5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【死者続出!?】ぷーやん強さ議論スレ9【黄金聖闘士】

1 :マロン名無しさん:2006/12/13(水) 20:46:28 ID:???
神 ルシフェル 最終波平(仮名) サタン 小池さん リミッター最終解除波平
 
SSS キテレツ斎様 カツオ(リミッター解除) 勇次郎(雷禅統合鬼の貌) ※覚醒マスオ ※アナゴ完全体 ベリアル

SS サザエ(おちょこちょいモード) ベルゼバブ フネ ※黒タラ 

S ※妲己 ※しずかちゃん 海平 ※MAX躯(仮名) ※前田慶次 カカッパ 雷禅 勇次郎 ※ナタク ※ベジータ ※グリフィス

A  ヤムハン ※本部(若返り) 悟空 出来杉(中島?) ハドラー バーン ※黄泉 ※味皇 ※黄金聖闘士A(サガ・シャカ・老子)

B  ※貴人 ※海原雄山 ※黄金聖闘士B(その他) 躯 ※英一 ※刃牙 ※幽助 飛影 ネテロ ブラックマジシャン

C  ※ぷーやん ※メルエム ハルピコ クリリン ※3戦士 ハドラー親衛隊 ※アライJr ※黄金聖闘士C(蟹・魚)

D  ※丘引 ※紫龍 ※黄天化 ジャイアン(変身後) ※ブタゴリラ スネ夫(ラジコンアーマー装着) ナッパ タラオ

E  天津飯 九十九 ブラックマジシャンガール ドラえもん 勉三さん ※トンガリ ※ミミズ 白銀聖闘士 コロ助

F  からくり武者 エスパー魔美 量産型コロ助 ワカメ のび太 ヤムチャ(足元がお留守モード) 一般青銅聖闘士

G  蝿 堀川君 本部 真中
※のキャラクターの位置・サタンの部下のランク分けは要議論  
まとめサイトhttp://www.geocities.jp/puyanmatome/

94 :マロン名無しさん:2006/12/24(日) 04:10:25 ID:???
けど単純に考えてもC〜Dランクの天さんとヤムチャがフュージョンしてAランクになるから
ベジータと悟空だったらSSSランクかSSランクには行くと思うんだが

95 :マロン名無しさん:2006/12/24(日) 10:28:37 ID:???
融合したらSS級は余裕だろ
単体でもベジータS、悟空Aでそれから成長してるし
SSSに食い込んでいるかどうかってところじゃね

96 :マロン名無しさん:2006/12/24(日) 16:45:56 ID:???
SSSはパワーアップしすぎだろ

97 :マロン名無しさん:2006/12/24(日) 17:28:23 ID:???
SSSの壁は厚いが割と範囲は広い気がする
ベジータとゴクウが融合してもマスオ、アナゴ超えるとは思えんし
マスオ、アナゴが融合してもキテレツ斎様超えるとは思えん

98 :マロン名無しさん:2006/12/24(日) 22:00:28 ID:???
SS級ってメンバーが少ないよな

99 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 09:08:10 ID:???
S級のメンバーを昇格させるか何かした方がいいのかな

100 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 10:35:50 ID:???
仙人との戦いに白銀や青銅は参加しないのかな?
まぁ白銀は絶滅寸前だが。

101 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 15:09:17 ID:???
S級やSS級は早退評価だから、人数のバランスを見て入れ替えして問題ナッシン。
要は強さの順位だろ。
しかしSSS級からSS級への降格は揉めそうな悪寒。

102 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 20:42:54 ID:???
妲己・しずかちゃん・海平・MAX躯(仮名)あたりはSSにしてもいいかもな。
でも多分慶次とかも強くなってるかもしれないしそしたら今度はSSが多すぎってなりそう。

103 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 21:56:30 ID:???
そのかわり、開悟フネ覚醒マスオが神入りするだろう。

104 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 22:09:50 ID:???
最初に神入りはキテレツ斎だろ
常識的に考えて

