   もしここで火口に死なれでもしたら…」
乳 『ま…まさか…いやしかし… 
   これは もう…』

  _, ._
( ゚∀゚) .。oO(ああ…死んでるさ 次は竜崎 おまえだ…)

【残るはノートを調べ、レムに問うしかない…!!しかし!?次号、「創造」!!】

以上です
不備があったらごめんなさい
弟氏はじめバレ師の方々、うp職人に感謝

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 00:36:16 ID:OL2Ng3zO
page.54 「中」

>>552
>>553
>>554
>>555
>>556
>>557

>>552-557

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 21:01:46 ID:khoTJt1b
。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 21:48:27 ID:RvGrP8mC
ネタバレ・感想・雑談・その他荒らし等は全てこちらで↓
【さくらTV】出目川ディレクター【其の2】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1097132968/

ここはログ倉庫です。書き込まないとdat落ちする恐れがあります。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 22:11:45 ID:VAffDvBD
m9(^Д^)プギャー

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 09:23:37 ID:nE6stDKT
捜査本部の中。

夜神父「火口死亡……! 私と模木がついていながら… 何て事だ……
    ここの皆だけではない 協力してくれた相沢や伊出たちにも合わせる顔がない」
  月「父さん! 父さんの責任じゃない」
夜神父「これでキラの殺しの方法については 火口に聞くわけにはいかなくなったのが痛い……
    死神に聞こうにも いつの間にか姿を消してしまったし 
    またあいつが現れたとしても 尋問して吐かせることのできそうな相手じゃない
    月…… お前も言ったじゃないか 『な…何やってるんだ父さん』と……
    弱音を吐くようだが、正直あれは応えたよ」
  月「そ、それは… 火口が舌でも噛んで自殺したんじゃないかと とっさに思ったから
    しかし結局 火口には外傷もなく
    正確なところは鑑識結果を待たなければいけないが 死因はおそらく心臓麻痺
    となると火口を殺したのは…」
  月「死神」
  L「キラ」
  月「…何言っているんだ? キラは火口で…火口は結局自殺したとでも?
    ……そうか 竜崎は どこかにいる第四のキラが火口を殺したと推理するのか?」
  L「はい 人を殺すためにはノートに名前を書く必要があります
    そして あのレムとかいう死神は ノートに名前を書いたりしていませんでした」
 松田「死神が人間を殺すのにも ノートに名前を書く必要があるんですか?」
  月「死神だったら念じるだけで人を殺せるのかと 何となく思っていたが」
  L「その可能性も否定できません
    しかし死神が人間を殺す方法と 死神の手先の人間が人間を殺す方法と
    それぞれ別々に用意されていると思うよりも 
    殺す方法は一種類であると とりあえず考えておく方が話がすっきりします」
 松田「そうかなあ…」
  L「それに火口が 知っている事を洗いざらい自白してしまったとして
    死神は本気で困るんでしょうか?
    私たちが死神を裁くことなど できそうにないと思います
    死刑台におくったとしても 死んでくれるかどうか… たぶん無理でしょう
    しかし 動かぬ証拠を握ることができれば 一応人間であるキラの方は
    裁くこともできますし 死をもって罪を償わせることもできます」
  月「だから たまたま その場に居合わせた第四のキラが火口を殺したと?」
  L「はい そして第四のキラと第一のキラとは同一人物かも知れません
    彼はその場にいてノートを手にしていた……」

じっと月を見つめるL。


563 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 09:25:57 ID:nE6stDKT
  月「またか……
    いいか竜崎 僕は確かに名前照合のためにノートを手にはしていた
    でも僕がノートに名前を書いたりしていないことは
    すぐ隣に座っていた竜崎が一番よく知っているよな?」
  L「あの時 私は死神を初めて見て動揺していました
    死神や火口の方も見ていたので 月くんから一瞬たりとも目を離さずにいたわけでは…
    それでなくとも月くんが第一のキラなら 監視カメラの目をくぐって
    犯罪者名前をノートに書く行為を繰り返していたわけで……」
  月「いい加減にしろ!! 何のための この手錠だ?
    今頃そんな事を言い出すくらいなら なぜ僕をしっかり監視していなかった!?」
 松田「確かに」
夜神父「竜崎 あのヘリにはワタリもいたじゃないか
    それに 息子の手にしていたこのノートに 火口の名前は書かれていない
    それで火口を殺した第四のキラ扱いは あんまりだ」
  L「そうですね このノートには火口の名前は残されていません
    しかし どうしても気になるんです このノートの――」
  月「…? そのノートがどうかしたか?」
  L「ノートのこのページが少し破られています ここに人一人の名前くらいは書けます
    火口の名前を書いた後で そこを破った跡だとしたら?」
  月「……本当だ…千切ったような跡がある 気がつかなかった……」
  L .。oO「…………」
 松田「へえ 死神のノートも 破いたりすることが できるんですね」
  月「わかった 僕が火口の名前を書いた切れ端を持っていないかどうか
    身体検査でも何でもしてくれ」
  L「ヘリの中や そこで着ていた服や靴からは 切れ端は見つかりませんでした
    小さな切れ端一つ 飲み込んでしまえば おしまいなわけですし」
 一同.。oO「…………」


564 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 09:26:44 ID:nE6stDKT
場面が変わって月とLだけが自室でくつろいで(?)いる

  L「月くん 凄く怒っていますね?」
  月「当たり前だ!
    父さんが あんな落ち込んでいる時に 僕が火口を殺したなんて言わなくてもいいだろ
    前も言ったが 竜河には気遣いがなさ過ぎる」
  L「夜神さんを落ち込ませたのは月くんです」
  月「……わかっている… だからなおさら腹が立つ」
  L「夜神さんが落ち込んでない時だったら 怒りませんでしたか?」
  月「今ほどではないが 怒ってはいただろうな
    僕が黒ではないという証拠が出てこないどころか 白であると判定される状況であっても
    Lにとっては100%白には決してならない 
    監視カメラで監視されようが 僕が長期間監禁されていた時期にキラによる殺人が起ころうが
    竜崎と手錠につながれ すぐ隣の竜崎に監視されていた時の殺人であろうがだ」
  L「それも理由あってもの事です」
  月「まあな…… FBIに尾行されていたのも僕 第二のキラの捜査で青山に行ったのも僕
    竜崎が僕を疑い続けるのも無理はない 僕しかいないと思われても………ん?
    いや まさか…」

考え込む月。

  L「どうしました? 何か思いついたことでも?」
  月「あの日 青山に行ったのは僕だけではない 松田さんも一緒だった…」


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 09:27:28 ID:nE6stDKT
 L「松田さんがキラ? ……大丈夫ですか 月くん」
  月「まあ自分で言っていて まさかと思うわけだが
    しかし松田さんがキラだとすると すんなり説明のつく点もいくつかある」
  L「…………」
  月「僕が第一のキラだとしたら あの時期ミサが僕に何度も会いにくる状況には絶対にさせない
    第二のキラ容疑がなくたって ミサの両親を殺した犯人を裁いたのがキラだとは周知の事実
    危険過ぎる……第一のキラへの感謝が本当なら それだけはやめてくれと言うだろうな
    逆に僕が松田さんで しかもキラだったら 青山に一緒に行った僕のところに行けと命令し
    確実に僕だけが疑われるようにするかも…」
  L「松田さんには FBIの捜査官を皆殺しにする理由はありませんでしたよ」
  月「あるさ 最初に尾行がついたのは僕たちや次長の家族だったとしても
    それで何も出てこなければ 遠からず他の内部関係者がターゲットになる
    自分に疑いがかかっていなくても 自分の仲間が他所者に疑われ嗅ぎ回られるだけで
    十分不愉快だろうしね
    仲間を裏切っているキラであっても LやFBIに対しては一人の警察関係者として
    彼らに反感を持ってもおかしくはないんだ」
  L「なるほど しかし私には月くんが自分以外の者を疑ってほしいあまりに
    強引な推理をしているようにしか思えません」
  月「そうだろうな 僕だってこんな事 他の者がモニターで見ることのできない この部屋で
    竜崎以外に話してみる気にはなれない」
  L「私に話すのはかまわないんですか?」
  月「どうせ竜崎には 僕がキラだと疑われているからな
    それに父さんや模木さんから見れば 松田さんは警察にいた頃からの仲間だ
    あの頃のLやFBIのような反感を今度は僕が買うことになるだけだ」
  L「それ以前に 月くんがどうかしてしまったと思われますよ
    まあ松田さんが月くんのように切れる人なら 松田さんキラ説もありかも知れませんが」
  月「……僕のさっきの推理は 松田さんはすごく頭のいい人で
    他人には自分の頭のよさを隠していることを前提にしている
    そして自分にはいっさい疑いがかからず 他の者に疑いが集中している状態で
    監視もなく自分のしたいことができる状況を作り出した」
  L「自分がキラだと悟られないように バカのふりをしている……?」
  月「いや頭のよさを隠しているとしたら キラになるずっと前からだろう
    竜崎はイギリスとか海外が長そうだからピンとこないかも知れないが
    日本には出る杭は打たれるという風潮がある
    周囲と合わせてうまくやっていくために 自分が切れる人間だということは表面に出さないよう
    ふるまう習慣がついているんじゃないか」
  L「自分の命を危険にさらしてまでバカのふりはしないでしょう
    ヨツバビルに乗り込んだり……やり過ぎです」
  月「第三のキラを一刻も早く捕まえ殺したい理由が何かあったら やってもおかしくない
    同じようなことは竜崎だって やったことがあるじゃないか
    僕が第一のキラじゃないかと思っていて
    しかも顔だけで殺せる第二のキラと接触を持つようになったと推理しつつ
    あえて大学に顔を出した」

  L .。oO「…………」
  月 .。oO「ふん せいぜい悩め
      まあいずれ この漫画はデスノートであって
      サイコメトラーじゃないとは気が付くだろうが」


566 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 11:58:34 ID:PQh89bsT
また妄想バレか…。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 12:03:10 ID:IY7tTW31
妄想バレおもしろかったよ

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 12:35:10 ID:IFJMRPFi
『中』の画像ってありますか?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 14:01:13 ID:fh0iyLjQ
>>568
あります

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 17:00:16 ID:00NqmkmE
妄想バレはデスノバレスレで張ってくれ・・

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 19:06:53 ID:fAefc5Ak
デスノバレスレに貼ったのを、コピペされてしまったんですよ……。
コピペも改変も自由にやってくれてかまわないんだけど、
このスレにだけは貼らないで欲しかった……。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 22:22:11 ID:Pk37gbgQ
でもこれはこれで面白い

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 22:47:30 ID:IFJMRPFi
画像あるなら場所教えてくださいませんか?

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 23:05:36 ID:8VF4PwAA
丁寧に言えばどうにかなると思ってる?

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 00:03:45 ID:+KzBhjdC
キャラ板に移ってさらに無法地帯になっちまったな

一応誘導
DEATH NOTE(デスノート) ネタバレスレッドpage.234
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1106385711/l50


576 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 01:18:23 ID:bkEjpqnM
>>573
著作権についてどう思いますか?

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 13:00:59 ID:9a1Hnahb
page. 55 創造

  L「夜神さん 火口の心臓は動いていますか? 確認してください」

夜神父「ああ ちょっと待ってくれ……
    心臓は……停止している」

  L「……そうですか では 仕方ありません
    火口の身体は警察の人に預けて 夜神さんと模木さんは もう一人の方
    死神さんを連れて こちらに来てください」
  月「火口が死んだ…… 心臓麻痺で…なのか?」
  L「死因についても キラであった彼の身体に何か特殊な変化があったかについても
    警察の検死報告や鑑定を待つしかないでしょう
    火口には 色々と聞きたいことがあったのですが 
    死んでしまったものは しょうがありません」
  月「あ ああ… こうなっては聞きたい事は あの死神に尋ねることにして
    あとは このノートを調べるしかないか
    しかし竜崎は凄いな こんな事態になっても冷静で あっさり考えを切り替えられるなんて」
  L「そうですか? これについては予測できない事態ではありませんでした
    ……死神が見えるだの ノートに名前を書くのが殺す方法だのというのとは まるで違います」
  L .。oO「火口が死んだ時に 名前を書けば人を殺せるノートを手にしていたのは夜神月
      しかし たとえ彼が犯人だとしても 素直にこのノートに名前を書いて殺したとは考えにくい
      一体どうやって……いや 今はとにかく死神の確保だ」

夜神父と模木はきょろきょろと何かを探している様子

  L「夜神さん どうしたんですか?」

夜神父「竜崎 あの化け物……死神の姿が消えてしまって 見つからない…!」

  L「私の目からは さっきから同じ位置にいるのが見えますが」
  月「模木さんからも 見えていないようだな
    つまり このノートを触ると死神が見えるようになるが ずっと見え続けるわけではない?」
  L「夜神さん 模木さん いったんヘリの方に来てください」

小走りになって、Lたちのいるヘリに向かう夜神父と模木。なぜか後ろをレムが付いてきている。

  L「……もう一回ノートに触ってもらって 死神さんを連れて来てもらおうと思いましたが
    その必要はなかったようですね」
夜神父「どういう意味だ? 竜崎」
  L「お二人とも このノートに触って後ろを見てください」

言われた通りにする父と模木。レムの姿が見えるようになる。

夜神父「ひっ…」
 模木「……何度見ても心臓に悪いですね」




578 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 13:01:50 ID:9a1Hnahb
 レム.。oO「夜神月と手錠で繋がれている こいつがミサの言っていた竜崎
      ……ミサを監禁したLとやらの手先か」

レムは、しげしげと竜崎を見つめたかと思うと、ヘリの壁をすり抜け、ヘリに乗り込んだ。

 一同 .。oO「……………」

  月「………はじめまして あなたの名前は レムというのですか?」
 レム「ああ そうだ」
父&模木 .。oO「日本語をしゃべっている…」
夜神父「ど どうして名前を知っているんだ 月?」
  月「僕たちはモニター越しに火口の車の中をずっと見ていた
    そこで火口は レムと呼ばれる者と会話していたんだ」
  L「その時 私たちにレムさんの姿は見えませんでしたけどね
    ……それで これからどうしましょう
    いつまでも道路を封鎖してもらって ここで話を続けるよりは
    レムさんさえよければ 私たちと一緒に来てもらえれば よいのですが」
  月「そうだな ビルに一人残してきたミサのことも心配だ 戻れるものなら戻りたい」

  L.。oO「夜神月 ここで死神を前に ミサの名前を出すか」
 レム.。oO「…! ミサは また監禁されているのか
      そしてキラに戻った夜神月が 私に それを教えてくれている」

  月「ではレムさん 私たちと一緒に来てくれますか?」
 レム「ああ わかった」
夜神父「このノートはどうするんだ? 相沢のツテを頼って鑑定してもらうか?」
  L「いえ このノートがないと またレムさんの姿が見えなくなった時に
    再び姿を見ることができるようになる手段がなくなって困ります
    こちらでも いろいろと調べたい事もありますし…」
  月「それに竜崎にさっき言われたんだが ノートを科学鑑定にかけて何かわかるとも思えない
    これから僕たちが調べようとしているのは 科学の守備範囲外にある事柄なんだ」
 レム「では 私と月くんとワタリはレムさんと一緒に捜査本部に戻ります
    夜神さんたちも車ですぐに戻ってください」
  月「それにしても このヘリの中 だいぶ狭くなっているな…」


579 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 13:02:46 ID:9a1Hnahb
バババババと音をたてながら、上空を飛ぶヘリ。

  L「レムさん 火口は死ぬ前に 顔を知ってる人間の名前を書くと
    書かれた人間が死ぬノートがあると言い残しました
    それは本当ですか? このノートが そうなんですか?」

Lはヘリを操縦中。月は身体をねじり、後ろの方を向いてレムを見ている。
レムが月の方に目をやると、言ってもかまわないと言うように、わずかに頷いている。

 レム.。oO「本当にノートのことを 話してもかまわないのか
      しかし リュークの書いた How to Use (使い方) 入りのノートが
      Lの手先の手に渡ってしまっている 
      今更隠し立てしても遅いだろうし 嘘をついても 実際に試してみられれば終わり」
 レム「ああ そうだ」

  L「そうですか…… それで このようなノートは何冊あるんですか?
    一冊 それとも二冊?」
 レム「さあ… 正確な数はわからない 死神の数だけあるからな」
  月「死神って 何人もいるのか……」
 レム「今言ったように正確な数は知らないが 何百人といる」
  月「その死神たちが 人間がいつ死ぬかを決めている……のですか?」
 レム「いや すべての人間には あらかじめ寿命というものが決められている
    その寿命を決定するのは私たちではない
    私たちがノートに名前を書いた人間は 寿命の前に死ぬ
    その時点で残っていた本来の寿命を 私たちがいただく」
  L「となると 死神がこの世……いや あの世ですか
    あの世に存在するようになったのは この世界に人間が登場してから…
    人間のいる この世界が先
    だから人間の世界にあるノートそっくりなものを 死神が殺しの道具に使っていても
    おかしくはない――そういうことでしょうか?」
 レム「そういう風に考えたことはなかったが まあ そうなんだろうな
    支給されるノートだって 人間界の流行を追って 形態を少しずつ変えてきている」
  月「ノートは誰かから支給されるものだったんですか?」
 レム「ああ 死神大王が 私たちにノートを支給する」
  L「死神大王ですか…… しかし一体何のために
    死神が一人も存在しなくても 寿命が来れば人間はいつか死ぬ
    人間世界は今と大して変わることもなく 動いていくことでしょう」
 レム「私たちが誰によって 何の目的で創造されたのかは わからない
    しかし それは人間だって同じじゃないか?」
月&L「………」

