5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ストーリーを教えてもらうスレ Part8

1 :マロン名無しさん:04/08/15 13:12 ID:???
暇がない、金がない、手に入らない等などの事情により読めない漫画のストーリーを教えてもらうスレです。

次スレは>>950か、容量が450を越えた時にお願いします。
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part7【面倒】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1086971731/
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part6【面倒】
http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1084536803/
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part5【面倒】
http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1083563633/
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part4【面倒】
http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1082439306/
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part3【面倒】
http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1080318494/
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part2【面倒】
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1077196959/
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ【面倒】
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1071759024/

要望を出す前に既出かどうかをまとめサイトでご確認下さい。
リクエスト表もまとめサイトにあります。
要望、あらすじを書く際の注意点は>>2-10に。

まとめサイト
http://p30.aaacafe.ne.jp/~malon/(広告ポップアップ)
http://f30.aaacafe.ne.jp/~malon/(広告はりつけ)

73 :クロノクルセイド:04/08/30 01:34 ID:???
前回は>>66-68
<過去・マグダレーナ編 後編>
パンデモニウムの端末との戦いから1週間。
直接その身に攻撃を受け傷口のレギオンが完全に死滅したジェナイとリゼール。
割り込んだ際に「何か」を流し込まれ昏倒したまま目を覚まさないマグダレーナ。
決して安い被害ではなかった。


マグダレーナは夢を見ていた。
幼いころ。若かりしころのエルダーに連れられ修道会へと向う馬車の中。
南北戦争での南軍の死体が野ざらしになる横を通った折、そこにあった死体の無念、怨念が
流れ込み苦しみだす。
これまでそうした経験を重ね「自己」というものが消えかけていた彼女に残された唯一
ゆるぎない「自己」は、くろくておっきくてなぜかないている、「くろの」という人の夢

深い深い海の底。ささやかな「自分」を改めて思い出す。
そのとき、さらに暗いところから、なにかが蠢く・・・


傷ついた仲間を見舞うクロノ達。パンデモニウムから受けた傷は魔族の生命力であっても
蘇生することが出来ないということをいやというほど思い知らされ、一同沈痛な表情。

一人どうしたものかと思案するアイオーン。そこにマグダレーナが現れる。
やっと起きたかと安堵の声をかけるアイオーンに対し、「このような戦いをまだ続ける気か、
階級(クラス)抹消済み調律体・罪人アイオーン」と答える・・・

74 :クロノクルセイド:04/08/30 01:35 ID:???
一方クロノはシェーダを呼びにいく。シェーダは「霊素収束制御ユニット」を作っていた。
先の戦闘の際に得たヒントを元に、パンデモニウム戦で絶対必要になるから・・・と難しい
理論込みで嬉々としゃべりまくるシェーダの言ってることがさっぱり分らないクロノ。

そのとき、アイオーンとマグダレーナが言い争っているところに出くわす。
アイオーンの顔には、珍しく焦燥とも恐怖とも取れる表情が浮かんでいた。
アイオーンは、クロノの呼びかけで「正気に戻った」マグダレーナを確認するとそそくさと
その場を後にする。
一方マグダレーナも、かつて夢で見たクロノの姿が脳裏をよぎり、来るべきときがきたか、と
覚悟を決めるのであった。


夕日が差し込むエデンの外れ。マグダレーナはクロノを連れ、夕日が差し込む眼下の町を
眺めていた。
街の明かり、そこにはひとりひとりの人々の命の灯火、生きた証。
不意にそんなことを語りだすマグダレーナにクロノは困惑する。
いくつもの人の生き死に、世界中のあらゆる場所で起こる様々な出来事を幼いころから
見続けてきて、からっぽになってしまった自分。
その自分にとって確かなことは、クロノという人物と、その人が自分を殺す、ということ。

その言葉に、困惑極まるクロノ。

そこに、戦闘態勢のアイオーンが現れ、彼女の首を切れ、と命ずる。
アイオーンは先の言い争いのときに確信していた。端末戦の折にマグダレーナは端末の声から
記憶情報を無意識の内に取り込み、もはや第二のパンデモニウムとなるのも時間の問題で
あり、しかも失われたと思われた記憶情報が手に入るという運気が巡ってきたことを。

75 :クロノクルセイド:04/08/30 01:37 ID:???
マグダレーナの首に手をかけるクロノ。だが一線を越えることが出来ない。
どんなに叫んでも、泣いても、見てしまった未来を変えることはできない。ならばせめて
自分に手をかける人の姿を見ておきたかった、と言うマグダレーナ。
その言葉にクロノは手を下ろし、新たな選択肢を捜そう、とアイオーンに持ちかける。


アイオーンは何も言わずそっと近寄り、クロノを昏倒させる。
そして、仲間の誰にも知らせることなく、只一人だけ「秘密」を抱えることを選ぶべく
マグダレーナの首を撥ねようとする。

間一髪のところで復帰したクロノがそれを阻止する。
結論を先延ばしにしてはお前の言う新たな選択肢すら失われてしまうんだぞ、と詰め寄る
アイオーンに対し、彼女の何を恐れる?何を知ってしまったんだ?と問うクロノ。

