5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仕掛人 藤枝梅安 ・ 鬼平犯科帳

1 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/23(木) 13:18:28 ID:CKyJ3UvV0
さいとう・たかを(原作/池波正太郎)の本格時代劇画について語らいましょう。



■関連リンク
さいとう・たかを時代劇画総合スレ 巻ノ壱
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1078815093/


2 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/23(木) 13:31:55 ID:gKHMS80XO
関連リンクが落ちてる時点でスレの行く末は知れた

3 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/23(木) 16:20:46 ID:pzoVJNsM0
さいとう・たかを時代劇画総合スレ 巻ノ弐  は無いのか?

4 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/23(木) 19:43:39 ID:7dYfN5hl0
500円のコンビニ本買って読んだとこだが一つ気になることが。。。
鴻池の寮の茶室で梅安の仕掛に掛かった白子屋菊右衛門の亡骸は
あの短時間でいったいどのようにして始末されたのだろうか?

5 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/23(木) 20:04:08 ID:qKXOthgq0
いちばん手っ取り早いのは茶室の床下
掻き毟られた畳表を裏返す必要もあっただろうし
巨体を外へ運び出すことはそもそも困難と思われ
床板は事前に外し易く細工をしていただろうし
使用される頻度の少ない茶室であったれば
腐臭にも気付かれずに骨になることだろうからな

6 :2:2006/11/23(木) 22:42:10 ID:gKHMS80XO

        ,. -─────────────
     、 (  関連スレリンク切れしてたらスマソ
     ノ \ 'yー-------------------------
    /(ケ゚ ゚)
   {   ̄ i
   ∪._,.._ノJ

7 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/23(木) 22:51:04 ID:qKXOthgq0
>>2
専ブラで過去ログ保存してる読者にとっては
リンクが正しければリンク切れは関係ないんだよ

8 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/23(木) 23:00:28 ID:9+zYfUnz0
徒歩で品川から東海道を抜けて大阪まで8日間で踏破する小杉さんは凄い!
実際にそんなペースで歩くことが可能なんだろうか?

9 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 08:36:48 ID:ZmnEVCW20
小杉さんは、早、三日目には難所の箱根越えにかかっているね。
それも彦さんの折り紙つきだから、健脚の剣客なら可能なことだと、その筋の人には認識されているらしい。
しかし、梅安さんは、駕籠と馬を乗り継いで七日で大阪入りだから、いかに小杉さんが早足かが知れる。

10 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 11:38:30 ID:88Vy+gzL0
尾張柳生の寺尾・・・凄過ぎ!!
小杉さんを棒切れ一本、しかも半分にへし折った片割れで軽くあしらってる。
命までは取らなかった器量のドデカさにも恐れ入ったよ。

11 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 12:11:08 ID:YczJYCBd0
尾張柳生といえば、梅安に討たれた野口孫兵衛は別な旅人から「まるで烏天狗だな!」と驚愕されていた。
それでも名古屋を発って六日目夕に沼津、夜に三島泊まり、翌日箱根越えで、品川宿到着は九日目夜だ。
小杉十五郎の足がいかに速いものであったかは、これと比較してもわかる。

12 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 12:13:44 ID:LMaQiKHY0
夜を徹して歩いたりもしているのだろう

13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 13:20:45 ID:iSFQYMec0
ん! 孫兵衛が箱根を越えて江戸入りするのに3日、十五郎が江戸を発って箱根を越えるのに3日。
これは!?

14 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 13:53:15 ID:3k/SayD60
小杉十五郎の足取りをもう一度辿ってみよう。

品川台町を大阪へ発ったのが明け六つ(午前6時)頃。
同じ日の夕暮れには早くも程ヶ谷の宿にさしかかり、
夜に入っても相州・戸塚の宿まで足を伸ばしている。
三日目に、早、難所の箱根越えにかかった。
八日あまりで東海道を踏破し、大阪へ着いた。
そして、その日のうちに白子屋の動静を探りにかかった。

>>13
同じ3日といっても、小杉十五郎の3日目は箱根を越えて
三島、更にその先へと大分進んでいたと見るべきだろう。
一方の野口孫兵衛は、三島から丸々3日で品川だ。
箱根の難所越えという条件があったため、日程的に
どうしても3日が必要だったのだろう。

15 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 14:07:07 ID:jGogZxv10
うむ、梅安先生は、二日半の遅れを馬と駕籠で急行すれば充分取り戻せると踏んでいた。
しかし、一日以上の開きがあったわけだ。思慮深い梅安先生でさえ、小杉さんの健脚ぶりは予想すらできなかった。
おそるべし小杉十五郎!というべきだな。

16 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 15:36:27 ID:eIttYUGo0
飛脚は名古屋まで三日で駆けてるわけだが・・・これは別格か

