5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルカサル−王城−3城目

1 :愛蔵版名無しさん:2006/11/28(火) 19:59:09 ID:???
青池保子著、プリンセスコミックス1〜12巻。
絶賛連載中断中でしたが、来春に完結編掲載の運びとなりました。
完結編の掲載を心待ちにしつつ、引き続き語りましょう。


前スレ・過去スレ
アルカサル−王城−2城目
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1142075942/
【アルカサル−王城】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1111339666/

関連スレ
■青池保子総合■エロイカより愛をこめて他 [28]
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1160899301/

2 :愛蔵版名無しさん:2006/11/28(火) 20:25:11 ID:???

◎こちらが「本スレ」だそうです。


3 :愛蔵版名無しさん:2006/11/28(火) 20:27:38 ID:???
>>1
乙華麗!

4 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 09:29:44 ID:???
前スレは完全に薀蓄スレになっちゃって
自分みたいなナンチャッテ世界史ファンには 敷居が高すぎた
も少しだけヌルくなると嬉しいんだが 

5 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 10:44:42 ID:???
築城乙

蘊蓄っていうかマニヤなネタが多くて楽しませてもらってるよ
自分が苦手なネタはスルー&好みの話題は自ら投下でいいジャマイカ♪
それと個人サイトのリンクは厳禁で。

6 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 11:08:14 ID:wwnC0F4G
ゴメン
自分も薀蓄投下した一人だ
ただ新スレも立った事だしスレ違いにならない程度に埋めていきたいなぁと思って

7 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 11:10:36 ID:???
蘊蓄はいいんだけど、あさきスレと同様「そんなことも知らないの?」って人がたまにいる。

8 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 16:17:58 ID:???
他スレの事情なんか知らんがな…
気に入らないならスルーするしかなかろうて

9 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 17:09:57 ID:???
気に入らなければスルーするか、他の話題を振る。
あんなウンチク話に住人の全員が聞き入っているとは思えないしね。

10 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 19:08:24 ID:???
ホットな歴史うんちく話もヌルいまったり話もどっちも好き
寒くなければね…

久しぶりにPLUS ULTRAを開いてみた ドン様の鎖骨モエ〜
中世の王様のくせに肌の露出が多い

11 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 22:56:59 ID:???
>>10
スペイン、特にアンダルシアは暑い国だからあれでもいいのかもしれない。

12 :愛蔵版名無しさん:2006/11/29(水) 23:32:49 ID:???
コミックの何巻か忘れたが
巻末の欄外に、「当時の本当の装束を着たドンとマリア」がいなかったっけか。
頭にオウムガイくっつけてるみたいで爆笑した記憶がある。

13 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 08:25:59 ID:???
いちおつ
探してくるノシ

14 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 09:11:09 ID:???
>>12
あったど〜! 10巻の巻末だった。
あの帽子の数々すごいねぇ!
さぞかし頭が重かっただろうwww

15 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 10:19:08 ID:???
>前スレ995
女系で血を継いだら、血統そのものが保持されていても王朝が変わる、というのは
あくまで欧州史限定の出来事。

16 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 20:40:08 ID:???
うんうん、でもその話するといろんな人を呼んじゃうんで別スレでしよう。

私は暗殺直前フェルディナンドのお昼寝パジャマに萌えたよw


17 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 22:24:41 ID:???
私は死ぬ時のフェルナンドの台詞に萌えた。
あの世から見届けてやるぞ… お前の敗北を
カスティリア王ドン・ペドロの 勝利…を…(うろおぼえ)

18 :愛蔵版名無しさん:2006/11/30(木) 23:48:27 ID:???
>17
んでも結局勝ったのはエンリケなわけで…。・゚・(つД`)・゚・

フェルナンドとエンリケだったら、エンリケがカスティリア王の方がいい。
フェルナンドはアラゴンの王子だし。
(ま、その後アラゴンの王位自体、カスティリア王子に移ってしまうんだが)

エンリケはドンちゃん死後10年ほどで死ぬわけだが、まだ40代半ば?
死因ってなんだろう?


19 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 00:25:22 ID:???
前スレ蘊蓄分も楽しかったよ。
「そんなことも知らないの」ノリの無いスレなので
詳しい人、これからもヨロシク〜。
もちろんヌルいのも楽しい、良スレだとオモ♪

20 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 13:17:39 ID:???
>18
作品中では、勝ったはいいけど敗北感にまみれた勝利という風になるのかな?
後々恩寵王と言われたほど貴族達に大盤振る舞いしなくちゃならない位だったし
栄光に輝いた勝利のエンリケなんて見たくないし

21 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 19:22:09 ID:???
初期の頃にもあったよね、そういうエンリケ
天下取ったけど分け前よこせっていう貴族やエレーナたちが
裏切って軟禁ペドロを解き放ってしまうという・・・

結局ペドロの孫娘を嫁取りするのは、国内にペドロ派が
根強く残っていて一掃する力がなかったこと、エンリケ自身が
庶子であることでトラスタマラ朝の正当性を主張できなかった
んじゃないかと思うんだが…教えて、詳しい人


22 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 20:51:22 ID:???
そうそう、トラスタマラは初代エンリケ即位以降ずっ〜と王位簒奪者の疑いをもたれ続けてた。
ドンペドロの孫娘を王妃にして「男児を得た」からようやく周囲を黙らせたんだよ。

エンリケはドンペドロを倒して王位についても諸侯からにたかられ倒すし
アルカサルで小さい息子はベランダから落ちて死んじゃうし結構不幸。
更に青池版だと妹もなんかしでかしそう

23 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 22:04:24 ID:???
それにしたって、ドンペドロを裏切った貴族が多かったから
結果、ペドロはエンリケに敗北したわけでしょ?
それを後になって、どうして
貴族達が強気にペドロ派を気取れるわけ?


24 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 22:10:22 ID:???
ペドロ派エンリケ派というわけでなく
諸侯はあんまり王に強大になられては困るわけ。
バランスゲームで王を攻撃する有効カードとして
「正当性の疑い」を繰り出してるの

25 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 23:17:20 ID:???
なるほどね〜
そういう話を聞くとドンペドロが貴族を憎む気持ちがワカルよ

さてさて先生はどこまで筆がすすんだかしら。ネームはもう
できてるかな。紋章描きの上手なアシさんは見つかったかな。
あ〜見たい〜気になる〜

26 :愛蔵版名無しさん:2006/12/01(金) 23:49:51 ID:???
エンリケもドンちゃんも臣下の裏切りには悩まされ続けてるけど女性陣はなにげに忠実な侍女に恵まれてるよね。
ブランシュに忠誠を尽くすサルダーニャ、エレーナのために王殺しまで画策するエルビラ、
ロペス並の忠誠心だ。
ただし良かれと思ってしたことが結果主君を追いつめることも多々あるがw

27 :愛蔵版名無しさん:2006/12/02(土) 02:58:15 ID:???
そういえば、マリアには固有名詞のある侍女がいないね。
ウラカはマリアの侍女とは、ちょっと違うし…

28 :愛蔵版名無しさん:2006/12/02(土) 11:03:34 ID:???
貴族は裏切ってほいほい主君を変えられるけど
侍女はそうはいかないからね
親が勤めを決めたら、下手すりゃ独身のまま一生奉公だから

マリアの侍女が名無しなのは、悪巧みなどの活躍の場がないからじゃない?
青池先生は主だったキャラ以外に命名してなさそう
A君の妻とか、顔も台詞もあるけど名無しさんは結構いるよ

29 :愛蔵版名無しさん:2006/12/02(土) 18:44:36 ID:???
ブランシュの侍女たちってフランスからついてきて、
結局異国で尼さんになって終わるんだね・・・
兵士と結婚したりするのはご法度なの?

