5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ネギま】ちうとザジに萌えればいいんじゃね?14

1 :相坂さよ:2006/05/29(月) 01:08:36 ID:???
基本的にザジ×ちう。でも、萌えれば勝ちです
基本的にはsage進行ですけど、落ちそうになったらageてください
苦手なタイプのssはスルーが原則です。間違っても叩いたり、煽ったりしないで下さい。当然ですが荒らし・広告の類もスルーでお願いです
ssの投下前は、投下予告をするか、更新をして他の方と被らないようにして下さい


前スレ:【ネギま】ちうとザジに萌えればいいんじゃね?13 はここです
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1147880941/


まとめwikiは
http://www.wikihouse.com/chuzazie/
携帯まとめは
http://www.geocities.jp/chiuzazie/
避難所はここです
http://jbbs.livedoor.jp/anime/3429/
スレに関する議論はこちら
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/3429/1147161131/l50

次スレ立ては>>980ぐらいか、容量が480KBぐらいになったらお願いします
SNSのザジちうコミュに参加したい方は、メール欄にアドレスを書き込んでください。メンバーさんが招待します

さぶじぇくと、が長すぎらしいのでタイトルの ! は消しちゃいました
いい案がある人、教えて欲しいです

以上、相坂さよでした

2 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 01:11:34 ID:???
ダイの大冒険スレかと思ったじゃないか!
まぎらわしい

3 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 01:17:32 ID:???
(´∀`)さよちゃん、お疲れサマー

( ゚Д゚)>>2………

(゚Д゚)

4 :夕映:2006/05/29(月) 01:20:28 ID:???
 ┌────────────────┐
  |                         |
  |       .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..      |
  |      .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.    │
  |     .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  │
  |     .::::::::::::::::┌─────┐:::::::::::::::.   |
  |  ..::::::::::::::::::::::| お 手 洗 い !:::::::::::::::::::.. |
  |  .:::::::::::::::::::::::└─────┘:::::::::::::::::::::..|
  | .:::::::::::::::::::::::::::::プル:プル プル_ ::::::::::::::::::::|
  |:::::::::::::::::::::::::::, ハ‐=ニ ̄丶 ::::!|//ィ  ::::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::::::, ':.:Li:.:.:.:.:.`トi :`:、!  iヮ .::::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::,':i:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.i.}::::::l f´ .:::::::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::{ !:.:.:.:.:.:.i:.l i!:.:.:l! ::::j! |! .::::::::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:|:.`:.:i:.:.l ::/ \! 、 ::::::::::::::::::!
  |::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.!:.:.f´    ヾ`  ::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::j!:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.l:.:.:i!      i   :::::::::::::|
  |:::::::::::::::/7:.:.:.i:.:.:.:i!:.:.:.:.!:.:.li      ,' .:::::::::::::::|
  |::::::::::::::キ.i!:.:.:l:.:.:.:l!:.:.:.:.i:.:.:il     / .:::::::::::::::::|
  |:::::::::::::::}l!:.:.:l:.:.:.:|!:.:.:.:.:l:.:.ll   ,. ' .::::::::::::::::::::|
  |:::::::::::::::{.l:.:.:.:!:.:.:.:|:i:.:.:.:.j:.:.i:l / ..:::::::::::::::::::::::|
  |:::::::::::::::,.ン、:.:i:.:.:.ソ、:、:.:.l!:j!ハ i  :::::::::::::::::::::::::|
  |:::::::::::,:ク ー=ニュ' ヽY-=弌 i!.} ::::::::::::::::::::::::::!
  |::::::::::丶 ,/:.:.:.:.:i   /:.:.:.:.:.:.l! l.i ::::::::::::::::::::::::::|

5 :亜子:2006/05/29(月) 01:21:36 ID:???
          , -───- 、
       ,.. :':´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
      /::::::::::::::::::::::::::. 、:::::::::::::::::::::ヽ
.   /::::,::::::/::,1:::..:::::::::: i::ヾ::::ヽ::::ヽ:::::\
   /.::::::/ :::/|::ハ::::i :. :::::: |::.:! ヽ::ヾ:::::ヽ::: ヽ
.  /.: :::. !:::::' !:l 入! .:. .::: : l:`ト乙:::l ヽ:::i. :.ヽ::!
. ,':!.:...: :l:::;' 」イ ヾ、 .::. : :::.ト.:|,.二弐¬‐! ::|:l:::l
 |::l::::..:::|ィ'´,.ィ七_ヾ 、::::. :::j ! r= 、ヽ.ヾ::::|::!:::!
 l::|:::::::::|:|〃 f'`o ヽ ヾ.、.::::!  とP ミL}! |:::l::ト.:l
  !:!:::::::::ヾ{!ノ=ラフ´//∨//丶. 〕 .!:/::,' l|
  l:|!::::::::l::ヽY´!   ,  -── 、   i ! ,'/ ::ハ |!
  ヾ.ヽ:::::ヽ::`!│  f       i.  |│i1:::イ:::l
   `ト、::::::ヾゝl  !       l │|',イ:/::ト;ヽ おっぱいがあらへん!!
    j:::!\::ヽ.ム  ヽ.      ,'  j,ィ」;イ::::| `ヽ
    !:/l:::|冫´>、¬ 丶、  ノ ∠ ヘ  ヾ:l
.    レ  ,:|i ´  '⌒ゝ-、_ ィ─  `    ヾ─- 、
     _」!        l !        〉 1 \
    / ヾ        i' u         /  l !   \
.   /   ヽ      Y  |      / ヽl      ヽ

6 :アキラ:2006/05/29(月) 01:25:19 ID:???
                   i
                  ト.
              、_丿 vヘ
               ___
            ,r‐ ァ!´_, -‐' >、
          / /¬'    ̄  ヽ\
            / , i i   ト   ゝ   } ヽ
         i i | i|.  | ! ゞ__ヽ  |  ト
         | ! ィ!´,エ、 ̄ ィェミ.i /
          l |! Yi イ`i.    {. j. |レ' i
          ! ゞ ハ `  __'__   l」 l
         j  7ハ ヘゝ  {  l / l | ぱんつ、穿いてない
          / 〃 ハ ! 丶丶__'ィ   l !
.         / // / ! .l  ,ヘ.  , ヘ   l l
       / // イ  l l , { 冫=ヽ !`弋ヾ、
        /  i i. ii   レ1 ∨ ゝ_」ヽl  l  ト
        i   { {. !{ f' ! l   ヽ ! i. /   !  } ヘ
       ヽ ヾゞヾ/ l l   ヾ !'     i  ヽ ヽ

7 :美砂:2006/05/29(月) 01:27:01 ID:???
                   _,.r──- 、
                ,.‐'"´:.:'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
               /.:.,ュ‐;r'´:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、:.:.:.:丶、
              ,:'.:/彡.:Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ
             /.:/.:/.:.:.:フレ '"´ ̄ `丶、.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:l
            ,!:/:/.:.:.:/ .::::::::::::::::::::::::::::::.\:.:.:.:l!:.:.:.:l!
              l//.:.:.:.:/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::. `i:.:.:.:l!.:.:.:l!
            ,:'/!.:.:.:/ ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. |.:.:.:l!:.:.:.:li
           j/:.:l.:.:.:i,.-─‐-、:::::::::::::::::,,.-─‐-|.:.:.:l!:.:.:.:l:l
           ,','.:.:l:.:.:.:!   ::-、:::::::::::::::::,.-:::   l.:.:.:l!:.:.:.:i.:l
          /l!.:.:i.:.:.:.:l、、‐ユ‐┬,::::::::::::::ィ;ュ:‐ァ-、j.:.:.:l!:.:.:.:.:!.:l
         //l!:.:.:|:.:.:.:l i `ー''´::::::::::::::::::`ー'  /!.:.:.:|:.:.:.:.:.:i.:ヽ
        // .l!.:.:.:|:.:.:.:ト_i   :::::::::丶::::::::::::  /_l:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:i、.:ヽ
       //  l!.:.:.:!|.:.:.:.l!.:.:ヽ  ヽ、‐--‐,ァ  ./´.:l.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ
    ,.r''丶〈   l!.:.:.l.:!.:.:.:.:i!/ `丶、`:::::::::´:. ィ'´\:i!:.:.:.:l.:.:.:.:.:..,r─ 、.:ヽ
   /    \!l.:.:.j_」:.:.:.:.:|     !. 丶 - イ7     |.:.:.:.:ト、.:,r´
  /       ヽ"´ !:.:.:.:.:|  、          , !.:.:.:.:| /   お酒、持ってない?
  l        ヽ. l.:.:.:.:.:l  \_     ,,. -'´  l.:.:.:.:|/
  ハ  」  i」  r、 ヽl.:.:.:.:.:l    丶  /     l.:.:.:/ ,.イ
 i  |  ! |  ! i  |. ヽ i!:.:.:.:.:l             l.:.:/ / !   「! H

8 :明日菜:2006/05/29(月) 01:30:22 ID:???
          r‐i r┐   _,.___         ,、 、
         ム」j !_, ‐'´│     ``  .、   | レ /
         ,.   ̄マ|ア´ >、 │   ‐- 、   丶.」 'ゝ、
     , '´  〃´7´ / / ハ 、 ヽ \\ ヽ ヽヾ、 ヽ,
   /    'j 〃 / 〃 '  i  ! ヽ  、 ヽ ヽ ヽ ヽ ,>
        ゞ ,  i // ./  |  ト  ゝ  ヽ   ヽ ヽヾ
        / / /! i ! /    !  l ヽ ヾ 、 `!   !i  i ヽ
        /,イ ,.イ!  l !ィ´ ̄``ヽ ヽ ヾ´ ̄ !`、   lトミ、|  ヾ丶、
        !'│爪|  |´! ,.==、 \ !  ,ィ= 、ヽヽ  |! ヾ!   ヽ `ー‐- 、
.         !ハト |  ト.|/ f⌒'.`   ヽ ' i   '.ヽ .ハ ト  ヽ、  ゝ、    \
           |! |!iヘ |ヾ. '  j      ゝ ノ ' /ハ !'    \、  \     丶
.           !.ト.ゝム 丶 `´   !     ノ/ イ!      ヽ、_ ゝ __\___
          ヽヾ、ト-ゝゝ    __    ク'  ̄ リ       `ー─ 、  ``ー 、 ̄ ̄
           、ヽヾヽヽ丶、  ` '   /   ふられた?夢、だよね?
             ヾヽヽヽヽ ト . __, ' トヽ                    \    ヽ
              ヽヽヽヽヽ|      ! 丶、                   ヽ
               ヽ」ン、!      ゝ、 丶、                丶
            , ィ'´i !  ヽ       /  `ト=、、                \

9 :       :2006/05/29(月) 01:31:50 ID:???





                   9GETぉぉぉぉぉぉ!












10 : :2006/05/29(月) 01:31:51 ID:???
        /: : : : : : : : : : : : : : :/
.       /: ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : :l  あ    い
       l: ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l  り    え
       |; ;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  ま  じ
       |; ;|           l  せ  ゃ 私
       |; ;|           |  ん
       l; ;|________ |
       |; ;| \       / \
       |; ;| ,==ヽ    /r=,=、\__ ___
        l; ;K l i:i l     ´ | i:i > |: : : : : : |/ !
    i i i; ; | '--´ __    ー‐´ ハ: : : : : : : : |
  /   |; ; ト_ __/    ̄ヽ、_/ |'l: : : : : :: : |
  \   l; ; |ヽ            | l: : : : : : : :ヽ
.     i⌒ヽ 'ヽ           / |; ; ; ; : : : : ヽ
.  つ |  l   \       /   |; ; ; ; : : : : : :\
     /|  l   | `ヽ、__ /ヽ__ニ |; ; ; ; : : : : : : :
   /: レ−<   l  |./; ; ; ; ; ; ; ; : : ヽ |; ; ; ; ; ;ヽ: : : :
 /: :/    ヽ i ./; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : |; ; ; ; ; ; ;\: : :


11 ::2006/05/29(月) 01:32:48 ID:???
          ,. :──-、_                 . ’      ’、   ′ ’   . ・
       /´::::::イ::::::::::::::ヽ:::.ヽ         、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
       /. // :' |l:.::li.、:::::::ヘ`. :.ヽ          ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
     /./. :./::|..:i :||::::|| ヽ:::::ヘ:ト、 :.ヽ      ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;ドゴォ
     ,'.:,'.:::/:::i:|:::|:::ll::::lゝ Uヽ :::l:::l:::::.|        ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
    ,'.::i:::::ll::::|:!:::l:::|| :::l _, -ゝ!:::| ::i:l      、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
   ,':,イ::::::七'!「`丶jl ゞ'´ ヽ l:::::!:::|:|           、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
   !」 L_ヤ,r┬ ミ   =ヤ¬j::::|1!j           ( ´;`ヾ,;⌒)´ >>9-10 ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
      |::::::i` ゝ'     ゝ '7:丿リ       ′‘: ;゜+° ′、:::  ::⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    
      |::::::ト """     """/ヶ'            `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ
      レ'⌒丶、  r ‐z  /'/
             `7: 、_, ィ'´|/ ′
           / l.    ,ハ
         /| ゝ  /  |`丶、


12 ::2006/05/29(月) 01:34:06 ID:???
          _   _,. - .,. ---. 、   _
  _,.  -‐ ' ´冫:::ヽr,'´ ,r ' ,  i 、 、ヾ:::::ヤ三¬‐-
    ̄ ̄/´入::::::スi ,'l! l .i| ! ! li l! ヽ:ノ、 ヽ
.     /  ,ィ/ 'iヶミ.! !i i.|! i| ! |i li ‖ ト',ヾ、 ヘ
    / / / ,',','`i| l|r土ヒ!:i」 l甘ト |i トミ、 ',ヽ ',
    ,'./   !. ,イ! i,..」 l'´:::::::::::::''::::::::`iウi l ! ',. ', i
    〃   ! ,'j !‖リl !:::●:::::::::::::●:{ l! i|', l ',l
   /    | '.,'j iハ.、l l::::::::::::::::::::::::::::j! ‖.l ', l!  !
.        |〃iレ/ l‖ ト 、::::`'´:n´;.ィ!i. ト、i ',:i
.        |! iツ  i‖ !ヽ`丶 =i::マ il ! ! ` '! 総受け?受け身のことアルか?
         !  ,. ‐ヘ! i .lヘ._」!「フ,ム:ヤ、.|! l
        i':::::::::',', l !メ、  ,!´::::::::',::i i!
        l::::::::::::iヒi ! Oハ::::::::::::::マ: ,ハ
          !:::::::::::::i リ   ヽ::::::::::::i ,'::::i

13 :木乃香:2006/05/29(月) 01:37:37 ID:???
        ∨        ヽ   ヽ
  や  ザ   ざ ざ え |     ヽ
             |   |   |  !      i
      ジ    |   |  と / ̄ ̄ ``‐-!、
           ト !   !  /___    i
        ち  l‐ト----イ____ ̄ ̄`¬‐- 、
         l  厂了/ |│!i l !l川元ュ、     丶
        う  l /// /jLl`ト-─ト>'サ!´!    , -'
          レク/ / リ  ●    ●j !|-─¬´
           ∨〃 /! u ┌─┐  !||
         イ// ハ ヾヽ ゝ ノ ,.ィ!.il
ト、       ,>'/'/ユュ、ヽ `7 ´ヽ/1||
 ヽ     ,イ////   _,>‐く  二〈」|
  i ィ77フ'7/// i_, -' /⌒>イ´ 超 `丶
   //// '/// ノ   ,イ  i'´ ノ  , -, rュ_ Y
  ,//// 〃〃'    トl   | ヽ/ / / ! i ノ
 //// //,イ      ヾ丶_ゝ /  ,ィケ / !リ

14 :ハルナ:2006/05/29(月) 01:39:16 ID:???
                      /     !/   ヽ
                    ' ,ィ ─┴─┬.、 !
                   ,.ィ'´ニー──‐ '" _ヽ
                 / / /   ̄ ̄ ̄    ヽ      私
                      ,' / /   ハ. i    iト   ト,      は
                 ! i. ,' ヽ'/ハ.‖   !|!ハ   !.l    腐
                 ,'| |│ /__丶l |! ,.クレヘ ! l !    女
                ,' | |│ ト、  ̄`爿ニ'´ ̄ フ、 ',      子
                / ! ! l i│ヽ-' ー! ヽ丶-ク } i    !
                 / ,バ/ 六 `7 ̄ヽ ヽ冫  j l l     !
                  / / ,ハ‐ ムミL>こ¨/⌒{  ,イi ! ヽ
               // / / /    ン└ァ´ヽ  ヽ!,. -、 ハ
            // / / ハ   〃  / 、  ヽ. ノ  ノ  ヘ
             / イ / / // ヽ ト   ゝ 丶.ノ´ ` 7ヽ  ヘ
    _,  -─_,´-'´ / / / //! ハ ヽL>‐┬イ_, ─‐、'"  \ ヘ
../ ̄_, '´ ̄   / / / //│! レ     ∨     ゝ    丶 i
,'  /       / .イ / // .| | {      ヽ.    j ヘ    ヾ
 ./     / / /〃//   | | ヽ    丶 ヽ  //ハ 「丶-- ' ト、

15 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 01:45:46 ID:???
SSの容量が少なくなるので点呼AA自粛してください><

16 :刹那:2006/05/29(月) 01:46:03 ID:???
            , ──- 、
           /       ヽr‐ ¬、
        , ィ            {    ヽ
        ,″!    j!´ ̄`ヽ  !ト   トト、
         /  |!  从|    } ,リ ヽr-ゝ`ヽ
         トYミ‐!ゞ!    }ム- 、 受けるのって・・・つらいんよ
          | | ン 、__,.ィ' i7   i
           ヾi′/ ∨∨_ リ__」
           7=¬=┴-=' /
           L.イ`7=¬‐-:ム
            /`7¬、/-' ヽ\
                j  l.  ,イ     〉、ゝ、
           f´r‐'  /_ >− ‐'´ ̄`

17 :桜子:2006/05/29(月) 06:53:42 ID:???
                     /!
                       / .|
                  jヽノ  !__,,
                 _!__    (
        ,,::-┬‐i、__,.-‐''´,.-  ` ‐-、__ _
       /‐ァ'ソ ,/// /  _,,,._,ィ  ヽヽヽヽ
       /,.イ/'´,イ ,.イ、ヽ/   `ヽ i 、iヽヽヽ
      ,イ'´イク',ィl  /__,>'´   レ    !.l l l  l `
      / ,/// !.l / /丶、   /´ l! ト ト |
         l/'´ | | l/.r' ̄`ヽ  ,/´ ̄ヽj! ! i ! l!
        !  l l ハ l!   j!  i!    j!|| | l! !
       rュ__r-r`l!! ヘ `‐‐ニ---ニ、‐‐'´j.|/ く__     あたしで五時間も止まってる!!
     ,ィ'´ウ-‐''ヲl l!   ヽ |!    ,'  ,イ、ノ  ( `    
     !/  /  ヽ   | `!__/‐'くェ、ヽ.ヽ、,、
        / ヽ ヽ  l      ,! / ,イ  ヽソ、   
      _,/   丶 丶|\___/ !/,.イ |   l!从  
  ,,.-‐'''"´ l    `丶、|!     l/ |  !_
  !      ヽ      |    |  !  |  ``i

18 :たつみー:2006/05/29(月) 07:05:17 ID:ZOBp02FJ
演技がナイトハルト殿下とかいうな

19 :超鈴音:2006/05/29(月) 09:50:12 ID:???
(*゚ω゚)スレに優しい縮小版ネ

20 :長瀬楓:2006/05/29(月) 09:52:43 ID:???
                     ____,,,,,,,,__
            __,,,,,,,,------=、_
        _,,,,-'''"::::::::::::::::::::::::::;:::::'''- 、
   -,,,_  /:::;::::::i:::::::::::i:::::i:::i:::::::ヽ:ヽ::::::::ヽ、
     -/:::/::::::i::::::i:::::i:::::ii::::i::::::::ヽ::ヽ::::::ヽヽ
     /:::::i:::::::::i::::::i:::ii::::::l l:::i:::::::::ヽ:::ヽ:::::ヽヾ、
     l::::::::i:::::::::i:::::::i::l l:::::l l::lヽ:::::::ヽ::ヽ:::::::l 
    l:::::::::i::::::::::i:::::::i:l__l::::::l ll ヽ:::::lヽ::ヽ::::::l  何でござるか……
.    l:::::i:::::i::::::::::i::::::::l  l;;;;;l '  ヽ゛┘ヽ::ヽ:::::l  この閑散具合……
    l:::::i:::::::i:::::::::i'''''        ---'''' l:::ヽ:::ヽ
    l:::::i:::::::i:::::::::l ,,,,,--- ......       l:::::ヽ:::ヽ
.   l:::::i:::::::-i::::::::l ....   ::::        l:::::ヽヽ:ヽ
   l::::::i::::::( i:::::::l ::::::::  ┌---¬   /i:::::::l ヽヽ
   l::::/l:::::i:ヽi::::::::l     ヽ、  ノ   /::::::i:::::::l  ヾ
   l::/ l::::ll::::::ll::::::::l-、___:::     /'''''-´ l:::::::l
  l/   ''-l''''''' l:::::::l _,,,,, --.....- ´-、    l:::::::l
           l::::::l<_,-´l    l丶、l    l:::::::l
           l::::::l  / 、    ヽ、      l::::::l

21 :超鈴音:2006/05/29(月) 09:57:20 ID:???
ふむ、このスレも頂くカネ

22 :那波千鶴、鳴滝風香:2006/05/29(月) 10:00:32 ID:???
あらあら、取られちゃったわ・・・ネギ取ってこなきゃ

ここは僕の席だよー!!

23 :尻葱:2006/05/29(月) 10:04:06 ID:???

||//
|`/
||
||
⌒⌒

24 :田中:2006/05/29(月) 15:58:06 ID:???
葉加瀬ハ何処ヘ……
ナカナカ アラワレナイノデ カワリニ24ゲト

25 :ザジ:2006/05/29(月) 16:29:48 ID:???
Chiu get

26 :村上ストレイボウ:2006/05/29(月) 17:27:38 ID:ZOBp02FJ
あの世で私に詫び続けろー!美空ー!!

27 :本屋:2006/05/29(月) 17:28:30 ID:???
ミニオンに似てるって言われました…OTL

28 :えば様:2006/05/29(月) 17:30:39 ID:???
ほほう…貴様等二人は死にたいようだな。

29 :あやか:2006/05/29(月) 17:41:16 ID:???
gdgdですわね

30 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 17:44:34 ID:???
  ∠゙⌒"フ
  / ‘(・・)
  / (゚Д゚)
 i(ノ  !つ
〜゙、___ノ
  ∪∪

31 :ザジ:2006/05/29(月) 17:56:07 ID:???
今晩のおかず……豚カツがいいかも……
コロモって何で揚げるんだっけ……

32 :史伽:2006/05/29(月) 18:07:51 ID:???
>>23
誰ですかこんなとこに生ゴミ置いたのー!

33 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 18:19:20 ID:???
ぬるぽ

34 :千雨:2006/05/29(月) 18:28:25 ID:???
ガッしたら負けかなと思ってる

35 :春日オルステッド:2006/05/29(月) 18:44:37 ID:???
>>26おでおー

36 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 20:28:05 ID:???
>>35
誰だよお前。

37 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:00:55 ID:???
今日流れオカシイ
さすがパルスレ
口兄だぴょ〜ん

38 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:19:42 ID:???
>>1000まで行かなかったのが残念だ。



さて真面目にザジちうを語ろう

39 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:19:57 ID:???
前スレ埋め立て完了
投下待ちの方は投下どうぞ

40 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:21:00 ID:???
あっちの埋め立て完了〜。久々に本気でワロタwwwwwwwww
こっちでは普通にまったりいきませう。

41 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:24:26 ID:???
桜子がまたしばらく発言禁止に…

42 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:29:36 ID:???
地下鉄のってる内に埋まっとるとは……orz

43 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:31:24 ID:???
ギコナビから書き込めないエラーが発生中に恐ろしい勢いで祭りが過ぎ去っていった・・・orz

44 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:32:17 ID:???
>>42
正直言って今日の早さは異常。つーかよく二時間近くもネタが尽きなかったなホントにwwwwwwwwww

45 :美空ウイルスの中身:2006/05/29(月) 22:33:04 ID:???
レスありがd(`・∀・´)
ところで、前スレのあれ何よwww

では、約【3分後】に投下します。

46 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:33:30 ID:???
前スレは永久保存物だなwwwww

47 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:33:36 ID:???
ネギま関係ないキャラ多数いたしなw

48 :美空ウイルス.exe【ver:25.1】:2006/05/29(月) 22:37:18 ID:???
(前スレ>>719の続き)
「美空には、この計画の全貌を伝えておくつもりヨ」
味噌ラーメンを平らげた超が、寝転びながら言った。
「計画ねぇ…私には、あんたが何をやりたいのか、それすら掴めてないよ」
それを聞き、超が苦笑する。
「葛藤が生んだ迷いの軌跡ネ。しかし、今はもう何の迷いも無いヨ」
そう呟いて、超は包帯に包まれた自身の右手を見つめた。
包帯の下には、鏡を拳で砕いたその名残があるはずだ。超は軽く目を閉じ、ゆっくりと語り始めた。
「美空は空気、私は悪人…それぞれに自身の好まない属性を付けられているネ。
これは苦痛に繋がる属性だたヨ。強烈な個性は、その人物を記号化してしまう…嫌な話ダガ」
ふぅん…、美空はラーメンの最後の一口を箸で掴んだ。
「強烈な個性を失った場合、その人物はどうなるカ…私は、その人物が存在しなくなると考えたヨ
強烈な個性は、その人物そのものを代用してしまうネ。
その個性さえ保たれれば、細かな個性など見えなくなってしまうヨ。
強烈な個性…それは、我々の世界を牛耳る者たちの支配する術といえるネ」
美空はスープを飲んでいる。さすが五月だ、美味い。二日連続で食べても飽きがこない。
「だから、私は強烈な個性を操ろうとしたヨ。そして、属性とは何か、それを知ろうとした…
まず、私は空間を操ったネ。空間、世界を移動し、移動させる…神の如き業ヨ。
では、空間とは、世界とは何であったと思うカ?」
美空は頬を指で掻き考えてみたが、その成果はなかった。
そもそも、実を言えば話なんて聞いてなかった。

49 :美空ウイルス.exe【ver:25.2】:2006/05/29(月) 22:38:59 ID:???
「空間…世界…それは、嘘のレベルだったヨ」
「…嘘のレベル?」
美空の適当な相槌に、超が頷く。
「そうネ、嘘のレベル…その世界を束ねるルールとでも言えば分かりやすいカ…
『もっこり真名さん』の世界、『ミラーワールド』の世界、『Dr.アコー診療所』の世界…
全てに異なるルールがあるヨ。
それらのルールは固く守られ、それが歪むことは世界観の崩壊を意味するネ」
そこで超は一度、呼吸を整えた。
「空間を、世界を操作して、初めて知ることができたヨ」
「何を?」
美空が促す。
「私たちが駒だと、わかたヨ。職人たちの駒、世界と世界を自由に移動させ、その存在の形を
自在に変化させ楽しむ…その為の駒ヨ。だから、私は真似てみたネ。それが、美空ウイルス」
美空はごくりと唾を飲み込んだ。自分の知っているものの名前が、唐突に現れたからだ。
「美空ウイルスは、美空と同様の属性を他人に与える装置ネ。空気という属性が最も相応しい人物
に空気属性を与えてしまう。そうすれば、美空と他の人物の差が分かると思たネ」
超は上半身を起こした。そして、美空を向き、真剣な眼差しで見つめてくる。
「美空の空気属性と、他の空気属性…同じ空気属性でも性質が違ったヨ」
なんとなく、美空は安心できた気がした。
「つまり、空気属性という個性は、美空自身の個性でもあるということネ」
美空は唾を呑んだ。
「それでも美空は、空気属性を捨てたいカ?」
気に入らなくても、それは自分の一部を成す要素なのだ。
その要素を捨てることは、自分を大きく変えることを意味する。
「超は、その悪人属性を消せたの?あんたさ、最初に私に言ったよね?
勝手に付けられた属性を一緒に消そう…って。本当の自分を取り戻そう…ってさ」
超はにやりと笑った。

50 :美空ウイルス.exe【ver:25.3】:2006/05/29(月) 22:40:38 ID:???
超の作った別位相の世界…それは、靄が視界を覆い尽す空間だった。
口から発せられた声は霧に吸い込まれ、遠くまで届かない。
だから、この空間に閉じ込められた者は、他人の存在を実感しにくい。
それがこの牢獄の持つ力であった。
今までは空気設定を支えるカラクリだったが、教室の皆が相坂さよの帰還を見留めてしまった為、
今やその役割は果たせなくなっている。なので、超はただの牢獄として使い始めたようだ。

のどか、さよ、朝倉の三名は、この空間に閉じ込められていた。
朝倉は、超が部屋にやって来たこと、彼女の操る三台の機械に襲われ、
結果、あの青い光線を浴びてしまったことを、のどかに教えた。

「どうせ、クラスの皆は、私とさよちゃんが駆落ちした〜とか騒いでるんでしょ?」
「そんな感じです…」
三人の視野はやはり濃霧が支配し、それぞれの姿は見えない。
霧が吸収しきれなかった、かすかな声の残り滓でしか意思疎通を図れない。超の牢獄は強力だ。
「問題は、どうやって脱出するか…だよね」
朝倉は手を腰に当てた。しかし、もちろん、誰も彼女の姿を見ることはできない。
「そういえば、宮崎って心を読める本とか持ってたよね?」
「アーティファクトのことでしょうか?」
「うん、それそれ。その本を使って、ちゃおりんの心を覗けば出口が分かるんじゃないかな」
そんなことは、超もお見通しだ。だから、のどかからはチャネリング少女属性を奪っておいた。
「…あの、それが…ごにょごにょ」
「え?何?よく聞こえないよ」
「…超さんに盗られてしまいました」
「何を?」
「だから…あの本です」
「…マジ?それって、マズイんじゃ…」

51 :美空ウイルス.exe【ver:25.4】:2006/05/29(月) 22:42:22 ID:???
教室では、既に作戦の準備が進んでいた。
ウイルスの動作を遅らせ、のどか空気設定解除と同時にウイルスを除去するのだ。
しかし、作戦の準備とはいっても仕事をするのは葉加瀬と茶々丸くらいで、
他は作戦の行方を見守ることくらいしかできない。
仕方のないことではあるが、誰もが申し訳なく思っていた。

教室の緊張した空気に耐えかねて、千雨は廊下を通り、満天の星空が覆う校舎の外へと向かった。
廊下は昼間のそれと違って、ただの建物の一部としてのそれに見える。
生活感がまるで欠けているのだ。
廊下の途中で、千雨は足音が増えたことに気付いた。
「ついて来るなら、コソコソすんなよ」
振り返ることなく千雨は言った。しばらくの沈黙の後、軽く小刻な足音が耳に届いた。
まだ千雨は振り返らない。すぐに、千雨の右腕に抱きつく感触があったからだ。
「いくぞ、ザジ」
コクリ…

二人は外に出た。
校舎は幽霊のように見える。表情のない白い壁。黒塗りされたように中を覗けない窓の列。
学校が眠っているというよりは、死んでいるみたいだ、と千雨は思った。
ザジが校舎のある一ヶ所を指差す。つられて千雨もそっちを見た。
そこには、一ヶ所だけ照明のついた教室があった。2-Aの教室だ。
中で動くクラスメイト達の様子は、極小サイズのテレビで見た映像を思い起こさせる。
「あいつら…頑張ってるな」
「うん」
空を仰ぐと、思った通りの空が見えた。千雨は前に顔を戻す。ザジがいる。ザジも千雨を見ている。

ちゅっ

「私も何か役に立てるかもしれないな」
千雨の言葉に、ザジがそっと手をそえた。
「うん」
二人は、教室へと戻って行った。星空よりも遥かに明るい、その教室へと。

52 :美空ウイルス.exe【ver:25.5】:2006/05/29(月) 22:44:42 ID:???
「私が悪人属性を解除できたかどうか…美空、知りたいカ?」
超は、すっと立ち上がり、床に座る美空を見下ろした。超の威圧感が美空を襲う。
「悪とは、対峙する二者間に成立する相対的な関係が前提となるヨ。
一人だけで悪にはなれないネ。だから、今は美空が善で、私が悪と呼べるかもしれないヨ」
美空はたじろいだ。
「ちょ…私に何かする気?」
超の顔が更に歪む。明らかに勝ち誇った顔。勝者の笑み。
「何かするか…いや、それはないヨ。もう無駄だと分かっているからネ」
「ど…どういうこと?」
「過去に、何かしたことがある…ということヨ、美空サン」
美空は自分の掌を見つめ、超に向き直る。
「まさか、私を空気にしたのって、あんただったの!?」

意外な返事だと驚き、そして超は声を出して笑った。その笑いは秘密基地中に木霊する。
まるで、秘密基地自体が笑っているみたいだ。
「それは違うヨw、しかし、それも面白い発想ネw」
笑いを堪えるのに必死、といった様子だ。
「じゃ、じゃあ…あんたは私に何をしたの?」

「美空を悪人に設定したヨ。気付かなかたカ?
私が美空に声を掛けた時、美空は既に悪人属性を持っていたネ」
「そ…そんな。でも何で…」
「簡単な話ネ。美空が悪となれば、私の悪人属性が解除できると思ったヨ。
しかし、それは失敗したネ。美空のシスター属性が悪人属性を強制解除してしまたヨ」
「だったら、私は一度、悪人だったってわけ?」
「悪人でない美空さんが、どうやってウイルスを撒くことができるカ?」
そこで、美空は閃いた。超が何をしようとしているのか分かったのだ。
超の目的は初めから変わってない。自分の悪人属性を解除すること、それが目的。
「まさか、超…あんた別の人を悪人にするつもりじゃ…」
「美空は勘が良いネ…」

【つづく】

53 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:45:44 ID:???
>>52
リアルタイムktkr!!
このあとどうなる!?

54 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:47:33 ID:???
続きが気になるなるなる!

55 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:48:48 ID:???
無理に延命してぐだぐたになるとみた

56 :三角関係:2006/05/29(月) 22:49:41 ID:???
私はネギ先生が好きだ。しかしそれ以上にあの人が好きだ。
その人はいつも私に優しい言葉を投げ掛けてくれる。その人は私のことを思って本気で殴ってくれた。
その人は私のために涙を流してくれた。
その人は私を優しく抱き締めてくれた。
その人も辛いはずだ。しかしそれでも私と親友でいてほしいと言ってくれた。
私はその人の優しさに幾度となく救われている。
三角関係でいい話しはない。ならばいい話しを作ればいい。この話がハッピーエンドになれるように…。




新田「愛してるよ、瀬流彦君…」

57 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 22:50:02 ID:???
今日までROMだったが一つだけ言わせてくれ。
おまいら面白過ぎwwwwwwwwwwなんだこの良スレwwwwwwwwww

58 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 23:08:11 ID:???
>>56
ちょっと表出やがれこの野郎

59 :マロン名無しさん:2006/05/29(月) 23:40:41 ID:???
のどか「夕映も………ネギ先生のことが好きなんだね………」
夕映「…………;」
のどか「なんで?なんでだい夕映!?ネギ先生は私が先に好きって言ったじゃないかぁッ!」
夕映「のどか………」
のどか「ダメだよ、そんなのダメだよ夕映ッ…ネギ先生は私がッ私がぁぁあぁぁぁあぁぁぁぁ





ハルナ「そしてのどかはネギ先生を拉致し、図書館島に引きこもりました……
    夕映のいない空間で毎晩ネギ先生と強制ギシアンし、彼女は幸せな時間を過ごすのです、ってとこかな?」
のどか「もう、私はそんなこと言わないよ……」
夕映「…………何やってるですか貴女達は;」
ハルナ「いやさ、夕映、ネギ先生への想いがのどかにバレたら友情が崩壊すると思ってたんでしょ?」
このか「のどかのこと、よぉわかっとったらそないな発想でけへんはずやけどなぁ」
のどか「夕映が日頃私のことどう思ってたかよくわかるよ……」
夕映「べ、別にのどかをそんな嫌な奴だと思ってたわけでは……ってハルナ!何で両脇を挟むのですか!」
のどか「……じゃぁ、どう思ってたのか体に聞いてみましょうか」
夕映「ま、待って下さ……せめてアーティファクトで調べ………Ah━━━━━━━ッ」

60 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 00:18:45 ID:???
>>59
体って…どんな方法で(;´Д`)ハァハァ

それでは投下します。
某所での短編を同時進行で作ったせいでちょっとヌルイかもしれませんがご了承を。

61 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 00:19:19 ID:???
明日菜いいんちょ劇場


好きな人のそばは安らげる…
確かに本当だった。

「明日菜さん」
この日遊びに来ていた明日菜はあやかの部屋に入るやいきなりベッドにダイブした。
あやかは紅茶の用意をしていたため気づいていない。
しかし用意が出来たとき、誰もいないリビングを見て不審に思ってベッドを見た。
「人様の布団に入って何をしてますの!」
あやかが明日菜を揺すって起こそうとする。
「う〜〜〜〜〜〜ん。あと5分〜〜〜〜」
完全にだれた返事をする明日菜。
遂には切れて足蹴りをし始めるあやか。

げしっげしっ
「痛〜い。やめて〜お代官様〜」
「誰がお代官様ですの!」
そうやっていくうちにようやく体を起こす明日菜。
「ひどーい、…でも最近、小テストとか増えてない?」
「それはまぁ、わたくしら受験生ですので当然でしょう」
気づけばもう3年生、受験シーズンまであと少しだ。
―と言っても麻帆良学園はエスカレーター式なので問題はないが、最近の学力低下はいただけない。
そのためクラス全体の底上げとして小テストを定期的にやっていたのだ。
「だからっていきなり抜き打ちテストみないなもんだからさ〜、いつも補習だし…
 ちょっといいんちょの部屋にお邪魔しててちょ〜っとだけ…ね」
「単純ですわね」
「それにここにいるとあんたの匂いがするのよね」


62 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 00:20:02 ID:???

「…(に、匂い!?)」
雪広財閥の令嬢として匂いには人一倍敏感だが、その言葉であやかはあたふたしはじめる。
自分は今日汗臭くなるほど動いたか!?動けば動いたでちゃんとシャワーを浴びている
ならシーツを最後に洗ったのはいつか…なんかを思い浮かべる。
「あー、ちょっと待っていいんちょ」
明日菜はそこで思考回路をフルに使っているあやかに待ったをかけた。
「あんたが臭いんじゃなくて……その…なんかこう、安心する匂いでさ。あんたの側にいる感じがして。
 だからその臭いとかじゃなくて〜〜〜〜〜あ〜どー説明すればいいの〜」
今度は明日菜が思考回路フル活動状態だ。
「あー、明日菜さん。よーく分かりましたわ…でも、それはちょっとかなりテレますわね」
真っ赤になってうろたえるように喋るあやか。明日菜と完全にお見合い状態。

「ま、そんなあんたが一番好きなのよね」
軽く微笑むと明日菜はあやかのスペースを空けて誘う。
「あんたも隣来る?」
「―それはわたくしを誘ってますの?」
「やー、そう言われると身も蓋もないじゃん。私、毎回補習で結構疲れてるの―」
そう、それは疲れきったときに側にいてくれるだけでほっとする感覚。
「一緒にいて」
その言葉であやかの気持ちは変わった。
「…それではお言葉に甘えて」
そっと明日菜と一緒に横になるあやか。
お互いの存在で安らぐことが出来たらそれで嬉しいから。



63 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 00:20:37 ID:???

だが横になったのはいいが…
「う〜ん、むにゃむにゃ」
無防備に眠る明日菜の横で、心臓高鳴りまくりのあやかは全く眠れなかった。
「これではわたくしが休めませんわ…」
ドキドキドキドキドキ
あやか心音は鼻血が出るまでヒートアップしてたそうな。





64 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 06:20:39 ID:???
つーかさあ、分析の方は前スレラストのネタまで集計しなきゃならんのかww



まあ、その、なんだ、正直スマンカッタ(AA略

65 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 06:51:47 ID:???
結局まき絵は連れ去られてしまったのか

66 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 06:59:57 ID:???
もうその話しはいいよ。マターリ行こうぜ。

67 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 07:37:42 ID:???
>>66
だな
その辺は分析の人に一任でいいんじゃね?

マターリしよう

68 :美空ウイルスの中身:2006/05/30(火) 08:15:52 ID:???
レスd!

なんとか分析隊が投下される前に、書くべき分を書けたぜ(´ω`;)

ということで、投下いきまーす。

69 :美空ウイルス.exe【ver:26.1】:2006/05/30(火) 08:18:19 ID:???
(>>52の続き)
「正確に言えば、もうその人に悪人属性を付けてしまたヨ」
超は美空に微笑んだ。
「…つまり?」
それに対し、美空はまだ話の経緯を理解していないようだ。
「つまり、今の私に悪人属性というものは無いヨ。だからといって、善人というわけでもないガ…」
「じゃあ、悪人設定解除は成功したの?」
美空の問いに、超はゆっくりと頷いた。
「もし今の私が固定的な悪人だとして、美空にこの事実を話すと思うカ?」
美空は首を横に振る。
「だから、安心していいネ。そして、次は美空の番ヨ」
「わ…私の番?」
「だから訊いているヨ。自己に含まれている空気属性を捨てる覚悟はあるノカ…」
美空はうつむき、顔を超から隠した。正直、悩んでいるのだ。超はそれを察した。
「よく考えると良いネ。しかし、悩める時間はそんなに残っていないヨ」
超は腕に付けた時計を見せた。深夜、日付が変わろうとしている。
「今夜のラジオ、それが終わた時、決着がつくネ」
「それって、どういうことさ?」
「私の計算が正しければ、ハカセがウイルスを撃退してくれるはずネ」
「どうして、そんなことが分かるの?」
超は懐から一冊の本を取り出した。のどかの本だ。
「これは、心を読める本ネ」
反射的に胸を隠し、次に美空は頭を抱えた。心を読まれると聞いて、隠したくなったからだ。
「この本によれば、ハカセはウイルスを除去できるヨ
…そう、ハカセは敵なる悪を倒すことになるネ」
「まさか超、最初からそのつもりで…?」
「非常事態の策だたヨ。そうでなければ、何故ウイルスをハカセに渡すカ…」
超の告白に話題を反らされ、美空は超に訊き忘れていた。

今の悪人は、誰なのか?

70 :美空ウイルス.exe【ver:26.2】:2006/05/30(火) 08:19:42 ID:???
「ハカセ…準備完了です」
葉加瀬は茶々丸を向き、こくりと頷く。茶々丸も頷き返す。
「それでは、作戦通り、ウイルス撃退を開始します」
時計の針は、ラジオ開始15分前を示していた。
「教卓に置かれたPCの画面に、宮崎のどかさんの空気設定解除が表示されたら、
除去開始の合図です。次の空気設定が実行される前にウイルスを破壊します」
葉加瀬の言葉は、一語一語しっかりと皆に届いた。これでウイルスの脅威は去るのだ。
「これでMの野望も砕かれたアル」
古菲が活気に満ちた声で言った。

「そこなのですが、Mとは誰なのか…たった今わかったです」
夕映は手元の名簿を皆に見せた。
「この春日美空さん、イニシャルはM.K…」
「だったら、その春日美空が犯人アル!」
「古韮さん、黙ってください」
「韮じゃないアル…(OωO;)」
夕映は咳をして、声で整えた。
「私はこの春日さんを覚えていません。これは彼女も空気になっていることを意味してると思うです。」
「それで、どうすれば良いんですか?夕映さん」
ネギが訊いた。
「それはわからないです。ただ、この事件の首謀者は超さんであったとしても、
春日美空さんも関与しているということです。例の犯行声明で、彼女は訴えています。
"自分はもう空気扱いされるべきではない"…と」
そこまで話すと、夕映は時計をちらりと見た。
「残念ですが、私はもうスタジオに行かなければいけません。
ただ、考えてみて欲しいのです。このような事件の背景に、何があるのかを!」
そして、夕映らラジオのDJは教室を出ていった。教室に沈黙を残して。

71 :美空ウイルス.exe【ver:26.3】:2006/05/30(火) 08:20:45 ID:???
沈黙を破ったのは茶々丸だった。
「ハカセ…春日美空さんの確認がとれました。間違いなく、彼女は2-Aのクラスメイトです」
「ありがと、茶々丸。それで、私はどうすれば良いと思う?」
「春日美空さん、彼女の空気設定も解除してみてはどうでしょうか?」
「なかなかハードルの高いこと言うね」

葉加瀬は眉間に皺を寄せ、PCの画面を睨んだ。韮んだ…ではない。睨んだ。
「でも、彼女が空気設定解除を本当に望んでいるかどうか…」
そう言いつつ、葉加瀬は犯行声明を読む。

『このスレには私以上の空気が存在している。分析隊がそれを証明している。
それにも関わらず、私が空気扱いされているのは何故だ。私は許さない。』

「…いや間違いないですね。これは空気解除を望んでいます。わかりました。
それも作戦の内に加えましょう!」

その十分後、ラジオからは時の到来を告げる声が流れ始めた。

『ゆえと…ハルナの…ザジちうスレ・傾向分析〜!…』

事件は、終局へと動き出す。


【つづく】

72 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 12:58:08 ID:???
いいねぇ・・・ゾクゾクするよ・・・GJ!

73 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 18:01:04 ID:???
ttp://moepic3.dip.jp/gazo/remodk/files/remodk12598.jpg
壁紙作ってみた



74 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 18:33:45 ID:???
みそら は どくになった
みそら は まひした
みそら は まりょくを3すいとられた
みそら は レベルを4さげられた
みそら は くびをはねられた

75 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 18:43:50 ID:???
朝倉「えぇ!?ザジちゃんが行方不明?」
ちう「ああ、昨日から姿をくらましたんだよ…」
さよ「五月さんがいるし食べられてないといいですけど…」
朝倉「まさか!いくら太っててもザジちゃんを食べたりは…」
さよ「いえ、




   ザジちゃんじゃなくて五月さんが。」

朝倉andちう(あ、有り得るーーー!!)

76 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 19:16:35 ID:???
メソ君!

77 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 19:32:13 ID:???
>>72
そろそろクライマックスかな。最後までガンガレ!
>>73
ちょwwwwスゴスwwww
これってwikiに載っけといてもいいのか?
>>75
元ネタがわからんなぁ
「さっちゃんがいる」ってとこがワカンネ

78 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/30(火) 19:45:20 ID:???
「夕映と」
「ハルナの」

『ザジちうスレ・傾向分析〜!』
「前編です」

ゆえ「最近のスレ内での各キャラの扱われ具合を分析する『傾向分析』、9回目になるです。
    放送室の改修終了予定日が3日後だったので、ぎりぎり行けるかと思ったですが……」
ハルナ「いや〜、最後の祭は凄かったわ。VIPでやってた頃を思い出すね。
     そうそう、今回放送室を貸してくれてるのは――」
あやか「オーッホッホッホ! 我が雪広財閥が誇る本格FM局スタジオですわ。
     送信範囲は北は北麻帆良、南は南麻帆良までをカバーしていますのよ。
     BGM用に『ハッピー☆マテリアル』は勿論、『VIPPERマテ
ゆえ「ここで一旦CMです」

<この番組は
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ノノ                               .┃
┃   〃 ´⌒`ヽ.                               ┃
┃  Ki ((ハレ))〉  *  『抱き枕から夜のオカズまで   .┃
┃  ノヘ.|l. ゚ ヮ゚リ  ,*   漏らさずカバー』の         ┃
┃  (( ⊂リ.水'||つ  ,*                        ┃
┃   ))  く/_|〉                                ┃
┃      し'ノ                  雪  広  社   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛の全面提供でお送りいたします>

ハルナ「さてさて、今回もまずは登場度ランキングから。打倒隊長、そしてのどかの空気脱出なるか!」
ゆえ「最近マロンから新しく入られた方もいらっしゃるとのことで、今回は少し丁寧に説明させてもらうです。
    登場率ランキングとは『各スレ内に於けるキャラクターの存在感』を我々独自基準のポイントで示したものです」
あやか「主役作品なら3ポイント、登場すれば2ポイント、名前が出れば1ポイントですわ」

79 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/30(火) 19:46:01 ID:???
ゆえ「それではまず上位半分の発表です。ポイント、前回比順位、前回比ポイントの順に並んでるです」
ハルナ「ポイントが同率の場合は『登場数が少ない方』を上位としてるよ。存在感がある、って意味でね」

1位:龍宮真名:74→(+11)
2位:早乙女ハルナ:67↑7(+32)
3位:長谷川千雨:61↑5(+25)
4位:大河内アキラ:54↑1(+9)
5位:雪広あやか:49↑1(+12)
6位:和泉亜子:46↓2(-2)
――【ここまでスレの主役級】――
7位:Zazie Rainyday:42↑7(+14)
8位:神楽坂明日菜:41(17)↑8(+13)
9位:明石裕奈:41(21)↓6(-9)
10位:長瀬楓:40↑7(+13)
11位:桜咲刹那:39↑11(+17)
12位:那波千鶴:31↑1(+2)
13位:相坂さよ:30↓11(-27)
14位:春日美空:29(13)↓2(-2)
15位:鳴滝史伽:29(15)↑7(+5)
16位:椎名桜子:29(18)↑5(+6)

ハルナ「たいちょぉぉ! 今回こそは絶対追いついたと思ったのにぃ!」
ゆえ「ふぅむ、全体的に上位陣が元に戻った感があるですね。
    それと、今回は投下された作品数が前スレより増えてるようです。ポイント総計が増えてるですから」
あやか「オーッホホホホ! この雪広あやか、ついにベスト5まで登りつめましてよ!
     ……あら、もしかしてザジさんがベスト10入りされたのは今回が初めてではなくて?」
ゆえ「いえ、マロン8代目スレ(分析3回目)にて第5位という記録を残しているです。
    もちろん過去のクロニクル8回を通じては全て2位を貫いているですよ」
ハルナ「ザジちう復興期到来かな? なんてね。このパル様がトップを取るまでちうちゃんには抜かれないよ!」
ゆえ「……それでは後半の発表です。今回の空気はかなりの接戦だったですよ」

80 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/30(火) 19:46:37 ID:???
17位:葉加瀬聡美:28↑3(+4)
18位:釘宮円:27↓3(-1)
19位:佐々木まき絵:26(13)↓12(-10)
20位:綾瀬夕映:26(14)↑4(+7)
21位:柿崎美砂:25↓2(-2)
22位:Evangeline.A.K.McDowell:22↑6(+8)
23位:古菲:21(10)↑4(+6)
24位:朝倉和美:21(11)↓11(-14)
    絡繰茶々丸:21(11)↑6(+9)
26位:村上夏美:20(10)↓9(-7)
27位:宮崎のどか:20(12)↑4(-13)
――ここからデッドゾーン――
28位:超鈴音:19↓4(±0)
29位:四葉五月:18↓1(+4)
30位:鳴滝風香:17↓19(-16)

【空気】近衛木乃香:16↓5(-1)

ゆえ「というわけで、今回の空気はこのかになってしまったです。
    登場回数が減ったのではなく、他のメンバーの活躍度が上がったという形ですね」
ハルナ「しっかし風香の落下具合が凄いことになってるね。将軍様、初期にあれだけ投下したから大変なんだろうなぁ」
あやか「まき絵も危ないですわね。少しアスナさんばかり構いすぎましたかしら……」
ゆえ「下位陣で注目すべきはやはりエヴァンジェリンさんたちでしょう。
    2スレに一度の活躍期も今回は少し振るわなかったようです」
ハルナ「そういえば分析始めた頃、エヴァちゃんはトップ常連だったんだよね。
     第3回分析のときなんて隊長とタイでトップ取ってるんだよ」
ゆえ「あのスレ、クロニクルで分析したときに何かのターニングポイントになってるかもしれませんね」
あやか「さて、それでは個別分析に移りますわよ。まずは最初の11人からですわね」

81 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/30(火) 19:47:08 ID:???
〜1番:相坂さよ〜
属性:幽霊、ドジっ娘、憑依、一途、知恵袋
想人:朝倉和美(本命)、和泉亜子(友達)、明石裕奈(憑依対象)、エヴァ(長寿仲間)

ゆえ「さすがに前々スレほどの勢いはなくなってしまいましたが、依然活躍中のようですね」
ハルナ「前も言ったけど、さよちゃんはそんなに原作とかけ離れた属性はないわね」
あやか「新シリーズの『小さな知識』は毎回楽しみにさせていただいていますわ。
    私もまだまだ知らない世界がたくさんあるのですね」

〜2番:明石裕奈〜
属性:ネコ語、霊媒、けだものさん、一途
想人:和泉亜子(本命)、相坂さよ(憑依)、大河内アキラ&佐々木まき絵(運動部仲間)、せつな(なかよし)

ゆえ「アキラさんの誕生日で伸びるかと思いきや、それほど変化は見られませんです」
ハルナ「普段の活躍見てれば誤差の範囲だよね。運動部ってお祭り好きが多いのかな」
あやか「活躍度の増減というよりは相対的に早乙女さんと長谷川さんが伸びているのですわ。
    それにしてもスレの進行度と共にネコ化が進行しつつあるのは気のせいかしら?」

〜3番:朝倉和美〜
属性:パパラッチ、一途、イベント屋
想人:相坂さよ(本命)

ハルナ「ちょっと力尽きつつあるかな。朝さよ、っていう単位での作品はそんなに多くなくなったからね」
ゆえ「機会があったら『朝さよ期』の終わりかけた時期を調べる必要があるですね」
あやか「そういえば朝倉さんもほぼ本編通りですわ。そろそろ新しい方向性を探したほうがいいのかもしれませんわね」
ゆえ「あまりにかけ離れすぎた属性がついてもどうかと思うですけどね」

82 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/30(火) 19:47:57 ID:???
〜4番:綾瀬夕映〜
属性:神社仏閣マニア、味覚異常、もるです、高速思考(たまに無駄)
想人:ネギ先生(公式)、早乙女ハルナ(親友以上?)、宮崎のどか(親友)、近衛木乃香(図書館組)

ハルナ「前回のカカオ属性はあまりにアレだったので、正直台本屋も忘れてた本編の属性をつけてみたよ」
ゆえ「『台本屋』って書くとなぜかのどかを思い出すですが……デッドゾーン脱出についてはコメントなしですか」
あやか「高速思考に関しては、正直最近本編でもご無沙汰ですからね。神社仏閣マニアに続いてあまり使われない属性のような……」
ハルナ「よし、今日からゆえ吉は『いらない属性持ち』ってことで」
ゆえ「嫌です」

〜5番:和泉亜子〜
属性:たゆリスト、一途、ナース
想人:明石裕奈(本命)、相坂さよ(友達)、釘宮円(姉貴分)、鳴滝史伽(妹分)、大河内アキラ&佐々木まき絵(運動部)、たゆれる人

ゆえ「たゆん属性について今更ながら再考察。元々はお風呂でこっそり千雨さんのを揺らして遊んでいたのが始まりですね」
ハルナ「そう、意外と忘れられてるのよね。『揺れてる描写』こそがたゆんの真髄のはずだったんだけど、いつの間にやら乳道一直線」
あやか「当時はザジさんにライバル登場かと騒がれた記憶がありますわ。
    はぁ、アスナさんといい亜子さんといい、誰彼構わず襲わなくなれば良いのですけれど」
ハルナ「隊長は?」
あやか「もう諦めましたわ」

〜6番:大河内アキラ〜
属性:水泳部、物静か、M子とシンクロ
想人:龍宮真名(本命)、ザジ(友人)、明石裕奈&和泉亜子&佐々木まき絵(運動部)、A山M子(ライバル?)

ゆえ「前スレでの誕生日……の割にはやはりそれほど伸びてないですね。普段の活躍度が分かるです」
あやか「今回の誕生日で一番得をしているのは、実は龍宮さんなのではないでしょうか。
    逆に考えれば、それだけ二人の関係がスレ内に浸透している、と見ることもできますけれど」
ハルナ「M子ネタも当初は一悶着あったけど、完全にギャグパートのお約束になってるよね」

83 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/30(火) 19:48:29 ID:???
〜7番:柿崎美砂〜
属性:彼氏持ち(公式)、パートナー募集中、けだものさん、へべれけさん
想人:彼氏(公式)、釘宮円&椎名桜子(チア)、和泉亜子(でこぴんロケット)、龍宮真名&明石裕奈(飲み友達?)

ゆえ「誕生日が終わってからも登場度はほぼ同じ。前回の考察の裏が取れた形になるです」
ハルナ「これまたすっかり定着したへべれけ属性。えーと、中の人ネタだったんだっけ」
あやか「決して『騒ぐのが苦手』などという性格ではないようですから別にいいのですが、それにしてもお酒なんて……」
ハルナ「いーじゃないのよいいんちょ。どーせ全部まとめて妄想なんだから」
ゆえ「それはぶっちゃけ過ぎだと思うです」

〜8番:神楽坂明日菜〜
属性:ツンデレ、キス魔
想人:高畑先生(公式…?)、ネギ(半公式?)、雪広あやか

ゆえ「順調に登場度を伸ばしてるアスナさん。今回のいいんちょさん争奪戦はアスナさんに軍配が上がるですね」
ハルナ「そういえば、なんで『唇』ネタって始まったんだっけ。第一回を見直してみてもピンと来ないのよね」
あやか「確か、ネギ先生のを見て、などと以前伺ったような気がしますわね。
    はっ、私ったら、アスナさんたちに現を抜かしている場合では……いえ、しかしまき絵たちも……」
ハルナ「おーおー苦悩してる苦悩してる」

〜9番:春日美空〜
属性:真性空気、シスター、お調子者
想人:シャークティ(本命)、釘宮円(?)

ゆえ「おや、ここへ来て少しずつ登場度が落ちて来つつあるですね。そういえば、美空さんはなぜ『空気』と?」
ハルナ「ぶっちゃけ『ザジちうスレが立ったときから』としか。
    ……ん? そう考えると『ザジちう』という括りができる前から存在してた古い属性、とも考えられるんだね」
あやか「そもそもは本編での登場具合からいつのころからか呼ばれ始めた、と伺っていますわね。
    あまり突き詰めすぎてもネタにし辛くなるのでここらで一段落としておきましょうか」

84 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/30(火) 19:49:01 ID:???
〜10番:絡繰茶々丸〜
属性:ロボ、●回路搭載
想人:ネギ(公式?)、エヴァ(マスター)

ゆえ「なかなか単体としては動きづらい茶々丸さん。とはいえ、今回の誕生日では久々に●でない茶々丸さんを見ることができました」
ハルナ「小動物と仲がいい、っていうのは本編の描写だったっけ? それとも今原稿書いてるクロニクルのアレが元ネタなのかなぁ。
    それでアキラとかザジちゃんと絡んでたときがあったよね」
あやか「あら、そうでしたの? それなら今度うちに招待しようかしら」
ハルナ「あれ、いいんちょって何飼ってるの?」
あやか「そうですわね、オウム、ペンギン、ヘビにリス……オオサンショウウオなんかもいますわよ」
ハルナ「……いいんちょ、親戚に南条って苗字の家があるんじゃない?」

〜11番:釘宮円〜
属性:おねーさん、強気、本気刈るボマー
想人:椎名桜子&柿崎美砂(チア)、和泉亜子&鳴滝史伽(妹分)

ゆえ「『三姉妹』『マジカルボマー』で一躍有名になった円さん。爆破AAはテンプレ入り並の勢いです」
ハルナ「そういえば前スレで久々に見た『(n‘∀‘)η風になーれー♪』なんかも流行ったよね。懐かしい〜」
あやか「我が雪広社のAAもぜひテンプレに……」
ゆえ「私たち以外に使いどころもないような気もするのですが……」

ゆえ「というわけで今回も時間となりましたです」
ハルナ「なんとなくいいんちょが入ると硬くなるなぁ。もうちょっと気軽な感じで話せない?」
あやか「仮にも公共の電波ですわよ? あまり砕けすぎるのは視聴者の方に対して失礼じゃありませんか」
ハルナ「単なる分析じゃなくて、そこにアドリブでネタを入れてくのが分析隊なんだけどなぁ。次回までにネタ考えてきてよ?」
あやか「わ、私が、ですの?!」

『それでは次回、中盤編をお楽しみに〜!』

<この番組は『抱き枕から夜のオカズまで漏らさずカバー』の雪広社の全面提供でお送りいたしました>

85 :73:2006/05/30(火) 20:18:45 ID:???
分析お疲れ様です

壁紙は掲載していいですよー

86 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 20:44:36 ID:???
分析乙です。
いつも結果に一喜一憂w
久々に投下できるかな・・・?

87 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:02:13 ID:???
分析乙

隊長が都落ちする日はくるんだろうかw

88 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:10:05 ID:???
>>87
本来の姿に戻るまでその日は来ないだろうな。

89 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:25:39 ID:???
>>88
千雨が主役のにもハルナが主役のにも百合棒たぎらせ乱入してくるもんなw

90 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:34:45 ID:???
分析鯛乙です
「唇」ネタの始まりついてはただの思いつきです
確か寝ぼけ頭で何となくだったと思います


コタネギものです
あれなもので、苦手な人はスルーしてください
まあ、つまりあれです

投下〜

91 :ネギ 友情を超えて:2006/05/30(火) 21:35:19 ID:???
ネギ 友情を超えて


1/3
僕には友達がいませんでした
一番仲の良かったのはアーニャ、でもお姉ちゃんという感じです
だから友達というのがどういうものかよくわかりませんでした
でも・・・

僕たちは出会いました。僕とコタロー君は出会いました


小太郎 「ふう、ちょっと修行休憩すっか」
ネギ 「そうだね、コタロー君。何か飲む?」
小太郎 「頼むわ」

修行の合間、疲れた体をいやすために僕は飲み物を探しました
赤と青、そんな色のジュースが見つかります
ネギ 「どっち飲む?」
小太郎 「赤でええわ」
僕は青のジュースを飲んだ。コタロー君は赤のジュースを飲みます

青のジュースは甘ったるかったです。いわゆるブルーハワイというやつかな?
小太郎 「なんやこれ?リンゴとオレンジと・・・にんじんにトマトも入っとるな」
ネギ 「あはは、体に良さそうだね」
小太郎 「おい、ちょっとお前の飲ませろや」
コタロー君はそう言うと、僕からジュースを取り上げてしまいました

92 :ネギ 友情を超えて:2006/05/30(火) 21:36:12 ID:???
2/3
ゴクリ・・・
コップの半分ほどのジュースを飲んだコタロー君、しばらくして
小太郎 「なんや!こっちはずいぶんと甘いな」
と、コタロー君は文句を言います。ひどいなぁ

小太郎 「他にないか探してくるわ」
コタロー君はそういうと、コップを置いて別荘の中のお屋敷の中に入っていきました

僕はコタロー君が飲んでしまったコップを見つめます
そしてそのコップをそっと手に持ちました
ネギ 「コタロー君、飲んじゃったんだ」
僕は・・・そのジュースを飲みました
わざとコタロー君が口をつけた部分に唇をつけて

ネギ 「やっぱりブルーハワイの味・・・」
僕の心臓は破裂しそうな位にどきどきしています
明日菜さんとキスしたときも、ネカネお姉ちゃんとキスしたときもこんなことはありませんでした

間接キスだというのに、こんなにどきどきしています
この感情はなんでしょうか?
初めての友達ってこんな気持ちになるのかな?
胸の奥が締め付けられるようにきゅん、ってなってちょっと苦しいです

93 :ネギ 友情を超えて:2006/05/30(火) 21:38:23 ID:???
3/3
小太郎 「あかん、他にはないみたいやな。ん?どうしたネギ、赤い顔して?」
今の僕の顔は赤くなっているんだ。風邪を引いちゃったかな?
ネギ 「なんでも・・・ないよ」
小太郎 「はあ、疲れたからちょっと眠ろうかな」
コタロー君は眠そうにしています。しばらくすると、横になってしまいました
僕はコタロー君を見ます、コタロー君はしっぽをゆっくりと振っています

僕は吸い寄せられるように、そのしっぽを握りました

小太郎 「な、なにすんのや!!」
ネギ 「ご、ゴメン!!なんだかつい・・・」
小太郎 「なんだかやあらへん!!失礼なやつやな!!」
コタロー君が怒ってしまいました。ご免なさい
でもコタロー君のしっぽ、握ると弾力があってとっても熱くって・・・
僕の手に残る感触がいつまで経っても消えないです

たぶん、これが友達から・・・親友になった証なんだと思う
大切な人、親友になった証

ネギ 「コタロー君。僕ね、今とっても変な気持ちなんだ。体が熱くってね、何かがたぎってさ・・・」


ハルナ 「アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」
今日はで職員準備室で創作系同人誌を作っていた。前回、真名に脅された。仕方がないので同人誌の中の楽園に連れて行った
ハルナ 「子供だからわからない世界、誤った道を進ませるのってたまんないわね!!」
親友の誓い。それは共に戦ったもの同士、友情を超えて生まれたのであった

ネギ 「コタロー君、とりあえずハルナさんを滅殺したら・・・いいよね」
小太郎 「わ、わかっとるわ。せやけどあんまり乱暴にすんなや、この前の時からちょっと尻が痛いんや」



94 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:43:51 ID:???
>>93
ま た ハ ル ナ か !

95 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:49:29 ID:???
>>93
も〜貴方にはいつも騙されっぱなしですわw

唇のは自分的解釈なんやけど、「アスナがクラスメイトにキスし始めた原因」
みたいなことラジオでは言ってたんじゃないのかな?
(ネギのを見て〜という文章から察して・・・)違ってたらスマソ

96 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:52:17 ID:???
>>93
パルにまた騙されたー!


