5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

真中をボコボコにするスレ13

1 :マロン名無しさん:2005/06/26(日) 02:37:03 ID:???
念のため ここは「いちご100%」の主人公、真中淳平に怒りをぶつけるスレであります。
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

前スレ
真中をボコボコにするスレ12
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1097658487/

2 :テンプレ・過去のスレ:2005/06/26(日) 02:39:30 ID:???
真中をボコボコにするスレ
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1053928699/
真中をボコボコにするスレ2
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1058929288/
真中をボコボコにするスレ3
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1063536581/
真中をボコボコにするスレ4
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1067643406/
真中をボコボコにするスレ5
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1070830583/
真中をボコボコにするスレ6
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1072617099/
真中をボコボコにするスレ7
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1074506067/
真中をボコボコにするスレ8
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1076642650/
真中をボコボコにするスレ9
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1079417309/
真中をボコボコにするスレ10
http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1081753581/
真中をボコボコにするスレ11
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1086158799/

3 :テンプレ1:2005/06/26(日) 02:40:54 ID:???
縮小版

       ∠-‐ "二_=`: .'´;" 'rァ _( )  <ツカサチャーン…
      / .-‐  ̄ "´ ‘´ | '^  ^i ←真中
     /  イ0          ブ .ハJ
      | ハ ヽ        / ノ
    // | |_      //l (
    ` ┘ └┘     `ー'  し′

       Oノ
       ノ\_・’ヽO.<ツカサチャーン
        └ _ノ ヽ ←真中
            〉

     o_ ;: ,.o < ツカサチャーソ
   /イ ̄ Vゝ
   ,ノ`|_ /(

4 :テンプレ2:2005/06/26(日) 02:41:19 ID:???
              '  /⌒⌒\
         ,' , ・,‘/ /  \ \
            / /|    /\ \  , ・,‘
           ◇/  |東城 |  \ ◇
         / /\  /     | / /\ \
        ┌ / \ \∧ ∧ ∧_∧/  \ ┐
        ||  /\( ´Д`(__ )\   ||
          ̄ // │     /  \〉   ̄
          〈/   |さつき│
              ┴    / ̄\
       ( ̄ ┐  / │ ∧ ∧  | / ̄_)
        | │ │ │( ´Д` )| | | |
        □ ├‐┤ /⌒     |  | ̄| □
        | ├‐┤│      |  | ̄|  |
        | |(__)|西野 (__) | |
         (  \  |    |  / /
          \ \ /     |/ /        //
           \ \  /   / /       //
       \    \ \/   ∨ ∧      //
        \   |\ \_/ /  |     /
―       ・ ∴.'| |      |  | , ・,‘
   ̄ ̄――.∴ ' \|  〉 真中  〈   |  / .'
        ̄ ・,'  /         |  | .∴ '        ―――
           ( ̄  /  ・,'' ,‘  \  ̄) ――― ̄ ̄ ̄
      ⊂ ̄ ̄ ̄ ̄   ∧_∧   ̄ ̄ ̄ ̄⊃
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(___) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /       \
            /   //      \
          /    //        \

5 :テンプレ3:2005/06/26(日) 02:41:44 ID:???
(初代スレより転載)


89 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:03/06/02 22:31 ID:kf2dYA28

そういや、何で、ツカサチャーンなんだ?


90 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:03/06/02 23:50 ID:WFuBLrW0

>>89
本編でタコ殴りにされる回の時に西野のことをつかさちゃん呼ばわりしてたからじゃないか?

6 :マロン名無しさん:2005/06/26(日) 02:44:50 ID:???
ごめん・・・今までのテンプレでこの後に来てたAAはここでは無理なようだ。
分割するのも風情がないし・・・真中のせい!!

とりあえず主だったのは貼っとくよ。

            _ー ̄_ ̄)’,  , .   :;;’":;’;’"'"`、:’'"・
          ∧ --_- ― = ̄  ̄`:, . (゙':,*・`’;:,゙゙:’`;`''
         ,( '' ̄  = __――=',> _/ / ・,‘ <ツカサチャーン…
        /  _-―  ̄=_  ) |y"’::;゙・゙"`"゙'.、:,`,、・*`'
       /   ノ  ̄_=_  ` ))∴. );:,,.`゚`":,’;"゙’"
       /  , イ )    _ ) ̄=_) _)*`';’'∵;:,,';・"゙’
      /   _, \  )_ _ )=  _),ノ ∴.'`"・
      |  / \  `、     = _) /∴.' ∴.'  >>真中
      j  /  ヽ  |    / / ,'
    / ノ   {  |   /  /|  |
   / /     | (_  !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`     |_./

7 :マロン名無しさん:2005/06/26(日) 02:45:09 ID:???
        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

8 : ◆NOIRqppN9A :2005/06/26(日) 10:14:39 ID:???

>>1さん乙!!!

                   ,,ylーhy,         . '  ,
                  _ノ″  ¨アly_   , .∴ '           ∧__∧ ,
              _,yr!!^゙″      .゙\,  ', ・,  ‘         ・ (  ,;::):''>>真中
        ___,,,,yvrr!^″           ゙\_ .    ’   ,;;;,,r⌒);'';;''/ /;;,.. ∴‘
     .'^^^¨ ̄′       y   .,,     .゙∨  ・, ;;'';';;,.. ,.y'⌒:::::;;,..;;;,..;''::;
                   .l|______,il′._,,,,  .|  .∴;:::::;;,,.. ;;;;:::/'' ;; ';;:::::::,,..
.'                ,,,__  《 ̄⌒゙アlll|厂  .{  ・,:'';;:::;;;:: ,;::::';''  |'' ノ''::::::::
      '           ⌒^冖レy,_   .″ .,il「 , ・, ''::::' '  | ''::;;,,...|   ''
                     ¨アluyy,,,,yzll} , ・,::''     /   ノ );;..'': ;
     ’       y               アl   , ,::::;,....,,;;;/,.. / |  |  ..,;
     .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,》lly                     :'',::::::::::::,.. /;;,, ,,  |, ,,;;''
       . ̄    . ̄フ=vy,,___         _,i| , ,   ': ':;;::::::'::; |  ,('' |  .,;;
                  ゙゙゙゙゙゙゙̄^^^^^^^^^^゙″, ・,  ‘  '' .:::,'' |  ''.. \
                                     |  |    ヽ/⌒〉
                                    「 _)    〈_/

9 : ◆NOIRqppN9A :2005/06/26(日) 10:16:53 ID:???

おなかを下しているのは主食がアイスのせいだが、
それは結局真中のせいだ!

                   ,,ylーhy,         . '
                  _ノ″  ¨アly_   , .∴ ', :::*:.:   ∧_∧
              _,yr!!^゙″      .゙\,  ', ・,  ‘....∴::::  ( ´Д`)・:.
        ___,,,,yvrr!^″           ゙\_ .∴:::*:.*     _>  ⌒ヽ*:.
     .'^^^¨ ̄′       y   .,,     .゙∨  ・, ;;'=:::*.... ./    へ \ >>真中
                   .l|______,il′._,,,,  .|  .∴;::::      /    / \\\
.'                ,,,__  《 ̄⌒゙アlll|厂  .{  ・,:'';;::     レ  ノ    ヽ_ヽ_つ
      '           ⌒^冖レy,_   .″ .,il「 , ・,     /  /
                     ¨アluyy,,,,yzll} , ・,::''     /  /|
     ’       y               アl   , ,:    ( ( 、
     .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,》lly                     :    |  |、 \
       . ̄    . ̄フ=vy,,___         _,i| , ,   '    | / \ ⌒l
                  ゙゙゙゙゙゙゙̄^^^^^^^^^^゙″,  ・,   ‘     | |   ) /
                                     ノ  )   し'
                                    (_/

10 :マロン名無しさん:2005/06/28(火) 08:00:01 ID:???
    Youth

青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦をも却ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

   年を重ねただけで人は老いない 理想を失うときに初めて老いが来る
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ

   苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く
人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう

   年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星晨、その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心


人生への歓喜と興味

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる


   大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける
限り、人の若さは失われない これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が
人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、
この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる

11 :マロン名無しさん:2005/06/28(火) 09:24:00 ID:???
立てたはいいがレス無かったりするじゃねえかコラァ!!

            _ー ̄_ ̄)’,  , .   :;;’":;’;’"'"`、:’'"・
          ∧ --_- ― = ̄  ̄`:, . (゙':,*・`’;:,゙゙:’`;`''
         ,( '' ̄  = __――=',> _/ / ・,‘ <ツカサチャーン…
        /  _-―  ̄=_  ) |y"’::;゙・゙"`"゙'.、:,`,、・*`'
       /   ノ  ̄_=_  ` ))∴. );:,,.`゚`":,’;"゙’"
       /  , イ )    _ ) ̄=_) _)*`';’'∵;:,,';・"゙’
      /   _, \  )_ _ )=  _),ノ ∴.'`"・
      |  / \  `、     = _) /∴.' ∴.'  >>真中
      j  /  ヽ  |    / / ,'
    / ノ   {  |   /  /|  |
   / /     | (_  !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`     |_./

12 :マロン名無しさん:2005/06/28(火) 23:13:54 ID:fzcyR1cW

>>11 どうにもままならないようだが、とりあえず支援!

                         ∵∴∴☆∴∵∴     ⌒☆
                      ※∵☆☆★☆★☆☆∵※
                     *∵☆★☆*☆*☆★☆∴*
          ∧  _ - ― ∴☆★°\°☆☆★☆☆☆°/°★☆∴
         , -'' ̄    ∴☆★°\°☆☆★☆☆☆°/°★☆∴
        /   -―  ̄∴☆★°\°☆☆★☆☆☆°/°★☆∴>>真中
       /   ノ   ∴☆★°\°☆☆★☆☆☆°/°★☆∴
      /  , イ )    ∴☆★°\°☆☆★☆☆☆°/°★☆∴  ⌒☆
      /   _, \  ∴☆★°\°☆☆★☆☆☆°/°★☆∴  
      |  / \  `、*∵★☆°/°☆☆★☆☆°\°★☆∵   
      j  /  ヽ  |  ∵☆☆*∵★☆☆☆★☆★☆∵☆☆∵ 
    / ノ   {  |  ※∵★☆*°°|°*☆★∵※*  ☆      
   / /     | (_  *...☆∵★☆☆*☆*☆☆★∵。    
  `、_〉      ー‐‐`    / / /             ⌒★
                 / / ,'     
                /  /|  |
                !、_/ /   〉

13 :マロン名無しさん:2005/06/29(水) 17:19:25 ID:???
PC再起動繰り返すこと3回、いや4回かな。
どうしても上手く繋がらずサポートセンターに電話。計45分超。

・・・・・・真中のせいにせずしてどうしろと言うのだ!!!

                   ,,ylーhy,         . '  ,
                  _ノ″  ¨アly_   , .∴ '           ∧__∧ ,
              _,yr!!^゙″      .゙\,  ', ・,  ‘         ・ (  ,;::):''>>真中
        ___,,,,yvrr!^″           ゙\_ .    ’   ,;;;,,r⌒);'';;''/ /;;,.. ∴‘
     .'^^^¨ ̄′       y   .,,     .゙∨  ・, ;;'';';;,.. ,.y'⌒:::::;;,..;;;,..;''::;
                   .l|______,il′._,,,,  .|  .∴;:::::;;,,.. ;;;;:::/'' ;; ';;:::::::,,..
.'                ,,,__  《 ̄⌒゙アlll|厂  .{  ・,:'';;:::;;;:: ,;::::';''  |'' ノ''::::::::
      '           ⌒^冖レy,_   .″ .,il「 , ・, ''::::' '  | ''::;;,,...|   ''
                     ¨アluyy,,,,yzll} , ・,::''     /   ノ );;..'': ;
     ’       y               アl   , ,::::;,....,,;;;/,.. / |  |  ..,;
     .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,》lly                     :'',::::::::::::,.. /;;,, ,,  |, ,,;;''
       . ̄    . ̄フ=vy,,___         _,i| , ,   ': ':;;::::::'::; |  ,('' |  .,;;
                  ゙゙゙゙゙゙゙̄^^^^^^^^^^゙″, ・,  ‘  '' .:::,'' |  ''.. \
                                     |  |    ヽ/⌒〉
                                    「 _)    〈_/

14 :マロン名無しさん:2005/07/01(金) 15:35:33 ID:???
今度はメール機能がちゃんと使えなくなったりする。

                   ,,ylーhy,         . '
                  _ノ″  ¨アly_   , .∴ ', :::*:.:   ∧_∧
              _,yr!!^゙″      .゙\,  ', ・,  ‘....∴::::  ( ´Д`)・:.
        ___,,,,yvrr!^″           ゙\_ .∴:::*:.*     _>  ⌒ヽ*:.
     .'^^^¨ ̄′       y   .,,     .゙∨  ・, ;;'=:::*.... ./    へ \ >>真中
                   .l|______,il′._,,,,  .|  .∴;::::      /    / \\\
.'                ,,,__  《 ̄⌒゙アlll|厂  .{  ・,:'';;::     レ  ノ    ヽ_ヽ_つ
      '           ⌒^冖レy,_   .″ .,il「 , ・,     /  /
                     ¨アluyy,,,,yzll} , ・,::''     /  /|
     ’       y               アl   , ,:    ( ( 、
     .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,》lly                     :    |  |、 \
       . ̄    . ̄フ=vy,,___         _,i| , ,   '    | / \ ⌒l
                  ゙゙゙゙゙゙゙̄^^^^^^^^^^゙″,  ・,   ‘     | |   ) /
                                     ノ  )   し'
                                    (_/

15 :マロン名無しさん:2005/07/03(日) 02:04:00 ID:???
どうも接続の元がおかしくなってたみたいで、全くネット接続不可、TVも観られなくなった。
無事直ったので祝砲。

              '  /⌒⌒\
         ,' , ・,‘/ /  \ \
            / /|    /\ \  , ・,‘
           ◇/  |東城 |  \ ◇
         / /\  /     | / /\ \
        ┌ / \ \∧ ∧ ∧_∧/  \ ┐
        ||  /\( ´Д`(__ )\   ||
          ̄ // │     /  \〉   ̄
          〈/   |さつき│
              ┴    / ̄\
       ( ̄ ┐  / │ ∧ ∧  | / ̄_)
        | │ │ │( ´Д` )| | | |
        □ ├‐┤ /⌒     |  | ̄| □
        | ├‐┤│      |  | ̄|  |
        | |(__)|西野 (__) | |
         (  \  |    |  / /
          \ \ /     |/ /        //
           \ \  /   / /       //
       \    \ \/   ∨ ∧      //
        \   |\ \_/ /  |     /
―       ・ ∴.'| |      |  | , ・,‘
   ̄ ̄――.∴ ' \|  〉 真中  〈   |  / .'
        ̄ ・,'  /         |  | .∴ '        ―――
           ( ̄  /  ・,'' ,‘  \  ̄) ――― ̄ ̄ ̄
      ⊂ ̄ ̄ ̄ ̄   ∧_∧   ̄ ̄ ̄ ̄⊃
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(___) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /       \
            /   //      \
          /    //        \

16 :マロン名無しさん:2005/07/03(日) 02:10:44 ID:???
とにかくお前は死なない程度にいっぺん死ね!!

