5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【来年は完結?】前原滋子・4【永遠の誘惑】

1 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 16:10:56 ID:???0
休載が多くても、絵やストーリーが色褪せてゆくばかりでも、
それでも完結を見届けたくなる、「永遠の誘惑」…連載開始から7年6ヶ月。
凪子・睦月・マリエの動きにイライラしてる人も、如月の幸福を願う人も、
マターリと語りましょう。

その他、前原滋子作品に関することなら何でもOK。

   ・前スレ↓          2004/04/28ー
前原滋子 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1083138330/
 臨時の過去ログ置き場 http://yukiyuki.united.net.kg/ch/oldlog/m2/maehara_log0509.html

過去スレと参照リンクは>>2を参照、単行本作品案内は>>3-10あたりを参照。

2 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 16:15:05 ID:???0
   ・過去ログ・関連スレ
前原滋子さんって知ってますかー   2000/09/22ー
  http://piza.2ch.net/gcomic/kako/969/969588282.html
前原滋子              2001/03/02ー
  http://salad.2ch.net/gcomic/kako/983/983530959.html
前原滋子 「永遠の誘惑」      2002/07/31ー
 http://comic.2ch.net/gcomic/kako/1028/10280/1028041821.html
【ビーラブ】BE-LOVE(2)【続編てんこもり】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1125728467/
【早売りゲッター】総合スレ・六冊目【ネタ ゙レ】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1121865354/
少女漫画 図書館 Part8
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1118906725/

   ・参照サイト
BE-LOVE公式 
 ttp://be-love.net/
前原滋子ライブラリー
 ttp://uk.geocities.com/maehara_shigeko/
旧作を含むコミックス通販
 ttp://www.amazon.co.jp/ >本>詳細サーチへ
 ttp://furima.rakuten.co.jp/ >古本>まんが→検索

3 :単行本 1974:2005/09/03(土) 16:23:26 ID:???0
■…単行本タイトル ▲…同時収録作品

1974
■「恋のA級ライセンス」
高校三年で男の子たちの憧れの的、チェリーナは、なぜか男嫌い。
自動車部のエース、バギーと、新入部員エディーが、チェリーナを争い、高校ラリーの対抗戦が白熱。
 ▲「花のアメリカピンク学園」
親の転勤でアメリカ移住、男生徒はすべて女生徒に絶対服従という共学高校に転校した、洋太郎。
学校を仕切る女生徒会長リンダに、洋太郎は対決を挑む。

1974
■「ミスター東はOhショック!」
高校一年の東(あずま)と真美は、学校で一番の美男美女として有名なカップル。
東のアパートの隣の部屋に、医者の卵の男の子、栄が引っ越してきて、東にひと目惚れ、
 ▲「華麗にアタックみじめくん」
高校一年の男の子、三条岬(みさき)の住むアパートへ遊びに行った夢美の前に、外人の訪問客登場。
ブラジルで成功して他界した叔母から岬に、百億円の遺産が遺されたというのだ。
 ▲「かれのお値段20万」
大学一年の笹本徹は、街で妙な看板を持って一日二万円の求人募集をする女の子、篠原夕子に出会う。
徹の仕事は、十日間のあいだ徹と夕子が富豪の夫婦のふりをすることだった。
 ▲「さよなら他人の関係」
大学生の女の子、夕美(ゆうみ)は、恋人の秀樹と共に同棲カップルのコンテストに応募。
実際には同棲も何もしていないのだが、秀樹の借金五万円の返済であてがなく、賞金が五万円なのだ。
 ▲「青春のプレリュード」
高校に入学する前から双葉満(みつる)は、香澄(かすみ)に片思い。
同じクラスになり、満は、自己紹介で、香澄への好意と交際申し込みを宣言する。

4 :単行本 1975:2005/09/03(土) 16:24:18 ID:???0
1975
■「ビバ!恋愛天国」
高校でボクシング部の男の子ロッキーの家の隣に、幼なじみだった女の子、チェスが戻ってきた。
チェスは小学校からずっと男子禁制のお固い女学院の寮生活、男性には全く興味がない。
 ▲「ハローレディ」
ニューヨークから北国の田舎町へ引っ越してきた。おしゃれな高校生の女の子、リビアン。
高校のスケート部の人気者ラリーと、その弟のリッキーが、リビアンを挟んでライバルになる。

1975
■「青春に翼を!」
弁護士志望だが経済的に余裕のない大学生、良は、複雑な家庭環境で暮す杏子と両思いになる。
良は、大学の教授から学費援助の話を持ちかけられるが、令嬢佐保子との婚約が条件だった。
 ▲「鈴蘭の花かおる」
高校三年で弓道部の譲(ゆずる)と、一年の女の子、礼文(れぶん)は、お互いに惹かれてゆくが、
譲にも礼文にも家族や親戚の都合による結婚話が持ち上がる。
 ▲「シャックリこっくりゴールイン」
魅力子(みりこ)、大きい子(たいこ)、千万城(ちまき)の三人は、高校一年になったばかり。
男の子をからかう三人を大声で怒鳴りつけた男の子、悟(さとる)に、千万城がひと目惚れ。
千万城は『実践恋愛講座』という本を買ってきて、努力を重ねてゆくが……。
 ▲「17さいのはばたき」
三恵と史郎は同じ高校に通う幼なじみ。勉強も運動も超苦手な三恵を、何かとかばっていく史郎。
そのため三恵は、史郎に片思いする同級生の女の子たちには、いつも目障りな存在だった。

1975
■「十代の青春」
高校三年の春。ラグビー部の正人に片思いの女の子、歩(あゆみ)に、秀才の岩淵計も片思い。
 ▲「ハート貸します」
高校生の女の子、ミルキー、アップル、コーラは、『ハート貸します』というアルバイトの会を結成。
ガールフレンドが居なくて淋しい思いをしてる男の子に、一日有料でデートしてあげるという会だ。
 ▲「ふたごっ子ハネムーン」
大学一年の双子姉妹の姉、枝織は、同じ大学の一郎と学生結婚する前の晩にアクシデントがあり、
急きょ、式場だけの代理花嫁として、双子の妹の沙織が出ることになった。

5 :単行本 1976ー1977:2005/09/03(土) 16:29:14 ID:???0
1976
■「初恋教室」
子供の頃から男まさりな女の子、アンジーが高校生になってビーナス・コンテストに出場させられる。
ショーンやアイドルと名乗る男の子が恋人に立候補し、アンジーも恋する気持ちにめざめてゆくが、
アイドルの意外な秘密が明らかになり、アンジーの初めての恋には強敵のライバルが現われる。
 ▲「新婚ってなんの味?」
幼なじみの正四郎と優雅(ゆうが)は高校三年で結婚。優雅は独断で正四郎の通う高校へ転校する。
正四郎と一緒の高校生活も知りたかった優雅。しかし校則は学生結婚禁止で、他人のふりを始める。

1977
■「初恋のかくれんぼ」(「初恋のかくれんぼ」「恋はブランコ」「恋のあやとり」)
幼なじみの杏(あんず)と影(えい)は、家が隣同士で、同い年の一人っ子同士。
ふたりは同じ中学校に進むが、才媛のさやかが影に接近。三輪好和が杏に手紙で告白。
 ▲「恋の協力接着剤」 
高校で一番ナイスな男の子、エースが誰にもなびいてくれないので、女の子たちが一計を案じる。
男まさりの女の子エイブルを、エースに近づけて、自分達の女らしい魅力に気づいてもらう計画だ。
 ▲「キスはトイレの中で」
全寮制の共学校の男子寮と女子寮に分かれる廊下の角は、通称『お見合いの場』。
ウブな女の子、美々がぶつかった相手は、プレイボーイで有名な男子、南条理加(リカ)だった。

1980
■「杏&影 恋人時代」
「初恋のかくれんぼ」続編。 幼なじみの杏と影の高校時代前半。影の家で、年の離れた妹、真帆が誕生。
杏は、影とは別の女子高に進んで淋しくなるが、彰は、親友の保科を杏に紹介する。

6 :単行本 1978ー1979:2005/09/03(土) 16:30:40 ID:???0
1978
■「学生街のラブサウンド」
 ▲「恋まつり」
大学生の女の子、夕鶴(ゆづる)ことツルのアパートの空室にボーイフレンド周一が引っ越してきた。
 ▲「水色の風 大学通り」
学生街のバス停で、大学四年の女の子、生(うぶみ)は、臣(おみ)こと正臣に交際を申込まれる。
 ▲「うしろの空席だぁ〜れ!」
W大学一年の女の子、悠矢はT大生の一郎と交際を始めるが、気になるのはT大志望の一浪生、年也。
 ▲「はつこい散歩道」 
高校生の星子は、片思いしている男の子、唯(ゆい)の友人、直人から、交際を申込まれた。

1978
■「そこにあなたがいるから」 
中学の入学式で、一子(いちこ)は、同級生の男の子、命(みこと)に心を惹かれる。
やがて、命も、卓球部の仲間、和穂も、一子も、同じ高校へ進学。
一子の思いが通じる日がやってきたが、和穂もまた、中学時代からずっと一子に思いを寄せていた。
 ▲「テレフォンデートは混線中」
高校一年の女の子、海里(かいり)は、電話の混線で、西崎基(もとい)と知りあうが
基の兄の満を、基だと勘違いしてしまう。

1979
■「きみ色の日々」
高校で陸上部の特待生、渡瀬幹(みき)に、陸上部マネージャーの新名(にいな)が告白。
新名の気持ちが通じて交際が始るが、体調を崩したときの無理がたたって幹は陸上を引退、退学。
新名の前からも去っていったが、一年後に、アイドル歌手としてデビューする。

1981
■「続・きみ色の日々」
アイドル歌手からシンガーソングライターへの転身を考える幹と、大学生になった新名が再会。
新名は、二人の住む世界の大きな隔たりを感じ、幹が普通の大学生に戻ることを願うようになる。
幹にあこがれてアイドル歌手になった、結花(ゆうか)が登場。

7 :単行本 1979ー1981:2005/09/03(土) 16:32:05 ID:???0
1979
■「綴り箱のかたすみに」
高校一年の窓花は、同級生の一樹に魅かれていたが、一樹の転校で、片思いのまま失恋。
月日が流れ、窓花は東京で同じ大学の学生同士として再び一樹と出会うが、一樹には恋人がいた。
 ▲「それはあんまり 好ちゃん」
高校三年の男の子、大葉圭(けい)のクラスに、臨時担任で謎の女教師、星崎好(このみ)が来る。
 ▲「やっぱり気になる好ちゃん」
両親がいなくて結婚願望の強い好は、積極的に二人の結婚を進めたがり、圭はまた振り回されてゆく。

1980
■「たとえば彼とわたし」
高校三年でテニス部の琴美と瑠璃に、芹(せり)と比呂樹(ヒロ)が、グループ交際を申込んできた。
志望大学が同じ芹と琴美は友情を謳歌し、瑠璃は芹への、ヒロは琴美への片恋を胸に秘めている。
 ▲「花の大学のまんなかで」
大学一年の女の子、極(きわみ)は、高校時代からの先輩で大学三年の、未明(みめい)と再会。
高校時代に極と文通していた親友の若子は、未明への片思いがいつも書かれていた手紙を思いだす。
 ▲「恋歌3・3・7拍子!」
高校生になった麻美は、入学式で見た応援団団長の三年生、新沼団(だん)にあこがれ応援団に入部。

1981
■「風のメモワール」
高校一年の里美、親友の真砂、里美のあこがれのクラス委員の永瀬裕は、バスケ部。
転校生の橘省吾が、ぬるま湯の高校生活に波紋を投げ掛けてゆく。
 ▲「雪の道標」
東京在住で大学一年の夏彦は、夏の北海道旅行で、知床岬に住む18歳の純子と恋に落ちる。


8 :単行本 1981ー1984:2005/09/03(土) 16:33:41 ID:???0
1981
■「結&旅人」
中学の入学式で、結(ゆい)は、旅人(たびと)と出会って親しくなるが、
結の親友、公子の告白を、結だと勘違いした旅人がOKしてしまう。
 ▲「波のかなたに」
中学三年で水泳部の女の子、広海(ひろみ)と、水泳部の男の子、水帆(みずほ)の物語。
水帆とは別の高校に進む広海は、卒業記念の寄せ書きをする色紙に、忘れな草の絵を描く。

1983
■「ジーンズの杜から」
一浪してあこがれのW大に入学した芹子と舵(かじ)が親しくなる。
内気で人見知りな芹子は、同じアパートに住むW大の先輩、篠原に淡い片思い。

1984
■「その日がくるといいね」
高校三年生の和哉と柚に赤ちゃんができて結婚、柚は高校をやめて和哉の家に同居する。

1984ー1994
■杏&影 結婚日記(1)(2)(3)(4)(5)(6)
両親が仕事の都合でアメリカに移住した杏は、彰の家族と暮すようになって半年。
二人は、高三で結婚するが大学生活を共に過ごしたいと考え、
揃って合格した後は、東京のアパートで同じ大学に通う生活が始まる。
男の子・新(あらた)と女の子・緑(みどり)という双子を育てながら大学に通い、
影が就職し少女漫画雑誌の編集者になった後、さらに新たな双子、小紅と葉子が加わる。

9 :単行本 1983ー1991:2005/09/03(土) 16:35:18 ID:???0
1983ー1986
■「BGMはいらない」(1)(2)(3)(4)(5)             
高校生の真凛(マリン)は同学年の永遠(トワ)と恋人同士。
あるとき大学祭に出かけた真凛は、永遠の兄、四季(シキ)と出合い、両思いになってゆく。

1988
■「ぼくの方が愛してる(新BGMはいらない)」(1)(2)
四季がいなくなり、渡瀬幹の相手役で芸能界デビューした真凛を守りたくて、芸能界入りした永遠。
四季の残した小説の映画化で真凛と永遠の共演が決まるが、永遠は四季の存在感の大きさに悩む。

1990
■「そばにおいでよ」(1)
高校女教師一年目の乃里子23歳と、教え子で高校三年生の雅弘18歳の恋。雅弘の元彼女、舞が登場。
 ▲「雨に抱かれて」
大学三年の麻子の恋人・柊平に、高校生の少女・理沙がつきまとうようになり、麻子を追いつめていく。

1991
■「そばにおいでよ」(2)
高校女教師の乃里子24歳〜25歳と、大学生になった雅弘19歳〜22歳の恋。
雅弘のサークル仲間で女子学生の菜摘、乃里子の初恋の中学の先輩でTV局勤務の雨帖が登場。
 ▲「僕と君が出会ってしまったこと」
少女小説雑誌の編集者、日南子の担当は、高校生デビューだった男性の少女小説家、碓井柊生。
柊生は、日南子と同じ高校出身で、日南子にとっては当時からいちばん嫌いなタイプだった。

1993
■「そばにおいでよ」(3)
高校女教師の乃里子28歳と、旅行代理店に就職した雅弘23歳の恋。
乃里子と大学で同期だった友人、英子が、ハネムーンツアーで成田離婚した後、雅弘にアタック。
 ▲「君に逢えてよかった」
高級住宅街の豪邸で家政婦のバイトをする大学一年の美奈が、
邸宅の最寄り駅の駅前のケンタッキーの常連で名前も知らない男に片思い。

10 :単行本 1991ー2005:2005/09/03(土) 16:42:30 ID:???0
1991
■「シャワーのあとで」(1)(2)
映画監督の父と大女優の母を持つ、18歳のアイドル歌手、夏姫(なつき)やすみ。
やすみはマネージャーの聰(そう)に片思い。しかし、聰には恋人の由希子がいて婚約中。

1996
■「恋愛前夜―恋人たちの初めての夜」
 第1話「スイートピー」
二年前行きずりでベッドに誘った女の子を忘れられない高校教師、銀河(弟の名は流星)。
銀河に片思いしている女生徒、亜里子(ありす)は、だんだん挑発的になってゆく。
 第2話「タンポポ」
不動産会社のOLで26歳の丹羽倫子が、同僚の真鍋龍一と不器用な恋をする。
 第3話「かすみ草」
女子大生かすみは、親友の薔子の恋人である流星に片思い中で、やがて三角関係になってしまう。

1997
■「だから言ったじゃないの」
 ▲「だから言ったじゃないの」
両親がきびしかったため、男友達も出来なかった美苗(みなえ)は、29歳で見合い結婚。
 ▲「マンションを買いたい女」
29歳で結婚した、うらら。夫がローンを嫌いアパート生活のままなので離婚を考えている。
 ▲「計画的バツイチへの結婚のススメ」
結婚はしたくないが子供は欲しいので出産適齢期が心配な翡翠(ひすい)、29歳。

1999(1)(2)(3)(4) 2002(5)(6) 2004(7) 2005(8)
■「永遠の誘惑」(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) (8)※連載未完、続刊未定
36歳になり大人の恋に疲れた独身の女医、凪子は、如月と名乗る少年と出会い、恋人同士になる。
約三ヶ月後、凪子は、高校の同窓会を機に、旧友の木綿子、睦月と真梨絵の夫婦に再会。
凪子には初恋の相手だった男、睦月の長男が、如月だった。

11 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 18:56:04 ID:???0
ひぇぇぇえええ!!!乙です!!!
まだまだ長文で燃えましょうね(w

12 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 20:36:47 ID:???0
>>11
短文の人もがんばろう。
長文の人は結論先モードで書こうね。


13 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 21:50:48 ID:???0
前スレから >> 978 引用しておきます。

> 既出だけど凪子に言った睦月のセリフが未だに頭の中でもやもやしている。
> 文章ヘタなので分かりづらかったらごめんなさい。
> 「凪子を抱いたらただの女になる」っていうセリフ。
> 受け止め方は様々だけど、私的には非常に(未だに)ムカムカしてます。
>
> 睦月の中では凪子はいい思い出の友人と今はなってるかもしれないけど、
> 凪子のこの長い間の時間を思うとその言い方はないじゃん!と1人で腹立ててた。
> 睦月は結婚前に荒れて女遊びしたよ。さぞ自分に自信がないと言えないセリフだよ。
> でも、でももしかしたら如月に本気になってた凪子が抱かれて土壇場で睦月を受け入れなかったら、
> なんて睦月には思えないんだろうね。(抱いたら簡単に抱かれる凪子と思ってる)
> その後のセリフも睦月の言い放題で、これでまた休載かよ?と凹んだ。
>
> 睦月よ。
> マリエ一筋でしょ?マリエにとって最高の男かも知れないけど、
> 睦月と結ばれないで山あり谷ありの人生送ってた凪子のが私は好きだよ。
> その凪子を本気にさせた如月はある意味父を超えたって感じがしたよ。
> あーちくしょう!文才なくて上手く書けなくてだめぽ.....



14 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 21:52:38 ID:???0
前スレ>> 978
文章すごく分かりやすいし感動した一文もあるよ。

> 「凪子を抱いたらただの女になる」っていうセリフ。
はぁ?って感じでしたね私。
凪子を神聖視して声かける勇気もなかったらしいヒゲ医者(大里)が言うんならまだしも…

睦月、いちどはマリエを捨ててでも凪子と結ばれる道を選ぼうとした過去を、忘れてるのかね?
凪子を何度も傷つけてきた過去なんて、すっぱり忘れてるみたい。
マリエのほうもそういう忘れっぷりは同じだけどさ。

ぶっちゃけ、睦月やマリエのご都合主義というより
睦月やマリエの心理をまともに描かない作者のいいかげんさに腹が立つけどね。

15 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 22:04:24 ID:???0
まあ、百歩ゆずって、睦月なりに、想い出の中の女として凪子を大事にしたかった、としよう。
それだと、虚勢を張って上のセリフを言うというのもアリだが、
睦月が凪子を抱いても抱かなくても、
睦月のエゴで凪子という女を切り捨てたという、過去の事実は変わらないんだよね。

> 睦月と結ばれないで山あり谷ありの人生送ってた凪子のが私は好きだよ。
> その凪子を本気にさせた如月はある意味父を超えたって感じがしたよ。
うん、そうだ。私的には感動しちゃうよ、この二行。

如月は、惚れた女を傷つけないし、他の女に心を移して泣かせるという傷つけ方もしていない。
それだけでも、父親よりはるかに人間的な器が大きいよ。
以前から、父親と凪子の接近を知ってても、
凪子を問い詰めるようなことをしないでひとりで思案してきたし
ホテルから戻った凪子への態度もそうだけど(前号のビーラブ)、
好きな女を困らせないように努力している感じがする。

如月の場合、裕福な恵まれた家庭環境だからとかは、関係ないよ。
裕福な環境で育っても他人を傷つけることをいとわない、性悪な一人娘もいたからね。

16 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 22:45:50 ID:???0
睦月と凪子の密会に腹を立て、マリエが男を誘っているのに笑えた。
私にだって凪子に負けない魅力を持っているのよ、がミエミエで可哀相な女だと思った。
でもマリエさん?
最高の男睦月と思っているのに、いい歳した女が男を誘って何もないわけないのよ?
あなたは抱こうとする男をレイプのように思うのでしょうね。
嫉妬から生まれる心はみんな汚いよ。
マリエがしていることも相手の男性に失礼だよ。
ま、マリエがそれでも自分の魅力を確認したいなら止めないけど。

17 :花と名無しさん:2005/09/03(土) 23:32:59 ID:???0
>>16
マリエ、腹立ち半分、悲しみ半分、じゃないのかなあ>睦月と凪子の密会

最高の男睦月を凪子には渡すものか、って思い続けてきたマリエだから、
密会現場へ乗り込んだら「ひどいわ凪子、人の夫を寝取るなんて!」ぐらい言いそうなのに
ふたりが自分のすぐ前を通りすぎるのを、俯いて座ったままでいるしかできなかったマリエ。
おそらく、睦月が凪子の呼び出しに応じたという事実を確認しただけで
マリエは敗北を感じたのだろう。
そのままホテルから出たのは、修羅場をやるにはプライドが許さなかったってトコか。

もし、あそこでマリエが修羅場ってくれたら、私ちょっとはマリエを好きになったかもしれない。
好きな男の前でプライドかなぐりすててみっともない自分を見せれる女って、
うざったい反面、心根の正直さが可愛い。

なんにしても、マリエが過去に凪子と睦月の間に割り込んだことを自覚している、
というのが前提であってほしいね。


18 :単行本 1991ー2005:2005/09/04(日) 05:49:01 ID:???0
あと10日後には「永遠〜」8巻が発売。
ビーラブ最新号のCMページの紹介文によると、
凪子が睦月への未練再燃で揺れて如月とケンカしてしまうエピや
木綿子が沢木先生から求婚されるエピは、一応入る模様。


19 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 09:34:16 ID:???0
前スレ>>973から976さん、971です。ありがとう。前スレにレスしました。今後はこちらに来ます。

20 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:11:31 ID:???0
前スレの終わりの方に話題にレスしたいので、
>>13さんにならって発言をいくつか引用ペーストさせていただきます。連投スマンです

=======================================
       前スレから
=======================================
>  971 名前:花と名無しさん :2005/09/02(金) 21:52:18 ID:???0
>  >> 968
>  965です。勘違いさせてごめん。ビーラブもコミックスも読んでいるよ。聞きたいのは
>  じっこセンセがビーラブに“永遠の・・”を連載する20年??も前の話さ。ヤングレディ
>  か何かのレディコミ誌に、凪たち4人の高校時代から大学卒業までの切なーい恋愛ストーリー
>  を連載していたんだ。当時凪子はリアルで謝恩パーティーに出席してた。けっして大里の回想
>  シーンのためではないんだよ。ビーラブに“永遠の・・”の連載が始まったとき、あの時の
>  凪達のその後のストーリーだと思っていた。まもなく高校時代に戻ってしまって、結末の
>  わかっているそれを読んでいたら休載になった。高校から大学卒業までのストーリーは、
>  もちろん“永遠の・・”用に集約されていたようだけど。当時はもっと切なく、はらはら
>  ドキドキだったよ。気づいている人もいたね。コミックスで言うところの1巻から4巻までの
>  進みと、それ以降の展開が違うと・・・じっこセンセの事は、大好きで“永遠の・・”が、
>  どう完結するかも見たい。でも当時の連載のタイトルも知りたい。

21 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:12:28 ID:???0
>  972 名前:花と名無しさん :2005/09/03(土) 03:54:25 ID:???0
>  >> 971
>  968 です。こちらこそ、意図がうまくつかめなくてすみませんでした。
>  あまりにも思いがけない情報でびっくり!
>  「杏&影結婚日記」初期の内容が、
>  別冊少女フレンド掲載の「High School ウェディング」のリメイク、っていうのと似てるのかな?
>  そのことは結婚日記のコミクス1巻でジッコ先生ご自身がコメントしています。
>  でも、「永遠〜」の場合、コミクスでの先生のコメントのどこを見ても、
>  全くの新作オリジナルという印象ですよね。
> 
>  > じっこセンセがビーラブに“永遠の・・”を連載する20年??も前の話さ。
>  永遠〜の連載は1998年から始まってますが、それより20年位前なら
>  講談社からの最初のレディコミ誌が創刊された頃ですよね。
>  その数年後だと、mimi系、BE-LOVE系、Me系、というぐあいに種類がふえます。
> 
>  >  【ビーラブ】BE-LOVE【続編てんこもり】
>  http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1068445339/によると
>  > 946 名前:花と名無しさん メェル:sage 投稿日:2005/07/27(水) 12:37:14 ID:???0
>  > BE-LOVE本誌の誕生
>  > 1979年9月  「週刊ヤングレディ増刊 漫画特集 BE in LOVE」。
>  >      計4号の増刊発行を経て、
>  > 1980年10月  月刊「BE in LOVE(11月号)」として独立創刊。
>  > 1982年05月  月2回刊「BE-LOVE(6月5日号)」となり、現在に至る。
>  >              参照:ttp://blfan.org/

22 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:13:01 ID:???0
>  973 名前:花と名無しさん :2005/09/03(土) 04:02:32 ID:???0
>  20年位前っていうのも、もうすこし正確にわかるといですね。
>  「永遠〜」の原型?と同じ頃に、他にリアルで読んでいた漫画家さんの作品タイトルとかが分かれば、
>  少しは手掛かりになるんじゃないでしょうか?
> 
>  > 気づいている人もいたね。コミックスで言うところの1巻から4巻までの
>  > 進みと、それ以降の展開が違うと・・・
> 
>  このスレでの発言ですか?それとも他のところで? 
>  私は、このスレで「別のストーリーのようだ」とか、まさにそういう発言を何度かしたけれど、
>  原型になる連載が20年も前にあったとは全く知らずにいました(汗)。

23 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:13:39 ID:???0
>  974 名前:花と名無しさん :2005/09/03(土) 13:37:05 ID:???0
>  20年前の原型とやら、どんな内容だったの?
>  もう少し詳しく教えてよ。
>  主に知りたいのは次のことですわ。
>  1. 凪子とか睦月とかのキャラ名もそのまんま?
>  2. キャラのルックスもそのまんま?
>  3. 「永遠の誘惑」として描かれた内容と同じ部分、違う部分は?
>  4. あの時の作品があらためて書かれたのだってピンと来たのは、「永遠の誘惑」のどのシーン?
> 
>  あと、1巻から4巻までと、5巻以降は、たしかに違和感あるけど、
>  作者が、休載中に、最初の予定を変更してしまったという見方が妥当だと思う。

24 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:16:09 ID:???0
>  975 名前:花と名無しさん :2005/09/03(土) 14:15:39 ID:???0
>  >> 971
>  ここいらへんで質問してきたら?
> 
>  少女漫画板
>   漫画のタイトル&作者名捜索願(21)
>  http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1123687323/
>  漫画板
>  「漫画の題名・作者名がわからない★質問スレ15 」
>   http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1119516363/
>  懐かし漫画板
>  「あの漫画なんだった? 13巻目 」
>   http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1122000056/

25 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:17:13 ID:???0
>  976 名前:花と名無しさん :2005/09/03(土) 14:28:10 ID:???0
>  その漫画の存在が明らかになったところで
>  本編がすいすい進んで上手く完結することにはつながらないだろうけどね。
>  正直、なんだか信じられないけど、
>  >> 974の1と3だけでもはっきり答えてくれたら信じるよ。
>  参考までに、雑誌名さえわかれば国会図書館に行けば実物を読めるよ。

26 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:18:25 ID:???0
>  980 名前:花と名無しさん 2005/09/04(日) 09:27:29 ID:???0
>  >> 972-973
>  971です。 ありがとう。 このスレです、あなたは深い人ですね。そして前原作品を
>  こよなく愛している人だ。
> 
>  >> 974-976
>  情報ありがと。でもここだけでいいんだ。ここは前原作品に対する愛情が感じられる
>  から。
>  974の質問だね。 1と2は “まんま” 3と4については正確にどの部分とは言え
>  ないな。20年くらい前に連載で読んでいただけだからね。でも心にずっと残っていた
>  作品だよ。その時の終わりかたから察しはつくだろ。
>  連載期間を考えると、当時ヤングレディは週刊だっただろうから、20週位(隔週でも
>  40週)なんていう短さじゃなかったし、原型?の筋部分を上手く編集したんじゃない
>  かな?? でもただ前原センセがそのまま入れたと考えたくないのもある。

>  976の国会図書館、正直連休取って東京まで飛ぼうと思ったよ!ひどいな・・・

===========================================

27 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 13:26:47 ID:???0
>> 前スレ980

凪子とか睦月の名前もルックスもそのまんまですか・・・すごいなあ。
永遠の誘惑原型(仮称ね)の連載時期を私なりに考えたのですが、
1980年前後か、83年以降ではないかと想像します。

週刊ヤングレディ、
里中満智子先生の連載歴からピックアップすると
「悪女志願」 ('77.1号〜'79.7号)
「狩人の星座」('79.11号〜'81.24号)庄司陽子「恋愛専科」('79〜'81ヤングレディ連載)
「風の構図」 ('82.1号〜'83.23号)
「緋の階段」 ('84.6号〜'86.5号)
「夢の航跡」 ('86.10号〜'87.5号) ヤングレディ休刊(1987年)

ひとつの号に連載漫画二本くらいってのが基本スタイルだったと思うので、
永遠の誘惑原型(仮称ね)の連載時期は、里中・庄司先生がそろってる時期ではなさそう。
それより前か後ではないかしら?

週刊誌連載だと毎週16ページ何ヶ月も続けるのだったら、体力と時間がないと大変かも。
ジッコ先生の場合、「永遠〜」連載開始当時(1998)に息子さんが高校生だったとコミクスで書いてるし、
1980年代の前半って育児の真っ最中?
ってことは、話がそれちゃうけど、
83年からの連載だった「BGM」あたりは、お子さんが幼稚園の頃、
91年あたりの「そばにおいでよ」「シャワーのあとで」は、お子さんが小学生の頃なのね。
全然そんな雰囲気ないからすごい…っていうか、子育て系は結婚日記で出しまくってたのねw

28 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 14:07:30 ID:???0
>>26
マリエは原型バージョンでもキス嘘や家庭教師の正体隠しなんぞをやってたの?
>>27
BGMは純文学のつもりで結婚日記は大衆文学路線だとか
作者が当時のどっちかの単行本のカバーに書いてたよ。

29 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 15:54:37 ID:???0
何故単行本化しなかったの?>永遠原型版連載
作者の知名度からいっても不思議。
もしかしてハンパに打ち切りだったわけ?
あらすじがすごく気になる。
睦月が医者への野心から凪子を捨ててマリエを妊娠させ結婚という話じゃないの?

30 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 16:35:09 ID:???0
あらすじはおんなじだよ。まんま。打ち切りじゃなく、大学を卒業して睦月はアメリカへ・・・
もう二度と会うことはない・・

31 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 16:51:09 ID:???0
誰かひまな人、国会図書館行ってきてよ〜〜

32 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 17:13:44 ID:???0
ヤングレディ
女性週刊誌でしょ
主婦や社会人向けの・・
高校生が主人公の漫画って
載らないんじゃ?

33 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 19:49:39 ID:???0
なにげに「ヤングレディ」を検索したら、
創刊号から終刊号まで(昭和 38/ 9/23 - 昭和 62/3/10)そろってる所をみつけました。
本格的には国会図書館ですが、そのぶん館内での待ち時間が長いので知られてますよね。
こっちのが敷居が低いかも?
行けそうな方、いらっしゃいませんかー??

お茶の水図書館 ttp://www.ochato.or.jp/
 和雑誌リスト ttp://www.ochato.or.jp/newpage10.htm
交通   御茶ノ水駅または水道橋から徒歩5分    
開館時間 午前10時から午後5時
休館日  日曜日・祝日・毎週木曜日 
入館料  1回 300円 (税込)

ちなみに私は日帰りできるけど、今月下旬くらいじゃないと休みとるのむりっぽいです。
でも「ヤングレディ」で確実なら、行って確かめてみたいです。

34 :花と名無しさん:2005/09/04(日) 21:43:36 ID:???0
>>26
お答えサンクス
どうやら一年以上連載してたみたいだね。
何年頃だか見当つかないの?
>>33へ行きたいけど遠くて行けないなorz
図書館はどこも雑誌の閲覧は号数指定で書庫から出してもらうから
だいたいでも範囲がつかめていないと、それこそ何日も通うことになるんじゃないの?
もっと絞り込みできない?

35 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 02:13:50 ID:???0
この夏の連載再開までは、かなり期待していた。
睦月がいずれは凪子への愛を語るのではないか、と。
でも、睦月はもうそんな風にはなりえないのが明らかで、がっかりだ。

「マリエには知られたくない」だの「抱いたら凪子がただの女になってしまう」だの、
男としての自信が持てない、保身丸出しの冴えない中年男に成り下がってしまった。
かつては凪子を本気で愛したことも残酷に切り捨てたこともセピア色の過去でしかなく、
大学時代までのよきライバルとしか考えてない。
大学2年までのごたごたは封印して大学3年以降の医者の卵時代を懐かしむほうが、気分がいいからだ。

マリエは、そんな睦月の心境を知らないからだろう、
睦月がオスとしてメスの凪子を望んでいると思い込んで、
正妻の立場を忘れたかのように激しく凪子への対抗心を燃やしているのだから、浅はかな女だ。


この夏の連載再開までは、心のどこかで期待していた。
マリエもいずれは過去の自分の浅ましさを思いだして
睦月を得るために邪魔な凪子を、卑怯な手段で傷つけた自分を恥じるのではないか、と。

マリエに関しては、まだ、希望を捨ててはいない。
睦月や凪子の前では取り乱したりすがったりしなかった分、
マリエには、人としての誇り、メスとしての誇りが残っている。

それは、見方を変えれば、単なる見栄であり、安っぽい自尊心かもしれない。
けれども、たとえ束の間でも凪子と睦月二人の世界があり、
そこには自分が割り込めないことを知ったから、その世界を見ないで住む場所へと向かったのだろう。
浅はかで自分の主義を押し付けるばかりだったマリエにしては、大きな進歩だ。
美容師との逢瀬は、マリエ自身の責任で行われていることも、おそらく認識しているだろう。

36 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 12:35:56 ID:???0
>>35
メスとしての誇り。うまい言い方だね!
>>16の言う、マリエが女としての魅力に固執するのも
メスとしての誇りか・・・、なるほど。

だけど、女らしい魅力やメスとしての能力が優れていれば無敵、ってわけじゃない。
深くつきあいたい相手だと、直感的なもので、自分との相性を確信してしまう。
その相手の持つ条件とは無関係に惚れてしまうケースが多い。
(条件=ルックス・知性・財力・地位・相手が自分に対してどこまで奉仕するか等)
もともと恋愛とは、条件に惚れるわけではなく、相手の本体に惚れるからだ。

美容師は、マリエの本体に惚れているから、マリエの望みを叶えてあげようと努める。
マリエは、自分の思い通りになってくれる男だから、美容師に甘える(条件が気に入った)。
睦月の代わりに思い通りになる男がほしかっただけ(一時的にでも)。

37 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 12:36:46 ID:???0
マリエの今後は、どうなるのだろう?
凪子を傷つけた過去を思い出すシーンが出るのだろうか?
あきらめきれずに、強行手段をもって睦月凪子の引き離しにかかるとか、
財力、親の威光、狂言自殺等で、睦月を縛ろうとするとかは、予想がつくよね。
けれど、
如月と凪子の仲を知ったときのマリエの反応がどうなるのか?
それは未知数だ。
マリエと睦月の結婚の切り札となった妊娠、それが関連づけられるのか?
そこが見どころだろう。

38 :前スレ976=25:2005/09/05(月) 16:01:46 ID:???0
前スレ971=>>21=>>26
雑誌名さえわかれば国会図書館に行けば実物を読めると言っただけで
なんで「ひどいな」と言われるの?
お茶ノ水図書館>>33さんみたいに詳しく出さなかったけど、本当のことを言っただけだよ。

その連載のタイトルを調べるには、図書館とかで実物を確認するしかないよ。
私もググってみたけど手掛かりはなかった。

それと、もし、本当に雑誌名が「ヤングレディ」だったら、週刊誌1年分で、52冊あるよ。
>>34さんも言ってるけど、雑誌は1回に閲覧できるの5〜6冊だからね。
自分で調べるにしても、誰かに調べてもらうにしても、
「20年くらい前」というのが、せめて2〜3年の範囲におさまってなかったら、
個人で調べられる量ではないよ。

タイトル不明のその連載を読んでいた頃は、
前原さんのどの作品がフレンドに連載されてた頃だとか、思い出せない?
雑誌で読んだものなら、大体の年月が絞り込みできるから。
単行本でも、発売と同時に読んだものとか、思い出せない?
前原さんのじゃなくてもかまわないよ。他の漫画家や小説家のでも、手掛かりになるよ。

タイトル不明のその連載を読んでいた頃の、自分がどんな環境で何をしていたか?
高校生だったとか会社に入ってすぐだったとか、
その当時流行っていたヒットソングとかTV番組とか、
そういうのからも、19XX年前後とか、昭和x年〜x年頃とか、出て来ると思うよ。


39 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 16:03:50 ID:???0
前スレ、dat落ちしたね。

40 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 16:33:00 ID:???0
980越えると24時間以内の書き込みなければ落ちる。
1000近くなると、レス数とか何kbのデータ量に関係なく、最後の投稿日時で決まる。
進行マターリのスレや不規則に盛り上がるスレは、次スレ早めに立てないとやばいってこと。
前に某漫画家スレで次のを立てそこなったことがあった。
950あたりで以後を埋めないでおけば、専ブラ●なしの人でも前スレいつでも読めるわけだが、
ひとつの板に同じ漫画家で複数のスレとなったら、ヒンシュク買うだろう。
ここは今度のスレ立て人が熱心な読者なんだろうね、前スレ以前も全部読めるしありがたいよ。

41 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 17:11:25 ID:???0
すごい!ちょうど新スレ誘導で終わってる!!
この982書いた人も、この後書かなかった人もGJ!

42 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 18:06:50 ID:???0
>>35
睦月は、自分が優位に立てないとやっていけない、プライドの高い男ですから、
凪子の前では、マリエの実家に身を売った恥ずかしさが、今でも克服できないから、
凪子を抱かない、抱いたらただの女になってしまう、などと
適当な言い逃れをしていたのではないでしょうか?

>>36
睦月とマリエは、お互い本体に惚れてるわけではないのですね・・・きっと。
条件が満たされなくなれば、
あっけなく冷めてしまいそうで。
凪子や如月は、年齢も立場もお似合いではないけどおたがい本気。
やはり本体に惚れてゆくタイプでしょうか。
睦月は、プライドも高いし、
心を許せる相手と愛し合う幸せを知らないままだと思えます。
睦月の場合、相手が誰でも、
本体ではなくその条件にしか惚れることが出来ないタイプだと思います。


43 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 22:19:27 ID:???0
>1
亀ながら新スレ乙。
すごいネタが振られたなあと思ってたけど、事実の詳細が明らかになるのをキボン。
信じられない人もいるようだけどさ、報告者の言うとおりの長い連載があって(少なくとも20回以上)、
後にビーラブに載る話そのまんま。
そう考えるほうが、休載の多さもキャラの不自然な変化も、納得いくんだよね。
学生時代から先のストーリー、行きあたりばったりで作っているの明らかだもん。

ただ、報告者の言うデータを確認する手掛かりがないんじゃ、ガセネタと思われても文句は言えないだろう。
このスレを>>26「ここは前原作品に対する愛情が感じられる」と感じるなら、
他の住人たちと同じ様に、自分が言い出した話題には責任を持ってもらいたいなとオモ。

永遠のコミックスあとがきには、過去の連載を描き直したようなことを語るコメントはない。
そういう作者の姿勢は決してフェアではないなと思うけど、再掲載を裏付ける言葉は、第1巻に登場するよ。

「2章は単なる回想シーンではなく、これはこれで1つのお話としてお読み下さい。」
「青春時代の主人公たちと大人になった主人公たちは決して同じではなく、
 人は年月を経た分人として成長している(はず)。
 そのへんのコントラストも描いてみたいというのも、テーマの1つです。」


44 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 22:50:33 ID:???0
睦月とマリエは、主人公達と言えるほどの書き方ができていないのに、
主人公的な扱いをするってのは、萎える。
プロのストーリーじゃないよ。
完結させたかったら、マジでシナリオ教室で勉強し直すべきだな。


45 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 23:15:58 ID:???0
「永遠」は、「BGM」(全5巻)に続く、作者の二つ目の大長編連載。
「BGM」の後に描かれた長編連載は、「シャワーの後で」(全2巻)だけ。
「○冊目の結婚日記」「新BGMはいらない」「そばにおいでよ」は、
既に完結した話に継ぎ足していく方式で
連載というよりも連作シリーズと言うべきもの。

連作シリーズ数年間、短編ばかりの数年間の後で、
いきなり大河ドラマ的な大長編というのは、
よほどの自信がないと出来ない。
ベースとなる旧作(20年くらい前?の連載)があったからこそ可能だった。
既に連載して完結している学生編をもとに継ぎ足すというのは、
「結婚日記」「そばにおいでよ」と全く同じパターンだ。

アイデアとしては悪くはなかった、が、大学卒業の後、いきなり36歳ではなく、
「結婚日記」や「そばにおいでよ」と同じように、20代後半、30代前半…と、
徐々に積み上げていく方式だったら、
「永遠」の大人編も、つじつまの合う自然な展開になっただろう。

>>44
凪子と木綿子に関しては、簡易的な回想でも、36歳以前の時期をふり返るシーンがある。
睦月とマリエ、アルバムの中の写真見せるだけってのは、主人公とは言えないね。
凪子と木綿子は、学生時代の睦月にからむ恋愛感情を語り合うシーンもあるから、主人公らしさがある。
睦月とマリエは、学生時代の恋愛を回想もしないし、誰かと語り合うこともない。
目先のことしか考えてないような二人、本音は何を考えてるのか、「・・・・」でごまかされてる。
これじゃただの脇役だな。


46 :花と名無しさん:2005/09/05(月) 23:22:58 ID:???0
>>43
以前の原型に気づいたファンの意見というのが届いていたら、
続刊ではコメントするつもりだったと思う。> 永遠のコミックスあとがき
でも、相当古くからのファンでも、昔から単行本派の人が多いだろうし、
リアルで少フレ別フレ読む世代ならヤングレディは読まないだろうな。

47 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 00:02:52 ID:???0
1970年代は少女フレンド買ってたけど、mimiなんかは買えなかったな。リアル厨工時代。
1980年代からこっち、私も単行本派でしたよ。

48 :26:2005/09/06(火) 01:21:01 ID:???0
>>38
国会図書館の件、事実かどうか知りたかったんだ。あの日、自分の目で確認できると知って
飛び上がるほどうれしかった。でも自分でググっても小難しいジャンルしか出てこなくて、
それであんなレスになった。本当にあるんだね、ありがとう。ごめん!

日曜からずうっと気になっていたことがあった。チャゲアスの“モーニングムーン” 
シングルリリースが1986年2月になっていたんだ。だからそれ以降の作品には間違いない・・・
となると、ヤングレディの休刊が1987年3月だから、つじつまが合わない・・・。

ヤングレディに特定したのは、前原せんせが講談社専属と教えてもらったからなんだ。
ヤングレディ以前に読んでいたのは集英だったから。少フレ派ではなかったし、コミクス派でも
なかった。絵柄的には'87の“ぼくのほうが愛してる”より '90“そばにおいでよU” 
'91“シャワーのあとで”のほうが近い気がする。...ずうっとぐるぐる考えて混乱してるんだ...

また今夜も眠れない...

49 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 02:01:47 ID:???0
>>43
> 学生時代から先のストーリー、行きあたりばったりで作っているの明らかだもん。

そもそも、失恋した相手の男と恋敵だった女が夫婦として目の前に現れたら、
その女と友達づきあいができるわけないって思わないか?
学生時代の話も、恋敵の女から酷い仕打ちをされてなんで友達づきあいが続くのか、理解に苦しむな。
恋敵の女のほうも、自分が友人を傷つけた後でも友人づきあいが続くと思い込んでて
あまりにも不自然な強引な展開に凹んだ。
学生時代の話が元々あったのなら、そういう強引な所ビーラブに載せる時ちゃんと直せばよかったのに。
とにかく結ばれないで終わるという悲劇性に、作者が自己陶酔しちゃったんでしょ?
元々が不自然な話なんだから、まともに完結するわけがないじゃん。

>>44-45
作者は長編書けるほどストーリーの才能ないから、
短編や連作が多いんだろ?

結果論で恐縮だけど、
「出合った恋人は初恋の男の息子だった」っていうシチュエーションだけ活かして
最初はシリアスでもいいから流れはロマコメで進んでほしかった。
できれば、連作シリーズという感じで、ばれそうでばれずにすむとか
永遠に最終回が来ないような形で。



50 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 04:54:57 ID:???0
>>48
微力ながら、「永遠原型」を探索する推察で、連投します。スマンが関心イマイチの人スルーしてね。

■最初に、85年〜91年までの前原滋子作品連載リスト
(コミクス収録分のみ。>>2 前原滋子ライブラリーから参照)とりいそぎ作成してみた。

85年 BGMはいらない    別冊少女フレンド1985年 1月号〜5月号(開始は1982年 11月号〜)
    杏&影2冊目の結婚日記 Fortnightly mimi 1985年 16号〜23号
86年 杏&影3冊目の結婚日記 Fortnightly mimi 1986年 9号〜12号・14号〜18号
87年 ぼくのほうが愛してる  Fortnightly mimi 1987年 8号・10号・12号・14号・16号・18号
88年 ぼくのほうが愛してる  Fortnightly mimi 1988年 1号〜8号(計約200P)
89年 そばにおいでよ・1   mimi Carnival  1989年2月号
    杏&影4冊目の結婚日記 Fortnightly mimi 1989年4号・7号・8号
90年 雨に抱かれて      mimi Carnival  1990年3月号
    そばにおいでよ・2   Fortnightly mimi 1990年17号・19号・21号
    僕と君が出会ってしまったこと Fortnightly mimi 1990年13号
91年 シャワーのあとで     Fortnightly mimi 1991年3号〜8号・11号〜16号
92年 杏&影4冊目の結婚日記 Monthly Kiss 1992年4月号
    杏&影5冊目の結婚日記 Monthly Kiss 1992年5月号〜8月号
    そばにおいでよ・3   mimi Carnival 1992年12月号


51 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 05:12:32 ID:???0
■連載期間。

86年〜90年はそれぞれ年間で計200P、単行本1冊分。その前後の年の、半分くらいの仕事量。
この時期に永遠原型を連載したのは、ほぼ間違いないだろう。

ライブラリーサイトttp://maeharashigeko.mpage.jp/towa_timeline.htmlでも、
CHAGE&ASKA「モーニング・ムーン」シングル発売日(1986/02/05)のことが出ていた。

永遠原型で、その曲が出るなら、連載が86年の4月から始まっていても不思議ではない。
しかし、もう1年先の、87年の4月から始まっていても不思議ではない。
ヒット曲を連載作品で使うなら、その曲がリアルで売れてた時期から二年も三年も後になって使うと、
流行遅れでしかなくなってしまう。

ストーリーは4月の新年度から始まる。
ビーラブでもそうだったが、永遠原型、連載開始は4月発売の号だ。これは確実。

86年、87年は、4月から「結婚日記」「ぼくのほうが」の掲載が始まるが、
これらは以前の作品の続編だから、
88年、90年の新作「そばにおいでよ」よりは、楽にこなせると思う。

というわけで、有力候補年は、86年、87年、そして88年、90年の順だろう。
それぞれの年の4月に発行された号の閲覧を申込むといい。


52 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 05:18:48 ID:???0
■さて、問題の掲載誌。

仮に、連載が1年間であれば、86年の4月から始まって87年の3月に終わるとする。
その場合、ヤングレディ87年3月頃の休刊の頃までにぴったり収まる。
週刊誌で1年連載だと、16ページ×52週=832ページ。
途中で二回くらい休んでも800ページ。

ビーラブの永遠第二章、コミックスでの総ページ数は、
1巻後半〜4巻、5巻の冒頭を足して、約690ページだ。
本編と原型でストーリー全く同じでも、各エピソードの重要度でページ割は変わるだろうし
原型の方は、5巻の大学三年〜卒業までを、本編よりも詳しく描いていそうだ。
原型のほうも、合計でおおむね800ページ前後のような気がする。


53 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 05:31:56 ID:???0
■ヤングレディ以外の週刊誌や漫画雑誌を考えてみる。

87年に連載が始まった場合、ヤングレディではムリだ。

80年代初期から末期までの10年間、講談社にあったレディスコミック誌はかなり多い。
しかし、月2回刊なのは Fortnightly mimiとBE-LOVEだけ。
それ 以外は、すべて月刊
( BE-LOVEペア 、BE-LOVEパフェ、Me、Me-Twin、 mimi DX、mimi Carnival )
または季刊( BE-LOVEブライダル、mimi Excellent )、不定期増刊のみである。


こうなると、他社の漫画雑誌や女性週刊誌という可能性も出てくる。
ちなみにヤングレディとほぼ同じ内容の女性週刊誌(芸能記事と美容関係がメインで漫画は二本くらい)は、
週刊女性(主婦と生活社)、女性自身(光文社)、女性セブン(小学館)。
レディス漫画専門誌については、「少女漫画の方舟」というサイトに
雑誌名と出版者名の簡単なリストがある。
ttp://www.propel.ne.jp/~hisatomi/comic/shojomanga/history4.html
ちなみにレディス漫画誌の9割以上が月刊である。
もし、月2回刊で読んだというのが明らかなら、雑誌名でググって月2回刊誌を確認し、
そのあと1誌ずつ内容の傾向を調べれば、該当するものにあたるかもしれない。

少しは、参考になりますか?

54 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 07:31:23 ID:???0
ありがとう。他に今までに読んでいたのはユーとビーラブ。その前は週マなんだ。
ビーラブもありかな??

55 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 15:44:51 ID:???0
>>54
だいぶ絞りきれてきたみたいだね。国会図書館のこと、スマンかった。
あとで私も候補を考えてみるよ。1980年代後半の。

前スレで、「ヤングレディ か何かのレディコミ誌」って言われたので、そこらへん頭に引っ掛かっていた。
1980年代後半なら、似た雑誌名でフィールヤング(祥伝社)、ヤングユー(集英社)、フォアレディ(小学館)もあった。
講談社専属かどうかは知らないけど、他所から単行本出てないし、その可能性は高いね。
個人的な直感だけど「永遠・・」ぐらいの内容と長さなら、講談社が描かせてくれたと思うよ。



56 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 16:06:08 ID:???0
一応完結していたらしいのに、単行本にならなかったのは、私も引っ掛かる。
作者からのokが出なかったのかな?


57 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 16:12:20 ID:???0
前原先生の文庫化がないって前に話が出たけど、
単行本の時大幅な描き直しが入るみたい。
なかなか単行本にならないってのは、
そういうのとも関係あるのでは。

前原先生「BGM」「新・BGM」の単行本で、
ほとんど書き下ろしのようになってしまったとか言ってた。

58 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 17:37:41 ID:???0
ttp://blfan.org/glossary.htmに、ビーラブ系の各雑誌の解説サイトがあったよ。
残念ながら1994年前だと各号の目次データがない。でも、誌名は確認できる。

・週刊 ヤングレディ
52さんの「連載が1年間であれば」というのだとありうるけど、漫画雑誌ではない。
芸能週刊誌という方が近い。その手の週刊誌を毎号読んだ記憶があるかないかで決めるしかないね。
既出だけど「ヤングレディ増刊 漫画特集号」は、1979年頃に季刊で1年出ただけなので除外だね。

・月2回刊 BE-LOVE
同じ雑誌ってのはナンだけど1番すんなり行くかも。
10年以上、間が空くわけだけど、読者の世代交代があっても、同じ雑誌だったら、
覚えてる人数がそれなりに多いはず。1998年の「本編」連載時には話題になったのかな。
どの雑誌に原型が載ったとしても、それ関係のコメントが単行本に出てないってのは、気になるね。

・月刊 BE-LOVEペア
月刊だから、20回以上の連載だと2年以上かかるけど、可能性はある。でも路線がわからない。
1985.9月創刊、1993.12月休刊。

他に月刊誌として存在したのもあるけど対象外だね。
月刊BE-LOVEパフェ(読みきり中心?1987.6月号から月刊、2003.6月号で休刊)
月刊BE-LOVEブライダル(テーマ的に?だ。1994.1月号から月刊、1998年12月号で休刊では年代も合わない)

59 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 18:11:17 ID:???0
ビーラブ公式には創刊以降の作品タイトルが作家別で分類されてある。
掲載号数はないからあまり役に立たないけどね。
「オ・メ・デ・ト・ウ」←これは短編。の次が「永遠の誘惑」。これだけだよ。
ttp://be-love.net/blfile07.html#31

60 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 21:35:30 ID:???0
>>54
第三章の大人編の話がみごとに低迷しちゃったので
学生編はよかったなと思います。
学生編の凪子は可哀相だったし
友達関係は肝心なところで友達らしさが見えなくて違和感がありますけど、
あれはあれで、凪子が主人公の物語として
うまくまとまっていましたよね。

大人編は、主人公をふやす準備が不足していたのではないかと思います。
>>45
> 睦月とマリエは、学生時代の恋愛を回想もしないし、誰かと語り合うこともない。
> 目先のことしか考えてないような二人、本音は何を考えてるのか、「・・・・」でごまかされてる。
> これじゃただの脇役だな。
まったく同感です。
学生編は凪子を主人公として描いているので、
たとえば、マリエの凪子に対する気持ちも(警戒心や婚約解消など)、
行き当たりばったりで作り上げてしまったような感もありますね。
ほんとうならマリエなりに悩んだり迷ったりしてそういう行動をとるはずなのに、
「これでも悩んだのよ」みたいなひと言ですませたり(高3の夏、別荘で)。

そういう行き当たりばったりが、そのまま
大人時代のマリエの描き方にも引き継がれているようです。
再会の頃過去のごたごたを忘れたかのような無邪気さなのに、
凪子と睦月が医大の仲間として会うことさえ許せない嫉妬の塊に。
結婚後もマリエは、睦月と同じ教室にいる凪子に嫉妬していたのでしょうか。

大人編を始める前に、マリエ中心の学生編を書いておく(非公開のネームだけでも)、
という作り方だったら、
マリエなりの生き方に共感できる読者もふえて、
成長がないとか別人のようだとかの意見も出なかったと思います。
このことは、睦月という重要なキャラにも当てはまりますね。

61 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 21:37:10 ID:???0
私は大学3年以降の凪子と睦月という所が気になって
永遠の誘惑原型バージョンというのを
わずかでもいいから出来れば見てみたいと思っています。
コミックス5巻の始めに凪子がアウトラインを回想していますが、
もう少しページ数が多かったのでは?
凪子の卒業イベントのドレス姿なども出るなら、その場面へつながるお話を読んでみたいものです。
あ、リアル連載の時には、その場面に大里は出ていなかったのですか?

>>26
> >  連載期間を考えると、当時ヤングレディは週刊だっただろうから、20週位(隔週でも
> >  40週)なんていう短さじゃなかったし、原型?の筋部分を上手く編集したんじゃない
> >  かな?? でもただ前原センセがそのまま入れたと考えたくないのもある。
コミックスの学生編を読み返したら、
1話ごとの真ん中あたりに、
ちょっとしたクライマックスっぽい場面があることに気づきました。
次号に続く、みたいになりそうな場面です。
大学2年までは元々40回分くらいあって、
ビーラブであらたに載るときに、
2回分を1回におさめたとしても不思議じゃないみたいな構成に思えました。


62 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 21:54:44 ID:???0
>>54>>58
ヤングレディで連載が始まって休刊した後BE-LOVEに続きを載せたというのは、どうよ?


63 :花と名無しさん:2005/09/06(火) 21:59:16 ID:???0
>>57
永遠6巻もかなり描き直しが入ってるよ。

64 :花と名無しさん:2005/09/07(水) 05:43:18 ID:???0
図書館は、漫画喫茶とは違うので、たいへんだよ。
国会図書館は行ってみると分かるけど手続きの書類が多い。

漫画雑誌は新館にあるよ。
閲覧は一回3冊まで。
それを返すまで別の3冊を閲覧申し込みというのは出来ないし
申込んでから読めるようになるまでの待ち時間が1時間はザラ。
ウィークデーでも混雑する日が多い。
日曜はやってないし土曜は月2回か隔週だから行くとすごく混んでる。
丸一日いても閲覧できるのはがんばっても10冊以下。
2冊か3冊にしぼってコピー頼んだほうがいい。
ちなみにコピー代は安いけど自分で行なうわけではないし
コピー待ってる間に次の本の閲覧の申し込みは出来ない。
とにかく待ち時間が長い。

ところでうちの近所の漫画喫茶にセルフコピー機が入った。
有り難い時代だ。
でも前原さんの本は永遠しか置いてないorz
旧作品文庫化キボン


65 :花と名無しさん:2005/09/07(水) 15:14:49 ID:???0
>>60
前原センセは、主役のキャラ設定そこそこ上手かったよね。
きみ色の幹とかBGMの四季と永遠とか、
結婚日記の杏とかシャワーのやすみとか、
彼らの相手役の男女も、キャラが立ってた。
「永遠・・」は、凪子と如月ぐらいだな。
木綿子はまあまあだけど、睦月とマリエは、完全に脇役。

> 大人編は、主人公をふやす準備が不足していたのではないかと思います。
> 大人編を始める前に、マリエ中心の学生編を書いておく(非公開のネームだけでも)、
> このことは、睦月という重要なキャラにも当てはまりますね。
作家なら当たり前のことだろ?
睦月とマリエはキャラ設定ちゃんとやってないから、
この二人がからんでもたいして違和感はないけど
(金持ちの妻の尻にしかれ、すっかり保身的になった夫)、
凪子と睦月がからむと、睦月は土壇場で意味不明のことを言いだし
凪子までつじつまの合わないセリフが出て来る
(想い出を大事にする女なのに、想い出を踏みにじる男を許してしまう)。

後、作者がマリエを気に入るのはかまわないけど
主人公の一人だと思い込んでるのは作者だけだよ。
マリエはストーリーには関係ない置物か飾り物だなw


66 :花と名無しさん:2005/09/07(水) 15:35:18 ID:???0
私は台東区に住んでるから文京区は遠くないんだけど
カードが作れれば借りれるし予約とかも出来るけど・・
チョッと大変過ぎかな?


67 :花と名無しさん:2005/09/07(水) 18:14:45 ID:???0
マリエ、凪子と恋敵だった過去のことは水に流して友達づきあいしたいわって態度で
いざつきあいはじめたら凪子の若々しさをねたんで凪子に対抗心を燃やすってのはスジが通ってるが

なんで凪子と睦月の接近をいやがるか?それは過去を忘れていないからだろ?
すげー身勝手な女だな。最初ッから友達づきあいなんて望むなよ。

68 :花と名無しさん:2005/09/07(水) 22:22:24 ID:???0
>>66
雑誌は普通図書館では貸し出しをしないよ。
上の方にある図書館もそうだけど、閲覧だけ。
単行本は、ほとんどの図書館で書庫から自由に選べるし
会員カードみたいなの作って借りて帰ることができるけどね。

雑誌はその場でコピーを頼めるけど(有料)、
一冊のうちの何割とか何ページとかの決まりがある。
著作権法との関係もあるから。

69 :花と名無しさん:2005/09/07(水) 22:26:31 ID:???0
コピーで思い出したけど、
前原さんは元々コピー画を好んでいたふしがあるね。
すでに「きみ色」の頃から、回想シーンに結構使ってるし
「永遠」と似てて長い年月別れてて再会する話だから回想が定番なんだわ。
結婚日記で影が少女漫画雑誌の編集者になってからは
雑誌を見るシーンで以前のシリーズの絵を使ってるシーンもある。
そういうコピー画は、他の漫画家も回想シーンで使うけどね。
回想でも何でもない例のコピーの方は、もはややめるつもりはなさそうだし、
最終回まで続くだろうな。

絵も、ストーリー作りも、休めば休むほどヘタになるのは同じかな。
何でもそうだけど、休まずに(飽きないで)長く続いてる人って、
ビギナーの時に基礎がしっかり身についてる人なんだよね。
年取ってからでも基礎は勉強はできるけど若いときと違って
消化吸収能力も衰えるてるから、ちょっと不利。
でも30過ぎ40過ぎでプロデビューする人もいるし、
ストーリー作りに限って言えば人生経験があるだけ有利なんだよね。
前原先生もあとひと花咲かせてくださいです。

70 :花と名無しさん:2005/09/09(金) 23:14:03 ID:???0
私は高校の時のマリエの事を責める気にはなれない。睦月は凪子以外の女子に
は無関心で1度はマリエはキッパリ振られているし、その事すら睦月に
忘れられていたりする。それをオフィーリアの時に、容姿と英語力で睦月に
興味を持たせたわけでしょ?そして部活のマネージャーになって、睦月に
自宅まで送ってもらうような仲にまでなる。睦月は簡単に同級生の女子の家に
行くタイプでもなかったし、女子とそこまで仲良くなるタイプでもない。
別にお金持ちだという噂がたっていたわけでもないし、マリエは自分の魅力で
そこまでこぎ着けた。

キスをしたのも関係を持ったのも睦月の意志。睦月は箱入りお嬢様のマリエ
の誘惑に負けるほど初心でもなかったし。マリエが自分と睦月の関係が
安定するまでは凪子には秘密にしておきたかったのは当然と言えば
当然。それがズルイというなら、凪子だってマリエと付き合っている
睦月に想いを打ち明けていたりしているからね。凪子が早く素直になって
いれば睦月と付き合っているのは凪子だったのに、マリエが付き合ってから
睦月に素直になるのもどうかと思うよ。

三角関係に決着を付けるのならマリエの家に援助される前の高校時代に
つけておくべき。睦月が医大に行けなくて高卒で就職していても凪子は
そのまま好きでいただろうか?睦月の優秀な部分に惹かれていた部分も
大きかったのに。病気の母親を看てもらって私大の医学部に出してもらって
、マリエとは関係持って、それでいて母が亡くなると凪子とマリエで迷う
睦月が調子良すぎ。妊娠云々で左右される状態ではないでしょ。
そもそも妊娠だってマリエと関係を持つからだし、凪子との間を迷いながら
関係は続けているとは・・・。

特殊に優秀なんだから、何年間か働いてお金を貯めてから奨学金で
国立医学部に行く事だって可能だった。選ばなかったのは自分。
凪子への未練を捨てて、凪子とマリエの為に嘘でもキッパリと
好きじゃないって振るべきだったと思う。好かれていると思うからこそ
凪子も忘れられなくなるんだから。1番ずるいのは睦月だ。

71 :花と名無しさん:2005/09/10(土) 01:33:46 ID:???0
またマリエ擁護派が涌いてきたか・・・・

72 :花と名無しさん:2005/09/10(土) 02:39:25 ID:???0
公平に見たら、恋愛に関しては誰も悪くない。
誰が誰を好きになろうと自由だ。
恋愛は、友人や親のためにするもんじゃなく、自分のためにするのが恋愛だからね。
野心や打算で男と女が深い仲になるのも、双方合意の上なら他人が口をはさむ問題じゃないし。

にもかかわらず何故マリエが読者の多くから嫌がられるか?