17 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/24(金) 20:38:32 ID:KdiXRYdc0
当時、東海道を旅する一般的な日数は、13日程度だそうですよ。
もっとも、大井川が川止めで越えられないとその分余計にかかりますが。
おおよそ一日に十里程度歩いたようです。

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/25(土) 12:54:51 ID:MhJiz16K0
梅安表紙のTWINSが近所のコンビニにやたら入荷してて驚いた
普段は3冊くらいしか入らないのに
ドラマの影響かな

19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/25(土) 13:03:02 ID:N92o9gDG0
原作がしっかりしてキャラが立ってるから、脚色がかなり入ってても全然違和感無く読み進められる。
本当だったら、あんな極悪人顔の小杉さんに人気が集まるはずがないw

20 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/25(土) 13:23:18 ID:aIR9SuBd0
さいとう・たかを が描く彦次郎も味があっていいよね。
原作以上にキャラが生きてる。

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2006/11/26(日) 08:38:26 ID:4iRg0kb30
さいとう・たかおの梅安は、脚色と言うより、ストーリー変更しているが
なかなか良い
原作読んでいても、楽しめるぞ
さすがゴルゴで鍛えこんでる

今後(もう出ているのかな?)未完で終わってる先を描いて貰いたいとす

22 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/26(日) 14:50:32 ID:svJGWCIy0
うむ、池波の原作本も良かったが、さいとうの漫画本も十二分に楽しめる。
(緒方と渡辺のTVドラマの梅安も嫌いではなかったが・・・)

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/26(日) 18:57:50 ID:xj65oPjA0
原作では、彦さんも梅安仕込みの仕掛針が打てるし、梅安も彦さん直伝の吹矢が使えるんだよな。
漫画の方では、その辺りが描かれず、仕掛け方がきっちり分けられてるみたいだが・・・。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/26(日) 19:14:12 ID:XlHmgRK50
ばいあんてげんさくでは頭のおおきなおとこらしい。

片岡鶴太郎みたいな男ではなかったか、、、。

小鍋でラーメンを煮つつそうおもうのであった。

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/27(月) 18:32:58 ID:XaD5Zfns0
頭も体も大きいよ
目はどんぐりみたいに小さいけど
(団栗眼とは意味合いが違う?)

26 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/28(火) 00:58:12 ID:QeFYkKRV0
藤枝梅安=六尺程もの大男
  180cm近くもあれば当時としたらかなり目立ちますね

小杉十五郎=小過ぎだと自分でも笑うくらいの小さな剣客
  一番原作と劇画とが異なるイメージの登場人物かも

彦次郎=中肉中背の何処にでも居そうな男
  仕掛人としては一番目立たず聞き込み潜入には打って付けですね

27 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/28(火) 19:33:01 ID:odiQSF7g0
>>19,>>26
小杉さんは三人のなかでは一番義理堅く善人で不器用な性格だね。
漫画のほうでもそのままの人物像で描かれているが見てくれだけはえらく違ってるのが面白い。

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/28(火) 20:22:41 ID:wvguH7QX0
読んで小杉さんがどんな人物だか知ってなければ、もの凄い極悪人に見える。
普通はあの手の顔は"凶相"とか"凶顔"と呼ばれて主役側には出てこないはずなんだが、
そこを逆手にとってあの顔で登場させた"さいとう・たかを"は、これまた凄いと言える。

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/30(木) 01:45:44 ID:Qh6JbTtb0
う〜む・・・
松永さんは変装の名人ではあるが
青々と剃り上げられた頭がどうしたら
きちんとした元結に変わるのだろう?

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/11/30(木) 19:55:42 ID:W/AUD60I0
髷を結ってるほど長い髪の人が坊主に変装するのは無理があるから
おそらく役宅に上がっているときは坊主頭に鬘を被ってるのでしょう

31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/01(金) 20:14:37 ID:U5yKJpRf0
☆嵐のリーダー・大野智(メインボーカル)を応援しよう☆

http://www.youtube.com/watch?v=iVoyMQcdLy8
http://www.youtube.com/watch?v=brqlLHQNeJs
レベルの高いダンスの実力

http://www.youtube.com/watch?v=wIkOu0tnCQ4
http://www.youtube.com/watch?v=a-49XJT1li0
ナイスな天然ボケ具合

これほど非凡な才能を持ちながらイマイチ名の知れていない大野智。
動画はほんの一部です。まだまだたくさんの大野の面白動画があります。
動画を観て彼を気に入ったらどんどん彼の素晴らしさを普及しよう。
2chの力で大野をメジャーなアイドルへ!
これを5ヶ所にコピーして下さい。


32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/01(金) 20:45:44 ID:dBeDsx0t0
>>31は仕掛けられたいらしい