 レム.。oO「この手の話題を続ける分には まだよいが… いいのか夜神月
      今竜崎という奴が手にしている 元リュークのデスノート
      あのノートの How to Use (使い方) にはしっかり書かれているぞ
      死神の目の取引のことも
      デスノートが盗まれ 盗んだ奴が持ち主を殺したら 殺した奴が次の持ち主になることも」

次号「規則」


580 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 13:07:14 ID:/9f5erb4
ここはウソバレを張るスレじゃありません。
判定が出た後の文字バレを保管するスレです。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 19:26:52 ID:Ty+uKUIy
>>577

・・・・目の前で、容疑者の心臓が止まって、蘇生を試みていないのはいかがなものかと

これじゃあ、キラによる殺人じゃなく
夜神父が殺したようなものじゃないか




582 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/23 21:28:01 ID:sueV3696
http://d.hatena.ne.jp/nanamibeya/

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 01:39:45 ID:0ytD8kYV
***** ただいま、この板の名無しを決める決選投票中です! *****

投票中スレッド
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/vote/1106492177/

◆投票期間
1月24日 0:00:00 から 23:59:59 まで
この期間内のタイムスタンプが入ったもののみ有効になります。

◆投票方法
候補リストからふさわしいと思う候補(プラス票)、ふさわしくないと思う候補(マイナス票)を選び、
その投票番号を半角の " << " と " >> " で囲んで投票して下さい。(例: <<5>> <<5>> )
理由は必要ありませんが、書いてもOKです。 但し理由は結果に反映されません。
投票の際は必ず、名前欄に「fusianasan」でリモートホストを表示してください。
投票の修正には応じられません。

・投票数:1人につき、プラス票(必須)とマイナス票(あれば)を一票ずつ。
・複数の投票、同一リモートホストでの多重投票、proxy・携帯電話使用の投票は無効となります。

投票期間終了後、プラス票からマイナス票を差し引き、
最も得票数の多いものを、漫画キャラの名無しとして申請致します。

名無し候補
(1/13 19:43〜1/20 19:43までに申請のあったもの)

1.名無しさん@その他大勢
2.漫画の中の名無しさん
3.モブさん
4.名無しかわいいよ名無し
5.人気投票774位
6.名無しさんの出番を待っている
7.それは私の名無しさんだ
8.ほら、このコマに名無しさん出てるよ

この板の名無しを決めよう
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1104107044/

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 03:04:19 ID:Ex0lEfLx
なんかひどいことになってるな。せっかくの良スレが。

著作権問題がなければ保管庫サイト提供したいくらいだけど。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 11:49:46 ID:2HqrZ1+n
直接転写したわけでもない文字バレに著作権もクソもないだろうが

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 13:31:23 ID:QtpZqR8f
文 字 と 文 字 の 間 に 全 角 ス ペ ー ス を 入 れ 、
所 々 句 読 点 も 入 れ れ ば れ ば い い ん じ ゃ な い ?
ま っ た く 違 う 文 章 に な る か ら 。
文 語 体 の 法 律 を た だ 口 語 化 す る だ け で も
法 改 正 と い う( だ か ら 口 語 化 が 進 ま な い わ け さ )
ぐ ら い だ か ら 、 文 字 列 が 変 わ る だ け で 全 く
違 う も の に な る と い え る 。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 17:11:31 ID:eaFsiM92
>>586
いえねーよw

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 21:24:50 ID:Ex0lEfLx
>>585-586
ウソバレなら問題は少ないのだが(ウソバレ集のサイト作ったことあるし)、
本バレは翻案権と出版権の侵害として損害賠償の請求を起こされる
危険があるので、そのリスクはさすがに冒せない。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 21:29:41 ID:Z7+owMYh
>>588
そのウソバレ集ってデスノの?

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 21:42:06 ID:LibMy7zu
page55「創造」

あらすじ
記憶を失う前に起こした計画的な行動により火口を殺すことに成功した月。
証人を失った以上、Lはレムから情報を得るしかないが・・・?

煽り「月の策略により火口死す・・。」

報道「火口意識不明・・!」
「火口が・・。」
月「なんてことだ・・。」
(´-`).。oO(次はお前だ竜崎・・。)
L「・・・・。」
脈や胸を確かめる局長
局長「竜崎!火口の心臓はすでに止まっている。」
L「・・・そうですか。わかりました。」
(´-`).。oO(まさかここで火口が死ぬとは・・。)
「今受け付けの病院から救急車を呼びますから、パトカーや警官が邪魔にならないよう移動させてください。」
(´-`).。oO(死ぬタイミングからして、キラがここにいるとしか考えられない・・。夜神月・・もしくはあの死神か?)
局長「わかった。」
ワタリが電話をピポパと押す
局長「救急車が来るから、パトカーは道をあけるよう移動してくれ。」
相沢「わかりました!」
L(´-`).。oO(いや、現にノートで人が殺せるのなら、あの死神はノートを使う素振りを見せていない。やはり現時点で怪しいのは夜神月・・。)
月(´-`).。oO(竜崎が真っ先に疑うのはこの僕だ。早いとこ紙を飲み込んでしまわなければ・・。)
隙を見て丸めたノートをごっくん
L「月君、ちょっとノートを見せてください。」
月「!」
(´-`).。oO(そらきた。)
月からノートをもらい受け、手に取って見るL
月「なんだ?まさか僕が火口をこのノートで殺したとでも思ったのか?」
(´-`).。oO(記憶が消えない・・。やった。)
L「いえ、念のためです。」
(´-`).。oO(ノートに火口の名前は書かれていない・・。では一体だれが火口を殺したんだ?やはりあの死神が・・。)
月(´-`).。oO(無駄だ。既に証拠など残ってはいない。)
(´-`).。oO(あとはミサに土に埋めたノートを拾わせれば記憶が元に戻り竜崎の本名を聞きだせる。)
(´-`).。oO(勝った・・。)


591 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 21:42:53 ID:LibMy7zu
モギ「局長、まさか…」
乳「お、おい火口!」
火口「ぐ……」
火口「ククク……ハハハハハッ!」
火口「見たぞ、見えたぞッ!」
月「!?」
L「!! 夜神さん、火口に目隠しを!」
火口「やはりこのタイミングで来たか……夜神月、いや第二のキラ!」
火口「『デスノートに四度名前を書き間違えれば、その人物にはデスノートは効かなくなる』
    どうやらこのルールは知らなかったようだな。見えたぞ、貴様の笑みが!」
 Lやたら嬉しそう
L「ライト君…」
月「待ってくれL、奴は錯乱して適当を言っているだけだ。それにあんな距離からこちらの顔が見えるはずがない…
  顔が見えないような距離を取って確保にうつったはずだ。」
火口「死神の目を持てば視力は6.0程度になる、どうやらこれも知らなかったようだな、夜神月」
レム「どれも私が言ったことだ。さすが部長から室長へ格下げされた火口、応用力がある」




592 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 22:32:38 ID:AzAQjFro
男・岩鬼でさえ5.0なのです。さすがデスノート プロ野球編であります。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/24 22:51:37 ID:7NQ3NInV
ここにネタ張るなっつーの愚民どもが

594 :イノセンスキモハゲ ◆YsomnAZ8yo :05/01/25 00:06:50 ID:ulglDJg5
( ゚Д゚)y─┛~~

出目川スレは嘘バレ歓迎のはずだが

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 00:15:09 ID:TsUq09EZ
>>591は面白かった

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 06:05:02 ID:2d8YZIGW
>>591
(・∀・)イイ!!


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 10:21:16 ID:ZKHCjsKJ
イノ氏、確かそうだったはずなのですが…

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 11:16:27 ID:ZKHCjsKJ
Page.55「創造」簡易バレ

救急車が呼ばれたが救急隊員は首を振った。火口の遺体は警察病院に
検査のため運ばれることになった。車も警察で相沢たちが調査すること
になり、Lたちは本部に戻ることにした。

Lはレムを車に乗せて本部まで同行して欲しいと乳に言うが乳も模木も
きょとんとしている。記憶が飛んでいるよう。レムが見えているのは
どうやらLと月だけとわかり、ふたりがヘリから降りてレムをヘリコ
プターに誘導した。他の者たちは『??』という表情で見ている。

本部でLは月とふたりでレムの取り調べをするがレムからは
ヨツバのメモにあった程度のことしか引き出せなかった。

Lの心の中。
 あの場で火口を殺せたのは月しかいない。方法は分からないが
 やはり月がキラだ。しかし今のように手錠でつながったまま
 いても、絶対に証拠はつかませないだろう。また第四のキラを
 創造して、そちらにみんなの目がいくようにするだけだ。思えば
 やはり月、おまえが自分を拘束しろと言ってからこの火口の死
 まで全部おまえのシナリオ通りだったのか。さてどうする?
 
Lは月君の疑いは完全に晴れたのでといって手錠を解除。ミサも解放。

『いったんおまえたちを解き放つ。そうしなければ証拠は得られない』
そう心の中で思ってLはデスノートを鍵のかかる箱に入れる。
最後は黒月の凶悪な笑顔のアップで終わり。

次号「噴水」


599 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 11:33:46 ID:9S3TUJ0B
なんじゃこのウソバレは
もっと頭捻って書けよ
読んでるこっちが恥ずかしいわ

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 11:40:52 ID:uvrb067k
>598はマジバレ

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 13:48:38 ID:ZKHCjsKJ
>599
おまいの方がはずかしいよ

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 14:12:55 ID:pTfLP3LB
で>598はマジバレでいいんですね?

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 14:49:54 ID:zaxV0o8A
そうだ。


と、言えば信じるのか?

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 15:13:27 ID:pTfLP3LB
うーん簡易バレじゃなく
バレ全部のをうpしてもらって
それぽいなら信じるかなー

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 15:18:52 ID:/gaTj7Xi
頼む。本バレ以外は貼らないでくれ。このスレの意味がなくなる。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 16:41:22 ID:HJtfmF1Z
ID:ZKHCjsKJ ←(笑

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 17:12:03 ID:8OGXXxE8
貼るにしてももっと面白いの貼れや

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 17:53:32 ID:zaxV0o8A
面白い嘘バレなど存在し得ない

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 19:07:53 ID:d1dapY1u
嘘ばれ、まぎらわしいのでバレスレでやってくれー

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 22:09:08 ID:FXo0D7oK
バレ。

ノートを化学分析する

地球上には存在しない成分でできている事がわかる

ノートの裏表紙にHOW TO USEが追加してある

・このノートに名前を書いた人間は最も新しく名前を書いた時から13日以内に次の名前を書き込み人を殺し続けなければ自分が死ぬ
・このノートを刻む
焼く等して使えなくするとそれまでにノートに触れた全ての人間が死ぬ

嘘ルールのおかげで月とミサの疑いが晴れる

ミサが開放されて月は本部に残る

ミサが開放されるときに埋めたノートのありかを耳打ちする月がルールはいつも紙とされる者によって創られるとか言ってたそこが創造の事だと思う某所より。


次回は『抱擁』らしい。


611 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 22:19:33 ID:/gaTj7Xi
>>610 乙です。
ということで、これが本バレ確定です。証拠画像2枚あり。詳細バレはたぶん週末か。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 00:28:44 ID:QJOPtxcr
バレ。

ノートを化学分析しゅるのぉおお

地球上には存在しにゃいぃ成分れれきていぃる事がわかるのぉおお

ノートのぉおお裏表紙にHOW TO USEが追加してぇぇぇぇ゛ぁあああ あぉるのぉおお

・このぉおおノートに名前を書いぃた人間は最も新しく名前を書いぃた時から13日以内に次のぉおお名前を書き込み人を殺し続けにゃければ自分が死ぬ
・このぉおおノートを刻む
焼く等してぇぇぇぇ゛使えにゃくしゅるのぉおおとそれまれにノートに触れた全てのぉおお人間が死ぬ

嘘ルールのぉおおお゙ぉおォおんかげれ月とミサのぉおお疑いぃが晴れるのぉおお

ミサが開放しゃれて月は本部に残るのぉおお

ミサが開放しゃれるときに埋めたノートのぉおおぁあああ あぉりかを耳打ちしゅるのぉおお月がルールはひぃちゅも紙としゃれる者によって創られるとか言ってたそこが創造のぉおお事らと思う某所より。


次回は『抱擁』らしいぃ。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 00:46:12 ID:Bg1efT/M
創造の全バレは無いの?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 03:03:04 ID:tW98JrO9
うーん…
これ以上引き伸ばさずヘリ内で決着つけてほしかったなあ

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 08:50:25 ID:edb3f5x2
ヘリ内なんかで終わったら詰まんなさ過ぎて単行本捨てるわ。
やっと黒月戻って手錠から開放されてこれからだってのに。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 14:14:32 ID:+05FYoOe
>>612
みさくら?

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 14:17:59 ID:FLchfivO
のに〜

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 18:41:46 ID:7WxWYF/A
┌────―――――─――――――──―――――┐
|                                  |
|                                  |
|                                  |
|   出目川スレは                           |
|   うそバレやら雑談、感想を貼り付けて行く        .|
|    忙しい方や最近デスノを読み出した方に         |
|   優しいスレを、                         |
|   割りといい加減な感じでめざしています。      |
|                                  |
|                                  |
|                       ‐十 / l = ‐┬‐ ヽ /  |
|                   (二  \ 二)  l.   V   |
└────―――――─――――――──―――――┘


619 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 20:20:41 ID:3cUSZMr0
>>614
禿同

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 05:49:34 ID:waoJtswE
ギガスwwwwwwwwwwwwwww

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 13:56:57 ID:Duy93Onx
>619
自演乙

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 13:59:14 ID:46rt+1uB
バルスwwwwwwwwwwwwwww

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 18:34:43 ID:Rnj8VfXR
名前: 394 ◆vApDBkE.Tc [sage] 投稿日: 05/01/27 18:18:33 ID:eAbFq8mB
page.55創造
煽り火口、死亡!!残された手がかりは!?
総一郎「いや 火口は自殺だったと考えられる・・・
    人を殺せる能力を持っていたんだ自分を殺せても不思議ではないだろう」
松田 「でも ノートに名前を書いて殺すんだから自分で殺すにも名前を書かないとダメなんじゃ?」
相沢 「うむ・・・うむ・・・」
松田 「それに自分の意志で死ねるとしたらその前に銃で死のうとしたのはおかしくないですか?」
総一郎「いや 拳銃で死ぬのなら何も感じず心臓麻痺より楽に死ねると言うことなのでは・・・」
    「偶然の心臓麻痺か・・・自殺か・・・他のキラか・・・死神か・・・」
    「ど、どうなんだ?死神」
レム 「レムだ」
    「私は火口を殺してないし火口が何故死んだのかはわからない」
松田 (死神のくせに何度聞いても「何故死んだかわからない」だもんなー」
L   (・・・・・・・・火口・・・殺したのはキラ・・・夜神月か・・・死神か・・・
    いやもう火口は死んでしまった・・・今できることは・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・ノート・・・という事は・・・
    第二のキラがサクラTVに送ったビデオ・・・
    それに「青山で待ち合わせノートを見せ合う」これらが弥の送った物であるのは確かだ・・・
    そしてレイ=ペンパーが調べていた物の中で青山に行ったのは夜神月だけ・・・
    22日の青山で一目惚れしたと弥は認めている・・・
    しかしあのノートを信じるならば・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・弥は利用されただけなのか?・・・・・・・・・・・・・・・
    全て偶然といえるのか?)