            _ー ̄_ ̄)’,  , .   :;;’":;’;’"'"`、:’'"・
          ∧ --_- ― = ̄  ̄`:, . (゙':,*・`’;:,゙゙:’`;`''
         ,( '' ̄  = __――=',> _/ / ・,‘ <ツカサチャーン…
        /  _-―  ̄=_  ) |y"’::;゙・゙"`"゙'.、:,`,、・*`'
       /   ノ  ̄_=_  ` ))∴. );:,,.`゚`":,’;"゙’"
       /  , イ )    _ ) ̄=_) _)*`';’'∵;:,,';・"゙’
      /   _, \  )_ _ )=  _),ノ ∴.'`"・
      |  / \  `、     = _) /∴.' ∴.'  >>真中
      j  /  ヽ  |    / / ,'
    / ノ   {  |   /  /|  |
   / /     | (_  !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`     |_./

17 :真中:2005/07/04(月) 03:50:37 ID:ZeIDAear
  誠実な人間   

誠実な人間とは
  その心が清潔で、
曲がったことをせず、
  虚栄心とは無縁な人のこと。

そういう人は、ただ黙々と、
  純粋無垢な日々をおくり、
希望にも心惑わされず、
  悲しみにも乱されはしない。

そういう人は、城壁や鎧で
  自分の身を守る必要もなく、
晴天から降ってくる禍を避けるため
  秘密の地下室を設ける必要もない。

そういう人は、いや、そういう人だけが、
  深遠から迫ってくる恐怖も、
大空から襲ってくる脅威も、
  臆することなく見据えることができるのだ。

そして、運、不運のもたらす
  苦悩を超然と直視し
天を仰いでそこに神意を読み、
  敬虔な思いこそわが知恵と考えるのだ。

さらにまた、善き思いをわが友とし、
  満ちたれる老齢をわが財産と見なし、
この土地の生を静かな旅の宿と見、
  自らを静かにそこに宿る旅人と考えるのだ。

18 :マロン名無しさん:2005/07/06(水) 15:28:43 ID:???
どうにも目が醒めない。

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

19 :マロン名無しさん:2005/07/06(水) 16:44:25 ID:???
風邪がなかなか治らないのも真中のせいだ

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

20 :マロン名無しさん:2005/07/07(木) 20:52:23 ID:???

食欲がない 2日間の絶食


        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

21 :マロン名無しさん:2005/07/07(木) 20:55:40 ID:???
       ∠-‐ "二_=`: .'´;" 'rァ _( )  <ツカサチャーン… 
      / .-‐  ̄ "´ ‘´ | '^  ^i ←真中 
     /  イ0          ブ .ハJ 
      | ハ ヽ        / ノ 
    // | |_      //l ( 
    ` ┘ └┘     `ー'  し′ 

       Oノ 
       ノ\_・’ヽO.<ツカサチャーン 
        └ _ノ ヽ ←真中 
            〉 

     o_ ;: ,.o < ツカサチャーソ 
   /イ ̄ Vゝ 
   ,ノ`|_ /( 

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね!!!!!!!!!

22 :マロン名無しさん:2005/07/07(木) 21:07:13 ID:???

            _ー ̄_ ̄)’,  , .   :;;’":;’;’"'"`、:’'"・ 
          ∧ --_- ― = ̄  ̄`:, . (゙':,*・`’;:,゙゙:’`;`'' 
         ,( '' ̄  = __――=',> _/ / ・,‘ <ツカサチャーン… 
        /  _-―  ̄=_  ) |y"’::;゙・゙"`"゙'.、:,`,、・*`' 
       /   ノ  ̄_=_  ` ))∴. );:,,.`゚`":,’;"゙’" 
       /  , イ )    _ ) ̄=_) _)*`';’'∵;:,,';・"゙’ 
      /   _, \  )_ _ )=  _),ノ ∴.'`"・ 
      |  / \  `、     = _) /∴.' ∴.'  >>真中 
      j  /  ヽ  |    / / ,' 
    / ノ   {  |   /  /|  | 
   / /     | (_  !、_/ /   〉 
  `、_〉      ー‐‐`     |_./ 

風邪が治らないのはおまいの所為だ!!

眠れないのも食べられないのも集中力切れもおまいの所為じゃーーー!

ごるああああああああああああ!!!!!!!


23 :マロン名無しさん:2005/07/07(木) 23:04:01 ID:???

うなぎ食いて―――ッ!!! 貧血なんじゃあああああおるぁああああ!!!


                         _
                       _― ̄`;:,        _    .  _
                  _=― ̄    _;; _=―  ̄ `;,―= ̄ ̄-,
               _=  _ _ =-.'  ̄,. . ∧_∧      .;'
    r―..、    ∧_=_- ― = ̄  ̄`:,___-−= (    )-=― ̄
    ゙-、 、 \ , -'' ̄    __――=',^'`; ̄r⌒>  _/ / .; ,・´,-, .‘
      ヾ、v´´   -―  ̄ ̄___ ̄"' "`:;._=’| y'⌒  ⌒i -;:∵,;"" ^
       ゙l'   ノ__- =  ̄ ̄ .___-=、 ;.,:. |  /  ノ |>>真中
       ./  , イ)  ̄   _=- ̄   -,∵;‘, ..ー'  /´^ヾ_ノ_  __ __,:' 
      /   _, ヾ― = ̄’   _=―;"' ;'/ , ノ__―= ̄ ̄
      |  / \  `、__=―= ̄_    / /∠=―_  '^;``
      j  /  ヽ  |ガガガガガガッ! ̄=-/ / ,'_     ̄ ̄-_
    / ノ   {  |_  ̄=―_  / /|  | ̄ ̄=―__,;'
   / /     | (_ ̄=_    `;,、_/ /   〉,;'、.,     ̄
  `、_〉      ー‐‐`    ̄==―''    |_/ -;:∵:・
                              '; .:

24 :真中:2005/07/08(金) 04:19:08 ID:p6o07kkE
切ない日々

なんという日々のせつなさ!
どんな火によっても私はあたたまらない、
太陽も私にはもうほほえまない。
何もかもがうつろで、
何もかもが冷たく、つれない。
やさしく澄んだ星さえも
慰めるすべなく私を見つめている。
恋もまた死ぬという事を、
しみじみと知った日から。

25 :マロン名無しさん:2005/07/08(金) 12:32:19 ID:NWnl5U1u
ワラタwww間中嫌われすぎwww


26 :マロン名無しさん:2005/07/08(金) 18:32:23 ID:???
恋人を寝取られたのはお前の所為だ!しかも休日だというのに16時間もねむっちまった!畜生!

ばあちゃんに「死んでるのかと思ったじゃないか!!!」っていまさっき起こされたとこだ!!うぉぉぉっ!死ねっ!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\ 
             "‐ニ‐-> "`"'-' \ 
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.' 
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・ 
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中 
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.' 
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.' 
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ 
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.' 
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.' 
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,' 
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  | 
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉 
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/ 
     / ノ   {  | 
    / /     | (_ 
   `、_〉      ー‐‐` 


27 :マロン名無しさん:2005/07/08(金) 19:41:52 ID:E4BvPtej
アホだ・・・。こいつら漫画のキャラに嫉妬してる(笑)

28 :マロン名無しさん:2005/07/09(土) 12:29:17 ID:???
寝付けなくてよく眠れないわ眠いわ・・・

睡眠薬貰ってこれだ。

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

29 :Somewhere in Time ひっき:2005/07/10(日) 14:51:38 ID:51+OZMTt
16 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/07/08(金) 19:49:42 ID:XXNbpIE0
                                          /ヘ             /ヘ   
                                          / ._|             /._|
                                          / : |            / : |
                                      _,,..__ /  : |           / : |
                                    ,.ィ'";-、 ゙`'ヽ、|           /  : |
                                   /∧∧^゙ヽヽ_   `゙ヽ、.___ _..,/   : |
                                __,/(゚д゚,,) ,.ゝ'      `゙ヽ‐-..,,_/__: |_
                      c.===ニニ二二 /^‐'^゙'ィ'"       ,,,,...._;==‐-、_____二二二ニニニ===⊂⊇
                                /    _,..ゝ,..-‐''" \ \ ̄ ̄     __,,ィ二二ニニィ
                               ゝ-―‐'''"  ヘ__ヽ,,,..-‐'"\ ヽ_,,...-‐''''""
                                /  
                                 /   ガガガガガガガガガガガガッ!
                             / / /
                             /
                 /   /  /  
           /  / /
         ; (´⌒; '. ; ‘.・真中
      (´⌒ ;;从;ノ  ∧_,,, ';`Y´‘';(⌒'从(´;(
    从人从(´⌒;人 (`Д´)>⊂";'从 ̄⊃从(´⌒;;"゙人(´从

30 :マロン名無しさん:2005/07/11(月) 17:13:36 ID:dxVkOKTK
ジャンプスーパースターズにも出る。
ぼこぼこにされそうだ。

31 :マロン名無しさん:2005/07/12(火) 14:54:34 ID:???
目が覚めてもなかなか起きる気になれない・・・

なんか力が・・・

でも殴る

                         _
                       _― ̄`;:,        _    .  _
                  _=― ̄    _;; _=―  ̄ `;,―= ̄ ̄-,
               _=  _ _ =-.'  ̄,. . ∧_∧      .;'
    r―..、    ∧_=_- ― = ̄  ̄`:,___-−= (    )-=― ̄
    ゙-、 、 \ , -'' ̄    __――=',^'`; ̄r⌒>  _/ / .; ,・´,-, .‘
      ヾ、v´´   -―  ̄ ̄___ ̄"' "`:;._=’| y'⌒  ⌒i -;:∵,;"" ^
       ゙l'   ノ__- =  ̄ ̄ .___-=、 ;.,:. |  /  ノ |>>真中
       ./  , イ)  ̄   _=- ̄   -,∵;‘, ..ー'  /´^ヾ_ノ_  __ __,:' 
      /   _, ヾ― = ̄’   _=―;"' ;'/ , ノ__―= ̄ ̄
      |  / \  `、__=―= ̄_    / /∠=―_  '^;``
      j  /  ヽ  |ガガガガガガッ! ̄=-/ / ,'_     ̄ ̄-_
    / ノ   {  |_  ̄=―_  / /|  | ̄ ̄=―__,;'
   / /     | (_ ̄=_    `;,、_/ /   〉,;'、.,     ̄
  `、_〉      ー‐‐`    ̄==―''    |_/ -;:∵:・
                              '; .:

32 :マロン名無しさん:2005/07/12(火) 16:10:54 ID:tqjgL+BM
 ,、i`ヽ                        ,r‐'ァ 
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  <つかさちゃん。フォ━━━━━━━━ッ!!!!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


33 :マロン名無しさん:2005/07/13(水) 16:13:17 ID:MS81DQ2N
知恵の輪が全然解けない

百均で買ったやつ・・・

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`


34 :マロン名無しさん:2005/07/13(水) 17:07:35 ID:???
本を買いに本屋へ。

だる。また暑い中帰らないかんのか。

でも帰って来た。はぁ、力入らね・・・

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

35 :マロン名無しさん:2005/07/14(木) 01:08:46 ID:zdkdt3aR
見えない明日をつかむためには
自己をふりかえなければならない
見えない明日をつかむためには
時として涙をながす決意がないといけない
見えない明日をつかむためには
自分以上の友人をもたないといけない
見えない明日をつかむためには
自己の能力を日々研鑽しなければならない
見えない明日をつかむためには
自己に内在する怠惰と恐怖の感情をできるだけとじこめないといけない
見えない明日をつかむためには
豚からの脱却をはたさないといけない
そして見えない明日をつかんだ後は
その勝利の酔いからはやくさまないといけない
そして見えない明日をつかんだ後は
豚どもを一人でも救出しないといけない



36 :マロン名無しさん:2005/07/14(木) 03:43:04 ID:???
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | DEATH NOTE .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |  真中淳平          :「ツカサチャ〜ン」と叫びながら |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |  みんなにぼこぼこにされ:  鼻毛が全部抜けて爆死 |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |

37 :マロン名無しさん:2005/07/14(木) 17:02:30 ID:GqX4HuGP
           _∧_∧
        / ̄ (♯・∀・)⌒\   ツカサチャ〜ン!!
   __    /  _|     |   |
   ヽヽ   /  /  \    |   |           ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\|  |____|   .|   |           .,llll゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙lllll,
     \/  \       |   |           .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!!|
     | ヽ_「\      |   |、         |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .|
     |    \ \――、. |   | ヽ         .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
     |   / \ "-、,  `|  |  ヽ       |               |
  _/   /    "-, "' (_  ヽ  ヽ      .|               |
/    __ノ      "'m__`\ヽ_,,,, ヽ      |               |
`ー― ̄          ヽ、__`/ー_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliii|               |
                    \゙゙゙゙゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                      \   ヽ   |               |
                       ヽ   \  |               |
                        |     \.|               |
                        `ヽ、,,_ノ|               |
                              ゙゙!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!゙゙
                                   ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙
                                /.// ・l|∵ ヽ\ ←真中

38 :マロン名無しさん:2005/07/15(金) 14:52:07 ID:???
腹痛ぇ・・・

たまに早めに起きたと思ったらこれで痛いから寝てた。上手くいかないもんだ。いや上手く出来てるのか?