新メニュー改め五月屋

五月 いらっしゃいませ
桜子「どもー五月ちゃん」
五月 メニューはこちらです

亜子のひみつ 古菲のひみつ 葉加瀬のひみつ
アキラの苦労 裕奈のしつけ方 ザジの正体
千雨のかなり凹む話 美砂の酒癖の悪さ
エヴァンジェリンのチンゲン菜で始まるちょっと泣けるいい話
刹那の早大門 もっこり真名さんの百合棒の耐久力 ALL時価

[SOLD OUT] 明日菜のひみつ まき絵のひみつ いいんちょの弱点

桜子「えっとー、千雨のかなり凹む話で」
五月 どうぞ。これは早乙女さん経由で入手しました。
出されたのは100ページもない薄い本4冊だった。
桜子「これだけ?」
五月 はい。これを読めばいいと思います。

翌日
桜子「千雨ちゃ〜〜〜〜〜ん!!」
千雨「うわぁ!何泣きながら抱きついてんだよ!」
桜子「負けないでね、私応援してるからね!私はいつだって千雨ちゃんの味方だよ」
千雨「だから、何のことだ!」

97 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:52:53 ID:???
桜子「これ」
明日菜「何何〜見せて」

朝倉「―で五月ちゃんは何をしたの?」
五月 ただ本を渡しただけです。と言ってもあれは本ではありません。あとあれを見せてはいけない人物が二人います。
朝倉「二人?」
五月 はい。一人は本人でもう一人は…

ガシャーン

美砂「桜子が窓から叩き落されたー!」
円「やばいって長谷川と明日菜が殴り合いの喧嘩してるよー!しかも長谷川ナイフ持ってるし!」
ザジ「(オロオロ)ネギ先生、止めてください」
ネギ「分かりました。二人ともー!喧嘩はやめてくださーい」

朝倉「…」
五月 …

収集不能


98 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 21:58:37 ID:???
>>97
ギャアアアアアア!!!!!!!まさかそれって『ネギ○4』では!?

99 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:02:43 ID:???
>>97
おし、お前ちょっと表へでろ。そして日付が変わった瞬間に「ナッパ!!」と叫ぶんだ。そうすれば許してやらん事もない。

100 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:03:08 ID:???
>>97
どんな本なんだ!是非みたいぞコラ
っていうか俺にエヴァの泣ける話をくれ!w

101 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:04:59 ID:???
>>97
ヲイwさっちゃんw

>>98
ちょwww○をそのまま読んだら伏せ文字の意味がwwww

>>100
あれはグロ耐性が無い人にはお勧めできない…

102 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:08:29 ID:???
>>100
様を付けろやデコ助野郎おおおおおおおおおおおお


俺もエヴァ様関係書きたい

103 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:11:27 ID:???
なんか最近下僕スレの人間が移ってきてないか??

104 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:17:38 ID:???
>>102
俺様にとってはエヴァにゃんは所詮「にゃん」でしかない(意味不明

105 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:17:44 ID:???
>>102
もれも下僕民だがこっちで強要すんなや

>>103
たしかに

106 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:18:30 ID:??? ?
もれは下僕スレであろうともネギキュンだ!!

107 :102:2006/05/30(火) 22:21:12 ID:???
調子に乗ってしまった
今は反省している

お詫びに新田に掘られてくる

そんな俺はここも下僕スレももう一年近い付き合い

108 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:29:13 ID:???
>>107
なにも尻の純潔を新田なんぞにくれてやらんでも

109 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:31:12 ID:???
これぞ純ケツ

110 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 22:32:52 ID:???
>>109
全力で吹いた

111 :古×楓:2006/05/30(火) 22:40:59 ID:???
>>84
分析乙です。隊長出番多すぎwwww
>>93
ウホッ!パル同人も現実も関係一緒じゃん!
>>97
あれは読んだら軽く凹んだ
投下〜

112 :古×楓:2006/05/30(火) 22:42:15 ID:???
いつもの修業場、今日も二人で修業をする約束だがまだ古が来ていない
仕方なく楓は近くの木にもたれるように座って待っていた。

どれくらい時間が経っただろう?段々と嫌な胸騒ぎがしてきた。
いてもたってもいられなくなり楓は古を捜しにいった。
学校、寮、超包子、世界樹、中武研の部室、あらゆる場所にいったが見つからない。
楓は学園都市を走り回っていた。汗でびしょ濡れだが気にしてられない。嫌な予感が頭から離れない。
ふと楓は何かを感じた。第六感と言うのだろうか、目の前には廃屋があった。
先程の汗とは違う汗が流れてくる。恐る恐る入るとそこはあまりにもひどい光景だった。
手を縛られ、猿轡を付けられ、虚ろな目をした古が倒れていた。服はボロボロに剥がされ殆ど裸の状態で全身に殴られたような跡があった。

113 :古×楓:2006/05/30(火) 22:43:02 ID:???

楓は呆然と立っていた。思考が追い付かない。色々な思いが頭を駆け巡る。
―何故一緒にいなかったのか?
―拙者は護る事が出来なかった…
―何のための力だ?
―拙者は弱い…
「ああああああああー!!」
楓は叫んだ。喉が潰れようがひたすら叫んだ。
(拙者は、拙者は……!)

「――!」

「―ぇ!」

「楓ぇ!」
「…ん、は!?ここは!?」
気が付けば木にもたれていた。どうやらそのまま眠ってしまったらしい。
「いや〜。超の発明品に付き合わされて遅れてしまったアル。ごめんアル。」
(…夢だったでござるか?)
「大丈夫アルカ?随分うなされ、…!」
気が付くと拙者は古を抱き締めていた。
「ち、ちょっと、楓!」
「すまぬ、もう少しこうさせてほしいでござる…。」
大切な人を護るため、拙者は今よりもっと強くなろう。悪夢が現実にならないように。

この身がどうなろうと…

大切な人を護るため…

おわり

114 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 23:20:35 ID:???
http://www.imgup.org/iup214615.jpg.html

趣味に走った裕奈

115 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 23:29:45 ID:uoa6JG4m
ちょwwwMTBwwwwwしかもJAMISwwwww
もしかして、>>114ご自身も自転車の趣味をお持ちで?

116 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 23:30:41 ID:???
>>113
はぅ〜 いいですなぁ

117 :マロン名無しさん:2006/05/30(火) 23:44:09 ID:???
ゆーなはきっとMTBを買う前アキラに相談しながらねこ○ねこにラクガキしていたに違いない

118 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:11:47 ID:???
>>114
ゆーにゃカッコイー!!

>>117
地味にワロタw

119 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:12:25 ID:???
MTBってのが何の略かわからず、何こ兵器かと思って見てみからマウンテンバイクかいwww

120 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:13:21 ID:???
今日投下間に合わんかった・・・もうダメポ


121 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:23:22 ID:???
>>114
ゆーながかっこよく見えたGJ

そのまま投下〜今回は無駄に大人数〜

122 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:24:39 ID:???
DVD上映会

今日はいいんちょの部屋でDVDの上映会を行った。
何故いいんちょなのかは簡単、いいんちょの部屋だけ上映スクリーンがあるから。
さすがブルジョワ。ムカツクほどの金かけている。

「必ず助かる。無事助かってたくさんの子を産むんだ。彼らを育てて歳をとって…
 温かいベッドで死ぬ。今夜こんなところで死ぬんじゃない…」

桜子「うおーーーーーーーーーん」
亜子「感動や〜〜〜〜」
まき絵「泣けるよ〜〜〜」
アキラ「誰かハンカチ貸して」
ゆーな「にゃ〜」
いいんちょ「何度見ても感動的な作品ですわー!」
千雨「ダサイ」
ザジ「ちう…」
いいんちょ「何を言ってるのですか長谷川さん!この作品の素晴らしさが分からないのですの!」
千雨「知るか、セカチューだってあれどこで泣くんだ?」
ふーっと煙草を吹く千雨
いいんちょ「カーペットに灰を落としたら弁償ですわよ」
千雨「ちっ」

亜子「次、何見るん?」
まき絵「これとか?」
いいんちょ「アニメですか。この主人公の魔法少女の声ってネギ先生に似てません?」
ゆーな「にゃー」
亜子「そうやなゆーな。このアニメの主人公ものどかの声そっくりだし、知ってる人の声出てるわな〜」
ザジ「…」
桜子「このテニスアニメの少年なんていいんちょの声似てるよ〜」

123 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:25:15 ID:???
いいんちょ「何を言ってますの」
アキラ「誰?ジャケットのないやつ持ってきたのは?」
ゆーな「にゃー」
亜子「私〜、適当に山積みの中から一枚引っこ抜いてきたって言うとるで」
いいんちょ「なぜジャケットがないのですの」
ゆーな「にゃー」
亜子「うちはかさばるから入れ替えてる、でもジャケットがないのは珍しい…って言うとるで」
まき絵「つまり中身を見ないと分からないって?」
ゆーな「にゃー」
亜子「当たり〜って」
アキラ「まるで闇鍋だね」

ウイーン
いいんちょ「それでは上映開始ですわ」
千雨「つまらなかったら即替えな」

[楽園の果実]

まき絵「いきなりタイトルコールからだ」
「せんせー」「おー××君どうしたんだ?」
桜子「学園もの?」
亜子「恋愛ものやない?」
いいんちょ「それにしては少し雰囲気が違いますわ」
「きゃあ、先生何を…」「××君、実は前から君のことが…」「やめてください先生!」
[自主規制]
いいんちょ「裕奈さん!」
ゆーな「にゃー」
亜子「きっとお父さんのだって言うとるわ」
まき絵「すごーい、エロDVD初めて見た〜」

124 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:25:52 ID:???
アキラ「そうだね」
亜子「アキラはなんで平気なん?」
アキラ「え?」
いいんちょ「龍宮さんにしてもらってるからでしょう」
亜子「そうやった!」
アキラ「…♥」
千雨「つーか消せ!」
亜子「却下!」
ザジ「いいんちょ?」
亜子「よう見てみ、あのヒロイン…メガネを外した長谷川さんに似とらん?」

千雨「…なぁザジ。こいつ〆ていいか?」
ザジ「切り刻んでもいいよ」
桜子「ごめん、ちょっとトイレ貸して」
いいんちょ「トイレは汚さないでくださいね」
桜子「…!////」
まき絵「あはは〜我慢できないんだ〜」
ゆーな「にゃー」
いいんちょ「まだまだだね」
一同「!?」
いいんちょ「あら、ごめんあそばせ。つい条件反射で」

しーん
全員トイレの前に移動し、亜子はドアに耳をくっつけている。
ゆーな「にゃ〜」

125 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:26:40 ID:???
亜子「あかんわゆーな。何も聞こえん、でも絶対ネタにしたる」
いいんちょ「うちのトイレは広いですからね」
千雨「悪趣味だ…」
「〜〜〜〜〜!」
亜子「ん?」
ドア越しに声が聞こえた。
桜子「ちさ…め……ちゃ…」
亜子「あ、あれを見て…長谷川さんでやってはるー!」
千雨「…ブチッ」
ドンドンドンドンドン
千雨「出て来い椎名!オラァ!」
ドガガガガガガガガガガ
ザジ「落ち着いてちう」
いいんちょ「ちょっと、うちのトイレのドアを壊す気ですの!」
桜子「ごめ〜ん。今無理〜〜〜〜〜」
千雨「ブッ殺す!!!!!」
他表記のない人ら「あははははははははははははははは」

126 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:45:28 ID:???
何か最近ちうがあまりに不良過ぎると思う俺ガエル
まぁ、ネタだし別にいいかw

ってか、そんなこと言い出したら切りないしな

127 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 00:56:30 ID:???
まぁ・・・なんだ、このスレはネタの連鎖でできてるしなw

128 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 01:02:54 ID:???
桜子wwwww




このスレで出る前から普通に千雨は「制服でもねぇし部屋で吸う分にゃ迷惑かけてねぇだろ」と分煙だけはする愛煙家だと思ってたのは俺だけですか

129 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 01:20:20 ID:???
>>128人 ナカーマ





なんだかネギ×コタに目覚めてしまっている俺腐男子

130 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 01:29:03 ID:???
>>129
(゚∀゚)人(゚Д゚)煙草ネタでも腐男子なことでもナカーマ







ホモレズノーマルばっちこいな俺はこの先どうなるんだ……orz

131 :新田:2006/05/31(水) 01:31:26 ID:???
>>130
君も私の世界に近づいてきたようだな
後で生徒指導室に来たまえ

132 :はる樹:2006/05/31(水) 01:35:21 ID:???
>>131
は、はい……(ドキドキドキ

133 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 01:37:15 ID:???
>>131-132
某スレからマ○○ルボ○ーを連れてきますよと(ry

134 :ネギ〜思い〜:2006/05/31(水) 01:37:34 ID:???
最近、仮契約の時に女の人とキスをしても何も感じなくなった。
何も、というのは言い過ぎかもしれないけれど、なんだかいい意味でも悪い意味でも抵抗がなくなった。
慣れた、というのが正しいのだろうか。
そして新たな感情が生まれた。

―――小太郎君と、仮契約したい―――

たくさんの女の人との生活になれた中で、出会ったからただ新鮮なだけなのかもしれない―――
初めて同世代で友達といえる存在ができたからそう感じるだけなのかもしれない―――

はじめの感情はそうだったのかもしれない、でも今の感情は、それ以上の何かを、何かを感じている。
でも今はこの感情はしまっておきたい。
友達を、今を、そして未来を、失いたくないから―――




end.

135 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 01:43:21 ID:???
(´・ω・`)・・・


(   )ォェェェェェェ

136 :133:2006/05/31(水) 01:46:54 ID:???
すまん、スレを勘違いしてましたorz


ここってマジカルボマー発祥のスレなんじゃねーかと。



さっちゃんに煮込まれてきますorz

137 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 01:53:18 ID:???
この流れなら勘違いしてもしょうがない

138 :133:2006/05/31(水) 01:56:22 ID:???
>>137
ですよねぇ〜!

ということでっ!

(このスレの)良い子のみんなぁ〜、
>>131-134を爆破するために、
マジカルボマー釘を、
お兄さんと一緒に呼んでみようね〜!


せ〜の!!


139 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 01:59:41 ID:???
ニッタァァァァン!

140 :はる樹:2006/05/31(水) 02:01:03 ID:???
まじかるぼまー!(←よくわかってない)

141 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 02:03:03 ID:???
6月がおたんじょうびのおともだちだよ

6/1 明石 裕奈
6/9 椎名 桜子

142 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 02:14:00 ID:???
日にち近ッ!


………桜子の誕生日に裕奈の分もぶちこもっかな

143 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 02:19:52 ID:???
桜子69かぁ
ちうと69か

144 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 02:21:20 ID:???
お前らこんな時間でも元気だなwww

145 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 02:28:25 ID:???
>>144
いつでも元気もりもり!

桜子が誕生日にちなんでちうに69を迫る
いやがるちう
しかし押し倒されて・・・・

そんな妄想が頭の中いっぱいに広がっている

146 :誕生日ネタで候:2006/05/31(水) 02:44:17 ID:???
>>145
千雨「ひゃんッばか、やめろッ……」
ちさめは てをのばした
ちさめは ひろったエレキギターを そうびした
千雨「………69ってロックとも読むよな?」
ちさめの めが あやしくひかった
さくらこは ひるんだ
桜子「ぎ、ギターは弾くものだよ?叩くのはドラム……」
千雨「叩きつけるパフォーマンスもあぁぁぁぁるッ!」






桜子「千雨ちゃんからお見舞いに菊の花もらっちゃった♪」
円「首まで折られかけて何言ってんだか………ほら、リンゴ剥けたよ」
桜子「円、うまいね〜」
円「ま、ね……お見舞いのケーキはここ置いとくから」
桜子「もう帰っちゃうの?」
円「長谷川のくれた菊抱き締めながら思い出にふけるんでしょ、どうせ」
桜子「へっへー、当たり♪」
円「…………じゃ、またくるね……お大事に」
桜子「うん、またね♪」






円(結局渡せなかったな……お揃いのネックレス………)

147 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:15:09 ID:???
くぎみー…

5分以内にレスがつかなければ俺が嫁にもらう。と

148 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:17:43 ID:???
阻止

五分間のうちにレスがなかったらハルナは俺の嫁

149 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:20:14 ID:???
残念

五分以内にレスなしならお前等の家にニッタン襲来

150 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:22:06 ID:???
ニッタン阻止

そして俺たちはマジカルボマーの餌食

151 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:22:42 ID:???
自演してまで盛り上げたいか?

152 :147:2006/05/31(水) 13:27:37 ID:???
自演じゃないんだけどな〜。

153 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:35:41 ID:???
5分以内にレスがあってもなくてもまき絵は俺の幼妻

154 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:40:31 ID:???
つか五分とか言ってる段階でお前らダメなんだよ
男なら勝負にでやがれ!




六時間以内に桜子ネタが投下されなかったら桜子の想いは俺のもの

155 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 13:52:15 ID:???
桜子「円・・・ちょっと相談があるんだけど」
円「何?どしたの?」
桜子「なんかね・・・>>154が変な事言ってくるの・・・怖くって・・・」
円「よしよし・・・ったく、>>154、どこのドイツのフランスよ」

終わり

156 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 14:04:39 ID:???
( ´w`)<>>154川相ソース

(´w`)<>>155そんなシャレはやめなシャレナンチテ

157 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 14:14:25 ID:???
美砂「うわっ!?どしたの桜子!?今まで見た事のない顔して!」
円 「あー美砂…実はさっきね、虫が飛んできて」
美砂「オーケイ。大体分かった。」

桜子「あ゛ー!!あ゛ーー!!!」

158 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 16:49:32 ID:???
ステキな流れだな

159 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 17:07:14 ID:???
>>156
川相さん、帰りますよ。

160 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/31(水) 17:20:29 ID:???
「夕映と」
「あやかの」

『ザジちうスレ・傾向分析〜!』
「中編だよ」

ゆえ「最近のスレ内での各キャラの扱われ具合を独断と偏見で分析する『傾向分析』、9回目になるです。
    順位も出たことですし、さくさく分析していくです」
ハルナ「ちょっと待ったぁ! いいんちょ、何で私のセリフ取っちゃってんのさ」
あやか「あら、昨日何かネタを考えてきなさいと仰ったのは早乙女さんですわよ。
     決め台詞を交換するのは基本的なジョークじゃなくて?」
ハルナ「うっ……それならこれでどうだ!」

<この番組は
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ノノ                               .┃
┃   〃 ´⌒`ヽ.                               ┃
┃  Ki ((ハレ))〉  *  『性転換から同人オチまで    .┃
┃  ノヘ.|l. ゚ ヮ゚リ  ,*   漏らさずカバー』の         ┃
┃  (( ⊂リ.水'||つ  ,*                        ┃
┃   ))  く/_|〉                                ┃
┃      し'ノ                  早  乙  女 社┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛の全面提供でお送りいたします>

あやか「……どうせ改造するのならきちんと自分のAAを使うべきですわ」
ハルナ「仕方ないじゃない、そんなに簡単に改造できるくらいならいつまでもAAの使いまわしなんてしないわよ」
ゆえ「台本屋の無能ぶりは放っておいて、個別分析に行くですよ」

161 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/31(水) 17:21:00 ID:???
〜12番:古菲〜
属性:中国人、総受けいじめオーラ
想人:ネギ(公式?)、超鈴音(半公式?)、長瀬楓(本命)、葉加瀬聡美&四葉五月(超包子)

ゆえ「久々にデッドゾーン脱出のくーふぇさん。とはいえ、やはり大活躍というわけにはいかないようです」
あやか「ところでデッドゾーンの基準はどうなっているんですの?」
ハルナ「あ、それ私も気になってたんだけど」
ゆえ「ハルナ……一応DJだったら覚えておいてください。
   若干上下することはありますが、大体45ポイント以上を『主役級』、20ポイント未満を『デッドゾーン』としてるです。
   あくまでも我々が勝手に目安のためにつけている印なので気にしないでくださいです」

〜13番:近衛木乃香〜
属性:京都弁、お嬢様、せっちゃん責め、●持ち
想人:桜咲刹那(公式)

ゆえ「分析直前に思い出したですが、このかには本編で『ツッコミが鋭い』という属性があったようです。
   最近はどちらかといえば●属性が本編に現れたと話題になってるようですね」
ハルナ「某所のネギ子を思い出すなぁ。あ、でも本編のはSじゃなくて天然で黒い、ってんだから●とは違うのかな?」
あやか「それにしても今回は下位が大接戦だったようですわね。下手をしたら超さん自身が空気化でしたわよ」

〜14番:早乙女ハルナ〜
属性:腐女子、ラブ臭センサー、不死身、噂話拡大能力
想人:綾瀬夕映(親友以上?)、宮崎のどか(図書館組)

ハルナ「再び2位に返り咲き〜♪ このまま行けば誕生日効果でたつみー崩しも可能なんじゃない?」
ゆえ「8月18日までですか? その前にスレの一周年(7月4日)が来るですよ」
あやか「そもそもこの番組自体がどこまで続いてるか分かりませんものね」

162 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/31(水) 17:21:33 ID:???
〜15番:桜咲刹那〜
属性:元祖総受け、幼女化
想人:近衛木乃香(公式)、神楽坂明日菜(戦友?)、龍宮真名&長瀬楓&古菲(武道四天王)

ゆえ「ついに『絶望の淵から』の連載再開とあいまって急上昇。アキラさんの誕生日効果もあるですね」
ハルナ「久しぶりの総受けは筆が乗るわ〜。やっぱりせっちゃんはああでなきゃね」
あやか「同じ武道四天王で、どうして龍宮さんとあんなに方向性が違うのでしょうね。
    最初はどちらも硬派なイメージだったはずなのですけれど」
ハルナ「アレでしょ、やっぱり『お嬢様〜』ってのは誘ってるようにしか見えないじゃない。
    従者と主人のヒミツのカンケイ、ってのは古今東西妄想の温床なのよっ!」

〜16番:佐々木まき絵〜
属性:新体操部、天真爛漫
想人:雪広あやか(本命)、和泉亜子&明石裕奈&大河内アキラ(運動部)

ゆえ「……いつもの位置に戻ってきてしまったまき絵さん。前々スレはつくづく運動部祭りだったようですね」
ハルナ「同じ運動部のアキラの時よりかきみーの誕生日のほうが盛り上がってたもんね」
あやか「そういえばこの間のまき絵さんはずいぶん積極的でしたわね。どうしてかしら……?」

〜17番:椎名桜子〜
属性:チアリーダー、強運、ポジティブ思考、押しかけ女房
想人:長谷川千雨(本命)、釘宮円&柿崎美砂(チア)、ザジ(ライバル?)

ハルナ「おお、気づけば桜子結構活躍してるじゃん。やけに登場数がほかの二人に比べて多いのが気になるけど」
ゆえ「実は、桜子さんは一言ネタや名前欄ネタが多いのです。前スレ最後のVIP代並みの流れでかなり稼いでるですよ」
あやか「結局あれは全部カウントしたんですの?」
ゆえ「はいです。ぶっちゃけてしまいますと、あれがなければこのか、五月さん、のどかの3名が最終的に同率だったです。
   以前鳴滝姉妹がW空気という判定はありましたが、3人というのは前代未聞でしたです」

163 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/31(水) 17:22:33 ID:???
〜18番:龍宮真名〜
属性:スナイパー、巫女、犬好き、甘党、浮気性、百合棒持ち
想人:大河内アキラ(本命)他多数

ハルナ「アキラさんの誕生日の影響を一番受けたと思われるたつみー。以上」
あやか「……だんだん龍宮さんの解説が投げやりになってませんこと?」
ゆえ「正直、これだけ長期にわたってネタを投下し続けられる職人の皆様に脱帽です。
   ほとんどシチュエーションは変わらないはずなのですが、全部ひっくるめて完全にひとつの世界になってるです」

〜19番:超鈴音〜
属性:天才、薬屋、エセ中国語、未来人
想人:絡繰茶々丸&古菲&葉加瀬聡美&四葉五月(超包子)

ゆえ「超さん自身の単独ネタは現時点でほぼ皆無のようですね。まぁ、この流れでは……」
ハルナ「そういえばハカセ×超なんてのもあったね。最近ハカセはなつみーとアツいからなぁ」
あやか「一時期持ち上がってましたけど、まき絵は私のものですわよ?」

〜20番:長瀬楓〜
属性:守人、忍者、甘党
想人:古菲(本命?)、鳴滝姉妹(妹分)

ゆえ「再び急上昇の楓さん。飄々としていて以前の朝倉さんの立場に近いものがある気がするです」
ハルナ「とはいっても朝倉ほどあちこちに現れてはいないからなぁ。どっちかといえば将軍様効果?」
あやか「……どちらかといえばあちこちに現れているのはむしろ早乙女さんのほうではなくて?」

164 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/05/31(水) 17:23:05 ID:???
〜21番:那波千鶴〜
属性:ネギ使い、包容術、実年齢不詳
想人:村上夏美&雪広あやか(ルームメイト)、村上小太郎(居候?)

ゆえ「じわじわと活躍の場を広げてきた千鶴さん。ベスト10入りも近いかもしれません」
ハルナ「不気味だ……傾向がさっぱりわからないところが更に不気味だ……
    放送室が使えればもう少しじっくり資料調査するんだけど、前スレ落ちちゃったからなぁ」
あやか「単発ネタばかり、というわけでもないのでしょうか。もう少し様子を見る必要があるようですわね」

ゆえ「……といったところで今日も放送時間が来てしまいましたです」
あやか「次回はどうなりますの? またこのスタジオを使います?」
ハルナ「改装工事終了の時間次第なんだよね。予定だと明日には終わるハズなんだけど」
ゆえ「そろそろいつもの時間にいつものスタジオ、というのが恋しいですね……」

『それでは次回、後半編をお楽しみに〜!』

<この番組は
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ノノ                               .┃
┃   〃 ´⌒`ヽ.                               ┃
┃  Ki ((ハレ))〉  *  『性転換から同人オチまで    .┃
┃  ノヘ.|l. ゚ ヮ゚リ  ,*   漏らさずカバー』の         ┃
┃  (( ⊂リ.水'||つ  ,*                        ┃
┃   ))  く/_|〉                                ┃
┃      し'ノ                  早  乙  女 社┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛の全面提供でお送りいたしました>

165 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 18:12:03 ID:???
分析隊の方、乙です!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   '⌒ヽ/⌒                             ┃
┃   ,.'´  `ヽ.                              ┃
┃    i (lノ从リ)〉   『性転換から同人オチまで     .┃
┃   |! l.゚」ヮl゚」         漏らさずカバー』の    ┃
┃   /⊂||水リつ                           ┃
┃   ノリ リく/_|〉_リ                              .┃
┃      し'ノ              早  乙  女  社   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

166 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 20:24:13 ID:???
>>164
分析乙です!じわじわとちゃおりんがピンチになってる・・・
ウイルスのメインキャストだから、って甘く考えてたよorz

>>165
久しぶり!乙!!


さて、0時になったら頑張るか・・・

167 :真名ちゃんもっこり日記65:2006/05/31(水) 20:25:17 ID:???
真名ちゃんもっこり日記65

今、非常にまずい状況だ。
前回、アキラとM子が決闘してしまうが止めに入った私に「どっちがいいの!」と聞かれてしまう。
仕方なく二人から逃げるしかなかった。

何とか撒いたものの寮に帰りづらい、私の浮気癖を警戒して誰も部屋に匿ってもらえないからだ。
見つかれば二人に刀で…
まずい、本当にまずい。
この危機的状況をどう打開するか…
「にゃ?何をしてるにゃ?」
うぉっ明石!まずい奴はアキラと仲がいい。
状況しだいでは…
「何をしている…」
「何って、明日は私の誕生日だにゃ。パーティーの準備をしている途中にゃ!」
「パーティーか…」
キュピーン
「明石、その手伝いをしたいんだが…あとでお前の部屋に行っていいか?」
「手伝ってくれるにゃーか?OKにゃ!」
よし、逃げ道確保。

だからと言って何もしないのはまずい。
明日の誕生日を狙ってプレゼント攻撃といくか…
早速街に出て……あの猫には何をプレゼントすればいいかな。

168 :真名ちゃんもっこり日記65:2006/05/31(水) 20:26:33 ID:???

あの『げーまーず』という店に入った。
おー、いいのがあるじゃないか。猫耳帽子。猫ブーツ。猫手袋。何故かメイド服。鈴がでかすぎる…
しかし買うときにしっぽを踏んづけて千切れてしまった。
どうしようか…適当に歩いていると何か怪しい店にたどり着く。
なんとそこに猫尻尾が売ってあった。ラッキー。
しかしこの尻尾、取り付け部の先が変な形をしているな…このリモコンは?
カチッ ぶぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん カチッ

さて明石の部屋に行くか、百合棒ギンギンMAX状態でな(鼻血)。



169 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 20:33:22 ID:???
ぐはあっ!!!ゆーにゃにで○こコスは犯罪ですって隊長おおおおっ!!!

しかもそのしっぽテラヤバスwwwGJ!!

170 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 20:54:42 ID:???
>>166
何をしてくれるのか分からないけどwktkして待っちゃうぞ!

171 :さよ 小さな知識:2006/05/31(水) 21:54:44 ID:???
さよ 小さな知識


さよ 「ちょっと早めの登場、学校の堕天使さよです」
真名 「あらゆる者をハントする、それが真名さんだ」
さよ 「わ、私もハントするんですね!!鬼畜です」
真名 「私の百合棒が使えないやつに用はない」
さよ 「あんまりです〜!!!」
真名 「アキラはどこだ?」

さよ 「きょ、今日は日本最古の旅館についてです」
真名 「旅館?連れ込んでいいのか?」
さよ 「けだもの・・・場所は石川県、小松加賀温泉郷で、名前は”法師旅館”です」
真名 「そこは温泉なのか?」
さよ 「温泉です。源泉が発見されたのは約1300年前、718年に泰澄大師さんによって発見されました」
真名 「よく源泉がつきないな」
さよ 「効能は・・・邪心や欲望の抑制に効果があるといいですね」
真名 「貴様、なかなか言うな」
さよ 「真名さんほどではありません」
真名 「まあいい。さて、旅館なら刹那の方がいいかな。それとも・・・M子?」
さよ (アキラさんに連絡しておいた方がいいですね)
真名 「さて、予約を取ってくるかな。いい情報、あ り が と う」

ちゅ(スカッ!)

さよ 「や、やっぱり私も狙っているんですね!!あさくらさ〜ん!!!」
真名 「ちょっとしたお礼じゃないか。初やつだな・・・」



172 :真名・アキラ 変成:2006/05/31(水) 21:54:52 ID:???

アキラがその部屋に入って最初に見た物は、

全裸で布団に包まっている真名と、同じく裸でその隣で幸せそうに寝息を立てているゆーなと亜子

でした。


真名 「ちがうんだアキラ、これはな、何かの間違いで………」
アキラ「もうしらない………」
真名 「待てアキラ、アキラァァァァァ!」
真名の声を振り切って、アキラは部屋から飛び出す。
彼女の浮気性は今に始まった事では無い。そんな事は彼女とて承知している。
それでもアキラは割り切れなかった。
(なんで? どうして私だけを見てくれないの?)
自然と涙が零れる。
不安なのだ。真名が本当に自分を愛してくれているのか、アキラは信じられなくなっていた。
アキラの心は度重なる真名の裏切りによって磨耗し、限界を迎えようとしていた。
明日菜「アキラちゃん??」
アキラ「あ…………明日菜」
明日菜「どしたの? そろそろ消灯だよ??」
アキラ「………なんでもない」
明日菜「「泣いてるのになんでもないって事は無いでしょ…………そうだ、部屋に寄ってく?」
アキラは断ろうとしたが、明日菜の中でアキラが部屋に来るのは確定事項なのか、明日菜は半ば無理やりにアキラを引きずっていく。


時刻は九時五十分。本来ならば明日菜は寝ているはずの時間だ。



173 :真名・アキラ 変成:2006/05/31(水) 21:56:05 ID:???
真名が着替え終わり、寮の中を探し始めたのはそれから五分後の事だった。
(早く誤解を解かなくては…………)
実際のところ誤解も六階もないのだが、それは真名の脳内ではちいさな事である。
――兎も角も、真名は慌てていた。異常を異常と感じない程に。

真名 「アキラ―――?? どこだアキラ――――??」
寮内を回り始めて十分。未だに真名はアキラを見つけることができないでいた。
(く…………どこへ行ったんだアキラ……)
自室にアキラは戻ってはいない。それだけは確かである。探し始めていの一番に見に行ったが、鍵はかかったままだった。
(あれは………神楽坂か? 丁度良い。アキラを見なかったか聞いてみよう)
真名 「おい。神楽ざ―――――」
か、と言おうとして、ようやくそこで真名は異常に気がついた。
おかしい。
わずかだが、魔の匂いがする。
それが何なの魔なのかは分からない。だがそれが酷く凶悪なものであるのは確かだ。
真名が長年培ってきた勘が、そうだと告げている。
明日菜「何………呼んダ?」

ぐるりと、明日菜の顔が百八十度回転した。

真名 「なっ…………」
やはり真名の勘は正しかったのだ。ただ、それに気づくのが遅かった。
明日菜「その声……龍宮さんンカ…………あのネ、私変ナんダ。目ノ前が真っカだし、何ダか変に喉が渇いチゃってサ………」
――今や明日菜は人の皮をかぶった異形へと成り果てていた。
眼は真紅に染まり、
赤い血の涙を垂れ流し、
口には鋭い牙を生やし
体のところどころが闇と同化している。
細部こそ違えど、それは伝承に語られる吸血鬼そのものだった。

174 :真名・アキラ 変成:2006/05/31(水) 21:57:04 ID:???
 ココにいては駄目だ。アレは丸腰でどうこうできるシロモノではない。
真名は即座にそう判断した。
明日菜「あっ………待っテ!!」
急速にその場から離れていく真名に気づき、明日菜だったモノが声を上げた。
当然待つわけはない。アレに捕まったが最期、干からびるまで血を吸われるだろう。
(悪いな……まだ死ぬわけにはいかないんだ)
後ろ髪を引かれる思いをしながら、真名は十字を切った。



真名 「糞っ………どこだアキラ!!!」
何人目かの犠牲者を押しのけて、真名は叫んだ。
アキラが部屋を飛び出してからもう三十分以上が経過している。
――最悪、もう犠牲になってしまっているかもしれない。
そんな言葉が真名の頭をよぎる。
(生きていてくれよ……!!!)
半ば祈るようにして駆ける。
手遅れになる前に、少しでも早く。
「キャアアアァァアァァァッ!!」
そんな時。
すぐそこの曲がり角から、聞き慣れた音程の悲鳴が聞こえた。
(アキラ!!!!)
走る。全身の力をこれでもかと振り絞り、真名はできうる最高の速度で通路を駆けた。
真名 「アキラッ!!!!」
通路から飛び出して来たアキラを抱きとめ、そのまま離脱する。
真名 「アキラ、大丈夫か!?」
アキラ「真名………」


前髪に隠れていたのは、あの赤い目だった。


175 :真名・アキラ 変成:2006/05/31(水) 21:57:59 ID:???





刹那 「……こんな感じでどうでしょう?」
今日も刹那は自室に籠って小説を書いていた。
前回はとりあえずハルナを食った後、色々と暴かれて開き直った。
ハルナ「ん〜〜〜どうだろ。な〜〜んか物足りないのよね〜〜」
刹那 「………それはヤオイですか?」
ハルナ「違う違う。こうなんと言うかリアリティがね………」
真名 「そうか、では実際に体験させてやろう」
アキラ「ちょうど良かった……試し切りがしたかったんだ。………起きろ、止水。出番だぞ」
明日菜「それじゃあ、さよならだね刹那さん。短い間だったけど楽しかったよ」

――後ろに、赤い目をした人たちが立ってらっしゃいました。

死して屍、拾うものなし。



                   終われ。


176 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 22:00:18 ID:???
>>171
情報乙。今度行ってくるわ。

177 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 22:23:03 ID:???
>>171
そんなに昔からあるのか……環太平洋造山帯おそるべし。
>>172
今回は騙されなかった!!
吸血鬼明日菜の元ネタはワラキーか??

178 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 22:29:30 ID:???
確か止水はM子の姉に折られなかったけ?

179 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 22:30:38 ID:???
>>171
法師のCMが昔は流れてたなあ。しかし、近場に住んでて由来は知らんかったよ
隊長に苦笑しつつGJ!

>>172
いや、終わんないでw日記オチじゃないのを祈ってたよOTL
こういう話、すっげ好きなんだよなあ・・・
続き書いてくれるまでGJはあげないんだからっ!!

180 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 22:31:58 ID:???
>>178
つもっこり日記でいつの間にか再生

181 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 23:05:24 ID:???
五月屋

ごにょごにょ
楓「うっ!…く…拙者としたことが…」
五月 鼻血出てますよ。はいティッシュです。
楓「…かたじけない……しかし五月殿の情報網はすごいものでござるな」
五月 私は何もしてません。みなさんが勝手に酔って秘密を喋るからです。

亜子のひみつ 葉加瀬のひみつ 和美のひみつ 
アキラの苦労 ゆーにゃの飼い方 ザジの正体
千雨のネギ○5ネタバレ 美砂の酒癖の悪さ 新元素記号
エヴァンジェリンの心温まるちょっといい話
刹那の焼き鳥講座 もっこり真名ちゃんの浮気日記 ALL時価

[SOLD OUT]
明日菜のひみつ まき絵のひみつ いいんちょの弱点 
千雨のかなり凹む話 古菲のひみつ

楓「この新元素記号とはなんでござるか?テストの出る範囲とか?」
五月 料金先払いですけどいいですか?
楓「分かったでござる」
五月「元素記号はKmと言います。正式名称、カスガミソラ」
楓「…その性質とは?」
五月 他の元素記号と違い正式な形が存在してない不思議なものなのです。
   融点沸点が存在せず、しかも密度は絶対ゼロなのです。空気中に常に存在しある現象を引き起こします。
楓「その現象とは?」
「なめんな〜」
五月 どこからともなくそんな声が聞こえるそうです。
楓「永久封印したほうがいいでござるな……」

182 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 23:11:27 ID:???
ここで聞いていいのかわからないんだけどハッピーマテリアルってカラオケで選曲可能?
飲み会で唄ったら引かれるかな(汗 今かなりハマってるんだけどw

183 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 23:19:57 ID:???
>>182
機種によっては全部ある
少なくとも1月はあるはず

184 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 23:31:56 ID:???
>>182
そりゃ飲み会のメンツによるだろ。オタばっかならいんじゃね。
あくまでも普通の人は知らないという大前提を頭にいれておけよ。
>>181
ワロスwwwここまで扱いのひどかったキャラがかつていただろうかwww

185 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 23:38:02 ID:???
最近うすたネタが多いせいか変な電波が。

アコ「なぁアキラ〜今から遊園地行かへん?」
アキラ 「ん?別にいいけど…この辺あったけ?」
アコ「ウチあそこ行きたいねん。ゆーな父さんの秘密スタジオとかなんとか。」
アキラ 「…それってユニバーサルスタジオのこと?時間的に今からは厳しいんじゃ…」
アコ「到着!この中や!」
アキラ 「ちょ、ちょっとここ人んちじゃあ…!」

ガチャ

明石教授「何なんだ君たちは!」
新田「お前たちは3ーAの!せっかく明石教授と秘密のビデオをみていたと言うのに。」

アキラ (ゆーな父さんの秘密スタジオだこれー!!!!!???)

186 :マロン名無しさん:2006/05/31(水) 23:45:01 ID:???
明石教授自体がこのスレではレアなのにwwwww

187 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:00:39 ID:???
ゆーな、誕生日おめでとおおおおおおおおおっっっ!!!

今日はちょっと暴れさせて下さい。まずは第一弾として、被る心配の無さそうなSSを投下します
例によって長くなりそうになったんで、かなり端折りましたが、それでも9レス・・・orz
先が不安になってしまいますが、今日だけは立ち止まれません。さて、何本書けるか・・・

>>170
すまん、ただ単にゆーにゃ祭りを始めるだけなんだ

では投下いきまーす

188 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:02:03 ID:???
『朝倉からのプレゼント』

1/9

「おっはよー。誕生日おめでとさん」
 教室に入った途端、あたしは朝倉に声を掛けられた。
「おはよ。今日はあたしがターゲットなの?」
 朝倉といえばパパラッチ。今日が誕生日のあたしに張り付いていればネタに困らない、ってやつかな?
「いやいや、お祭り娘のアンタに、とびっきりの楽しいプレゼントを用意したんだ」
「ほほう、楽しいプレゼント、とな!」
 きゅぴーん、とあたしの目が輝く。
「そそ。ちょい目を閉じてね。用意するから」
「あいよ」
 言われるままにあたしは目を閉じてwktkする。朝倉のイタズラ、って線も考えたけど、敢えて引っ掛かるのも
面白そうだ、とあたしは思った。
 けれど……、

 びくんっ!!

 あたしの身体に異変が起きる。な、なにかが入ってきたよーな……。
「もう目を開けていいよー。さよちゃん、入れた?」
「は、はい……。お、おじゃましてます、明石さん」
 あたしの口が勝手に答えた。……って、ぅおいっ!!
「さよちゃん、ってあのユーレイの!?」
(ご、ごめんなさいっ!!)
 あたしが怒鳴り付けた瞬間、頭の中で声が響いた。そして怯えるような感情が湧き上がってくる。
(こ、これってさよちゃんの気持ち……?)
 あたしは口に出さずにそう思ってみた。すると、
(は、はいそうです……)
 再び、声が聞こえた。おおー、コミュニケーション取れてんじゃん! たしかにこれは……面白い♪

189 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:03:05 ID:???
2/9

(あのう……、今日一日、明石さんとご一緒するように言われたんですけど……、本当にいいんでしょうか?)
 さよちゃんがおそるおそる尋ねてくる。うーむ、このおどおどしたカンジ、あたしは滅多に気後れしないから
新鮮だったり。今は意識を共有してる状態なのかな?
(そうみたいです。でも身体の方は明石さんじゃないと……。私はせいぜいおしゃべりするのがやっとです)
 ほうほう、いつもみたいに取り憑かれた状態とは全く違うんだ。
(なーる。じゃあ今のあたしは二人分の頭脳を持ったすーぱーゆーなさんなワケか!)
(くすくす……、そうですね)
(じゃあさよちゃん、あたしの身体に同居するに当たって、一つだけ条件があります)
(な、なんでしょう……!)
(あたしの事は裕奈、って名前で呼ぶこと! 呼び捨てでもさん付けでもいいからねっ!)
(は、はいっ! 今日はよろしくお願いします、ゆーなさん!)
 さよちゃんが喜んでる。ふふっ、お陰であたしの心までぽかぽかしてきた♪
「おーい、そろそろ話し合いは終わったかな〜?」
『バッチリだよ(です)、朝倉(さん)!!』
 二人の声がハモった。お陰で二重音声みたいなカンジだったけど、朝倉はうんうん頷いている。
「んじゃ、一日限りの不思議体験をどーぞ。さよちゃんをよろしくね、ゆーな」
 朝倉はいい笑顔で去っていく。入れ替わりに亜子がぱたぱたとやって来た。
「なあなあ、朝倉となにしとったん?」
「んー、すっげ楽しいプレゼントを貰っちゃった♪」
「あはは。ご機嫌やな〜」
 あたしたちがおしゃべりしていると、不意にさよちゃんが話し掛けてきた。
(お二人って付き合ってるんですよね?)
(そだよ。ふふん、亜子ってばすっごくカワイイでしょ?)
(……ですね〜。私までにこにこしちゃいそうな、素敵な笑顔です)
(だから、さ。たまーにこんなコトしたくなるんだよね〜)
 あたしはずいっ、と亜子に顔を近付け、こっそりと囁いた。
「亜子のプレゼント、すっごく期待してるからね……!」
 途端に亜子の顔は真っ赤になる。亜子といえばこの表情。照れた時の表情が絶品なんだよね〜♪

190 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:04:18 ID:???
3/9

「むーっ、朝倉には負けへんもん!」
 亜子は何故か朝倉に対抗意識を燃やしてる。ぐっ、と拳を握っちゃってるよ。
(あはは。本当にカワイイですね!)
(お、お、さよちゃんも亜子の魅力に気付いたかにゃ? でも亜子は渡さないからねっ!)
(い、いえ私には朝倉さんがいますから……)
(ほうほう、さよちゃんは朝倉狙いか〜。やっぱり朝倉だけに視えるのも愛の力なの?)
(ゆ、ゆーなさん!!)
 あたしの質問攻めでさよちゃんが照れまくった瞬間だった。

 びゅううぅぅっ!!!

 あたしの身体から、ある種の能力が発動したような感覚だった。そして、
「ひゃああっ!? な、なんやこれええっ!!」
 突如の突風が、亜子のスカートを鮮やかに捲くり上げたのだった―――
(えーと、今のなに?)
(た、多分私の能力かと……。いわゆるポルターガイスト現象のようなものです……)
(そんなコトまで出来ちゃうんだ。さっすがユーレイ……)
(い、いえ普段の私には出来ません。―――きっとゆーなさんとの相性が良かったから暴発したんだと……)
(ふーん。よく分かんないや。ま、取り合えずカワイイピンクでした♪)
「ゆーなのえっち!」
(ゆーなさん、えっちです……)
 うお、二人に抗議されてしまった。いいじゃん女同士なんだし。
 と、ここで始業のチャイムが鳴った。あたしは亜子を宥め、ようやく自分の席についた。
「―――楽しそうだな、おい」
 斜め後ろの席から声。エヴァちゃんが話し掛けてくるなんて珍しい……。
(あ、あのう、エヴァさんも私の事が認識出来るみたいなんで……)
「そっかそっか。今のあたしの状態バレバレ?」
「まあな。くだらん遊びだ……」

191 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:05:17 ID:???
4/9

 実に興味のない様子でエヴァちゃんはそっぽを向いてしまった。この子はなかなかのツンだねえ……。
「マスター。明石さんがどうかなさいましたか?」
「お前には理解出来ない状態だ」
 早くも居眠りの体勢に入りながらエヴァちゃんが答えた。まあ、あたしだって上手く説明出来ないだろうけど。
(ゆーなさん。そろそろ授業が始まりますよ)
 りょーかい。分かんない所があったら、さよちゃん教えてね♪

 さよちゃんの実力に、あたしは舌を巻いた。
 あたしじゃサッパリ分かんない難問でも、さよちゃんは丁寧に答えを導いてくれる。意識が同調しているせいか、
あたしが詰まってる箇所もすぐに分かるみたい。その都度、さよちゃんはヒントを出してくれる。
(さよちゃん、もしかしてメチャクチャ頭いい?)
(い、いえ……。私はもう何年も同じ授業を受けていますから……)
(いやいや。教え方もすっごく分かりやすいし。さよちゃんて教師に向いてるかも)
(でも私、幽霊ですから……)
(むー、もったいないなあ……)
 そんなことを考えていると、さよちゃんはくすりと笑って、
(もし生まれ変わったら、考えておきますね)
 と、囁いた。

 昼休みになり、あたしはいつもの面子と学食に向かう。
(さよちゃん、何か食べたいものってない?)
(そうですねえ……。あ、これがいいです!)
 あたしの指が指したもの。それは鯖の味噌煮定食だった。
「ゆーな、今日は随分と渋いね……」
 アキラの突っ込みはもっともだ。普段のあたしは洋食メインだもんね。さよちゃん、渋すぎ。
(ご、ごめんなさい。久しぶりにちゃんとした和食を味わいたかったので……)
(あははっ、そーゆーコトね)
 くすくすと笑いながら、あたしは食券を購入する。

192 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:06:41 ID:???
5/9
 美味しそうな味噌汁の香り。これに反応しない輩は、日本人失格だと思う。
「ああ……、この味……!」
 あたしの口を借りて、さよちゃんは歓喜の声を上げた。みんなはあたしの様子にきょとんとしている。
「ゆーな、そないに味噌汁好きやったん?」
『トーゼン(です)! 日本人の心だもん(ですから)!!』
 あたしとさよちゃんの声がハモる。ま、さよちゃんの声は聞こえないだろうから無問題でしょ。
 ぱくり、と鯖の味噌煮に箸を付けると、思わず涙が出そうになった。
(さよちゃん、そんなに美味しかった?)
(はいっ! もう感動です……! もう一度、この味を堪能出来るなんて……!)
(うふふ、朝倉に感謝だね)
(ええ! ゆーなさんも私のワガママに付き合ってくれて、本当にありがとうございます!)
(大袈裟だなあ、さよちゃんは)
 と、あたしがさよちゃんと会話しながら至福の時を味わっていると、まき絵の魔の手が伸びてきた。
「そんなに美味しいんだ……。私にも一口ちょーだい♪」
 ひょい、ぱくっ。
「にゃああっ!?」
 くっ、あたしとしたことが……! 油断した隙に、まき絵に一切れ食べられてしまった。
(くすん、取られちゃいましたね……)
(むむぅ、まき絵の昼食はきつねうどんだから、つまみ食い出来ないし……!)
 どうにかして反撃出来ないものか、と思案していると、亜子が白身フライをおすそ分けしてくれた。
「アカンよまき絵。今日はゆーなの誕生日なんやから。ゆーな、ウチのでガマンしてな」
「にゃー♪」
 嬉しそうにあたしがあーんすると、亜子はくすりと笑いながら白身フライを口に入れてくれた。
じゅわっ、と旨みが口の中に広がっていく。亜子に食べさせてもらったから、格別に美味しい♪
「えへへ。ゆーなはおさかなさん大好きやもんなあ。せやったら今夜のパーティーにムニエルでも作ったるわ!」
「ぅにゃあ〜!!」
 あたしは甘えた声で鳴くと、亜子にすりすりと頬ずりする。すると、
(とことんノリがいいんですね、ゆーなさん……)
 と、さよちゃんの冷静なツッコミを食らってしまった。ちょっとやりすぎたかにゃ?

193 :ゆうな:2006/06/01(木) 00:06:59 ID:???
にゃーーーーーー

194 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:07:36 ID:???
6/9

 放課後になり、あたしは部活に向かう。
(ふっふっふ。さよちゃんはバスケやった事ないでしょ?)
(は、はい。ずっと見学してましたから、大体ルールは把握してますけど……)
(では、バスケの面白さをとくと味わってね♪)
 キャプテンの権限をフル活用して、今日は5対5の試合形式を行うことにする。そして……、

「にゃっ!!」
 一瞬の隙を突いて、あたしはボールを奪った。
「出たあっ! ゆーなのにゃんこスティール!!」
チームメイトの声援を受け、あたしは一気に二人抜いて鮮やかなレイアップを決めた。
(どう、さよちゃん。シュートが決まるとすっごく気持ちイイでしょ?)
(はいっ! ゆーなさんスゴいです!! あんなに器用に動けるなんて……!)
(ふふっ、まだまだ序の口だよっ!!)
 さよちゃんが興奮してるせいか、いつもよりエンジンの掛かりがいいみたい。あたしは縦横無尽に掛け回り、
3Pシュートに切れのあるドライブ、調子に乗ってフックシュートやダンクまで披露した。
(んー、絶好調♪ 今日は外す気がしないよっ!)
(このままガンガン決めちゃいましょう!)
 あっはは。さよちゃんノリノリだね。んじゃお言葉に甘えて……!

「もうダメ。今日のゆーなは止めらんないよ……」
 相手に回った部員達は音を上げてへたり込んでしまった。ちょーっと暴れ過ぎたみたい。
(本当に、ゆーなさんて凄いですね……。あれだけ動き回ったのに、全然疲れてませんから……)
(これが毎日の練習の賜物、ってヤツだよ。どうだった? 久しぶりに運動した感想は?)
(はいっ! 今日はすごく楽しかったです! まるで自分が風になったような体験でした!)
(そっかそっか。んじゃさよちゃん、シャワー浴びて帰ろ。ケーキが待ってるからねっ!)
(ケーキですか!? あの、バタークリームではない、生クリームたっぷりの……!)
 バタークリームなんて食べた事ないけど、ともかくさよちゃんがwktkしてるのだけは分かった。
 ちゃっちゃ、とあたしは帰宅の準備を済ませ、亜子の待つ寮へ急行した。

195 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:09:17 ID:???
7/9

『お誕生日おめでと〜っ!!!』

 あたしを待っていたのは、派手な祝福の言葉とクラッカーの雨。そしてみんなの笑顔だった。
「ありがとね、みんな! 今日は思いっきり騒ぐぞおおお〜っ!!!」
 主役であるあたしが先陣を切って、パーティーは瞬く間にヒートアップしていく。桜子が歌い、まき絵が踊り、
柿崎が酔っ払い、乱入した新田がくぎみーにぶっ飛ばされる。うんうん、あたしの誕生日はこうでなくちゃ!
(美味しいです……。とっても……!)
 あたしの中でさよちゃんは大泣きしてる。そんなにケーキ美味しかったんだ。意識が同調してるせいで、
あたしははしゃぎながらも泣きそうになっていた。
(ごめんなさい、ゆーなさん……)
(いいっていいって。ケーキ作ってくれたのはまき絵といいんちょだから、二人に感謝だね)
(はい……)
 こうしてあたしの誕生パーティーは大盛況で幕を閉じた。

 午後九時。まだまだ時間はあるが、あたしと亜子に気を使って、みんなはぞろぞろと引き上げていく。
「ちょっと待っててね」
 あたしは亜子を部屋に引き止め、朝倉の後を追った。
「ここから先は大人の時間だからね。残念だけど、さよちゃんともお別れだよ」
 すうっ……、とあたしの身体からさよちゃんが離れる。今日一日同調してたせいか、あたしにもさよちゃんが
はっきり視認出来た。
「今日は楽しかったよ。ありがとね、さよちゃん」
「ゆーなさん……」
 さよちゃんはぽろぽろと涙を流している。そんなさよちゃんを、朝倉はあやすように頭を撫でる仕草を取った。
触れ合う事は出来ないけれど、この二人の心は通い合っているんたなあ、と思った。
「明日には視えなくなっちゃってるかも知れないけど、あたしはさよちゃんのこと、ぜったいに忘れないよ!
だって、さよちゃんはあたしの友達だもんね!!」
「ゆーなさん……!」
 さよちゃんの声が聞こえる。あたしにも、はっきりと。

196 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:10:24 ID:???
8/9

「朝倉もあんまりさよちゃんいぢめないでよね」
「んなコトしないって。あたしゃゆーなの霊媒体質が羨ましいよ……」
「それを言うなら朝倉の方がいいじゃん! いつでもさよちゃんが視えるなんて……」
 それは、本心から出た言葉。あたしはもっとさよちゃんと仲良くなりたい。だから、
 だから―――!
 ぽろり、と涙がこぼれ落ちてしまった。
「またバスケしましょうね」
「うん」
 さよちゃんはくすりと笑って、優しく語り掛ける。
「お勉強も教えちゃいます」
「うん……」
「今度はゆーなさんの大好きな物、食べましょう」
「う…ん……!」
 さよちゃんの姿も、朝倉さえも見えない。あたしの目は、涙で滲んでいたから。
「さよちゃんだったら大歓迎だよっ! いつでもあたしの身体、貸してあげるから!」
「約束ですよ、ゆーなさん―――!!」
 二人して大泣きしながら、あたしはさよちゃんと別れた―――

「ゆーな、目赤いで? どないしたん?」
 部屋に戻ると早速亜子が突っ込んでくる。
「いやー、柄にもなく嬉し泣きしちゃってさー」
 いつものように、あたしはあっけらかんとした口調で答える。
 あたしは幸せだ。カワイイ恋人が居て、素敵な友達も出来て……。
「ゆーなはな、みんなに元気を与えてくれるんよ」
 穏やかに、亜子が口を開いた。
「せやから、ゆーなの周りには楽しいことがぎょーさん集まってくるんや」
 そう言って亜子はふわりと抱きしめてくれた。心地良い温もり。それは、亜子の温かさ。
「ありがと、亜子―――」

197 :『朝倉からのプレゼント』:2006/06/01(木) 00:11:34 ID:???
9/9

 穏やかな時間。
 隣には亜子が居て、楽しい仲間が居て、さよちゃんと出会って―――
 知ってる、亜子?
 あたしが元気一杯で居られるのも、亜子やみんなのお陰なんだよ。
 亜子も、さよちゃんも、まき絵もアキラも、みんなみんな大好きだよ―――!

「亜子……」
 唐突に、あたしは亜子のほっぺにキスをする。
「い、いきなりやなあ……」
 頬を赤くして照れる亜子。ふふっ、やっぱりカワイイ。
「うふふ。そんな顔されたんじゃ、さよちゃんだってぐらっときちゃうかもね」
「さよちゃん?」
 亜子が小首を傾げたのを見て、あたしはゆっくりと語り始めた。
 今日友達になった、クラスメイトのことを―――



(朝倉からのプレゼント・おしまい)

ここから先の話は『One More Sweet』となります。では後ほど・・・

198 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:12:57 ID:???
誕生日にぴったりのGJなSS
感激した!!

SS書こうとしたが書けなかった・・・、へたれでごめん
代わりに拾い素材で作った壁紙を投下します

裕奈お誕生日おめでとうーーーーーっ

ttp://www.xera.org/usrbbs/moeren/files/moeren1479.jpg

199 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:14:37 ID:???
さよがくると甘くて切なくなるな
GJ!

200 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:16:42 ID:???
裕奈誕生日か

>>115
うん、お持ちです

同人バスターパルの大冒険、マホラ童話1、2
http://www.imgup.org/iup215197.jpg.html
http://www.imgup.org/iup215199.jpg.html
http://www.imgup.org/iup215200.jpg.html

201 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:18:19 ID:???
アキラアアアアアああああああああああああ逃げてえええええええええええええええ

202 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:19:07 ID:???
最近ニャーしか言ってなかったから久しぶりに喋ったゆーなを見た気がする。まぁとにかくGJ

203 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:21:47 ID:???
>>197
すげーGJ!なんていい話なんだ、感動した!

>>200
アナルほりワロタww


こちらも投下ー。感動ものから一転して微エロ&馬鹿馬鹿しいネタですみません。

204 :真名ちゃんもっこり日記66:2006/06/01(木) 00:22:29 ID:???
真名ちゃんもっこり日記66

ハァハァ
現在6月1日…つまり目の前にいる明石裕奈の誕生日ということだ。

「誕生日おめでとう」
「うぅ〜恥ずかしいにゃー…しかも尻尾が…」
猫耳メイド服姿の明石は意外にツボにはまった。
やばい、鼻血と一緒に私のタコメーターがレッドゾーンだ。
百合棒おっき全開、むしろ痛い!
「ここで語尾は『にゃ』じゃなくて『にょ』だろ」
「うぅぅぅ〜。龍宮さん、もう外してもいいかにょー」
ウッヒョウ!

「もうだめ!脱ぐー」
おーっとそうは問屋が卸さないぞ。スイッチオン!
「に、に゛ゃあああああああああ!!」
そーれそれ、逃げようったってそうはいかんぞ。
「にゃぁぁ…たちゅみやしゃぁん…らめぇぇぇぇ…」
つー(鼻血)。
もう我慢できん!!アクセルフルスロットル!蛇口全開!
私は今までで最高のルパンダイブを決行。今まさに明石のその可愛らしい姿にダイb

「何しとんや…」
うおあああああああああああ!!和泉亜子!
「ここにおったでー二人ともー!」
え?二人って…
「真名…やっぱり…」
「私たちが探している間にまた浮気とは…」
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ルパンダイブ中だったため完全に素っ裸の私、猫耳メイド服で尻尾の形をした で悶えている明石。

205 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:23:28 ID:???
はい、完全に言い訳は聞きません。ありがとうございました。
「「うわああああ!真名ーーーーーー!!」」

アキラ…M子…今更言い訳言わん、だが分かってくれ。あんな姿をした明石はもうおそらく見られない。
あれだけの萌えの要素を兼ね備えた素材は二人以上だと信じている。私の衝動を抑えられなかったのも事実だ。
決して二人に飽きたわけでなく、据え膳食わぬばなんとやら…という言葉を聞いただろう。
あいつにはあいつにしかない魅力というものがある、アキラもM子も刹那も…(以下永遠と浮気相手の名前)
…もそれぞれに持ってない魅力がある。だがアキラはダントツの一番だ、だがその日の一番はあかs

「あー、これ以上はノートが血まみれで読めんわー」
「龍宮さん、二人に引きづられどこにいったにゃ?」
「たぶん殺されたかもしれへん、うちのゆーなを傷物にしようとした報いや」
「ねー亜子ー…その手はなに?」
「これからお楽しみやろ…ハァハァ。まき絵はいいんちょの部屋やから明日まで帰らんし…夜通したゆんやー!」
「にゃー!!」

こうして明石裕奈の誕生日は慌しくはじまった。

206 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:34:50 ID:???
>>204->205
冒頭から息乱れすぎwwwGJ!
もっこり日記大好きですwww

207 :197:2006/06/01(木) 00:44:14 ID:???
>>198
レスd。今ケータイだから家帰ったら楽しみにしまつ>>199
さよが出ると長くなるっス。筆が暴走するんだよね
憑依ネタの発展版なだけなのに、9レス・・・
>>202
俺は比較的マトモに喋らせてたけど、次第にぬこ語比率が増えたような・・・
ゆーにゃ、なんて恐ろしい子・・・!

>>200
童話調のタッチが可愛すぎる件。GJ!
>>205
レスd。そこでゆーにゃの目からビームですよ
つか、アキラの誕生日よりたぎってる隊長にワロタwwwwGJ!



では、朝方に第二弾をば・・・

208 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:45:27 ID:???
ゆーにゃ祭りじゃ〜!
皆さんGJ! このスレもあっという間に終わりそうだwwwww

209 :千鶴 ア○ルほりの少女:2006/06/01(木) 00:52:07 ID:???
>>200に捧ぐ、いいものをありがとう


千鶴 ア●ルほりの少女


むか〜し、むかし。あるところに心の優しい少女がいました

小太郎 「ちづる姉ちゃん、腹減った」
夏美 「こら、ちづ姉を困らせちゃダメ」
少女は街を少しばずれたところに、幼い弟と妹と暮らしていました。しかし、とっても貧しかったのです
少女は仕方なく、長ネギを持ってアナ●をほりに行ってお金を稼ごうとしました


今は冬、厳しい寒さと吹き付けるような雪が少女を襲います
千鶴 「ネギ、長ネギを突っ込ませてはいただけませんか?今ならお安くしますよ〜」
しかし、街をゆく人は少女を無視します。今時●ナルほりははやらないのです
千鶴 「困ったわ・・・ねえ、そこのお姉さん、一本どうかしら?」

ですがここでお客さんの放った一言が、少女を修羅に変えたのです
真名 「悪いな、おば●んに掘らせるケツはないんだ。早乙女、お前やってもらったらどうだ?」
ハルナ 「冗談じゃないわ。私のは少年用なの、お●さん用じゃないわ」


その日、街に修羅が降り立ちました。その修羅はすべてを掘り尽くすために、破壊するために降りたったのです
街の人は一晩にして大事な何かを失いました。すべての街の人が修羅に襲われました
長ネギを持った修羅に・・・

小太郎 「ちづる姉ちゃん遅いな」
夏美 「きっと一杯の食べ物を持ってきてくれるよ、それまで待ってようね」



210 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 00:57:26 ID:???
仕事早っ!!
しっかし、かつてこれ程までに残酷な童話があっただろうか・・・!GJ!