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 18:36:05 ID:Rnj8VfXR
394 ◆vApDBkE.Tc [sage] 投稿日: 05/01/27 18:21:01 ID:eAbFq8mB
相沢 「うむ わかった」
    「竜崎 月くん ノートもHOW TO USEを書くのに使われた物も
    地球上には存在しない物質・成分だそうだ」
総一郎「そうか!やはりレムの言う通りノートは死神界の物
    HOW TO USEは人間に使わせるために死神が書いた物で間違いないな」
松田 「死神が実在している時点で間違いないと思っていましたけど
    よかったですね局長 これで月くんもミサミサも完全に白だ」
相沢 「HOW TO USE
    このノートに名前を書かれた人間は死ぬ
    書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない ゆえに同姓同名の人物に一遍に効果は得られない
    名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くとその通りになる
    死因を書かなければすべてが心臓麻痺となる
    死因を書くと更に6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる」
    「火口によってこのノートにほぼ毎日書かれた犯罪者と報道された時間を照らし合わせた結果も
    ヨツバにとって都合のいい死として書かれた者の死因や時間もこの文と一致する
    更に八人の会議の内容や資料としていた「殺しの規則」とも完全に一致・・・」
    「さらに裏表紙の方のHOW TO USE
    このノートに名前を書いた人間は最も新しく名前を書いた時から
    13日以内に次の名前を書き込み人を殺し続けなければ自分が死ぬ」
    「50日以上監禁され今も監視下にある月くんや弥がキラや第二のキラなら生きているはずがない」
総一郎「うむ」
松田 「監禁されてた時は二人とも名前どころか文字ひとつ書いてませんからね」
L   (・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ そうなる・・・)
レム (・・・・・・・・・・・・・・ なるほど やはり あの時私にノートを渡す前に
    リュークに書かせた二文はこういう事か・・・)
リューク「レムここに嘘のルール書いても大王に怒られるわけないよな」
レム  「ああ そんな掟はない」
リューク「いいだろうライトこれでまた面白いものを観れるというなら書いてやるその時はリンゴを頼むぜ」
     「ククッ」

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 18:36:52 ID:Rnj8VfXR
394 ◆vApDBkE.Tc [sage] 投稿日: 05/01/27 18:22:54 ID:eAbFq8mB
総一郎「しかしこうなるとこの殺人ノートどうにも始末できないな」
相沢 「そうですね・・・この最後の一文・・・・・・・・・・・・・・・
    このノートを刻む焼く等して使えなくするとそれまでにノートに触れた全ての人間が死ぬ・・・」
総一郎「これだとノートを処分すると少なくともこの捜査本部の人間は皆死ぬことになる・・・・・・・・・・・・・」
月  (そうだこういう掟があれば僕が所有権を放棄しない限り
   父達にノートを処分され僕の記憶を処分されることない・・・)
松田 「ああ・・・「僕も死神見たい」なんて触らなければ良かったかなー」
総一郎「それではどういう捜査になっているか松田だけわからなくなるそれでいいのか?」
松田 「いや・・・僕も皆と同じ立場で捜査したいです・・・はい・・・」
相沢 「この本部内に厳重に保管するしかないでしょうね・・・
    ここのセキュリティーなら安心だし
    何よりノートの事知っているのもここに居る者だけで済んでますから」
総一郎「うむ」
月  (理想はノートには僕と竜崎しか触れていない状態でここに到る事ではあった・・・
   そしてノートにたどり着くまでに時間を費やし
   ノートの記憶のない僕とキラを追うことでLに僕を信用させる・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・
   それには、火口は力不足だったがレムの仕事としてはまあ上出来だろう
   ・・・・・・・・・・・・・ それに・・・ 結局計画に支障はない
   死のノートに死神によって書かれたルールこれは信じるしかない いや 従うしかない
   これで僕とミサは100%白だ もう疑うことさえ許されない
   僕のつっくた偽のルールによって竜崎は手立てを失った・・・ いいか竜崎・・・
   ルールとはいつの世界も神とされる者によって創られるものだ
   おまえは僕のつくった嘘のルールに平伏し 新世界の神に逆らおうとした罪で死ぬんだ)
L  「レムさん・・・」
レム 「?」
L  「ノートは他にも人間界にありますよね?」
レム 「さあ?あるかもしれないし ないかも知れない
   私が行く末を見届けなければならないのは今ここにあるノートだけだ」
L  「もし他のノートが存在してたら全てのノートのルールは同じですか?」
月  (無駄だよ竜崎・・・このルールはレムから絶対崩せない)
レム 「ああ同じだノートは死神界にはいくらでもあるがルールは全て同じだ
   人間にもたせたときのルールもだ 間違いない」
   (これでミサはこんな監視カメラもないところで完全に自由になれる)
相沢 「竜崎月くんと弥の疑いは晴れた二人の監視は終わりだ」
松田 「そうですよ もう明白ですよ」
L  「・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・」
   「・・・・・・・・・・・・・・ わかりました 今まで申し訳ありませんでした・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・」

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 18:37:37 ID:Rnj8VfXR
総一郎「・・・・・・・・・・・・よかった」
月  「ああ」
   「しかしまだこの事件は完全解決とはいえない そうだな竜崎」
   (ここで終わらせる訳にはいかない それは僕も同じだ必ず決着をつける)
   「僕が監禁される前犯罪者ヲ殺していた者は火口とは別人としか思えないし
   キラと第二のキラが同時に存在していたのなら
   竜崎も言ったようにノートは複数あったと言うことになる」
   「キラ第二のキラが誰だったのか他にノートがあるのならそれはどうなったのか
   それらを明らかにしないわけにはいかない」
   「竜崎手錠は外させてもらうがここで捜査を続けていいな?」
L  「・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・ はい ・・・」
   「・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・そうなるとミサさんとはお別れという事になりますね」
   「監視を止めるのですし捜査員でないミサさんをここに置く事は出来ません
   部外者という事になりますから・・・」
   「もう巻き込みたくないですしね・・・摸木さんもマネージャーから外します」
月  「じゃあ僕とミサが合う時は外でと言うことになるな」
L  「あっ合いたいんですか?」
月  「竜崎 あれだけ「好き」と言われ 僕のために命がけで捜査協力してくれた女性だぞ」
L  「・・・・・・・・・・・・ そうですね ・・・・・・・・・・・・」
月  「これだけ好意をもたれ尽くされたら情のある人間なら心が動かされて当然だ」
L  「好きになった・・・と?」
月  「ああ自分でも今まで気付かなかったがそうなのかもしれない・・・」
松田 「ミサミサが聞いたら飛び上がって喜ぶよ 月くん おめでとう」
月  「「おめでとう」って・・・・・・・・・・・・・・・」
総一郎「・・・・・・・・・・・・よかった」
月  「ああ」
   「しかしまだこの事件は完全解決とはいえない そうだな竜崎」
   (ここで終わらせる訳にはいかない それは僕も同じだ必ず決着をつける)
   「僕が監禁される前犯罪者ヲ殺していた者は火口とは別人としか思えないし
   キラと第二のキラが同時に存在していたのなら
   竜崎も言ったようにノートは複数あったと言うことになる」
   「キラ第二のキラが誰だったのか他にノートがあるのならそれはどうなったのか
   それらを明らかにしないわけにはいかない」
   「竜崎手錠は外させてもらうがここで捜査を続けていいな?」
L  「・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・ はい ・・・」
   「・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・そうなるとミサさんとはお別れという事になりますね」
   「監視を止めるのですし捜査員でないミサさんをここに置く事は出来ません
   部外者という事になりますから・・・」
   「もう巻き込みたくないですしね・・・摸木さんもマネージャーから外します」
月  「じゃあ僕とミサが合う時は外でと言うことになるな」
L  「あっ合いたいんですか?」
月  「竜崎 あれだけ「好き」と言われ 僕のために命がけで捜査協力してくれた女性だぞ」
L  「・・・・・・・・・・・・ そうですね ・・・・・・・・・・・・」
月  「これだけ好意をもたれ尽くされたら情のある人間なら心が動かされて当然だ」
L  「好きになった・・・と?」
月  「ああ自分でも今まで気付かなかったがそうなのかもしれない・・・」
松田 「ミサミサが聞いたら飛び上がって喜ぶよ 月くん おめでとう」
月  「「おめでとう」って・・・・・・・・・・・・・・・」

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 18:38:29 ID:Rnj8VfXR
L  (・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
   火口が白バイ警官の名前をノートに書き 事故死させた時
   警官の装備や会話から名前を知ることは出来ていない
   それは火口の車に取り付けたカメラや盗聴器からも明らか・・・
   それでも火口は幾度か見ている松田の顔を見にさくらTVに向かった・・・
   それは「レム取引だ」の発言の後・・・)
   「レムさん第二のキラがTV局に送ったビデオに
   「キラさんは目を持っていない」というのがあったのですが・・・」
レム 「!?」
L  「その目というのは顔を見ると名前がわかる目ですね?」
レム 「!・・・・・・・・・」
月  (竜崎 おまえがそのくらいの事に辿り着くのも計算済みだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)
L  「どうなんですか?レムさんそれは人間には教えられないんですか?」
月  「竜崎 その考えで間違いないだろう「死神と取引をした後実際に顔を見ると名前のわかる目」だ
   第二のキラの発言 白バイ隊員の事 火口がさくらTVに向かった事から容易に推測できる」
松田 「いや 容易にできないって・・・少なくとも僕には・・・」
レム 「・・・二人とも賢いじゃないかノートを使った人間にしか言うべきではないが
   そこまで見抜いているなら否定しない その通りだ」
   (ミサが不利になる事は言うまいと思っていたが
   夜神月自ら解き明かすならさしつかえないという事だ 現にもうミサの自由は約束されている・・・)
L  「では「取引」とは?」
レム 「・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・ それこそノートを使った人間にしか答えられない」
月  (うまいぞレムそれでいい・・・)
L  (・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
   もし弥が第二のキラだったのなら監禁する直前に大学で
   一か八か身ををさらした私と顔を合わせている・・・
   あの時死ななかったが名前は見たという事に・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   しかし今の弥はノートを持っていないし 持っていたという記憶もなくなっているとしか
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   いや・・・弥がノートを使っていたのなら
   13日以上名前を書き込まなかったことで死んでいると言うことに・・・
   私が間違っていた・・・・・・のか・・・・・・結局全ては死神の仕業だったと・・・
   いや・・・・・・そんなはずは・・・・・・なにかカラクリが・・・
   「ノートを使った人間がその使っていた記憶を失うという事は?」
レム 「さあ・・・死神はそんな事ないし人間として使った事もないからわからない」
月  (馬鹿・・・そこは「わからない」じゃなく否定するか「どういう意味かわからない」だ
   まあレムの頭の程度も予想の範囲・・・
   今の竜崎はこうしてレムに問うくらいしかできない
   あとは竜崎が勝手にノートで検証しださないか皆で見張ってればいい
   こいつはそれをやりかねない いや まだ僕をキラだと疑っているとしたら僕をノートで殺しかねない
   どちらにしろ当分はレムから何かを引き出すことに終始するだろう・・・
   竜崎もっと考えろそして悩め・・・悩みつづけていろ・・・・・・・・・・・・・・・
   もうすぐ楽にしてやる)

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 18:39:18 ID:Rnj8VfXR
翌日
ミサ 「ライト・・・」
松田 「あーっ ついにミサミサとお別れか・・・」
相沢 「テレビでも見れるし 月くんと繋がっているんだ そんなに悲しむな松田」
総一郎「なぜ竜崎だけ部屋から出て来ないんだ?」
ミサ 「ライト」
   「本当に会いに来てね」
相沢 「おい 松田二人きりに・・・」
レム (私もまたミサとお別れか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)
L  「・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・」
月  (この角度なら監視カメラで見られていたとしても僕の口は映らない
   耳元で小声ならマイクも拾えない 外まで送っていく必要もなさそうだ)
相沢 「竜崎もう二人の監視はしないはずだ」
L  「・・・・・・・・・・・・ そうでしたね ・・・・・・・・・・・・」
月  「ミサ今から言う場所に埋めてある物を絶対誰も見てないときに一人で掘り出してくれ」
ミサ 「!ライト 記憶戻ったのね 大丈夫 ミサ うまくやるよ」

煽り 自由になったミサ!!という事は…!?
次号、「抱擁」!!
バレンタインミサポスターも!!

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 18:40:53 ID:Rnj8VfXR
ポプアプ
>>623 >>624 >>625 >>626 >>627 >>628
一括
>>623-628


630 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 19:16:42 ID:HCJDBAat


631 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 19:55:05 ID:ioabPmSy
Page.56「抱擁」簡易バレ

L月を出し抜いてデスノート奪取
犯罪者の名前書く

月「お前…何やってるんだ!」

L「今までの事件の経緯から言って
  この文全てが本物と考えるより
  この一文だけが嘘と考えた方が
  はるかに矛盾がなくなるんです
  夜神君がキラである可能性を復活させるにはこの方法しかない…
  いや、これさえ嘘だと証明されれば
  ノート、青山、…月君の犯行を裏付けるものは山ほどあるんです
  私は自らの命を賭けて自分の推理を証明します」

月(なんてことだ…まさかLがこんな手段に出るとは…)

月(!?
  いや、面白い…
  ミサに13日後にLを殺させれば
  何の矛盾もなくLは死に
  僕は誰からも疑われることなく普通の生活に戻り
  計画を遂行させれる…
  はは、Lめ…こんな賭けにでるとはな…
  やってやろうじゃないか…
  これが最後の勝負だ!!)

タイムリミットはあと13日!次号「明日」!!

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 19:55:45 ID:aFP6Z6Fi
>>621
よくわかったな...

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 23:09:03 ID:s3BWbWmc
631 はウソバレ(・_・?)ハテナ?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 00:21:04 ID:CgiH9nSW
>>631は嘘バレだろう。
自分の命かけて自分の考えを立証するならミサを自由にするわけがない。
そんな事に気付かない月は有り得ない。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 00:38:47 ID:TJvReGW0
ウソバレも何も抱擁は再来週のタイトルだろ

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 15:59:31 ID:IUwHk1S+
m9(^Д^)プギャー

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 18:07:42 ID:W4Lg+uzq
再来週のおおまかなバレ

@ミサ、デスノ発掘して記憶復活


ALがレムに質問して「寿命も眼で見えることを聴く」
 で、今見えてる寿命前にこのアジト内の誰かが死ねばキラに殺された
 ということで間違いないな?という結論にたどり着く

B厳重に保管してたデスノが盗まれる!みんな大騒ぎ

B盗んだのが誰だかLにはわかってる模様
そして盗んだ香具師からメッセージが届く
「もしこのアジト内の誰かが死ねばキラがこの中にいると判断し
 全員の名前をこのノートに書く」

C月あせる、しかしすでにミサが月の指示通り(メモ)デスノにLの名前書いてしまう(読者には名前わかんない)んで、
一週間後L志望確定→一週間以内に月はデスノを盗んだ香具師から奪わなくてはいけないことに・・・

次号「夢」

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 18:14:05 ID:WU4s3+2q
ネタバレスレで嘘バレをスルーされた奴のオナニー場所か、ここは?

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 18:28:41 ID:MOdxD32G
>638
荒らしが勝手に貼ってるだけ
そんなこと言うと時間かけて苦労して嘘バレ作った嘘バレ職人が可哀想

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 19:32:53 ID:5WQEz6lV
再来週のおおまかなバレ

@ミサ、デスノ発掘して記憶復活


ALがレムに質問して「寿命も眼で見えることを聴く」
 で、今見えてる寿命前にこのアジト内の誰かが死ねばキラに殺された
 ということで間違いないな?という結論にたどり着く

B厳重に保管してたデスノが盗まれる!みんな大騒ぎ

B盗んだのが誰だかLにはわかってる模様
そして盗んだ香具師からメッセージが届く
「もしこのアジト内の誰かが死ねばキラがこの中にいると判断し
 全員の名前をこのノートに書く」

C月あせる、しかしすでにミサが月の指示通り(メモ)デスノにLの名前書いてしまう(読者には名前わかんない)んで、
一週間後L志望確定→一週間以内に月はデスノを盗んだ香具師から奪わなくてはいけないことに・・・

次号「夢」

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/28 20:30:16 ID:aO8/PlcK
>>631はおもしろい
>>634もおもしろい

642 :天然ショボーン ◆TuMiJr8Vb. :05/01/29 11:29:03 ID:aHRF16Uh
 ∧ ∧
(´・ω・)o
ここにも貼り貼り・・・ 追悼&復活祈願スレでつ。

◆I/MinA//.Mと書いてミナヲタ またの名をイノセンスキモハゲ
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1106964262/l50

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/29 14:35:52 ID:FIjGa8t5
>>631

証明出来るのが、月がキラであるではなく
月がキラである可能性でしかないのが欠点ですね


>>637

盗んだノートの所有者は、月なので取引出来て目を持てるのは月だけ



644 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/29 19:02:58 ID:me/4nxeu
┌────―――――─――――――──―――――┐
|                                  |
|                                  |
|                                  |
|   出目川スレは                           |
|   うそバレやら雑談、感想を貼り付けて行く        .|
|    忙しい方や最近デスノを読み出した方に         |
|   優しいスレを、                         |
|   割りといい加減な感じでめざしています。      |
|                                  |
|                                  |
|                       ‐十 / l = ‐┬‐ ヽ /  |
|                   (二  \ 二)  l.   V   |
└────―――――─――――――──―――――┘


645 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:10:30 ID:WXl8TvLJ
Page. 56 「抱擁」
ミサを送って、モニターのある部屋に戻って来た月。他のメンバーたちは何やら言い争っている様子。

 相沢「今更 何を言いだすんだ? 竜崎」
夜神父「二人の監視は もうしないって言ったばかりじゃないか
    いや それより やはりノートを使ってみるしかないかって 何だ それは?」
 松田「そうですよ 
    ……あ お帰りなさい 月くん」
  月「ど どうしたんだ? 皆 何を言い争っているんだ 一体…?」
  L「つまり 死神が人を操る能力……それが 気になるという事です
    レムさんに聞いてみましたが なかなか本当の事を教えてもらえません
    この事について嘘を言っているか 何か重要な事を隠しているか……その可能性もあります」
 レム「私の言う事が嘘だと思うなら 勝手にそう思っていれば いいだろう
    さっきも言ったが……ノートを使いもしない人間の質問に なぜ 一々丁寧に
    馬鹿にもわかるように 答えてやらなければ いけない?
    それに 人間に教えてもいい事と 教えてはいけない事がある」 
  月「?」