原因不明・・・うぐ

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

39 :マロン名無しさん:2005/07/17(日) 13:42:42 ID:???
何件書店回っても欲しい本が見つからなくて
しかも暑いしだんだんいらいらしてきた!!!

              '  /⌒⌒\
         ,' , ・,‘/ /  \ \
            / /|    /\ \  , ・,‘
           ◇/  |東城 |  \ ◇
         / /\  /     | / /\ \
        ┌ / \ \∧ ∧ ∧_∧/  \ ┐
        ||  /\( ´Д`(__ )\   ||
          ̄ // │     /  \〉   ̄
          〈/   |さつき│
              ┴    / ̄\
       ( ̄ ┐  / │ ∧ ∧  | / ̄_)
        | │ │ │( ´Д` )| | | |
        □ ├‐┤ /⌒     |  | ̄| □
        | ├‐┤│      |  | ̄|  |
        | |(__)|西野 (__) | |
         (  \  |    |  / /
          \ \ /     |/ /        //
           \ \  /   / /       //
       \    \ \/   ∨ ∧      //
        \   |\ \_/ /  |     /
―       ・ ∴.'| |      |  | , ・,‘
   ̄ ̄――.∴ ' \|  〉 真中  〈   |  / .'
        ̄ ・,'  /         |  | .∴ '        ―――
           ( ̄  /  ・,'' ,‘  \  ̄) ――― ̄ ̄ ̄
      ⊂ ̄ ̄ ̄ ̄   ∧_∧   ̄ ̄ ̄ ̄⊃ <ツカサチャーン…
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(___) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /       \
            /   //      \
          /    //        \

40 :真中:2005/07/17(日) 19:52:35 ID:hgEhvoyr
    Youth

青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦をも却ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ


   年を重ねただけで人は老いない 理想を失うときに初めて老いが来る
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ
   苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く
人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう


   年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星晨、その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心


人生への歓喜と興味
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる


   大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける
限り、人の若さは失われない これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が
人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、
この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる

41 :マロン名無しさん:2005/07/20(水) 01:11:16 ID:???
腐った牛乳飲んじまった!!!!
てめーのせいだよ、鼻毛!!!!!!!!!!!!!!!


       ∠-‐ "二_=`: .'´;" 'rァ _( )  <ツカサチャーン…
      / .-‐  ̄ "´ ‘´ | '^  ^i ←真中
     /  イ0          ブ .ハJ
      | ハ ヽ        / ノ
    // | |_      //l (
    ` ┘ └┘     `ー'  し′

       Oノ
       ノ\_・’ヽO.<ツカサチャーン
        └ _ノ ヽ ←真中
            〉

     o_ ;: ,.o < ツカサチャーソ
   /イ ̄ Vゝ
   ,ノ`|_ /(

42 :真中:2005/07/27(水) 02:54:25 ID:+kZ+oruL

ずっと夢を見てた 遠い記憶
光に包まれて 時が止まった
あなたの声がする いつもそばに
優しい音響く 名前を呼んで
泣かないで 泣かないで 
毎日会いに 来てくれるのね
何度も話し掛けてくれるのに
私答えられない



43 :マロン名無しさん:2005/07/31(日) 03:01:07 ID:W/gdIo0y
それを知っているか  


にぎやかな歓楽の最中に、
うたげの祈りに、楽しい広間で
お前は時折り、急に口をつぐみ
立ち去らずにはいられなくなるのをお前は知っているか。

そうしてお前はふしどに眠りもやらず、
突然心臓の苦痛に襲われた人のように伏している。
歓楽もにぎやかな笑いも、煙のように飛散してしまう。
お前は泣く、とめどもなく――それを知っているか。

44 :マロン名無しさん:2005/08/02(火) 00:37:55 ID:kRhyT3ZU
「人生にハードルはつきものである。
ハードルを越えることができなければ、その下をくぐる。
くぐれなければ脇を通る。それでもだめならば突き抜ける。
もっとも重要なことは
そこに本当に飛び越えなければならないハードルがあるかどうかである。」

「幸福はプロセスである。幸福に到達点はない。
ただ探し求めるものではない。作り出すものである。」

アーニーゼリンスキー

45 :マロン名無しさん:2005/08/02(火) 13:03:24 ID:???
そうか、この漫画も終わりか・・・ありゃ意外と言うかなんちゅうか。

こっちは相変わらず血のめぐりが悪くて気分悪いし。
今日病院の予約入ってることだけでも思い出して良かった。とりあえず真中死ね!!

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

46 :マロン名無しさん:2005/08/05(金) 05:36:13 ID:???
今日は早く起きすぎた。とりあえず真中殴っとく

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/


47 :マロン名無しさん:2005/08/05(金) 06:11:03 ID:???
俺は逆に今から寝るところだ。徹夜なんかしたせいでだるい。だるいから真中を殴る。

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

48 :真中、看護婦は最高!:2005/08/06(土) 01:35:47 ID:FoEMYI+O
「人間はたままたま縁あった仕事を一生懸命続けていくものなんじゃないか」

「明るさと楽天性に裏付けられたほどほどの真面目さ。
それが看護婦を続ける上で大切」

「まあ、こんなもんだろーなー
くらいのほんわかした気持ちで生きることの大切さ」

「患者さんの健康な部分ともつきあえる明るさ」

「人を励ましながら自分もついでに励ましている。看護婦の仕事の魅力」

「仕事への夢や理想だけでは、乗り切れない時期って
どんな仕事にもあるはず。
こんなときはもう、働くというよりも、稼ぐことの大切さに目を向けて、
その時期を乗り越えるしかないんじゃないでしょうか?」

「ナースコール だから看護婦はやめられない」 宮古あずさ 講談社1280円


49 :マロン名無しさん:2005/08/06(土) 12:33:50 ID:A1I383QO
Liebe

私の喜びはずんだ口はまた近づこうとする、
私の口づけで祝福してくれるあなたの唇に。
あなたのいとしい指を手にとってもてあそびながら、
私の指の中にたたもうとする。
私のこがれるまなざしをあなたのまなざしで満たし
私の頭を深くあなたの髪の中に埋め、
いつもさめている若いからだで
あなたの体の動きに忠実に答え、
いつも新たな愛の火で
あなたの美しさを千度もよみがえらせようとする。
私たちふたりがすっかり心をしずめられ、感謝しつつ、
あらゆる苦悩を越えて生きるまで。
私たちが昼と、夜と、きょうと、きのうとに、
いとしい姉妹としてつつましくあいさつするまで。
私たちがあらゆる行動を超越して
光に満たされたものとして平和のうちに歩くまで。


50 :真中:2005/08/07(日) 18:36:59 ID:loAxquev
J・F・ケネディ が1961年にマサチューセッツ州の州議会で行ったスピーチ


 多くを与えられている者には多くが要求される。そして何時の日か歴史という高貴な裁きの場で我々が国家に対するつかの間の奉仕においてどれだけの責任を果たしたのかが問われるであろう。
その時4つの疑問に対し我々がどう答えるかで審判が下されるだろう。

 第1に、真の勇気があったか。その勇気とは単に敵に対するものでなく必要とあらば仲間に対しても立ち向かうことのできる勇気であり、公のプレッシャーだけでなく私的な欲望にも立ち向かえる勇気である
 第2に、われわれには真の決断力があったか。未来と過去を真正面から見つめ、自らの過ちを認め、自分達の知識の限界を知り、それを認める英知があったか。
 第3に、われわれに真の尊厳があったか。自らの信念を貫き通し、人々の信頼を裏切らなかったか。政治的野望や金銭的欲望のために神聖なる任務を汚さなかったか。
 最後に、われわれは真に国家に献身したか。名誉や特定の人間やグループに妥協せず、個人的恩義や目的の為に道を曲げず、ただひたすら公共の為、国家の為に身を捧げたか。

 勇気、判断力、尊厳、そして献身・・・これら四つの要素が私の政権の活動の基準となるであろう。
 恭謙の念をもってこれからの任務につくにあたって、私は神の助けを求めたい。
しかしこの地上では神の御意志はわれわれ人間が実行に移さねばならぬということを心に刻んで、私はこの厳粛な旅に向かう。あなた方の支持と祈りをお願いしたい


51 :マロン名無しさん:2005/08/08(月) 00:47:09 ID:???
みんな卒業おめでとう!

              '  /⌒⌒\
         ,' , ・,‘/ /  \ \
            / /|    /\ \  , ・,‘
           ◇/  |東城 |  \ ◇
         / /\  /     | / /\ \
        ┌ / \ \∧ ∧ ∧_∧/  \ ┐
        ||  /\( ´Д`(__ )\   ||
          ̄ // │     /  \〉   ̄
          〈/   |さつき│
              ┴    / ̄\
       ( ̄ ┐  / │ ∧ ∧  | / ̄_)
        | │ │ │( ´Д` )| | | |
        □ ├‐┤ /⌒     |  | ̄| □
        | ├‐┤│      |  | ̄|  |
        | |(__)|西野 (__) | |
         (  \  |    |  / /
          \ \ /     |/ /        //
           \ \  /   / /       //
       \    \ \/   ∨ ∧      //
        \   |\ \_/ /  |     /
―       ・ ∴.'| |      |  | , ・,‘
   ̄ ̄――.∴ ' \|  〉 真中  〈   |  / .'
        ̄ ・,'  /         |  | .∴ '        ―――
           ( ̄  /  ・,'' ,‘  \  ̄) ――― ̄ ̄ ̄
      ⊂ ̄ ̄ ̄ ̄   ∧_∧   ̄ ̄ ̄ ̄⊃
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(___) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /       \
            /   //      \
          /    //        \

52 :マロン名無しさん:2005/08/08(月) 00:48:39 ID:???
そしてこれは餞別だ!
もらってけ!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`




53 :真中:2005/08/10(水) 05:41:30 ID:U8Sspei9
   炎  


お前がつまらぬものの間を躍って行こうと、
お前の心が憂いに苦しみ傷つこうと、
お前は日ごとに新しく味わうだろう、
生の炎がお前の中に燃えているという奇跡を。

我を忘れる喜びの瞬間に酔って、
その炎を燃え上がらせ、消えつきさせる者も少なくない。
慎重にゆうゆうと自分の運命を
子どもや孫に伝えるものもある。

だが、陰気な薄明を通ずる道を行くもの、
日々の煩いにたんのうし
生の炎をついぞ感じないものだけは、
その日々を空しく失うのだ。

54 :マロン名無しさん:2005/08/10(水) 15:58:16 ID:???
平日だってのに床屋で待たされるしよおぉ・・・
ああ、夏休みか。

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

55 :マロン名無しさん:2005/08/11(木) 13:49:56 ID:l9qN1hZO
>>26
>恋人を寝取られたのはお前の所為だ

そんな奴は遅かれ早かれ、別の奴と直に浮気をする、そんな女は止めて正解だ


56 :真中:2005/08/13(土) 12:10:22 ID:fy6Kt9RZ
短く切られたカシの木

カシの木よ、お前はなんと切り詰められたことよ!
なんとお前は異様に奇妙に立っている事よ!
お前はなんと度々苦しめられた事だろう!
とうとうお前の中にあるものは反抗と意志だけになってしまった。
私もお前と同じように、切り詰められ、
悩まされても、生活と絶縁せず、
毎日むごい仕打ちを散々なめながらも、
光に向かってひたいを上げるのだ。
私の中にあった優しいもの柔らかいものを
世間が嘲って息の根をとめてしまった。
だが、私というものは金剛不壊だ
私は満足し、和解し
根気よく新しい葉を枝からだす、
いくど引き裂かれても。
そしてどんな悲しみにも逆らい、
私は狂った世間を愛しつづける。

57 :マロン名無しさん:2005/08/13(土) 13:34:14 ID:???
なんか眠い。力が入らない。

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

58 :マロン名無しさん:2005/08/14(日) 03:32:15 ID:kTN8pPc0
 第二次世界大戦の敗北は、軍事力の敗北であった以上に、私たちの若い文化力の敗退であった。
私たちの文化が戦争に対して如何に無 力であり、単なるあだ花に過ぎなかったかを、私たちは身を以て体験し痛感した。
西洋近代文化の摂取にとって、明治以後八十年の歳月は決 して短かすぎたとは言えない。
にもかかわらず、近代文化の伝統を確立し、自由な批判と柔軟な良識に富む文化層として自らを形成すること に私たちは失敗して来た。
そしてこれは、各層への文化の普及滲透を任務とする出版人の責任でもあった。
 一九四五年以来、私たちは再び振出しに戻り、第一歩から踏み出すことを余儀なくされた。
これは大きな不幸ではあるが、反面、これまでの 混沌・未熟・歪曲の中にあった我が国の文化に秩序と確たる基礎を齎らすためには絶好の機会でもある。
角川書店は、このような祖国の文 化的危機にあたり、微力をも顧みず再建の礎石たるべき抱負と決意とをもって出発したが、ここに創立以来の念願を果すべく角川文庫を発 刊する。
これまで刊行されたあらゆる全集叢書文庫類の長所と短所とを検討し、古今東西の不朽の典籍を、良心的編集のもとに、廉価に、そ して書架にふさわしい美本として、多くのひとびとに提供しようとする。
しかし私たちは徒らに百科全書的な知識のジレッタントを作ること目的 とせず、あくまで祖国の文化に秩序と再建への道を示し、
この文庫を角川書店の栄ある事業とて、今後永久に継続発展せしめ、学芸と教養 との殿堂として大成せんことを期したい。
多くの読書子の愛情ある忠言と支持とによって、この希望と抱負とを完遂せしめられんことを願う。



59 :マロン名無しさん:2005/08/15(月) 01:39:58 ID:???
割り箸がうまく割れない…………


            _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/



60 :マロン名無しさん:2005/08/15(月) 08:52:59 ID:???
暑いのに! 暑い中わざわざコンビニ行ったのに!!