マリエの場合は、恋愛面ではなく、友人づきあいの方で、エゴを押し付けたからさ。
自分の恋愛を貫くために友人相手に卑怯な駆引きをして、友人を陥れたあげく酷い仕打ちをした。

家庭教師の正体を隠したこともいただけないが、
凪子を呼びつけてむりやり二人の仲を公認させようというマリエの態度は、傲慢どころか
人を人とも思ってない感じだね。


73 :花と名無しさん:2005/09/10(土) 02:56:09 ID:???0
あれが、隠し通したまま以後の友人づきあいをやめるか、
もしバレたら二度と友人の前に顔を見せない、ってくらいのもんだったら、
友人を陥れて酷い仕打ちをしたマリエでも、まだ少しは人の心が残っていたと言えるだろうけど。

漫画だからマリエみたいな悪役の一人勝ちでも盛り上がるけど、
現実だったら、みんなが引いちゃってあっちこっちで恨みを買っていそうだなw

74 :花と名無しさん:2005/09/10(土) 03:07:03 ID:???0
睦月の場合は、そんなマリエの言いなりでも、
親の医療費で金に困ってたとかの情状酌量されるような要素があるかもしれない。
一番ずるいのは睦月、って決めつけるのは早計だよ。

睦月の方は、最初から援助目当てでマリエの誘いに応じたわけではないし
もとはといえば睦月の窮状につけこんだ提案をする方に問題がある。
いくら援助と婚約は別だと言われても、
言われる方が人の心を持ってたら、当然恩義を感じるし、援助だけをもらい逃げなんてできないよね。

大学へ進んでから、睦月がやたら女遊びをして荒れてた。
色んな女と寝まくってたようだが、凪子だけは対象にしなかった。
凪子をたとえ一時の遊びでも相手にしたら、マリエが傷つくからだよ。
マリエをほったらかしにして女遊びを続けたのは、
女たらしの男は嫌いだとマリエに言わせたかった所為では?

75 :花と名無しさん:2005/09/10(土) 08:09:24 ID:???0
一生のうちで、一番愛した女は抱かない。...これは睦月が自分に課した罰だよ。
睦月は自分の中で、一番つらい選択をしたんだ。マリエを傷つけたくないのとは違うと思う。
でもそれが凪子を、未練や心残りで悩ませているわけなんだけど。
以前の睦月はいい男だったよ。いまはぜんぜんだけどね。

76 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 17:59:14 ID:???0

>>75
> 一生のうちで、一番愛した女は抱かない。...これは睦月が自分に課した罰だよ。
> 睦月は自分の中で、一番つらい選択をしたんだ。マリエを傷つけたくないのとは違うと思う。
そうだね。凪子についてはストイックな道を選んだんだ。
凪子だけは一種の聖域みたいにしておきたかったんだろう。
まあ、それが凪子を抱っこうとしなかった第一の理由であって、
>>74
> 凪子をたとえ一時の遊びでも相手にしたら、マリエが傷つくからだよ。
> マリエをほったらかしにして女遊びを続けたのは、
> 女たらしの男は嫌いだとマリエに言わせたかった所為では?
こっちは、二番目の理由じゃないかな?
援助してくれた人の娘であるマリエを傷つけたくないという気持ちもあるだろうけど、
マリエの方から三行半つきつけて別れ話がもちあがることを望んでいたような。

> でもそれが凪子を、未練や心残りで悩ませているわけなんだけど。
学生時代の睦月、マリエとの婚約以降、っていうか高校三年でマリエとくっついた後
凪子に対しては、中途半端な態度をとってばかりで、
そこが納得いかなかったね。
凪子にまで「おまえだけは抱かない、マリエを愛してる」なんて言う必要ないのに。
悲劇に酔ってるみたいでいただけなかったなあ。
もしかしたら、苦しい胸のうちを察してほしかったんだろうけどさ。

でも、その後木綿子にあれやこれやをぶちまける機会があってからは、睦月少しは考えが変わったのかな。

> 以前の睦月はいい男だったよ。いまはぜんぜんだけどね。
以前は、良くも悪くも人間らしかった。悩むこと苦しむことから逃げなかった。
今は、食って寝て働くだけのオスで、悩むことを放棄しちゃって、人間らしさがあまり感じられないね。

77 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:07:03 ID:???0
とにかくもう「凪子&睦月」の成立は完全に無くなったとみて
いいんじゃない?
何より凪子自身がはっきりと睦月への思いに決別したんだから。
後は「凪子&如月」がどこまで行くのか
「睦月&マリエ」が夫婦として本当の信頼関係を作れるのか
この二点を追っていけばイイ。
後者の方が問題多そうだけど。

78 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:09:43 ID:???0
一種の聖域みたい>>
作者って、こんなの好きだよね?
実際は中々無いと思うよ。

79 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:38:31 ID:???0
>>78
言えてる。
作品例はあとで考えてみるが、
大里もそうだし
凪子みたいなヒロインは聖域になりやすいタイプだな。

80 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:07:20 ID:u/MdG+9q0
sage
文学的なスレですね

81 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:23:22 ID:???0
いま気がついたが、名無しさんが選挙・・・

まあ、文学志向な作者の作品だから、
ついついツッコミがふかくなるという傾向はあるね。
ただ、読者の方が作者より若いとはいえ
長年の読者でも人生につかれきってる年代じゃないから、
色んな角度からの見方ができてるようだね。

82 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:43:46 ID:???0
>>76
学生時代の睦月、ほんとひとりよがり。
> 凪子にまで「おまえだけは抱かない、マリエを愛してる」なんて言う必要ないのに。
何も言わないか、言うんだったら説明するべき。
マリエ一筋になれないからって、好きな女に八つあたり(ry

>>77
全面的に同意。
> 「睦月&マリエ」が夫婦として本当の信頼関係を作れるのか
もとはといえば、凪子に対して普通の友人づきあいを望むから
夫婦間で気まずさの種がたえない状態を招いた。
アメリカにいて、付き合いが途絶えてた頃は、問題なかったと思う。
強引な展開をするなら、もう一回渡米なりなんなりで、離れればいい。
しかし、海外を含めて東京から遠く離れる可能性は
独身としての身軽さのある凪子の方にありそうだな。
そうなると、未成年の如月が・・・むずかしくなる。
前スレの想像版は、その辺をうまく作り上げていたが。

何にせよ、如月の動きが、完結までのポイントになるだろう。

83 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:23:29 ID:???0
凪子の側では
睦月とは旧交を温めたい気持ちがあっても
マリエとの友人づきあいまでは、決して望んでたわけじゃないからな。
学生時代も、マリエが強引に凪子との友人関係を続けたがったし
再会した後も、マリエの強引さに負けて凪子が断りきれずにつきあってる形だ。

マリエが、大里との結婚を再度奨める目的で凪子のクリニックを訪れた時があったが、
今のところマリエと凪子が同席して会話するのはそれが最後。
その時の凪子は、これから人に会う約束があると言い、
誰と会うかを知りたがったマリエに、プライベートだから教えられないと言い切った。
それっきり顔を合わせてもいないし連絡もしてない関係だと思う。
マリエにしてみれば、そのとき以来で、密会現場での凪子を見るので、
ショックは大きかったかもな。

凪子とクリニックで会った後日のマリエ、
木綿子の彼氏にちょっかい出してるひまはあったようだが、
女としての魅力じゃ男は思い通りにならないって事知ったはず。
でも、マリエは、睦月についても、女としての魅力で凪子に負けたと思い込んでいるのかな?



84 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:22:32 ID:???0
学生時代のマリエは悪くないとする派でも、
大人になってからのマリエの、凪子への嫉妬や心労は自業自得だってのは、理解できてるはず、
マリエ派が出てきたからって、あんまりカリカリしなさんなw

どうでもいいけど的な存在に見られがちの木綿子だが、
教え子だった沢木先生とはラブラブになれてめでたしめでたし、か?
木綿子自身は、マリエへの嫉妬で悩んでたいうわけじゃなく
(沢木から見ればそうとしか見えなかっただろうが)
沢木との年齢差で悩んでいたんだから、
今後も沢木がらみで木綿子とマリエでもめるような問題はありえないだろう。

まあ、学生時代も凪子マリエの恋敵関係とは一歩外のポジションにいたわけだし、
大人編でも、部外者としての善意でwどたんばでくつがえすきっかけの役割をやらないことには
木綿子が出ている意味もないような気がする。


85 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 01:17:31 ID:???0
>>83
> でも、マリエは、睦月についても、女としての魅力で凪子に負けたと思い込んでいるのかな?

高校時代のマリエは、純粋に睦月を好きで
家の跡を継ぐとかには関係なく、睦月をひとりじめしたいあまりに、凪子を警戒したんだと思う。
自分より凪子の方が美人で女としての魅力で勝てないからっていうよりも、
凪子が睦月と仲がいい女だから、マリエは凪子を警戒し、凪子を遠ざける手段をとったんだよ。

再会後も、それは全く変わってない。
凪子が睦月と仲がいい女だから、マリエは凪子を警戒したんだよ。
(たとえ凪子の美貌が衰えていても、睦月がこっそり会う女だったら、同じ結果になる)。。
でもマリエ本人が、そこに気づいているかどうかは疑問だな。



86 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 01:18:04 ID:???0
睦月と凪子は、お互いの男として女としての魅力はオプションみたいなもので、
基盤になってるのは、高校で出会ったころの、同じように勉強が好きっていう同志的な連帯感かも。
たまたま男と女だから、恋愛の対象になったけど、おたがい人間としても魅かれあってたと思う。

凪子と睦月は、結局は、お互いを決して嫌いになれないんだろうね。
前号のように、抱くか抱かないかの険悪な雰囲気になっても
あくまでも清らかな関係でいようとする睦月を、凪子も許して認めてあげるし、
睦月は、息子をたぶらかした女なのに別れたくないと泣く凪子を責めないで、ハンカチを貸してやる。
おそらくは、今後も大学の医局がらみで同席する機会があれば
清らかな関係で旧交を温めあうのだろう。

睦月が、俺の代わりに息子が凪子を幸せにしてほしいなんて考えるかどうかは分からんが、
そうなってほしいなと個人的には願っている。

87 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 01:49:19 ID:???0
>>85
> でもマリエ本人が、そこに気づいているかどうかは疑問だな。
これから美容師の前で、マリエが過去の結婚のいきさつをありのままに語るようなら
マリエは、女の魅力の所為ではないと
気付いてることになるでしょうね。
そこまでは語らないでいるなら、
気付いてないという可能性の方が強いかも。


美容師と最初に外で会ったとき(パーティの後のバーで)
マリエは「主人とは愛のない結婚でした」と
無意識のうちに口走ってます。
でも、自宅へ戻ってからは、
どうしてあんなことを言ってしまったんだろう、と、それを否定。

あのエピソードがむだ遣いに終わるかどうかは、作者次第でしょうけど・・・



88 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:54:28 ID:???0
マリエ嫌い〜〜〜1度ぐらい傷ついて嫌な自分に気がついてくれぇ〜〜〜!

89 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 14:57:17 ID:???0
>>86
すごい!!!
同感です!!

90 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:56:50 ID:???0
アメリカでは夫のステイタスを上げる為に美しく着飾り、
すばらしい子供を産み、人が羨むような美しい家を作り
ひたすら社交に励む妻を「トロフィー・ワイフ」というらしい。
南部あたりでは「サザン・ベル(南部の花)」
60年代くらいまでの良家の子女は必ずこうなるようにしつけられた。

まさに、マリエはこのトロフィ・ワイフそのもの。
おそらく彼女の母親もそうなんでしょう。
睦月の仕事に対する理解にも乏しくて、睦月自身も仕事に関しては
「君には関係のない事」「君には理解できない事」
「君が心配しなくてもいい事」にしてきたんだと思う。
でも、夫婦の間に「無関心でもかまわない事」を作ってしまうと
ほかの事でも理解してもらおうと思わなくなりそう。
真剣に理解しようとはせずに、「抱いて」といわれれば抱くし
「不愉快だ」といわれればとりあえず謝るし。
なんで彼女がそう感じるのかゼンゼン話し合わない。
コレじゃマリエの不安は募る一方だし、睦月が一番悪いよ。

91 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:47:02 ID:???0
睦月はさ、結婚相手を選択するとき
「心ざわめく恋」を基準にするなら凪子を選ぶべきだったし、
「心の通い合う安らぎ」を基準にするなら木綿子を選ぶべきだったんだよ。

結局そのどれでもない相手を選んだ。
あの頃イロイロ言ったけど結局マリエを選んだのは「責任感」

92 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 11:01:13 ID:???0
>>90
トロフィ・ワイフってゆうのは、良妻賢母の社交家バージョンか?
渡米前はともかくアメリカ在住時代のマリエは、そんな感じでやってきたような感じがするね。

でもまあ、妻がいくら良妻賢母でも、
結婚したらプライバシーのすべてを見せあわないといけない
なんてことになったら、息がつまるよ。

夫婦それぞれの得意分野(夫の職業、妻の家事やご近所づきあい、それぞれが独自に楽しむ趣味等)と、
夫婦で協力しあってゆく部分(夫婦共通の趣味、家族や親族や共通の友人関係等)は、
いっしょくたに考えないほうがいいんじゃない?

ダンナの仕事や結婚前のこと知らなくても、仲のいい夫婦はいっぱいいる。
夫婦の間に「無関心でもかまわない事」を作ってしまうとよくないのは、
出あった後から始まる、夫婦で協力しあってゆく部分だけだよ。

とはいえ、
> 真剣に理解しようとはせずに、「抱いて」といわれれば抱くし
> 「不愉快だ」といわれればとりあえず謝るし。
> なんで彼女がそう感じるのかゼンゼン話し合わない。
> コレじゃマリエの不安は募る一方だし、睦月が一番悪いよ。

マリエがこういう考えでいるとしたら、睦月は歩み寄れないだろうな。

睦月にしてみればマリエから「凪子だなんて呼ばないで」と高飛車にはねつけられたから、
あの時点でもう話し合う意欲も萎えちゃったんだろう。

93 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 11:19:28 ID:???0
要するに、女としての魅力ってのは、
女っぽいルックスとか、スーパー主婦的家事能力だけじゃないってことさ。

ああいう場合に
「凪子は女の私から見ても美人でかっこいいのよね」とか
「たまには二人でゆっくり飲んできたら?大学のゼミで一緒だったしつもる話もあるでしょ?」とか
いやみじゃなくさらっと自然に云える、
そういう心のゆとりも、女の魅力なんだよね。

その点での、凪子はどうか?
同窓会の夜、睦月に対しては、二人で飲むバーで、こんなような言い方をしてた。
「全然変わってないじゃない(ルックスが)。奥方の手入れがいいのね、きっと」


94 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 13:56:38 ID:???0
>>91
一条ゆかり御大の80年代中頃の短編で「夢のあとさき」というサスペンス漫画がある。
祖父の財産を相続したヒロインのそばには、二人の男がいるんだけど、
どっちが財産目当てでなく本気で惚れてくれてる男なのかは、彼女は、最後まで気づかない。
「○○と一緒にいるとドキドキときめくの、でも△△と一緒にいるときはホッとするの」
と、乳母の前で言うシーンがあったのを思い出したよ。

木綿子の場合は、今だったら誰と結婚しても
>>90みたいなことを言える妻になると思うよ。
木綿子と凪子とのレストランでの会話によると(凪子と如月の関係が木綿子にバレた後)
本人初婚の時は、マリエと似たようなもんで
夫の浮気に遭遇しても自分の落ち度に気づかないで、夫を責めるだけの妻だったようだ。
元々愛情があって結婚した相手じゃないというし、無理もないな。


95 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 14:08:03 ID:???0

マリエの場合は、睦月への愛情というのは深いんだけど、
独占欲が強すぎるんだよね。
相手の望むことを許さず縛りつけるだけなら、愛情とは言い切れない(偏愛という言い方もあるが)。

結婚前からマリエは、睦月に尽くす女だった。
親の金に頼る状態だったとしても、
睦月が望む医者への道を歩んでいけるように、最大限の努力をしたさ。
結婚後は、睦月の身の回りの世話も、かいがいしくやってて、内助の功では文句なしだ。
だけど、睦月の行動逐一チェックして
仕事仲間のつきあいや過去のことにまで干渉しようとするのは、行き過ぎ。

マリエはいくら妻でも、夫の睦月が過去に歩んだ道すべてを塗り替えることは出来ないんだよね。
少なくとも、凪子と睦月が同じ医学部で学んだ事実は変えられない。

睦月のほうは、マリエに余計な心配をかけたくないから
いちいち凪子と同席した話なんか出さなかったんだよ。


96 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 14:44:47 ID:???0
>>94です、アンカー番号まちがえちゃったみたい(専ブラのバグ)。

 > 木綿子の場合は、今だったら誰と結婚しても
 > >>90みたいなことを言える妻になると思うよ。

↓ 正しくは、>>93みたいなこと。↓

> ああいう場合に
> 「凪子は女の私から見ても美人でかっこいいのよね」とか
> 「たまには二人でゆっくり飲んできたら?大学のゼミで一緒だったしつもる話もあるでしょ?」とか
> いやみじゃなくさらっと自然に云える、
> そういう心のゆとりも、女の魅力なんだよね。
>
> その点での、凪子はどうか?
> 同窓会の夜、睦月に対しては、二人で飲むバーで、こんなような言い方をしてた。
> 「全然変わってないじゃない(ルックスが)。奥方の手入れがいいのね、きっと」



97 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 15:09:15 ID:???0
凪子のセリフは
これだけだと皮肉っぽく聞こえるかもしれないけど、
その場ではマリエのことを
あいかわらず女っぽかった〜とかほめているし、
その後も睦月の前でも、如月の前でも、木綿子の前でも、
凪子はマリエのことを悪く言ってない。
内心ではマリエの幸福が嫉ましいとか感じることはあっても、
人前では口に出さない。

凪子は大人として成長してるな。

98 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 17:54:36 ID:???0
マリエ派から見れば、
マリエは学生時代も大人になってからも悪くないって事で、
悪いのは凪子または睦月って事になるんだ。
ま、自分の思い通りにならない事は全部他人の所為したがるマリエだからな。

大人になってからの睦月は、
保身的とかちっともかっこよくならないとか
言われてるな。
これらは概ね凪子を応援する人たちの見方だと思うが、
全くその通りだな。
まあそれは、マリエに対しても当てはまることだろう。
ルックスや仕事ぶりでマリエにとってはかっこいい男ではあるが、
二人の間で本音を語り合えない状況を、睦月の方から折れて改善する意欲はなさそうだしな。

再会後は、睦月が凪子を傷つけたり困らせたりするような事はやってないと思う。
本音は語らないってのはまだしも
「如月と別れてくれ」「マリエは知らないんだ」のセリフは興ざめだったが、
そのあとは凪子の誘いにも応じたし、睦月にできる限りの優しさを見せたじゃないか。
如月とのつきあいをやめろとは言わなくなったし。

99 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 18:05:38 ID:???0
なんて格調高いスレ。
ほんとに2チャンですか?ここ
大学の漫画学科の講座みたいです。

100 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 18:06:44 ID:???0
>>88
まったく同感なんだけど
作者マリエびいきだからどうなるかな〜orz
ストーリーの最後に思いきり傷つくのかもしれないけど
立ち直るきっかけとかもないままじゃ可哀想だなマリエ。
つか、そこまで(マリエの立ち直りまで)描ききれる力量は残ってないだろう。

101 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 18:25:05 ID:???0
>「如月と別れてくれ」「マリエは知らないんだ」のセリフは興ざめだったが、

親なら当然のセリフなのでは?妻を守ろうとする夫の立場としても。
だからこそあの時凪子は、睦月は如月と自分を引き離そうとしている
敵なんだと感じたわけです。

102 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 20:16:03 ID:???0
念のため書いとくけど、
あの場面の睦月は、凪子の顔を見るなり卯月と別れろと言ったわけじゃないよ。
いつからつきあってるのか最初に睦月は訊ねたし、
凪子が(睦月やマリエと)再会する前からつきあってたことを伝えている。
別れてくれのセリフはそれに対する言葉。

マリエは知らないというのも、凪子が訊ねたから否定しただけなのだが、
睦月からの、あいつ(マリエ)には絶対知られたくない、というひと言が
凪子の迷いというか未練断ちきりの決意にとどめを刺したって感じ。
あの場の凪子は、そういう睦月の本心まで知りたかったわけではないだろう。
睦月のしょうもない既婚者ぶり。興ざめなのは、むしろそっちのひと言だったな。

睦月は、自分が過去に凪子にした仕打ちも忘れてるような態度だったし
凪子を家庭の平和を乱す邪魔者悪者のような扱いしたわけだから。
ま、凪子もそんな男はさっさと見切りつけておけばよかったんだが
作者の都合で、はっきりしない睦月ってのが引っ張られていたので仕方がないw

103 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 21:55:59 ID:???0
如月、未成年じゃなければ
(親の承諾なしでも結婚できるのは18歳以上だが)
親がどうあれ、本人が望めば、結婚だってできるんだよね。

未成年者が家出とかして、成人してる相手と同棲はじめた場合、
その未成年者の親は、その同棲相手を誘拐罪で訴えることも出来る。
でも、18とか19なら、親の承諾なしでも正式に結婚できる。
正式な結婚つまり婚姻届には保証人がいるので(普通は仲人がそうだ)
既婚者の友人に頼めばなんとかなる。
そうなると、反対したい親でも法的には手出しが出来ない。
しかし、話し合って同意を得て同棲するなり結婚するなりのほうが
後々恨みを買わないし、合理的だけどね。


104 :花と名無しさん:2005/09/12(月) 23:22:27 ID:???0
う〜ん、結婚に親の承諾いらないのは男女とも20歳以上じゃなかったかな...
まあ、この場合あんまりそこは関係ないか、スマソ。

105 :花と名無しさん:2005/09/13(火) 00:33:15 ID:???0
如月って確か高校二年
でも早生まれだから今16歳
コミックス1巻では、
凪子が「最初に会ったときまだ16にもなってなかったのね」とかを言ってたりする。
しかし、この連載自体は、如月が16歳のままで終わっちゃうような気もw

作中時間は、第三章(再会以後の大人編)始まったあと
5月6月あたりはすんなり進んだけど(コミクス5巻あたり)
7月あたりから急に動きがにぶくなった(6巻以降)。
連載の1話分で二三日しか進まないみたいで。
ぶっちゃけ、休載期間を含むこの4年間余りで、
作中時間は2〜3週間しか進んでないみたいだ。

そういえば今日(日付が変わったばかり)
コミックス8巻発売じゃなかったっけ?

106 :花と名無しさん:2005/09/13(火) 08:09:15 ID:???0
>>102
>あの場面の睦月は、凪子の顔を見るなり卯月と別れろと言ったわけじゃないよ。
いつからつきあってるのか最初に睦月は訊ねたし、

とりあえず事情を聞くのは当たり前。

>別れてくれのセリフはそれに対する言葉。

睦月は二人の関係を知った上であの場に現れたのだから、
すでに答えは出ていたはず。

あなたっていつも作品と作者の悪口ばかりね。
文章の中にいつも決定的な間違いがあるから同じ人だってのが
丸わかりなんだけど。



107 :花と名無しさん:2005/09/13(火) 08:44:40 ID:???0
>睦月のしょうもない既婚者ぶり。興ざめなのは、むしろそっちのひと言だったな。

あの時の睦月の態度は
夫をもつ身としては100点満点の答えだけど?
みんな凪子に肩入れしすぎ。

>睦月は、自分が過去に凪子にした仕打ちも忘れてるような態度だったし

なんかしたっけ?
二人は別に付き合ってたわけじゃないし、むしろマリエの恋人に
横恋慕してせまったのは凪子。凪子に冷たくしていたのはむしろ
睦月なりの思いやりだよ。


108 :花と名無しさん:2005/09/13(火) 13:36:18 ID:???0
↑夫をもつ身としては→夫をもつ身の私としては
です。

109 :花と名無しさん:2005/09/13(火) 16:01:17 ID:???0
マリエ派ってまだいたのか・・・

コミクスまだ買いに行ってないから見てないいけど
読んだ人、どうよ?
雑誌に載ったものと比べてみたいと言っていた人もいたね。報告楽しみにしてるよ。

そういえば。ヤングレディ??に20年前連載したとかの話はどうなったんだ?

110 :花と名無しさん:2005/09/13(火) 20:21:57 ID:???0
20年前連載したとか編集者の人とかに聞いてみます?

111 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 12:08:35 ID:???0
睦月は一生懸命マリエを守ろうとしている。

過去にあったことをわかっているからこそ、凪子のことでマリエが傷つかない
ように気を使っているんだよ。それって格好悪い男になるのかなあ。
事情はどうあれ、結婚した以上は妻を大切にしようとしているよ。
だからアメリカでの二人の家族写真は幸せそのものだったし、
日本に帰ってきて凪子と再び出会わなかったらその穏やかな日々は
ずっと続いたはずだよ。

だから睦月が凪子からマリエを守ろうとしている行動には愛を感じるな。
そういう睦月の気持ちがマリエには伝わってないみたいだけど、
無口なのは性格だからしょうがないよ。

アメリカにずっといれば二人は幸せだったけど、過去はずっと
心の奥に閉じ込めたままで清算はできない。
とりあえず睦月と凪子が結ばれることはもうなさそうだし、
この夫婦二人の絆をほんものにするためにこれから先お話は動いていくと思う。
案外作者的意図はその辺にあるんじゃないかな。

睦月と凪子の密会を一気にマリエと如月に知らせたのも、
ばれるばれないのどきどき感が主じゃないんだよ。このお話はきっと。


112 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 17:01:16 ID:???0
凪子と睦月の密会はおそらくあれが最後だったわけだから、
マリエと如月の両方に一度に教える必要があったんだと思う。

作者が話がまとまらなくなって投げやりになったわけでも
結末を端折ろうとしたわけでも
ストーリーを途中で変更したわけでもないよきっと。

純文学にはよくあるやり方だよ。
途中話があちこちに飛び、一見だれたように見えて退屈になるけど、
あとで一気に全てのエピソードが繋がってくるというやり方は。
多分これからいろいろあるんだよ。
だって大人編は(5巻から8巻まで)まだ半分しか描かれていないんだからね。
大人になってからの話も多分最初から計算しつくした展開で変更はされてないと
8巻を読んで思った。




113 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 18:13:28 ID:???0
後書き(言い訳)今回(8巻)長かったですね。
ネットのことも書いてあったから、ここの反応も知っているようですね。
前原さん!
後書きがなかったら読者は離れていましたよ。(私も危なかった)
前原さんの頭の中には素晴らしい話がまとまっているらしいですが、
イライラして待っている読者としては、ここで書き込みがあるように
何も語らない睦月。我が侭で自己中心のマリエにしか作品からは読み取れません。
毎回毎回、「これからが本当に凄い話になるんです。」の言葉に何度騙されたか。
でも最後まで読みます。
期待を裏切らないことを信じています。

114 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 18:54:15 ID:???0
↑後書きイコール言い訳とは取りたくないな。
>イライラして待っている読者としては、ここで書き込みがあるように
何も語らない睦月。我が侭で自己中心のマリエにしか作品からは読み取れません。

まだ話は全然途中なんだから、こうなったら最後まで読んでから判断下そうよ。
マリエも睦月もこれから真実が見えてくるかもよ。

>ネットのことも書いてあったから、ここの反応も知っているようですね
ホームページを開設したいって書いてあっただけだよ。
読者のみんなが作品のことで話し合える場があったらいいと思っている
ってことはここのことは知らないと思うよ。

115 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 19:10:05 ID:???0
早く睦月が何故今まで「・・・・・」(←語らなかった)のか知りたいです。
そしてマリエがどれだけ魅力的な人間だったかを披露して下さい。
先の展開が楽しみになってきた〜 けど長期休載は勘弁してね〜

116 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 19:18:22 ID:???0
あと書きってあくまで作家の読者に対する個人サービスなんだよね。
編集側もそんなとこまで強制しないし。
そんなもの書いても書かなくても本の値段は一緒だし。
書くのめんどくさくて余ったページとか広告ページにする人いるよ。

117 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 19:30:31 ID:???0
とにかく12巻まで続くんだな。先は長いぞ皆のものがんがれ!

118 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 20:23:00 ID:???0
↑ラジャー!!

119 :花と名無しさん:2005/09/14(水) 22:32:09 ID:???0
>>114
ネットはやってるけど、2ちゃんまではやってないみたいね・・・
つーか、このスレ見つかったら、ショックで寝込むんじゃない?w

120 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 06:22:07 ID:???0
ストーリーはどうあれ、
連作読みきりシリーズではないのだから、休載期間の長さは、非常識だな。

ちょこっと連載→長期休載→忘れた頃にちょこっと連載→長期休載→(ry
これはないだろう。
小説でも漫画でも、そういう連載を許している雑誌はなかったぞ。
ちなみに私は元出版社勤務で営業と編集の両方を経験した。
大黒柱のような専属作家が個人的な都合でしばらく休む場合
わがままな作家でもやむをえず起用するケースはあるが
ビーラブの場合前原滋子は後者の作家として編集が切りすてできずにいるのだろう。

ビーラブでも、作品のクオリティを大事にする作家は、
連載の当初から毎号掲載ではないことを予告しているが、
以前のストーリーや設定をよく知らない読者でも
ついてゆけるような内容になっている。
こういった配慮は、編集担当と作家で打ち合わせてゆくのが、この業界の常識。


121 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 07:02:17 ID:???0
>>114
> >ネットのことも書いてあったから、ここの反応も知っているようですね
> ホームページを開設したいって書いてあっただけだよ。

ホームページ 作るほどの暇と意欲があるなら、
その前に、雑誌の連載ペースをせめて月1にしてくれと言いたいね。

> 読者のみんなが作品のことで話し合える場があったらいいと思っている
おそらく読者の意見は、ビーラブ公式みたいなものしか載ることはないだろうね。

> ってことはここのことは知らないと思うよ。
そうだね。本人が見てたら、作品に取組む姿勢が、少しは改善されていると思う。
少なくとも8巻の後書き内容はああじゃなく、多少変わっただろう。

>>119
> つーか、このスレ見つかったら、ショックで寝込むんじゃない?w
ポッと出の新人漫画家じゃないんだから、まさかw
作品への愛着が深い作家なら、くそっ頑張るぞ!ってなもんで、
文句言われないように完結掲載を優先すると思う。

読者の反応がショックで寝込むような作家は、
作品が認めてもらえない=作家としての自分が認めてもらえない=自分の存在を認めてもらえない、
と感じてしまうからだよ。
漫画だけが生きがいのアマチュアかプロなりたてなら、
はじめてのきびしい批評に接して、そうなるケースは多い。
あとは、プロでも、晩年に作品が思うように書けなくなり、
人気が衰えたのをはかなんで自殺を図った作家もいる。

122 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 07:55:07 ID:???0
>>116
野村胡堂という小説家が、銭形平次捕物控の後書き(文庫本にも所収)で
読み手に対して作家が、作品の解説やストーリーがまとまるまでの苦労話を語るようでは
たいした作品ではない、と言っている。
作家としての言い訳をするくらいなら
作品の中でそれを表現しろという。

野村胡堂の主張は、メイキングオブ何々への批判でもあるのだが、
映画のメイキングオブスターウィーズのような、
それ自体を一つの番外編としてサービスする場合を含んでいるわけではない。
(彼の時代にはまだそういうスタイルはなかった)。

前原滋子以外にも、作品の作品の解説やストーリーがまとまるまでの苦労話を
単行本の後書きに書く漫画家や作家は、少なからずいる。
しかし、完結のメドがついていない作品でそれをやっている漫画家や作家はいない。

何はともあれ、前原滋子の場合、後書きや言い訳には決して具体的な確約があるわけではない。
後書きや言い訳自体が読者の期待通りにならないならば、
その後書きや言い訳自体がひとつの創作というか、連載オリジナルストーリーと見るべきだろう。

123 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 08:37:30 ID:???0
>>111-114は同じ人みたいだけど、
作者本人か編集などのごく近しい立場の人が書いたとしても
不思議じゃないような印象だね。
このスレって、作品そのものやキャラを支援するスタンスの人がほとんど。
たまに出るマリエ派の見方にしても、マリエは悪くない、悪いのは凪子や睦月というもので、
こんなふうに、作品全体の意図として語る意見ではなかった。
従来のマリエ派とは明らかに別の人だね。

124 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 09:06:33 ID:???0
>>111-114の言うことにもスジは通っているけど
休載関係に全くふれてないのは不自然な気がする。
>>113
> イライラして待っている読者としては、
読者がイライラする理由は、
あなたが言うように睦月が本音を語らない等でストーリーが進まないからだけど、
連載が中々進まない、つまり休載期間が長すぎるってことでもあるんだ。
そのことは気にならないの?

ビーラブは月二回刊だから、他の先生方のように毎号30ページ位書いていれば
1年間でコミックス4巻分は出せる。
実際、「永遠の誘惑」も、コミックス1巻から4巻までは、ほぼ1年間の連載だった。
(1998年6号から1999年9号まで。高校時代の終わる辺りで三回休載して計22話)

せめて月一回の隔号連載でも休まないでいれば、1年間でコミックス2巻分は出せる。
第三章以降(2000年2号から開始、コミクス第5巻以降)をそのペースでやっていたら
丸4年かかるわけだけど、
一昨年2003年の年末頃には全12巻分の連載が終わってたはず。


125 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 09:54:45 ID:???0
>>123
>>111-112同じ人。>>113-117同じ人。
数字が全角ばかりだし、凪子派マリエ派のいつもの長文さんたちとは絶対違うね。
>>111-112は、>>113を出すための前フリっぽいのは感じるけど、微妙だ。

後、「大人編」という書き方は、ちょっと気になった。>112
前から大人編という書き方してる人が、
永遠〜結構色んな角度から分析してるので、
編集部さんの仮の姿かな?って思ったこともあるんだ。
勝手な想像でごめん。>前に書いた人
でもそうだったらいいなと思ったよ。

んじゃ私も本屋行って最新刊買ってきますw


126 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 10:53:03 ID:???0
>>125
112は111の続きのように本誌の連載内容を語っているのが、
ラストの3行いきなり単行本の話題にシフト。
宣伝のつもりではないと思うけど、なにげに浮いてる感。

>だって大人編は(5巻から8巻まで)まだ半分しか描かれていないんだからね。
ヲイ・・・>>112は、5巻から8巻で六年近くかかってるの承知で言ってるのか?
9巻から12巻、この先さらに六年かかってもついていこうなんて
あっさり決められないけど?

127 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 11:15:06 ID:???0
先生が1980年代のデビューだったらついていこうって思うけど
・・・ビミョン

今50代半ばくらいでしょ。

128 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 11:51:01 ID:???0
>>120-123同じ人。


129 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 12:42:52 ID:???0
(出版)業界人がいっぱいのスレ。

130 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 12:46:39 ID:???0
同じ人もいっぱい!住民の数10人。

131 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 12:55:20 ID:???0
>>121
>おそらく読者の意見は、ビーラブ公式みたいなものしか載ることはないだろうね
ここは違うの?

132 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 16:01:32 ID:???0
半年ロムれとは言わないが
三日分ロムれば分かるだろ

133 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 16:17:59 ID:???0
>>129
業界人は雑誌板だよ。
でも少女漫画板のビーラブスレで編集が内情ばらしてた時期が2〜3年前にあった。

134 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 16:27:04 ID:???0
>>132
ええっ?つまり読者じゃないってこと??
じゃあここに書いてる人たちって?何者?評論家の人たち?
何か他のスレと違うよね。字いっぱいだし。

135 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 16:31:10 ID:???0
>>133
そういうあなたは何者?

136 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 16:47:01 ID:???0
雑誌板のとあるスレの常連ですよ。
このスレはググッてる時に出て来たから知ったけど
肝心の漫画の方、まだ読んでない。
最新刊以外はどうも見付からないから、
いっそ尼で注文しようかと考えてます。


137 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 17:08:13 ID:???0
112です。ちなみに111と113私じゃありません。他も。
文章紛らわしくてすみません。最初の2行は前の人のを受けて。
あとは8巻の内容と後書きを読んで私なりに考察したものです。
前スレの方で作者が泥沼にはまって作品を投げたとか、8巻か9巻で完結
しようとしているとかあったので。
今回雑誌に載った3回連続の内容、というか使われているセリフに興味を持ち
単行本を一気買いしたものです。初書き込みで要領を得ず失礼しました。

138 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 18:53:22 ID:???0
8巻読んでほとんど木綿子と大地君の話がメインでがっかり・・・
何故木綿子の話で自分は応援または興味が持てないのだろうか。
単行本の帯には前の巻から1年半とあったから、次までまた1年待つのか。
でも後書きに9巻から12巻と書いてあったから、気を長くして待っているしかないのよね。
あと終わるのに何年かかるのかなー8巻をすごく期待していたので、
読んであんまり面白くなかったから落ち込んだのかな。先は長いけど私は待とう。

139 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 21:32:41 ID:???0
20年くらい前のヤンレディです。しばらく病欠してました。ごめん。じつは、いざ国会図書館に
チャレンジしようと思ったら、“これはかなりの前準備が必要だ”とわかったので、元々の
PCオンチとしてはハードル高いな〜と気後れして...まず受付と予約につまずきそうだ〜っ!
が、自分の中でも“永遠の謎”にしたくないので(これは5巻のあとがきに代えて・・・を見て、
このストーリーの完結もそうなってしまうかと本気で思っていたよ。前原センセの病欠が
よくある話とは知らなかったしね、さんざん回想にお付き合いしてこれからと言う時に休載〜??
しかも強運ってことは命にかかわること〜?!なんてマジ心配したよ)という訳で、自信ついたら
チャレンジします。わかったら報告します。でもかなり時間かかるカモ。
このスレも早140になる...すっごいな〜ちょっと病欠してる間に、いろんな意見が出ていて
やっぱりここはいいな。。。。。
コミクス7・8巻持ってないので早く買ってみよう。8巻のあとがき興味あるし

140 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 21:54:52 ID:???0
個人的にはこの作品にハマるピーク過ぎてしまった気がする。
その後は惰性と乗りかかった船的な未練だな。

作品よりこのスレのほうが読みごたえあるという意見、
前に何度か出てたけど、
そういう意見って、今思うとマジだなって気がする・・・

ぶっちゃけ、このスレがあるから、
完結を期待するようになったし、
この先も読もうって気になった。


141 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 22:01:54 ID:???0
>>139
おお、無事でしたか。
詳細は今は省略しとくけど、
無理しない範囲でがんばろうね。応援するよ。
まずは電話で問い合わせよう。そのほうが早いぞ。
総合案内的な電話番号がわかれば、そこで閲覧希望の旨を言うと、
その係の電話番号を教えてくれるよ。

142 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 22:08:52 ID:???0
ありがとう!
ここに初めてきてから今まで、何日でもないのに、たくさんの情報もらってホントうれしいよ。


143 :花と名無しさん:2005/09/15(木) 22:58:46 ID:???0
永遠8巻読んだ。
8ページにも渡るあとがきは、なんだこりゃ?だった。
前に語ったことの繰り返しと水増しばかり。
目新しいことなんてほとんどないじゃんか。
あえて目新しいこと挙げるとすれば、
いずれ、登場する脇役の新キャラが一名いる、
睦月は(全64話の)第60話まで本音は語らない、
ってとこか。

残念ながら、
読者に対して何年かかってもついていこうという気にさせる内容じゃないよ。

144 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 01:47:00 ID:???0
あとがきの所為で発売が予定より遅れたというわけではなさそうだね。
書き下ろしのコマは一冊の中で10コマにも満たないようだ。
コピペで出来る修正が超多すぎ。

145 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 10:27:51 ID:???0
>>144
>あとがきの所為で発売が予定より遅れたというわけではなさそうだね
?あとがきの所為って何?

146 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 11:01:11 ID:???0
コミックス8巻、雑誌の去年の掲載号と、くらべてみた。
連載5回分ですが、>>144さんの言ってるとおりですわ。
あ、本筋が変わるわけじゃないので、単行本オンリーのみなさん安心していいですよ。
以下は重箱の隅モードですから、どーでもいい人は読み流して下さい。

147 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 11:01:50 ID:???0
総合的な印象としては、修正後の違和感はないけど、
修正してよかったと言えるほどの出来映えではないなという感じ。

セリフは、ほとんど同じものが使われている。※
ただし、前後のコマに移動しているパターンが多い。
あと、吹き出しではなかったものが、吹き出しに収まっていたりする。

※例
 単行本8巻P.13の下段2コマの木綿子と凪子のセリフは新たに追加。
 P.14は、各コマの絵とセリフの組み合わせも変わっている。

木綿「びっくりしすぎて言葉が出てこないわよ」(木綿のバストショット)
木綿「あんたの言ってたペットって…つまりこういうこと…?」(木綿の胴体のみ)
木綿「へんだとは思ったのよ…自分の世話でせいいっぱいのあんたがペット飼うなんて…
   でもまあ…中年にさしかかった独身女の 心境の変化かと…」(凪子の横顔)
凪子「しつれいな(汗)」(凪子の横顔)
木綿「いつから…?」(コーヒーカップの絵)

 雑誌(BE-LOVE2004年10号 P.13)
木綿「びっくりしすぎて言葉が出てこないわよ」(木綿のバストショット)
凪子「……」(コーヒーカップの絵)
木綿「いつから…?」(キッチンの絵)

148 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 11:02:52 ID:???0
絵は、修正のパターンが四種類くらいある。(1)(2)は全ページの1/3位に施され(3)(4)は少ない。

(1)特定のコマに収まってたセリフと絵の組み合わせが変わり、セリフまたは絵が、前後のコマに移動。
 その結果でページ内のコマ割りレイアウトも多少変わる。
(2)人物のバストショットで、トリミング、縮小、トーンを貼り込む・外す・他のトーンに変える等。
(3)場面転換等で使う風景の描写を加筆(建物や室内等。別のページからのコピー)。
(4)人物のアップやバストショット全体を新たに描きなおし(表情やポーズ)。

マリエや凪子の登場する場面では、かなりの修正があるけど
如月や木綿子の場面ではごく少ない。
木綿子が中心の「遠い日」単行本P.71〜は、校舎の絵が加わるくらいで大きな変化はない。

149 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 11:06:44 ID:???0
>>145
> ?あとがきの所為って何?
>>144さんは、
あとがきを執筆するのに時間がかかって発売延期になったわけではないね、
と言いたかったのでしょう。

150 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 11:36:01 ID:???0
>>146−148
すご〜く熱心ですけど、こういう人って読者なの?それとも評論家の人?
それとも業界の人?それとも自分も漫画とか描いてる人なの?
何かこのスレ読んでるとみんなすご〜く詳しくてすごいです。

151 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 11:40:23 ID:???0
>>149
>>144さんは、
あとがきを執筆するのに時間がかかって発売延期になったわけではないね、
と言いたかったのでしょう。
そんなの当たり前ジャン。本人じゃないのに答えるのってヘン。違うかも知れないジャン。



152 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 11:59:51 ID:???0
>>150
他の皆さんのことは分かりませんけど
私は単に読書好きなファンで、つまり一読者です。
家事中心の主婦だから、この時間帯に書いてますけど
勤務先で仕事の合間にここを見てる人もいると思います。
仕事は人それぞれでしょうね。

ライターとか評論家とか編集者とかの
文筆業や出版関係の人は、仕事柄でムダの多い長文は書かないケースが多いと思いますし、
ここは仕事とは関係ない場所だから気ままに書き並べるというケースも多いと思います。
詳しい書き方をする=業界の専門家、とは限らないと思いますよ。


153 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 12:01:05 ID:???0
>>150
業界業界ってえらそうに言ってる人いるね。よっぽどそういう仕事してるのが自慢
なんだろうね。

154 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 12:05:22 ID:???0
作者が単行本で修正版出すのは別にかまわないけど
あとがきのあらすじ予告と連載中断のおわびはもうお腹いっぱい。


155 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 12:30:11 ID:???0
確かに言えてる>>154
でもまあ、あってもなくてもどっちでもいいよ>あとがき。
自分は、>>143> 前に語ったことの繰り返しと水増しばかり。
と同じ印象だったから、あとがきには失望もしてないし期待もしてない。


156 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 12:41:49 ID:???0
>>148に追加キボン。
(5)人物の服やアクセサリーを新たに描きなおし。
凪子と木綿子が飲みに行くエピ。
凪子のペンダント、
雑誌では丸型だったコマが、
単行本ではクロス型に変わっている。
最初に出たコマはクロス型なので、
まちがえていたのを直したんだね。
私は雑誌の時より全体に丁寧になったかなと思ったよ。
雑誌だと大きいからアラが目立ってたというのはあるかもw

しかしこんなネタしかないのが情けないw スマン

157 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 13:03:25 ID:???0
私思うんだけどいやなら読まなきゃいいじゃん。たかが漫画なんだし。
別に強制じゃないんだもの。無視すれば?
どうせ読むならなら自分の好きな漫画だけ読めばカリカリしなくてすむのに。
あれこれ文句言いながら単行本にまで目を通している人の心理ってわかんない。

158 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 13:12:32 ID:???0
大人になればきっとわかるよ・・・

159 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 13:14:18 ID:???0
文句ばかりじゃないんだよ。
何を言いたいのか読み取れるようになるには、人生経験が必要。

160 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 13:44:41 ID:???0
そうなの?なんか読んでるとみんな悪口ばかりで怖い。

161 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 14:13:27 ID:???O
8巻みた。
マリエ、男達のやらしい視線がいやならセクシーな服着るのやめたらいいのに…
うなじアピールも…

162 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 16:35:23 ID:???0

「永遠の誘惑」のタイトルイメージに触れるセリフ出てたね。

163 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 17:07:23 ID:???0
>>161
マリエは、男達のやらしい視線をいやがってるわけではないよ。
あの男だけが私を(女として)見ない、ってモノローグがあるでしょ。
ヤらしい視線さえからませてくれない?あの男=沢木先生の、
いかにも木綿子一筋っていう態度が、 マリエ的には、いやなんだよね。

>>162
第8巻126ページかな。
ビーラブで去年の今ごろ読んだとき、これがこの作品の結末だなって思ったよ。

164 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 18:01:58 ID:???0
沢木先生が自分に親切なのは、自分と親しい木綿子が目当てだ、と、すでに理解してるのに、
素直になれなくて、木綿子への嫉妬から沢木先生に思わせぶりな事を言うマリエ。
哀れだね・・・・

好きな男(夫の睦月)から深く愛されているという自信が持てないから、
嫉妬という自ら苦しいみにくい感情を招いてしまってる。
哀れだね・・・・

学生時代に恋敵関係だった凪子への嫉妬だけならまだしも、
マリエ個人の恋とは無関係の男なのに、彼を夢中にさせてる木綿子にまで嫉妬。
哀れだね・・・・

マリエは、自分の心持ちひとつで、沢木と木綿子のキューピッドという美味しい役ができるのにね。
少なくとも最初のうちはそのつもりでいたのに、
本気でそう考えてたわけじゃなかったんだなマリエ、
だから、沢木から木綿子への熱愛を聞かされた途端に、
木綿子なんかのどこがいいのよってな本音が出て来ちゃった。
で、木綿子に対抗心燃やしてるのに、
木綿子をダシにして沢木を誘惑しようとしてるのが、浅はかだなあマリエ。
ウチの長男のことほかに頼れる相手がいないんですとか、自分のネタで甘えればいいのに。
甘えるのが上手で男達の視線にもなれてるマリエなのに、
男を手玉に取る手段も知らない。
自分がなんで嫉妬してるのかもわかってないのかも。
…ここいらへんも、作者による強引な展開とも言われている一例だね。

マリエもいつかは色々な真実に気づくのだろうけど、
それまでの道のりが回りくどいと言われそうだな。
回りくどいというのは一部の文学にはよくあることだけど、
言い方を替えれば独り善がりでもあるんだよね。
作者はどこまでそれを自覚してるのかな?

165 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 18:02:46 ID:???0
注↑
こういうのは、文句をつけてるというわけではないんですよ。
ある意味では同情なんだけどな。
マリエの幸福を願っているからこそ出て来るグチなんですよ。

人に同情寄せるだけじゃその人を幸福にすることは出来ないし、
本人が自分の立場に分相応の幸福とは何なのかを知らなければ、
どんなに恵まれた環境を得ても、望むものをすべて手に入れても、心は満たされないんだよ。
本人が自分の立場に分相応の幸福とは何なのかを知らなければ、
他人がどんなに同情しても理解を示しても、解決策はない。
この場合の本人=マリエは、まんがのキャラだから、作者じゃないと解決できない。

読者である私は、マリエが
「自分の立場に分相応の幸福とは何なのか」を知る日を待ってるわけだが、
永遠にその日が来なくても、それはそれで一つの物語の結末になると思う。
キャラ萌え系のライトノベルには、物語としての完成度は二の次というのも多いからね。

166 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 19:01:49 ID:???0
>>157
このスレも強制じゃないですぞ

167 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 23:51:02 ID:???0
何かみんなゴチャゴチャ回りくどくてうるさいね。もっと素直に読めば楽しいのに。
漫画ってそういうものだよ。頭疲れない?

168 :花と名無しさん:2005/09/16(金) 23:55:21 ID:???0
頭痛くなってきたからもう寝る!12時だし。

169 :花と名無しさん:2005/09/17(土) 01:54:41 ID:???0
>>140
はげしく同意。特に終わりの3行。

1980年代始め頃は、フレンド読んでて前原滋子という名前だけは知ってた
けど、覚えてるのは単行本で「きみ色の日々」とか「綴り箱のかたすみに」
ぐらい。
1990年代からは漫画読む量が激減したから、「永遠の誘惑」は
歯医者さんの待合室でビーラブを読んだから知った。
マリエが睦月と寝室で愛し合っていたり、
如月が凪子のマンションにいて勉強を見てもらうとか、そのあたり。

初印象は、誰が主人公なのかよく分からない話だった。
だからそれっきり忘れてた。前号までのあらすじとかも書いていなかったし。

その後1年くらいしてから本屋で単行本みつけて最初から読んで、やっと
話のスジがつかめた。
でもビーラブにはもう載っていなかったから終了したのかと思ったけど、
情報さがしてググってたら、このスレがみつかって、休載がしょっちゅうだ
というのも、このスレで知った。
みんなよく我慢していたなあと感心した。

その頃は再開の予定がはっきりしなくて、打ち切りの可能性もよく語られて
いたから、このスレだけが情報源で唯一の関連サイトだったよ。

170 :花と名無しさん:2005/09/17(土) 02:48:52 ID:???0
>>169
> 初印象は、誰が主人公なのかよく分からない話だった。
> だからそれっきり忘れてた。前号までのあらすじとかも書いていなかったし。
これは7巻収録分だね。

> その後1年くらいしてから本屋で単行本みつけて最初から読んで、やっと
> 話のスジがつかめた。
去年の連載の頃も(8巻収録分)、
BE-LOVE誌上では、前号までのあらすじ、載っていなかったね。
手元にあるバックナンバーを見ると、
連載の最初の方のページの端に、主な登場人物というコーナーがあるだけ。
でも、そこでは、〜〜とは高校の同級生とか、〜〜の息子とか、〜〜と結婚したとか、
家族関係や職業を説明してるだけでした。
この間の3号連続連載で出ていたみたいな、過去に恋敵関係だったとかの説明は、
一切出ていなかったですね。

編集担当さん、怠慢だったなあ・・・っていうより、
去年までは、編集側もやる気が失せていたのかも。むりもないって気もする。
実際、連載再開はいつ頃になるのかさえ
はっきり出てなかったし。

171 :花と名無しさん:2005/09/17(土) 12:24:49 ID:???0
作者がわがまま病なので休載のたびに担当が変わったんじゃないの?
去年までは「次号に続く(または○号に続く)」の後、
いざその号が出たら「作者急病のため休載のおわび」で、それっきり放置、ってのばかりだった。

今年は、春頃から、この夏の連載再開の予定を予告していたし、実際にその予告通りの3回連載となった。
今の担当は、去年以前と同じ人かちがう人かは判断できないけど、
今年からは気配りがしっかり出来てるというのは、確かだ。

172 :花と名無しさん:2005/09/17(土) 22:11:45 ID:???0
8巻、やっと密林から届きました。

ココ読んでたからか、覚悟して読んだけど、
私的にはすっごく楽しめた。
「うちのペット」「ワン」!なんてかわいいじゃんww
そうくるか、と、笑わせてもらいました。

あとがきも、じっこ先生の気持ちが伝わってきてうれしかったよ。
やっぱり12巻まであるんだね。
早い終了みたいなこともココで言われていたから
「イヤだな」って思ってたけど俄然、うれしくなってきたよ。
まあ、みんな、愛があるから厳しいんだよね。
もう、どこまでもじっこ先生についていきます!!
早く続きを見せてくださいね〜!


173 :花と名無しさん:2005/09/17(土) 22:37:17 ID:???0
ありがとう!(じっこ先生の代わり)
私も同じ気持ち。怖くてここに書き込みできなかったけど。



174 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 14:14:38 ID:???0
自演と見られても不思議じゃないよ・・>>172>>173
読者がはげしく待たされることを気にしないで12巻まであることばかり強調してる貴方って
上の方で同じ感想出してる人と別人を装ってると見られても不思議じゃないよ。

人の感じ方はそれぞれだけど、
最近になって「永遠の誘惑」読んだ人ならではの意見ってのもあるし
長い期間この作品につきあってきた読者人ならではの意見ってのも
あるんだよね。

ともあれ、まじめな読者からの意見だと思うので、マジレスしておくわ。
長文連投でスマンね、皆の衆・・・
あとで作品についてもふれるから、許して下されm(_ _)m

175 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 14:16:13 ID:???0
>>172>>173
まじめにロムってたら、色々な角度から見た意見がていねいに語られていること、分かると思うよ。
>>172
> まあ、みんな、愛があるから厳しいんだよね。
このひと言でくくれるほど、単純な話し合いじゃないことも、理解できると思うよ。
ていねいに味わっている意見、創作するむずかしさを語る意見を、飛ばして読んでいたのであれば、
厳しいとか怖いという受け止め方しか出来ないかもしれないけど。

>>172
> 早い終了みたいなこともココで言われていたから
> 「イヤだな」って思ってたけど
私も早い終了になるとしたらイヤだなと思った。
だけど、イヤなのは、作者や編集者の判断だ。
話を予定通りに進められずに終了とするような、作者や編集者の判断。
このスレで早期終了かも?とかを言った、読者の判断がイヤだったわけじゃない。

むしろ、そういう見方も知ることが出来て、読者ならではの意見をありがたいと思った。
早期終了か?ってのは、その人たちが思いつきで言っていたわけではなく、
継続か打ち切りかを訊ねる読者アンケートハガキの存在とかもふまえて、
根拠のある推察をしていたからね。

176 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 14:17:16 ID:???0
>>173
> 私も同じ気持ち。怖くてここに書き込みできなかったけど。
作者を信じる気持ちが強いばかりに、
自分と意見の合わない読者を認めなかったり非難したりする姿勢というのは、
おそらくどこのスレでも嫌われるよ。
そういう姿勢の人は、マンセーという言い方をされることも多い。

貴方の場合、怖くて書き込みできなかったのは、
貴方が反論する材料を持っていなかったか、
たまたまその時に語られている内容の専門知識についてゆけなかったからではないかな。
感情的なレスしかしない人はスルーされるけど(長文ウザイとか自分語りとかの)、
分からないところをどういう意味ですかって訊ねる人には、誰かが答えているよ。
期待通りのレスがもらえないと怒るような人はスルーだけど。
こういった傾向は、このスレに限ったことじゃないし、
スレ住人の平均年齢が高めのところはたいていそうなっている。

ここは、同じ作者を応援する人や同じ作品に興味を持つ人が集まる場所ではあるけれど、
作者が確実に見る公式の掲示板ではないんだよね。
だから、作者にだけ意見を言ってるつもりでも、事実上は読者一般に対して言ってるわけ。

もちろん、作者や関係者も読んでいる可能性はあるよ。
だけど、確実に読んでいるのは誰かっていったら、それは読者しかいない。
だから、自分以外の読者の意見を認めない発言、自分と意見の合わない読者を認めない発言は
嫌われるんだよ。
話の流れを無視して自分の意見だけを主張する場合もそうなる。
貴方はそんなつもりはなかったと思う。
悪意もまったくなかったと思う。
だけど、自分と意見の合わない読者を理解しようとしない姿勢は、文章に顕れるし、
そうなると自己中心主義というもので、他人を不愉快にさせてしまうよ。

177 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 14:18:17 ID:???0
さて作品ですが。
>>172
> 「うちのペット」「ワン」!なんてかわいいじゃんww
> そうくるか、と、笑わせてもらいました。
こういうユーモアは、貴重だね。
如月と凪子、凪子と木綿子という、
本音を見せあえる関係のキャラにしか出てこないのが惜しいけど、
重苦しさをタイミングよくやわらげる作者のセンスは、さすがだなって思う。
ただし、このシーンは本筋にはほとんど影響しない余興だから、
こういうとこだけ注目するんじゃなく、
本筋の見せ方とか各キャラの切ない心理とかも味わってあげてほしいな。

もともとは「うちのペット」って、第1巻の出合いの所で何度か出て来るネタ。
思えば1巻の頃の凪子と如月の間には、
そういう遊び感覚もうまく溶け込んでて、おもしろかった。
5巻以降の二人はシリアスだけになっちゃったけど、
お互いを思いやるシーンがふえて泣かせるね。
この間の短期連載で、凪子のマンションで涙を流す如月、愛しかったよ。

178 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 19:46:42 ID:???0
あなたも憶測だけで同じ人って判断するのはやめた方がいいよ。実際違ってた場合もあるし。

>むしろ、そういう見方も知ることが出来て、読者ならではの意見をありがたいと思った。
早期終了か?ってのは、その人たちが思いつきで言っていたわけではなく、
継続か打ち切りかを訊ねる読者アンケートハガキの存在とかもふまえて、
根拠のある推察をしていたからね。

そんなアンケートはがきありえないって。大体作者だって目を通す単行本にそんなチラシいれたら
大変なことになるよ。いらない作家ならともかく。「永遠の誘惑」をお荷物だと
編集部が思ってるとも表紙のタイトル扱い見ると思えないし。

179 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 19:54:39 ID:???0
ハガキの件はマジだろ。

180 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 20:10:45 ID:???0
書かれていた文章きぼんぬ。

181 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 21:38:48 ID:???0
私も前のスレ読んだ時へんだと思ってた。単行本全部初版で揃えてるけど見た覚えないし。
知人も初版で買っていて中に挟まってる広告なんかも全部とっておく人だけど
見当たらないって言っていた。
私が唯一覚えているアンケートはがきは、以前永遠の誘惑のブックカバーの
全プレの応募の時のものだけど、内容は永遠の誘惑の小説化を希望しますか?とか
そういう類のものだったよ。

182 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 22:47:04 ID:???0
えぇ〜!
私は7巻購入した時にアンケート用紙が入っていました。
出さないで今も手元にあります。
宛先は 講談社 コミック宣伝部「永遠の誘惑アンケート」係 です。
内容は「永遠の誘惑」のアンケートご協力のお願い、となっています。
往復ハガキで前原さんのイラストも印刷されて、当時私は休載が多いので読者の反応が知りたいのかな、
と思って、当時私自信も話は読みたいでも休載が多くて辛い、とアンケート用紙に書ききれない為に
封書にコピーして出しました。
質問は9問あってそのうち5問は「永遠の誘惑」に関してです。
(ハガキ残しておいてよかった〜)
なかなか話が進まないで先も見えず不安な気持ちを、このアンケートに書き込みました。

>181 さん、私は只のマンガ好きの女ですが、単行本等々は発売と同時に購入するので
全て初版本です。購入先も神田の大手書店なので間違いないと思います。
初版だと後日誤植などあって取り替えますと告知されますが、私は1度も交換したことないです。
同じ初版でもアンケート用紙が入ってないこともあるんだ、とここで判明しました。
出版社はどういう基準で選んでいるのだろう?

183 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 22:50:50 ID:???0
>>174-176
いつも熱心ですね。あなたこそ自演お疲れ様。
>私も早い終了になるとしたらイヤだなと思った。
だけど、イヤなのは、作者や編集者の判断だ。
話を予定通りに進められずに終了とするような、作者や編集者の判断。
このスレで早期終了かも?とかを言った、読者の判断がイヤだったわけじゃない。

むしろ、そういう見方も知ることが出来て、読者ならではの意見をありがたいと思った。
早期終了か?ってのは、その人たちが思いつきで言っていたわけではなく、
継続か打ち切りかを訊ねる読者アンケートハガキの存在とかもふまえて、
根拠のある推察をしていたからね。


184 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 22:59:42 ID:???0
>182さんへ
質問は9問あってそのうち5問は「永遠の誘惑」に関してです。
(ハガキ残しておいてよかった〜)
良かったら9問の質問、書き込んでいただけるでしょうか?
皆さんも知りたいと思いますので。打ち切り希望か否かとかの質問でしたか?

185 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:05:59 ID:???0
「永遠の誘惑」に関する5問だけでいいです。

186 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:21:04 ID:???0
アンケートなんてびっくり。内容知りたいな!

でもアンケートした事や結果について、公表しないのはなぜかな?


187 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:21:46 ID:???0
はい。(緊張します)

Q1「永遠の誘惑」7巻の発売を何で知りましたか?
  1.『BE・LOVE』を読んで 2.書店店頭で見つけて 3.友人に聞いて
  4.家族に聞いて 5.その他

Q2「永遠の誘惑」の単行本を購入したきっかけは何ですか?(複数回答可)
  1.『BE・LOVE』を読んで面白かったから 2.前原滋子先生の作品が好きだから
  3.書店店頭で見つけて面白そうだったから 4.友人にすすめられて 5.その他

Q3とQ5〜Q7は永遠とは関係なし

Q4 「永遠の誘惑」のコミックスの単行本を何冊持っていますか?

Q8 「永遠の誘惑」以外で今まで一番好きな恋愛マンガは何ですか?

Q9 「永遠の誘惑」の好きなところはどこですか?

ゼェーゼェーこれでいいでしょうか?では私は本日は休ませて頂きます。

188 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:27:42 ID:???0
打ち切りを望むか系の質問ないやんか・・・・。

189 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:34:11 ID:???0
え?
打ち切りの質問があるって私は一言もいってないよ?

190 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:45:55 ID:???0
>>182
何故往復はがき??

191 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:46:27 ID:???0
普っ通〜のアンケートだね。

公表する必要があるようなところもないよね。

192 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:51:17 ID:???0
>>187
乙!!!ありがとう。
つまり継続か打ち切りかの質問なんてなかったってことですね。

193 :花と名無しさん:2005/09/18(日) 23:54:14 ID:???0
悪意のある奴が住んでるなあ。

194 :花と名無しさん:2005/09/19(月) 00:09:01 ID:???0
6巻のアンケちょっと気になるが。

195 :花と名無しさん:2005/09/19(月) 00:10:19 ID:???0
>だけど、イヤなのは、作者や編集者の判断だ。
話を予定通りに進められずに終了とするような、作者や編集者の判断。
そんな判断したの!???

196 :花と名無しさん:2005/09/19(月) 01:08:51 ID:???0
作者はともかく編集部はそういう判断をしようか迷っただろうことは
簡単に想像できることだ。
想像でものを言うなというなら公式BBSにいけという感じだ。
もうないか・・・。

197 :花と名無しさん:2005/09/19(月) 07:11:17 ID:???0
↑人間は全てを自分側の基準で判断します。そこにその人の人格が現れます。
別に良いですけどね。2ちゃんですから。どう書こうと顔はわかりませんから。


198 :花と名無しさん:2005/09/19(月) 07:22:07 ID:???0
スルーしましょうよ。荒れるのやだし。読む人がそれぞれ判断すればいいよ。


199 :花と名無しさん:2005/09/21(水) 22:03:55 ID:???0

 ずうっと、どこからアンケートの話が出たのか、過去ログとかを見てた。

 ねえ、>>196さんは仮説でしょ??
もしも作者や編集者がそんな判断をしたとしたら、それはいやだな。。という。
違うかな?!

>想像でものを言うなというなら...は、悪意かもと受け取られた苛立ち??
 私の勝手な思い込みだったらスマソ。

 だけどあなたは、いつもとても詳しくレスしてくれたり、不慣れな人にもとても親切だと感じていたよ。

 上手く言えないから、まとまらないから、しばらくの間カキコできなかったけど、こんなふうになるのは
悲しいから、どれが誰でも自作自演でも仕切っていようとも、関係なく今までどおり自由に楽しくしよーよ!