30 :愛蔵版名無しさん:2006/12/02(土) 20:37:12 ID:???
>>29
侍女たちの中にはブランシュの呪詛に荷担した者もいるのに、出家で許されたのは温情判決だったんじゃないかな。


31 :愛蔵版名無しさん:2006/12/02(土) 20:47:47 ID:???
侍女頭のサルダーニャが鉄壁の守りだったから
侍女がスペイン男と恋愛したのがばれたら
「そんなふしだら女は姫様の側にいるのを許しません〜」で即首だったのは?


32 :愛蔵版名無しさん:2006/12/02(土) 21:25:13 ID:???
ピレネーから先はヨーロッパじゃないと思ってた人もいるくらい。
フランス宮廷に近かった女たちはカスティーリャ人を田舎者と見下して
いたんじゃないかな。
ブランシュ姫暗殺の可能性もあったろうし軟禁状態だし、そのへんの
田舎騎士と恋愛ごっこする余裕はなかったかもね。

もし普通に王妃として遇されていたら侍女のなかには王の騎士と結婚
する者もいたのかな

33 :愛蔵版名無しさん:2006/12/02(土) 22:49:02 ID:???
当時のフランスってスペインよりさらにド田舎だったと思う。

「ピレネーを越えたらアフリカ」は
王妃が堂々と不倫の子を産んで乱れに乱れまくっていた
当時のスペイン宮中を皮肉った言葉だよ。

34 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 03:01:37 ID:???
>>32
侍女とはいえ王妃様付なんだからそれなりの家柄だろうし、同盟を深めると言う
政略結婚本来の意味からすれば王の騎士との結婚は推奨されたかも。

同盟が上手くいってなかったら…敵情視察に便利そうだしやっぱり推奨されるようなw

35 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 03:24:49 ID:???
サルダーニャっていくつくらいなんだろ。
案外若そうだが。

36 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 03:48:22 ID:???
ブランシュ姫と同い年の乳母子だったりして。

なわけないか。

37 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 07:25:56 ID:???
サルダーニャ「夫人」ってとこから、既婚者?んで未亡人とか?
私は最初ブランシュ姫の乳母か?と思ったけど、これはないか。
養育係とか。若すぎるかな?

38 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 09:20:45 ID:???
最初はホントの乳母の子(数歳年上で)かなと思ってたけど
17、8才で子供産んでて乳母にならありえるかもな。
ブランシュが嫁いできた時32、3才
姫が亡くなった時でも30代後半
あの外見でもまあありえる年齢かなと。

39 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 11:08:23 ID:???
ブランシュ姫が嫁いできた時連れてきたフランス侍女軍団の中で一番偉い人だから
サルダーニャは乳母か侍女頭(兼任もあり)だろうから姫様輿入れの次点で30代じゃない?
気が張ってるから若く見えるんだろうけどそれなりに年食ってると思ってたよ。

当時の乳母って母乳係(それは別にいる)ではなく育ての母的な女性だし。
フランス貴族社会では「子供に乳をやるのは動物的な行為」だと忌まれてた。


40 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 11:35:39 ID:???
>>33
実際に田舎かどうかといえば、当時はフランスのほうがずっと田舎
(スペインには当時、後ウマイヤ朝以来のアル・アンダルスの文化がまだ残っていたから)だが
スペインと比べてどう、というのはむしろ宗教的なものだな。
十字軍を次々と送り出し、教皇を抱えてキリスト教の雄となったフランスに対し
当時のスペインはイスラムもユダヤも混在するまさに異郷。
そういえば、モーニング誌のほうにある「チェーザレ」とかいう漫画でも
スペイン人のチェーザレとフランス人のアンリが全く同じことを言ってたような。

>>34
いや、推奨されてなかったと思うよ。
だって片っ端から侍女がスペイン人のところに嫁にいったら、誰がブランシュ姫の身の回りの世話をするの?

41 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 11:48:14 ID:???
ブランシュとドンちゃんがあんな風に別居してなければカスティリア人の侍女もついたんじゃなかろうか。
漫画だと完全に隔離状態だから、フランス人同士で固まるしかなかったんだろうね。


42 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 11:56:03 ID:???
初めのほうで殺された王位継承者?だかの男性の妻を
イネストロサが「○○の妻××はブランシュ姫の遊び相手として〜」って言う
シーンがありませんでしたっけ?

一応カスティリア人もつけたんだろうけど、漫画の状況だと少数派で苛められそうですね。

43 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 13:40:25 ID:???
>42
ドンちゃんの従兄弟・ホアン@アラゴン王子の妻のイザベラですね。
早死にしてるらしいんで、本当にブランシュ姫の所に行ったのかどうかはわかりませんが、
イザベラの父方曾祖母はフランス王女で、ブランシュ姫の父方曽祖父とは姉弟。
一応、フランス王家の血を引いてるんだし、それほどいじめられなかった…かも?

44 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 14:30:33 ID:???
エンリケと「エル・アルコン」のティリアンって、
目的の為には手段を選ばずのレイプ魔で、とっても似てる思うのに、
どーしてティリアンは魅力的で、エンリケは・・・なのだろう。
やはり、黒髪か否かの差だろうか。



45 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 14:47:08 ID:???
主役かそうでないかの差だと思う(笑)
やっぱりエンリケは主役に対する敵役だし。
それで人気が出るキャラもいるだろうけど、エンリケはそういうタイプではなさそう。

46 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 15:03:07 ID:???
ティリアンは自分の信念(スペインへ行ってエラくなるんだ)に基づいて
行動してるけど、エンリケは行動原理が妬み(庶子だから王になれない
なんて…くやしいっ…!)によるものだからなー。

47 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 15:47:26 ID:???
エンリケは王位が欲しいで一杯一杯って感じ
ティリアンは欲するものが常にあり、どんどん高みを目指していくという感じがする
贔屓目かな?