105 :マロン名無しさん:2006/12/25(月) 23:17:24 ID:???
カツオと勇次郎は確率低いな。
俺の勘がそう言っている。

106 :マロン名無しさん:2006/12/26(火) 01:03:38 ID:???
カツオは安定して好調時の力を出せれば一番神に近いんだろうが
ありえなそうだからな…

107 :マロン名無しさん:2006/12/26(火) 08:11:09 ID:???
最近のカツオのヘタレっぷりにも困ったもんだな

108 :マロン名無しさん:2006/12/26(火) 10:30:06 ID:???
だがそれがいい。

109 :マロン名無しさん:2006/12/26(火) 10:43:23 ID:???
揺れ幅が魅力だよなカツオが肉体スペック完全に引き出しちゃったら最終波平になっちゃうし

110 :マロン名無しさん:2006/12/26(火) 17:28:48 ID:???
黄金聖闘士と十天君のバトルマダー?

111 :マロン名無しさん:2006/12/26(火) 23:06:17 ID:???
十天君からカマセ臭がする俺ガイル

112 :マロン名無しさん:2006/12/26(火) 23:40:44 ID:???
それよか下がりすぎじゃね?

113 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 02:49:00 ID:???
さがってて困ることは何もない

114 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 09:26:00 ID:???
下がりすぎたら落ちない?
それはそうとクリリンと天津飯の描写マダー?

115 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 11:29:04 ID:???
落ちるのは書き込みが無いとき
スレの位置は関係ない

116 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 12:29:59 ID:???
三日ぐらい書き込みが無かったら消えるんだよな、たしか。

117 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 16:05:40 ID:???
勉強になるなあ。
ところで海皇参戦の可能性は無いか?

118 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 22:11:44 ID:???
当然のように参戦する意思を見せないからなー。
海皇参戦はないんじゃね?

119 :例のバレ師:2006/12/27(水) 22:22:26 ID:???
なぜか、今年は早くも6・7合併号のバレが来たようです。
大増ページにつき、先週と同じく2回に分けて投下します。

後半は明日…ひょっとすると夕方ぐらいの早い時間になるかも
しれませんが、もしかすると明後日になるかも…??

相変わらずこの時期は予定が不透明ですが、とりあえず前半3スレ
投下いたします。

120 :バレその1:2006/12/27(水) 22:25:17 ID:???
場面は、カツオとワカメが根城にしているラブホテル。
天井から吊されているモニター画面が暗転する。
貴人「通信が切れたわ、妲己姉様 ジョカ様と同類の2人も、やっぱり化物みたいね…」
ワカメ 「でも、あの人達に忠誠を誓えば、永遠の命をくれるそうよん?」
貴人「そう、だけど…」
ワカメ 「さあ! それよりわらわ達のお仕事をするわよん」
喜媚「お仕事ッ☆ って、何?」
ワカメ 「あはん、聞仲ちゃんを生け捕りにするのよん」
貴人「えッ、あの聞仲を!? それって、かなり大変じゃない?」
ワカメ 「そうねぇん でも、わらわ達には、一対一でも聞仲ちゃんと正対できる駒があるでしょ?」
シリンダーの中に入れられて眠っているカツオの姿。
貴人「あッ! カツオを囮にして、その隙に捕まえるのね!!」
ワカメ 「大正解 それじゃ、扉を開くわよん…
  雲霄ちゃんと碧霄ちゃんから抜き取った髄液を用意してちょうだい」
殺虫剤のスプレー缶のような物を持ってくる喜媚。
シュー と、そのスプレーを使い、空中にドス黒い霧を噴霧するワカメ。
空中に滲んだ霧が、黒い穴となる。
モニター画面に、ワカメではなく"妲己"の姿が映る。
妲己「あらん、ジョカ様とのお話は終わったのん?」
ワカメ 「ええ、次は聞仲ちゃんを捕まえる番よ そっちにカツオちゃんを送るから、自由に使ってねぇん」
喜媚「わーい! そっちの私、元気りッ!?」
妲己を押しのけるように、喜媚が顔を出す。
喜媚「元気だよッ☆ ねーねー妲己姉様、喜媚もカツオちゃんと一緒に帰るッ!!」
ワカメ 「あはん、それは無理なのよん 一度扉を通って世界を移動すると、通過時に肉体と魂魄にエネルギーの
  パターンがある法則性の下、固定されちゃって、戻れなくなっちゃうのよん」
喜媚「?」
モニターのを挟んで2人の喜媚の目が?になる。
貴人「偏光板を通した光を偏光板で見ると、真っ黒になるだろ? あれと同じようなもんだよ」
ワカメ 「雲霄ちゃんと碧霄ちゃんでパターン解析は進んでるから、初期化できる装置を作れば
  行き来できるようになると思うけどん…わらわ達に、そのヒマは無いわん」
喜媚「そっかァ…あきらめりッ」
空中に開いた仙界と繋がる黒い穴の中に、カツオの入ったシリンダーが挿入される。