 それがここにくる楽しみだったからさ。自由なここを見たいな(^^)/ (荒れるのは確かにいやだけど)

 作品のことでなくスマソ


200 :花と名無しさん:2005/09/22(木) 16:13:50 ID:???O
はいはい、わろすわろす。

201 :花と名無しさん:2005/09/22(木) 16:45:09 ID:???0
自分も作品の話ではなくてスマソ
このところ厨がいきなり増えたな、と静観している。
いい意味でヲタ的だった読者は皆な引いてしまったようだ。

空気を読まずに割り込む新米読者
理解できない意見に対して悪読者的な扱いをする新米読者
こういった人々を
自分の期待する事実以外は認めようとしない妄信的な信者が仕切り始めた。
これでは真面目に作品を語ろうとするヲタ一同が引いてしまうのも無理もない。
いずれは偏った信者たちも書くことに飽きてくるだろうし、
このスレを充実させてきた読者たちも戻ってくれると思うが…。

それと、意見の内容には関係ないことだが、
引用をまともに使えない厨も複数現われるようになったようだ。
 引用符は何でもかまわんが、冒頭だけつけりゃいいってもんじゃないよ。
 他人の発言と自分の発言を区別しない書き方は、マナー違反の一つだと知ってほしい。
 他人をほめている発言なら大目に見て貰えるが、そうではない発言ならこじれる元にもなる。
 マナー違反は他人への思いやりがないことの顕れだからね。

視野の狭い読者と広範囲からの洞察が出来る読者が相容れない状態は、残念なことだが、
読者だけの所為ではないと思う。
元はといえば、作者の公的なコメントに、説明不足な偏りがある所為だろう。
作品の支援を前提とした説明は誠実に丁寧にまとめられているものの、
ストーリーや連載ペースについての不満や歯がゆさを感じている読者の存在を知りながらも
そういった問題に対しては納得のいくような説明をしていないからだろうね。
それらを公開できない公的私的な都合というのもあるのだろう。
現状ではあと何年かかるのかも未定では、自分的には安易に皆さん応援を続けようと言うことは出来ない。
完結の時までついていくつもりでいるが、先のことは分からないのは誰しも同じだと思う。
 長文スマソ
去年の今頃の本誌で作者がベスト本と言っていた吉村明美「薔薇のために」でも読んでみようと思っている。

202 :199:2005/09/22(木) 22:30:44 ID:???0
ありがとう!

203 :202:2005/09/23(金) 21:57:35 ID:???0
↑意味不明でスマソ

>>201さん
 マナー違反教えてくれてありがとう。以後気をつけます。


204 :花と名無しさん:2005/09/23(金) 22:43:34 ID:JZPjOcK70
内容に戻してもよいでしょうか・・・
この漫画、どんな展開でどんな終わりを想像してる?

主人公たちと同じような年齢で生活環境(お金持ちの医者ではないが)だったり
してると、若い頃だったら漫画の世界に夢も希望ももてたけれど
今は実生活がリンクしてくるから話が進むにつれ辛くて・・・
みんなが幸せになれてチャンチャンじゃ許されないし、マリエだけが
ボロボロに堕ちて行くのが実生活だと思うがそれだとバレバレだし、漫画の
世界じゃなくなるよね。

作者さん、どうしたらいいのか分からなくなってしまっているのでは?
韓国ドラマじゃないけれど読者の意見を参考に展開が変わってくれたら
嬉しくないかい?

205 :花と名無しさん:2005/09/24(土) 11:45:39 ID:???0
>作者さん、どうしたらいいのか分からなくなってしまっているのでは?
>韓国ドラマじゃないけれど読者の意見を参考に展開が変わってくれたら
>嬉しくないかい?
作者さんの頭の中にはすばらしいストーリーがすでに最終回までできていると
豪語してるんだからそれを見せてもらおうじゃないか。
まあここでこれからの展開を予想したり希望のラストを語り合ったりするのは
それはそれでとても面白いが。

206 :花と名無しさん:2005/09/24(土) 21:10:04 ID:???0
>作者さんの頭の中にはすばらしいストーリーがすでに最終回までできていると
>豪語してるんだからそれを見せてもらおうじゃないか。

 禿同! サクサク進めておくれ。12月まで待つのは長〜い!


207 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 01:50:17 ID:???0
>>205-206
いちいちコピペしないでアンカーつけなよ。
同じ文書かなくてもアンカーすりゃわかるって。
半角で>>と番号つければいいから。


208 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 11:07:42 ID:???0
サクサク読みたいな〜としみじみ思う。

209 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 14:56:43 ID:???0
>>207
私もそう思ってた。

2chに不慣れな人なら仕方ないけど、ここは2ch練習スレではないのだから、
まずは過去ログをちゃんと読んでほしい。
読む人の身になって考えれば、
どういう場合にどういう書き方がいいかってのも、見当つくと思う。

アンカーの番号は、どの発言に対する意見なのかを判りやすくするため。
ここは一対一で話す交換日記じゃないんだからね。
コピペ的な引用は、引用元が長文の時などに、的外れな勘違いを避けるため。
自分のレスより引用する意見の方が長いなんてのは、
スペースのムダ使いだし引用元の人にも失礼だよ。
読書感想文を作品のあらすじで埋めるようなもんだ。
○○○については同意〜 みたいに、
自分の言葉で要約して書くことも覚えてほしい。

とにかく読む人の身になって考えれば見当つくと思うよ。
環境や時間の都合で、急いで読まないといけないケースもあるんだし、
自分の流儀をむやみに押し付けないようにしようね。
私も気をつけていくよ。


210 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 15:05:55 ID:???0
>>204-206
今後の展開はクライマックスの連続だとか、
雑誌にも単行本にも書かれていたけど、
今の時点では、作品としては中断状態なので、
どこがどのようにすばらしいかは、判断のしようがない。

展開予想は歓迎だよ。そういうのも、みんなで楽しめそうなネタだもん。
今までにも色々な予想や想像が出たし、
なるべくなら、既出ではないおもしろそうなのキボン。

211 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 15:07:46 ID:???0
>>208
せめて人並みの連載ペースで出してほしいよね。
読みきりシリーズじゃなく、
全体がつながった長いストーリーなんだから。

単行本の書き下ろしじゃなく雑誌に連載する以上は、
作者が勢いにノって書いていないと、読者もノれないってこと、
なんで判らないんだろ。
一回分が16ページ以下でも絵がコピペだらけでもいいよ。
数回載ったら一年休み、の繰り返しでいくより、
はるかに、漫画家を名乗る資格があると思うよ。


212 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 15:51:48 ID:???0
>>211
それができない事情があるんだよ。公にされてないだけで。

213 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 16:00:55 ID:???0
>>212
そうだろうね。
でもめずらしいケースだよね。

他の漫画家や作品で似たようなケースって、だれか知ってる人、いる?


214 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 18:46:33 ID:???0
私は本人か家族が深刻な病気なのかと思ってたよ・・・

215 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 19:08:22 ID:???0
以前ビーラブ公式BBSに
おばかな管理人が休載始まって数年たっているのに
「具体的な病気はなんだったかなあ」とか書いていた覚えが。
ハッキリ書けないにしろもっと書きようがあるだろと。
具体的な病名がない病気か?と突っ込まれていなかったっけ。

216 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 23:00:22 ID:1x2mxdjq0
この先生、私(40歳奥)が子供の頃から読んでいるから結構なオトシだよね・・・
なんで今ごろその手の病気になるんだ・・・更年期が酷いのか?

217 :花と名無しさん:2005/09/25(日) 23:08:31 ID:???0
更年期鬱だと予想してる。

218 :花と名無しさん:2005/09/26(月) 18:19:18 ID:???0
>>213
私は似たようなケース、思い浮かばない。
>>212
公にできないってのは、
作者と編集部には長いつきあいがあることで
編集部が作者の個人的事情を特別に配慮してのことだろうけど、
安易に公表すると編集部や出版社の評判にも響いてくることだったら、尚更公表は出来ないだろうな。

漫画家のプライバシーは、普通は差し障りのない範囲しか公表されないからね。
深刻な事情だったら、あの作品が完結した後でも事実は公開されないままで、
されるとしても、だいぶぼかした表現になるような気がする。

219 :花と名無しさん:2005/09/26(月) 18:23:17 ID:???0
>>215
なんとなく覚えてるよ、その辺り。同じ管理人が、病名を尋ねる読者に
「先生は確かものすごく身体が弱いんじゃなかったかしら」とかいう
答え方をしていた時もあった。

原稿を落とすと「急病」「病気で療養中」ってのは常套句だけど、
風邪とか交通事故とか盲腸炎とか腱鞘炎とかの具体的な病名が公表されない場合は、
実際には病気ではなく、体裁を保つための建前であるケースがほとんどだ。
これは、昔はともかく情報が入手しやすくなった今なら、小中学生の読者でも知ってたりする。

とはいえ、口にするのがちょっと恥ずかしい病気とか、
回復の見込みが立たない病気、後遺症が残るおそれのある病気だと
作家や編集部のイメージダウンを配慮して、あえて公表しない方針ってのもあるんだろう。
このへんは、一般庶民が会社をしばらく休む場合と同じだと思う。
社内の人間は知ってても、取引先の人やお客さんにはなかなか伝わらないものだよ。

青年誌に描いてるベテラン作家が、旧作の文庫本の書き下しエッセイ漫画で
新人時代に急きょ入院〜原稿を落とした経緯を語っていたが、
その当時は少女誌だったからお寺の病悪化というのは伏せられたらしい。
女性誌に描いているベテラン作家は、エッセイで少女誌の頃に原稿を落とした経緯を、
仕事を引き受けすぎて胃腸をこわしてしまったからだと語っていた。
こういう職業病みたいなものは、連載完結が何年も遅れるほど長引くものではないけど、
その雑誌の現役作家だとうかつに説明できないんだよね。
一歩間違うと同業者とか出版社の評判にも影響するから。

220 :花と名無しさん:2005/09/26(月) 19:04:03 ID:???0
>>216-217
一般論で言うけど・・・
更年期の症状や時期は個人差が大きいと言われている。
鬱自体はあらゆる年齢で発生する可能性があるもので、合併症が色々ある。
医療の傍ら周囲の協力やサポートが回復のカギになるが、
本人が望む条件が揃わないと根本的回復にはならないので、
例えば以前の若さを取り戻すことを諦めきれないというような条件だったら一生直らない。
ごく軽症のケースを除くと短期で回復というケースはなく慢性化しやすいので、
概ね病気と上手くつきあっていくしかない。

221 :花と名無しさん:2005/09/26(月) 20:00:43 ID:???0
もうちょっと具体的に教えてもらえれば応援しながら待っていられるのにという
書き込みだった。
シャットアウトでは単にやる気がなくてさぼっているだけと憶測されても仕方がない。

222 :花と名無しさん:2005/09/26(月) 20:28:16 ID:???0
>>221
その書き込みに同感だなあ。
BBSの管理人の一存で決められることじゃないにせよ・・・
消化器系とか心臓が弱いので体力が続かないみたいな言い方だって出来そうなもんだ。
ちなみに鬱の場合神経性胃炎などの内臓疾患を併発している人が多い。
消化器系の病気という言い方をするとしたら、あながち的外れなものでもないんだよね。
生れつきで胃弱体質の人の胃炎と、神経すりへらして胃が弱ってしまう人の胃炎は、区別される。
そういえば凪子のクリニックの看板にも、内科と心療内科ってのがあったな。

223 :花と名無しさん:2005/09/26(月) 22:13:44 ID:???0
>>221
> シャットアウトでは単にやる気がなくてさぼっているだけと憶測されても仕方がない。

そう、そうなんだよ。
休載関係のことはいつだってノーコメントなのに
ストーリーは最終回まで全部できているとやらを
単行本化のたびに主張する。
どんな大御所でもそんな失礼なことやってない。
未完のまま連載中断させて
宗教方面へ行ってしまったと言われる先生方でもやらなかったよ。

最終回のまとめ方は決まってるのだろうけど、
そこに行き着くまでのストーリーは
休載のたびに作り直しって感じになっていそうだ。

次回は急展開!という感じの、
すごく思わせぶりなところで、急病につき・・となってしまい、
再開の時にはいつも、
前回のラストは何だったんだ?って感じの、
まるっきり別のエピソードから始まるんだから・・・。

もしかしたら、再開の度にまったく別の漫画を読んでいると思えばいいのかもw


224 :花と名無しさん:2005/09/26(月) 23:23:38 ID:???0
亀でスマソ>>179
ハガキの件マジだよ。5巻か6巻の頃。
部屋が狭いから本すぐ手放しちゃうから内容うる覚えだけど。
2年くらい休んでいたからもう打ち切りだと思った。
小説化を希望しますかみたいなのも見たよ。

225 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 02:38:40 ID:???0
>>223
>>207

226 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 02:43:58 ID:???0
そういえばだいぶ前の過去ログに
ネームができ上がってるのなら
小説で出してほしいというのが
2回くらいあったような


227 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 02:56:54 ID:???0
>>225
>>207のアドバイスって、>>223に対しては言う必要ないんじゃない?
他の話題のレスが続いた後なのにアンカー使わない>>221に対して言うのが正しいと思うけど。

228 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 03:09:53 ID:???0
>>227
>>225 は、専ブラのバグで
アンカーの番号表示が
ずれたのかもしれないな。

ネームができ上がってるのに絵が描けないって
いうのも、なんか変だ。
手の怪我とか腱鞘炎でもなかったら
漫画家が絵を描けない状態って考えにくい。
絵の方でCGやる意欲があるほどの作者が
病気療養中ってのも考えにくいぞ。


229 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 08:08:00 ID:+lCvD7JO0
こうなったらとにかくマリヱとあの美容師が
できちゃってドロドロになってもらうしか
面白くはならないだろう。

230 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 11:00:59 ID:???0
229さん豚切りごめん。
ずうっと書き込んでいいのかどうか迷っていたけど
(作者も編集部も読者にはいっさい知らせない意向みたいだし)
病気で休載は事実だよ。多分読者に余計な心配させないための配慮。
知人に医療関係者がいてそちらの方からの情報。守秘義務とやらでこれ以上はかけない。
上でいろいろ病名あがってたけど他にも病気はあるよ。憶測であれこれはやっぱり失礼だよ。
悪いけど質問には答えられないし、ここに書き込むのもこれ一回だけ。
ガセネタだと思われてもそれで仕方ない。
ここでは作者は怠け病とかわがまま病ってことになってるし。
でも多分完結を望んでるのも作品が載らなくて一番悔しい思いしてるのも
作者自身だと思う。
この書き込み自体もルール違反だね。だから悪いけどこの書き込みのことは
それぞれの胸の中で判断して話題にはしないでスルーしてほしい。
一方的書き込みでごめんね。次の人どうか違う話題でお願いします。 

231 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 11:07:00 ID:???0
一方的で結局状況は変わらず・・・・。

232 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 11:20:06 ID:???0
>>224
もういいよ。蒸し返すなよ。はっきりと内容提示できないなら書かない方がいいよ。

233 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 11:57:40 ID:???0
私はマリエは土壇場になって美容師から逃げると思いますが、
皆さんはどう想像されますか?

234 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 12:14:45 ID:???0
>>233でも女の方からあれだけ誘いをかけといて八重樫(だよ)が引くかなあ?

235 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 12:44:40 ID:???0
12月1日だっけ?次。

236 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 13:07:58 ID:???0
睦月ってみんなが言ってるほど格好悪い男には私には見えないなあ。
だって現実にもし私に夫がいたら、昔の女と再会して、過去はどうあれその人を抱くなんて
耐えられないよ。
あの場合普通の男だったら抱いたと思うよ。
女の方から誘ったんだし、息子を守るためだとか、いくらでも言い訳は聞くからさ。
そうしなかった睦月はさすがだと思ったんだが、そういう意見はなかったし
私の感じ方の方がへんなのかな?

237 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 13:21:52 ID:???0
普通すぎだもん。

238 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 14:16:47 ID:???0
>>236最初から読み直してるんだが、4巻のマリエと睦月の結婚式の時の凪子の心の中で思うセリフが
大人になってからの伏線というか睦月のとる行動を示してるような気がした。
『もう二度と、睦月は私に友情以外の感情を見せないだろう。マリエ以外の女を抱くことももうないだろう。
睦月は睦月の誠意でこれから先マリエだけを愛し続けるだろう』
つまり凪子は睦月はもう自分を抱くことはないのを承知であの時誘いをかけたのか?睦月を試したのか?
それともやけくそ?わからん。

239 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 14:22:26 ID:???0
>>237
面白いよ237さん。お願いもっと詳しく書き込んで。


240 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 16:07:11 ID:???0
>>238
同じ場面で凪子の微妙なセリフ発見!
『あなた(睦月)を手に入れることができないなら…
せめてあなたの血を引く子供だけでもほしかったわ』
これて如月のことだよね!!


241 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 18:21:52 ID:???0
>>223
凪子の性格から言ったら、リザーブしたホテルの部屋に睦月が来てくれたというだけで
満足したんじゃないかな。睦月が抱くかどうかはどっちでもよいと考えてたと思う。
密室に二人きりというのさえ拒むようでは、
大学二年の凪子のアパートの入り口でさよならと言って帰った睦月と同じだからね。

凪子やけっぱちのような態度もとったけど、あれは凪子なりの睦月に対する甘え方だったのでは?
別れ際は一応和解的なムードだったし、
次に二人で会う機会があっても特別な友情関係は変わらないって雰囲気で、ほっとしたよ。



242 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 18:23:37 ID:???0
スマソ アンカー間違えた↑
× >223
○ >>238


243 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 18:29:51 ID:???0
>>232に同意。
はっきりしたソースや情報源の出せないものなら、安易に出すべきではないよ。
ストレスの材料をふやすだけ。
単なる想像の方がまだ許されるような気がする。

想像も憶測も推察も似たようなものだけど、
そういうことをするなと言われたら、
ここで書くことがほとんどなくなってしまうだろうね。
どんな内容であれ、
作品や作者に対して、そしてこのスレの読者に対して、
好意的か悪意的か、妄信的か客観的か、感情的なものか冷静なものか、
それらは文面からにじみ出ると思う。
グチの類は好意に基づくものでも悪意と受け取られることがあるから難しいけれど、
もしもこういう制約があるならこのようにすればよいのでは、といったような
提案もしてみてはどうだろう?


244 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 18:30:37 ID:???0
>>223
> 再開の時にはいつも、
> 前回のラストは何だったんだ?って感じの、
> まるっきり別のエピソードから始まるんだから・・・。
ってのもあるから、
12月の再開が、美容師&マリエの続きから始まるとは限らないけどね。
美容師は、経歴やマリエに関心を持った経緯が不明なので
もうちょっと必然性が出てほしいものだ。
木綿子に求婚する青年教師の場合は、登場して間もない頃にはっきりしていたからね。

美容師が初登場の時、女優とごたごたしてたのを振りきるためにマリエが
役に立ったというのがあったけど、
あれっきりなのはちょっと惜しかったな。
あの女優も一癖ありそうだったから。
マリエは、旧知の人間関係の輪の中では、元同級生的な甘えが抜けきらないから、
外部の人間からの影響で、人間的に成長してもらいたい気がする。

245 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 19:16:46 ID:???0
>>244
作者のストーリーの進め方は、旧知の人間関係の輪の中では、元同級生的な甘えが抜けきらないから、
外部のキャラからの影響を与えて、ストーリー的に成長してもらいたい気がする。

長編の場合、キャラの数が少なすぎると、動きがとれなくなってしまう。
作品の舞台が自宅と職場と外食店の移動だけでは、ストーリーも停滞する。
長さに応じた作り方で盛り上げる方法は、シナリオの講座でも基礎に含まれていたと思う。


246 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 19:44:33 ID:???0
それができない事情があるんだよ



ってなレスはやめようね

247 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 20:42:54 ID:???0
>>236
> 睦月ってみんなが言ってるほど格好悪い男には私には見えないなあ。
カッコいいカッコ悪いというのは、以前つまり学生時代と比べての問題。
作者が「大人時代にはカッコよくなる」と予告してたけど説明が足りなかったから、
みなさん、凪子にとってカッコい男にはならなかったことを、がっかりしていたんだよ。

> だって現実にもし私に夫がいたら、昔の女と再会して、過去はどうあれその人を抱くなんて
> 耐えられないよ。
これは妻なら当たり前だね。
とはいえ現実では、妻の方にも足りないところがあって、夫が耐えられなくて他の女に、というケースも多い。
永遠〜でも木綿子がそうだったね。木綿子自身が反省していたエピソードもある。
それぞれの夫婦の現実も、ケースバイケースだから、いちがいには言えない。


248 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 20:59:29 ID:???0
>>236
> あの場合普通の男だったら抱いたと思うよ。

普通の男は、スキャンダルを嫌う。そもそも妻や周囲にバレたら困るようなことはしないさ。
睦月がごく普通の男だったら、妻に隠れて昔の女を抱くなんていう大胆なことはしないよ。
たとえ一方的に誘われても、ホテルには行かないだろう。
普通の男だったら、携帯を妻に盗み見されるようなヘマもしないだろうね。
っていうか、いくら夫婦でも盗み見なんてことはしないっての、
普通の男女なら誰でも守るマナーだろう。
マリエのやりたい放題にさせている睦月も、普通の男と言うには、ムリがある。

まあ睦月は婿入りした身だし
結婚までの経緯にはやむをえない事情もあったので、
マリエと睦月のどちらが悪いどちらが正しいというような決めつけ方はできないよ。

> 女の方から誘ったんだし、息子を守るためだとか、いくらでも言い訳は聞くからさ。
> そうしなかった睦月はさすがだと思ったんだが、そういう意見はなかったし
> 私の感じ方の方がへんなのかな?

ヘンかどうかは判断できない。
密会がマリエにバレていることを、睦月はまだ知らないのだし、
マリエが睦月に何か言うときが来ないことには、そういった言い訳する必要があるのかどうかも、
今の時点では判断できない。
睦月の本音がどうなのかも、今の時点では判断できないから、
あの場面の睦月がカッコイイかカッコ悪いかというような意見も、
ここではあまり出なかったのさ。
ちなみに、睦月が本音を言うシーンはコミックス最終巻の始めあたりまで出て来ることはない、と、
作者がコミックス8巻で予告している。

249 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 21:07:15 ID:???0
>>241
238です。ありがとう。何か241さんのすごく的をいてるようで納得。何か謎が解けたって
感じでほんわかいい気分です。そうだったのか。なんかいい感じの二人だね。ありがとう。

250 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 21:42:03 ID:???0
>>248
普通の男だったら凪子ぐらいの女に抱いてもいいといわれたらご馳走様とばかりに
抱く気もするが。もちろん妻にはわからないようにね。
密会の場まで用意されてたんだから。
よっぽど小心者か妻を愛してる男以外はホテルに行くだろうね。
ましてや相手はかつて自分が愛した女だよ

あなたはとても理性的で良識を持った人だね。
夫や妻または恋人に不信感を持った場合携帯を盗み見るってのは現実にも多い気がするよ。



251 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 21:52:58 ID:???0
>>241
>凪子やけっぱちのような態度もとったけど、あれは凪子なりの睦月に対する甘え方だったのでは?
すごい洞察力だよ。241さん。そう思うと凪子かわいいじゃんと思えてくる。

252 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 22:04:37 ID:???0
241です。
>>249
あのへんは読んですぐの頃、凪子が見苦しく見えたんだけど、凪子や睦月の本心は
お互いに相手を思いやることが根底にあったんでしょうね。

睦月は、最初に如月と凪子のことを知った時は、思いがけなくてうろたえてしまったから、
卯月とは別れてくれとか言い出したのでしょう。
とりあえずは何もなかった状態に戻さなければ、と、焦ったのかな。
凪子も、思いがけなく睦月が現われてびっくりしてしまい、
睦月のせっぱつまったような勢いにつられて、私を抱いたら如月と別れるわなんて、
言ってしまったのかも。
だけど、いざその日が来たら、
睦月はできる範囲で凪子の望みを叶えてやろうとしているし、凪子を大事に見守ろうとしているみたい。
凪子も、そんな睦月の気持ちを解ってきたから、睦月の言うことにも素直に応じたのかな。
抱いたらただの男と女になってしまう、その通りね、なんて。

大人になった今だからこそ、抱く抱かれるというのがあっても不思議じゃないと思うけど、
睦月と凪子は、ああいうむりやりっぽいシチュエーションではなく、
偶然二人きりになって、景色やインテリアのムードがいいので何となく自然に、っていうのが似合いそう。
二人の間には、誰にも立ち入れない二人だけの聖域があるような気がしてます。

253 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 22:17:29 ID:???0
>>251
凪子は、大学時代、睦月に「私を抱いてよ(マリエ以外の女、抱きたいんでしょ)」と、
やけっぱちとはちょっと違うかもしれないけど睦月をあきらめきれなくて捨て身な感じで、
迫ったことがあったですよね。
あのあたりを思い浮かべて、そう考えたんです。

254 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 22:52:21 ID:???0
思わせぶりなセリフと行動が多くて自分にはむつかしいっス。
密会現場で凪子と睦月が交わした、ただの男と女になるだのよくある男と女の関係に
なってしまうだのも誰かもう少し普通の言葉で解明してくれよ。
あとなんで睦月は意見を変えたんだ?
作者が睦月に本音語らせない以上勝手に想像するしかないからさ。
誰かおしえてくれよ。頼むよ。わかんなくてイライラだよ。

255 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 23:03:42 ID:???0
>>250
「普通」の基準も人それぞれだし、多数派が普通だとは限らない。
私の周囲では、自分がされたらイヤなことは他人に対してはやらない、というのも
普通で当たり前のことなんだよね。
だから、夫や妻または恋人に不信感を持ったとしても、私は携帯を盗み見るってのはやらないよ。

まあドラマや漫画だとそういうシーンは話を盛り上げるのに便利だから、ありがちなんだよね。
携帯なんかなかった昔は、連絡がつかなくてやきもきとかすれ違いとかでハラハラドキドキ…
という展開がよくあったもんだった。
しかしだれもが携帯を持つような現在は、そういうシチュが使いにくいので、
逆に携帯ならではの機能を利用して盛り上げる方法になった、ってわけだ。

ドラマや漫画だと思いがけない出来事で感激したりショックだったりってのはしょっちゅうだけど、
現実では、特殊な環境にいる人をのぞくと、ごくたまにしか起きない事だろう。

256 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 23:38:49 ID:???0
↑私は見ちゃうかも携帯。こういうのって興信所雇うのとどう違うんだろう?

257 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 23:49:21 ID:???0
>>254
私にもむずかしいよ。
読んですぐの時は、何これ?って感じで、
だいぶ後になって、こうだったのかも?って思うことが多いんだわ。

…抱いたらただの男と女、よくある男と女の関係になってしまう…
あのセリフは何なんだ。
抱かなくたって、とっくに特別な男と女の関係になってるじゃないか、って思うもの。
密会するくらいの仲だったら、そう見られても当然でしょ。

うーんと、いずれ皆さんからも別の解釈が出ると思うんだけど、
私なりに睦月凪子になったつもりで、想像してみました。

男と女の関係って、セックスの相手になるってことだけど
1度でもやっちゃったら、1回きりじゃすまなくなりそうで、
睦月も凪子も、自分を押さえてゆく自信がなかったんじゃないかなあ?

元々高校1年の時から好き合っていたんだし、
嫌いになったから別れたってわけじゃないんだからね。
…だからこそ、医者への道を一緒に歩んでいく事も出来たわけで、
再会後も、同じ大学の同期のつながりを大事にしてるわけで。

抱く抱かれるが入ると、純愛ではなくなってしまう、って思ってるのかな?
お互いロマンチストで、純愛を貫きたいと考えたのかもしれないね。

258 :花と名無しさん:2005/09/27(火) 23:57:36 ID:???0
私見ちゃうかも携帯。ちょっと反省。他の皆さんはほんとにそんなことしないんですか?

259 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 00:08:06 ID:???0
>>257
254です。ありがとう。私ももう一度考えてみます。


260 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 01:44:20 ID:???0
携帯かぁ…
>>255さんの書いてた「携帯なんかなかった昔」 前原さんの漫画で
片思いの男の子の部屋に無言電話を掛け続ける女の子っていうのが出て来たけど、
「綴り箱のかたすみに」だったかな? あんなのはもうありえないよねw

>>256
携帯を盗み見するのも、興信所雇うのも、目的が同じだったら、その人が辿り着く状況は同じようなモンじゃないの?
ダンナや恋人に直接訊けないでこそこそと調べるっていう点では同じなんだから。

もし、そういうことで心配の種がある人がいるんだったら、やめたほうがいいんじゃない?
自分がされた場合を想像してみたら?
マジでそろそろ別れたほうがいいかなって思ってるんだったらともかく、
そういう行動がバレたら嫌われる材料になるし、それがとどめになって破局になるかもよ。
興信所なら、人から勧められてつい、ってな言い逃れもきくだろうけどさ、携帯の盗み見は、そうはいかないでしょ。
バレなくても後味悪いよ。
それよっか、なるべくダンナや恋人の喜びそうなタイミングでプレゼントしたり何かやってあげるほうがいいよ。



261 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 03:08:38 ID:???0
>>257
>…抱いたらただの男と女、よくある男と女の関係になってしまう…
それほど読み込んでいる訳では無いから、一般的な解釈に
なってしまうけど、「性別を越えた関係」との対比ではないかな?

凪子と睦月はヘテロセクシュアル(異性愛)だけど、もし同性に
産まれてきたとしても、互いに惹かれ合い認め合っただろう、的な。
元々、男(女)として魅力的だから、というだけではない惹かれ方を
していて、昔セクースしなかったがゆえに「男と女」というだけでは
ない部分を残してこれた、と。

262 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 03:25:32 ID:???0
>>257
> 読んですぐの時は、何これ?って感じで、
> だいぶ後になって、こうだったのかも?って思うことが多いんだわ。
同意〜〜w

携帯の件、睦月も如月のを勝手に…orz。
睦月ってば、最初はオイ携帯が鳴ってるって知らせようとしたけど、
偶然凪子からという文字が見えちゃったというだけで、
何で自分が電話に出るんだ?
家にも何度か来て家族ぐるみでもてなしてる女友達と、
家族の一員である自分の息子が、
携帯番号教え合っていたって、不思議じゃないだろうが。
如月は医学部に進むかもしれないんだし、
医者の凪子と共通の話題だってありそうなもんだ。

普段の睦月なら、息子の交友関係に干渉するほど過保護な親父じゃないと思うけど、
今にして思えば、
あの時は、凪子という文字が見えちゃったから、あわてたんだろうな。
睦月の脳内では、やっぱり「凪子は特別」なんだ。
ということを、印象づけておきたかったのかな作者は?
これも伏線の一つだったと、想像しておくか…

263 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 10:28:47 ID:???0
>>260
>もし、そういうことで心配の種がある人がいるんだったら、やめたほうがいいんじゃない?
>自分がされた場合を想像してみたら?
>マジでそろそろ別れたほうがいいかなって思ってるんだったらともかく、
>そういう行動がバレたら嫌われる材料になるし、それがとどめになって破局になるかもよ。
>興信所なら、人から勧められてつい、ってな言い逃れもきくだろうけどさ、携帯の盗み見は、そうはいかないでしょ。
>バレなくても後味悪いよ。
>それよっか、なるべくダンナや恋人の喜びそうなタイミングでプレゼントしたり何かやってあげるほうがいいよ。
ありがとう。ちょっと涙出てきた。



264 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 10:54:41 ID:???0
>>257
確かに。一度読んだだけでは全てを把握できない。本屋で立ち読みしてる時は
描いてある通りの読み方してると何これ?ってちんぷんかんぷんで腹立つ。
でも作品を読み通すと上の方で238さんの言ってるように、
大人になった時の睦月の行動を凪子のセリフで匂わせてたりする。
よく行間を読めとか言われるがそういうことか?
作者は何でこんな難解な作り方するんだよ。
漫画だろ。もっと読者に優しい描き方してくれよ。
作者に読者力というか読解力試されてるみたいで
普通の難しい本あまり読まない自分はちょっとむかつく。

265 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 11:01:38 ID:???0
>>240
これは睦月と凪子の子供ってことで如月のことではないと思うよ。
でも同じ睦月の血を引くんでも凪子にとっては如月の方がいいね。
凪子とは血のつながりがないんだから恋人にもなれるし将来結婚も可能だし。

266 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 11:17:05 ID:???0
>>262
凪子の文字のあとのハートマークがミソだったかも。
如月もうっかりさんだね。
わざとフルネームにしとけば不信感もたれなかったのに。

267 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 11:26:42 ID:???0
>>262
私はここ読んだ時、以前マリエが睦月と如月の声がそっくりになってきて
よく間違えるとかってエピソードあったけど、それが頭にひらめいたよ。
睦月がここで電話に出ても凪子にはわからないってことかと。

268 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 12:08:35 ID:???0
ねえマリエと弁護士最後までいくと思う?それとも途中でやめると思う?

269 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 12:37:52 ID:???0
↑美容師だよ。人に意見聞く前に自分のを先に言え。

270 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 12:54:12 ID:???0
だってわかんないんだもん。

271 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 13:34:45 ID:???0
>>268
いっそ弁護士が相手だったら、マリエもちっとは頭良くなるかもしれないw
でも美容師って職業は、女の魅力(内面的なものではなく外的なもの)に
こだわるマリエにはお似合いだね。
ただ、この美容師がマリエの下僕にしかなれないんじゃ、あまり意味ないというか
マリエが成長するきっかけにはならないと思うので、そうじゃないことを期待している。

凪子や木綿子は知性派だし、好きになった男の趣味とか人生観とかの
内面をある程度を知ってから
この男なら寝てもいいなって感じになると思う。
マリエの場合は、相手の内面にはあまり関心がなくて(相手が男でも女でも)、
ルックスや特技みたいな外的なものを重視してるようだね。
だから、美容師さえその気になれば、あっけなく寝ちゃうだろう。

で。
マリエと最後までいくか?それとも途中でやめるかって?
私は理屈っぽいかなあ、結論が後になってしまって申し訳ないが、(スマンね)、
結果より、経過の方に興味があるんだ。

美容師がマリエと同じように目先のことしか考えないタイプなら、
ムードにつられて寝ちゃうだろうな。
ギリギリのところでやめるとしても、
凪子と睦月の密会みたいな、何もなかったと言っても信じて貰えないような状況には、なるだろう。
美容師が分別のある自立した男なら、
バーで偶然会ったみたいな逃げ道を用意して、マリエが窮地にならないよう気づかってあげると思うよ。

272 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 13:42:43 ID:???0
想像版の作者さん出番ですよ〜。
次の回だけでいいからどうなるか予想してみんなを楽しませておくれ。
まだ発表まで間があるからさゆっくり考えていいから。
想像版みたいにセリフとかもあると面白いな。

273 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 14:04:17 ID:???0
で結局寝るのか?寝ないのか?

274 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 14:28:19 ID:???0
できたら想像版その1その2その3ぐらいまで用意しておくれ。
みんなでどれがいいか選べるから。
もし迷惑だったらごめん。気にしないでね。強制じゃないよモチ。

275 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 14:57:48 ID:???0
私も見たいな>想像版 
連載再開まで日数ありすぎだもん。
実際の展開は全く別のものになりそうな気がするけど
作者関係者も見るとしたら参考にするというよりは
読者から何が望まれてるかを分かってもらえそうな気がする。

276 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 15:54:54 ID:???0
別に凪子が知性派だとは私は思えないけど・・・。女医だから知性派という
のなら、マリエだって名門大学を出ているから知性派。

凪子も結構酷い事をしている。大学時代、結婚する気がない男性と
関係持って堕胎しているし。相手の男性は凪子の事を本気で好きだったから、
凪子が望めば出産も結婚も承諾しただろうに。産みたいけれど
産めない状況ではなく、産む気もなく相手の事を好きでもなく
関係持って挙句妊娠する凪子って???命を預かる医者には本来は向いて
ないよね。如月の事だって買春したわけだし、人間として成長したとは
いえない。

永遠〜の中で1番良識的で知性派なのは木綿子だと思う。凪子にしても
マリエにしても偏差値は高いだろうけど、人間的には・・・。「睦月」に
出会った事が悲劇かな。

277 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 15:58:32 ID:???0
想像版の作者じゃなくてもいいよ。いつもストーリーがどうの、プロならこう描くべき
だの、シナリオ教室ではこうだの言ってる人。あなたの理想とするストーリー展開予想して。


278 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:07:03 ID:???0
知性とか知恵って、
学校の成績のことじゃないんだよ。
他人の内面をどれだけ理解できるかという洞察能力も、知性の内。
人の成長は、
他人に対してどれだけ酷いことをやったかということより
他人に対してどれだけ思いやりができたか(他人が喜ぶようなことをしたか)で決まると思う。


279 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:08:47 ID:???0
>>276
僻み?現実にはあることだよ。人間だもの。間違いも起こすさ。やけにもなるさ。
それをどう後悔したり反省したり次のステップにするかで人間は成長するんだよ。多分。
間違ったことをした事実だけ攻めるのはかわいそうだよ。何度も同じこと繰り返してるなら
ともかく。多分凪子の中でも青春時代の苦味になってるんだと思うよ。

280 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:24:16 ID:???0
売春…そういえば凪子って如月に最初の一回くらいはお金払ったの?
払ったとしたらいくら?如月の値段。

281 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:27:39 ID:???0
何かつらいことがある時って、ついつい、他人の醜い感情やみっともない行動とかが
目がついてしまいがちだよ。
本心では、器用に思いやれたらいいなって考えてるからこそ、気になってしまうんだよ。
そういうのも、前向きになるためのステップだからさ・・・
まあ、作品にはもっと気楽につっこみ入れようよ。。

まあでも、睦月との出合いを悲劇にしちゃったら、すべてが悲劇になってしまう罠w
でも、睦月が凪子に惚れた瞬間っていうのは、
やっぱり、高校時代の生物の時間の解剖、かな?

282 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:43:29 ID:???0
木綿子ってちくり魔じゃなかった?密告電話とか。

283 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:44:40 ID:???0
>>281
> でも、睦月が凪子に惚れた瞬間っていうのは、
> やっぱり、高校時代の生物の時間の解剖、かな?
うん、クールにメスを操る?凪子の凛として美しい横顔に、
睦月が見とれてるようなシーンだね。

284 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:46:48 ID:???0
>>261
> 「性別を越えた関係」との対比ではないかな?
なるほど。そう言われてみると納得。
凪子と睦月は、高校では、お互い相手に対する恋愛感情を自覚する前から、
勉強の方でお互いの存在が心の支えになっていたように見える。

> 昔セクースしなかったがゆえに「男と女」というだけではない部分を残してこれた
自分語りで恐縮だけど、 そういう感じの男友達がいたから、これは解る。
知りあった時にはお互い恋人持ちでそういう関係にはなれなかったけど
趣味も性格も似てて、いい飲み友達だった。
ただ、世間にはこの逆のケースもあって、
元夫婦元恋人関係で別れた後でも、相談相手になってるとか
仕事上のつきあいが続くとかいうのも(これは芸能界や文筆業界には時折ある)、
「性別を越えた関係」なんだよね。
睦月と凪子の場合は、そっちに近いんじゃないかと思うよ。
セクースまではいかなかったけど過去には恋愛感情からの抱擁やキスをしていたし、
学問の同志としてのつながりが続いているのだし。

ただし、睦月はともかく凪子のほうは、睦月の結婚以降を「性別を越えた関係」だと
思って来たわけじゃないので、
睦月の言う「抱いたらただの男と女、よくある男と女の関係」を
どこまで納得したのかは解らないけどね。

285 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 16:52:41 ID:???0
>でも、睦月が凪子に惚れた瞬間っていうのは、
>やっぱり、高校時代の生物の時間の解剖、かな?
睦月ってやっぱりヘンな奴。

286 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 17:10:09 ID:???0
>>284
> 睦月の言う「抱いたらただの男と女、よくある男と女の関係」を
睦月本人も、凪子と再会した時から
そう思ってきたわけじゃないとオモ。
たまたま成りゆきで抱くことを
オッケーしたような状況になってしまったので、
抱かないですませるために
とっさに思いついたセリフではないかい?

でも、抱いたらマリエに申し訳ないから、
っていう雰囲気には見えなかったなあ睦月。
睦月の胸の奥には
マリエや木綿子には覗かれたくない
秘密の小部屋みたいなのがあり
そこに住むのが凪子なのだと思う。
同窓会の日その他で凪子と会ったことを
マリエにいちいち言わないできたのも
そのためで。
マリエを大事にしてる気持ちとは
全く別のところで
凪子を大事にしてるから
わざわざホテルまで行ったんでしょ。
でも、第三者から見たら、
それこそよくある男と女の関係でしかないだろうね。


287 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 17:43:51 ID:???0
睦月は凪子のことを自分にとってはただの女じゃない。特別な女だって言いたかったんだと思う。
今の許されない情況の下で(睦月は既婚者だし)、男と女の関係を持ったらその辺にある普通の男と女の(不倫の)関係になってしまうと。
つまり凪子は睦月にとって体の関係なんかを超えた大切な存在なのだと。
その睦月の気持ちがわかったからあんなに凪子はあっさり引いたんだと思う。

288 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 17:54:56 ID:???0
睦月が凪子と如月のことで、最初は別れろと言ってったのに、ホテルでは凪子の判断ににまかすと
意見を変えたのはなぜだろう?凪子の良識を信じたとか。まさか認めたとは思えんし。

289 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 21:59:41 ID:???0
字いっぱいで疲れるね。このスレ。もっと普通に読めばいいのに。
漫画だよ。そんなに頭使わなくても普通に読んだ方が面白いよ。
作者もそんなに深くは考えてないと思うよ。

290 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 22:05:45 ID:???0
>作者もそんなに深くは考えてないと思うよ。
ハゲドゥー。今過去に書いちゃったものの、つじつま合わせをしてるみたい

291 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 22:13:11 ID:???0
次回以降の想像版ではなくてすみませんが
「別れてくれ」→「凪子の判断に任せる」と、睦月が意向を変えた理由。
睦月の心理の想像を、ここから四連投しますので、興味ない方はスルーして下さい。

>>252
> 睦月は、最初に如月と凪子のことを知った時は、思いがけなくてうろたえてしまったから、
> 卯月とは別れてくれとか言い出したのでしょう。
> とりあえずは何もなかった状態に戻さなければ、と、焦ったのかな。
最初は、たぶんこれに近い心理だと思います。

292 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 22:13:41 ID:???0
以下の会話はBE-LOVE15号からの引用、カッコ内は想像です。
「…いつから…?」
「今年の1月の終わり… マリエとあなたに再会する前から……」
「……」
 (同窓会の前からだったのかよ…いったいどこで知りあったんだ…?
  いや、そんなことより、このままでいいはずがないじゃないか…
  いくら凪子が独身だからって、如月は高校二年だし、結婚どころか…
  よりによって何で凪子が…  とにかく、いくらなんでも認めるわけには行かないぞ)
「別れてほしい」
「いやだって言ったら?」
「…… わかってもらえるまで きみを説得するしかないな」
「じゃあ うんって言うまでは そのたびに会えるわね」
「凪子…」
 (そのたびに会えるって、こんなふうに誰にも内緒で俺と会いたいって事かよ?)
「マリエは知ってるの?」
「彼女に言えるわけがないだろう? (俺の一存だよ)
 マリエが知る前に別れてくれ、頼む、別れてくれ」
 (マリエが知ったら、凪子がとんでもない悪女扱いされるに決まってるじゃないか、
  凪子が仕返しで如月をたぶらかしたとしか思えないだろうし、
  俺たちの家にも来て、息子だと承知の上でつきあってるんじゃ、弁解の余地もない、
  俺だって、まさかそんなことになってるとは思わなかった、
  とにかく俺は昔のことを蒸し返されたくないんだよ、
  今までだってあいつは凪子に、やきもきしてるんだぞ、
  だから俺だって凪子と会ったことは、いつも隠してきたんだ。
  凪子からマリエに知らせるなんてバカなことはしないでくれよ、凪子)

頭を下げてる睦月、沈黙の二人。凪子のモノローグは“睦月はマリエ側の人間”等々。
そこへ如月からの電話が凪子に。
凪子は如月への愛しさを再認識、睦月への未練にけじめをつけようと決意。
「別れてもいいけど条件があるわ 私を抱いたらあなたの息子と別れてあげる」

293 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 22:14:17 ID:???0
で、16号〜17号では、凪子が一方的に携帯番号を入れて、
睦月は自宅で連絡を受けて凪子の指示のままに密会、(マリエに気づかず)ふたりで客室へ。
凪子はリラックスしたふりをしてるけど睦月は終始無言で、
凪子はだんだん挑発するような態度になっていく。
 以下の会話はBE-LOVE17号からの引用、カッコ内は想像です。

「せっかくだからお酒でも飲みながら昔話でもと思ったんだけど
 お急ぎなら用事のほうを先にすませましょうか?」
「今までに私をキスだけでいかせた男は あなただけよ」
 (何でそんなに挑発的なんだ凪子? 
  俺に抱かれる既成事実を作って、マリエに復讐したいのか?
  それとも、如月と俺を比べたいのかよ?
  凪子の目的が何であれ、俺は、凪子には捨て鉢になってほしくないから、ここへ来たんだぞ。
  凪子が一方的に決めた約束でも、俺が無視したら、どうするつもりだったんだよ?
  それとも、俺を試したいのか? 俺に凪子を抱く度胸があるのかどうか?
  ベッドに入った途端に、俺を突き放して、やっぱりやめましょうとでも言うのか?)
 「そういう台詞は きみには相応しくないよ
  (今日の凪子は凪子らしさがない。男をセックス相手としか見ない女を演じてるだけだな)」
「抱くの? 抱かないの?」
「抱かない
 今ここで凪子抱いたら 凪子がただの女になってしまう」
 (凪子とはセックスなしではつきあえないような関係にはなりたくないんだよ
  俺には凪子が女としても人間としても別格なんだから…)

294 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 22:15:17 ID:???0
「……」
「凪子だってそのつもりで来たんだろ?」
  (俺に抱かれることが目的って訳じゃなく、
   それができる場所と時間、チャンスを与えてほしかっただけじゃないのか?)
「…そうね… ここで二人がなるようになったら よくあるただの男と女になっちゃうわね」
 (やっぱりそうか。本気で抱かれたいんだったら、あんな傲慢な方法はとらないよな。
  凪子は、男が義務感から抱いてやっても喜ぶような、安っぽい女でもないはずだ)
「変わってないわね安心したわ あいかわらずいい男でいてくれてありがとう」
「ねえ睦月 お願いがあるの 最後にここへ来て5分間だけ私を抱きしめて……それならいいでしょ?」
 (なんだって? 凪子…もしかして、きょうは本気で俺に抱かれたかったのか?
  俺が昔マリエを選んだことを、まだ、あきらめきれずにいたのか??)
そして抱擁
 (俺だって昔に戻れるものならやり直したいって気持ちがないわけじゃない。
  だけど、それとは関係なく、今ここで凪子と、なるようになってしまったら、
  俺は、如月に嫉妬して凪子を抱く男になってしまうじゃないか。
  たとえ如月の問題がなくたって、すんなり抱くわけには行かないってのに、
  少なくとも、今日ここで最後の一線を越えるわけには行かない…)
「ありがとう
 先に出て 私はもう少ししたら帰るわ」
「如月とのことは… 凪子の判断にまかせるよ」
 (俺は、凪子を抱くという条件に答えなかったんだから、別れろと言う資格はないんだよな…
  凪子が自重してくれればいいが…)
「…別れないわ 好きなのよ… 本気で… 
 もしかしたら過去のあなたよりもね やっと…わかったの
 別れるなんて… もう… できないわ(涙)」
 (なんだって!? 凪子と如月、それほど深い仲になっていたのか?
  俺に抱かれなかったからじゃなく、俺の息子のために、涙を流すのかよ…
  俺は今まで何のために凪子を…………)
睦月は無言でハンカチを与え、心が翳ったような表情で、そのまま客室を出てゆく。

睦月の心の中には、どんな気持ちが? マリエと睦月どっちが先に家に着くのかも気になる…(以上です)

295 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 22:33:34 ID:???0
>>291-294
乙、おもしろい〜

以前から作品よりこのスレの方がおもしろいという意見が出てたけど
鋭い洞察とかが多いからなんだよね。
こういうのも、わかりやすい。
後、想像版もまたやって下さい。


296 :花と名無しさん:2005/09/28(水) 22:56:36 ID:???0
出会った恋人は昔愛した男の息子、ってのも衝撃的だが
睦月にしてみれば
昔愛した女が、その女と結ばれなかった原因の子供と、ということになるんだね。


297 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 02:13:03 ID:???0
ネームやシナリオでもいいから、一気読みしたいよ・・・
小説化の件だって、ネームが出来てて絵を入れられないから持ち上がった案だった。
続編や番外編だけ小説版ってのは、山田ミネコとか高口里純とか色んな人がやってる。
石ノ森章太郎先生のサイボーグ009なんかは、漫画版と小説版では後半からラストまでのストーリーも違うらしい。
そうするべきっていう意味じゃないです。
そのぐらいの融通性持ってほしいなってことですわ。


298 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 12:55:55 ID:???0
>>297
だからこそ、このスレでは想像版も期待されているんだよ。
スレの空気の流れを読んでくれ。

>>289
作者の真意は不明だが、このスレはこの作者専用スレで、長文好きの住人たちが盛り上げている一例だ。
軽くあっさりを望むなら、この作者の作品について語る場所は>>2のビーラブ総合スレもあるので、
そちらもごらんになってはどうだろう?

299 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 12:56:36 ID:???0
>>288
> 睦月が凪子と如月のことで、最初は別れろと言ってったのに、ホテルでは凪子の判断ににまかすと
> 意見を変えたのはなぜだろう?凪子の良識を信じたとか。まさか認めたとは思えんし。
単純に考えたら
「睦月が凪子を抱いたら凪子は如月と別れる」という約束?が成立しなかったからだね。
実際には複雑な思いがからみあってのことだろうけど、
>>293の睦月の
> 俺は、凪子を抱くという条件に答えなかったんだから、別れろと言う資格はないんだよな…
> 凪子が自重してくれればいいが…
ここは、かなり的を射ていると思うよ。

300 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 12:57:13 ID:???0
>>293で、凪子の台詞を読み返すと、
本音と建前が逆なんだなという感じがしてくるね。
>「せっかくだからお酒でも飲みながら昔話でもと思ったんだけど  ←こっちが本音
> お急ぎなら用事のほうを先にすませましょうか?」  ←建前
>「今までに私をキスだけでいかせた男は あなただけよ」 ←建前
  (キスから先に進んで、いかせてくれなかったのは、あなただけ)
> 「…そうね… ここで二人がなるようになったら よくあるただの男と女になっちゃうわね」  ←建前
  (1度だけでも、よくあるただの男と女になってみたかった)
>「変わってないわね安心したわ あいかわらずいい男でいてくれてありがとう」 ←建前?
  (融通がきかない所は変わってないわね、あいかわらずマリエに対して誠実なのに
   それでも私と会う約束は無視しない、いい男でいてくれてありがとう)
> 「ねえ睦月 お願いがあるの 最後にここへ来て5分間だけ私を抱きしめて……それならいいでしょ?」  ←これは、本音

この日、勝負服?を着こなして現われた凪子は、抱かれる行為そのものより、
睦月と二人で、高校時代の想い出に浸れる時間がほしかったのかも。
同窓会以降は、二人会うことがあっても、医大生時代のことしか話していないようだ。
服着たままで抱きしめられてる凪子を見ると、そんな印象だ。


301 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 14:23:52 ID:???0
凪子は、如月とのつきあいを、睦月が反対しようとしまいと
やめるつもりはなかったのでは?
でも過去の経緯はどうあれ、如月は未成年だし、親に知られたら
自由に会に来てもらうこともむずかしくなる。

凪子は、クールに割り切るのが得意なようでも根が真面目だし、
相手が睦月だから、もめたくないみたいなのがあって、
それで如月とのこと正直に認めたと思う。
最終的には別れなくてはいけないにしても、
凪子は、如月を愛しく思う自分を、睦月に理解してもらいたかったのでは?

もしマリエが現われたのなら、
食事の約束しただけだとか適当にごまかすか
好きなように想像していいわよとか居直るような気がする。
マリエは知らない、知られたくない、というのを聞いたとたんに
凪子の気持ちと態度が一変してしまう。
凪子は、睦月を諦める決心がついて、
如月を愛しく思う自分を睦月に理解してもらう事も、諦めたんだと思う。

凪子は、睦月が絶対自分を抱かないという自信があったから、
あなたが私を抱いたらあなたの息子と別れてあげる、と言ったのかな?
それとも、ギリギリのところで拒んで
別れられないわと言うつもりだったのかな?

302 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 14:37:35 ID:???0
マリエと美容師八重樫の密会は、睦月にはばれないのだろうか・・・?

睦月は、マリエが深夜帰宅でも問い詰めたりしなさそうだが、
息子を昔愛した女に取られたショックで、それどころではないか・・・?

303 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 14:46:00 ID:???0
>>291-294
テラ乙です!すご〜く面白いよ!全然違和感ないよ。

304 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 15:02:22 ID:???0
>>302
>息子を昔愛した女に取られたショックで
息子に昔愛した女を取られたショックもありそう。

305 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 15:17:06 ID:???0
睦月にとっては
凪子= 昔愛した女>>>>>医学の同志
     ↑          ↑ 
  だから密会に応じた  こっちが重要ならホテルには行かないで
             対策を練っただろう


306 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 15:36:43 ID:???0
>>302>>304

息子を取られたショック・・・マリエが知った場合(大事な息子を奪われた)

息子に取られたショック・・・睦月(大事な女を奪われた)

 だろ?


307 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 16:02:35 ID:???0
どっちにしろショックショックだね。凪子がんばれ!

308 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 16:34:53 ID:???0
凪子がんばれ! ノシ

マリエもがんばれ。
凪子のばあい戦う相手は他人だが
マリエは他人よりも自分自身のエゴや弱さと戦わなきゃならんだろう。

睦月もがんばれ。
2人の女を愛したからには、
人の2倍苦労するのは当たり前だ。

309 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 18:28:03 ID:???0
みんないい人だね。なんか好きだ。ここの住人。
ごめん。ヘンなこと書いて。次いってくれ。

310 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 18:38:09 ID:???0
でマリエは寝るのか?寝ないのか?

311 :花と名無しさん:2005/09/29(木) 20:05:29 ID:???0
>309
私も同じ気持ちです。

312 :花と名無しさん:2005/09/30(金) 13:15:27 ID:???0
>>310
12月1日発売の24号を待とう。
最低限3回は連載するだろうけど
この前みたいな連続であってほしいね。
あと想像版の作者さん、それまで2ヶ月もあるので、ムリでなかったらお願いします。
ネタは何でもいいです。

美容師は、どう見てもマリエより年下のようだね。
謙虚で性格もよさげな人だ。
だいぶ前に誰かが言ってたけど、ルックスが如月と似てるんだね。
如月、連載当初は結構こぎれいなカッコしてたのに
だぶだぶのシワだらけのジーンズやTシャツが増えたのは、
美容師と区別するためもあるのだろうか?


313 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 02:47:37 ID:???O


314 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 02:53:16 ID:???O


315 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 02:54:07 ID:???0
いちいち携帯からあげるなウゼー

316 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 03:05:39 ID:???0
誤爆ですか?
このスレほとんど携帯の人いないですよね・・・
でも保守代わりになったからw

317 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 03:11:31 ID:???0
保守しなくてもそう簡単に落ちなくない?

318 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 03:41:09 ID:???0
板によって落ちる場合の条件若干ちがうみたいね。
洋楽板で、200以上レスあったのが一週間空いたら落ちたことがあったわ。
スレ立てから20か30くらいまでと970か980以降、24時間以内に書き込みないと落ちる、
ってのは、どこも同じみたいだね。


319 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 08:48:36 ID:???0
>>316-318
>comic6サーバは 1300超えたら 1200スレッドに圧縮実施中。。。
鯖移転かスレ保持数の変更がないうちは、当分圧縮は
ないと思われ。今、838スレだし。
ソース:ttp://comic6.2ch.net/kakolog.html

それと、24時間以内にレスがないとdat落ちするのは、981レス
以上になった時。即死基準は板によって違うし、即死基準自体が
無い板もある。

320 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 17:17:23 ID:???O
この人の描く登場人物に魂は感じられません。小中学生の頃、あんなに心ときめかせて読んでいたのに‥。

321 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 17:49:02 ID:uH5/sEu80
>>320
それは最近の作品に対してですか?
それとも昔の作品を読み返して、自分が大人になったことを
感じて子供の頃にこの程度のもので心ときめかせていたのかと・・・

322 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 18:06:38 ID:???0
ん、そういう感覚は、誰でも多かれ少なかれあるんじゃないかい?

だけど、子供の頃とか思春期に持った感動は、本物だよ。
自分がスレてしまわないでいれば、宝物に出来るよ。

クサい台詞かなあスマン

323 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 19:57:07 ID:???O
>>321
言葉不足でごめんなさい。最近の作品に関して、そう感じました。
昔の作品は読み返してはいませんが‥子供の頃、大好きで殆どの作品を夢中になって読んだ記憶があります

324 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 20:40:11 ID:???0
漫画家も成長するに連れて、描きたいものや描けるものが、人それぞれ変わっていくんだね。
前原先生の場合、30代以降は、描きたいものが決まるまで、かなり年月がかかってたんじゃないかな。
大長編の「永遠の誘惑」の前は、短編やシリーズ連作ばかりだし。
重版が続いてるという点では「結婚日記」のシリーズが代表作って事になるんだろうけど
ほんとはもっとシリアスなドラマを描きたかったのかもしれない。
でも、シリアスなほうがむずかしいよね。

325 :花と名無しさん:2005/10/05(水) 20:42:49 ID:???0
5月ごろに大和和紀先生が、ぱふのインタビューで語ってた言葉を思いだしました。
ある時期から、かっこいい男性を描くにしても
高校生の男子じゃ描く気になれなくなったとかおっしゃるのね。
でも大和先生のお友達のくらもちふさこさんは、今でも高校生主人公を描いている。
くらもちさんは今でも制服が好きって話してた、だからそういうことが出来るんですよねって、
大和先生がおっしゃってました。

前原先生の場合、「BGMはいらない」以前の作品って
路線が、当時の(70〜80年代の)くらもちふさこ先生の学園ものに近いと思うのです。
学園ものプラス芸能界とかの業界がよく出て来るところもちょっと似てる。

くらもち先生のほうは感覚派というのか、
心理描写なんかは、フィーリングでさらっと描く部分が結構あって、詩的な感じ。
前原先生だと、心理描写、台詞で理屈っぽくなったり何かに例えたりして、小説的な感じがする。
まあその辺のちがいは、別マとかフレンドとかの
所属雑誌の傾向がそうだったというのもあるかもしれないけど。

326 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 00:51:05 ID:???0
ぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブぶすブスぶすブス新條まゆブス
でぶブスでぶスぶすブスぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶ
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブス
でぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブス
でぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブス
死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね
恥知らずの馬鹿えろ漫画家新條まゆ恥知らずの馬鹿エロ漫画家新條まゆ
恥知らずの馬鹿エロ漫画家新條まゆ恥知らずの馬鹿オナニー漫画家新條まゆ
死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね
ぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブぶすブスぶすブス新條まゆブス
でぶブスでぶスぶすブスぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶ
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブス
でぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブス
でぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス
新條まゆブスでぶブスでぶぶすブスぶすブス新條まゆブスでぶブス
恥知らずの馬鹿オナニー漫画家新條まゆ恥知らずの馬鹿えろ自慰漫画家新條まゆ
恥知らずの馬鹿えろ漫画家新條まゆ恥知らずの馬鹿自慰漫画家新條まゆ
死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね死ね死ねしね



327 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 01:35:31 ID:???0
>>326スレ違い
こいつのまんがとは一生縁が無いな


328 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 01:42:01 ID:???0
>>327
ただの嵐だからレスしないでいいよwwww

329 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 02:47:17 ID:???0
どうでもいい人はスルーして下さい、ふと思ったことちょっと言いたくなった。

何ヶ月か前に、その作者のことで、上のとは違う内容で激叩きな書き込み、あっちこっちのスレに出て来た。
もともとすごくファンだった人が、
あまりにも変わり果てた作風にすごいショックと悲しさを味わったんだと思う。
私の場合は、姪っ子が読んでたロックバンドのあの漫画を一回読んだだけだが、
その時期はそんなにひどいもんじゃなかったと思う。

好きな漫画家が、思いがけない方向へと変わってしまうというのは、よくあることだろう。
何年ぶりかで、作者名を見て手にとったら・・・っていうのもつらいだろうね。
でも、リアルでその変化を見ている最中・・・っていうのもつらいだろうな。

つらくなるモノばかり見てたら、時間がもったいないよ。
泣いても笑っても、月日は過ぎていくんだし、年をとるわけだし。
他の作家や作品あるいは別の趣味で、夢中になれるものがみつかるといいね。



330 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 03:28:49 ID:???0
んで、「永遠〜」の話だけど、
うちの近所の書店数軒では、最新刊の8巻が出たとき
1巻から7巻までの入荷もしてたりする。
でも、5巻6巻7巻は初版なので、
版元か問屋の倉庫から出されたんだろうな。
売れ線であることには変わりないって事なのかな。

8巻の単行本の表紙は、めずらしく凪子のシングルショット。
ジーンズの似合う凪子だ。
この巻の中身は、凪子の出番が多いわけじゃないんだけどね。
ていうか、中身で出番が多くないから表紙になったって事なのかな。

あと、些細な事だけどつっこみたい疑問。
ビーラブ3回連続掲載の3回目で、凪子が帰宅するときジーンズに着替えた状態になっている。
ホテルのロビーに現われた時は、ドレスアップしてたんだよね。
睦月との待ち合わせより一時間くらい前から部屋で軽く飲んでたとかいう台詞があったし、
ホテルの部屋で着替えたのかなあ?
私が凪子の立場だったら、ああいうシチュだったら自宅で着替えてタクシーでホテルへ行くけどなあ。
でなけりゃ、ふつうっぽいスーツかワンピでホテルに入って、予約した部屋でドレスに着替えるぞ。

331 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 13:19:18 ID:y3naxyUl0
この作者も読者泣かせだけどガラスの仮面の作者と比べたらマシだよな

332 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 15:04:13 ID:LB+vkX+m0
柄亀は時代がタイムスリップして
最新写メール携帯登場だもん。

333 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 16:53:18 ID:???O
「永遠の‥」の単行本の表紙、余白ありすぎ!これも手抜きなのか‥

あと、〈大人の女性のためのラブストーリー〉というサブタイトル?‥レジに持っていく時、微妙に恥ずかしい。

334 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 22:05:34 ID:???0
>>333
> 「永遠の‥」の単行本の表紙、余白ありすぎ!これも手抜きなのか‥
表紙をデザインした人の判断だと思う。
4巻あたりまではともかく、それ以降は、カラー画はCGっぽい。
このぐらいに縮小してあるほうが、アラが目立たなくていいと思うよ。

コミックスの表紙やカバーの後ろ側とか内側に置かれるカラー画は、
雑誌で表紙や扉ページに使われたカラー画。
雑誌で見た当時は、なんかCG始めたばかりだなあって印象の画力だった。
とはいえ、そういう印象は、少女漫画家のカラー画CG使用者の大半に当てはまるので、
前原さんに限ったことではないけどね。

> あと、〈大人の女性のためのラブストーリー〉というサブタイトル?‥レジに持っていく時、微妙に恥ずかしい。
7巻は表紙画が恥ずかしかったなあw
「大人の女性のためのラブストーリー」というキャッチコピーは
買うときに別に恥ずかしくないと思う。
内容は、「大人の女性のためのラブストーリー」というには
女性向け漫画の中でそのジャンルの代表作ってほどじゃないと思うけどね。

>>331
> この作者も読者泣かせだけどガラスの仮面の作者と比べたらマシだよな
あの方は、5年も6年も連載中断してるし
コミックスが出たらストーリー大幅に書き替えてるしなあ・・・
でもまあ、予告ばっかりで遅々として進まずっていうわけじゃないし
ムダな期待はしないですむっていう点では、ガラスの仮面のほうがましだと思う。

335 :花と名無しさん:2005/10/06(木) 23:51:11 ID:???0
ガラスの仮面とは比較にならないよ。
大物すぎ。

336 :花と名無しさん:2005/10/07(金) 01:41:27 ID:???0
王家と柄亀は(愛読者)が必ず終わりを見届ける
と誓ってる作品らしいぞ

337 :花と名無しさん:2005/10/07(金) 02:18:08 ID:???0
>>335-336
王家とガラカメは30年前後の歴史があるわけで、
連載開始から8年弱の「永遠〜」と比べるのはおこがましいですねw

未完で有名どころってゆうと「くにたち物語」もあるけど、読んだことないんです。
あれは、全体が一個のストーリーなんですか?
それとも、前原さんの「結婚日記」や「そばにおいでよ」みたいな、シリーズ連載?