48 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 16:39:30 ID:???
嫉妬深さの違いだと思う

49 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 16:44:06 ID:???
そんなエンリケが私は好きだ

50 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 16:45:13 ID:???
きっとエンリケは即位してから玉座の重圧に苦しむのです
そしてドン・ペドロならどうしたろう…と考え、自分が
殺してしまったことを思い出し、彼を越えられないジレンマに陥る
最愛の息子と妹も悲劇的な最後を遂げ、苦悩のうちに生涯を終える

…てなラストを予想

51 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 16:47:34 ID:???
ティリアンは幼少の頃、父親に虐待されてあーなったと同情できる。
エンリケは、欲張り過ぎじゃ。

52 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 17:07:35 ID:???
>50
一生ドンちゃんの影から離れられないわけか
そりゃごーもんだな

53 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 17:20:29 ID:???
エンリケはドンちゃんを殺したら燃え尽き症候群になります

54 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 18:55:59 ID:???
燃え尽き症候群…シャレになってないようなw
けどエンリケは野心がなくなったとたん一気に老け込みそうだよなぁ

55 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 19:02:11 ID:???
エンリケって息子に愛情持ってたのかなぁ。
幼い息子に未来を託すほど落ちぶれてないとかなんとか言ってたし。
そりゃ跡継ぎとしては必要だったんだろうけど、なんか家族に興味がなさそう。
自己愛が強すぎて他はどうでもいい感じ。妹に手を出したのも自己愛の延長ぽいしな。

56 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 19:36:35 ID:???
エンリケの長男のホアン君かわいいよね
ミニエンリケって感じだけどエンリケと違って素直そうで

57 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 21:42:30 ID:???
ホアンて、アラゴンのブス姫の腹違いの妹と婚約したよね。
(子供でカワイめなのにママそっくりの2重アゴが笑えた・・)
エンリケが王位についても、そのまま結婚したのかな?

あとパパそっくりのブス姫はどこに嫁いだんだろ・・

58 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 21:48:15 ID:???
>57
前スレにあったよーな気がするけどどこへ嫁いだかは忘れた

59 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 21:52:01 ID:???
前スレによると28才でアンプリアス伯のところに嫁いだとか…


60 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 22:00:43 ID:???
レオノールとはそのまま結婚してる。
結果的にはその事でアラゴンの王位も
ホアンとレオノールの子に受け継がれていった。

61 :愛蔵版名無しさん:2006/12/03(日) 23:59:54 ID:???
パパそっくりなせいでブスブス言われているアラゴン王女ホアナちゃんだけど
ずっと見ていると愛着が湧いてくるのは私だけ?w
それに何気に登場するとアップが多いから、今後の話に大きく関わってくるのかなと
思ったけど…そうでもないのかな?


62 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 01:28:54 ID:???
ブスだブスだと言われてるけど、性格が悪いって描写はないしね。

63 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 02:01:22 ID:???
おとなしいし、素直そうだよね。
隣国のかっこいい王に憧れてるっぽい所もかわいい〜

64 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 03:10:56 ID:???
>>50
玉座の重圧というより
「お前ペドロぬっ殺すの手伝ってやったんだから配当キボン」「キボン」
とひたすらいい続ける貴族たちの重圧に苦しんでますな。

65 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 08:36:18 ID:???
>>61
アップが多いのは青池さんのお気に入りキャラだからかも?w
ドンさんとの婚約が破れて残念がるホアナちゃんが可愛い。

66 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 11:33:47 ID:???
>>59
国王の長女で28歳で嫁入り、それも王家ではなく「伯」ということは・・
史実でも嫁入りに問題多かったのかなー。(王女に容姿は無問題だろうけど)

後妻の継母が王妃になっていたとしても「コマ」として、
もっと良いところにさっさとヨメにやりそうなものだけど・・・。

67 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 12:26:52 ID:???
>>66
継子だからこそ、あんまりいいところに嫁にやると手駒として働かなくなるじゃん。

68 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 13:36:37 ID:???
アンプリアス伯は王家に連なる名門だよ
爵位も今と当時の感覚とは随分違うようだし、一応王家の娘の嫁ぎ先としては面目は保ったのかな?
王家の娘ともなると嫁ぎ先もどこでも良いという訳にもいかないから子沢山の王は大変だよね
「ベルばら」でおなじみルイ15世の娘達(玉ねぎ頭の叔母様たち)は行かず後家だったし

69 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 15:54:57 ID:???
そういえば、あの当時イギリス王家はイコールアンジュー伯爵、
フランス王家はパリ伯爵じゃなかったっけ。

70 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 16:46:44 ID:???
イギリスといえば思い出すのは色男アルマニャック伯
マリアにモーション(?)かけてドンさんがやきもち焼いていたエピソードは面白かったなv
その後でまた「偉大な王と美しき王妃のためならどこへでも…」と言っていた後で
「そんな事をいうから遠方に飛ばされるんだ!」と腹の中で言っていてドンさんもかわいかったv
浮気ものほど嫉妬深いってのは本当なんだねw

71 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 17:05:31 ID:???
判断基準が自分ベースだからかな?
「俺ならここで押し倒す」とかwww

72 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 17:54:02 ID:???
>>71
ワラタwww

73 :愛蔵版名無しさん:2006/12/04(月) 23:11:08 ID:???
>>70
アルマニャック伯ってそういえばフランスの貴族ではなかったっけなあ。
ブランデーで有名なアルマニャック地方の領主のアルマニャック伯爵なら
百年戦争でイギリス側についたブルゴーニュと対立して
一貫してフランス王側についたはず。

そういえば、調べてみたら彼の子孫って今、エリゼ宮御用達のワイン造ってんだね。

74 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 01:11:13 ID:???
ルビーのくちびる サファイアのひとみ…だっけ
マリアってきらきらしい美人ではないせいか(美形だけど)、容姿を誉められる場面は少ないよね


75 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 01:12:14 ID:???
あれ? 瞳は黒か。
じゃサファイアじゃないな・・・
何かと混ざっている・・・

76 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 01:45:59 ID:???
黒曜石だにゃ。
どんな石か見たことないけど。

77 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 01:58:42 ID:???
黒曜石
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E8%80%80%E7%9F%B3

光り輝く黒、って感じ?
装飾品として研磨されたものはもっと綺麗なんだろね。

78 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 02:10:17 ID:???
アンドレ@ベルばらは
黒曜石の濡れてきらめくただひとつの瞳
だったな〜

黒曜石って矢尻とかの材料になったんだよね


79 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 02:19:25 ID:???
矢尻って…w
78タソ、全然ロマンティックじゃないよう。
「矢尻の瞳」なんて、どんな鋭い目なんだよう。
なんとなくロペスを思い出したわw

80 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 03:01:20 ID:???
いや、マリアはあのドンちゃんを影で支える人ですから「矢尻の瞳」でも納得かも