121 :バレその2:2006/12/27(水) 22:28:24 ID:???
場面変わり、仙界、崑崙山。大広間で崑崙の仙人にもてなされている、金鰲の仙人達。
向かって中央奧に座る、姚天君と王天君。その脇に、五体の妖怪仙人。
その中には、碧雲を陵辱した犬頭(戴礼(タイレイ))と馬頭人身の妖怪仙人の姿も見える。
縦列に並んで座っている、崑崙山十二仙とヨウゼン、燃燈道人。
給仕の少女が、酒を注いで回る。
燃燈「ささ、御客人方 冷めぬうちに、どうぞお召し上がり下さい」
姚天君「う、うむ かたじけない…」
ピリピリと張りつめた空気。顔を見合わせる犬頭と馬頭。
王天君「ンじゃ、遠慮無くいただくぜ」
一息に盃を飲み干す王天君。
王天君「ほお…これは仙桃を百年熟成させた最上級のリキュールじゃねェか」
ヒソヒソ声(王天君はヨウゼンと交換に崑崙から来た人質だろ? アイツの盃が安全でも、
  俺達だけ殺すつもりかもしれねえし…なァ)
ジロッと左右を見、姚天君の盃も飲み干す王天君。
王天君「テメェら、ビビってんじゃねーぞ」
この一声を合図に、料理と酒にむしゃぶりつく妖怪仙人。
犬頭「ガルルル、うめェ! うめェ!!」
馬頭「ブヒヒン! この酒もなかなか…」
王天君「ところで、元始天尊や太公望の姿が見えねェが…」
燃燈「元始天尊様は封神台の維持の為、動けぬ 太公望は蓄積された疲労により休息中だ」
王天君「へぇ、太公望、崑崙山に帰ってきてんのか」
簾の影から様子を見ていた碧雲似の仙女が、走り去る。
場面変わり、明るい植物園のような場所にいる竜吉公主。先程の、碧雲似の少女が駆け寄る。
竜吉「どうしたのじゃ、赤雲 そのように慌てて…」
赤雲「見たんです! 金鰲の使者の中に…!! 妹の…碧雲の仇をッ!!」
竜吉「なんじゃと!? それは真実か」
赤雲「ハイ 私、あの子が最期に残した、宝貝の録音…何度も何度も聞きました
  間違いありません!」
再び宴の場面に。淡々とフォークを動かす崑崙の仙人達。妖怪仙人達はご満悦の様子。
そこに、赤雲を連れた竜吉公主が入ってくる。
赤雲「あの人達です!」
犬頭達を指差す赤雲。