お茶買うの忘れた!!!!!!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

61 :真中:2005/08/17(水) 03:41:51 ID:yb2aDoJz
♪世の中はいつも、変わっているから  頑固者だけが、悲しい思いをする
  変わらないものを、何かにたとえて  その度崩れちゃ、そいつのせいにする

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  世の中はとても、臆病な猫だから  他愛のない嘘を、いつもついている
  包帯のような嘘を、見破ることで  学者は世間を、見たような気になる

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため♪



62 :マロン名無しさん:2005/08/17(水) 04:15:05 ID:???
渇れた原子炉のそばでシュプレヒコールは続く〜
光熱は〜ないが〜情熱は〜あ〜る〜

63 :マロン名無しさん:2005/08/20(土) 05:31:38 ID:jNgr5/6I
Eines Menschen Leben・・・・・・

人の一生が何ほどのことがあろうか?しかも幾千の人が、
人が何をしたの、どうしたのと、あげつらう。
詩はさらに片々たるものなのに、しかも幾千の人に味わわれ、
非難される。友よ、ただ生きよ、ただ歌い続けよ!

64 :マロン名無しさん:2005/08/20(土) 21:22:33 ID:???
みつるキタ──(゚∀゚)──!!
http://review-site.net/index.html
・・・・・・・   
・・・・・・
キタ━━━( ´∀`) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・)━━━!!!!

65 :マロン名無しさん:2005/08/21(日) 21:12:36 ID:AVInPmQa
「人は結果ばかりを求めていると、近道をしたがるものだ
近道した時、真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく
大切なのは、真実に向かおうとする意思だと思っている。
例え今回はあしらわれても、いつかは聞いてくれる人に
出会えるだろう。 向かっているわけだからな。違うかい?」

66 :マロン名無しさん:2005/08/21(日) 21:39:53 ID:???
このスレ最高!!
つうかこの漫画をつぶすスレないか?

67 :マロン名無しさん:2005/08/22(月) 03:55:01 ID:C4Gp1vps
かおがふやけて、力がでない....

68 :真中:2005/08/23(火) 03:32:05 ID:KVokCxUS
Warum bin ich verganglich     

「何ゆえ、私は移ろいやすいのです?
おお、ジュピタアよ」と、美がたずねた
「移ろいやすいものだけを
美しくしたのだ」と、神は答えた


69 :マロン名無しさん:2005/08/23(火) 04:03:40 ID:???
>>68
悪い、ドイツ語見せられると反吐が出るんだ

70 :マロン名無しさん:2005/08/23(火) 12:48:13 ID:GKHkmxkb
   Trost in Tranen  

みんなが楽しそうにしているのに、なぜ君は悲しんでいるのか。
君の目を見ればわかる、ほんとに君は泣いたのだね。

「ぼくひとりで泣いたとて、それはぼくだけの苦しみだ。
泣けば流れる甘い涙にぼくの心は軽くなるのさ」

楽しげな友だちが君を招いている。さあ、ぼくたちの胸に来て、
なくしたものはなんなりと心おきなく打ち明けたまえ。

「にぎやかに騒いでる君たちに哀れなぼくの苦しい心はわからない。
いやいや、ぼくは何もなくしはしない。切ない思いは数々あるが」

それなら直ぐに元気を出したまえ。若い血潮の君なのだ。
君の年なら、力もあるし、望みをかなえる勇気もあろう。

「いやいや、望みをかなえる道は無い。あまりに遠い隔たりだ。
高いみ空の星のように、高いところで美しく光っている」

星を取ろうと望むものはない。きらびやかな光を楽しむだけだ。
晴れた日の夜ごとに、空を仰げば、うっとりとしないものはない。

「うっとりとしてぼくは、しげしげと昼、日なか仰ぎ見るのだ。
夜は泣き明かさせてくれたまえ、ぼくが泣ける間は」

71 :マロン名無しさん:2005/08/28(日) 05:35:09 ID:EsJ1ZoYk

私たちはどこから生まれて来たか。
愛から。
私たちはどうして滅ぶか。
愛なきために。
私たちは何によって自分に打ちかつか。
愛によって。
私たちも愛を見出しうるか。
愛によって。
長いあいだ泣かずに済むのは何によるか。
愛による。
私たちをたえず結びつけるのは何か。
愛である。

72 :真中:2005/08/28(日) 23:58:36 ID:AqNaoSJ0
  Mit einen gemalten Band  


小さい花と花びらを
やさしい若い春の神々が
軽い手つきで戯れながら
私の薄絹のリボンの上にまく

そよ風よ、これを翼にのせて
私の愛する人の着物にからませよ!
すると彼女はいそいそと
鏡の前に立ち去って行く

バラに包まれた自分を見れば
自分もバラのように若やいでいる。
立ったひと目を、いとしい人よ!
それで私は満足だ。

この胸の思いを汲みとって
ためらわずその手をお出し。
そしてふたりを結ぶこのひもは、
弱いバラのひもではないように。

73 :マロン名無しさん:2005/09/01(木) 18:45:21 ID:???
  栄光の空しさ  


血筋や地位のもたらす栄光などは、
  単なる影に過ぎず、実体などというものではない。
堂々たる鎧で身を守っていても、運命には逆らえないのだ。
  王様だって氷のような手をもった死神に見舞われる。
  王笏や王冠を誇った者も、
  必ず真っ逆様に転落し、
土の中に入ってしまえば、曲がった鎌や鋤を使って
野原で働いていた農民と同じ身分になってしまうのだ。


野原ならぬ戦場で武勲をたて、敵を殺した記念に
  その場所にわざわざ月桂樹を植える者もいる。
だが、その武勇を誇った強靭な肉体もやがては亡びる。
  啀み合うのもいつも仲間同士のことで、
   遅かれ早かれ、
   彼らは運命の前に平身低頭し、
わけの分からぬうわ言を呟きながら息を引きとる、――
蒼白な囚人然として死の世界へ引きずりこまれるというわけだ。


私は言いたい、――君たちの額を飾っている花輪も、
  必ず凋む。だから、自分の偉業を誇るのはやめるがいい。
そして、死神の赤い祭壇をよく見ることだ、
  そこには勝者即敗者の血が流れている。
   いずれ栄光を誇った君たちの頭も、
   冷たい墓場の下に入ってしまうのだ。
だが、正しく生きた人間の営みだけが、
土の中でもフクイクと薫り、爛漫と咲き誇るのだ。

74 :真中:2005/09/04(日) 03:52:48 ID:???
     私は世を愛さなかった      

私は世を愛さなかった、世もまた私を―
彼らの臭い息の前に諂ったこともなく
彼らの偶像の前に、恭々しく膝を屈したこともなく
心にない笑いを頬に浮かべもしなかった
うつろな木霊を崇めて、高らかに叫んだ事もなく
人群れの中にありながら、その仲間とは扱われなかった。
彼らと交わりながら、ただひとり立ち
屍衣のように、人と異なる思想を身にまとった
今もなお、というべくは、あまりに心屈して汚れたのだが――。


私は世を愛さなかった、世もまた私を――
所詮、敵ならばいさぎよく袂を別とう
だが私は信じたい、彼らには裏切られたが
真実ある言葉、欺きえぬ希望があり
めぐみ深く、過ちの穴をつくらぬ美徳があると
また人の悲しみを心から悲しむものもおり
1人か2人かは、見かけと変らぬものもあり
善とは名ばかりでなく、幸福とは夢ではない、と

75 :マロン名無しさん:2005/09/05(月) 17:10:43 ID:???
なんか全然力が入らん!
真中のせいだ!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

76 :マロン名無しさん:2005/09/06(火) 18:18:10 ID:ZI+QDa82
   
      「フランダ―スの戦場に」

フランダースの戦場にケシの花が咲く
列また列の十字架のはざまに
十字架はわれらが住みか
空になおヒバリは翔べど
砲声に歌は聞えず

われは死せり、命ありて
曙を膚に感じ、黄昏の光芒を眺め
愛し愛されは昨日の事
いま、われはフランダースの戦場に横たわる

われに続き敵と戦え
力尽きしわれらの投げる
たいまつを高く掲げよ
なんじら、死せる我ら背かば
永遠にわれらは眠らじ
フランダースの戦場にケシの花は咲くとも

77 :マロン名無しさん:2005/09/14(水) 00:35:58 ID:zJqnCpZl
  誠実な人間  

誠実な人間とは
  その心が清潔で、
曲がったことをせず、
  虚栄心とは無縁な人のこと。

そういう人は、ただ黙々と、
  純粋無垢な日々をおくり、
希望にも心惑わされず、
  悲しみにも乱されはしない。

そういう人は、城壁や鎧で
  自分の身を守る必要もなく、
晴天から降ってくる禍を避けるため
  秘密の地下室を設ける必要もない。

そういう人は、いや、そういう人だけが、
  深遠から迫ってくる恐怖も、
大空から襲ってくる脅威も、
  臆することなく見据えることができるのだ。

そして、運、不運のもたらす
  苦悩を超然と直視し
天を仰いでそこに神意を読み、
  敬虔な思いこそわが知恵と考えるのだ。

さらにまた、善き思いをわが友とし、
  満ちたれる老齢をわが財産と見なし、
この土地の生を静かな旅の宿と見、
  自らを静かにそこに宿る旅人と考えるのだ。

78 :マロン名無しさん:2005/09/17(土) 12:30:36 ID:???
なんかもう、無茶苦茶寝覚めが悪い。
昼頃まで起きられない。
真中のせいに!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

79 :マロン名無しさん:2005/09/18(日) 19:13:08 ID:???

色々ともうワケわかんねーよ!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

80 :マロン名無しさん:2005/09/18(日) 20:41:16 ID:???
          
─── /⌒ヽ, ─────────
 ̄ ̄  / ,ヘ  ヽ∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   , ” ' ‐ ,
 ̄ ̄ i .i \ ( ´Д`)ヽ,   ___,, __ _ ,, - _―" ’.  ' ・,  ’・ ,  /∧_∧
── ヽ勿  ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴”_ ∵,          ))
______   ヽ,, / / __,,, -- "" ─ "ー ・, ; ; - 、・   r=-,/⌒  ~ヽ~, <ツカサチャーン・・・
───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -            i y  ノ' ノi j |   ,‘>>真中
───────  / /,.  ヽ,  ──                i,,___ノ   //
______   丿 ノ ヽ,__,ノ ___ _ _ _           ,'    ゝ
           j  i                        /   y ノ
_____    巛i~ ____ _             /    /~/


81 :マロン名無しさん:2005/09/19(月) 03:30:50 ID:ROuEZX5a

今夜の海は実に静かだ。
潮が満ち、月が煌々と海峡を照らしている。
フランスの海岸では、燈火がが明滅しており、イングランドの巨大な断崖は白く輝き、
穏やかな湾内を見下ろし、佇立している。
君も、窓際にきて、この爽やかな夜風に当るといい。
海原が月光の下に白く浮かび上がった陸地と接し、飛沫が延々と続いている、ほら、あの辺りから、
小石の擦れ合うざわめきが聞えてこないかい?
あの音は、波が引くとき運び去り、打ちよせては岸辺の奥へと、運んでくる小石の奏でる音だ、――そうだ、あれは。
ゆるやかに篩えるような音響を響かせながら、大きくなっては静まり、静まっては大きくなり、――永劫にやむことの無い、
悲しみの調べを奏でているのだ。

かつては、信仰が、いや信仰の海が、この海原と同じように、漫々と水を湛え
きらめく帯の襞さながらに、地球の岸辺をくまなく取り囲んでいた。
だが、私が今耳にしているのは、ただ、その海の愁いをおび、陰にこもった長い唸り声に過ぎない、――
それは、夜風の息吹きとまざり合い、この世界の荒涼無残な極限の彼方へ、――裸の小石が
空しく群がっているあたりへと、流れていく声なのだ。

ああ、君、せめてわれわれだけでも、お互いに忠実であろうではないか!なぜなら
多彩で流麗で溌剌たる夢を孕むもののように、
われわれの眼前に横たわっているこの世界も、その実は、喜びもなく、愛もなく、光もなく、
確かさもなく、平和もなく、苦痛を癒す力も無い世界なのだ。
われわれは、今、夜陰に乗じて衝突する無知の軍勢が上げる、
闘争と壊走の阿鼻叫喚の声に呑まれ、なすすべもなく、
暮れなずむ荒野に佇んでいるのだ・・・。

82 :真中:2005/09/20(火) 01:46:31 ID:???
まあ皆おれに嫉妬してるに違いないな!