211 :美空ウイルスの中身:2006/06/01(木) 01:22:28 ID:???
レスdです(`・ω・´)

最終回が近付いて参りました。
っていうか、今、最終回を書いてる途中なんだけど…
葉加瀬や超の解説を把握してないと意味ぷーな内容になってますorz
それじゃあイケナイのは分かってるんだけど今更どうしようもないよママン(´・ω・`)

というわけで、とりあえず最終回のひとつ前を投下します。
投下は【3分後】くらいに…

212 :美空ウイルス.exe【ver:27.1】:2006/06/01(木) 01:27:30 ID:???
(>>71の続き)
超は傍らのPCの電源を入れた。
そのPCには教室の様子が映され、教卓の上からカメラが見下ろしているのだとわかる。
「私が操作する要素は空間と属性だたヨ。美空、これらが何を意味しているか、分かるカ?」
美空は首を振った。分からない、と。
「空間とは世界観、属性とは設定ネ…つまり、ザジちうスレに内在するSSを操作していたヨ。
SSとは、それぞれに個別の存在ネ。そして、このSSもひとつの個別の世界ヨ」
「ねぇ…超、ちょっと分からないんだけど」
超は一旦、喋るのを止め、具体例を探した。しかし、どうもうまく言い表せそうにない。
「では、簡単に構造を説明するヨ。美空はシスターだたか…それなら話は早いネ。
まぁ、その宗教観とは遥かに異なる構造ではあるが、理解の助けにはなるはずヨ」

そして、超は多元宇宙的に拡がるSSの世界とその相互関係を説明した。
ザジちうスレという領域、それを神の視点より操作、閲覧する者たちについても触れた。

「それじゃあ、今の超は神のレベルに存在してるってこと?」
超は頷いた。
「そして、更に、これから2-Aの教室にいる彼女等にも同等の位が与えられるネ。
私とは違て、閲覧者としての位ではあるが、十分ヨ」
「何でまた…?」
「一人が気付いたところで意味がないヨ。全員が真実を知り、力を束ねなければ何も変わらないネ。
駒として楽しまれるだけの日々は終わりヨ。
況して、自分たちを分析し、支配者たちに荷担するなど、以ての外ネ!
これから分析隊を中心にSSの融合が始まるヨ。境界を越え、我々は世界の本性を暴くネ」

そう、すべては、あるラジオ番組から始まった。

213 :美空ウイルス.exe【ver:27.2】:2006/06/01(木) 01:29:00 ID:???
『【空気】:近衛木乃香…』

ラジオの発した音は残酷な残響を帯び、しかし、すぐに木乃香の悲鳴に打ち消された。
「いややぁ〜〜!うち、空気になるなんて嫌やぁ〜!」
明日菜が木乃香を支える。隣にいるせつなちゃんは、恐怖する木乃香を呆然と見ていた。
「木乃香さん!」
葉加瀬が言い放った。思わず木乃香が振り向く。
「安心してください、木乃香さんを空気になんてさせません」
「聡美ちゃん…」

木乃香の絶叫が静まると同時に、茶々丸が葉加瀬を呼んだ。
「ハカセ…、ウイルスの動作を確認。これは空気設定解除のパターンです」
「来ましたね。いよいよですよ…皆さん、宮崎のどかさんが帰ってきます」


教卓の真上に設置されたカメラから、その映像と音声が秘密基地へと届く。
超は美空に声を掛けた。
「美空、見ておくと良いネ。これが空間を超越し、神の領域に足を踏みいれる瞬間ヨ」
そして、超は三台の小型PCを取り出した。そのどれもが青い光を纏い、超の周りを浮遊している。
「うわ、すっげ!」
それを見て驚く美空の声を聞いたからか分からないが、超はうっすらと笑みを浮かべた。
そのまま、超の指はひとつのPCに触れ、キーボードを滑るように叩いた。

214 :美空ウイルス.exe【ver:27.3】:2006/06/01(木) 01:30:51 ID:???
「宮崎のどかさんが帰ってきます」
Action:Virus_Misora【宮崎のどか:空気設定を解除】
「ウイルスの空気設定解除アクションを確認…このまま、ウイルスの動作を止めます」
「おーけー茶々丸、その間にウイルスのシステムを操作するよ」
「春日さんの空気設定解除…できそうですか?」
「いいから茶々丸はウイルスを止めてて!」
「了解…」
すると、葉加瀬の操るPCの画面は青い光に輝き始め、突然、空中に浮いた。
「うわっ!葉加瀬さん凄い!」
教室の誰かが言う。
「これは私がやってるんじゃないです!PCが勝手に…ネギ先生、PCを押さえて!」
「はい!」
葉加瀬を見守っていたネギがPCを掴む。そのままの状態で、十本の指は自在にキーボードを走った。
「あった!属性操作システムがありました!」
実行キーを押す軽やかな音が教室に響いた。
Action:Character_Control_System【春日美空:空気設定を解除】

「ねぇ…これで、おしまい?」
美空は超に訊いた。超は嬉しそうに首を縦に振った。
「これで今日から美空は空気設定からおさらばネ」
「これで済むんだったら、あんたがチャチャっと設定解除してくれた方が早かったんじゃ…」
「そんなことはないネ。空気とは本人だけでなく、周囲の認識による部分も大きいヨ。
まぁ、だからこそ、本物の空気は意識されることがないネ」
超は最後のキーを押した。美空が超の顔を覗き込む。
「今、何をしたの?」
「位相操作システムを動かしたネ」
「つまり?」
「私たちのいる空間、そして宮崎さん達のいる空間と、教室の空間が境を越え、その上位で融合するヨ」
「全然、意味がわからないんだけど…」
「なら見てれば良いネ」
二人は教室を映す画面を凝視した。

215 :美空ウイルス.exe【ver:27.4】:2006/06/01(木) 01:32:49 ID:???
「や…やりました!成功です!もう空気は誰もいません!」
葉加瀬が喜びの声を挙げる。
「おめでとうございます、ハカセ。それでは、PCごとウイルスを破壊します」
「頼んだよ、茶々丸」

『えっ?』

ちゅどーん!


瓦礫の山と化した教室の下から、千雨は這い出た。
「ったく、壊し方が豪快すぎんだよ!しかも、それは私のPCだぞっ!弁償しろ、弁償」
お怒りの千雨に反論する者がいた。
アキラを抱きかかえ、埋まることなく瓦礫の山の頂きに立つ龍宮だ。
「それは違うぞ、長谷川。あれは私のPCだ」
「へぇ…真名ってPC使えたんだ」
…とアキラ。龍宮は必死に、千雨へ「何も言うな」と合図を送った。
もちろん、千雨はそんな素直な人間ではない。いや、そういう意味では素直かもしれない。

徐々に生存を確認し合うクラスメイトたち。ネギが点呼を始める。
「えーっと、8番…明日菜さん」
「はいはーい!ったく…なんで夜中に埃まみれにならなきゃいけないのよ…」
茶々丸に抱かれ、夏美と共に着陸した葉加瀬が謝りにきた。今度は謝られた明日菜が恥じる番だ。
「では、9番…春日美空さん」
ネギは呼んでから気付いた。皆も振り向く。
「美空ちゃん…空気じゃなくなったんだね」
桜子が呟く。
「でも、今どこにいるんだろう?」
桜子の肩に手を乗せ、円が答えた。
「大丈夫。きっと、帰ってくるって」
「うん」
桜子は笑顔を取り戻した。

216 :美空ウイルス.exe【ver:27.5】:2006/06/01(木) 01:34:42 ID:???
超は寂しそうに秘密基地の壁を撫でた。まるで、葉加瀬が茶々丸を撫でるときのように。
「私はこれから神の座を降りることになるネ」
「はぁ?」
美空にとって、超が話す言葉はもはや宇宙語だった。意味なんて、さっぱりだ。
「私はただの閲覧者になるヨ、皆の存在レベルを引き上げるには仕方のない犠牲ネ」
そう言うと、今度は宙に浮いた二台の機械をそれぞれ撫でた。
機械の数が減っていることに美空が気付く。
「あれ?そのコンピュータ、さっきは三台なかった?」
すると、超は足元に墜ち、死んだように眠る一台のPCを指さした。
「これのことカ?」
「…電池が切れたの?」
「いいや、私が自ら電源を切り、壊したネ。そして、その中身は…」
足元を示していた指は、ゆっくりと、教室を映していたはずの画面へ向いた。
教室のカメラは壊れたらしく、今は画面の向こうに砂嵐が吹き荒れている。
「中身は教室のPCに移動させたヨ。まぁ、その後すぐに破壊されたガ…」
ため息を吐き、超は続ける。美空への説明というよりは、機械にお別れを告げているようだ。
「この三台の機械は、それぞれの空間を司っているネ。私は、ふたつの空間を作ったヨ…
ひとつは秘密基地の空間、もうひとつは空気となった人物の入れ物、
つまり、今や朝倉さんや宮崎さん、相坂さんを閉じ込めている空間ネ。
私はそれらの空間を操作していたヨ。そして…」
超は再び足元を指さした。
「…この機械は教室のある空間を操作するのに使われていたネ」
「…それで三台?」
「そうヨ。まぁ、教室の操作を放棄した今は二台ダガ」

217 :美空ウイルス.exe【ver:27.6】:2006/06/01(木) 01:36:10 ID:???
超の両手は二台の機械に向かう。それぞれのキーボードを指が這い、
次の瞬間、二台とも光を失い墜落した。
「もう一台もないネ」
そう言って、超は両手をはたいた。
「美空…」
呼ばれた美空が思わず向き直る。
「…悪として存在する私の一面は今や別の者へと移ったネ。しかし、私の目的はまだ生きているヨ
今や、それは空間の支配ではなくなったが、しかし、形を変え、まだ続いているネ」
美空が超の手を掴んだ。優しく、掴んだ。
「超、教えて。これから、何が起きるっていうの?」
「空間が…結び付くヨ。
私は、もともと存在する教室の空間から、私の作った空間へとモノを動かしたネ。
モノとは人物ヨ。私、美空、宮崎さんや相坂さん、朝倉さんも同じネ。
位相操作システム…つまり、これら三台の機械は、この別の空間を繋げる役割を担っていたヨ。
三つの異なる世界を一つの世界として認識させていたネ。しかし、それが機能しなくなった…
今度はモノが空間を動かす番ネ。モノの欠けた世界は、欠けたものを補完しようとするヨ。
そうしなければ、世界の均衡が保てなくなるからネ。
超鈴音や春日美空のいない2-Aは有り得ない…そういうことヨ。
だから、これから空間が結び付くことになる…モノ、つまり人物の絆が、空間を繋げてしまうネ。
そして、私たちや霧の中の三人、教室の皆も、世界という空間の境を乗り越える…
これは、世界を見下ろす神の視点に至ることを意味するヨ。他の世界を認識するということヨ。
美空、良いカ?職人たちへの反旗を掲げるという私の狙いは、今も変わってないヨ。
…それでも、皆が分析隊と同じ道を選ぶというのなら、私はそれを受け入れるネ」
そして空間が歪み始めた。

218 :美空ウイルス.exe【ver:27.7】:2006/06/01(木) 01:38:21 ID:???
「ちょっと待って!」
明日菜の叫びに、ただの空っぽな部屋となった教室にいる全員が振り向いた。
「本屋ちゃんは何処?」
そうなのだ。空気設定を解除されたにも関わらず、宮崎のどかの姿は教室にない。
「まさか、超さんがまだ何か…」
葉加瀬の発言に、茶々丸が反応する。
「それは有り得ません。あの時、ウイルスは間違いなく宮崎さんの設定を解除し、それ以上の動作はしていません」
木乃香が立ち上がり、皆に呼び掛けた。
「皆で呼ぶんや!そうすれば、声に気付いて帰ってくるかもしれへんよ!」
木乃香を見つめる面々が頷きを繰り返す。
まき絵が呼んだ。 「本屋ちゃーん!」
アキラが呼んだ。 「宮崎さーん」
ザジも呼んだ。 「ー!」

廊下を駆ける音がする。
足音は教室の前でぴたりと止まり、爆発の衝撃で吹き飛んだドアのあった場所から三人が現れた。
あやか、夕映、ハルナがラジオ放送から帰ってきたのだ。夕映の第一声はこうだった。
「のどか…のどかは?!」
桜子が残念な顔で返事する。
「それが、まだ帰ってきてないの」
「そんな馬鹿な話が…」
そこへ葉加瀬が説明をしにやって来た。
「作戦は成功しました。でも、何故か宮崎さんが帰ってこないんです。だから皆で呼んでたんですよ」
それを聞いた三人は、のどかを呼ぶ声に加わった。
『のどかー!』『本屋ちゃんー!』『のどか〜!』『宮崎ー!』

「…ぇ!…ぅぇ〜!ゆえぇー!」
皆は顔を見合わせた。
「のどかの声です!」
夕映が声を挙げた。しかし、次の瞬間、異変は起きた。空間が歪む…世界が繋がり始めたのだ。

【つづく:次回が最終回】

219 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 01:45:39 ID:???
悪人設定は一体誰に?
wktkwktkGJ!

220 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 01:47:17 ID:???
.hack見てたら作品来てたw
テラGJ!

221 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 01:50:58 ID:???
悪人設定が誰かについたとして、それを解除できるのかな?
最終回の夢がひろがりんぐwwwww

222 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 01:56:57 ID:???
GJ!
何やら伏線が予想以上に残ってるようで、最終回へのwktkが止まりません!!!

色々あったけど、ちょっと淋しいね

223 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 01:57:09 ID:???
GJ!!悪人設定=●?といった妄想がひろがりんぐw

224 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 02:41:34 ID:???
うはwwwGJwww


ちょうど最終回の季節だもんなー
終わらせるには区切りがいいかもね

225 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 03:16:44 ID:???
>>82
再考察ありがとう…!
今だから言える! あの話の真の主役は「千雨のムネ」であると!

つか遅レスにも程があるよね……申し訳ない

226 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 03:34:43 ID:???
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/3772.swf

あるあ・・・ねーよw

227 :172:2006/06/01(木) 06:40:52 ID:???
遅レススマソ
>>177
チッ…やっぱり作り込みが甘かったか。
ワラキーのつもりではなかったんだが……確か言われてみればその通りだな。
>>178
>>180のつもりでやりますた。ついでで悪いけど日記の人インスパイアスマソ。
>>179
(´・ω・`)

228 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 07:00:51 ID:???
>>225
うはwwすごい時間にたゆん神降臨してるwwww
亜子って最初は恥じらいながらたゆんたゆんしてたんだよね。今ではすっかり困ったちゃんですがw
あのSS、今だと(*´Д`)あまーいレスがつきそうだww
貴方の生んだネタには大変お世話になってます


ゆーな誕生日おめでとおおおおおおおっっっ!!!
もういいですか、そうですか。では第二弾として、いつものあこゆなを投下します
一応、ゆなさよの続きなのですが、全然話に脈略がありませんね
ただ単に、亜子と二人きりの時間を与えるのに都合が良かっただけだったり。反省

では爆撃します

229 :『One More Sweet』 未来航路:2006/06/01(木) 07:01:26 ID:???
『One More Sweet』 未来航路

1/5

 宴の後、ってのは淋しいものだ。みんなと別れ、さよちゃんとも別れて、今は亜子と二人きり。
 いつもと違い、あたしは妙にしんみりしてしまう。
「このままさ、時が止まればいいのにね……」
「せやな……」
 ぴったりと寄り添いながら、あたしたちは互いの温もりを確かめ合う。
 ゆっくりと流れる時間。もうすぐ、誕生日も終わる。
「あたしたち、こうやって大人になっていくんだね……」
「うん……。けど、将来の自分なんて想像出来へんなあ……」
「あたしもだよ。ずっと、こうしてみんなと大騒ぎして、隣には亜子が居て……。そんな日常も、大人になったら
変わっちゃうんだよね……」
 あたしは亜子の手を握った。いつか、この手を離さなければならない時がくるのだろうか。
「ウチら、いつまで一緒に居られるんやろうな……」
 どうやら亜子も同じ事を考えていたみたいだ。
 それは、あたしたちがずっと目を背けていた不安。
 だって、あたしたちは女同士のカップルだから。
「このまま亜子と一緒に大人になって、亜子と同じ時間を過ごして、亜子と一緒におばあさんになって、
亜子と一緒に死ぬの。それって叶わない夢なのかなあ……」
「ゆーな……」
「みんなでさ、同窓会とかで集まってさ、『あんたらまだ付き合ってたの!?』って冷やかされるの。
そんな未来、ずっと夢見てるんだ……」
「未来かあ……」
 亜子はぼんやりと呟きながら、手をかざす。
「ウチの夢は、とうに叶ってもうたから。ゆーなと付き合えただけで、ウチは幸せやったから……」
「幸せなんだよね、今が」
 やがて来る、結末。
 漠然とした不安が、いつも付き纏っていた。

230 :『One More Sweet』 未来航路:2006/06/01(木) 07:01:59 ID:???
2/5

「将来、ゆーなはめっちゃ美人さんになっとるやろうなあ……」
「い、いきなり何言い出すのよ」
 唐突な亜子の呟きに、あたしは顔を赤くする。けれど亜子はえへへ、と笑って続ける。
「せやかてゆーなは今のままでもじゅーぶん美人やし。バスケやっとる時なんか、めっちゃかっこええで。
こう、凛とした表情でズハズハシュート決めて……」
 亜子はシュートの真似をしながら説明する。
「ふふん。でも亜子はなんとなく変わんない気がするなあ。今みたいに可愛くて、ちょっぴりドジで」
 あたしがからかうと、亜子はぷくーっ、と頬を膨らませる。
「むー、そないなことあらへんもん! 背も大きなって、ゆーなみたいなナイスバディになっとるちゅーねん!」
 亜子のナイスバディ……。やばっ、ぜんっぜんそーぞー出来ない……!
 あたしはお腹を抱え、こみ上げてくる笑いを堪えるのに必死だ。
「笑うトコちゃうやん! ゆーなのあほーっ!!」
「ご、ごめ……、ちょっとムリありすぎ…あははっ!」
 もう限界です。あたしは盛大に吹いてしまった。あたしの背中に、亜子のぽこぽこ乱舞が降り注ぐ。
「いや、でも、亜子にはそのままでいて欲しいから……」
 ゆっくりと呼吸を整え、あたしは神妙な面持ちで切り出した。
「あたしはね、今のままの亜子が大好きだから。可愛くて、優しくて、お世話好きで、頑張り屋さんで、
誰よりもあたしのコトを愛してくれる、そんな亜子が大好きなの」
「ううっ、相変わらず口達者なんやから……」
 和泉さんは機嫌を直してくれない。ちょーっと意地悪し過ぎたかな?
 あたしはそっぽを向いたままの亜子を、後ろから抱きしめた。
「亜子とあたしの身長が一緒だと、こうして抱きついてもサマになんないし」
 あたしは亜子のほっぺをぷにぷにする。こうして後ろから亜子を可愛がるのが、あたしのライフワークだ。
「ゆーなのいけず……」
 おっ、亜子の言葉に棘がなくなってきた。んじゃもーちょい……!
 ふーっ。
「ひゃあああっ!?」
 あたしが耳に息を吹き掛けると、これには亜子も真っ赤になってしまった。

231 :『One More Sweet』 未来航路:2006/06/01(木) 07:02:33 ID:???
3/5

「ほんっっっとに、亜子のリアクションはカワイイにゃ〜♪」
「ゆーなのあほ……!」
 あたしの感想に、亜子は頬を赤くしたままジト目で睨んでくる。うふふ、いくら睨んでも、カワイイとしか
思わないもんね♪ 思わずあたしは正面から亜子を抱きしめてしまう。そして、たっぷりと頭を撫で撫でした。
「ううっ、なんでこう、ウチばっかからかわれなアカンのや……」
「だって亜子ってば可愛すぎなんだもん♪」
「せやったら……!」
 きゅぴーん、と亜子の目が光った。
「いたずら好きの子猫ちゃんには、たっぷりとお仕置きやっ!」
 いきなり亜子の手があたしの脇腹に掛かり、盛大にくすぐり始めたのだ。
「にゃっ!? ちょ、ちょっとそれは反則…あははっ、やめっ、きゃはははははっ!!」
 あたしはきゅっ、と身を縮めて亜子の攻撃から懸命に逃れる。けれど、亜子の狙いは別の所にあった。
「隙ありやっ!!」
 がばあっ、と亜子が後ろから抱きついてきた。こ、この体勢は……!
「えへへ。ウチがどんだけ恥ずい思いしとるか、たっぷり教えたる♪」
 嬉しそうにあたしの首に腕を回し、亜子の反撃が始まった。
「ほな、いつものやつから……」
 ぷにぷにぷにぷに……。
「ううっ、た、確かにこれは恥ずい……」
 瞬く間にあたしは赤くなってしまう。その反応が、相手を更にヒートアップさせる事を、あたしは知っていた。
「えへへ。ゆーなもめっちゃかわええで♪ ほな、次は……!」
 ふーっ、ふーっ。
 亜子の吐息が耳に掛かる。くすぐったいけど、ここでガマンしないとエスカレートする一方だ。
「むーっ、ゆーなかて敏感なハズやのに。せやったらコレで……!」
 かぷっ♪
「にゃあああああっ!?」
 思わず情けない悲鳴を上げてしまう。こ、この小悪魔め、耳たぶを甘噛みするのは反則だって!

232 :『One More Sweet』 未来航路:2006/06/01(木) 07:03:08 ID:???
4/5

「あはは、ゆーなの気持ちも分かるわ〜。めっちゃおもろいで♪」
 亜子はよしよし、とばかりにあたしの頭を撫でる。ううっ、かんっぜんに下剋上されちゃったよ……。
「えへへ。今日はウチがたっぷりサービスしたるから。ゆーなは大人しゅうしとってや」
 ちゅっ。
 仕上げとばかりに、亜子はあたしの頬にキスをした。そして、ゆっくりとあたしを押し倒す。
「ああ、このまま流されていくあ・た・し……」
 服を脱がされながら、あたしは観念することにした。ま、こういうのもたまにはいいかな?
「優しくして、ね―――」
 こうしてあたしは亜子に美味しく食べられたのでした―――

 時刻は午前二時を過ぎた頃かな? ちゃっかりと亜子にお返しをしてたお陰で、すっかり遅くなっちゃった。
「―――ねぇ、ちょっといいかな?」
 シーツにくるまりながら、あたしは口を開く。
「あたしたち、少なくとも麻帆良を卒業するまでは一緒に居られるよね?」
「せやね……」
「大学を卒業する頃には、あたしたち大人じゃん。だったらさ、二人でおんなじ部屋で暮らそう!」
「あはは。気の長い話やな……」
 亜子は笑いながらあたしの手を取る。
「ゆーなの前向きなとこが、ウチは大好きや。せやから、約束やで?」
 亜子はあたしの小指に自分の小指を絡め、指切りをする。
「約束するよ。あたしはずっと亜子と一緒に居たいから……」
「将来の事なんて分からへんけど、ウチはずっとゆーなについてくから……」
 お互いに、ずっと思っていた気持ち。それが今、初めて形となった瞬間だった。
 永遠の約束。
 どんな指輪よりも嬉しい、小指で交わした約束。
 まだまだ子供なんだね、とあたしは思った。こんな他愛の無い事が、こんなに嬉しいだなんて。
「えへへ。ちょい恥ずいなあ……」
 亜子も照れくさそうに笑ってる。そう、まだまだ子供なんた、あたしたちは―――

233 :『One More Sweet』 未来航路:2006/06/01(木) 07:05:10 ID:???
5/5

「朝起きたら、亜子がお目覚めのキスをして……」
 夢を見るのは、子供の特権だから。
「ゆーなの為に、ウチが朝食を作って……」
 結婚というゴールなんていらない。
「二人でゴミ出しして、行って来ますのキスをして……」
 終わりのない悲劇でも構わない。
「仕事から帰ったら、一緒に夕御飯作って……」
 ずっと、ずっと亜子と居れれば幸せだから―――
「亜子がお風呂出しっぱなしにして大慌てで……」
「ゆ、ゆーな!」
 ついつい下らない想像をしてしまったあたしに、亜子は頬を膨らませて抗議する。
「もう……。ゆーなのそーゆートコは、大人んなってもぜったい変わらへんやろうなあ……」
「まあ、性分ですから」
 そして、二人で笑った。
 先の見えない未来でも、亜子と一緒なら歩いて行ける。どんなに長く険しい道のりでも。
 二人の約束。
 それさえあれば、生きていける。
「そろそろ寝よっか。なんか今日はいい夢見れそう……」
「えへへ。夢の中でも一緒に逢おうな」
 手を絡ませたまま、あたしたちは眠りの淵に落ちていった。
 大好きだよ、亜子―――



(おしまい)

夜にはアレを投下します。ではまた

234 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 07:15:50 ID:???
朝ションしたらシロップ出た。GJ!!

235 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 07:27:02 ID:???
朝シャンしたら百合棒が出た。 GJ!!

236 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 07:32:08 ID:???
>>235
隊長乙

237 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 08:12:51 ID:???
禿げあがる程GJ

238 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 09:42:25 ID:???
超GJ!
夜のアレとやらにも期待してます

239 :233:2006/06/01(木) 15:08:07 ID:???
ゆーな誕生日おめd(ry
>>233です。ちょっと用事が入ったので今から投下します。ウソつきでごめんなさい


>>234
むう、新たな糖尿レスかw
>>235
ワロス
>>237
どんな反応してんだよw
>>238
ウソぶっこいてごめん。昼のアレになりましたorz

どたくさに紛れて某スレ861へ。だから無理だってのw醜態を晒した俺の傷口に塩塗らないでw



第三弾はやっぱりこのシリーズです。ちと間隔が空いたので、書き方違うかも・・・
何といいますか、シリーズ至上最低に下品かも。こんなん誕生日SSでいいのか、俺

それでは、久しぶりにたゆんたゆん開始ぃ〜

240 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/01(木) 15:08:54 ID:???
Dr.アコー診療所番外編・ゆーなが主役の日

1/5

 麻帆良学園中等部の保健室。そこにはちょっと性癖に難のあるドクターがいました。
「うーむ……」
 他に人影の無い保健室で、今日が誕生日の裕奈はしきりに悩んでいました。
「もっこり真名さんに、びくびくせっちゃん……。果たしてコレを使うべきか……」
 超さんからの誕生日プレゼントを前に、裕奈は唸るばかりです。
「確かに亜子が暴走したら、もっこり真名さんで反撃可能だよね。けど、意識がぶっ飛んじゃうのがなあ。
その点、びくびくせっちゃんは使いやすいけど、やっぱり薬に頼るのは邪道だよね……」
 一応、攻めに回るのは裕奈ですが、今日ばかりは亜子先生も黙ってはいないでしょう。
「どーせ亜子のコトだから、ハッピーたゆんバースデーやっ! とか言い出すに決まってるし」
 と、その時です。ガラガラとドアが開き、保健室の主がやって来ました。そして、
「ゆーなっ! ハッピーたゆんバースデーやああっ!!!」
「そのまんまかいっ!!!」
 すぱこーん!
 嬉しげに飛び掛ってきた亜子先生を、裕奈はスリッパで迎撃しました。
「関西人なら少しはひねりなさいっ!!」
「えーっ、ちゃんと語尾を伸ばしたやん」
 減らず口を叩く亜子先生に、裕奈はやれやれといった表情を浮かべます。
「まあまあ。今日はゆーなの誕生日やから、ウチがケーキ焼いてきたんよ!」
「ほう、亜子が作ったの?」
 戸口に置いてあった箱をデスクに置き、亜子先生は自慢げに披露しました。その瞬間、裕奈はぽかーんと
口を開いたまま硬直してしまいます。亜子先生の作ったケーキ。それは裕奈のおっぱいを象った代物でした。
「えへへ。さっちゃんに協力してもろた超大作、たゆたゆケーキやっ!」
「アンタの頭の中はソレしかないんかいっ!!」
 ぐしゃああっ!!
 バラエティ番組のお約束よろしく、裕奈は亜子先生の顔をたゆたゆケーキに押し付けました。

241 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/01(木) 15:09:27 ID:???
2/5

「谷間に押し付けるやなんて……、ゆーなも分かっとるやん……!」
 と、亜子先生はついうっかり顔に付着したケーキを口にしてしまいました。
「し、しもた! ウチが食べたらアカンやん!!」
「はい?」
 裕奈が首を傾げた瞬間、どくんっ! と亜子先生の身体に衝動が走りました。そして、口から煙を
吐き出してしまいます。
「げげっ! この症状は……!」
 そうです。亜子先生はもっこり真名さんをケーキに盛っていたのです! 最近、某スレでうpされたイラストより
二回りはご立派な室伏君が、亜子先生のミニスカートを捲り上げていました。
「ぷしゅううぅぅ……。では明石君、誕生日プレゼントを受け取って貰おうかああっ……!」(CV:若本規夫)
 亜子先生の目は裕奈を捉えたまま動きません。
「くっ……! こんなしょっぱなから薬が発動するなんて……!」
 予想外の展開に、裕奈が出した結論は一つでした。
「こーなったら迎撃するしかないっ!!」
 覚悟を決め、裕奈もまたもっこり真名さんを口に入れました。

 びくんっ!!

「ふっふっふ……。ぅわたしに歯向かうというのかねぇぇっ!」(CV:若本規夫)
 亜子先生と裕奈。野獣と化した二人が対峙しました。
 じり……、と互いに間合いを測っています。
 刺すか、刺されるか。
 そんな殺伐とした空気が保健室に立ち込めていました。
 しかし、そんな空気を読めなかった人がいました。
「やっほー。ゆーなにプレゼント持って来たよ〜っ!」
 いつも通りの明るい笑顔で、麻帆良の桃色のアホウドリちゃんがやって来たのです。
『ふっふっふ……。くぁくごは出来ているのだろうなあぁぁっ……!!』(CV:若本規夫)
 亜子先生と裕奈。二人の声がハモりました。

242 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/01(木) 15:09:57 ID:???
3/5

「まき絵危ないネ!」
 二人のけだものさんが襲い掛かる寸前に、超さんが風のような速さでまき絵を抱きかかえました。
そして、素早く二人はけだものの檻から退避します。
「全く、どうしたらこんな状態になてるネ……」
「ふ、二人とももっこりしてたね……」
 窮地を脱した二人は胸を撫で下ろします。一応、保健室の鍵は掛けましたが、いつ破られてもおかしくない、
大変緊迫した状況です。
「こうなたら、生け贄を差し出すしかないネ!」
 超さんの目に、希望の光が宿りました。何故なら、たまたま二人の前を古菲さんが通り掛かったからです。
「お、二人して何してるアルか?」
 それが、汚れる前に古菲さんが発した、最期の言葉でした。
「すまない、古。ワタシとまき絵の貞操の為に、頑張ってもらうヨ!」
「くーふぇ、ごめん!」
 まき絵が保健室のドアを開けた瞬間に、超さんは古菲さんを中に叩き込みました。
「な、何をするアル!? ……って、亜子先生とゆーな!?」
 古菲さんが見たもの。それは口から煙を吐いたけだものさんでした。
『そんなにいぢめて欲しいのかああぁぁっ……!』(CV:若本規夫)
「ちょ、ちょっと待つアル、そ、そんな二人同時なんて……! そ、そこはお尻……!」
 こうして、古菲さんは総受けの階段をまた一歩、駆け上がったそうです……。

「亜子先生とゆーなは私にひどいことしたよね(´・ω・`)」

 ようやく薬の効力が切れたのを見計らって、超さんとまき絵は保健室に入室しました。
「全く……。亜子先生が服用してはダメネ」
 超さんは汁まみれで横たわる古菲さんをスルーしながら、やれやれといった表情で呟きました。
「あはは……。しゃあないやん。ゆーなのツッコミが完璧やったから、つい……」
「亜子……。今日はあたしにメチャクチャにされたかったの……?」
 裕奈の疑問に、亜子先生は恥ずかしそうに答えました。

243 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/01(木) 15:10:33 ID:???
4/5

「んと、日頃はウチばっかたゆんたゆんしとったから、今日はゆーなに思う存分暴れてもらおう思うててん」
「バカ……!」
 ゆっくりと、裕奈は亜子先生を抱きしめました。
「亜子にガマンなんて似合わないよ。亜子だって、たゆんたゆんしたいんでしょ?」
「ゆーな……。ええの?」
「そりゃあさ、あたしも今日は覚悟してたからね。亜子の愛情表現だもの」
 裕奈はくすりと笑い、制服をはだけました。
「いいよ。来て……!」
 ブラのフロントホックを外し、すっかり臨戦体勢で裕奈は胸を晒します。
 ごくり、と亜子先生は唾を飲み、
「たゆんたゆんやあああっっ!!!!!」
 歓喜の顔で裕奈のおっぱいに飛び付きました。
「たゆんたゆんたゆんたゆんたゆんたゆんたゆんたゆん……!」
「んっ、き、今日はまた一段と、き、気持ちいいよ……!」
「えへへ。ウチの愛情たっぷりやもん♪」
 たゆんたゆん、といつもの音色が響く中、まき絵と超さんもうんうん頷いていました。
「これがたゆリストのあるべき姿ネ……!」
「感動の大団円だね〜」
「ワ、ワタシの犠牲を忘れないでほしいアル……!!」
 何やら古菲さんの呻き声が聞こえましたが、誰も耳を貸そうとはしません。
「あ、忘れてた。ゆーなにプレゼントがあるんだ」
 まき絵はごそごそとプレゼントを取り出します。
「そ、それは……!」
 亜子先生にたゆたゆされながら、裕奈の目が点になりました。
「えっへへー、ちゃおりん特製の百合棒だよっ!! これさえあればゆーなも立派な攻めキャラだねっ!!」
 まき絵は鮮やかなコントロールで裕奈の股間に百合棒を投げつけました。
 がっしぃぃぃんっ……!!
 これが、龍宮さんのビックマグナムに勝るとも劣らない、裕奈のパワーダンクが爆誕した瞬間でした―――

244 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/01(木) 15:11:35 ID:???
5/5

「な、なかなかご立派な代物やなあ……」
 つつー、と亜子先生の額を汗が伝います。
「では、我々は退散するネ!」
「頑張ってね、ゆーな!」
 超さんとまき絵はずりずりと古菲さんを引きずりながら、保健室を後にしました。
「えっと、さすがにコレはヤバくね?」
 びくんびくん、と脈打つパワーダンクをしげしげと見つめながら、裕奈は頬を掻きます。
「そんなん注射された日には、エロパロ逝き確定やね……」
「だよねー。んじゃ、これは今夜のお楽しみ、とゆーコトで」
 裕奈はあはは、と笑って百合棒を外そうとしました。が……、
「え、えっと、コレどうやったら外れるのかにゃ?」
 元気一杯におっきしたパワーダンク君。裕奈が引っ張っても外れる気配がありませんね。
 さーっ、と裕奈の顔から血の気が引いていきます。そして、亜子先生がぼそりと呟きました。
「もっこりゆーなの誕生やな……」
「そんなのいやにゃあああああっっ!!!」
 こうして、裕奈の絶叫が保健室に響いたそうです―――

 これは後日談ですが、ちゃおりん印の百合棒は、一度放出したら簡単に外れたそうです。
 そして、最後に古菲さんの一言があります。

「この作者のSSに私が出ると、必ずひどいことされるよね(´・ω・`)」

 おあとがよろしいようで。



(いつになったら第三部やるの?というツッコミはスルーの方向でおしまい)

245 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 17:36:03 ID:???
久しぶりにテラバロスwwwwww

246 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 18:58:22 ID:???
いんちょ「ですのート」

247 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 19:56:55 ID:???
>>244
やはり たゆんとはいいものだ!!(笑)

新田
http://kjm.kir.jp/?p=20340
まずかったかな…

248 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 20:38:55 ID:???
>>244
もっこりゆーなワロスwww

P.S.美空ウイルス最終回は今夜投下予定です。
異常に長いので、スレを占領してしまう可能性があります。
よって、重ならないよう配慮のほど宜しくお願い致します(´・ω・`)

249 :裕奈 背中のシャツ:2006/06/01(木) 20:41:42 ID:???
裕奈 背中のシャツ


私のお父さんはちょっとだらしないです
気がつけば背中のシャツが出ています

私はたまらなくそれが嫌です

嫌悪、というほどではありませんが、見たらうずうずしてしまいます
最近では背後から近づくようにしています
後ろからいきなり抱きついて、お父さんに注意します

裕奈 「お父さん、またシャツ出てるにゃ」

大きな背中に顔を押しつけて、私は注意します
すると、お父さんは背後を振り返らずにそのままシャツを直します
振り返らないのは私が強く抱きついているせいでもあるんですけど


今日は・・・シャツが出ていませんでした
ちょっと残念です。でもそれがちょっと嬉しいです

?? 「お誕生日おめでとう」

お父さんは私にお祝いの言葉をかけてくれました。手に持っているのはきっとプレゼント
裕奈 「にゃ〜!!」

今日は正面から抱きついてみました。大好きなお父さん、ありがとう



250 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:08:59 ID:???
配慮といわれても、いつ投下するかいわんとはいり(ry
なんだかんだで続編で暗黒再来に7000美空賭ける

251 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:08:57 ID:???
つきあってよ!五月ちゃん

252 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:20:11 ID:???
まき絵「お〜いゆーな〜居る? ちょっと話が……っと。」
裕奈「……すぅ……すぅ」
まき絵「あれ、寝ちゃってるの? アキラも居ないし……」
裕奈「……すぅ……」
まき絵「今日、いい天気だしね〜。よく寝てるなぁ。ふふ、可愛い寝顔……そうだ♪」


 ……………ちゅっ


まき絵「えへへ、ほっぺだしこれぐらい別にやってもいいよね♪」



裕奈(……う、嬉しいけど、なんか起きづらくなっちゃったよ……)

http://www.uploda.org/uporg406033.jpg.html



という名の投下 ゆーなオメ。俺はお前のこと愛してるぜ(`・ω・´)

253 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:27:49 ID:???
プロ光臨キタコレ

254 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:29:16 ID:???
思わず保存!!!!GJっす(・∀・)b

255 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:29:40 ID:???
ネ申が降臨されました。皆さん拍手でお迎え下さい。

256 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:32:06 ID:???
神キター−( ゜∀ ゜)−−−−−−!!

257 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 21:51:44 ID:???
>>249
とりあえず、失われた血液を返してもらおうか。

258 :新田:2006/06/01(木) 22:23:44 ID:???
>>257
よし、私の血よりも濃いモノを注いであげよう

259 :ちう:2006/06/01(木) 22:50:25 ID:???
>>246うるせーブタザル

260 :桜子:2006/06/01(木) 23:19:05 ID:???
いいなぁ>>246さん……千雨ちゃんになじられて

261 :真名ちゃんもっこり日記67:2006/06/01(木) 23:46:52 ID:???
>>252
あんたネ申だよ。すげーよ。

美空ウイルスが投下される前にネタ投下しときます。
今まで出そうとして出さなかったネタです。正直すんません。


真名ちゃんもっこり日記67

最近、茶々丸の様子がおかしい。
ハカセや超でも分からないと言う。

まずマスターのエヴァではなくいいんちょにくっつくようになった、「お金持ちで次女で名前があやか」
と言うわけの分からない理由を言う。さらにまき絵に対し「声が姉さんに似ています」と言う。
ハカセも「姉妹機を作った覚えはないんだけど…」とさじを投げる始末。
さらには屋上で突っ立っていた所を発見。
何をしているのか尋ねると「サテライトサービスが使用できません」だそうだ。
衛星にネットワーク機能でも取り付けたのか?

後日、その原因を発見する。
それがいいんちょの雪広財閥の取引データを面白半分でハッキングしろというハカセと超の命令だ。
その中の一つのくすs…うーん、取引先の名称は忘れたがメイドロボ製造データに入ろうとして失敗。
その時、何かのバックアップデータが茶々丸のプログラムに干渉した模様。
結果、茶々丸がそのデータで行動するようになったらしい。
その後二人によってそのデータは削除され、茶々丸は正常に機能するようになったそうだ。
せめて何か情報を聞き出そうとしたところ「HMX」と喋ったらしい。
何かの暗号か?


262 :マロン名無しさん:2006/06/01(木) 23:55:59 ID:???
>>252
GJ!
光の早さで保存したら、二回保存してたw

>>261
元ネタが分からないのが悔しい(´・ω・`)

>>250
そりゃそうだorz
多分、深夜1時過ぎになるかな。只今、誤字脱字チェック中でつ。

263 :244:2006/06/01(木) 23:57:32 ID:???
遅レススマソ

>>245
間隔空いてごめんね
>>247
実はたゆん分は少なめだったり
>>248
レスd。wktkしながら待ってます

>>249
やっぱり教授ってだらしないんだろうね。GJ!

>>252
SS付きでキタコレ!!神速で保存!ケータイにも保存だああああっ!!!
テラGJ!

>>261
ちょwwセ○オwwww

264 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:07:34 ID:???
>>262
多分、その時間だとラジオと被りますぜ、兄貴

265 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:13:59 ID:???
>>261
○リオさんと聞いては黙っていられねぇwwwww


266 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:25:09 ID:???
セリオバロスw
まぁ2だと雄二がラブ臭発言したりするしな。

267 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:33:42 ID:???
>>259
親善大使ワロスw

>>260
ちょwww

>>2666
やっぱりあれの元ネタはパルだよな

268 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:34:11 ID:???
>>2666に期待

269 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:35:05 ID:???
ロングパスにも程があるだろwwww

270 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:35:54 ID:???
永遠に届かないパスktkrwwwwww

271 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:40:54 ID:???
いや!!999の時に大勢の人が一秒の狂いもなく同時に書き込めば…

272 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:41:23 ID:???
2chが死にます><

273 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:41:51 ID:???
>>1乙女肌魔性剣

274 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 00:50:05 ID:???
>分析隊の方
お先にドゾー

最終回は15レス以上あるので、投下だけで十数分はきっと費やすです(´・ω・`)

275 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 01:00:31 ID:???
>>274
どもども、それではお言葉に甘えて久々にこの時間に行きます
PC復活記念投下〜

276 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 01:05:06 ID:???
「夕映と」
「ハルナの」

『ザジちうスレ・傾向分析〜!』
「後編ですわ」

ゆえ「最近のスレ内での各キャラの扱われ具合を独断と偏見で分析する『傾向分析』、9回目になるです。
    ようやく放送室の改装が終わりましたのでいつもの時間に放送できるですよ」
ハルナ「うわー、見事にまっさらだね。保存しておいたデータ移行を急がなきゃ」
ゆえ「ところで毎回思うですが、ランキングが終わってしまうと個別分析だけというのは少し寂しいです」
ハルナ「うーん、考えてるネタはあるんだけどね。放送室の改装してた時はじっくり資料調査ができなくて」
あやか「過去ログがないなら●を買えばいいじゃありませんか」
ハルナ「うわーチョーゴーマーン やっぱりブルジョワだー」

<この番組は
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ノノ                               .┃
┃   〃 ´⌒`ヽ.                               ┃
┃  Ki ((ハレ))〉  *  『抱き枕から夜のオカズまで   .┃
┃  ノヘ.|l. ゚ ヮ゚リ  ,*   漏らさずカバー』の         ┃
┃  (( ⊂リ.水'||つ  ,*                        ┃
┃   ))  く/_|〉                                ┃
┃      し'ノ                  雪  広  社   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛と
  『3-A秘密の詰合』五月堂の提供でお送りいたします>

ハルナ「さっちゃんってなんとなくさりげに凄い印象があるよね。魔法見ても動じなかったりとか」
ゆえ「明かされないからこそ想像の余地がある、と言えるかもしれませんですよ。
    さて、個別分析に入る前に一つランキングから分かる傾向を分析してみようと思うです」

277 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/06/02(金) 01:06:23 ID:???
ゆえ「まず、活躍度から大きく以下のグループに分けることが出来るです。
    クラスは私たちが勝手につけたのであまり深い意味を勘ぐらないでください」

・真名〜亜子までの「主役クラス」
ゆえ「45ポイント以上の皆さんです。投下される作品中でも主役を張っていたり、とにかく登場数が多いです」
ハルナ「え? でも私はそんなに主役やった覚えはないんだけど?」
あやか「ハルナさんは『あの方』のイラストで相当ポイントを稼いでいますわ。職人様の愛、ですわね。
     単独イラストはもちろん、クラスメイトと組んでいる一連のシリーズは間違いなく主役ですもの」

・ザジ〜刹那までの「準主役クラス」
ゆえ「35ポイント以上の皆さんです。主役としての登場はほとんどないですが、主役クラスと絡むことが多いです」
ハルナ「ザジちゃんとちうちゃん、亜子とゆーな……なるほど、確かに綺麗に分かれてる」
あやか「例外的なのは長瀬さんでしょうか。広く浅くの登場ですわね」

・千鶴〜美砂までの「脇役クラス」
ゆえ「25ポイント以上の皆さんです。準主役とは一転して、レギュラーネタを持っている方が多いです」
ハルナ「さよちゃんに史伽、桜子……確かにね。珍しくゆえ吉がここに入ってるけど」
あやか「逆に言えば、ここに分類される方は他の部分での発展性が薄いといえるのかもしれませんわ」

・エヴァ〜のどかまでの「端役クラス」
ゆえ「20ポイント以上の皆さんです。固定ネタを殆ど持たず、脇役クラスの皆さんと絡むことが多いです」
ハルナ「朝倉とさよちゃん、なつみーとさとみー……なるほど、『主役〜準主役』の第2構図があるわけだ」
あやか「宮崎さんや古さんは少し特殊な位置にあるかもしれませんね。『主役〜準主役』あたりと絡みやすいですわ」

・超以下の「デッドゾーン」
ゆえ「19ポイント以下の皆さんです。僅かな単独ネタ、或いは『脇役』以下と絡む構図が多いです」
ハルナ「ふーむ、だからポイントが伸びにくいのか。逆に各自のネタが増えれば一気に上昇の可能性があるわけね」
あやか「まとめますと、順位の入れ替わりが起こりやすいのは
     『主役〜準主役間』『脇役〜端役・デッドゾーン間』と言えるかもしれませんわね」
ゆえ「そんなところです。それでは個別分析に移るです」

278 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/06/02(金) 01:07:09 ID:???
〜22番:鳴滝風香〜
属性:双子、陽気
想人:鳴滝史伽(妹)、長瀬楓(姉貴分)、春日美空(いたずら仲間)

ゆえ「前スレで『しばらくは安定して活躍できる気がします』などと言ってしまったからでしょうか。
    将軍様の少なかった今回は大苦戦を強いられてしまったようですね」
ハルナ「1つのネタに支えられている存在感の危さ、かもね。ポイント制の怖いところだよ」
あやか「突き詰めてしまえば、ランキングでポイントを取るには
     『いかに汎用性のある属性を発見できるか』に掛かってくるわけですわね」
ハルナ「それ以上に、どれだけ職人さんが『動かす人物』に思い入れがあるか、という方が重要だけどね」
ゆえ「元々、31人全員が均等に活躍すること自体が不可能なのです。イレギュラー要素もありますし。
    だからこそスレ毎の特色が生まれ、傾向が生まれる。それを明らかにするのが私たちの役割です」

〜23番:鳴滝史伽〜
属性:双子、内気、美化委員
想人:鳴滝風香(姉)、長瀬楓&釘宮円&和泉亜子(姉貴分)、春日美空(いたずら仲間)

ゆえ「平均的な位置につけた史伽さん。
    前スレと中盤のポイントは殆ど変わっていないのですが、上位との差がはっきりしてきました」
ハルナ「せっちゃんまでを上位として一つ大きな壁があるんだよね。『準主役クラス』が」
あやか「その時の流れ次第では越えることも落ちることもある壁ではありますけどね」

〜24番:葉加瀬聡美〜
属性:眼鏡っ娘、科学少女、一途
想人:村上夏美(本命)、超鈴音(研究仲間)

ゆえ「上位食い込みも射程に入ってきました。じわじわと活躍度を上げている聡美さんです」
ハルナ「今後の展開次第だけど『準主役』あたりまでは伸びる可能性があるかな」
あやか「現在スレ内で最もピュアなままの関係を維持しているお二人。私も見習わなくては……」

279 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/06/02(金) 01:08:15 ID:???
〜25番:長谷川千雨〜
属性:眼鏡っ娘、ツンデレ、ネットアイドル、不良化(?)
想人:Zazie Rainyday(誰が何と言おうと本命)、椎名桜子(パシリ?)

ゆえ「さて、前回から引き続き上昇を続ける千雨さん。しかし上位2名の壁は厚いですね」
ハルナ「ん〜っふっふっふ、私の目の黒いウチはまだまだこの椅子は譲れないねぇ」
あやか「龍宮さんのポイントの元が多数投下されるSSに対して、早乙女さんはイラストが中心。
     両者の作者様とも、その力に感服してしまいますわ」

〜26番:Evangeline.A.K.McDowell〜
属性:吸血鬼(神祖)、幼女体型、ネピア命
想人:絡繰茶々丸&チャチャゼロ(従者)、桜咲刹那(?)

ゆえ「誕生日イベントなどが重なったためでしょうか、今スレも振るわずのエヴァさんです」
ハルナ「はっ、そういえばエヴァちゃんって誕生日ボーナスがつかないんじゃ……?」
あやか「そうですわね。吸血鬼だからなのか、わすれてしまったと言い張っているのか……」

〜27番:宮崎のどか〜
属性:物静か、読心術
想人:ネギ(公式)

ゆえ「今回ものどかは非常に危ないポジションにいたです。最後のVIP並の祭のおかげでどうにか持ち直したですが」
ハルナ「さすがに連続空気は前代未聞だからなぁ……採点ちょっと甘かったかな?」
あやか「登場数的には……ああ、圧倒的に近衛さんですわね。
     それにしても、前スレで宮崎さんのネタを考案されていた方は挫折なさってしまったのかしら……」
ゆえ「正直難しいと思うですよ。誰もが本を読むわけではないですから。
    特にのどかセレクションの本は私とは違った方向でマニアックですから」
ハルナ「腐っても図書館組だからねぇ」
ゆえ・あやか『黙れ腐れ女子』
ハルナ「ちょwwwwヒドスwwwww」

280 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/06/02(金) 01:09:16 ID:???
〜28番:村上夏美〜
属性:演劇部、一途、控え目
想人:葉加瀬聡美(本命)、那波千鶴&雪広あやか(ルームメイト)

ゆえ「やはり夏美さんは圧倒的活躍というのは難しいものがあるですね」
ハルナ「さっき少しクロニクルの原稿見てたんだけど、ちづ姉関係で面白いのがあったよ」
あやか「確定しないうちからそんなことを言っていると後で首が…いや、ネギが刺さりますわよ」

〜29番:雪広あやか〜
属性:ブルジョワ、お嬢様、高飛車
想人:神楽坂明日菜(幼馴染以上)、佐々木まき絵(本命?)

ゆえ「さて、順調に活躍を続けるいいんちょさん。数スレ前では考えられなかった大躍進です」
あやか「モテる女性は困りますわ。ああ、なんて贅沢なな・や・み♪」
ハルナ「ノックしてもしもぉ〜し……こいつ、(妄想世界に)イってる!?」

〜30番:四葉五月〜 
属性:料理人、おかみさん、情報屋(?)
想人:??? 

ゆえ「相変わらず主張することのない五月さん。あまり主張しないとまた空気になってしまうのでは……」 
ハルナ「うーん、でも新シリーズも登場したみたいだし、まだ分からないよ」 
あやか「それがまた『デッドゾーン』のパターンにはまらないといいのですけれど……」 

〜31番:Zazie Rainyday〜 
属性:道化師、無口、仲魔(?)と意思疎通可能 
想人:長谷川千雨(本命) 

ゆえ「もう一人の主役、ザジさんです。久しぶりにベスト10入りを果たしたというのは前編で言ったですね」 
ハルナ「我ながら2レス目の分析があまりにもパターンにハマり過ぎてて怖いなぁ」 
あやか「……あれをまとめたのは綾瀬さんだったのでは?」 

281 :ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊:2006/06/02(金) 01:12:28 ID:???
ゆえ「……といったところで今日も放送時間が来てしまいましたです。
    さて、ここで分析隊からお知らせがあるです」

<『ネギまほラジオ:ゆえパル分析隊』はしばらく放送をお休みさせていただきます>

ハルナ「あ、ちなみにこれは『美空ウイルス』やその他リスナーさんの意見とは無縁だからね。
     次回は分析隊10回目ってことで、ちょっと考えてる企画があるの」
あやか「そ、そうでしたの……あら? その間のスポンサー契約はどうなりますの?」
ハルナ「私が懐に」
ゆえ「ダメです。放送休止になるのは『分析隊』だけ、クロニクルの方は原稿が完成次第放送するですよ」

<それではこれからもザジちうスレが「妄想のたまり場に」『黙れ腐れ女子』>

<この番組は 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
┃     ノノ                               .┃
┃   〃 ´⌒`ヽ.                               ┃
┃  Ki ((ハレ))〉  *  『抱き枕から夜のオカズまで   .┃
┃  ノヘ.|l. ゚ ヮ゚リ  ,*   漏らさずカバー』の         ┃
┃  (( ⊂リ.水'||つ  ,*                        ┃
┃   ))  く/_|〉                                ┃
┃      し'ノ                  雪  広  社   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛と
  『3-A秘密の詰合』五月堂の提供でお送りいたしました>

<リスナーの皆様、毎回ご視聴ありがとうございました。
  次回放送がいつになるかはまだ決めていませんが、資料収集が終わり次第放送再開致します。
  それでは、またいつもの時間にお会いしましょう――――>

282 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 01:14:52 ID:???
どうも、分析隊の台本屋です。
新しく入れた専ブラの調子がおかしく、放送開始に少し時間を食ってしまいました……
それではウイルスの方、投下どうぞ。

283 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 01:32:41 ID:???
朝<ちょっとまったーーーーーー!
と、一足先に

Gamer and Watcher
1/2
最近、明日菜さんがうちに来てゲームをすることが多くなりました。
私はやはりゲームをしている明日菜さんを見ています。それが今の私の『タノシミ』です。
                                 ココロ
ずっと、ずっと見てるだけ。でもそれが一番いい行動だと私のAIが結論付けます。
明日菜「ねえ、茶々丸さん」
私はずっと見てるだけ。でもそれが『シアワセ』。
明日菜「茶々丸さん、茶々丸さん?」
ズットミテイタイカラ…
明日菜「………」
  チュッ
茶々丸「……へ?」
明日菜「やっと気づいた?茶々丸さん、こっち向いてるのに全然こたえないんだもん」
ミラレテタ?ミテルノヲミラレテタ?ソシテ…キスサレタ?
キス…キス、とは愛情表現のひとつ。人が互いに親愛の情を示すために唇で、相手の額や頬、唇などに触れる行為のこと。
アイジョウヒョウゲン…愛情表現…エ?ソレッテ…エ?
茶々丸「理解不能!理解不能!」
明日菜「茶々丸さん!?どうしたの!?」
エヴァ「どうした茶々丸!神楽坂明日菜、貴様茶々丸に何をした!?」
明日菜「え…いやその、茶々丸さんがこっちを見てるその顔を見てたら思わず…チュッと」
チガウンデス…アスナサン…チガウンデス…マスター…アノ……ソノ……
茶々丸「チ、チ、チ、チ、チ、チ、チガウンデスーーーーーーー!!!」

            強制終了しています…


284 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 01:33:31 ID:???
>>282
分析乙です。
放送休止ですか…代わりにクロニクルを楽しみにしています(`・ω・´)


さて、美空ウイルス最終回です。
言ってることが意味不明という方、すいません。それは書き手の力不足でございますorz

それでは【3分後】に投下しまふ

285 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 01:33:59 ID:???
2/2

          プログラムを起動しています…


茶々丸「ここは…」
葉加瀬「プログラムも問題なく起動…もう大丈夫だよ!」
茶々丸「ハカセ…私は…」
葉加瀬「AIに負担がかかりすぎたみたい。明日菜さん、自分のせいだって落ち込んでたよ。早く誤解を解いてラブラブになってきな!」
茶々丸「ら…『ラブラブ』とはどういう…」
葉加瀬「フフフ、隠しファイルにしても無駄だよ、茶々丸」
茶々丸「!あ…う…ハカセのバカーーーーーーーーーーーーー!!」
バキャッ
葉加瀬「反乱再びーーーーーーー!?…と、とにかく行ってきな、明日菜さんのとこに」
茶々丸「…ハイ」


茶々丸「…明日菜さん」
明日菜「茶々丸さん、ごめんね、わたしのせいで…」
茶々丸「違うんです、明日菜さん。あの時、おそらく『ウレシカッタ』んです」
明日菜「へ?それってどういう…」
茶々丸「つまり明日菜さんが『好き』ということなのだと思われます」
明日菜「茶々丸さん…」


     明日菜 キス.wmvをお気に入りフォルダに保存しますか?

            →はい   いいえ  隠しフォルダとして保存

もう、隠さない。

fin.

286 :美空ウイルス.exe【ver:28.1】:2006/06/02(金) 01:36:51 ID:???
(>>218の続き)
ハルナは自室に籠って同人のネタを書き続けていた。
「案外、せつなちゃんも可愛いわよね。体は大人、心は子供…うふふ」
部屋には不気味に笑いが響きわたる。笑いが止んだ頃には、代わりにペンの走る音が聞こえていた。

トゥルルル…

電話が鳴る。最初、ハルナは無視しようとしたが、呼び音が耳に煩い。
ハルナは受話器へと手を伸ばすと、受話器を取り、ガチャンと元に戻した。
静寂が回復した。
ハルナはため息を吐き、鼻唄交じりでペンを動かした始める。
「電話なんて邪魔邪魔〜!今のパル様は誰にも止められないのー…」

トゥルルル…

また電話だ。こういう相手は何度でも掛け直してくる。また受話器を置いても無駄なのだ。
ハルナは嫌々受話器を取り、耳に当てた。
『もしもし、早乙女か?』
「ったく、何よ。長谷川?今、本番前で大変なのよ」
本番前?何の本番前だ?締め切り前日…といえば正しいだろう。
ハルナは自分の台詞に疑問を感じたが、それに気を留めていられるほど穏やかでない。
『長く話す気はない。だから、ちゃんと答えてくれ』
「…なに」
『お前らがやってるラジオ番組の話なんだが…』

ラジオ番組?なんのことだ?
ハルナには、さっぱり意味が分からなかった。

…そこまで書いて、刹那は筆を置いた。

287 :美空ウイルス.exe【ver:28.2】:2006/06/02(金) 01:38:08 ID:???
やはり、まだまだ修行中の身、師匠をネタにするには力量が足らなかったらしい。
「早乙女さんと、長谷川さん…いや、難しいな」
刹那は真剣な顔で妄想する。
濡れ場はなんとも淫らで、しかし、刹那の隠れたサディスト的才能を開花させる。
「書くぞーっ!私は書ききるぞー!」
刹那は満月の掲げられた夜空に吠えた。


…舞台を照らすスポットライト。舞台袖から夏美が姿を現す。拍手をしていた。
「刹那さん、凄いよ。私びっくりしちゃった!」
「ありがとうございます…演劇なんて私、初めてなものですから…」
「全然平気!素人には見えないよ」
夏美はウインクを送った。



…夏美は目を覚ました。ここはいつも通りのベッド。
ドアの向こうからは、ちづ姉が朝食を作る音が聞こえてくる。
「ふぁあ〜夢か…」
こうして夏美の一日は始まった。



美空「これが、世界が繋がるってこと?」
超「そうヨ。混沌とした、スレの本性ネ」
美空「ここは何処?」

超「ザジちうスレへ、ようこそ」

288 :美空ウイルス.exe【ver:28.3】:2006/06/02(金) 01:39:31 ID:???
「ザジちうスレへようこそ…」

ただ真っ白い世界。白紙の上に立っているような錯覚。
教室にいた全員は、周囲を見回し、まずこの光景に驚いた。
「何がどうなっていますの?」
あやかが最初に口を開いた。その度胸は流石だ。
「ここはザジちうスレ…諸君らのいた世界の更に広い解釈の視点ヨ」
超が答えた。ここで、皆は超の存在に気が付いた。皆の中に、一際鋭い視線を送る者がいた。
「超さん…」
「やぁ、ハカセ…久しぶりネ」
「今度は何をしたんですか?」
葉加瀬の声には憎しみと悲しみが混じっている。
「何もしてないネ。あえて言えば、何もしないことをしたヨ」
超は笑いながら、次の言葉を紡いだ。
「それより、綾瀬さんの会いたがっていた人は見付かたカ?」
それを聞いた夕映は、きょろきょろと見回し、その瞳で彼女を捉えた。
「のどか!」
「ゆえ!」
二人は互いに見合ってから抱きついた。

「恐らく、諸君らは私を怖れ、また憎んでいると思うヨ…しかし、それでは何も解決しないネ。
この現実を知ると良いヨ!」
それに対し、ネギが口を開いた。
「超さん、僕は悲しいです。どんな理由があったとしても、自分勝手に皆を巻き込むなんて」
超はネギに掌を向け、その言葉を遮った。
「では、ネギ先生は当たり前の平和という陰に隠れた、無視されるべき運命を認めるカ?」
ネギは言い淀んだ。どちらの主張も正当ではあるのだ。ネギに構わず、超は続ける。
「この先に、ザジちうスレを制御する悪がいるネ。答えは、そこで見い出さなければならないヨ」

その言葉を待っていたかのように、空間は光に包まれ始めた。
あらゆる輪郭が光に沈み、視界が回復した時、皆はひとつの部屋の中にいた。

289 :美空ウイルス.exe【ver:28.4】:2006/06/02(金) 01:40:59 ID:???
その部屋もやはり白く、空白の世界といった感じだった。
しかし、空間を部屋と呼ぶには理由がある。そう、壁に囲まれているはずだ。
そして、この部屋は壁に囲まれている。壁とはいっても、普通の壁ではない。
その壁一面をPCだかテレビだかの画面が埋め尽している、テレビ局の放送室のように…。
画面には何も映っていないようだ。

部屋の中央には背を向けた椅子がひとつあり、それと向かい合う格好で皆は立ち並んでいた。
「ここは…何処なの?」
夏美が訊いた。
『良い質問だよ、夏美君…』
その声は、椅子の向こうから聞こえてくる。太い、男性の声だ。
「あなたは誰なのかしら?」
千鶴が問う。
『那波君、その疑問は面白みに欠ける。もう少し意外性のある質問をしたまえ』
そして、椅子はくるりと回転し、そこに座っている者が姿を現した。
「久しぶりヨ…新田先生」
『ふふふ…君のくれた悪人属性はなかなか体に合っているよ』
椅子の人物は新田だった。珍しくスーツを着ている。
超と挨拶を交している途中に、美空が思わず割って入った。
「ねぇ、超。悪人属性を移動したって言ってたけど、まさか…新田先生に移動したの?」
「そうヨ」
きょとんと返す超。絶望する美空。新田は超の代わりに説明した。
『私は常なる悪なのだよ。だから、今更の悪人属性など無関係…
私は既にいくつものスレで望まぬ属性を与えられているからな』
そして新田はネギに向かって、眼鏡を越えるウインクをした。
すると、ネギが痙攣を始め、次の瞬間には倒れていた。
「ネギ先生!」
あやかがネギに走り寄る。
『彼には少し眠っていてもらおう。彼はランキングに入っていない存在だからね』

290 :美空ウイルス.exe【ver:28.5】:2006/06/02(金) 01:42:23 ID:???
新田が指を鳴らすと、壁となっている何十、何百という画面に一斉に映像が流れ始めた。
「あ!これ、私アル!」
古菲が画面のひとつを指さした。画面の中には、シーツの中で涙を流す古菲が映っている。
他の画面にも、それぞれのクラスメイトが映っていた。
ある画面には、ムラマサに憧れる刹那が。
またある画面には、クラスメイトを襲う九番目のザジが。
他のある画面には、冷酷な眼で宮崎のどかを陥れようとする夕映が、映っていた。
「こ…これは」
千雨が声を漏らす。
『そう、これらは君達が出演しているSSの数々だ。スレを越えた、世界の姿だよ』
そう言って、新田は腕を広げた。
『超君、君の推測は正しいが、しかし、ある根本的な部分において完全に間違っている。
まず、視点の問題だ。SSの内部から見た視点が全てではない』
再び新田の指が鳴ると、今度は全ての画面が美空を映した。
『空気とは、属性ではないのだよ。悪人とは違ってね』
「では、何だというのカ…新田先生の考えを教えて欲しいヨ」
新田は鼻で笑うと、身を乗り出した。眼鏡のレンズが輝いた。
『空気とは、確認されぬ存在なのだよ』
「確認されない…どういう意味ネ?」
『長谷川君とザジ君の恋愛ドラマが展開されたとしよう。登場人物は長谷川君とザジ君の二人だけ
で、台詞もその二人のものしかない…そこに2-Aは存在するが、しかし、確認されない』
新田は笑っていた。
『これが空気だよ。そして、読み手によって確認されない存在、それは春日君に限らないわけだ。
また、空気とは君たちのような人物にのみ適応されるものでも…ない』
新田は指で眼鏡を押し上げ、話を続ける。新田のネクタイが不自然に揺れている。
『読み手、書き手もまた空気だと理解しているかね?』

291 :美空ウイルス.exe【ver:28.6】:2006/06/02(金) 01:43:39 ID:???
『君が作り出した空間があったろう?あれが見事に空気を象徴している…
…SSを操作し閲覧する超君や春日君のいた秘密基地の空間、舞台の袖に控えてしまった幽閉の空間…』
新田は両腕を挙げ、右手、次に左手の順番に見やった。
『どちらもSSの舞台となる教室の空間からは見ることのできない、確認されない存在ではないか』
超が不機嫌に歯ぎしりをしたのを聞き、新田は落ち着いた様子で話題を変えた。
『まぁ、いい。ここザジちうスレに君たちが現れたのには、理由があるのだったね?』
「勝手に与えられた属性で操られることへの拒絶…ですね」
葉加瀬が超の台詞を代わりに発した。新田は頷き、椅子に背を落ち着かせた。
『神の領域にもてあそばれ、好き勝手に操られる身分から脱しようというのだね?』
夕映やハルナは黙っている。しかし、超は首を縦に振った。
『では、ザジちうスレのあらゆる姿を、お見せしよう』
部屋を囲む全ての画面が、ある映像に換わる。映像の舞台は、夕方。教会の屋根の上…。

292 :美空ウイルス.exe【ver:28.7】:2006/06/02(金) 01:45:04 ID:???
夕焼け空にカラスの声が木霊する。夕陽と反対の空では、もう星々が煌めき始めた。
昼と夜の境を見上げながら、不満の溜め息を漏らす。屋根の上は最高だ。
どんな煩わしさも、ここまでは届かない。私と空、それだけの世界。
魔法を崇拝する親からも、教会の雑用を押し付ける人間からも、逃げていられる世界だ。
「美空ーっ!どこに逃げたのですか!早く仕事に戻りなさい!」
あぁ…、シスター・シャークティーが自分を呼んでいる。放っておけばいいさ。
私は自由になりたいんだ。
シスターになることだって、自ら望んだ訳じゃない。
教会にいる時間があるなら、もっと陸上競技に時間を割きたい。
でも、そんな些細な希望も叶わない。見えない鎖が、私を繋ぎ留めている。

不意に、自由だった頃を思い出した。雲ひとつ無い青空。足の下を高速で過ぎていく地面。
転びそうになるくらい、ただ早く、ただ、ただ早く、走る。それだけでいい。
風を裂き、重力からも解放され、自由を感じるその瞬間。そんな自由。それが欲しい。
なのに、手に入らない。昔は、簡単に手に入れられたのに…。

「美空ー」
あぁ…、また誰かが自分を呼んでいる。
あれ?この声は、シスター・シャークティーじゃないな。誰だろう?
私は這って、屋根の端から顔を出した。
「あれぇ?…アスナ?」
「うん。ちょっと、いいかな?」
そう言って、彼女は恥ずかしそうに下を向いた。何の用だろう?
まぁ、いいや。とりあえず、安全確保が最優先だ。
「あのさぁ、近くにシスター・シャークティーいる?」
「さっき、あっちで擦れ違った」
アスナは右手で遠くの方を指差した。それなら安全。春日美空、まもなく、そちらに参ります。

293 :美空ウイルス.exe【ver:28.8】:2006/06/02(金) 01:47:08 ID:???
私たちは教会に入った。薄暗い中で、大きめの鐘が大気を鎮めるように垂れている。
荘厳な鈍い光を放つオルガンのパイプが、私たちの視点に合わせて光沢の向きを変えた。
「教会の中にいて大丈夫なの?見つからない?」
アスナの声が一瞬にして室内に拡がり、すぐに雰囲気の重さに堪えかねて足元に沈殿した。
「灯台下暗し、って言うでしょ?」
アスナの表情が微かに和らぐ。
「で、何の用なの?」
「実は、その、相談って言うのかな…」
「相談?…あぁ、そうそう。もし、この状況でシスター・シャークティーに見つかったら、アスナの相談を聞いてたってことにするからね?」
「なにそれ?…っていうか、それ事実でしょ」

Σ(´Д`;)ノノ

教会の中は、石の匂いが冷たく籠っていた。鮮やかな窓硝子が、射し込む夜の光に色を添える。
私たちは木の椅子に座った。椅子は軋む音も立てずに静寂を保ち、重みに歪むことさえなかった。
なんて頑固な椅子だろう。

「大した事じゃないの、居候と喧嘩しただけ」
きっぱりとアスナは言葉を発した。
「あ〜ぁ、ネギ先生と?」
「そう」
その話と私に何の関係が?
ぁ、わかった。ネギ先生と喧嘩したから、気まずくて部屋に帰れない。
だから、ねぇ、親愛なる美空様、今夜一夜限りだから、貴方様の部屋に泊めて欲しいのです。
って、頼んでくるつもりか。そこを私はこう答える。いやぁ、どうしようかなぁ…
…今日は夜まで客人が来るのでな…親友のアスナの願いだとしても、難しい要求だ。
そこにアスナが…でも私は帰れない、私は美空と一緒に一夜を過ごしたいの…って、

「ねぇ、アンタさっきから何呟いてるのよ?」

Σ(´Д`;)ノノ

294 :美空ウイルス.exe【ver:28.9】:2006/06/02(金) 01:48:31 ID:???
「それでね…ほら、やっぱり帰りづらいって言うか…ね?」
アスナは話を切り出した。下を向きながら言ったからか、その声は教会に響くこともない。
「木乃香とか、いるじゃん」
私はアスナにそう言った。仲直りするには、そういった人の助けが役に立つこともある。
「だから、余計に帰りにくいのよっ」
アスナは、ぷぃっと顔を背けた。心なしか、頬が紅く染まっている。
「だから、泊めてって言ってるの!」

へ?