説明を求めるかのように相沢たちの方を向く月。

 相沢「竜崎が何を言いたいのか 俺にも わからない」
  L「キラは 人の行動を操れる これは第一のキラが死刑囚相手に実行してみせました」

Lの頭には、トイレに謎の図形を書いて死んだ死刑囚や、「えるしっているか」の縦読みになっている
遺書の文面が浮かんでいる。

  L「そして月くんやミサさんは キラに操られていたと考えられます」
  月「その推理は以前 竜崎から聞いた覚えがある
    僕やミサは Lに疑われるように行動を操られ 自覚の無いまま人を殺していた
    捕えられると能力を他の者に移して 同時に記憶も消した
    しかし その疑いは晴れたから 僕やミサを解放したんじゃないのか?」
  L「はい
    月くんに それを話した時には 月くんたちは 操られて人殺しもしていたと思っていましたが
    殺人の道具はノートで 一度でもノートに名前を書けば 13日以内に次の名前を書かないと
    死んでしまうのですから 月くんもミサさんもキラすなわち殺人者ではありえません
    ……ですが ノートに名前を書く以外の行動については別です
    たとえば さくらTVに第二のキラのビデオを送ったのがミサさんだという事は
    数々の物的証拠から明らかです
    それもキラに操られていたが故の行動と考えていたからこそ 解放したのです」
  月「考えていた…? 今は違うのか?」
  L「レムさんに 質問をしてみたら わからなくなりました
    人を操るのに使うとしたら ノートの How to Use (つかいかた) に書かれている 5 番目のこれ
    『死因を書くと更に 6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる』ですよね
    しかし 月くんもミサさんも生きています
    キラが『死の状況を記載』したことによって 行動を操られたにしては おかしくないですか?」


646 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:11:47 ID:WXl8TvLJ
  月「僕とミサが まだ生きているのがおかしい……そういう事か?」
  L「だからレムさんに 聞いてみたんです
    まず名前と死の状況をノートに書いて 名前を書かれた人間を思い通りに操れたと確認できた後で
    操られた人間の死を取り消す方法があるのかと
    ……レムさんは『ない』と言いました
    人を殺さず 操るだけの使い方はできるのかとも聞きましたが それも『ない』と……」

月 .。oO「レムの奴……『教えられない』とでも答えておけばいいものを そのまま答えてしまうとは……
    それも僕が いない時に……
    いや 僕が席を外している時をねらって Lが質問したと考えるべきか?」

  月「では 僕もミサも 死ぬのは決定済み……」
  L「人は誰でも いずれ死にます
    問題は いつ どのように死ぬかです
    ヨツバビルで発見された『殺しの規則』や 殺しの会議の出席者の証言によると
    死亡時刻を指定しないで すぐには死なない病気の名前を死因に指定すれば
    ゆっくりと 自然な形で 殺せるようです」
  月「………………」
 相沢「おい! 竜崎 もう止めろ!」
 松田「僕の頭では 竜崎の推理がどれだけ正しいかは わかりません
    しかし たとえ正しい事を言っているにしても……そんな思いやりのない言い方は あんまりです」
  月「……いいんだ 相沢さん 松田さん
    竜崎に 気遣いというものがないのは 今に始まったことじゃない
    そして 父さん……」

見つめ合う、月と夜神父。

  月「今の竜崎の推理だが どこまで当たっているかどうかは わからない
    でも 聞いた限りでは 十分検討に値する推理だと思う」
夜神父「ラっ 月…… 病気ならば どこかの病院に行って 徹底的に検査してもらえば……」
  月「そうだね 一応行ってみようとは思う
    でも……死のノートに既に記載されているなら 死を免れる可能性は ほとんどないだろう
    どこの病院に行っても病気は発見されない 発見された時は もう手遅れ……
    そんなとこじゃないかな」
夜神父「ばっ 馬鹿野郎! 何だ その言い草は!?
    絶対に許さないぞ…… わかっているのか? 親より先に死ぬなんて 最大の親不幸だ!
    これだったら 竜崎が繰り返し言っていた お前が第一のキラという話……その方が何倍もましだ」
  月「父さん……それだったら 僕が父さんに殺されるじゃないか」
夜神父「いや 私には お前を殺すなんてできない
    確かに お前がキラなら お前を殺して私も死のうと思っていた
    …………だが 今 わかった
    責任を取って 自分の命を断つ………それだったら できる
    だが たとえ大量殺人犯であっても 自分の子どもは殺せない……絶対にだ!」
 
夜神父、大泣き。相沢や松田や模木も もらい泣きしているが、さすがにLは泣いていない。


647 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:13:18 ID:WXl8TvLJ
月は夜神父の肩に手を置く。

  月「父さん まだ竜崎の推理で 決まりってわけじゃないんだ
    そもそもキラを追い続けている限り 大なり小なり 命の危険がつきまとう
    あの FBI 捜査官殺し以降 充分わかっていたし 覚悟もしていた」
夜神父「わ 私が間違っていたんだ
    そんな危険な捜査に お前を巻き込むべきじゃ なかったんだ
    いや 私自身がキラの捜査から 早目に手を引いてさえいれば……
    そうすれば お前がキラに 目をつけられることもなかった
    こんな親を持ったのが お前の不幸だったんだ……月……すまない…………」
  月「それは違う! たとえ僕が死ぬとしても それは絶対に父さんのせいじゃない!
    父さんが 反対しようが どうしようが 僕は僕なりに キラについて推理し キラを追っていただろう
    それだけは間違いない
    父さんは 父さんの信念に基づいて 命を賭けてキラを追い続けてきた
    自分や家族の身が心配になって 捜査から離れた人たちを 一概に非難はできないだろう
    だけど 僕は 父さんの選択を支持するし そんな父さんの息子に生まれてきた事を誇りに思う」
夜神父「月……私も お前のような息子を持った事を誇りに思う!」

がばっと抱き合う月と夜神父(←抱擁)。大泣きしている松田の肩を抱くようにしている模木。
Lだけは泣いてない。気まずそうに、口を開く。

  L「あの…… そろそろ よろしいでしょうか…?」

怒りの形相で、Lに殴り掛からんばかりの相沢。模木があわてて彼の手を掴んで止める。

  L「月くんやミサさんが今もキラに病死するかもしれないというのは 仮定の話でしかありません
    レムさんは 殺さずに操るだけの使い方はできないと言いましたが
    寿命の長さに影響を与えない時刻指定の方法があるかもしれません
    たとえば 寿命の 1秒前に死亡とか それが無理なら 50年くらい後の日付を指定するとか」
  月「ちょっと待て……それが可能ならば キラは無敵という事にならないか?
    誰にも捕まることなく 今から 50年後に 幸福な気分に包まれながら安らかに死亡――
    そんな指定もできて しかも それが確実に実現する」
 松田「うわっ 何だか嫌な感じですね」
  L「まあ そんな使い方は まずできないでしょう
    それができるくらいなら 第一のキラが FBI捜査官を皆殺しにする必要はなかったわけですから
    となると 考えられるのは 指定できる日付は せいぜい数年後……もっと短いかも……
    レムさん
    どのくらいの期間だったら 死ぬ前の行動として操れるかも レムさんは 知らないんですよね?」
 レム「ああ…」

月 .。oO「僕の実験の結果では 日付の指定が有効だったのは 23日後までだったが
    日付指定なしの『病死』までは試していない……
    確かに『癌死』を指定したときなどは 行動を操れる期間は もっと長いかもしれない
    しかし その期間については レムも知らない可能性が高いし
    知っていたとしても ミサが操られて行動していなかったと わかってしまうような事は言えない
    操られていなかったとしたら 人は殺していないまでも 自分の意志でキラに協力していた犯人と
    断定され また監禁されかねない」


648 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:14:16 ID:WXl8TvLJ
  月「おい 竜崎……」
  L「はい」
  月「僕が部屋に戻った時に父さんが言っていた『ノートを使ってみるしかない』とは……
    まさかとは思うが……実際に そのノートを使って試してみようというんじゃ ないだろうな?」
 松田「それって まるで……」
 相沢「ああ 第一のキラが 死刑囚を相手に行なった実験 あれと同じだな……」
  月「あるいは キラに殺させた リンド・L・タイラーのように……」
  L「ノートに指定するのは 死刑執行の予定時間の 1 分前の時刻……でも 駄目ですかね……」
夜神父「それでも れっきとした殺人だ」
  月「それに……たとえば数か月先に死刑執行が決まっている死刑囚がいたとして
    実現不可能な行動や死因を指定されたらどうなるんだ?
    名前を書かれた 40秒後に心臓麻痺で死んでしまうかもしれないんじゃないか?」
  L「そうですよね……何か いい手段を思い付くまで 試してみるのは なしにします……」
 相沢「感心できないな どんな方法を取るにせよ 結局 キラのように他人の命や行動を弄ぶ事になる
    それで キラは極悪人だ 絶対に許せないなんて 言っていられるのか?」
夜神父「うむ……」
  L「…………………………」

少しの間、気まずい沈黙が続く。そこで松田が口を開く。

 松田「まあまあ 竜崎だってキラを捕まえて 大量殺人を止めさせたい一心で
    つい行き過ぎたことを 話してしまっただけなんだすよ
    ノートに名前を書くと死ぬとか 死神が実在したとか 立て続けに衝撃の事実発覚ですから
    竜崎ならずとも神経がまいって 普段だったら考えもしないような事を口走ったりしても
    おかしくないでしょう」
夜神父「そうだな…… 私もさっきは感情的に なり過ぎて 醜態をさらしてしまったようだし」
 相沢「いや あれが醜態だなんて……」
夜神父「とにかく 皆 疲れている……その自覚は必要だな」
 松田「じゃあ 今日は ゆっくり 休養を取るのに あてるとか」
夜神父「それも 悪くないな
    どうだ 竜崎?」
  L「そうですね……
    ミサさんにつける尾行
    その手配が済んでからなら……」
 一同「!」
  月「竜崎……」
  L「尾行といっても 以前のように 第二のキラと疑っているからではありません
    ミサさんが未だ キラに行動を操られているかもしれないためです……
    ビデオを送ったときよりも 今の方が死ぬ日付に近い
    死ぬ前の行動の一部としてのみ キラが他人の行動を操れるとするなら
    監禁前は行動を操られていたが 今は操られていないと推測する方が不自然です」
  月「それなら 僕を もう一度 手錠で繋いで 徹底的に監視するのはいい
    だけど ミサだけは 自由に行動させてやってくれ
    竜崎だって もうミサは巻き込みたくないと言ってたじゃないか
    あれは嘘だったのか!?」


649 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:16:12 ID:WXl8TvLJ
  L「ミサさんには自由に行動してもらいます
    尾行は当然 ミサさんに気付かれないようにしますし
    キラに操られているかのような行動があっても 邪魔はしません
    疑わしい行動は 逐一報告してもらいますが それだけです
    介入するとしたら ミサさんが明らかに他人に危害を加えようとした時か
    他人に危害を加えられようとした時のみ
    つまり キラがミサさんを操らなかったら ミサさんは本人も知らないうちに
    ボディガードを持つことになるだけです……それでも駄目でしょうか?」

月 .。oO「駄目に決まっているだろ! ミサが尾行に気が付かないまま 僕に言われた通り
    木の下に埋まっているノートを掘り出したりしたら………最悪だ
    ミサが尾行に気が付いて うまく巻いたとしても キラに操られての行動かと怪しまれる」

  月「しかし ミサにだってプライバシーというものが……
    自分の意思でボディガードをつけるのと 本人も知らないうちに誰かに尾けられるのとは
    全然違うだろう」
  L「月くんの言う通りです
    しかし 考えてもみてください
    自分の意志とは関係なく キラに好き勝手に操られて 大量殺人の手伝いをするはめになる……
    それに比べたら 押し掛けボディガードがつくくらいは」
月 .。oO「クソッ ここまで言われたら 下手に反対し続けると 僕が怪しまれる
    こうなったら……」
  月「わかったよ 竜崎……
    僕は 決心した
    僕は この捜査本部を出て行く……二度と ここには戻らない……」
 一同「!」
夜神父「な 何を言い出すんだ 月……」
  月「そして ミサと暮らす!」
 一同「………………」
  月「さっきの竜崎の推理だと 僕とミサに残された時間は少ないかもしれないんだ
    だったら 1分1秒でも長く 側にいてやりたい
    僕たちが キラに操られて何かしでかすのが心配なら 竜崎が今言ったように
    尾行をつけて監視し続ければいい
    いつも二人いっしょにいるようにするから 尾行する方の手間も 一人を尾行するのも
    二人尾行するのも 大して変わらないだろう
    監視カメラだけは勘弁してもらいたいけどな はは…」

月 .。oO「問題は レムは僕に憑いているから 僕がここから動くとレムも移動せざるをえないこと…
    いいさ 常に上空 100m を飛んでいてもらうか 押し入れにでも隠れていてもらうか
    後で何とか手を考えよう」


650 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:17:21 ID:WXl8TvLJ
  月「そうなると 僕も部外者だ
    このビルの設備を使えなくなるのは惜しいけど……
    でも 僕は僕なりに キラを追い続けていくよ
    そして 何か思い付いたら 父さんに電話して聞いてもらう
    何か協力を頼まれたら 僕にできることだったら 何だってする」

L .。oO「もう演技なのかどうか さっぱりわからない
    夜神月の女性に対する態度……これが一番の謎だ………」

月が、深々と頭を下げながら、叫ぶ

  月「皆さん! こんな理由で 捜査チームから離れる僕を許してください!」
 松田「ミサミサに続いて 月くんまで いなくなるなんて……
    でも 無理に引き止めるなんて とてもできない」
 模木「そうですね さっきの局長との話で思い出しましたが 月くんは まだ未成年」
 相沢「本職の警察官が 怖じ気付いて辞表を出すような 危険な捜査に
    自分から志願して 身を粉にして働いてきてくれたんだ……第一のキラじゃないかと
    ずっと竜崎には疑われ続けて……」

さっきの月と父とのやり取りで皆の心のタガが外れたのか、またもや涙ぐみ&月に同情ムード。

  月「そして竜崎……いやL!」

月の心のタガも外れたのか、ヤケになっているのか、Lにがばっと抱き着く(←抱擁)

  月「初めて会って握手した時に言ったように Lは僕の最も尊敬する人間だ
    このビルを出たら もう会えないかもしれないけれど
    友達だと言ってもらって うれしかったよ……ありがとう」
  L「……………」

月 .。oO「自分自身で監視できなくなったのは痛いが 父さんにでも頼んで
    こいつがノートを使ったりしないように きちんと監視してもらう
    どうせ こいつの命は長くない……あと数日
    それまでが勝負だ」

次号「友情」


651 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:44:21 ID:D7JYEUBM
引き篭もりが構って欲しいあまりゴミバレするスレか、ここは?

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 20:24:48 ID:zPyTPjbu
なんでアフロがいるんだよ
あいつ抜けたじゃん

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 20:25:46 ID:zPyTPjbu
親父は「馬鹿野郎」発言はしなさそうだし

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 20:51:00 ID:9L7QXhFi
だからカスバレ貼るのよせよ

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 21:58:07 ID:JRkOvR6g
>>651-654の1週間後を乞うご期待!
そしてこのレスの後に「〜くるわけねーだろ」「〜発売前の週の火曜が最速だpgr」みたいなレスする
かわいそうな人たちもね♪

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 22:02:40 ID:9L7QXhFi
>>655
うるせーな
たとえ本物であったとしても本バレ認定があるまで貼るなボケ

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 22:03:43 ID:rEDm0PKW
日曜にネタバレくるわけねーだろ

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 22:41:42 ID:NTsks00p
うざ

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 22:47:27 ID:ScFhEoMu
本バレのわけがないじゃないですか……。書いた本人が言うんだから、確かです。
あんなもん好きに使っていいですが、このスレにだけは貼らないでください。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 00:17:10 ID:Hacvd9Qb
結局抱擁のネタバレは
まだ無いんだよね?

