5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

種村有菜作品ってどう?108

398 :花と名無しさん:2006/10/02(月) 10:44:17 ID:kJpevhLn0
有菜先生のフリートークが論議を呼んでいます。(私は種村有菜先生の単行本を持ってないですし、フリートークを読んだこともないので内容に関して噂しか知りません)中でも、アシスタントとの関係について、
今までには『りぼん』の漫画家が描かなかった仲の良さについて描かれてあるらしく、ファンの中に「種村有菜先生のアシスタントになりたい」という人がいるようです。まるで、
アイドルと知り合いになりたいファンみたいだなと私は思いました。
また、種村有菜先生は、サイン会でイタイ事をされだという話がありますが、露出したいのなら、『りぼん』の漫画家を辞めてフリーになるといいのではと感じてしまいました。
変に敵ばっかりつくってどうするんだ〜と思ってしまいます


私は柱のトークが嫌いというわけではありません。面白い柱のトークを描かれる方は大勢いらっしゃいます。(谷川史子先生の“告白物語”が私は好きです)
しかし、いつから漫画家はこんなにもおしゃべりになったのだろうかと思いたくなるほど、柱のトークで語る方が増えたと感じます。漫画家のトークはヤング
レディースマンガ程度の分量がいいのではないでしょうか?
漫画家は余白で語るのではなく、より作品として完成度の高い状態に持っていくことが漫画家のするべきことだと私は感じます。
漫画家は漫画を描くということでしか評価してもらえない、勝負するしかない、伝えることはできない職業ではないでしょうか?読者に伝えたいことがあるならば、作品で表現していくべきだと私は思うのです。

漫画家のトークは聞きたいのですが、多すぎて漫画家をうるさく感じることがあります。漫画家と読者の間の柔らかい関係が、濃くなってよくなった部分もある一方、余裕や
以前楽しんだような遊びができなくなっているように感じます。


202 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)