122 :バレその3:2006/12/27(水) 22:32:48 ID:???
燃燈「姉上、どうされたのです?」
竜吉「うむ…先だって、わしの弟子・碧雲が何者かに惨殺された事件じゃが
  あの時、碧雲は現場の音を宝貝に録音して、最期の力を振り絞り、わしにそれを送った…
  その声の主が、ここにおる! …そこの犬頭と馬頭、お主らじゃ!!」
燃燈「なんだと!! よくもいけしゃあしゃあと、飯を食って…!」
髪を炎のように逆立てながら立ち上がり、マントを翻す燃燈道人。
王天君「ちょっと待てよ、証拠はあんのか?」
竜吉「言うたであろう、碧雲が現場の音声を録音しておる」
王天君「しかし、言っちゃなんだがこいつらのランクは金鰲でも中の下といった所だ
  その程度の奴等に好き勝手させるほど、崑崙のセキュリティは甘いのかよ?」
燃燈「それは…うーむ」
王天君「しかも崑崙には、変化の天才がいたよな そいつが罪をなすりつけようとしてたら…?」
ナイフとフォークを持ったままヨウゼンの背後に移動し、その肩を抱く王天君。
王天君「な、天才道士様」
怒りに顔を真っ赤に染めるヨウゼン。
ヨウゼン「失礼な! 侮辱するにも程があるぞ!!」
ヨウゼンの耳元に口を寄せ、囁く王天君。
王天君(おっと… お前だけに、いい事教えてやるぜ…太公望はな、敵の内通者だぜ?)
目を閉じ、鼻で笑うヨウゼン。
ヨウゼン(いきなりくだらない事を…師叔が裏切り? 揺さぶる気なら、もっとまともな嘘を吐くんだな)
王天君(嘘じゃねェけどな… そうそう、お前の親父、通天教主な ぶっ壊しといたぜ)
これには動揺し、王天君を睨むヨウゼン。
王天君(お前の大事な物は全部壊してやンよ 親父も、いずれはこの崑崙山も…)
ヨウゼン「いいかげんにしろ!!」
王天君の腕を振り払うヨウゼン。勢いで王天君の手から、ナイフがすっぽ抜ける。
スパッ 宙を舞ったナイフが、王天君の首筋を切り裂く。ほとばしる鮮血。
王天君「お…おいおい、ちょっと待てよ 殺されるような事言ったか、俺?」
道徳「いかん、まず止血を!」
服を引き裂き、駆け寄る道徳真君コーチ。
ドシュッ!! 光の塊となり、封神台へと吸い込まれる王天君。
姚天君「王天君!! おのれ…金鰲十天君の命を奪って、どうなるか分かっておろうな!?」
立ち上がり、吼える姚天君。後半に続く。

123 :マロン名無しさん:2006/12/27(水) 23:29:36 ID:w7AGhGim
>>120>>121>>122
キタ━―━―━ヽ(゜∀゜ )ノ━―━―━ッ!!
ネタバレ乙。
カツオもいい加減洗脳から醒めて欲しいな。
仙界もいろいろゴタゴタしてるようだけどようやくバトルが始まる気配が…。
それはそうと王天君が死んだのってブラフっぽいよね。

124 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 01:25:28 ID:???
カツオは最後くらいまで洗脳解けないだろ
バカだし

125 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 04:21:54 ID:???
バレ乙!
いよいよ仙界でもバトルが始まるのか
これからの展開が楽しみ

126 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 10:09:10 ID:???
十天君全員と黄金のガチバトルじゃないのか・・・
一人一人の実力は十天君>黄金?

127 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 10:47:54 ID:6ShkxiH5
バレ乙!
来てると思わなかった。
とりあえずあげ。

128 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 13:50:13 ID:???
雰囲気的に燃燈道人(とヨウゼン)だけで金鷲勢瞬殺しそうな勢いだな

129 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 15:53:36 ID:???
金鷲勢可哀相・・・でもないか

130 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 19:00:37 ID:???
むしろ今可哀想なのは青学レギュラーの中で空気の2人

131 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 21:45:45 ID:???
河村と大石?