338 :花と名無しさん:2005/10/07(金) 02:51:12 ID:???0
永遠〜は、最終話までのネームが出来ていると言われてるけど
(8巻のあとがきを読むと、少なくとも1話ごとの台詞つきシナリオは出来ているのだろうと思える)
なんで絵が進まないの?
絵を描く意欲がないのかな?
意欲はあっても、手やからだの自由がきかなくて細かい作業ができにくいの?
それとも、個人的な用事に時間をとられていて漫画を描く時間がなかなか作れないの?
事情がまるっきりわからないから、イライラするんだよね。

一般には、ネームの方にこそ時間がかかるもので、
頭脳労働だから、例えば30ページの話なら何時間くらいかかるとかは個人差も大きいっての、わかるんだよね。
ネームが出来あがっているなら、絵の方は、いわゆる肉体労働だよ。
原稿用紙に書く構図が決まってるんだし、下書きしてペン入れにかかる時間って、
そんなに個人差が大きいものではないはず。
ごく単純に計算すると、1ページに下書き2時間ペン入れ2時間で計4時間位として、30ページなら、計120時間。
一日8時間仕事するとして15日間、まあ2週間あれば出来る。
これは新人漫画家の知人の例なので、アシスタントに背景などを任せればもっと早いと思う。


339 :花と名無しさん:2005/10/07(金) 10:35:36 ID:???0
絵が描けない病気を考えたが
ひよっとして・・・
緑内症?

340 :花と名無しさん:2005/10/07(金) 14:31:19 ID:???0
だいぶ前からCGをやってるくらいだから、
目とか手が不自由ってわけじゃないだろう。

漫画や小説などの原稿を書くのって
ある程度勢いに乗ってやれるもんだし、
1日に10分とか1時間とかではなく
短期間に没頭するような集中力がないと無理。
そういう、集中力が出てこない状態だから
1年も休載みたいになるんじゃないの?

341 :花と名無しさん:2005/10/07(金) 15:34:15 ID:???O
>>334
(-_-)あっそう‥ご丁寧に回答ど〜も
あいにくですが、私個人の感想を述・べ・た・だ・け

342 :花と名無しさん:2005/10/07(金) 17:03:17 ID:???0
>>340
書けない理由は一つや二つじゃないのかもしれないけど
つきつめれば、そういうことかもなあ >集中力が持てない

たいていの仕事は、長いこと続けると多かれ少なかれアキが来る。
そこを上手く乗り越えるひともいるから
継続は力なり、なんていう言葉もあるんだな。

ずっと前にこのスレで誰かが言ってたような気もするけど
なまじっか最後までネーム仕上げちゃったから
絵を入れるのが面倒くさくなっちゃったとかw?



343 :花と名無しさん:2005/10/08(土) 01:32:55 ID:???0
7巻のあとがきでCGについての言い訳があったけど
絵を描くのがたいへんだから楽が出来ると思って始めたみたいなこと言ってる。
私の作品はストーリーが重要であるから絵に関しては妥協してもらいたいみたいなことも。
あれには萎えたわ・・・漫画家が絵を描く手間惜しむようになっちゃおしまいだわ。。

そんなわけで、作品のキャラには愛着がまだあるから見届けたくて読み続けてるけど
作者に対しては愛着を感じなくなった私は異端?
作品のキャラは作者の分身みたいなものだと、分かってはいるけど、
そう思えたのは5巻までだった。
もう先が見えてるわ、ストーリーのほうも。
周囲からはどう見られるのかはともかくとして
最終回に誰よりも幸福感を味わうのは凪子でしょう。

344 :花と名無しさん:2005/10/08(土) 09:05:42 ID:???0
>>343
同じ文章を読んでも根性の悪い人が読むとそうなるんですね。


345 :花と名無しさん:2005/10/08(土) 12:07:37 ID:???0
私は冷静な判断になってると思う。>>343
特に前半。客観的に見たらそうだなと納得する意見だ。

後半は、マリエ派の感情を考慮してない所が何だかな〜w
でも、漫画でも音楽でも、作品だけのファンっていうのが結構多いのは確かだよ。
ロングヒット作品の売り上げ伸ばしてるのはそういうファンだし、
それ以外の作品は手に取ったこともない人たちなんだよね。
作品のみならず作者への思い入れがあるファンだと、良くも悪くも擁護的になりやすいから、
時には、作品だけのファンの声にも耳を傾けることも、必要ではないかな。


346 :花と名無しさん:2005/10/08(土) 12:50:04 ID:???0
>>345
たいていのヒット作品には、
「作品+作者のファン」と「作品だけのファン」がいるのでは?
私の場合、前原先生の作品は子供の頃から読んできて
今もコミックスは全部持ってる。
作者への思い入れは大きいほうかもしれないですねw
他にもそういう感じで読み続けている漫画家さんが5〜6人います。
それ以外の漫画家さんだと、代表作と言われる作品以外は見てないです。
その漫画家さんの熱心なファンの人から見れば
私みたいなのは、やはり「作品だけのファン」だと思います。

> 作品のみならず作者への思い入れがあるファンだと、良くも悪くも擁護的になりやすいから、
これは同感です。


347 :花と名無しさん:2005/10/08(土) 14:35:04 ID:???0
>>344
気持ちは分かる気がするけど、知っておく方がいいよ。
一般には、自分語りの多い作者には、熱心なファンもつきやすい反面、
アンチも作りやすいという傾向になるという事。

前原さんの場合、アンチが出るところまでは行かないが、
エッセイ集や自分の写っている写真集を出したり、TVその他のインタビューに出るとか、
お手軽な方法ではホームページで日記もどきを公開とかもあるが、
そこまではいかないからだろう。

自分語りでいちばん多い例は、
コミックスの余白に近況や私的な趣味話などを書いたりするやつだ。
作者によっては、そういうスペースで、作品に使った資料の紹介や取材の体験記で埋めるケースも多い。
自分語りというのは、漫画家として作品に取組む姿勢が評価される場所でもあるんだな。



348 :花と名無しさん:2005/10/09(日) 15:32:59 ID:???0
前原さん特別な大ヒットも無いしね。
アンチを呼べない。
地味な感じ

349 :花と名無しさん:2005/10/11(火) 00:00:46 ID:???0
「Wedding diary」って前原さんの作品、サイズが大きいみたいですが、
これって画集ですか? 検索しても表紙画像も載ってません。。

350 :花と名無しさん:2005/10/11(火) 11:32:42 ID:???0
>>349
その本は、どっかの販売サイトでデータを見たような気がする。
表紙画像はなかったな。
いわゆる日記帳で、買った人が書き込むためのもの。
中身のページに、杏&影 結婚日記のイラストが使われている。
発売から数年以上たって重版のないものは、表紙画像がないケースは多い。

351 :花と名無しさん:2005/10/12(水) 01:34:20 ID:???0
>350
ありがトン。
日記帳に1800円…ストーリー重視の作家のイラスト代としては…


352 :花と名無しさん:2005/10/16(日) 02:19:55 ID:???O
絵はそんなに好きクナイ

353 :花と名無しさん:2005/10/20(木) 19:59:21 ID:???0
hoshu

354 :花と名無しさん:2005/10/25(火) 13:38:51 ID:???0
天気がいいので干す

355 :花と名無しさん:2005/10/25(火) 19:27:47 ID:???0
自分の作品をコピーするじっこは勝ち組。

356 :花と名無しさん:2005/10/27(木) 11:21:39 ID:???0
>>355
それ思ったw
リアルさはトーレスしてるから?

357 :花と名無しさん:2005/10/27(木) 17:08:21 ID:???0
>>356
http://v.isp.2ch.net/up/c68e01217e34.jpg

358 :花と名無しさん:2005/10/30(日) 11:43:30 ID:???0
この間のドレス名木湖はパリコレモデルっぽい

359 :花と名無しさん:2005/11/01(火) 19:20:44 ID:???0
気合入りまくりの凪っぺ  やっと11月かぁ

360 :花と名無しさん:2005/11/06(日) 19:04:02 ID:???0
やっと11月だねぇ。

361 :花と名無しさん:2005/11/07(月) 16:31:34 ID:???0
とりあえず今ようやく幸せになったのが木綿子だよね
凪子、そしてマリエにも新しいステージが用意されているはず。
マリエは、はやく睦月から卒業したほうが幸せになれる、というか、
大人になれるのではないかな
如月のバイクつーのがねえ 気になる
前原先生世代の漫画家にとって男のバイクって死の前兆のような。。


362 :花と名無しさん:2005/11/07(月) 20:18:19 ID:???0
>>361
> 前原先生世代の漫画家にとって男のバイクって死の前兆のような。。
そんなことはないよ。
単行本作品案内>>3-10あたりを参照。
前原先生の場合キャラが他界するケースは極めて少ない。
バイク乗りで死んだキャラなんていたっけか?
メインキャラでは、四季(BGMはいらない)の生死不明というのがあるが
バイク乗り回すシーンってのがあったかどうかは、疑問だ。
あと旧い作品になると、「青春に翼を!」(1975) のカップル、
ヒロインのお金持ちの令嬢が死ぬけど
相手役のバイク乗りの大学生の男は死なない。


363 :花と名無しさん:2005/11/07(月) 22:04:54 ID:???0
大丈夫!
少なくても睦月と凪子で2人は医者がいるから、如月は死なない。
この先如月が死んだら凪子の人生どんだけ悪いか・・・

364 :花と名無しさん:2005/11/08(火) 18:05:43 ID:???O
四季が生死不明ってことないだろー
休みが永いから、バイクなんて出されたら
ネェ

365 :花と名無しさん:2005/11/08(火) 21:54:01 ID:???0
>362
そう?杞憂でしたか? なら良いんだ・・
この漫画死にオチは嫌ー。BGMは泣けたけど、
永遠・・・はとことんリアルに行って欲しい。

雑誌派だけど、なんかこらえきれず単行本8巻かってしまった。
ソファに座って煙草ふかす凪子〜〜 くぅーかっこよすぎ!!
なんかコンピューター描き?のドライなのもいいかななんて思ってしまった
マリエはやっぱ嫌な女度が露呈していってるなあー
木綿子と凪子の友情は本物だなあー
何より、作者のメッセージが嬉しかったー 睦月が本音を吐露!!!
楽しみ・・・



366 :花と名無しさん:2005/11/08(火) 22:22:33 ID:???0
みなさんに遅れた書き込みで残念ですが・・・
誰も書いてないので書くのですが、
睦月が如月・凪子のことを知ったあとで見せる反応は、
おそらく如月に対する嫉妬が混じっているんじゃないかと思うのです。
睦月は、誰にも何も言わずに来た代わりに、
内心はものすごく凪子の事を愛し続けているのかもしれない。
凪子だって、睦月に感情を吐露した事があったけど、
睦月が凪子に感情をあらわにしたことって、高校時代以来ないよね?
とっさに如月(ほかの誰であろうとも)に嫉妬したから、
マリエに知られたくない、とか、わざと良識的なせりふが出てしまった。
そのあと、抱擁したあと、凪子とのやっぱり変わらない関係に触れ、
凪子を愛し続けている自分を確認して、
如月とのことは凪子にまかせるよ、と言ったのではないかな。

とはいえ、わたしは睦月嫌いなんだけどね。
もしそんな凪子を愛してるんならマリエを抱くシーン気持ち悪いから・・・

367 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 01:54:18 ID:???0
>>366
> 誰も書いてないので書くのですが、
> 睦月が如月・凪子のことを知ったあとで見せる反応は、
> おそらく如月に対する嫉妬が混じっているんじゃないかと思うのです。

過去ログ読んでないの?
>>291-294に、わかりやすく出てるよ。


368 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 07:49:25 ID:???O
ムツキは大学の時、凪に感情出したよ?
葬式ら辺で

369 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 10:55:30 ID:wa3LYdkH0
睦月です。僕が今愛してる女はマリエです。
皆さんにはわかっていただけないかもしれませんが
僕にとってはマリエはいい女です。
彼女を守るのが僕の人生だと思っています。
自分が選び取った人生に今悔いはありません。
凪子に関してはいまさら僕が余計な事をしなくても
自分の人生を輝かせていかせる女性だと信じてます。

370 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 11:10:58 ID:???0
291-294からはそこまで読み取れなかった。。そういうことだったの?
睦月と凪子は、大学に入ってから結婚する直前は色々あったけど、
睦月的には、本当はもう「遅い」ってことだったんだろーし
また変われるかも?って思ったときにはマリエと結婚する羽目に・・
睦月にとっては、マリエを選んだ時点から自分はもう「汚れ」てしまったんだろう。
凪子の存在(と、息子の如月もおそらく)だけが
そんな後ろ暗さや汚さが関係なかった頃の、
唯一自分がキレイだった頃を思い出させてくれる存在なのだろうな
多分凪子と如月のこと、一瞬は如月をうらやましいと思っても、
許すんじゃないかな。
汚い自分では凪子を愛することは以前もこれからも出来ないと
腹をくくってる。
如月のことも多分自分を重ね合わせて見てるとこあるだろうから。
睦月にとって圧倒的にいい女はどうしようもなく凪子だろうね それしかあり得ない
結局、結果的にいまだに打算に流されてる馬鹿な男だけど。
如月は偉い。「家」とかに流されない生き方を是非選んで欲しい

371 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 11:58:33 ID:???0
>>370
睦月にとっての凪子が、自分がキレイだった頃を思い出させてくれる
存在、というのには同意。でも、如月は少し違うんじゃない?
彼の存在は、マリエとの避妊なしセクースの結果。若気の至りとはいえ、
その後の睦月の人生を変えてしまったのだから、「キレイだった頃を
思い出させる存在」とまでは言えないでしょう。

ただ、マリエを選ぶことを決めた時点で、睦月は如月が出来た経緯も
含め、自分で全部引き受けようとした筈。だから、「汚い自分では凪子を
愛することは以前もこれからも出来ないと腹をくくってる」は違うと思う。

372 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 19:10:20 ID:???0
睦月にとって、マリエは、一緒に家庭を作っていきたい女。
生活を共にしていく相手として、いちばん愛しているのがマリエ。
人間として生きる基本は、食う・寝る・働く、ってこと。
そういう衣食住の部分で、マリエが困ったり悲しんだりしないように、マリエを守りたいわけね。

睦月にとって、凪子は、仕事とか趣味とかのライフワークや生き甲斐を共にしてゆきたい女。
衣食住とは関係ない、精神的な部分で、いちばん深く愛している女。

373 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 19:57:31 ID:wa3LYdkH0
睦月の凪子への愛はもうとっくに昇華されていると思う。
長い年月を経たマリエとの結婚生活の中で。
なつかしさを愛と勘違いしたのは
忘れたふりをして過去を引っ張っていた凪子のほうだけだよ。

374 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 20:08:40 ID:???0
>>370
睦月には、マリエとの結婚で自分は汚れたとかいう自覚、少しはあるかもしれないけれど、
そういう自分を卑下して十数年生きたというわけじゃないよ、おそらくね。
今現在は、俺の選んだ人生だからしょうがないさ、ってな感じで、
マリエと離れて生きることも考えてないし、凪子を忘れて生きることも考えてないし、現状維持でいくだろう。

学制時代は、マリエとは打算だけでつきあったわけじゃなかったと思うよ。
だから、睦月なりにすごく悩んで苦しんだんだよ。

凪子が医学の道をゆく同志としても女としても魅力的で、一生を共にしたい女だと思ってた。
マリエの女らしさとバックボーンも魅力的で、一生を共にしてもいいとさえ思ってた。

でも、マリエが睦月を独占したがって睦月が凪子に近付くのを嫌がったから、
睦月は、マリエひとすじにならざるを得なかった。
自分の学費だけではなく母親の医療費も出してもらってたから、母親が他界するまで身動きが取れなかった。
かといってマリエをスポンサーとして割り切れるほど、ドライな人間にもなれなかった。

たまたまマリエの妊娠でケリがついたけど、
たとえマリエの妊娠がなくて凪子を選ぶことになったとしても、
睦月の心の中では、マリエを切り捨てた申し訳なさが長く続いたことだろう。

あいにくとマリエのほうは、睦月のそういった苦しみのあれこれを
充分理解できるような女じゃなかったんだね。
「うれしいわ睦月はやっぱり私を選んでくれたのね」ってな感じで、心の悩みがなくなってしまったのかも。
いい意味でも悪い意味でも、マリエは物事を深く考えることをしないタイプなのかもしれない。
睦月はそれを見抜いているから、マリエとは、凪子のこともじっくり話し合うことは諦めてきたのだろう。

睦月とマリエは、二人で家庭を築いて衣食住を分かち合い、夫婦として愛し合う男と女。
悩みや苦しみを分かち合うような、人間として支え合う男と女には、なれなかったんだね。

375 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 20:32:51 ID:???0
失礼しちゃうわ。私の気持ちも知らないで。(マリエ)

376 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 20:58:45 ID:???0
私的には、睦月はやっぱり凪子を愛し続けているのだと思う、
その上で結婚生活を選び、安らぎも見出していた。
なぜならやっぱり、子供の存在じゃないかな。
凪子のことを諦めなくてはならない辛さ(=自分がまっとうに生きる選択肢を捨てた後ろ暗さ)とか
凪子を忘れなくてはならない辛さで(海外生活中)、
しばらくは苦しかったとしても、
息子を見ていたら、きっと少し心が安らいだんじゃないかなー
しかも息子はだんだん自分に似てきて、
昔のプラスの方向の情熱を持っていた頃の自分を思い出させてくれる。
だから、自分の情熱を抑えて、
父親として、マリエのよき夫として、ふるまっていられた。
それがいまやもう、逆に自然になってきた、ということなんじゃないかな。
息子たちがいなかったら、いつか睦月は家出して、
酒びたりとか失踪とかなんかヤバイ方向に走っていたかもしれないよ。
大学時代荒れてた頃のように。。。
凪子のことは、どうしても、忘れられない好きな人なんじゃないかな。
マリエや、他の人たちとは、全く違う次元にいる人間なんだろう。
ただ、いま睦月が凪子を抱かないのは、もう昔ほどの情熱が睦月にないんだろう
恋愛に関してだけでなく、生きる情熱みたいなものがさ・・・

377 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 21:04:02 ID:???0
 想像版「永遠の誘惑」 ニューバージョン

睦月は凪子と別れた後自宅に戻る気にならず病院へと向かった。
院長室に入り、サイドボードから酒を取り出すとグラスに注ぎ口をつけた。
最近家に帰るよりここに居るほうが多くなっている。
窓辺に立って外を眺めていると、窓ガラスに自分自身の顔が映る。
その向こうに凪子の顔が浮かんだ、昔の自分より如月を愛していると言って泣いた凪子。
胸の奥のほうでチクリと痛みが走る。
「もっと違う生き方を選択していれば・・・」そう思うことは何度かあったが、
その度にもう一人の自分が答える「こうする事を選択したのは俺だ」
何かを諦めることも、胸の痛みを忘れる事ももう慣れっこだった。
凪子をその腕に抱く事はとうの昔に諦めた夢だったのだから。
 夜の闇の中から母親の声がする。『自分に正直に生きるのよ』
『自分が幸せじゃない人間は、人を幸せになんか出来ないのよ』・・・
正直に生きる事は出来なかったが、幸せになろうと努力はしてきた。
マリエに恋することは無かったが、大切に愛してきたと思う。
時々価値観の違いを感じる事は合ったが、マリエは明るくやさしく、
なによりずっと求めていた暖かい家庭を与えてくれた。
如月をはじめて抱いたときの感激は一生忘れる事は無いだろう。
「この子には俺が味わったような惨めな思いは決してさせない」
「この子には俺が持てなかった全てを与えてやりたい」・・・、
こんな強い感情は初めてだった。
幸せな結婚生活だったと思う、これまでの日々は・・・・。

378 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 21:04:55 ID:???0
 想像版「永遠の誘惑」 ニューバージョン2

 そんな毎日が変化していったのは日本に帰国してからだと思う。
睦月は大病院の院長になる事よりも大学に残って研究を続けたかった。
しかし、それは叶わなかった。一度「このまま大学に残りたい」と
マリエに言った事があったが、一笑に伏されてしまった。
「そんなのダメよ。あなたは日本に戻って新城病院を継いでもらわなくちゃ」
「あなたには病院を継いでもらおうって、パパも期待しているんだから」
それで行く道が決まった。
 日本に帰国してからの睦月はそれでも希望を持っていた。
この大病院を最新鋭の設備と最高のスタッフを揃えた地域の
「コア・ホスピタル」にしたかったのだ。
しかし、院長とは言っても病院の実権は理事長である義父と、事務局長
である義父の弟に握られていた。
睦月が呼びたかった優秀な医者は義父のこだわる「学閥」に阻まれ、
改革も思うようにはならなかった。
「せめてコレだけは・・・」とこだわった論文は医学界で高く評価されたが、
義父の「良くやった」の声の裏にあるものが引っかかった。
後になって、自分が発表したテーマをずっと義父も研究し続けていた事を知った。


379 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 21:05:32 ID:???0
 想像版「永遠の誘惑」 ニューバージョン3

 睦月は机の上に置かれたカルテの山を見つめた。
あれ以来自分が担当する患者が増えた。
患者の共通点は全て著名人・政界財界の大物の関係者に限られていた。
しかしそのどれも簡単な病状で自分がわざわざ担当するまでも無く、
この病院には優秀な医者が他にも大勢居る。一度事務局長に言ってはみたが
「わざわざ、君を指名してきてくれているのに、断るわけには行くまい」と返された。
テレビの出演も多くなった。
ワイドショウのコメンテイターをする事もあった。さすがにこれには強く抗議したが
「知名度を上げ、病院を宣伝するのも君の仕事だ」と言われてしまった。
最近では難度の高い手術の回数も減ってきている。自分自身の研究に当てる時間も
少なくなってきた。
「飼い殺し」という言葉が浮かんでは消えた。
しかしそんな思いを振り払うように睦月は電話に手を伸ばした。
自宅に掛けたが応答が無かった。電話を切ると改めてマリエの携帯を呼び出した。
3回目のコールでマリエが出た。「マリエ、睦月だけど、いま病院に居るんだ。
仕事が片付きそうに無いから今日は病院に泊まるよ」「どこかに出掛けているのかい?」
『・・・ええ、判りました。』『お友達と食事をしていて、遅くなってしまったの』
電話の向こうでマリエが答えた。
睦月は電話を切ると机に向かった。
どんな患者であろうと担当している以上全力で当たらなければ。
何かを諦める事も、胸の痛みを忘れる事も慣れっこなのだから・・・・。


380 :花と名無しさん:2005/11/09(水) 21:06:04 ID:???0
 想像版「永遠の誘惑」 ニューバージョン4

 マリエは八重樫のとったホテルの一室にいた。シャワールームから水音が聞こえる。
八重樫は言った「あなたに時間をあげますよ。僕がシャワーを浴びている間に
気が変わったら出て行ってください。でも僕が出てきた時あなたがまだいたら・・・、
その時僕は遠慮しませんよ」
シャワーの音はもう10分以上続いている、「帰るなら今しかない」
「本当にこれでいいの?」窓の外の夜景を見つめながら、マリエの心は揺れていた。
睦月以外の男を知らないマリエにとって、他の男と肌を合わせることは恐怖すら感じ
ることだった。
 その時、マリエの携帯が鳴った。睦月からだった。
『マリエ、睦月だけど、いま病院に居るんだ。仕事が片付きそうに無いから
今日は病院に泊まるよ』
凪子と一緒のくせに!凪子を抱いているくせに!うそつき!・・・、
マリエの頭にホテルのエレベーターに消える睦月と凪子、激しく愛し合う睦月と凪子の
姿が浮かんだ。そして何かが弾けた。
 八重樫が腰にタオルを巻いただけの姿でシャワールームから出た時、部屋の明かりは
消えていた。「帰ったか・・・」しかしそれは違った。
豪華なダブルベッドの上に何一つまとわぬマリエがしどけなく横たわっていた。
そして、右手を差し出して八重樫を招いた。


381 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 01:22:52 ID:???0
自分でHP作ってそっちに書くとか、せめてコテハンで書くとかしてくれ
とりあえず「想像版」をNGワードに設定だな

382 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 01:30:49 ID:???0
ニューバージョン乙です。
思い掛けなく読めてうれしかった。
ただ、今までに想像バージョン書いてきた方々は
そのテのものスルーしたい人のことも配慮して、これからいくつくらい連投とか予告してたので
以後見習って下さい。

病院の院長室というシチュはナイスですね。
マリエの心理は描くの難しいだろうけど、まあイイセンいってると
思いますわ。

で、続きはどうなるんですか?
まさかこれでニューバージョン終わりじゃないよね?

383 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 07:32:22 ID:???0
あとは想像にお任せいたいしますw

384 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 09:28:24 ID:???0
どうしてわかってくれないんですか皆さん。
僕にとって凪子は今はよき同志、それのみです。
愛しているのはマリエです。
僕はずっと子供の時から「家庭」とか「家族」とかいうものにあこがれてきました。
それを与えてくれたマリエに今は感謝しています。
彼女は本当に僕のためによくやってくれてました。
今、愛は確実にあります。

もし、凪子と結婚していたらまた違った結婚生活だったと思います。
お互いを高めあうというか・・
それはそれでいいのですが、安らぎとか家庭生活はまた今とは違ったものだったでしょう。
小さい頃からずっと「家族のいる家庭」というものに憧れ続けてきた僕にとって
マリエとの結婚生活こそ自分の望んでいたものなのです。

385 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 10:41:15 ID:???0
マジキモッ

386 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 11:49:10 ID:???0
何だよーっ。
みんな睦月の気持ちがわからなくてイライラするとか
セリフは「……」ばかりで訳わかんないとか言うから
せっかく代弁してやったのに。

387 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 13:20:36 ID:???0
想像版もしくは想像バージョンについては、
>>382さんの前半に全く同意ですわ。

個人的には、前スレにあったような、
最終回までをフォローしてるストーリー形式のがおもしろかったなあ。
マリエを抱くのかどうか、この後はみなさんの想像にお任せなんていうので終わるのでは、
想像版とは言い切れない。
まあストーリー自体が進んだ想像版は難しいだろうけどさ。

でも、睦月の心理の想像ということでは、すじが通っていると思った。
291-294さんの、睦月の心理解説の続きとして読みごたえはあるよ。

388 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 13:20:58 ID:???0
フッ・・・
医者になるためなら手段を選ぶもんだよ。

マリエ?向こうからホイホイとやってきたエサを逃すようなもんだろ。
凪子はまあ、心残りかもしれないが、俺も歳を取ったから
激しいセクースは到底むりぽ。

如月よがんがれ
父より

389 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 13:21:02 ID:???0
>>384
>>386
睦月が、家族のいる家庭にあこがれていたというような雰囲気は、
本編からは読み取りにくい。
そりゃ、病弱の母と二人きりでは、多少はそういうあこがれもあっただろうけど、
睦月と母親の会話をみると、
(病室で、凪子が見舞いに来た後で、自分が幸せでないと他人を幸せにできないとかを言うあたり)
母親が睦月への深い思いやりを持っていたこと、お金では買えないものを大事にしていたことが、よく分かる。
母子ふたりきりでもお金に不自由してても、お互いをいたわる暖かい家族関係だったと思う。

そしてまた、睦月が、マリエと共に築いた家庭や家族関係には、人並みの愛情を持っていることも、よく分かる。
親に甘えたい小学生の葉月にも、親に反抗する高校生の如月にも、ノーマルな接し方をしてるからね。

私が、睦月の心理がわからなくてイライラした、という理由は、
睦月は何故マリエを選んだとか、どのくらいマリエを愛しているとかではないんだよ。
疑問点は、
(1)再会してからの睦月が、凪子に恋愛感情を持っているのか?
(2)最終的には、今の快適な生活やポジションを犠牲にしてでも、凪子を選ぶつもりなのか?
ってとこ。

(1)については、マリエに隠したままでホテルの部屋へ行ったというだけで、答えは見えてる。
マリエ派には気の毒だけど、
マリエにとっては睦月がすべてでも、睦月の方はマリエだけがすべて、ってわけじゃない。
しかし、問題は、睦月が、本音を行動に移せるかどうかだ。

390 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 13:22:39 ID:???0
>>388
くすくすw

391 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 13:54:35 ID:???0
僕が今愛してるのはマリエです。
皆さんの気持ちはわかりますが
いい加減僕と凪子を結びつけるのはやめてください。

結婚式からすでに17年、大学卒業してから13年がたっているんです。
結婚式の日、木綿子が言ってくれた
「大切なのは結果オーライにもっていくことよ」
の言葉通り、僕なりにこれまでの人生を全力で生きてきました。
リスクを承知でホテルの部屋に向かったのは
かつて自分のせいで苦しめた事もある凪子へのできる限りの誠意であり
愛情とはまた別のものです。

392 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 14:05:06 ID:???0
やっぱり睦月は無口な方がいいや。

393 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 14:19:27 ID:???0
>>391

>>389
> マリエ派には気の毒だけど、
> マリエにとっては睦月がすべてでも、睦月の方はマリエだけがすべて、ってわけじゃない。
これぐらいは、あなたも認めてあげたら?

あなたの気持ちも分かるような気がするけど
> いい加減僕と凪子を結びつけるのはやめてください。
それだと、ストーリーが全然おもしろくならないんですよね。

394 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 15:47:03 ID:???0
過去の俺よりも今の如月の方が好きと言われた時は
正直ショックだったよ。

395 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 15:47:40 ID:???0
過去の俺よりも今の如月の方が好きと言われた時は
正直ショックだったよ。

396 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 15:53:29 ID:???0
昨日あたりから「睦月が今愛してるのはマリエ」と何度も繰り返してる人に言いたい。

仮にだけど、自分が既婚者で、ダンナの元彼女みたいな女性が
自分たちの周囲にいるとしたら、
まあ、正直けっしていい気持ちはしないよね。
元彼女じゃなくその女性の片思いだったとしても、
態度によっては、うざったいと思うよ。

以前にそういう妻の立場だったことがある私なので、
あえて言わせてもらうけど、
過去のことは、いやじゃないのさ。
私にとってのダンナがかっこいい趣味のいい男になってるのは、
過去につきあった女の人たちの色々な影響も大きいと思ってるからさ。
(マリエも、そこんとこに気づくべきなんだよね。
 睦月が医者になれるくらい優秀な成績をおさめてきたのはライバルの凪子がいたからだと)。
とにかく過去の事実は、今更変えられない。不愉快でも、あきらめるしかない。
問題は、こっちが結婚した後、あっちがどういう態度で接してくれるか、なんだわ。
…結婚は私が自分の意志で選んだ結果だけど、
いくら元彼女でも今は友人の家族なんだから、最低限の気を使ってもらいたいよ。

たとえダンナと元同級生とか元同僚とかの間柄でも、
知らないうちにつながりを持ってたとか、
私がついていけない話題で盛り上がってるってのは、悲しいモンがあるよ。
せめて私の目の届かないところでやってくれよって思うもの。


397 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 15:54:07 ID:???0

続き。
…たとえば、マリエが、睦月のライターをバーで見せられた時の気分。
あの時、凪子は、かんたんにいきさつを説明したけど、マリエが知らなかったことだと言うなら、
凪子はその場で睦月に電話して、さっさとケリつけりゃ良かったんだよ。
そうすればマリエが、うじうじと気をもむこともなかっただろうに。
まあ、マリエは凪子みたいに恋愛慣れしてないってのを、凪子も見抜けなかったんだろうから
しょうがないけどさ。

マリエは家庭を持つ幸せという価値観を凪子に押し付けてゆくんだけど、
凪子の方も、独身感覚をマリエに押し付けてるという感じはあるんだよね。

八重樫と出かけたパーティの二次会で、睦月達のグループに合流した時。
あれは、マリエが勝手に割り込んだという感じだけど、
凪子は、あの場面では、マリエを気づかってもよかったんじゃないかなあ。
同期生の仲間の奥さんだからっていうんじゃなく、
会話に参加できない女をほったらかして気の合う男達と盛り上がるってのは、
けっしてかっこいい大人の女とは言えないよ。

ダンナの元彼女って、あっちも既婚とか彼氏つきならこっちも気が楽なんだけど、
あっちが独り身だと気を使うんだよね、色々と。
さっきも言ったけど、結婚は私が自分の意志で選んだ結果。だから、
子供の面倒をみるとか家にいないといけないとかは、言い訳にはできないもん。
こっちは、独身の頃に戻ったつもりで会って楽しむってのは、むずかしいんだよ。
ダンナの元彼女とかじゃなくても、独身の人から独身感覚を押し付けられると、つらいモンがある。

長文でスマソ・・・

398 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 16:31:58 ID:???0
>>396 397
マリエ側の気持ちが始めてわかった気分。真実の言葉って説得力があるね。

399 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 17:11:20 ID:???0
>389
そうだね、簡略にまとめてくれてわかりやすい!

>397
いいたいこともわかるけど、凪子がマリエに気を遣うとかって、それは望み過ぎ。
今まで、あれだけの事をされて苦しんでおきながらそこまでやれっての?
それができたら神様みたいな素晴らしい女性だけど、可哀想だよ。。。
凪子は、あのとき、確かに気付いていながらマリエを会話に入れてあげなかったかもしれないね。
だけど、それは心情的に仕方が無いと思っちゃう。
大体、マリエこそ、大人の女になるべきだもん。
うまく邪魔せずに話題に入るとか、それが出来ないなら、
話題に入れなくてもふてくされず、良き妻らしく
いい印象を残して立ち去り、後で凪子を恨まない。
それくらいしてもよくない?
それに、凪子は独身女の価値観は誰にも押し付けてはいないよ。
如月にたいするアドバイスの内容なんかをみてればそう思う。
マリエが価値観を押し付けた時の返答のとき、
自分の立場や考えをはっきりと言うだけ。それはなぜか、
マリエが凪子に「こうしたほうが幸せよ」と言うから、
自分のことは自分で決めるわ、と主張しているだけ。
凪子はマリエに「こうしたほうがいいよ」とは絶対に言わない。大人だよー

400 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 17:43:49 ID:???0
あれだけの事をされてって、私は凪子がマリエにしている事の方が
酷いと思うが・・・。私は結婚経験もないし、子供もいない。年齢も
凪子達の世代より結構下の世代だけど、元友人兼恋のライバルの子供、
しかも未成年で20歳下と付き合う方がよほど酷いと思うが・・・。
いくら復讐が目的ではないにしても、睦月やマリエに対して、
これ以上ない嫌がらせだよ。

マリエは確かに自分の価値観を多少押し付けているところもあるが、
それは凪子が独身のままだと不安だからでしょ。
マリエが既婚者としての傲慢さがあるとしたら、凪子は親の身になった事が
ないが故の、傲慢さを感じる。マリエは子供や木綿子に対して酷い女性
だとは思うけどね。

高校時代のマリエが凪子に酷い事をした点は、キスをした・彼氏は家庭教師
と嘘を言った事。ただし、これも凪子はマリエが睦月の事を好きな事は
教えてもらっているが、凪子はマリエに伝えていない。だからマリエが
真実を凪子に伝える義理がないとも言える。もし、凪子が睦月の事を
好きでなければ、キスの事は見栄っ張りだなとか、彼氏を隠していた件も
水臭いなレベルの話だから。キスの件は普通はしてもないのにしたと言われた
睦月が怒るべき事であって、睦月はそれを告白されても怒りもせず、
嘘を本当にするぐらいだから、罪のない嘘になってしまっている。

ある意味、高校大学時代は凪子の方が図々しいよ。睦月が自分の事を
好きなのは分かっていたのに冷たい態度をとり、逆にマリエに取られたら
猛プッシュ。大学の時になってからの取り合いなんて、今更感があった。
恋人の実家が投資した後─医大生になって、お金もかかる母親が
亡くなった後。美味しいとこ取りしようとしているのと同じ。マリエの
実家のバックがなく、睦月が高卒で働いていても凪子は執着しただろうか?


401 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 18:45:55 ID:???0
うん、執着したんじゃない?と思う
むしろ睦月と凪子の関係ってそういう関係だよ

凪子が如月と付き合ってるのは元々は復讐のつもりじゃないよね
確かにモラルや常識的には責められることかもしれないけど・・・
好きだから仕方が無いって感じ、如月もそういってるし。
凪子は、女友達も相手のことも思いやって、普段はずっと自分を抑えてて、
睦月のときは我慢したんだから、
女としての幸せをいつまでも捨てなきゃいけないのは可哀想だと思うわけよ・・
凪子が睦月に大学時代「猛プッシュ」したのだって、
自分を抑えられなかったゆえのどうしようもない行動だった だけどあのとき、
睦月をもし手に入れていたとしても、あとあと後悔しただろうと思うのは、
睦月だけじゃなく、たぶん凪子もそうだったんじゃない?
結局マリエは大事な友達だから、って、譲りそう。
如月のことだって、もしかしたら今後自分から身を引く可能性もあるかもよ。。
第一、いったんは別れようとしてたし・・・

親になったことがないから凪子を傲慢っていわれたらもう仕方ないよね
ただ子持ちだったとして、如月と関係したとしたら、どう言うの?
どっちにしたって一緒のような。。
もしマリエが事実を知って、親として、如月を心配しているから
別れさせようとするのなら、マリエ偉いと思うし、
凪子だってそれは受け入れると思うけどね

それから凪子だって別に好きで独身でいるわけじゃないんだし、
かといって結婚しないといけない・したい状況でもなかったから独身なわけで、
勝手に不安になられても困らない??
マリエはとにかく他人をうらやましがるのをやめること!
迷惑千万だよ 特に木綿子とかかわいそうよ
沢木がきっぱりした人だったから助かったけど。

402 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 20:04:01 ID:???0
マリエの場合は、>>396-397さん程には人間が出来てないと思ういますけどねw
でも、マリエなりに心を痛めているというのは、理解できました。

おそらくマリエは、アメリカでも帰国後の同窓会以前でも、
人間関係の苦労を知らずに、新城夫人として主婦生活を送ってきたという設定なんでしょう。
現実だったら、恵まれた環境を嫉む人とか
医者家系でもない親兄弟もいない婿養子を卑下する人もいたりして、
必ずしも気持ちのいいつきあいばかりじゃないと思います。

>>396
> 私にとってのダンナがかっこいい趣味のいい男になってるのは、
> 過去につきあった女の人たちの色々な影響も大きいと思ってるからさ。
> (マリエも、そこんとこに気づくべきなんだよね。
>  睦月が医者になれるくらい優秀な成績をおさめてきたのはライバルの凪子がいたからだと)。

これは同感。
でも、再会後のマリエが、学生時代の凪子と睦月とマリエの三角関係を、
心の中でどういうふうに位置づけているのか、
作者が明らかにしていないのですね。
個人的には、そのことにすごくイライラします。
今現在の睦月の心理より、そっちの方が気になります。

マリエは、睦月が最終的に自分を選んで結婚してくれたのだから、凪子には睦月に近づく権利はないと思っているのか?
凪子に対して卑怯な手段を使ったことを忘れているのか?
凪子にそれを打ち明けて謝ったのだから、過去のことはすべて許してもらえたと思い込んでいるのか?


403 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 20:04:37 ID:???0
>>397
> …たとえば、マリエが、睦月のライターをバーで見せられた時の気分。
> まあ、マリエは凪子みたいに恋愛慣れしてないってのを、凪子も見抜けなかったんだろうから
> しょうがないけどさ。
そうですね。
凪子の側では、さらっと流せることだったのでしょう。
でも、マリエにしてみれは、睦月からも凪子からも、
同窓会の会場で偶然再会という事実を隠されて、17年ぶりのふりをされた。
客観的に見たら、どう考えても、マリエに対して、失礼なことをしていますよ…。
凪子は、マリエとの友人付き合いを復活したいという申し出に応じているんですからね。
バレちゃった時も、もっと誠実な対処方法があったはず。
「黙っててごめんね悪気はなかったのよ、これからはこそこそしないから許してね」ぐらい言えてれば、
凪子もホントの意味で "大人の女" なんですよね。
でもそれでは話がおもしろくならないかw

マリエにとって不愉快だったのは、睦月凪子が二人きりで会ったことじゃなく、それを隠してたこと。
結婚披露宴のパーティでも、軽井沢のゴルフでもそうなんだけど、
マリエにしてみれば、睦月凪子が二人だけの世界を持ってるというのが、過去であれ今現在であれ、許せないのでしょう。
高校時代、睦月と深い仲になって何ヶ月も経つのに、マリエは、
教室で問題集に向かい合う二人を見て、心細そうな顔だったし。
この時点ではマリエ、睦月と付き合ってること、凪子には隠しているんですよね。
そう考えると、
>  睦月が医者になれるくらい優秀な成績をおさめてきたのはライバルの凪子がいたからだと)。
マリエがこういう心境になるというのは、むずかしいですね。

404 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 20:08:40 ID:???0
>>399
> 今まで、あれだけの事をされて苦しんでおきながらそこまでやれっての?

客観的に見れば、マリエの方が虫のいい願望持ってるんですね。
卑怯な手段で恋のライバルを蹴落としたと言っては身も蓋もないけど、
そういう過去を水に流して、高校一年の頃みたいに仲良くつるんでいきたいというのですから、
図々しいというか…大人には程遠い、幼児的な自己中心的発想です。

凪子、いくら元同級生だからって、マリエとつきあう義務はないはず。

> それに、凪子は独身女の価値観は誰にも押し付けてはいないよ。
> 如月にたいするアドバイスの内容なんかをみてればそう思う。
> マリエが価値観を押し付けた時の返答のとき、
> 自分の立場や考えをはっきりと言うだけ。それはなぜか、
> マリエが凪子に「こうしたほうが幸せよ」と言うから、
> 自分のことは自分で決めるわ、と主張しているだけ。
> 凪子はマリエに「こうしたほうがいいよ」とは絶対に言わない。大人だよー

如月に対するアドバイスは、ここでは無関係でしょう。
凪子は、マリエに対して、独身の生き方が最高よなんてことは言ってないし、マリエはこうするべきだとかも言わない。
ライターのことでも、結婚の勧めを断るときも、
あと女3人で温泉旅行したときも、凪子はマリエに対しては、常に必要最低限のことしか言っていないんですよね。
そういう凪子の姿はクールで毅然としてて、外見ではかっこいいんだけど、
必要最低限のことしか言っていないのは、実はマリエとは無理してつきあっている所為だと分かります。
本当はねたましい相手なのに、本音を言えないで突っ張ってるみたいで、けっしてかっこいい大人には見えなかったですよ。


405 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 20:49:21 ID:???0
まあ、凪子の場合、木綿子の顔を立ててマリエの誘いに応じてきたという印象がありますし、
木綿子に対しては、マリエといるとイライラするって本心を言ってるんですけど、
木綿子とマリエのつきあいが本物の友情じゃないってこと、凪子は見抜けないのでしょうか。
そこらへんもイライラしましたよw

そもそも、学生時代の3人の友情もそうですよね。
高校二年あたりまでは、3人でつるんでるシーンも多いけど、
マリエが文化祭で睦月と接近するチャンスを得て、キスの嘘を言い出したあたりから、
木綿子と凪子の間には友情があり、凪子とマリエの間には友情はなくなっていると思います。
少なくとも、友情的な思いやりは失せてしまって、元友人というしがらみだけ。

>>400
> 高校時代のマリエが凪子に酷い事をした点は、キスをした・彼氏は家庭教師
> と嘘を言った事。ただし、これも凪子はマリエが睦月の事を好きな事は
> 教えてもらっているが、凪子はマリエに伝えていない。だからマリエが
> 真実を凪子に伝える義理がないとも言える。もし、凪子が睦月の事を
> 好きでなければ、キスの事は見栄っ張りだなとか、彼氏を隠していた件も
> 水臭いなレベルの話だから。

以前にも何度も出された件だから、スルーしようと思ったけど、
いいかげんこういう考え方はやめてほしいなと思います。
“高校時代のマリエは悪くない”的な考え方は、どうしても納得できません。
いくら最初に打ち明けたからって、それだけでその男を自分のものにする権利につながるわけではありません。

友情ってね、いくら最初が誠実でも、
一度でも裏切ってしまえば、そう簡単には以前の友情を回復することは出来ないんです。

むろん、そういう裏切りを経ても回復できるケースはありますよ。
小説やドラマだと、自分の大事なものを犠牲にして許しを乞うみたいな感じになりますが、
現実では、ショックが大きい出来事ほどトラウマになりやすいですし、
ドラマみたいに都合よく偶然のチャンスは訪れてくれませんからね。


406 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 20:56:01 ID:???0
そうね・・・
私は凪子派だけど、なんか考えが変ってきたよ
そもそも結局この二人は駄目なのかもしれないね
睦月を愛してるという時点でライバルだから。
ただ、マリエから睦月を強引に取らなかったのは、凪子の弱さでもありやさしさでもある。
結果、マリエは睦月に関しては間違いなく、勝利者。
まあでも、凪子が大人だと感じるのは、色々失敗や駄目さを自分で認めていて、
またマリエなど他の人の価値観はそれはそれとして認めていて、
その上で行動を選んでいる、という部分。
で、凪子は別にマリエとの仲を守ろうとはしてないよね、木綿子のため、
マリエがそうしたがっているため、で、自分からマリエと仲良くしようとはしてないね
むしろ、別に会いたくないから会わなくていいのよ、って態度を貫いてるように思える。
そんなとこも、マリエが、堂々とした凪子を羨ましいって思う部分なんじゃないかな。
如月や睦月が凪子に惹かれる部分でもある。
ただマリエは、もちろん母親として一生懸命家庭を守っているとは思います
凪子が仕事をしっかりと努めているのと同程度に立派な大人だと思うよ
1番いいのは、如月と凪子がめでたく周囲に祝福されて結婚することかもね。
それか留学して外人と結婚して、ゆくゆくはノーベル賞とるとかね
せまい世界に住んでたら駄目だよ、凪子みたいな人は特にね

407 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 21:20:32 ID:???0
どいつもこいつもナゲー
・・・って全部同じヤシだったりして?!w

408 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 21:49:25 ID:???0
暇が出来たから読み返してみた。

<想像版その1>
>> 182-185
<想像版その2>
>> 189-195
<想像版その3>
>> 218-226  >> 244-245   >> 256-258

あ、念のため。どれも、>>1にある前スレね。

<想像版その2>がいちばんおもしろかったよ。
何故にインドネシアなのか疑問だったけど
あの当時は津波の災害があったんだね。
時事的な要素も入ってたのか。
三作の中では最終回までを書いるのって、これだけなんだ。
<想像版その2>の作者さん、もし見てたら新バージョンぜひお願いします。

409 :花と名無しさん:2005/11/10(木) 23:18:00 ID:???0
>>400
> マリエの実家のバックがなく、睦月が高卒で働いていても凪子は執着しただろうか?

どうかなあ?
この二人は、もともと勉強の上でのライバルっぽくお互いの存在を強く意識してきた、という関係だ。
仕事でも趣味でも、何か共通のライフワークみたいなものでつながってないと難しいな。
凪子が医学生で睦月はサラリーマンということだと、
やがては睦月の方がコンプレックスを捨てきれなくて、なんとなく卑屈になってゆき、
凪子の方も精彩をなくした睦月に魅力を持てなくなってしまう、という展開もありうるね。

高校二年の終わり頃、睦月にはマリエ父からの援助話が持ち上がることもなく…っていうのだと、
高校三年のクラスは、進学コースの凪子と就職コースの睦月、別れてしまうだろうな。
でも、睦月は、マリエ父からの援助話がなければ、マリエとはキスどまりで、寝るところまでは行かないだろうし、
マリエが迫ったところで、凪子を好きなんだと言って断るだろうね。
睦月が大学へは行かないと決まり、凪子も睦月母の事情などを知ってしょっちゅう見舞いにも行ったりして、
そこで深く理解しあえる関係になって、うまくいったかもしれない。

睦月は、高校卒業の直前に、マリエ父からの援助話を断ろうとしていたね。
この時点ですでにマリエとは寝ていたのだから、
そこできっぱり断れるようだったら、よほどの強い意志と本物のプライドがあったってことだ。
医学生となる凪子、サラリーマンの自分、というふうに、立場が別れても、
自分の生き方に自信を持っていくような、凪子にとっては頼もしい男になっただろうな。
まあ4〜5年も働けば、医学部に入学して医者を目指すことも可能だろうし・・・

410 :花と名無しさん:2005/11/11(金) 01:59:38 ID:???0
なんていうか、凪子と睦月が結ばれなかったのは
マリエの駆け引きがことごとく命中して、かつ
常に、凪・睦二人の弱さと、それだけでなくマリエへの思いやりによってすれ違ってきたから、
読者としては、なんかもう凪子が可哀想で仕方が無くて

睦月は現実的に考えたら、K大医学部(って慶応でしょ?)なんて金かかるんだから
国立大学の医学部にしろよって思うし
(でももしかしたら凪子の志望校だったから選んだのかなって
ちょっと思ったけど。イヤ新城教授の存在か・・・)
かつ、優秀ならば奨学金とるくらいの覚悟で行けよって思うし、
あと防衛大の医学部とか学費免除だよね
色々あるのに、なんだかなって思うよね。
まあお母さんが保証人になった借金もあったし不安だったのかな。。。

411 :花と名無しさん:2005/11/11(金) 04:52:58 ID:???0
>>410
学費免除の医学部もあったのか・・・。
まあ、そういったビジョンは、大学をやめる決心をした頃の睦月のアタマの中にも、あったかもしれないね。
2年か3年くらいは生活の基盤を固めるために就職して、よその医学部へ入り直すとか。

睦月はK大受験が終わってすぐ、新城教授に、やっぱり大学へ行くのやめますと言いに出かけたんだよね。
睦月なりに悩んで苦しんで、マリエの愛情がどんなにやさしくても凪子とは結ばれない人生ってのがやっぱりいやで、
入試は力試しのつもりで受けて、それが終わったところで、ケリをつけるつもりでいた。
でも、新城教授が、そのタイミングで、きみのお母さんのことだけど・・・とか言い出して、
そこで睦月の弱みを突いてくれたんだろう。
なんか、このへんの睦月ってすごく可哀想だよ。
新城教授のことだから、それより一年もまえに「きみのことは色々調べさせてもらった」と言った時点で、
睦月母のことも熟知してただろうに。
睦月が援助を断ったら母親の医療費のことを言うつもりだったのが、ミエミエだ。

412 :花と名無しさん:2005/11/11(金) 06:11:18 ID:???0
>>405
> 以前にも何度も出された件だから、スルーしようと思ったけど、
> いいかげんこういう考え方はやめてほしいなと思います。
> “高校時代のマリエは悪くない”的な考え方は、どうしても納得できません。

まったく同感ですわ・・
その人が何でそういう発想になるのか理解に苦しみましたよ。
大学時代には、マリエが高校時代の自分のやったことを凪子に対してあやまるというエピソードがあるというのに。

> 友情ってね、いくら最初が誠実でも、
> 一度でも裏切ってしまえば、そう簡単には以前の友情を回復することは出来ないんです。

これもまったく同感ですわ・・・w

それと、しみじみ思うこと。
学生時代の友情は、木綿子と凪子のように卒業後も時々会って話すという関係を
ずっと続けているというのでなければ、
卒業したら終わりですよ。

卒業して数年ぐらいなら、同窓会がきっかけでつきあいが復活するというのも多いと思いますけど。
現に、私の周囲には、
そのくらいの時期の同窓会が縁で元同級生と結婚したカップルとか一緒に脱サラして会社作った人とか、何組もいますよ。
10年以上たってしまうと、同窓会の時だけ盛り上ってすぐ醒めるという
一時的な復活で終わってしまいますね。
つきあっていた期間より、離れていた聞間の方がはるかに長いのですから、しかたないです。

でも、恋愛は、友情よりももっと個人的好みとか他人には理解しにくい理由で成り立つものだし、
お互いの思い入れが深ければ、離れていた年月とかは関係ないのかも。
凪子には睦月と一緒に生きる道がひらけてほしい。
恋愛関係ではなくてもいいから。

413 :花と名無しさん:2005/11/11(金) 23:15:15 ID:???0
>411
そうそういったんは新城教授に大学行くのやめます、って言ったよね。
あのときは、多分、睦月は凪子と結ばれたくて断った、というよりも、
たぶん、もちろんそれを含めてなんだけど、
これからの人生、まっとうに生きようといったんは考えたんだよね。
つまり、マリエの気持ちを利用して新城家にお金をもらって、
いい人生(医者になって・・)を歩む=自分の野望を叶える っていうのは
やっぱりやめよう、
苦労してでも、自分の力で這い上がろう、って覚悟していたんだと思う
なのになぜ新城家を選んだのか、というと、もしかするとほんとうに
お母さんを一刻も早くいい病院の治療を受けさせたかったかもしれないよね
それに自分のやりたいことも出来るとくれば、一石二鳥っていうか
そちらを選ばない選択があるのか?って思うよね。
しかも多分あの時の睦月は、凪子が自分を愛してるとは思ってなかっただろうし
どっちかっていうと、俺がどんなに好きでも凪子は俺なんて相手にしてないって
思ってただろうし。
だけど、凪子が自分を愛してることを知って、で、
お母さんが死んだ時、やっぱりまた「自分に正直に生きたい」って思ったよね、
けど、今度はマリエが妊娠してしまった・・・
若いうちに重要な選択をしないといけなかった睦月はやっぱり可哀想だし偉いし
あんな煮え切らないつうか暗い男になるのも仕方が無いね・・
それでもボストンで家庭を守りつつ仕事して来たのは本当にすごい
キャラ的にどうしても好きにはなれないけどよく考えると偉いね いまだに苦労人

414 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 04:56:38 ID:???0
>若いうちに重要な選択をしないといけなかった睦月はやっぱり可哀想だし偉い
↑これには全くもって同意。フツー高校生の男の子が、あそこまでの
選択を迫られたりはしない。

睦月は、母親が病気だったり父親が居なかったりしたせいで、「子ども
時代から、大人になることを要求されてしまった人間」なんだと思う。
同い年の男連中が呑気に親のスネをかじって子ども三昧している時に、
子どもでいるどころか、母親の面倒を見る保護者的な立場に置かれて
いた訳だし。

そういったことを踏まえてみると、凪子やマリエが彼に惹かれまくった
のも分かる。同世代とは思えないほどの、「オトナな男」に見えた
だろうから。成績がいい男は他にもいただろうけど、「オトナな男」は
そうは居なかった筈。

一方で、睦月がマリエに(彼なりに)惹かれたのも分かる気がする。
マリエは彼とは正反対に、子どもでいることを大っぴらに許され、
本人もそれに甘んじていた少女。「苦労知らずのお嬢さんが・・・」と
思う反面、自分には許されなかった立場が、羨ましくも眩しく見えた
のではなかろうか。

415 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 14:06:23 ID:???0
>>414
「一方で、睦月がマリエに(彼なりに)惹かれたのも分かる気がする。
マリエは彼とは正反対に、子どもでいることを大っぴらに許され、
本人もそれに甘んじていた少女。「苦労知らずのお嬢さんが・・・」と
思う反面、自分には許されなかった立場が、羨ましくも眩しく見えた
のではなかろうか。 」

なるほどねー確かにそのとおりだと思う。
そこのところの描写、何も語らないけど伝わってくる前原先生の表現うまいよね
人間観察がほんと深い。
としたら、最初は睦月、ひょっとしたら、
自分からしたら何でも持っている恵まれた少女が
自分に夢中で仕方ない、という状況が、
自分の不幸な状況ゆえの、恵まれた人たちへの面当て、みたいな感情があったのかもしれない・・
そういう自分の汚さも睦月はわかってたから迷ってたんだよね
もちろん、あとでやっぱり凪子みたいな人の生き方を尊敬し、逆に
家庭に入ってからはマリエの愛情にちゃんと答えてあげているわけだけど。
人の感情って一様じゃないから難しいよね

416 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 20:34:37 ID:???0
>>413
睦月が、高校卒業間際で、新城教授に、援助辞退を申し出た理由。
睦月は凪子と結ばれたくて断った、というよりも、
凪子に対して恥ずかしくない生き方をしたかったから、
> 苦労してでも、自分の力で這い上がろう、
って考えたのではないかな?

> しかも多分あの時の睦月は、凪子が自分を愛してるとは思ってなかっただろうし
> どっちかっていうと、俺がどんなに好きでも凪子は俺なんて相手にしてないって
> 思ってただろうし。
睦月は、そういう考え方しかしない愛情に飢えた少年じゃなかったと思うよ。
女先輩との恋愛経験もあるし。
恋愛の相手を選ぶ最終的な基準は、
向こうが自分を愛してくれるからじゃなく、自分が愛せる相手かどうかで、決まるもんじゃないの?