ところでちょっと前に話題になってたアラゴンのホアナ王女、彼女も久々に出てきたら
カブレラの息子みたいに大変身していた…なんてことはあの世界では有りえないかw
オスナ伯爵は一応ダイエットして変身ってことになってるけど、ホアナ王女はダイエットの必要はないもんなぁ

81 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 03:21:19 ID:???
>77
祖母が黒曜石と琥珀のネックレス持ってる。
艶のある上品な黒が琥珀の黄色を引き立てて凄くシックだよ。
「縁の下の力持ち」なマリアにぴったりな石かもしれない。

82 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 07:29:19 ID:???
エカテリーナ2世も娘時代は貧相な醜女だったけど
皇太子妃となって女帝となってだんだん女らしさが磨かれて魅力的になったらしいから
ありえない事もないかも?>ホアナ

「あれがあのブス姫か?!」
「女は変わるものです・・・」とか 無理かw

83 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 09:21:49 ID:???
黒曜石は天然ガラスだよ。
真っ黒なビー球を想像してもらえれば近いかと。

84 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 15:16:50 ID:It8Nl01S

黒曜石の瞳、ルビーのくちびる、紅ばらの輝き。だったかなー。

85 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 16:23:58 ID:???
こうやってみると王様のボキャブラリーも貧困だねw
アラベラに迫っている時の方がよほど情熱的だった
浮気の方が燃えるのかな
全く男って仕方がないなぁ

86 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 20:58:46 ID:???
エルビラに啖呵切った時のマリアはこわかった
矢尻の瞳なんてもんじゃなかった

87 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 22:58:32 ID:???
黒曜石はきらきらして本当にきれいなのに
と、考古学の中の人が言ってみる

88 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 23:25:36 ID:???
肉も皮も斬れるしね、お金の代わりにもなるしね。
貴重品だよね。

89 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 23:42:21 ID:???
考古学の中の人、王様の城跡を発掘してください

90 :愛蔵版名無しさん:2006/12/05(火) 23:50:58 ID:???
黒というより濃い焦げ茶のガラスの結晶だよね<黒曜石

91 :愛蔵版名無しさん:2006/12/06(水) 00:22:50 ID:???
東洋と西洋考古だと掘り方違ったりするのかしら

92 :愛蔵版名無しさん:2006/12/06(水) 20:17:43 ID:???
>>86
あの時はきっと側で見ていた兵士や拷問係もマリアの迫力にビックリしただろうな
しかもエルビラも負けずに一国の王妃(あの時はまだ愛妾かな?)を売女呼ばわりしてるからなぁ
アルドンサVSマリアの戦いは女のプライドと美の競い合いって感じだったから
見ていて楽しかったけど、マリアVSエルビラは心にいや〜な怖さの残る戦いだと思った

93 :愛蔵版名無しさん:2006/12/06(水) 21:34:11 ID:???
「それが女ってものだろう」

悪いかこんちくしょーーー!!

94 :愛蔵版名無しさん:2006/12/06(水) 22:47:42 ID:???
>>92
国王の暗殺首謀者を特定するのに必死だったから、で良いんじゃないかなー。
(それも自分が必死で命乞いした人間が最有力容疑者⇒真犯人、の自責があるし)

でもアリアの凄さは感じたわ〜。真っ芯で肝が座ってる、って思った。


95 :愛蔵版名無しさん:2006/12/06(水) 23:32:06 ID:???
あのマリアは格好良くて好きだ。ドンちゃんが惚れるだけの貫禄があるわとオモタ。

96 :愛蔵版名無しさん:2006/12/06(水) 23:40:59 ID:???
>93
何故ここに彩子が

97 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 00:02:41 ID:???
>>96
ごめんなさい。>>92さんの「女のプライドと美の競い合い」に反応して
底意地の悪い性格が出てしまいました。
コシ・ファン・トゥッテを歌いながら退場します。お邪魔しました。

                          by 多賀谷サイコ

98 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 01:07:07 ID:???
命乞いした結果が最悪の事態になって返ってきたっていうのは辛いな……

99 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 02:17:17 ID:???
>>89
あれ?ドン氏の城は現存してるんじゃなかったっけ?
後にハプスブルグ朝のフェリペ2世が簡素すぎる王宮造って引きうつっちゃったけど。

100 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 07:48:57 ID:???
100ゲット。

101 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 12:24:59 ID:???
マリア、いつもは暴走する夫をなだめて慈悲を求める性格だけに、
エルビラの時のタンカ切りがかっこよく思えた。
ドンさんに「あいつには頭が上がらない」と言われるだけある。
肝が据わってるというか。

102 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 16:52:42 ID:???
『アルカサル』は、いろんなタイプの女性が魅力的に描かれてる所も
面白いよね。あまり女性が出てこない『エロイカ〜』と対照的だ。
ファーヒタもきりっとしてる所が(・∀・)イイ!!

103 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 16:54:50 ID:???
>>99
>ドンさんの城
セビリアの王城は世界遺産です。

104 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 20:55:19 ID:???
>>99
>>103
確かにセビリアやトレドのアルカサルは残ってるけど、ブルゴス城は廃墟だしカルモナは再建だよね?
掘ったら色々出てきそうだじょ。
品物は出ないだろうけどドンちゃん時代の遺構とかが。

>>101
エルビラも敵ながらあっぱれな女だと思う。
あのあと死刑になったんだろうな〜(-人-)


105 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 21:37:14 ID:???
ファーヒタって誰だっけ、と思ったら
こともあろうに修道院へ放り込まれたサラセン屑の妾だったっけ。

106 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 23:49:30 ID:???
尼僧院のファーヒタ騒動も凄かったですね
整然と並んでロペスを踏みつける尼さん集団・・・
それでもサルダーニャ様はなんか好きだ

107 :愛蔵版名無しさん:2006/12/07(木) 23:55:48 ID:???
私もサルダーニャ好き。
ていうかアルカサルで嫌いな女キャラっていないかも。



108 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 00:38:06 ID:???
>107
嫌いってわけじゃないんだけど、懐妊後のウラカの顔がちょっと…。
出てきたときは、マリアに似た品のいい可愛らしい顔だったのに、
懐妊後はなぜか、ホアナ@エンリケ妻激似顔になっていたorz
ウラカの可憐な顔立ちが好きだったから、ガックリきたわー。

109 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 00:52:03 ID:???
嫌いな女キャラ・・・エレーナかな。
母大后も相当だったけど
母大后に比べてエレーナには同情できる余地がまったく無し。

110 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 02:17:58 ID:???
サルダーニャは私も好き。そりゃブランシュを守らなきゃという気持ちが強すぎて
過剰防衛ゆえにトラブルを起こすこともあったけど、呪詛騒動の時に
「お止めするのが侍女の務めでしょう!」
って他の侍女を叱りつけていたのを見て、この人性格は悪くないんだと思ったよ。
性格も頭も悪い人間だったら一緒になって呪ったりすると思うし。

多分エレーナ様はこういう時、呪った人間に罪を全部かぶせて隙あらば自分が利益を得ようと
企むタイプだろうから、やっぱり同情できませんね

111 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 17:06:55 ID:???
サルダーニャは言行一致してる所がいいね。
芯が通っているというか。

112 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 22:50:07 ID:???
フランスから来た姫の侍女なのに
なんで名前がスペイン風なの…>サルダーニャ

113 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 23:03:14 ID:???
>>112
自分も気になってた。

114 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 23:34:39 ID:???
スペイン語読みしてるんだろうけど、それならなぜブランカ様じゃないのかとか
いろいろ気になるね。フランス語ではどう読むのかな?サルダルジャ??