色んな作品も俺には及ばない!、かわいい女の子も手にとり放題!

やっぱ俺って最高だな!

83 :マロン名無しさん:2005/09/20(火) 16:21:52 ID:???
映画観に行ったけど危うく間に合わないかと思ったよ。
上映前のCMまで始まってたけど間に合った。良かった。ので祝砲。

          
─── /⌒ヽ, ─────────
 ̄ ̄  / ,ヘ  ヽ∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   , ” ' ‐ ,
 ̄ ̄ i .i \ ( ´Д`)ヽ,   ___,, __ _ ,, - _―" ’.  ' ・,  ’・ ,  /∧_∧
── ヽ勿  ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴”_ ∵,          ))
______   ヽ,, / / __,,, -- "" ─ "ー ・, ; ; - 、・   r=-,/⌒  ~ヽ~, <ツカサチャーン・・・
───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -            i y  ノ' ノi j |   ,‘>>真中
───────  / /,.  ヽ,  ──                i,,___ノ   //
______   丿 ノ ヽ,__,ノ ___ _ _ _           ,'    ゝ
           j  i                        /   y ノ
_____    巛i~ ____ _             /    /~/

84 :マロン名無しさん:2005/09/21(水) 20:47:17 ID:o93uj/lx
Scheintod   


お泣きよ、おとめ、ここが恋の神(アモル)のお墓です
アモルはここでわけもなく、ふとしたことで死にました。
だけどほんとうに死んだのか。それは怪しい、アモルは
ふとしたことでわけもなく目を覚ますのが常だから


85 :マロン名無しさん:2005/09/23(金) 19:39:56 ID:???
真中・・・・・・
お前さえいなければ アイツは死ななかったぁあああああっ!!
       _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/


86 :マロン名無しさん:2005/09/24(土) 03:12:36 ID:???
ほんと、世の中真面目な奴が割りを食うシステムにしてるゴミが多い

 ━┓・・   ┃┃             ニャープーン♪  
   ┃ ━━ ・ .・          ∧∧  
 ━┛  .._| ̄\__.(Y ⌒~~''  =゚-゚)っ |\__人 ドガッ!!!
  三三三| ..──    (ノ''""""''`O |  .─  .....) >__∧∩
     ..  ̄|_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ V`Д´) /
                                /←卑劣漢・法を踏み躙り、罪に塗れた汚物ども・・・

87 :真中:2005/09/24(土) 13:44:16 ID:coY0Oi3b
Stanzas for Music    

「美」の娘らの中にあっても
おまえのように奇しき力を持つものは無いであろう
そのうるわしい声は私の耳に
さながらに海波に流れる音楽であり
その時、音に魅せられた大洋は鳴りをひそめ
浪はしずまりきらめきわたり
風は凪ぎ、夢みながらまどろむ。

真夜中の月かげは
きらびやかな鎖を海の上に織りなし
その海の胸ははやさしく波だち
おさな児の眠りのようである
天地の精はきておまえの前にひざまずき
あなたの声に耳をかたむけ、おまえをを讃える
夏の日の海のうねりのように
おだやかに、しかしあふれてくる想いをもって。

88 :真中:2005/09/25(日) 04:22:31 ID:wGvBSevr

Fog


霧はやってくる、
小さな猫足で。
そっと腰を下ろして、
港と町を
見渡すと、
また静かに歩き出す。

89 :マロン名無しさん:2005/09/26(月) 17:04:22 ID:???
早目に寝ても、ダルくて起きられない。
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

90 :真中:2005/09/26(月) 21:23:26 ID:t9Fza3od
  ある母親が見た夢    

今晩、眠りかけたかと思うと、
ある夢を私は見ました。
でも、本当に悲しい夢でした――
ただ、もう、いつまでも泣いていました。
私を残していってしまった、
可愛いあの子の夢だったのです、
そうです、大切な大切な子でした、
でも、私を残していってしまったのです。

私が、天国のあちらこちらを、
あの子を求めて探し回っていましたら、
運よく、列を組んだ子供たちに会いました。
綺麗で優しそうな子供たちばかりでした。
どの子も白百合のような白い衣を着て、
手には明々と燃えている灯をもっていました。
どの子も顔を私のほうにはっきり見せていましたが、
なぜだか、私に口をきこうとしませんでした。

そのうちに、私の子供も順番でやってきましたが、
なんだか少し悲しそうな顔をしていました。
灯はもっていましたが、
なんと、明りがともってはいなかったのです!
どうしたことかと訝る私に向かって、
少し顔をそむけながら、あの子は言いました――
「母さんの涙で消えたんだ、
頼むから、もう泣かないでよ」と。

91 :BCMahora ◆jqB.C.MTuw :2005/09/26(月) 23:04:54 ID:???
 今日は真中よりオーナーをこうしたい。

 , -='   //// 〃/〃/ /     ハ        ヽミ≦三三ミ彡∠ノ _,.=彡′
彡二二ィ'´//// ///〃/./     ) ( ) 〈i    ヽ.ヽミニニ二二二三≪    _
>==彡///// / 〃 |/___   (  (. )、|ハ!   ヽ.ヽ>=三ミミニニ、_`>-‐''´
三彡'////,'リ// !〃  || l   `ヽ、__`Yノ ヽ|r'    _L⊥≧ァ'7´,. -‐'''´
二二// |/ ||| | || ||   ||_| ̄ ̄`゙''ヽ,ノ ノ __,.. -‐'''´    / /
'´//!  || ||.! l |l ||  || `ヽ、 }, --'´ ̄       / //  /      /r‐'´
彡//レ‐、|| || |.! | ||  || ヽ ヽV          / //i  |    __/i
//,'|l〈「入! ||| | ヽ||  ||  ヽ )          ,'   l l |  |   ⌒(
/〃!|ヽし'l| | | ヽヾ!l   ヽ   ヽi         l   | | l  |
| l| |!| |ヽ〈| | |! ヽ\     } !         l    | ヽ ヽ        i
| || |}l | |ヽ| | |ヽ \ `ー   r' |              ヽ ヽ       」ヽ
| || l/!|l | lト、!.ト、ヽ、   ,.--_ヽ }               \\     ⌒l \
ヽ|// || | ト、|ヽ ヽ   / i 「レ'-ミY           ,. -'´   ∠ミーニヽ、___
 リ川|| .| | |ヽヽ \  l  ノノ )         /   r;┬'三三ミミゞミミヽ`゙''ヽ、_
/ 〃 || | | | ヽヽ     ,,,r'´ヽ、  / ̄>-'⌒ー‐'´リ ト、弌二ニニミヽ ̄`ヽ、
//i| ‖ | ',.!ヽヽ\`ー  /     j~i'⌒'⌒ヽ     〃/{ト、\ ヽ ̄ ̄`ヾヽ   |
//|l |||  | ヽ! |トヽ \   ヽ、__ ノ           / ∧{ト、ヾミヽヽ   ヽ !
ノノ! |||  ヽ ヾl|ヾヽ  `ヽ `ー─--  ─一'´   ノ  ヽリヾミ、 ヾ!    l
  | |トヾ、 ヽミ、|  \   `丶、 二二二 ----─''′   `=、_   ソ

92 :現在一杯一杯の自分には・・・夢:2005/09/27(火) 00:09:06 ID:???
  あるひとに    


ただひとたび、思いがせまって
眼をあげてあなたをみつめたのだが
その日からは、大空のもとに
あなたのほかのものをながめることはない。

夜半に眼をとざしても、むだである
私の夜は、真昼のようになり
そぞろに立ちあらわれてくる
そのあなたは、夢でしかない。

救いのない夢だ――かぎりない障りが
あなたとわが運命とを距てている
かくて、わが情熱は目ざめさわぎやまぬが

あなたのこころには、つねに安らぎがあるように

93 :マロン名無しさん:2005/09/27(火) 14:06:49 ID:???
>>91
オーナー・・・誰?

94 :ワーイ:2005/09/27(火) 14:42:17 ID:UXBhy/cO
ハーレムエンドにしてほしかっっったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッッッ!!!!!!!!!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`


95 :真中:2005/09/28(水) 00:13:31 ID:2+5Jgg+f
見えない明日をつかむためには
自己をふりかえなければならない
見えない明日をつかむためには
時として涙をながす決意がないといけない
見えない明日をつかむためには
自分以上の友人をもたないといけない
見えない明日をつかむためには
自己の能力を日々研鑽しなければならない
見えない明日をつかむためには
自己に内在する怠惰と恐怖の感情をできるだけとじこめないといけない
見えない明日をつかむためには
豚からの脱却をはたさないといけない
そして見えない明日をつかんだ後は
その勝利の酔いからはやくさまないといけない
そして見えない明日をつかんだ後は
豚どもを一人でも救出しないといけない


96 :真中:2005/09/29(木) 02:09:49 ID:asb6Unc7
The Spell is Broke、The Charm is Flown  

惑いはやぶれて、恋は終った
人の世の、うつろいやすい病なのだ。
呻くべき時に、われらは狂おしく微笑む
迷いこそ、われらをあざむくもの
こころの澄んだ束の間にだけ
自然の掟の、哀しいことを思いおこす
ただ、賢者の道を踏み行うものばかりが、
殉難者として「生きる」――聖者は「死し」たのであるが

97 :マロン名無しさん:2005/09/29(木) 02:17:03 ID:0ut/9HiS
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1123857176/
糞スレ

98 :マロン名無しさん:2005/09/29(木) 23:38:34 ID:8TAOj3vL
自分のすべきことをしていなければ 一日の終わりを後悔と共に眠り
 無意味な一日の始まりは 悲しみと共に目覚めることになる
 それが嫌なら拳を握れ!!
 そして最後まで闘争する意志を叩きつけろ!!
 不安に降伏しそうな あきらめ顔の自分に!!!


99 :マロン名無しさん:2005/09/30(金) 13:03:06 ID:???
薬貰ったら少しは体質改善されてるかな。ますます薬漬け一直線だが。まあ祝砲!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

100 :マロン名無しさん:2005/10/02(日) 07:29:48 ID:???

ジャンプとかいうチラシの裏読んでねーからー

いちごが終わったかどーかすら分からねー

でも、とりあえず殴っとく

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

101 :真中:2005/10/02(日) 23:23:18 ID:aRyyPikB
1.
 この青い空のどこかに 突然出会う人がいる 夏の太陽がまぶしく照らす

 路面電車に揺られてく 変わらない街を抜けて 変わらない季節 風が運んでく

 恋する気持ちを忘れないよ ちっぽけな約束も私にはたからもの

 あの頃の想いは遠く離れてても 私の胸の中 色褪せない

 くちびるを開くとあふれるメロディが 窓を流れていく 道は続いてる

2.
 何かを求めすぎてたり 言葉が足りなかったために 恋人はいつもテストを受ける

 あなたと私はどうかな 心は迷子になって なにげないことで 傷つけあうかな

 大切なものをつかみたいよ ぽっかりと浮かぶ雲 そのすべて受け止めて

 ポケットのハモニカ そっと息を吹くと 心が急にせつなくなるよね

 涙が頬伝い 悲しみを乗り越え ふたりで夕暮れを 瞳にうつしたい

 想い続けている いつの日かきっとあえるから

102 :マロン名無しさん:2005/10/03(月) 00:39:42 ID:???
       r '――- 、_-、 \`丶、
     ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、
     r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
     Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |
    ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
  r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  ト<ぐ^l )
ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
  \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \〃      ネタをネタと見抜けな(ry
   _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j
\、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /
、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
_ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{
 ̄ \、  ヽ〃      l    人
    ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ
         |l !  fバ}  ∧  / 八



103 :真中:2005/10/05(水) 00:01:16 ID:chL/fkXH

みんなが寝静まった真夜中に、もし君がふっと思い出に耽り、
  かつて君を愛し君に愛された僕というが男が死んで、
墓場の下にいることに、――愚かな連中言わせれば――
死の虜囚となっていることに、思いをはせるとしたら、
  僕を哀れと思うか?


あんなに愛し愛された友人同士だったのに、誤解も甚だしい!
  僕が地上に生きていた時、怠け者や泣き虫や
女々しい奴とはおよそ無縁だったはずだ。志も力も望みも
ない奴のように僕が愚痴を零したことが一度でもあったか?
  僕という人間を、――何だと思っているんだ?


僕は、敵に背を向けることなく胸をはって邁進、暗雲に
  閉ざされても晴れることを疑わず、正義が敗れても悪が
勝つとは夢想だにせず、斃れるのは再起するため、敗れるのは
よりよき戦いを戦うため、眠るのは目覚めるため、と
  固く信じていた男だ。


哀れむのは真っ平だ! みんなが働いている昼間に、もし、
  死んだ僕のことを思い出したら、心の中で激励してくれ!
胸と背それぞれの方向に向けて前進しろ、と言い、さらに、
叫んでくれ、「戦え、勝つんだ!成功を祈る!奮戦し、
前進せよ、この世と同じくあの世でも!」と

104 :マロン名無しさん:2005/10/05(水) 15:47:54 ID:???
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

105 :マロン名無しさん:2005/10/08(土) 03:17:02 ID:???
  白い雲

おお見よ、白い雲はまた
忘れられた美しい歌の
かすかなメロディーのように
青い空をかなたへ漂っていく!