睦月は、凪子からマリエに乗り換えた感じにはなったけど、凪子を嫌いになって遠ざかったわけじゃない。
凪子が、宮腰には本気じゃなさそうな態度なのを校内で見て、
睦月的には{俺と凪子はもう一度やり直せるはずだ}みたいな確信を持ったんじゃないかな?
その時点では、マリエと深い仲ってのを続けて家庭教師のバイト代をもらっていた睦月だけど、
それ以外の経済的援助は受けてなかったんだろう。
大学に6桁7桁の入学金や授業料を納めるのって、3月頃だからね。

417 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 20:35:28 ID:???0
>>414
> >若いうちに重要な選択をしないといけなかった睦月はやっぱり可哀想だし偉い
高校時代が可哀想だってのは異論なし。
でも、偉いと思える点は、母親の為に最大の努力をしたということ。
それ以外で偉いと思える点は、結婚後とか再会後に出てくる感じだな。
婿入りしてマリエの夫となった以上は、家庭と仕事を大事にする姿勢を貫くというところ。
ただし、睦月の境遇が可哀想なものだった、だから凪子を傷つけた経緯も許される、という訳ではないのは
言うまでもない。
それとこれとは別件だ。

418 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 20:40:30 ID:???0
睦月は高校時代に家計を支えるくらいの甲斐性があったのだから、その点では同年代に比べたら「大人」だったね。
金やコネや得意分野を持たない人間は、それらを持つ人間からしばしば見下されるという、
世の中の仕組みの不条理な部分も知ったことだろう。
だから、同級生には、むやみにプライバシーを明かすこともしなかったし、
負けず嫌いという性格を隠して、勉強やスポーツでかっこいいところばかり見せてきたわけだ。
でもまあ世の中の不条理に怒りを感じているから
授業もサボったし、女との噂が絶えなくても、怒らせると怖いヤツと思われても、堂々としてた。
まあ成績がいいから、そういう素行不良的な行動力もマイナス材料にならなくて、却ってハクがついたんだね。

木綿子やマリエが睦月に惹かれた理由は、
>>414 > 同世代とは思えないほどの、「オトナな男」に見えた
っていうよりは、
睦月が、自分を守ってくれそうな万能型のヒーローに見えたからだろう。
凪子の場合も、勉強のライバル+自分を守ってくれる男として、睦月についていきたいと思ったわけで。

睦月が凪子に惹かれた理由も、同じだろうね。
勉強のライバル+自分が守ってやりたい女として、凪子をパートナーにしたいと思った。

睦月がマリエに惹かれた理由は、女らしい甘やかな優しさではないかな?
マリエや凪子は知らないことだけど
高校二年の秋は、タイミングが大きく味方したんだよね。
睦月的には、女先輩のことで凪子を傷つけてしまい自分も傷ついてる、というタイミングでマリエの家に招かれ、
好きな男と楽しく過ごすことだけ考えてるような、素直な女の子のやさしさっていうのが、
この上なく有り難かったんだよ。
>>414 > 「苦労知らずのお嬢さんが・・・」と 思う反面、自分には許されなかった立場が、羨ましくも眩しく見えた
ってのは、付録的な感情で、重要度は低いと思うよ。

419 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 20:57:42 ID:???0
睦月は、まず、屋上で先輩の彼女のこと弁解したときにつっぱねられて、
凪子が自分を愛して無いことにショックを受けて、
その後積極的に凪子と話せなくなった。
そんなときにマリエと急接近して、そのまま野心やら性欲やら
(多分凪子につっぱねられたショックも重なってたと思うんだけど)に流されて、
その後マリエと寝た時点では、
もう凪子と愛し合う相手として自分はふさわしくないって思ってたんじゃないかな
それでも凪子にはどうしても自然に惹かれ続けてしまう。
宮腰に暴言はいた凪子をぶったのは
ぶつ資格はないと思いつつも、ついつい。なぜかというと
凪子には素晴らしい人でいて欲しかったんじゃないかな
自分の聖域として・・
睦月には、凪子は並みの男じゃ相手に出来ない高嶺の花的女に
見えてたと思う。
睦月が他の男とは違う男って思われてたのと一緒で、
凪子は、睦月には他の女とは違う女に見えていた。
だから別に自分にも宮腰にも本気じゃないって思ってたんじゃないかな
二人の思いが通いあってた束の間=高2の短い間だけは別として。。。
睦月は凪子を選んでもマリエを選んでもどちらかを傷つけていたはずだから
どっちが良かったとはいえないような気がする、だけど
凪子と結ばれて欲しかったと思うのは何故だろう・・

420 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 22:50:48 ID:???0
>>419
> 睦月は、まず、屋上で先輩の彼女のこと弁解したときにつっぱねられて、
> 凪子が自分を愛して無いことにショックを受けて、
> その後積極的に凪子と話せなくなった。

ちょっとちがうんじゃない?
凪子からは、
他の女を抱いた手であたしに触んないでよ、ホントの恋じゃなかったなんて考え方は理解できないと言われただけ。
凪子、睦月あんたとはもう話したくないわという態度ではあったけど
睦月にしてみれば、嫌われたという感覚はあっても、
「愛されてない」「もう愛される見込みはない」と確信するところまでは、いってなかったと思うよ。
単純に言えば、凪子が
「他の女を抱いた汚い手であたしにさわらないで、あんたの女の話なんて私は聞きたくない、」
の一点張りなので、睦月は、気まずさを解消するのをあきらめた、というところでしょう。
(凪子自身をあきらめたわけじゃないってこと)。

それにしても、本気で好きな相手ほど上手く言葉が出てこないってのはあるにせよ、
あの屋上の会話では、睦月、先輩の女のこと自己弁護するばかりだったし、
睦月らしからぬ不器用な言い訳だなあと思った。
いやな思いさせてごめんとか、俺は凪子を傷つけるつもりじゃなかったとか、
弁解する前に、ていねいにあやまっていたわればいいのに。
なんで言えなかったのかねーまったく(作者の都合だからしょうがないけどさw)


421 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 22:51:32 ID:???0
> 睦月は凪子を選んでもマリエを選んでもどちらかを傷つけていたはずだから
> どっちが良かったとはいえないような気がする、だけど
> 凪子と結ばれて欲しかったと思うのは何故だろう・・

主役だからw
作者的には三人の女が主人公と言ってはいるけど、事実上の主役は凪子だからね。
なぜって、他のどのキャラよりも、彼女の心理をていねいに詳しく描いてきたから。
大人編でマリエの出番は多くなっても、マリエの心理は、凪子ほど深く突っ込まれていない
(上の方でも誰かが書いてたけど、
 大人になった今のマリエは、高校時代の凪子との経緯をどう思ってるのか、
 凪子を陥れて睦月を得たことを都合よく忘れているのか、
 そこんとこは作者があきらかにしていないのだからね。
 凪子の方は、高校の頃に自分が意地張ってたことを後悔してるモノローグ多いし
 素直な女の子にとられちゃった、と、如月にも打ち明けている)

まぁ、実生活の恋愛で友人とライバルになったとしても
友人を陥れるような卑怯な手は使わないような読者だったら、
マジで睦月とマリエが結ばれてよかったとは思わないだろう。

422 :花と名無しさん:2005/11/12(土) 23:37:47 ID:???0
>>419 >>420
屋上での会話・・・
私も、あの時の睦月は、凪子に愛されていない、という感じ方は、していなかった、と思います。
> それにしても、本気で好きな相手ほど上手く言葉が出てこないってのはあるにせよ、
これは、睦月よりも、むしろ、凪子の方に当てはまるのでは?
あの場所では、凪子の言葉にはならなかった、睦月に対するモノローグがあります。
「じゃあどうしてマリエにキスしたのよ」と問い詰めたかったのです。
でも、睦月は、マリエの、「キスした」という嘘どころか、そういう嘘の存在さえ知らないのですから、
先輩のことしか話せないですよ。

423 :花と名無しさん:2005/11/13(日) 00:51:19 ID:???0
でも睦月は、凪子に拒絶されてショックは受けてたと思うんだよね
たしかに、愛されて無い、とかそこまで思ってなかったかもしれないけど、
拒絶されたってのは感じたよね
睦月は恋愛経験はあったし、周りから大人びて見られていたかもしれないけど、
でも実は、見かけよりも若くて子供だったはず。
そして凪子からの拒絶が、マリエの部屋で惰性でキスするきっかけにも
なっていったと解釈してるんだけど

424 :花と名無しさん:2005/11/13(日) 02:34:06 ID:???0
あのあたりの作者のストーリー構成は巧みだったね。
マリエのキス嘘って、マリエ的には凪子を軽く牽制しとこうってぐらいなもんだったのに、
そのひと言が凪子をショックで打ちのめし、夜の酒場で見知らぬ男の毒牙に引っかかる女にしてしまい、
睦月に助けられたと思ったのも束の間、先輩が関わってしまって、
凪子と睦月は互いの気持ちを確かめあうこともなく破局寸前に追い込んでしまった。
ショックと傷心の睦月の前に、そんなこととは露知らずのマリエが現われ、
自宅の部屋に連れ込んでしまった。

マリエから「凪子に嘘ついたの、睦月くんとキスしちゃったって」と言われても、
マリエの女らしさ全開の部屋で、睦月は判断力がにぶってたから、疑問を持たなかったんだね。
冷静な陸月なら、君って見かけによらない女の子だね、ぐらい言いそうなのに。
このときの睦月は、凪子が思い通りにならなくて、自分に自信を持てなくなっていたんだろうね。


425 :花と名無しさん:2005/11/13(日) 02:40:54 ID:???0
ちょっと睦月サイドで回顧。
結論からいうと、睦月にしてみれば、先輩の女のことで、凪子を傷つける意図はなかったんだけど、
でも、凪子の気持ちを察してなかったのが致命傷。
睦月、屋上でもうちょっとねばって凪子をなだめれば、マリエのキス嘘もそこでバレただろうに。

夏から秋にかけて、凪子といいムードになってきて、図書室でキスしようとしたら拒まれたけど
そのうち口説きたいとか思ってた睦月。
先輩との仲は、先輩が立ち直ったらいずれは終わっていくのが分かってたし、その後は凪子を、と。
文化祭がきっかけで同じ野球部に居るマリエと親しくなったけど、
マリエのことは特別に思ったことはなかった。
そんなある日、バイト先のバーに、突然凪子が男連れで現れてびっくり。
ホテルへ連れ込まれそうな凪子をかろうじて救いだしたら、
酔った凪子から、ほっといてよあんたなんか大嫌いと言われ、なにがなんだかわからない。
睦月としては凪子が心配ではあったが、
たまたまその夜は、バイトが引けたら先輩のアパートヘ行って、最後の夜を過ごす約束だった。
そして、朝になったら、アパートの外に、なんと、凪子が。
どうしてここが分かったんだ?昨晩バイト先のバーから俺の後をつけてきたのか?
俺を一晩中待つほど、急いで話したいことがあったのか?
なんにせよ、先輩との仲を見せつける形になってしまった。
翌日学校で、先輩との関係が終わったことを説明しようと決めたが、
ありのままを順序立ててくわしく話そうとしているのに、凪子は全然耳を貸してくれないし、睦月を責めるばかり。
…そりゃそうだ、
凪子にしてみれば、いきなりノロケ話聞かされてるんだもんね。もう終わった仲だとも言ってない。
そこに気づかない睦月は、やっぱりニブい。
言われるほうの身になって考えることはせず、一方的に自分の言い分を押しつけてるだけじゃないか。
大人の男どころか、かなりガキだ。
…っていうか、睦月は女性とマジでつきあった経験は先輩だけで、
 睦月が上手く言葉で言えない思いみたいなのでも、先輩が年の功で色々察してくれたんだろうね。

426 :花と名無しさん:2005/11/13(日) 02:41:15 ID:???0
>>423
屋上で凪子に去られた睦月の心中ってのは、凪子に拒絶されたショックという単純なものではないはずだよ。
凪子は俺を好きなんだろうに、何故わかってくれないんだ?俺はどうしたらいいんだ?みたいな、
もどかしさや苛立ちも含めたショックだったと思う。

427 :花と名無しさん:2005/11/13(日) 17:05:50 ID:???0
>425
ほんとやね
そう考えるとマリエのやつ、うまくやりやがったなー!
睦月や凪子の純粋な気持ちを一所懸命駆け引きで動かして、
睦月を自分のものにしたんだよねえ
もちろんマリエも睦月を手に入れたい一心だったんだろうけどさ
しかし負けは負け、だよね 凪子も大人になったとき、
正直に求めなかった自分が悪い、って思ったし、
睦月も大人になってから、自分の浅はかさを責めたはず。
マリエって最初から負けてるんだけど、絶対諦めず
勝ちパターンにもってくよね その粘り腰、すごいよ
老けてからはなかなか効果を発揮できてないようだけど・・・
しかし、凪子や木綿子は「大人になった」という表現があてはまるけど、
マリエは「老けた」って感じやな

428 :花と名無しさん:2005/11/13(日) 18:47:04 ID:???0
「老けた」っつぅのはちょっとカワイソ。
まー何だな、「普通のおばさん」になった、っつー感じじゃね?
自分の容貌と生活と身の回りの気に入った人と仲よくやることしか考えてないみたい。
教養がありそうなのに、目先のこと優先で、人生観は広がらず深まらず。

ルックスや普段の生活ぶりは、木綿子が何処にでもいそうな平凡な普通のおばさんっつーか、
元々木綿子って高校の頃から良くも悪くも普通っぽかったけどさ、
凪子と如月の関係を知ってから、凪子に言う台詞とか、大人だなあと思うよ。

429 :花と名無しさん:2005/11/14(月) 00:09:02 ID:???0
>428
そうそうまあそんな感じでふ
でもマリエは昔とかわんないよね、そういうとこ。成長なし。

木綿子は
一度結婚に失敗してから、そこから色々学んで大人になってるよねえ
そこで人生観変ってるもんね
マリエは木綿子を普通の女、って思っていたのに、
負けちゃって(少なくともマリエがそう思ってる)、ショック受けてたのは
ミジメダッタ・・・
マリエが男に惹かれるのは、容姿や家柄だけでさ(マリエ本人がそう望んだ結果なわけだけど)。
八重樫だって正直まともな男には思えない・・・
年取ると外見だけじゃないよってことなのだろうか。
今後の展開に於いて、マリエも成長してくれるんだろうけど。

430 :花と名無しさん:2005/11/15(火) 15:13:28 ID:???0
うーん,マリエも気の毒な女だよね。
これからの人生では、
どんなに大事なものでも自分の思い通りになるとは限らないということを知って、
成長できるといいね。
まあ、でも、この漫画の中では、
冷静になったマリエが、初めて自分の生き方とか過去とかを見つめ直す、
ってところまでいければ、御の字じゃない?

この漫画のなかでは、実際にマリエが成長した様子までは、描ききれないんじゃないかな。
大河ドラマじゃないから、すべてが丸く収まってめでたしめでたしという方向は無理だろう。
マリエが自分の独占欲や非情さに気づかないまま最終回っていうのだけは嫌だなあ。
誰かの死にオチとか発狂オチはドラマチックだけど
周囲の人間(と読者)の今までの苦労がむくわれないままじゃ、後味悪い。
誰かがイチ抜けたっていう感じになるんだったら、せめて外国へ旅立っていくみたいな・・・
でもそれでは大学時代のエピローグと同じパターンだけどねw

431 :花と名無しさん:2005/11/15(火) 15:23:50 ID:???0
木綿子や凪子のような大きな挫折を味わうとしたら、きついだろうなあ三十代後半では。
おまけにマリエの場合、他の二人の女性とちがって、独りでは生きていけないタイプ。
常に精神的に誰かに依存していないとだめなんだよね。心のよりどころにこだわるタイプとも言える。

マリエにとっては睦月がそういうよりどころ。
マリエって、社会に出て働くより内助の功でという家庭的な女性なんだけど、
でも、睦月の内面とかの、自分の理解できないところ理解したくないところはスルーしちゃう。
精神的には一方的な依存を貫いている。
睦月の庇護から抜け出さないかぎり、マリエの成長はあり得ないね。
八重樫の存在?
うーん、>>429さんとはちがう印象もってるよ。
見た目よりは誠実そうな男って感じがする。初登場の頃よりも好感度高くなったよ。
八重樫にしてみれば、マリエが夜更けに誘いにきたなんて、思いがけない出来事。
以前に登場したころは、きざったらしい台詞が多かったけど、
マリエの様子がおかしいので何かあったのだろうか?と心配していそうな、慎重な対処をしているもの。

まあ、ここでの八重樫、彼女の方から飛び込んできたなんてラッキー、ってな態度のほうが
盛り上るんだけどねぇw
八重樫の存在って、ま、凪子の高校時代の宮腰みたいなもんでしょう。
生れ育ちや生活環境が明らかにされないキャラだからね、
マリエの人生とか人生観を変えるところまでは行かないでしょう。

個人的には、如月と葉月が結託して、家出でもしてもらいたいな。
転がり込むところは、木綿子の家でもいいし大里の家でもいい。
子供が未成年のうちは、
少なくとも子供が理解していないうちは(母も女だって事を)、
女として生きるより母として生きることが大事だってのを理解させてやって欲しいよ。


432 :花と名無しさん:2005/11/15(火) 23:55:58 ID:???0
ふと思ったけど、マリエに娘が居ないのは、子どもにとっても
マリエにとってもいいことだったかも。

女として本気で娘と張り合いそうなタイプだし、今みたいに
女の自信を無くしている時期だと、白雪姫の継母みたいに
なりかねん。白雪姫の話自体、元の話は実母だったというし。
それに、マリエより不美人に生まれてしまったら、娘にとっても
かなりのコンプレックスになっただろうから。

433 :花と名無しさん:2005/11/16(水) 04:57:54 ID:???0
>>431
確かに、人間性帰るのは難しい年齢だよね・・・
ただ私的には、
マリエは一度あやまちを犯してしまう。
で、どうにかなって睦月の知るところとなる。
だけど、睦月はマリエを許す。
それによってマリエも、初めて他人との深い人付き合いを学び(遅いけど!)
ずっとこだわってきた睦月の凪子への愛情の存在に対しても、
それを含めた上で睦月と寄り添っていく覚悟をして、夫婦として再出発する・・・・
みたいなストーリーかなーと思ってたんだけどね。どうなるかな

八重樫は女優との複雑な過去を持ってるっていう背景だけは
あったよね。もっとそっちのエピソード(八重樫の過去)が
展開するのかと思ってたけど、そんなことはないのかな?

>432
そうだね、マリエに娘がいたら絶対関係がうまくいってないと思う
いなくてよかったよ

434 :花と名無しさん:2005/11/17(木) 12:39:03 ID:???0
>>433
救いのあるいいストーリーだね。433さんは、根がやさしい人なんだね。
私もマリエの破滅を願っているわけじゃないから、個人的にはそのセンで行ってほしい。

けど、マリエには、一度はどん底の気分を味わってほしい。
具体的には、他人から思いがけなく裏切られるという体験。
そして、後悔したときにはもう手遅れで、大事な人に去られてしまう、という体験。
これらは、凪子や木綿子が体験してきたことなんだよね。

他人に嘘をつく等の裏切りが、謝罪や反省するだけで許されてしまうのでは、
他人との深い人付き合いを学ぶことなんて出来ない。
(それを知ってほしいな。学生時代のマリエが成長できなかった理由だから。)
マリエは、睦月に凪子を近づけないために、凪子には家庭教師の正体を隠すという、
マリエの凪子への告白によれば "卑怯な" 手段をとって、睦月を得た。
睦月が女遊びしてた頃のマリエ、いくら睦月の考えてることがわかんないからって
自分が裏切った凪子に協力を求めるなんて、図々しすぎる。

自分のあやまち(この場合マリエの不倫)を夫(陸月)から許してもらえたぐらいでは、
> ずっとこだわってきた睦月の凪子への愛情の存在に対しても、
> それを含めた上で睦月と寄り添っていく覚悟
マリエには、できるとは思えない・・・。
マリエは、睦月にとっての凪子が特別な存在だということを、どうやって納得するの?

睦月は、最終的には凪子を選ぶつもりでいたのに、
マリエを妊娠させた責任を取るため、マリエを選んで、凪子を捨てたわけでしょ。
マリエは、「睦月が最終的に私を選んでくれた」ってとこだけ重視してる。
「睦月が凪子を捨てた」「睦月がほんとうは凪子を選びたかった」
という過去を、マリエが改めて直視しないと、
睦月とマリエの間には、本当の意味での夫婦の信頼関係は育たないと思う。

435 :花と名無しさん:2005/11/17(木) 13:58:48 ID:???0
>>434
> けど、マリエには、一度はどん底の気分を味わってほしい。
そうですね。マリエにはきついでしょうけど、睦月は、何らかの形で
一度はマリエをつき放してほしいものです。密会現場を見て凪子との
親密さを知っただけでも、マリエ的にはどん底の気分でしょうけど、
凪子によって睦月のすべてを奪われたというわけではないですから。

> マリエは、睦月に凪子を近づけないために、凪子には家庭教師の正体を隠すという、
仮にですが、マリエが、キス嘘もつかず、家庭教師の嘘もつかずに、
たまたま、チャンスを得て、睦月と深い仲になったのだとしたら、
凪子が思いがけない展開に深く傷つく事になっても、マリエは決して
悪くないと思います。

再会後に、凪子への警戒心や対抗心が出てくるマリエというのは、
やはり、高校時代の「たとえ卑怯な手を使ってでも凪子には、
負けたくない」というマリエに重なってくるんですよね。
結婚して家庭を一緒に作って来たのに、マリエは睦月の夫としての
愛情が信じられないのでしょうか?

夫が昔つきあっていた彼女が周囲に現われたら・・・という心境が、
上の方で語られていましたが、そういう不愉快さは分かる気がします。
でも、いくら相手の女性の態度が、妻に気を使ってくれないからって、
夫が彼女に会いに行ったことを夫との会話でカマかけて聞きだしたり、
電話を盗み聞きしたり、マリエがそういうことまでするのは、睦月を
信じていないからでしょう? 一番愛しているはずの睦月に対して、
何故そういったあさましい行動を取るのでしょうか?

436 :花と名無しさん:2005/11/18(金) 19:54:56 ID:???0
マリエです。あの後八重樫さんとホテルには行きましたが結局最後まではいきませんでした。
そんなことになったら、それこそあの憎い女の思う壺だと気づいたからです。
それに…八重樫さんはとても素敵な方だし、私のことを愛してくださっているのも痛いほどわかりましたが
やはり主人と比べてしまうと…私にはもの足りませんわ。
でも八重樫さんがとても悲しそうなお顔をなさるものだから、私つい口走ってしまいました。
私の一番嫌いな女に近づいて彼女をめちゃくちゃにしてくれたら
私をあなたの自由にしていいわと。

437 :花と名無しさん:2005/11/18(金) 22:32:13 ID:???0
ボタンとバラじゃないんだからw ↑



ストーリーのアイデアとしては、盛り上ること請け合いなんだが、
八重樫の元恋人兼パトロンの女優が、マリエに対してしかけそうな手段なんだよな。
どっちにしても
人手不足というか、めちゃくちゃをやれそうなキャラがおらんので却下だ。

438 :花と名無しさん:2005/11/18(金) 23:40:09 ID:???0
>>436
書き方がめちゃくちゃキモイ。
以前に何度か出た人が書いたのかどうかは分からないけど。
なりきって書く姿勢はおもしろいけど、唐突に予告無しで出されるってのは、独断が過ぎるよ。
想像版の連投と同じだ。
スルーしたい者も居ると思う。
次にまたやりたいなら、
あらかじめ「なりきりモードでいくよ」等と予告レスをお願いしたい。

439 :花と名無しさん:2005/11/19(土) 13:09:07 ID:???0
でも12/1売りの24号でこういう内容(>>436)だったらどうするよ?

440 :花と名無しさん:2005/11/19(土) 21:27:06 ID:???0
関係ないだろ。当たっていようといまいと、妄想なんだから、スルー派に配慮しろ、だ。

441 :睦月@なりきり:2005/11/21(月) 12:34:40 ID:???0
睦月です。ぼくについてのさまざまな考察ありがとうございます。
高校時代の屋上での凪子とのいきさつは確かに僕にとって痛恨の極みです。
なぜあの時凪子を押さえつけてでも自分の本当の気持ちを伝えなかったのか・・
いまさら後悔しても仕方ありませんが。

あの後、凪子とホテルで別れそのまま家に帰りましたが家は真っ暗のままで誰もいませんでした。
誰もいない家の中で一人でいるとなぜかそれが現実ではないような奇妙な感覚にとらわれました。
しばらくすると葉月が塾から帰って来たので久しぶりに子供と過ごしたのですが
それでもそうしてる自分が現実ではないような不思議な時間でした。
明け方妙な夢を見ました。
自分たちの家が砂の上で崩れていくのです。葉月がしがみついてきましたが
妻の姿と如月の姿がいくら呼んでも見えないのです。

結局その夜は妻も如月も帰って来ませんでした。
如月はともかく妻の無断外泊は始めてだったので気にはなりましたがそのまま仕事に出かけました。
すると妻が突然病院の方に顔を出してとんでもないことを口走ったのです。
昨夜男と浮気をしたと。この先あなたと凪子がどうしようと絶対に離婚だけはしないと。

なぜ妻が突然凪子のことを口にするのかわかりませんでした。
妻が今でも凪子を気にしているのはわかっていましたので、僕なりに気を使っていたつもりだったのですが・・
僕が凪子とホテルで会ったのも知っており、そのことで誤解を解こうとしましたが無駄でした。

妻はその日から子供たちを連れ実家の方に行ってしまったので、僕だけが家に取り残されたのですが
その現実が奇妙に明け方の夢と重なっていきました。
ぬくもりの消えた家に一人っきりでいると、これまでの全てが現実ではないような、
長い夢を観ているような、本当は自分は今高校生か大学生で、
過去だと思っていた時点にもうすぐ戻れるのではないかと。
こうしてる瞬間にも長い長い夢から覚めるのではないかと。




442 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 13:35:21 ID:???0
話の流れを豚切りでスマンが
漫画家が原稿でコピペってのもめずらしくなくなった昨今とはいえ、
コピペ使いまくりでも年に数回しか掲載できない連載ストーリー漫画ってどうよ?

それと、デッサンのアラが目立つようになったね。
マリエのポーズが、時折、首だけ妙に太かったりする。
モデルをスケッチしたのであれば、全身のパーツはバランスがとれているものだが、
写真をトレースして他のパーツと組みあわせるような作り方をしていそうだ。
初心者ならまだしも、この道ン十年のベテランがやるのであれば、
もはや絵を描く気力は風前のともしびだろう。
そこまで言うのはどうかとは思うが、
八重樫初登場の頃(単行本5巻頃)のような意欲や勢いは期待できない。

ビーラブの最新号予告を見ると、永遠の誘惑は次号から「連載再開」。
少なくとも、三号連続掲載か、一号おき(月1)で三回は載ると思われるが、
サクサク読めるという状況からは程遠いのは目に見えているな。
読者としては、今まで以上の遅延遅筆につきあう覚悟をすることだね。

443 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 14:17:56 ID:???0
>>441
氏ね

444 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 15:08:03 ID:???0
>>442いやなら読むなよ。簡単なことだ。

445 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 15:39:18 ID:???0
>>444
まあまあ、今さら判りきったこと言わないでもw >いやなら読むなよ。
>>442
作者の絵に関しては、今さら言うだけムダって感じだけど、
デッサンとかは、分かる人が見れば、素人の想像以上にヤバイんだろうね。

しかし>>441って何が目的なのかな?
マリエと睦月の関係修復に人一倍関心が深いってのは見当つくけど、
なりきりしてまで出したいってのは、固執が相当深いような気が。
本人さえ気づいてない深層心理がありそうだなw

446 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 15:49:48 ID:???0
>>441
>>438>>440を全然理解してないね。
予告レスを出してスルーできるように配慮してよと言っているのに、
名前欄に「なりきり」と入れればすむと思い込んでいる。
ウインドウにはしっかり本文が表示され、いやおうなく読ませる方法になってるのが、わからないのか。
そういう独断の姿勢が嫌なんだよ。

447 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 15:57:28 ID:???0
>>377-380 = >>441 確実。
>>436 これは別の人。


448 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 16:39:32 ID:???0
>>445
> しかし>>441って何が目的なのかな?
ぶっちゃけ、自分語りでしょ。
> 本人さえ気づいてない深層心理がありそうだなw
いや、いくらなんでも....--;シツレーなのでわ?
とは言いつつ、この際だから、腹蔵なく言わせていただきます。
見たくない人はスルーして次レスへ行って下さい。






ぶっちゃけ、ご主人とか彼氏とかのパートナーとうまくいってたら、
砂が崩れるみたいな絶望的なイメージにたとえてまで、書いたりはしないと思いますよ。
辛い時は悪い材料ばかりに目がいってしまいがちですが、
ここが踏ん張りどころだと思って、耐えて下さい。どこかに出口が必ずあるはずだと、信じて。

そうじゃなく、根っから想像力旺盛で、こういう想像版を書くのが好きっていう人だったら、
ストーリー的な計算もちゃんとやると思うんですよね。
>>447
私の推量では、 >>377-380(睦月版)と>>441(睦月版)は、違う人みたいに思える。
>>377-380(睦月版) = >>436(マリエ版)はありうるかも。
どっちも、ストーリー展開での読者受けをちゃんと意識して書いてるから。
>>441(睦月版) は、睦月の挫折感を、砂が崩れるイメージで出したかっただけじゃないの?。
凪子とホテルでの密会した後の、睦月の心境はパスしてるし
マリエの無断外泊を気にかけないし、ストーリー的な穴が多すぎ。


449 :花と名無しさん:2005/11/21(月) 20:06:16 ID:???0
文は人を表わす、だね・・・


450 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 01:49:31 ID:???0
マリエ、自宅でエプロンしておさんどんの時も
ピンヒールのミュール(もしくはサンダル)。
BE-LOVE16号だから手元にある人は見てみて。
最初は、書き間違いかとも思ったけど、
帰宅した睦月を出迎えるシーンでもそういうの履いてるから、
アメリカ暮らしの習慣で家の中でも靴履いて過ごしてるんだなと思うことにした。
しかし、家の中でもピンヒールってのはなんだか疲れそうだな。
マリエの部屋着って、パーティドレスもどきに背中や肩丸出しなのが多いんだよね。

ちなみに、コミックスでの確認では、
1巻や5巻で登場する自宅シーンでは、新城家の家族の足元の描写はない。
6巻では、
寝室で寝る前のガウン姿のマリエはスリッパ。
大里と凪子が訪問した日は、室内ではマリエも含めて家族全員がスリッパを履いている。
8巻では、
居間で睦月と如月がスリッパ、マリエだけハイヒールのサンダル。
沢木先生はスリッパ、マリエはローヒールの靴(ボックススカートには合っているけどね)。
葉月の家庭教師がスリッパ、マリエはハイヒールのサンダル。



451 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 13:10:19 ID:???0
>>450
漫画だから苦笑ですむけどw、>おさんどんでピンヒール
実在してたら引くかな・・・・>客だけスリッパはかせるorz

ふと思い出したのが、三人のお茶会でマリエだけ帰った後、
木綿子が凪子に言った台詞。
マリエについての恵まれた生活環境の話の流れで。
「マリエって
 外で木綿着て
 家の中でシルクまとう女なのよね」
そして木綿子はそういうマリエを嫌いじゃないと言い、
周囲に気を使っている姿勢だとして、良い評価をしていた。

木綿子は、高校の頃にはマリエに対しては憧れていた?
でもそれは妹や年下の従妹がきれいな子だから可愛がるみたいな感覚で、
もし親友グループじゃなかったら、羨望も妬みもふくらんだのでは?

それにしてもマリエって、大人になればなるほど、
服だけがお嬢さん育ちのおハイソで、中身は俗っぽくなっていくんだね。
お嬢さん特有のワガママっていうよりも、
お讓さん扱いされたことがないからワガママを通したがるって感じ。
睦月はともかくマリエの場合、家の方針で庶民に溶け込む暮らしを選んだというよりは、
何らかの事情があっておハイソな交友関係からお声がかからなくなってしまい、
庶民の友しかいない、みたいな感じがする。

何が言いたいのかっていうと、
服装だけ気を使っても、本質がにじみでることには変わりない、ってことですわw


452 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 14:05:19 ID:???0
マリエの室内履きじゃないの?ヒールの高いのあるよ。
家でもおしゃれっぽいデザインの服の時はスリッパはいやかも。
外国暮らしが長い場合、靴は履いててもどちらでもいいって家建てる人もいるらしい。
(近所にあり。マリエの家も玄関の上がりかまちが普通の戸建に比べると低い。)
客の好みでスリッパも用意されているらしいが、日本人の場合はスリッパで外国からのお客さまの場合は靴を履いたそのままらしい。
新城家の場合外国からの客人もありそう。


453 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 14:25:58 ID:???0
おさんどんって言葉貧乏くさい。

454 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 14:37:45 ID:???0
ここの住人てパロ嫌いなの?

455 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 15:13:53 ID:???0
ナリキリやるくらいのマリエマンセーと
妄想を一切受付けない作者マンセーが居るってのは
確かだね。
総合的には、モンクタレながらもあくまでも漫画の世界と割り切って
あれこれ想像やら人生論やらを楽しんでる、長文好みの読者が多いと思える。

456 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 16:48:13 ID:???0
お母さんしているマリエってなんか親近感あって
かわいくて好きだけど、如月からみて自分の母親がマリエって
かわいそうな気がする・・・


457 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 17:43:52 ID:???0
お金持ちは寝室以外は外にいるのと同じ気持ちの格好してるのよ。

458 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 17:56:51 ID:???0
マリエは結果的には凪子に勝ったわけだけど・・・
今怖いものなしの自分の天下で周りが動いてると思うけど・・・
マリエが唯一弱いというか、かなわないのは自分の息子たちだと思うんだよね。
でもその息子の如月は凪子には頭が上がらないわけだから
一番強いのは凪子?


459 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 18:03:58 ID:???0
>>452-458
超長文がなくて読みやすい〜

460 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 18:09:31 ID:???0
ハイな世界公表しても読者は庶民なんだしわからないでしょ。
そんなことしても妬まれるだけだしね。
もう妬まれてるし……。

461 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 18:19:40 ID:???0
>>456
そうかな?
美人で女っぽさ満開のお母さんってのは、
同級生の前では照れくさいけど内心自慢の種みたいになりそう。
(こっちは女だから、すごく男前でハンサムでかっこいいパパがいたら、って想定するけど、
まあ、そんな感じです)
でも、これは、凪子と両親との確執というのを抜きにすれば、の話だねえ。


ちょっと性別入れ替えて想像するというのも、おもしろいです(ひまつぶしになりますよw)。
次のレスで書かせてもらいますが、「新城如月が女の子だったらバージョン」
うざいひとはスルーして下さいm(_ _)m

462 :想像版 如月・女の子バージョン:2005/11/22(火) 18:25:03 ID:???0
優等生の女の子っていう生き方に疑問が出て、援助交際をしようとしてたら、
かっこいい独身のおじさまに救われた。30過ぎてるかな? 私の倍くらいの年?
おじさまって、大人っぽいのに時々少年みたいな顔するのね。
高校時代から好きだった女の子がいたのに、
同級生の親友にとられちゃったんですって。かわいそう。
いままで独身なのは、その初恋のせいなのね。
おじさまは、人生長いんだから少しくらいつまづいてもいいんだよって言ってくれた。
私、そんなふうに包んでくれる人がほしかったのよ。もっと早くおじさまに出会いたかった。
 そして、私とおじさまは、恋に落ちた。年の差なんて、関係ないわ。
私も、おじさまを守ってあげたい。初恋で傷ついたおじさまの心をしあわせで満たしてあげたい。


463 :想像版 続き:2005/11/22(火) 18:25:58 ID:???0
ある週末、パパが高校時代の同級生だったという男の人を家に連れてくると言い出した。
私の家には、すごくお金持ちでハンサムなパパと、すごく頭のいい美人のママがいる。
ふたりは高校の同級生で、大学の時私が出来ちゃったから学生結婚したんですって。ロマンチックよね。
週末だから、いつもなら私おじさまの所へ行くんだけど、たまには家族サービスもしなきゃ。
なあんて思ってたら、なんと、パパの連れてきた元同級生って、私のおじさまじゃないの。
すごい偶然! 私、おじさまには名字も住所も教えてなかったのに、
こんなつながりがあったなんて。
もし私とおじさまとつきあってるって知ったら、パパもママもびっくりしちゃうわよね。
当分ナイショにしとこうかな、だって毎週友達のトコ泊まりに行くってうそついてベッドを共にしてるなんて、
パパが知ったら、卒倒しちゃうかも。
私もおじさまも、初対面の振りをしなきゃね… あれ?
おじさま、なんか様子がヘンだわ。ママのこと、なんで、そんな目で見てるの?
ママも、おじさまのこと、そんな目で見て…
おじさま、わざと私を無視してる…?
え?もしかして、おじさまの高校時代から好きだった女の子って、私のママなの?
それじゃ、私のパパが、おじさまからママを奪い取ってしまったってことになるじゃない。
そういえば、おじさまは、初恋の彼女って高校時代ソフト部のエースだったって言ってたわ。
うちのママも、いつだったか、高校時代の部活はソフト部だったって話してた…。
 おじさまがもう帰ってしまう。追いかけて確かめなきゃ。
「ねえ、初恋の人って私のママ?」
「うちのパパやママのことなんか関係ないわ、私おじさまと別れたくない!」 (ここまで)

464 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 18:33:32 ID:???0
文才のある人が多いスレですな。

465 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 18:36:27 ID:???0
ねえ、そろそろ現実に戻ってさ、マリエ寝ると思う人
この指と〜まれ!

466 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 19:07:30 ID:???0
>>462-463
氏ね


467 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 19:11:19 ID:???0
作者マンセー?いいじゃん。おもしろいと思うよ。

468 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 19:18:23 ID:???0
>>462-463
>>438>>440

469 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 19:35:02 ID:???0
頭固いねえ。

470 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 19:45:04 ID:???0
正直、マリエが美容師八重樫と寝ようが寝まいがどっちでもいいわ。
凪子と睦月がホテルで寝ちゃうのか寝ないのかっていう方が気になった
(あれは、精神的には寝たのと同じだと思う。肌を合わせてないってだけで。
 どう言い繕っても、他人が介入できない二人だけの世界を確かめあったって事には変わりはない)。

マリエと八重樫の場合は、寝る事で二人の絆が深まるとは思えないし、
寝なくてもマリエと八重樫の関係が気まずくなることはないだろう。
マリエにとっては、睦月が本命で、八重樫は「現実逃避」の連れ合いでしかないから。
             マリエの現実=睦月が自分を本気で愛してない
強いて楽しみを探すとすれば、
マリエと睦月の間で、感傷的になる場面(いわゆるシュラバ)があるのかどうか、だな。

睦月はマリエと八重樫の関係を知るのか? 知ったらどういう反応を見せるか?
妻とか子供達の母親としてマリエを大事にしているなら「そっか、しょうがないな」で、あっさりすませ、
女としてマリエを大事にしているなら、「なんでまたそんなことを」と怒ったり落ち込んだりで、感情をあらわにするだろう。
マリエは睦月に凪子との関係を問い詰めるのか?
…いや、言っても自分が惨めになるだけだもんな。嫉妬深い妻を印象づけるだけだ。
凪子に対して文句言いに行くとしても、自分が惨めになるだけだよね。
それくらいは分かるだろうマリエも。

471 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 19:52:21 ID:???0
今度の想像バージョンはちゃんと予告してるじゃん。
何でもそうだけど、根拠も無しに否定するだけの人って、自分に出来ない僻みや妬みからだから、気にしない気にしない。
想像版もマンセー版も、もっと出して。
ぶっちゃけこのスレからそういうのなくしたら誰も来ないと思うよ。

472 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 20:21:03 ID:???0
なんでここに書くんだろ・・・
自分でHP作ってそこのリンク貼ればいいのに・・・

473 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 20:29:48 ID:???0
マリエが美容師と寝るのを期待してるの? >>465
前にも何度か、マリエは寝ちゃうのかって所だけを気にしてるレスが出たけど、
不倫願望が強い人なのかな・・・

マリエみたいに、夫がいまいち本音を見せてくれないみたいな毎日だとしたら、
または、夫には言えない人で好きな男がいるとかだったら、
不倫シーンを見たがる気持ちわからなくもないけどね、ほどほどにしておきなよ。
Hシーンばかり見てっと、Hしたいってな顔つきになってくるよ。
本人は気づかないんだろうけど、
たとえば、外に出ると他人の下半身についつい目がいってるみたいな人だよ。
男はそういう性欲っての表にでないように少年期からコントロールするクセがついてるからいいけどね。
Hシーンの妄想はほどほどにしといて
夫や恋人の好きなものとか趣味とかを研究したほうがいいよ。

474 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 20:55:26 ID:???0
質問なんですけど、マリエは何故、凪子に対して、高校時代のような親しいつきあいを望んだのですか?

475 :花と名無しさん:2005/11/22(火) 22:05:03 ID:???0
>>474
作者の都合wってのを別にしたら
マリエの交際マナーが非常識だから、としか言い様がない。
下記参照して下さい。
>>404
> 客観的に見れば、マリエの方が虫のいい願望持ってるんですね。
> 卑怯な手段で恋のライバルを蹴落としたと言っては身も蓋もないけど、
> そういう過去を水に流して、高校一年の頃みたいに仲良くつるんでいきたいというのですから、
> 図々しいというか…大人には程遠い、幼児的な自己中心的発想です。



476 :花と名無しさん:2005/11/23(水) 00:07:07 ID:???0
>>474 >>475
非常識ってのはきついけどある意味その通りだな。
わたし的にはマリエって一種の天然なんだと思ったよ。

> > 卑怯な手段で恋のライバルを蹴落としたと言っては身も蓋もないけど、
> > そういう過去を水に流して、高校一年の頃みたいに仲良くつるんでいきたいというのですから、
仮に正当な手段だけで睦月と結ばれたのだとしても、
その結果で凪が失恋という事実は、マリエも認識しているはずだよね。
自分の幸福が友人の不幸という犠牲の上に成立した、という自覚があったから、
結婚式やった後のマリエは
凪とのプライベートなつきあいを断ったまま疎遠になっていたのだろうな。
でも、同窓会で再会した後は、
もう時効だからまた普通に親しくつきあえる間柄になれたと思い込みしているみたいで
このあたりは何とも・・・・www、
幸福を見せつけていることにも、その残酷さにも、気づいてないんだよね。

477 :花と名無しさん:2005/11/23(水) 02:35:14 ID:???0
マリエ天然説に一票ノシ

とはいうものの、学生時代のマリエって決して天然じゃなかったな。
婿養子を迎える立場っての意識してたからだろうけど
かなり現実を冷静に把握してて、見かけによらず精神年齢も高く
凪子や木綿子よりだいぶリアリストだったと思う。
恋愛や友人づきあいでのかけひきも、それ故で出来たんだよ。

大人になってからは、そういう冷静なリアリストの部分が、見事に退化したね。
オシャレと家事と周囲に甘えること以外は得意分野のなさそうな奥さんになっちゃった。
睦月に対する態度や物言いが、良くも悪くもストレートで素直すぎて、
何かを企むにしても馬鹿正直だし。

478 :花と名無しさん:2005/11/23(水) 02:43:49 ID:???0
マリエ専業主婦として家事をやってるシーンは
花嫁修業のお嬢さんっぽい感じ、そういうところは可愛いね。
主婦が家の中でおしゃれだと、家全体が明るく暖かくなるよね。
服や室内ばきのシューズまでは真似できないけど、見習いたいと思う。

479 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 14:01:32 ID:???0
>>477
> 大人になってからは、そういう冷静なリアリストの部分が、見事に退化したね。
マリエの変化って、
学生時代と大人時代では別人のようで、そこがつらいね。
っていうか、コミックス1巻の同窓会の頃と、5巻で3人のつきあいを復活させた頃でも、別人、って感じだけど。

> オシャレと家事と周囲に甘えること以外は得意分野のなさそうな奥さんになっちゃった。
それ自体は、悪くないよ。むしろ、元々お嬢さん育ちのマリエらしい感じがする。
ただねえ、過去のごたごたは水に流してつきあえるわよね、ってな、
天真爛漫さで再会をすなおに喜んでいたんだから、
睦月と凪子が自分の知らないところで会ってたっていうだけで、
凪子にだけは負けたくないわキーッってなるの、違和感だったよ。
そりゃ、マリエにしてみれば自分だけ蚊帳の外で不愉快になるのは解るけどさ、
展開が性急すぎるんだよね。
再会をすなおに喜んでいたんだから、
なぜなの?凪子を信じていたのにひどいわ…みたいに落ち込んだり、
凪子は私の幸せを奪うつもりでいるのかしら… 結婚を勧めてみようかしら、でも… とか
あれこれ悩んだりする段階を経て、
凪子がそのつもりなら私だって負けないわ、ってなれば、自然な展開なのに。


480 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 14:02:25 ID:???0
作者はマリエのキャラを気に入ってる、ってのはつい最近も公言してたよね、
 絵的にも描いてて楽しいとか、マリエがいるからストーリーが面白くなるのだ、とか。
まあ、ファッションなんかの絵的な凝り方がエスカレートするのは、目の保養になるけどさ、
ストーリーを面白くしてるのは、マリエと凪子による睦月の奪い合いっていうより
如月と睦月による凪子の奪い合いだもん。
マリエが凪子や木綿子に対抗心を燃やしても空回りばかりで、つまらない。
学生時代のマリエは、悪役ながらアッパレというか、
決してカッコいい生き方とは言えないけど、一本筋が通ってて目がはなせない存在感があった。
大人時代は、行き当たりばったりで行動したり嫉妬したり浮気したりっていう感じで、不安定だね。
マリエのキャラが全然立ってないし、作者の意図の空回りが気の毒になってくる。

作者は、睦月とマリエは果たして夫婦の危機を乗り越えられるのか、てなテーマで大人編をやりたかったのかな?
それだったら、再会以後のマリエの心理って、もっとていねいに展開していくべきだよね。
夫の浮気疑惑、息子の女性問題、女としての老化不安、どれも行き当たりばったりで来たけど
広げた風呂敷たためるのかな。
マリエのあやまちを陸月が許すくらいじゃ、夫婦の信頼感の回復は出来ないんじゃないの?
コミックスの予告によると、凪子と如月の関係は、睦月に続いて、マリエにも知られるんだよ?
マリエの味方は、誰がしてくれるの?

481 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 14:09:56 ID:???0
八重樫や沢木先生の存在は、
“女としての魅力は外見だけじゃない事”を悟らせるための駒で終わっちゃうのかな?
でも、マリエは、彼らには、妻としての不安や母としての心細さを打ち明けたりしてるけど、
木綿子や凪子に対しては、そういうデリケートな話を全然してないんだよね。
マリエって、異性には本音を見せても同姓相手だと本音を見せない女になっちゃった。
これって、大人時代のマリエをどうしても応援する気になれない最大の理由だなあ。


482 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 14:25:09 ID:???0
>>480
話が全部終わってからあれこれ言ったら?
少なくとも作者はあなたが考えてるより計算してると思うよ。
あっちのスレこっちのスレで、広げた風呂敷云々言ってるのあなた?
そんなに風呂敷好きなら自分の頭でも包んでほっかぶりしてなよ。

483 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 14:43:23 ID:???0
>>479
>なぜなの?凪子を信じていたのにひどいわ…みたいに落ち込んだり、
>凪子は私の幸せを奪うつもりでいるのかしら… 結婚を勧めてみようかしら、でも… とか
>あれこれ悩んだりする段階を経て、
>凪子がそのつもりなら私だって負けないわ、ってなれば、自然な展開なのに。

そんなわかりきったうだうだいちいち読みたくないです。
第一マリエが凪子を信じてるはずないじゃん。
見せかけの友情だってことぐらいマリエも凪子もわかってるはずだよ。
馬鹿じゃないんだから。
そういうこと踏まえたうえでのストーリなんだと思うよきっと。




484 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 14:58:41 ID:???0
>>479
少女時代のマリエも女盛りのマリエも
似ているところはあるよ。
蝶よ花よで育ったお嬢さんらしくない
庶民的な執念深さw
そのギャップが面白いんだよ。
でもあなたの言ってるように
展開の強引さは否定できないよね。
木綿子とマリエはともかく
なんで三人で会うみたいなつきあいが
復活しないといけないんだか。
必然性が弱いよ。
マリエ専業主婦で夫を支える生き方に自信持ってる風なのに
夫のこと知らなさすぎ。
結婚した後も大学の医学部では睦月と凪子が一緒なのも
忘れてるみたいだし
そういう鈍感な女がなんで嫉妬に燃えるの?

485 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 15:06:03 ID:???0
マリエにしたら再会を素直に喜んでいたわけじゃないと思うよ。
この作者の場合あまり表面だけでとらえない方がいい。
凪子とはできれば一生会いたくない相手だったと思う。
でもあってしまった以上、すげなくもできないだろう。大人なら。
再会した凪子と睦月を自分が知らないところで近づけないためにも
牽制をかける意味でも
表面的だけでも友人づきあいしといた方が何かと都合が良いだろう。


486 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 15:17:30 ID:???0
>>480 睦月同様まり絵の心情が細やかに描かれるのは
これからじゃないかなと期待してる。
凪子と同等に、はじめからあっちもこっちも心理描写ばかりじゃ読んでても
疲れるしうんざりするよ。

487 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 15:25:53 ID:???0
>>484
あなたみたいに庶民で鈍感な女にあれこれ言われたくない。(マリエ)




488 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 15:38:20 ID:???0
>>479
夫が昔訳ありの女と自分の知らないところで二人っきりで会ってたら
誰だってキーってなると思うよ。
再会を素直に喜んでたとしたらよけいに。裏切られた気分になるとオモ。

489 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 15:48:23 ID:???0
同窓会の頃と今のマリエが別人みたいなのはある意味当然なのでは?
再び自分たちの前に現れた凪子の存在が
徐々にマリエと睦月の結婚生活にひずみをもたらし始める訳だけど、
それまでは(再開したばかりの頃まで)凪子の存在におびえることもなく
幸せの絶頂だったんだから。


490 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 16:35:14 ID:???0
>>484
> 蝶よ花よで育ったお嬢さんらしくない
> 庶民的な執念深さw
> そのギャップが面白いんだよ。
あはは、同感ですわw



491 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 16:35:34 ID:???0
> 木綿子とマリエはともかく
> なんで三人で会うみたいなつきあいが
> 復活しないといけないんだか。
凪子が木綿子の顔を立ててあげたんじゃないの?
木綿子の娘と凪子も初対面じゃないし、大学出てからもお互いの家にも行き来してきた親友同志の仲でしょう。

三人の友情の輪が復活したと思ってるのはマリエだけだよ。
マリエって、凪子と木綿子の親友関係にゲスト的存在として加わってるだけなんだよね。
たぶん高校時代から。

マリエvs木綿子
元々マリエの女らしさに木綿子が憧れて、マリエが自分を可愛がってくれる味方として木綿子を受け入れから、
対等の友人として助け合うような関係は成立しなかったんだよね。
木綿子は結婚後のマリエの億ション暮らしも知ってたけど、
マリエが木綿子の私生活をどこまで知ってたかというのは疑問だ。
木綿子の離婚歴、マリエは再会後何度か会ってるのに知らせてもらえず、旅行の日でようやくという状態だから。

木綿子vs凪子
木綿子からの憧れを凪子がお姉さん気取りで受け止めるということをしなくて、凪子が気さくに答えたから
対等の友人関係になれたと思う。
だから木綿子はマリエの妊娠を知る前までは、不器用ながらも凪子を支援したんだろう。
如月と凪子の関係そ知っても反対しなかった時の木綿子が、マリエの気持ちをどのくらい考えたかは疑問だ。

凪子vsマリエ
お互い自分にないものを持ってる所に憧れ合ってたのかな、
木綿子抜きで二人きりじゃ、一匹狼型の凪子と甘えたがりのマリエって水と油で
どっちもリラックスできなかっただろうね。

その三人の関係は、再会しても変わらなかった、ってことで。

492 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 17:13:39 ID:???0
>>490 頭ワルソ。(マリエ)

493 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 18:13:09 ID:???0
>>488
それは確かにそうなんだけど、
昔の女との経緯をたどれば、マリエが一方的な被害者っていう見方は、できないでしょう?
もちろん凪子がより多く被害を受けたとも言い切れない。
同窓会直後の新城家の夕食会って、
マリエは、凪子の心中を全然察してないところが無神経だし、
凪子も、何でもないふりして同席するようなごまかし方はマリエに失礼だし。
どっちもどっちってのはありますよ。

>>489
> それまでは(再開したばかりの頃まで)凪子の存在におびえることもなく
> 幸せの絶頂だったんだから。
マリエのキャラだったら、高校時代のようにもっと素直に周囲に甘えてもいいと思うのに、って突っ込んじゃいけませんか?
素直な甘え上手なマリエって、かんじんなところで出てこないですからね。
ライターの件なんて、その場で凪子に問いただせばよかったのに。
ひどいわぁ何でだまってたのよ、なんて、素直に言えば、凪子だってマリエのショック察してくれたでしょうに。
それより疑問なのは、睦月にはもっと早く訊ねればよかったのに、
何故、あれこれ重なるまでだまってたんでしょう?
信頼していた夫が、昔の女と会った途端に隠しごと、妻だったらショック大きいでしょうに。
マリエって、睦月にライターのこと言い出す前に、
三人で会ったり旅行したりで凪子とも平気な顔してつきあっているというのが、なんだかなあ・・・って。

マリエは、凪子との友人づきあいを始めた所為で、よけいに苦しい思いをしていくハメになった気がしますよ。
それは凪子にしても同じことで・・・

494 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 19:12:58 ID:???0
大人になると素直になれない分つらいのよね。
ついぎりぎりになるまで自分の中に溜め込んじゃうのよ。

495 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 20:11:20 ID:???0
>>473
>不倫シーンを見たがる気持ちわからなくもないけどね、ほどほどにしておきなよ。
>Hシーンばかり見てっと、Hしたいってな顔つきになってくるよ。 >本人は気づかないんだろうけど、
>たとえば、外に出ると他人の下半身についつい目がいってるみたいな人だよ。
>男はそういう性欲っての表にでないように少年期からコントロールするクセがついてるからいいけどね。
>Hシーンの妄想はほどほどにしといて

ありがとう。禿ワロタ。言いえて妙なり。

496 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 20:29:12 ID:???0
まりえがいやな女になるのは、自分の女としての魅力を脅かす存在に対してだけだと思う。
他の人に対してはいい人なんじゃないかなあ。
睦月に対しても凪子にさえ係わらなければいい妻なんだと思うよ。


497 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 20:45:26 ID:???0
>>491
なるほど。納得。>三人の関係
言われてみればマリエだけが浮いてるな。

>>493
どっちもどっち、これも納得。
凪子とマリエは、友人づきあいを復活させないでいれば、
高校時代の仲間っていう感覚を持たないでいられたかも。
マリエも凪子も、
睦月と凪子が会うのは医学部の仲間だからとか私と睦月は同業者だからとかの
もっと単純な割り切り方ができたかもしれない。

498 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 20:51:27 ID:???0
ライターの件は、凪子は悪くないと思う。
凪子がマリエの配下にいるわけでもないんだし、いちいち気を使う義務はない。
夫婦なのに、凪子とバーで飲んだことマリエに黙ってたんだから、睦月の方に落ち度が大きいよ。
その後のゴルフや披露宴にしても、
睦月が医学部の集まりだから凪子も参加するよとかひと言言ってれば
マリエがもんもんとする事もなかっただろうに。

とはいえ、悪いのは睦月、と決めつけるわけにもいかないな。
マリエが有無を言わせず睦月を問い詰めていく姿って、
睦月がほんと可哀想になってくるよ。
そこまで貯め込む女だったのかマリエ?
「あなたは私と結婚したんだから昔の女とは会わないでよ、会うなら当然私の目の届くところにして」
って態度まるだし。
凪子以外の女のことだったら、マリエもあそこまで言わないと思うけど、
ほかならぬ凪子のことだけに、あれで睦月、決定的にマリエと理解しあえる道をあきらめちゃったんだよ。

睦月がこそこそ会うから、マリエが凪子の話をいやがるようになったとも言えるし、
マリエが凪子の話をいやがる雰囲気だったから、睦月がこそこそモードになったとも言える。
どっちもどっちは、睦月とマリエにも当てはまるかな。
夫婦の間で気まずいことが起きたら、それは夫婦の両方に責任があると思うよ。
自分の意志で選んだ結婚ではないというなら別だけど。

499 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 21:12:41 ID:???0
大人の世界ってめんどくさいね。

500 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 21:17:47 ID:???0

>>495
H欲は女は30代がピーク。一番快感が深いのも30代。男は10年くらい早くそういう時期になる。
>>496
睦月は女としてのマリエの存在を重要視してるから、マリエの言い分にしたがっているんじゃないの?
睦月にとっては、マリエが思うほどには、凪子のことって重要事項じゃないんだよ。
でもマリエが過剰に気にするから、却って大人の男と女の会話ができなくなってるんじゃないの?
>>498
マリエ情緒不安定なんだよ。37歳だったら更年期には10年早いけど、
女の30代は、家庭でも仕事でもホームポジションに自信持てないと苦しいんじゃないの?


501 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 21:23:00 ID:???0
>>499
お嬢ちゃんいくつ?

502 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 21:27:40 ID:???0
小学5年生。

503 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 21:29:16 ID:???0
マリエはいつもオサレで女の魅力に敏感なのはいい。
他の女の若々しい美しさに嫉妬するのは自然現象だけど
そういうの対象が身近な友人知人ってなったらもうだめぽ。先に嫉妬したほうがマケポ。


504 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 21:37:18 ID:???0
>>500 同感です。

505 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 22:12:35 ID:???0
>>494
> 大人になると素直になれない分つらいのよね。
> ついぎりぎりになるまで自分の中に溜め込んじゃうのよ。
マリエってそういうの吐きだせる相手がいないから尚更だね。
>>503
> 他の女の若々しい美しさに嫉妬するのは自然現象だけど
> そういうの対象が身近な友人知人ってなったらもうだめぽ。先に嫉妬したほうがマケポ。
凪子もマリエの幸福に嫉妬してるんだけど
木綿子にそれを愚痴ることができて受け止めてもらえるからいいよね。
30すぎたら友達は貴重だな。
若い頃のマリエは友情より恋愛をとった。ほんとの意味での友人ってのを知らないんだろうな。
これからそういう相手が出来るといいけどね。
凪子と木綿子は、友人づきあいが20年くらい続いてるけど、続くようにお互い努力してきたって事でしょう。
 一条ゆかり御大が恋愛倶楽部というエッセイ集でこのような意味のことを書いていた。
 恋愛は短距離競争で友情はマラソン、
 恋人は一時間でもできるけど友情は何ヶ月も何年もかかって成立する、



506 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 23:38:57 ID:???0
>>500
> でもマリエが過剰に気にするから、却って大人の男と女の会話ができなくなってるんじゃないの?

夫として妻として父親として母親としての会話は普通にあるんだけど
大人の男と女の会話はないんだろうね。
ヘアスタイル変えたのか似合ってるよぐらいは言うんだろうけど、
睦月が本を読んでてもマリエが本の内容を知ることはないみたいな、
衣食住以外には二人で感動するものがないのかも。

507 :花と名無しさん:2005/11/24(木) 23:48:03 ID:???0
睦月が、医学の道では凪子がいいライバルだったと言ったり
凪子の医者としての考え方やセンスのことをほめても、
マリエには、睦月が凪子を女としてほめているとしか思えないだろう。
それがわかるから、睦月は凪子と会ったことを口にしないとか?

508 :花と名無しさん:2005/11/25(金) 01:12:48 ID:???0
いつ頃からマリエは電話の盗み聞きや携帯の盗み見なんてやるようになったのですか?

509 :花と名無しさん:2005/11/25(金) 09:37:55 ID:???0
>>508
凪子が現れてからですきっと。
睦月と凪子の関係を疑い出してから。
凪子さえ二人の前に現れなかったら(同窓会に来なかったら)
きっとそのままいい妻でいられただろうにね。

510 :花と名無しさん:2005/11/25(金) 09:48:43 ID:???0
>>506

>夫として妻として父親として母親としての会話は普通にあるんだけど
>大人の男と女の会話はないんだろうね。

普通はそんなもんだよ。日本の夫婦って。
まりえたち夫婦だけじゃないって。

>ヘアスタイル変えたのか似合ってるよぐらいは言うんだろうけど、

そこまでいえれば立派だよ!
それとも最近の日本の男はこういうことちゃんと言ってくれるのか?

>睦月が本を読んでてもマリエが本の内容を知ることはないみたいな、
>衣食住以外には二人で感動するものがないのかも。

まあ確かに凪子と結婚してればもうちょい違う結婚生活だったかもね。

511 :花と名無しさん:2005/11/25(金) 14:41:29 ID:???0
>>507
全面的に同意。

マリエは睦月を問い詰めている時、
その時すぐ言えば何でもないことなのに後から聞かされるのは不愉快、って主張してたけど、
後で知ったら不愉快になるようなことなら、早めに知ったって不愉快なことに決まってる。
睦月の立場で想像するなら、
黙っていることを選んだ最終的な理由は、マリエが聞かされてうれしい話じゃないと判断したから、だよ。

・同窓会から帰る凪子と偶然会って二人で飲んだ件
  夫婦で同窓会参加を決めた時、「凪子も来るかしら」「どうかなあ」みたいな会話でも出ていれば、
  或いは当日帰宅したマリエから「凪子にも会えたのよ」みたいに出されたら、睦月も隠さなかったかも。

・大里のリクエストしたゴルフコンペ
  睦月が帰宅した途端に、大里を苦手なタイプだと言い出すマリエじゃなければ、
  睦月もすんなり言いやすかったのかもしれないな。
  自分の信頼してる友人を奥さんからロコツに毛嫌いされたら、夫としては辛いもんがあるよ。

・大学の同期生の披露宴
  マリエは八重樫に誘われてぼーっとしてて、睦月のこの日の用事、直前まで忘れてたんだよね。
  マリエは自分が会う人の名前も言わないし、陸月の方も突っ込んで聞かない。
  凪子の存在とは関係ない部分で、心を開き合っていない夫婦ってのが見えてくる。

512 :花と名無しさん:2005/11/25(金) 16:00:46 ID:???0
>>510
日本でも、時には夫婦二人でデートなんてのは、昔よりは増えたんじゃないかな。
ベビーシッターの多い欧米並みには行かないけどね。
子供が独立したらフルムーン旅行なんてのもふえた。

マリエは、夫と妻の二人だけの時間を大事にしてるほうじゃないの?
木綿子や凪子と三人で会った日には、そのことを強調しているよ。夫婦でも恋人同志で居たい、
だから(彼のために)いつまでも女らしくきれいで居たいのだ、と言っている。

>>506 さんが言いたいのは、恋人同志のデートや食事みたいな遊んで楽しむ時間のことじゃなくて、
自分の生き方とか人間の生き方みたいなのを語り合う時間があるのか、
ってことじゃないのかな?

>  睦月が本を読んでてもマリエが本の内容を知ることはないみたいな、
たとえば、如月が、読んで感動した本の感想をきっかけに凪子に話す内容みたいな、あんな感じかな。
コミックス7巻にでてくる。
読んだ本の中身とは関係ないんだけど、如月は、偽善的な生き方は嫌だと言ってる。
後に、如月が医者になるのは嫌だなと言えば、
凪子は、人の心の痛みを解る人間だから医者になるべきだと言う。

凪子と如月は、初恋の苦い思い出とか優等生でいたくない悩みごとを見せあうことで、
ただのセックスメイトじゃなくなって、心の拠り所みたいな関係に変わっていったよね。
彼のためにきれいな女らしい魅力を持っていたいとかいうのは、付録的についてくるもので
お互いの辛いところも支え合う関係になることを優先してるんだと思う。

513 :花と名無しさん:2005/11/25(金) 23:39:30 ID:???0
>>512
> >>506 さんが言いたいのは、恋人同志のデートや食事みたいな遊んで楽しむ時間のことじゃなくて、
> 自分の生き方とか人間の生き方みたいなのを語り合う時間があるのか、
> ってことじゃないのかな?
私もそうだと思います。
実際には、そういう人生論を話し合うとは限らなくて、
夫と妻が、おたがいの内面をある程度理解している、ということだと思います。

マリエのように、結婚しても恋人同士のように暮らしたいから彼のために女らしさを磨き、
おしゃれで家事も身の回りの世話も上手な妻として過ごす、
というのも、ひとつの生き方でしょう。
そんな奥さんがいてくれたら、ご主人の方も仕事が大変でも苦にならず、家に帰るのが楽しみになるかも。
でも、それだけでいつまでも満足できるとは限らないですよね。
夫のために装うことや夫の身の回りの世話以外には、何も生きがいを持たない妻だったら、
夫の仕事や個人的な趣味の内容に対して、ろくに関心を持ってくれないような妻だったら、
遅かれ早かれ、夫は妻に飽きてしまうかもしれません。

514 :花と名無しさん:2005/11/25(金) 23:40:32 ID:???0
マリエの場合、睦月の世話をすること、睦月に恋心を持つことに飽きないみたいで、
それはそれですごい才能だなと思います。
でも、大里を豪放磊落な外見だけで嫌っていたり、
凪子に関しては若々しい美しさに対抗心を燃やしたりで、
他人の外見にこだわりすぎていますよね。内面には関心がないのかも。
睦月の信頼する親友とか、睦月と同じ医学部で学んで来た女性という所には、関心がないみたいですね。
凪子との過去については、マリエは、当時の睦月の心の中をどれだけ察したのでしょうか。
睦月が何故、大里と過ごす時間や凪子と過ごす時間を大事にしたがるのか、
マリエは想像したことはあるのでしょうか。

陸月の方は、マリエが他人の内面には関心を持てない女だと知っているから、
マリエのレベルに合わせてあげていると思います。
気を悪くさせたらあやまる、必要なら経緯は説明するけど、自分の意志や考えは全く話さない。
凪子とのことを問いただすマリエに対する答え方を見ると、そう思えてしまいます。

515 :花と名無しさん:2005/11/26(土) 04:09:25 ID:???0
>>513
> 夫のために装うことや夫の身の回りの世話以外には、何も生きがいを持たない妻だったら、
> 夫の仕事や個人的な趣味の内容に対して、ろくに関心を持ってくれないような妻だったら、
> 遅かれ早かれ、夫は妻に飽きてしまうかもしれません。
夫の性格にもよると思うけどね。
そういう妻を望んでいる夫なら問題ないと思うけど、
睦月は、どうなんだろうね。
結婚する前から、マリエがそういうタイプの女だってのは見抜いていただろうし、
マリエという妻には、最初から身の回りの世話女房の役しか期待してないかもね。
内面を見せあう夫婦の関係なんて最初からあきらめているんじゃないの?

516 :花と名無しさん:2005/11/26(土) 04:10:33 ID:???0
参考までに過去ログ引用させてもらうね。

>>90
> 睦月の仕事に対する理解にも乏しくて、睦月自身も仕事に関しては
> 「君には関係のない事」「君には理解できない事」
> 「君が心配しなくてもいい事」にしてきたんだと思う。
> でも、夫婦の間に「無関心でもかまわない事」を作ってしまうと
> ほかの事でも理解してもらおうと思わなくなりそう。
> 真剣に理解しようとはせずに、「抱いて」といわれれば抱くし
> 「不愉快だ」といわれればとりあえず謝るし。
> なんで彼女がそう感じるのかゼンゼン話し合わない。
> コレじゃマリエの不安は募る一方だし、睦月が一番悪いよ。
>>92
> >>90
> > 真剣に理解しようとはせずに、「抱いて」といわれれば抱くし
> > 「不愉快だ」といわれればとりあえず謝るし。
> > なんで彼女がそう感じるのかゼンゼン話し合わない。
> > コレじゃマリエの不安は募る一方だし、睦月が一番悪いよ。
> マリエがこういう考えでいるとしたら、睦月は歩み寄れないだろうな。
> 睦月にしてみればマリエから「凪子だなんて呼ばないで」と高飛車にはねつけられたから、
> あの時点でもう話し合う意欲も萎えちゃったんだろう。



517 :花と名無しさん:2005/11/26(土) 04:28:49 ID:???0
>>514
> 陸月の方は、マリエが他人の内面には関心を持てない女だと知っているから、
> マリエのレベルに合わせてあげていると思います。

でもこのことにマリエは気づかない。
睦月が自分に合わせてくれるのは当然だと思ってる。

518 :花と名無しさん:2005/11/26(土) 05:20:03 ID:???0
まりえは自分の容貌に自信を持っていたから
再会した凪子の若々しい美貌がショックだったんだよ。
睦月は渡さないわって独占欲を深めるのも、凪子がきわだった美人だから。
もし凪子が、若さも美貌も衰えた行き遅れの30代という風情だったら
マリエは、凪子と睦月の接近にもそんなにやきもきしなかったと思うよ。

再会直後のマリエは凪子が美しいのを素直に喜んで羨ましがってたけど、
自分の知らないところで睦月と凪子が会っていると知って、
凪子が若々しく美しいから睦月がこっそり会いたがるのだとか疑っていくんだよね。

だけど睦月は、たとえ凪子が若さも美貌も衰えた女になってても、
やっぱり同じように接して、凪子がいたから俺もがんばれたとか言うシーンもあり、
葉月が見て恋人同士みたいだったと感じるようなツーショットのシーンもあるだろうね。


519 :花と名無しさん:2005/11/26(土) 16:54:27 ID:???0
外見ばかり磨いて中身は成長しない女=マリエ。
自分のことも他人のことも、外見でしか判断できない女=マリエ。
今、そのツケを払っている状態なんだね。がんばれマリエ。

しかし、そのことをマリエに教えてくれるキャラは誰なんだろう。

520 :花と名無しさん:2005/11/26(土) 18:57:06 ID:???0
>>519
睦月はマリエの尻に敷かれてるから、ムリナンジャね?

つか、睦月が争い事を好まない生き方をしてるから、
マリエの幸福な家庭が成り立ってるんだよ。
睦月が悪いと思う香具師はそこんとこをよく見てほしい。

521 :花と名無しさん:2005/11/27(日) 20:07:35 ID:???0
>>518
> もし凪子が、若さも美貌も衰えた行き遅れの30代という風情だったら
> マリエは、凪子と睦月の接近にもそんなにやきもきしなかったと思うよ。
どうかな? むしろ逆で、なおさら惨めになると思う。でも、いっそ、そのほうが良かったかもね。
女としての魅力は外見のよしあしでは測れないということを、マリエが悟るまで余計な回り道
しなくてすんだだろう。

>>520
> つか、睦月が争い事を好まない生き方をしてるから、
> マリエの幸福な家庭が成り立ってるんだよ。
凪子が現われてからのマリエは幸福といえるのかな?
幸福って本人のものさしが決めることだから、マリエが幸福だという実感を持ってなければ
いくら妻の座が安泰でも裕福な生活でも・・・・
マリエは、八重樫と横浜でデートしたとき、こんなモノローグを残している。
「何年ぶりかしら……?こんなふうに 熱い瞳でみつめられるのは……
 ううん…… 睦月は 一度だって こんな目で 私を見てくれたことなんかないわ……」

522 :花と名無しさん:2005/11/29(火) 23:24:25 ID:???0
永遠の誘惑 9 前原滋子 420 1/13(予定)

523 :花と名無しさん:2005/11/30(水) 01:21:48 ID:???0
実は、如月は睦月の子ではなかった。
マリエは、睦月の子だといつわって結婚した。





という真相だったらおもしろいな。

524 :花と名無しさん:2005/11/30(水) 10:58:25 ID:???O
読んだ






*プレイかよ・・・orz

525 :花と名無しさん:2005/11/30(水) 14:11:31 ID:???0
なかなか面白いね。ついマジレスしたくなるよw









 マリエは、睦月の気持ちが凪子に向いてるのを知って
子作りのために他の男に身を任せたか人工受精でも受けた?
 睦月は後に、如月の出産日が自分が寝た日とは合わないという不審を持つが
マリエの家に身売りしたのだからと自分の胸に納めてしまう?
 睦月とマリエは、アメリカで次男が生まれてやっと家族になったという実感を持つ。

 凪子にしてみれば、睦月の血を引く子だから愛しいと思った時期はあるけど
今は、睦月マリエの関係もふっ切れて、如月のことを単に愛しい男という捉え方をしている。
それで如月を嫌いになるとは思えない。
 如月は、もともと親父と凪子のつながりをうざったく思ってたから、
だいぶ気が軽くなるだろう。

さて、どうやってバレるのかな?

