5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

羽海野チカ ◇ ハチミツとクローバー ◇ 3

1 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2005/07/21(木) 22:46:52 ID:fyFUN0dU0

前スレ

羽海野チカ ◇ ハチミツとクローバー ◇ 2
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1066327556/

526 :chapter61:2006/04/27(木) 15:25:53 ID:fgUlNC090
>>478続き
抱き合っている森田とはぐ

 これ以上ない やさしい言葉が彼の口からこぼれる
 やさしくて やさしくて なんてかなしい声−−−まるで
 どこか遠い所へ呼びかけているような
 だって初めて聴いた このひとの こんな 声

どうしたの?何があったのと森田に問うはぐ。

場面変わって、はぐを捜している修と竹本。
修は多分森田と一緒だからと捜すのをやめて
竹本と共に研究室に行く。
引越しするのか荷物がまとめてある部屋に驚く竹本。
修ははぐには何もいわずリハビリのために大学をとりあえず3年休職するつもりだった。
ギリギリで王子様(森田)が帰ってきたんではぐが森田を選んだら
世界中でも旅にでも出るかなとちょっと寂しげ。
なぜ「オレを選べ」とはぐに言わないのか、
自分はダメもとで言ったのにと竹本。
場を濁して病院へ行く修。

527 :chapter61:2006/04/27(木) 15:27:10 ID:fgUlNC090
再び森田とはぐ。(普通に寄り添って寝てます)
手の異変に目が覚めるはぐ、腫れてるので病院へ戻ると。
止める森田に
「戻らないと手が死んじゃう、それだけはいや、絶対にだめ、
描けなくなったら私も死ぬ」
病院に戻った二人。修が待ち構えていた。

手の処置後、はぐの病室の窓から森田がやってくる。
修に殴られて頬に殴られたあとがある。
「・・・ごめんね・・・」
「なんでおまえが謝る?」
「・・・」
「・・・そっか・・・お前決めたんだな」
「見てて治すから 絶対に治すから ううん治らなくても
何も残せなかったとしてもいいの わかったの 
描きたいの これ以外の人生は私にはないの
夕べ言ってくれた事 ほんとにうれしかった 忘れないね
私もずっとあなたの事見てる
お兄さん見つかったら つかまえてちゃんと言うんだよ?
夕べ私に言ってくれた事 今度こそ大きな声で」

528 :chapter61:2006/04/27(木) 15:28:21 ID:fgUlNC090
病院をあとにする森田、そこへ竹本。
先生に見つかったら殺されますよと言われ
すでに殴られて4倍返ししたけど
4倍どころかもっと殴っとけばよかったくらいだという森田。
察した竹本、森田を片付けられた修の研究室へ連れて行く。
「アイツは知ってんの?これ」
「『知らせるな』って『自分で決めて欲しい』って」
「そっか・・・ついに本気出して来やがったな あのおっさん・・・
捨て身かよ くそっ 勝てねーじゃねーか・・・」

はぐの病室に修が様子を見にくる。
はぐ、修の手を握りながら
「あのねお願いがあるの 修ちゃんの人生を私に下さい 
ごめんね 返せるかもわかんないのに こんな事言って でも
でも・・・私描きたいのずっと だから 一緒にいて 最後の最後まで」
まさかはぐから言われるとはと思わず力が抜けた修。
「ご、ごめんね い・・・嫌かな・・・」というはぐに修は微笑みながら
「いいよ・・・返さなくていいよ 全部やるよ」と。
涙ぐむはぐ。

そんな二人を知ってか知らずか心ここにあらずな森田と竹本。

215 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★