長い旅路にあって
さすらいの悲しみと喜びを
味わいつくしたものでなければ
あの雲の心はわからない。

私は太陽や海や風のように
白いもの、定めないものが好きだ。
それは、ふるさとを離れたさすらい人の
姉妹であり天使であるのだから。

106 :マロン名無しさん:2005/10/08(土) 04:34:26 ID:???
真中さんちぃーすっ!
ほらクズども!おまえらも、真中さんに挨拶するんだよ!

107 :マロン名無しさん:2005/10/12(水) 00:50:45 ID:???



108 :マロン名無しさん:2005/10/12(水) 03:31:23 ID:A8shcxVB
あれから僕たちは 何かを信じてこれたかな
miは 明日がもう待っている

誰かの声に気づき 僕らは身をひそめた
公園のフェンス越しに夜の風が吹いた
君が何か伝えようと にぎり返したその手は
ぽくの心のやらかい場所を 今でもまだしめつける

あれから僕たちは 何かを信じてこれたかな
窓をそっと開けてみる 冬の風のにおいがした



109 :マロン名無しさん:2005/10/14(金) 07:34:42 ID:7etp1Ohj
世の中はいつも、変わっているから  頑固者だけが、悲しい思いをする
  変わらないものを、何かにたとえて  その度崩れちゃ、そいつのせいにする

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  世の中はとても、臆病な猫だから  他愛のない嘘を、いつもついている
  包帯のような嘘を、見破ることで  学者は世間を、見たような気になる

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため♪


110 :マロン名無しさん:2005/10/14(金) 14:57:36 ID:???
ああ首筋寝違えたあ。痛ぇ。
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

111 :真中:2005/10/15(土) 04:11:24 ID:XvoRyfvj
  新しい家に入るに際し  


母の胎内から来て
土の中で朽ちる定めをもって、
人間は不思議そうに立っている。
神々の追憶が朝の夢に軽く触れる。

それから人間は神を離れ、大地に向かい、
働き努める。あわただしい生活の
過ぎごし方と行く手とを恥じ怖れつつ、

家を建てて、それを飾り、
壁を塗り、たんすを満たし、
友だちと宴を祝い、そして
愛らしい笑う花を植える、門の前に。

112 :マロン名無しさん:2005/10/15(土) 09:40:32 ID:???
真中死んでいいよwwwwwww

クズは死ねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

113 :真中:2005/10/16(日) 02:28:42 ID:Ka5aFyD3
      あらしの後の花      


兄弟のように、みんな同じ方を向いて
かがんだ、滴の垂れる花が風の中に立っている。
まだおどおどとおびえ、風にめしいて。
弱い花はいくつも折れて、見る影もない

花はまだ麻痺したまま、ためらいつつおもむろに
頭をなつかしい光の中にまた上げる。
私たちはまだ生きている、敵に飲み込まれはしなかったと、
兄弟のように、最初の微笑を試みながら。

そのながめで私は思い出す。自分も気も遠く
ぼんやりとした生の衝動に駆られ、やみと不幸とから
感謝しつついとおしむやさしい光に
立ち帰った時のかずかずを。

114 :マロン名無しさん:2005/10/16(日) 02:30:03 ID:???
てst

115 :マロン名無しさん:2005/10/16(日) 16:00:12 ID:???


116 :マロン名無しさん:2005/10/16(日) 20:08:36 ID:???
オレの妹をかえせええええええッ!!!!
        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

117 ::2005/10/17(月) 05:39:44 ID:acfqb1IR
            脾臓

私はまるで、雨ばかり降る国の王のようだ、
富みながら、不能、若いくせにすっかり老いて
師博たちが平身低頭するのを蔑み、
犬、またはどんな動物を相手にも退屈している王。
何ものも王を楽しませはせぬ、狩りの獲物も、追う鷹も、
露台の真向で死んでゆく人民の姿も。
お気に入りの道化師の、グロテスクな歌物語も、
もはやこの残忍な病人の気を晴らしはしない。
百合の花模様の寝台も、墓となり変り
王者ならばすべて美男子と心得る化粧係り侍女たちも
この年若い骸骨から、微笑みひとつ引き出すための、
淫らな装いを考え出そうとしてもはや空しい。
王のために黄金を作り出す学者も、王の身体から、
腐敗の要素をえぐり取ることはできなかったし、
世の権力ある人々が、老いの日々に思い出すのを常とする、
古代ローマ人からわれわれに伝わる、かの血浴みの法を用いても、
この麻痺した屍をあたためることはできなかった
そこは血の代りに、<忘却の河>の緑の水が流れているものゆえ

118 :真中:2005/10/17(月) 23:49:49 ID:???
 Er ging im Dunkel  

彼は、黒い木立のかさなる影が
彼の夢を冷すやみの中を好んで歩いた

だが、彼の胸の中には、光へ、光へと
こがれる願いが捕えられて悩んでいた。

彼の上に、清い銀の星のこぼれる
晴れた空のあることを、彼は忘れていた。

119 :マロン名無しさん:2005/10/19(水) 03:26:21 ID:KJ2aXSTP
Eines Menschen Leben・・・・・・

人の一生が何ほどのことがあろうか?しかも幾千の人が、
人が何をしたの、どうしたのと、あげつらう。
詩はさらに片々たるものなのに、しかも幾千の人に味わわれ、
非難される。友よ、ただ生きよ、ただ歌い続けよ!

120 :マロン名無しさん:2005/10/20(木) 09:53:53 ID:???
    ズライカ (東風の歌)

 風のこのそよぎは何を意味するのでしょうか。
 東風はうれしい便りを持ってくるのでしょうか。
 風の翼のさわやかな動きは
 心の深い傷をひやしてくれます。

 風は愛撫するように道のほこりをもてあそび
 かりたてて、軽いちぎれ雲にします。
 戯れる小さい虫の群れを
 安らかなブドウの葉のかげに吹き寄せます。

 東風は、照りつける夕日をやさしくやわらげ
 私の熱いほほをひやしてくれ
 畑や丘に照りはえるブドウに
 吹き過ぎながら口づけします。

 そのかすかなささやきは私に
 あの方のねんごろなことばを伝えます。
 丘がまだ暗くならないうちに
 千たびもの口づけが私をよみがえらせるでしょう

 では、風よ、吹いて行くがよい!
 友だちや悲しんでいる人を慰めておあげ
 高い城壁が夕日に赤く輝いてあすこで
 私はまもなく、いとしい人に会えるのです。

 ああ、ほんとの心の便りを
 愛の息吹を、よみがえった命を
 あの方の口づけだけが、あの方の息吹だけが
 私に与えて下さるのです。

121 :マロン名無しさん:2005/10/22(土) 13:35:49 ID:???
        ある一つの言葉

余りにもしばしば冒とくされているので、私までが
  冒?するのは憚られる、ある一つの言葉がある。
余りにも誤って軽蔑されているので、貴女までが
  軽蔑するとも思えぬ、一つの感情がある。
余りにも絶望に似ているので、世間的配慮から
  私が圧殺するまでもない、一つの希望がある。
もし貴女が私のに一掬の憐れみを示してくれれば、
  他の女の示す憐れみよりもどんなに有難いことか。
私は、いわゆる愛という言葉を貴女に送ることは出来ない。
  だが、私が真心からささげ、天に許されるはずもない、
貴女に対する崇拝の思いを、貴女に受け入れてもらうことは
  果たしてできないものであろうか。私のその思いは、
天上の星を慕い求める蛾の願いであり、
  黎明を待ちわびる夜の願いなのだ。
いや人間の悲しみの世界の遥か彼方の、
  ある何ものかに憧れる思いなのだが…

122 :マロン名無しさん:2005/10/23(日) 00:21:59 ID:???
メートルをフィートに
ポンドをドルにしたのは
ストーンカッターズ!

アメリカに火星人
こっそり隠してるのは
ストーンカッターズ!

自動車産業妨害し
スティーブ・グッデンバーグをスターにした
ストーンカッターズ!

影の支配者で
オスカー決めるのは
ストーンカッターズ!

123 :マロン名無しさん:2005/10/24(月) 01:28:00 ID:???
シュタイン夫人へ     

私たちはどこから生まれて来たか。
愛から。
私たちはどうして滅ぶか。
愛なきために。
私たちは何によって自分に打ちかつか。
愛によって。
私たちも愛を見出しうるか。
愛によって。
長いあいだ泣かずに済むのは何によるか。
愛による。
私たちをたえず結びつけるのは何か。
愛である。

124 :マロン名無しさん:2005/10/24(月) 17:02:49 ID:???
なんか買い物してる、まさにその最中でアマゾンがシステムエラー。(その後買えたけど)
殺す!!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

125 :真中:2005/10/26(水) 02:42:29 ID:0OxApTH5
topping by Woods on a Snowy Evening


この森の持主が誰なのか、おおかた見当は付いている。
もっとも彼の家は村の中だから、
わたしがこんなところに足をとめ、彼の森が
雪で一杯になるのを眺めているとは気がつくまい。

小柄なわたしの馬は、近くの農家ひとつないのに、
森と凍った湖のあいだにこうして立ち止まるのを、
変だと思うに違いない―
一年じゅうでいちばん暗いこの晩に。

何かの間違いではないか、そう訊ねようとして、
馬は、馬具につけた鈴をひと振りする。
ほかに聞こえるものといえば、ゆるい風と
綿毛のような雪が、吹き抜けていく音ばかり。

森はまことに美しく、暗く、そして深い。
だがわたしにはまだ、果たすべき約束があり、
眠る前に、何マイルもの道のりがある。
眠る前に、何マイルもの道のりがある。



126 :真中:2005/10/27(木) 18:44:34 ID:Qy5SY9EO
「なごり雪」

汽車を待つ君の横で 僕は時計を気にしてる
季節はずれの 雪が降ってる
東京で見る雪は これが最後ねと
さみしそうに 君がつぶやく

なごり雪も 降るときを知り
ふざけすぎた 季節のあとで
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった

動き始めた汽車の窓に 顔をつけて
君は何か 言おうとしている
君のくちびるが さようならと動くことが
こわくて 下をむいてた

時がゆけば 幼い君も
大人になると 気づかないまま
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった

君が去った ホームにのこり
落ちてはとける 雪を見ていた
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった


127 :マロン名無しさん:2005/10/27(木) 19:50:54 ID:6/AA0GHP
真中のクセに生意気だぞOR真中のものは俺のもの俺のものは俺のもの
ということでお前の周りにいる女は貰ったぞ?を使えばいいのに、、、、

128 :マロン名無しさん:2005/10/28(金) 04:53:40 ID:???
                    ,.、 ,.、
            ,.、 ,.、     ヽ'::':/
            ヽ'::':/      }:::{
             }:::{      l:::|
     ハァハァ     l:::|     :yァ|:::l
           i:yァ|:::l     l:(.ノ:::l   ちょwwwwおまwww
          l:(.ノ:::l  ,.r:::'':::!:::ヽ゚;~   __,俺wwwオスwwww
        ,.r:::'':::!:::ヽ゚;~ 〈;;;:::::::::::::::゙:i,,__,〃 ` ヤメレwwwwおちけつwww
       .〈;;;:::::::::::::::゙:i,,__,〃'''::::-:::〈ー‐"
      /~:::y'''::::-:::〈ー‐":::::::::::::〈:、
      /::::::/:::::::::::::〈:、::::/:::::::::::::/ ヾ!       ←真中
      /:::::/:::::::::::::/ ヾ!:/:::::::::::::〈:、 l:!
    ,:'!::::/:::::::::::::〈:、 l:!〈_:::;;;:::ノ .l:l  ヽ、 
.   〃ゝ〈_:::;;;:::ノ .l:l  ヽ、     l:!  
  _〃         l:!        ヽ、


129 :マロン名無しさん:2005/10/28(金) 16:31:56 ID:???
なんか全体に調子悪ぃ・・・
鼻水止まらんし

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

130 :マロン名無しさん:2005/10/28(金) 21:47:24 ID:???
日本刀のように鋭い
心の刃は肉を切らせて骨を絶つ。
俺の心は穏やかなのに
世界は混沌としている。
熱い心を失ったら
世の中は冷めていくだろう。
そうさ、俺は俺の行き方をみつけなきゃ。
地を踏みしめ、水を歩き、火の中を行く
それこそが最高傑作を成す要素。
俺のやり方はさまざまなスタイルが
混ざり合った混合物。
武器はAll Proの称号を持つ
装甲に内蔵されたマイクロチップに収容されている。
俺の求める究極の報酬は
名誉であり、賞や賞金なんかじゃない。
君主どもとの戦いに反目する
フリーランサーのように。
鷹の雄たけびでハトは逃げ出す
「鳩の涙」も乾いてしまう。
"なぜ孤高の狼は群れることをしないのですか?"
"ただ本能に従って、己の行く道を持てばいいのさ"
昼も、夜も
ある者は生き残り
ある者は死ぬ
それがサムライ道
日が昇り、日が沈むまで
ある者は戦い
ある者は血を流す
まさに鬨の申し子

サムライの名において

131 :マロン名無しさん:2005/10/30(日) 03:43:20 ID:???

暴力の何が悪い!! うおらぁっっっ!!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

132 :マロン名無しさん:2005/10/31(月) 00:29:09 ID:???