115 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 23:51:34 ID:???
サルダーニャって地名(駅も)がポルトガルにあったような

116 :愛蔵版名無しさん:2006/12/08(金) 23:59:24 ID:???
フランス語よみにしたらサルダーニュかなあ。
彼女って実在の人なんだろうか。
メリメのドンちゃん伝に出てくる?

117 :愛蔵版名無しさん:2006/12/09(土) 10:20:46 ID:???
確か、でてました。

118 :愛蔵版名無しさん:2006/12/09(土) 20:53:01 ID:???
サルダーニャって、「サルディニア人」かと思ってた。
でも違うっぽいなあ......

119 :愛蔵版名無しさん:2006/12/10(日) 02:37:23 ID:???
亀スマソ
>>93
彩子ちゃん、ノダメスレから乙。
ソプラノパワーで94のレスまで
マリアがアリアに震動してるよ…ww

120 :愛蔵版名無しさん:2006/12/10(日) 12:01:56 ID:???
>マリアがアリアに震動してるよ…ww

うひょw今頃気づいた私ですたwww

121 :愛蔵版名無しさん:2006/12/10(日) 19:05:50 ID:???
迫力のある女性の話題が続いたので、たまにはかわいい子の話でもw
ドンちゃんの娘達ってみんな顔はそっくりだけど性格は全然違うよね
お母さん似でしっかり者のベアトリス、おしゃべりで元気すぎるコンスタンシア、おっとりした甘えっこのイザベル
出番は決して多くないにも関わらず性格がきっちり表現されているのはすごいと思った

122 :愛蔵版名無しさん:2006/12/10(日) 19:09:56 ID:???
かわいいよねー
アルフォンソを見てるシーンとかさ…w

123 :愛蔵版名無しさん:2006/12/10(日) 19:27:55 ID:???
それだけに、この後彼女たちを待ち受ける(であろう)運命が怖い
コンスタンシアとイサベルは両親・姉・弟を相次いで喪うんだよね…(涙涙)

124 :愛蔵版名無しさん:2006/12/10(日) 20:48:54 ID:???
ジョン・オブ・ゴーントは
コンスタンシアの夫であることを理由に
カスティリアの王位を要求したが
愛人キャサリンに溺れていたね
キャサリンはコンスタンシアの死後正妻に昇格

125 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 01:11:29 ID:???
>>124
うう…その史実だけ聞いてるとコンスタンシア嫁ぎ先であまり大事にされてなかったのかなと思ってしまう
しかし正妻の死後に愛人が妻に昇格って、まんまドンさんと同じパターンなんだね
親の因果が子に報い…。°・(ノд`)。°・

126 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 06:28:07 ID:???
何故100でとまってるんだろう??
ええと。メリメ全集買っちゃったんですが、なぜか第4集にドンちゃん伝が載ってない。
(゚Д゚;)ガーンとショックを受けてよくよく調べたら、どうやら史伝という別のシリーズらしい。
ということで、またネットでメリメ全集史伝第4集を入手しました。
これから読みマース。ヽ( ̄▽ ̄)ノ

127 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 09:34:05 ID:???
そのキャサリンとの子孫がすごいよな。快進撃

128 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 10:40:37 ID:???
でもキャサリンとの子は嫡出子と認められたけど
王位継承権はないわけで、それが後々有名な英国での
幼い二人の王子達の運命も変える・・・

129 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 12:25:51 ID:???
イサベルの子孫がキャサリンの子孫の箔付けに使われるんだよね(´・ω・`)
キャサリンの子孫が王位継承権を否定されたのに
即位したヘンリー七世
イサベルの子孫がヘンリ-七世王妃エリザベス

130 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 13:03:58 ID:???
>ヘンリ-七世王妃エリザベス
エドワード5世、ヨーク公リチャードの姉王女だっけ。
ということは、あの悲劇の王子達はイザベルの子孫なのか・・・・


131 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 14:06:20 ID:???
その二人って今でも夜になるとロンドン塔を彷徨っていると言われている二人のこと?

132 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 15:26:47 ID:???
>>131
そう。確かロンドン塔で少年二人の遺骨が見つかってるはず、
二人の死は謎が多い。
(どちらにしても後に得した誰かによって
暗殺されてるのは間違いないよなあ)


133 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 17:16:18 ID:???
>>125
>親の因果が子に報い…。°・(ノд`)。°・

その史実を知っているだけに
マリアが娘達の未来を案じて祈っているシーンは辛かったなぁ


134 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 18:11:17 ID:???
イサベルは幸せな結婚生活を送ったかもね
子供がたくさん生れているし
夫のヨーク公爵は温厚な人だったから

135 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 18:47:09 ID:???
>>124
コンスタンシアの名前と裏腹にひどい話だね。
あのお茶目で元気なキャラの娘が・・

勿論そこまで描けるわけもないし、
さらっと文面で触れるか、ぐらいだろうけど。

136 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 20:10:45 ID:???
間違いがあってたので訂正
イサベルは息子2人と娘1人しか産んでいなかった
娘の名前はコンスタンス
コンスタンシアの英語読み
長女には父方祖母か母方祖母の名前が
つけられることが多かったのに
伯母の名前をつけられているのは
結婚後も姉妹の仲が良かった証拠と思いたい


137 :愛蔵版名無しさん:2006/12/11(月) 23:00:19 ID:???
>長女には父方祖母か母方祖母の名前が
>つけられることが多かったのに
>伯母の名前をつけられている

ええ話や…
異国の地で身を寄せ合って生きていたのかなぁ

138 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 06:56:23 ID:???
他に身寄りいないしね…。
イザベルが30代でなくなった後、まもなくコンスタンシアも他界。
あの元気で明るいコンスタンシアの一生も悲劇だったのかな…(つД`)・゚・


139 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 11:42:36 ID:???
悲劇だったかどうかはわからないけど波瀾万丈だよね

140 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 13:31:41 ID:???
つか、王族ならそんなもんじゃねーの。
ちやほやされる分、庶民よりはましだろ。

141 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 14:56:09 ID:???
親であるドンちゃんやマリアの生き様を見ていたから
ある程度の覚悟も出来ていたと信じたいね<娘二人

142 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 16:00:16 ID:???
ドンちゃんが強引にマリアを王妃にしなかったら
娘達(庶子でしかも女)の生涯は波瀾万丈でもなかったかも…と思う。

143 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 16:31:00 ID:???
庶子のままだったら
ドン様没落時に尼僧にされてお終いだったろうね

144 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 16:49:46 ID:???
そうとはいえない。庶子でも名将の血を引く王女なので。
ただ、カスティリアの庶子とイギリスの王子じゃさすがにつりあわないので
もっと下のランクの貴族と娶わせられただろうけど。

145 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 16:52:24 ID:???
名将って誰?