もはや何も言うまいと仕掛けるアイオーン、阻止するクロノ。
一瞬の邂逅。

クロノは尖角をもがれ、マグダレーナと共にエデンから墜落。
アイオーンは左肩から袈裟切りにされ地に伏せる。

クロノとマグダレーナが墜落する光景を、自作の望遠鏡で発見したエルダーとレミントン。
マグダレーナの背には、眩い3対の翼がはためいていた。

尖角を失い、傷を治すこともかなわぬクロノ。どうすることも出来ないマグダレーナ。
何も知らないまま殺すことなど出来なかった、と最期の言葉を告げるクロノ。

不意にマグダレーナの中の「記憶」が告げる。クロノを生きながらえさせる手があることを。
それは、契約。彼女が見た「クロノが命を奪う」というのはこういう意味だったのだ。

クロノは思う。
その契約とやらで、彼女の笑顔が守れるなら、彼女の命が守れるなら・・

76 :クロノクルセイド:04/08/30 01:39 ID:???
セブンズベルの森の地下、クロノとロゼットが始めて会った場所。
ダイブしてきたロゼットと内に閉じこもったクロノはこの場所で出会った。
しかし、クロノは帰れない、帰ってしまえばマグダレーナと同じ目にあわせてしまう、と
ロゼットを拒絶する。


マグダレーナと契約したクロノは、彼女を修道会に連れて行くべく馬を走らせていた。
自分に魂を分け与え、その上内からはパンデモニウムに食い荒らされる。彼女が長くないのは
目に見えて明らかであった。

休憩に立ち寄った水場。クロノが手桶に水を汲むと、霊素収束制御ユニットをそっと首に
かけるシェーダ。
彼女がいるということは、アイツもいるに違いない。
マグダレーナの元に駆け寄るクロノを見送るシェーダの顔は、悲しみに曇っていた。

マグダレーナの元に戻ったクロノ。ちょうどその時現れたアイオーン。
クロノは身を挺して庇うもそれすら適わず、アイオーンの手剣は二人の腹をまとめて貫く。

クロノは残り僅かなマグダレーナの命を糧に戦闘形態をとり、アイオーンに時間凍結を
食らわせ、彼女を腕に飛び去る。

夕日が眩しい丘の上。マグダレーナは、そっと、息を引き取った・・・


だから、僕は帰れない。君も彼女のように殺してしまうかもしれないから。
そういってクロノはロゼットを拒絶する。
ロゼットの魂はもはや活動限界。魂の形状を維持することすら適わず、限界を超えて
魂が離れた肉体は発作を起こしていた。

77 :クロノクルセイド:04/08/30 01:39 ID:???
どうしようもなくうろたえるばかりのエルダーとギリアム。
レミントンはクロノに詰め寄る。贖罪を果たそうとせず、ここで終わるつもりか、と。

魂が離れたはずのロゼットの体が不意に動きだし、クロノの方に歩み寄る。
同じように、ギリギリのところで留まっている魂のロゼットもクロノに歩み寄る。

私はクロノがいてくれてよかったって思ってる。でも、私のためにここに残るっていうのは
間違ってる。よかったことまで否定しないで・・・


ダイブ装置が爆ぜ、魂が留まれなくなる。
消え逝くロゼットの魂を抱き寄せるクロノ。
拘束具を引きちぎり、倒れ行くロゼットの体を抱きとめるクロノ。

今だ癒えぬ、癒えることを拒絶するクロノの体。ロゼットは懐中時計の封を解き、魂を
分け与える。「苦しいことも、悲しいことも、マグダレーナの分まで半分こしよう」と。

クロノは思い出す。あの時ロゼットと契約したのは、一人じゃどこもあでも突っ走っていって
しまいそうな彼女の背中を守ってあげなくちゃいけないと思ったからだ、と・・・

78 :クロノクルセイド:04/08/30 01:40 ID:???
キャラ紹介Vol.9
○シェーダ
ネコミミ・メガネ・頭脳明晰・やや天然・料理下手・愛情溢れる・ボインちゃんと7属性を
備えたかなり強力な萌・・・じゃなくて、罪人の頭脳労働を一手に引き受ける発明家。
現在ロゼットが所有する懐中時計こと霊素収束制御ユニット・アイオーンの剣・最終決戦編で
出る罪人の切り札などを製作。人間の頭脳をはるかに超えた技術を持つ。
普段は缶詰を食べながらアストラルラインの観測を行っている。
かわいいものをこよなく愛し、目の前に現れると抱きつかずにはいられないらしい。

人間を切り捨てなければ計画を為すことは適わないことに良心の呵責を感じている。
罪人サイドではクロノの心情を理解できる唯一の人物であり、それ故特別な感情を抱いている
節も見られる。

○マグダレーナ
先見の聖女として崇められた女性にして、クロノのかつての契約者。
幼いころからその力で世界中のあらゆる現実的事象・霊的事象を見続けてきたため自己を
希薄に感じているが、唯一自己を繋ぎとめていた夢の中の存在「クロノ」と出会うことで
その運命の歯車は加速度的に回りだす。
死によって失われた彼女の魂は今もクロノの側に佇み、彼やロゼットを見守っている

487 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)