526 :花と名無しさん:2005/11/30(水) 17:03:26 ID:???0
ネタバレ




>>524
アレやっぱ*だったんだ・・・Orz-
凪子、中逝きして妊娠できたら(゚д゚)ウマーだけどね。



527 :花と名無しさん:2005/12/01(木) 13:07:48 ID:???0
>>523 >>525
誰でも思いつく安易な話だな。三流ドラマか昼ドラだ。
第一テーマが全然違う。そんな話なら読みたくないな。
っていうか、関連スレでも、○○の子じゃなかったら面白いね、とか書き込んでるの
おたくかい?
何か人生に憤りでもあるのかい?もし悩みがあるなら
ここの住人は極極少数を除いてみんな優しいし常識人だからさ、それなりに
受け止めてくれると思うよ。

528 :花と名無しさん:2005/12/01(木) 17:13:28 ID:???0
>>524 >>526
他のことにも目を向けようよ。

529 :花と名無しさん:2005/12/01(木) 17:46:07 ID:???0
> >>523 >>525
私的には好きなタイプのストーリーじゃないけど、
「永遠〜」では、もし土壇場でそれが出されたら、
作者はすごい構成力の持ち主だと思うよ。
作者が、違うタイプの女たちの生き方を描くことに筆を振るっているのは明らかだけど、
ウリは「出合った恋人は昔愛した男の子供」っていう設定で、
それで釣ってきたのも明らかだからね。

初恋の男の子供を持てなかった女が、
無関係の少年を恋人にして初恋への未練を持つという設定では、
それほど盛り上るものでもなかっただろう。

秘密の恋がばれてもめて雨降って地固まるのように理解しあえてジ・エンド、っていう展開よりは
何らかのどんでん返しがあったほうが面白いよ。


530 :花と名無しさん:2005/12/01(木) 17:49:20 ID:???0
>>527
> っていうか、関連スレでも、○○の子じゃなかったら面白いね、とか書き込んでるの
> おたくかい?
それはあなたがやってることじゃないの?
って思われるよ。
こういう見方は胸に思うだけにとどめて、出すのはやめたほうがイイと思う。

> 何か人生に憤りでもあるのかい?もし悩みがあるなら
> ここの住人は極極少数を除いてみんな優しいし常識人だからさ、それなりに
> 受け止めてくれると思うよ。
ここの住人の私的な悩みなどを優しく受け止めてくれる人は、確かに居るね。
だけど、こういうことをわざわざ言ったりしない、練れた大人だと思うよ。

531 :花と名無しさん:2005/12/01(木) 22:30:09 ID:???0
何故、凪子は如月と別れなくてはいけないと考えるのかな?
如月のお父さんにバレたというだけで。


532 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 12:51:23 ID:???0
>>531
睦月やまり絵の気持ちを考えて、人を苦しめるより自分が引いてしまう。
凪子のこういう部分が過去の恋も自分のものにできなかった原因なんだけどね。

533 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 13:10:54 ID:???0
そうかな? 他人を苦しめるのが嫌だからというよりは
自分が苦しくなるのが嫌だからじゃないの?
いくら如月が大人っぽい考え方の出来る子でも
社会一般からは年上の女がたぶらかしたと見られるのは必至だから。

凪子は社会人の大人だから、如月の将来とか考えると
今のままでずっとってわけにはいかない、って思うんでは?

534 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 14:53:26 ID:???0
>>532
過去の恋では、凪子が睦月マリエを苦しめたくないと考えたことなんて、なかったと思うよ。
現在でも、凪子は、マリエを敵側の人間だと考え、
睦月のことも自分の味方ではない人間だと認識しているもの。

やはり、如月との恋は周囲に認めてもらうのが難しいから潮時かなあとかいうのが大きいと思う。
凪子の場合、睦月をあきらめた後は恋も長続きしなくて
失恋の傷は次の男でいやすというパターンでやってきたような気がするな。

しかしまあ、今号のマリエには、19の夏の凪子の処女喪失時を連想した。
ずっと好きだった男を思いながら違う男に抱かれて自らの女心を哀れんでいる所。
凪子は、友人(とは思ってないだろうが便宜上そう呼ぶ)に隠れて如月と愛し合い、睦月とも密会。
大人時代は、恋愛についての考え方や行動力という点では、凪子とマリエ、入れ替わった感もある。

高校時代は、恋とは自分からゲットするものだと考えていたマリエに、凪子が後れを取ってしまった。
大学時代は、凪子がそこに気づいても、もう手遅れだった。


535 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 16:11:18 ID:???0
如月がんばれ!!

536 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 16:32:30 ID:???0
次回のタイトルは「背徳のヴィーナス」か。
マリエのその後はますます八重樫との情事に、って感じだね。
もう十二時とか、前回のバーで八重樫が言ってたし、その晩はお泊まりになったのかね?

ところで、今8月〜9月の号を読み返してみて不思議に思ったこと。
如月の行動は、どうも不可解だな。

如月は、バスルームに置き忘れた携帯を父から渡された後、自分の部屋で凪子からへの連絡をしてる
(陸月に携帯を見られたという疑いは、みじんも持ってない様子)。
凪子からの、急用が入ったから今日は会えないという言葉を素直に受け取ってる。
そして、翌日か翌々日の夕刻、
急な外出をする母マリエの様子がおかしいと思ったのか、母を追跡してホテルへ。

…如月って、何故、母の行動を疑ったの?

537 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 16:58:35 ID:???0
>>536
>自分の部屋で凪子からへの連絡をしてる
凪子の部屋からだと思う。待ち合わせ場所が変更になったのを知らずに
いつもどおりマンションの方に行ったと思う。スペアキーも持ってると思う。
父が携帯を見たとは微塵も疑ってないのは如月の性格故か。

>…如月って、何故、母の行動を疑ったの?
疑うというより、母親の様子がいつもとあまりにも違うから心配したのだと思う。
あんなふうに(コーヒーぐらい自分で入れろと)まりえから怒鳴られたのもはじめてかも。
今まではきっと如月の世話もかいがいしくやいていたはずだから。


538 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 17:09:24 ID:???0
>>536
>マリエのその後はますます八重樫との情事に、って感じだね。
私の勘だとマリエはあの一回だけではないかと思います。
やっぱり睦月を愛する気持ちは他の誰かでは代わりにならないと思います。


539 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 17:38:29 ID:???0
>>537
> >…如月って、何故、母の行動を疑ったの?
> 疑うというより、母親の様子がいつもとあまりにも違うから心配したのだと思う。
> あんなふうに(コーヒーぐらい自分で入れろと)まりえから怒鳴られたのもはじめてかも。
> 今まではきっと如月の世話もかいがいしくやいていたはずだから。

でも、如月は、母の干渉をいやがっていたフシがある
(コミックス6巻あたりから。7巻8巻でも、母をけむったく思ってるような態度が見える)。
まあそれでも、週末以外は、朝食も夕食も自宅でとっていたようだし、
なくした携帯のことで、母からだらしがないとたしなめられても、如月は反発するような態度は見せていない。
凪子に関することは母にも隠してるけど、普通の母子関係という気がする。

なにやら機嫌の悪そうな母が、夜出かけるというのは、異例のことかもしれないが、
それだけで、こっそり追跡しなきゃって考えるかなあ?

それ以前の如月の様子からは、母の思考や行動に、関心を持つような材料は見えてこないな。
父の追跡するんだったらまだ筋が通るけどね。
以前から如月は、凪子と父の接近(葉月の目撃など)を気にかけていたのだから。




540 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 20:03:53 ID:???0
>>539
まりえの様子があまりにも如月の目から見ても尋常ではなかったと
私は解釈しました。
如月は常日頃は母親の干渉をうるさく思っていたとしても、根は優しいわけだから
母親がたとえば真っ青な顔をして出かけたら心配でつい後を追ってしまったという
愛情は持っていると思います。

541 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 20:09:50 ID:???0
マリエの描き方は、休載の度に修正されてるのかな。
6巻以降は、なんだか行き当たりばったりの行動ばかりだ。
如月の反抗期で、年上の女との交際疑惑に悩んでいたマリエは何処へ?
沢木を誘惑することに失敗し、女としてのプライドを傷つけられたマリエは何処へ?

542 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 20:49:16 ID:???0
如月が母マリエを追っていくというのは、母親に反抗中ではあっても
ごく普通に親の異変を気にかける息子だとしても不思議ではない。
でも、そういう伏線もなかったし、唐突な展開だなという印象はぬぐえないね。
家族としての心配なら、一応父にも連絡入れてみるとか、他の方法がなかったわけじゃないんだから。

あと、不思議なのは、凪子が帰宅して如月を部屋に入れた時の態度だ。
親父に抱かれたの?と、いきなり聞かれて、さすがにびっくりしたようだけど、
如月がどうしてそれを知ったのかはあまり考えないで、知られたという結果だけを重視したような。
睦月に如月と自分の関係を知られたという現実に直面したときも、そうだった。

予想外の事態に遭遇しても取り乱さないで、
現実を受け入れようとするのは、凪子らしい性格だとは思うけどね。
それにしても、別れたくないと言いつつ別れを予期している凪子って、
矛盾してるけどやっぱり可哀相だな。
如月への思いを胸に海外に一人旅立つ凪子…みたいな展開になるんだろうか?

543 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 20:53:57 ID:???0
>>541
行き当たりばったりの行動かどうかはこれから判明するんじゃない?
何か計算というか伏線を感じる。美容師の利用の仕方といい。
作品的には月日はほとんど流れていない。
やっとこれから彼女の内面が明らかにされてくる予感。


544 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 21:11:38 ID:???0
>>542
相手がどうして知ったかは凪子にとってどうでもいいことなんだろうね。
いつか確実にばれると覚悟を決めてるわけで、そのときどうするかが問題なんだろうね。

545 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 21:16:35 ID:???0
>>542
>予想外の事態に遭遇しても取り乱さないで、
医者だしね。

546 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 21:31:31 ID:???0
通りすがりなんだけど
なんでこのスレこんなに長文が多いの?

547 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 21:43:23 ID:???0
>>546
暇があったらの話だけど、過去ログから辿ってみたら?
作者が文芸志向なのが分かって、文芸志向の住人が細かく語るようになった経緯も分かると思うよ。
ちなみに、長文ばかりで続いているスレではないのだが、
じっくり考えるのが嫌いな人にはとっつきにくいと思う。


548 :花と名無しさん:2005/12/02(金) 22:13:00 ID:???0
>>543
> 作品的には月日はほとんど流れていない。
ホントにそうだね。
7巻の始めから今月号まで、作中時間はずっと7月中旬かなあ?
小学校では沢木先生の口から放課後と言う言い方が出てくる所を見ると、夏休み前だろうから。

> やっとこれから彼女の内面が明らかにされてくる予感。
それにしても長い前振りだね。
大人編は、5巻から始まり、1/13発売の9巻まで入れると、すでに5冊分。
マリエの内面を明らかにするっていっても、残りはあと3巻だよ。
凪子と如月の関係は、作者の予告コメントによると、睦月にバレたあと、やがてマリエにもバレるんだよね。
マリエは睦月と理解しあえない状態で、息子を取られたと知るんだろうな。

睦月が本音を語るのは、最終12巻の冒頭(第60話・17年目の真実)だそうだ。
今現在48話だから、月1連載で休まずにいったとしても、それを読めるのは来年の今ごろだ。
ま、今のスレタイが、そのまま使えそうなのは確かだな。

549 :花と名無しさん:2005/12/04(日) 18:28:25 ID:???0
>>537-542
如月が母を追いかける行動が、ご都合主義的になってる、てのは否定できないな。
今までの流れを、如月目線で辿ってみると、母はどうでもいいみたいな、
むしろ、父に対する疑問が大きくなっている。

「親父やお袋がどうあれ関係ない、俺が一番好きなのは今の凪子さんだ」
               ↓
「凪子さんにとっての俺は、親父の代わりにされてるんだろうか?」
「親父と凪子さんは、今でもお袋に隠れて会う仲なんだろうか?」
「親父は何故お袋と結婚したんだろう?」
               ↓
「親父と凪子さんは、今でもこっそり会い、お袋もそれを知ってるけど何も出来ない、それ位ふたりは親密」
「凪子さんにとっての俺は、親父の代わりだったのかよ(泣)」

しかし、すでに母親離れしている如月には、凪子しか眼中にない。
ここで如月がふんばって、凪子と別れないで睦月に刃向かってくれると面白いんだけど。
一年や二年棒に振ったっていいじゃないか。
今の如月なら家を出てアパート借りて便利屋のバイトで食ってくぐらいはできるだろう。

550 :花と名無しさん:2005/12/04(日) 19:56:42 ID:???0
結局、如月は設定通り捨てキャラなのかここまできて?
勘弁してよぉ〜 (睦月の言いなりになるのがカッコイイとは限らないぞ!凪子!)
マリエはどんどん落ちていって下さい。

551 :花と名無しさん:2005/12/04(日) 23:10:29 ID:???0
如月がんがれ。

凪子は睦月をマジふっ切れたのなら、如月を一人前の男として育ててやれよ。
私の愛しい少年扱いってのは卒業してさ。
恋愛関係とかそういうのに縛られないで、有能なパートナーとか・・
(うまく言えないorz 
潮時とか思うのは、一緒にいてたのしいホッとするってだけで、共に作るものがなにもないから。
だから飽きたりするし、なんとなく行き詰まってしまう。
恋愛って、服装や映画の好みが合うとかセックスとかそんな共有部分しかない相手じゃ、長続きしないんだよ。
ふたりで楽しむ趣味とかライフワークとか作れよ。
マリエと睦月もそうだけどさ)


552 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 13:18:42 ID:???0
x

553 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 13:20:25 ID:???0
>>549
便利屋は女に襲われる可能性があるからいやっ!!

554 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 13:27:41 ID:???0
>>550
如月はかつての父とは違う行動をとると思う。
何の足枷もないし、怖いものなしの状態なんだし。

凪子と睦月をあれほど冷酷に作者が切り離せたのは、
凪子にはもっと大きな幸せが用意されているからだと予測する。

555 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 13:31:54 ID:???0
寝ちゃったね。彼女にとってこれまで生きてきた花のような人生のなかで
一番哀しい夜だったね。
というより哀しみが始まった夜にすぎない?

556 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 13:41:47 ID:???0
如月がまりえを尾行した件について。
母の様子がおかしい→父と凪子さんに何か関係あるかも・・と
勘のいい如月なら気づきそう。
昔の三人の関係もそれとなく知ってるわけだし。
凪子と睦月のことも葉月からも聞いてるし。
母がいずれそれを知ったとしてもおかしくないはずと。

557 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 18:23:53 ID:???0
睦月〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!
かわいそ過ぎる。妻に浮気されるなんて。今までマリエのために、家族のために
一生懸命働いてきたのに。彼がなにを したって言うの?

558 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 20:27:30 ID:???0
>>556
それはありうるね。
でもそういう脳内補完が必要だとしたら、
作者には失礼な言い方になってしまうけど、作品の構成力が未熟ってことだ。

どんな意図であれ、読む側に伝わらなければ、実験の域を出ない。
作者の意欲は買うけど、読者をじらすような構成展開はほどほどにしておくれ。
大人編もすでに7割方進んでいるんだから、
いいかげん出口が見える時期だろうに。


559 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 20:31:11 ID:???0
>>558 何様?

560 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 20:56:04 ID:???0
>>557
まったくその通りだね。
マリエよ、自分の浮気っつうか不倫を
「陸月がいけないのよ」なんて、それはないだろ。
「睦月だけを愛してきたのに」って、夫を縛りつけてきたという自覚がないんだね。
そりゃ、夫婦は不倫なんかしちゃいかんのだが、
マリエの睦月に対する愛情は、独占欲が基盤になってて、妻の権利を振り回し夫の自由を奪っている。
だから、夫がなついてくれないんだよ。

自分が睦月の立場だったら、まあ、やっぱりマリエのような妻には、
あたりさわりのない接し方をするだろうな。
子供たちが独立したら、別れようとか考えるかも。
医者の仕事は、マリエの父が現役を退いたら干渉されることもないだろうし、
院長のポストはやりたい奴に任せて、研究職に転向するかな。
K大ではマリエの父の新城教授ではなく別の教授のもとで学んでいたし、
大学とのつながりを大事にしておけば、道は開けるだろう。

…あ、今気づいたけど、そういう伏線だったのかな?
藻泉教授だったっけ、睦月と凪子の恩師。

561 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 20:58:05 ID:???0
同業者

562 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 21:20:15 ID:???0
>>560
> だから、夫がなついてくれないんだよ。
ワロタ

> K大ではマリエの父の新城教授ではなく別の教授のもとで学んでいたし、
> 大学とのつながりを大事にしておけば、道は開けるだろう。
>
> …あ、今気づいたけど、そういう伏線だったのかな?
> 藻泉教授だったっけ、睦月と凪子の恩師。

可能性はあるね。

563 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 22:14:05 ID:???0
マリエは睦月と別れるなんて考えもしないだろうな。
独占欲は確かに言えてるが、
凪子には渡さないわ、ってのが、今後のポイントじゃないの?
とはいえ、マリエ的には、やっぱり凪子にとられちゃった(泣)は、あるだろうけど。

564 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 22:26:18 ID:???0
でも凪子はもういらないんだよね。

565 :花と名無しさん:2005/12/05(月) 23:42:07 ID:???0
凪子も仕事で成功してるし、恋が命っていう生き方じゃなさそうだもんね。
マリエに比べると人生観とか視野が広いと思う(木綿子も)。

あと、現実レベルで考えちゃうと、
学生時代に結ばれなかった恋の相手と
37歳くらいで再会したって、一時的なときめきで終わっちゃいそうだな。
おたがいフリーな状態だったら、そのまま結婚までいっちゃう可能性はあるけど。


566 :花と名無しさん:2005/12/06(火) 02:38:26 ID:???0
>>560
> 「睦月だけを愛してきたのに」って、夫を縛りつけてきたという自覚がないんだね。

マリエは、睦月は自分のものだ、という考えが強いからな。
結婚したからといって、私のすべてはあなたのもの、あなたのすべては私のもの、って感じになられちゃ
睦月じゃなくたって、息苦しくなってしまうよ。
凪子との再会がなかったとしても、仕事関係や行きつけの酒場などでノリの合う女がいたら
不倫はしないまでもマリエには内緒で息抜きを楽しむだろうな。

凪子が自分の生活環境の範囲に現われたことは、
マリエにとっては確かに不安材料だろう。
夫の昔の女が周囲に現われて、こっそり会ってるなんてのは、マリエじゃなくたっていい気持ちしないよね。
しかし、マリエみたいに、なんで言ってくれないのよ私に隠れて会うなんて、と責めるのは大人げないよ。
夫が過去の思い出を大事にしたいと思う気持ちを、想像できないのかな。

マリエが睦月を尻に敷いてるというのがなければ、マリエに同情するんだけどね。

567 :花と名無しさん:2005/12/06(火) 06:00:34 ID:???0
>>566
> 夫が過去の思い出を大事にしたいと思う気持ちを、想像できないのかな。
一般的なケースで想像すると、
20代とかで人生経験の浅い若妻だったら、理解しにくいと思う。
マリエの場合は、
お金に不自由しない暮らしで、人間関係で苦労とかの経験がないまま、年を重ねちゃったから、
若妻と似たようなもの。
凪子や八重樫の言い方だと「少女のまま大人に」ってやつだから。

> マリエが睦月を尻に敷いてるというのがなければ、マリエに同情するんだけどね。
これは同感。
マリエ自身はそんなつもりはないんだろうけど、
睦月の態度は妻の尻に敷かれてる夫そのものだ。

568 :花と名無しさん:2005/12/06(火) 11:36:36 ID:???0
>>566
>凪子との再会がなかったとしても、仕事関係や行きつけの酒場などでノリの合う女がいたら
>不倫はしないまでもマリエには内緒で息抜きを楽しむだろうな。

睦月はしないと思う。それよりは男友達と過ごす時間を選ぶと思う。
高校時代も女の子たちは相手にしないでいつも男子とばかりつるんでるという
描写があった。
そういう意味では凪子は男っぽいとこもあるから、もし男だったら無二の親友になれただろうし、
「お前が女だったら間違いなく惚れてたぜ」なんて会話を交わしていそうだ。


569 :花と名無しさん:2005/12/06(火) 11:46:52 ID:???0
でも凪子は女だったわけだし、そんな二人が結ばれなかったのは
やっぱりかわいそうだ。

570 :花と名無しさん:2005/12/06(火) 13:07:11 ID:???0
男にとっても女にとっても心を惹かれる異性ってのは、戦友タイプか癒しタイプ。

睦月と凪子は、おたがい戦友として惹かれあってきた関係だね。
高校時代は同じ問題集に熱中し、大学以降は同業者だから医学の話に花が咲く。

マリエは、睦月が癒しを求めて得た女だな。パートナーではないけど木綿子もそういう存在だ。
睦月が一番夢中になれるもの・ライフワーク(学問、医学)については、傍観者にしかなれない。
でも、そういう癒しの得られる場所があるからこそ、外で思う存分戦えるんだけどね。

如月というのも、凪子にとっては癒しを求めて得た相手だ。如月にとっても凪子はそういう相手なんだよね。
将来医者になる如月なら、戦友化するかもしれない。

木綿子と沢木先生は、癒しを求め合うところから始まって、これから戦友となるんだろうな。
二人とも同業だしね。

マリエと八重樫は、癒しを求め合う状態だな。
マリエにとっては、睦月の代用品にもならない男だけど、女として扱ってくれるし
八重樫の方も、睦月から奪いたい女ってほどじゃなく時々会えれば満足みたいだし、
ちょうどよかったんじゃないの?

571 :花と名無しさん:2005/12/06(火) 14:33:57 ID:???0
如月のことは睦月とマリエが許しさえすれば問題ないんだよね。
世間体なんて多分凪子にとってはたいした問題ではないだろうし。
睦月は真意は知らないがとりあえず二人を認めたんだから後はマリエだけじゃん。
何とかならないもんだろうか。

572 :花と名無しさん:2005/12/09(金) 22:20:50 ID:IInbYRy80
結局マリエは美容師とやったの?

573 :花と名無しさん:2005/12/10(土) 18:31:32 ID:???0
やりまくったよ

574 :花と名無しさん:2005/12/12(月) 21:06:09 ID:HiBeljlu0
やっと再開したのか。。。

575 :花と名無しさん:2005/12/12(月) 21:51:23 ID:???0
三人の女性の違う生き方を描くみたいだし
年下教師とそのうち恋愛してうまく行きそうな木綿子が凪子とかぶるから
凪子は如月と別れて「一人で生きる」って結論になるのかなぁ…

せっかく睦月<如月って心が決まったんだからこのまま幸せになってほしいけど
気持ちが自由になれた、って言うのは凪子にとって大きいんだろうな

関係ないけど作者が付けた名前が意味してるのってこんな感じかな
「マリエ」=「結婚が意味するもの(妻 母 家庭)とその崩壊(そして再生?)」
「凪」=「何物にもとらわれない、自分の中の嵐からも自由な風」
「木綿子」=「木綿のように丈夫。過去の汚れを洗い流し新しく生きる」

576 :花と名無しさん:2005/12/13(火) 00:53:39 ID:???0
>575さん
>「凪」=「何物にもとらわれない、自分の中の嵐からも自由な風」

え〜、「凪」って風がまったくない無風状態のことだよ。
「凪」だと帆船は進まなくなる。
私、凪子がいつまでも睦月を忘れられないのは名前にも現れてると思ってた。
「凪」は自分の力じゃ前に進めない。前に進むためには他の力が必要。

577 :花と名無しさん:2005/12/15(木) 13:11:44 ID:???0
パーティーシーンか何かの時、ひげ男が凪子の名前にちなんだ
たとえのようなセリフで凪子をほめてるとこなかった?
あと木綿子の名前についても睦月が木綿子に何か言うセリフ
なかったっけ?

578 :花と名無しさん:2005/12/15(木) 14:22:24 ID:???0
「凪」=「外(世間)の嵐に関係なく無風でいられる、つまり自分自身を保っていられる」ってことかな。

579 :花と名無しさん:2005/12/15(木) 14:27:46 ID:???0
単行本の第9巻が年明け早々に発売されるそうです。

580 :花と名無しさん:2005/12/18(日) 20:14:41 ID:???0
年明け早々後書きが楽しみだね〜(嫌味ざんす)

581 :花と名無しさん:2005/12/18(日) 23:30:06 ID:???0
今号はエロシーンばっかに目が行った
けどまあマリエが不倫してくれて一安心だった
睦月ってさよき夫だったことには違いないけど、
外でたまに浮気してたんじゃなかろうか それこそ気楽で気のあう女なんかと。
マリエが気付かないようにさ
今後はやはり凪子と睦月は結ばれないのであろうか。
如月と凪子の関係を知ったマリエが、かつてなかったほどドッロドロになるのが
はやくみたいわー
ガッツだぜマリエ。

582 :花と名無しさん:2005/12/19(月) 01:28:57 ID:???0
名前で分析してみると、

「マリエ」=marie(仏)、ファッションショーのラストを飾るウェディングドレス
      彼女の望む全て。多くの女性の憧れ、羨望の的
「木綿子」=コットンのように気安く、心地よい女
      強くて丈夫?
「凪子」=いつまでも同じ想いに囚われ続けている女?
     新しい風(如月)を受けてやっと前に進めるか?



583 :花と名無しさん:2005/12/19(月) 01:40:08 ID:???0
>>580
同意w
先が見えちゃってるから、自己解説予告ぐらいしか楽しみはないとも言えるな。
今後〜最終回までの見どころは、
単行本の最終巻に集中してるのが明らかだし
(8巻の予告にあった「17年目の真実」で睦月がはじめて本音を語る等)
それ以外では、如月と凪子の関係がマリエにどのようにバレるのかって所だね。
(7巻の予告による)


584 :花と名無しさん:2005/12/19(月) 01:52:43 ID:???0
それにしてもマリエ愚かだったね、携帯の盗み見や密会現場へ出かける隠密行動。
凪子睦月の接近を警戒するのは無理もないけど、
睦月に内緒の行動だから、
そのことで真っ正面から睦月を問い質して反省してもらうって方法がとれなくなっちゃった。
いつぞやの「私って女としての魅力ないの?」みたいな、セックルおねだりでも、
真っ正面から睦月に心をぶつけていたほうが、はるかに賢い方法だったのに。


585 :花と名無しさん:2005/12/20(火) 11:21:57 ID:???0
睦月は浮気なんてしてない。

586 :花と名無しさん:2005/12/20(火) 11:29:55 ID:???0
>>583
>先が見えちゃってるから

よかったら教えてください。想像版の一環として。
自分、次の回がどうなるかもわからないし、想像力皆無なので。

587 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 00:41:52 ID:???0
睦月が急に嫌いな人物になった。
カッコよくないよ。

588 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 03:38:17 ID:???0
>>587
今回の連載分を読んでの感想だったら同意。
悪い意味で「ありがちな夫」という感じ。まあマリエもお馬鹿だけど、
睦月も大差ないような・・・

589 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 04:31:28 ID:???0
睦月は、精彩がなくなったな>最新号

まあでも、今のマリエは自分で自分の首を絞めてるような状態だし
何を言われても満足できないだろう。
睦月の取った態度は、あれでいいんじゃないの?

マリエは、凪子さえ現われなければ平和だったと思ってるようだけど、
凪子とのつきあいを復活させたのは自分だってことも忘れているみたいだしね。

それはそうと、次号やコミックスの予告ページを見たら、
>>555 の書いてることとそっくりなことが書かれているんだよね。
以前から、
本誌やコミックスの発売直後に出るスレが、
妙にマリエ寄りだったり、唐突に作者擁護っぽかったりしたもんだった。
今回のことで、作者がこのスレにコソーリ書き込んでるの、わかっちゃった。

590 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 04:35:51 ID:???0
編集担当者かもな。

591 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 04:39:37 ID:???0
↑訂正。やっぱり本人だな・・・
担当だったら、読者には凪子派が大半なのを熟知してるだろうから
売れる方向にもってくために、凪子寄りで書くと思う。

592 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 12:42:38 ID:???0
どうでもいいけど予告ページって漫画家が作るの?

593 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 16:12:38 ID:???0
編集者が作る>予告ページ
まあ作者との打ちあわせまったくなしって事はないだろう

それにつけてもだが
睦月って今回、睦月なりにマリエ離れを始めたのかな?
凪子と密会する前だったら、マリエの不安定な様子を見せられて、それなりにいたわると思う。

594 :花と名無しさん:2005/12/29(木) 19:21:58 ID:???0
マリエの精神状態はかなり不安定になっているね。
睦月も、それは充分すぎるほど分かっただろう、いちおう医者なんだしね。
にもかかわらず、
ああいう冷たい態度(っていうかマリエにとっては)とるのは、
妻の午前様帰宅より、自分が凪子との間に持った時間の方が、
睦月にとっては重要度が大きいって事なの?
つまり、マリエには言えない事柄>>>>マリエが浮気したかもという疑惑。
(睦月と凪子との抱擁、如月と凪子の関係)

595 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 04:46:57 ID:???0
睦月は、マリエと向かい合う気は全然無さそうだね。
「頼むから今日だけは勘弁してくれ」ではなくて、「適当なことを
言って逃げているうちに、マリエが落ち着いてくれないかな。あー、
面倒くさい」な感じで。

「凪子と結婚してたら、こんなこと言われずに済んだだろうし、
医者の仕事の重要さも(口に出して言うまでも無く)分かって
もらえたのに」とか考えていそう。

596 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 05:53:01 ID:???0
要するに、マリエは、昔ッから独り相撲だった。
試合に勝って勝負に負けてるみたいな・・・

一度はこわれないとダメだね、あの夫婦は。

睦月は保身的ではあるが、逃げるが勝ちというセオリーを知ってる分、大人なんだろうか。

597 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 17:56:01 ID:???0
>>596
> 睦月は保身的ではあるが、逃げるが勝ちというセオリーを知ってる分、大人なんだろうか。
そうだね。いい意味でもわるい意味でも、大人だ。
凪子に対しては、きざな台詞でカッコつけて逃げてきたけど(まあこれは高校時代から変わってないな)
マリエに対しては、かっこわるいと思われてもひたすら耐えてる(身売りしたことに開き直ってるんだろう)

598 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 19:55:41 ID:???0
はいはい、暮れの忙しい中、マリエマンセーの私が来ましたよ。
情事の後、家に帰ってシャワーを浴びながらのセリフ。
『私も安っぽい女になったものだわ』
『自分を貶めたって何の救いにもなりはしないのに…』
冷静に自分のしたことを判断してるあたり、彼女も決して
馬鹿な女じゃないと思ったよ。
あんまりマリエ褒めるとまた作者が…って言われそうだが。


599 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 21:10:11 ID:???0
睦月にああいう態度を取られたら、さすがのマリエも、
これっぽっちも愛されてないことに気付くよね。
マリエへの愛情や信頼があれば、もっと早くから
ちゃんと向かい合っただろうし。

今は無理だけど、明日なら話が出来るから・・・と
宥めてるんじゃないところが、何ともねぇ。
マリエは自分に惚れきっているからと別れない、と
自信満々なんだろうか?

>>598
マリエが決して馬鹿な女じゃないなら、睦月をスパッと
振って欲しい。それが出来ないうちは、まだまだだと思う。

600 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 21:21:54 ID:???0
600(σ´D`)σゲッツ!!

601 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 21:55:09 ID:???0
いまさらマリエに振られても睦月の行き場が・・・

602 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 21:55:28 ID:???0
睦月が全然魅力的じゃないんだよね。
だから、そんな男を忘れられないでいる凪子や、そんな男に拘っている
マリエまで、つまらない女に見えてしまう。
取り合うほどの男かぁ?って感じ。

603 :花と名無しさん:2005/12/30(金) 22:21:21 ID:???0
一応聞くけど、マンセー版だめかね?

604 :花と名無しさん:2005/12/31(土) 05:00:12 ID:???0
>>589
> 睦月は、精彩がなくなったな>最新号
禿しく同意。
>>602
> 取り合うほどの男かぁ?って感じ。
自分的には、ああいう手ごたえのない男ってつまらない。
如月だったら、年取っても手ごたえのある男っていうか、
若さや行動力がなくなっても、会話で楽しませる男になりそうだけど。

ただねえ、人を本気で好きになると、その人の持ってる魅力に惚れるわけじゃないからね。
第三者から見たらどうしょうもないヤツでも、自分の思いが通じないヤツでも、嫌いになれないんだよね。
その人以上に好きな人が出来れば、切り捨てることが出来るんだ。
けど、
凪子の場合は、如月が、自分とつりあう年回りじゃないから(せめて20代で就職してればいいんだが)、
睦月に未練が残ってしまうわけだ。
マリエの場合は、睦月しか知らないから(っていうか、知ろうとしなかった)、
睦月に固執してしまうわけだ。


605 :花と名無しさん:2005/12/31(土) 05:02:13 ID:???0
>>598
> 情事の後、家に帰ってシャワーを浴びながらのセリフ。
> 『私も安っぽい女になったものだわ』
> 『自分を貶めたって何の救いにもなりはしないのに…』
> 冷静に自分のしたことを判断してるあたり、彼女も決して
> 馬鹿な女じゃないと思ったよ。
うん、 そのシーンまでは、マリエに同情できたよ。
だけど、翌朝の、睦月に対する態度は、 小さい子が駄々こねてるみたいで萎えたな。
マリエが、睦月の妻っていう自覚を持っているなら、
『自分を貶めたって何の救いにもなりはしない…』
『睦月に背を向けるとか、睦月を責めるとか、
 そんなことしたって睦月の心が離れていくばかりだわ…』 というふうに考えて
翌朝は、何事もなかったふりして、仕事に行く睦月に行ってらっしゃいを言うだろうに。
やはり、マリエの精神状態は・・・

>>603
マンセー版はちょっとなあ。
マリエ派なら、マリエのいいところだけじゃなく、良くないところもふまえて感想書いて下さいな。
わたしは凪子派だが、如月の意見も聞かずに別れを決意しようとしてる凪子って嫌だな。
如月を一人前の男として見てない凪子は身勝手だと思ってるよ。

606 :花と名無しさん:2005/12/31(土) 11:04:53 ID:???0
睦月ってそんなにカッコ悪い男かなあ。
確かに相変わらず女の扱いへたくそな奴とは思ったけど。
でも他の面ではたぶん一生懸命やってるんじゃないかな。

もし睦月がホテルで凪子抱いてたり、如月と張り合って凪子取り合ったり
したら、確かに面白いとは思ったけど、頭の軽い男だとも思ってしまうよ。


607 :花と名無しさん:2005/12/31(土) 11:16:17 ID:???0
如月の20年後が見てみたいな。

608 :花と名無しさん:2006/01/06(金) 06:45:18 ID:???0
>睦月ってそんなにカッコ悪い男かなあ。
なんか、言葉が足りなさスギてすべての事から
「逃げ」てるようにしか見えないから・・・かな。
特に妻に対しては「逃げ」の姿勢がミエミエ。
一般的にいってもあの朝に「無言」は無いでしょ?
ケンカになって気分悪い朝になったとしても
何かは言うもんじゃない?夫婦って。
「くだらない事いうなよ」くらいは言うよ。

609 :花と名無しさん:2006/01/06(金) 22:03:02 ID:???0
>なんか、言葉が足りなさスギてすべての事から
>「逃げ」てるようにしか見えないから・・・かな。

同意。言葉でコミュニケーションしなければ、他人の考えていることなんて
分からない。エスパーじゃないんだから。
そして、夫婦・恋人・親子などの関わりが深くなる相手には、他の人以上に
言葉で伝える必要があるのに、睦月はいつも黙ってばかり。
自分の考えや感情を言葉で伝えられないのは、精神的なお子ちゃま以外
の何者でもない。魅力あるオトナの男には程遠いよ。

610 :花と名無しさん:2006/01/07(土) 19:00:38 ID:???0
>>609
睦月は、寡黙になっちまったが、精神的には老成しちゃったという感じだと思う。
あの朝に、夫らしい言葉を出さなかったのは、争いたくないからだろ、マリエとは。

> 同意。言葉でコミュニケーションしなければ、他人の考えていることなんて
> 分からない。エスパーじゃないんだから。

これは確かだ。しかし、他人からの言葉を求めるだけじゃ、ダメなんだよ。
他人から言って欲しいことがあるなら、自分から先に言葉を出さなきゃね。
だけど、
マリエは、睦月に対して、いつだって自分の言いたいことを一方的に言うだけで、
言われる側がどう感じるかを考えてないみたいだ(特に、自分の不愉快な感情を伝える時)。

マリエは、睦月を思いやって「あなたはこうしたらいいわ」などの優しい言葉をかけることもあるが、
自分がそうしてほしいからだよ
(例えば、睦月がお風呂より食事を先にしたいと言ってるのに、
 あなたお食事よりお風呂を先にしたほうがさっぱりするしそのほうがお食事もおいしいわ、
 なんて言う優しさだ。
 マリエ自身が睦月には食事をおいしく食べてもらいたいから、そういう言い方になるんだよね。
 陸月の方は、腹ぺこで一刻も早く食事したいかもしれないのに)。

自分の思い通りにならないとかんしゃくを起こすマリエは、睦月よりかなり幼いね。
でも、自分の思い通りにならないことでも冷静に受け止める大人になれるチャンスだね、今は。

611 :花と名無しさん:2006/01/07(土) 21:03:41 ID:???0
>>608
上の方で誰かが書いてたけれど、睦月は、逃げるが勝ちという感じでやっていそうだな。
それは、よくもわるくも大人の知恵だと思う。

> 特に妻に対しては「逃げ」の姿勢がミエミエ。
> 一般的にいってもあの朝に「無言」は無いでしょ?
> ケンカになって気分悪い朝になったとしても
> 何かは言うもんじゃない?夫婦って。

睦月の立場になってみれば、あんなことは初めてづくしだよ。
冷静な話し合いができない妻が相手じゃ、
夫としては、うかつなことは言えないさ。
前の晩は、妻の行き先も分からないまま、夜更けまで起きて待っていたのに、
午前二時をかなり過ぎて帰ってきた妻からは、寝室に入るなと言われた。
まあ、相当にぶい男じゃないかぎり、妻が男と夜遊びしてたのか?ぐらいの想像はするだろうけど、
よりによって、自分の方も、昔の恋人と二人きりの密会をしてきた夜だ。
自分の側にやましい気持ちがあるからこそ、
「昨日はどこの男と会ったんだ? 以前に君をパーティへ連れ出した美容師か?」なあんて、思ってても、訊けないよ。
もし、マリエが、あのころ凪子への嫉妬をあらわにしない鷹揚な態度の妻だったら、
睦月は、今回のマリエの深夜帰宅についても、
翌朝には「何か事情があったのなら話してくれないか?」ぐらいのことは言っただろうね。
ぶっちゃけ、
「そうよ、昨日はあの八重樫さんと会ってたわ、
 あなただって同窓会の夜に凪子と二人で会ったこと隠してたくせに」なあんて、蒸し返されたくないもん。

612 :花と名無しさん:2006/01/07(土) 21:15:40 ID:???0
そういえば、あの女優主催パーティのときも、八重樫と出かける前のマリエは一人でときめいていて、
睦月が大学同期生の結婚披露宴へ行く夜だっていうことも忘れてたくらいだ。
しかもマリエは、自分の行き先も同行者のことも、睦月にはいっさい告げずに出かけたんだよね。
睦月にしてみれば、前から伝えてあった用事なのに、妻はころっと忘れてたし、
正装して出かけるのに、妻は行き先も言ってくれないし、
そのあげくに、妻はいきなり男と二人連れで、夫である自分の前に現われるんだもん。
んで、帰宅したら、妻は、自分が夫に内緒で男と二人で出かけたことなんか全然反省してないし、
夫が親しい女のことを責めてばかりで・・・
睦月にしてみれば、
オレはほんとうにこの女の夫なんだろうか?召使いと変わらないよな・・・ってとこじゃないの?

・・・内情はどうあれ、第三者から見れば、睦月の妻って、夫を夫とも思ってないような態度だ。
今回の夜遊びの件でも、そういう態度だよね。

要するに、夫の気持ちをろくに察しない妻だから、
言葉をかけてもらえないってことかもね。

613 :花と名無しさん:2006/01/07(土) 21:36:12 ID:???0
睦月や凪子は、
自分の思い通りにならないものをあきらめることで、
挫折を知り、成長できた。
マリエは、自分の思い通りにならなくてもあきらめなかったから、
成長できなかった。
まあ、何事もあきらめないで頑張るってのはいいことなのだけど、
自分のことしか見えなくなりやすいというか、
他人への思いやりができなくなる危険と背中合わせだね。

今のままで行くと、
如月も、挫折知らずのマリエの二の舞いになりそうだな。
1回凪子との別れを体験して、
ひとまわり大きくなってからまた凪子と巡り合ってほしい。

614 :花と名無しさん:2006/01/07(土) 22:50:09 ID:???0
>そういえば、あの女優主催パーティのときも、八重樫と出かける前のマリエは一人でときめいていて、
>睦月が大学同期生の結婚披露宴へ行く夜だっていうことも忘れてたくらいだ。

オイオイ、いつの話持ち出してんだ・・・っと思ったが、実はあれって話の中じゃ
ついこの間の出来事なんだね。
休載が長すぎて時間軸がすっかり狂ってるよ。
ホント、話の流れをそこから考えると睦月の無言にも意味があるように思えるね。


615 :花と名無しさん:2006/01/08(日) 01:15:53 ID:???0
マリエの言いなりで、マリエが怒っても表面的になだめる言葉しか言わないで、
逃げの姿勢をキープする睦月を見てると、
ずるいなって思う。
けど、睦月にしてみれば、マリエに対する深い愛情は持てないから、
本音をぶつけるようなこともしないのだろう。
それと、
子供達がまだ独り立ちしてないから、夫婦の争いを避けている、
ってのもあるのかもしれないよね。
如月はともかく葉月はあと何年かのあいだ、保護者なしではやっていけないのだから。
マリエが家をあけてたから葉月の面倒を見たと語る睦月の言葉に、そんなことを感じた。

616 :花と名無しさん:2006/01/08(日) 17:59:47 ID:???0
>>610
> マリエは、睦月に対して、いつだって自分の言いたいことを一方的に言うだけで、

夫婦や親子の家族関係のみならず、友人同士でもよくある話です。
頑張って下さいの応援がプレッシャーになって嫌われるケースも同じでしょう、
相手のことを思いやっているつもりでも
自分の都合や希望を相手に押しつけているだけで、
相手が何を望んでいるかを、知ろうとしないから。

> 自分の思い通りにならないとかんしゃくを起こすマリエは、睦月よりかなり幼いね。
> でも、自分の思い通りにならないことでも冷静に受け止める大人になれるチャンスだね、今は。

マリエの場合、いつでも凪子が誘うから睦月がしょっちゅう会いに行くと思い込んでいるようですが、
睦月がなぜ凪子に惹かれるのかを、まじめに考えようとしたことはないみたいですね。
大学の同期で学んだ仲だから? いえいえ、それは表面的な建前。
元々は相思相愛だった女だから、というのが本音。

たとえ夫婦でも、独身時代の記憶や思い出は、夫婦の共有財産ではないのです。
睦月には、思い出を大事にしたい気持ちがあり、マリエの登場しない思い出も沢山ある。
マリエも、そういったことに気づけば、嫉妬の苦しみから開放されて、もっと楽に生きられるでしょう。

でも、そういったことは、頭では理解できても、体が納得しないのですよね。
現実を受け入れる以外に選択肢がない状態になって、はじめて納得できることでしょう。
密会現場を目撃したマリエは、その直後から現実逃避をしてしまいますが、
幸いなことに翌朝の睦月が逃げの無言を貫いたので、
マリエが「睦月にとっては形だけの妻」という現実を受け入れ、
一人でじっくり考える時間を持つには、いい機会だと思いますよ。

617 :花と名無しさん:2006/01/08(日) 18:00:18 ID:???0
>>611>>614
> >そういえば、あの女優主催パーティのときも、八重樫と出かける前のマリエは一人でときめいていて、
> >睦月が大学同期生の結婚披露宴へ行く夜だっていうことも忘れてたくらいだ。
> ホント、話の流れをそこから考えると睦月の無言にも意味があるように思えるね。

あの夫婦の人間的未熟さは、妻のマリエの側だけにあるわけではないですね。
睦月は、マリエの尻に敷かれるスタンスが一番無難だと思い込んでいるようですが、
妻のやりたい放題を必要以上に助長させないのは、たとえ入り婿でも、夫の役割でしょう。
夫以外の男と同伴で夜からパーティへってのはともかく、
少なくとも、仕事でつながる仲間のつきあいを干渉する妻の言いなりになっているのは
甘やかしすぎ。
これに関しては、睦月が悪いですね。
マリエにとっては、凪子は昔も今も恋のライバルという認識が大きすぎて、
今の凪子が医者だってことを知ってても、睦月の同業者っていう見方さえも出来ないみたいですからね。
パーティ&披露宴で鉢合わせの当日じゃなくても、
マリエが凪子のことを話題にしたときに、ちゃんと言うべきでしたよ。
「凪子は大学の医局での仲間だからこの先もつきあいが続くし同じ医者として尊敬できる大事な友人だ」とか。

618 :花と名無しさん:2006/01/08(日) 18:13:48 ID:???0
>>609
「エスパーじゃないから言葉で言ってくれなきゃ分からない」云々について。
言葉が少ない人でも、
一緒にいるときにその人の行動をよく観察して見ていれば、 本音がにじみ出ていますよ。
好意や愛情の深さも、行動にあらわれます。
他に行き場所がない場合は、携帯や読み物などの私物を手にして自分の世界にこもってますが、
一緒にいたくてそこに居る場合は、話し掛けられるまで周囲の景色を見ていたり飲食していたりになります。

夫や恋人と行動を共にする時間が少なくてさっぱり本音が分からないって人は、
例えば、彼が普段どういう本を読んでいるかを確かめてみるといいです。
小説やエッセイなら、主人公とその味方の、生き方や考え方が、彼の共感するものであり、
表に出さない彼の本音と同じ種類なんです(勿論全部ではないですが)。
主人公とその味方の主張することは、身近な人に言いたいこと言ってほしいことに近いのです。

過去レスにあったような、彼の携帯をこっそり見ちゃうなんてのはXですが、
彼の本棚を無断で物色するぐらいなら、
“あなたが好きな作家を私も読んでみたいなって前から思ってたの”で許されるでしょうし
あながち嘘を言うわけじゃないでしょう?
彼の部屋に入れなくても、彼の好む作家の本を探して、彼にプレゼントするのもひとつの方法でしょう。
読んだ本の感想を語りあうというのは、
顔を知ってる人同士なら、おたがいの経験談や人生観などの、内面を語り合う近道ですよ。
そういうデリケートな話題にノってくれる彼なら、愛情が深い証拠。

前原さんの「永遠の誘惑」にも、睦月や如月が感動した本の感想を語るシーンがありますが、
感想を聞く凪子が睦月や如月への愛しさを深めたように、
彼もあなたを身近な存在として再認識してくれるでしょう。

619 :花と名無しさん:2006/01/08(日) 19:59:27 ID:???0
>>616
> たとえ夫婦でも、独身時代の記憶や思い出は、夫婦の共有財産ではないのです。
重いけど厳粛な事実だねえ・・・
ま、普通は、ンなことはお互い暗黙了解で行くのが夫婦ってもんでは?
友人に新しい彼氏が出来た場合も(再婚もそうだが)、元の相手のことは友人同士でも禁句っぽくなるし。

うちはお互い20代の半ばに平凡な出合い方をした夫婦だけど、
昔つきあった相手の話はどっちからもしなかったし、名前すらも知らないな。
自分が聞かされたらうれしい話じゃないもんね。
その代わりというわけじゃないけど、幼少時代の思い出は結構今でも話し合うよ。

620 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 00:59:52 ID:???0
>>618
長文トークしてる割に外しまくり
誰もアンタに恋愛相談はしてないよ(呆

621 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 01:16:18 ID:???0
>>610
マリエに、本当の意味で相手の話を聞く姿勢があるのか?という問題は
あると思う。この点には同意するし、精神的な幼さの指摘にも同意。
ただ睦月の側にも問題はある、と感じたから609を書いた。

高校時代の睦月が、他の女性との関係を凪子にうまく説明できなかった
のは、無理もないと思う。それに、言葉を尽くして説明したからといって、
あの年頃の女の子が、彼の気持ちを理解するのは無理だろうなぁとも。

けど、それから二十年もの月日が過ぎているのに、相変わらずコミュ
ニケーション下手では成長が無さ過ぎる。その意味で、睦月もまた
未成熟だなぁと。逃げて解決のつく問題なんて、殆どないだろうに。

>>618
自分の話をした訳では無いのに、なぜ618のレスが返って来るのか
理解不能。

622 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 06:51:17 ID:???0
>>621
なんで陸月がコミュニケーション下手ってことになるの?
昔はともかく、今の睦月は、思いを上手く伝えられない男っていう風には見えないな。
マリエとも凪子とも、意図的に深いコミュニケーションを避けているんだと思うよ(理由は後述するね)。

高校時代の睦月の、凪子への意思表示は、不器用そのものだよね、まったく。
まぁあの当時は、凪子のことが特別な存在になっていたからこそ、
気まずくなると虚勢を張って喧嘩腰になったり要領良く説明できなかったりしたわけで・・・
普通の女の子が相手なら、緊張もしないから、
気の利いた台詞も臨機応変に出せる男だったのさ。
いきなりキス嘘を打ち明けたマリエに「これで嘘じゃなくなった」とかを言うあたりね。
…あの頃の睦月とマリエって、コミュニケーションうまくとれてるよね。

20年経ったら、陸月は、マリエとも凪子とも、意図的に深いコミュニケーションを避ける男に変わっていた。
それは何故か?
本音を語れば、相手を傷つけることになると分かっているから、じゃないのかな?
マリエに対して、「凪子を忘れることは出来なかった、これからも忘れたくない」って言ったら…。
凪子に対して、「マリエを捨てるわけには行かなかった、これからも捨てられない」って言ったら…。

623 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 06:55:36 ID:???0
>>621
> 逃げて解決のつく問題なんて、殆どないだろうに。
睦月がコミュニケーションを避ける=逃げてる、って決めつけるのは、まだ早いよ。
マリエ側では、睦月は夫婦の問題から逃げてばかり、って感じてるのだろうけど、
睦月側には、夫婦の問題を解決したいなんて考えはなくて、現状のままでいいや成りゆき任せでいこう、って考えなのかもよ。

睦月は、マリエの凪子への嫉妬を知った後日でも、こっそりクリニックへ行き、ホテルへも行った。
凪子への気持ちをマリエに理解してもらうことは、とっくにあきらめてると思う。
マリエを捨てるつもりはないけど凪子を忘れて生きるつもりもないってことを、ね。
(凪子のほうは、睦月のそういう意志を理解したようだけどね)

睦月は、同窓会の晩、偶然凪子と会って飲んだことをマリエには言わなかった。
凪子と自分二人の秘密にしたかったという理由もあったのだろうけど、
あの時点で、もう、マリエに話したら嫉妬をもたらすって想像がついてたからじゃないの?
(結婚後は夫婦の間で凪子の話題なんて殆ど出なかったんじゃないの?)

624 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 07:10:38 ID:???0
マリエ的には、睦月は夫婦の問題から逃げてばっかリって思ってるんだろうか?
親として子供たちをどうするって問題よりも、大人の自分たちの問題のほうが深刻なんだよね。
マリエが以前から言いたいのは、
 あなたが私を本気で愛してくれないのは、凪子を忘れられないからなのでしょ、
 私が他の男に同伴されていても焼いてもくれなかったあなたですもの、
 そんなのいやだから、私のことだけを愛してよ、凪子のことは忘れてよ・・・
ってなものじゃない?
だけど、睦月には、それが出来ない。
マリエをベッドでいかせることは出来るけど(それくらいの技術はある)、
マリエだけしか目に入らないみたいな熱い眼で見つめることは出来ない(技術じゃなく気持ちだから)。

マリエにとっての結婚は、恋愛の延長。夫婦とは、なるべく独身時代同様の情熱をもって愛し合う関係。
睦月にとっての結婚は、恋愛からの卒業。夫婦とは、公私にわたるパートナーとしてお互いを愛しむ関係。

こういうギャップがあるので、
そこをどう歩み寄れるのか、ってのが、今後の注目ポイントかな?


625 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 19:11:59 ID:???0
>>624の終わりの方を見て
>>583
> 先が見えちゃってるから、
の意味が、やっとわかったw
30代後半の女たちは、恋愛を卒業しないと幸福にはなれないって事なんだね。
特にマリエの場合。
睦月にはもう青春時代のような熱愛は出来ないんだし
マリエは、睦月と別れるにせよ別れないにせよ、今までの考え方を捨てて睦月の考え方に合わせるしかない。
凪子や木綿子は、好きな男と別れるにせよ別れないにせよ、年齢差によるハンデを受け入れないといけない。

卒業と言っても、今まで好きだった男と別れるとは限らない。
実年齢にふさわしいつきあい方をするという事だと思う。

たしか1/13(金)が9巻発売だったな。
BE-LOVEには、9巻の続きは2/1発売のBE-LOVE4号に載ると書いてあった。
収録は、8月9月のBE-LOVE 15、16,17号、12月の24号、2号、という5回分。
あとがきは、さて、何が出るかな?

626 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 20:48:21 ID:???0
今現在、睦月の気分としては、
>>623
睦月側には、夫婦の問題を解決したいなんて考えはなくて、現状のままでいいや成りゆき任せでいこう、って考えなのかもよ。
これに尽きるとオモ。ぶっちゃけに言うなら、
>>595
> 睦月は、マリエと向かい合う気は全然無さそうだね。
> 「頼むから今日だけは勘弁してくれ」ではなくて、「適当なことを
> 言って逃げているうちに、マリエが落ち着いてくれないかな。あー、
> 面倒くさい」な感じで。

>>622
睦月のそういう逃げをコミュニケーション下手とか言ってる>>609=>>621さんは、
マリエ側に立って睦月を見てるから、そういう言い方になるんだとオモ。
> 自分の考えや感情を言葉で伝えられないのは、精神的なお子ちゃま
って睦月をそこまで落としちゃうのはきついよね。
でも自分の夫がコミュニケーションを取ろうとせず困ってる妻の立場だったら、
そう感じても不思議ではないなと思った。

>>618
私は参考になったですハイw職場の上司や後輩とのつきあい方に役立つな、っと。
こういうのがあるからこのスレは面白くてためになるw


627 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 20:50:29 ID:???0
美容師の態度には何だかがっかり。
横浜でデートの頃には、影のある過去を持つ男って感じで、
ガツガツしないで余裕のある男っぷり、かっこよかったのに。
「ご主人と別れて下さい、あなたのためにすべてを捨てます」みたいな、
昔ながらの昼ドラみたいな安っぽい台詞orz
マリエが『私も安っぽい女になったものだわ』 って思うのも無理ないよ。
『自分を貶めたって何の救いにもなりはしないのに…』そこまで解っていながら、
翌朝には、マリエ強気の女王さまに戻っちゃったのもがっかり。

強気なマリエでは、睦月が逃げたくなるのは当たり前。
とにかくマリエは一人で考える時間を持つことだね。
その方が冷静に自分のとった行動や考えを振り返ることができるよ。
凪子が現われたからいけないんだ、っていう考え方でもいいよ。
そのうち、凪子を自分たちの生活に引っ張り込んだのはマリエの方だったと
気づくだろうから。

628 :花と名無しさん:2006/01/09(月) 23:30:42 ID:???0
どうでもいいことだろうけど、今のスレタイ、
年を越しても使えるようになってたんだね。
レスの進み速度とかも踏まえていたんだな。
考えた >1さん、GJ〜

629 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 00:33:13 ID:???0
睦月は女たちから甘やかされてるなぁ、っていうのは思ったな。
凪子にホテルに呼び出された時も、彼が言葉を尽くして説明し、
理解してもらったのではない。

女たちが3人とも睦月を好きなものだから、彼が言葉に出さなく
ても、一生懸命に彼を理解しようとしていて、甘やかされてきて
しまった。今、そのツケが回って来たんじゃない?

630 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 00:56:53 ID:???0
>>622-624
作者でもないのに、長文解説お疲れさま。今の前原さんの描き方では、
あなたと同じようには読み取れない。
これ以上、不毛な論争をする気はないので、これだけで。

>>626
ひとつだけ。凪子の側から見ても、同じように感じる。

631 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 02:26:55 ID:???0
つか作者本人でしょ。
長文癖と、説教がましい説明口調とが、同じだもの。
こんな所で言い訳してる暇あったら、連載をさっさと
進めてほしいよ

632 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 02:50:45 ID:???0
>>629
女たちは決して睦月を甘やかしてるわけじゃないよ。
彼女たちは、睦月を問い詰めて逃げ道をふさぐような方法をとらないから、そういう印象になるのもしれないね。
でもさ、むりやり本音を言わせようとはしないことが、甘やかし、ってわけじゃないでしょ?

マリエは、「なぜ私と結婚してくれたの?パパの援助が目当てだったの?」とか、
「あなたが凪子と二度と会わないっていうの守ってくれなきゃ、私、死ぬわ」とか、
睦月を追いつめてしまうことまでは、していない。
凪子も同じだね。
まあ、そこまで追いつめる勇気もないっていう方が当たってるな。
問い詰められたとしても、睦月は、無難な台詞を言って逃げるが勝ちに持ち込むよwそれは睦月なりの処世術だ。

だけど、凪子が、私を抱いたらあなたの息子と別れてあげる、っていう二者択一を迫ったのは、
睦月を追いつめる方法のひとつだったよ。
無条件で別れてくれと頭下げるだけの、睦月からの虫のいいお願いを聞き入れなかった、甘やかさない行動でしよ。


633 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 03:00:23 ID:???0
無言ながらも睦月のこれからの動きが楽しみなのは、私だけかな?

睦月が、凪子からの提案に逆らえなくてホテルへ行ったのは、
放っとくわけにはいかなかった所為だよね。

マリエのわがままなら、その場で適当になだめておけば、マリエが暴走する心配はない。
たとえ凪子に対して「睦月に近付かないでよね」みたいな嫉妬心を見せる度胸があったとしても、凪子は動じないだろう。

でも、あの凪子の提案を無視したら、いや、そんな提案が出なくても、
凪子と如月がつきあいを続けてるかぎり、睦月はヒヤヒヤビクビクだろう。
凪子と如月の関係は、いつマリエにバレちゃっても、不思議じゃないのだから。
(如月はお風呂場に携帯忘れて睦月にバレちゃったんだから)。
息子の外泊先もつきあってる年上女の名前も知らないで、心配してきたマリエ、
その女が凪子だと分かったら、どんなにショックだろう・・・
それよりも、もしもマリエが凪子と話して、凪子の口から睦月の名前が出たら、えらいことになる!
「睦月がマリエに知らせたのね、あたしと如月のこと。マリエには絶対知られたくないって言ってたのに」
「何ですって!?睦月は既に知ってるの!?あんたと睦月は私に隠れてそんな話まで・・・」
なあんってことになったら、
睦月はさらにマリエから非難の嵐を受けるかもで、凪子からも怨まれちゃうかも。

うーん、でも、睦月、結局は「如月とのことは凪子の判断にまかせる」と言い残したね。
別れたくないなら別れなくてもいいよ、って言ってるようなもんだ。
だけど、マリエにばれちゃう可能性はそのままあるわけだよね。
睦月なりに、如月の気持ちも想像していて、マリエにばれた時は何らかのフォローをするつもりでいるのかなあ?
睦月にとっては、
妻には内緒で会ってるような昔の女を、よりによって自分の息子に取られてたというのはショックだろうけど、
これは、血を分けた息子になら譲ってもいいかなあって気持ちと紙一重だと思うよ。

634 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 03:08:13 ID:???0
>無言ながらも睦月のこれからの動きが楽しみなのは、私だけかな?
うん、あんただけ。

635 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 03:35:46 ID:???0
>>627
私は最初から、八重樫は、マリエの不倫用に途中で作ったキャラだなと何となく思ってたよ。
長い休載の後いきなり出て来たし。
どう見てもマリエよりも年下っぽいし、一時的な深い仲にはなっても、
マリエが睦月と比べて考えるような相手にはならないなって思った。

> とにかくマリエは一人で考える時間を持つことだね。
> その方が冷静に自分のとった行動や考えを振り返ることができるよ。
同意。
マリエは他人とシリアスな話をしようとすると、
ついつい甘ったれの“地”が出てしまうんだな。
八重樫は下心があるからマリエを気持ち良くする答え方をしてくれたけど、
ほかの相手は程々のところで引き上げてしまったな。
木綿子や凪子と語り合った男性体験談、沢木と話した木綿子関連話、凪子にすすめた結婚話・・・

636 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 03:41:07 ID:???0
>>635
私も同意。
> とにかくマリエは一人で考える時間を持つことだね。
> その方が冷静に自分のとった行動や考えを振り返ることができるよ。
またマリエマンセーさんがカリカリしそうだけどw

637 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 03:52:27 ID:???0
>>633
> 妻には内緒で会ってるような昔の女を、よりによって自分の息子に取られてたというのはショックだろうけど、
> これは、血を分けた息子になら譲ってもいいかなあって気持ちと紙一重だと思うよ。
同意。
他のスレだったら、親子丼とか言われちゃうシチュだけど、
このスレだとこういう奥深い見方になるんだな。
だから好きだよ、このスレ。ここがなかったら、永遠〜読むのとっくにやめてた。

638 :花と名無しさん:2006/01/10(火) 21:28:54 ID:???0
>>633>>637

如月は、凪子と自分の親父の関係を知っても、迷わず、凪子と別れない道を選んだよね。
もっとも、親父が何故凪子を選ばなかったのか事情は知らないから、
「親父やお袋がどうあれ関係ない」って言えたんだな。
ただ、葉月の目撃談などから、親父が今でも凪子を特別に思ってるってことを知ってしまい、
凪子と親父の接近は、泣きたくなるくらい辛い事なんだ。

それにしても、睦月、風呂場で如月の携帯見て速攻で凪子に会いに行くとは、
素早い判断といい行動力といい、普段の無口や逃げの姿勢が嘘みたい・・・
イザというときには頼もしい男だということなのかな?w

「別れてくれ」って言い出した理由で一番大きいのは、睦月がマリエを妻にしているから。
まだ未成年だし年齢差がありすぎるとかは、二の次で。
マリエと凪子が陸月をはさんだ恋のライバルだったというのでなければ、
年齢の問題だけですむんだから、
父親睦月が、即座に凪子に会って別れさせようなんて焦ることもなかったはず。

凪子と息子如月の関係を「あいつ(マリエ)にだけは知られたくない」と言ったときの睦月は、
マリエにはよけいな心配をさせたくないマリエの幸福を守りたい、という気持ちよりも、
マリエを妻にしている自分の生活に波乱を持ち込みたくない、という気持ちでいっぱいだったんだろう。

639 :花と名無しさん:2006/01/12(木) 20:39:22 ID:???0
自分が主婦だからか、高校編を後から読んだからか、
前スレの頃はマリエに感情移入してたけど、
今は応援する気が失せてしまった。
携帯を盗み見して密会現場へ出かけるあたりから、別人みたいになってしまった。
結婚してライバルに勝ったのにまだ勝負をしようとするってのも異常だけど、
自己中な甘ったれ主婦で周囲の人を困らせることはあっても、
人づきあいの最低限のマナーは守る女性だったのに。

携帯に関しては、睦月が如月のを見た時のように、
見る気はなかったのに偶然見るハメになってしまったとか、
密会現場へ出かけて行くにしても、自分も用事をこしらえて出かけるとか、
そういうのが自然だった。

この漫画は、設定は面白いけど、
色々と強引な展開が多い・・・でもそれは作者の未踏の領域への挑戦なのかな?