146 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 17:14:33 ID:???
ドンちゃんの事でしょ?ドンちゃんは王様と同時に武将でもあったわけだし

ところで娘二人はドンちゃんの没後にエンリケの手でイギリスに嫁がされたの?
それとも友好国に嫁がせろっていうドンちゃんからの遺言でもあったのかな?

147 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 17:26:27 ID:???
仮に遺言が残ったとして、エンリケが馬鹿正直にそれを守ると思うか?

トラスタマラ朝にとって、海外勢力との友好は貴族を抑えるためにも絶対必要だった。

148 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 17:54:40 ID:???
誰に嫁がせるつもりだったかは知らないけど娘たちをイングランドに嫁がせたのはあくまでドン・ペドロの意向。
トラスタマラの手駒としてではないよ。

149 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 18:08:56 ID:???
イギリスと友好関係を築きたかったんだろうけど、
自分の娘ではなくドンちゃんの娘を、それも二人もイギリスへってなんでだろ?
そのせいでコンスタンシアの夫がカスティリアの王位を狙っちゃったんでそ?
エンリケなら、ドンちゃんに悪感情を持っていて、
その後も自分が支援したフランスあたりに嫁がせそうな気がするけど…。

150 :148:2006/12/12(火) 18:22:44 ID:???
言葉足らずだったので補足
娘たちはドン・ペドロの存命中にすでにイングランドに引き渡されていた。
エンリケには口出ししようがなかったはずだよ

151 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 18:30:14 ID:???
>>139
兄の陰謀、伯父の思惑、従兄弟の野望に利用されてさ
大変な人生だったけど一生懸命よく生きたと思う。

152 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 18:32:58 ID:???
ドンさんはスペインで苦境にあった最後の起死回生をイギリスに求めたんだよ。
で、イギリスの協力を仰ぐのに絆を強くするために娘達をイギリス王室に嫁がせたの。
今英国の王冠に輝いてる黒太子のルビー(=アブーサイドのルビー(実際はスピネル))が
娘どっちかの持参金としてイギリスに行ったのもそういう事情。

153 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 18:50:02 ID:???
ドンさんは娘の持参金じゃなくて借金の担保に預けたつもりだったらしいお

154 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 18:58:40 ID:???
ドンさんが不遇で決めた金額に持参金が足りなかったんだよ
んで不足分の担保にあのルビーを持たせた。
そのうちお金が出来たら足りない持参金を払ってルビーは回収する気だったのだろう。

155 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 19:17:14 ID:???
持参金って釣り合いとか考えて決めるんだと思うんだけど
王様がご存命中に娘たちの結婚相手って決まってたのかな?

イングランドの援軍を頼む資金の借用書の目録に
アブーサイドのルビーが載ってたって読んだこと歩けど

156 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 20:34:21 ID:???
>>150
だよね、ビックリした。
エンリケはフランスの力を借りて王位を得たんだから
イギリスと友好関係築けるはずないもんね

157 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 20:52:28 ID:???
エドワード黒太子やランカスター公ジョンの姉妹
ジョアン王女はドン・ペドロと結婚する直前に
ペストで死亡した
もし2人が結婚していたら
ドン・ペドロはジョアン王女のことは粗略に扱えなかったと思う


158 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 21:33:49 ID:???
ペストって本当に怖いなあ。下手すると主役要の人間達が
容赦なく死んで行く。
日本の藤原不比等の息子らが天然痘で死んだのも
すごいと思ったけど。

159 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 22:15:05 ID:???
マリア親子はペストで死ぬの?

160 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 22:31:22 ID:???
マルティンロペスがカルモナの城を明け渡す時、
降伏条件の一つとして、コンスタンシアとイサベルの身柄の安全(王女としての身分の保持?だったかも…)をエンリケに約束させたって…
某サイトさんに書いてあった。
ロペス…(涙)

161 :愛蔵版名無しさん:2006/12/12(火) 23:51:05 ID:???
まさしく忠臣ロペス。

162 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 03:39:57 ID:???
>>158
直撃した時代のローマやベネチアの人口推定値を見れば
すごい勢いで下降しているのがよくわかる。

163 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 07:52:28 ID:???
個人的、エンリケに勝利して栄えるドン・ペドロが見てみたかったな。
この後は悲劇でしかないもん。

164 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 08:12:55 ID:???
栄えはするまい。
五月雨式に反ドン派の貴族連中と泥沼の内戦。
まあカスティリアとアラゴンが同君連合を組むことなく、ポルトガルと三つ巴で殴り合って
大航海時代に出ずにすむだろうから、
インカやアステカの文明崩壊はもう少しマシになるかもね。

165 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 09:28:49 ID:???
単に幸福な一生を終えたマリアが見たい自分。

166 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 12:06:39 ID:???
ドンちゃんが死ぬところも、子供たちの悲劇も見ずに死ねたのだから、
ある意味幸福な一生だったのでは?

167 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 12:09:04 ID:???
>>160 某ペドリスタさんとこだよね?
存在を知ったときにはすでにパスかけられてたんだよなー
もとはオープンだったみたいだけど再開される可能性ってあるのかなー

168 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 12:27:34 ID:???
でもペストで死ぬマリアは見たくない・・・・・

169 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 13:35:56 ID:???
マリア母太后は死ぬのかな?