33 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/01(金) 21:21:12 ID:Mdanzt6r0
では、仕掛料五十円で>>31を仕掛けておくんなさいまし。


34 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/03(日) 11:34:56 ID:3NfoBAXY0
池波原作講談社文庫全7巻読み終えた。絶筆してるのが残念。
劇画はさいとうオリジナル部分が原作を壊すことなく生きていて読み応え満点。
白河公や京都所司代それに尾張柳生等が絶妙に物語りに絡んできて良い。

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/03(日) 13:14:31 ID:Xj2pUylc0
仕掛け料五十両は現代の貨幣価値でいうと五百万円くらいなのだね。
ヒト一人の命が五百万円というのは果たして高いのか安いのか・・・。

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/05(火) 11:52:00 ID:wsYjTPJ60
鬼の平蔵様は人情味あふれすぎていて鬼に見えない。

37 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/05(火) 21:07:48 ID:hdJuMLN00
仏の平蔵・・・しかし、下っ端役人みたいに十手で召し取るんじゃなくて、
        容赦なくばっさり切り捨てるんだからやっぱり鬼の平蔵だ。

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/06(水) 10:53:20 ID:5Gtzp5MT0
盗賊から見れば、切り捨て御免の権限を持つ幕府の火付盗賊改方の長官、長谷川平蔵様は、
町方役人なんかに比べれば鬼のように怖い存在だっただろうことは想像に難くないな。
しかしその素顔は、義理も人情も心得た苦労人であったというところがこの物語の面白さですよ。

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/06(水) 12:54:54 ID:pfLFnag10
一般人までもがその名を聞くと
「こ、この方が鬼の!?」「鬼の平蔵様!?」
と言って驚く。
普通の人には何も怖いことはしないのに。 

40 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/06(水) 13:24:05 ID:8ZCIECWS0
普通の人も、必ず、何某かの後ろめたい事の一つや二つは持ってるからね。

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/06(水) 13:59:12 ID:Hrc6u8zX0
それ以前に昔は身分階級の差が厳格だったということもある。
うっかり言葉遣いを過ったりすると無礼打ちにあってしまう時代だし。

42 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/09(土) 07:13:07 ID:Y1rknTMZ0
当時、不義密通は大罪だった割りには、けっこう行われていた? −−> うしろめたいこと

43 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/12(火) 10:44:50 ID:1D8+wRWiO
さいとうたかを鬼平の
礼金二百両。

深く感動。

44 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/14(木) 00:30:23 ID:+LL5eog80
礼金二百両、敷金四百両、家賃月額二百両…だったらヤダな。。。

45 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/17(日) 10:15:42 ID:iIs5Pc/F0
>>44
お江戸はいま、敷金2ヶ月分、礼金2か月分、仲介手数料2か月分の計6か月分の家賃を用意しないと引越しもできないよ。
上方は家賃と礼金だけ持って大家と直談判で済むそうだが。

46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/23(土) 10:38:30 ID:kOsvBeh80
梅安<SP WIDE>の特別コラムがおもしろい

47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/25(月) 18:14:35 ID:vrY87ewp0
品川台町と浅草とは一夜容易に往復できるような距離なんかな?
彦さんがやたらと梅安宅を訪ねて行ってるんだが。
俺っち田舎なんで地図見てもいまいち当時江戸の距離感が掴めんのよ。

48 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/26(火) 07:30:29 ID:aNGsCchuO
昔の人なら歩いて片道2,3時間くらいじゃないかな

49 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/26(火) 18:38:23 ID:qk8BwSTp0
ふむ、そうなんだ。
往復して5,6時間か・・・。
夕刻に家を出てもその日のうちには帰って来れるんだね。

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/26(火) 20:25:57 ID:EaSFbsbZ0
江戸切り絵図と現代の地図を比べてみたけど、距離にして10kmくらい。
昔の人が健脚とはいえ、やはり往復で4時間はかかったかと。

51 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/27(水) 00:31:25 ID:ZAYRimvi0
品川〜日本橋〜浅草って東海道日光街道ルートかな

52 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/27(水) 00:47:06 ID:8p7Lq97g0
夜中に往来するとなると木戸が閉まってて、身分証明書とか出歩く理由とかを明確にしないといけなかったのじゃないかな?
それとも盗賊とかが自由に往来できる抜け道みたいなものがあったんだろうか?

53 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/27(水) 10:47:55 ID:Jw8t0C1r0
たしか木戸の制度は途中で廃止されたはず。梅安や鬼平は中期だから未だあったのかな?

54 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/27(水) 20:30:27 ID:ZAYRimvi0
鬼平のときは「密告」のときに出張ったけど
木戸があって遅れてしまうというのが描かれてたよ

55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2006/12/28(木) 20:57:44 ID:HfClo5FI0
今週の平さん、おちゃめだなあw

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)