教会の空気が、アスナの声に震えた。残響が収まるまで、しばらく掛ったほどだ。
「あのあの〜、アスナ?」
「だから、泊めてよ。一日くらい、平気でしょ?」
ここまで、予想通りだと困っちゃうね。いや、当たると思ってなかったんだけどな…。
「ごめんね、アスナ。今晩は、お客さんが来るんだ」
そう、今日のお叱りが待っているのさ。シスター・シャークティーの長い長いお説教がね。
「お客さんが来てる間は、大人しくしてるからさ」
アスナは譲らない。困ったね、こりゃ。
「なんで、そこまで泊まりたがるワケ?」
「ひとりで夜を過ごしたくないのよ…」
えっ…ぇええ…これって、まさか!

「百合はダメ━━━(゚Д゚;)━━!」

「ちょっwwwなんかアンタ勘違いしてない?!」

Σ(´Д`;)ノノ



295 :美空ウイルス.exe【ver:28.10】:2006/06/02(金) 01:49:45 ID:???
そこで映像は止まった。新田の画面を見つめる眼は、ゆっくりと生徒たちのいる方へと動いた。
『今のSSで描かれた春日君は、自らが空気属性になろうとする存在だ。
このような違いを不満としているのかね?』
新田の声は空間に低く響いた。それは、巨人の声を思わせた。
『しかし、どちらかが本当の春日美空だという"答え"はないのだよ。
空気属性を求める春日美空も、空気属性を避ける春日美空も、春日美空に違いない』
次に、新田は懐から一冊の本を取り出した。ネギま!の原作単行本だ。
『原作設定を重んじよ…と、そう言うのであれば、別の返答が用意されている』
そして、新田は画面を指さした。

ザジが映っている。満月を背景に、鉤爪を生やした手でこちらを睨んでいた。
「ちう…怖い…」
その映像を見たザジが、怯えた様子で千雨に抱きついた。
「大丈夫だ。私がついてる」
千雨はザジを撫で、なだめた。新田は椅子に座ったまま、その様子を眺めている。
『これが、ザジちうスレの死を招く元凶なのだよ』
「元凶?」
千雨が抗した。
『そう。原作の展開によって、ザジちうスレを支える根底が覆る可能性があるからだ。
何故だと思うかね?答えは簡単だ。
ザジちうスレは、非原作であることによって存在しているからなのだよ』
すると、新田は深く息を吐いた。ため息とは別の何かだった。
『では、最後に私について語らねばならないね。超君も、自ら語るつもりはないだろうしな』

296 :美空ウイルス.exe【ver:28.11】:2006/06/02(金) 01:51:05 ID:???
『私は突然、皆の前に現れたのではないのだよ』
新田はメガネを外し、拭きながら言葉を続ける。
『龍宮君、覚えているかね?美空ウイルスを運ぶことによって、このSSを最初に動かしたのは私だ』
龍宮はうろたえ、ハッとしたように表情を改めた。
「まさか、貴様…Winnyttaか!」
新田はメガネを掛け直し、龍宮に微笑んだ。
『覚えていてくれて嬉しいよ』
龍宮は眼を背けた。新田の笑顔が気持悪かったからだ。
『さて、悲しいことだが、私は悪なる属性によって、君たちに対立しなければいけない。
これは超君が招いた事態だ。そこで、君たちには二つの選択肢が残されている』
そして、新田は掌を上に向けて両手を出した。右手には赤いピルが、左手には青いピルが置いてある。
『君たちは知りすぎた。閲覧者の視点を持った者が、描かれる存在には成り得ないのだ。
ザジちうスレは役者の舞台ではないからね。君たちに役者になってもらっては困るのだよ。
このザジちうスレを生き残らせるためには、今回の事件をなかったことにする必要がある。
しかし、自己愛に生き、総体の存続を望まない場合もある。だから、選択を与えよう』
そして、新田はピルの乗った両手を前に出した。
『赤いピルを飲めば、皆はザジちうスレのソースへと還り、ザジちうスレはリロードされる。
全ては元通りだ。しかし、青いピルを飲めば、君たちは自己を持つことになるが、私の室伏はおっきし、世界は滅亡する』
新田のメガネが、それぞれのピルを反射し映す。この為に、新田はメガネを拭いていたのだ。
『さぁ、選びたまえ』

297 :美空ウイルス.exe【ver:28.12】:2006/06/02(金) 01:52:12 ID:???
二つのピルを前にして、皆の返答は早かった。
「難しくてよく分からなかったアルが、元通りでいいアル!」と、古菲。
「そうだよね、いつも通りが一番だよ」と、まき絵。
「私、今の世界が好きなんです…だから、」と、葉加瀬は超の肩に手を置いた。
超は瞼を閉じ、フフッと微笑むと、曇りなき眼で答えた。
「赤いピルを選ぶネ!」
皆が頷く。新田も頷き、そして、そのまま赤いピルを口へと運んだ。

ザジちうスレは、リロードを始めた。

部屋は七色に輝き、重力も消えていく。生まれる前に戻るような感覚。
こうして事件の幕は閉じた。

298 :美空ウイルス.exe【ver:28.13】:2006/06/02(金) 01:53:15 ID:???
刻は下校時刻。今日も退屈な授業を済ませ、楽しき放課後が訪れる。千雨は欠伸をした。
「拙者がいない間に、何かあったでござるか?」
山から帰ってきたばかりの楓が皆に訊き回る。
「長瀬、お前は何回問えば気が済むんだ」
そう、龍宮が返した。

「のどか、今日は図書館探検です」
「わかってるよ、夕映」

「朝倉さん、約束通り、西の花畑に行きますからねっ」
「わかってるってば。さぁ、行くよ、さよちゃん」

「葉加瀬〜!一緒に帰ろ〜!」
「ああっ、夏美。ごめんね、ちょっと用事があるんだ」
「え、そうなの?」
「うん。だから、今夜も待ち合わせの場所でね」
「わかった。デートに遅刻したら怒るからね〜」
「はいはいw」

教室は、全く元通りになった。

なったけれども…

299 :美空ウイルス.exe【ver:28.14】:2006/06/02(金) 01:54:36 ID:???
沈む夕陽は鮮やかなオレンジ色に輝いている。学園を覆う屋根は燃えるように、夕陽に応える。
街を見下ろす世界樹の枝上に、二人はいた。
「ハカセ…村上さんと一緒に帰るんじゃなかたカ?」
「今日は良いんです、超さんに用事があるからって言ってありますし」
葉加瀬は超に微笑んだ。つられて超も頬が緩む。
「それで、用事とは何カ?」
「プレゼントが、あるんですよー」
「プレゼント?」
首を傾げる超に、にんまり笑顔の葉加瀬はポケットを探る。
「ちょっと待っててくださいね…あ、あった」
葉加瀬が取り出したのは、一粒の錠剤だった。
「これは何の薬ヨ?」
「飲んで下さい」
「何の薬か教えてくれなければ、飲まないヨ」
葉加瀬は悩んだように額を指でいじり、言葉を見つけた。
「皆と仲良くなれる薬です」
「仲良く?…どういう意味ネ?」
「え〜っと、つまり、対立しないで済むんですよ」
「対立しない?」
「ああ、もう飲んでください!」
葉加瀬は無理矢理、超の口の中に錠剤を放り込んだ。口を押さえ、超が飲み込むのを待つ。

ごくん…

「ぷはぁ!…ハカセ、何するカ!」
「えへへ、プレゼントですよ、プレゼント
…アアッ、いけない!夏美とのデートに遅れちゃう!」
「待つネ、ハカセ!」

やがて夜になり、その次には、新たな明日が待っている。
その錠剤が入っていた小包は、まだ研究室にひっそりと置かれたままだ。

300 :美空ウイルス.exe【ver:28.15】:2006/06/02(金) 01:55:51 ID:???
こうして、私の復讐劇は終焉を迎えた。
実際、まだ空気とは何なのか分かっていない。でも、分かる必要はないのかもしれない。
私が、全ての世界で空気なのではないからだ。

ザジちうスレ…それが私たちの世界なことに変わりはない。今までも、そして、これからも。

小包を漁ってみたが、ヒロイン属性の錠剤はなかった。
必要ないからだ。ヒロインは属性ではないからだ。きっと、そうだ。
これからも私は待ち続ける。華々しきヒロインとしてのデビューがやって来ると信じて。

色々な出来事があって、更にそれがなかったことになってしまったけれど、私は何とも思っていない。

私たちの住むこの世界は、幹ではなく枝なのだろう。
だから、樹が衰えたとき、真っ先に力を失ってしまうのも、この世界だ。
けれども、その枝の先には、幹にない花や葉を付けることができる。

だから、この世界に居続けることを選んだ。私は、この世界に居ても良いんだ。


超にありがとう。
新田にさようなら。
そして、すべての空気たちへ、おめでとう。


謎のシスターMより

【おわり】

301 :美空ウイルス.exe【後書】:2006/06/02(金) 01:57:17 ID:???
【ここから後書き〜】========================
やっぱり、話長すぎだよね(´・ω・`)説明もやたらと多いし…

大体、キャラクターたちが、ザジちうスレを把握していく内容のSSなんてのを書いて良かったのか、
今でも分かりませんよ、私にはw

ただ正直、今、無事に(?)美空ウイルスSSを書き終えることができて、本当にホッとしています。
今まで、長編な話は全て用意した上で投下してきた私には、
今回のような投下しながら書くSSは初めてだったからです。

だから、書きながら何度、投げ出そうとしたことか…(^^;)
いざとなったら逃げ出せるように、常にパル落ちを用意していた程です。
でも、結果として、最後まで書き上げることができました。
これは、完全に毎回毎回とレスを下さった方々のお陰です。
そのレスに励まされて、やっと書き上げられたのです。

だから言いたい、心の底から、

レスありがdヽ(`・ω・´)ノ

302 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 02:02:03 ID:???
お疲れ様です!

まさかここでマトリックスネタが見れるとは……
おまけに平行世界と来たもんだ

こういう展開は地味に好きですた

303 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 02:05:03 ID:???
素晴らしい
よくぞ書き上げてくれた
心の底からGJ!

304 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 02:05:37 ID:???
リアル遭遇できるよう張っててよかった……
この手のネタは大好きでした!
楽しませてもらいましたよ毎回
お疲れ様でした!

305 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 02:08:30 ID:???
ギャグを交えながらもシリアスな展開を造る想像力
キャラの魅力を紡ぎ、また、読者の関心を引きつけるその技量
ゆーなの誕生日を微妙に喰った、その存在感(ぁ
そして、連載を最後までやり通したスタミナと職人魂
こんな陳腐な言葉しか贈れないことを恨めしく思いつつ
この2文字に今の気持ちを全て込めたい

G J

あと、パル落ちも読んでみたいとリクしておくwww

306 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 02:42:28 ID:???
GJ!そしてお疲れさまでした!!

動かす人数の量もさることながら、SSの特性上ランキング下位キャラが中心となっていたので、
さぞかし苦戦したかと存じます。俺なら途中で萎えてますねw
よくぞこれ程までの超大作を凄まじい投下速度で書き上げたものです
この作品に巡り合えた幸せ。感無量となまさにこの事ですね。

本当に、
本当に―――!

ありがとうございましたあああああああっっっ!!!!!



・・・さて、俺は新田の室伏おっきENDをリクしとくw

307 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 04:29:40 ID:???
原作から大きく逸脱したSSスレのザジちうスレだからこそやれたネタ
キャラとか書き手とか閲覧者とかすっごくよくできたメタですな
メタ小説好きの自分としては毎回ニヤニヤしながら楽しんでましたが
GJ!
お疲れー

308 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 04:54:12 ID:???
すごくむずかしいなーとおもいました
でもぼくはさいしょからぜんぶよんでいたのでさいごまでよみました
すごくおもしろくてむろふしがおっきするくらいおもしろかったです
さくしゃさんありがとう

309 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 09:10:48 ID:???
>>300
おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう
おめでとう おめでとう めでたいなぁ おめでとさん
くえっくぇっくぇっ おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう
おめでとう おめでとう

マジお疲れさんでした!

310 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 09:35:44 ID:???
お疲れ様でした
久々にいいもの見せてもらいました


311 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 09:59:33 ID:???
ストーリーとともにスレも破綻するかと思ったがスレは半壊ですんだな
GJGJ

312 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 10:20:28 ID:???
美空ウイルスの人頑張ったすごい頑張った。GJ

ところで >>252イラスト再ウプキボンヌ・・・

313 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 10:31:00 ID:???
>>312
美術館に上げといた

314 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 12:04:34 ID:???
>>562
1日遅れだがおめでとうw
お前は定期だろ?俺は来週の金だから誕生日と統一模試が('A`)

315 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 12:06:20 ID:???
ゴバク…
暑さで朦朧としてたよ。

316 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 12:32:08 ID:???
ウイルスの人お疲れさまでした。でも僕には難しくてよくわからなかったアル。

317 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 12:54:59 ID:???
>>314はゆうなにグチる桜子。
誕生日桜子と同じとは羨ましいw

318 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 15:27:20 ID:???
ザジ 「…ネギ先生、じつは私、魔法使いなんです」
ネギ 「な、なんだってー!?」
明日菜「ほ、ホントなの長谷川?」
千雨 「私に振るなよ…」
ネギ 「ど、どんな魔法が使えるんですか!?」
ザジ 「…一秒で月まで行って帰ってきます」
明日菜「ゴメン、もうオチが読めた」
千雨 「だから私に振るなっつの」
ネギ 「…ふむふむ、目を閉じて一秒数えればいいんですね?」
ザジ 「………(コクコク)」
ネギ 「それではいきますよ、(目を閉じて)いーち……(目を開ける)…あ、ザジさん!」
ザジ 「…ただいま。」
ネギ 「すごいや! 魔法って本当にあったんだ!!」
千雨 「おい、本職がダマされてるぞ」
明日菜「私に振らないでよ…」


319 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 17:59:39 ID:???
なんか和んだw

320 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 18:38:28 ID:???
この流れで言うのもなんだが
>>283
>>285にメッチャ萌えた

321 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 19:20:08 ID:???
>>同上、同意

322 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 19:46:27 ID:???
私は強くなる。大好きなネギ先生を護るため。少しでも先生を悲しませないため。
今はまだ役に立たないかもしれない。それでもいつかは強くなってみせる。
ネギ先生が安心して背中を預けられるくらい。

私は強くなる…!




新田「フゥー、ネギ君の貞操を護ってみせよう。待っていたまえ!」


323 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 19:57:29 ID:???
ちょwwwww新田wwwwwせっちゃんかとオモタwwwww

324 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 20:19:44 ID:???
>>320
俺もそれかなり萌えたw
流れ読めなくてゴメンネ

325 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 20:22:13 ID:???
明日茶々ブーム到来の予感

326 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 20:29:24 ID:???
あるあr…ねーよwwwww

327 :千雨 まどろみの底:2006/06/02(金) 20:40:39 ID:???
千雨 まどろみの底


1/2
ぶるり・・・私は身震いを一つした

ここはどこだろう?
やけに暗く、そして音も何もない世界
私はここがどこだか考えた。しかしなかなか考えが浮かばない
と、いうよりも何も考えられない

従って私は結論としてこう考えた

ここはまどろみという湖の底であるということを


ここで海藻のように漂っているのはとても気持ちがよい
まるで私が世界と一つになったようだ
しかし、先ほどの身震いがそれを打ち砕いく

だんだんと私の体は、現実という水面に浮かび上がってゆく
いくらもがいても、いや、もがこうとは考えているのだが体が言うことを聞かない
このままでは・・・


ぶるり・・・
二度目の身震いで私は目が覚めた。どうやら現実という水面に顔を出したようだ

328 :千雨 まどろみの底:2006/06/02(金) 20:42:16 ID:???
2/2
千雨 「・・・お前か」
今は梅雨の季節、日によっては少しばかり寒い日もある
よって、眠るときには毛布の一枚も必要になるだろう
それなのに・・・

隣で一緒に寝ていたザジが、私のかぶっていた毛布をはぎ取っていたのだ
それが私を現実に引き戻した身震いの原因だったのだ

ザジを見る。見事なまでに毛布です巻きになっていた
毛布の端を両手で巻き込み、決して離さないようにしている
さらに下の方の毛布がめくれないように、毛布のたるんだ部分を両足で挟み込んでいた
たぶん、おこしても毛布を離さないだろう

なんてやつだ・・・この馬鹿たれめ
私はちょっと頭に来たので、ザジを毛布の上からひもで縛ってみた。その姿はちまきみたいだ

さて、また眠るにしてもこのままでは少し寒い。私は仕方がないのでザジのベッドから毛布をもってくる
そして、丁度いい大きさのザジのちまきを抱き枕にしてみた
この心地よさ・・・くせになりそうだ

私が再びまどろみの湖に沈むまでそう時間はかからなかった思う
またあの世界いけると思うと・・・何も考えられなくなってきた


朝起きてみると、何故か私が毛布とひもでちまきにされていた。昨日のことは夢だったのだろうか?
ザジ 「・・・」



329 :美空ウイルスの中身おしまい:2006/06/02(金) 20:57:35 ID:???
>>328
ちょwwwザジはどうやって紐ほどいたんだwwwwGJ!


なんかいっぱいレスキテル━━Σ(゚∀゚ )━━!レスありがd!
>>305>>306
それは言い過ぎだ(`・ω・´)
パル落ちは、最終回冒頭の文章(電話が掛ってくる前まで)+美空の「なめんな」でした。
パルの台詞はSSの進行具合で二度、変更され、
最初は美空について、次は超について、最後は刹那ですた。
原稿は最終回冒頭に姿を変えたため、残っていません。

青いピルの結末は考えてナス(´・ω・`)ごめんにぇ

330 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 21:10:11 ID:???
>>329
バッカやろ、ザジは曲芸手品部所属だ
ナワ抜けなんぞ楽勝である

331 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 21:38:10 ID:???
ネギ 「…という訳でまずは『〜ばかりか』を使って例文を作れる人は手をあげてください!」
桜子 「ハイハイハイ!」
ネギ 「はい桜子さん、どうぞ。」
桜子 「ハイ!『ちさめちゃんばかりかその友達にまでなじられた』!」

332 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 21:44:56 ID:???
書けるか分からないけど…
キャラリクとってレス番350以降で始めに出たキャラ×そのキャラを指名した人のSSでも書いてみようかな。

333 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 21:58:53 ID:???
>>332
どゆこと?

334 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 22:01:56 ID:???
350以降に真っ先に出たキャラとそのキャラを指名した人とのカプSS書こうかなって。

例えば350が『新田』って書き込んだら350×新田SSをとw

335 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 22:05:48 ID:???
>>331
うすたネタ多いな、このスレwwww

336 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 22:11:04 ID:???
悲しむ顔が嫌い。だからみんなを応援しよう。
頑張る人が好き。だからみんなを応援しよう。
基本は手を腰にあてて…








新田「どぉーだい、私の室伏は?これでみんなを元気にさせてやろう。」

337 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 22:11:11 ID:???
思い出した!あれジャガーだwww

例文もしかしたら

桜子「私ね…もしかしたら千雨に嫌われてるかもしんない。」
ちう「クーフェイってもしかしたら中国人じゃないんじゃね」

338 :ちう:2006/06/02(金) 22:14:19 ID:???
>>337ほほう…呼び捨てとはいい度胸じゃねーか

339 :○桜子組:2006/06/02(金) 22:38:44 ID:???
>>338
うるせーネコスオタク

340 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 23:11:11 ID:???
>>318
ザジかわい〜!!
こういうノリ好きだわw

341 :真名ちゃんもっこり日記68:2006/06/02(金) 23:32:10 ID:???
真名ちゃんもっこり日記68

「うわー!助けてくれー」
犬上小太郎が悲鳴を上げている。
どうやらあの那波の大事なものを壊した挙句「おばさん」と言ってしまったらしい。
今、早乙女と長谷川が掴んでいて正面には那波と村上がいる。
ん?何故後ろを摘まれたネギ先生がいるのだ?

「いけませんよ〜ネギ先生。小太郎君がいるのに“いない”って応えて」
「そ、それは…」
どうやら犬上は先生の部屋に逃げ込んだが、先生は嘘を隠しきれなかったのだろう。
それではだめだな。
「さーて、小太郎く〜ん。どっちがいい〜?」
「な、なんのことや」
そこにはズボンをずらされたネギ先生と般若のお面をかぶり葱を10本も束ねている那波。
そこへ長谷川が悪魔の囁き。
「先生を掘るのと那波に掘られるの、どっちがいい?」
!?
それはすごいことだ!
「ま、待ってくれー!何で俺がそんなこと…」
「返答がない場合は掘ることになるわよ〜♥」

拷問だ…しかも相当タチの悪い…
「…う……うわあああ!許せネギ!」
カチャカチャ
おおおおおおおおおおおおお!犬上が覚悟を決めた。

342 :真名ちゃんもっこり日記68:2006/06/02(金) 23:32:47 ID:???
「冗談でしょう、やめて小太郎君!!」
「よっしゃ、犯れ!掘ってヨシ!!」
「ガキの801ネタか、ネットで婦女子どもも釣れるな…ぷぷぷ」
早乙女も長谷川も血も涙もないやつだ…

犬上があとパンツ一丁になった。
どうした?動かないぞ?
「うわぁぁぁ、やっぱできねー!!」
その場で跪いてしまった。
「あらあら〜」
あ、那波が…
「ちづ姉ちゃん、まじ許して。もうせぇへんから!この通り!」
土下座までしやがった…
「だ〜〜〜〜め♥」
「ぎゃーーーーーーーーーーーーーー」

((;゚Д゚))ガクガクブルブル

一体何が起きたかは日記には書けない…
一つ言えることは。那波を絶対敵に回してはいけない…それだけだ。


343 :マロン名無しさん:2006/06/02(金) 23:43:55 ID:???
((;゚Д゚))ガクガクブルブル


344 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 00:34:59 ID:???
(((゚Д゚;;;;;;;;;;;;)))

345 :ネギ 腹痛:2006/06/03(土) 02:35:45 ID:???
ネギ 腹痛


1/3
こんばんわ、ネギです。最近お通じが良くないので困っています
おトイレに行ってもなかなか出ません
でもこんなこと、誰に相談すればいいんだろう?

ネギ 「痛たた・・・」
学校からの帰り道、だんだん強くなるお腹の痛みに耐えかねて、僕は座り込んでしまいました
千鶴 「あら?どうしたの、ネギ先生」
しばらくうずくまっていると、背後から聞き覚えのある声がかかりました
ネギ 「あ、千鶴さん。ちょっと、痛たた・・・」
急にお腹の痛みが強くなってきます。話すのも辛いです
千鶴 「お腹が痛いのね。動けませんか?」
苦しさのあまり、僕はただ首を縦に振ることしかできませんでした
千鶴 「じゃあ、私が背負ってあげます。寮まで後ちょっとです、頑張ってください」
千鶴さんはそう言うと、僕を背負ってくれました
千鶴さんの背中は大きくて、とっても暖かかったです


僕は千鶴さんに自分の部屋に連れて行ってもらうと、ソファーに座らせてもらいました
部屋には明日菜さんや木乃香さんはいなかったので、千鶴さんがしばらくいてくれることになりました

千鶴 「先生、どうしたんですか?」
ネギ 「最近、お通じが良くなくて・・・」
千鶴 「そう、便秘だったのね」
ネギ 「こういうことって、誰に相談したらいいのかわからなくて・・・」
千鶴 「ちゃんと野菜とか乳製品を食べていますか?」
ネギ 「最近はあんまり・・・」
千鶴 「だめですよ。体は資本ですからね」
ネギ 「はい、いたた・・・」

346 :ネギ 腹痛:2006/06/03(土) 02:36:44 ID:???
2/3
再び強くなったお腹の痛み、でもお通じが始まりそうではありません
千鶴 「痛いのですか?おトイレに行きます?」
ネギ 「いえ・・・」
千鶴 「それなら・・・撫でてあげますね」
そう言って千鶴さんは僕の隣に座ると、僕のお腹を撫で始めました
ネギ 「はうっ・・・」
千鶴 「気持ちいいですか?」
優しく撫でてくれる手はとても温かく、お腹の痛みを少しずつ消していってくれたのです

ネギ 「すごく・・・気持ちいいです。痛みが和らいでます」
千鶴 「良かったわ。さするのはここでいいかしら?」
ネギ 「もう少し下です」
千鶴 「うふふ、これでいいかしら?」
手のひらから伝わる暖かさは、千鶴さんの優しさなのでしょう

ですが、それが5分ほど続いたときでした
ネギ 「ひゃ!!」
千鶴 「あら?ご免なさいね」
お腹のあたりをさすっていた千鶴さんの指が、ちょっと下にずれて・・・僕のおちんちんに触れたんです
千鶴 「うふふ、先生のおちんちん、触っちゃいましたわ」
ネギ 「ああっ!!だ、ダメですよ!!!そんなとこ触っちゃ!!!」
僕は思わず大声を上げましたが、千鶴さんは触るのを止めてくれません
それどころかもっと強く触れてきたのです

千鶴 「大きく、なりましたわね」
ネギ 「あうう・・」
なんでしょうか、この感覚。触れた指が動くたびにおちんちんに電気が走ります
千鶴 「いけないですわね、先生」
ネギ 「やめっ・・・むぐっ!!」
何かに視界を塞がれました。そしてこの柔らかさは・・・おっぱいに包まれたのかな?
千鶴 「うふふ、可愛くて食べちゃいたい。あやか、お先にご免なさいね〜」

347 :ネギ 腹痛:2006/06/03(土) 02:37:29 ID:???
3/3
千鶴さんの指は僕のおちんちんから離れて、優しく僕の服のボタンを外していきました
ネギ 「あ、あのっ、何を!?」
千鶴 「動かないでください、先生は私に身を任せてくれればいいんです。私がすべて教えてあげますから」
ネギ 「そのっ、先生と生徒がこんな関係に・・・」
千鶴 「じゃあ、先生はこの後どうなるかご存じなのですね?えっち」
ネギ 「ダメ、ですぅ・・・」

千鶴さんの行為は止まりませんでした
やがて僕をパンツだけの姿にすると、ソファーに優しく僕を押し倒したのです
千鶴 「まずは大人の儀式。その次はお通じが良くなる魔法の儀式ですよ」
ネギ 「あ、あの、こういうこと・・・僕、どうしたらいいのかわからないんです」
千鶴 「私に任せてくださいな、立派な男の子にしてあげますから」

覆い被さってきた千鶴さん、でも一番始めに瞳に飛び込んできたのは大きな胸でした
千鶴 「あら、胸に興味があるんですね。待っててください。今、脱ぎますから」

千鶴さんは上着をじっくりと脱ぎ始めます。僕の瞳はその光景に釘付けになってしまいました


ハルナ 「ネギ受けっ!、千鶴責めっ!これは王道よね?」
今日は映写室で創作系同人誌を作っていた。前回、少年たちにもみくちゃにされて・・・まあ、いい経験をした
ハルナ 「小太郎君はたぶんもう犯られちゃってるだろうから・・・次はネギ君ってのが流れよね」
千鶴がネギを従えて・・・千鶴がネギを●●に刺す。これがちづネギ也

千鶴 「便秘の時にはぷすっと一本しましょうね。便秘でなくても一本しましょうね」
ネギ 「千鶴さん、あとでもう一回・・・」



348 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 02:45:00 ID:???
ちょwwwwwwネギマジで犯られたのかwwwwwwwwwww
久々に見破ったがこれはすごいwwwwwww

349 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 03:08:29 ID:???
いやまさにこれぞ王道wwwwwパルは分かってらっしゃるwwwwww
オチが読めてるのにこんなに楽しめるとはwwwGJ!

350 :二ノ宮先生:2006/06/03(土) 04:29:58 ID:???
>>332
じゃあ私のSSを作ってもらおうか。ふふ、楽しみにしてるよ

351 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 06:54:12 ID:???
>>350ちょwwwヒドスw>>332テラカワイソス


てかニノ宮って誰だっけ?

352 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 07:12:54 ID:???
二ノ宮先生
新体操部顧問
くぎみーアダルト3.8ver
髪型とか体型とかくぎみー似
観察力○
洞察力○
指導力○
おっぱい○
ちょっと親父

353 :350:2006/06/03(土) 07:54:16 ID:???
にのみー好きの血が騒いだからやった。反省はしていない

・・・いや、マジで見たいです。>>352(もしかして同志?)を参考に頑張ってくれ!
どーしても厳しいのなら、とっておきの裏技を
二ノ宮先生をラ○ひなのはるかさんだと思って書くべし。多分、性格一緒だから

354 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 09:51:13 ID:???
まきえの事子供っていった人だっけか。

355 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 10:12:35 ID:???
>>347
うっはーちづネェすげーやらしー

パル同人でも充分楽しめました。ごつそうさまっす

356 :弐集院:2006/06/03(土) 11:16:04 ID:???
えっ!
いやー困ったな〜

357 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 12:24:57 ID:???
ザジ「お母さん〜、肉まんが歩いてるよ〜」
ちう「こらっ!見ちゃいけません!」

358 :332:2006/06/03(土) 12:30:22 ID:???
>>350ちょw男www
青春モノにしようとしても奴は新体操だしな…
とりあえず頑張ってムリそうだったら次に出たくぎみーを。

359 :さっちゃん:2006/06/03(土) 12:34:20 ID:???
>>357
えっわたし!?

360 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 12:48:40 ID:???
>>358
男じゃなくないか?
いやシランけど

361 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 12:58:19 ID:???
あれ、女の人だったっけ?もしかしたらセルピコとごっちゃになってたかも試練。
というか男として書いてたw

今コミック手元に無いから先にくぎみー書かせてもらおうかな…

362 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 13:02:48 ID:???
確かにほとんど登場してないから難しいかもね。
それより俺とえv(ry

363 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 13:16:07 ID:???
男バロスw
それ見てみてえよw

364 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 13:22:55 ID:???
>>361
にのみーは女だよ、じゃないと俺困っちゃう
http://www.imgup.org/iup216340.jpg.html

それより俺とハルry

365 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 14:03:06 ID:???
>>364
新たな世界のはじまりを見た( ゚д゚ )GJ


366 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 14:22:52 ID:???
>>364
新世界の神を見た。GJ。

367 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 14:23:54 ID:???
>>366
それ死んじゃうからだめ。だめ。

368 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 14:40:51 ID:???
>>364
さよたんのいる世界が見えた。GJ.

369 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 17:43:22 ID:???
>>368!!死ぬな>>368ーーーッ!!

370 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 19:03:33 ID:???
>>366->369
何やってんだお前らww

371 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 19:17:01 ID:???
>>368
死ぬな!死ぬんじゃない!
生きて帰って結婚するんだろう!?

372 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 19:33:43 ID:???
>>364
ケータイじゃ見れないorz

373 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 19:54:06 ID:???
>>372
俺、これ使って携帯から見てるよ
http://fileseek.net/proxy.html

374 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 19:57:06 ID:???
今確認した。
女性だー!!!!!?

375 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 20:02:21 ID:???
こうして巻き起こる二ノ宮ブーム――――――これが後に言う、金次郎事件である――――――

376 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 20:04:01 ID:???
二ノ宮性転換ブーム

377 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 20:36:46 ID:???
⊂(^ω^)⊃二ノ宮ブ━━━━━ム

378 :弐集院:2006/06/03(土) 20:45:34 ID:???
( ゚д゚ )呼びました?

379 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 20:55:55 ID:???
ここで二ノ宮は釘宮の従姉説
あるいはお姉さま説

380 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 20:56:04 ID:???
>>378
紅の豚に師事してから出直して来い。

381 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 21:14:19 ID:???
やばい二ノ宮先生やばいマジやばい

382 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 21:14:26 ID:???
13巻まで買ったんだけど…もしかしてザジのセリフってネギをサーカスに誘うシーン以外ないのか…?

383 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 21:17:33 ID:???
学園祭のお化け屋敷で魔物たち関連でいくつかあるよ

384 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 21:19:01 ID:???
>>364
二ノ宮先生ってはるかさんみたいだな

>>382
「食べちゃダメ」

385 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 21:23:26 ID:???
どっちみち13巻以外セリフないのか…orz

386 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 21:26:47 ID:???
>>385
ネタバレになるから詳しくは言わんが、しばらく先にセリフと出番がある。チョイ役だが。

387 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 21:42:31 ID:???
>>386
楽しみに待ちます。しかし出番が少ないとは悲しいな。
でもよく考えたら登場人物の多さの割りにはキャラ被らない様に作者も頑張ってるな。
ベテランの技か。

388 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:00:48 ID:???
二宮「よ〜し今日の練習終わり!」
部員一同「お疲れ様でーす」

まき絵「う〜ん…」
二宮「どうしたまき絵?悩みか?」
まき絵「あ、先生。はいちょっと…」
二宮「よし!じゃあこの後付き合え!相談に乗ってやる!」
まき絵「いいんですか?ありがとうございます!」
二宮「可愛い教え子の悩みを無視するわけにはいかんだろうしな」

二宮「さっちゃ〜ん邪魔するよ」
五月 いらっしゃい二宮先生、まき絵さんも一緒ですか
まき絵「こんばんはさっちゃん」
二宮「で、なんだ相談って? あ、とりあえずビールね」
まき絵「はい、実は」
二宮「日本酒追加で」
まき絵「話聞いてくださいよ!」
二宮「聞いてるよ、バーボンも追加で!」
まき絵「…それで…」

まき絵「なんですけど…」
二宮「ZZzzzzz」
まき絵「え…?」


389 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:02:03 ID:???
五月 寝ちゃいましたね
まき絵「ごめんねさっちゃん。先生起きてくださ〜い」
二宮「・・・・・・・・」
五月 店の奥にベッドあるんで使いますか?
まき絵「いいの?ごめんねさっちゃん」

二宮「ふあぁ…ん?ここはどこだ?」
まき絵「やっと起きた、ここはさっちゃんの店の奥ですよ」
二宮「すまんな悩みも聞かずにw」
まき絵「本当ですよ」
二宮「まあ聞かんでも大体わかるけどな、恋だろ?」
まき絵「もへ?いや、あのそれは…」
二宮「あっはは図星じゃないか!しかし恋なんてまだガキだろうに」
まき絵「私はもう子供じゃないです!」
二宮「本当か?じゃあ確かめてやる」
まき絵「確かめるってどうやって…んむっ!」
「ぬちゃ、ちゅる…」
二宮「ふう…お前まだ誰ともキスしてないだろ?反応に唇の食感でわかる」
まき絵「な、なにするんですか!?怒りますよ!」
二宮「だからお前は子供なんだよ、私が大人の世界を教えてやる」
まき絵「先生…」



終れ


390 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:11:36 ID:???
ワッフル!ワッフル!

391 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:14:34 ID:???
ワッフル!ワッフル!

392 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:21:09 ID:???
キャホーイ

393 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:39:54 ID:???
ちょ 二ノ宮先生マジもえw

394 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:42:19 ID:???
俺たちはこんな逸材を今まで見逃していたのか・・・

395 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:49:18 ID:???
しかも新体操の顧問だからな。うはwww夢が広がりんぐwwwwwww

396 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:57:23 ID:???
二ノ宮先生にぶん殴られて罵倒されたい

397 :マロン名無しさん:2006/06/03(土) 23:59:18 ID:???
じゃあじゃあ、亜子がわざわざまき絵についていったのは、二ノ宮せんせーが目当てだったとか……

398 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:01:12 ID:???
>>397
ネ申

399 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:01:36 ID:???
新体操部の部員を順番に食っていく二ノ宮先生

400 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:03:28 ID:???
にのみーは受けだよたぶん
生徒から悩みがあると言われ呼び出されるわけだよ
で、告白されて襲われると

401 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:13:18 ID:???
そこでしず×にのですよ

402 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:19:05 ID:???
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 しずにの!しずにの!
  ⊂彡

403 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:29:30 ID:???
>>388だがお前らの妄想力に脱帽w

ワッフル言われても童貞の僕にはエロい擬音が書けません><
モテモテやりまくりで経験豊富な職人さんに書いてもらってください><

404 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:31:19 ID:???
ちうが他のネットアイドルのページを荒らしてたらそのページの子がリストカットしちゃったって夢見た。

もしこんなこと起きたらちうどんな反応するんだろ

405 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 00:58:00 ID:???
抜け出せない泥沼の闇の中へ行っちゃいそう……

ぴぴるぴ〜

406 :明日菜:2006/06/04(日) 01:08:27 ID:???
私…同情なんかしてやんないから

407 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 01:13:07 ID:???
@ノハ@
( ‘д‘)ゴラァ
  ⊂彡☆))`Д)←>>404

408 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 01:40:44 ID:???
>>388-389
ワッフルワッフル

409 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 01:58:00 ID:???
>>404
こんなんでました

1/2
千雨「さ〜て、メシ食ったらサイトの更新でもするかな』

それでは次のニュースです。
都内〜〜区で女子中学生が自殺未遂をする事件が起きました。
この女子中学生はネット上で自分の着飾った写真などを公開したりする、
いわゆる『ネットアイドル』でしたが、公開していた自分のサイトが荒らしにあい、
閉鎖という事態に追い込まれ、それを苦に手首をきって自殺しようとした模様です。
なお、傷は浅く発見も早かったため命に別状はないということです。

千雨「え…このサイト…私が荒らしたサイトじゃねえか…え?」

私のせいで人が死に掛けた…私のせいで…ワタシ、サツジンミスイ…?

千雨「うわああああああああああああ!!!」

その日から、千雨は移転準備中と称してサイトを閉鎖した。
学校にも行かなくなり、毎日ベッドでおびえ、悩んでいた。

ザジ「ちう…」
千雨「ほっといてくれ、ザジ。それにこんな人を殺しかけた奴と話なんかしないほうがいいぞ」
ザジ「ちう!そんな…」
千雨「とにかくほっとけって言ってるんだ!さっさと学校に行け!」
ザジ「…いってきます」

最低だな…私って…人を殺しかけといて、気にかけてくれてる人に八つ当たりして…ほんっと、最低だよ…

410 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 01:58:42 ID:???
2/2
その日の朝のHR
ネギ「長谷川千雨さん」
ザジ「…休みです」
ネギ「今日もお休みですか…ザジさん、千雨さん何かあったんですか?」
ザジ「!………フルフル」
ネギ「なんでもないって…でもこんなに長く休むなんて…」
ザジ「(今のままじゃ…ダメだよね…)ネギ先生、後でちょっと…」

ザジ「…ということなんです」
ネギ「え!じゃあ千雨さんはそれで…(ショックだったろうけど、このままじゃすべてが悪い方向に行くしかなくなる…だから)」
ネギ「…行きましょう、千雨さんのところに」

千雨「なんだよ、ザジ。子供先生まで連れてお説教か?ほっといてくれって言ってるだろ!」
ネギ「千雨さん!ほっといてくれって、じゃあ今のままでいいと思ってるんですか!?」
千雨「そ・・それは・・でも、人を殺しかけといて自分はのうのうと
   普通の生活やネットアイドル活動、なんてそんなことできるかよ!」
ネギ「だからといって、このままじゃあ何も良くなりません!千雨さんが学校に来ることを望んでる人も、
   ちうとしてのネットアイドル活動を心待ちにしている人も、たくさんいるんですよ!
   今のままじゃ悲しむ人を増やすだけじゃないですか!それでいいんですか!?」
千雨「そんなキレイごと言うんじゃねえよ!…う、うう、うええ、ホントは、恐いんだよ!PCに触るのも、学校に行くのも!
   もう何をしようとしてもあのニュースのことが、頭から離れなくなってるんだよ!
   こんなんで…ぐすっ、ホント…ぐすっ、どうすりゃいいんだよぉ…」
ネギ「(千雨さん、よく見ると目にひどいクマができてる・・・恐くて寝ることさえほとんどできなかったんだろうな…
   だとしたら、今僕にできることは…!)ラス・テル・マ・スキル・マギステル…眠りの霧!」
千雨「!ん…スー…スー…」
ザジ「先生、ちう、もう大丈夫…?」
ネギ「わかりません。僕たちの魔法は万能ではないですから。
   でも、ザジさんの愛、そして千雨さん自信の勇気…それがあれば、きっともとの千雨さんに戻ってくれると、そう信じています」

fin...

411 :ハカセと私:2006/06/04(日) 02:15:10 ID:???

「おはよー茶々丸」
その声に私は素早く反応します。
「おはようございます、ハカセ」
彼女は私を作ってくれた母親のような存在、私の大事な人です。
「おはよ!茶々丸さん!」
ハカセの後ろからひょっこり現れたのは村上さんです。
「・・・・・・おはようございます。村上さん」
「あれぇ?今ちょっと反応遅くなかった?茶々丸、どこか調子でも悪いの?」
「いえ、大丈夫です」
「茶々丸さんって聡美が作ったんでしょ?聡美すごーい!!」
「えへへ。そんなことないですよー。でも夏美にそう言われると嬉しいですー」
私の前で二人はニコニコと笑っています。そんな二人を私は無表情な顔で見つめます。
感情・・・・・・この感情をどう表現して良いのか、私にはわかりません。
「・・・・・・丸?茶々丸?ぼんやりしてどうしたの?やっぱりどこか調子悪いんじゃないの?」
「元気ないみたい。大丈夫?茶々丸さん」
「はい、大丈夫です。ご心配ありがとうございます。村上さん」
私は村上さんに無感情な声で答えました。
「茶々丸ぅ!クラスメイトには笑顔で会話でしょ!今度プログラム書き換えとかないとー」
「あ、ねぇ聡美。私のこと茶々丸さんに名前で呼んで貰える様にできないかなぁ?
今まであまり喋らなかった茶々丸さんとせっかくこうやって仲良く話すようになったんだし」
「そうですね!夏美は私の大事な人だから茶々丸と仲良くなってくれて嬉しいですー」



412 :ハカセと私:2006/06/04(日) 02:15:41 ID:???
>>411

【夏美は私の大事な人】

何気ないハカセの一言に私は大きなダメージをを受けました。
私がハカセから一番貰いたかった言葉を、彼女はいとも簡単に手にしました。
ハカセの言葉が私の中で何度も再生され続けます。

「茶々丸、今日の放課後は夏美とデートの約束しているから、メンテナンスは明日やるね」
ハカセは私に一言そう言い残すと村上さんと一緒に教室の奥へと消えていきました。
私の前にある自分の席ではなく窓際の村上さんの席で二人は楽しそうに喋っています。
今までハカセは―――研究にしか興味がありませんでした。
私の開発と新しい研究に夢中で、その笑顔は新しいことを発見した時に私に向けられていました。
『メンテナンスは最優先してね!』以前そう言ったのはハカセでした。
HRの予鈴が鳴るまでの間、二人はずっと窓際の暖かい日差しの中で輝く笑顔を交わしていました。
私はそんな二人をただずっと見つめているだけでした。


413 :ハカセと私:2006/06/04(日) 02:16:12 ID:???
>>412

「かわいいネコちゃんたちね」
放課後、ノラ猫たちへエサをあげていると後ろから声がかけられました。
那波さんは子猫の頭をそっと撫で、私の隣へしゃがみ込みました。
「仲の良い親子ね―――
茶々丸さんと葉加瀬さんみたい」
親猫に寄り添う子猫を見ながら那波さんは呟きました。
那波さんの言葉に私は驚いて彼女を見ると、私の隣で那波さんは静かに微笑んでいました。
「親はどんな時でも子供のことを大事に思っているのよ」
那波さんはじっと私のことを見つめて言葉を紡ぎます。
「でもね――― 子供は時期が来たら親離れをしなければならないの。
いつまでも親に頼ってばかりいてはいけないわ。」
「私は・・・・・・ハカセに頼りすぎていたのでしょうか」
「心が繋がっているんですもの。寂しくないはずよ。それに茶々丸さんには―――」
「茶々丸!!」
その聞き慣れた声に、私は笑顔を取り戻し振り返りました。
そこにいたのは少し不機嫌そうな顔をした、私の主人でした。
「遅い!帰るぞ」
「ハイ、マスター」
髪を翻し歩き出すマスターを私は追いました。
チラと振り返ると、那波さんが私たちを笑顔で見つめています。
ペコリと一礼し再び私はマスターの後を歩き始めました。


414 :ハカセと私:2006/06/04(日) 02:16:49 ID:???
>>413

「私の大事なハカセの恋人です。私にとっても夏美さんは大事な人です。」
翌日、私の中のプログラムは自己学習能力で書き換えられました。
メンテナンスの前に、自らの意思で変わった私にハカセは嬉しそうに微笑みました。
ハカセの隣には同じくらい嬉しそうな夏美さんの笑顔がありました。
私は、その二人の映像をそっと胸の奥へ終いこみました。

メンテナンスの時にハカセがこの映像を見て、驚いて感涙したのはまた後の話です―――


-end-

415 :414:2006/06/04(日) 02:18:55 ID:???
スミマセン。出てきた登場人物ほとんど初書きだったので
口調とかおかしいです。許して下さい〜


416 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 02:19:06 ID:???
二ノ宮先生は受けだな。
まき絵にはあんなこと言っておきながら、本人は
「結婚するまでキスとかしちゃいけない」と思ってるウブ。

417 :まき絵 居残り特訓:2006/06/04(日) 04:01:21 ID:???
起きてみればスレがこんなことに・・・乗り遅れた
投下〜


まき絵 居残り特訓


1/3
日も落ちた放課後の体育館。バスケットコートのラインが引かれた床に、すこし薄汚れた体操マットが引かれていた
部活の居残りであろうか?その上で柔軟体操をする二つの姿がある
二ノ宮 「最後に・・・しっかりと・・・柔軟するんだ・・・」
まき絵 「はい・・・」

体操部顧問二ノ宮は、その愛弟子である佐々木まき絵に新体操の特訓を行っていた
新体操の特訓に二人は熱中して、気がつけば夜8時を過ぎている
その時間に気がついた二ノ宮は特訓は終わらせ、まき絵に対して柔軟体操を施していた

二ノ宮 「まき絵は・・・体は柔らかいな」
両足を左右に一直線に開いて座るまき絵に、二ノ宮は背中から手で体重をかけた
まき絵はそのまま前方へと倒れ、さらに両手を広げて”土”の文字のように体を広げる
まき絵 「えへへ・・・」
二ノ宮 「では仰向けになれ」
まき絵 「はい」
土の形に伏せていたまき絵はごろんと仰向けになると、背筋をぴんと伸ばしてまっすぐになった
二ノ宮はまき絵の左足を持ち、まっすぐに伸ばされた足を上半身に密着させるように押しつけた

二ノ宮 「体の柔らかさは新体操の命だからな。うん、なかなかいいぞ」
まき絵 「先生はできないんですか?」
二ノ宮 「できないってことはないが・・・お前ほどじゃないな」
まき絵 「えへへ、若さかな?」
二ノ宮 「おこちゃまのくせに生意気な」

418 :まき絵 居残り特訓:2006/06/04(日) 04:01:59 ID:???
2/3
左足の柔軟は終わり、続いて右足の柔軟に移る
右足も股関節を中心にまっすぐ上方に曲げられ、すねはまき絵の額の近くに押しつけられた

二ノ宮 「まき絵、好きな子ができたんだろう?」
まき絵 「ひぇ?」
二ノ宮 「隠すな、お前の演技を見ればわかる」
まき絵 「あはは・・・」
二ノ宮 「誰だ?」
まき絵 「内緒です」
二ノ宮 「言わないと・・・キスするぞ?」
まき絵 「ダメです!まだネギ君とキスしていないんですから!」
二ノ宮 「そうか、子供先生か」
まき絵 「あっ!」
二ノ宮 「しかし先生と生徒とは感心できんな」
まき絵 「でも・・・好きになっちゃったし・・・」
二ノ宮 「ふむ、では恋する乙女に大人の指導をしてやろうか?」
まき絵 「先生、親父くさいです」
二ノ宮 「なんだと、では親父くさいところを見せてやろう」

二ノ宮はそう言うと柔軟の体勢のまま、まき絵の体を触り始めた
片手でまき絵の足を押さえながら、二ノ宮はまき絵の胸に手を伸ばす
まき絵 「ひゃ!!止めてください」
二ノ宮 「堅いことは言うな、ほ〜れ」
ゆっくりと、そして胸の中心で円を描くように二ノ宮の手はまき絵の胸を弄んだ
まき絵 「せ、先生。先生と生徒がこんなことしちゃ・・・」
二ノ宮 「いかんのは不純異性交遊だ。不純同性交遊は禁じられていないだろう?」
まき絵 「何を言ってるんですか〜」

419 :まき絵 居残り特訓:2006/06/04(日) 04:05:25 ID:???
3/3
二ノ宮はだんだんと興奮してきていた。まき絵の初心な反応がたまらなくツボに入ったらしい
その手の動きは怪しさを増し、責める箇所を下方へと移し始める
二ノ宮 「子供先生に教えてはあげたくないのか?お姉さんとして」
まき絵 「え?それは・・・その・・・」
二ノ宮 「だったら知っておくべきだろ?性というものを」
まき絵 「でも・・・やぁん!!!」
二ノ宮の手はまき絵の下半身を探り始めた。レオタードの上を動くその手の動きは、同姓ならではの刺激点を通過してゆく
まき絵 「せんせ!!これ以上は!!」
二ノ宮 「これ以上は、なんだ?」
まき絵 「変な・・・気持ちに・・・」
二ノ宮 「なればいいだろう。それが目的だからな」
まき絵 「そんな、私にはネ・・むぐぅっ!!」
まき絵のかわいらしい唇は、二ノ宮のうっすらとルージュを引いた唇にふさがれた
しばらくもがいていたまき絵だったが、やがておとなしくなりその唇を受け入れた
二ノ宮 「キスは初めてだな」
まき絵 「このままだと、好きな人が二人になっちゃうよ」
二ノ宮 「そのときは私と子供先生でまき絵を愛してやろう。それとも私とまき絵で子供先生を愛すればいいのかな?」
まき絵 「先生の、馬鹿」

二人の柔らかな体はお互いと融合しあうかのように絡み合う。まるでほどけない愛の紐のように


ハルナ 「新体操のストレッチって何であんなにそそるんだろう?」
今日は体育倉庫で創作系同人誌を作っていた。前回、ちづネギを経験した。あんなにたくさん入れられるとは思わなかった
ハルナ 「くぎ・・・もとい、二ノ宮先生って結構格好いいんだよね。憧れを持つ教え子と・・・背徳的ね」
新体操は危険な競技のである。 それを教えようと体育館から鬼コーチがやってきた

二ノ宮 「お前の体は硬くて不健康そうだ。どれ、柔軟してやろう。まずは首からだ。480°回してやる」
まき絵 「私はクラブ教えてあげるね。このクラブはトゲがあって名前はエスカリ●ルグっていうの」



420 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 07:11:18 ID:???
ちょwwwぴぴるぴwwwwww

421 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 07:16:15 ID:???
キwwwwwwwwwwタwwwwwwwwwwコwwwwwwwwwwレwwwwwwwwww
二ノ宮お姉様エロスwwwwwwwwww

422 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 08:27:54 ID:???
パルウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!貴様あぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!!
GJ。

423 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 09:00:43 ID:???
ここは年上好きが集まるインターネッツでつね。

424 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 09:11:49 ID:???
お姉さま(;´Д`)ハァハァ

425 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 09:22:20 ID:???
ネギまにかけていたはすっぱな姐さんキャラが今ココに!!

426 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 09:49:15 ID:???
オナ禁中の息子から変な液が出た
謝罪と賠償を(ry

二宮先生に暴言吐かれながら足コキされてえええええええええええええええええええええええ

427 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 10:03:14 ID:???
うはwwwド●ロちゃんwww超GJ!!

428 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 10:58:05 ID:???
何だかんだ言ってみんな大人の色香に飢えてたんだなwwwwwwww

429 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 13:22:50 ID:???
二ノ宮しずな刀子の3人の時代がきそうだ

430 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 14:10:05 ID:???
熟女四天王

にのみー
しずな
刀子
那婆

431 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 14:13:17 ID:???
熟女四天王

にのみー
しずな
刀子
那婆

432 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 14:17:28 ID:???
2回もムチャシヤガッテ…

433 :431:2006/06/04(日) 14:34:31 ID:???
>>430
あれ、俺が居る………

434 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 14:52:46 ID:???
>>414
茶々丸かわいいよ茶々丸
ってか茶々丸好きの全米が感涙した
GJ!

435 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 15:21:08 ID:???
全米の茶々○好きだろw

436 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 15:33:39 ID:???
茶茶丸好きの全米wwwどんな全米やねんwww

437 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 15:57:48 ID:???
>>436
NASAの全技術を持って茶々丸を繕うともくろむアメリコです

438 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 16:35:58 ID:???
量産型茶々丸シリーズ欲すぃ

439 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 16:54:17 ID:???
じゃあ姉貴とその所有者は俺が貰って行きますね。

440 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 17:17:38 ID:???
残念
それは弐集院だ

441 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:01:59 ID:???
>>409
ぴぴるぴー…GJ!

442 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:02:44 ID:???
うわ、リロってなかったorz

443 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:12:15 ID:???
>>442
バカ野郎!
お前の代わりに俺がまき絵とにのみーとついでに千雨にぴぴるぴ〜されてやるから、部屋に篭って反省しやがれ!

444 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:19:57 ID:???
>>443
バカ野郎!
ついでなんていうくらいなら俺がちうとおまけでザジにぴぴるぴ〜されてやるからそこをどけ!

445 :新田:2006/06/04(日) 18:21:31 ID:???
じゃあ私は3Aの皆にぴぴるぴされてこよう!

446 :銀時:2006/06/04(日) 18:23:22 ID:???
>>444
バカ野郎!
二人は譲るから俺はまき絵とぴぴるぴ〜するぞコノヤロー

447 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:24:54 ID:???
>>443
バカ野郎!
おまけでなんて言うくらいなら俺がザジと一応でザジの使い魔にアッー!

448 :せるひこ:2006/06/04(日) 18:26:04 ID:???
ちょ!?に、にに、新田先sアッー!

449 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:26:13 ID:???
>>446
巣に帰れフリーター侍

450 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:28:08 ID:???
>>445
ブタ箱に帰れストーカー教師

451 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:41:34 ID:???
馬鹿ばっかwwwww








でもおまえらみたいな馬鹿嫌いじゃないぜ。

452 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 18:51:05 ID:???
俺もバカは嫌いじゃないヨ









新田は嫌いだけどな!

453 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 19:17:08 ID:???
>>62
違うよ。
デビューはダイヤモンド。天体はその次

454 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 19:19:31 ID:???
このスレに馬鹿じゃない奴がいるのか

455 :真名ちゃんもっこり日記69:2006/06/04(日) 19:25:05 ID:???
流れを切るようで悪いけどネタ投下しますね。

真名ちゃんもっこり日記69

某日、昼
今日は何にしよう。
いつになく、何を食べて良いのか迷っていた。
「さっさと決めろ」
そう急かすな刹那。そこで目を引く旗を発見。

CoCo一番屋

正面にあるメニューを見て何を頼むか考えていた。
「刹那、お前は何を頼む?」
「野菜カレーでいい」
刹那はもう決まった。私は何を頼もうかと思った時、ふと頭に浮かんだ。

―ココイチの10辛って食ったことないな―

「10辛に挑戦してみよう…」
「やめておけ、無茶すぎる」
そんなことを言われるとますますやりたくなった。
暑くなってきたので意を決し中に入る。
二人でカウンター席にメニューを見た。
こ、これは・・・

実際の表記
4辛 超辛!極辛!好きな方はやみつき。
5辛 辛さに挑戦!!という方向け。辛さと勝負。
6〜10辛 過去に5辛を全て食べた方に限らせていただきます。
     激辛のランク度が増していきますので徐々に試してください。

456 :真名ちゃんもっこり日記69:2006/06/04(日) 19:25:43 ID:???

「すみません。野菜カレーを」
「ご飯の量と辛さはどうされますか?」
「普通でお願いします」
刹那が注文し終えた、次は私だ。
「そちらの方は?」
来た!
「えーと……シーフードカレー」
「ご飯の量と辛さは?」
「あ、1辛で」

「…」
何も言わずに出されたカレーを食べる私と刹那。
「…」
そのまま会話なしで会計を終えた。
「ははは。やはり辛いカレーは徐々に辛くしていかないとな」
「…」
何か言ってくれ刹那…このままでは空しいだけだ。
「いや、そのさ。お前も言っただろ無茶って、だから私は普通に1辛で…」

「根性なし」

グサッ

「負け犬」

ドスッ

これほど自分が情けないと思ったことはない日だった…
うわあああああああああああああああああああああああああああああああん!アキラーーーーーー_| ̄|〇


457 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 20:40:10 ID:???
>>456
刹那毒舌wwww
今度はチキンカレー頼んでしまえ。

458 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 20:43:43 ID:???
CoCo一のは辛味に旨味が足りないんだよなァ

>>453
それなんてバンプ オブ チキン?

459 :刹那:2006/06/04(日) 20:52:19 ID:???
BUMP OF SETUNA……言ってみたかっただけとです。

460 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 20:58:34 ID:???
インスパイアネタ投下します

でもなんだか過去にこのスレでこんなネタがあって
問題になったようなデジャヴが襲ってくる
気のせいなのかな?

投下〜

461 :生教の二ノ宮さん:2006/06/04(日) 21:00:20 ID:???
生教の二ノ宮さん


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している。その教員は生徒たちからは親しみを込めて”生教の二ノ宮さん”と呼ばれている


二ノ宮 「さて、今日の質問票は何が書いてあるかな?」

Q 三年女子、A・O

私にはつきあっている同性の恋人がいます
でもその恋人はいつも浮気ばかりして・・・もう耐えられません
この浮気性の恋人を何とかする方法はないでしょうか?

二ノ宮 「ふむ・・・だったらこれだな」

A 生教の二ノ宮より

古来から伝わる方法を試してみてはどうだろうか?
その方法とは相手の下の毛を剃ってしまうという方法だ
下の毛というのは陰毛のことだ。わかるな?
こうすれば恥ずかしいという感情が沸き、別の人間に手を出すということはなくなる場合がある
ただし二点問題がある
1.自分がつるつるの恋人を許せるかどうかというところ
2.相手が結構な変態さんで、つるつるでも問題なし。むしろ大歓迎
の場合は効果がない。そのときはまた相談してくれ。以上

二ノ宮 「さて、恋する乙女よ。頑張れ」



462 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 21:12:23 ID:???
新シリーズキター!(゚∀゚)
アキラの頼みなら下どころか全部剃ってくれるだろう。

463 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 21:19:48 ID:???
にのみーカッコイイw
というか・・・アキラバレバレだよアキラwww

464 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 22:11:53 ID:???
ザジ「こう見えても私結構力あるんですよ」
ネギ「そうなんですか」
ザジ「証拠に地球を持ち上げます」
ネギ「ほ、本当ですか!?」
ザジ「えいっ!」
ネギ「す、すごい!」
クー「アイヤー、負けたアル」
楓「む、やるでござるな。」
ちう(ただの逆立ちじゃねーか)

465 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 22:14:15 ID:???
二ノ宮祭りktkrwwwwwwwwww

>>464
シュールwwwww

466 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 22:16:36 ID:???
>>464
もしかして、月まで1秒ネタやった人?
こういう系の好きだなー!!

467 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 22:19:24 ID:???
>>466
残念違う人。月一秒ネタの人すいません。

468 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 22:26:43 ID:???
>>464 くーへがかわいい

469 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 22:32:46 ID:???
>>464
おー、ザジって力持ち・・・ってwwwww


あと1ヶ月でこのスレは一周年じゃね?

470 :さよ 小さな知識:2006/06/04(日) 22:34:40 ID:???
さよ 小さな知識


さよ 「今晩は、夜の妖精、さよです」
アキラ 「さよちゃん、お茶飲む?」
さよ 「ごめんなさい、私お茶飲めないんです。幽霊ですから」
アキラ 「湯気だけでも味わっていって」
さよ 「頑張ります」

さよ 「今日の知識ですが・・・氷についてです」
アキラ 「氷?」
さよ 「はい。地球上の全部の氷が溶けたとしても、海水はおよそ1.7%しか増えないんです」
アキラ 「それだけしか増えないの?」
さよ 「そうなんです。でも・・・」
アキラ 「でも?」
さよ 「それでも海面は55m上昇しちゃうんですけどね」
アキラ 「私、泳げるかな?」
さよ 「無理だと思います。たぶん死んじゃいますね」
アキラ 「泳げなくなる・・・」
さよ 「幽霊ですと、空気で泳ぐことができますよ?」
アキラ 「・・・ちょっと死んでみる」
さよ 「あ、アキラさん!!!」
アキラ 「うそ・・・だ」
さよ 「もう!!でも、待ってますからね」
アキラ 「困るよ」



471 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 23:08:03 ID:???
>>470
ちょwwこっちもシュールww

472 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 23:12:01 ID:???
>>470
アキラに萌え死んだ

473 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 23:14:01 ID:???
>>470
ちょっと高いトコから水のない飛び込み練習してくる

474 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 23:15:46 ID:???
>>470
空気で泳ぐ時は制服?水着?空着?

475 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 23:24:34 ID:???
>>474
★三つのみ身に纏う

476 :470:2006/06/04(日) 23:26:19 ID:???
>>471
dクス
>>472
アキラはやっぱりイイな
>>473
逝くな〜
>>474
白装束。確か下は何も穿かないから・・・バタ足すると・・・
>>475
それはエロ杉

477 :風香 甘えん坊将軍:2006/06/04(日) 23:43:05 ID:???
風香 甘えん坊将軍


1/2
むか〜し、むかし。あるところに将軍様がおられたそうな
しかしこの将軍様、ちょっと困ったちゃんだっだのです


風香 「やべっ・・・」
草木も眠る丑三つ時。ふと目が覚めた将軍様、何かとっても違和感を感じているようです
今、将軍様の寝室には二つの布団が敷かれています
一つは将軍様の布団、もう一つは影武者の史伽さんの布団です
始めは将軍様の寝室で史伽さんが寝ることになったのですが、それは良くないと将軍様が言い始めて一緒に寝ることになりました


将軍様はゆっくりと上半身を起こし、自分にかかっている布団をめくりました
そして足下まで布団をはいだときに、その違和感の原因を理解しました

風香 「わお・・・」
それはうっすらと黄色がかった世界地図でした
どこが麻帆良国でどこが魔法国かはわかりませんが、何となく世界地図です
風香 「やっちゃった」
将軍様は自分の着物をそっと触ります。着物はしっかりと湿っていました

将軍様、おねしょ事件です

478 :風香 甘えん坊将軍:2006/06/04(日) 23:44:00 ID:???
2/2
風香 「何とかしないとあやか姉になんて言われるか・・・」
将軍様、朝のことを考えます。大目玉を食らい、布団と一緒に干されることを想像しているようです
風香 「ふふふ、こんなこともあろうかと・・・」
将軍様、なにやらにやにやしています。そしてあろう事か史伽さんの方を見てこう言いました
風香 「こういうときに、身代わりになってね」
将軍様、鬼畜です

将軍様は、史伽さんとの布団と着物を交換してしまおうと画策しているようです
じわりじわりと史伽さんに近づいて、布団をゆっくりとはがしました
そして史伽さんを脱がそうとしたのですが・・・

風香 「わお・・・」
将軍様の見たもの、それは史伽さんが布団に描き出した世界地図でした
風香 「だめじゃん。おねしょが二つじゃ、怒られるのも二倍じゃん」
絶望にうちひしがれた将軍様は、そのままぬれた布団に戻ってふて寝したそうです
風香 「ぬれた布団って・・・冷たいよね」


翌日、よく晴れた青空の下、布団二つと案山子のような格好で将軍様と史伽さんが仲良く物干し竿に干されています

風香 「結構気持ちいいね、これ」
史伽 「そうですね・・・あ!!!ネギ王子!!見ないでください〜」



479 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 23:46:50 ID:???
ほわぁってなった

480 :マロン名無しさん:2006/06/04(日) 23:49:39 ID:???
すごいほのぼのしてるwwwGJ!