132 :例のバレ師:2006/12/28(木) 22:03:18 ID:???
えっと仙界の、妖怪仙人の総本山は、金鰲(きんごう)島です。
鰲の字は、「ゴウ」あるいは「おおがめ」で変換できるかもしれません。
鼇の字が出る時もありますが、鼇と鰲は同じ文字(略字?)だと思われ。

それでは昨日の続き、ジャンプ6・7合併号のぷーやんバレ、投下します。

133 :バレその4:2006/12/28(木) 22:04:31 ID:???
場面は仙界、昨日の続き。ベッドの上、汗だくで起きあがる太公望。
太公望「騒がしいのう…」
窓の外を、封神台へと魂魄が飛んで行く。
太公望「あれは!! こうしちゃおれん!」
顔面蒼白なヨウゼンと、いきり立つ姚天君の間に、燃燈道人が割って入る。
燃燈「今のはあくまで事故だ 不幸な事故だったが…王天君側にも過失があったであろう?
  王奕(オウエキ)は崑崙山出身 私も非常に心が痛む」
姚天君「王天君は金鰲十天君の重鎮 そちらから出されたナイフに仕掛けがあったとすれば…?」
竜吉「何を言う!! 元はと言えば、悪いのはそちらであろう!!」
姚天君「えん罪だ! お前達がやったのか?」
ブンブンと横に首を振る馬頭と犬頭。
姚天君「なお、お前達には、雲霄三姉妹の拉致疑惑もあるのだ! こちらとしては、崑崙山を
  洗いざらい調べさせてもらわねば納得できぬわ!」
激しい口論の様子を、陰(廊下?)から見ている太公望。
太公望(結局、戦は止められぬ運命であったか…)
王天君の残した血だまりに落ちているナイフを拾うヨウゼン。
ナイフを、喉に突き立てる。
太公望「いかん! 早まるな、ヨウゼン!!」
ヨウゼンの首に、深々とナイフが突き刺さる。
倒れるヨウゼン。抱き起こし、ヨウゼンの手を握る太公望。
漆黒の髪のイケメン十二仙・玉鼎真人も駆け寄る。
太公望「しっかりするんじゃ、ヨウゼン! お主はまだ死んではならん!!」
ヨウゼン「師叔(スース)…師匠… せめてもの…お詫びに…」
太公望の腕の中で、ヨウゼンの全身が光の粒子と化し、封神台へと飛び去る。
茫然と、空を抱きしめる太公望。
太公望「わしの…責任じゃ…」
玉鼎「そんな事は無い、自分を責めるな、太公望!」
ユラリと立ち上がる太公望。
太公望「何が起こったか、大体察しはつく… そして最早、わしらも振り上げた拳の
  落としどころが無くなってしもうた 姚天君よ!
  崑崙山は、全力を以て金鰲島を叩く! 戻って伝えよ、そして迎撃の準備を固めよ!
  この元始天尊の一番弟子、太公望が代理として告げる 宣戦布告じゃ!!」

134 :バレその5:2006/12/28(木) 22:05:59 ID:???
燃燈「太公望…」
何か言おうとする燃燈道人、遮る太公望。
太公望「こうなる事は、既に元始天尊様もご存知なのだ」
シュ〜…王天君とヨウゼンの消えた辺りから煙りが上がり、床に黒い穴が開く。
竜吉「これは!! 皆、気を付けよ、この中に落ちては戻って来れぬぞ!」
しかし、物珍しそうに穴に近寄る妖怪仙人達。
妖怪A「へぇー、これが噂の次元の穴かぁ」
ドン その長い両腕で、犬頭と馬頭を突き飛ばす姚天君。
犬&馬「え…? 助けてェー!!」
二匹は穴の中に落ちて行く。
太公望「お主、何故仲間を…」
姚天君「正味の話、奴らが…いや、王天君が何の策謀も巡らせていなかった、とは言い切れぬ
  よって、疑わしきは罰しておいた 戦うからには正々堂々とやろうじゃないか」
太公望「うむ、首を洗って待っておれよ!」
物騒な言葉とは裏腹に、爽やかな顔で握手する太公望と姚天君。