170 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 15:22:56 ID:???
前スレ(だっけ?)で
エンリケに討たれ倒れたドンさんをマリアと夭逝した子供らが迎えに来る…
て妄想があったけど、マリアが死んで不抜けになっちゃってエンリケに負けたのかも

愛する人たちが迎えに来てくれるならそれも幸せの形なのかもね。


171 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 15:29:02 ID:???
精神的にはマリア一筋だったのかな?
でも亡くなった後、腑抜けになるにしては、愛人いたし。

172 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 15:35:43 ID:???
>170は青池先生版ドンさんは…てことじゃない?
史実だとマリア死んでからの挙式だし色々違うよね。


173 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 16:26:35 ID:???
どっちにしても、マリアが死んでから
ドンさんはエンリケに負けてしまうわけですか。
マリアが生きていたら何か変わっていたのだろうか。

174 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 16:52:07 ID:???
実際のマリアは史実だともっと早く死んでるんだけども…
マンガ版だけでなく実際のマリアもドンペドロの安息で彼の慈悲心を呼び覚ます女性だったのかもしれない。

マリアの死後のドンペドロは猜疑心がどんどん膨れあがって
側近のほとんどがひどい目に遭ってるんだよ。
側近や諸侯が離れてどんどん孤立して最後はエンリケにやられてる。
マリア存命なら違っていたのかもしれない。

175 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 17:20:29 ID:???
ブレーキかける人間がいなくなっちゃってるんだよね
マリアにしろイネストロサにしろ・・・・
ディエゴはあの体たらくだし
ロペスだって一度裏切ってるんだよね? 確か
心許せる相手が誰一人いない王者って辛いんだろうな

176 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 18:46:31 ID:???
>173
それでよく2人が正式に結婚したと認められたな


177 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 19:05:45 ID:???
マリアとは生前に秘密結婚してたって主張しただけで死後の挙式はしてないんじゃない?
貴族たちがマリアの亡骸を求めに行ったのもアストゥジジョからセビリアに遺体を移して
葬儀をするためらしいけど

178 :愛蔵版名無しさん:2006/12/13(水) 20:03:38 ID:???
幸福なドンちゃんとマリア見たいかも
誰か「反三国志イベリア半島編」かいてくれないかな

179 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 01:18:35 ID:???
>>177
棺桶と結婚式を挙げたという資料を読んだ事あるよ
歴史読本系列の増刊号だったと思う

180 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 02:04:39 ID:???
>>175
まあ専制君主なんてそんなものだし。
ルイ14世太陽王やエリザベス1世は本当に偉大。

181 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 03:19:17 ID:???
ルイ14世もエリザベス1世も「王位を継げるかどうか!?」という
スタートで苦労した人だからではないかな。
ドンちゃんは冷遇された王子様だけど、不義の子と疑われたりまではしなかった。

182 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 09:40:14 ID:???
>>179
わたしが読んだ本では棺桶をこじあけて
白骨化した死体を引っ張り出し、
花嫁衣装を着せて王冠をかぶせて
王妃の椅子に座らせたって………ぅぇ

183 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 10:35:45 ID:???
>>182
それはひょっとしてポルトガルのペドロ一世とイネスの伝説じゃない?
あれは二人を引き裂きイネスを殺した家臣団への復讐という目的もあったけど
ドンちゃんの結婚は庶子を嫡子にする為の政略のようなものだから
そこまでする必要はあったのかなぁ

184 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 10:57:21 ID:???
>>178
個人的には、同じイベリアの覇者ということで
今度はアブドル・ラフマーン1世でも書いて欲しい。

185 :182:2006/12/14(木) 11:16:47 ID:???
>>183
庶子を嫡子にするため
ローマ法王に結婚を正式なものと認めさせようとして
わざわざそこまでやったと書いてあった。
てゆうか死体婚ほかにもいたんだ……orz

186 :183:2006/12/14(木) 11:29:20 ID:???
おぉ、そうなんだ。
ドンちゃんもそこまでやったのね・・・・アリガd
死体婚はポルトガルのペドロ一世の方が先だよ
ちなみにドンちゃんの叔父さんでマリア母后の弟
彼のイネスへの思いとイネスを殺した家臣への復讐はアルカサルでも触れられてる

そこまで愛されたイネス・デ・カストロって前スレでロドリゲスの姉とあったけど本当なのかな?

187 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 12:47:00 ID:???
文庫を出す時は「チェーザレ」並みの解説を巻末に載せて欲しいね
売り上げアップと読者サービスを兼ねて

188 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 14:23:54 ID:???
>>184
調べてみたら眉目秀麗で有能で、母や弟を殺されてイベリアに逃れた悲劇の王子で
ついたあだ名は『クライシュの鷹』か。かっこいいな。

189 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 15:02:36 ID:???
アブドル・ラフマーンは「光と影の伝説」でイラスト描いてたね。

>>187
秋田がそんな気のきいたことをするわけが(ry
何というか「企画力」が不足している会社だなという印象がある。

190 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 20:50:32 ID:???
マリアが産んだ子以外にも男の子はいたけど
どうなったんだろ。庶子のまんまだよね。漫画はマリアの従姉妹だっけ。
ウラカ。

191 :愛蔵版名無しさん:2006/12/14(木) 21:43:11 ID:???
ウラカの産んだ息子(サンチョ)はロペスが家令だよね。

192 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 00:08:30 ID:???
サンチョという名の子供は早々に亡くなってたような。
母親がウラカかどうかはわかんないけど。

193 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 00:19:03 ID:???
何巻かは忘れたけどコミックス巻末描きおろしの青池せんせのスペイン旅行記で
修道院(たぶん)にドンさんとマリアとアルフォンソと庶子の遺骨が一まとめにされていたので庶子ってのがサンチョかもね
娘達はイギリスに嫁いだのでここには居ない、とコメントが付いていた気がするけどベアトリスはどうなったのだろう、と思った。

194 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 10:50:33 ID:???
ロドリゲスの妹が産んだとされる男の子はどうなんだろう?


195 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 11:17:36 ID:???
ロドリゲスことフェルナンド・デ・カストロは正妻腹の嫡子でイネスは庶子だね。
腹違いだけど年代的にはイネスは妹じゃなく姉ではないかと。

ちなみにカスティリアから嫁いでくる時に連れてきた侍女イネスに夫(ポルトガル王子)を奪われた不運な正妃はエンリケ妻の親族だったような。
彼女は冷静で賢かったようで夫とイネスの仲を裂くためにイネスを自分と王子の息子の「洗礼母」に任命するんだよ…
(洗礼母ってのは赤ん坊の第2の母で赤ん坊両親とは兄弟姉妹の契りになる)
でもその赤ん坊が早世してしまって「イネスの呪い」説が浮上して裏目に出てしまったけどね

196 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 15:46:56 ID:???
>>195
>ロドリゲスことフェルナンド・デ・カストロは正妻腹の嫡子でイネスは庶子だね。
>腹違いだけど年代的にはイネスは妹じゃなく姉ではないかと。

194へのアンサーだよね?
端折ってゴメン
イネスの方じゃなくてドンちゃんが捨てた一夜妻の方
彼女がドンちゃんの息子を産んだと主張しているという話を
確かメリメの本で読んだ記憶があるんだけど
もし本当ならその子はどうなったのかなと思って

197 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 23:02:16 ID:???
>>195
ポルトガルのペドロ一世の正妻はエンリケ妻ホアナ・マヌエルの異母姉
ポルトガルに嫁ぐ前はドン父アルフォンソ11世の幼な妻だった(その後離婚)

>>196
ホアナ・デ・カストロの産んだ男の子はそこそこ長生きしたみたいよ
彼の娘がマドリッドにある王様礼拝像を作ったコンスタンシア

どちらも前スレより。

198 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 23:08:53 ID:???
「アルカサル―王城―」宝塚で舞台化!