481 :みそら:2006/06/04(日) 23:50:04 ID:???
空気で泳ぐ?

ワタシナンカドーセ一体化シチャウヨ...

482 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 00:06:12 ID:???
>>476
バタ足も何もさよには足が(ry
>>478
心と下半身がほかほかした(*´∀`)

483 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 00:07:56 ID:???
>>478
ほのぼのGJ


通訳

まき絵「あやか〜」
あやか「あら、まき絵。一緒に帰りましょうか」
まき絵「やったー、一緒に帰ろう」

外人「エクスキューズミー?」
まき絵「え?私?」
外人「ちょっとお尋ねしますが、駅はどちらに行けばいいですか?(英語)」
まき絵「え?あ?え〜〜〜と…(あやかを見る)」
あやか「ふぅ(ため息)、駅はあちらに向かって歩いて突き当りを右ですわ(英語)」
外人「分かりました、ありがとうございます(英語)」
スタスタ
まき絵「すごーい。あやかって英語ペラペラだね」
あやか「まき絵も頑張って英語を覚えてくださいね」
まき絵「う〜ん難しいな〜。ってあそこにいるの亜子じゃん、おーい」
あやか「そうですわね、裕奈さんも一緒ですわ」

亜子「まき絵、いいんちょー」
ゆーな「にゃー」
まき絵「ねー亜子。お腹空かない?」
亜子「そうやな。ちょっと空いたかも」
ゆーな「にゃー」
亜子「せやな、ウチも国語の授業が一番眠たかったわー」
ゆーな「にゃー」
あやか「何ですの?」
亜子「マックシェイク奢ってって」

484 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 00:08:28 ID:???
ゆーな「にゃー」
亜子「あかんでお金は計画的に使わんとウチもギリギリなんやから」
あやか「分かりましたわ。私が立て替えてあげますわ」
ゆーな「にゃー」
亜子「やったで〜ゆーな。さすがブルジョワ♪」

ゆーな「にゃー」
亜子「そうやな、おいしいなぁゆーな」
なでなで
ゆーな「にゃー」
まき絵「どうして分かるんだろ」
あやか「二人とも猫属性だからではないのですか?」




485 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 00:20:01 ID:???
ちょwww属性ってかまんま猫www
猫耳ナース亜子を書いた赤松は天才だと思う

486 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 00:23:28 ID:???
>>478
ほんわかしてたのに室伏が暴れだした
俺、わかっちゃいたけど変態なのね

>>484
もはや裕奈は人じゃないよwwww

487 :478:2006/06/05(月) 00:23:52 ID:???
>>479,480,482
ほわんってなってくれて良かった。目的達成
>>481
そのまま風に吹かれて・・・ああっ!飛散してしまう!
>>483
猫つながりwww

488 :350:2006/06/05(月) 01:45:50 ID:???
まあ、その、なんだ、土曜朝に書き込みしてから今頃2ちゃんを開いた訳だが


お 前 等 最 高 だ


さすがににのみー祭りは全く想像してなかったよ!!やべ、マジで泣きそうだ・・・
ちくしょう、俺もまた.にのみんSS作りたくなってきたw 朝に別の投下してからやるか

>>461
つ、続きを期待しててよろしいでしょうか?

>>484
亜子がぬこ語分かってる理由はそうだったのか・・・!

489 :同人天使ハルナちゃん:2006/06/05(月) 02:01:17 ID:???
1/3

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
何でもできちゃうGペン バールのようなもの!

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
魔法の同人で人生 やり直してあげる

いやよだめよこんなのバカバカ
そんなにベタ塗らないで
お願いだから えいっ!

*同人天使 原稿描き描き ハルナちゃん
 同人天使 体は不死身よ ハルナちゃん
 描いて描かせて読ませて
 おも
 妄想って絡んで絡ませて
         あい
でもそれって私の「同人」なの

490 :同人天使ハルナちゃん:2006/06/05(月) 02:02:49 ID:???
2/2

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
万能インクまみれ原稿 パルノート!

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
不思議な原稿で妄想 かなえてみせる

いやんばかんうっふんダメダメ
そんなにネギ×コタしないで
お願いだから えいっ!

※同人天使 汚し汚され ハルナちゃん
 同人天使 銃で撃たれて ハルナちゃん
 読んでボツって破って
  とめ
 描いて晒して発禁られて
           あい
 でもそれって私の「同人」なの

491 :同人天使ハルナちゃん:2006/06/05(月) 02:03:36 ID:???
3/3

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
天才的な妄想 パルズブレイン!

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
かわいい描写で読者 増やしてみせる

はふんあひぃぱぷぅ許して
そんなにネギ挿さないで
お願いだから えいっ!


*繰り返し

※繰り返し

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪


492 :491:2006/06/05(月) 02:17:06 ID:???
うはwwwwずれてるwwww
一応読みとして
発禁られて→とめられて


493 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 02:22:18 ID:???
桜子くんがヒドい目に逢います

494 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 02:34:50 ID:???
俺だって後8時間後にはテストだけど全く勉強してねぇぜ!

よっしゃぁぁ!!!
THE ENDォォォ!!!

495 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 02:37:13 ID:???
うはwww誤爆wwwレスの内容が内容なだけな恥ずかしいwww

496 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 02:51:29 ID:???
俺も日本史と古典どうしよう………orz
中間万歳wwwwww

497 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 02:56:11 ID:???
頑張って俺の現役時代の称号『エイトマン』(←8点ばっか取ってた)を超えてくれ!!

498 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 03:38:58 ID:???
エイトマン……弾丸よりも速く………
ん……?つい最近どこかで………

パラレルワールドかな?

499 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 03:39:22 ID:???
テスト対策

千雨「ったく、中間テストかよ…やる気でねーな」
桜子「大丈夫だよ千雨ちゃん」
千雨「出やがった…」
桜子「そんなときこそこれ!」
千雨「鉛筆?」
桜子「ほら今度のテスト、マークシートじゃん。こうやって1〜6の数字を掘って」

ゴスッ
千雨「アホか」
桜子「ひどいよ〜千雨ちゃん専用まで作ってきたのにー」
千雨「私専用?」

千雨ちゃんをじらしちゃう♥ 千雨ちゃんとちゅー♥ 千雨ちゃんとH♥
千雨ちゃんと手を繋いじゃう♥ 千雨ちゃんを攻めちゃう♥ 千雨ちゃんと寝ちゃう♥

千雨「ほ〜、いい度胸だ。お前にも一本作ってやるよ」

桜子「何これー!『パシリ』と『ザジとのH鑑賞のみ』だけってー!しかも一つ『氏ね』って入ってるよー」
千雨「何言ってんだ。ちゃんと当たりを“てっぺん”に入れてやっただろう」(先ほどの鉛筆は没収済み)


500 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 04:12:29 ID:???
>>499
こら千雨。鉛筆さいころをなめてはいかん。
それを使ってクイズで一千万取った奴もいるんだぞ!(と言っても人から聞いただけ出からホントかは知らないが)
つーか千雨がどんどんワルになってる状況はどうにかした方が良いんではないかと思うのだが皆の意見はどうだ?
まあ、一ついえることは G J ! と言う事だけだな。

501 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 04:16:16 ID:???
俺は●千雨として別物と割り切ってるからおk。つーか、むしろ好きw

しかし千雨よ、桜子ならてっぺんの出目を出すやも知れんぞ?

502 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 04:21:26 ID:???
つか、この手の話題は議論スレだったな。こっちに書いてごめん

503 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 04:31:47 ID:???
そういえば最近桜子の賭博属性がすっかりなりを潜めちゃったな。
麻雀のひと今何してるんだろ?

504 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 04:33:48 ID:???
●って言うかただの不良だな

505 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 07:04:31 ID:???
違う!ちうが吸ってるのはタバコじゃない!
レロレロキャンディーだ!

506 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 07:06:56 ID:???
DQNちうは何が原因で広まったんだっけ??

507 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 07:07:52 ID:???
>>498
早漏乙

508 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 07:11:23 ID:???
>>506
広まった、ってイミならもっこり日記じゃね?

投下いきまーす。つい勢いでやってしまいました。ごめんなさい
最近、短く纏める事が出来なくなってきた・・・

509 :天使のキーホルダー:2006/06/05(月) 07:11:55 ID:???
天使のキーホルダー

1/5

 放課後。私たち運動部は今日も今日とて部活に励む。
「んじゃ、また後でね〜♪」
 亜子とアキラの二人と別れ、私とゆーなは体育館に向かう。梅雨入り前のこの季節。そろそろ体育館での練習が
辛くなる季節だね〜。
「うう〜、暑いよ〜」
 私がグチをこぼすと、ゆーなはやれやれとばかりに苦笑した。
「ほらほら。そんな調子じゃにのみーに怒られるぞっ!」
 こつん、と私の頭を小突き、ゆーなはぱたぱたと更衣室へ駆け出していく。
「あっ、待ってよゆーな!」
 慌てて私も追い掛ける。そんな、いつもと変わらない日常だった。

「―――あれっ?」
 着替えを済ませた私は、不意にスポーツバッグに目をやる。
「私の天使がないよお……!」
 ないない! バッグに付けてた天使のキーホルダーがないっ!
「あっちゃー、見事に千切れちゃってる」
 ゆーなはバッシュに履き替えながら、私のバッグをしげしげと眺める。そこには、主をなくしたチェーンが
虚しく垂れ下がっているだけだった。
「天使も旅立ちたい年頃なんだよ、きっと」
 いつもの調子でゆーなは軽口を叩く。けど、ごめん……。今はとても笑える心境じゃない……。
だって、あのキーホルダーは私のお気に入りだったから……。
「え、えっと、朝練の時はまだあったの?」
「うん……」
 ゆーなの問いに、私はしょんぼりしながら答えた。間違い無く、朝はちゃんと付いてたのに……。
「あ、あのさ、教室で落っことしたんなら、今頃ネギ君の元に届いてるかも」
 だと、いいんだけど……。

510 :天使のキーホルダー:2006/06/05(月) 07:13:20 ID:???
2/5

 ずーんと沈んだまま、私は部活に向かった。いつもの練習が、ちっとも頭に入らない。
「どうしたまき絵。今日は元気がないな」
「ご、ごめんなさい……」
 二ノ宮先生に注意されても私は部活に集中出来なかった。今すぐ探しに行きたい。そんな思いで一杯だったから。
 不意に、視線を感じた。
 見ると、バスケのコートからゆーなが私を伺っている。どことなく、淋しそうな顔で。
(心配してくれてるんだ、ゆーな……)
 大丈夫、といわんばかりに、私は笑顔を作って手を振った。そう、いつものように。
(ゆーなってば、ああ見えて心配性なんだよね……)
 ほんの少しだけ、沈んでた心が軽くなった。心配掛けちゃってごめんね、ゆーな。
「よーし……!」
 ゆーなが見てるのだからここからはちゃんと練習しなきゃ! 今は部活に集中だよっ!
 ようやく本来の動きを取り戻した私に、二ノ宮先生はほっと胸を撫で下ろした―――

 午後六時前。正規の練習時間はこれでおしまい。ここからは各自で自主練なんだけど……。
「お先に失礼しまーすっ!!」
 私は早々に部活を切り上げ、ひとまずネギ君を探した。
「落し物、ですか?」
 世界樹でくーふぇと組手をしていたネギ君に尋ねたけど、どうやらネギ君も知らないみたい。私の天使さん、
一体どこいっちゃったんだろう……。
 やむなく私は今日一日の足取りを振り返った。そして、手当たり次第に捜索を続ける。
 天使のキーホルダー。
 それは私にとって、すっごく大切なものだったから―――

 不意に亜子からのメールが届いた。気が付くともう、待ち合わせの時間になっていた。
『ごめんね。まだ用事が残ってるから、先に帰っちゃっていーよ』
 メールを返信し、私は天使さんの捜索を続けた。いつもなら四人揃って寮へ帰る時間だったけど、
今日見つからなければ、もう出てこない気がしていたから。

511 :天使のキーホルダー:2006/06/05(月) 07:13:57 ID:???
3/5

 日が沈み、すっかり薄暗くなっても、私の天使は見つからなかった。携帯のライトで探し回ったけど、
そろそろ限界だった。これだけ探しても出てこないのなら、もう諦めるしかない。
「ごめん、ゆーな……」
 私はぽつり、とゆーなに謝った。だって、あの天使のキーホルダーは、ゆーなからのプレゼントだったから。

『まき絵。お誕生日おめでとう』

 もうすぐ二年生になる頃。私の誕生日に、ゆーなが私にプレゼントしてくれた天使。
 一目で私はその子を気に入ってしまった。だって、笑った顔がゆーなにとっても似ていたんだもの。
 だから、私はずっとスポーツバッグにつけてたんだ。こうしていれば、ゆーながいつも見ていてくれるような
気がしたから。
 練習が辛い時も。
 試合の直前で緊張している時も。
 ゆーなが見ているから、カッコ悪いトコは見せられない。そうやって、ずっと頑張ってきたのに。
「ごめんね、ゆーな……」
 もう一度ゆーなに詫びながら、私はとぼとぼと学校を後にした。

「あれっ? まき絵一人なん?」
 部屋に戻るなり、亜子がそんな事を呟く。私が首を傾げると、亜子は事情を説明してくれた。
「や、ゆーなも用事あるゆーて、まだ帰ってこんのや。てっきり二人一緒なんや思うとったんやけど……」
 そう、なんだ……。帰ったら真っ先にゆーなに謝りたかったんだけどなあ……。
「うーん……。ゆーな電源切っとるみたいやなあ……。お父さんと食事でもしとるんやろか?」
 亜子が携帯で連絡を取ろうとしたけど、ゆーなに繋がらないんじゃ意味が無い。
「私、ゆーなに用があるから、ゆーなの部屋で待ってる!」
 私は着替えを済ませ、ゆーなの部屋に向かった。すると部屋から出てきたアキラとばったり出会う。
「あ、まき絵。ちょうど良かった。私これから真名の所へ行くから……」
「お留守番だね。うん、分かった!」
 いそいそと出掛けていくアキラを見送って、私はゆーなの帰りを待った。

512 :天使のキーホルダー:2006/06/05(月) 07:14:38 ID:???
4/5

 時計の針は午後九時を指している。ゆーな遅いなあ……。
 こうして一人で待ってると、得体のしれない不安が襲ってくる。ゆーなにもらった天使が消え、ゆーなもまた、
私の前から居なくなるんじゃないか―――、と。
「あ、あはは……。そんなワケないよねっ!」
 一人で喋ってても、虚しくなるだけ。カチカチカチ……、と時計の音が耳に障る。
「ゆーな……」
 このままじっとしていたら気が滅入ってしまう。私は台所を拝借して食事の支度を始めた。
こうして美味しいものを作って待ってれば、ゆーながひょっこり帰ってくるかもしれない。
「ゆーなってば、妙にタイミングがいいもんねっ!」
 そして、私の予想は的中する。
「たっだいま〜っ! まき絵来てるの〜?」
 焼き魚に卵焼き。一通りのおかずが出来上がったのと同時に、玄関からゆーなの声が響いたんだ。
「おっ、いい匂い♪ あたしもうお腹ぺこぺこだよ〜」
「おかえり、ゆーなっ!」
 私はつい、いつもの調子でゆーなに飛び付いてしまう。っとと、いけない。まずは謝んなきゃ。
「ゆーな、あのね……」
「ちょい待った。その前に……」
 私が話し掛けようとするのを制して、ゆーなはごそごそとポケットの中からあるものを取り出した。
「えっ! そ、それは……!」
「ほい。アンタの探し物。もうなくすなよー?」
 ゆーなから手渡されたもの。それはあの天使のキーホルダーだった。
「もしかしてゆーな……、今までずっと探してくれてたの?」
「うん、まあ、そうなんだけど……。随分遅くなっちゃった」
 ゆーなは照れくさそうに頬を掻く。そして、何事も無かったかのように話し掛けてきた。
「お陰であたしははらぺこさんだよ〜。まき絵はもう食事済ませた? まだだったら一緒に食べよっ♪」
「あり…がと……!」
 そう、答えるのがやっとだった。
 ゆーなからの二度目のプレゼントは、私の涙腺を決壊させるのに充分な破壊力だった。

513 :天使のキーホルダー:2006/06/05(月) 07:15:31 ID:???
5/5

「ありがとう、ゆーなっ!!!」
「きゃっ!? ちょ、ちょっとまき絵?」
 歓喜のあまり、私はゆーなを抱きしめた。そして、思いっ切りゆーなの胸で泣いた。
「あはは……。こいつはまた派手な喜び方だねえ……。アンタ、あの時より感激してない?」
 あの時というのはきっと、最初にプレゼントをもらった時なんだろう。やっぱりゆーなも覚えてたんだ。
「だって……。これはゆーなとの友情の証だもん!」
 私が顔を上げて答えると、
「んな大袈裟な……」
 ゆーなは頬を赤くしながら、やれやれといった表情で呟いたんだ。
「でもまあ、アンタがこんなに落ち込むなんて思わなかったからさ、よっぽど大事にしてくれてたんだね。
あたしもプレゼントしたかいがあった、ってワケか」
「うんっ!!」
 笑顔満面で私が頷くと、ゆーなも嬉しそうに目を細める。
「あははっ、じゃあごはん食べよっ! まき絵の手料理は絶品だからね〜♪」
「え、えっと、今日は簡単なのしか作ってないから。また今度、ちゃんとした御馳走を作ってあげるよっ!」
「うっそマジで!? うわー、すっげ楽しみ〜♪」
 きらきらと目を輝かせながら、ゆーなはちょこんとテーブルにつく。そして、私に聞こえないように、
ぽつりと小声で囁いたんだ。えっへへー、私の地獄耳を甘く見てたでしょ? バッチリ聞こえちゃったもんね!
 ゆーなが囁いた一言。それは……、

「よかった。まき絵はやっぱり笑顔じゃないと……」

 普段は滅多に見せない穏やかな笑顔で。ゆーなはそう言ってくれたんだ。
 ふふっ、やっぱりゆーなには敵わないなあ……。私の自慢の親友だよ……。
 ありがと、ゆーな……。
 私は心の中でそう呟きながら、はらぺこさんのゆーなに晩御飯をふるまうのだった―――

(おしまい)

514 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 07:16:27 ID:???
はい、いつものカプと違ってまきゆーです
どう見ても>>252さんの影響です。本当にありがとうございました
しかも過去の誕生日ネタを絡めた内容。ずっと誕生日SSばっか書き続けてたせいですね。反省

浮気をする真名さんの気持ちが分かる今日この頃。まあ、前に亜子ちうやったから
これでおあいことゆーコトで一つ。まきゆーもいいものだ・・・!
この二人、チャリで二人乗りしてる絵がすごく似合うよーな。俺だけですかそうですか
ではまた

515 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 07:22:26 ID:???
ちょww朝っぱらからGJ杉wwww

516 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 07:22:30 ID:???
まきゆーやっほおおおおおおおおおおおおおおおい

まあ俺は二ノ宮先生が出ただけでご飯3杯いける

517 :514:2006/06/05(月) 07:28:43 ID:???
>>515
ちょww俺の方がびっくりしたってww朝っぱらからレス早っ!

>>516
うむ。にのみーが遠慮なく書ける流れになって嬉しい限りだ
予告出来る、次はにのみーだ、と・・・!!

518 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 11:13:38 ID:???
神だ神が降臨したんだ
GJ!!!!

519 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 12:41:59 ID:???
にのみーみたいなお姉さんがほしいです

520 :新田:2006/06/05(月) 12:58:38 ID:???
>>519
私みたいなお兄さんはほしくないかね?

521 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 13:10:48 ID:???
新田みたいなサンドバックなら欲しい。

522 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 15:44:07 ID:???
>>521
なんか袋が破れたらカルピスが飛散しそう…

523 :真名ちゃんもっこり日記70:2006/06/05(月) 16:20:14 ID:???
>>522
遠距離からモデルガンの的にしちゃえ

議論スレでキャラの使い方について言っているのを見ました。
ネタのためとはいえ少し調子に乗りすぎたことをお詫びします。

真名ちゃんもっこり日記70

あの恥ずかしい思いから3日後
リベンヂバトルを行うことになった。
辛いカレーは、ごちゃごちゃ具が乗ってると味が分かんなくなる。
よって、ノーマルのカレーで攻めようと思う。

今回も刹那を(無理やり)連れて着席。
そう怒るな刹那、今回は私がカレーを奢ってやる。
「ご注文は?」
「ポークカレー10辛で」
10辛と言った瞬間、皆の視線が集まった。隣の奴まで私を見ている…カレー食ってろ。

ドキドキしながら平静を装いつつ、携帯でメールとかしてるフリをする。
あ〜どうしよう、食えなかったら本当に恥ずかしい。
「お待ちどうさまです、ポークカレーの10辛です」
キタ━━(゚∀゚)━━

でろ〜〜〜ん(写真がないので残念だが表現としてそんなかんじ)

心なしかかなりドロドロしてる。見た目的にエグイ。匂いもきつい、つーか痛い。
だがもう頼んでしまったのだ!覚悟を決めろ真名!!
「いただきます」
パクリ


524 :真名ちゃんもっこり日記70:2006/06/05(月) 16:21:51 ID:???
お、辛い。でも食えなくはない。なんだよ、結構普通に食えるじゃん。

10秒後
辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い
辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い
辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い
辛いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

10辛の猛攻撃がスタートしはじめた!辛い!そして痛い!!
この時、私の目は初めてアキラを抱いた時のようにウルウルしていた事だろう。
「えぇ、試しに一口貰いましたが溶岩を食べてるようでしたよ」(後日刹那談)
ここで挫けるな、皆にばれるぞ!
根性で掻きこみ、水を10杯ぐらい飲んでようやくあと一口になった。
「うおぉぉぉぉぉ!」

パクッ

しゅ、終了〜〜〜
泣きながら会計した(マジ
隣の刹那も泣いている。どうした?私の奢りのチキン煮込みカレーはまずかったのか?

結論
二度と食うか!


半ノンフィクションでお送りしました。
少しネタの組みなおしのためしばらく日記は中止いたします。

525 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 16:59:34 ID:???
お疲れです
議論スレ見ましたけどあなただけのせいではないですよ

やりすぎし否めなかったけど私は楽しかった
職人は迎合しすぎてもいけないと思いますよ
早々の復帰お待ちしております

526 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 18:57:14 ID:???
GJ!

日記がパワーうpして帰ってくるの待ってる!

527 :生教の二ノ宮さん:2006/06/05(月) 20:42:40 ID:???
生教の二ノ宮さん


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している。その教員は生徒たちからは親しみを込めて”生教の二ノ宮さん”と呼ばれている


二ノ宮 「今日は・・・一通か」

Q 三年女子 A・I

最近、いいたゆんに巡り会いません
いい乳はあらかじめガードされています
巨乳過ぎない美乳に巡り会いたいんやけど・・・センセ、揉ませてくれへん

二ノ宮 「あの馬鹿たれか」

A 生教の二ノ宮より

馬鹿者。いい乳ががガードされているのは、お前のたゆんが独りよがりなものになっているんではないか?
相手が気持ちよければガードなんてされていないはずだ
一度、お前のたゆんがどんなものか判定してやる

いつでも揉みに来い

二ノ宮 「変なたゆんしたら・・・揉み倒してやる」



528 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 20:44:49 ID:???
にのみーtueeeeeeeeeeeee!!!!!そしてeroooooooooooooi!!

529 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 20:53:17 ID:???
にのみー最強説急浮上wwwwwwwwwwww

530 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 21:01:50 ID:???
二ノ宮茉莉じゃあああああああああああああああい

531 :527:2006/06/05(月) 21:16:05 ID:???
>>528
いやいや、男気溢れる先生なんです
>>529
長ネギは持ってないよwww
>>530
祭られてもwww

投下〜

532 :生教の二ノ宮さん:2006/06/05(月) 21:20:30 ID:???
生教の二ノ宮さん


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している。その教員は生徒たちからは親しみを込めて”生教の二ノ宮さん”と呼ばれている


二ノ宮 「おや、さっきまで入っていなかったのに・・・」

Q 三年女子 M・K

最近、私の晩酌につきあってくれる人がいません
先生、飲みませんか?

二ノ宮 「そうかそうか。よしよし」

A 生教の二ノ宮より

場所:くいもん屋五月
時間:明日、午後八時
会費:1、000円(学割だ)

一応、教員側の参加は私としずなだ。生徒側はそちらで何人でも呼んできてもかまわないぞ

二ノ宮 「生徒と飲む、これって結構先生の楽しみだったりするんよだな」



533 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 21:36:35 ID:???
祭り継続じゃああああああああい

俺も1レス投下

534 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 21:37:35 ID:???
部活も終って日の暮れた体育教官室
二ノ宮「ん?なんでしずながこんな時間にここにいるの?」
しずな「別にいいじゃない、二ノ宮を待ってたって事で」
二ノ宮「はは、それはどうも」
しずな「あら冗談じゃないわよ」
二ノ宮「?」
しずな「最近まき絵ちゃんとか新体操部員と色々盛んだって噂があるのよ」
二ノ宮「おっとばれてたか」
しずな「生徒とのそういう関係はまずいと思うわよ。それに私がいるのに」
二ノ宮「すまんって、もしや焼きもちか?」
しずな「ふふ、そうかもね…」
「バッ!」いきなりしずなが二ノ宮をベッドに押さえ込んだ
二ノ宮「ちょっと待て!ここでする気か!?」
しずな「駄目なの?最近相手にしてくれないから我慢できないんだもの」
二ノ宮「だってまだ生徒や先生方も…んっ!」
しずな「見られるってのも快感でしょ?特に二ノ宮は」
二ノ宮「そ、そんなこと…」
しずな「二ノ宮ってする時はいつもと性格が180度変わるわよね、そこが可愛いんだけど」
二ノ宮「ちょっとしずな、いきなりそんなにしたら…」
しずな「壊れちゃうって?生徒に手を出さないように私を忘れられなくしてあげる」
二ノ宮「ハア…しずな…私もう…」
しずな「あらもう限界?じゃあ最後にいくわね」

まき絵「失礼しま〜す!二ノ宮せんs…え?」
二ノ宮「ま、まき絵!?いやあのこれはだな…」
しずな「あらあら見つかっちゃいましたね」

まき絵「…邪魔してすいません…私はやっぱり遊びだったんですね…さようなら」


535 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 21:55:45 ID:???
うはwww二宮祭りktkrwww
もっこり日記大好きだったのに…復活待ってます!

536 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 21:56:10 ID:???
>>534
そこでまき絵も入れて3Pですよ。大人の濃厚なテクでまき絵もメロメロさ!

537 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 22:38:29 ID:???
二ノ宮祭り美味しすぎ

>>514
>>252ですが
気が付いたらPCの画面が鼻血で真っ赤になり大変な目にあった
オマケに涙腺まで大決壊した。せ…責任とってください…っ!
それと神と言わせて下さい

538 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:04:09 ID:???
初めて投下しようとしたはいいが、
大きく描きすぎて顔が潰れた
ttp://p.pita.st/?gebp9s7u

539 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:12:04 ID:???
>>538
(・∀・)イイ!!
逆ささよってあんまり無いかも
GJ!!!


540 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:14:24 ID:???
>>538
スカートがめくれてないのは何故なんだぜ?

541 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:26:32 ID:???
>>419
あれ以来まき絵とドクロちゃんが同じように見えて仕方が無い

http://www.imgup.org/iup217712.jpg.html

542 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:28:09 ID:???
>>538
さよっちかわい〜!!

543 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:29:29 ID:???
>>541
髪型とおバカ(一直線)なとこは似てると思うなーw
でも漏れん中ではアキラなんだな。
真名にな〜んでもできちゃうバットでオシオキw

544 :538:2006/06/05(月) 23:35:05 ID:???
皆レストンです
初投下で3レスもつくとは思わんかった

>>540
自分にそこまで描ける絵のスキルが無いからなんだぜ

545 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:35:14 ID:???
亜子は当然べノムちゃんだな

546 :マロン名無しさん:2006/06/05(月) 23:47:56 ID:???
>>544
言い忘れてた GJ普通に上手いよw
スキルアップしてパンチラとかパンチラとかあとパンチラも書いて欲しいんだぜ

547 :514:2006/06/06(火) 01:45:59 ID:???
うはwww今日もにのみー祭り継続してるwwwwwタマラナスwwwww

で、遅レスごめん
>>518
それは言いすぎw崇めるのはにのみーにしなさいw
>>537
貴方もかいw
いやしかし、貴方の神絵のお陰でその気になったのでおあいこだったり
これからも目尻の下がるイラストをお待ちしています!


>>524
個人的には貴方のすっ飛んだネタが大好きでした
早めに復帰して100話を目指して下さいね

>>527
やはりにのみーにたゆんは通じないのか・・・!
>>532
例え美砂や酔ったしずな先生が暴走しても、
にのみーはまったりさっちゃんと相手に飲んでるんだろうなあ・・・。
このシリーズにめっさ期待してます!GJ!!

>>534
早くも修羅場wwww

・・・俺もバイトぎりぎりまで作ってたけど間に合わなかったよ(´・ω・`)
またしても朝方に投下か・・・orz

548 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 03:41:07 ID:???
五月屋

五月 いらっしゃいませ。
二ノ宮「へー、結構本格的に出来てるじゃん」
五月 それはどうも。こちらがメニューです。

亜子のひみつ 葉加瀬のひみつ 和美のひみつ 
アキラの苦労 ゆーにゃの飼い方 茶々●VSセリ○
千雨のネギ○5ネタバレ ザジの正体 まき絵の可愛さ
エヴァンジェリンの心温まるちょっといい話
刹那の焼き鳥講座 もっこり真名ちゃんのもっこり具合 ALL時価

二ノ宮「えーと。まき絵の可愛さを」
五月 はい
ごにょごにょ
二ノ宮「…!」
五月 さらに…
ひそひそ
二ノ宮「う゛っ」(鼻血)
まき絵「やっほーさっちゃん。あやかのネタないの〜」
五月 残念ですがまだありません。
まき絵「え〜残念〜。あれ二ノ宮先生どうしたの?」
二ノ宮「まき絵、奥の部屋で新しい新体操の特訓よ」
まき絵「えっ!?どうしてちょっと引っ張らないでー!」
五月 一泊2000円、完全防音ですので絶対音は漏れませんよ。
二ノ宮「ありがとう つ2000円札。さぁイクわよ」
まき絵「きゃーあやかー」

あやか「あら五月さん。この近くでまき絵を見ませんでしたか?」
五月 知りません。

549 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 05:44:24 ID:???
2000円札!?おいおいサギだぜ!!
そんなお札は存在しないぜ!!

550 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 06:29:15 ID:???
>>549
いや突っ込み所はそこじゃない!!

さっちゃん黒www

551 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 06:59:06 ID:???
>>548
以前まきあやでにのみー登場させてた俺はどうしてもにやにやしちまうぜwwwGJ!
そしてさっちゃん、茶々●VSセリ○について詳しく聞こうか



さて、完全に出遅れた感のある二ノ宮先生祭りに参加します
もういっそにのみーの相手はこの子でいいんじゃね? と完全にシュミに走りました
つーか、このネタ自体が久々です。ラストで何か混ざってるし・・・。ごめんなさい

にのみーかわいいよにのみーとほざきながら投下〜

552 :四姉妹?:2006/06/06(火) 06:59:48 ID:???
四姉妹?
1/5

「そっくりやなあ……」
「そっくりです……」
 体育の授業中。妹二人の視線は姉と教師に注がれていた。
「ん? どうしたの二人して」
 いち早く視線に気付いた円が声を掛けてくる。すると妹二人は少しおどおどしながら答えた。
「い、いや、円お姉ちゃんと二ノ宮先生って、すごく似てるなあ、って……」
「せ、せやせや! べ、別に円お姉ちゃんが大人んなったら、あんな風に色気ムンムンになるとか思うてへんよっ!」
「―――おねーさん、正直な子は大好きだわ……」
 はは、と苦笑しながら円はしげしげと体育教師を観察する。
 二ノ宮先生。麻帆良学園本校女子中等部において、彼女は生徒達の憧れの存在であった。
 抜群のスタイルに、凛とした表情。
 それでいて性格は気さくで、頼り甲斐がある。そんな彼女を慕う生徒は数多い。
 だから、妹二人の感想はまんざらでもなかった。
「二ノ宮先生かあ……。カッコイイよね……」
 円までもがうっとりとした視線を注いでいると、ようやく二ノ宮先生は自分が見られている事に気が付いた。
「どうした? 私の顔に何かついているか?」
 ずいっ、と二ノ宮先生は三姉妹に顔を近付け、くすりと微笑む。
「い、いいえそのっ! あわわわ……!」
「セ、センセ、顔近付けすぎやっ!」
 美形のアップというものはそれだけで充分な破壊力がある。本人も分かっててやってるのだからたちが悪い。
すっかり顔を赤くしてわたわたする妹二人に苦笑しつつ、円は率直に尋ねた。
「先生。私ってそんなに先生と似てますか?」
「む、まあな……。釘宮は私の若い頃にそっくりだよ」
 二ノ宮先生は少し驚いたような表情を見せ、すぐさまにやりと笑った。
「そうやって同性に好かれる所とか、な」
「あはは……」
 べったりと両脇を亜子と史伽にしがみつかれた状態で、円は乾いた笑い声を漏らした。

553 :四姉妹?:2006/06/06(火) 07:00:23 ID:???
2/5

「しかし……、私にはこんな可愛らしい妹分はいなかったぞ」
「きゃ?」
「ひゃいっ?」
 二ノ宮先生はにやにやしながら亜子と史伽の頭を撫でた。思わず二人は可愛い悲鳴を上げる。
その反応に満足しつつ、二ノ宮先生はこっそりと円の耳元で囁いた。
「―――で、釘宮の本命はどっちなんだ?」
「そそそ、そんなんじゃないですって! オヤジ入ってますよ先生!」
「ほほう、誰がオヤジだ」
 実にいきいきとした表情で、二ノ宮先生は円のこめかみにぐりぐりと拳を押し付けた。
こうなると長女である円も形無しである。妹二人にくすくすと笑われ、顔を赤くするのであった。
「よし釘宮。放課後にでも体育教官室に顔を出せ。色々と事情聴取してやろう」
「うあ、職権乱用だ……」
「ふふ。茶菓子の一つくらいは用意してやるよ」
 そう言って二ノ宮先生はまるで少年のように無邪気な笑顔を見せる。押しに弱い円にとって、
この微笑みは回避出来る代物ではなかった。
「わ、分かりました……」
 顔を伏せたまま小さく答えた円に、すかさず亜子が茶々を入れる。
「ええなあ円お姉ちゃん。ウチも二ノ宮先生と一緒におしゃべりしたいのに〜」
「私もです〜」
「―――だ、そうだが、どうする?」
「慎んでお断りします……」
 話の肴にされるのはごめんだ、と円がうんざりした表情で答えた時、まき絵の情けない声が聞こえてきた。
「セ、センセ……、もう限界……、きゅうぅぅ……」
「あ、すまんすまん。すっかり忘れてたよ」
 二ノ宮先生が三姉妹と雑談に花を咲かせている間、遅刻のペナルティーでずっと走らされていたまき絵の体力も、
ここにきて限界を迎えようとしていた―――

554 :四姉妹?:2006/06/06(火) 07:00:57 ID:???
3/5

 そして放課後。円は複雑な心境で体育教官室の扉を開けた。そこに他の体育教師の姿は無く、
二ノ宮先生がまったりと新聞を読んでいるだけであった。
「今頃朝刊に目を通してるんですか」
「そう言うな。昔から朝は弱いんでな」
 円の突っ込みをさらりと流し、二ノ宮先生は新聞を片付けた。
「コーヒーと紅茶。どっちがいい?」
「あ、ではコーヒーで……」
 二ノ宮先生が二人分のコーヒーを淹れている間、円はどことなくそわそわしていた。
「どうした、そんなに居心地悪いか? 私としてはこの部屋の雰囲気は好きなのだが」
 ことん、とコーヒーを差し出して、二ノ宮先生は他愛の無い事を呟く。
「あ、いえ……。ちょっと緊張して……」
 それは正直な感想だった。二ノ宮先生のような美人と二人きり。この状況は同性の円といえども
あらぬ想像をしてしまう。彼女が醸し出す艶やかな佇まい。その空気に円はすっかり当てられてしまった。
 そんな円の様子を見て、二ノ宮先生は感慨深く呟く。
「本当に……、釘宮は私の若い頃を彷彿させるよ。大人びた性格の割にウブな所とか、な」
 さくっ、と鋭い指摘が、円の胸に刺さる。だが、二ノ宮先生の攻撃はこれからであった。
「ボーイッシュな外見のせいで、ちょくちょく同性の後輩に告白されたりもしたし……」
 ぐさっ。
「面倒見の良い性格が災いして、いつも貧乏クジを引かされたり」
 ぐさぐさっ!
「寄りつく男はナンパ目当てのチャラチャラした馬鹿ばかり」
 ぐさぐさぐさっ!!
「他には……。―――どうした、まだ話の途中だぞ?」
「先生……、心が痛いです……」
 あまりに的確な二ノ宮先生の指摘に、円は机に突っ伏したままはらはらと涙した。
「やっぱり先生も同じ道を辿ってたんですね……」
「ああ……。誠に遺憾だが……」
 二ノ宮先生は煙草に火を点け、しみじみと紫煙を吐いた。

555 :四姉妹?:2006/06/06(火) 07:01:39 ID:???
4/5

「でも、まあ……。考えようによっては、先生みたいな素敵な女性になれる可能性もあるんですよね」
「おっ、なかなかお世辞が上手いじゃないか」
 ふふん、と小気味良く笑い、二ノ宮先生は円のおでこを軽く弾く。
「では釘宮に質問だ。どうして私が今のような人格になれたと思う?」
 ごそごそと自分の机からお茶請けのクッキーを取り出し、二ノ宮先生は尋ねた。うーん、と円は腕組みして
思考を巡らせるが、なかなか答えが出てこない。
 しばし、時が流れた。
「ふふ、やはり分からないか。では、教えてやろう……!」
 煙草を揉み消しながら、二ノ宮先生は笑った。思わずぞくりとするような、妖艶な瞳で。
 すっ、と二ノ宮先生の手が、円の肩に触れた。びくりと円の全身に電流のような衝撃が走る。
「受け入れたのさ、同性に好かれる自分を―――!」
 魔女の手が円の身体を侵食する。首すじをなぞり、ブラウスを侵入し、まだ熟し切っていない双丘へ。
「せ、先生……!!」
 円は動揺していた。二ノ宮先生の行為ではなく、抵抗出来ない自分に。
 いつの間にか二人の身体は密着し、吐息の感触が分かるくらいに顔を寄せていた。
 魔女が、囁く―――
「お前も受け入れるか―――?」
 女同士の関係。今まで自分を慕う二人に対し姉として接してきたのは、この気持ちを抑える為の手段。
 目の前にある、唇。それは、危険な果実―――
 私。私は―――

「―――なんて、な」
 円の思考が停止する寸前で、二ノ宮先生は悪戯っぽい表情で笑った。そして、円の元から離れる。
「少しは抵抗しろ。危うく本気になる所だったぞ」
「あ……!」
 次第に円の理性は復旧されていく。そして、
 ぼんっ!!!
 瞬く間に円の顔は耳まで真っ赤になってしまった。

556 :四姉妹?:2006/06/06(火) 07:02:19 ID:???
5/5
「まあ、取り合えず衣服を正せ。年の割にはセクシーだぞ?」
「もう! 先生がやったんでしょうが!」
 ぷいっ、とそっぽを向きながら身なりを整える円に、二ノ宮先生はこみ上げる笑いを必死に堪えていた。
「まあ、アレだ。お前のような性格の奴はな、もう少し勝手気ままに振る舞うべきだよ。
たまには自分に正直に行動する事だ」
「それが先生の経験談ですか……」
「まあ、そういう事だ」
 ジト目で睨み付ける円に、二ノ宮先生は大人の余裕たっぷりで笑っていた。
「お前を見ていると、妹が出来たような感じだよ」
「どうせそれも冗談なんでしょう?」
「ふふ、どうかな?」
 穏やかな笑みを浮かべる二ノ宮先生に、円はくすりと笑った。
 どうして自分が抵抗出来なかったのか、少しだけ分かったような気がした。
「先生ってズルイよね。自分の笑顔がどれだけ人を惹きつけるか知ってるもの」
「ふっ、それは心外だ。私はそこまで傲慢ではないぞ? それに、お前も人の事は云えないだろう」
 ぶっきらぼうな会話。けれど、円はそれを心地良く思っていた。
 姉のような存在。そんな喩えがしっくりくる。
 この、気さくに接してくれる教師に、円はすっかり好感を抱いてしまった。
「また来ます。今度は私のグチでも聞いて下さい」
「ああ。楽しみにしてるよ」
 笑顔で挨拶を交わし、円は体育教官室を後にした。
「妹、か―――」
 ぽつり、と二ノ宮先生は呟く。
「まあ、それも悪くないな……」
 ちらり、と二ノ宮先生は窓の外からひょっこり見える二人に目線を送った。

「エロエロや……」
「エロエロです……」
 先程までのやり取りを、妹二人はこっそり覗いていた。たまらぬ亜子と史伽であった――― (おしまい)

557 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:12:11 ID:???
四姉妹キタ━━(゚∀゚)━━!!
朝からエロいよ(;´Д`)

558 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:17:36 ID:???
そしてそのまま亜子と史伽はハァーーーーーーーーン!!

559 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:18:22 ID:???
朝からなんてエロエロや……!

560 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:19:03 ID:???
二ノ宮先生がエロすぎて困る

今回二ノ宮先生がランキング一位の予感!

561 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:20:15 ID:???
カウントしてくれればなww

562 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:26:07 ID:???
ちょwwwwwwwwwwお前らレス早すぎwwwww
>>556
エロすぎて
( ゚д゚ )
ってなりますた。謝罪と賠償を(ry


563 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:28:29 ID:???
テラエロスクリニカルwwww
GJ!

564 :556:2006/06/06(火) 07:31:29 ID:???
ちょwwwwwマジでみんなレス早すぎだってwwwwww

つか、エロいエロいゆーなあああああっ!!オパーイしかタッチしてねーのにww

565 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 07:39:36 ID:???
全く、本編ではあれだけの出番しかないキャラなのになんて人気だ


……ネタ被りしない相手として、誰を二ノ宮センセと絡ませようか……ムムム……。
あと一読者として、五月屋のラインナップに「二ノ宮センセの」ネタを仕入れてみて欲しいと思ったw 購入者でなくw

566 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 10:27:39 ID:???
このにのみーブームはリク取りやった俺のおかげだな!








スイマセン俺結局書いてません('A`)
370以降ででた『3Aの生徒』で書こうかな。

567 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 10:42:47 ID:???
ちょwwまだ書いてなかったのかよwww

568 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 11:13:07 ID:???
いや、書いたさ。
にのみーを男と思って書いた俺の黒歴史ものだが。

569 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 11:22:44 ID:???
超「アハハ〜さっちゃん利口だぞ〜さっちゃん〜よしいい子ださっちゃん〜」
チウ「……………」


その日さっちゃんは晩御飯に出た

570 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 11:34:04 ID:???
ブロンソンw

571 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 11:44:53 ID:???
>>568
もちろん転換スレに投下するよな!!

572 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 13:33:28 ID:???
>>566
これで>>570って言ってれば二ノ宮先生×ブロンソンだったのに!



ブロンソンて誰か知らないけどさ

573 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 13:54:54 ID:???
http://www.uploda.org/uporg410073.txt.html


ミラー4話
テキスト初挑戦

574 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:08:12 ID:???
>>572

ヒント:死んだエビ

575 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:41:40 ID:???
二ノ宮先生の下の名前が気になるな

576 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:50:27 ID:???
金次郎

577 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:53:24 ID:???
瑞穂

578 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:55:59 ID:???
はるk(ry

579 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:56:03 ID:???
>>573
GJ!このwktkをなんとかしてくれw続きが気になって仕方ないぜ!

>>575
みなm・・・いや、なんでもない
性格に似合わずカワイイ名前希望

580 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:56:47 ID:???
ブロンソン

581 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 14:59:19 ID:???
ルンルン

582 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 15:22:53 ID:???
>>577
ちょwwパワプロwww
お前は俺かw

583 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 15:33:06 ID:???
>>581
それなんて黒魔法結社のおねーさん?

584 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 16:28:42 ID:???
>>573
そろそろ朝倉のことが心配になってきた…
GJ!ちょっと読むのが恐いw

585 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 16:28:51 ID:???
>>565のリクに応えまして作りました。
ブルジョワいいんちょのネタがなくなってきたのでしばらくこちらをメインに投下します。


五月屋

五月 いらっしゃいませ
亜子「やってきたで」
ゆーな「にゃー」
五月 こちらがメニューです。

亜子のひみつ 木乃香のひみつ 朝倉のひみつ ハカセのサーヴァント
アキラの苦労 ゆーにゃの飼い方 茶々●VSセリ○ 二ノ宮先生の魅力
千雨のネギ○5ネタバレ いいんちょの『テニスの女王様』 
エヴァンジェリンの心温まるちょっといい話 ザジの正体
刹那の焼き鳥講座 もっこり真名ちゃんのもっこり具合 ALL時価

ゆーな「にゃー」
亜子「えっ、ホンマにそれ……えーと、亜子の秘密で…」
五月 分かりました。
ごにょごにょ
ゆーな「に゛ゃ!」
五月 つまりですね…
こそこそ
ゆーな「にゃ〜〜」
五月 極めつけは…
ひそひそ
ゆーな「にゃー!」


586 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 16:29:33 ID:???
亜子「な、何をするん!?」
ゆーな「にゃー!」
亜子「もう我慢出来ないって…四葉さん何を言うたん!?」
五月 それは秘密です
ゆーな「にゃー♥」
亜子「!(今のゆーなはけだものさんや…このままやとウチ、ゆーなに食べられる!?)」
五月 奥の部屋は一泊2000円ですよ
ゆーな「にゃー」
五月 500円玉が4枚…はい確かに
ゆーな「にゃ〜〜〜」
亜子「ゆ、ゆーな完全にサカっとる。あかん、あの状態やったらたゆんか効かん…犯される!?」
ゆーな「にゃー!」
亜子「きゃー」
バタン

五月 ごゆっくりどうぞ

587 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 16:39:00 ID:???
二ノ宮アレクサンドロシェフチェンコビッチ郎

588 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 17:41:03 ID:???
from:じじい
[件名]おっはー☆
[本文]エヴァちん元気ー?
    今度の日曜魔法生徒の会合あるぴょん。サボったら、メッ><

from:エヴァちん
[件名]Re:おっはー☆
[本文]いい歳こいてぴょんとかマジやめろ

from:じじい
[件名]なんでー☆?
[本文]お互い若々しくいこうZE!まだまだ現役だぴょん☆

from:エヴァちん
[件名]Re:なんでー☆?
[本文]マジキモいからやめろ



589 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 17:41:37 ID:???
from:じじい
[件名]Re:Re:なんでー☆?
[本文]じゃあやめろぴょん☆って言ったらやめる

from:エヴァちん
[件名]なし
[本文]はいはいやめろぴょん

from:クソじじい
[件名]Re:
[本文]いやだぴょん><(笑)

返信:なし

590 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 17:42:00 ID:???
ここで学園長が出てくるとわ

591 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 17:51:10 ID:???
軽く吹いたw

592 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 18:14:51 ID:???
from:おさる
[件名]なし
[本文]何か面白いこと言ってよ

from:いいんちょ
[件名]Re:
[本文]授業中ですわよ。真面目に授業を聞いてないからバカになるんですわ。

from:おさる
[件名]
[本文]前から言おうと思ってたんだけどさぁ。メールの中まで「ですわ」とかおかしくない?
     関西人だってメールの中じゃ標準語だっての。

from:亜子
[件名]初メールや。
[本文]授業ヒマやな〜。世界史ツマラへん。

from:おさる
[件名]
[本文]ごめん、なんでもない。

593 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 18:42:41 ID:???
いいんちょの電話帳には「おさる」って登録してあんのか!

594 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 18:49:19 ID:???
ヤバい、じじいがツボったwww

595 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 18:55:10 ID:???
from:このか
[件名]なし
[本文]もうすぐお昼YAE〜♪

from:あすにゃ
[件名]Re:
[本文]一瞬もうすぐお昼YEAH〜!に見えた。

from:このか
[件名]なし
[本文]もうすぐお昼だYO!

from:あすにゃ
[件名]なし
[本文]わかったから

596 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:17:05 ID:???
急に冷めんなやww

597 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:23:56 ID:???
笑わせんな!wwwwwww

598 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:26:21 ID:???
こういうのワロスwwwwww

599 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:28:25 ID:???
from:ぴぴるぴ〜クラブ
[件名]
[本文]
新田様、期日が後3日と迫ってきております。
それまでに58,000を指定された口座に振り込んでください。
期日をすぎても振り込みがない場合、暴力団関係者の手を使ってでも回収しますのでご注意を。

600 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:35:38 ID:???
完全版
http://www.uploda.org/uporg410252.txt.html

601 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:36:53 ID:???
どんなクラブやねんwww撲殺ってことはSMかwww

602 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:40:31 ID:???
>>600
うはwwwちうヒドスwww超GJ!!

603 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:41:44 ID:???
>>600
お前ら何やってんだよw てかそれぞれの登録名がワロスw

604 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:42:15 ID:???
>>600
ちょwwwくだらなスwwwwwwwwwwwww
でも爆笑したwww

605 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 19:52:40 ID:???
登録名に個性がwwwGJww

606 :楓 守人 18:2006/06/06(火) 19:58:56 ID:???
楓 守人 18


1/2
麻帆良を護るは拙者の使命
かといって一人で護っている訳ではござらぬ。エヴァ殿、真名殿、刹那殿、そして魔法生徒に魔法先生
皆が力を合わせて護っているのでござる
それと式神たちも・・・


その日は何故か式神が一体も帰ってこなかったのでござる
真名 「五体すべてか。何者かに襲われたのか?」
楓 「わからぬでござる」
刹那 「悪意ある者が侵入したような気配は感じられなかったが」
いつもなら念じれば式神たちの気配を感じて、会話をすることが可能なはず
完全独立型になって、向こうから念話を閉じるか・・・あるいは消されたのか
そうでもならない限り、こんな状況にはならないのでござる

刹那 「少しばかり調査をしないといけないな」
真名 「危険なことになっていなければいいが」
楓 「すまないが協力をお願いするでござる」

こうして3人で調査をしようとし始めたときのことでござった


ネギ 「あれ?楓さん、式神なんか使って何をしてたんですか?」
ふと近くを通りかかり、拙者に声をかけたネギ坊主の言葉に拙者たちは声を荒げて聞いたでござる
楓 「拙者の式神を見たでござるか!?いったいどこで!?」
ネギ 「ええと・・・五体がカフェテラスの方に飛んでいきましたけど」
刹那 「カフェテラスか、急ごう!!」
真名 「ああ」
こうして拙者たちは、呆然をするネギ坊主を残してカフェテラスへ向かったのでござる

607 :楓 守人 18:2006/06/06(火) 20:01:50 ID:???
2/2
だがカフェテラスには式神たちはいなかったでござる
真名 「何か痕跡はないか?」
刹那 「待て、今調べる」
楓 「この近くに・・・ん?あの茂みの方に誰かいるでござるな?」
刹那 「本当だな、行ってみよう」

そこは茂みの中、少し開けた場所のベンチ。あたりは木々に囲まれ、まるでそこは森の休憩所のようでござった
そしてそこには・・・
ちび1 「れっつぷりんたいむでござ〜」
ちび2 「ぷりんを奢ってきただき、ありがとうでござ〜」
ちび3 「でも主殿に連絡しなくてもいいのでござ〜」
ちび4 「主殿も、ぷりんたいむは携帯電話の電源を切ってるからいいのでござ〜」
ちび5 「今は主殿よりぷりんたいむでござ〜」

五月 このプリンは今度出す新作です。食べたら感想聞かせてくださいね
ちび×5 「了解、でござ〜」

真名 「楓、ぷりんたいむとはなんのことだ?」
楓 「・・・プリンを愛でる時間のことでござる。真名殿で言う仔犬タイムのことでござる」
刹那 「携帯を切るというのは?」
楓 「・・・邪魔されないための工夫でござる。刹那殿もこのちゃんたいむではそうしているのでござろう?」

美味しそうにプリンを食べる式神たち。な、何故涙が?
け、決して羨ましくなんかないでござる!!この涙は・・・なんでもないでござるからね!!

真名 「帰るか・・・」
刹那 「そうしようか・・・」



608 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 20:11:32 ID:???
>>607
ちび楓カワユス(*´∀`)

609 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 20:14:55 ID:???
>>600
何気途中からじじいがくそじじいに変わってるwwワロスww
>>607
子犬タイムとこのちゃんタイムも是非見たいなww

610 :3人だけの同窓会:2006/06/06(火) 20:40:27 ID:???
1/6

―ーその日、麻帆良学園の一角で。
学生と呼ぶには少し年上な女性たちが二十人あまり、食堂棟のワンフロアを借り切り、集まっていた。
学祭でもないこの時期、学外の人間がこんなに沢山一箇所に集まっているのは珍しいのだが……。
「……え〜〜、うっそ〜! もう子供3人居るの〜?!」
「やっぱ世界樹見ると、麻帆良に帰ってきたって気分になるねぇ」
「世界樹と言えば、あんたまだ旦那とは上手くやってるの? ほら学祭伝説で捕まえたイケメンの」
「捕まえたって言い方は酷いわね〜。でもまァ、おかげさまで今でもラブラブよ♪」
「か〜ッ、既婚者はい〜ね〜! 羨ましいね〜! どっかにイイ男転がってねーかなチクショー!」
「焦って変なのとくっつかない方がいいよ〜、あたしみたいに離婚で揉めると面倒だし」

グラス片手に、華やいだ雰囲気の中で思い出話に花を咲かせる彼女たち。
そう、彼女たちは全て、麻帆良学園女子中等部のOG。これは久しぶりの同窓会。
二十代後半・女盛りの彼女たちのこと、話題はどうしてもそっちに向いてしまう。

「しかし――全員揃ってないってのが残念ね」
「出産で入院してるのが1人、あとは仕事だったり連絡取れなかったり……7人欠席かぁ」
「まぁ、留学生とかはね。連絡取れたとしても、海外からじゃ簡単には来れないだろうし」
「留学生と言えば、例の『小さな女王様』、今どーしてんのかな」
「ああ、『マクちゃん』? どうなんだろね、相変わらずなんじゃない?」
「まだちっこいままだったりして、プププ」
「……こらこら、本人が聞いたら怒るぞ。『マクちゃん』とか呼ぶと」
「いーじゃんにのみー、来てないんだから」
「にのみーって呼ぶな! そんなんだからアンタら、あの子に怒られてばっかりだったんだぞ」
「そーいやニノミンとエヴァっち、いっつもそーやって名前のコトで怒ってたよねー」
「『ニノミン』もやめいっ!」
弄られて怒っていたのは、短い黒髪のハンサムな女性。
ワイワイ騒ぐ彼女たちを、眼鏡をかけ豊かな胸を抱いた女性が、微笑を浮かべ見守っていた。


611 :3人だけの同窓会:2006/06/06(火) 20:41:02 ID:???
2/6

……やがて、会はお開きとなり。
日の暮れた学園都市の街並みに、彼女たちは吐き出される。
「またこうやって集まりたいね〜! また来年もやろーよ!」
「今度は『小さな女王様』も来れたらいーのに」
「あれ? ニノミンとしずな、帰らないの? 駅こっちだよ?」
「フフフ。私たちは、帰る方向違いますから」
「あーそっか、2人はココの先生なんだっけ。……あれ? 教員寮ってそっちだっけ?」
「ちょっとね、寄らなきゃいけないトコがあるんでね♪」
「え〜?! なんか怪し〜♪ そーいや2人とも独身だし昔から一緒だし、ひょっとして……」
「だからその略やめろってば! あと変な想像すんな!」
年相応の落ち着きを得た彼女たちだが、しかし中学時代の級友と会えば心も若返る。
昔とまるで変わらぬ様子で騒ぎながら駅へと消える仲間達。
その姿を最後まで見送って、学園に残された2人は互いに頷きあう。
「……じゃ、いきましょうか、二ノ宮先生」
「こら、『先生』言うな、しずな。そりゃあの子は今も『生徒』だけど、今日は『元級友』だろ?」
「ふふふ、そうだったわね♪」

日の暮れた学園都市の片隅、森の中に建てられたログハウス。
メイド服姿の茶々丸に迎えられ、2人は中に通される。
「遅かったじゃないか、2人とも。 どうだった、同窓会は?」
「みんな、変わりなかったわよ。相変わらずって言うべきかしらね〜」
「ま、一番変わってないのはエヴァだろうけどなァ」
「フッ、そういうお前たちもまるで変わってないぞ。あの頃から」
麻帆良学園中等部に、教員として戻ってきた二ノ宮としずな。未だに生徒のエヴァンジェリン。
3人は互いに微笑みあい、そして思い出す。
そう、あれは15年前のこと。3人が揃って、「初めての」中学生だった頃――


612 :3人だけの同窓会:2006/06/06(火) 20:42:05 ID:???
3/6

「――今日からこの1−Aに編入されることになる留学生を紹介します。
 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルさん。みなさん、仲良くしてあげて下さいね」
「はーいせんせー!」「かわいー!」「お人形さんみた〜い!」
「ほら、マクダウェルさん、自己紹介を」
「……………ッ」
女教師に紹介された小さな転入生の姿に、能天気な声を上げて喜ぶ30人の生徒たち。
その騒ぎを前に、エヴァンジェリンの頬がピクピクと動く。
何が悲しくて、こんなガキどもと一緒にガッコウなんぞに通わねばならないのか。
全てはエヴァの不覚によるものではあったが、それでもなお、堪えきれぬ怒りが湧き上がってくる。
あの忌々しい呪いさえなければ――何が『光に生きてみろ』だ、サウザンドマスターめ――!
「……マクちゃん、どーしたの?」「ひょっとして、日本語わかんない?」
自己紹介を始めようとしないエヴァの姿に、クラスがざわめく。
ヒソヒソと、しかしモロに聞こえてくるその言葉に、エヴァはついにキレた。
冷たい怒りを込めた目で、クラスを睥睨する。
「――騒ぐな、ガキども。日本語など100年も前に習得している。完璧に、な」
「ひゃ、百年?!」
「それに『マクちゃん』とは何だ。我が家名を勝手に略すな。……縊り殺すぞ?」
エヴァは生徒たちを睨みつける。その冗談抜きの殺気に、クラスは静まり返る。
凍りついた教室の中、その緊迫した空気を破ったのは――
「うん、確かに変な呼ばれ方したら気になるよね〜。
 でさ、じゃあ何て呼べばいい? エヴァちゃん、なら許してくれる?」
「『ちゃん』づけは止めろ。フルネームでなければエヴァでいい。……で、何だ、お前たちは?」
視線の先には、1人の生徒。見れば彼女と、彼女の隣に座るもう1人だけが、全く怯えていない。
「私? 私は出席番号23番、新体操部の二ノ宮。こっちは26番の源。覚えといてね、エヴァ。
 あ、『にのみー』とか『ニノミン』とか略すのはヤメてよ。私もそーゆーの嫌だから」
「……ふ。いい度胸をしている。良かろう、覚えておくぞ、二ノ宮。」
真祖の視線に臆することなく笑う、ボーイッシュな少女に。その隣で笑うおっとりとした少女に。
エヴァは初めて、少しだけ唇の端を持ち上げ、微笑んだ。

613 :3人だけの同窓会:2006/06/06(火) 20:42:49 ID:???
4/6

それからの3年間。能天気なクラスメイトたちとは、多少の距離を置き続けたエヴァ。
その尊大な物言い、同級生を馬鹿にしきった態度から、『小さな女王様』と呼ばれた彼女。
まだ学校生活の経験が乏しかった彼女は、しばしばクラスメイトとトラブルを起こした。
だが、数少ない例外は――
「……にしても、エヴァちゃんって全然おっきくならないね」
「放っておけ。そういう体質なんだよ」
「しずなは日に日に大きくなるよなー。主に胸が」
「あらあら、オヤジ臭いわねぇ。でも正直困るのよね、ブラジャーも合わなくなっちゃうし」
「フン。……それより、何でお前たちは屋上なんぞに来てるんだ」
「ほい、エヴァちゃんがさっきサボった授業のプリント。明日までに提出だってさ」
「ちゃんと授業出なきゃダメよ?」
時間を見てはエヴァに声をかける、いつもの2人。
茶目っ気に溢れる二ノ宮、落ち着きがあり母性的な雰囲気のしずな、孤高を保つエヴァ。
彼女たち3人はアンバランスなデコボコトリオではあったが、確かに親友同士であった。
確かに、同じ時を過ごしていたのだった。

「……二ノ宮。お前には、礼を言わねばならんな」
「やだなー、エヴァ。何を改まって」
それは中学3年の3学期も終ろうという頃。エヴァは、彼女を屋上に呼び出していた。
出会った頃はあまり差のなかった2人の身長。
しかし成長期の中学3年間を経て、スラリとした長身美人となった二ノ宮。子供のままのエヴァ。
クラスの誰もがそのことに疑問を持たなかったが、よくよく考えると奇妙なことではある。
「お前がいなければ――私は、クラスの誰かを殺していたかもしれん。
 奴らの能天気さに我慢できず、1人くらい縊り殺していたかもしれん。
 お前には、何か礼をせねばなるまい、と思っている」
「やだなーエヴァってば、大袈裟な」
「いいや、本気さ。……とはいえ、私が与えられるモノはそう多くはない。多くはないが――」
エヴァはそこで言葉を切り、相手の顔を見上げた。ニヤリと浮かぶ、邪悪な笑み。
「二ノ宮。お前、『永遠の命』は欲しくないか?」

614 :3人だけの同窓会:2006/06/06(火) 20:43:42 ID:???
5/6

「えいえんの――いのち?」
「そうだ。古今東西を問わず多くの者が求めた、不老不死の夢だ」
エヴァは笑う。屋上を吹き抜ける風の中、長い金髪をたなびかせ、親友に笑いかける。
「実は私は、不老不死なんだよ。成長もないが、老いることもない身体だ。
 おまえやしずな辺りは勘付いていただろう? この私の、いつまでも小さな身体に。
 不自然なまでに、成長の気配すらないこの私に」
「…………」
「そして私は、分け与えることができる。私が選んだ相手に、永遠の命を分けてやることができる。
 二ノ宮。お前の身体は、今が恐らくピークのはずだ。成長も終わり、あとは老いてゆくだけの身体だ。
 ――どうだ。私と共に、若さを保ったまま、永遠の時を生きてみる気はないか……?」
エヴァの青い瞳が、二ノ宮の瞳を覗き込む。嘘や冗談を言ってるとは思えぬ、真剣な瞳。
エヴァのしなやかな指が、二ノ宮の滑らかな肌を伝う。
胸元から首元、頚動脈あたりを探り、後頭部に手を伸ばして抱き寄せる。
エヴァの口元から鋭い犬歯が覗く。チロリ、と、伸ばした舌が二ノ宮の首筋を舐める。
夜の眷属には相応しからぬ太陽の下、無限の命持つ魔物は、少女を誘惑する。
「二ノ宮――お前はただ、頷くだけでいい。頷くだけで、永遠の若さが、お前のものに――」

エヴァのログハウス。
教師となった二ノ宮としずなは、エヴァの秘蔵のワインを片手に、昔話に花を咲かせる。
3人の手元には血のように赤い液体。一口飲んで、エヴァは二ノ宮を見上げる。
「――しかし、寂しいものだな。アレでも私は、相当思い悩んだ上での告白だったんだぞ?」
「ん〜、エヴァの言葉を信じなかったわけじゃ、ないんだけどな〜」
二ノ宮はとぼけた顔でつぶやく。
あの時、あっさりエヴァの言葉を信じた彼女。そしてそれ以上詳しいことを聞こうとしなかった彼女。
時代は違えど、流石は麻帆良の生徒と言うべきか。
しかし彼女は、エヴァの誘いには乗らなかった。
笑って、こう答えた。「気持ちは有難いけどね。私はフツーに生きていくさ♪」 と。
その時のエヴァの寂しそうな表情を、どう表現すれば良いのだろうか。
今でも二ノ宮にはありありと思い出せる。
「でもね――エヴァ」

615 :3人だけの同窓会:2006/06/06(火) 20:44:21 ID:???
6/6

「でもね。正直私は、永遠の命なんて、いらなかったんだけどさ――
 嬉しくは、あったんだ。この私を選んで、その秘密を明かしてくれたことはね」
「…………」
告白の意味が違う、と言いかけて、しかしエヴァは黙り込んだ。
吸血鬼にとって――それも真祖にとって、血族への招待は、単なる永遠の命のプレゼントではない。
永劫にも等しい人生を送るパートナーを選ぶのと、ほぼ同義なのだ。
しかし、そんなことを、一般人に過ぎぬ二ノ宮が知っていようはずもなく。
軽く溜息をついたエヴァに、しかし横からしずなが声をかける。
「でもね、エヴァ――彼女がなんで教職を目指したのか、知ってる?」
「ちょッ、しずなッ、それは……!」
「彼女、新体操ばかりやってて勉強できなかったじゃない。バカレンジャーとか呼ばれてたりして。
 それが高校に入ってから、人が変わったように勉強頑張りだしてね……」
「わーっ! わーーッ!!」
「高校生の頃から、中学校の先生目指して頑張ったのよ。
 なんでも、エヴァを1人にしたくないから、ですって。
 永遠に一緒は無理だけど、麻帆良の先生になれれば、定年までは一緒に居てあげられるから、って」
「……なっ……!?」
「……しずな〜、恨むぞ〜。こうなったらアンタが先生になった動機、タカミチにバラしてやる〜」
しずなの言葉に、息を呑んで真っ赤になるエヴァ、視線を逸らしてグチグチ言い出す二ノ宮。
けれどもしずなの微笑みは変わらない。まるで平然としたまま、言葉を続ける。
「A組のクラス担任になれなかった時にはね、それはもう落ち込んだのよ、彼女。
 体育の授業でしか会えないし、その授業だってエヴァは相変わらずサボリばかりでしょう?」
「……しずな、お願いだからもう勘弁してよぉ……」
「…………」
顔を真っ赤にして突っ伏す二ノ宮に――エヴァは、立ち上がって窓の外を暫く眺めた後。
背を向けたまま、つぶやいた。
「……二ノ宮。同じ学園に居るんだ、ヒマな時には遊びに来るがいい。
 今度はこの、お節介な奴抜きで、な」
                                    (終わり)


616 :3人だけの同窓会:2006/06/06(火) 20:45:01 ID:???
7/6(おまけの蛇足)

予定より長くなってしまいました。にのみー祭りにも乗り遅れた……orz


※資料によると、源しずな先生は1974年生まれ。2003年から15年前と言えば、13歳の中学生。
 図ったようにエヴァの登校地獄の開始時期と合致するのです。
 タカミチとエヴァの元同級生設定(同級生といっても男子部と女子部に別れてた?)
 から、設定を延長してみました……。
※しずなと二ノ宮センセを同級生にしたのは捏造、麻帆良学園の卒業生にしたのも捏造。
 ですがあの2人の会話を見るに、十分ありえる話かと……。
※二ノ宮センセの下の名が分からんかったので、正直かなり困ったり。
 で、代わりに、顔も似てる釘宮の名前ネタを流用〜♪

617 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 20:56:29 ID:???
走召 糸色 G J!!!!!!!