場面変わり、聖域(サンクチュアリ)・教皇の間。分厚いレポートに目を通している教皇シオン。
その机の上の、アンティークな電話が鳴る。
教皇「おお、ウィンド! 今、どちらに?」
高槻「現在、中国から米国に移動中です 転送端末を運ぶ途中、中国で相応しい人材と遭遇しまして
  …その者達に、二機の端末を託しました」
教皇「そうでしたか 卿が直々に見てそう判断したのならば、問題無いでしょう
  すると…卿と私の持つ二つにミロ、サガ、シャカ、ムウ、それに帰順した仙女、クイーン殿」
メモを広げる。
教皇「それに魔王バーン、Mr.アンチェインで9つ これに中国で託したという2つを合わせて、
  超越者と闘う戦士は現在11名 どうでしょう…優秀な戦士を集めるのは当然だとしても…
  相手の特性が不明なので、もっと幅広く…例えば、搦め手の得意なタイプも必要なのでは?」
高槻「猊下 転送候補者が増えれば、封神台が必要とするエネルギーの総量も増えるそうです
  すると、そのエネルギーを稼ぐ前に宇宙が衝突してしまい、手遅れになるリスクが増します
  人員増強は、そのリスクとのトレードオフ、という事です」
教皇「うーむ リスクを考慮するならば、できる限り急ぐべき…と」
高槻「それと話は変わるのですが、私の転送端末はある人物に譲りました」

135 :バレその6:2006/12/28(木) 22:07:09 ID:???
教皇「なんと!? 貴方以上の人物がいるのですか!? いや、それにしても、ウィンド、貴方は
  絶対に必要な御方 端末の在庫が不足したのならば、私の持っている端末を…」
高槻「いえ、私が持っていてもおそらく宝の持ち腐れになる…そんな予感がするのです」
教皇の間の扉がノックされ、雑兵が入室する。
雑兵「黄金聖闘士・アルデバラン様が、仙界からの捕虜を確保し、帰還しました!」
場面変わり、聖域(サンクチュアリ)の結界外に広がる街。レンガ造りの小さな病院。
ベッドに寝ているエネル。前回のやつれきった状態と比べ、少し回復しているようだ。
開悟フネがリンゴを剥いている。
エネル 「貴様、いつまでこうしているのだ?」
フネ 「んー… ちょくちょく家に帰ってたんだけどねぇ 誰もいないんだわ
  サザエとタラちゃんは、どうも魔界にいるようだし
  ワカメが少し怪しい感じだけど、カツオも一緒みたいだからなんとかなると思うし…」
剥いたリンゴをエネルにやるのかと思ったら、自分で囓る。
フネ 「…私も、あんたと同じなのかもね」
窓の外を眺めるフネ。何かに気付く。
フネ 「あら、この感じ…どこかで…」
石畳の道を歩いている、慶次の後ろ姿。

場面変わり、オーストラリア。砂漠にそびえる一枚岩の麓に、簡易十二宮が設営。
それぞれ、貸倉庫のような簡素な外見。
福引きのガラガラを回すミロ。
ミロ 「ふむ、一番は磨羯宮(仮)に決まりだな」
ムウ 「こうして陣を引き、落ちてきた仙人を各個撃破 ある程度のエネルギーが封神台に
  蓄えられれば…この転送機を持っていない聖闘士が全員自害し、そのエネルギーで
  一気に封神台を起動させる 完璧な作戦ですね」
周囲が薔薇で埋め尽くされた双魚宮(仮)、ジョウロで水やりしているアフロディーテ。
アフロディーテ「フッ それにしても、ここは乾燥しすぎて良くない 花にも、私の美肌にも…」
アフロディーテが影に覆われる。見上げると、空中に黒い穴。
そこから落下してくる、馬頭と犬頭の妖怪仙人。
犬頭『ガルルル、ここはどこだ!? 暑い、暑いぞ!!』
アフロディーテ「お前達、運が良い…ここが本物の双魚宮ならば、今頃デモンローズの芳香によって
  命を落としていたところだ」