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 00:37:04 ID:nzv7szL9
月曜に来るわけねー!!!!!!!
つーか偽バレ張るヤツはナに考えてるんだ?
「2chだから何やってもいいだろ」的なアホは3日間ROMれ

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 00:41:07 ID:Eqe6YYd4
月曜に来るわけねー!!!!!!!
つーか本バレ張る犯罪者はナに考えてるんだ?
「2chだから何やってもいいだろ」的なアホは3年間ROMれ

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 05:36:25 ID:8CXJ0Wtp
Page. 56 「抱擁」

松田「どうしたんですか?ぼうっとして……。」
L「いや、別に何でもないですよ。(何か引っかかる。弥が第2のキラだったのはほぼ間違いなかったはずだ。物的証拠も揃っている。
  デスノートに書かれた制約だけを信じていいものか……?もし弥が第2のキラだったとしてあの制約が本物であれば、弥は既に
  死んでなければならない。そもそも何故弥や夜神月はデスノートに関する記憶がないのか。死神からも所有者でない私では聞き出せない。)」

チラッとレムの方を一瞥するL。

親父「さて、また振り出しに戻ってしまったな。」
月「いや、父さん。僕らのところには既にデスノートがある。」
親父「ああ、そうだったな。」
松田「それにしても第1、第2のキラは誰だったんでしょうか?」
相沢「馬鹿、今からそれを探すんだろ。」
松田「……そうでしたね。」
月「……。」

ふっと、Lが椅子から立ち上がる。

L「みなさん、聞いてください。」
一同「?」
月「どうしたんだ、一体……?(どういうつもりだ?まさか……バレている訳じゃないだろうな……。)」

L「このままでは地球は滅亡する!」

一同「な……なんだってーー!?」
ΣΩ Ω Ω Ω   Ω Й
 マツアフロモギオヤジ  ライトレム


664 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 05:37:25 ID:8CXJ0Wtp
L「先日我々がデスノートを手にしたのは覚えているな。」
月「おい、何を言ってるんだ。」
L「相沢。デスノートの素材は地球には存在しないもので出来ているとの報告だったな。」
相沢「ええ、科研からはそう聞いています。」
L「今我々が手にしているデスノートというものは、謂わば地球外物質だ。ではレム氏にお聞きします。。
  このノートに人の名前を書き込めば、その人物は死に至るのですね?」
レム「その通りだ。」
松田「でも、それって始めに解ってた事じゃないですか?」
L「筆記による殺人……。地球外物質……。増殖するキラ……。そして死神……。全てが符合する。
  デスノートは呪術だったんだよ!」

一同「!?」

月「何を非科学的な事を。おいおい竜崎、確かにデスノートは非科学的だが、呪術は無いんじゃないか……。」
L「いや、呪術は決して非科学的なものではない。例えばブードゥー教にゾンビパウダーなるものがある。
  ゾンビと聞けば、おどろおどろしいものを思い浮かべるかも知れないが、実際はそうじゃない。」
松田「ゾンビパウダーって、確かふぐ毒の成分であるテトロドトキシンと、ダツラという植物の成分であるアトロピン、
   スコポラミンが主成分でしたよね。ブードゥー教が作り出しているゾンビは、我々の常識を越えた高度な薬学
   の知識や技術があってできた可能性が高いのではという声もあるくらいです。」
L「そうだ。ダツラの方の毒物で、神経伝達を正常に行わせなくし、致死量のテトロドトキシンを摂り込ませる事で、
  高度の中毒症状とさせ、仮死状態に陥らせる。こうして出来上がったのが、人間という名の木偶だ。」
月「それと何の関係が……。……!?ゾンビとはブードゥー教の掟を共同体内で破ったものがなるものだ……。
  掟を破ったものは司祭の薬物投与によって従順な木偶にされ、強制労働を強いられ……最後には死に至る。」
L「デスノートにおける掟破りとは犯罪、悪の道に走る事だ。神の使いである司祭の役目はキラが負っている。
  そして、死ぬ前の行動もある程度操れる。だがゾンビパウダーはデスノートの様に即効性も無ければ、死ぬ前
  の行動も単純な労働作業しかさせられない、ましてや遠く離れた人間を殺す事も出来ない。ならばデスノートは
  人智を越えた代物と言えるだろう。」
松田「でも、いくらデスノートが人智を越えたものだからといって、人類滅亡には繋がらないんじゃないですか?」
月「そうだぜ、竜崎。デスノートで人間一人一人殺してったって、60億以上もの人類なんか到底滅亡できるかよ。」
相沢「そうですよ。たとえデスノートと呪術の関連性が認められたからといって、それが滅亡に繋がるとは……。」
L「いや、人類は滅亡する。デスノートの正体は、新種のウイルスだ!」

な……、なんだってー!?
ΣΩ  ΩΩ
 ライトマツダアフロ

次号「滅亡」


665 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 06:20:11 ID:yofqa3QG
やっぱキャラ版に移動したのは間違いだろ・・・前より悪いじゃねーか。
このスレを使い切ったら名前を変えて「文字バレ保管スレッド」とか新たに建てたほうがいいんじゃないか?

666 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 09:22:32 ID:LNH2bBCF
>>665
保管スレなんてさらにスレ違いだからな・・・
速攻でスレストかかりそう。

667 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 10:09:31 ID:YC0/QWC0
↑666はダミアン。
最初はさくらTVの人気コーナーだったんだよな。文字バレ。
視聴率を取れるとか何とか。


668 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 11:58:43 ID:CF5SsEA2
じゃあ定期的にこれ貼ろう

出目川かわいいよ出目川

669 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 12:46:08 ID:LNH2bBCF
767 名前: エライ人 ◆Gc4QFaCfEg 投稿日: 05/01/31 12:06:36 ID:8RqwdHoC
では報告
ミサはノートを見つけるがやっぱりLの名前は覚えてない

そこでライトに愛されたいが故にリュークと目の取引をし更に寿命を縮める

だがライトはミサが名前を忘れる、目の取引をするのも予測の範囲だった
次号[二択]

【補足】
・ミサの記憶はちゃんと戻った。
・死神の目保有の時は全員の名前が見えていたため、
 いちいち覚えてられないっつーのってことでLの名前は覚えていなかった。
・「抱擁」はライトとミサ。「創造」ラストでの抱擁がそのままそれなのか、また抱き合ったのかは不明。

670 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 12:57:09 ID:TElCV80K
鶴は千年ミサは万年

671 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 13:42:02 ID:YSKk8h1x
ここまで逝くと、ミサは最終回あたりで寿命で死ぬか
レムがミサのために死んでミサに寿命渡すかしかなさげだな

672 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 17:32:28 ID:GDpceYct
【追加】 リュークは死神界に帰ってたそうだ

673 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 17:59:14 ID:GDpceYct
ポスタらしいよ
http://h.pic.to/gz8a

674 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 18:10:23 ID:YSKk8h1x
>>673
なんか気のせいか肩幅のあるミサだな

675 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 21:25:02 ID:F7fk0ShO
>>673
食ったら一発で死にそうなチョコだな

676 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 23:05:28 ID:w3xXrzEM
文字バレの全バレ無い?

677 :名無しかわいいよ名無し:05/01/31 23:32:07 ID:SizP0bsN
追加
「抱擁」はミサとリュークでした。
懐かしい〜とミサがリュークに抱き付く


678 :名無しかわいいよ名無し:05/02/01 00:53:32 ID:6wefsJOs
さらに追加で
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1107159776/351
351 名前:エライ人 ◆Gc4QFaCfEg 投稿日:05/01/31 23:03:44 ID:8RqwdHoC
一応アップしとこ
http://g.pic.to/hbln

場所は捜査本部前 次週最後のページ、らしい

679 :名無しかわいいよ名無し:05/02/01 15:48:52 ID:Vw1x7CrQ
865 エライ人 ◆Gc4QFaCfEg sage 05/02/01 14:48:02 ID:YRZu5/75
ノートにあったミサ宛のメモでもどうぞ

海砂 君がこの手紙を読む時には全てを思い出してるはずだ

東応大学に君が来た時に会った流河と名乗ったが君に見えた名前は違っていた

僕の友人を覚えているか?彼の本名をこのノートに書き葬ってほしい

省略

これに従ってくれたら僕は弥海砂を一生愛す
夜神月

680 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:45:58 ID:9ShQxvFn
325 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 20:16:23 ID:tbfL28DH
ミサ:ここから東を見て
一番手前の大きな木
あれね…

(ミサが土を掘る)
この中に…
(ミサ、ノートを抱き締める)
ミサ:あはっ
ライト、思い出したよ…
このノートを使っていた時の事…
ミサも思い出せる様に
こっちのノートを埋めてくれてたんだね…
(ノートから手紙がおちる)
ミサ:手紙…


681 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:46:44 ID:9ShQxvFn
373 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 20:30:38 ID:tbfL28DH
(手紙の内容)
海砂、君がこの手紙を読む時には
すべてを思い出しているはずだ

東応大学に君が来た時に会った
流河ひで樹と名乗ったが君に見えた名前は違っていた
僕の友人を覚えているか?
彼の本名を、このノートに書き葬って欲しい
しかし、この手紙を見てすぐ葬ったのでは
おそらく僕と海砂が自由になってすぐという事になってしまう
葬る時は僕が指示をだす

そして、この手紙はすぐに燃やし
ノートも何時でもすぐ処分できるだけの数ページだけを
隠し持ち、ノート自体はまたしばらく埋めておく様に
それと、次に僕に会った時ノートの切れ端を自然に
触れさせてくれ
これに従ってくれたら、僕は弥海砂を
一生愛す 夜神月
ミサ:一生愛す…
やった


682 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:47:44 ID:9ShQxvFn
455 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 20:46:38 ID:tbfL28DH
ミサ:…そうか
これがライトの計画!
ミサにこのノートを持たせ
記憶を戻し…流河ひで樹…
竜崎を殺す…
という事は
彼が…エルなのね
これで、ライト…キラの
ひとつの障害が消え
ミサはライトの
力になれて…
…………
…………

683 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:49:07 ID:9ShQxvFn
492 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 20:51:11 ID:tbfL28DH
ミサ:
駄目だよ
ライト…
名前なんて
覚えてないよ
…………
一日、何十人、何百人って
人の名前と寿命が見えて
いたんだもん…
記憶が戻ったって
そんなのまで全部
思い出せない…

684 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:51:03 ID:9ShQxvFn
537 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:00:37 ID:tbfL28DH
ミサ:
………
でも、流河ひで樹は
名乗った名前と本名が
違っていた…
そう…
確かにそれは覚えてる
………
こういう人くらいは
覚えてなきゃ駄目なんだ
………
ミサでもそれくらいできると
ライトは…
どうしよう
ライトの役に立てない
………
従ってくれれば一生愛す
………
愛されたい…
ライトに嫌われちゃう…
………
思い出さなきゃ
思い出すしか…

あーっ
どうやっても思い出せなーい
もーっ
ミサの馬鹿

やだよ、こんなの…
ライトの力に
なりたいのに
愛されたいのに…
リューク:
はーっ


685 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:52:15 ID:9ShQxvFn
559 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:05:59 ID:tbfL28DH
リューク:やっと人間界に戻ってこれた
ミサ:リューク!!
リューク:そのノートや所有者に憑く死神は人間界に…

ミサ:久しぶりーっ
元気だった?
リューク:うほっ

686 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:53:51 ID:9ShQxvFn
588 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:12:09 ID:tbfL28DH
リューク:悪いが…
一応俺もオス
照れる
ミサ:あっそうだ
ライトが持っていけって
リューク:うほっ
ミサ:そんなにおいしい?
リューク:ああ、人間界のリンゴは…ジューシー…?って言うの?
とにかくうまい
ついさっきまで死神界で食ってたリンゴだ
食ってみる?
ミサ:砂
リューク:なっ
乾いてるだろ


687 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:56:08 ID:hK3lXw/J
なにこの自慰行為

688 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 21:58:42 ID:9ShQxvFn


639 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:21:21 ID:tbfL28DH
リューク:それは仕方ないだろ
あのライトだって、デスノートの記憶が戻ったからって
ノートに書き込んだ一字一句を覚えてるわけじゃ…
いや…あいつなら覚えているかもしれないな…
ミサ:でしょ?ミサが駄目なんだよ
やっぱり…
リューク(違うと思うけど)
ミサ:リューク
リューク:ん?


689 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:00:27 ID:9ShQxvFn
679 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:31:20 ID:tbfL28DH
ミサ:目の取引して
リューク:わかってるのか?おまえ一度レムと取引して寿命半分にしてるんだぞ
ミサ:わかってるよ
リューク:半分にした残りの寿命をそのまた半分にしていいんだな?
ミサ:うん!このままじゃライトに会わせる顔ないじゃない
リューク:…まあ俺はいいけど…


690 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:00:29 ID:4Gr4gKRT
なんか会話が飛び飛びになってないか?

691 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:02:45 ID:9ShQxvFn
733 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:42:13 ID:tbfL28DH
月:まず、事故死についてはキラがあらわれてから関東の全て
病死は若くして急病で亡くなった者
それらを地域や職種あらゆる観点から
片寄りがないか調べていく…
エル:じゃあ、火口にノートを渡す前は
死神界からたまに人間界を見ていたって事ですか?
レム:ああ、そうだ
エル:じゃあ何故火口にノートを渡したんですか?
レム:渡したのではなく、落としたのをたまたま火口が…
月:ミサはもうノートを掘りだし記憶を取り戻しているだろう
流河ひで樹の本名を思い出していればもう竜崎を何時でも殺せる
そして…


692 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:04:31 ID:9ShQxvFn
775 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:51:08 ID:tbfL28DH
月:もし名前を思い出せなくても
ミサなら僕の力になろうとリュークと目の取引をしている…
その取引はすぐに役に立つ
松田:あっミサミサだ
かわいそうに月君
ここじゃ携帯の電源も入れられないから尋ねてくるしかないんだ

693 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:07:21 ID:9ShQxvFn
800 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 21:54:30 ID:tbfL28DH
レム:リューク…何故ミサに憑いている!?
夜神月…あの時リュークと私のノートの交換はミサにミサの使っていたノートを…
やられた…!
ま…まさか…ミサ…
また寿命が減っている…リュークと目の取引を…



694 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:10:06 ID:9ShQxvFn
858 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 22:01:21 ID:tbfL28DH
ミサ:ライト
月:久しぶりだなリューク
待たせたが決着を見せてやれそうだ
リューク:ほーっ
ミサ:ライト…ごめん…
月:ん?どうしたミサ
ミサ:流河ひできの名前覚えてない…どうしても思い出せない
月:そうか、残念だな
ミサ:でも…リュークと目の取引したから
月:馬鹿、そんなことしたら寿命が…
ミサ:ううん、いいの
ライトの役に立ちたい
リューク:全ては計算か…


695 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:13:33 ID:9ShQxvFn
907 名前:美奈 ◆NPstCqwibg 投稿日:05/02/02 22:12:06 ID:tbfL28DH
月:ミサ、今の僕は君に目の取引をしてもらって、それを利用するよりも
君と長く理想の世界で生きたい
そういう気持ちなんだ
リューク:うそくせー
ミサ:ライト!うれしい!
リューク:この娘は抱きついてばかりだな
ミサ:でも、理想の世界をつくる足引っ張ってるよねミサ…
名前覚えてれば簡単だったんだよね?本当にごめんね
月:大丈夫だよミサ…
策はもうある
監禁される前に全て用意し、監禁後記憶をなくすまでの一週間は起こりうる全てのケースとその対応をさらに熟考していた
そして、今のパターンも悪くない
キラ完全復活への早道になった
ミサ
二人で犯罪のない優しい人間だけの新しい世界を創っていこう
ミサ:うん♪
続く
疲れた〜(-_ヾ)


696 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:15:47 ID:9ShQxvFn
ミナ氏に感謝感謝

697 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:29:58 ID:llwRiozS
Page. 56 「抱擁」

松田「どうしたんですか?ぼうっとして……。」
L「いや、別に何でもないですよ。(何か引っかかる。弥が第2のキラだったのはほぼ間違いなかったはずだ。物的証拠も揃っている。
  デスノートに書かれた制約だけを信じていいものか……?もし弥が第2のキラだったとしてあの制約が本物であれば、弥は既に
  死んでなければならない。そもそも何故弥や夜神月はデスノートに関する記憶がないのか。死神からも所有者でない私では聞き出せない。)」

チラッとレムの方を一瞥するL。

親父「さて、また振り出しに戻ってしまったな。」
月「いや、父さん。僕らのところには既にデスノートがある。」
親父「ああ、そうだったな。」
松田「それにしても第1、第2のキラは誰だったんでしょうか?」
相沢「馬鹿、今からそれを探すんだろ。」
松田「……そうでしたね。」
月「……。」

ふっと、Lが椅子から立ち上がる。

L「みなさん、聞いてください。」
一同「?」
月「どうしたんだ、一体……?(どういうつもりだ?まさか……バレている訳じゃないだろうな……。)」

L「このままでは地球は滅亡する!」

一同「な……なんだってーー!?」
ΣΩ Ω Ω Ω   Ω Й
 マツアフロモギオヤジ  ライトレム


698 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:30:58 ID:llwRiozS
L「先日我々がデスノートを手にしたのは覚えているな。」
月「おい、何を言ってるんだ。」
L「相沢。デスノートの素材は地球には存在しないもので出来ているとの報告だったな。」
相沢「ええ、科研からはそう聞いています。」
L「今我々が手にしているデスノートというものは、謂わば地球外物質だ。ではレム氏にお聞きします。。
  このノートに人の名前を書き込めば、その人物は死に至るのですね?」
レム「その通りだ。」
松田「でも、それって始めに解ってた事じゃないですか?」
L「筆記による殺人……。地球外物質……。増殖するキラ……。そして死神……。全てが符合する。
  デスノートは呪術だったんだよ!」

一同「!?」

月「何を非科学的な事を。おいおい竜崎、確かにデスノートは非科学的だが、呪術は無いんじゃないか……。」
L「いや、呪術は決して非科学的なものではない。例えばブードゥー教にゾンビパウダーなるものがある。
  ゾンビと聞けば、おどろおどろしいものを思い浮かべるかも知れないが、実際はそうじゃない。」
松田「ゾンビパウダーって、確かふぐ毒の成分であるテトロドトキシンと、ダツラという植物の成分であるアトロピン、
   スコポラミンが主成分でしたよね。ブードゥー教が作り出しているゾンビは、我々の常識を越えた高度な薬学
   の知識や技術があってできた可能性が高いのではという声もあるくらいです。」
L「そうだ。ダツラの方の毒物で、神経伝達を正常に行わせなくし、致死量のテトロドトキシンを摂り込ませる事で、
  高度の中毒症状とさせ、仮死状態に陥らせる。こうして出来上がったのが、人間という名の木偶だ。」
月「それと何の関係が……。……!?ゾンビとはブードゥー教の掟を共同体内で破ったものがなるものだ……。
  掟を破ったものは司祭の薬物投与によって従順な木偶にされ、強制労働を強いられ……最後には死に至る。」
L「デスノートにおける掟破りとは犯罪、悪の道に走る事だ。神の使いである司祭の役目はキラが負っている。
  そして、死ぬ前の行動もある程度操れる。だがゾンビパウダーはデスノートの様に即効性も無ければ、死ぬ前
  の行動も単純な労働作業しかさせられない、ましてや遠く離れた人間を殺す事も出来ない。ならばデスノートは
  人智を越えた代物と言えるだろう。」
松田「でも、いくらデスノートが人智を越えたものだからといって、人類滅亡には繋がらないんじゃないですか?」
月「そうだぜ、竜崎。デスノートで人間一人一人殺してったって、60億以上もの人類なんか到底滅亡できるかよ。」
相沢「そうですよ。たとえデスノートと呪術の関連性が認められたからといって、それが滅亡に繋がるとは……。」
L「いや、人類は滅亡する。デスノートの正体は、新種のウイルスだ!」

な……、なんだってー!?
ΣΩ  ΩΩ
 ライトマツダアフロ

次号「滅亡」


699 :名無しかわいいよ名無し:05/02/02 22:38:51 ID:d/4QFVnC
>>697-698はカスバレね。


で、本バレの予告頂きました

31 :394 ◆vApDBkE.Tc :05/02/02 22:28:02 ID:5PogPTt7
次号予告
月からミサへ更なる
指令!次号、「二択」

700 :page.56「抱擁」:05/02/02 23:58:02 ID:5aLYHPSY
エライ人氏の簡易バレ
>>669
>>672-673
>>677-679

美奈氏の詳細バレ
>>680
>>681
>>682
>>683
>>684
>>685
>>686

701 :page.56「抱擁」:05/02/02 23:58:27 ID:5aLYHPSY
>>688
>>689
>>691
>>692
>>693
>>694
>>695

>>680-686>>688-689>>691-695

702 :page.56「抱擁」:05/02/02 23:59:33 ID:5aLYHPSY
次回予告
>>699

260 名前:394 ◆vApDBkE.Tc 投稿日:05/02/02 23:01:16 ID:5PogPTt7
煽り
最初 ライトの指示を受け・・・
最後 ミサによって月は何を・・・!?
あらすじ
記憶の戻った月。一方、デスノートの存在も明らかになってしまうが、月はデスノートに嘘のルー
ルを加えておくことで自分とミサの潔白の]証明に成功する。月の計画は全てできあがっている・・・!?