640 :花と名無しさん:2006/01/12(木) 23:15:27 ID:???0
>>638
> 凪子と息子如月の関係を「あいつ(マリエ)にだけは知られたくない」と言ったときの睦月は、
> マリエにはよけいな心配をさせたくないマリエの幸福を守りたい、という気持ちよりも、
> マリエを妻にしている自分の生活に波乱を持ち込みたくない、という気持ちでいっぱいだったんだろう。

ああ、まさにその通りだね。凪子にしてみれば、「如月とは別れてくれ」と
言われた後に、聞かされた言葉だから、(睦月はもうマリエ側の人間なのね
、マリエにはよけいな心配をさせたくないのね)というふうにしか思えな
かっただろうけど。
睦月が「別れてくれ」を言う前に「このことをマリエは知らないんだ、
あいつにだけは知られたくない」と言っていたら、凪子の受け止め方も、
多少は変わったかもしれないね。

641 :花と名無しさん:2006/01/13(金) 20:06:55 ID:???0
永遠9巻、買ってきた。
あとがきは見開き2ページで字も小さくないし、
内容には特に注目すべき言い訳も予告もない。
ま、さっさと単行本を出すというのは、
さっさと続きを書いてもらうための編集方針でもあるのだろうな。

642 :花と名無しさん:2006/01/13(金) 20:21:19 ID:???0
>>641
前原さんは「凪子を抱いたらただの女になる」っていうセリフの
意味が読者に伝わったかどうかを気にかけていたが、
そのわりには、説明はそっけないものだった。
凪子は特別だから、聖域だからとかいうだけ。
このスレの住人さんたちの解説の方が
はるかに読みごたえがあるわ。
>>13-15
>>35
>>42
>>287
>>291-294



643 :花と名無しさん:2006/01/13(金) 21:05:36 ID:???0
9巻買ってきた!
何だかさっぱりしました〜。
凪子の気持ちがこんなにはっきりするとは思ってなかったので。
呪縛から解放されて(されそうで)おめでとう〜!!って感じです。
如月が好きな私はなんだかうれしい〜。
このままうまくいってほしい!
マリエがどうなろうが知ったこっちゃないけど、引っ掻き回すんだろうなぁ。
これからどうなるか、ますます楽しみになってきました!!



644 :花と名無しさん:2006/01/13(金) 21:08:08 ID:???0
↑に追加。書き忘れた。
性描写が過激でちょっとついていけないかも〜。
もうちょっと軽くでもいいと思ってるのは私だけ??

645 :花と名無しさん:2006/01/14(土) 02:52:19 ID:???0
>>642
> 「抱いたらただの女になってしまう」
相手のことが特別すぎて、
聖域だとか、愛しているからこそ抱かない、とか、
そういう愛し方もあると思う。
…しかし、睦月の場合は、そういう自分の理想を一方的に凪子に押しつけただけ。
少なくとも、学生時代は、凪子が一度だけでも抱いて卒業させてと頼んでも、まったく聞き入れなかった。

そのことを、凪子が気付いたかどうかは分からないけど、
17年目にして「そうね、よくある男と女の話になってしまう」と
同意できたのだから、よかったんじゃないの?

これからは大人同士のいい関係でいけそうだね。


646 :花と名無しさん:2006/01/19(木) 05:27:36 ID:???0
長文うんこ

647 :花と名無しさん:2006/01/19(木) 14:03:39 ID:???0

優しく見守ってくれ

648 :花と名無しさん:2006/02/01(水) 17:21:13 ID:???0
今回の絵も酷かった

649 :花と名無しさん:2006/02/01(水) 22:18:53 ID:???0
今回の号は、一条ゆかり御大の現行スレタイのようなもの。
この前原スレでここ半年くらいの間に、長文派の方々が論じて下さったことがらが、
今回の凪子からマリエに向けられる台詞に表われている。

>>648
絵についてはもう言うだけむなしいけどねw
凪子の絵はしょぼくて悲しいけど、マリエの服と下着だけは気合いが入ってるようだ。
でもストーリー的には、凪子の毅然としていてなおかつ思いやりを含む態度が全開で、良い内容だった。

次回の掲載は、4/1発売の号。
2ヶ月先だ。

650 :花と名無しさん:2006/02/02(木) 01:16:40 ID:???0
>>649
ほぼ同意。
なお、一条スレタイはひとつ前のだと思うが
【プライド】一条ゆかり24【予想通り】


651 :花と名無しさん:2006/02/02(木) 22:04:28 ID:cde4Vu3J0
2ヶ月先だなんて 酷ですわっ

652 :花と名無しさん:2006/02/02(木) 22:34:46 ID:???0
凪子と睦月の関係にけじめがついちゃったから
この先はたいしたクライマックスもなさそうだ。
何ヶ月待たされようがどうでもいいみたいな・・・以前ほどのワクワク感がなくなった。

凪子は、この先も邪心を持つことはなく、冷静に現実を受け入れていくだろうね。
如月との関係も、恋人関係を続けるにせよやめるにせよ、お互い笑顔で向きあえる関係におちつくような気がする。
そうなるまでには如月が苦しむってのはあるだろうけど
未成年で出来る愛し方には限界があることを、いやでも認めないといけない。

マリエと睦月の関係がどう修復されるのかは、問題が小さくなったね。
凪子と睦月の関係にけじめがついちゃったからといって、
睦月がマリエを最愛の女だと考え直すわけじゃないしなあ・・・
前に誰かが書いてたけど
如月は実は睦月の子ではなかったみたいな、韓ドラ的な大どんでん返しでもないと
もりあがらないね。

653 :花と名無しさん:2006/02/07(火) 01:06:14 ID:???0
レスが途絶えた理由も>>652に言い尽くされてるな。
とりあえずhoshuっとくか。


654 :花と名無しさん:2006/02/20(月) 19:38:32 ID:???0
ええ、2か月も先。
ううう〜

655 :花と名無しさん:2006/02/26(日) 13:42:42 ID:???0
age

656 :花と名無しさん:2006/02/26(日) 14:02:08 ID:tp7ZYb//0
マリエ自身が、自分の意志で変わることが出来たら、本当に相思相愛の夫婦になれるのに。
情熱的ではないかもしれないけど、お互いを思いやれる許しあえる穏やかな愛情のある夫婦に。
睦月はなんだかんだで、自分の気持ちを抑えて家庭を幸福にするよう、考えて行動してるよ。
しかし、夫婦のゆくえ、そこらへんまで行くかな?
それとも、離婚して再出発、になるかな?
それと、如月の、
「先のことなんてどーでもいい、今好きならそれで十分じゃないか!」
という意味の台詞には、グッと来ました。
大人になると恋愛にも将来にも臆病になるから、凪子の考え方もすごくわかるけど、
凪子の愛し方と如月の情熱は本物だから、
たとえ恋愛が終わっても二人にとっていい経験になることが可能だと思うけど。。。
ハァ。

657 :花と名無しさん:2006/03/09(木) 23:56:51 ID:???0
もうあとどのくらい、永遠は続くのだろうか?? 一時は最終話まで読めずに中途半端におわってしまうのではないかと
思っていた。それほどセンセは具合が悪いのだろうと信じ、心配していた。今は、もうすぐ4月だなぁ・・・と。
私的には、マリエの服や下着になんて凝らなくていいから(そこには何の魅力も感じていないから)せめてどうか、
これだけの人たちが読み続けてよかったと思える内容にしてほしい。


658 :花と名無しさん:2006/03/18(土) 22:53:10 ID:???0
4月1日発売号に載る予定は変更ナシですか?

659 :花と名無しさん:2006/03/20(月) 13:12:01 ID:???0
>>658
イエス。
今号(いま出回ってる3/15発売号)ビーラブの予告頁には
「連載再開」という文字があった。
まあ、以前と同じパターンで一号おきに3回か4回くらいは続くと思われる。
>>657
あとどのくらい続くのだろうか?
今現在50話まで載った。
作者の予定している最終話までのストーリーでいくなら、あと14話。単行本にしてあと3巻分だ。
今までのペースを上回ることはないだろうから、年間に10話クリアしても完結は来年だな。
てことは、ここのスレタイがまだ使えるってことなんだねw

660 :花と名無しさん:2006/03/20(月) 13:42:11 ID:???0
連投スマン >>657つづき。
> 私的には、マリエの服や下着になんて凝らなくていいから(そこには何の魅力も感じていないから)せめてどうか、
> これだけの人たちが読み続けてよかったと思える内容にしてほしい。

ああ、それはすごく同感だよ。
絵がへたれてる中で唯一? マリエの服や下着は、まともだもんね。
前原先生も去年、単行本あとがきだかビーラブ誌上だかで、
マリエを描くのはビジュアル的に楽しみになってるとかも語っていた。

ぶっちゃけ、それ読んだときには、マリエ贔屓もいい加減にしろとか思ったが、
今は、マリエのビジュアル方面は、前原先生なりの息抜きというか癒しになっているのかなって思う。
ご自身はマリエや凪子たちより15歳以上年上なんだよね。
連載も、さぞきつかろう。

ストーリー的にはしっかりしたものが先生のアタマの中にはある、
しかし、絵を描く作業は、かなり頑張っても、限界があるんだな。
まあ、完結後に単行本で通読すれば、イライラすることもないと思うし、縮小印刷で絵のアラもちっとは目立たなくなるだろう。

661 :花と名無しさん:2006/03/20(月) 13:47:14 ID:???0
つか、もともと、単行本化するために「永遠〜」描いてると考えればいいんだよ。

本来、漫画家も、漫画雑誌の出版社も、雑誌の売り上げで稼いでるわけじゃない。
雑誌に連載した作品の単行本の売り上げで稼いでるんだよね。
だから、出版社編集部は、単行本の売れ行きがよさそうな作家やその連載を、優遇するんだわ。
前原さんのような遅筆作家でもね。
ちなみに「永遠の誘惑」単行本の売れ行きは、けっこうイイセンいってるんだわ。

**少女漫画売り上げ談義** 3冊目
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1120651423/767-770より、コピペする。
768 名前:トーハンPOS全店売上 投稿日:2006/02/05(日)
 083位 プライド 5巻(12/19〜)
 084位 永遠の誘惑 9巻(1/13〜)
 108位 やじきた学園道中記 28巻(1/16〜)
 142位 ヒロインの条件(1/19〜)

「プライド」「永遠」「やじきた」「ヒロイン」は、年代的に読者層が近いと思うので参考までに。
上位は10代20代読者が買う「NANA」や「のだめ」が占めているが、
それより上の年代が買う作家の中では「永遠」かなり健闘してる。


662 :花と名無しさん:2006/03/22(水) 22:58:48 ID:???0
なるほどねー>661さん乙です。ふむふむ。

663 :花と名無しさん:2006/03/23(木) 12:50:59 ID:Og0OZnHf0


664 :花と名無しさん:2006/04/02(日) 18:28:27 ID:???0
4月になりましたね

665 :花と名無しさん:2006/04/02(日) 20:53:04 ID:???0
次は5月ですね

666 :花と名無しさん:2006/04/02(日) 21:28:03 ID:???0
その次は6月ですよ

667 :花と名無しさん:2006/04/02(日) 21:34:20 ID:???0
あと何回で終わりなんだ?

668 :花と名無しさん:2006/04/02(日) 21:44:39 ID:???0
13回

669 :花と名無しさん:2006/04/02(日) 21:46:06 ID:???0

あと5年はかかりそ〜
Orz

670 :花と名無しさん:2006/04/02(日) 21:56:22 ID:???0
如月がカワイイ

671 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 01:08:38 ID:???0
 木綿子が沢木に本当のことを打ち明けないって、彼女らしくないというか。
 それが恋愛だと言われればそうかもしれないけど。
 マリエはその木綿子に妙な嫉妬を抱いていたが、今回読んだ限りでは
何もないかのような会話をしているのにも違和感を覚えた。

672 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 06:18:17 ID:???0
>>671
つか、マリエが銀座で偶然会った木綿子とデート中の相手が沢木だっていうのに、
マリエが沢木に対しては無関心な接し方であったことも、違和感だなあ。

木綿子が離婚歴をなぜ沢木に隠すのかは、いまいち納得が行かないね。
彼女の性格だったら、本気で信頼してる相手には隠し事はしない性分だろうに。
ちなみに木綿子は、4月の新学期にはクラス担任となった教室で
葉月を含む学童達の前で結婚歴があることを公言してるんだけどね。

木綿子が、沢木がはじめて自分から好きになった男性という感覚をもっているとは・・・
告白もせずに終わった片思いとはいえ、睦月ってのは、木綿子が自分から好きになった男じゃなかったのかい?

673 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 06:30:09 ID:???0
>>672
自分から好きになった男性と「つきあう」のが、初めてなんじゃない?

674 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 21:32:29 ID:???0
ま、どっちにしても、木綿子は沢木とベッドでうまくいったってことだよね。
ストーリーの方では、これからってとこで連載休止、
マリエや凪子とはちがってベッドシーンは描いてもらえなかった木綿子なんだけどさw

ただ、全体の流れで見ると、木綿子沢木マリエの三者関係がドロドロしつつあったのに
(連載再開時には)いきなり如月凪子の関係が睦月にバレる、という別件から始まり、
木綿子沢木マリエの三者が顔を合わせても、以前には何も問題がなかったような雰囲気になってる・・・
これは、やはり、休載中に、ストーリーを組み替えたんだろうな。

でもまあ、つじつまは合うよw
沢木は、望み通り木綿子とラブラブになれたので、マリエが何を言おうと気にしない。
マリエは、凪子陸月の密会ショックで、沢木を誘惑とかマリエ自身の女の魅力どころじゃなくなった。

とはいえ、木綿子の恋愛への取り組み方ていうのは、どうも煮え切らないところがあるね。
木綿子にとって、沢木は、いざとなったらあきらめられる程度の男、って感じになっちゃった。
以前は、10歳も年上のバツイチだから、ていう理由で、あきらめていたはず。
それに、勤務先の同僚なんだから、子どもがいるとか結婚歴とかをごまかしきれるもんじゃないだろうに。
それとも、前原先生は、
これから木綿子のエピをじっくり描くつもりなの?
このタイミングじゃ(マリエと睦月の離婚の危機)、どうも木綿子関連のことって、説得力薄れちゃいそうだな。

675 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 21:42:14 ID:???0
イヤな展開かもしれないけど
誰かが死んだりとか、そういう展開でも
しないかぎり、収まりがつかなくなるんじゃと
連載を読むたびに思っちゃうんだよね。

676 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 22:03:56 ID:???0
次回のタイトル『それぞれの湖』って、どういうシチュエーションなんだろ?

677 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 22:07:40 ID:???0
前スレhttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1083138330/ の > 189-194 あたりにあった、想像版は、上手く収拾がついていたな。
死んだんだろうけど、そのことを関係者が知らない終わり方。
専用ブラ●持ちじゃない人は、ログ倉庫から読んでみるといいよ。
ttp://yukiyuki.united.net.kg/ch/oldlog/m2/maehara_log0509.html

678 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 22:09:48 ID:???0
この前は、凪子は如月と別れるつもりになったみたいだったのに、どうして
今回はわざわざ電話して呼んだりしたんだろうか?
別れる前に踏ん切りをつけるため?


679 :花と名無しさん:2006/04/03(月) 22:15:17 ID:???0
>>676
さあねえ。でも意味深でいいね。
湖というのは、人の心の中にある湖ではないかな?
まあ、森の奥深くにあるような、ひっそりと過去の想い出がしずんでいるような・・・そんなイメージを思い浮かべるよ。
>>678
凪子的には、いますぐお別れよっていうのじゃなく
二人で想い出づくりの旅行でもしてそれでお別れにしよう、ってな心積もりなんじゃ?

680 :花と名無しさん:2006/04/09(日) 04:10:10 ID:???0
女性を相手に、ここまで休載が多くても
人気があるのも珍しいよね。

681 :花と名無しさん:2006/04/09(日) 13:05:20 ID:???0
人気あるのか?そうなのか??

682 :花と名無しさん:2006/04/09(日) 13:49:32 ID:???0
人気があるとかいうよりも、ここまで来たら、最後まで見届けたいという気持ちかな。
何とか最後まで描き続けて欲しいものだ。

683 :花と名無しさん:2006/04/09(日) 15:51:43 ID:???0
っていうかさっさと終わらせてほすぃ〜

684 :花と名無しさん:2006/04/09(日) 17:54:10 ID:???0
そうだねぇ。せめて月1でいいから、さくさく書いていって貰いたいよね。
それでも来年の今頃までかかってしまうけど。


685 :花と名無しさん:2006/04/10(月) 22:42:53 ID:???0
申し訳ありません。


686 :花と名無しさん:2006/04/11(火) 02:37:59 ID:???0
>>684
それはむだいぶ前にわかってる。
マリエが美容師との情事のあとは
なんか肩透かしっぽくて・・・
このままねっとりした雰囲気で続くのかなあ・・?
去年の8巻が出たときのコメントでは、連載再開後は「クライマックスの連続」じゃなかったの?


687 :花と名無しさん:2006/04/12(水) 08:04:21 ID:???0
>>686
>連載再開後は「クライマックスの連続」じゃなかったの?
禿同。
もうその言葉飽きた('A`)

688 :花と名無しさん:2006/04/12(水) 16:04:28 ID:???0
帰宅したマリエと睦月の大げんか、そのはずみで如月が凪子の関係がマリエに伝わり、さらにマリエを打ちのめす、
ってなジェットコースター的な展開だったらよかったのになあ。

なんかねえ、マリエがそんなに深く傷付いてるふうには見えないんだよね。
凪子や木綿子から見ると、精神的にやつれて見えるようだけど。
離婚することになりそう、なんて台詞を、弱々しい風情で言うようなマリエって、なんか違和感大きいんだよね。

元恋敵凪子に対する対抗意識の強さ、友人木綿子の恋を邪魔してまで男に持てる自分を確認したがるプライドの高さ、
夫睦月の携帯盗み聞きして密会現場へ出かけるという大胆さ。
ヤケになって美容師に身を任せる浅はかさ。
ついこの間までそんな面ばかりを見せていたマリエの性格だったら、
睦月の前でヒステリー起こしたまま、自分から別居宣言でもしそうなもんなのに。

マリエって、ほんとキャラ設定がいいかげんだよね。
つか、作者自身も、マリエというキャラを持て余しちゃってるんじゃないかなあと思う。
絵的にはゴージャスでフェミニンな雰囲気を楽しんで描いてるみたいだけどね。

ストーリー構成は、最初に決めたプロットがあるんだろうし、そのまんまでいくべきだった。
連載もつ作家が、読者の反応次第でプロットを修正ってのはよくあることだけど、
しょっちゅう休載してたら、読者の期待ともタイムラグができちゃうよ。

689 :花と名無しさん:2006/04/12(水) 18:12:49 ID:???0
マリエの言動、行動には吐き気がするほど拒絶反応が…
言い方替えればそれだけ読者を引き込むキャラなのか…
い、いや違う! 自分は引き込まれてない! のだろうか?激しく不安orz

690 :花と名無しさん:2006/04/12(水) 18:41:39 ID:???0
>689
わたしが戸惑ったのは、そういうマリエの生き方を支持するマリエ派がいたことだ。
マリエの我が道を行く的な行動を、悪役として面白がるっていうんじゃなく、
凪子が割り込んできたのがよくないとかマリエが気の毒だとか思い込んでるようなフシがあって。


691 :花と名無しさん:2006/04/12(水) 18:54:46 ID:???0
>>688
> 帰宅したマリエと睦月の大げんか、そのはずみで如月が凪子の関係がマリエに伝わり、さらにマリエを打ちのめす、
> ってなジェットコースター的な展開だったらよかったのになあ。
同意。
マリエが精神的にやつれてしまうのは、
凪子と如月の関係をマリエが知った後でよかったのに。

>>690
リアルで掠奪愛の三角関係を体験して掠奪される側だったひとなのかも?

692 :花と名無しさん:2006/04/13(木) 00:39:33 ID:???0
>>688
マリエは一見プライドが高そうに見えて、実は高くないよ。本当の
意味でプライドが高い人間なら、男にあんなに依存しないから。

男に「女」として見てもらえることでしか、自分を支え切れない彼女は、
自己評価がとても低い人間なんだと思う。だから、睦月から女扱い
されなくなったり、他の男からモテなくなったりすると、すぐに足元が
グラついてしまう。


693 :花と名無しさん:2006/04/14(金) 02:14:21 ID:???0
>>692
プライドは誰もが持ってる。
凪子や木綿子は、人間としてのプライドも女としてのプライドも持っている。
マリエの場合は、女としてのプライドが高いんでは?
だから、女の魅力にこだわるんだろうし、女として見てもらうこと女として愛されることに執着するんだよ。
おそらく新キャラの、凪子を20も年上のオバサンと決めつけた女子高校生も、そういうタイプだね。

プライドの高さってのは、コンプレックスの裏返しでもあるんだな。
たとえば、自分の女としての魅力にほんとうに自信がある人なら、他の女とはりあおうなんて考えもしないよ。
30代40代以降は、いつまでも若く美しくありたいと考えるより、
年齢相応の美しさを持ちたいと考えるだろう。

マリエが、女として見てもらうことにこだわるのも、男に依存して生きるのも、本人の自由だよ。
ただ、人間は、男らしさや女らしさだけで成り立ってるわけじゃないからね。
学問を通じて親しくなる睦月と凪子は、大人になっても医学の道を共有している。
高校時代のマリエは、
野球部のマネージャーとして睦月と共有できる世界を持っていた。
大人になってからは、睦月と共有できる世界を、持とうとしなくなった。



694 :花と名無しさん:2006/04/14(金) 04:10:40 ID:???0
>>693
書いてることが無茶苦茶だよw

>プライドの高さってのは、コンプレックスの裏返しでもあるんだな。
プライドの日本語訳は「誇り」「自尊心」で、コンプレックスは「劣等感」。
つまり、コンプレックスの裏返しなら、むしろ「プライドが低い」となる。

>マリエの場合は、女としてのプライドが高いんでは?
女としてのプライドが本当に高かったら、年齢や男から見てどうか?に
なんか縛られないよ。女が女を判定するほうが、余程シビアだしねw
マリエは単に、男からの判定に重きを置いているだけでしょ。

695 :花と名無しさん:2006/04/14(金) 06:03:02 ID:???0
>>694
> >プライドの高さってのは、コンプレックスの裏返しでもあるんだな。
> プライドの日本語訳は「誇り」「自尊心」で、コンプレックスは「劣等感」。
> つまり、コンプレックスの裏返しなら、むしろ「プライドが低い」となる。

言葉の表面的な部分にとらわれてはいないかい?
>>693の言ってる「プライド」は、
あなたの言う本来の意味じゃないと思う。
本来の意味である「誇り」とか「自尊心」という意味で使われるケースも少なくないけど、
「見栄」とか「意地」とかを、「プライド」という言葉で表わす人って多いんだよね。
私にもプライドがありますとか、
プライドを傷つけられてとか、
プライドが燃えあがるとか。

なぜ見栄を張るかなぜ意地を通すのかっていったら、
自分に自信がないから虚勢を張るわけだ。
劣等感を持ってるひとのうち、謙虚な人は、見栄も意地も張らないで、分相応の望みを持つ。
謙虚になれない見えっ張りの人や意地っ張りの人は、分不相応の見栄を張り意地を通す。

マリエは、自尊心や誇りを持ってる女とは思えない。やってることが下世話で視野も狭いよね。
でも、マリエ本人は、見栄や意地を持ってる自分のことを、
私にだって女のプライドがあるわとか考えていそうだ。

696 :花と名無しさん:2006/04/14(金) 11:45:04 ID:???0
つか言葉を使ってやり取りしている場所なんだから、本来の意味と違う
言葉遣いをすれば突っ込まれても仕方あるまい
自己ルールは脳内だけにしろってことだ

697 :花と名無しさん:2006/04/14(金) 22:45:54 ID:???0
言葉の使い方云々でこだわるのも、
作品連載内容がパッとしない所為もあるんだよね。

マリエに関しては、コミックスの6巻だか7巻だかに
内容紹介で、「マリエの女のプライドが…」とかいう文章が使われたこともある。
日本語本来の正しい使い方ではないが、世間一般では通用している使い方だ。
どうしても気になる人は、書店で最新の現代用語辞典みたいなのを読んで見るといいよ。


698 :花と名無しさん:2006/04/15(土) 00:25:38 ID:???0
マリエ自身、男に依存してる生き方を認めているのは
凪子を訪れたときの台詞で、明らかだね。
どうせ男に頼るしかない女だと思ってるんでしょうねみたいな。
その生き方に自嘲気味になってる。

でも、かつては、その生き方に自信を持ち、内助の功で夫を支える生き方は、マリエの誇りでもあったはず。
コミックス5巻で、同窓会〜新城家訪問の後日に、女三人で午後のお茶会なんかしてたとき、
そういうマリエが居る。
まあ、凪子と睦月の密会現場を探ろうとする前までは、
マリエには、女としての生き方を誇りに思うプライドは、一応あったと思う。

699 :花と名無しさん:2006/04/15(土) 01:57:30 ID:???0
マリエの話になると、長文の説明厨がいつも沸いてくるのは何故?

700 :花と名無しさん:2006/04/15(土) 02:42:40 ID:???0
マリエのことでも凪子のことでも長文は多い。
つか、長文が多いのが、このスレの特徴のひとつだと思って下さいw
作品に「・・・」の台詞が多いし、想像に委ねる部分が多いからね、
それもあって、元文学少女が多く集まっちゃったんだろう。

あとね、愛と憎しみは裏表の感情なんだよ。
マリエを好きな人は、マリエに愛着を感じる。だから擁護でコメントがふえる。
マリエを嫌いな人は、憎しみというほどではなくても、それと近い感情だね。だから、非難で多弁になる。
過去にマリエみたいな人間に接して、いやな思いをした軽いトラウマがあるのだろう。
そういったトラウマを経験してない人、トラウマを克服できた人は、
マリエみたいな人間に出会っても、関心は持たないでいられる。だから、マリエなんぞどうでもいい、のひと言ですんじゃう。

ナンにせよ、今までさんざん語り尽くした感もあり、
早いトコ完結させてくれ、ってのに尽きるね。

ぶっちゃけ、永遠がおもしろかったのは、単行本4巻まで。
それ以降は、作者が予告していたほどの美味しさ(面白さ)はない。
せっかくのいい素材を活かしきれずに自己流で料理してしまい、
火は通ってるから食べてもお腹こわすことはないという程度の出来栄えだ。
最後にきて大どんでん返しがあるなら、今までのまずさも報われるだろうけど。

701 :花と名無しさん:2006/04/15(土) 04:26:57 ID:???0
>ナンにせよ、今までさんざん語り尽くした感もあり、
早いトコ完結させてくれ、ってのに尽きるね。

ホントホント。
頼むよせんせー。・゚・(ノД`)・゚・。

702 :花と名無しさん:2006/04/16(日) 21:50:06 ID:???0
 最近、マリエは誰かに似てるな〜、と思ったら。
 五月みどりさんだ(「かまきり夫人」のころの)。
 あくまで、ビジュアル的なイメージですが…。

703 :花と名無しさん:2006/04/16(日) 23:05:30 ID:???0
>>702
えらく古いッすねw
うる覚えだからあの当時40か50の熟女ということくらいしか思い出せない。

そういえばマリエのルックスって、なんか昔のマダムって感じがするね、とくにヘアスタイルとか。
1960〜70年代の映画女優のようだ。
まあ、ストーリーの雰囲気も、1960年代のメロドラマ風だし、似合ってるからいいけど。
高校時代のマリエの服や髪は、時代設定相応(1980年代中頃、オリーブ全盛期)で合ってるのにね。

704 :花と名無しさん:2006/04/18(火) 23:17:00 ID:fyUM/C7kO
杏&影が大好きです。同じ人いる?

705 :花と名無しさん:2006/04/18(火) 23:54:14 ID:???0
>>704
ノシ

706 :花と名無しさん:2006/04/19(水) 01:35:39 ID:???0
>>704
ノシ

今の前原滋子の作品は
「杏&影」の作者とは別人だと思って読んでる

707 :花と名無しさん:2006/04/23(日) 15:49:04 ID:???0
私はBGMが好きだな。
四季物語を描きたいってあとがきで見たことあるけど、
ホントに描き始めたら何十年かかるんだろw

708 :花と名無しさん:2006/04/23(日) 19:02:54 ID:???0
代表作っぽいのは、リアルで読まなかったせいか、あまり思い入れがないなあ。
ファンの人、スマン

初期の「恋のA級ライセンス」1974、 「初恋教室」 1976、
このへんの海外ロマコメは、後追いで読んだ中では一番印象に残ってる。
前原先生、若いわりには文学センスがあって、外国映画のようなウイットに富んだ台詞も多い。

「綴り箱のかたすみに」 1979、「結&旅人」1981
これらは単行本でほぼリアル読みしたから、印象深い。
当時引っ越したばかりで、周囲に同年代の女の子の話し相手がいなかったから、
女の子ならではの気持ちってのが出ていて、しみじみした。

まあ、旧作の場合、絵も話も、時代感覚のギャップが大きいんだよね。
外国が舞台の話はそうでもないけど。
読み返そうと思ってる人がいるなら、同時代の作品(他の作家のも)まとめ読みってのをおすすめするよ。

709 :花と名無しさん:2006/04/29(土) 11:02:27 ID:???0
今日は早売り発売日?

710 :花と名無しさん:2006/04/29(土) 21:27:16 ID:???0
「デッサンが狂ってるのはいつもの事だと」
最近は慣れてきていたのに・・・・
今回のはひどすぎる!
マリエの顔、ホラー入ってたよ。

711 :花と名無しさん:2006/05/01(月) 22:08:29 ID:???0
もめん子は、昔睦月を好きだったってことがマリエにばれちったかもね。

712 :花と名無しさん:2006/05/02(火) 20:09:02 ID:???0
題名の「それぞれの湖」って、そういう意味だったのねと納得
木綿子さん、なかなか良い事を言うではありませんかw

713 :花と名無しさん:2006/05/02(火) 21:07:12 ID:???0
お別れ旅行で軽井沢の別荘に凪子と行ったのが何らかの理由でバレて、二人の関係がマリエにもバレるとか?
この次の題名は「つかのまの……」だし。

714 :花と名無しさん:2006/05/02(火) 21:09:46 ID:???0
次号は6月か・・・・・

715 :花と名無しさん:2006/05/02(火) 21:31:06 ID:???0
>>713
次回でそこまでいくかな〜。
だって、今回の設定は前回のと同じ日だよ。
ということは、睦月はその晩早く家に帰って、真梨絵と話し合いをするつもりなわけよね。
軽井沢に行こうって言ってるのは来月、つまり10月だからね。

716 :花と名無しさん:2006/05/02(火) 21:50:01 ID:???0
>>710
BE-LOVEスレにもあったけど、マリエの顔より、コピペが酷い。
見開き2Pの左右に同じの使ってて(前は2〜3ページ先にずらしていた)
その元絵が、カラーにも使われている。
でも、
人物以外の絵は、最近、すごくセンスいいなと思う。今回の号は特に!
インテリアの大道具小道具は専門のアシさんがいるようだけど、それは置いといて、
大コマの構図、バックの模様に凝る所。
今号ではP88下段、凪子の後ろのホロスコープがいいね。
圧巻は、P84〜85の見開き、マリエ木綿子の語らいから凪子如月の夜への場面変換に、
涙の湖の嵐、まだ結ばれていない二本の長いリボンの流線型、ワイングラス、
これらの配置で、人物の心理や関係を象徴的に描いて、見事だなあと思った。
あと、
マリエ浮気した回で象徴的に出ていたデザインもよかった…
要所要所の大コマで、真珠のネックレスをページいっぱいに描いて、マリエの涙の粒がつながってるようなイメージ。

>>711-712
> 木綿子さん、なかなか良い事を言うではありませんかw
同意。P82〜83、全部木綿子の台詞だけど、全部イイ。
現実主義っぽい右ページ、抒情的な左ページ。
マリエは現実っぽい言い方しかできないけど、
知的でおしゃれな会話が出来るんだね、凪子とか木綿子は。
特に木綿子は、たまにしか言わないからおしゃれっぽさが際立つ。
今回は、P88下〜89上の、凪子の台詞にも、すごく共感。
こんな凪子だからこそ、如月が惚れるんだよ。

717 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:06:53 ID:???0
>>711
> もめん子は、昔睦月を好きだったってことがマリエにばれちったかもね。
私もそう思います。
でも、今のマリエの対抗意識は,凪子にしか向けられていないですから、
そのことが問題になるとしても、だいぶ後日になってからでしょうし、
マリエが不快になるほどのものではないでしょう。

木綿子にしてみれば、マリエに悟られたらちょっと恥ずかしいかもしれないですけど、
凪子にはとっくにバレていることだし、中学時代の話よ、なんて言うくらいですむのではないかと。

あーそういえば、マリエは、高校一年の春、三人が仲よくなってまもない頃、
木綿子の睦月への恋心をいち早く見抜いていましたね。

木綿子にとっては、睦月とマリエというのは理想の夫婦でいてほしいのですよね。
っていうか、睦月には理想の既婚男性でいてほしい、ということかしら。
妻に浮気されるような夫であってほしくない、ましてやそれで傷付くような立場にもなってほしくない、と。



718 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:08:48 ID:???0
新キャラと思える、如月を好きな高校生らしい女の子は、
次はどこで登場するのかな?

719 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:12:34 ID:???0
>>717
フムフム、なるほど

720 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:15:42 ID:???0
>718
あの激しさからすると簡単にあきらめるとも思えないですね。

721 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:26:28 ID:???0
そういえば、大里の姪らしい葉月の塾友の女の子は
何かに絡んでくるんだろうか。
大里は凪子とどうこうなるとは考えていないだろうし、
もう現れる必然性もないように思うけど、軽井沢の別荘に
行ったときにでも偶然会ってしまったりして・・・

722 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:37:44 ID:???0
>>720
ベタな展開としては、
如月のストーカーと化している彼女が、
逆恨みから、新城家に匿名電話、マリエに
「如月くんが凄い年上の女性と付き合ってるの知ってます?」ってのもある。

そういえば、古い話だが(っても作中時間はせいぜい二ヶ月前)
コミックス8巻の始めの方だったか、
凪子と如月の関係が木綿子にバレてしまった直後に、
マリエが、そういう電話を受けて、
その件は睦月にも打ち明けていた・・・
スレのみなさんの予想では、電話の主は木綿子か?ってのもあったけど、
今おもえば、その翌週くらいに木綿子は凪子と会って、如月との件を容認しているんだよね。
マリエは、それ以降は、沢木先生が木綿子に真剣なのがおもしろくなくて、
そんな電話なんか忘れてしまったのだろうな。


723 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:39:53 ID:???0
>>721
大里は、たしか10月頃に、軽井沢に個人経営の病院を改行する予定。
まあ、絡むとしたら、凪子のピンチを救う役割であってくれ。


724 :花と名無しさん:2006/05/03(水) 00:40:48 ID:???0
>>723です。
病院を改行ではなく、開業。スマンね

725 :花と名無しさん:2006/05/05(金) 23:35:51 ID:???0
>>722
マリエに「如月くんが凄い年上の女性と付き合ってるの知ってます?」を電話した人は、
連載当時の状況では、
木綿子という可能性が最も濃かったと思います。
タイミングからいって、彼女以外の誰ができるのだと思ったので、
私もそういう発言をした一人です。
あの時点では、沢木先生をはさんでいる関係で、
マリエと木綿子が信頼し合っているという風にも見えなかったので。

如月と同年代のキャラが出てこないというのは、以前から気にはなっていましたから
(葉月には大里の姪らしい女の子がいますが)、
街で知り合ったとかいう女の子は、ようやく出て来たかという感があります。
でも、如月につきまとうようになったのが昨日今日じゃないというのは想像できても、
今まで、何の伏線もなかったというのはちょっと。

作中時間は、マリエへの電話があったときから何週間もたったわけではなく
服の様子から見てせいぜい8月が9月になったくらいです。
あの時の電話がくだんの女の子だったとしても
ストーリー的に無理があるというわけではないですけど、
今頃何で登場するのだろうという違和感はぬぐえませんね。
いくら如月が凪子しか見えないという状態でも、つきまとわれるくらいなら如月なりの困惑があったはずなので。

726 :花と名無しさん:2006/05/05(金) 23:49:18 ID:???0
久々に本誌公式ゲストブック見てきた。
あいかわらず少ないみたいだけど(公開可能なレスポンスが)、
睦月と凪子がどうなるかを気にしてる人ばかりなので
前原先生にも
ここの>711以降を読ませてあげたいなと、しみじみ思った。

727 :花と名無しさん:2006/05/06(土) 00:54:03 ID:???0
>>720
あの激しさだからこそ、
>>725さんも言っているような唐突な登場ってのが不自然に見えるんだな。
あの激しさからすると、如月に何の影響も与えないってことはないだろう。
>>721
軽井沢へ行く以上、誰とも出合わないですむはずはない。
葉月の塾友の女の子は、
葉月とその子の関係として進展するだけじゃないの?
大人たちの人間関係に影響する程の役割はしないだろう。
葉月は、その子と一緒の時に、
睦月と凪子のツーショットを目撃して如月に打ち明けているけど、
いきなり父母に言うほどまぬけじゃない頭のいい子だ。
でも、おとうさんは女の人を泣かせてる、という受け止め方は
所詮子どもだからだろう。
葉月や塾友の女の子の言動が、大人たちの人間関係に影響するとしても、
マリエや睦月が、子どものことを考えてお互いの生き方を決める、というんじゃ、白ける。


728 :花と名無しさん:2006/05/06(土) 02:08:49 ID:???0
睦月とマリエはどんな話し合いをするんでしょう?
マリエは「愛のない結婚」てことにこだわってるようですが、
自分が選んだ道だってこと忘れてるんじゃないですか?
少なくとも睦月は、自分が選んだ道だと自覚した上で
結婚後の行動をとってきたように思えますが…。
睦月なりに妻マリエを傷つけない努力をしてきたと思います。
マリエにそれが伝わらなかったのは、
凪子のことになるとざっくばらんに打ち明けない秘密主義になってしまったから。
でも夫に対して昔話を気軽に話せる雰囲気を作らなかったマリエにも、問題はあります。
マリエは、結婚イコール恋愛の続きという固定観念を捨てない限り、
愛のない結婚という不毛の迷宮から抜け出せないでしょう。
マリエは、如月という子どもができなかったら睦月との結婚はあり得なかったという事実を、忘れているのでは?
まさか、睦月が妊娠を知らずにマリエを選んだと思い込んだわけではないでしょう?
>>727
親としての責任と、夫婦の片割れであることの責任は、別物ですもの、ね。


729 :花と名無しさん:2006/05/06(土) 06:23:29 ID:???0
>>728
> 睦月とマリエはどんな話し合いをするんでしょう?
マリエが詰め寄っても、睦月がうまくかわす会話になりそう。
作者が、睦月が本音を語るのは単行本最終巻の最初の方だとコメントしてるから、
如月と凪子の問題がマリエの知るところとなる前の段階では、どうだか・・・

> マリエは「愛のない結婚」てことにこだわってるようですが、
> 自分が選んだ道だってこと忘れてるんじゃないですか?
その通りだと思う。
睦月が心の底から愛する女として選んだのは自分だと思い込んでしまった。
睦月が心の中で大事にしていく女は凪子、現実の生活で大事にしていく女はマリエ、それだけのことなのだが。

> マリエは、結婚イコール恋愛の続きという固定観念を捨てない限り、
> 愛のない結婚という不毛の迷宮から抜け出せないでしょう。
恋愛結婚なら、結婚イコール恋愛の続きになる。結婚したからといって、恋愛を卒業するわけではない。
しかし、それは、相思相愛だった場合で、
男の側も女の側も、その相手が最愛の異性であるという場合に、相思相愛という恋愛関係が成り立つ。

マリエは、結婚すれば睦月が凪子への思いをすっぱり忘れて、
マリエ自身を熱い目で見てくれるような睦月になるという期待を持っていたわけだ。
でも睦月は、凪子に失恋したからマリエを結婚しようと決めたわけじゃない。
睦月は凪子と愛しあっていたのに別れたのであって、凪子を嫌いになったから別れたわけではない。
マリエは、そこに気づかないのか、気づいていても認めたくないのか・・・

730 :花と名無しさん:2006/05/06(土) 06:31:37 ID:???0
連載初期の凪子の評価を引っぱり出すと、
少女のまま大人になったような女性、それがマリエ。

でもそれは、純情で無邪気な女という意味で言ったわけで、
好きな男を独占することしか思いつかない、幼い恋愛観の持ち主という意味で、言ったわけじゃないんだけどね。
(コミックス第1巻、同窓会から帰った凪子が初恋の睦月のことを如月に語る場面)

731 :花と名無しさん:2006/05/06(土) 13:32:33 ID:???O
>>380

732 :花と名無しさん:2006/05/06(土) 20:05:35 ID:???0
>>729
> 恋愛結婚なら、結婚イコール恋愛の続きになる。結婚したからといって、恋愛を卒業するわけではない。
現実はそうもいかないよ。
少なくとも子どもが独立してくれないことには、
夫婦だけの時間さえままならない。
まぁ就職して2年目からは、アパート暮らしをさせるつもりでいるけど。

733 :花と名無しさん:2006/05/06(土) 21:52:02 ID:???0
>>732
結論先モードで言っちゃうと、
>>728
> 親としての責任と、夫婦の片割れであることの責任は、別物ですもの、ね。
スレ題から離れちゃうけど、
恋愛の続きにも、色々なかたちがあると思う。
情が移ってしまって離れがたいという状態でも、
過去には惚れ合っていっしょになったんだという事実が消えるわけじゃないよ。
ぶっちゃけ、新婚時代前後のことを思い出してよとかを言われても、男は照れくさいと思う。
でも、うんと年取ったら、そういう話にも乗ってくれると思うよ。

マリエと睦月の場合は、できちゃった婚ってこと自体、めずらしくもないんだが、
もともと結婚するつもりでいたふたりが、たまたま結婚を急いだというわけじゃないもんね。
婚約はしてたけど、白紙に戻っちゃってたんだから、睦月とマリエの恋愛関係は終わっていたんだよ。
だから、いまさら恋愛の続きと考えるほうがおかしいと思うけど?

734 :花と名無しさん:2006/05/07(日) 01:43:46 ID:???0
マリエの恋愛観は最初から(高校時代から)おかしかった。
好きな男のことで相談する相手が恋敵として蹴落とした女だなんてのもあり得ない(大学時代)。
他人の気持ちを考えるということが出来ないまま体だけ大人になった女性。
そういう女性が主婦業を完璧に近いくらいこなすなんてのもあり得ない。
実際に居そうなタイプではないし今一ピンと来ない。

735 :花と名無しさん:2006/05/07(日) 04:11:50 ID:???0
>>734
> 好きな男のことで相談する相手が恋敵として蹴落とした女だなんてのもあり得ない(大学時代)。
漫画だからアリでもいいんじゃない?
> 他人の気持ちを考えるということが出来ないまま体だけ大人になった女性。
> そういう女性が主婦業を完璧に近いくらいこなすなんてのもあり得ない。
これは禿同。

736 :花と名無しさん:2006/05/07(日) 11:04:38 ID:???0
>>735
後半同意

737 :花と名無しさん:2006/05/07(日) 19:20:52 ID:???0
まあ脳内補完するなら、通いの家政婦さんみたいなのが
掃除、下着以外の洗濯、台所仕事の大半、をやってくれるんでしょ。

それよりは、
個人的に違和感あるのは、如月を叱るような場合に
普通のオバサンぽさ丸出しになってることかな。

738 :花と名無しさん:2006/05/12(金) 10:06:21 ID:???0
【講談社】Beth-ベス-【新創刊】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1147395771/l50

739 :花と名無しさん:2006/05/13(土) 09:51:15 ID:E+4UHaKc0
小柳ルミ子と石橋正次の息子って、26歳差だってね
凪子と如月の20歳差なんてなんのそのだね(w

保守アゲ

740 :花と名無しさん:2006/05/13(土) 11:25:23 ID:???0
現実の世界はキモイ

741 :花と名無しさん:2006/05/13(土) 20:41:41 ID:???0
小泉今日子と亀梨くんみたいな感じかな?

742 :花と名無しさん:2006/05/13(土) 22:58:07 ID:???0
>741
小6の娘が言った。
「お母さん、今もう亀梨なんてゼンゼン人気ないよ。
あんな、おばさんが好きなんてさ」
「堀北、ショックだろうね、あんなおばさんに負けたなんてさ」

「・・・」と思ったけど、如月を好きだった女の子の意見に
通じるものがあるな。
やっぱり、漫画ならともかく実際に20歳差は退くよね。

743 :花と名無しさん:2006/05/13(土) 23:14:14 ID:???O
ルミ子はともかくキョンキョンはありかと思ってたけど今の子からはどっちも同じなのかな
私自身がキョンキョン世代だからあまいのかな

744 :花と名無しさん:2006/05/13(土) 23:16:30 ID:???0
同じ20歳差といっても、男の方が20歳前後まで行ってれば
ありえないこともないかなと自分は思うんだけど、如月てば
まだ16歳なんだよね〜。早熟過ぎ!

745 :花と名無しさん:2006/05/21(日) 07:37:30 ID:???0
ビラブ予告によると、マリエの睦月に対する不信はかたくなになっているそうで、
夫婦の話し合いは難航しそうな予感。

今となっては、ストーリー自体を早いトコ完結してくれって思いが強い。
凪子、如月、木綿子、睦月、彼らは、どういう展開になっても納得できそうな気がする。
彼らは、各自が年齢相応の他人への思いやりをもってて、それを行動で示すことができているから。

マリエに関しては、年齢のわりには中身が幼くていらいらしてきた。
彼女が精神的に幼いまんまで終了ってのはいやだなあ。
単なる憎まれ役で終わっちゃうんじゃ、救いがないよ。
理想的には、凪子と如月の仲を認めてあげることで、マリエ精神的に成長してほしいんだけど。


746 :花と名無しさん:2006/05/31(水) 06:50:06 ID:???0
次回はいつ?

747 :花と名無しさん:2006/05/31(水) 19:03:11 ID:???0
今日発売してたよ
ヒモ結ばれて立ち読みできんかった

748 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 09:23:39 ID:???0
>>746
次は7月1日です。ここのところ順調ですね。
前原センセ、体調が良くなったのでしょうか。
あと11話ですから、頑張って完結していただきたいものです。
今までのことを考えると、月1でも御の字って感じです。

749 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 11:07:58 ID:???0
マリエって・・・・・ホントニどーしよーもない女!
睦月もマリエを抱きしめはするが、「愛してる」とは
言ってやらないんだね(ゆーわけないか)


750 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 13:04:08 ID:???0
上の方で予想されてた通りに、大里医師登場。
しっかし、顔がえらく変わってしまったなあ。
アシさんの絵?
あんなに鼻が丸い男じゃなかったはず。

もっとも、マリエの顔ってのも、正面顔と斜め顔では別人のように見えるってのも
今にはじまったことじゃないけどさ。
あ、人物の絵についてはもう目をつぶるんだっけ?

751 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 15:10:30 ID:???0
マリエの睦月に対する愛情は、独占欲が基盤だからなあorz

睦月、色々と気づいちゃったね。
マリエが、ホテルでの密会を知ってるのは、現場に来たからだとか
電話を盗み聞きしたからだとか。
夜間に八重樫からの自宅への電話ってのも、
午前三時に帰宅してきた日のマリエの台詞や態度を思えば・・・

>>750
八重樫の顔もなんか変わったような気が。
尤も、以前は如月の顔としょっちゅう似てたから、変わってよかったと思うけどねw


752 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 15:14:51 ID:???0
「つかのまの…」って、
新城家の平和のことだったのか。
マリエの平和っていうほうが当たってるのかも
しれないけど。

次は「誘惑のリスク」
さて、誰が誘惑して誰がリスクを負うのかな?

753 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 17:46:25 ID:F6qgohhvO
マンガソフト使ったコピーばっかり。手抜きすぎる

754 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 18:02:18 ID:???0
今更言ってもなあ・・・

あ、もし最近になって「永遠」読み始めたのなら、
このスレと前スレをロムって見るといいよ。

結論的には、スレ住人の一番の望みは
「休まずに描いてはやいとこ完結してください」ですから。

755 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 18:07:38 ID:???0
不潔をたく ぶす>>753
股間
クサっ
手入れしとけ



756 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 18:15:07 ID:F6qgohhvO
755の方 既知外?

757 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 19:27:13 ID:???0
以前から思ってたけど
マリエって本気で如月を心配してるふうには見えないね。
普通結婚して子供ができたら、
夫のことと同じくらいか夫のこと以上に子供のことで頭いっぱいになるのに。
結婚しても恋愛の相手として夫を思うのはいいことだけど。

758 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 23:03:18 ID:???0
>>757
ああ、それは言えてるw
要は、夫睦月(への独占欲)が、すべてなのでしょう、マリエ。
ってことは、あの凪子と睦月の密会ショックに比べりゃ
凪子と如月の密会を知ったときのショックは
たいしたことじゃないでしょうね。

如月は、凪子と一緒にいるためには熱意だけじゃだめってことを知るんだろうな。


759 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 23:29:17 ID:???0
最終的に、もし凪子と如月が結ばれるとしたら、どういう展開になるんだろう。
いくつかの障害が待ってるようなことを、作者が何巻かの後書きに書いていたよね。
>>758 熱意のほかに何が必要?
まあ、なんてったって現在高校2年じゃ、今すぐはどうにもならないけどね。

760 :花と名無しさん:2006/06/01(木) 23:45:07 ID:???0
>>758
>凪子と如月の密会を知ったときのショックは
>たいしたことじゃないでしょうね

いや、それはそれで相当なショックなんじゃないかな。
クライマックスでは凪子とマリエが対決するとか書いてあったような……。
絶対取られたくないのは睦月だけど、息子と付き合っていることを知ったら、
夫のこととは違う感情で、許せないと思うような気がする。

761 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 00:48:05 ID:???0
>>760
そう思います
学生時代から、夫をめぐって、いろいろな事があったのに
息子までもが、好きになってしまうなんて・・・
マリエにとってみれば、相当ショックでしょう
大事な男性二人の影に凪子の影があるのですから。

762 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 02:11:15 ID:???0
>>759
熱意だけではなく、その熱意を周囲から認めてもらえるような、個人的な実力や行動力があればいいわけよ。

たとえば如月が、高校二年でも大人の専門家顔負けの特殊技能を持ってたりすれば、
高校生ってことより、そっちのほうで社会的なステータスができる。
そうだね、たとえばPC関連ですごいものを開発したとか、
小説が海外で権威のある賞を受賞したとか、
そうなると有名人になっちゃって、プライバシーもつっこまれるだろうけど、
凪子とはお互い独身なんだし、不謹慎と言われることはないだろう。

…ってのはさておいてw
未成年で親元から独立していない如月では、
周囲から、凪子が如月をたぶらかしたと見られても、無理もないんだよね。
今現在の如月に出来ることは、
まじめな気持ちで今後も凪子とのつきあいを続ける意志があるなら、
両親からの同意を得ることだろう。
親に対して、凪子さんと会えなくなるくらいならいますぐ自殺するって言うのは簡単だけど、
それじゃ幼稚園児のダダコネと一緒だからね。
周囲に認めてもらえるように誠実な努力をしてこそ、本物の熱意だよ。


763 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 02:20:48 ID:???0
でも結局凪子が如月と別れたら、
つまりはマリエの思い通りというか、
凪子が不憫すぎると思うのはあたしだけ?
せめて初めて睦月を越えるくらい愛せた人とは結ばれてほしいな

764 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 02:55:49 ID:???0
>>760-761
温室育ちみたいなマリエにとっては、泣きっ面に蜂みたいなショックだろうね。
しかし、マリエの場合は、自分の思い通りにならないと、
思い通りになって欲しい相手に対して、甘えるか駄々をこねるってことしか出来ないし、
私のどこがいけないの?直すようにするわ、みたいな謙虚さがないからなぁ・・
そこが問題つか哀れな点でもあるのだけど。


765 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 03:09:40 ID:???0
>>763
現時点では、マリエは、息子の恋人が凪子ってことを知らないので
思い通りとかは早すぎる。

マリエにとっては、どういうシチュエーションで知ることになるんだろうね・・・
仮にだけど、睦月がとっくに知ってて妻の自分には隠してたってのまでわかっちゃうんだと
そっちのほうがショックだろうな。

しかしその前に、八重樫との浮気問題がどうなるかだな。


766 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 07:35:00 ID:???0
八重樫はイラネ

767 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 10:00:49 ID:???0
完結したら、もう漫画は描かないでほしい
この程度の作品は他の作家でもかけるし
この画力で他の作家、読者に失礼だとは思わないのか?

768 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 18:49:59 ID:???0
他の漫画家は他の漫画家、前原は前原。

769 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 18:51:46 ID:MVTdpj8mO
マリエと睦月が軽井沢に行ったら そこで 同じく旅行にきていた凪子と如月に出くわしてしまう。「睦月だけじゃなく如月まで私から奪うなんて」とマリエが失神。。ていう陳腐なストーリーになるんでしょう。そして 三頁連続コピー画像。もうやめたらいいのに。

770 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 19:14:48 ID:???0
>>769
マリエは八重樫に会うことになったみたいだから、何か理由をつけて
軽井沢には行かないんじゃないかな。
凪子と如月が出くわしてしまうのは、睦月と大里じゃないの?
まだ11話も残ってるんだから、マリエが凪子と如月のことを知るのはもう少し
先ではないかと。
コピー画像はもうあきらめてるから、どうでもいい。

771 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 21:09:50 ID:???0
コピペコピペばっかだと、読んだ充実感が沸かないんだよね・・・

頼むから全ページきっちりと描いてくれよ
その方が心無く、漫画家引退できるんじゃね?

772 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 21:56:28 ID:???0
>全ページきっちりと描いてくれよ
そのために休載が増えたりするのはもう勘弁。
何でもいいから、せめて今のペースで描き続けてくれ!

773 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 22:10:43 ID:???0
つまり、もう絵を描く力がなくなっちゃったということなんだろうね。
(PC漫画ソフトの使い方が不慣れだからなんて言い訳してたけど)
何年も前に最終話までのネームができていて、絵を描くだけなのに、
月一掲載でさえもコピー画のオンパレードでないと描き上げられないわけだからね。
やっぱ、これ完結したら漫画家引退するしかないね。

774 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 22:16:39 ID:???0
案外次の作品のネームも出来てたりしてな

775 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 22:24:38 ID:???0
漫画家辞めて作家にでもなる?(w

776 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 22:28:37 ID:???0
コピー画については、見苦しいのを承知してるが、もうあきらめてる。
月1ペースでもいいから、あと11回を休まずに連載して完結させて欲しい。

ってのが、このスレの結論になってたと思うけど、
それでいいと思います。

「永遠の誘惑」で、初めて前原作品を読んだ(あるいは何年ぶりかで読んだ)人には、
コピーって堪え難いことかもしれない。
私も、初見のときは呆れました。
でも、単行本の解説や、ビーラブの掲示板で、前原先生のコメントを読んで、
絵を描くのに苦労しているため、PC利用による画像処理を取り入れたこと、
しかし技術がついていかなくて申し訳ないと思ってるということを知りました。
先生の場合、体調不良もあって絵だけの問題ではなさそうですが、
全く絵を描かないよりはましだと思うことにしました。

同じような画像加工ソフトで漫画の原稿に使ってる漫画家は多いですが、
みなさんコピーしたというのが分かりにくいように処理しているんですよね。
なぜそれが出来るのか? 連載を絶やさないくらい常に新作を発表しているからでしょう。
前原先生の場合は、体調不良ということで何ヶ月も(時には1年以上)漫画を描かないでいたので、
ペンと紙で絵を描く力が衰えてしまったと思えます。
PCの画像ソフトは、絵の苦手な人が使っても絵が上手くなるというわけではないのですから。
先生がもっと若かったら、1年くらいのブランクなんてすぐ取り戻せるでしょうけど、
今の年齢では、難しいと思います。
かといって、ほかの人に絵を任せるのでは、漫画家を名乗れなくなってしまうので、気が進まないと思います。

とりあえずは、せっかくの大作なのだから、完結させてこそ意味があると思います。
長文で失礼しました・・・・


777 :花と名無しさん:2006/06/02(金) 23:19:48 ID:MVTdpj8mO
コピペするなら せめて もっと上手な絵でよろしく。じゃなかったら やめろよ。月一回の連載なら もっとまともなもん よこせよ。って 誰か本人に伝えてやれ。

778 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 00:07:11 ID:???0
だから、「まともなもん」は描けないんだよ。月1でさえ、相当頑張ってもこんなもの。
いろいろあって、もうちゃんとした画が描けなくなった漫画家なんだから。
でも、長い連載を、ここまで来て途中で放棄されるのは困るから、とにかく
どんな形でもいいから最後まで描いて欲しいと多くの読者は願っているわけなのよ。

779 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 01:23:55 ID:???0
下手なコピー画多用というのに耐えられないなら、
読むのやめればいいじゃない。
こんなとこで駄々こねたって、現状が変わるわけじゃなし。

なんか個人的なことで不満がある場合は、
他人のことでも、一面識もない人のことでも、不満を持ちやすくなるんだよね。
一晩か二晩、じっくり考えてみなさいよ。

一読者としては
読み続けるか、読むのやめるか、の選択をするべきで、
読み続ける以上は、駄々こねをやめて、まともに描けない実情を受け入れた上で、感想を言うようにしてよ。


780 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 01:36:48 ID:???0
あるいはここでわめき散らさないで作者か出版社に直接苦情を送るか。


781 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 02:06:27 ID:???0
粘着してるのは携帯使用者みたいだね。

携帯といえば、睦月にバレたきっかけが携帯っての、
あれは如月らしくないヘマだったなあ。
如月本人は、直接的原因は自分の携帯管理ミスってことを知ってるようには見えないが・・・
凪子にしてもだが。
もっとも原因より結果が問題なのだから、
いまさらどうこう言ってもしょうがないか。

それにつけても、マリエってほんっと不器用なんだね。
八重樫からの電話には、毅然として答えりゃよかったのに、
もうそちらのお店には行きませんからって。
ご主人に言いますよなんて脅されてもご勝手にとか言えばよかったのに。


782 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 07:25:11 ID:KPH22nghO
読まなきゃいいじゃん とかじゃなくて あの漫画分の頁が無駄なのよ。もっと才能ある人にチェンジすればいいのに。生徒諸君も意味なくダラダラ続けてるけど 二人そろってリストラしちゃえば と思うだけ。

783 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 10:32:41 ID:KPH22nghO
そもそも なんで漫画ソフト使うことになったの?

784 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 10:45:31 ID:???0
>>782みたいなスレ違いのこと書かれても困るよね。
これ以上粘着されるようなら、みなさんスルーしましょうね。

>>781
マリエって、学生時代は恋愛に対してすごく知恵が回る女だったのに
結婚してからの恋愛態勢ってのが、なんだか幼くなっちゃったね。
恋愛経験のないまま見合い結婚したお嬢さんみたい。
以前に、学生時代のマリエと現在のマリエが別人のようだとか書いてた人がいたけど、
最近のマリエ見てるとあらためて同感するわ。

785 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 13:11:24 ID:K4NYk4i/0
ビーラブで仕事もらえない(パフェ廃刊で)漫画家が
書き込んでるんだよね。
視点が読者側じゃなくて作り手側だからバレバレ。


786 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 13:20:10 ID:???0
ここで書いても連載には影響ないんだから
直接作者か編集に前原打ち切れってメールか手紙出せばいいのに。
影響ないのわかっててここに書くってのは、>>782はこう自分は思ってますよ
ってスレ住人に言いたいだけ、知って欲しいなんだな。構ってちゃん。

787 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 14:11:31 ID:???0
ここで

  >>785みたいなブスゲロ女を記念に撮影>>785

 パチパチ  パチパチ パチパチ
  ゛ ∧_∧  ゛∧_∧   ∧_∧〃
  ヽ (   )ノ ヾ(   )/.\(  ;)/″
.   /  /   .|  |   \ \
  ノ ̄ゝ.   ノ ̄.\.   < ̄.\ 



788 :sage:2006/06/03(土) 14:32:49 ID:K4NYk4i/0
図星か。

789 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 18:40:55 ID:???0
継続は力なりが座右の銘です。

790 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 19:40:15 ID:???0
如月を捨てないで。・゚・(ノД`)・゚・。

791 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 20:40:22 ID:???0
単行本の後書きを読み返すたびに、裏切られた気分になって凹む…
期待してたんだよ最初は心の底から。
ここまで酷くなっても、それでも最後までお付き合いします。
最後まで…っていつよ?

792 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 21:33:46 ID:???0
>>789
その言葉って、作者の為じゃなく、我々読者に捧げるような・・・w

793 :花と名無しさん:2006/06/03(土) 21:54:11 ID:???0
>>792
120%同意だわw
私も忍耐力を養うことができ・・・
つか、ここ一年くらいは、連載中の作品より、このスレのが面白く読みごたえが深かったので、
スレを通じて色々と人生勉強出来たような気もする。

あと、私の場合このスレがあったから、
連載最後まで読み続けようって気になったですw

794 :花と名無しさん:2006/06/04(日) 10:52:08 ID:???0
継続は力……は、
ここに書き込んでる漫画家さんへのメッセ。
それでたぶん本人は分かるという…。


795 :花と名無しさん:2006/06/04(日) 11:55:58 ID:???0
>>784
マリエの描き方は、一貫性が薄れてしまった感じがするね。
連載休んでる時に、結婚した女のこういう面も描きたい等の欲が出てきたのかなっとも思ったけど。

> マリエって、学生時代は恋愛に対してすごく知恵が回る女だったのに
> 結婚してからの恋愛態勢ってのが、なんだか幼くなっちゃったね。
> 恋愛経験のないまま見合い結婚したお嬢さんみたい。
それは言えてるけど
マリエの恋愛観は、少女時代も子持ちの主婦となった現在も、
男への独占欲が基盤になってるという点では、変わってないと思うよ。


796 :花と名無しさん:2006/06/04(日) 13:29:14 ID:???0
リストラ編集、○○○も、ビーラブスレと掛け持ちだね。
あと庄司スレにも。

797 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 09:53:33 ID:???0
確かに読者以上に同業者の多いスレだよね。
私もとりあえずそっち方面にいるから書き込んでる内容で分かるよ。

798 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 11:23:55 ID:???0
>>794
継続は力なりと言われても(私は漫画家じゃない)、
連載、休載の繰り返しで読者は力尽きました。
このスレがあるから皆さんの言うように読み続けてこられた。
じゃなきゃいつ連載が再開されるか分からないのに、着いていかないよ。
休載の時、何度も単行本を読み返してはいるけど、
それは次の作品を期待してる訳ではなく、矛盾点のおさらいしてるみたいだ。
作品にのめり込んでいるんじゃないのが悲しい。
「ここが変だよ」って感じながら(探し)読んでるのが悲しい。
前原さんが好きだから読み始めたのに、最後の長編だと思って読み始めたのに、
こんなに話に疑問を抱えながら読まなければならないなんて。
話の最後よりここで皆さんの感想を聞いたほうが共感できる。
そんな作品になってしまい悲しい。
長々愚痴ってすみません。
でも最後まで読み続けます。前原さんのこと好きだから。

799 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 13:13:41 ID:???0
いやなら読まなきゃいいだけの話なのに、
何でそんなに固執してへばりついてるの?
そっちのほうが不思議。

800 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 13:56:18 ID:???0
コピペにイライラする漫画

801 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 14:53:38 ID:???0
そんなにイライラするなら
読むのやめるのが一番だと思う。
もうループすんなよ。
うざい。

802 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 15:37:12 ID:???0
>>798
> このスレがあるから皆さんの言うように読み続けてこられた。
私もですよw

> 作品にのめり込んでいるんじゃないのが悲しい。
> 「ここが変だよ」って感じながら(探し)読んでるのが悲しい。
そう感じるのは、あなたがじっくり読み味わってる証拠じゃないでしょうか?
ある程度のめりこんでるからこそ、良いところも変なところも目に付くんですよ。
上の方でイヤなら読まなきゃいいのだとか出てますが、
ほんとにイヤだったら遠ざかりたくなるのが本能ですからね。
喜びよりも悲しみ、有望な事より絶望的な事のほうが、人の心には強く響くものなので、
「ここが良いな」という所がかすんでしまうのは仕方ないですよ。

> 前原さんが好きだから読み始めたのに、最後の長編だと思って読み始めたのに、
> でも最後まで読み続けます。前原さんのこと好きだから。
ですね。
せっかくの大長編、途中で何度もつまづいてもはや再開の見通しも立たないくらいの状況だったのが
全64話で53話まで来たって事は、残りは2割以下なんです。
ここまで踏ん張ってきたのですから、
最後まで描きあげていただきたい。


803 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 21:09:47 ID:???0
「あと何話・・」ってゴールの見えてる「永遠・・」読者は
まだ救いがあるよね、「ガラスの仮面」読者に比べたら。
両方の読者を続けてる人は・・・ある意味「自虐的」

804 :花と名無しさん:2006/06/05(月) 21:37:07 ID:???0
>>803
その二作を好きな漫画のベスト2として追いかけてるとしても、
自虐的とは限らないんじゃない?