「踏みつぶされてつぶされる人間と、
踏みつぶされるほど強くなっていく人間、
その違いは何だろう。
おそらく「自分はダメじゃない」という
人としてのプライドではないだろうか。」

「同じ屈辱を受けるのなら、自分の好きな道でのほうがいい。」

「幸福はプロセスである。幸福に到達点はない。
ただ探し求めるものではない。作り出すものである。」


133 :マロン名無しさん:2005/10/31(月) 23:47:08 ID:???
また夜が明ければお別れ 夢は遠きまぼろしに
あなたを追いかけていた光の中で 抱かれるたび 温かい風をたより

春を告げ 踊りだす山菜
夏を見る宇治 野原唐草乾くわ
秋の月登った まん丸さ お祝い
冬を過ぎまた 月日を数える

まだまぶたの奥にある いつかの夏
遠すぎた青空(温かった)
手をつなぐ花摘みうたう
いつや思い出(あてはなく)
葉月から三月 雲とからむ月
もういつか帰らぬことに
目覚めた時 一人気付き
あなたを探すたびに
今呼び覚ます 記憶の中で
いざ歩き出す あなたのもとへ

また夜が明ければお別れ 夢は遠きまぼろしに
あなたを追いかけていた光の中で 抱かれるたび 温かい風をたより


134 :マロン名無しさん:2005/11/03(木) 13:34:46 ID:tWd8C89X
 愛    

 
愛なる主は、よく来たとばかり、私を迎え入れ給うたが、
  塵と罪に塗れていた私の魂はあとじさりした。
だが、こんな風に戸口から一歩入った瞬間忽ち怯んだ私を、
  主は目ざとく見つけ、さっと近づき、
声をかけ、どうした、何か忘れものでもしたのか、と
  優しく訊ねられた。


「私には主の客人となる資格がないのです」と私は答えた。
  「お前こそ私の客人なのだが」と主は言われた。
「この不実で恩知らずの私が、でしょうか?、おお、主よ、
  私にはお顔を見る資格はないのです」
主は私の手をとり、にこやかに言われた、「お前の、その眼を
  誰が、私以外の誰が、造ったというのだ」と。


「無論、主が造られました。ですが私は汚してしまったのです。
  ですから、受けるべき恥を私に負わせて下さい」
「その恥目を誰が負ったのか、知らないのか」と主は言われた。
  「おお!私は今こそ主にお仕えします」
「席につき、わたしの出す肉を食べるがよい」と主は言われた。
  私は席につき、その肉を食べた。

135 :マロン名無しさん:2005/11/04(金) 02:30:14 ID:???

脳内混線模様!!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

136 :マロン名無しさん:2005/11/04(金) 03:23:37 ID:???
           _|::::::::::_:::::::::
           i==ョ=i::::i==ョ=i::::::::::::::::::
           !i;:;:;;;:;;!: !i;:;:;;;:;;!:::::::::::::::::
      __ r'⌒__ r'⌒゙  `⌒\:::::
        | | i' '' ,,| | i' '' ,,  ,;. 、,ム }::    
       |_|/` ノ.|_|/` ノ '" i ゙|ー'´::
        {_,.-‐´ !{_,.-‐´ !,、   !, !、:::
             f,   ,y f,   ,y  |:::::::
            /´  ,ノ/´  ,ノ  ,!::::::
        /  ,;-''/  ,;-'' ` ノ:::::::

137 :真中:2005/11/04(金) 18:56:05 ID:???

最近、ホモが多いよな・・・劣勢人種なのに。
俺みたいなモテモテ君は男からも嫉妬され易いのかな?

138 :マロン名無しさん:2005/11/06(日) 04:00:12 ID:???
ある昼下がり。
小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。
「おかあさん!どこにいるの?」
叫ぶ少女。だが答えは無い。
そのうち少女は、とある家の前に辿り着いた。
「ここね!ここにいるのね!」
そう言って少女は扉を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。
何も無い家の中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。

5月16日
明日は楽しい楽しいクリスマス。
プレゼントがいっぱい。とっても楽しみ。
5月17日
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。
5月18日
昨日はとっても楽しかった。
サンタさんにいっぱいプレゼントもらっちゃった。
でもおかしいなぁ。そのプレゼントどこに置いたんだろう?
9月33日
時計の針がね、ゆっくりゆっくり私に近づいてくるの。
12月65日
今日ね、お外に出てみたの。
そしたら人がいっぱいいたんだよ。
いっぱいいっぱいいたんだよ。
でもみんな変な色だった。なんでかな?

少女は突然、日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。
そう。少女は、気付いてしまったのだ…。

139 :マロン名無しさん:2005/11/06(日) 14:09:56 ID:???

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`




140 :マロン名無しさん:2005/11/06(日) 18:06:45 ID:en4lv/C7
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    //:::::::::::::::::::::::::::/:::/::::::/::::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   /〃:::::::::::::::::::::::::::::/:::/::::::/:::::/::::::;ィ':::::::::|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    /:::::::::::::::::::::::::/::::/:::/::::〃:::/::::::/.!:::::::::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    /:::::::::::::::::::::::::/|::::|::::l|::://:://::::/ |::::::/:::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   .!|:::::::::::::::::::::|::/!|:::||:::||:://:://:::/  |:::::/::/|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:|::::|:::::::::::::/l::!T|::ト|::||::| |:://:::/   |::::|l:/ .|!:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:|:::l|:::::::::|:::||::レ==、|::!|::| |:/|:::/ ''"´|::::|l/ヽ||:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   !|::::||::::::::|:::|ヽ!l l:::::!l/ |:! l |:/ , -r==;、 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   ヾ:!|l::::::||:::! | ヾ;;;ノ   ! ′   { 、::::::r| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l|
     〉/::|.!::| |///       ヽ辷ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:! 「今、淳平殺してきた...リアルで。」
     //l::| ||:! !    ,    ///  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
     〃l::/    \             /::/::::::; -┬ァ===-、::::lト、:!|
      彡〉      `ヽ.⌒ヽ        /::/:::,ィ'/       \!ヾ!
      / `         \        彡:,ィ'/            \
        > 、  , -r''Tlー、ヽ___, -‐ '´,ィ'/          ____ヽ
      人  ``ハ 〉 〉 |ヽ/ヽ  ,.ィ'/          ,.ィ´     〈


141 :マロン名無しさん:2005/11/06(日) 18:07:18 ID:en4lv/C7
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    //:::::::::::::::::::::::::::/:::/::::::/::::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   /〃:::::::::::::::::::::::::::::/:::/::::::/:::::/::::::;ィ':::::::::|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    /:::::::::::::::::::::::::/::::/:::/::::〃:::/::::::/.!:::::::::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    /:::::::::::::::::::::::::/|::::|::::l|::://:://::::/ |::::::/:::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   .!|:::::::::::::::::::::|::/!|:::||:::||:://:://:::/  |:::::/::/|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:|::::|:::::::::::::/l::!T|::ト|::||::| |:://:::/   |::::|l:/ .|!:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:|:::l|:::::::::|:::||::レ==、|::!|::| |:/|:::/ ''"´|::::|l/ヽ||:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   !|::::||::::::::|:::|ヽ!l l:::::!l/ |:! l |:/ , -r==;、 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   ヾ:!|l::::::||:::! | ヾ;;;ノ   ! ′   { 、::::::r| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l|
     〉/::|.!::| |///       ヽ辷ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:!
     //l::| ||:! !    ,    ///  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
     〃l::/    \             /::/::::::; -┬ァ===-、::::lト、:!|
      彡〉      `ヽ.⌒ヽ        /::/:::,ィ'/       \!ヾ! 「今淳平殺してきた。リアルで」
      / `         \        彡:,ィ'/            \
        > 、  , -r''Tlー、ヽ___, -‐ '´,ィ'/          ____ヽ
      人  ``ハ 〉 〉 |ヽ/ヽ  ,.ィ'/          ,.ィ´     〈


142 :真中:2005/11/09(水) 02:40:58 ID:???
  黄昏の白いバラ   


 悲しげにお前は顔を
 葉の上にもたせかける、死に身にまかせて。
 お前は幽霊のような光を呼吸し
 あおざめた夢をただよわせる

 だが、お前のなつかしい香りは
 まだ一晩じゅう部屋の中に
 最後のかすかな光の中で
 歌のようにしみじみとただよう。

 お前の小さい魂は
 憂わしげに、名のないものに手を差しのべる。
 そしてお前の魂はほほえみながら死ぬ、
 私の胸で、姉妹なるバラよ。

143 :マロン名無しさん:2005/11/11(金) 16:26:50 ID:???
たまにいつもより調子いいと思えば、規制を喰らう。最早許し難し。

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

144 :マロン名無しさん:2005/11/14(月) 02:13:29 ID:uAsUC4qv

カール・ユング

愛の支配するところ、権力欲は存在しない。権力が幅をきかせるところに愛はない。
両者はたがいの影なのだ。

ハリー・E・フォズディック

苦痛は人生を閉じ込め、愛はそれを解き放つ。
苦痛は人生を麻痺させ、愛は強くする。
苦痛は人生を嫌なものにし、愛は甘くする。
苦痛は人生を不愉快にさせ、愛はそれを癒す
苦痛は人生を盲目にし、愛は目に薬を塗る


テオドラ・ライク

ひとかけらの夢の世界を現実にしようとする試み、それが愛です。


ムリエル・スパーク

愛を後悔するのは不可能です。愛に罪なんて存在しません。


145 :真中:2005/11/15(火) 02:59:59 ID:UkvW3ppf
’A Wife― at Daybreak I shall be――’ 

  

人妻に―― 一夜明けた私はなります――
日の出よ――私のために旗を掲げてくれますか?
真夜中、私はただの乙女、
花嫁になるにはほんのひと時ね――
その時――真夜中よ、わたしはあなたを過ぎ
東へと、勝利へと、渡ったことになるのです――

真夜中よ――おやすみなさい!呼び声が聞えます、
天使たちが玄関でざわめいています――
ひっそりとわたしの未来が階段を登って行きます、
わたしは子供の頃のお祈りをつぶやきます
もうすぐ子供ではなくなるのですもの――
永遠よ、いま参ります――あなた、
主よ――わたしは以前――お顔を見たことがあるのです!

146 :マロン名無しさん:2005/11/15(火) 07:51:09 ID:TcvYt1Iz

いくつの街を越えて行くのだろう
明日へと続くこの道は
行くあてもない迷い子のようさ
人ごみにたたずむ君は今
恋することさえ恐れてた昨日に
無くした涙を探して
夢を信じて生きて行けばいいさと
君は叫んだだろう
明日へ走れ破れた翼を
胸に抱きしめて


147 :マロン名無しさん:2005/11/15(火) 23:41:42 ID:???
        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`


148 :マロン名無しさん:2005/11/18(金) 03:15:00 ID:???
不思議な夢 繰り返した そっと目を閉じて
夜の風は 今夜 温かい
大事なもの 壊れかけた ブランコみたい 揺れる
混みだす 星空は 悲しそう

何かに出会い そして 心を開く事を 忘れていたみたいだから
今更持ち上げたり 慰められたりしない 誰にも
ずっとずっと 時の迷いも 孤独な空を彷徨う
あなた 私 見えますか かすかなこの想い あなたに 伝えたい

あなたの声 好きな仕草 手のひらからこぼれた 幸せの欠片を集めてる

人は悲しみ隠し それぞれの運命を 受け入れて生きているなら
忘れないでと願う 瞳の奥を見つめた あなたを

何も何も 答えないでね やがて消え行く夢なら
そっとそっと抱きしめて 永遠の時間を

めぐりめぐりあなた出会った 偶然を信じている
それは ほんの星達が 瞬く瞬間 あなたを夢見た



149 :マロン名無しさん:2005/11/20(日) 01:45:29 ID:???
マウスの滑りが悪いのも真中のせいだ!! (言い回しもオーソドックスに返って)

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

150 :マロン名無しさん:2005/11/20(日) 04:23:53 ID:???
   省察             


ああ、人は何を願うべきなのか
じっとしていた方がよいか。
しっかり自分を守っていた方がよいか。
それとも活動する方がよいか。
ささやかながら自分の家を建てるべきか。
それともテントの下に住むべきか。
岩をたのみとすべきか
かたい岩でさえゆらぐものを。

一つのことがだれにでもあてはまりはしない。
めいめい自分のすることに注意せよ。
めいめい自分のいるところに注意せよ。
立っている者は倒れないように注意せよ。

151 :マロン名無しさん:2005/11/22(火) 23:40:01 ID:???
この青い空のどこかに 突然出会う人がいる
夏の太陽が眩しく照らす 路面電車に揺られてく
変わらない街を抜けて 変わらない季節 風が運んでく

恋する気持ちを忘れないよ ちっぽけな約束も 私には宝物

あの頃の想いは 遠く離れてても 私の胸の中 色褪せない

唇を開くと溢れるメロディーが 窓を流れていく 道は続いてる

何かを求めすぎてたり 言葉が足りなかった為に
恋人はいつもテストを受ける

あなたと私はどうかな 心は迷子になって 何気ないことで傷つけあうかな
大切なものを掴みたいよ ポッカリと浮かぶ雲その全て受け止めて

ポケットのハーモニカ そっと息を吹くと
心が急にせつなくなるよね 涙が頬つたい 悲しみを乗り越え
二人で夕暮れを瞳に映したい 想い続けている

いつの日かきっと会えるから


152 :マロン名無しさん:2005/11/26(土) 13:04:32 ID:8M/aJycY
 
あなたは私に歌を求めました
歌人であるがゆえに、こばむのは奇異なことです
しかし、歌の泉は、この胸であったのですが
その湧きでる感情も今は枯れました。

在りし日の私であったならば
ロレンスの絵筆さながらにうるわしく歌ったでしょう
しかし私の唇に、その調べは消えてゆき
この硬い心には、その主題はあまりにも優しすぎるのです

私は、燃えつくした焔の灰でしかありません
胸のうちのの歌人は滅びはてました
むかしに愛したものを、いまは崇めるだけなのです
心情は、私の頭のように灰色となりました

私の生命は、年をもって数うべきでないのです
鋤のように、皺を掘る刹那ばかりが重なり
この額に刻まれた畝間と同じものが
心にも深くきざみつけられたのです。

私が、かいなくも眺める人を歌うと
若くかがやかしい人たちならば、燃えたつでしょう
しかし、悲しみは私の竪琴をかき破り
この歌にふさわしい糸はもはやないのです。

153 :マロン名無しさん:2005/11/26(土) 19:41:44 ID:???
これは暴力じゃない!愛の鞭なのだよ!!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`


154 :真中:2005/11/27(日) 22:55:20 ID:le9WFAfH
       Verzuckubg    
                     
酔いしれた夜の中で
森と遠方が私の方にからだを曲げる。
私は青空と冷たい星と
夢の傷ついた華麗さを呼吸する

おお、そうすると、酔った世界が、女のように私の胸に横たわり
うっとりとした苦痛のうちにあかあかと燃え、その叫びは、かん高く幻惑させる。

遥か遠い深みからくるけもののうめきと羽ばたき、
海辺で過ごした青春時代の跡形もなくなった日々の余韻、

いけにえの叫びと人間の血、火あぶりの死と修道院の僧房、

すべては私の血の波、
すべては神聖でよい!
何ものも外になく、何ものも内になく、
何ものも下になく、何ものも上になく、
すべての固いものは消滅しようとし、
すべての限界は飛散した。

星は私の胸の中を巡り、
ためいきは空に没し、
すべての生命の心と喜びとが、
一層うっとりと燃え、一層はなやかにゆらぐ。
あらゆる陶酔が私には好ましく、
私はあらゆる苦痛に胸を開き、
祈りつつ流れこみ、
世界を心臓に引き入れられる。

155 :マロン名無しさん:2005/11/29(火) 17:27:03 ID:8TBU8Fc3
Das Madchen sitzt dahein und singh

白い雪よ、冷たい雪よ、
お前は遠い国で
わたしの恋人のトビ色の髪のの中に
わたしの恋人のいとしい手の上に落ちる。

白い雪よ、冷たい雪よ、
あの人も寒くはないかしら?
言って、あの人は白い野原に寝ているの?
それとも、暗い森の中で寝ているの?