バレ師の皆様に、感謝多謝です!!

703 :page.56「抱擁」:05/02/03 01:40:01 ID:xnMgg0+r
すみません、貼り忘れがありました。

178 名前:394 ◆vApDBkE.Tc 投稿日:05/02/02 22:47:16 ID:5PogPTt7
Lが食べていたのはソフトクリーム


…だそうですw

704 :名無しかわいいよ名無し:05/02/03 11:10:42 ID:qwoQhC+i
デスノハウトゥ

24 死神は無闇に人間界に居てはならない。
  人間界に居てよい条件は、
24-1 自分が所持していたノートを人間に持たせている時。
24-2 ノートを渡す人間を物色するのは、本来、死神界からするべきではあるが、
   82時間以内であれば、人間界に居て物色しても構わない。
24-3 人間を殺す目的でより深くその個人を観察する場合も、
   82時間以内でその人間に憑いていれば人間界に居てもよい。


25 死神は人間にデスノートを直接渡す場合、
  人間界単位で満6歳に満たない人間にノートを渡してはならない。

  満6歳未満の人間に渡してはならないが、
  人間界に落とし人間界の物になったノートは、
  何歳の人間に使われようとその効力は同じである。


26 事故死とだけ書き死の状況わ書かない場合は、
  そこから6分40秒以後、最短で不自然でない事故に遭い、死亡する。

  事故死の死の状況は、たとえその時死亡する人間が名前を書かれた者
  だけであっても、人間界の環境に多大な影響を与え
  その事で後に死者が出るような物は「人を巻き込む」事になる為、
  心臓麻痺になる。


27 デスノートに病死と書き、病名と時間を指定した場合、
  その病気の進行に必要なだけの時間指定がされておらず
  無理が生じると、書き終えてから40秒後に心臓麻痺となる。

  病死と書いた場合、病名を書かず時間指定をすれば、
  その時間通りに適した病気で死ぬ。
  ただし、デスノートで操れる死の時間は人間単位で23日間以内である。


28 病死とし、病名は書き死の時間指定をしない場合、
  その病気で死ぬのに24日間以上かかる時は、
  「死の時間を操れるのは23日間」は適用されず、
  その病名で死ぬのに適した時に死ぬ。

  上記の場合でも、死因や死の状況等を書き直せるのは6分40秒以内であり、
  どんな先の死であろうとその死の時間を動かす事はできない。


29 人間単位で124歳以上の人間をデスノートで殺す事はできない。

  残り寿命が人間単位で12分以下の人間はデスノートで殺す事はできない。


30 死神と眼球の取引をし、その目で見える人間の寿命は
  人間界にあるデスノートに関わっていない人間界での本来の寿命である。

  また、死神の目で見る事のできる人間の名前は
  「その人間を殺すのに必要な名前」であり、たとえ戸籍等に
  名前がなくとも殺すのに必要な名前は見える。


31 デスノートは、いくら名前を書いてもページがなくならない。

705 :名無しかわいいよ名無し:05/02/03 12:28:02 ID:ErMtEV02
                                             保守

706 :名無しかわいいよ名無し:05/02/03 21:16:36 ID:znoNaAYW
sage

707 :名無しかわいいよ名無し:05/02/04 01:26:22 ID:JoKzEErX
>>704
先月の段階で書かれてたやつじゃん

708 :名無しかわいいよ名無し:05/02/04 03:08:10 ID:ebPMbKeL
厨房がWEBに上げてますよ

http://eastocean.main.jp/home/bare/bare.htm

709 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 01:22:58 ID:bovjHzl8
そのサイトは落とし損ねた時の最終手段として
生暖かく見守りつつ応援している

710 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 22:26:44 ID:0OgyiKO1
Page. 57 「二択」
モニターのある部屋にはLと月とレムのみ。
画面に映っているのは、ビルの入り口に一人立っているミサの姿。

  月「何見ているんだ…竜崎……」
  L「昨日 ミサさんが訪ねて来た時の 監視カメラの映像です」
  月「……僕に見せたいものというのが これか?」
  L「はい 一緒に見てもらって 意見を聞きたいのです
    この映像の どこに 死神が驚くような要素が隠されているのか……」
  月「!?」
  L「他の皆さんがいると 二人のラブシーンを繰り返し見るなんて悪趣味だから やめろと
    言われそうですからね
    当人である月くんと二人だけで見る分には かまわないだろうと判断しました」

トリュフ型のチョコレートを、ひたすらぱくつきながら、しゃべっているL。
月は、厳しい視線をレムの方に向ける。レムも、すごい顔で月を睨みつける。

  L「ああ レムさんもいるから 月くんと二人きりではなかったですね……
    あ ちょうど このあたりです」

モニターの画面の左下の方にミサがいて、背後にデカデカと映っているリュークの姿が
月やレムの目には見える。

  L「ここで レムさんは とても驚いた様子でした」

月 .。oO「リュークの姿や ミサの残り寿命が減っているのを見て 驚いたんだな
    レムにしたら 予想外のことだったろうが……態度の変化をLに悟られてしまうとはな」

  月「わからないな 一体何に驚いたというんだ
    いや そもそも本当にこれを見て驚いていたのか?」
 レム「私は 別に……」

画面には、降りて来た月に駆け寄るミサが映っている。ミサの背後にはリューク。

  L「これが映っていた時には とても恐い顔で画面を じっと見ていました
    やっぱり月くんにも 何がそんなに死神の興味をひいたかは わからないですよね?
    人間の目で見えない何かを死神の目で見て それで……
    まさか死神であるレムさんが 仲の良さそうな恋人同士を見て嫉妬した訳ではないでしょうし」
 レム「当たり前だ 私は お前と違う」
月&L「!」
  月「竜崎…………
    そう言えば ミサと初対面の時 ずっとミサのファンでしたとか言っていたな」
  L「誤解です
    レムさんも 話を妙な方向にそらさないで 何を見て驚いたのか教えていただければ助かります」
 レム「そうか? あの時 私が画面に目をやったのは お前がすごい顔で画面をにらんでいたからだ
    だから何が映っているのかと思えば これだ」

レム.。oO「全くの嘘という訳ではない こいつがミサを見る目つきは異常だった
     疑いは晴れたと言って解放しておきながら ミサに対して執着し続けているようだ
     またミサが監禁されることにでもなったら……もうミサの あんな姿は見たくない……」

711 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 22:27:42 ID:0OgyiKO1
レムの脳裏には、マニアックな縛り方をされ、目隠しをされた、かつてのミサの姿。

レム .。oO「再びミサを危険に巻き込み 寿命まで縮めさせる原因になった夜神月は許せない
     だが ミサの嘆き悲しむ様子を想像すると おいそれとは殺せない
     それに竜崎と呼ばれている こいつ
     たぶん こいつが 夜神月が殺したがっていたL
     こいつは とにかく しつこい… こいつに質問ぜめにあった ここ数日だけでも よくわかった
     夜神月を殺して私も死んだら こいつからミサを守る者が誰もいなくなってしまう
     かと言って こいつの方を殺しても 今の状況では やはり私は死ぬかもしれない
     そうなると夜神月はミサが邪魔になったら 何時でも自由に殺せるようになる
     二人とも殺せればいいんだが 私が殺せるのは どちらか一人だけか……」

モニターには、月とミサが抱き合っている場面。

  L「月くんは 気になりませんか?
    ミサさんが いた頃は ミサさんの姿は常に画面に映っていました
    なぜ死神は 初めて見た訳でもないミサさんの姿を見て あんなに驚いたのか
    ミサさんが このビルを出てから たった三日……その間に 死神の目をひくような大きな変化が
    何かミサさんの身に起こったのかもしれません」
  月「そう……なのか?」

振り向いて、レムに問う月。

  レム「いい加減にしろ だいたい お前らは あのミサとかいう女を殺したくて聞いているのか?」
  月「まさか!」
  L「私は ただミサさんが心配で聞いているんです」
 レム「では あの女については 何でも知っておきたいという理由か?」
  月「そうだ!
    もしもミサの身に何か危険が迫っているなら教えてくれ
    それとも ノートを使っていない奴には 教えられないか?」
  L「………」
レム.。oO「ミサがリュークと目の取り引きをした事は 既に二人から聞いているだろうに……白々しい!
     ミサの身に迫っている危険とは お前だ 夜神月……それに この竜崎と呼ばれている男
     私が特別にミサを気にかけていると はっきり分かってしまったら またミサを監視するのか?」
 レム「ノートを使う使わないの問題ではない 馬鹿馬鹿しい
    死神の仕事は人の寿命を縮める事だ 人間を助けることじゃない」
レム .。oO「そうだ 死神にできるのは 人間の命を奪うか 人間を不幸にする事だけ……」
  L「ミサさんの身に 何か変化があった――それは 否定しないのですね?」
 レム「肯定もしないけどな
    ストーカーというのか? 妄執に取り憑かれて他人を追い回す奴は お前以外にも
    人間界を観ていると時々見かけるが…… 正直 そんな奴に付き合うのは 御免だ」
  L「妄執に取り憑かれて他人を追い回す ………ミサさんの事ですか?」

立ち上がって、そのまま去ろうとする月。

  L「月くん 怒ったんですか?」
  月「いや 呆れただけだ…… 確かに付き合ってはいられない
    ミサの事は心配だが」
月 .。oO「頼んだ事を うまくやってくれているかどうか…がな」


712 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 22:28:37 ID:0OgyiKO1
場面が変わって、ミサの部屋。部屋着でベッドに寝転がりながら、パソコンをいじっているミサ。

  ミサ「あった! これかー 『衝撃の事実! 弥海砂はLに拘束されていた』
     そこまでは当たっているけど 『西中監督の映画に主演決定したのは Lによる慰謝料代わりだ』?
     Lが そんな気が効く奴のわけ ないじゃん ちゃんと否定しておかなきゃ」
リューク「ネット上には無責任な噂ばっかりだと 月が以前言っていたな
     ムキになって否定したところで しょうがないんじゃないか?」
  ミサ「否定して信用してもらうのが目的じゃないもん
     ミサがやろうとしているのは 月に頼まれた通り Lの正体や居場所なんかについての噂を流す事」
リューク「ああ あれか」

以下回想
   月「僕が なかなかLを殺せなかった理由の一つには
     下手にあいつを殺したら 僕がキラだと教えるようなものだったから――というのがある
     だが 真偽不明な噂という形であってもいい
     Lの正体についての情報がいったん世間に流れたら Lを殺した犯人の特定は難しくなる」
回想終わり

リューク「しかし 月は ネットへの書き込みは 証拠が残りやすいから注意しろとも言っていたような」
  ミサ「わかってるよー また捕まって監禁されるのはイヤだからね ちゃんと気をつけてる
     万が一バレたら こう言うよ
     ミサはヨツバのキャンペンガールの面接の時に アイバーに言われたネットの噂が気になっていて
     自由になってから パソコンで探していて見つけてしまった
     読んだら 有る事無い事 書いてあるんで 頭にきて つい書き込んでしまったんだって」
リューク .。oO「思ってたより知恵があるかもしれないと 月が言っていたが」
  ミサ「問題は あのビルとLを どう結びつけるかだよねー
     誰かが何処かで あのビルは変だって噂を流してくれていれば それに乗っかればいいけど……
     そうはうまくいかないかな
     やっぱりミサが自分で噂を流すしかないのかな 『謎の幽霊ビル!?』とか」
リューク「幽霊ビル?」
  ミサ「何十階もある新築の立派なビルなのに あそこにいた捜査員の人達って数人だけでしょ?
     外から見れば 人の出入りも滅多にない 無気味なビルに見えるよ
     ヨツバの接待で来た事務所の女の子たちは あそこでマッツーが墜落死したと思ってる
     あん時は救急車まで来たから 近所の人も見ているだろうし 幽霊が出ても不思議はない
     そして キラの殺人が止んだ数日後に あそこからヘリが飛んだ……
     オカルト好きの心を掴むような噂は 作れそうじゃない?」
リューク「何だか えらく楽しそうだな」
  ミサ「うん この手の話を考えるのって 嫌いじゃないんだ♪ ミサ 怪談とかも得意だしね
     それで月の役に立てるんだもの ミサは今 とっても幸せ」
リューク「……そうか」
  ミサ「それから このリストの人達をノートに書いて操って Lの写真を公開してもらうようにすれば……
     今度こそ Lを殺せるよね うーん 何だかワクワクするぅ」

次号「泥棒」


713 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 22:31:05 ID:0OgyiKO1
一括
>>710-712

714 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 23:06:52 ID:+e40IR9X
本バレっ!?

715 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 23:41:53 ID:sQ7KyInM
どうせウソだろ

716 :名無しかわいいよ名無し:05/02/05 23:57:34 ID:nFF+ZsM6
よく出来てるが、タイミング的に早い。勿体無いぞ。
出すなら早くても月曜から火曜に日が替わる頃がいい。

717 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 00:02:41 ID:VMGjZh3q
カスバレはよせっつってるだろ
そんな悠長なことやってられるかバカ
月はかなり即効性のある計画を立ててる

718 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 00:07:05 ID:hbXHWvAb
みんなこれを良い出来だと思うのか?!
俺はウソバレだとしても萎える。
デスノはレムのそんな細かい反応について
一話分言及するような漫画だとは思えないが…
もし本バレだったらデスノ読むのやめるわ。

719 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 00:43:07 ID:DNF0pjuh

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;   他人にとって無意味な宣言でも
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  やめると言えばカコイイ……
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  やめるだけだから何も無いし……
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f   俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!


720 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 10:37:49 ID:ItW0rUvH
ニートヒッキーがカスバレでネットデビューするにあたって
流れの速いネタバレスレより、こっちのほうが長く残るから
このスレに書き込むんだろうな。

721 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 11:49:48 ID:JLHKmMbP
このスレが初出な嘘バレってないよ。
嫌がらせでコピペしといて、後で>>720のような嫌味を書いとく奴がいるんだな。

722 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 13:52:45 ID:jXg6ynME
おいおい、で、どれが本物なんだよ。

723 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 15:48:18 ID:gWLARyXx
嘘バレ作るのにも不便なので(w 作ってみました。ミスってたら訂正ヨロ。

ポップアップ
page35「白紙」 >4 >5 >6 >7 >8 >9
page36「親子」 >10 >12 >13> 14
page37「八人」 >15 >16 >17 >18 >19 >20 >21
page38「打撃」 >22 >23 >24 >25 >26
page39「離別」 >27 >28 >29 >30 >31
page40「仲間」 >32 >33 >34 >35 >36
page41「松田」 >37 >38 >39 >40
page42「天国」 >48 >49 >50 >51
page43「黒」  >69 >70 >71 >72 >73 >74 >76 >78 >79
------ここまでが5巻
page44「後継」 >109> 110 >111 >112 >113 >114
page45「無茶」 >120 >121 >122 >123 >125
page46「不向」 >151 >152 >153 >154 >155 >156 >157 >158
page47「先走」 >186 >187 >188 >189 >190 >191 >192
page48「交換」 >210 >211 >212 >213 >214 >215 >216 >217 >218
page49「植木」 >243 >244 >245 >246 >247
page50「四葉」 >256 >257 >259 >261 >270 >271
page51「誤認」 >314 >315 >316 >319 >322 >324
page52「寸止」 >377 >378 >379 >380 >381 >382
------たぶんここまでが6巻
page53「悲鳴」 >492 >493 >494 >495
page54 「中」   >552 >553 >554 >555 >556 >557
page55「創造」 >623 >624 >625 >626 >627 >628
page56「抱擁」 >680 >681 >682 >683 >684 >685 >686 >688 >689 >691 >692 >693 >694 >695


724 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 15:51:24 ID:gWLARyXx
一括
page35「白紙」 >>4-9
page36「親子」 >>10-14
page37「八人」 >>15-21
page38「打撃」 >>22-26
page39「離別」 >>27-31
page40「仲間」 >>32-36
page41「松田」 >>37-40
page42「天国」 >>48-51
page43「黒」  >>69-79
------ここまでが5巻


725 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 15:52:40 ID:gWLARyXx
page44「後継」 >>109-114
page45「無茶」 >>120-125
page46「不向」 >>151-158
page47「先走」 >>186-192
page48「交換」 >>210-218
page49「植木」 >>243-247
page50「四葉」 >>256-261, >>270-271
page51「誤認」 >>314-324
page52「寸止」 >>377-382
------たぶんここまでが6巻


726 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 15:53:23 ID:gWLARyXx
page53「悲鳴」 >>492-495
page54 「中」    >>552-557
page55「創造」 >>623-628
page56「抱擁」 >>680-695

4巻 How to use it >>140
5巻 How to use it >>704

727 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 15:59:26 ID:RKOwSaAu
おぉ女子中学生ミナたん復活?
ミナたんかわいいよミナたん

728 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 17:22:39 ID:k+aJCtjH
ふと疑問に思ったんだが
月とLが手錠で繋がっていたときって着替えどうやってしてたんだ?
下半身はどうにでもなるけど上半身の着替えは無理じゃないのか?
まさか手錠と腕のわずかな隙間から服を押し込んで着替えたとかか?