136 :バレその7:2006/12/28(木) 22:09:44 ID:???
馬頭『なんだァ、このオカマ野郎!! やっちまうぞ、戴礼(タイレイ)!』
アフロディーテに襲いかかる二匹の妖怪仙人。
一輪の薔薇の花をくわえるアフロディーテ。
ドウッ 二匹の行く手の地表に、深々と亀裂が走る。思わずストップする二匹。
シュラ 「お前達の相手は、この俺…山羊座のシュラだ 一番は磨羯宮と決まったのでな」
アフロディーテ「そうだったな お前の研ぎ澄まされた四肢、存分に振るうがいい」
犬頭『邪魔するか!? 邪魔者は咬み殺すッ!!』
牙を剥き、シュラに噛みつこうとする犬頭。体の中心に一本の線が引かれる。
サガ 「何時斬られたかも分かるまい…奴の手刀はいかなる物も断ち切る黄金の刃…人呼んで」
手刀を振り上げカッコつけているシュラ。シルエットで真っ二つになる犬頭。
サガ 「聖剣・エクスカリバー」
馬頭『テメェ、よくもッッ!!』
飛びかかろうとする馬頭。その目前を、ひとひらの雪が舞う。
馬頭『こんなに暑いのに…雪…? あれ、体が動かねェ…?』
カミュ 「磨羯宮の次は我が宝瓶宮、目標は二体 …即ち、この馬の相手は私という事」
ミロ 「水瓶座のカミュは、小宇宙(コスモ)を高める事により、分子の動きを止め、凍結させる」
ピキピキと全身が凍り付く馬頭。
カミュ 「そう、これぞ我が凍結拳…ダイヤモンドダスト」
拳を横に突き出し、ポーズを決めているカミュ。その背後で砕け散る馬頭。

場面は再び仙界。丸っこい図体のロボットが、ずらりとならぶ。
玉鼎、懼留孫、広成子、黄竜、慈航、道徳、赤精子、太乙、道行、普賢、文殊、霊宝。
それぞれに十二仙の名が記され、後頭部に十二仙が乗っている。
元始「宝貝ロボ、黄巾力士が勢揃いすると、圧巻じゃのう」
太公望「それではお師匠、行ってまいります」
飛び立つ12体の黄巾力士。ちなみに太公望は普賢のロボに相乗りしている。
朝歌で執務中の聞仲、ピクリと反応する。
聞仲「これは…崑崙山の仙人共め、何をするつもりだ」
黒麒麟「軍事行動でしょうな 宝貝を使った大戦争になるでしょう」
聞仲「お前もそう思うか…殷の民の安全を脅かす行為は、看過できぬ 行くぞ、黒麒麟!!」
鞭を手に黒麒麟の背に乗り、出陣する聞仲。ジャンプ8号に続く。
…というわけで、今年のバレは終了です。皆様、よいお年を。。。

137 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 23:31:55 ID:jA+19ZyL
>>133>>134>>135>>136
キタ━―━―━ヽ(゜∀゜ )ノ━―━―━ッ!!
ネタバレ乙。
ついに仙界でも戦争が起きるようだね。
それにしても黄金聖闘士強いなー。
妖怪仙人瞬殺じゃん。


138 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 23:50:14 ID:???
まあ雑魚みたいだしな。
それよりウィンドが端末を渡した相手が知りたいぜ!

139 :マロン名無しさん:2006/12/28(木) 23:55:54 ID:???
シュラが活躍してるじゃないか
ありがとうバレ師また来年

140 :マロン名無しさん:2006/12/29(金) 09:53:49 ID:???
>>138
慶次じゃね?
何か似てるし、雰囲気

141 :マロン名無しさん:2006/12/29(金) 18:43:01 ID:???
また大量に死人が出そうな展開だな。
ぷーやん世界は地獄だぜ。

142 :マロン名無しさん:2006/12/29(金) 21:56:46 ID:3QtVPxH/
犬頭と馬頭は魚以下だったのか
魚がえらく余裕をみせていたが・・・

143 :マロン名無しさん:2006/12/29(金) 22:10:50 ID:???
スレタイと違って黄金は全滅しないのか?

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)