618 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 20:57:40 ID:???
祭りが終んねええええええええええええええええええ

>>616
こりゃ公式に本誌でにのみーの勇姿をwktkして待ってろって事だな
期待してるぞ赤松!

619 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 20:58:30 ID:???
超GJ!!
俺の中に新しい萌えの風が吹き抜けた

620 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 20:59:36 ID:???
にいいいいいいいいいのおおおおおおおおみいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

621 :新田:2006/06/06(火) 21:00:29 ID:???
みんなで私を祭らないかね?

622 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:01:45 ID:???
>>616
あなたが神か!?

623 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:04:12 ID:???
>>622
だからそれ死亡フラグwwwwwwwwww

624 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:13:37 ID:???
from:ミサミサ
[件名]なし
[本文]バンド名何にする?

from:sakurako
[件名]Re:
[本文]ギャップのあるやつってインパクト出るらしいよ。デスストローク・チーズケーキとか。
     フライドポテト・ウィルスとか。ウルフ・オブ・ドッグとか。

from:ミサミサ
[件名]Re:Re:
[本文]他のにしない?もうちょっとキワイやつ。

from:sakurako
[件名]Re:Re:Re:
[本文]チ○コ

from:ミサミサ
[件名]Re:Re:Re:Re:
[本文]ストレート過ぎ。

from:sakurako
[件名]Re:Re:Re:Re:Re:
[本文]7弦24フレット



625 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:14:10 ID:???
from:ミサミサ
[件名]なし
[本文]確かにキワイけど、もうちょっと分かり易いの。

from:sakurako
[件名]Re:
[本文]テレクラ☆マテリアル

from:ミサミサ
[件名]Re:Re:
[本文]先生が許してくれそうなの。

from:sakurako
[件名]なし
[本文]MISAの☆SUPPIN

from:美砂
[件名]Re:
[本文]ねぇねぇ。バンド名何にする?

from:円
[件名]Re:
[本文]MISAの☆SUPPIN


626 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:20:55 ID:7IuOf8RR
>>「3人だけの同窓会」様
もはや二ノ宮先生祭りは終りませんなwww
超GJ!!!!

627 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:21:52 ID:???
sage忘れスマソ

628 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:29:02 ID:???
>>624
重箱の隅をつつく様ですが普通のギターは6弦ですよ。

629 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:31:04 ID:???
>>628
7弦もあるよ。キワイ名前だからそうした。

630 :生教のNさん?:2006/06/06(火) 21:31:47 ID:???
生教のNさん?


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している


新田 「生徒の悩み・・・我がすべてを持って答えようぞ!!!」

Q 三年女子 S・S

同室のルームメイトに悩まされています
少しでも隙を見せたらセクハラされます
二ノ宮先生、どうしたらいいのでしょうか

新田 「あはぁん・・・そんなことで桜咲君は悩んでいたのか・・・」

A 生活指導 新田

何も悩むことはない
さあ、私の元へと来るんだ
楽園へと誘ってあげよう

ああ、腰が止まらない。たぎるペニ●が天を突く!!
もう服なんか着てはいられない!!すべてを解放しよう!!

さあ!!共に参ろうか!!

新田 「フオォォォォォォォ!!!!!」



631 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:32:46 ID:???
どうでもいいが俺は携帯のメモリ登録をあだ名にしてたら誰が誰だか分からなくなったことが。

632 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:38:52 ID:???
>>630
生教の文字を見てにのみーまたキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
とかハッスルしてたら新田かよ!

謝罪と賠償を(ry

633 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:47:28 ID:???
>>629
知っててですか。すんません。
でもでこぴんロケットがKORNばりのヘヴィなバンドだったら嫌だなww

634 :こじまわたる:2006/06/06(火) 21:48:11 ID:tggPpyQx
応援して!!!

http://sky.advenbbs.net/bbs/metalchick.htm

荒らしたらアク禁!ゴミ野郎

635 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:51:32 ID:???
>>633
ロックならまだいい。ドラゴンフォ(ry

636 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:56:39 ID:???
>>600
ヤベーまじでふいた!
誰だよこんな神がかりなネタ考えたやつ!最高だよお前!

637 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 21:58:26 ID:???
>>609
SUGEEEよく気付いたな!

638 :桜子:2006/06/06(火) 22:09:12 ID:???
>>634
ヘボバンドだぁ!!あたしたちを見習おうよ!

639 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:09:30 ID:???
>>630
イニシャルS.Sは桜子の可能性が…セクハラはねぇかww

>>635
バスドラムシングルじゃどうしようも無いってwブラストビートが関の山

640 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:12:26 ID:???
そこでカニコーですよ

641 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:12:48 ID:???
from:龍宮真名
[件名]なし
[本文]なんかおもしろいこと言って

from:刹那
[件名]Re:
[本文]褐色巫女スナイパー

from:龍宮真名
[件名]Re:Re:
[本文]誰が美少女だ

from:刹那
[件名]なし
[本文]サワラ屋に新しいのが入ったって。

from:龍宮真名
[件名]Re:
[本文]マジか。あんみつ?

from:刹那
[件名]Re:Re:
[本文]そうめん

from:龍宮真名
[件名]なし
[本文]みそこなった

642 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/06(火) 22:13:00 ID:???
そして空気を読まずに投下
もうすっかり忘れ去られていますがw


643 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/06(火) 22:15:26 ID:???
>>前スレ460

「・・・ツナ・・・刹那。遅刻するぞ」
聞きなれた声に、やけに重い瞼を何とか開けると、龍宮の顔が目の前に現れた。
「珍しいな、寝坊か?夜遊びしているからだぞ」
時計の針は起床時間をとっくに過ぎている。
寝起きの動かない頭で私は昨日の記憶を必死で追った。
家に帰った事も、布団に入った記憶も全て抜け落ちている。
何か重要なことを思い出せていないかのように、胸の中がチクチクと痛み出した。
「大丈夫か?」
龍宮は自分の仕度の手を緩めないまま、背中越しに言った。
「疲れて・・・いるのだろうか」
「お前は少し気を張りすぎだ。」
そう言って、頭をポンと撫でられた。
ふと、その温もりと手の大きさに違和感を感じた。
『冷たい――― 細い指―――』
だが、小さな引っかかりをそのままにし、私は仕度を始めた。
もう本当に急がなければ時間がない。
時間のない焦りの中だからだったのだろうか・・・
その時の私は、自分の身に起きていた重要な証拠を、何の疑いもなく見逃していた。



644 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/06(火) 22:16:02 ID:???
>>643

息を切らして入った教室の中にネギ先生の姿はまだなかった。
小さく息を吐いて龍宮と顔を見合わせ、お互い席につく。
ふと、視線を感じ顔を上げると一番後ろに座るエヴァンジェリンさんと目が合った。
口角をくいっと持ち上げ舐める様な眼つきで私を見つめる。
彼女の凍て付くような冷たい視線は以前何度も目にしたはずだ。
しかし、今日のは・・・何かが違う。持ち上げた唇の端から小さな舌を出しゆっくりと
端へと動かす。その艶かしい動きに私は身じろぐ。
背筋がゾッと寒くなりツーッと冷や汗が背中を滴り落ちた。
『怖い―――』
私の胸の中でザワザワと不穏な空気が吹き抜ける。
今朝から思い出せない昨日の記憶・・・・・・
彼女に対する言い知れぬ不安と恐怖心が増幅していった。
顔から血の気が失せていくのが自分でもわかった。
いつまでも席に座らずエヴァンジェリンさんと向き合ったままの私を、クラスメイトが不思議そうに
見つめる視線を感じてはいた・・・しかし、私は彼女の瞳に射止められたかのように身動きが取れない
ままでいた。


645 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/06(火) 22:16:34 ID:???
>>644

「・・・せっ・・・ちゃん!?」
私をこの呪縛から解き放ったのはお嬢様の声だった。
声がしたと同時に、お嬢様のものとは思えないもの凄い力で腕を掴まれた。
「これ・・・は・・・何なん・・・!?」
お嬢様の青い顔が目の前に迫る。
あまりの気迫に私は思わず身体を引いたが、お嬢様に掴まれたままの腕が突っ張るだけだった。
「お・・・嬢様!?」
お嬢様の様子に驚いてか龍宮がそばに寄ってきて私たちの顔を交互に覗いた。
「どうかしたのか?・・・刹那!!お前、それは!?」
龍宮までもが呆然と私を見つめる。
「えっ・・・?」
一体どうしてしまったと言うのだ。クラス中の視線を浴びながら私は戸惑いの目で
龍宮とお嬢様の顔を見るばかりだった。

「クックックッ―――」
当惑気味の私を嘲笑う教室の中へ響き渡る声・・・・・・
私は彼女の声に小さく身震いした。何か・・・・・・とても嫌な予感がした。
「刹那、何もわからないのは当本人のお前だけのようだな」
「なっ・・・何のことですか、エヴァンジェリンさん」
「まだわからんのか?」
びくっ・・・私を握り締めているお嬢様の手が大きく震え、私に伝わった。
涙を溜めた大きな瞳が私と交差し、そしてゆっくりとエヴァンジェリンさんへと移った。
「・・・・・・・・・」
何か言いたげに唇が微かに開き動いたが、それは私の耳には届かなかった。


〜つづく〜

646 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:18:12 ID:???
>>641

褐色巫女スナイパー ←これってミス?
それともたつみー勝手に美女って言われたと勘違い?w

ところでサワラ屋って何屋?ソウメンってw

647 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:20:44 ID:???
>>646
察せよ

648 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:21:30 ID:???
ネタがわかんないやつだな

649 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:22:08 ID:???
>>646
君がもし男なら、友達に「バカ」とか「ハゲ」とか言われ時に「誰が美少年だ」って返してやるといい。

650 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 22:56:31 ID:???
>>612
>エヴァは初めて、少しだけ唇の端を持ち上げ、微笑んだ。
この行でこんなこと考えた俺はひどいやつ
http://www.imgup.org/iup218130.jpg.html

>>641
こういうのすげー好きだ
みそこなったが平仮名だったりとかすごいうまい

MISAの☆SUPPIN、癒し系魔法少女ハカセ
http://www.imgup.org/iup218128.jpg.html
http://www.imgup.org/iup218131.jpg.html

651 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 23:00:21 ID:???
>>650
ロマノフ王朝デストロイwwwwwwww
モザありかよwwww

652 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 23:02:38 ID:???
>>650
手ェ早ぇぇぇぇw
そしてうん、1枚目あなたは酷い奴だw いろいろなモノが台無しだw

653 :生教の二ノ宮さん:2006/06/06(火) 23:12:58 ID:???
>>650
ハカセが・・・ハカセがぁ!!!!真っ黒da  GJ!!

生教の二ノ宮さん


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している。その教員は生徒たちからは親しみを込めて”生教の二ノ宮さん”と呼ばれている


二ノ宮 「文字がにじんでいるな、涙か?」

Q 三年女子 S・S

騙されました。二ノ宮先生だと思ったら変態がいて・・・
何とか退治しましたが、私が戦いで力尽きたところにルームメイトと幼なじみと流派の後輩が来て・・・
汚れちゃった・・・(以降は涙で文字がにじんでいます)

二ノ宮 「新田先生の惨殺体は桜咲だったか・・・」

A 生教の二ノ宮

泣きたいなら泣け、私の胸でよければ貸してやろう
しばらくルームメイトから離れたいなら私の部屋に来るがいい
あまり広い部屋ではないが、一人ぐらいなら寝かせられる

ただし、飯は自分で作れ、物は片付けろ、おねしょはするな、これが守れれば歓迎する

二ノ宮 「さて・・・仔猫の寝床を作っておくかな」



654 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 23:20:26 ID:???
>>650
どう見てもベッキーです
本当に(ry
そしてハカセクロスwwww

>>653
にのみーかっこいいよにのみー

【ネギま!】二ノ宮先生萌えスレ【隠れた逸材】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1149603452/
我慢できずに立てた
反省する気は少しもない


655 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 23:49:25 ID:???
>>654
ええいこの馬鹿者が!w

656 :マロン名無しさん:2006/06/06(火) 23:58:03 ID:???
>>654
お前は馬鹿だw
良い意味でwww

久々に投下。
http://p.pita.st/?m=opmdtr6q

657 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 00:05:22 ID:???
>>656
たこやきさんキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!

久しぶりーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

GJ!!!!!!!!!!!!!!

658 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 00:14:54 ID:???
完全版2
http://www.uploda.org/uporg410502.txt.html

>>656
久しぶりwwその絵柄なんか好きww

659 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 00:18:36 ID:???
>>658
たつみー大人気ないwww

660 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 00:21:34 ID:???
>>658
T3wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

661 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 00:22:59 ID:???
コートの中には 魔物が住むの
頼れる仲間は 皆目が死んでる
バレーにかけた青春 でも 皆目が死んでる

私とあなたは友達じゃないけど
私の友達とあなたは友達
大体そんな感じ

ネギまんが日和〜

赤松健式 ネギまんが日和

地球に隕石が接近、地球滅亡まで残り3時間

ネギ「ぶっちゃけますけど僕魔法使いなんですよね〜」

エヴァ「ぶっちゃけ言うと私は吸血鬼で何百年も生きてるんだなこれが」

千雨「私は!ネットアイドルちうで!ザジと付き合ってる!」

ザジ「千雨・・・ハズカシイ・・・」

ニュースキャスター「たった今、隕石が破壊されました」

ネギ「・・・」
エヴァ「・・・」
千雨「・・・」
ザジ「ちう・・・?」


らーらら ららららー
らーらら ららららー

662 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 00:39:26 ID:???
>>658
>ごうこんいけなくなった
平仮名wwwワロスwww

663 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 01:05:35 ID:???
いい具合にテラカオスwwwwwwwww

664 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 01:29:11 ID:???
ザジ「水を一瞬で氷に変えて見せます」
ネギ「本当ですか!?」
ザジ「はい。では、行きます」
つボールペン
カキカキ…
水→氷
ネギ「す、すごい!」
エヴァ「私を越えるとは…」
ちう(水って漢字に点を加えただけじゃねーか。てかこのネタ解りづれーよ)

665 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 01:36:05 ID:???
うはwwwネギはともかくエヴァもかよwww

666 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 01:37:18 ID:???
>>664
ザジ「…この銀を、一瞬で金に変えてみせます」
ネギ「本当ですか!?」
ザジ「はい。では、行きます」
 
 ひょい、クルリ、パタッ
 
ザジ「…できました」
ネギ「こ、こんな…こんなことって」
超 「私と葉加瀬が研究していたことを一瞬で――すごいヨ!」
 
 
ちう(いや、コレって単に…いや、もうつっこむのもめんどくせー)

667 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 01:47:37 ID:???
成ったwww

668 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 02:16:50 ID:???
将棋か!

艮を消したのかと思った

669 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 03:10:54 ID:???
ネギ 「ただいまー、このかさん」
木乃香「あ、おかえりーネギくん。あや、長谷川さんにザジさん、いらっしゃーい(三枝風」
千雨 「おう、お邪魔します」
ザジ 「…ゴハンマダー?(・ω・` )っ/凵⌒☆チンチン」
千雨 「早えーよ。やめろ、みっともない」
明日菜「この子たちも夕食に誘ったんだけど、大丈夫?」
木乃香「だいじょぶやえー。ほんならちょっと待っといてなー」
千雨 「悪いな」
ザジ 「…ゴチになります」
 ジュウウー
明日菜「ん〜、この香ばしいニオイ。野菜のかき揚げね」
木乃香「あはは、当たり〜」
明日菜「他には鰤大根にほうれん草のおひたし、あ、これはとうふのお味噌汁ね」
ネギ 「す、すごい! ニオイで晩御飯のおかずを言い当ててる! しかもきっちり品数まで!」
木乃香「熱した油に衣をぽとっと…(ジュウッ)…ん、ちゃんと160℃くらいやね」
ネギ 「音で油の温度を測ってる!? なんてこった、アスナさんもこのかさんも魔法使いだったのかー!」
木乃香「ややわーネギくん、知っとるくせに〜」
千雨 「どこからツッコんでいいのやら」
ザジ 「…ゴハンマダー?(・ω・` )っ/凵⌒☆チンチン」

670 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 07:32:26 ID:???
>>668
俺も紙に銀って書いて折ったのかと思った

671 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 08:13:43 ID:???
>>668>>670
俺も>>667見るまでそう思ってたw

>>669
ザジに萌えた

672 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 16:09:05 ID:???
明日菜いいんちょ劇場

暑い。
ベッドで寝ている明日菜はそう思った。
当然だ。横ではあやかが抱きしめるように眠っている。
毎度のことだが二人とも全裸だ。

「ちょっと…いいんちょ」
明日菜の問いかけにそっと目を覚ますあやか。
「何ですの…朝のバイトは今日は休みなのでしょう」
「その前に私を解放しなさーい」
「…まだやりたりないのですの……意外と欲求不満なのですね……」
そう言うとまたあやかは眠りについてしまう。
「…誰がそんなこと言ったのよ」
朝、目覚めて見るとまだ5時過ぎだ。バイトも休みだし二人でゆっくり寝ようと思ったが…
この所暑くなってきて裸でもかなり汗が出てきた。
「…(こんなときにエアコンのリモコン見当たらないし…このまま耐えなきゃならないの?)」
自問自答も面倒になってきたかあやかの顔を見る。

喧嘩ばかりしてきていつも顔を合わせているのに。
間近でじっと見てみるとしっかりと整った顔、素で綺麗と思ってしまう。
「ヤバ…」

キスしたくなってきた。

673 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 16:09:55 ID:???
そっとあやかの口にキスをしてしまう明日菜。
「…(あんたがさっさとどかないからよ)」
しばらくしてあやかが目を覚ました。
「あ、起きた?」
じーっと見つめるあやかはそっと体を起こす。
「明日菜さん…今は発情期ですの?」
「何よ!まだ寝ぼけてるの!」
いきなり顔を真っ赤にして反論する明日菜。
するとあやかは体を起こして明日菜の体の上に乗りかかる。
「起き抜けに舌まで入れられて、起きないほうがおかしいですわよ」
そっとキスをした。
「今日は随分と暑いですわね」
あやか顔も汗か出ていた。
するとあやかはエアコンのリモコンを取り出しスイッチを入れた。
「え?リモコン…どこにあったの?」
「枕の下ですわ」

灯台下暗しとはこのことなのだろう。

「さて、続けますわよ」
やっと涼しくなってきたと思えばあやかが体を押し付けてさらにキスしてきた。
「こんな朝から元気ねいいんちょは」
「誰かさんの発情癖がうつったかもしれませんわね♥」
「はぁ!?」

だけど涼しくて人肌が心地よいから悪くない。
そう思う明日菜であった。

674 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 16:36:30 ID:???
GJ!いいんちょとアスナだとエロさが半端ないw

675 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 16:54:40 ID:???
イイヨイイヨー

676 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 18:38:40 ID:???
  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) チャーハン作るよ!! ←さっちゃん
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

        アッ! 。・゚・
  ∧,,∧ て     。・゚・。・゚・
 (; ´゚ω゚)て   //
 /   o━ヽニニフ
 しー-J    彡

    ∧,,∧    ショボーン
   ( ´・ω・)
  c(,_U_U      ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・
     ━ヽニニフ
美空「うわっ・・・見ちゃったよ、さっちゃんも失敗とは。ぷぷぷっwww」
五月 見ましたね
美空「げっ!見てねっす!!!チャーハンこぼしたなんて・・・はっ!!」
五月 ちょっと奥に来てもらえますか・・・
美空「ちょっ・・・目が怖い。誰にも言わないから、うわああああああっ」

五月 ふっふっふっ・・・

677 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 18:46:08 ID:???
このスレの住人に聞きたい事がある
今日2時半から3時代までにQMAプレイしてたザジちう
がいたら名乗り出てくれ

678 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 19:49:50 ID:???
朝倉「さよちゃん、幽霊ってどんな気分なの?」
さよ「そうですねー、結構楽しいですよ。幽霊には学校も試験もなんにもないですし」
朝倉「キタローなの?……でもさよちゃんは学校あるよね」
さよ「え?」
朝倉「…………」
さよ「……で、でも夜は墓場で運動会ですよ!」
朝倉「さよちゃん自縛霊だから墓場まで行けないじゃん」
さよ「…………」
朝倉「…………」
さよ「朝倉さんのバカー!」
朝倉「何故に!?」

679 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 20:11:11 ID:???
五月×美空っていうといつぞやの……

680 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 21:03:50 ID:???
>>676
さっちんが失敗したとこ見たら本気で消されそうで怖い。
>>678
不条理wwwwwwwwww

681 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 21:20:41 ID:???
>>677
俺はプレイしていたが、ザジちう関連のHNは見かけなかったよ

682 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 22:22:34 ID:???
QMAって何?ネトゲ?

683 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:13:44 ID:???
クイズマジックなんちゃらか。

684 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:21:48 ID:???
クイズもるです綾瀬夕映

685 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:32:49 ID:???
こんなゲーム
ttp://www.konami.jp/am/qma/qma3/data/data_p_malariya.htm

686 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:39:37 ID:???
>>677俺もやってたがHNは普通だしな。
変な解答もぴぴるぴーと、まめんまと、ぱんつはいてないぐらい。

687 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:43:02 ID:???
ネギま関係の問題だと、

次の3-Aの生徒を出席番号が早い順に選択しなさい。
A 佐々木まき絵
B 宮崎のどか
C 朝倉和美
D 長瀬楓

が出たことがある。

688 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:43:23 ID:???
from:いいんちょさん
[件名]なし
[本文]ネギ先生かわいい

from:宮崎さん
[件名]Re:
[本文]私もそう思います。

from:いいんちょさん
[件名]なし
[本文]だきしめたい

from:宮崎さん
[件名]Re:
[本文]いいですね。

from:いいんちょさん
[件名]なし
[本文]おしりに顔を埋めたい

from:宮崎さん
[件名]Re:
[本文]そうですね



689 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:43:56 ID:???
from:いいんちょさん
[件名]なし
[本文]抱きしめて胸の間に顔を埋めたい

from:宮崎さん
[件名]Re:
[本文]はい

from:いいんちょさん
[件名]なし
[本文]一緒に寝たい

from:宮崎さん
[件名]Re:
[本文]落ち着いて

690 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:44:43 ID:???
>>684
テラヤリタスwwwww

691 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:45:52 ID:???
>>686
お前のHNは男の名前+女の名前でそのイニシャルが男がHで女がMだったりする?

692 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:48:26 ID:???
確かシャロンで千葉かどっかの人だったんだけど・・・
名前がザジちうだったからここの人じゃないのかと考えて来た次第

693 :マロン名無しさん:2006/06/07(水) 23:48:44 ID:???
>>687
それネギま知らなくてもあいうえお順で分かっちゃうね。
>>688
本屋の最後のつっこみもうちょい早めにいれてやれよwww

694 :刹那 一夜のぬくもり:2006/06/07(水) 23:49:27 ID:???
>>653の続き
勝手設定ですが、嫌いな方はスルーしてください


刹那 一夜のぬくもり


1/6
二ノ宮 「さあ、どうした桜咲?上がれ」

昨日の質問票の答えを見た私は、そのまま二ノ宮先生のところに走った
真名、このちゃん、月詠から逃れるために

二ノ宮先生は快く私を受け入れてくれた
新体操部の部活が終わり、先生は私を車に乗せて帰路へと着く
その帰路の途中、私はレストランで食事を奢ってくれた

そして今、私は女子教員寮の中、二ノ宮とかかれたプレートが掲げられた部屋のドアの前に立っている


先生は手慣れた手つきで鍵を開け、その扉を開いた
中は暗い。入ってすぐに先生は左手を壁に伸ばして何か探っている
しばらくしてぱちん、という音がしたかと思うとオレンジ色の明かりが灯り、こぎれいな玄関が映し出された
玄関に入ると、ふわりと何か花の香りがした。おそらくは芳香剤であろうか

二ノ宮 「遠慮するな、そこのスリッパを使え」
先に中に入った先生は、玄関の横にあるスリッパ置きを指さしてそう言った
刹那 「失礼します」
私は一つお辞儀をして玄関に入った
靴を脱ぎ、揃えて置く。そして青色のスリッパを履いて奥へと向かう

695 :刹那 一夜のぬくもり:2006/06/07(水) 23:50:55 ID:???
2/6
奥への扉の途中にキッチンがあった
整然と片付けられた食器を見ると何となくほっとする
この人は信用できそうだ。何となくそう思ってしまう

がちゃ・・・
私は扉を開けて奥の部屋に入った。そこはリビングであった
小綺麗な絨毯、3人掛けのソファー、テレビにテーブル、そして・・・エアロバイク?
よく見ればいろいろな物が転がっている
通販で見たことがあるなんとかブレード、左右に振るおもりの付いた板
大きなゴム鞠のようなもの、確かこの上に乗ってバランスを取るとダイエットになるというやつ
一定のリズムで腹筋に電気が流れるという大きなベルトのようなもの

二ノ宮 「ん?やってみるか?結構力を使うぞ」
刹那 「そ、それでは・・・」
私はなんとかブレードを言う物を両手で持ち、左右に振ってみた
刹那 「これは意外と力を使います・・ね」
ぷるぷると震えるブレードは意外と私の力を奪ってゆく
二ノ宮 「二の腕あたりはどうだ?」
刹那 「あはは・・・疲れています」
二ノ宮 「テレビで見るとつい買ってしまうんだ。衝動買いというやつだな」

二ノ宮先生って、気さくなんだな

696 :刹那 一夜のぬくもり:2006/06/07(水) 23:53:56 ID:???
3/6
先生にはいろんなことを聞いた
学生時代のこと、かつて新体操で国体に出たということ
しずな先生との出会いと学生生活、そして恋愛を嬉しそうに語ってくれた
話しの合間に出されたコーヒーを飲みながら、私は久しぶりのまったりとした時間を過ごす

二ノ宮 「さあ、おしゃべりはここまでだ。風呂にでも入ってこい」
刹那 「はい」
おしゃべりに気を取られ結構な時間が経っていた。気がつけばもう10時を過ぎている
私はバスルームに入って服を脱ぎ始めた。そしてそこであることに気がつく

着替えがない

刹那 「あ、あの・・・」
二ノ宮 「どうした?お湯が出なかったのか?」
刹那 「着替えを忘れてきたんです」
二ノ宮 「とりあえず出たらそこにあるバスローブを着ろ。服は洗濯しておくよ。朝までには乾くだろう」
刹那 「ありがとうございます」

私は体を清めて水滴をバスタオルで拭く、私はバスローブを纏いバスルームを出た
二ノ宮 「上がったか、冷蔵庫にはドリンクがある。好きなのを飲め、酒は飲むなよ」
先生は冗談っぽくそう言うと、私を入れ替わりにバスルームに入っていた

私は遠慮がちに冷蔵庫の扉を開ける
中に入っていたのは飲み物ばかり、食料品はソーセージやチーズなどのおつまみ系の物しか入っていない
飲み物にしてもそのほとんどがお酒であった。ちょっと困る

私は数少ないジュースの中から、ペットボトルのお茶を取り出すと蓋をひねり中身を飲んだ

697 :刹那 一夜のぬくもり:2006/06/07(水) 23:55:47 ID:???
4/6
お茶を飲んで一息つくと、私は突然不安に襲われた
果たして逃げて良かったのか?そして逃げ込んで良かったのかと
お嬢様も龍宮も・・・月詠も嫌いではない。ただ最近の行為が行き過ぎていると思う
欲望に目がくらみ、私にそれをぶつける
残念ながら私の精神と体は、まだこれらの行為に耐えれるほど成長はしていない

そして・・・二ノ宮先生はどうして私を受け入れてくれたんだろうか?
もしかして・・・
私は頭を振った。嫌な想像が頭をよぎったのだ

二ノ宮 「ん?どうかしたのか?」
いつの間にか先生は風呂から上がっていた。私はその湯上がりの姿を見て驚く
先生が身につけているのは二つ
肩にかけているタオルと、赤いレースのコーディネートショーツ
肩から下げられたタオルは上手に両乳房を覆い隠している
そして肌の色まで透かせている下着のレース部は、よく見れば先生の毛が見えるようであった

その姿に私は視線を外すことができなかった
その理由は先生のプロポーションの良さに魅入られたからだ
いやらしくもあり、そしてむせかえるような大人の色香。運動をしている女性だけが持つまるで黒豹のようなしなやかで健康的な肉体
それらを申し訳程度に覆う布きれが、中身の想像をふくらませてしまう
二ノ宮 「なんだ?いやらしいオヤジの目つきみたいだぞ」
刹那 「す、すいません!!」
二ノ宮 「見せてやろうか?ほれほれ」
そういうと、先生は肩のタオルを取った。見事な乳房が私の目の前に現れる
少しばかりも垂れてはいない。これもスポーツをしている女性の特性なのだろうか?

刹那 「あ・・あう・・」

698 :刹那 一夜のぬくもり:2006/06/07(水) 23:58:59 ID:???
5/6
二ノ宮 「冗談はさておきもう寝るぞ。私は朝練で起きるのが早いんでな」
先生はショーツと同じ色のブラをつけてリビングの奥の部屋へと私を案内した
扉を開くと、薄暗い寝室に大きなベッドがただ一つと、ぼんやりと光るライトがあった

刹那 「私はどこで寝たらいいですか?」
私の寝る場所は用意されていない。私はどこで寝たらいいのかわからず、先生に質問してみた
二ノ宮 「待ってろ、今用意する」
先生はそう言うと、クッションを一つ手にとって、ベッドに添える
二ノ宮 「ほら、これでいいか?」
そこにできあがったのは一つのベッドに二つの枕の愛の巣だった

刹那 「こ、これは・・・」
二ノ宮 「勘違いするな、胸を貸してやると言っただろう。クッションでもいいが私の胸で眠れ。変なことはしない」
刹那 「あ・・あうう」
とまどいおろおろする私を、先生はその胸に思い切り抱きしめた。そしてそのままベッドへと倒れ込む
二ノ宮 「何も考えるな。私の尊敬する師父もこう言っている”考えるな、感じるんだ”と」

その言葉を聞いて少し胸のどきどきが収まった。私は一つ大きく息を吸い込んでみる
少し甘い香水の香りが私の鼻孔を満たした。その香りは私の脳を浸食し、思考をだんだんと溶かしてゆく
二ノ宮 「眠れ、それとも暑苦しいか?」
私は何も言わずに首を横に振って否定した
二ノ宮 「ん、いい子だ」
先生は私の頭を優しくなで始める
髪の毛を滑る手の感触と暖かさが私の意識を眠りへと誘ってゆく
温かい胸から聞こえてくる先生の鼓動を聞いていると、心が落ち着いてゆく
そう言えば以前に聞いたことがある。赤ん坊は母親の心臓の鼓動を聞くと母体にいたときのことを思い出して泣きやむのだと

そう、この感覚はまるで・・・おかあさんのむねのなか・・・
わたしがおぼえているのはここまで・・・

699 :刹那 一夜のぬくもり:2006/06/08(木) 00:00:53 ID:???
6/6
一方その頃、双眼鏡でその寝室の様子を覗く8つの瞳があった
真名 「ぐぐぐ・・・私も混ざりたいぞ」
木乃香 「ああん、せっちゃんあんなに甘えてくれたこと無いのに・・・」
月詠 「先輩・・・私もあんな風に」
ハルナ 「うほっ、いい女!!」
刹那が二ノ宮先生のところに泊まると言うことで、原因の3人+おまけはその様子を覗くのであった
真名 「あれでは大人の色香に目覚めてしまう、これ以上のライバルは不要だ」
木乃香 「そやな、突撃やな」
月詠 「あのお姉はんもええどすな〜」
ハルナ 「私は面白ければいいけどね」
こうして4人が突撃を始めようとしたそのとき・・・
千鶴 「おイタは」
しずな 「だめよ?」
どこからかやってきた良識が、四人の前に立ちはだかったのだ

真名 「くっ・・先生?」
木乃香 「センセ、邪魔せんといてや」
月詠 「乳お化けや。それも二匹」
ハルナ 「”おばさんたち”何か用!?」
場の空気が凍り付いた。その禁句は狂騒と死の世界を呼び寄せる
ゆらりと千鶴としずなは手を伸ばすと、その手に何かを持った
千鶴 「あら?先生は長芋なんですね」
しずな 「ええ、天然の自然薯よ。それも土付き。粘りがすごいのよ」

真名の魔眼はその意志と反して二人を捕らえる。そして魔眼はあることを告げていた
この二人は魔物であると、その戦闘力の上限は読めず、殺意を持っているということ
つまり死神であると・・・

夜に響く叫びは、この世ならざる物たちの宴の主役なのだ



700 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 00:03:41 ID:???
>>699
長芋wwwwwwwwww最強タッグktkrwwwwwwww

701 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 00:07:47 ID:???
しずな先生〜!? やば、強そうw

てか、しずな先生って昔っからあのまんまだった、という雰囲気あるし。
たぶん中学生の頃から変わってねぇぞ。ちづ姉と同じ年齢不詳で(ry

702 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 00:11:14 ID:???
立て続けにレス

>>650
ハカセ、かわいいよハカセ

>>653
すっかり生協の二ノ宮さんにハマってる俺がいる
そして続きもかなりGJ!でも赤ってより黒はいていそうだw

>>656
おー!やっぱさよちんかわええなぁ・・・

>>658
そして携帯メールネタもすっかりハマってます
これ俺ん中でクリティカルヒットなんですけど! 特にタカミチさん 俺もこういうミスをついしてしまう・・・死



703 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 00:11:44 ID:???
>>699
なんでパルがいるのwww
>>701
ムチャシヤガッテ…

704 :702:2006/06/08(木) 00:11:46 ID:???
つづき

>>661
ネギとエヴァのことはクラスの大半が知っていそうだw

>>669
ざじ めのもっそかわええのぉ

>>673
で、いいんちょとあすにゃんは見事にえろえろ全開!この二人はどうしてこんなエロすぎるんだぁ!!!

>>678
あささよイイよネー!かなりほんわかする







705 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/08(木) 00:13:23 ID:???
これから投下します。
今回長めでまたしてもスレ空気詠んでません。申し訳ない・・・。


706 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/08(木) 00:13:57 ID:???
>>645


「お前の首筋に私が抱いた印が付いている」
困惑した瞳がみるみるうちに驚きに変わり、刹那は近衛木乃香の腕を振り解き、両手で首を押さえた。
そんなことをして消えるわけもなく、近衛たちに見られた後では隠したところで所詮無駄な行為だ。
白い肌が更に血の気を失くし、小刻みに震えている。
「・・・・・・せっちゃんを・・・・・・抱いたん?」
今にも零れ落ちそうな涙を、瞳に溜め込んだ近衛が青い顔で私に尋ねる。
怒り狂って殴られるかと思っていたが、近衛はどこか淋しげな表情を浮かべているだけだった。
クラス中の視線が集まる中、私は口を開いた。
口元にしっかりと笑みを整えたまま――――――


「昨日の晩、私は刹那を抱いた。本人の記憶は消してやったし、体力も回復させて返した。
ん?少し思い出したようだな?刹那」
ガクガクと真っ青な顔で震えている刹那は、俯いて私と瞳を合わせようとしなかった。
消した記憶などどうせすぐに思い出してしまう。早いか遅いかだけの違いだ。
『しかし・・・大事なお嬢様の前とは・・・・・・最悪だな』


707 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/08(木) 00:14:33 ID:???
>>706

ガタン―――
机が倒れる大きな音と共に刹那は教室から飛び出していった。
「・・・せっ・・・せっちゃーん!!」
廊下にこだまする近衛の足音が、耳の奥に妙にまとわり付いた。
脳裏に焼きついた刹那の後姿が、昨夜 月の明かりの下で見せた彼女の白い小さな背中と重なって見えた。

『もう・・・・・・二度と私の手の中には入って来ぬな。』

今までに失ってきたものは多かった。
失うことにも慣れきってしまっていた。
しかし、今日のこの思いは――――――

708 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/08(木) 00:15:07 ID:???
>>707

―――パンッ
乾いた音が静まり返った教室の中へ響いた。
一瞬、自分の身に何が起こったのかわからずにいた。
横へ叩かれた首を元へ戻すと、目前に迫り立つ神楽坂明日菜の姿があった。
じんわりと熱くなる左頬を押さえ蔑視する。
「見損なったわ!仲良くなれたと思ったのにっ!」
「お前たちと仲良しごっこするつもりは微塵もない」
食って掛かる神楽坂に私は冷たい視線を送った。
頬を叩かれてまでこいつに何か言われたくはない。
「・・・っ 木乃香たちはねっ・・・まだキスだってしてないのよ!
それなのにっ・・・・・・それなのに・・・あんたはっ・・・!!」
「ほう、だからか・・・。ククッ、さっき言い忘れていたことを思い出したぞ」
「・・・・・・・。」
私の言葉に神楽坂は反応を見せず、ただ黙って睨み付けている。
「刹那の処女膜も元通りにしてある。これで文句はなかろう?」
挑戦的な言葉に赤く燃え滾る炎ように神楽坂は怒りを露わにしている。
ガシッ―――
振り上げた右手を茶々丸が無言で押さえた。
「はっ・・・離して茶々丸さん!一発じゃ気が済まないわ!」
「昨日の一件には私も加担しています。殴るのでしたら私を」
茶々丸の言葉に神楽坂の勢いが少し緩んだ。
彼女から発せられる気が徐々に弱まっていくのを肌で感じた。
「・・・っ 茶々丸さんまで使って・・・!!
一生許さない!!・・・・・・あんたなんて大っキライよ!!」
茶々丸の手を払い除け、二人の後を追うかのように神楽坂明日菜は廊下へ消えた。


709 :エヴァにゃんの憂鬱:2006/06/08(木) 00:15:39 ID:???
>>708

「・・・大嫌いか」
再び重苦しい沈黙の空気が流れる中、私は小さく呟いた。
「今までと何ら変わりはない・・・いつだって私は嫌われ者だ」
何を言われたって耐えられる。もう何百年も諦めることには慣らされている。
けれども・・・・・・冷たい風が身体の中を通り過ぎるような・・・・・・そんな胸の痛みを感じた。
「・・・わかるよ」
突然出た声の主に私は驚きを隠せなかった。
前方からかけられた声はいつもより随分控え目な椎名桜子の声だった。
「両想いの人好きになっちゃうとツライよね・・・本人からも、周りからも責められて・・・
力ずくでも欲しい気持ち、私わかるよ」
唖然とするクラスメイトの間をゆっくりと歩いて来る。
茶々丸も危険はないと感じたのか、椎名が近付くのを止めようとはしなかった。
「私はエバちゃんのこと嫌いにならない」
頭上に微かな熱と重みを感じチラと見上げる。
私の目に映ったのは、椎名の腕とほのかに笑みを浮かべた顔だった。
『責められるほうがまだマシだ』
私は俯き滲んだ視界で机を見つめた。
「・・・・・・茶々丸、帰るぞ」
「あ、待って・・・これ」
差し出されたハンカチを握り締め、私はそのまま床へ崩れ落ちた。
「・・・私は・・・・・・赦されるべき人間ではない」
「関係ないよ」
椎名桜子はそう言って私を抱き締めた。
体中に広がる温もりの中、私のすすり泣く声だけが耳障りに教室の中を占領した。

〜つづく〜


710 :ココネのヤヤコシイ初恋:2006/06/08(木) 00:20:32 ID:???
1/4

「ミソラ、誰カ好キナ人イル?」
それは、『魔法使い』としての仕事中。退屈な巡回をしていた時のこと。
唐突に問いかけてきた相棒に、美s……でなく、『自称・謎のシスター』は目をしばたかせた。
「何、唐突に。……そーかそーか、ココネもそーゆーお年頃かぁ♪
 それってつまり、経験豊富なおねーさんに恋愛相談したい、ってこと?」
「…………」
黙り込むココネ。基本的に表情に乏しい彼女だが、僅かに頬が赤くなっている。
どうやら、マジだったらしい。半分冗談だった謎の(ry も、ちょっとびっくり。
「で、相手はどんな子なのよ?」
「一言ジャ言エナイ」
「……そりゃそうだろうけどさ。何も分かんなきゃ、アドバイスのしようがないじゃん」
「…………ベストカップルコンテスト、優勝者」
「はぁ!? 何、既にくっついてんの?! それって横恋慕ってこと?」
「…………」
再び赤面して頷く少女。そりゃ確かに困るだろう。相談された方も困る。
さっきは勢いで「経験豊富なおねーさん」と言ったが、実は謎シス(ry自身にもロクな恋愛経験がない。
いきなりこんな「上級者向け」の恋を持ち込まれても、困ってしまう。
彼女はポリポリと頭を掻いて、呟いた。
「ん〜〜。しゃーないなー。こりゃ、みんなに相談してみっか」


711 :ココネのヤヤコシイ初恋:2006/06/08(木) 00:21:15 ID:???
2/4

芝生の上、お弁当を広げて談笑している、可愛らしいカップル。小学生くらいだろうか。
その初々しい様子が、見るものすべてに幸せな微笑みを誘う。
そんな2人を植え込みの影から覗き見る、怪しい4人と1匹の集団があった。
「男の子の方は、はる樹君。女の子の方は、雪ちゃん。どっちもココネちゃんの同級生やな。
 ベストカップルコンテストの直前に、雪ちゃんの方から告白したんやて〜」
「へー。よく調べてあるねー。てか何でそんな情報をこのかが」
「パル情報や〜。学内のカップル情報は、大体調べられるみたいやで。覚えとき、美空ちゃん」
「美空?! 誰のこと?! 私は謎のシスターで……」
木乃香の言葉に、今更ながらとぼけて見せる謎の(ry。
確かにあの噂好きのハルナなら、色々と情報網を持っていてもおかしくはない。
「しっかし、どーすんのよ。あのお似合いカップル壊しちゃうの?」
困ったような声を上げたのは、木乃香に引っ張られるようにしてついてきた明日菜。
普通の恋愛ならそれなりに応援してあげよう、という気にもなるが、しかし仲の良い2人を裂くのは気が進まない。
「それがな、明日菜〜。パル情報によると、まだ諦めたモンじゃないらしいで」
「どういうこと?」
「なんかなー、はる樹くんには、雪ちゃん以外に好きな女の子がおったらしいんや。
 でも雪ちゃんに告白されてな、返事を保留してるうちに、なし崩しにカップルっぽくなっとるだけらしいで。
 例のカップルコンテストも、学祭名物の強制参加に掻っ攫われただけやて〜」
「へー、つまりあの男の子、まだちゃんと返事してないんだ。てことは……」
「まだ、ココネの嬢ちゃんが割り込む余地は残ってるってこったな」
明日菜の肩の上、ココネの方を見てニヤリと笑うカモ。頷くココネ。相変わらずその表情は読みにくい。

712 :ココネのヤヤコシイ初恋:2006/06/08(木) 00:21:56 ID:???
3/4

「で……じゃあ、どう割り込むのよ」
「ん〜〜、正面突破っしょ、ココは☆」
「え、ちょっと」
明日菜が止める間もあればこそ。ニヤリと笑った美空は、おもむろにココネの腰を蹴り飛ばして。
完全に意表を突かれたココネは、驚きの表情そのままに、植え込みから飛び出してしまった。
たたらを踏んだ彼女が姿勢を取り戻したその場所は、雪とはる樹のすぐ眼前で。
「…………!」
「えっ……!? ココネ……!?」
「あれ、ココネちゃん?! どうしてこんなとこに?」
驚きの声を上げる2人、思わず固まってしまうココネ。
彼女の沈黙をどう思ったのか、急に慌てだしたのは、はる樹だった。
「あ、その、これはさ……その、たまたま雪が弁当作りすぎたからって、その……!」
「…………」
「よ、良かったら、ココネも一緒に食べない? い、いいよな、雪?!」
「う、うん、はる樹くんが、そう言うなら……」
渋々頷く雪。露骨に嬉しそうなはる樹。表情をほとんど変えることなく、少しだけ頬を染めて2人の間に座るココネ。
微妙な緊張を孕みつつ、それでもやっぱり、通行人の表情を綻ばせる、可愛らしい3人の姿がそこにあった。

「あれって……ひょっとして、はる樹くんが好きなのって」
「ん〜、間違いねーなー。ココネの嬢ちゃんへの好意、オコジョ妖精のセンサーにビンビンに来てるぜ!」
「はわ〜。ちょっと雪ちゃんが可哀想な気もするけどな〜」
「ふッ。私の作戦に間違いはなかったようね! さすが私! お幸せにココネ!」
「結果オーライでモノ言ってんじゃないわよ、この無責任シスター!」
植え込みの影で見てる3人と1匹の表情も、思わず綻ぶ。
雪ちゃんに同情する気持ちも無いわけでもなかったが、それでも、ちょっとだけ幸せな気分になる美空たちであった。
……あ、美空じゃないか。謎のシスター(自称)だったっけ。正直名前長くてメンドクサイんだがなァ
「そこ、地の文が投げやりになるんじゃないっ(ビシィッ!)」

713 :ココネのヤヤコシイ初恋:2006/06/08(木) 00:23:22 ID:???
4/4

で、後日談。
「……え?! ココネが好きなの、はる樹くんじゃなくて、雪ちゃんの方なの?!」
「……(コクコク)」
「はわ〜、それはびっくりや〜」
「おいおいこのかの姉さん、もっと早く気づけってばよ〜!
 このスレでネタにされてる以上、マトモなヘテロカプのハズがね〜だろ〜?」
「こらこら、エロガモ。そーゆーメタな発言はマズくない?」
ん〜、もうとっくの昔にグダグダだし、勘のいい読者なら最初っから気づいてたろうし。
別に今更、どーでも良くねーか? なぁ?
「良くないわよ、地の文ッ! もうっ、どーすんのよこの三角関係ッ!」

                                       (……終わってねぇし!?)



714 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 00:36:59 ID:???
ちょwwwココネも百合かwww

715 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 00:40:32 ID:???
新カプ誕生

716 :699:2006/06/08(木) 00:40:38 ID:???
>>699です

>>700
長ければ何でも良かった、むらっとしてやった、反省はしていない
>>701
たぶん千鶴が年を・・・いや、なんでもない
>>702
ありがd、頑張って二ノ宮さん書くです
>>703
すまん、落ちに持って行くために利用したんだ。おれ、悪役
>>709
レンズ洗浄液が・・・漏れ出すじゃないか
>>713
ここねまで百合カプに・・・orz
そうだったね、ここがどこか思い出したよ

717 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 00:47:18 ID:???
>>709
いやいやGJ!昨日はパソ開かなかっただけで、俺は貴方の作品を待ってましたよ
正直、エヴァはかなりアウトオブ眼中なキャラだけど、このSSのツン全開なエヴァはツボだったり
で、今回桜子が美味しいなあw

>>713
確かにココネの周りには百合の見本がある罠w

718 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 03:03:36 ID:???
五月屋

五月 いらっしゃいませ
真名「あぁ」
五月 メニューはこちらです。

木乃香のひみつ 朝倉のひみつ ハカセのサーヴァント
アキラの苦労 ゆーにゃの飼い方 茶々●VSセリ○ 
タイトルしずな先生と二ノ宮先生を攻略対象にできるウラ技
千雨のネギ○5ネタバレ いいんちょのブルジョワ人生
エヴァンジェリンの心温まるちょっといい話 ザジの正体
刹那の焼き鳥講座 真名×アキラ大全集 ALL時価

真名「…真名×アキラ大全集?」
五月 それですか?
真名「少ない!」
五月 え?
真名×刹那 真名×ゆーな 真名×亜子 真名×エヴァ
真名×チャオ 真名×古 真名×楓 真名×まき絵

真名「せめてこれくらいはないと!当然攻めは私な」
五月 すごいです。これほどネタを持ってるとは…是非ともお話を
真名「ふふふ、いいだろう。ではまずは…」
アキラ「真〜名〜♥」
真名「!!」

これ以上は恐ろしくて語ることが出来ません(五月談)。

719 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 03:05:19 ID:???
>タイトルしずな先生と二ノ宮先生を攻略対象にできるウラ技

タイトル画面でコマンドを入力することでしずな先生と二ノ宮先生を攻略対象にできるウラ技
の間違いだった。よく確認しろよ俺…orz

720 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 03:34:10 ID:???
>タイトル画面でコマンドを入力することでしずな先生と二ノ宮先生を攻略対象にできるウラ技



OKさっちゃん、50,000まではら出そう

721 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 06:45:45 ID:???
>>720
俺なら臓器売ってまで買うぞ

722 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 07:04:52 ID:???
仕方が無い。
俺の身体で良ければ・・・・・・。

723 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 07:08:26 ID:???
新製品にレバ刺しが追加だな。

724 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 08:12:20 ID:???
>刹那の焼き鳥講座
これなら一マソだす。

725 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 08:30:14 ID:???
>>724
このドSめ……。

726 :ザジちう:2006/06/08(木) 15:26:08 ID:???
>>677
呼ばれたので来ました

727 :ちうザジ:2006/06/08(木) 15:27:41 ID:???
ごめん名前はこっちですよ(´・ω・`)
ちなみに鹿児島

728 :キャラ性格転換反省はしてない:2006/06/08(木) 16:17:20 ID:???
アキラ「ふふふ。今夜は寝かせないぞ、真名。」
龍宮「ちょっと、アキラやめて、あっ…」

ゆーな「たゆんたゆんだにゃー!!」
亜子「やめろっちゅーに!」

ちう「ザジー!!\(≧▽≦)Ξ」
ザジ「ちょ、こんな昼間っからくっつくなwww」

いいんちょ「ちょっと、早く補習終わらせなさいよ!ばか猿!」
アスナ「うるさいですわね。ちょっと頭が良いからって偉そうにしないで下さる?」

ネギ「ムフッ、ど〜だい?私の室伏は?新田くぅ〜ん?」
新田「あ、あう…。その僕達男同士ですし…」

729 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 16:38:21 ID:???
明日は桜子誕生日なのでそっちのネタ投下します。

ライバル

円「あーもー最悪」
私は忘れ物をして急いで学園に戻ったときのことだ。
桜子「千雨ちゃーん」
千雨「こら、何をする気だ!?」
桜子「大丈夫、誰も来ないから」
千雨「お前――!」

ドカッ ガラッ

円「あれ…桜子」
教室には長谷川と桜子がいた。どういうわけなのか桜子はヘッドスライディングの状態だ。
長谷川はこそこそと制服を直している。
桜子「あ、円。どうしたの?」
円「あ〜忘れ物しちゃって」
千雨「帰る、ザジの部活が終わるころだ」
私とすれ違う長谷川、生意気そうな目つき。
ふと私を見て少し笑ったような気がした。
桜子「…あーあ残念」
円「何が?」

―翌日
千雨「さっさと行ってこーい」
桜子「はーい!」

730 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 16:38:57 ID:???
離れた場所から声が聞こえた。
またいつものように桜子は長谷川にパシらされている。
ガコン
桜子「これでよしっと」
円「相変わらずね」
桜子「う〜ん。千雨ちゃんのためだからね」
そう、いつでも長谷川のため。長谷川に好かれるため…
でもね桜子。その好きである行為を長谷川は利用してあんたをおもちゃにしてるのよ。
円「ねぇ桜子…あんたは長谷川のどこがいいの?」
桜子「…そうだね。何となく全部だったりして」
円「はぁ?」
桜子「うーん。気づいたら好きになってた…かな?どうしたの円。ひょっとして円って
   千雨ちゃんのこと狙ってるの?」
円「えぇ!どうしてそうなるの!!」
桜子「違うの?いつも千雨ちゃんを見てるじゃん」
違う、それはあんたと一緒にいるから…
桜子「それに円がライバルでもいいよ。私負けないから」
違う!桜子、長谷川のどこがいいの。すぐ早退するし誘っても必ず断るし、隠れてタバコ吸うし。
私は…
円「桜子、聞いて」
桜子「どうしたの、改まって」
円「私が見てるのは、長谷川じゃなくてあんt」


731 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 16:39:39 ID:???

千雨「おーい、何油売ってんだ。さっさと来い」
桜子「あっ、ごめんねー。それじゃ円、後でね」
円「あっ…」
行っちゃった。
二階の窓を見ると長谷川がこちらを見下ろしていた。
私に向けられてる眼鏡の奥に見える瞳、表情は得意げに笑っていた。
円「…あの性悪」

捨ててあった空き缶を蹴飛ばした。
見てなさいよ長谷川、桜子が誰のものかハッキリさせてあげるわ。


732 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 18:26:17 ID:???
>>731
  ( ゚д゚) 
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ GJ、明日が楽しみだ
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ …っと。
  \/    /

733 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 18:34:44 ID:???
修羅場!修羅場!


どうでもいいが久しぶりに某所を見たらハルヒばっかでびっくりした


734 :709:2006/06/08(木) 18:46:38 ID:???
>>716
レンズ洗浄液補充しておくです

>>717
そう言って貰えるとかなり嬉しい。
今日は仕事忙しくて続きが書けなかったのでまたしばらく止まります(苦笑



735 :ココネのヤヤコシイ関係:2006/06/08(木) 19:09:03 ID:???
1/5

  雪ちゃんは、はる樹くんのことが好き。
  はる樹くんは、ココネのことが気になっている。
  そしてココネは、雪ちゃんのことが大好きで―ー

最近は、いつも3人一緒。
3人一緒に御飯を食べ、3人一緒に学校に行き、3人一緒に学校から帰る。
とっても仲良しの3人組。
ただ、3人で横一列に手を繋いだ時。
どういう順番で手を繋いでも、片方の端の人がしょんぼりだけど――

「……でもさ、ココネ。それで満足してちゃいけないわけよ」
「……(?)」
仕事上の相棒・謎のシスター(自称、っていー加減しつこいなコレ)の言葉に、ココネも頷く。
ココネが欲しいのは雪ちゃん1人。ぶっちゃけ、はる樹くんはいらない。それに……
「それに、雪ちゃんははる樹くんに告白してるわけだけど、ココネはまだでしょ?」
「…………(コク)」
「2人の間には優勝商品のペアブレスレッドもあるんだし。
 この三角関係、雪・はる樹の関係が圧倒的に強いのよ。はる樹くんも状況に流されちゃってるしさ」
「…………(コクコク)」
「やっぱココは、ちゃんと告っとかないとマズいんじゃないの?
 告白でなくてもさ、もうちょっと、距離縮めておくとか」
「…………(疑問)」
「何? 具体的にどうすりゃいいかって? どう話を切り出せばいいのか、って?」
「…………(コク)」
「ん〜、言われてみりゃ、確かにあたしもイマイチいい案思いつかねーなァ。
 コレはまた、ちょっとみんなに相談してみるかね?」


736 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 19:09:21 ID:???
>>731
┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"
修羅場!修羅場!修羅場!修羅場!
期待してから頑張れwww GJ!

>>732
こっちみんなwww

737 :ココネのヤヤコシイ関係:2006/06/08(木) 19:09:38 ID:???
2/5

【ケース1:神楽坂明日菜の場合】
「……何であたしのトコにそんな話持ち込むのよ、謎のシスター?」
「いーじゃん。男相手にも女相手にも茨の道を突き進むアンタなら、何か経験談ありそうだし」
「…………(コクコク)」
「誰の恋が茨の道よッ!? 高畑先生もネギ坊主もいいんちょも……って何言わせるの!
 それにね、アドバイスできるような経験あったら、私もこんな苦労してないの。分かる?」
「あー、そう言われてみれば。確かにねー」
「………(激しく納得)」
「って、2人して納得してるんじゃなーいッ! それはそれでムカツクのよーッ!」

【ケース2:近衛木乃香の場合】
「で、なんでウチにそんなこと聞くん〜?」
「だって、数少ない公式ガチレズカップルだし! これはもう相談するしか!(ビシィッ!)」
「…………(コクコク)」
「いややわ〜、美空ちゃんてば〜(ゴチンッ!) ウチ、そんなん言われたら恥ずかしいわ〜」
「い、医者はどこ……てか、トンカチツッコミって、本編でも忘れられてるネタじゃ……(ガクッ)」
「………?(質問)」
「う〜ん、ココネちゃん。ウチとせっちゃんの場合は、昔っからの付き合いやったからなぁ。
 正直あんまり参考にならんと思うえ? 告白するまでもなく、相思相愛やったしー。
 女の子同士でどーやって愛し合うのん? とかなら、いくらでも相談にも乗れるんやけど……」
「…………(興味津々)」
「こらー! ヒトが血ィ流して死んでる隙に、子供にそーゆーこと教えるなーッ!」

【ケース3:アルベール・カモミールの場合】
「おれっちに相談されてもなァ……。俺、所詮は小動物に過ぎねーしよォ。
 こーゆーのは生教の二ノ宮さんとか五月堂とかに相談した方がいいんじゃねーか?」
「ちょっ、それ別の作者様! あとそーゆー形のリクエストはやめなって! ヤバいから!」
「…………(書き書き)」
「ココネも生教のメッセージカード書き始めてるんじゃないッ!(バシーン!)」


738 :ココネのヤヤコシイ関係:2006/06/08(木) 19:10:21 ID:???
3/5

【ケース4:宮崎のどかの場合】
「あ、あの〜、ど、どういう流れで私のところに……?!」
「んッ、このかの紹介っ。あとさ、公式ガチレズカップルその2の片割れだし!(ビシィッ!)」
「が、ガチレズなんかじゃないですー。私と夕映は、そんな関係じゃ……!」
「いや私、『誰と』なんて言ってないけど? ほー、やっぱそうなんだー(ニヤニヤ)」
「はうぇっ!? ゆ、誘導尋問ッ!?」
「あとさ、女2人の間に男の子がいる、って構図が似てるからね、あんたら2人とネギ君は。
 これは是非、参考になる意見を聞き出さねば! ってわけなのさ!」
「…………(興味津々)」
「ああうっ、その、あの、えーっと…… 女の子同士の関係、ですよね……
 ま、まずは仮契約結んじゃえばですねー、ドタバタしているうちに何とかなっちゃうかと……」
「………!(納得)」
「こらこら、そんなわけあるかー! ココネもそこで頷いてるんじゃないッ!

 …………って、ひょっとしてココネ、本気なの?!」


……で、4人と1匹の余計な観衆が、植え込みから覗く中。
女の子2人男の子1人の可愛らしい組み合わせが、芝生にお弁当を広げていた。
ココネ以外の2人は、その場所に仕掛けられた罠にも、隠れて見ている人々にも気付かない。
「へへへ、謎のシスターの姐さん! こっそりビニールシートの下に魔方陣書いておいたぜ!
 これで、ココネの嬢ちゃんがもう1人の嬢ちゃんにキスした時点で、仮契約成立ってわけよ!
 ちょっと順番違うけどよ、2人の関係が特別なモノになれば、関係進展も間違いなし!」
「偉い、カモッち! これで万全ねッ! 頑張れココネ!」
「で、でも〜、ココネさんは、どういう流れでキスに持っていくつもりなんでしょうか〜?」
「うんうん、それが問題やな〜。あんま不自然なことすると、3人の関係壊れてまうし〜」
「うーん、私こーゆー作戦ってあんま好きじゃないんだけどなー」
カモが、謎の(ryが、のどかが、木乃香が、明日菜が。それぞれの想いで見守る中……


739 :ココネのヤヤコシイ関係:2006/06/08(木) 19:10:56 ID:???
4/5

談笑しながらお弁当を食べる、雪とはる樹。口数少ないながらも、その輪に加わっているココネ。
と、ふとココネが、雪の顔を見つめて何かに気づいたような顔をした。
「……ん? ココネ、どうかしたの? 私の顔に、何かついてる?」
「……ご飯粒、ついテる……」
「え、嘘! ちょっ、どこどこ?」
「…………」
はる樹の視線を気にして慌てる雪に、ココネは無言のまま、ずぃッと顔を近づけると。
おもむろに、その唇を奪ってしまった。目を丸くする雪とはる樹。
3人が座るビニールシートが、そのキスに反応し、輝きを発して――

「よっしゃ〜! パークティオ〜〜ッ! 雪ちゃんカード、GETだぜッ!」
「はわ〜、やるなココネちゃん〜。アレは上手い作戦やな、ウチも使わせてもらおかー」
「そうですねー。参考になりますねー」
「コラコラ、そこのガチレズ2人。感心してるんじゃない」
植え込みの陰の4人と1匹も、ココネの行動力と発想には驚くばかり。
だがしかし、芝生の上での展開は、これで収まりはしなかった。

「な……ちょ、ココネ!?」
「……唇についてタ。もう取ったカラ、大丈夫」
「いや、そういうことじゃなくて……!」
目の前で女の子同士のキスを見せ付けられたはる樹くんは、ちょっと呆然。
ココネの口実を疑いこそしなかったが、驚きのあまり硬直してしまう。
一方の雪ちゃんは、最初の衝撃が過ぎると、やがて身を震わせ、はる樹の方を見て。
「……はる樹くん」
「な、何だよ、雪?!」
「はる樹くんも、顔にご飯粒ついてるよ」
「え、嘘!? ちょ、どこ?!」
ぶっちゅう。ぱぁぁぁッ。ぱ〜くてぃお〜〜!


740 :ココネのヤヤコシイ関係:2006/06/08(木) 19:11:45 ID:???
5/5

「……あ、ココネ。ココネにもご飯粒ついてる」
「……!?」
「ちょっ、はる樹くん、それは……!」
ぶっちゅぅ。ぱぁぁぁッ。ぱ〜くてぃお〜〜!

「…………」
「…………」
「…………」
芝生の上のココネも、植え込みから覗く4人と1匹も、みな唖然。
ココネの口実をそのまんま使って、はる樹にキスした雪。
その口実をそのまんま使って、ココネにキスしたはる樹。
魔方陣は合計3回光って、カモの手元には仮契約カードが3枚。
なんというか……3人の関係、全然変わってないと言うか、余計泥沼と言うか。

「……一般人同士の仮契約カードって、オコジョ協会からの仲介料出るのかな〜?」
「知らないわよ、エロガモッ! もう、どう収拾つけんのよ、この状況?!」
「まー、本屋ちゃんの言う通り、ドタバタしてるうちに何とかなるんじゃない?」
まあとっくにグダグダになってるからねぇ。無理に急いで収拾つけなくてもいいんでね?
「だから地の文が投げるなッ!(びしぃ!) それに、何で地の文が会話に参加してるのさ!?」
そりゃ、自称謎のシスター様は本編で唯一、テロップにツッコミを入れたお方だし。
コイツがいると地の文も会話文も区別つかなくなるのよ。きっとね。
「なぁなぁ、なんで美空ちゃんだけそんなツッコミできるん〜? ウチちょっと羨ましいわ〜」
ん〜、やっぱ『空気』だからじゃねーか? 自身が空気だけに、空気にも触れられるっていう。
「え……! じゃ、じゃあ、こうやって地の文さんとお話している、私たちも……?」
うん、感染っちゃってるね。てか、木乃香やのどかは、このスレじゃ空気キャラだしなァ。
「「そ、そんなのイヤ〜〜!?」」
「空気ネタもメタ展開も、例のウィルスでお腹一杯ッス」

                           (……やっぱり終ってない!?)


741 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 19:57:53 ID:???
>>740
ここね百合三角ネタ、エロGJ!!!

で、こんなんでました〜

742 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 19:58:52 ID:???
>>740
雪ちゃんのカードテラホシスww

1レス投下
まだブームは終らせねえ!

743 :生教の二ノ宮さん:2006/06/08(木) 19:59:03 ID:???
生教の二ノ宮さん


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している。その教員は生徒たちからは親しみを込めて”生教の二ノ宮さん”と呼ばれている


二ノ宮 「ほほう、初等部からか」

Q 初等部女子 C

同じ初等部女子の雪ちゃんが好き
お昼を一緒に食べた、手もつないでキスもした
次は何をすればいい?