729 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 18:08:48 ID:JXpCNzh1
上半身の着替えをするときは、足を手錠で繋いでおけば問題なし

730 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 19:03:44 ID:CQNAjHfD
あえて嘘バレをまとめたサイトとか面白そうだな。
||Φ|(|゚|д|゚|)|Φ|| タイーホもされないだろw

731 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 19:09:30 ID:cVwR15Zs
嘘バレかよ、真剣に読んじまったじゃねーかボケ。

732 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 19:17:19 ID:XaeNo9cA
>>730 ヒカゴにはあったけどね↓
http://snow.prohosting.com/hikaru37/
特に俊逸なのが↓伊角シリーズ
http://snow.prohosting.com/hikaru37/hikago/firefighter1.htm

本バレはやばいけど、ウソバレなら二次作品の同人誌などと同様に
ボーダーライン。お目こぼししてもらえる可能性高い。

733 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 20:32:36 ID:+9I6kWbV
これがあの伝説の消防士のイスミシリーズか…

734 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 22:27:32 ID:32O5Mj3S
page57「二択」

松田:レムに聞きたいことがあるんだけど。
レム:なんだ?
松田:顔見ただけで名前がわかる目ってあるんだよね?
レム:それがなにか?
松田:レムももしかしたら、人の顔見ただけで名前わかるの?
レム:無論。
松田:スッゲェー。でも信じられんな−本当か?
レム:本当だ。
松田:ウソクセー。
レム:なんなら試してみるか?
松田:じゃ。そこにいるヤツ(竜崎)の名前当ててみろよ?
月:そうだ!言ってみろYO!
相澤:そうだそうだ!
総一郎:いっと毛。
模木:ごー
レム:い。いや。そいつ殺して、もしミサの寿命が延びることになったら
私は死んでしまうので・・・
月:はぁ?別に殺せとは言ってないじゃん。名前言うだけだよ、ゆうだけ!
全然問題無いじゃん。
松田:いったら信じてやるYO?言わなきゃウソツキケテーイ。
竜崎:フザケンナオマイラ!
総一郎:監禁とかされたしぃ。マジムカツク。名前ばらしちゃえ!
月:そうだ!マジムカツク!ばらせ!
相澤:禿同!
松田:レムちゃんの、チョットいいトコみてみたい!
竜崎:お、おい、お前等。そんなことよりミサさんとレムは一体どういった関係で?
今ポロっとミサさんの名前出たけどこれ重要。何で寿命延びるの?
月:L必死だなw。そんなもん後でいいんだよ、後で。さ。名前名前!
ミサ:あ、何ならあたしが名前発表しようか?エッヘッヘ。
つーかノートにもう書いちゃったけどお。ウフフフ。ここに実はもう一冊あるんだよねー。
竜崎:ぐはっ!
ミサ:チーン。しゅうりょおー。さ、ライト。持ってきたよ。デスノート。これでいいんでしょ?
月:GJ!
相澤:GJ!
総一郎:GJ!
松田:GJ!
模木:GJ!?
ミサ:ところでタイトルの二択って?
月:んー?なんだろうね?たまには違っててもいいんじゃね?

次号「三択」


735 :名無しかわいいよ名無し:05/02/06 23:09:22 ID:kO7bSZXD
ツマンネ

736 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 04:49:28 ID:6R4v9nAg
嘘バレウザい、厨臭ぇバレスレでやってろよ。

737 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 11:38:23 ID:m0kSDnM3
>728
そこまで常時手錠する必要はないだろう
救急救命士に返送した時だって外してただろうし。

738 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 13:53:37 ID:0WZamu3L
649 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[] 投稿日:05/02/07 12:13:32 ID:hfDmlLMF
ミサはライトの指示に従い犯罪者を裁き出す

レムはそれを心配する。ノートの事はバレ、どういう過程を辿ろうとも最終的にキラとして捕まるのはミサだからだ。

ライトを殺してもミサは助からない。それどころかミサの味方はいなくなり追い詰められるのが速くなるだけ。ライトは私がミサの命を助けると確信しているんだ。この状況でミサを助けるには竜崎の本名をノートに書くしかない…。屍になるのはミサかレム…。

竜崎はノートの検証を実際にすると言い出す。これをやられたら13日の嘘がバレ、ミサのシロが覆る。
レムは竜崎の指示を受けたワタリを殺す


次号 「胸中」


739 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 14:39:39 ID:SIL24z4h
カスバレ貼って構ってもらおうとするアホ増殖中

740 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 15:13:36 ID:pZexS4uw
めでたしめでたし

741 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 16:07:39 ID:6cWlduc0
ウソバレ邪魔


742 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 17:10:37 ID:65WQC0Lc
>>738は本物です。

743 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 17:30:08 ID:w69QKmv6
945 名前:エライ人 ◆Gc4QFaCfEg [sage] 投稿日:05/02/07(月) 17:19:11 ID:hfDmlLMF
言葉足らずだったのでちょっと詳しく書いてみる

L「どこの国でもいい。掛け合ってみましょう。このノートを死刑に使ってもらいます」

L「ノートに名前を書き込むのはそこから13日以内に死刑の決まっている者とし13日経って生きていれば死刑を免除するという司法取引を交わさせる…」

L「ワタリ、条件に当て嵌まる各国首脳に」

レム「ワタリ…ここへ戻る間竜崎と夜神月とずっと一緒に居た…」

レム「ここに来てからもパソコン越しに何度か重要な事を…竜崎の実質の片腕…」

ガシャン

L「どうしたワタリ?……」

月「レム、そこまでやってくれるとは思ってなかったよ」

744 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 17:50:26 ID:CW/IsJH7
わたりいいいいいいいいいいいいいい


745 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 17:51:53 ID:VXyZ+i9i
ワタリはこなみじんになって死んだ

746 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 17:55:55 ID:6R4v9nAg
うわ…ワタリ死んだんだ、こりゃもうデスノも最終章だな。
あと半年か一年で終わりそう。


747 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 19:05:46 ID:GFym75QF
162 名前:エライ人 ◆Gc4QFaCfEg メェル:sage 投稿日:05/02/07 18:52:47 ID:hfDmlLMF
ワタリに異変!?そして…次号 「胸中」


悲しむのはまだ早い

748 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 21:19:57 ID:AIUunozv
全バレまだ?

749 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:21:08 ID:7lXhgVq9
page.57 「二択」
煽り  「月の指示は「犯罪者裁き再開」!!何の意味が!?」
あらすじ「火口のノートを手にし記憶の戻った月。そして、ミサもまた月の指示に従い埋めたノートを手にし記憶が戻った。
     ミサはかつて見た流河の名を覚えていなかったが、それでも月の策は揺るがない!?」

   月・ミサはLビル玄関口にて話し合っている

月  「今 僕は犯罪者を裁ける状況にない
    ミサ 君が裁いてくれ」
ミサ 「わかった」
月  「犯罪者の情報を得るのはテレビやネットで問題ないが
    デスノートの切ったページに書き込むのは 家の中は避け監視カメラの有無に十分注意し
    ロケ先のトイレの中や外で一人の時にだ」
ミサ 「うん わかってる」
月  「それをしていてくれれば 僕もキラとして必ず動ける様になる
    二人で新世界を創ろう」
ミサ 「ライト…」

   ミサは月と別れLビルを後にする

煽り  「降り立つのは此処だ。」

750 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:23:07 ID:7lXhgVq9
ミサと別れた月は捜査本部に戻ってくる
   そこでは未だにLがレムに質問をぶつけている

L  「この殺人ノート このページの端がちょっと切れてるんですが
    この切れた部分の方に人の名前を書いても死にますか?」
レム 「………… ………… さあ?
    私は そんな使い方はした事がないからわからない」

レム(´-`).。oO「竜崎…やはりこいつは 夜神月と同じ発想 同じレベルで物を考えている…」

L  「では 死神はリンゴしか食べませんか?」
レム 「そんな事はない
    しかし 死神界は廃れていてほとんど食べ物もなく
    死神の内臓は退化…いや 進化していて食べる必要は無いが…」

   Lは帰ってきた月に気づくと

L  「夜神くん 早いですね」
月  「?」
L  「せっかく 自由の身になったのにほとんど本部から出ない…
    ミサさんが訪ねて来ても玄関先で数分の立ち話…
    外で文字通り自由恋愛していいんですよ?」
月  「まだ キラ事件は解決をみていない
    とても恋愛なんて気分にはなれないよ
    それとも僕がずっと本部にいたら迷惑だとでも言うのか?」
L  「……いえ…」

L(´-`).。oO「何故か夜神月は自由になってもここから外に出る事をしようとしない…
        いや 私から目を離さない様にしている?…………
        今までとは逆に監視されている気分だ…
        私が殺人ノートを勝手に使わぬ様に?
        確かにノートの検証はしたいがそれをできる状況でないのはわかるはず…
        それ以外の理由で私を監視しているとしたら・・・」

月(´-`).。oO「今 おまえに姿を隠されでもしたら おまえの死を皆で見届けられなくなる
        ……………………
        本部にノートがあり それを誰も使っていない状況でおまえが死ぬことが大切なんだ
        ノートを持って姿を隠されれば所有権のある僕にレムが憑き
        ノートがここにないのにレムがここに残るという不自然な形になる
        それに警察の上層部との関係も修復した今
        おまえの一挙一動 目を離す訳にはいかない」

相沢 「局長 次長になるらしいですよ!」
父  「いや まだ決定ではない コホン」

月(´-`).。oO「警察もアイバーもウエディも今は竜崎から何も指示をされていない
        それが確実だからミサに犯罪者裁きをさせられるんだ
        これで必ず全てうまくいく」

751 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:24:28 ID:7lXhgVq9
翌日

父  「どういう事だ?……………
    また犯罪者殺しが……………」
相沢 「昨夜だけで16人…火口が死んでから報道された者…」
松田 「片っ端スね…」

L(´-`).。oO「………… …………」

   Lがチラリを月を見る

月  「キラ…くそっ…」

父  「………やはり火口がキラというわけではなかったって事か…」
月  「いや 火口が捕まるまでは火口が犯罪者を裁いていたのは確かだ」
相沢 「じ…じゃあ また他のキラが現れたという事に…」
松田 「ああ〜っ なんで〜」

L(´-`).。oO「……………
        ここでキラ…どうなっている…」

月(´-`).。oO「これで 竜崎はここで捜査を続けるしかなくなる…」

月  「しかし これで本当にもう一冊 殺人ノートが存在していることが明らかになったな
    そうだな? レム」

レム(´-`).。oO「………… …………」

レム 「だろうな…死神はわざわざ犯罪者だけを狙って殺すなんて事はしない…」

レム(´-`).。oO「……………
         なんて事だ…もう一冊のノート…犯罪者裁き…ミサしかいない…
         さらに ミサの寿命は減っていた…
         ノートを持ち リュークと目の取引をしたという事だ…」

L  「弥が自由になった途端ですね…」
月  「竜崎 まだそんな事を」
レム 「!」

レム(´-`).。oO「竜崎がミサを疑うのは当然
         ……………」


752 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:25:48 ID:7lXhgVq9
月  「ミサは関係ないだろう
    そうでなくても第二のキラとして疑われていたんだ
    万が一キラの能力を持ったとしても このタイミングで それを使うほど馬鹿じゃない
    「途端」と言うなら火口が死んだ途端だ」
L  「……………
    それもそうですね」

L(´-`).。oO「しかし それを逆手に… それは…ないか…」

父  「ライトの言う通りだ 竜崎
    弥の事は一度忘れるべきだ
    「殺人ノートを使った者は13日以内に次の名前を書き込まないと死ぬ」
    この事から弥は第二のキラでなかったと判明している」
相沢 「うむ 竜崎は自分の推理に固執し
    そっちにばかりもっていこうとしてしまっている」
L  「………はい…すみません…
    まあ もう一冊ノートがあって誰かが使っているのなら…
    その人間は必ず捕まえます」

レム(´-`).。oO「…………… ……………」

父  「しかし…ノートに名前を書くと言うだけで殺せるんだ
    犯罪者だけの殺しだと火口を探し当てた様にはいかんな…」
松田 「………そうですね………」
L  「殺し方はわかったんです
    少しでも怪しいと思える者が出たら片っ端から押さえ
    ノートを持っていないか徹底的に調べればいい」

レム 「……………
    他の者はともかく竜崎はミサを疑う…
    夜神月…もう大丈夫だと思っているのか
    ……………」

月  「レムはミサの心配をしている
    こうなれば あとも筋書き通り…」

月  「しかし 竜崎 殺人ノート…これは僕も本当だと信じるが
    これを持ち 名前を書き入れた者を捕まえたとして
    ちゃんと大量殺人犯として罪に問い罰せられるのか?」
L  「立証はできませんね…殺人ノートの検証をしないかぎり…
    しかし 私は そんな事はどうでもいいんです
    事件が解決すれば
    あとは法務省にでも任せましょう」
松田 「…いや ちょっと…
    ノートを試す必要なんかなく 罰せられるに決まってるじゃないですか」
父  「…………
    松田…それには裁判をし 殺人ノートを証拠として法廷に出す必要が…」
松田 「いや…でも…そんな理屈じゃなくて
    ……………
    人が死ぬのがわかっていて何人もの名前を書いたって事ですよ
    ノートの存在を公にするべきでないのなら抹殺するべきだ」
相沢 「抹殺とは穏やかでないが
    上の方はそれに近い措置を取るだろうな…」

レム(´-`).。oO「…………抹殺…」


753 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:27:39 ID:7lXhgVq9
L  「ノートによる殺人を認めれば極刑 少なくとも終身刑
    認めなければ ノートに自分の名前を書かす
    そんな所ですね
    まあ そんな事は捕まえてからの話です
    今 考える事ではありません」

月(´-`).。oO「今 考える事ではないが 今言っておいて欲しい事だ…」

レム(´-`).。oO「何を考えている 夜神月…
         ミサが捕まったらおまえの身だって…
         !
         …………… ……………
         そういう事か…なんて奴だ…
         今 犯罪者を裁いているのはミサ それは間違いない
         ノートの事はバレた この先どういう過程を辿ろうとも
         最終的にキラとして捕まるのはミサ それは動かないだろう…
         夜神月は私がミサの命を助けると確信しているんだ…
         この状況でミサを助けるには竜崎の本名を私が私のノートに書くしかない…
         そして この状況で私が竜崎を殺せば 確実にミサの寿命に関わった事になり 私も死ぬ…
         本部の他の者にも私の姿を見られた事をどうするんだと思っていたが…
         私が死んでしまえば…
         夜神月の都合のいい様に全てできあがっている…
         これではもう 私が夜神月を殺しても何の意味も無い ミサは助からない…
         それどころか ミサの味方はいなくなり 追い詰められるのが早くなるだけ…
         いや そもそも夜神月が死んだらミサは生きる望みを失う事はわかった…
         もう夜神月は いろいろな意味でミサが生きていくのに必要な人間になっている…
         ……………
         全て わかっている…読んでいる…
         逆に この捜査本部から竜崎が消えれば
         実質ここでの捜査方法を決めていく力を持つのは夜神月となり
         ミサには手がまわらない様 捜査をコントロールしていけるだろう…
         いや こうなると夜神月なら本当にミサと共に世界を牛耳る事に…
         ……………
         今 確かなのはこのまま放っておけば竜崎指揮のもとにいつかはミサが捕まるという事…」