白い雪よ、偽りの雪よ、
わたしの恋人を憩わしておくれ!
一体なぜお前はあの人の髪をおおい、
あの人の目をふさぐの?

偽りの雪よ、白い雪よ、
あの人は死んではいない。
きっと捕らえられ
水を飲み、パンを食べてるに違いない。

きっと、まもなくあの人はもどってくる、
もう家の外に立っているかも知れない。
わたしは涙をふかなくてはならない、
でないと、あの人を見ることが出来ないから

156 :マロン名無しさん:2005/11/29(火) 18:32:19 ID:Pz50w69b
これエロ漫画なの?

157 :高木 ○○:2005/11/29(火) 19:03:48 ID:Esax+Dsa
おまえ真中いぢめる・・・おまえきらいだ・・・真中いぢめるナ

自分がもてないからっていぢめるの

グバフェッ

158 :マロン名無しさん:2005/11/29(火) 19:35:37 ID:???


159 :マロン名無しさん:2005/11/29(火) 20:59:53 ID:DT1FA1Mz



160 :マロン名無しさん:2005/12/03(土) 11:58:02 ID:???
Wie sind die Tage・・・

なんという日々のせつなさ!
どんな火によっても私はあたたまらない、
太陽も私にはもうほほえまない。
何もかもがうつろで、
何もかもが冷たく、つれない。
やさしく澄んだ星さえも
慰めるすべなく私を見つめている。
恋もまた死ぬという事を、
しみじみと知った日から。

161 :マロン名無しさん:2005/12/05(月) 16:22:22 ID:???
寒いしダルいな

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

162 :マロン名無しさん:2005/12/07(水) 02:30:33 ID:???

>>161 今年は特に寒くないか? それとも年のせいか?

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

163 :マロン名無しさん:2005/12/08(木) 02:49:18 ID:???
明日は来る、太陽は昇る、
空は永遠に青いって信じてる、
おとぎ話におまじない、
貴方がくれた約束、友達に笑い声
愛が起こせる奇跡を信じてる、
いろんなものを信じてる
だから貴方も信じてる、
私はこんなふうにずっと生きていくのって

164 :マロン名無しさん:2005/12/09(金) 14:50:49 ID:???
漫画サロンにも来るの久しぶりだな…
ってこんなスレあったのかw 記念

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`


165 :マロン名無しさん:2005/12/10(土) 05:13:27 ID:???
I feel time flies.
(for many colors that I never will meet)


街を離れふたり来た 月が照らし出す海
波の音がきれいで 波間をたゆたう


(あの頃に置いて来たものが) 偶然なのか
(何故だか取り戻せそうな気がする) この場所で

張り詰めた糸を切って 抱き合う
夜明けのあなたは 風の中微笑む
解(ほど)けた 紅いリボンが舞うふわり
空の端を染める太陽 まるで色を重ねるように

I found my heart.


166 :マロン名無しさん:2005/12/11(日) 03:33:48 ID:???
屋根の向こうに
空は青いよ、空は静かよ
屋根の向こうに
木の葉が揺れるよ

見上げる空に鐘が鳴り出す
静かに澄んで

見上げる木の間に小鳥が歌う
胸のなげきを

神よ、あれが人生ですね
静かに単純にあそこにあるあれが

あの平和なもの音は
街の方から来ますから

純潔に、生気あふれ、美しい今日は
酔いしれた翼の一撃で打ち砕いてくれるだろうか

逃れでることのなかった飛翔の透明な氷河が
霧氷の下につきまとっているこの忘れられた堅い湖を


167 :マロン名無しさん:2005/12/12(月) 03:27:53 ID:xEQO5u2Q
    Youth

 青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦をも却ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ


   年を重ねただけで人は老いない 理想を失うときに初めて老いが来る
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ

   苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く
人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう

   年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星晨、その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心

 人生への歓喜と興味

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる

   大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける

限り、人の若さは失われない これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が

 人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、

 この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる

168 :マロン名無しさん:2005/12/17(土) 12:10:01 ID:O/g15Gk7

笑えば愚か者と思われるかもしれない。
泣けば女々しいやつだと思われるかもしれない。
他人に手をさしのべれば、やっかいごとにまきこまれるかもしれない。
喜怒哀楽をあらわせば、自分の本性までさらしかねない。
夢を語れば、他人にもみくちゃにされてはかなく消えかねない。
愛することには、失恋の危険がつきまとう。
生きることには死の危険が、
求めることには失望の危険が、
挑戦することには失敗の危険がつきまとう。
しかし危険は冒さなければならない。
人生最大の悲惨は、なにひとつとして危険を冒さないことにある。
危険を冒さぬ人は、なにも成し得ず、なにも手に入れられず
何もない人生を送る。
危険に身をさらさなければ、苦しみや、憂いは避け得ても
学び、変革し、成長し、愛し、生きていくことができない。
危険に対して及び腰でいる人は、自由を剥奪された奴隷のようなものだ。
危険を冒すものだけが、自由に人生を生きられる。


169 :マロン名無しさん:2005/12/20(火) 13:03:12 ID:???
家族の誰かが風邪を引くと、必ず伝染される。毎年そう。
受験生の弟→俺で、逆でなかったのはある意味良かったのかも知れんが、なんともキツい。
苦痛で眠れないなんて滅多ににないことだ。

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

170 :マロン名無しさん:2005/12/20(火) 23:20:19 ID:???
wwwwwwwww

171 :マロン名無しさん:2005/12/23(金) 05:21:57 ID:???
それは運命に導かれるように舞い降りた、
 死神がくれた愛の物語

----たとえこれが悲劇だと言われても、
     あなたと過ごせて楽しかった----
それは運命に導かれるように舞い降りた、
 死神がくれた愛の物語

----たとえこれが悲劇だと言われても、
     あなたと過ごせて楽しかった----
それは運命に導かれるように舞い降りた、
 死神がくれた愛の物語

----たとえこれが悲劇だと言われても、
     あなたと過ごせて楽しかった----
それは運命に導かれるように舞い降りた、
 死神がくれた愛の物語

----たとえこれが悲劇だと言われても、
     あなたと過ごせて楽しかった----


172 :真中:2005/12/24(土) 05:38:11 ID:bkQanNPJ

   あるひとに   


 やさしい歌声が消えたとしても
 調べは思い出の中にふるえ――
 かわいいスミレがしぼんだとしても
 香りは呼び覚まされた感覚のうちに生きる

 バラは枯れたとしても バラの花びらは
 恋人の寝床に敷かれる
 あなたが去ったとしても あなたへの想いに
 愛はやすらかにねむるであろう


173 :マロン名無しさん:2005/12/24(土) 06:55:34 ID:???
携帯からだと>>1と真ナカがsexしてるようにみえる

174 :マロン名無しさん:2005/12/25(日) 01:53:33 ID:???
糞! だらだらと! PC接続するだけなのに今回に限り色々と手間取って!!
いつもより!! 時間帯にして1時間も遅く!!!!

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

175 :マロン名無しさん:2005/12/27(火) 13:38:40 ID:???
なんかエラー発生した

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

176 :マロン名無しさん:2005/12/27(火) 14:16:37 ID:???
哲学のレポートが書けないのも真中のせいだ
        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`


177 :マロン名無しさん:2005/12/27(火) 14:59:41 ID:???
この漫画は糞です

178 :謎の転校生:2005/12/27(火) 15:03:09 ID:IrlRxw/o
                _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/


179 :マロン名無しさん:2005/12/28(水) 07:43:10 ID:???
寒すぎじゃああああクソがあああ!!!
        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

180 :マロン名無しさん:2005/12/30(金) 09:47:57 ID:???
ダンテの神曲地獄篇でこんな詩が存在します
「君らの魂がどうして蒔かれたのか考えよ
君らは理性無き獣のように生きるために作られたでは無い
知と徳の探求に向かうためなのだ」


181 :マロン名無しさん:2005/12/30(金) 15:17:42 ID:???

型にはめられたルール通りに 生きてゆくことはことは易しいけど
何もないゼロのところで ルールを作るのは難しいことさ
だけど 古いロープに縛られちゃいけない
僕たちは自由なんだ

夢を忘れた子供たちと人は言う
全て忘れた大人たちと僕は言う
夢を忘れた子供たちと人は言う
ああ 時代が泣いてる

誰かに敷かれたレールの上を 歩いてゆくことは楽だけれど
道もない荒れた原野に レールを作るのは苦しいことさ
だけど 遠い向こうも知らなくちゃいけない
僕たちはこれからなんだ

夢を忘れた子供たちと人は言う
全て忘れた大人たちと僕は言う
夢を忘れた子供たちと人は言う
ああ 時代が泣いてる



182 :マロン名無しさん:2005/12/31(土) 21:57:56 ID:zW6Xx7kW
   鷹
          われらが主・キリストに    


私は今朝、朝の寵児、真昼の王国の世嗣が、――
  斑色の夜明けの雲から飛び出した鷹が、
   悠然と天翔けるのを見た。
  穏やかな大気を翼下におさめて水平に翔け、
   かと思うと、
大空高く、震える翼を繰りながら、恍惚として
舞い上がってゆく姿を見たのだ! ついで忽ち輪を描き始めた、
  スケートの踵がゆるやかに曲線を描くように。
   悠々と飛びながら、烈風を
  はねつけていた。隠れて見ていた私の心は、鳥の姿に
感動した、これこそ造化の完璧さ、造化の精華を示すもの!


恐るべき美と力と動きと、否、大空と栄光と翼とが、この
  一点に集まる! しかして、主よ、汝より発する火は、
何億倍も愛すべく、かつ危なし! おお、わが騎士よ!


まさに然り。農夫、鋤を畠に打ち込むにつれ、その鋤輝く。
  愛する主よ、わがこの蒼白き灰燼、消え去ることなく
再び勢いをえ、今、汝とともに、真紅の血を流さんとす!

183 :マロン名無しさん:2006/01/01(日) 00:13:01 ID:Fz+SW1H1
Anne Rutledge   


名もなく取り柄もない私から
不滅の音楽の高鳴りが―
「何人にも悪意を抱かず、万人に愛を込めて」と。
この私から、何百万人を赦す何百万人の心と、
そして正義と真実に輝く国民の
慈愛にみちた顔が生まれ出る。
この草陰に眠る私は、アン・ラトレッジ。
世にあるときは、アブラハム・リンカーンに愛され、
そして結ばれた――結婚ではなく、
別離によって。
ああ、わが共和国よ、永遠に花開け、
土塊となった私の胸から。

184 :マロン名無しさん:2006/01/01(日) 15:16:37 ID:???
おちんちんシュッシュッ!!!
                _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     《 TД》  < ツカサチャーソ…
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / >>真中
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

185 :マロン名無しさん:2006/01/01(日) 15:20:32 ID:???
だりぃ…
        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

186 :マロン名無しさん:2006/01/05(木) 22:43:32 ID:???
マルク・シャガール
愛だけが私の興味をひく。だから愛を取り巻くものとしか、私はかかわりを持たない

人生には単一の色がある。芸術家のパレットと同様、その色は人生と芸術の意味を与えてくれる。それは愛という色だ。

187 :マロン名無しさん:2006/01/07(土) 11:44:24 ID:???
うおっしゃらぁ!!!
        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`


188 :マロン名無しさん:2006/01/08(日) 10:55:52 ID:???
弟がガタガタうるさいので起きた
早くUターンしてひとり暮らしに戻りたい

        -.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;   ’,  ・ ; . ',.. ∧w∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . << TДT>>∵` <ツカサチャーン・・・
             -─                ヽ,       .  r⌒>  _/ / ・,‘>>真中
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.`:,; | y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' . ,. ', |  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,;  / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`

170 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)