この二作に限らず、連載がサクサク進まない作品にばかり目が行っちゃうって人だったら、
自虐的というよりも、自己愛傾向が強いんじゃないかな。
物事をしょっちゅう中断して周囲を呆れさせてる自分の姿と重なるから、
そういうパターンが気になっちゃうんだよ。

比較対照にするには、休載の経緯も作品作者の知名度もだいぶ違うってのはともかくとして、
どちらの作品のファンも、
作品そのものや作者が好きだから期待してるんだよ。

何にせよ、「ガラスの仮面」と「永遠の誘惑」では共通点がなさ過ぎるし比較は不要。
ここはスルーして
ほかの話題を ↓

805 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 01:07:43 ID:Quj/kkK20
9巻まで読んじゃったから 最後まで頑張ってほしいです。


806 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 01:11:26 ID:Quj/kkK20
基礎的なこと聞いていいですか?
ID:???0の人がたくさんいますが、これって同一人物?
それとも 書き込みのときに特別な方法ですると ID:???0になるの?



807 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 01:43:43 ID:???O
半年ROMってろ

808 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 02:23:02 ID:???0
>>806
そういう質問は、スレ違い(スレッドが違う)。
各スレッド共通の決まりごとや表示システムが分からない場合は、
2ch初心者質問スレッドがあるので、それを探してそっちで尋ねるようにしてね。

このスレッドで質問していいのは、
スレタイにある作者やその作品に関係のあることだけ。
作者やその作品に関することでも基礎的なことだったら、個人で調べれば分かるはず。

809 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 05:01:32 ID:???0
そろそろ、単行本10巻目の収録作品がそろったんじゃないの?
1月に9巻が出て、2/1発売の4号〜6/1発売の12号まで、5話分。
10巻は、前の巻ほど大きな動きはないので、
まったりとしちゃうかな。

11巻は、軽井沢だけで終わっちゃったりしてw

んで12巻の最初の話で、
睦月が、初めて本音を語るんだっけ?

12巻の最初の話ってのは、雑誌では(順調に月一なら)12/1発売の号だな。

半年後が楽しみ・・・ではあるけど、なんかほんっと疲れるね・・・

810 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 06:37:50 ID:???0
>>809
3月は休載だったから、まだ4話分。
7/1発売号でやっと10巻が埋まる。

811 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 09:56:23 ID:Quj/kkK20
2ch初心者質問スレッドって どこにあるのか教えてください
探したけど わからなくて

812 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 10:25:42 ID:???0
気が遠くなりそう…@単行本派

813 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 11:21:19 ID:???O
>>811
釣りなら もっと上手くやらなきゃダメよw

814 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 12:00:36 ID:???0
>>810
スマン忘れていたわ。
・・・・この分で行くと、月1ペース保守でも来年の5月までかかるんだ。
単行本で完結するのは来年の夏かなあ?
>>812
雑誌を毎号見てるんでも、気が遠くなりそうよw
月刊誌で連載してる漫画家はたくさんいるんだから、
月1ペースなんて珍しくもないんだけどね。
ただねえ、作中時間の進行がのろいから、
よけいに待たされてる感じが強くなってしまうんだわ。
ひと夏の話で、一年も二年もかかっていたわけだから(もっとかかってるかも)。
作者の、最終回までストーリーが出来てる等の予告癖が、なおさらいらいら感に拍車をかけたw
まあ、永遠〜だけが漫画じゃないし、
他の連載や小説にもいくつかハマってきたからいいんだけどさ。
休載もしてないのに作中時間の進行がやたらのろい連載ってのは、他誌にもある。



815 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 12:55:26 ID:???0
>>814
> ひと夏の話で、一年も二年もかかっていたわけだから
一条ゆかり御大の「プライド」もだよ。
> 休載もしてないのに作中時間の進行がやたらのろい連載ってのは、他誌にもある。
作家が高齢っていう共通点があるよ。
児童向けの雑誌では季節の進行にシンクロするのがお約束だけど
レディス誌になると作家の人気次第でその辺融通が利くのでは?

816 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 14:42:57 ID:???0
とっとと完結させて引退してよ。目障り。
その後作家になるって聞いたけど…甘いんじゃないんですか?(笑)

817 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 15:33:28 ID:???0
絵がないぶん文字だけのほうが進みが早そうだ<作家

818 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 15:43:10 ID:???0
今日はたまたま暇だから釣られてあげちゃうけどw
根も歯もないうわさをまき散らそうとしても、無駄ですよ。
仕事にあぶれている漫画家さんとは限らないけど、
業界の方だったら執筆者叩きもここで書くより、
雑誌板で書くほうが、あなたの満足するレスをもらえると思いますよ。

まあ本質的には、出版社の編集部にアポとって面談みたいな公的な方法で
意見を伝えるべきだけど。
そういえば前原センセの旧作には漫画の編集部がでてきたっけ。
たまには読み返してみるかな・・・


819 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 16:27:52 ID:???0
あれくらいの作品なら誰でも描ける。
チャンスがあったかないかの違いだけ。

820 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 18:02:37 ID:???0
>>819
チャンスは自分で掴むもの。
運も実力のうち。
ここで何か言っててもチャンスが回ってくる訳でなし。

なんてこと釣られて言ってみる。
長い間待っててくれてるファンがいて(結果としてクオリティに不満を持っても)
載せてくれる編集がいるから"あれくらい"の作品でも載るんじゃないの?

自分は今の絵やら展開やらに不満が無いわけじゃないけど
前原さんの作品が載る限り読みたいと思ってる。
まあ、昔の方が読んでて面白かったとも思うけど。

821 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 18:14:59 ID:???0
>777
 編集っぽいね。
>771も言葉の不自由な例の管理人さん思い出すよw


822 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 18:29:19 ID:???0
ファンなんていないよ。ここもアンチスレだし。

823 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 20:28:38 ID:???0
>>820
> >>819
> チャンスは自分で掴むもの。
いえいえ、天から降ってくるもんですよ、チャンスってヤツは。
ただ、帽子かぶってると雨が落ちてきたのに気づかないように、
眼鏡がくもってると目の前にあるものもよく見えないように、
チャンスに気づかないことも多いもんでね。

> 運も実力のうち。
運は実力とは関係ない。
んなこと言うなら、幸運も悪運も実力って事になるじゃないさ。
むしろ、コネも実力のうち、だよ。
漫画だったら画力やストーリー構築力が実力なんだけど、
どんなに優れた作品でも、それを世に出してくれる人と出会って、
きちんとコミュニケーションがとれないと。
しかも一回ぽっきりじゃなく、以後もそういう人とうまく付き合っていかないと。
自分の実力を世間に見せられる人間関係を築く能力、つまりコネを得る能力は、
自分で努力して得るもんだわさ。

まあ、漫画家がまともに作品描けなくなったらホされるに決まってるんだけど、
替わりになる人がいないとかでは、切れないんだろうね。
某商事先生の場合は、描くスピードがすんばらしいので切れない。
前原先生の場合は、大人の女性向けの話だから切れない。
過去のヒット作のおかげで根強い人気があるとかだと、単行本収入が見込めるから、なおさらなだろう。


824 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 20:50:14 ID:???0
出たよ。言葉が不自由な人が。

825 :花と名無しさん:2006/06/07(水) 22:36:43 ID:???0
短いレスの人は全部ジエーン

去年まで使ってた専ブラはBeログイン中だと
ID丸見えだった、と言っておこう。
ID:Quj/kkK20さんみたいなビギナーでも一週間くらい集中的に初心者板をロムれば入手可能だ。
ちなみにこれは釣りではないから、ね。

そういや、今号では、葉月がPCに向かっていたな。
例の大里の姪とはメールくらい出しあってるんだろうか。

826 :花と名無しさん:2006/06/08(木) 10:02:20 ID:???0
>>825
小さな恋のメロディもあるのですか?w

827 :花と名無しさん:2006/06/08(木) 19:45:53 ID:???0
また落胆しそうな気もするが、早く続きが見たい

828 :花と名無しさん:2006/06/08(木) 21:46:38 ID:???0
>>826
それもいいね。
でも、あくまでも、凪子が如月と別れなくてすむ(何らかの形でつきあいが続く)
って結末ならば、だ。
大人たちが恋愛でしくじったから未来のカップルを応援するなんて結末は、無責任っぽくてヤだなあ。

睦月の次男と大里の姪、っていうカップルは、
睦月が、二人を見て、高校時代の自分と凪子の姿を重ねてしまうとか、
そういうシーンのために、用意されたキャラじゃないかなあ?。
勉強の上でライバルだから仲よくなった。
男の子の方は、女の子として好きだっていう自覚があるけど
女の子の方には、まだそういう自覚がない、
そんなところが似てるからね。



829 :がんばります:2006/06/13(火) 02:58:07 ID:???O
前原さんを見習い コピー漫画になろうと思います

830 :花と名無しさん:2006/06/13(火) 13:24:11 ID:???0
頑張ってね。

831 :花と名無しさん:2006/06/18(日) 23:00:56 ID:???0
ブクオフで8・9巻をゲト。
顔に表情がないのね。

832 :花と名無しさん:2006/06/29(木) 14:37:00 ID:???0
如月って高校生でしょ?
いつのまにアナルセックスなんて覚えたんだろうか?
それとも 作者が実際やってみてよかったから 漫画にいれたのか?
アナルって 普通浣腸してうんち全部出してからしないと、
大変なことになるはずなのに 二人はいきなりやってたね。
うんち見ても平気なくらい 超越した関係ってことか?


833 :花と名無しさん:2006/06/29(木) 14:43:18 ID:???0
知りたくもない世界の話なんてどうでもいい。

834 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 00:45:45 ID:+kchcouwO
14号見た?マリエってバカか?
おまけに次回は今秋だってさ

835 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 01:29:58 ID:???0
>>832
そんなことやんなくても出来るお
アナルなんて普通だお( ^ω^)

836 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 02:59:43 ID:???0
>>834
明日(日付はもう今日だ)買いに行くんだけど
マリエがバカ正直に浮気の代償を負うのは
タイトルから想像がついている。

> おまけに次回は今秋だってさ
てことは、残りあと10回分。最終回は来年の今頃ですかね?

837 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 10:29:30 ID:???0
9〜10月頃に単行本の10巻が出て、この続きは本誌でどうぞ
とかいうことになるんでは?
ちゅうことで、10月辺りに再開されるのかな。
なかなか進みませんなぁ。

838 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 11:57:58 ID:???0
順調に進むのかと思うと、間が空くんだよねw

839 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 21:24:49 ID:???0
休載慣れしてるわたしたちには、今更何を言っても、てな感もありますがw
ま、今は月1ペースですし「次回は初秋に掲載」ですから、
8/1発売号には出ない。9/1発売号もあやしい。
早くて9/15発売号、または10/1発売号。

あ、高速をオープンカー状態で飛ばす凪子如月、
低速車線の時速80kmでいくにしても、
けっこう顔にあたる風が痛くなってくるんですけどね。
だからバイク乗りやレーサーはフルフェイスのヘルメットを付けるんでしょ。
それと如月のシートベルトを描き忘れてるコマもある。
・・・免許取り立ての姪がいるんで、つい口うるさくなっちゃってスマン

840 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 21:42:58 ID:???0
不謹慎なのは承知だけど
今回八重樫がカッコよく見えたなあ。
ある意味うらおもてのある人間だけど、
自分にも男としてのプライドがあるっていう感じが気に入った。

841 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 21:46:24 ID:???0
>>839
髪の毛がざんばらになっちゃって顔を叩くよorz >高速でオープンカー


842 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 21:55:58 ID:???0
>>837
今号の予告ページには、
10巻発売は9月と出ている。
んで、そこには今号までの5話分が収録、
前例にならって、単行本の続きは次号で読めます、みたいになるんだろう。

ということは、来年の春ころにも同様のパターンになるってことかな。
第55話〜59話をBE-LOVE掲載、休載、単行本(第55話〜59話)発売、連載再開。

843 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 22:41:22 ID:???0
最新号読んだ。
扉ページに本編からのコピぺはいただけないが、
ストーリーが見えてくるコラージュは悪くない。

>>834
マリエのおバカなところは、考える知恵を持たないことだよ。
浮気相手からの呼び出しを話し合いだと思い込んで応じることより、
表面だけ繕う言い訳が夫への誠実な接し方だと思い込んでるところが、痛いね。

ぶっちゃけ、学生時代に凪子と睦月の接近を阻んだあの知恵はどこへ行ったんだってなくらいの
凡庸さというか、考えることを知らない人形のような女になってしまった。
前々回かその前辺りで、喫茶店で木綿子が言った「幸せぼけ」というのでしか、辻褄合わせが出来ない。

実は浮気しましたと告白するのが誠実って言いたいわけじゃないよ。
マリエは、木綿子に相談して夫に内緒で行動する場合には口裏を合わせてもらうとかの
知恵も働かないみたい。

マリエの、友達に会うとかの漠然とした言い方が、なんか夫婦間の距離を感じさせるんだよね。
睦月が妻の交友関係に無関心なんだからしょうがないけど、
外で会う知りあいの名前もつながりも、
マリエはふだんから夫に知らせていないみたいだ。
睦月から愛されたいんだったら、自分の日常生活をよく知ってもらうことも大事じゃないのかな。
長文でスマン

844 :花と名無しさん:2006/07/01(土) 23:46:14 ID:???0
>>840
言われてみればそんな気もしてきた・・
パトロンなしの生活になってもいいって覚悟が
どれほどのもんかは不明だけどね。
ようやく本気で愛せる女を見つけた、て感覚はひしひしと伝わってくる。
ただ、それはいまのところ八重樫の独占欲でしかないから、
そういう点では、マリエの睦月に対する愛情と同じだろう。

単にああそうですかさようならで済まなくなっちゃったのは
話としては面白い展開だし、マリエにもいい社会勉強になるだろう。

845 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 00:19:01 ID:???0
>>843
夫婦でも夫または妻の知らない個人的な友人関係のことまでは普通いちいち言わないんじゃ?

846 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 01:45:38 ID:???0
マリエがお馬鹿と言われると全面否定は出来ないんだけど、でも
守られて生きてきた温室育ちの女性だったら、あんなに無防備でも
無理ないのかなぁと思う。
少なくとも「八重樫がカッコいい」とは全く思えない。むしろ興醒め。
どんな理由をつけようが、彼のやったことはレイプでしかないから。

>>845
仲が良く、普段からコミュニケーションしている夫婦なら、話すでしょ。
全てを打ち明けているというほどではなくても、知り合ったキッカケとか
相手とのちょっとしたエピソードとか、話すことは幾らもあるんだし。

847 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 03:50:13 ID:???0
>>845
>>846さんの意見に賛成だけど、
夫婦によって個体差があると思うよ。
お互いの交友関係には干渉しない夫婦でも、
夫婦共通の趣味で話題に不自由しないとかで、
仲良くコミュニケーションをとれてる夫婦もいる。
共通の趣味じゃなくても、内助の功とか理解を示すとかの支え方もあるしね。

マリエを見てると、
夫に語れるほどの個人的な趣味も個人的な友達も持たずに、妻をやってるような…。
気晴らしってのもエステとかデパートに買い物、
生け花の心得はあっても、
その発表会を手伝うほど親しい友達はいなさそうに見える。
それだけマリエにとっては睦月がすべて、ってことなんだろうね。

家事が上手くておしゃれで床上手ってだけの妻じゃ、
夫婦の共通の話題なんてその範囲内に限られてしまうだろうな。
マリエがせめて本を読むのが好きな女なら
夫婦の愛とはこういうものなんだとかを考える機会もあるだろうけど。
睦月の方は少なくとも子供たちが独立するまでは
何事もマリエの理解できるレベルに合わせていくしかないとか考えているのかな?

848 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 04:10:54 ID:???0
>>846
マリエかわいそうだったけど、世の中は甘くないって事を知るっきゃないね。
八重樫は卑怯だけど、一度でも寝ちゃったことがある男と女だもん
やってることはレイプでも犯罪として扱えるもんじゃないし。
ま、写真撮られたとかの脅迫材料がなさそうだっただけでもいいじゃない。
それにしても濡れ場の描き方どんどんエスカレートしていくなあ・・・

849 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 06:44:24 ID:???0
どうでもいいことかもしれないけど
カフェ・ロワイヤルって
今どき・・・・
あれって1970年代に流行ったもんだから、
昔ながらの珈琲専門店なんかで、今でもメニューに入れてる店はあるけどね。
珈琲の味よりロマンチックな雰囲気を楽しむためのもんだし、
照明落として、角砂糖にしみてるブランデーの燃える炎を見るんだよね。
はっきり言っちゃうと、カップル向きのメニューだから
一人で入ってくる客が注文して飲むことはめったにないよ。

普通の家で昼間の訪問客に出すようなもんじゃないけど
なんだかもう1970年代の話のような気がしてきた・・・
作者が1970年代に青春時代過ごしたひとだからしょうがないけど

850 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 12:28:19 ID:???0
何を書いても納得がいかない展開になってしまった。
でも怒りつつ読んでしまうのも永遠の魅力かな〜と最近は開き直りだ。

851 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 13:05:42 ID:???0
>>850
魅力、
ではなく
未練、と言ったほうが近い。

852 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 14:37:24 ID:???0
2〜3ページ以内に顔コピペ、
と思っていたが、
20〜30ページ以内に顔コピぺ、もあるんだ。

前号13号で使った顔が
今号14号に何ヶ所かあることに
初めて気づいた。


853 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 16:43:54 ID:???0
今回のマリエを非難する人が多いのにびっくり。

痴漢や強姦被害に遭った女性に、「あなたに隙があった
からだ」と責めているのと同じじゃん。
結果として加害者の男を庇い、犯罪行為を擁護している。

少し前に、盗撮した男を庇い、「男はスカートの中が見たい
生き物なんだ」とブログに書いた女性アナウンサーがいて、
顰蹙買ってたけど、同じ臭いを感じる。

>848
デートレイプというのは立派な犯罪だよ。裁判で争うのは
大変だけど実際に訴えている人もいるし、不可能ではない。

854 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 18:31:38 ID:???0
今回の号を読んで気がついた人いる?
「第54話 誘惑のリスク」 
「誘惑」と書いて「ときめき」と読ませるルビつき。
前原センセ、あいかわらず文学趣味つか、
こういう創造的なルビって時代性を感じるよ。
70年代とは言わないけど、昭和末期の歌詞やポエムによく見かけたよ。

855 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 19:00:11 ID:???0
>>853
マンガだし、マリエだし

856 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 19:02:44 ID:???0
>>854
自分はヤンキーの匂いがした…

857 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 19:51:15 ID:???0
>>856
夜露死苦とか・・・w

魔離絵、那義湖、憂雨孤、夢都鬼、奇紗羅戯、というようなチーム名(?)があったかもなあ・・・

スレ汚しでゴメン

858 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 20:46:19 ID:3qpfsGgDO
前回のコピーばっかりだね。ストーリーよりコピー探しが楽しいわ この漫画。

859 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 21:39:49 ID:???0
ひと昔まえに流行った「ウォーリーを探せ」っぽいとこがあってハマりますよ。>コピー探し
ただ、ストーリー内容のアラ探す場合と違って、たくさんみつけても何も残らんので空しいけどw
ストーリー内容のアラ探しは、
まあ、姿勢としては小姑根性みたいないやらしさもありますが、
女としての生き方や恋人や夫婦のあり方を考えるきっかけにもなりますし、
創作の道に進もうとか思ってる方には、
破綻のない構成でや伏線の作り方とかの
勉強にちっとは役立つと思いますよ。

860 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 21:54:46 ID:???0
>女としての生き方や恋人や夫婦のあり方を考えるきっかけにもなりますし

考えるかも知れないけど、全く参考にはならないね。
そんなばかな!とう話の流れで目が点に毎回なってます。
ちょっと良かったな〜といエピソードもかき消される勢いでもう…orz

861 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 22:15:19 ID:???0
>>860
ごめんなさいねえw言葉が足らなかったわ。
要は、ストーリー上の妙なところ、「はぁ?」ってなるようなところは
このスレで話題になると、レスが色々続いたりしたでしょ、
そのレスの中に参考になる点があったってことなのです。
正確な言い方すれば、ストーリーそのものじゃなく
このスレのみなさんの意見が参考になったのw
友達どうしであんなふうにはならないとかの。

862 :花と名無しさん:2006/07/02(日) 22:18:47 ID:gFba4cU30
ttp://ncode.syosetu.com/n1089a/
この小説レベルとは言わないがコンスタントに描いてくれよ。

863 :花と名無しさん:2006/07/03(月) 00:10:12 ID:???0
>>853
マリエを非難してるのは釣りでしょ
それか男が面白がって書いてる

八重樫はもうちっとマシな男だと思ったのに

864 :花と名無しさん:2006/07/03(月) 10:44:48 ID:???0
八重樫も、派手な商売の割には純情そうなキャラだったけどね。
でも、マリエとホテル行く前から
>>429
> 八重樫だって正直まともな男には思えない・・・
等の意見を出してる人もいた。
>>840
> ある意味うらおもてのある人間だけど、
ってのが妥当なんじゃ?

とはいっても、
作者発言には、最終回までのストーリー(ネーム)がきまっているというのが多いけど
結末に至るまでの途中経過は、休載のたびに修正されているってのも、あきらかですw
特にマリエの設定に関してはね。

八重樫は元々マリエの心の癒し場所という使い道のために
用意されてたキャラだと思う。
八重樫が、見守るだけの男の愛ってのをマリエに教えてくれる、そういう道もあったはずなんだよね。
読者的には、マリエは愚かな女って思ってはいても
痛い目に遭ってほしかったわけじゃないよ。

マリエは、凪子に向かって
「男に頼らなければ生きていけない女だと思ってるんでしょ」なんて言ってたけど、
専業主婦の内助の功という生き方のことじゃないね。
「睦月に頼らなければ生きていけない女」なんだよね。
睦月は、それを見抜いてるから、抱いてなだめるしかないのかも。
抱かれて機嫌が直っちゃうような所が直らないことには・・・マリエ。
しかし、誰がマリエを変えるきっかけになれるのかなあ?
案外、大里あたりかとも思ってたけど、軽井沢にはマリエ行かないんだし。
睦月が急病か車の事故とかでマリエが駆けつけるという道もあるか?
 とりとめもない長文になっちゃってスマソ

865 :花と名無しさん:2006/07/07(金) 01:41:17 ID:ZIPHjFRLO
目隠しされてヤラレてたから 写真撮られて脅されるかも。とにかくマリエはあまりにも頭悪すぎ! 学生時代は駆け引き使い放題で計算マリちゃんだったのに。話が矛盾してると思う

866 :花と名無しさん:2006/07/28(金) 01:41:49 ID:3XZaN9hh0
休載になると、ここもまった〜りになってしまうのね。


867 :花と名無しさん:2006/07/28(金) 17:30:23 ID:jCdwwmr70
結局次号を待ち遠しくなっている自分です^^;
何だかんだ言って楽しみにしてるんだよね

868 :花と名無しさん:2006/07/31(月) 11:28:29 ID:???0
早く単行本出ないかなぁ〜 話を理解したいわ…

869 :花と名無しさん:2006/08/01(火) 15:07:23 ID:08oCJ2Vv0
休載して再開ってパターンが
王家と似てるね・・・

870 :花と名無しさん:2006/08/11(金) 19:29:07 ID:???0
休載中だからこの際単行本7・8・9巻でも一気に読むかとブクオフ行ったら7巻しかなかった。
しかも一冊きり。1・2巻は何冊かあったけど、もうみんないいかげん読むのあきらめてるのかな?

871 :花と名無しさん:2006/08/20(日) 22:20:24 ID:vxu+PXRP0
コミック10巻は9月には発売にならないのかな。
9月発刊予定に入っていないみたいなんだけど。
もしそうなら、本誌の「初秋再開」は無理っぽいね。
まったくもう、いつまでダラダラするんだか……

872 :花と名無しさん:2006/08/21(月) 11:55:09 ID:???0
時間が掛かってもいつかきっと連載は終わらせてくれる。
そう信じて必死に待ってるコミックス派です。
ここを覗くたびにハラハラドキドキしていますけど…

873 :花と名無しさん:2006/08/26(土) 12:11:31 ID:???0
>>871
10/13発売って出てたね >コミック第10巻
予定より1ヵ月遅れるってことだから、本誌再開は11/1発売号あたり?

874 :花と名無しさん:2006/08/26(土) 21:53:21 ID:???0
なんかこのペースにはまってきたw もうすぐ9月だし、こんなカンジで11月が
くるんだろうね。 ンで月1ペースくらいで3回か4回は続くんだっけ

875 :花と名無しさん:2006/09/07(木) 11:43:34 ID:pvX+BiV4O
私も永遠の誘惑B-LOVEに連載されてから、ずっと見てるけど最近ストーリーがダラダラしすぎ!!あれってコミックでは13巻で完結なんでしょ。早く凪子と如月が、どうなるか知りたいわ。

876 :花と名無しさん:2006/09/07(木) 11:53:01 ID:2CHNaaaX0


877 :花と名無しさん:2006/09/29(金) 16:39:45 ID:???0
age

878 :花と名無しさん:2006/09/29(金) 21:49:08 ID:B8NVL1mL0
>>877
上がっていないので、一応保守ageしとくよ

本誌再開はいつになるんだろう?

879 :花と名無しさん:2006/10/02(月) 15:57:12 ID:iOmAM2zMO
10巻は10月13日発売!たぶん連載開始は11月頃かと。

880 :花と名無しさん:2006/10/03(火) 01:40:31 ID:???0
あ〜ん楽しみョ♪ムフフσ(´〜`*)

881 :花と名無しさん:2006/10/03(火) 03:27:52 ID:8Z/u7YgOO
超たのしみ〜
作者さん、体調悪いから書くの遅いとかではないんですよね??

882 :花と名無しさん:2006/10/10(火) 00:42:27 ID:???0
連載をなまけるという名の病気だろうね

883 :花と名無しさん:2006/10/12(木) 23:08:19 ID:ZMGmEJc60
明日じゃん!



884 :花と名無しさん:2006/10/12(木) 23:44:56 ID:???0
おぉ!
覗きに来たらw単行本情報が!ありがたい!!!

885 :花と名無しさん:2006/10/13(金) 15:47:26 ID:???0
も、かきおろしでいいよ・・・・

886 :花と名無しさん:2006/10/13(金) 17:58:03 ID:IGo941iU0
今日発売と予想されてたけど
レスがないですね…
発売してた?

887 :花と名無しさん:2006/10/13(金) 19:32:25 ID:???0
買いました〜ノシ
内容が結構盛り沢山で、読み応えがありました。
しかしマリエってほんとバカ…
凪子と如月の今後が気になる終わり方で残念。先は長いのぉ〜…ハ〜

888 :花と名無しさん:2006/10/14(土) 12:39:26 ID:sLtlfxunO
長らくお待たせいたしました!!いよいよ来月1日発売のBE LOVEで連載開始です!!

889 :花と名無しさん:2006/10/14(土) 19:24:38 ID:BeiPebQC0
休載しようが、絵がどうであろうが結局好きなんだわ私^^;

890 :d:2006/10/14(土) 20:01:44 ID:039No3KM0
http://multic.jp/otakara/?code=61133
パスワード 2035
携帯でしかできないが、とりあえず500円もらえるパスワード。
この会社、パンクさせてやろう。



891 :花と名無しさん:2006/10/19(木) 12:38:35 ID:???O
前巻ぐらいから非常に気になっていたんですが、
なんでこんなにコピーを使い回すんでしょうか、この作者。
絵と場面があってなくて、なんか居心地悪いよ〜!
ミクシィにハマってないで、もっときちんと本業に精出して欲しいですorz

892 :花と名無しさん:2006/10/19(木) 23:38:47 ID:???0
いやいや、コピーはだいぶ昔から多用してるよ。

893 :花と名無しさん:2006/10/20(金) 02:46:33 ID:???0
コミックスの後書きにネットのことが書いてあって、匿名性をけなし
ミクスィを持ち上げてた。
どういう考えでもいいけど、そこまでしつこく書く必要あるのか?と
突っ込みたくなるほどのネチネチ文章を作品の後ろにつけるのは
止めて欲しい。読後感が台無しだよ。

894 :花と名無しさん:2006/10/20(金) 13:00:53 ID:???0
ミクシバナがタイムリーで笑った

895 :花と名無しさん:2006/10/23(月) 21:44:07 ID:???0
こないだ永遠とわって名前の人がいたーーー。
20歳過ぎくらいの男の子だったけど、母親が前原ファンなのか?

896 :花と名無しさん:2006/10/24(火) 13:23:38 ID:???0
>>895
永遠をとわと読むのは結構普通の日本語では

897 :花と名無しさん:2006/10/24(火) 14:21:40 ID:9jR940By0
原口一博はTVで
「太田さんは闘志、闘志です!太田さんは闘志です!!!」
「坂口さんは僕の先生です。」と必死に公明党の機嫌を取っていました。
そして、民主党の代表に対しては、批判を繰り返しています。
いったいどこの党ですか?
創価学会の回し者ですか?

898 :花と名無しさん:2006/10/24(火) 18:13:04 ID:???0
>>896
そうだけど、そんな名前つけるのはDQN

899 :花と名無しさん:2006/10/31(火) 08:41:06 ID:2OcInoZU0
今日は早売り日〜♪

900 :花と名無しさん:2006/10/31(火) 11:38:15 ID:???0
>>899
どうでしたか?
またコピー画のオンパレードでしょうか(まあ、それはもうどうでもいいんですけど)
凪子&如月は別荘で睦月と鉢合わせ?マリエはあの後どうなったのでしょう?

901 :花と名無しさん:2006/10/31(火) 20:21:36 ID:If32tPY00
バレに投下されてるよ〜
微妙な展開・・・

902 :花と名無しさん:2006/10/31(火) 21:42:08 ID:???0
>>901
THKS!見てきた。確かにビミョー。
ちょっと予想外の展開だったなぁ。

903 :花と名無しさん:2006/11/01(水) 22:15:03 ID:???O
最終回どうなるんだろう?マリエは凪子と如月のこと認めるのかな?
もともとずっとわだかまりがあった二人で決して仲良しではないし
かつてのライバルと息子の恋愛を認めるのは中々できることじゃないよね
そうゆう心の葛藤とかどう描いてくんだろうか…
安易な和解とかじゃ納得できない
私がマリエの立場でも絶対祝福できないし考えること自体拒否ると思うな

904 :花と名無しさん:2006/11/01(水) 22:17:55 ID:Io+rM9zr0
コンビニで立ち読みした。
ほんと、予想外。
これで、如月が本気に医者を目指す展開になるってことかな。
前から思っていたことなんだけど
木綿子がいなかったら、睦月と凪子は結ばれたと思う。
木綿子は、睦月が本当に好きな凪子と結ばれる事が潜在的にイヤなんだ。
マリエとなら、許せる。なぜなら愛とは別の要素もそこには
入り込んでいるから。
決定的な場面で、いつも木綿子が二人の未来を潰す。
いい人って、こわい。


905 :花と名無しさん:2006/11/01(水) 23:51:17 ID:???O
>>904
同意
木綿子が余計なこと言わなきゃ睦月は凪子に別れを告げなかったよ
後でマリエの妊娠知って後悔したとしてもね
凪子は友達運悪すぎ

906 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 00:26:19 ID:???0
意外な展開でしたね
大里先生いい人じゃないですか
先生にも幸せになってほしいよ〜
(凪子とうまくいくってことでなくて)


907 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 01:14:37 ID:???0
もともと睦月が虫の良い考えを持ちすぎなのが原因だと思うが・・・。
好きな凪子は素直じゃなくて気持ち的にすれ違いが多い。
そんな時にお嬢様で美人で住んでいる世界が違うマリエに好かれて、
睦月自身好感や憧れもあって、抱いてしまう。その後は親に援助を申し込まれ、
マリエとは親公認・学生の間でも公認のカップルに。しかもマリエと凪子が友人関係のは睦月も承知。

医学部の学費・母親の入院費を負担してもらい、マリエとは肉体関係を持ち続け、
凪子と心が通じ合い、母親が亡くなったら、別れようなんて・・・・。
援助がなければ凪子とはもう縁がなくなっていただろうし、働きながら貯金をして
奨学金を得て国立の医学部にいずれ入学する計画を持ったって良かったのに、
そうしなかったのは睦月。美味しいとこ取りをしようとしても駄目でしょ。
それにマリエと肉体関係を持ち続けなければ、妊娠もないし、木綿子の入る隙はなかった。
だいたい木綿子が睦月に言わなくても、凪子はマリエの妊娠に気づいているから、
睦月を拒否するよ。

凪子もマリエも好きになる相手を間違えたのでは?


908 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 01:45:27 ID:???0
>907
そうなの、この話は長くなれば成るほどヒーロー(睦月)が
ろくでなしに見えてくる不思議なお話。
最近じゃ読者の好感は息子に移行してますし。
今後、睦月に起死回生のチャンスはあるのか?

909 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 07:36:24 ID:???0
>>903
マリエったら、自分はあんなことになっちゃってるのに、それでも
凪子と如月のことを知ったら、狂ったように大騒ぎするんだろうね。
次回のタイトル「憎悪」って、多分マリエの気持ちのことだよね。

>>908
睦月の起死回生のチャンス・・・作者の心積もりでは、60話(だっけ?)の
「17年目の真実」とかいう話で、睦月が自分の本当の気持ちを吐露することで
チャンスを与えようとしてるのでは?
睦月は、作者の陰謀(?)で、自分の気持ちを作中では語らせてもらえなかったから、
読者にも誤解されてしまうって、いつだったか書いていたよね。

910 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 12:38:24 ID:???O
大抵の親は大騒ぎすると思うよ…。高校生と30半ばのカップルなんて。それだけでもギャーって感じなのに、相手が同級生なら嫌悪感も倍増だと思う。反対しない親は奇特だよ。もとはといえば売春買春の関係だし。

911 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 15:58:15 ID:???0
睦月は、結婚はできなかったけど永遠に愛する女(凪子)の命を助けるために
必死という感じでしたね。如月はそんな父の姿を見ても、何も出来ず立ち尽くすだけ
だったわけで、凪子にふさわしい男になるため、今後医学への道を本格的に
進む決心をするんでしょうかね。
大里の凪子への気持ちは、確かに恋愛を超えた憧憬みたいな感じかな。
あの場にはそれぞれに凪子を想う3人の男がいたことになるね。

912 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 19:35:06 ID:???0
>>909 凪子に蘇生を施している時の睦月の心の声を聴いてみたいものだ
ホントに睦月のモノローグって出てこないしあまりしゃべらない人だから、
何考えてるんだかわからない
前に玄関を出たところで如月に「なんで何も言わないんだよ。知ってるんだろ?
彼女とのこと」って言われた時も「……」だけだったし

913 :花と名無しさん:2006/11/02(木) 20:54:08 ID:???0
睦月が如月と凪子の関係を認められないのは、一般的な親の感覚からということももちろんあるだろうけど、
ひょっとして根底には、運命とはいえ自分がモノにできなかった女を息子があっさりと(?)恋人にしている
ということに対して、嫉妬にも似た感情があるのではないかと思ったりするんだけど、これってヘン?
睦月は凪子に別れを告げに行った時、「俺以外の男と幸せになれ」と言っていたけど、実際は未だに独身で
いることにホッとしている気持ちもあったような気がするので。自分から別れておいて勝手ではあるんだけど、
他の男(息子とはいえ)に取られのは決していい気持ちではないだろう。



914 :花と名無しさん:2006/11/03(金) 02:15:47 ID:JGRyTqBg0
>907
確かに全国模試1位の頭なら、給料もらえて医者になれる
防衛医大という道だってあるのにと思ったな。
でもそれじゃあ、作者の大好きな早稲田・慶応・東大路線から外れるし、
少女マンガから離れた人間のどろどろした弱い部分を描きたかった
という作者の意図もわかるしな。
今までの前原作品の主人公の男達は、ずば抜けて頭がよくてハンサムで
一途に1人だけを愛し続けるという絶対に存在しないような男たちだった。
人間的にずるい部分あり、コンプレックスを感じ
それを自虐して大人になった睦月に、私はすごく惹かれる。

915 :花と名無しさん:2006/11/03(金) 20:36:41 ID:???0
>914
>人間的にずるい部分あり、コンプレックスを感じ
>それを自虐して大人になった睦月に、私はすごく惹かれる。
そうーかぁ、そう感じる人もいるんだね。
わたし的には
「甘い汁すったくせに、すかしやがって!」だな。

916 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 02:36:56 ID:TjqJ7WSB0
>「甘い汁すったくせに、すかしやがって!」だな。
頼る人が無く、将来の夢を持つ18歳の男の子が、あの時点でマリエの父を
頼ってしまったことは仕方の無い事。
その代償として結婚後はマリエと家族を大事に守り、
押し付けられた病院を守ってきた睦月と、
好きな仕事をし、プライベートは不倫をしまくり
はては買春までして独身貴族を謳歌してきた凪子。
さて、どっちが社会人として誠実?

睦月派のわたしですが、どうしても許せなかった事は、
高校時代にOLの部屋に出入りしていて(まあそこまでは許すとしてもだ)
部屋でお揃いの胸にイニシャルが付いたパジャマを着ていたことなのだぁ。
あれを見せたら、凪子も引いたかも・・。
それと、夏休みにマリエの別荘にのこのこ付いていって、(バイトしてろ!)
マリエの作戦で凪子と木綿子とご対面させられた時です。
更に許せんことに、マリエの用意したビキニタイプの水着を着用!
多分、今の睦月も毎日マリエが選んで用意する服を着ているんだろうな。
そういうところが、嫌です。


917 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 12:04:11 ID:???0
>916さん
18才の決断も、凪子との別れも別にあれでいいと思うよ。
ただ、今現在本当に妻に目を向けていないことが「すかしてる」って思う。
睦月がマリエに与えている感情は、人生における「余りもの感」がある。
「何よりも一番!」じゃないんだよね。
今の彼にとって「一番!」は何だろう?
すでに「凪子」じゃないようだし、「仕事」かな?
案外、葉月に対して見せている心遣いを考えると「子供」だったりして。
自分が味わったような家庭にしたくないためにマリエと夫婦でいるのかも?



918 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 12:27:49 ID:uAzbsgovO
凪子と如月の関係がばれたら、マリエの事だから周りの言葉を聞かず、色々まくしたてて、認めないはず☆

最後まで見るぞ!

919 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 13:09:11 ID:???0
マリエは、八重樫に、女としての喜びを開発され(無理やりでも)
今までの、夫とのセッ★スは、本当にごまかしだけのもので有ったと
気がついたら、睦月に対しても不信感を募らせるから、凪子と
如月の関係は、二重に許せないものになるかも・・。

逆に、八重樫の事は、睦月に対して負い目となったら、睦月とは距離を置く。
そんな妻にも、全てを許して寛大な夫を演じるであろう睦月。
寛大な夫を演じることで、マリエ個人に対しての情熱が無い事に気付き
荒れるマリエ。マリエとしては、嫉妬で怒り狂って欲しいだろうけど。
今の睦月には、妻に対してそんな気持は、ないような気がする。

今後マリエが、一人の女としての自立が生まれるか、
どうかがポイントかな。
マリエ、如月親子の成長物語かな。この漫画。


920 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 13:23:07 ID:TjqJ7WSB0
>>916
睦月にとっての1番か、、、
仕事だろうね。多分。
自信と誇りが持てる仕事に就いている男は、それが生きてる証だと思う。
家族って、男にとっては妻も子供もセットなんだよね。
睦月は自分の親が離婚しているから、離婚は絶対にしたくないだろうし、
そんなこと考えた事もないんじゃないかな。
凪子が思っているほど、彼女を思っていない。思い出の中のいい女。
凪子の治療をしている時も、男じゃなくて単純に医者だったはず。
睦月は、ちゃんと妻とデートする機会作っているようだし、
誕生日のプレゼントも用意もする、そしてなにより浮気してない。
これ以上に夫を求めたら罰があたるじゃん。
と思っていたら、美容師が豹変しちゃって罰が当たったね。
このうえ、如月&凪子のことを知ったら、
自分の愚かさと、宝物をよりにもよって凪子に盗られた絶望感で、
自殺してしまうんじゃないかと心配です。
マリエには、本当の意味で大人のいい女になって欲しいな。
精神的に自立できれば、マリエが勝ち組なのに。。。



921 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 15:41:32 ID:???0
睦月にとって「1番」

たとえば、今マリエが「離婚」を言い出しても
「それが本当に君の幸せなら・・・」とかって別れられるんじゃない?
マリエの心が離れたこととか、他の男に対する嫉妬心とかは無さそう。
病院に居られなくなったとしても(婿だから)、いくらでも行く所はあるし。
でも、子供を自分のように「離婚家庭の子」にするのは抵抗ありそう。
自分のように苦労することは無いにしても、自分の父親のような親には
なりたくない気持ちはあるんじゃない?
そもそも、睦月が母親と苦労したのは父親が借金残して失踪したせいでしょ?

922 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 18:17:36 ID:???O
睦月は今まで色んなことを諦めて来たから
物事に対して執着を持っていないんじゃないかな?
家族も仕事も淡々と役割をこなしてるだけ
だから無感動だし無表情
全てに対して諦めてる達観してる

923 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 20:55:54 ID:TjqJ7WSB0
凪子との関係を疑って泣くマリエに睦月が「俺を信じろ」と抱きすくめ
黙らせた夜があったよね。
女はこういう男が傍にいてくれればそれでいいんです。
これが夫の大事な役割だと思います。


924 :花と名無しさん:2006/11/04(土) 21:21:03 ID:???O
>>920 マリエが大人になっても、息子の恋愛は受け入れらんないようー
普通じゃなさすぎ。

925 :花と名無しさん:2006/11/05(日) 09:41:34 ID:hbsZ5Z+40
マリエが凪子&如月を知った時、凪子に言って欲しい言葉

「言いたい事は山ほどあるけど、今あの子に何を言ってもダメな年頃だから
私は何も言わない。
私はこれでも、如月が生まれた日からあの子の母親だから、
いつかこんな日がくると覚悟してたけど、
まさか、相手が凪子だなんて・・・。皮肉ね。
ただ、これだけは母親として、凪子にお願いしておく。
いつか、あの子が本当に大事なものを見つけた時には、
あの子を凪子からきれいに卒業させてあげて欲しい。
どうかその日まで、あの子の事お願いね。」

こんな事をマリエに余裕を持って言われちゃったら、
凪子は打ちのめされるだろうな。

926 :花と名無しさん:2006/11/05(日) 10:34:17 ID:???O
>>925
ありえない。キャラ違いすぎ
ありもしない睦月との事であんなに醜態さらしたマリエなら
如月とのことも睦月のとき以上にキーキー泣き喚きながら凪子に責め立てると思う

927 :花と名無しさん:2006/11/05(日) 10:58:21 ID:???O
そのセリフ言えたらカッコ良い〜


928 :花と名無しさん:2006/11/05(日) 19:57:55 ID:???0
私の予想は、マリエ頓珍漢なこと言いそうだな

「凪子、私に復讐しているの!」とかw

929 :花と名無しさん:2006/11/05(日) 20:57:31 ID:???0
>>928
マリエなら言うだろうね。
でも頓珍漢とも言い切れないのでは?
初期の頃、凪子の中にはそういう気持ちも少しあったみたいだし。

930 :花と名無しさん:2006/11/05(日) 23:29:06 ID:hbsZ5Z+40
>>929
同意です。
なんだかんだキレイごと並べてみても、
睦月の子だと知ってからも関係を続けてる事って、
普通の神経じゃない。
本当に愛してるなら、彼の将来を思って別れるのが大人の愛。
どんな言葉でマリエに罵られたとしても、当然だよ。

931 :花と名無しさん:2006/11/05(日) 23:58:31 ID:???0
>930
マリエ乙

932 :花と名無しさん:2006/11/06(月) 01:51:26 ID:X1hGld5G0
まだ描いてたんだこの人・・・
杏と影のシリーズはもうないの?

933 :花と名無しさん:2006/11/10(金) 00:24:57 ID:ytCyTfzq0
私としては、どうしても如月が好きになれないから
凪子にいまいち感情移入できん。
おばさん相手に逆援助交際をしていた高校生でしょ。
凪子の「なんて素直で頭のいい子・・・」なんて台詞が白々しい。
如月にはきらめく青春や恋はなくて、いきなりおばさま達とのSex三昧の日々
だなんて、そんな子いやだな。。。


934 :花と名無しさん:2006/11/10(金) 09:07:18 ID:???O
確かに爽やか感は無い。

935 :花と名無しさん:2006/11/10(金) 20:07:58 ID:???O
凪子とぶっかったバイクの人マリエだったら怖い

936 :花と名無しさん:2006/11/10(金) 21:52:24 ID:???0
マリエの刺客?wwwww
でもそうなると辻褄が合わなくなりそうだから
それはないかな〜とは思うんだけど
どうでしょうね?


937 :花と名無しさん:2006/11/11(土) 22:43:58 ID:???O
バイクの人何故か気になるw
逃げていったし
マリエは沢木先生の時木綿子の事を見下してるようで嫌
凪子にも凄い敵対心あるし


938 :花と名無しさん:2006/11/13(月) 09:38:16 ID:???O
大地がマリエをみてないで木綿子好きなの気に入らなそう

939 :花と名無しさん:2006/11/14(火) 15:15:47 ID:2tDYX+hhO
大地と睦月似てない?
10巻読んでてマリエが木綿子と大地に遭遇するシーンで一瞬木綿子と睦月に見えた。

940 :花と名無しさん:2006/11/14(火) 21:09:25 ID:xXpFsjDTO
木綿子と大地が結婚すれば、その他はどうでもよい。

早く完結しないと存在を忘れてしまう。

941 :花と名無しさん:2006/11/15(水) 08:25:43 ID:???O
木綿子と睦月がくっつけばよかった。

942 :花と名無しさん:2006/11/15(水) 15:31:31 ID:rBM84PZ/O
来月発売のBE-LOVEでマリエが凪子の、お見舞いに来て、そこで如月と出くわすのかな?マリエとしては凪子と睦月の仲をずっと疑ってた訳だから実は息子とデキてたとしって、またまた半狂乱!!

943 :花と名無しさん:2006/11/15(水) 18:14:35 ID:???O
マリエ現実を受け入れられず病気になりそ

944 :花と名無しさん:2006/11/17(金) 07:01:22 ID:???O

凪子刺されたりして

945 :花と名無しさん:2006/11/17(金) 17:27:17 ID:???O
最終回早く読みたい

946 :花と名無しさん:2006/11/18(土) 01:38:27 ID:???0
>933
そもそも凪子も理由が何であれ、見知らぬ青年を買春する女性だし・・・。
大学生の時も睦月を惹きつける為&ヤケで、睦月の勤めるホテルで
自分の事を本気で好きな男性と寝ちゃうんだから。
しかも妊娠して堕胎するし。相手は凪子と結婚する気があったのに。
せめて絶対結婚する気のない相手と関係を持つなら避妊ぐらいすべき。
しかも優秀な医学部生なんだから、普通の学生より知識が豊富なはず。

私は睦月より遥かに良い男だと思ったけどな。

947 :花と名無しさん:2006/11/18(土) 09:54:40 ID:???0
暇だからコミックス読み返してたんだけど、6巻で睦月が
「二年前院長だったマリエの祖父が亡くなって・・・」
それで帰国したと言っている。

7巻でバイクで帰宅した如月にマリエが誰に買ってもらったの?
逆援交だよ。ママそんな冗談嫌いよ。
「わかってるわよ。お祖父ちゃんでしょ。あれほど甘やかさないでって・・・」

これって作者のただのミス?
睦月側って母子で祖父いないよね?

948 :花と名無しさん:2006/11/18(土) 13:47:59 ID:???0
それはマリエのお父さんの事じゃないの?
如月にとってはお祖父ちゃん。

949 :花と名無しさん:2006/11/18(土) 15:55:12 ID:???O
もし自分の子供が同い年の友人と関係もったの知ったら狂いそう。
如月はマリエの宝だから真実知った時が…

950 :花と名無しさん:2006/11/19(日) 22:51:02 ID:Z2QYCBjf0
>946
言えてる。
学生時代の睦月のバイト先のホテルで初体験をしちゃう気持ちは
わかるような気がしたけど、
堕胎のしちゃうような命を軽んじてる女医さんには診てもらいたくないな。
如月も、17才で30代後半の女を相手に
リードできるテクニックだなんて凄すぎるよ!
もうちょっとうぶな子にして欲しかった。

951 :花と名無しさん:2006/11/20(月) 10:53:53 ID:???O
今時の医者はタバコ吸わないし

952 :花と名無しさん:2006/11/21(火) 15:48:25 ID:???O
最後マリエ八重樫と再婚して睦月と別れるとか

953 :花と名無しさん:2006/11/22(水) 15:35:55 ID:???0
マジ聞きしていい?mixiってやったことある?

954 :花と名無しさん:2006/11/22(水) 23:38:59 ID:???0
>>953
暇が無いからやってない。
近所にいて時々会う友達がやってるので、いつでもその気になればやれるんだけど
知り合いが増えるといそがしくなるから。
つか、地上ならそうでもないけどネットのつきあいだと返事せかす人多いから。
友達は自分たちのバンドの営業活動でやってるんで器用にこなしてるようだ。


955 :花と名無しさん:2006/11/29(水) 20:50:13 ID:jIWN1/j/O
保守

956 :花と名無しさん:2006/11/30(木) 19:08:00 ID:???0
BE LOVE 読みました。遂に、対決ですぜ・・。


957 :花と名無しさん:2006/11/30(木) 19:15:50 ID:???0
>>956 もちっと詳しくたのんます。ぷりーず!


958 :花と名無しさん:2006/11/30(木) 19:23:37 ID:???0
バレに投下されてるよ!

959 :花と名無しさん:2006/12/01(金) 15:37:37 ID:???O
やっぱマリエとしては自分の命と言い切る如月が凪子と付き合ってると知っちゃったから取り乱すわな。『あなたが憎いわ殺してやりたいくらい』って、ここまでマリエに言わせちゃっていいの?

960 :花と名無しさん:2006/12/01(金) 18:58:52 ID:???0
20代、独身で子持ちでもない私でも、マリエじゃなくても
取り乱さない母親の方が珍しいと思う・・・。
過去の因縁や溺愛関係なく、高校生の息子(娘でも)が自分の同級生と
付き合ったら嫌でしょ・・・。

961 :花と名無しさん:2006/12/01(金) 19:37:26 ID:0s/RGBDGO
如月と凪子最後は別れそうな気がする。
凪子が誰にも行き先告げずに消えて、6年後くらいに研修医の如月と再会して、また付き合うと予想☆

マリエは病死

962 :花と名無しさん:2006/12/01(金) 19:53:27 ID:???0
次回、睦月が、どうするか。
動揺している妻を支えきれるか?
睦月しだいで、マリエの今後が決まるね。
私的には、この夫婦破綻して欲しくないなぁ。
凪子には、どうも心情的に加担できないのよ。


963 :花と名無しさん:2006/12/01(金) 20:38:40 ID:???O
絵も1巻とかに比べると酷すぎるとBLOVE立ち読みして思った。
自分がマリエならやっぱり許せない。

964 :花と名無しさん:2006/12/02(土) 00:11:08 ID:???0
ふ〜ん、次回から第4章に入るんだね。
「朝焼けの章」なんて、何となく苦難を乗り越えて幸せに到達するみたいな感じだけど
どうなのかな。とりあえず、次回の「秘密」って誰のだろう? 主な登場人物は皆それぞれに
誰かに対して秘密めいたものを持ってるよね。

965 :花と名無しさん:2006/12/02(土) 00:25:07 ID:???0
それにしても、マリエは八重樫とのことどうするつもりなんでしょう。
睦月と凪子の間を勝手に疑って腹いせに(絶望して?)八重樫に走ったわけだけど、それが元であんなことになっちゃったわけだし、それを睦月に知られでもしたら、凪子と如月のことで大騒ぎどころではないでしょうに。

966 :花と名無しさん:2006/12/02(土) 00:33:32 ID:???0
>>965
それが次回の【秘密】っていうタイトルになるのでは?

967 :花と名無しさん:2006/12/02(土) 00:38:51 ID:???0
如月の学生服姿に妙に違和感を感じる(w

968 :花と名無しさん:2006/12/02(土) 08:59:47 ID:???0
心肺停止で開胸手術を受けた人があんなに襟ぐりの大きい服を着られるものなの?

969 :花と名無しさん:2006/12/03(日) 03:35:35 ID:???0
やっと読んだ。
マリエがショックを受けるのは分かるんだけど、睦月を取られた方がマシと
いうのにはオイオイと思った。

子どもは親のモノじゃないのに、マリエは如月を自分の一部みたいに
捉えてる。これでは彼が恋に盲目になってくてもウザいと感じるだろう。
自分が如月の立場だったら、背後霊みたいに取り憑いてる母親なんて
ゴメンだ。

970 :花と名無しさん:2006/12/03(日) 07:35:35 ID:???0
>>969
マリエはジコチューのかたまりですから。確かに母親としてショックを受けるのは分かるけど、今までマリエがやってきたことを考えると同情はできない。

971 :花と名無しさん:2006/12/03(日) 10:36:02 ID:???O
これ以上ないくらいの復讐かも
自分の宝物が憎い女と付き合ってるなんて

972 :花と名無しさん:2006/12/03(日) 11:58:24 ID:l92ndMyr0
凪子の「あの時は泣く泣く諦めたんだから、今度は私にちょうだい。」
というのもぶっとんだ。
如月が、自分の存在のために凪子が睦月と結ばれなかったと知ったら
どう思うかな。。
ショックだと思うけどな。

973 :花と名無しさん:2006/12/03(日) 16:07:40 ID:???O
自分の好きな男と奪った女の子供とやるなんて…
間接的にマリエとやってるみたいで嫌

974 :花と名無しさん:2006/12/03(日) 22:13:38 ID:???0
>>972
凪子のその言葉は本音なんだろうか? 全く心にもないこととは思えないけど、
そうかといって100%本音でもないような。

あの場面、マリエにとっては驚き以外のなにものでもないけど、凪子はいつか
来るかも・・・と覚悟していた筈。
だから、凪子のほうが余裕を持って臨んでいるだろうし、言葉でマリエを翻弄
しまくるぐらいはやりそうだ。

975 :花と名無しさん:2006/12/03(日) 22:22:07 ID:???0
>>974 それ、同意。

976 :花と名無しさん:2006/12/04(月) 00:04:05 ID:2YONnKmI0
学生時代、マリエに睦月を取られたという印象があるけど、
マリエは初めから睦月が好きだと凪子にも宣言していたよね。
凪子はそうじゃなかった。一人で思っていただけだよね。
それに、子供ができた時には、マリエはれっきとした婚約者だった。
なによりも、凪子は1度も睦月に好きだとは言われていない。
それなのに、「泣く泣く諦めたんだから・・・」ってないんじゃない?
100%本音でないとしても、理不尽すぎる言葉だと思う。
それこそ、如月は睦月の代わりと思われてもしょうがないよ。


977 :花と名無しさん:2006/12/04(月) 07:20:10 ID:???0
でも、マリエは、睦月と凪子がお互いのことを好きだということは知っていた。知っていたけど、
睦月が好きだから、自分のものにするべく策をめぐらしてとうとう自分の婚約者にして
しまったんでしょ?
まあ、いろいろ迷いや乱れる気持ちを持っていたとはいえ、マリエを妊娠させてしまった
睦月が悪いっちゃ悪いんだけどサ。(悪いというよりは、自業自得か・・・)
それからの睦月は、少なくとも「責任」は果たしているけどね。

978 :花と名無しさん:2006/12/05(火) 02:22:18 ID:???0
>>976
先に宣言した人のモノって訳でもないのに、何をいきり立っているんだか。
今回の凪子の台詞だけで決め付けるのは早すぎるでしょ。今後の展開次第。

自分が策をめぐらして睦月をゲットした、彼は本当は凪子のことを好きだった
のであり、自分が策謀しなかったら2人は結ばれていた筈だ、という自覚が
あるからこそマリエはあんなにも2人の仲を疑ったんだと思う。
負い目があるから嫉妬したんでしょ。

979 :花と名無しさん:2006/12/05(火) 07:14:24 ID:???0
そういえば、睦月とマリエが結婚したのは大学2年のときだったわけだから、
その後も睦月と凪子は4年間一緒に勉強していたんだよね。卒業後、睦月は
家族共々渡米して、戻ってきて再会後(しかも帰国後2年は経っている)に
2人の仲を疑い始めたみたいだけど、在学中は学校ではずっと一緒だったのに
心配じゃなかったのか?


980 :花と名無しさん:2006/12/05(火) 20:39:29 ID:???0
>>979
> 在学中は学校ではずっと一緒だったのに
> 心配じゃなかったのか?

その時期のマリエ側のエピソードを全く出さなかったのは、ストーリー的にバランスよくないね。
凪子と睦月がライバルとして頑張った学生時代という部分しか描かれていない。
まあ、脳内補完していけばいいんじゃないの?
マリエは子育てに専心してたとかw

もっとも、大人編のマリエの設定については、違和感が大きいから
作者は、大人編を描きたくなった後は、けっこう持て余してたんじゃないかな。
作者が気に入ってるキャラだと公言してきた割には、
マリエ行き当たりばったりの行動(ストーリー展開)が多いから。

帰国後に凪子と再会してすぐの頃のマリエが、
凪子に対するわだかまりをすっぽり忘れちゃったような感じだったのも
違和感あったけど、
医学部の同じゼミでいつも一緒だったことを忘れているかのように
二人が会うことを嫌がるマリエってのも
違和感あったなあ。


981 :花と名無しさん:2006/12/05(火) 20:40:14 ID:???0
それはそうと、次スレの心配しないといけないね。

982 :???0:2006/12/05(火) 22:57:25 ID:QtJMt/lx0
>>978
策略って・・・。
凪子だって、睦月の家やバイト先に押しかけたりしてるよ。
酔って睦月に介抱してもらったり、気を引くために知らない男とバイト先の
スナックへ飲みに行って。
それだって策略だと思う。マリエとあまり変わらない事してる。
マリエの方が、素直でストレートじゃん。
その素直な策にオスとして引かれて、バックも込みでマリエを選んだのは睦月。
凪子が婚約者の立場であったのなら、「泣く泣く諦めた・・」という
台詞はわかるけど、一般的に見れば横から取ろうとしたのは、凪子。
お互いに引かれる気持ちはあったとしても、それは凪子の、絵に描いた餅。
二人は恋人といえる日は1日もなかった。
だからこそ、いつまでも気持ちを引きずってるんだよね。
マリエは高校時代からずっと睦月の女であり、婚約し、結婚した。
確かなものを彼女なりに必死に築いてきた。
40歳を目前にした主婦が、因縁の同級生に再会して、
情緒不安定になる気持ち、なんとなくわかるな。


983 :花と名無しさん:2006/12/05(火) 23:19:52 ID:???0
>>981
そうだね。ここも980を超えたから、24時間レスがつかないと落ちちゃうし。
スレタイは同じままで番号を「5」にすればいいのかな? それと>>3-10
単行本情報は個人的には必要ないと思うんだけど、残した方がいいのかな?

>>982
sage進行のスレを上げまくって訴えるほどのこと?
マリエに感情移入するのは勝手だけど、周囲が見えないところまで真似
しないで欲しい。

984 :花と名無しさん:2006/12/05(火) 23:28:30 ID:???0
>>982
勘違いしてない?978に書いたのはマリエ自身がどう捉えているか?について。
凪子は策をめぐらしてない、なんて一言も書いてない。反論するなら、相手の
レスをきちんと読んでからにして。

>>983
同じスレタイでいいと思う。年末に近づく時期だけに「来年は完結?」の文字に
願いを託したい気分w

985 :花と名無しさん:2006/12/06(水) 02:26:15 ID:???0
>>983
> 単行本情報
このスレは、今現在の4が始まったのが1年以上前だった、というマターリ進行速度を考えると、
あっても決して邪魔にはならないでしょう。むしろ、あったほうがいいと思う。
「永遠〜」以前の旧作がたまに懐かしくなる読者もいるようだし。
前原滋子総合スレという側面があってもいいんじゃないですか?


986 :花と名無しさん:2006/12/06(水) 09:49:49 ID:???0
ということで、どなたかお願いします。他力本願で申し訳ありませんが。

987 :花と名無しさん:2006/12/06(水) 17:56:01 ID:???0
年を越しそうなんだけど「来年は完結?」でいいのかな。

988 :花と名無しさん:2006/12/06(水) 19:28:37 ID:???O
作者の名前を1番に持っていきたい。

989 :花と名無しさん:2006/12/06(水) 21:33:12 ID:???O
私が後で次スレ立てとくね

990 :花と名無しさん:2006/12/06(水) 21:40:53 ID:???O
【来年は完結?】前原滋子・5【永遠の誘惑】

タイトルはこれで良いです。2以降に テンプレも貼ってね。
お願いします〜

991 :花と名無しさん:2006/12/06(水) 22:39:14 ID:???0
次スレ
【来年は完結?】前原滋子・5【永遠の誘惑】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1165410753/

992 :花と名無しさん:2006/12/07(木) 11:52:14 ID:???0
>>991 スレ立てお疲れ様でした。
こちら、梅に参加させていただきます。

993 :花と名無しさん:2006/12/07(木) 21:08:38 ID:???O

永遠の誘惑の最初のころ、私は夫と2人暮らしの子無しでした。
今では、3才の息子と腹に一人…
パソコンする暇も無くなり、携帯から覗いてます。
スレ立ては携帯から旦那のパソコンに依頼しました。だから↑の会話の流れが変と言うか、伝達しました。

息子も幼稚園になりますよ。
早く完結してくんない?

994 :花と名無しさん:2006/12/08(金) 12:00:31 ID:???O
全12巻の予定だからまだ先長いよ
ガラスの仮面みたいに書き下ろしで単行本だすとかしてー

995 :花と名無しさん:2006/12/08(金) 12:12:46 ID:???0
>>994
てゆーか、残りあと8話なんだよね。フツーすぐ終わりそうなものなのに、
単行本1冊分の話が終わる度に数ヶ月休載するものだから……。
来年末までに完結できたら御の字ですな。

996 :花と名無しさん:2006/12/08(金) 15:23:25 ID:???O
来年も宜しくお願いします。


997 :花と名無しさん:2006/12/08(金) 20:34:32 ID:???O
休載なきゃとっくに終了したのにね

998 :花と名無しさん:2006/12/08(金) 23:17:30 ID:???O
うんうん

999 :花と名無しさん:2006/12/09(土) 01:06:42 ID:???0
センセ、あと一息ですので頑張ってくださいなw

1000 :花と名無しさん:2006/12/09(土) 01:13:50 ID:???0
来年中の完結をお願い致します

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

500 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)