月(´-`).。oO「どうする レム
        死神のくせに おまえがミサに入れ込んでる事は十分わかっている
        そうでなくとも ミサの寿命はまた減ったおまえはそれを見たはずだ
        残りの人生くらいミサの望む様にしてやりたいだろう
        そう…ミサの望む様にだ
        今ならまだミサに疑いを持っているのは竜崎だけだ
        よほどの確証を出さなければ他の者はミサをマークする事には反対する
        それは竜崎もわかっていること…
        しかし 時が経てば経つほどミサに迫っていく事も間違いない
        おまえは さらに寿命の減ったミサを見殺しにすることはできない
        ミサの幸せを考えてやれ」

レム(´-`).。oO「……………… ………………
         今さら 私の知ってる事を全て暴露したところで
         ミサの罪が軽くなりはしないだろう       
         共犯には違いない 極刑…終身刑…
         屍になるのはミサか…私か…
         ………………
         夜神月は あの時から こうなる事を考えていたのか
         ………………」

   レムは月がレムにノートを持たせた時の事を思い出していた


754 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:28:35 ID:7lXhgVq9
月(´-`).。oO「もちろん ミサが流河旱樹の本名を覚えているのが一番ではあった
        それなら竜崎がどこに居ようといつでも殺せる
        当分犯罪者裁きは止めておき 事件が風化したところで竜崎を殺す
        そして その死からもまた 時間をおいて犯罪者を裁いていき新世界の神となる
        理想の形は そっちだった
        また ミサに死神の目を持たせ 竜崎を見る事ができても終わりだったが
        ここのセキュリティを崩すには時間が必要だし
        父達にもレムの姿を見られてしまった現状では…
        竜崎が死にレムも死ぬ
        それが最高の形!
        さあレム竜崎を殺せ 竜崎がミサに不利な行動を取る前に
        父達がミサは完全に白だと思っているうちに殺すんだ」

L(´-`).。oO「弥が自由になったら またキラ…
        …………
        死神と話して得る物はあったが
        この死神は私が知りたい肝心なところは「わからない」だ…
        ……………
        昨日も切れたノートの方で人間を殺せるのかという問いには「わからない」だった…
        ……………
        もし 切れた方に名前を書いても殺せるなら
        ……………
        不可能ではない」

   Lは盗撮中の月を思い出す

L(´-`).。oO「いや それができるのなら うまくやれば いつどこでも殺せる…
        火口すらもあの場で殺せたといえるか…
        しかし…
        ………
        このノートに一度名前を書き込んだ者は13日以内に次の名前を書き込まないと死ぬ
        殺人ノート…それくらいの代償があって当たり前…
        そして夜神月…弥海砂は生きている
        …………………
        切ったノートにでも名前を書けば死ぬ…ならば…
        しかし 13日…これだけが…」


755 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:29:26 ID:7lXhgVq9
L  「どこの国でもいい 掛け合ってみましょう
    ちゃんと承認をもらえれば問題ないはずです」
月  「!」
父・松田「?」
L  「このノートを死刑に使ってもらいます」
父・松田「……… ……… ………」
父  「試すっていうのか!?」
相沢 「無理だ 今更そんな事をしなくてもこのノートの力は本当だろ?」
松田 「だ 大体 誰が名前を書くんですか?
    一度書いたら13日以内の周期で永遠に書き続けなきゃならなくなる…」
L  「ノートに名前を書き込むのはそこから13日以内に死刑の決まっている者とし
    13日経って生きていれば死刑を免除する という司法取引を交わさせる
    …………………」

月(´-`).。oO「竜崎…この考え方はやはり僕とミサを まだ疑っている…
        しかし これでいい…
        これをやられたら 13日の嘘がばれ長期監視によるミサの白がくつがえる
        ……………
        くつがえれば ビデオの件…ノートの件…目の話…死神の話…
        すぐにまた ミサという線に…
        やはり竜崎はミサへ疑いを戻そうとしている…」

L  「ワタリ 条件にあてはまる各国首脳に」
父  「竜崎!」
相沢 「無茶だ 待て!
    そんな事を今して何になるんだ?」
L  「もちろん 殺人ノートの検証です」

レム(´-`).。oO「ワタリ…ここへ戻る間 竜崎や夜神月とずっと一緒にいた…
         ここに来てからもパソコン越しに何度か重要な事を…竜崎の実質の片腕…
         ミサの命を延ばす事になると考えられる人間の名前を書き込んでも
         その人間が死ぬまで…40秒以内ならば他の…」

    Lの行動に皆が釘付けとなってる間に壁を通り抜け何処かへ行こうとする
    次の瞬間パソコン越しに「ガシャン」と音がした

L  「どうしたワタリ
    ワタリ?
    ……………」

月(´-`).。oO「レム そこまでやってくれるとは思ってなかったよ」
    レムが自らのノートに何かを書き込んでいる


煽り  「名が記された!?」
次回予告「ワタリに異変…!?そして…!?次号、「胸中」!!」


756 :名無しかわいいよ名無し:05/02/07 22:31:48 ID:7lXhgVq9
page.57 「二択」 以上です

>>749
>>750
>>751
>>752
>>753
>>754
>>755

一括 >>749-755

今週もエライ人氏、(ry氏、コピペしてくれた人などに感謝

757 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 05:39:23 ID:F65pzZ31
うお…マジ面白い、ワタリの死の前の行動で何させるつもりだレム…

758 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 18:23:09 ID:+lQV47LV
>>757
40秒の間にLの名前書いてくれる、だったら楽だよね

759 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 18:31:12 ID:b+M85Ni0
レムがノートに記した名は・・・

『弥美沙 夜神月の腕の中で見守られながら安楽死』
レム「すまないミサ・・・」
ジェラスが生きていた頃を回想するレム。

人間界を見つめるジェラス
レム「ジェラス。おまえいつもその人間の娘を見ているな」
ジェ「この娘・・・病気なんだ。人間の医者が言うにはあと2年の命らしい。本人も知っている。」
レム「?。寿命では来月死ぬことになってるぞ。ヤブ医者だな」
そしてミサの寿命の日。
レム「今日死ぬのか。こんなに元気そうなのにな」
現れるミサのストーカー
レム「おいおい。すごい展開だな」

レム「その後・・ミサを助け、ジェラスは死んだ・・・。
   死神であるジェラスの何千年分もの寿命がミサに与えられたが、
   肉体が病に侵されていっては何千歳分の寿命も意味が無い。
   肉体が朽ちる2年後がミサの寿命となり、わたしとの契約で余命1年となった。
   『若いきれいなうちに死ねるならいい。でも死ぬ前に少しでも自分の生きた証をこの世に残したい』と始めたモデル。映画の主演。
   夜神月がミサを利用しているだけなのはわたしもミサもわかっている。
   だが残された命の全霊でキラを愛することでミサは人生を燃やし尽くそうとしている。
   今後ミサ自身逮捕されてキラに会えなくなるだけでもミサは生きる望みを失ってしまうだろう
   かといって竜崎を殺した後、キラに『用済みだ』と消されるのは死ぬより哀れ・・・
   ならば幸せな今のうちに・・・」

   すまないミサ。
   わたしはしょせん死神だ。人間の寿命を縮めることしかできならしい。
   ここでおまえ殺すことがおまえにしてやれる唯一のことだとは・・・」


760 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 18:35:19 ID:MYQC0e0I
>>759
ミサがモデルはじめたのは昨日今日のことではないはず
5月段階での竜崎のセリフに「エイティーンの3月号からのファンです」とあるから
最低1年以上はモデルをやっていたことになる。


761 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 19:17:51 ID:sftFmzGn
ここにいちいちカスバレ貼るんじゃねーよヴォケ

762 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 20:18:33 ID:nZ5ASVjn
>759
その前にジェラスの寿命の残りは、ミサ=人間に見合った年数として与えられたはずだが

あっさり突っ込まれる嘘バレはやめろ

763 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 22:04:00 ID:ojkvH4Uc
>>762
お前もアホか
そんなとこまで読まなくても2行目ですでにアウトだ

764 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 22:37:02 ID:0Bx3mrh6
(((((((っ・ω・)っdat落ち
(((((((っ・ω・)っdat落ち
(((((((っ・ω・)っdat落ち
(((((((っ・ω・)っdat落ち
(((((((っ・ω・)っdat落ち
(((((((っ・ω・)っdat落ち
(((((((っ・ω・)っdat落ち

765 :名無しかわいいよ名無し:05/02/08 23:54:25 ID:wIntkjFT
>>759
shine

766 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 07:03:30 ID:1UrNtBNP
age

767 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 07:04:34 ID:1UrNtBNP
sage

768 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 07:51:43 ID:Ppl76jif
ワタリが死ぬのか。

769 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 09:06:11 ID:twZHfvQz
まだ書いてないじゃん

770 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 11:49:53 ID:9cLQNl2n
8巻の追加ルールネタバレ

「記憶喪失であり、名前も覚えていない人間にはデスノートの効果は適用されない」


771 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 12:05:57 ID:+3OqmIwJ
>>770
ネタバレスレでスルーされたカスバレ・カスルールを
わざわざここに貼って構ってもらおうとするニートヒッキーはさっさと死んでね

772 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 18:37:30 ID:kJ0RAzCt
>>792
みさ  安楽死
らいと 心臓麻痺

773 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 21:28:18 ID:2I6odIuW
792はリューク

774 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 21:34:14 ID:QbMzi6OH
page.58 「胸中」の簡易バレ

 ワタリに異変、まさか、と竜崎が振り返るとレムがそこに居ない。慌ててモニ
ターを見回してレムを発見。どうやらノートに何か書こうとしている様子。手の
動かし方から自分の名前を書いていると察した竜崎はとっさに手元のデスノート
をとり、自分の名前を書き込む。

: 二冊以上のデスノートで名前を書き終える時間の差が0.06秒以内の場合は同
:時とみなされ、それらのノートに書かれた事は無効になり、名前を書かれた人
:間は死なない。  How to use it XV-2

そしてワタリを殺してミサの延命を図ったレムは消滅。

 40秒が過ぎ、自分が死ななかったことに胸をなで下ろしながら、竜崎が言う。
「しかし私は今このノートに名前を書き込んでしまいました。これから13日以
 内にこのノートで誰かを殺さないと、私は死んでしまうことになります」
「すなわち、今から13日後私が死ななかったら、このルールは嘘、ということ
 になります。そうですね、夜神くん」

775 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 21:44:11 ID:UODw0hvW
マジカヨ


776 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 21:51:39 ID:pA357gv+
>>775
ウソバレ。無理ありすぎ

777 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 22:34:33 ID:MaQ1wKr6
絶対ウソHow to use it XV-2 は
デスノートには書いてない

778 :名無しかわいいよ名無し:05/02/09 23:14:59 ID:YaSK7Ilo
二週先の糞バレ貼ってる奴は頭がヤバいんですか?

779 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 03:15:11 ID:LyFx9uLV
頭はヤバイ奴は放置でいいけどスレもヤバイですよ
そろそろ次スレ誰か立てておくんなまし

780 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 08:54:57 ID:/1Tj6WCt
>>777
いやそれマジルールだけど
コミクス買って20回くらい嫁

781 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 10:29:50 ID:jJXjVNuI
漏れも、コミックス読むまでは、0.06秒ルールも、4回ルールも、ネタだと思ってた。
週刊誌の方しか読まない人間にとっては、コミックスやガイド独自のネタは、
ローカルルール的なのに一応公式なのがムカツク。

782 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 10:49:37 ID:uQ2ik75A
>>780
コミックスに乗ってるやつ=デスノートに書いてるではない
そうでなければリュークが死神の目のこと言う前から月は知ってたことになるだろ
いまさらこんなこという奴がいるとはおもわなかったよ

783 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 10:53:31 ID:/1Tj6WCt
>>782
いや>>777の「絶対ウソ」という発言に反応してレスしただけだから
別にデスノートに載っているかどうかまでは言及していない

784 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 11:23:15 ID:JZtOaaMj
>>783
>>777が言ってるのは、押収したデスノートにそのルールは
書かれてないから、Lが「手元のデスノートをとり、自分の名前を
書き込む。」なんて反応をするはずがないってことだと思うよ。


785 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 20:32:22 ID:GnZlcSp/
                       ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ、
                       /.:.:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                   /.:.:.:.:.:.:.:.//|ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                   j.:.:.:.:.:.:/〃!!  ヽト、\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                    ヘ.:.:.:.:/‐-- 、、   ,、-‐二ミヽ.:.:.:.:.:/
                   r┼〃 ニ。ニヾ二7ニ。ニ`ヽ辷:√ヽ
                   { ヘ{{  ` ̄ 〃⌒ll ` ̄   jj⌒リ冂}うんこうんこうんこうんこうんこ
                   | 爿ヾ ===彳   )ヽ、____〃  ヒ│  うんこうんこうんこうんこうんこ 
                 _| ヽ!   ,ィー`ー‐'─ヽ ̄    レ'丿    うんこうんこうんこうんこうんこ
       r─‐、___ --<  |/人_!   {{┬──‐‐ッ'     ├个ト、
    , --ヽ、  \ \: : : : :∨/ノ ハ    H´ ̄ ̄/ソ′   /| ハ||:\
    〈   /ヽヽ___, ヽ: : i: :∨ ノ ハ、  ヽ二二//    / ||∧ ||┬‐`ー- 、_
  ,;;┬‐`ーヽノ_ノ‐┐   |: : ヽ: :∨ / ハ  `ー─‐ '′  / /∧ リ |: |: : :`ー‐、`ヽ、_
  >┴‐┬r── r┴、  ハヽ: ヽ: ∨ /  ハ\  __ ノ/   ∧ V.:/ : : : : : : : : : : : : :|\
  {{   │i i_」L.ノヽハ  i ヽ: l : ∨ ハ!、 ` ー─'"     ∧ヽ/. : : : : : : : : : : : : : | :|  ヽ
  /77"´ ̄ ̄ ̄ 丁丁)/  | |: | : |ト∨  ト`ー- ______,イl {{ノ:|: :|: : : : : : : : : : :|: | :|  ヽ
 | ∨   { { {_. -┴ァ'/  / |: : : |: : :\ | ` ー──一´ノ |/: : |: :|: : : : : : : : : : :|: |/     |

                       ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ、
                       /.:.:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                   /.:.:.:.:.:.:.:.//|ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                   j.:.:.:.:.:.:/〃!!  ヽト、\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                    ヘ.:.:.:.:/‐-- 、、   ,、-‐二ミヽ.:.:.:.:.:/
                   r┼〃 ニ。ニヾ二7ニ。ニ`ヽ辷:√ヽ
                   { ヘ{{  ` ̄ 〃⌒ll ` ̄   jj⌒リ冂}
                   | 爿ヾ ===彳   )ヽ、____〃  ヒ│  うんこうんこうんこうんこうんこ 
                 _| ヽ!   ,ィー`ー‐'─ヽ ̄    レ'丿    うんこうんこうんこうんこうんこ
       r─‐、___ --<  |/人_!   {{┬──‐‐ッ'     ├个ト、
    , --ヽ、  \ \: : : : :∨/ノ ハ    H´ ̄ ̄/ソ′   /| ハ||:\
    〈   /ヽヽ___, ヽ: : i: :∨ ノ ハ、  ヽ二二//    / ||∧ ||┬‐`ー- 、_
  ,;;┬‐`ーヽノ_ノ‐┐   |: : ヽ: :∨ / ハ  `ー─‐ '′  / /∧ リ |: |: : :`ー‐、`ヽ、_
  >┴‐┬r── r┴、  ハヽ: ヽ: ∨ /  ハ\  __ ノ/   ∧ V.:/ : : : : : : : : : : : : :|\
  {{   │i i_」L.ノヽハ  i ヽ: l : ∨ ハ!、 ` ー─'"     ∧ヽ/. : : : : : : : : : : : : : | :|  ヽ
  /77"´ ̄ ̄ ̄ 丁丁)/  | |: | : |ト∨  ト`ー- ______,イl {{ノ:|: :|: : : : : : : : : : :|: | :|  ヽ
 | ∨   { { {_. -┴ァ'/  / |: : : |: : :\ | ` ー──一´ノ |/: : |: :|: : : : : : : : : : :|: |/     |


786 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 20:33:09 ID:GnZlcSp/
うんこ

787 :名無しかわいいよ名無し:05/02/10 20:34:13 ID:GnZlcSp/
うんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこ

うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 | ∨   { { {_. -┴ァ'/  / |: : : |: : :\ | ` ー──一´ノ |/: : |: :|: : : : : : : : : : :|: |/     |
br>    で 火口と電話で繋がった社長にこう言わせるんです「松井太郎はマネージャーとしての名で本名は忘れたが履歴書は事務所にあった」と
   そこまでいけば「履歴書が見たいのなら入り口の横の『植木』鉢の下にカギがあるから勝手に入って見てくれ」
   とまで言ってしまって大丈夫です」

ミサ「入り口の横に植木鉢なんてないよ」
月 「なければ置けばいいし他の所でもいい
   竜崎は例えで言ってるんだ」
ミサ「うん わかってるけど一応ここは突っ込むとこかな?って…」
L(´-`).。oO「………」 おおおおおおおお さん「これだから、田舎者はやーよねっ!」
歌手/華原朋美さん「電話代があと30円高かったらこんな駄スレ立ってなかったかも。悲惨な
>>1って素敵!厨房って素敵!駄スレって素敵!」
宅間容疑者の父/Aさん「このスレを見た時ああ>>1がとうとうやったんだと思った。」
元大統領夫人/デヴィ・スカルノさん「まあーこんな下品なスレをお立てになって。あなた、恥ずかしくございませんの?」
NTT社長/宮津純一郎さん「正直値下げをしすぎた。だから★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)