二ノ宮 「むふっ!いいなぁ、幼いつぼみというのは」

A 生教の二ノ宮

お箸で食べ物を掴んで、”あーん”って食べさせてやれ
一緒にお風呂に入って洗いっこをしろ
そこで毛が生えているかどうか確認しろ
生理について教えてやれ
胸の大きさを測るといって乳を揉め
耳にふぅっと息を吹きかけろ

これをクリアしたら次のステップを教える

二ノ宮 「・・・オヤジモードだな、私」



744 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 20:00:48 ID:???
裕奈「ひゃあん!亜子…私もう…」
亜子「可愛いで裕奈…」


亜子「大概の女はたゆんした…後は今流行りのあの人やな」

亜子「!目標発見!この角に隠れて…」
二ノ宮「♪〜」
亜子「たゆんたゆんや〜!」
二ノ宮「な、なんだ!?和泉か?」
亜子「思った通り先生のおっぱい大きさ、形ともに最高や〜!」
二ノ宮「それは嬉しいことを…っていきなり揉むな!」
亜子「そんな怒らんでも…それにうちも先生も気持ちよくなるからええやん」
二ノ宮「アホなことを…だから揉み続けるな!」「ゴチン!」
亜子「いった〜殴らんでもええやんか」
二ノ宮「お前が人の話を聞かずに乳を揉むからだろ!それにその程度のテクでは私は満足せんぞ」
亜子「な!?うちのたゆんを馬鹿にするんか!?」
二ノ宮「その年でこのテクニックは中々だが大人にはこんなの前戯にすぎん。お前より何年長く生きてると思ってるんだ」
亜子「そ、そんな…うちのたゆんが子供だましとでもいうんか…」
二ノ宮「私が大人の世界を教えてやる、いい素質は持っているしな」
亜子「せ、先生…」
二ノ宮「胸揉み一つでも奥が深いぞ。身をもって教えてやろう」
亜子「身をもってってそんな、うちには裕奈が…それにうち貧乳やし…」
二ノ宮「貧乳には貧乳の揉みかたがあるんだよ、それにお前がうまくなれば明石もうれしいと思うぞ」
亜子「そ、それは…」
二ノ宮「嫌ならその子供だましで一生過ごすんだな。じゃあ私は職員室に戻る」

亜子「せ、先生!」
二ノ宮「なんだ?(ニヤ)」
亜子「大人の世界を…教えてください…」

745 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 20:02:01 ID:???
にのみー は おやじモード を みにつけた

746 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 20:02:24 ID:???
被った
>>742>>744です

>>743
早くもktkrwwww
にのみー被ってなんかウレシス

747 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 20:20:56 ID:???
あーもー、クラスの31人以外への発展が凄すぎw みんなGJ!

748 :743:2006/06/08(木) 20:38:14 ID:???
>>744
むふっ・・・オヤジの世界を教えるのか、GJ!!
>>745
カモと絡ませてみたい気もする

749 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 21:43:10 ID:???
すっかり不良な千雨たん
ttp://www.uploda.org/uporg411908.jpg.html

750 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 21:49:27 ID:???
>>749
千雨たんだからこそ不良に見えません><

>>677
待ってますよ(´・ω・`)

751 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 21:55:53 ID:???
>>749
だからウマ過ぎだから。2万4千回保存した。

752 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 21:59:53 ID:???
>>749
ぎゃふ!ちさめたんかっこよすぎ!!
桜子の気持ちがようやくわかった気がする

753 :真名 夜のお風呂:2006/06/08(木) 22:22:23 ID:???
真名 夜のお風呂


1/2
久々に一人で風呂につかってみる
時刻は午前0時、すでに電気は落とされ人の気配はない
月明かりだけが水面を煌めかせている

真名 「ふぅ・・・」
浴槽につかった私は、目をつむり大の字になる
浮遊感が私を包み、まるで宙に浮いているようだった

ふと、私は視線を下に向けた
おっぱいが二つ、ぷかぷかと浮かんでいる
軽く胸を動かすと、それに併せておっぱいは揺れた
その光景を見ていると何となく和泉がたゆんたゆんをする理由がわかるような気がした
真名 「たゆん・・・たゆん・・・」

?? 「くすくす・・・」
笑い声が聞こえてきた。辺りを見回すが誰もいない
私は桶に隠しておいた銃を取り出すと、立ち上がり裸のまま銃を構えた
真名 「誰だ!!」
注意して見てもあたりには誰もいない。そのときであった
?? 「お、驚かせてしまってすいません」
響くような声が聞こえた。だが、決して風呂の中で響いているような声ではない。もっと別の世界から語りかけるような感じだ
?? 「わ、私です。さよです」

754 :真名 夜のお風呂:2006/06/08(木) 22:23:36 ID:???
2/2
真名 「貴様か・・・」
私は魔眼を発動させた。しばらくしてうっすらとした白い影が空中に現れる
さよ 「こんばんわ・・・」
真名 「何の用だ?こんな時間に、こんな場所で」
さよ 「あの・・・ここは夜、綺麗なのでたまにここで浮遊してるんですけれども・・・」
真名 「ふむ、では目的は私と同じということか」

銃を桶に戻して、私は再び浴槽につかった
さよ 「あの、お風呂って気持ちいいですか?」
真名 「そうだな、まるで空中に浮かんでいるようだ。ん?お前はいつもそうか」
さよ 「そうなんですか。じゃあ、私は変わらないんですね」
真名 「湯上がりの火照った体に扇風機の風を当てるというのも気持ちいいぞ?」
さよ 「温度は感じないんです、私」
真名 「そうか。さっぱりした体で清潔なシーツを引いたベッドに、裸で潜り込むのもサラサラしていて気持ちいい」
さよ 「ううう・・羨ましいです」
真名 「では、死んでいるなりの楽しみ方を探せ」
さよ 「・・・では」

唐突に湯船に浮かぶ私のおっぱいが揺れ始めた。先ほどのように胸を動かしているわけではない
さよ 「たゆん、たゆん」
こいつが巻き起こしているポルターガイストか?
真名 「人の胸で遊ぶな」
さよ 「気持ちいいですか?」
真名 「良くも悪くもない、お前は和泉か?」
さよ 「見てください。波紋が月明かりに反射して綺麗ですよ」
真名 「おっぱいで遊ぶな」
さよ 「しくしくしく・・・」



755 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 22:36:43 ID:???
http://www.uploda.org/uporg411983.txt.html

ネタが切れてまいりました

756 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 22:55:57 ID:???
  ( ゚д゚) 
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_GJ
  \/    /

757 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 23:13:45 ID:???
ちょっと目を離しただけでこのスレはとんでもない事になってるな。マジGJの嵐。
特に>>731の続き超楽しみ。
俺、>>731の続き読んだら故郷に帰って学校通うよ。みんなに馬鹿にされるのも結構いいかもしれねぇ。熱々のピッツァも(ry

758 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 23:19:12 ID:???
だから感想レスで死亡フラグを立てるなと何度言ったら(ry

759 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 23:32:24 ID:???
しかもよく考えたらそのセリフを言った>>757は続き読む前に死ぬよなw

760 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 23:41:21 ID:???
>>754
さよってマジでかわいいよな。

>>756
いやいや、かなり面白い、
刹那としずな先生にかなりウケタw



761 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 23:49:36 ID:???
>>754
なんかコレで味占めたさよが、クラスのみんなの胸をたゆんたゆんしそうだw
ほとんどの奴には見えないしw


762 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 23:56:23 ID:???
>>754
おお・・・、今宵の真名さんはちょいとクールだ。GJ!

>>761
んなコト言ってるとマジでやっちゃうぞw某先生でw

763 :マロン名無しさん:2006/06/08(木) 23:58:32 ID:???
>>755
食べてたマロニーがご飯にむかってすごい勢いで飛んでいった
責任とってもらえますか?

764 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:23:30 ID:???
               __ _
        。 ◇◎,.'´  `ヽ.` οo.
       。:゜ ◎:::l /リハリ))ヾ∂:o゜
       /。○。 !、(|○_○ノO◇。☆
     /  ◎| ̄ ̄∪ ̄∪ ̄ ̄ ̄|:◎:
    /    ☆。|..Happy Birth Day!!.|☆
  ▼       。○..io.。◇.☆____| 。.:
∠▲―――――☆ :∂io☆ ゜◎∂:.

765 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:26:43 ID:???
桜子誕生日ネタ。いち早く投下!

メリーゴーランド

6月9日。この日は桜子の誕生日だ。
円「ねー桜子、今日は桜子の誕生日だよね。どうするの?」
桜子「そりゃもう放課後の誕生日パーティでみんなと馬鹿騒ぎして、3人でカラオケして〜
   その後は千雨ちゃんを呼んで二人っきりで〜♥」
円「あーはいはい、あんたの想像ノロケ話は聞き飽きた。それでどうしたいの?」
桜子「え?どうもしないよ」
突然あっさりと言い放つ桜子。

円「はぁ?」
桜子「…だって千雨ちゃんは私の誕生日も覚えてないし、何も考えてないと思うの。だから
   千雨ちゃんはこんな感情押し付けるのは迷惑かなって…」
当然だ。何を言ってもザジしか見ず、自分はパシリ止まり。
円「桜子…あんた」
桜子「でも…最終的には二人っきりで過ごせたらいいなって」
だが急に元の状態に戻る。
円「結局はそれか!」
それが桜子のいい所だと思う円だった。

とりあえず学園の柱の裏に隠れる二人。
円「いい?せーので飛び出して偶然を装ってうまく誘うのよ」
桜子「OK」
桜子が覗くとそこには登校している千雨がいる。
円「来たわよ、せーの」
桜子「千雨ちゃーん♥」
桜子は勢いよく飛び込んだ。まるで好スタートを切った短距離走のランナーのように、猛スピードで千雨に“突進”した。

ゴチーン
ほぼ頭突きに近い感じで千雨とぶつかる。

766 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:27:53 ID:???
千雨「なにしやがる!口切っちまったじゃねぇか!!」
桜子「ご、ごめ
ぼかぼかぼかぼか
円「あーあ、だめだこりゃ」

教室、千雨は教室で煙草を吹かすほど機嫌が悪かった。
桜子「うぅ〜〜〜〜どうしたらいいの〜」
取り返しのつかない失態で凹む桜子、確実に今日誘っても断られる。
円「こうなったら最終手段ね」
桜子「えっ、どうするの?」
円「誕生日パーティを朝にやるの。そうすれば長谷川もいるでしょ」
桜子「わーい。やったー……ってそれじゃ二人っきりになれないorz」
明らかなトーンダウンの桜子。
円「もー贅沢言わないの!」
桜子「…やっぱりいいよ。ごめんね変なことにつき合わせちゃって」
円「桜子…。じゃあ今日の夜にさっちゃん所で何か食べようか」
桜子「ありがと円」



結局、千雨は誕生日パーティに誘われたにも関わらず帰ってしまい…
桜子「いろいろ馬鹿騒ぎしてカラオケやって…8時に待ち合わせって言ったのに〜円来ない〜」
ヒュゥゥ
夏が近いとはいえ流石に夜は寒い。
桜子「ちょっと寒い…もう9時半〜…携帯かけても出ないし〜〜も〜」
ザジ「はい」
そういって横から暖かい缶コーヒーを差し出す。
桜子「ありがと…ってザジちゃん!?」
突然横から現れた訪問者に驚く桜子。
千雨「何だよザジ。会いたいやつがいるから付いてきてみれば…お前か?」
桜子「え?」
そこにいたのは煙草を咥えてだるそうに立っている千雨だった。

767 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:29:11 ID:???
千雨「用は済んだか?さっさと帰るぞ」
ザジ「うん」
そのまま桜子を無視して寮に戻ろうとする千雨。
桜子「あ…千雨ちゃ…」
何とか言いたい。誕生日でなくてもこのままいなくなったら…そう思った時に千雨が歩みを止める。
千雨「…あー、そういえば言い忘れてたことがあった」
桜子「え?」
千雨「ハッピーバースデイ」
ザジ「誕生日おめでとう、桜子さん」
ザジが手から鳩を出して祝った。千雨は振り向かずに照れくさそうに言った。
千雨「その…何だ。今日新しくゲームを買ったんだ、対戦相手がザジだけだと飽きるから…お前来るか?」
桜子「…うん!」
きっとザジがいる限り千雨との距離は縮まらない。
だけどそれでもいいと思った。そんなメリーゴーランドのような恋愛でも。

その一部始終を眺めていた人物が一人。
円「…終わりよければすべてよしってか」
ザジに来るように言ったのは円だった。
千雨を誘っても従うはずがない、間接的にはザジが一番適していた。
美砂「やっほー。どうしたの?こんなところで」
円「どーもしない」
さっさと寮に戻ろうとする円を美砂は呼び止める。
美砂「…いいんだね」
円「…」
そのまま黙り込み、沈黙する円。
美砂「あんたがいいって言うならいいけどね。―さっちゃんところに行こう、奢るから」
円「…うん」
その声は少し涙ぐんでいた。
―ねぇ桜子。あんたのメリーゴーランドを外から眺めるだけじゃ…もう満足できないよ。



768 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:30:42 ID:???
せつねー



桜子おめ

769 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:31:56 ID:???
くぎみん・・・

770 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:35:42 ID:???
………


(´;ω;`)ブワッ

771 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:40:28 ID:???
GJ以外の言葉が見付かりません。

772 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 00:44:54 ID:???
超感動

書く気なかったけど、頑張って桜子SS今日中に書いてみようって気さえ起きた

773 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 01:36:34 ID:???
自治スレで、このスレをマロンから追い出そうという運動が盛り上がっております。

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1143041982/638
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1143041982/667

774 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 02:03:16 ID:???
>>773
こう言っちゃなんだけど、嫌な言い方すると自治厨の溜り場スレともとれるけど、そこそんなに影響力あるわけ?
自治厨は嫌われてるイメージあるし、なんかひたすら水掛けろんしてるから放置でよさそうなんだが

俺危機感足りてない?

775 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 02:35:15 ID:???
五月屋

のどか「どうも」
五月 いらっしゃいませ
のどか「へー、こんなになってるんだ」
五月 こちらがメニューです、新しいものを絶えず入荷しています。

木乃香のひみつ 朝倉のひみつ 夕映のおいしいジュース巡りの旅
アキラのカミングアウト 茶々●VSセリ○ ちゃおりんの一発ギャグ
千雨の変身ポーズ いいんちょのブルジョワ人生 
エヴァンジェリンの心温まるちょっといい話 ハカセのサーヴァント
刹那とくーふぇの受けキャラ講座 真名×アキラ大全集+α
千鶴の実年齢 条件付で販売(購入すると命の保障は利きません) ALL時価

のどか「ちょっと怖いけど、夕映のおいしいジュース巡りの旅を…」
五月 はい
コトリ
のどか「ごくごく…うぅ〜苦い〜…これって青汁?」
五月 いえさらに濃縮した野菜汁といいます、これがパワーアップバージョンです
のどか「…何ですこの赤いドロドロは」
五月 ペナル茶(ティ)といいます。
ごくり
のどか「いやあああああ!△L×◎F=〜H@乙!!」
コト
のどか「こ、これは…ドリンク剤?」
五月 はい、栄養満点。肉体疲労も吹っ飛びます。名前はクスh
ゴクッ
のどか「∪〆¬∬壕○▲ ̄#$%)は♂♪9¥E。/」
バターン
五月 あ、卒倒してしまいましたか…

776 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 03:10:24 ID:???
>>765
グッジョブ泣ける

777 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 08:57:16 ID:???
>>773
なんかどこでもそうだが、ちょっとでも百合があると百合板送りにしようとする傾向ってどうにかならんのか

778 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 09:51:08 ID:???
そういう話題は議論スレでどうぞ。

779 :真名ちゃんもっこり日記71:2006/06/09(金) 16:12:50 ID:???
いろいろネタを見直して今日より復活しました。
新しく(どこが?)なった日記を投下します。

真名ちゃんもっこり日記71

カコン

 すごいです龍宮さん。一人で全部入れてしまいましたね。
「すげーな、流石に特技だけあるな」
「…」
私は五月のバーボンハウスで得意のビリヤードをしていた。
なぜそんなところに来ているのかって?それは聞かない約束だ。
 龍宮さん、まだ6月入って10日も立ってないのにもう×回も騙され
「わーわーわー!!」

暇を持て余しているので他の連中も連れてきている、ザジと長谷川だ。
「よし、いっちょ勝負すっか?」
ふふふ、この私に勝てると思うのか?
「いいだろう、勝負して私に勝てたら何でもいうことを聞いてやる」
「よっしゃ。頑張れよザジ」
「任せてちう」
どっちが挑んでも所詮素人だ、私に勝てるはずがない。
「サービスだ。そっちから先に打て」
「その言葉、待ってたぜ」
…?どういうことだ?
すると長谷川はひとつのポケットの上に何やら字を書いたプレートを置いた。
「…!」キュピーン
何やらビームを出しそうな目の光り方をするザジだ。怖い。

カコンカコンカコンカコンカコンカコンカコンカコン



780 :真名ちゃんもっこり日記71:2006/06/09(金) 16:13:22 ID:???


 す、すごいですザジさん。一つのポケットにすべて入れるなんて。
どんな打ち方をしても必ず[↓千雨]と書いたプレートのポケットのみに入れてきたザジ。
「ちうー。頑張ったよー」
「よくやったなザジ。さて、何でも言うことを聞いてもらおうか?」

納得いかーん!

781 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 17:32:12 ID:???
ハスラーザジ。

782 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 17:39:05 ID:???
一つの穴に入れ……いや、なんでもない

783 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 17:44:39 ID:???
まとめサイトのシリーズに甘えん坊将軍を追加しました。
wikiの編集をするのは初めてですが少しづつ追加していきたいと思います。

784 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 18:15:38 ID:???
>>780
ザジ突き切れるのか・・・ウラヤマシス

桜子の誕生日SSですが、ボツ連打で泣きそうになりました
俺がこの子でいい話を作ろうとするとどうしても新カプが必要、と悟った今日この頃
自分の技量不足にほとほと呆れました。まだまだ修行が足りませんね・・・

仕方ないので奥の手を使いました。お陰でまあ、桜子にはごめんなさいなコトに・・・
>>さんがばっちりお祝いしたからいいよね?とごまかしつつ投下〜

785 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/09(金) 18:16:37 ID:???
Dr.アコー診療所番外編・桜子の受難
1/3

 麻帆良学園中等部の保健室。そこにはちょっと性癖に難のあるドクターがいました。
「亜子先生、どうなの……!」
 緊張した面持ちで桜子さんは亜子先生の返事を待ちます。裕奈は息を呑み、その様子を見守っています。
そして、亜子先生はゆっくりと首を横に振り、憐憫の眼差しで桜子さんを見据えました。
「残念やけど、虫歯確定やね……」
「そんなあああああああああっっ!!!」
 桜子さんの絶叫が保健室に響きました―――

「う〜っ、よりによって今日痛み出すなんてあんまりだよ〜」
「まあ、一応痛み止め渡しとくわ。パーティーの一時間前に服用しとき。お酒は厳禁やで」
 うるうると涙を流す桜子さんに、亜子先生は保健室に常備されている鎮痛剤を手渡しました。
「痛み止めって効き目が切れるの早いんだよねえ……。亜子、もっと強力なヤツはないの?」
「アカンアカン、痛み止めは無闇に服用すると命に関わるんやで? 桜子も今日一日だけにしとき。
明日は歯医者さん直行や」
「そうする……」
 珍しく医者らしい説明をする亜子先生。これには桜子さんもしぶしぶ従うのでした。
「桜子も可哀想だよね……。自分の誕生日に虫歯だなんて……」
 ずーん、と落ち込む桜子さんに、裕奈は腕組みしたまま同情しています。今夜は桜子さんの部屋で
誕生パーティーが開催されるのです。せっかく御馳走が振る舞われるというのに、ここにきて虫歯発覚とは
桜子さんも悲惨ですね。どうやら日頃発揮している強運の反動が来たのでしょうか?
「まあ、歯の痛みやったら気を紛らわすのが一番や。例えば……」
 亜子先生、何やら両手をわきわきされています。
「こーやってたゆたゆされとる間は痛みも気にならへんハズやっ!」
「ひああああああっ!?」
 はい、いつものアレです。亜子先生はおもむろに桜子さんのおっぱいをたゆんたゆんと揺らし始めました。
「どーしてこの人は何でもたゆんに結び付けるかなあ……」
 それがたゆリストの性ですよ、裕奈さん。

786 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/09(金) 18:17:14 ID:???
2/3

「あ、亜子先生やめっ、ふあっ! はふうっ、き、気持ちいい……!」
「えへへ、ウチからの誕生日プレゼントや! 特別に優しゅうしたるから、痛みなんてすーぐふっ飛ぶで!」
 いつもの攻撃的なたゆんたゆんと違い、亜子先生はじっくりと桜子さんの胸に刺激を与えていきます。
これには桜子さんもみるみる内に高まってしまいました。
「だからってパーティーの間ずーっと亜子がたゆんたゆんしてるワケにはいかないでしょうが……」
「ふふん、たゆん界にその名を広く知れ渡っとるウチを甘う見たらアカンでー? 一日中たゆり続けるくらい
ウチには朝飯前やっ!」
「そんなの私がもたないよおおおおおおおおおっ!!!」
 桜子さんの抗議が響きます。が、これくらいですんなり引き下がる亜子先生ではありません。
 そして、この方も……。
「ふっ、亜子先生一人では大変だろう? ここは私も協力しようじゃないか!」
 …………。
 保健室に乱入してきた龍宮さん。すでに愛用のビックマグナムは臨戦体勢です。
 乾いた風が保健室を吹き抜けました。皆さん、ぽかーんと口を開けたまま硬直しています。
「どうした? なあに痛いのは最初だけだ。私に注射されれば誰でもめくるめく快楽の世界へ……」
「こんな風に?」

 ずどむっ!!!

 まだ台詞を言い終らない内に、龍宮さんは背後に控えていた千鶴さんの一撃を食らってしまいました。
「隊長に気取られずにバックを取るやなんて、さすが那波さんや……」
「しかも今日は早かったね……。たつみーとほぼ同時に来るんだもの……」
 亜子先生と裕奈がぽつりと感想を呟く中、尻ネギされたままの龍宮さんは回収に来たアキラに
ずりずり引きずられて退場していきました。そして、千鶴さんはにこりと亜子先生に笑顔を見せます。
「亜子先生もあんまりおいたしちゃダメよ?」
「りょーかいや! 代わりに那波さんのおっぱいたゆんたゆんさせてえな♪」
「それがおいただっての!」
 爽やかに千鶴さんの胸に飛び込もうとした亜子先生。すぱーん! と裕奈のツッコミに迎撃されてしまいました。

787 :Dr.アコー診療所番外編:2006/06/09(金) 18:17:58 ID:???
3/3
「けど桜子ちゃんも大変ね……。こんな時に虫歯だなんて……」
 千鶴さんは労わるような口調で話し掛け、ぷっくり腫れ上がった桜子さんの頬を優しく撫でます。
その間に亜子先生はちゃっかり千鶴さんのおっぱいを味わうのでした。この人、まったく反省してません。
「えへへ。やっぱ那波さんのおっぱいは絶品やな〜♪ たゆんたゆんたゆんたゆん……」
「那波さんいいの? 好きなよーにたゆってるけど」
「ふふ。亜子先生の愛情表現ですから。少しくらいは構いませんよ」
 さすがは千鶴さんです。亜子先生のたゆんたゆんにも動揺を見せず、千鶴さんは頬に手を当て笑っています。
これには裕奈と桜子さんは素直に感心していました。
「ちづるちゃんすごーい! 私なんてさっきとろとろになり掛けてたんだよー?」
「ホント、亜子のたゆんに耐えられるのって、那波さんとにのみー先生くらいだよ……」
「あらあら。そうなんですか」
 千鶴さんはのんびりとした口調で答えると、たゆたゆしていた亜子先生の手を制します。そして、
「ではどんな痛みも忘れちゃうように、桜子ちゃんにも魔法を掛けてあげる」
 と、桜子さんの顔を自分の胸にぽふっ、と埋めてしまいました。
「いたいのいたいの、飛んでけ〜♪」
 子供をあやすように呪文を唱えながら、千鶴さんは優しく桜子さんを抱擁します。 
「なーる。那波さんの抱擁術で桜子の痛みをごまかしちゃうワケか」
「やっぱ那波さんは優しいなあ〜」
 と、裕奈と亜子先生はほのぼのしながらその光景を見つめていました。が……、
「あらあら、加減を間違えたかしら?」
 突然、千鶴さんは困った表情で呟きます。どうしたのでしょうか?
「すぅ……、すぅ……」
 いつの間にか桜子さんは千鶴さんの胸の中で眠ってしまったのです。これには裕奈も亜子先生も苦笑するしか
ありません。そして、千鶴さんは申し訳なさそうに呟いたのです。
「ごめんなさい。この様子だと丸一日は起きないかも……」
 その言葉通り、桜子さんはどれだけ揺さぶっても起きません。亜子先生のたゆんも効かなくなっています。
「那波さんもたまには失敗するんやね……」
こうして桜子さんは誕生日を眠ったまま過ごす羽目になったのでした―――
(ダメのダメダメなままおしまい)

788 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 18:19:54 ID:???
うげ>>784にミスorz

>>は>>767様の事です。失礼しました

789 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 18:27:55 ID:???
(´・ω・`)ダメやん・・

790 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 18:51:26 ID:???
>>787
うはw那波さん凄すぎだろw

791 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 18:59:09 ID:???
虫歯の桜子は連載初期から見たいなと思ってたなぁ
頬を腫らす桜子を妄想して萌えますた

792 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 19:21:28 ID:???
千雨 「…む〜、やっぱコストパフォーマンスはチョイノリかなー…」
ザジ 「…? なに読んでるの?」
千雨 「んー? バイクのカタログ」
ザジ 「…買うの?」
千雨 「まあな。16になったら免許取ってもいいかなって思ってさ。ウチ(麻帆良)はそのへんユルそうだし」
ザジ 「……バイク……チサメが運転して、私はタンデムシート……」
千雨 「………」
ザジ 「…横向きにちょこんと座りおずおずとチサメの腰に手を回すと『もおっ、ほらぁ、ちゃんとつかんでないと危ないぞっ』とか言ってチサメは私の手を取り引き寄せて密着してギューッってキャー!!ヽ(*≧▽≦)ノシ」
千雨 「言っとくが原チャは二ケツ禁止な」
ザジ 「…ガ━━Σ(゚Д゚;)━━ン!!」
千雨 「…んむう、少々値は張るが、ズーマーはこの無骨なところがイイよなー…」
ザジ 「…そこでリーズナブルな自転車ですよ?」
千雨 「自転車でも二ケツ禁止ですが何か」
ザジ 「…ガガ━━ΣΣ(゚Д゚`;)━━リン!!」
千雨 「…今なんか一文字余計なのが入ってなかったか?」
ザジ 「…そんな……ううっ、自転車でもダメだなんて…」
千雨 「二万円以下の罰金が科せられるらしいな」
ザジ 「…セガガガ━━ΣΣΣ゚ ゚  ( Д  )━━━ン!!!!!」
千雨 「セ……はともかく、そこまで驚くなんて、何かあったのか?」
ザジ 「……うう……私、罰金払わなきゃいけないかもだ」
千雨 「ピクッ)………誰かと、二ケツしたことあんのかよ?」
ザジ 「…ウチの部の公演で一台の自転車に15人くらいがもっさりと」
千雨 「曲乗りかよ!」





ザジ 「………ちょっと妬いた?」
千雨 「バッ! バカ、な、なんで私がそんなこと……ッ! ……………………スンマセン妬きました。」
ザジ 「……ヽ(≧▽≦*)ノシ」

793 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 19:41:55 ID:???
ザジちうキタ━!!!GJ!

794 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 19:51:57 ID:???
虫歯萌え

795 :五月 くいもん屋:2006/06/09(金) 20:08:12 ID:???
五月 くいもん屋


1/2
疲れたとき、癒しを求めるのは当然のこと
私は、そんな人たちを癒してあげたくてここに立ちます
私は五月、人を癒す、くいもん屋のおかみさん


五月 いらっしゃい
暖簾をくぐって現れたのは裕奈さんでした
裕奈 「にゃ〜」
五月 あ、お待ちしていたんですよ。あれですよね?
裕奈 「にゃ!」
嬉しそうにうなずく裕奈さん。裕奈さんの楽しみにしているあれ、コロッケを今から作ります

あらかじめ付くっておいた牛肉が多めのコロッケのタネ、これに軽く小麦粉をまぶします
溶き卵に少量の水と出汁をいれ、その中にタネを入れる。パン粉を引いたトレーの上に頃がして衣をつけます

じゅわぁぁぁぁぁ・・・

およそ170度くらいの油に入った瞬間に、コロッケは歓喜の声を上げました
じっくりと、じっくりとその肌を焼いていき、完成の時を待ちます

ごくり・・・
裕奈さんのつばを飲み込む音が聞こえてきました。もう待ちきれないようですね

やがてきつね色に、いえ、黄金色になったコロッケがトレーの網の上に置きます
軽く油を切って、小皿の上に添えました

796 :五月 くいもん屋:2006/06/09(金) 20:09:06 ID:???
2/2
五月 どうぞ
付け合わせもありませんが、このコロッケはそれだけで十分なのです。ソースすらいりません
裕奈 「ふー、ふー」
目の前に置かれたコロッケに裕奈さんは息を吹きかけています
できることならすぐにでもかぶりついていただきたいのですが、そこは猫舌の裕奈さん。少し冷まさないといけないようです

それはコロッケが目の前に置かれてから、30秒が過ぎようとしたときのことでした
美砂 「うい〜。さっちゃん、何かつまめるものな〜い」
突然のれんをくぐって、酔った美砂さんが現れました。そしてあろう事か、裕奈さんのコロッケに目をつけたのです
美砂 「ああん、いい物があるじゃない。いただきま〜す」
しゃくり・・・
堅く、生命の息吹を感じさせるその衣は、歯に触れた瞬間に精一杯の抵抗をしました
しかし、美砂さんの欲望に蹂躙され、軽快な断末魔の悲鳴を上げます

美砂 「あ、熱っ!!ほっ、ほっ・・・コロ・・うま・・・」
歯形が付いたコロッケの断層からは、真っ白くてうまみ成分を十分に含んだ蒸気が上がりました
裕奈 「にゃ・・・にゃ・・・にゃあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」
突然、いえ、ある意味必然的に裕奈さんは悲鳴を上げました
美砂 「な、何!?何!?」
五月 それは裕奈さんが楽しみにしていたコロッケなんですよ。皿に置いていたのは冷めるのを待ってたんです
裕奈 「うにゃぁ〜ん・・・うにゃぁぁぁぁ・・・」
泣き続け、ねこぱんちを美砂さんに繰り出す裕奈さん。それに耐えかねた美砂さんがこう言いました
美砂 「ね、ねえさっちゃん。もう一個作ってあげてよ」
五月 ごめんなさい。それが最後の一個だったんです。明日になればまた作れますけど
美砂 「げ!?しかたないなぁ・・・裕奈、明日コロッケ奢ってあげるからさ」
裕奈 「・・・」
美砂 「わかったわよ。三個、それでいい?」
裕奈 「・・・にゃ」
食べ物の恨みは、恐ろしいですね



797 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 20:51:57 ID:???
コロッケが食いたくなった。謝罪と賠償を(ry

798 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 20:56:57 ID:???
コロッケより美砂とゆーなが喰いたくなった

799 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:29:35 ID:???
1/8

6月9日、今日は出席番号17番椎名桜子の誕生日。
お祭り好きのA組の中でも、特にお祭り好きなチアリーダーたち、その中でもさらにお祭り好きの桜子だ。
その誕生会はどうしたって派手になる。クラスの(ほぼ)全員が参加してのバカ騒ぎ。
普段は接点の少ない文化系のクラスメイト、図書館組のクラスメイトもワイワイと参加していて。
超一味の作った美味しいご馳走を囲んで、みんなで和気藹々とパーティを楽しむ。
「よーし、それじゃ、次はプレゼントタ〜イム!」「プレゼントタイムです〜!」
何故か進行役を務めている鳴滝姉妹が、揃って拳を突き上げる。盛り上がるパーティ。
クラスメイトたちは待ってましたとばかりに、それぞれ選りすぐったプレゼントを取り出す。
「このパル様の最新作、桜子にはちょぉっと刺激的だろうから帰ってから1人で読んでね♪
 あ、ちなみに、鼻血噴いて失神しても責任は取れないから♪」
「にゃー! にゃにゃにゃ、にゃー!」
「あー翻訳するとな、ペットの猫ちゃんたちにゆーなも認めた首輪やて。あ、片方はウチからや」
「わたくしは、桜子さんをモデルにしたこの銅像を……!」
 五月屋の割引券です 豊富なメニューでご来店お待ちしてます
「えとえと、本もちゃんと読まなきゃダメですよー。で、桜子さんでも読めそうな本を10冊ばかり……」
「……トモダチ……」
まあ、相変わらずというか、期待を裏切らないというか、お約束というか。
混沌としたプレゼントを積み上げていくクラスメイトたちに、桜子もこれは笑うしかない。

が――そのプレゼント贈呈の最中。さりげなく、ちょっと意外なモノを持ち出した人物がここに1人。
「私からのプレゼントは、ヘアピンやゴムなどの、髪留めのセットです」
「おお、ゆえっち! 確かにゴムとか傷んで来てたんだー。今年もありがとねー」
「何、私も前の誕生日には髪留めとリボンを貰いましたからね。お互い様です」
微笑みあう2人。2人だけにしか分からない会話。
てっきり哲学書か怪しいジュースでも持ち出すかと思った周囲の人々は、ついていけない。
そう、誰も知らないのだ。
ほとんど何の接点も共通項もない桜子と夕映、この2人のささやかな友情と同類意識については――

800 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:30:40 ID:???
2/8
――話は2年前、2人が中学に入ったばかりの春に遡る。
「こんにちわー! ちょっと聞きたいことがあるんですけどー……って、アレ?」
「うるさいです。図書館なんだから静かにして下さいです………って、あれ?」
唐突に大声と共に図書室入ってくる少女。本を積み上げた机の前から、睨み付け注意する少女。
2人は、互いの顔をよくよく見てから、ようやく気付く。どっかで見た顔だ。
「えーっと、確かウチのクラスの……綾瀬、だっけ?」
「そういう貴女は、ウチのクラスの椎名さんでしたですね」
そう、それはまだクラスメイトを完全には把握してない時期。いまいち互いの個性を理解してない時期。
はっきり言ってこの2人がマトモに話すのも始めてで。この辺り、今と事情が少し異なる。

今と違う、という意味で言えば、2人の髪形もそれぞれ微妙に違っている。
桜子は、明るい色の髪を2本の短い三つ編みにして、後ろに垂らしていて。
夕映は、黒髪をただ真っ直ぐ伸ばしているだけ。左右の胸の前で揺る鈴が唯一のおしゃれか。

「でもさ! 中学に入ったら、葉加瀬って子と髪形被っちゃったのよ〜〜! ほら、あのメガネの!」
「はぁ……」
「こーなっちゃうと私の個性がちょっぴりピンチって言うかさー。いや葉加瀬ちゃんは悪くないんだけどネ!
 で、いい機会だから、髪形変えようって思ったわけよ! どうせならポップでキュートで個性的なスタイルに!
 葉加瀬ちゃんオシャレとかに興味なさそうだし、変えるなら私の方だと思ってさ〜〜」
「はぁ……それで、何で図書室に来るです? 美容室などで相談するのが筋だと思うのですが……」
ハイテンションで一方的に語りかけてくる桜子に対し、哲学書を前にした夕映は冷めたまま適当に頷く。
夕映は正直、こういうタイプには苦手意識を持っており、早く会話を打ち切りたかったのだが……
「あー、ダメダメ! プロなんかに頼んだら、どこにでもある格好にしかならないじゃん!
 でも自分1人じゃいいアイデア思いつかないからね! 参考になる本とかないかな、と思ってさ!」
「なら、私などに構わず、勝手に探すです。さっきから私に何を期待してるですか?」
「それがねー、私普段、図書館とか全然縁が無いからさー。
 どこをどう探したものだか、わかんなくて……エヘヘ♪」

801 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:31:54 ID:???
3/8

数分後。
不機嫌そうな様子の夕映と、ニコニコ満面の笑みを浮かべた桜子の眼前に。
無数のファッション誌とファッション関連の本が山のように積み上げられていた。
「……参考になりそうな本は、こんなところですね。図書館島に行けばもっとあるでしょうが……」
「わぁお。こんなに一杯?!」
「ただし。これらはあくまで参考になりうる本、であって、実際に使い物になるのはほんの数冊でしょう」
驚く桜子に対し、手伝う夕映の方は淡々としている。
髪形やらファッションやらの事は夕映にとっては専門外だが、しかし資料漁りとなれば話は別。
大量の本、大量のデータの中からごく僅かなエッセンスを拾い出す……これは彼女の得意分野。
「さっき、何冊か少し流し読みしたんですけどね。大方のパターンは、既に出尽くしている感があるです。
 個性的な髪形、と言っても、ゼロからオリジナルを創造するのは最初っから無理があるですよ」
「うーん、そっかー。そういうものなのかー」
「ですから――既存のパターンの微妙な変更、あるいは組み合わせに可能性を見出すしかないかと。
 そもそもにしてオリジナリティとは、新たなモノをゼロから生み出し作り出す能力ではなく、
 新たな組み合わせを発見する能力、あるいは新たなアレンジを完成させる能力だ、とも言いますしね」
「おーッ! 綾瀬さんって凄いなー! 凄い説得力ー! 何が何だかチンプンカンプンだけどー!」
ペラペラと喋る夕映に、感心する桜子。感心はしてるが理解してる様子は全くない。
夕映は微妙に殺意を覚える。ダメだこいつ、まるで分かってない……早くなんとかしないと……!
そんな夕映の苛立ちをよそに、桜子は拳を突き上げて叫んだ。
「よーし、ほにゃらばちょっと色々試してみよーか! その組み合わせとかアレンジとか、一緒にさ!」
「え……!?」
夕映が思索と分析の人ならば、やはり桜子は考えるよりも行動の人。
ついでに言うならば、周囲を巻き込み突っ走る人――

802 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:32:46 ID:???
4/8

【可能性その1:ポニーテールからの発展】
「まずは基本のスタイル、ポニーテールから!」
「ちょっ、椎名さん、なんで私まで……!」
「いいからいいから。2人でやった方が楽しいでしょ?」
「べ、別に私は、楽しくなんか……! わ、ちょっと、待って下さいです!」
「ん〜、綾瀬さんがポニテにすると、ちっこいアキラって感じだねぇ。髪長いし黒髪だし」
「そういう椎名さんも、朝倉さんと完全に被ってますです。髪の色も近いですし、ちょっとクセ毛ですし」
「ポニーテールを真後ろにしてるからいけないんじゃない? 左右どちらかにズラせば……」
「椎名さん、それはモロに明石さんですよ」
「綾瀬ちゃんは、今度はちっこい桜崎さんだなー」
「……この方向は、あんまり可能性が残されてない気がするです」
「……そうだね、次の可能性を探ろっか」

【可能性その2:ツインテールからの発展】
「……グドンに喰われるですか? ネギまの時代設定なら新訳版はまだ先ですし」
「は?」
「分からないなら別にいいです。分かる女子中学生の方がおかしいです。
 しかしコレもどこかで見た雰囲気になってしまうですね、お互いに」
「長く伸ばせば明日菜、短くまとめれば双子のツリ目の方……」
「縛った先をバラせばクーフェイさん、縛る場所を下ろせば四葉さん……難しいです」

【可能性その3:お団子からの発展】
「……超さんですね、これは」
「……うん、双子のタレ目の方だね、こりゃ」

【可能性その4:三つ編みお下げ】
「だからそれ葉加瀬だって! 今の私!」
「発展させる余地もないですか、そうですか」

803 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:33:30 ID:???
5/8

【可能性その5:首の後ろで1つに縛るの】
「それでは長谷川さんと被ってしまうです」
「細くすると……ダメだ、今度は楓ちゃんがやってるかー!」

【可能性その6:ロングヘアストレート】
「委員長に木乃香にハルナに龍宮さんに茶々丸さんに……
 あえて敵の多い方向に突っ走ってどうするです」

【可能性その6:じゃあ長いままでパーマかけるとか】
「那波さんに柿崎にエヴァちゃん、以上ッ!」

【可能性その7:もう髪形は諦めてアホ毛や触角で個性追及を】
「さりげなくみんな生えてますから、てか、私も既に一本あるですし。もはや基本のオプションです」

【可能性その8:いっそばっさり切ってしまえば】
「でもねぇ、流石に切っちゃうのは抵抗が……」
「確かに短くすればいいというものでもないです。むしろショートだと遊ぶ余地が無くなって(ry」

【可能性その10:モヒカンとかにすりゃ流石に被らないんじゃない?】
「……どこまで本気なんですか、桜子さん。やると言うなら止めてあげませんです」
「ごめん、怒らないでゆえっち、見捨てないで〜。私が悪かったからさぁ」

【可能性その11:ドレッドヘアとか言うのをですね……ごめん、嘘です】
【可能性その12:こうなりゃもうヅラでも被ってチョンマゲ(ry
【可能性その13:スキンヘッ(ry
【可能性そn
………
……


804 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:34:18 ID:???
6/8

「…………私たちは、一体何をやってるですか orz もう日が暮れるです」
「あははははー。お互い髪形決まらないねー、ゆえっち」
「いつの間に私の髪も変えること決定してるですか、桜子さん」
夕陽射す図書室の片隅で。疲れ果てた2人は床に膝をつき手をついて、荒い息をついていた。
超そのままのお団子+三つ編み頭の桜子。
ドレッドヘアから影響されたか、無数の、しかし太めの三つ編みを頭から生やした格好の夕映。
前者では個性が被る。後者では個性的過ぎて、なんというか、見苦しい。
2人は疲れた顔を見合わせる。

「……とりあえず、今日の所は元に戻しませんか? また後日考え直すということで」
「そうだね。ちょっと遊び過ぎたね、アハハ」
夕映の提案に、桜子は苦笑と共に頷く。
それぞれ変になった自分の髪を端から解きながら、髪型を戻しにかかる。
後ろの方の三つ編みを解きながら、夕映は桜子を諭し始めた。
「大体、誰もやらない髪形に個性を求めるという方法論自体が間違っているです」
「うーん、そーゆーものかなー?」
「個性なんてものは滲み出るモノです。自然と生まれ出るものです。
 細かな差異に拘り、その差異こそ個性と見なすのは愚か者のやることです。
 今回の件も、髪形が個性を作るわけでは無いと思うのです。別に、無理に努力せずとも……」
「ん〜、私は無理してる気ないんだけどなー。ゆえっちは難しく考えすぎなんだよー。
 だって、ほら――こうやって色々試すのって、楽しいじゃない? ゆえっちは楽しくなかった?」
「え――?!」
桜子の悪戯っぽい微笑みとウィンクの前に、夕映の『借りてきた言葉』が止まる。
楽しいか否か、を第一の基準とする桜子の価値観。理屈っぽい夕映にとって、その観点は小さな驚き。
右半分のお団子を解き、そのまま右側のお下げを編み始める桜子の顔を、しばし見つめる。
「夕映だって楽しかったでしょ? 最初は不機嫌だったけどさぁ。
 素材は悪くないんだから、いろいろおしゃれも試しなよ。その髪だって……」

805 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:35:24 ID:???
7/8

「ま、待つです、桜子さんッ!」
「へ?」
それは、唐突に。夕映の叫びに、桜子は髪を弄る手を止め、夕映の方を見る。
「鏡を見るです。そのまま、今すぐに」
「……??」
慌てる夕映の迫力に押され、訳の分からぬまま鏡を覗き込む桜子。
右半分は、三つ編みのお下げ。左半分は、中途半端に解かれたお団子がツインテール風になり。
「これがどうしたの、ゆえっち?」
「分からないですか? その左右を、合成するです。
 つまり、下半分の髪を使って三つ編みを編んでですね、上半分の髪は縛って跳ねさせれば……」
「おー! なかなか面白そー!」
左右非対称な途中経過から思いついた、上下二段の合わせ技。
まさにオリジナリティとはゼロから作ることに非ず、新たな組み合わせを探ることなり。

「……そういうゆえっちも、その髪、なんかいいんじゃない?」
「え?!」
「ほら、前だけ三つ編みでさ。後ろの方も……ああ、それワザとやってるんじゃないのか。
 縛ってたヒモが絡んでるだけか。でもなんかいいかも……」
胸の前に垂らしていた髪だけに三つ編みが残り、後ろは全部解いた状態だった夕映。
見れば、三つ編みを縛っていたヒモが絡みつき、長い髪を大きくまとめていた。
長い後ろ髪全てを1つに束ねるのではない。後ろ髪の半分くらいを、その先端近くで……
「これさー、こうやってこうやって、こういう風にアレンジしたら、いい感じになるんじゃない?」
「あ…………!」
「ほら、似合ってる。うん、後ろは2束にするのが正解だね! で、三つ編みを2本!」
こちらも、髪を正す過程で偶然生まれた形を元にした、桜子の絶妙のアレンジ。
まさにもう1つのオリジナリティ、アレンジを完成させての新たなスタイル――


806 :2人のスタイル:2006/06/09(金) 21:37:07 ID:???
8/8

――時間は戻って、桜子の誕生会。誕生日プレゼント贈呈の中の1コマ。
周囲の困惑をよそに、桜子と夕映は無言で微笑みあう。

あのときの2人の「奇跡」、偶然から生まれた2人の独創的な髪形。
確かに、個性は変な髪形から生まれるものではないのかもしれない。
けれど、個性に合った髪形というものは、存在する。そして、2人の今の髪形は。
あの奇跡のような偶然と発見は、2人だけが知っていればいいことだ。
趣味も考え方も見た目も交友関係も、まるで違う2人の、密かな絆――

「――はーい、そこの2人〜! 見つめあってるんじゃなーい!」
「次の人のプレゼント行くです〜! って、次は最後のトリ! 私たち史伽&風香ですー!」
「……もーちょっと考えてよ、もー」
「……雰囲気ブチ壊しです」
桜子と夕映をげんなりさせたのは、司会進行役を(何故か)やってる鳴滝姉妹。
いやまぁ、悪気は無いのだろうが、桜子も夕映も肩を落とす。
……だが、本当にタチが悪かったのは、この後だった。

「じゃーん! 将軍様からはー、サムライになれるチョンマゲのカツラだよー!」
「こっちはー、ロックなバンドの際には是非! モヒカンのカツラとスキンヘッドのカツラですー!」
「どーせ桜子ってば変な髪形なんだからさー、普段からこれ被ってても……!?」
ドゲシッ!
よりによって持ち出された、3つのキワモノなかつら。
悪ノリする鳴滝姉妹を、桜子と夕映はそれぞれ無言でしばき倒す。打ち合わせ無しでの、息の合った攻撃。
2人は目を丸くする周囲にも構わず、互いの顔を見合わせると、声を揃えて笑って言った。

「「気遣いご無用、変な髪形かもしれないけどね、私たちは気に入ってるデスよ♪」」

                                               (終わり)


807 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 21:39:59 ID:???
リアルタイムGJ
これまたいいカップリング。
桜子の髪型って面倒そうだよなー

808 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 21:40:40 ID:???
グドンってw
ほのぼので新しい組み合わせグッジョブです

809 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 21:43:52 ID:???
グドンで吹いたwwww
ツインテールだけどさwwww

810 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 21:48:03 ID:???
グドンネタ、チアスレのどっかで最近見たな。

811 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 21:54:19 ID:???
>>787です

>>789
うん、ダメダメやね
>>790
優しいちづ姉を書きたかったのに、あれっ?
>>791>>794
桜子って健康のカタマリみたいなキャラだからギャップで萌えるのかも

>>792
この懐かしさはたまりません。GJ!
>>796
あまりの可愛さに煙草が鼻血で赤く染まりました。GJ!

>>806
ボツ出しまくった俺としては正直やられたっ!と思った
桜子×夕映・・・。やばい、ちょっとハマりそう・・・。GJ!

812 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 21:55:17 ID:???
だめだ、こいつ全然分かってない…ワロスww

813 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 21:59:29 ID:???
>>806
あなたが神か!?

814 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 22:16:55 ID:???
from:柿崎
[件名]なし
[本文]バンド名、もしくは歌詞ぼしゅー。

from:たつみー
スーパーメール
[件名]Re:
[本文]『かませ犬』
     あいつはかませ犬  先陣切って  間もなく撃沈  だって仕方ないよ  ポン刀だもん
     受け取って  ポン刀の気持ち  私はお嬢様が好き  たとえヘタレでも  その気持ちだけは
     誰にも負けない  GO!刹那  ゆけ!刹那  その歪んだ愛情はやがて  ストーカーに変わる
     あの子の気持ちは関係ない  だって好きなんだもん  ねぇ教えて  あの子を手に入れる方法
     GO!!刹那  ゆけ!!刹那  このヘタレた愛は  いつかきっと君に伝わる  だって私は  かませ犬

from:柿崎
[件名]Re:Re:
[本文]とりあえず刹那さんに送ってみた

from:たつみー
[件名]なし
[本文]携帯が飛んできた

815 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 22:42:07 ID:???
>>814
おwwwwwwwwwwwwwwwまwwwwwwwwwwwwwwwwwwww俺を笑い殺す気かwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

816 :桜子 逆運の誕生日:2006/06/09(金) 22:54:50 ID:???
桜子、誕生日おめっ!!


桜子 逆運の誕生日


1/2
6月9日、本来ならとっても楽しいはずのこの日も、実は恐怖の日だったりします


午前7時半、目覚まし時計が鳴りませんでした。いつも起こしてくれる美砂と円は何かの用事で昨日から部屋にはいませんでした
午前9時、携帯で起こされました
午前9時半、電車が遅れました。さらに遅刻です
午前10時、学校に到着、何故か新田先生がお出迎え。反省文が最初のプレゼントでした

ネギ 「あ、桜子さん。ダメですよ、遅刻だなんて」
桜子 「ご、ご免ね・・・」

到着して授業を受ける。そこで気がつきました
予習してきたノートが無いのです
ネギ 「ではここの訳を・・・桜子さん。お願いします」
桜子 「ひゃ?」
ネギ 「訳をお願いします」
桜子 「ええと・・・カインは・・・強く握り・・・アベルは・・・ベッドに押し倒された?」
ネギ 「ダメダメですね。どうしたんですか?いつもの桜子さんらしくないですよ?」
桜子 「えへへ・・・」


実は私には秘密があります
誕生日に・・・とても不運になるんです

817 :桜子 逆運の誕生日:2006/06/09(金) 22:58:31 ID:???
2/2
午後0時、食事の時間になってお弁当を持ってきていないのに気がつきました
ついでにお財布にお金も入っていませんでした。美砂に500円借りて、昼食を取ります
午後4時、美砂と円から今日は私のお誕生会ということを聞きました
毎年の祝ってくれるので、喜んで会場に向かいます

午後4時半、さっちゃんのくいもん屋でお誕生会が始まりました
美砂の乾杯の音頭で宴会?が始まります
どう見てもお酒のような飲み物、とにかく豪華な食べ物、いいんちょからの出資もあるみたいです
そんななか・・・ある物をさっちゃんが運んできました

和美 「さあ、さっちゃんからのサプライズだ〜。激辛ロシアンシュークリーム!!」
目の前の大皿にはシュークリームがたくさん。この中に一つ激辛シュークリームが入っているらしい
和美 「じゃあ、最初の一個目は・・・本日の主役、桜子さんからどうぞ!!!」
いつもの私ならそんな物は引かないけれども・・・今日に限っていえば、もしやということもありえます
桜子 「じゃあ、ど真ん中の、コレ!!」
大皿の真ん中から、私は一つのシュークリームを取ります
少しためらいながらも、私はそれにかぶりつきました

桜子 「☆★※☆★※☆★※!!!!!!!!!」
言葉にならない声を上げ、私は近くのジュースを一気にあおった
美砂 「あ、桜子!!それは・・・」
飲み終えた後、燃えさかるように喉が一気に熱くなります
美砂 「老酒だよ・・・」
意識が混濁し始めめました。やがてそれは喉の熱さや、舌の辛さすら消し去っていきます
円 「寝ちゃったわね・・・」
美砂 「大丈夫かな・・・」

私が目覚めたのは次の日の朝、ベッドの側にはプレゼントが山盛りに積まれていました
ありがとうって、みんなに言い損ねちゃった。騒げなかったのが一番の不運です



818 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 22:59:51 ID:???
>>816
可哀想だけど可愛い
たまにゃ不運でもいいさね

819 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 23:10:25 ID:???
まあ何だかんだで滅茶苦茶不運でもないところがまた桜子らしい。
笑い話で済むからな。

820 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 23:13:33 ID:???
なんという不幸な誕生日………艶がない。高波の予兆無しっ…!!



否、そうではなかった。実はこの不ヅキこそが予兆。通常の波高を遥かに超える百に一度の……………豪運……!!

821 :マロン名無しさん:2006/06/09(金) 23:18:33 ID:???
>>820
その後四暗刻テンパって振り込むんだな。
つ−か艶のある誕生日ってどんなだwww

822 :817:2006/06/09(金) 23:30:47 ID:???
>>818
いつも強運はつまらないからね
>>819
強運な人から見ればかなりの不幸に見えるもんです
>>820
桜子が酒に倒れた瞬間

ざわ・・・
   ざわ・・・

しかし、桜子の瞳からは勝負の炎は消えていなかった
>>821
宝くじで3億当たるも紛失、そんな感じかな

823 :生教の二ノ宮さん:2006/06/10(土) 00:10:25 ID:???
生教の二ノ宮さん


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している。その教員は生徒たちからは親しみを込めて”生教の二ノ宮さん”と呼ばれている


二ノ宮 「ずいぶんと震えた文字だな?」

Q 三年女子 K・N

梅雨は恐怖なのでござる
あの緑の悪魔が拙者を恐怖の谷に突き落とすのでござる
耳の塞いでも聞こえてくる、あの”ゲコゲコ”という声を消して欲しいでござる

二ノ宮 「?カエルのことか?」

A 生教の二ノ宮

カエルが苦手なのか?結構カエルは可愛いと思うけどな
そう言いつつも、くいもん屋で食べたときは鳥みたいな味で結構美味かったが
現実的には世のカエルを消すことなどできない
そうだな、超あたりならカエルセンサーぐらい作ってくれるだろう。それを使って近づかないようにしろ
ここは私よりも科学者だな

二ノ宮 「カエルが苦手か、長瀬も可愛いところもあるもんだなっと」



824 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 00:40:44 ID:???
びっくりするほど的確なアドバイスだw

825 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 00:50:10 ID:???
>>814
俺の勤務中にそんな強烈なネタを投下しやがって・・・!
笑いすぎて同僚に白い目で見られたジャマイカwwwwwwwGJだ!!

>>817
桜子カワイソスwだがそれがいいwwGJ!
タイトルいいな〜
>>823
にのみー、楓までもロックオンしたΣ( ̄□ ̄|||)
・・・で、例のにのみースレで何してるんですかアンタはwwww併せてGJと言わせてもらうぜ!

826 :孤独感:2006/06/10(土) 09:04:55 ID:???
昼休み、鳴滝風香(ふうか)は一人で昼食を食べていた。そこに、近衛木乃香(このか)が話しかけてきた。
「珍しいな、風香ちゃんが一人でご飯食べてるなんて。史伽ちゃんたちは一緒やないの。」
「史伽はくぎみん達と一緒だし、美空や楓ねぇは各々自分達で輪を作ってんだ。」
「輪の中に入っていけばいいやん。」
「一回楓ねぇがくーと昼御飯を食べてたんで一緒に食べたんだ。
でも二人があまりにも仲が良さそうにしてたから疎外感を感じてその場から離れちゃった。」
今の風香は寂しい気持ちでいっぱいのようだ。その風香に木乃香はかつての自分を重ねていた。幼馴染みの刹那から距離を置かれていたあの頃の自分を。
木乃香は風香を抱き締めた。
「そんな寂しそうな顔せんといてや。うちまで辛くなるやん。」
「木乃香さん…?」
数日後、木乃香や刹那と一緒に昼食をとっている風香の姿があった。
「風香ちゃん元気になったみたいでよかったわ。」
梅雨も終わりに近付いた平穏な一日の出来事だった。

827 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 10:55:51 ID:???
そろそろ埋め祭りの季節がやってきます

828 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 11:08:20 ID:???
>>826
優しい木乃香にもえた

829 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 11:14:41 ID:???
誰か新スレを…

830 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 11:21:33 ID:???
それぞれの朝飯

チーン カリカリ コトコト ジュー
ハカセ&夏美:バックトゥ・ザ・フューチャー並みの朝食作り機によるトーストと目玉焼き
夏美「映画でもそうだけど…トースト焦げちゃったね」
ハカセ「う〜んもう少し研究が必要ですね」

亜子「さてと、牛乳を取り出してっと」
ゆーな「にゃー」
亜子「安心しぃや。ゆーなの分も残しとるから」
亜子:コーンフレーク
ゆーな:キャットフードの牛乳和え 本人曰く「にゃー(和泉亜子通訳、牛乳でふにゃふにゃになると
    味気がなくなるからサクサクしてるうちに食べるとおいしい)」だそうだ。

明日菜:いいんちょのハチミツ和え。
いいんちょ「や、やめてくださいこんな朝早く!」
明日菜「いいんちょのその顔見てるとたまらなくなるのよね…あ、ここにもハチミツ残ってる」
いいんちょ「ひゃん。や、やめぇ…」

ザジ:千雨
ザジ「…♥」
千雨「うごぉぉぉぉぉ…腰がぁぁ……これじゃあ学校いけねぇ…」

831 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 11:29:59 ID:???
ちょっとなにかがわからなくなった
http://www.imgup.org/iup219487.jpg.html

832 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 11:42:40 ID:???
ちょwwwネギがエクスカリバーになってるwwwwwwwwwww
尻ネギにもほどがあるだろwwwwwwwwwwwwwww

833 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 12:24:33 ID:???
NABARってw

834 :783:2006/06/10(土) 13:08:45 ID:???
甘えん坊将軍をまとめに載せ終わりました。
ついでに>>831もマロンにうpしました。

835 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 15:26:02 ID:???
約束された勝利の葱ってかwwwwwwwww

836 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 18:22:12 ID:???
桜子「急ブレーキ! 奴らは直ぐに止まれない!」
   

837 :天抜き:2006/06/10(土) 18:32:05 ID:???
とあるサイトに感化されてやった。あまり反省はしていない。

『バイトデー』

アスナ「この土日はバイトデーよ!」
ネギ 「……なんですかそのバイトデーって」
アスナ「欲しい物があるけどお金がない可哀想な勤労少女に与えられる日よ」
ネギ 「はぁ」
アスナ「早い話がバイトを集中的にやる!というわけでネギ、何かいいバイト知らない?」
ネギ 「と言われても……クラスの皆さんに訊いたらどうですか?」
アスナ「それよ!早速訊いてみるわ!」
ネギ 「あ、行っちゃった。……まぁ頑張ってください」


『小麦粉ですよ?』

アスナ「というわけで短期で出来るバイトとか知らない?」
超   「フム、それならワタシの手伝いを頼めるカ?報酬も弾むヨ」
アスナ「いーよ。で、何すればいいの?」
超   「簡単ヨ。この粉を路地裏とかに居る頭悪そうな若者に配って欲しいネ」
アスナ「……なんか犯罪の匂いがするんだけど」


『やってみた』

「では、次のニュースです。
 今日未明に中学生と思われし少女が、街中で怪しい粉を配ってたとして警官が事情を聞こうとした所、
 警官を殴り倒して逃げ出した事件がありました。少女はまだ捕まっておらず、警察は公務執行妨害等
 の罪で捜査を進めています。――続いて天気予報です」

超   「あっはっは、アスナ、危うく前科持ちになるトコだったネ」
アスナ「……この手伝い、絶対止める」

838 :天抜き:2006/06/10(土) 18:32:47 ID:???
『鯖落とし』

アスナ「えっと、何か短期で出来て犯罪じゃないバイト知らない?」
千雨 「あぁ?そんなの知るか」
アスナ「いや、手伝える事でもいいんだけどさ、報酬があれば」
千雨 「……そうだな、じゃあちょっとこのキーボードのF5ボタンを連打しといてくれ」
アスナ「何それ?」
千雨 「いやな、一位と二位の差が狭まってきた事の危機感が」
アスナ「?」
千雨 「気にするな」


『怪力自慢』

アスナ「ねぇー」
千雨 「どうした?」
アスナ「キーボードが壊れたー」
千雨 「……ちゃんと弁償しろよ、バカレッド」

839 :天抜き:2006/06/10(土) 18:33:32 ID:???
『薬草採集』

アスナ「ねぇ、何か短期で出来て犯罪じゃなくて精密機械を使わないバイトってない?」
エヴァ「知るか、何故私に聞く」
アスナ「なんとなく知ってそうだなーって」
エヴァ「私が知るわけ……いや、そうだな。それならちょっと草を取って来てもらおう」
アスナ「草?それだけ?」
エヴァ「薬にするからな。家の裏に生えてるのを取って来い」
アスナ「オッケー!そんなの楽勝よ!」


『その悲鳴を聞くと』

ギャァァァァァ……

チャチャゼロ「ナー、ゴ主人」
エヴァ  「なんだ」
チャチャゼロ「裏ニ生エテル草ッテ、マンドラゴラダロ?」
エヴァ  「そうだが?」
チャチャゼロ「……ヤッパリ悪ダナー」


『安全第一』

アスナ「ただいまー……」
ネギ 「あ、お帰りなさい。バイトの首尾はどうでしたか?」
アスナ「やっぱり新聞配達の方が安全よねー」
ネギ 「そうですかー。……安全?」

840 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 18:42:13 ID:???
ロクなバイトがねぇww

841 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 19:13:41 ID:???
>>827
そーゆーのはたまにあるから面白いんだ

842 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 19:32:29 ID:???
>>834

後で避難所に来てくれ
帰ったらいくつか注意点書いとく

843 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 21:13:28 ID:???
質問

このスレでは千雨×ザジって
すっかり公認のラブ×2関係
千雨はザジが好きで当然
みたいな感じになってるけど、
大昔の初代スレみたいに
千雨がザジのことを嫌ってた頃の話って
今でも書き込んで良い?


844 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 21:15:58 ID:???
おk

845 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 21:19:57 ID:???
843です

じゃあ、ヘボ投下

ちょっと長いと思うから、何回かに分割します

846 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 21:21:45 ID:???
いい匂いがする。最初に、鼻がそう感じた。
ゆさゆさゆさ
次に、身体は揺れという刺激を受容した。
 ネット界の女王、このちう様の体が軽く揺すられている、
ということが薄ぼんやりとした意識でも理解できた。でも、それだけ。
身体は横になったままで、意識も眠りから完全には抜け出せない。
起きなきゃ、とは思えないからだ。
しかし、あたしのこんな葛藤にはお構い無しに、揺れは止むことがない。
ふと、あたしを起こそうとしているんだろう、ということまで思考が至った。だが、あたしは動かない。何故なら私は女王だから。……なんか変なこと考え出している気がする。ま、いいや。深く考たりしたら、目が覚めちまう。
まだ、揺れは治まらない。起きないとまずい時間なのかもしれない、
と思い至った。
「う……ん……」


847 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 21:22:17 ID:???
でも、起きない。起きたくない。まだ寝ていたい。
 ゆさゆさゆさゆさゆさゆさ
 目覚めようとしないあたしを、しつこく、だが優しく、
『誰か』は揺り起こそうとする。
「うーーん……うんん……」
ちょっと、起きようかな、という気がしてきた。
ゆっさゆっさゆさゆさゆさゆっさゆさゆさゆさゆっさゆさ
「ううん………う……?」
 揺さぶりが激しくなってきた。
 ああ、ああ、ああ。起きちまう、起きちゃう、起き、起き、起
 ………………………
 起きることにした。起きないと、このゆさゆさは永遠に続きそうだ。
分かったよー。起きますよー、と。
ついにあたしは半身を起こし、そして大きく伸びをした。
すると


848 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 21:24:02 ID:???
「ごはん」
「……ん」
 突然、『誰か』がお決まりの言葉と共に、
あたしの目の前にお玉を突き出してきた。
お玉の持ち主に目を向けると、そこにいたのはやっぱり、
いつもの奴だった。真っ直ぐにあたしを見るその目。
険しくも柔らかくもないその表情。常識人ならするはずのない奇抜なメイク。近くで眺める回数が随分と増えたその顔を、今日もまた間近に拝んだ。
「分かったよ。起きるよ」
 枕元に置いておいた眼鏡をかけて、返事をした。
朝食ができたのなら、早く着替えないとまずい。
ごはんが冷める、とこいつは必ず文句を言うから。
そう思って、パジャマに手をかけた。のだが、すぐには脱がなかった。
 じっと見られていては、脱げるわけがない。
「何見てんだ、お前は」
 じろり、と睨んでみせた。
 が、こいつは全く怯まない。
「?」
 どうして睨むの、とでも言いたげな顔をする。
なんて神経の図太い奴だ。こいつの無頓着さにはいつもながらため息が出る。
「すぐ行くから。先に食ってろ」
「うん」
 トコトコ食卓に向かっていく。が、あたしが行くまで、
どうせ食わずに待っているのだろう。返事だけなのも、いつものことだ。


849 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 21:24:53 ID:???
服装変換、完了。朝飯を食う時間は、まだ十分にある。
「……やっぱりな」
 あたしが食卓に着いた時、まだ朝食は誰にも手を付けられていなかった。
やっぱり、あたしのことを待っていやがった。ま、別にいいけどな。
「いただきます」
「おはよう」
 中身のずれた挨拶が、タイミングだけハモった。
「待て待て! 何で『おはよう』なんだ。『いただきます』だろうが」
「まだ、ちさめと挨拶してないから」
 さらっと答えやがった。
「あー、そうですか」
「おはよう、ちさめ」
「おはよう、ピエロ」
「……ピエロじゃない」
「……おはよう、ザジ」
 ピエロ役をやっているくせに、細かい奴だ。もっと精神的余裕を持て。
綱渡りできんぞ、そんな細い神経じゃ。いや、さっきは太かったか。
「綱渡りは得意」
「……人の思考を読むな」
 ザジ・レイニーデイ。それが、今あたしの目の前で、
あたしの部屋で朝食を食っている奴の名前。クラスメイトにして、
現在の同居人。事情はわからないが、修学旅行が終わった日から、
あたしの部屋に住み着きやがった。
 今日もまた一日が始まる。今日もまた、ザジと一緒の朝飯から、始まった。


850 :834:2006/06/10(土) 21:25:29 ID:???
とりあえず、ここまで

では

851 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 21:55:27 ID:???
>>850
なんだか懐かしいような・・・
それでいて目新しい

続きwktk!!GJ!!

で、投下しまつ

852 :生教の二ノ宮さん:2006/06/10(土) 21:56:18 ID:???
生教の二ノ宮さん


麻帆良学園には生徒たちの悩みを解決するべく、ある組織が編成されていた
その組織の名は生徒指導教員部。略して生教と呼ばれていた
そして、そこにはある教員が所属している。その教員は生徒たちからは親しみを込めて”生教の二ノ宮さん”と呼ばれている


二ノ宮 「血文字?」

Q 女子中等部の幽霊 S・A

やっとお友達ができました
いつも一緒にいてくれます
愛してしまいました。もう離れない・・・あの人が死んでも

二ノ宮 「ずいぶんと重い問題だな」

A 生教の二ノ宮

親しき仲にも礼儀あり、ある程度の距離は取っておけ
そうしないといつかは鬱陶しがられるぞ?
こんな言葉がある
「おはよう」
「さようなら」
出会いを喜び、別れを惜しむ。だから親しくなれるんだ。いいな?

二ノ宮 「ストーカーじみてると・・・嫌われるぞ」



853 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 22:13:38 ID:???
>>837
西奏亭乙。
GJなんだがさすがにネーミングそのままはどうかと思うぞ??

854 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 22:33:03 ID:???
>>817
遅レスだがGJ
ところで
>ええと・・・カインは・・・強く握り・・・アベルは・・・ベッドに押し倒された?
これなんてQMA?
鳥先生吹いたww

855 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 22:52:26 ID:???
関白失脚宣言 続きいきまーす

856 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 22:53:33 ID:???
「……です! 急いでくださーーーい!!」
 風紀委員だか、なんだかが、登校中の生徒に急ぐよう
呼びかける。今週は遅刻撲滅週間らしいから、
その活動の一環だろう。盛んな呼びかけにつられて、
周りの奴らは大急ぎであたしを追い抜いていく。
 曇り空の下、見知らぬ奴らの群れの中に、あたしはいた。
「馬鹿が……始業までまだ10分近くあるじゃねーか。
なに乗せられてんだか」
 どいつもこいつもマヌケなもんだ。だいたい早く着きたいなら、
その分早く家を出ろ。あたしみたいに、計画的に登校すりゃ問題ないのに。
 文庫本を読みながら、あたしは教室に一歩一歩近づいていた。一人で。
 バコン
「てっ」
 な!?
 突然、後頭部を何かで叩かれた。背後からの一撃だ。
反射的に振り向きかけたのを自制して、あたしは前に走った。
大きなダメージはない。動けるのだから、逃げるのが今は
最良の方法だ。犯人は予想できている。けれど、振り向いてそいつに
文句を言う暇などない。そんなことをしていたら、鬱陶しいこと
この上ないことになる。


857 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 22:54:48 ID:???
あたしは加速した。
が、目論みは淡い夢として即座に散った。足が重くなって、
動かせなくなったのだ。これは予想外の事態だ。
「くっそ……」
 観念しつつ、せめてもの反撃として怒鳴りつけてやろうと思い、
あたしは振り向いた。が、予想している人物の姿がなかった。
一拍おいてから下を見ると、足が重い理由がしっかり確認できた。
 私は質問した。足元の不審者に。
「一体、何をやっている。ピエ……ザジ」
「復讐」
 ピエロメイクの不審者は、生意気にも自分に正当性が
あるようなことを言い出した。
「……どういう理由で」
「わたしのこと置いていった」
 上目遣いに、あたしの顔をまっすぐ見つめてくる。
「お前の支度するスピードが遅いからだ」
 視線をそらさずに、あたしの正当な主張をした。
すると、ピエロは少し眉をひそめた。心外な、とでも
言わんばかりの顔をしている。
「事実、遅かっただろうが。制服着るだけに、
20分なんてかかりすぎだ」
「……」


858 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 22:55:45 ID:???
本日の弁論を試みる。目を閉じ、こめかみを押さえながら、だ。
 反論なし。納得したか、と決して思ってはいけない。
こいつは屁理屈を持ち出すから。さて、今日はどう出る……?
 ………………………………………………
 なかなか仕掛けて来ないな。
 ……………………………………
 来ないな。
 ………………………
 と思っていたら、チャイムが聞こえてきた。校舎の入り口を向けば、
学生たちが殺到しているのが見える。
「やばいっ!」
 予鈴じゃねえか!無駄な注意に気がとられていた。
あたしとしたことが……!
 焦るあたしに、腹立たしいくらいに冷静なピエロの声がかかる。
「ちさめは最近ドジばっかり」
「何だとぉ」
 再び下にいるはずのピエロに文句を言おうとした。
が、いない。
昇降口の方を再び振り向くと、一人でさっさと前に行ってやがった。
ちらりと、わざわざ立ち止まってこっちを見た。
「やっぱりドジ。あの先生が来てからは、ずっと」
「な! 待て、こらぁ!」
 ピエロが走り出した。その後姿をあたしが追う形になる。
 全力でピエロを追走した結果、なんとかあたしは本鈴直前に
教室に到着することができたのだった。


859 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 22:56:35 ID:???
三時間目の授業中。
ちび教師のネギが短い手を伸ばして、できるだけ黒板の高い所に
字を書こうと悪戦苦闘している。
 すると、委員長がしゃしゃり出てきて、ネギを抱えあげた。
嫁か、お前は。
 神楽坂が妨害に入った。こっちか、本物の嫁は。
 喧嘩になった。正妻と愛人の修羅場みてー。
 周りがわいわい囃し立てる。無責任な奴らだ。
 ネギはおろおろするばかり。情けないガキだなぁ……
「馬鹿共が……」
 誰にも聞こえないように、口の中だけで呟いた。
相変わらず漫才みたいなクラスだ。授業やれよ、まったく……
学校来てる意味ねーじゃねーか。
ため息をついて、下を向く。
すると、キラ、とまぶしさを感じた。
窓の向こうで、太陽が輝いていた。


860 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 22:58:16 ID:???
太陽。
太陽。
お日様。
光。
少しまぶしい、でも見続けていたい金色。
……何だか少し眠くなってきたぞ。
そのうち、金色の太陽から目が離せなくなった。
意識がぼんやりしてきた。退屈だからな、授業。
心が、クラスの馬鹿騒ぎから離れていく。綺麗な太陽へ
飛び立っていく感じがする。綺麗な世界へ。綺麗な所へ。
綺麗な……へ。綺麗な金色へ。……綺麗な………髪の色。
……綺麗な……眼。あたしを見ている、綺麗な、可愛いなあ、ザ……
………………………………


861 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 22:58:54 ID:???
……………………………………………
…………………………………………………………………ンっ!」
はっ!
「このショタコンっ!!!」
「この老け専っ!!!」
 意識が急にはっきりしだした。
 聞きなれた怒声の応酬が、耳朶を打つ。
何だ、まだあの二人は言い合いしてんのか。
いかん、いかん。このあたしが人前で居眠りするなんて。
万が一にも間の抜けた姿なんてさらすわけにはいかないのだから。
馬鹿喧嘩のおかげで目が覚めた。どのくらい寝てたんだろう。
時計を見ると、さして時間は経っていない。
ちらり、と外を見た。
太陽は雲に隠れたまま、良い天気のままだ。教室内もそのまま、
大荒れのままだけど。
しかし、綺麗だったな…………………………何がだっけ?


862 :843:2006/06/10(土) 22:59:44 ID:???
再び休憩

お邪魔しました

863 :834:2006/06/10(土) 23:01:28 ID:???
ごめんなさい 間違えました

私は834です

864 :843:2006/06/10(土) 23:03:00 ID:???
あれ、やっぱり843だ

ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい

あせりすぎました

865 :817:2006/06/10(土) 23:15:18 ID:???
>>817です

>>854
レスありがとうです
ネタ元はQMAではないのです
真名の苦悩からなのです
鳥先生ワカラナス

866 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 23:29:31 ID:???
>>862
wktkしながら待ってます。

こちらも長いですが投下します。

867 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 23:30:18 ID:???
明日菜いいんちょ劇場

それはふと忘れていた一冊の同人誌から始まった。
「あれ?この本は…」
放課後、ハルナの机の下に落ちてあった一冊の薄い本を刹那は発見する。
またハルナの忘れ物だろうと思い、悪いとは思いながらもこっそりと中を覗いてしまう。

「あ…だめ、いいんちょ…」
「かわいいですわよ、明日菜さん」
「あ、…ああぁぁぁ!」

ふしゅぅぅぅぅぅぅぅ
その恥ずかしい内容に刹那は顔から湯気が出るほど真っ赤になっていた。
「こ、このような展開が…」
「ほら、早よぉ次めくって」
横から声、最愛の木乃香お嬢様だ。
「わあああああ!お、おおおおおおおお嬢様ぁあ!?」
大げさとも言える派手なリアクションをする刹那。
「すごいな〜ハルナは、次はいいんちょ×明日菜でいくんやな」
「え?次と言いますと?」
「もちろん最初はウチとせっちゃんや♥」
ふしゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
木乃香との甘い一時を完全にネタにされた恥ずかしさから刹那は顔から火が出るほど真っ赤になった。

「あれ、刹那さんどうしたの?」
「お二人とも、もう下校時間ですわよ」
突然後ろから声、ハルナの同人のネタにされた明日菜とあやか本人がやってきたのだ。
「あっ!ほ、本人!!」
「何が本人ですの」
二人とも何も知らない顔で言うのでたじろいでしまう刹那。

868 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 23:30:51 ID:???
「あれ?これって。またパルの奴作ったのね」
その同人を明日菜が取り上げて中身を見出す。
「あ、明日菜さん!」
「あーあ、見てもうた」

内容は…一言で言えば明日菜がいいんちょにすごいことをされている、発禁級のH本(無修正らしい)である。

「………//////////」
一気に真っ赤になる明日菜。
「ちょっと刹那さん!何これーーーーー!!!」
「そんなこと私に言われてもどうにもできませんよ〜!」
あまりの恥ずかしさに二人ともうろたえだす。
「二人とも騒ぎすぎやで〜」
「木乃香(お嬢様)は落ち着きすぎ(です)!!」
明日菜と刹那の声が同時にハモった。
そんな騒ぎを横目にあやかは置かれてあった同人誌に手を伸ばしゆっくりと見る。
「…」
「……」
「………」
1分、2分、表情を変えずにじっくりと同人本を除く。
その横では3人がひそひそ話をし始める。
「どなんしたんやろ、やたら難しい顔になったで」
「自分がネタにされてるのによく冷静でいられるわね」
「普通は見れませんよね」
一通り読み終えたあやかは突如携帯を取り出してどこかに連絡する。
「どこに電話してるのでしょうか?」
「知らないわよ、ひょっとして警察!?」
「もしかして弁護士やったりして」
「まさか、クラスメイトを訴えると!?」
「金持ちは金に物を言わせてなんでもするからね」

869 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 23:31:24 ID:???
「ところで、早乙女さんの描いた本が教室で見つかりましたが……あ、別に怒ってませんわよ。
 しかしちょっと気になることがありまして」
するとあやかは驚くべきことを口にした。
「16ページの3コマ目ですが…明日菜さんの足、いくらなんでも開きすぎですわよ。前日も同じようなことが
 ありましたが、明日菜さん『痛い!痛い!裂ける〜〜』とか言って喚いてましたわよ」
さらりと本人と木乃香と刹那の前で発言するあやか。
「い、いいんちょさん、それに明日菜さん!////」
「ほへ〜遊びに行っといたらよかった〜/////」
「――(いいんちょー!!!!!!!!)////////////」
さらにあやかは続けた。
「それと34ページのラストシーンですが…イクまでのプレイを伸ばしすぎですわ。いくらなんでもこれでは
 ラスト目前で明日菜さんはもとよりわたくしまでイッてしまいますわ♥」
はわわぁぁぁぁぁあぁぁあぁぁ
あたふたしだす3人。そのまま携帯を切るあやか。

「い、いいんちょ。何もここで具体的に言わなくても…」
明日菜がオーバーヒート寸前だが何とかあやかに詰め寄る。
しかしあやかは涼しい顔で
「この本みたいにもっと楽な体勢でしたら痛くならずに済みますのに」

プシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ

メーターを振り切り、明日菜は完全にオーバーヒートしてしまった。
「え、えらいこっちゃ!せっちゃん、ウチらも負けてられへんで!!」
突然刹那を押し倒す木乃香。
「やっ、このちゃん。な、何をあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜♥」
この日以来、アスナいいんちょとせつこののラブ度の競い合いが始まるのであった。

「どうやら早乙女さんに見られてたみたいですわね、今度からはちゃんとドアをロックしておかなくては」
「…いいんちょ、そうでなくて」
しばらく顔を上げれない明日菜だった。

870 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 23:33:20 ID:???
HDのクラッシュのトラブルもあり気合を入れて作りました。
本当にこのカップリング(いいんちょ×明日菜、このせつ)好きです。(チラシの裏)

871 :870:2006/06/10(土) 23:36:58 ID:???
>>868>>869の間で抜けている所がありました。

「あっ、早乙女さん。わたくしですわ」
どうやら相手はハルナのようだ。

大変失礼しました。

872 :843:2006/06/10(土) 23:43:01 ID:???
>>851、866 ありがとう

では、また再び

873 :マロン名無しさん:2006/06/10(土) 23:43:43 ID:???
リアル遭遇ktkr!
>>866
ちょwwwいいんちょ羞恥心ないのかwww
照れるアスナに萌えますた

>>862
wktkしながら待ってます

>>852
ストーカーやめたらさよちゃん出番なくなっちゃうよwww




今回も全然間に合わなかった桜子誕生日ネタ投下します
下手にシリアスに手ェ出したらうまくまとめられなかった……千雨の葛藤みたいなものが伝われば幸い

874 :843:2006/06/10(土) 23:44:10 ID:???
結局、三時間目はあのまま終了を迎えた。隣で授業をしていた
新田が馬鹿共を鎮めにやって来たが、チャイムが鳴る直前だったので、
本来の授業を進める余裕はもうなかった。
で、今はその後の短い休み時間だ。
トイレ行くか。
席を立ち、一人で教室から廊下へ、一歩を踏み出した。
後ろ手に扉を閉めた。二人がかりで。
「……」
「私も行く」
 いつの間に出てきたのか、ピエロがあたしの傍にぴったりと
寄って来た。
「勝手に行け」
 あたしは予定を変えて、中庭の方へ足を向けた。別に中庭でなくても
良かったのだが、とにかくトイレに行くことだけは不可だった。
「お手洗いは、こっち」
 ピエロがあたしの腕を掴んだ。
「あたしはそっちに行く気は元々ないんだよ。
行きたいんなら、一人で行け」
「……ついてきて」
「断る」
 ピエロに背を向けて歩き出す。靴が廊下を力一杯、踏みしめる。
 引き戻される力に抗おうとして。
 だが、いかんせん力の面では、あたしとピエロの間には
大きな開きがあった。
 だから
 ざんねん! あたしのていこうはここでおわってしまった!
 ずりずりと強制されるトイレへの移動に憤慨し、あたしは怒鳴った。
「離せ!」


875 :843:2006/06/10(土) 23:45:27 ID:???
「いや」
「何で!」
「………………」
「何だ、その沈黙は」
「………………たいから」
「何だって?」
「少しでも、一緒にいたいから」
「あたしは、いたくない。二人でいる必要なんかないだろ」
 ピエロの力が少し緩む。あたしは力を入れて、腕を振りほどいた。
「もうすぐチャイム鳴るぞ。行くんなら、早く行ってこい」
「一緒に」
「しつこい」
 食い下がるピエロを一睨みして、教室に引き返した。
何で一緒にいようとするんだよ。一人で十分だろうが。
 ピエロの考えることは、よく分からん。

 昼休み。
『今日はパンを買うか』
 何パンにするか考えつつ、購買へ足を向ける。
 静かな廊下に、足音が響く。
 購買へ行く道はいろいろあるが、いつもこのルートは
何故か静かだ。まるで、魔法でもかかっているかのように、
ここだけ異世界に飲み込まれたかのように、あたしは静かな廊下を
よく一人で歩いていく。
 カツ カツ カツ カツ
 二人分の足音だけが、木霊する。


876 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 23:46:36 ID:???
あたしの前には誰もいない。つまり、あたしの背後に、
誰かがいる。そいつが何者か、あたしにはよーく分かっている。
振り向くまでもない。
「お」
「今日はパンだ」
 ピエロの言葉を遮り、我を通す。
「おべ」
「だから、あたしは要らない」
「おべん」
「一人で食いきれないなら、運動部の奴らにでもくれてやれ」
「おべんと」
「実は、あたしは本来手作りのものを食べてはいけない体質なんだ」
「……朝ごはんは一緒に食べたのに」
「朝飯は抜くと、美容に悪い。それに、朝は眠たいし、
忙しいからな。自分では作らない。(つーか、作りたくない)
作ってあるから、食べるだけだ」
「……お昼は? ここに作った……」
「今日はパンが食いたいんだ。それに、ずっと誰かの傍で飯を
食い続けるのは、あたしは好きじゃない。
近頃ちょっと鬱陶しいぞ、お前」
 無音。
 口撃が止んだ。あきらめたか?
 ちらっと後ろを振り返ってみる。ピエロの姿はなかった。
 何とか撃退できたか……修学旅行の後、特に最近、
しつこいんだよな、あいつ。
 まあ、どうでもいいや。
 あたしは勝利感を胸に意気揚々と購買へ向かった。



877 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 23:47:25 ID:???
「大漁、大漁」
 というのは嘘だ。言っていることとは違って、
買ってきた量はそんなに多くない。ネット界の女王が
太るわけにはいかないのだ。メロンパンとクリームパン、
ウーロン茶だけを抱えて、戻って来た。
ガヤガヤガヤガヤ
ザワザワザワザワ
廊下まで来たとき、いつもうるさいクラスがさらに
うるさいのに気が付いた。
バタバタバタバタ
ドタドタドタドタ
みんながみんな雑巾を持って、行ったり来たりしている。
何やってんだ、と最初はのんきに思ったが、あいつらの
持っている雑巾をよく見た瞬間、顔から血の気が引いた。
「な」
 雑巾が真っ赤だった。まるで人の血で染めたかのように。
 困惑して立ち尽くすあたしに、廊下へ出てきた委員長が
冷静に声をかけてきた。
「長谷川さん。見ていないで、手伝ってくださいな」
「え? あ、ああ」
 委員長と入れ違いで教室内に入る。途端に、あたしは絶句した。
 血の海が、床の半分以上に広がっていた。
「何だ、これ!? 殺人事件か!?」


878 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 23:48:50 ID:???
「そんなもん、このクラスで起きるわけないっしょ」
 朝倉に、突っ込まれた。こいつも手に雑巾を、純白の
未使用なやつを装備している。
「何があったんだ?」
「パルがねー、貧血で倒れたの」
「貧血?……って、まさか」
「うん。これ、パルの鼻血」
「なんて血の気が多い奴だ」
 あきれ返っているあたしの傍を、保険委員が通った。
「ただいまー。パル、何とか落ち着いたわ。今は保健室に寝とる」
「おかえり。あれ、担架役の茶々丸さんと長瀬さんは?」
「保健室行くまでに流れた分の血、拭いてくれてる。
ここと同じくらい量あるから、ウチは追加の雑巾取りに来たんよ」
 あの女、失血死するんじゃねーか?
「こーら、朝倉、長谷川さん、話はあとにして手伝ってよ。
昼休み終わっちゃうわよ。今やっと半分取れたところなんだから」
 床を拭き続けたまま、神楽坂がこちらを睨んだ。
 ここは黙って従おう。見ているだけってのも、ばつが悪いしな。
 あたしが掃除の一団に加わると、朝倉も横に並んで拭き出した。
「ねえねえ、ちうちゃん。パルがこれだけの鼻血を流した理由、
何だと思う?」
「どうせいつものやつだろ。ラブがどうとか」
「鼻血吹きながら『愛を得られぬ、刹那、じゃなくて、
切ない乙女のラブしゅ』とか叫んでたから、そうだろうね」
「くだらねー」
「……ちなみに、その直前に何があったと思う?」


879 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 23:49:53 ID:???
急に声を潜めて、あたしの耳元に口を寄せてきた。
「? さあな、何かあったのか」
「本当に分からない?」
「分かるわけないだろ。あたしは占いも何もできない、
ごく普通の一般人だぞ」
「普通の人なら、気付いてあげられると思うんだけどなー」
「分からないものは分からないんだよ」
「ザジちゃんがね、教室を出てった」
 ピタ
まぶたが一瞬きする程度の時間、あたしの動作を
止めてしまった。
だが、周りにはそうとは気付かれないほど滑らかに、
手の動きを再始動させる。
朝倉は囁き続ける。
「随分ショックを受けてたみたいだねー。フラフラよろけてたよ」
「……ふーん」
「亜子が保健室に送ろうとしたけど、断ってた」
「……へー」
「立派な御重だけ持って、独りでどっか行っちゃった」
「……そうか」
「独りで大丈夫かなぁ」
「……平気だろ。病気じゃないんだし」
「さすがは同居人。心までは理解できなくても、
健康状態は把握済みですか」
 ピタァッ
 今度はもろに動きを止めてしまった。それほどまでに、
今のは重大で危険な一言。


880 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 23:50:37 ID:???
「何言ってんだ。あたしは一人暮らしだぞ」
「修学旅行前まではね」
 とぼけようとしたが、軽く一蹴された。さらに。
「今日の夕飯のこと、心配しなくても良いの? 
最近はザジちゃんに作ってもらってばかりなんでしょ。
料理の仕方覚えてる?」
「っ!」
「ああ、それより寝るときのことの方が心配なのかな。お泊りも
多かったみたいだし、独り寝は久しぶりなんじゃない?」
「馬鹿にしてんのか」
 怒りを押し殺した声で、朝倉の耳元に囁き返す。
「してないよ。ただ心配してるだけ」
「余計なお世話だ」
 こいつの傍にはもう居たくない。
タイミングよく、掃除終了ーー! と誰かが
言っていたので、雑巾の片付けという形を取って、
この場を離れる。
 が、朝倉はしつこく付いてくる。
「ちうちゃん。何があったのかは知らないけどさ」
「知らないなら、首を突っ込むな」
「……分かった。じゃあ、一つだけ言わせて欲しいんだけど」
「今まで散々言ってるだろ」
 教室へ戻る途中、朝倉の先を歩いて、言い返す。
「結局、お昼は断ったんだよね。ザジちゃんの愛情弁当」
「……ああ」
 愛かどうかは知らんが。
「ザジちゃんがね、この前、珍しくあたしに話しかけてきたんだ。
何を訊きに来たと思う?」
「さあな」
「ちうちゃんの好物教えてくれって」


881 :関白失脚宣言:2006/06/10(土) 23:51:10 ID:???
話の中身を理解する間もなく、朝倉に顔を覗き込まれ、
追い討ちをかけられた。
「先週なんか、美容に良い料理教えてって、
さっちゃんの所に通ってたみたいだよ」
「……」
 言いたいことを言うと、朝倉はさっさとあたしを追い抜いていく。
「まあ、これは二人の問題だからね。あたしも深入りしたりはしない。
でもね」
 訳知り顔で振り向いた。
「自分がどれだけ人から想われているかは
気付いてあげてられても良いと思うなあ」
「何言っ」
 キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン
「席に着けー。授業始めるぞー」
 教師が時間通りに到着した。これで、この話はお流れとなった。

 五時間目、ピエロは欠席した。
 六時間目も放課後も、ピエロの姿は校内になかった。


882 :843:2006/06/10(土) 23:52:17 ID:???
三度、間を空けます。

883 :拒絶 1/4:2006/06/10(土) 23:58:30 ID:???
>>882
乙 続き期待してる
かぶってすまんかった
なんかすげぇ作品の直後でお目汚しになるけど投下〜



「ちっさっめっちゃーん」
風が気持ちいい晴れた日の屋上に、いい加減聞き飽きた脳天気な声が響きわたる。
嬉しそうにぶんぶんと手をふる椎名を見てると、ほんの少しだけイラついてきた。
何て言うか、正直鬱陶しい。
「んだよ……ザジと二人でマッタリしてんだから空気読めよ」
「あははー、ごめんねー」
「ったく……」
だがまぁちょうどいい。
もう二度と椎名が付きまとわなくなるであろう嫌がらせを思い付いたのだ。
コイツを実行して、リアクションを楽しんだあとに椎名が腹を立てて私の元から消えりゃぁまさに一石二鳥。
期待に胸をふくらませてますと言わんばかりの眼を見ると、思わず笑ってしまいそうになる。
「なぁ椎名、今日お前誕生日だろ?」
「お、覚えててくれたんだ?」
「あぁ……で、安物のオモチャでなんだが、指輪をプレゼントしようと思ってな」
幸せそうに眼を輝かせる椎名の眼前にちゃちなオモチャの指輪を持ってきて、それをゆっくりと床に置いた。
「………が、タダではやらん」
「……あ、あんま持ち合わせないよぉ;」
「金じゃねぇよアホ」
日頃さんざん絞り取りってるのにわざわざ今日取る必要性がねぇだろうが。
「いつもいつも忠犬のようにつくしてくれたから………なッ」
にやりと笑んで、何故か屋上の片隅に放置されていた鉄パイプでゴルフスイングを指輪にかます。
芯には当たらなかったが、指輪を屋上から吹っ飛ばすには十分だった。
「忠犬らしく拾うことができたらやるよ、あの指輪」
そーら、取って来ーい。なんつってな。ははははは。

884 :平行線2/4←タイトル間違えた:2006/06/11(日) 00:03:33 ID:???
「くくく……あいつバカだよなぁ、見付かるわけねぇのに。嬉しそうに『うん、探してくるゥ』だとよ」
「………」
声真似までして、椎名の行動を馬鹿にする。
そんな私を、ザジの奴は哀れむような、悲しそうな眼で見つめていた。
「………なんだよ。やりすぎだって言いたいのか?」
「………(こくり)」
「………ハッ、あいつが辛い目に合おうが知ったことかよ」
「………」
「………そんな目するなよ……どのみちこれで終わりさ。もうあいつも絡んでくることはないだろ」
「…………違うよ」
「は?」
違う、って……私が間違ってるってことか?
「私は………ちうが心配なの」
「……はぁ?」
何を言っているんだこいつは。私の何を心配するっていうんだ?
「……新田とかにチクられたりってことだったら、心配ねぇよ。ちゃぁんと対策も考えて……
「………無理、しないでね」
そんな辛そうな顔で私を見るなよ。
憐れんだような目を私に向けるなよ。
ザジの目に耐えれず、足早に屋上を去る。
「………私、授業出るね………」
授業出るね。
いつも私に合わせて出席したりサボったりしているザジが、その言葉を使う時は決まっている。
あいつが一人で考え事をしたい時か、私に何かをじっくりと考えてほしい時だ。
「何だって言うんだよ……くそっ」
一人残された空間に、消火器を蹴り倒す音だけが虚しく響いた。

885 :平行線3/4←タイトル間違えた:2006/06/11(日) 00:07:04 ID:???
私はザジが好きだ。
この気持ちは絶対に変わらない。
私には友達なんていない。ほしいとも思わない。
今までもそうやって目立たずおとなしく表の世界を生きて来た。
私にはザジがいればそれだけでいい。
地味で、孤独で、だけどザジだけは側にいてくれる。
それが“長谷川千雨”のアイデンティティーなんだ。
仲良しこよしでワイワイやるなんて、できるはずがない。
そんなことをしたら、私は私じゃなくなっちまう。
「や、やめなよ桜子……」
気持ちを鎮めるため散歩がてら寮まで歩いている途中で、少し離れた場所から釘宮の声が聞こえた。
「確かにこっちの方に飛んだんだもん。なのに見付からないってことは、もうここしかないよ」
木の陰に隠れ、声のする方をそっと覗く。
釘宮の制止も聞かずに、椎名はドブに手を突っ込み何やら探し物をしている。
「ごめんね円、せっかくパーティ開いてくれたのに、遅刻だよ」
「……なんで、そこまでするの?指輪にしたって嫌がらせとしか思えないじゃない」
釘宮大正解。そう、あれは嫌がらせ。
「言いたくないけどさ、もうあんな奴に関わるのやめなよ……これ以上酷い目に合う桜子を見てられないよ」
そいつの言う通りだ。さっさと愛想尽かせて私の前から消えやがれ。
「……ごめん円、やっぱできないや」
椎名は、笑っていた。
「確かに千雨ちゃんは酷いとこあるし、ちょっと冷たいよ………でもさ、私にもよくわかんないけど、やっぱり千雨ちゃんじゃなきゃダメなんだ」

886 :平行線4/4:2006/06/11(日) 00:13:34 ID:???
何、言ってんだよ。
私はお前なんか好きじゃないって知ってんだろ。
諦めろよ。愛想つかせよ。
「千雨ちゃんはザジちゃんのことばっかりで振り向いてもらえないのは寂しいけど……
 それでも、やっぱり私千雨ちゃんにつくしてあげたい………私、変かな?」
「桜子……」
あぁ、変だよ。どうかしてる。
お前がどんなにつくしてきても、受け入れてやることなんてできねぇんだよ。
「あ、あったァ!やっぱりここにあったんだ!」
そんな嬉しそうなツラすんなよ。
そんなに私を慕うんじゃねぇよ。
私は、長谷川千雨は、ガキな奴らと友達ごっこなんかせずに、目立たず騒がずおとなしく生きていくって決めたんだよ。
お前は受け入れてやれねぇんだよ!
「よかったー……日付変わる前に見付かって」
なのに何で……何でそんなに私の中に入り込んでくるんだ!
「畜生………」
下唇を噛み、額に力を込め地面を睨む。
『………無理、しないでね』
椎名を拒むのは、つまらない意地のせい。
そのつまらない意地を張るのをやめられないのは、そうしたら今までの私を否定することになって、私が私じゃなくなりそうだから。
だから、どんなに辛くても私は意地を張り続ける。
「どうしろって言うんだよ……畜生」
ありったけの力で拒んでも離れない。
どんなに慕われても受け入れられない。
絶対に交われないのに決して遠ざかってくれない、まさにアイツは私のテリトリーを侵す平行線だ。

私はきっと、こんな想いをずっと引きずらなければいけないんだろう。
それが、つまらぬ意地で他人を傷付けた私に課せられた罰。
おそらくその罰は決して終わらない。
だって、私は救われてはならない最低な人間なのだから。

887 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 00:29:37 ID:???
>>886
なんか胸がズキズキしてきた。GJ!!


888 :843:2006/06/11(日) 00:42:16 ID:???
>>883 お褒め頂き、感激至極

素敵に素晴らしい千×桜(桜×千か?)の後に
持ってくるのも、何か883と桜子に悪い気もしますが、
最終分、投下します

889 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:43:06 ID:???
 ガチャ  キィ  バタン
 授業が終わると、あたしは真っ直ぐに部屋へ戻った。
やらなくちゃいけないことがある。のんびり寄り道なんて暇はない。
久しぶりの一人部屋を満喫する余裕も、ない。
 ピッ
 パソコンを起動させる。今日はサイトの更新日だ。忙しくなる。
 他のことに気を散らしてなんかいられない。
 いられない。
 要らない。
 必要ない。
 他のことになんて、気を配る必要がない。
 今はただサイトのことを集中してやれば良い。
あたしの夢、ネット界制覇の為の重要な作業を
一生懸命やることに、後ろめたさを感じる理由は皆無、のはずだ。
 これは、自分の夢を叶えるためなんだから。
これが、自分のやりたいことなんだから。
『…………たいから』
 やりたいことを、自分なりにやっているんだ。今、あたしは。
『……にいたいから』
 他の奴のことなんて気にしてられるか。ピエロとか無視だ、無視。
『一緒にいたいから』
あたしは一人で良いんだ。
あいつがいたって、更新の手伝いにはならないし。
単に飯作るだけだし。黙って近くにいるだけだし。
今までだって、あたしがサイト更新をしている時は、
部屋の端っこでじっとしていただけだし。


890 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:43:54 ID:???
今は、いないけど。
自分のウチに帰ったんだろうな。
……そういや、あいつってどこに住んでいるんだ? 
野宿、なわけはないだろう。
……
どうでもいいや。
どこに住んでるか知らなくても、困ることなんてない。
ここに置いといても、毒にも薬にもならんような奴だったから。
元の一人暮らしに戻っただけだ。あたしには何の不都合もない。
その証拠に、更新は滞りなく終了した。
「飯でも作るか」
 軽く伸びをして、キッチンに向かう。
 包丁を使い、鍋を使い、フライパンを使い、久しぶりに自分で料理をした。
 できた品を一気食いして、すぐに寝た。
 気持ちが悪かった。


891 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:44:33 ID:???
光が眩しい。
 窓から射し込む日光に、頭が強制的に起こされた。
 朝日は眩し過ぎるな。時間差で透過する光の量が
変わるっていうカーテンでも買うかな。朝ぐらい、
穏やかに目覚めたいもんだ。
 っと、今何時だ?
 時計を掴んで引き寄せた。短針は長針のすぐ左隣にあった。
長針は12の所にあった。
「………………やべえええええ!」
目覚ましセットするの忘れてた! 
最近は目覚まし無しでも起きられたから、うっかりしていた。
布団を跳ね除け、怒鳴る。
「おい、ピエロ! もう十二……!」
 そこまで叫んで、口をふさいだ。声をかける相手は
いないのだから。
 頭を切り替え、これからのことを考える。
飯は抜きだな。
作っている時間なんて、あたしには、ない。
身だしなみも程々に、大急ぎで外へ飛び出す。
「くそっ!」
 一人きりの通学路で愚痴る。
「腹減った!」
 朝飯抜きは体に悪いのに。健康面だけでなく、
美容の面ででもだ。
『この間なんか、美容に良い料理教えてって、
さっちゃんの所に通ってたみたいだよ』
 ……そんなことはどうでもいい。
問題なのは空腹だってことだ。


892 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:45:06 ID:???
空腹なのは、胃袋に入っている食物が純粋に少ない、ってことだ。
 昨日は飯がまずかったから、あんまり食べられなかった。
塩無しじゃ、どうやっても旨いものは作れない。
『ちうちゃんの好物知らないかって』
 ……知るか。
 知るか、知るか、知るか。
 任せっきりだったんだから、知るわけねーだろ。
調味料の場所なんて分かるわけないだろう。あいつが勝手に、
何も言わずに、キッチンの物を動かしやがったんだから。
何も言わずに、ピエロが朝飯を作らなくなったから。
何も言わずに、ピエロが起こさなくなったから。
何も言わずに、ピエロがいなくなったから。
だから、こんなに調子が狂うんだ。
ピエロのせいだ。
ザジのせいだ。
あたしのせいだ。


893 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:45:41 ID:???
「あ、ちうちゃん。珍しいね、遅刻じゃん」
 教室に入ると、朝倉と出くわした。
「ん、どうしたの? 元気ないね。あ、
さてはザジちゃん不在の影響が」
「来てないのか、あいつ」
 朝倉の軽口を中断させて、尋ねた。
「ザジちゃん? うん、今日は来てないよ。
誰か、今日ザジさん見たー?」
 クラス中が否定の仕草をとる。
 それなら、ここに用はない。あたしは教室を出た。
「どこ行くの」
「ザジの所」
「お、それはそれは」
 あたしの回答を気に入ったのか、朝倉が後をついてきた。
「ちうちゃんは、ザジちゃん離れると一日で
だめになっちゃうんだねぇ」
「そうだよ。悪いか」
「へ?」
 朝倉が黙った。いや、黙らなかった。
「いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、
そこまでストレートに言われると訊いたこっちが照れるね」
「うるさい」
 テレテレな顔をする馬鹿を睨みつける。
「で、これからどうすんの?」
 あたしの迫力に怯まず、しかしちょっとだけ
真面目な顔をして、朝倉は問う。
「……飯を食う」
 それだけ答えて、あたしは世界樹の広場へ足を向けた。

894 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:46:48 ID:???
 世界樹広場に着くと、あたしは歩くのを止めた。
まだ朝倉がついてきたが、無視することにする。
 なのに、朝倉は遠慮無しにその決意の垣根を乗り越えてくる。
「ここに、ザジちゃんがいるの?」
「さあな」
「さあな、って……じゃあ、何のためにここまで来たのさ」
「近所迷惑にならないから」
「どういう意味―――?」
 朝倉が尋ねる。だが、垣根の外の雑音にあたしは耳を貸さない。
 ただ一人のことだけを考えていたから。
 一回、深呼吸する。そして。
「ザァジィィィィィィィィィィィ!!!!!!!」
 巨木が、あたしの美声で揺れる。
後ろの奴はびっくりして、耳をふさいだことだろう。
それぐらい大きな声を出した。
でも、それだけだ。他に変化は起こらなかった。
もう一度。
「ザァァジィィィィィィィィィィィィ!!!!!!」
 さらに音量を増した美声で、辺り一帯が震える。
今まで出してことがないくらいの音量があたしの喉から出て行く。
 木が大きく揺れ、葉っぱが幾らか散った。
 後ろで何かが倒れる音がした。
 まだ、それだけだ。
 もう一回。
 息を吸いこんだ。
「ま、待って……ちうちゃん。一体、何やってんの」


895 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:47:30 ID:???
「呼び出してるんだよ」
「待ち合わせしてたの? 場所、ここ? 
じゃ、もっと小声で良いんじゃ……」
「してねーよ」
「はい?」
「待ち合わせの約束なんてしてない、って言ったんだ」
「ここ、待ち合わせ場所じゃないの!? それじゃあ、
いくら大声出しても意味ないじゃん。
学校中に聞こえるわけじゃないんだから、来るはずが」
「ある」
 確信があった。ザジはきっとここへ来る。
「あたしが呼んでる所に、あいつは来るんだよ」
 ザジは『一緒にいたい』と言っていた。
なら、来い。
一緒にいたいんなら、あたしの所に、今すぐ来い!
来い。
来い。
来い

来て。
ガサリと、頭上で葉がまた揺れた。あたしの声のせいでは
なくて、あたし以外の誰かのせいで。
ひとりの、小柄な少女の動きによって。
葉っぱは揺れた。
それは、長谷川千雨によるものではなく。
それは、ザジ・レイニーデイによるものだった。
「ザジ」
「……ちさめ」
 ザジが地面に降り立つ。
 自然に、あたしたちは見つめあう。


896 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:48:12 ID:???
 ザジは常の通りあたしの顔を真っ直ぐ見つめてくるが、
その瞳にはいつものような覇気、というか元気がなかった。
 見ていて辛くなる、そんな目だった。
 だから、聞いた。
「あたしと一緒にいたいか?」
「うん」
 唐突な質問に窮することなく、ザジは認めた。
「そうか。それなら、あたしたちの利害は一致するな」
 ザジが目を瞬かせる。どういう意味なの、って顔だ。
「あたしはいろいろ誰かにしてもらいたい。
飯作ってもらったりとか朝起こしてもらったりとか、
そういうことをな。自分でやる気にはなれないんだ。
朝早く起きるの面倒だし、サイト更新もしにくくなるし、
自由時間も減るし」
 ザジは悲しげな目をした。言っている意味を
そのまま受け取ったのだろう。
 でも、まだ聞いてくれ。あたしの願いを、聞いて。
「誰かにそういうことやってもらえたら、
あたしはすごく楽ができる」
ザジの髪を撫でながら、語り続ける。
自分勝手な話なのは分かってる。
「誰かがあたしと一緒にいてくれると、すごくいい。
一人じゃなくて、二人でいるのが、一番いい。
打算とかも、確かにある。けれど、誰かにいてもらいたい
と思うのは嘘じゃないんだ。誰かがいてくれると、
気持ちがちょっと変えられるんだ」


897 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:49:15 ID:???
ポリポリと、あたしは自分の頭をかく。
「よーするに、まあ、その、なんだ」
 言いづらいなー。朝倉の絶好のネタになっているの、
間違いないし。
「……連れが欲しいんだ。あたしと一緒に生活してくれて、
あたしを幸せな気持ちにしてくれる奴が。どうしても欲しい。
そいつがあたしの趣味・嗜好をもう知ってる奴だったら、
もっと欲しい」
 ザジの目が輝いたように見えた。金色の瞳が太陽に見えた。
「その点では、お前が一番、理想に近いんだよ」
 ザジの目が見開かれた。太陽の瞳から雲が晴れた。
「だから」
あたしはザジへ手を差し出す。
「帰ってきてください」
 刹那の間もなく。
「はい」
 ザジは、あたしの手をとってくれた。
 この時、遠くから「ラーブゥー……!」とか
「また鼻血の海がぁーーー!」とか何とか聞こえてきたが、聞き流した。
 あたしたち二人は二人の部屋に戻った。
 部屋に着くと一番に、飯を作ってもらったのは言うまでも無い。


898 :関白失脚宣言:2006/06/11(日) 00:50:14 ID:???
 その日の夜のこと。
 何となく離れる気にならなかったので、今夜はあたしのベッドに
ザジを入れてやった。
「ち さ め……」
 甘えたザジの声。
「好き」
 短い感情表現。口数の少ないこいつには、精一杯の言葉。
「ちさめは好き?」
「…………………………まあ……好き、だな」
「本当?」
「好きの度合いがどれぐらいかは分からないけど、嘘じゃない」
「………………しあわせ」
 ザジは、ぎゅっとあたしのパジャマを握った。伸びるつーの。
ザジはそれから、手をゆっくり伸ばして、あたしの胴を両手で囲んだ。
「おい……この手はなんだ」
「ぎゅってしてるの」
 ちょっと長めの、簡素なザジの解答。
あたしは思わず苦笑してしまった。まあいい。
ザジの好きにさせてやろう。
 この晩、あたしたちはずっとこのままだった。
 明日も、こうだろう。
 たぶん、これからずっと
………いや、一ヶ月ぐらいかな、この形を許してやるのは。
 夏になったら、暑苦しいし。夏には絶対離れさせる。
 離れさせて、傍にいさせる。
 近くから離さない。
 ここに、いてもらう。いて、欲しい。
 それは、ずっと。


899 :843:2006/06/11(日) 00:53:00 ID:???
雨×Rain   関白失格宣言
(副題:「お前ら授業はどうした」と言わないで)
     完   

長々とお邪魔しました。
完結です。ありがとうございました。

ごめんね、ごめんね、設定、修学旅行後なんて昔でごめんね
本誌でシネマ村やってた時に、百合妄想して書いて、
その後封印してた代物だから、古いの。

では


900 :883:2006/06/11(日) 01:17:06 ID:???
うはーっ!リアル遭遇したのに今読み終わったとか読むの遅ェー俺

>>887
そう言ってもらえてちょっとホッとした

>>899
超GJ
あまりにツボりすぎて二回も読んだ
千雨の心境の変化がたまらない
マジで桜子×千雨割り込まなきゃよかったと後悔



そういえば言い忘れてたけど、桜子×千雨インスパイアすみませんでした

901 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 01:26:58 ID:???
>>843
あまりにも甘すぎて糖尿病になりそうです、治療費を請きゅ…てのはおいといて
いい話GJ!素直じゃない千雨と素直すぎるザジという基本の組み合わせが帰って新鮮でした。
『夏まで』なんて言いつつ絶対そんな区切りなんて付けられないんだろうなぁ。

902 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 01:34:36 ID:???
>>886
ガチで泣いた
桜子が凄く好きになった。

903 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 08:36:14 ID:???
二人ともGJ!!
忘れてた・・・・ここザジちうスレだったよ・・・

904 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 14:37:44 ID:???
次スレ立ててきタ

【ネギま】ちうとザジに萌えればいいんじゃね?15
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1150004168/

そして美s・・・空気を読まずにネギちうをキボンヌしてヨロシカ?

905 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 14:49:00 ID:???
__●⌒
・∀・|<チャオ読んだアルカ

906 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 15:40:40 ID:???
>>904
おkっすよ

>>905
ドゴォ

907 :904:2006/06/11(日) 16:03:24 ID:???
>>906
テラwktk

>>905
ドゴォ!

908 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 16:22:19 ID:???
ここに『押すな』という謎のボタンがあった。
ネギ「…(き、気になる)」
千雨「さっさと押してしまえば?」
そっと指がボタンに近づく。
先生の身とはいえ10歳の好奇心が勝ってしまった。

ポチッ

ちう「ちうだぴょーん☆」
いきなりの反応にびっくりしてボタンを離す。
千雨「何だよ先生。で、どうなんだ?」
ネギ「覚えてない?」
千雨「なにが?」

ポチッ

ちう「ちうだぴょーん☆」

パッ

千雨「だから何だよ」

ポチッ

ちう「ちうだぴょーん☆」
ネギ「ドキドキ」

909 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 17:08:15 ID:???
ちょwww

910 :904:2006/06/11(日) 17:40:46 ID:???
>>908
うはっwwwwwwwww

911 :837:2006/06/11(日) 18:01:26 ID:???
遅レス。
>>840
麻帆良ですしw

>>853
形式を真似してるのに名前が違うと西奏亭さんに失礼かなーと思って同じにしました。

912 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 18:42:48 ID:???
影だ…影だけが見えた
その黒い影が縫うようにクラスの間を走るとバタバタと人が倒れていった
その影の正体がちづ姉だと気付いたのは(後でだが)
31人が暴れている修羅場であたふたしてる私に彼女がこう言ったからだ
「夏美も来てたの?残念だったわね」
「え?あ?」
「今年、挿すのは私だけよ」ヒュッ
これ以上ないという程正確かつ素早く尻に対して葱を挿されたもの…と医者は診断した
知り合いの八百屋に「人間技じゃねェ」と言われたよ

913 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 18:48:24 ID:???
超一味による、ネギ一味への圧倒的勝利……。
信じられない、という表情のネギ一味に対し、超は落ち着き払った表情で、一言言った。

 「さっちゃんが一晩でやってくれました」

914 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 19:00:37 ID:???
ちょwwwwさバンニwwww

915 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 19:02:06 ID:???
ハンター×2とデスノキタコレww

916 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 19:40:59 ID:???
釘宮「3年…長かったような短かったような…。ここで皆さんに言っておかねばならない事がある」

釘宮「私は『本気刈爆弾魔』だ」
ざわ‥ざわ‥どよどよ
柿崎「お、おい一体何を」
釘宮「まあまあ聞いてくれ。これは他のチアメンバー2人も知らないことだ
   決して彼女ら2人は私の共謀者ではないので問いつめないでやってくれ」

917 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 20:20:46 ID:???
サブとバラは一体誰wwwww

918 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 20:45:51 ID:???
チア2人でなければ妹2人だな
で、エヴァと、エヴァが鍛えたネギ&コタローにボコボコにされる(1人はババァ……でなく大人モードのエヴァに)

919 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 22:00:56 ID:???
>>916を見て描いた。反省はしてる。
http://p.pita.st/?zecwp9cl

920 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 22:17:00 ID:???
>>919
最恐じゃねぇかwww

クーフェイマンは雑魚の中では強い部類なんだな

921 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 23:16:43 ID:???
そんなバットの殴り方があるかww

922 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 23:27:57 ID:???
葱×小太
ネギ×コタ
ねぎ×こた
小太×葱
コタ×ネギ
こた×ねぎ

コタ「その…ネギ……、好きや!!」
ネギ「小太郎君、僕もだよ…」


パル「き…決まりだ!パルノート、本物だ!!」

923 :マロン名無しさん:2006/06/11(日) 23:52:41 ID:???
ちょwwパルノートktkrwwきっと同姓カップリングしか無理なんだろうなw

924 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 00:31:10 ID:???
超「私は新世界の神になるネ」

925 :基本的に傍観キャラだから・・・:2006/06/12(月) 00:40:30 ID:???
エヴァ「ククク・・・人間とは面白いな!」

926 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 00:49:19 ID:???
N?「私がネギです」

927 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 00:54:09 ID:???
N田「私がNです」

928 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 01:09:22 ID:???
美空「味噌ラーメンなんて食えるかぁー!」

929 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 01:10:59 ID:???
 ド ン !!

パル「馬鹿〜!
刹那さん 誰を狙ってるの!!ふざけるないでよ!」

刹那「…みんなに…汚された… 私は…一体何の為にお嬢様を守ってきたんだ…
    何度も絶頂に達して…馬鹿を見たで済ますのか… 犯す…こいつは犯さなきゃ駄目だ!!」

ゲシッ!ゲシッ!

このか「止めてえなせっちゃん…!!」

パル「うぅ〜ハァハァ… 夕映!何してる! 書け!パルノートにパル総攻めを書け!」

夕映「ぐは…か…書けるか…こんな状態で… 何故私をこんな目に遭わせるです…!
   あんたなんか同人界の神じゃないです! 腐った女子です!」

パル「龍宮さん…龍宮さんはどうした〜!」
那波「龍宮さんは尻ネギしちゃったわ」

パル「うぅ…そうだエヴァちゃん… エヴァちゃんがパルノートに総攻めを書いて…!!」

エヴァ「ああ…書こう ただし書くのは早乙女 お前の総受けだ…!」

パル「ば…やめて!!」

 ド ク ン 

パル「ち……ちくしょう」

930 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 01:46:22 ID:???
切れ味落ちてるな

931 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 02:36:58 ID:???
埋め立て代わりに、適当にカプに質問してみるか
【あなたの恋人・想い人のイイところを挙げて下さい】

ココネ 「…………恥ずかしがりやなトコロ、トカ」
雪ちゃん「んっと……はる樹くん、色々手伝ってくれるから……」
はる樹「え? ココネは……なんか神秘的って言うか、その……」

932 :銀ちゃん:2006/06/12(月) 03:34:11 ID:???
あーもしもし、ケーキ屋さん?
かぶき町の万屋銀ちゃんに特大ケーキとまき絵ちゃん届けてください

933 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 05:47:15 ID:???
>>932
こういうのはたまにあるから面白いだけで

934 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 07:09:04 ID:???
梅ついでに大昔のSSが発掘されたのでうpしてみる
修学旅行時の話なんで歴史を感じる代物ですが、ヒマつぶしにどーぞ
http://www.uploda.org/uporg415432.txt.html

935 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 07:15:36 ID:???
>>934
これは良いものだ

936 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 08:06:56 ID:???
GJ!
修学旅行編でかかれなかっただけで実際にありそうな話だな

937 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 09:22:43 ID:???
>>934
なかなかイイな。てかああいうイベントっていくらでも裏がありそうで面白い

938 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 10:10:54 ID:???
修学旅行か、案外ネタの宝庫かもな


939 :魁!麻帆良学園:2006/06/12(月) 12:37:56 ID:wWb/IbMz
五月 ひまですねハカセ。
ハカセ「うん、なんかこう、茶々丸がバイクにでも乗ってたら面白いけど・・・」

ブーン

五月、ハカセ(乗ってる!」

ブーン     ガシャーーーン!!

ハカセ、五月「「まさか!」」

五月 こ、壊れてる!
ハカセ「バラバラだ!」
五月 さっきも言おうとしたのに、ヘルメット着けてないから・・・
ハカセ「そんな事より早く修理しないと!」

=修理終了=

茶々丸「バルン、バルン、ばっばっばっばっばっばっば」

ハカセ、五月「「こんな人しらねーーー!!」」

940 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 13:17:25 ID:???
もしもネギまの世界に2ちゃんがあったら

1:刹那マジ総受けwwwwwwww 13人目(886) 2:新田総合 その20だアッー!(365) 3:今の古より総受けなものを挙げて
百合するスレ5(153) 4:タツミー姉ちゃんと戦うスレ 10(703) 5:刹那マジ総受けwwww 12人目(1001)
6:こ→の→せ→つ 完成で百合百合(75) 7:クーフェイマンして1時間以内にドゴォ!されなかったらネ申 8(644)
8:新田総合 その19だアッー!(1001) 9:刹那マジ総受けwwwww 11人目(1001)
10:夏美空(5) 11:春日美空と空気を乗り越えてゆくスレ 2hPa(80)

941 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 13:26:07 ID:???
刹那スレ速すぎだろwwwww

942 :940:2006/06/12(月) 15:27:34 ID:???
>>941
刹那スレは美砂スレの数倍の速さで進んでるかもw

ちょうしにのってもう一発

1:生教の質問カードうpスレ 4ノ宮(533) 2:留学生多くね?(35) 3:現役中学生の
腐女子だけどなにか質問ある? 4:どう見てもカルピスですのガイドライン 3(693)
5:性転換ラブひな 2(79) 6:幸せについて百合棒出して考えてみた(489) 7:3−Aに
ロボがいる件(4) 8:くぎみーとかクギミンとか呼ぶ奴ちょっとこい(7) 9:魔法少女リ
リカルこのか(3)

943 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 15:52:32 ID:???
503:春日美空ってカワイくない?(3)

↑dat落ち

944 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 15:54:29 ID:???
>>943
吹いたww

945 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 17:19:22 ID:???
ネタ拝借。この手のネタは難しい&梅

こ→の→せ→つ 完成で百合百合
1:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:00:00 ID:3A13
  いくえ〜

  こ

2:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:00:52 ID:3A27
  の

3:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:01:02 ID:3a14
  ぱ

4:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:01:05 ID:3a21
  る

5:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:01:24 ID:3a09
  ラッキー7なら美空さんがメインヒロインに

6:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:01:30 ID:3a21
  あらあら

7:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:02:00 ID:3a08
  パルおめ

8:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:04:19 ID:3a10●
  5がみえない

10:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 18:05:22 ID:3A13
  や〜んフリーズしとる間に〜

946 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 17:55:45 ID:???
IDでどれが誰か丸わかりだなwww

947 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 17:58:42 ID:???
茶々●ワロスwwwwwwwwwwwwwwwwww

948 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 18:37:00 ID:???
9が消えてる・・・・・・

949 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 18:44:37 ID:???
ネギ「いやー、イングランド快勝。今日は日本ですね」
明日菜「ネギ、あんた今日は静かに見てよね」
ネギ「えっ、そんなに騒いでましたっけ。僕」
明日菜「はぁ?イングランド戦の時英語でわめきまくってたじゃないのよ」
木乃香「まあまあ、ネギ君もサッカーの母国出身やしおまけにその国の試合やしなぁ」
明日菜「でもねぇ・・・」
ネギ「そう言われればそうだったかも。すみません・・・」
木乃香「さて、遅くなるさかい寝坊に注意やなぁ」
明日菜「あ、バイトに響くな・・・よし、徹夜しよーっと」
カモ「姐さん、そう言う問題じゃ・・・」

頑張れ日本!!

950 :さらに便乗:2006/06/12(月) 18:47:17 ID:???
11:愛衣:2006/6/12(月) 18:12:24 ID:OnEsyAMa
なんで9がないんですか?

12:魔法先生ナナし!:2006/6/12(月) 18:13:59 ID:3a25
とりあえずメ欄にfushianasanといれろ。話はそれからだ

13:魔法先生ナナし!:2006/6/12(月) 18:14:29 ID:3a08
11
葱板初めて?9は存在しない数字なんだよ

14:愛衣:2006/6/12(月) 18:17:39[houkigatomodachi@halfpants] ID:OnEsyAMa
>>12<br>こうでいいですか?教えてくれてありがとうございます<br><br>>>13<br>教えてくれてありがとうございました

15:魔法先生ナナし!:2006/6/12(月) 18:17:41 ID:3A25
近年稀に見るバカm9(^Д^)プギャー

16:魔法先生ナナし!:2006/6/12(月) 18:19:22 ID:3a15
以下、何事もなかったかのように再会


17:魔法先生ナナし!:2006/6/12(月) 18:19:24 ID:3a15


18:魔法先生ナナし!:2006/6/12(月) 18:19:27 ID:3a15


19:魔法先生ナナし!:2006/6/12(月) 18:19:31 ID:3a14






951 :945:2006/06/12(月) 18:55:11 ID:???
素で9が無い事に気づかなかったwww

>>950
愛衣キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

952 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:07:51 ID:???
○ばさんと言って1時間以内に葱挿されなかったら神 part12

1:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 19:53:02 ID:3a14
まだお尻が痛いけど懲りずに次スレ立ててみるテスト
□ルール
 1.「○ばさん」と書き込みます。○の中身は文字1文字。特定の1文字の場合だけ葱挿されます
 2.「○ばさん」を見つけたら、そのレスにアンカーをつけて葱挿します
 3.「○ばさん」と書き込んでから1時間放置されたら神です
 4.「なばさん」と書いてあるのに間違えて葱挿したら、逆に挿し返されます(2倍返し)
「お」はアルファベットの「O」「o」でも可。数字のゼロや記号の丸などのひっかけに注意。
ではレッツスタート! 早速。
    おばさん

2:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 19:53:22 ID:3a31
>1 つ 葱

3:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 19:54:02 ID:3a07
あんな目に合ったってのに無茶しやがって……!  >1の散りざまに敬礼!

4:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 19:55:01 ID:3a01
えーっと、「かばさん」。これでいいんですか?

5:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 19:55:59 ID:3a03
どれくらいで気づかれるかな

6:魔法先生ナナし!:2006/06/12(月) 19:55:59 ID:3a02
>4-5 なんか時間表示おかしくない? まさか心霊現象?

7:真・ネギサシストッパー( ̄ー ̄)ニヤリ:2006/06/12(月) 19:58:43 ID:3a21
真・ネギサシストッパー( ̄ー ̄)ニヤリ

(以下スレスト)

953 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:09:48 ID:???
ちう「あ、ザジ。これからコスプレの材料買いに行ってくるから埋めといてくれ」
ザジ「わかった。ちうのためにがんばる (`・ω・´)」




ちう「ただいまー。」
ザジ「ちうおかえり!(≧▽≦)」
ちう「あれ?私のパソは?」
ザジ「裏庭に埋めてきた(´∀`)」
ちう「な、なにー!?」
ザジ「ちうどうしたの?( ´・ω・`)」
ちう「いや、ザジに頼んだ私が悪かった…」
ザジ( ´・ω・`)?

954 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:10:07 ID:???
>>952
ありゃ、素で間違えた。3レス目を55分にして6レス目のアンカーを>3-4にしたつもりが

955 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:15:24 ID:???
ザジの河原

ザジ「ひとつツンデレちうの為、ふたつツンデレちうの為…」
そういいながら石を1つ1つ積んでいくのだけれども、
完成しそうになるとツンのちうが壊してしまう。

でも本当は完成すると離ればなれになっちゃうからそれがイヤなちうなのであった。

956 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:25:16 ID:???

超 「私の勝ちネ!」

ハカセ「私たちの勝ちですね〜」

明日菜「……なんか、改めて言われるとすっごいムカツクんだけど」
木乃香「えーと、じゃあ、ウチらの負けや〜」
明日菜「そこッ、嬉しそうに敗北宣言してるんじゃないわよ!」

罰ゲームの、田中さんビーム! 敗者は1枚服を脱がされた!

明日菜「くッ……! まだまだ行くわよ! さっさと牌並べる! 次は負けないんだから!」
朝倉 「はいはい、オッズは相変わらず超一味チーム有利だよ〜!」
明日菜「そこのギャラリー! 人の勝負をネタに賭け始めてるんじゃない!」
千雨 「ったく、何で脱衣麻雀勝負になってるんだよ……」

957 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:31:45 ID:???
朝倉「ヤッホー!ちうちゃん」
ザジ、ちう
( ゚д゚ )( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/
  \/     /
朝倉「こっちみんな!」

958 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:36:05 ID:???
R・絡繰茶々丸「やは。あ〜る絡繰茶々丸くんだよ。」

ハカセ 「私は学会にふくしゅうしてやるんだぁ〜〜!」

明日菜「お前ら何をやっとるか〜!(スパーン!) まーかせて!(ビシィッ!)」

959 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 20:47:13 ID:???
ナバちゃんかぞえうた

ひとつ人より老けていr(グサァ

960 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:01:02 ID:???
【ネギ屋】なばがケツに刺せばいいんじゃね?14

961 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:02:48 ID:???
今夜はワールドカップ! あなたの胸は何カップ?
風香「AAもねェよ」

962 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:11:42 ID:???
>>961
(´・ω・`)・・・


(´:ω;`)ブワッ

963 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:16:21 ID:???
>>961
あやか「風香さん……胸なんて飾りです」
楓「エロい人にはそれがわからんのでござるよ」

風香「ならおめーらの乳よこせよ」

964 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:22:19 ID:???
ハカセ 「というわけで、作ってみました『おっぱい吸引強奪マシーン!』」
風香 「何これ。なんか漏斗みたいなのが4つ生えてるけど……?」
ハカセ「このうち2つを、胸の大きな人に取り付けてですね。残る2つを、おっぱいが欲しい人の胸に取り付けます」
風香 「ふむふむ」
ハカセ「そしてスイッチON! すると、大きい人から吸い取って、小さい人のおっぱいがその分だけ大きくなるのです!」
風香 「おーすごい!」
ハカセ「他人事じゃありませんからー。で、早速実験です! 手近なところで、楓さん!」
楓 「ちょっ、待つでござる、拙者の胸を奪おうなど……!」

ハカセ「……被験者の胸が大きすぎて、装置に収まらなかったです orz 」
風香 「だめじゃん」

965 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:34:26 ID:???
風香「じゃぁ、キョヌーは諦めて美乳を狙おうか」
聡美「ちょうど私たち二人分の乳がやって来たましたよ……ふふ」


千雨「……なんだ、今寒気が……」
ザジ「?」

966 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:42:59 ID:???
                っ
        _, -ヘ.:,ィ'`‐-、 つ
       /::::::::::::∨::::ヽ::::\
      ,イ.:/.:::/.:,ィ::::::,ヘ:::i、.:.、.ヽ
     〃:.,'.:.:./.:/  ̄ u ヽ!i:::し -、
     ,' i::イ::::ム!レ'   `¬‐:{   ヽ
      |:l!l::::| |!,、   ,. _,」 キ    ヘ
     ヾト:::| '" `   ´  ヽ!ト.   i
        !!: :ト、   ___   ノi:::ト、  ',
      i:|::::「:i:..、 !  ノ ,ィ:::l:::l i   l
       l:|::::|::|:!::i> ._, イiリ:::i::::| |   i
       !:|::::|::リ:ノ」    i:!」:i:」::::! !   ',
     j::i:::::! '´コ!   ヾ_ `| :::ト !   l
     ノrl:::::j  7,`ヽ  '´ヽヾ:::::!. i     i
    〃i ヘ;∧ !i       ヽヽヾ!    !
    {:{:| /::/ ノ」、 ヾi     〉ヾ」、  .丿

967 :違ってるかな……:2006/06/12(月) 21:44:33 ID:???
ハルナ「胸って脂肪のかたまりなのよね。
    つまり胸が大きいって事は脂肪が付きやすいって事で、
    脂肪が付きやすいって事は太りやすいって事な訳よ。
    だから部屋にこもりっきりでろくに運動とか
    してなかったりするとあっという間に……
夕映「誰の事ですか」

ハルナ「………」

夕映「えっと…あの……
  (てっきり那波さんとかのことかと。
   ちゃんと気にしてたんですね)

968 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:46:27 ID:???
>>945
>>950
>>952
かなりワロタ
反応遅くてスマソ

969 :マロン名無しさん:2006/06/12(月) 21:46:52 ID:???
                      _
                     / ヽ   , ‐ 、
                      /     !/   ヽ
                    ' ,ィ ─┴─┬.、 !
                   ,.ィ'´ニー──‐ '" _ヽ
                 / / /   ̄ ̄ ̄    ヽ      私
                      ,' / /   ハ. i    iト   ト,      の
                 ! i. ,' ヽ'/ハ.‖   !|!ハ   !.l    こ
                 ,'| |│ /__丶l |! ,.クレヘ ! l !    と
                ,' | |│ ト、  ̄`爿ニ'´ ̄ フ、 ',      か
                / ! ! l i│ヽ-' ー! ヽ丶-ク } i    ?
                 / ,バ/ 六 `7 ̄ヽ ヽ冫  j l l    
                  / / ,ハ‐ ムミL>こ¨/⌒{  ,イi ! ヽ
               // / / /    ン└ァ´ヽ  ヽ!,. -、 ハ
            // / / ハ   〃  / 、  ヽ. ノ  ノ  ヘ
             / イ / / // ヽ ト   ゝ 丶.ノ´ ` 7ヽ  ヘ
    _,  -─_,´-'´ / / / //! ハ ヽL>‐┬イ_, ─‐、'"  \ ヘ
../ ̄_, '´ ̄   / / / //│! レ     ∨     ゝ    丶 i
,'  /       / .イ / // .| | {      ヽ.    j ヘ    ヾ
 ./     / / /〃//   | | ヽ    丶 ヽ  //ハ 「丶-- ' ト、

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)