じゃ、なくて良かった事を感謝すべきなのか否か。

199 :愛蔵版名無しさん:2006/12/15(金) 23:41:38 ID:???
>198イミフメイ
ヅカで舞台化の企画でもあったの?

200 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 00:15:19 ID:???
宝塚の舞台化が、『エル・アルコン 鷹』で良かったのかなという事では?

201 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 04:28:13 ID:???
「愛〜それは〜♪」と歌いながら階段を降りてくる王様。

「わたくしはカスティリアのお〜うひ(王妃)なのですから!」と
誇り高く宣言するマリア。

「おれたちゃ気楽な傭兵稼業〜♪」と歌い踊る傭兵たち。

こんな感じ?>宝塚

202 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 07:37:02 ID:???
ヅカ板では「サド目ってなに?」とか質問が出てた
青池作物を宝塚で見る日がこようとは…
でも昔の作品は結構ヅカ向きかもね

アルカサルもやろうと思えば出来るね
悲運の王様でドラマチックだ
非情な異母弟を二番手にやらせて
トップ娘役にマリア、二番手娘役にブランシュ
ロペス、エルレビやイネストロサもいるし結構役も行き渡る

203 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 09:59:57 ID:???
>202
長いから1本ものになっちゃう


204 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 10:28:59 ID:???
これで完結編がでれば、そういう話も夢(?)じゃなくなるかもね。
けっこう舞台向きかも。

205 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 10:33:42 ID:???
>>197
ありがとう
前スレにありましたか、見逃してた・・・
マドリッドの王様礼拝像って例の白い像のことですよね。

206 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 12:05:56 ID:???
ヅカで青池作物は合っていると思います。
以前「宙組特集V」という本でエロイカのコスプレ撮影をやって
ものすごくそっくりの少佐と伯爵がいました。
王城もキャラそっくりに作りこんでくれると思うな。見たいです。

207 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 14:25:22 ID:???
宝塚で舞台化するには男臭すぎない?
マリアと王様のロマンスを中心にすればいいのかな。
あ、でもブランシュとロペス編があったら見てみたい…
(ヅカは全然詳しくないのでズレたこと言ってたらすまん)


208 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 15:09:56 ID:???
ヅカでするなら不遇な幼少期〜マリア戴冠までを「アルカサル〜ドンペドロ編」にしてやれば男役で不都合なさそう。

その後はベル薔薇の時のように主役替えてバリエーションで
「ブランシュとロペス編」「エンリケ編」などもできるね

209 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 16:06:16 ID:???
青池作品はおじさん濃度高いからなぁw
ヅカでは結構苦労するかも。

210 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 18:04:06 ID:???
歌って踊るロペス・・・

211 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 18:11:53 ID:???
重い羽根背負って耐えるロペス
結構イイじゃまいか

212 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 18:26:46 ID:???
イブの息子たちに出てきたニジンスキーを思い出してしまったじゃないかw

213 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 19:37:48 ID:???
王〜
私を見て〜


214 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 20:48:32 ID:???
………エル・アルコンを選択したのは慧眼だったのかもな……w

実はティリアンのヘアスタイルが決め手なだけだったりして。

215 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 21:12:23 ID:???
>>213
バレリーナスタイルでプルプル震えるロペスが浮んだw

216 :愛蔵版名無しさん:2006/12/16(土) 21:55:18 ID:???
エロイカの34巻読んだけど、Qとマルティン・ロペスが時々重なる。
有能な所、無口な所、失敗しても言い訳しない所、時に非情な所とか。
皮肉っぽくて冷笑する所は違うみたいだけど。

217 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 01:31:09 ID:???
Qは好きだったなあ。
ディオール オムとかLVとか着てるQを
見てみたい。

218 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 15:33:04 ID:???
Qはロペスの子孫に違いない

219 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 17:05:05 ID:ox8itOq4
>>208 そうなれば、「ブランシュ姫とロペス編」は本当に相思相愛に設定されそう?

220 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 17:38:00 ID:???
208さんではないがヅカは悲恋物好きなので原作無視してまでわざわざ相思相愛にはしないと思う
むしろブランシュ姫に初めての恋や片思いの切ない思いのたけを窓辺あたりで朗々と歌わせそうだw

そしてクライマックスは瀕死の姫の告白に動揺するロペスが死んだ姫を抱きかかえて天を仰いで
「王妃よ貴女の恋は何と残酷な企みをなされたのでしょう!愛とは何と残酷な」〜とまた朗々と歌うのだなww

221 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 20:27:51 ID:???
うわ〜見てみたいな〜それ
そこまでいったら次はロドリゲスとカタリナ編かな

222 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 20:41:47 ID:???
ドンちゃん編よりもロペス編のほうが面白そうw

223 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 21:00:39 ID:???
ロドリゲスとカタリナ編も面白そうだw

224 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 21:08:31 ID:???
>>220 朗々と歌うのだなww
少佐の声で聞こえてしまいましたぁ!

>>221,222
ヅカのりを考えると、カタリナは渋すぎ、ロペス編がヒットしそう♪

225 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 22:10:33 ID:???
カタリナはむしろ「エンリケとカタリナ編」では?

226 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 22:48:41 ID:???
ああそっか、チェーザレとルクレチアみたいな兄妹だもんね〜
エンリケ編は殺伐とするからヅカ向きじゃないよな、と思っていたけどそれなら納得。

227 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 05:42:28 ID:???
ところで姫金の次号予告(絵)をご覧になった方は
いらっさいませんか?
今日本屋行くから自分でも見てくるけど…

228 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 05:58:04 ID:???
>>227
予告はまだないよ。掲載されるのは来来月号だから。
表紙と全サに王様がいる。

229 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 09:39:15 ID:???
ああ王様。早く会いたいです〜。

230 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 11:28:09 ID:???
>>228
そうだったね。
姫金って二ヶ月に一度(=だから次号は二月発売)だと思い込んでたよw
ああ、来月までお預けか〜

231 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 20:10:55 ID:???
>>230
姫金ってちょっと発売間隔が特殊なだけでは…
年間8か、9回だったような。たまに休刊月が入る仕組み。
全プレの図書カード応募で、雑誌掲載なくとも買わせようという
魂胆が見え見えだが、乗ってしまいそうな自分が悔しい><

232 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 00:31:59 ID:???
私は乗るよ
来春で本当に王様ともお別れなんだもの・・・

233 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 13:44:43 ID:???
今更ながらキャラクターブック手に入れました。
エンリケがカタリナを襲う絵があるんですね。
(コミック派なので初めて見ました)
カラトラバ騎士団長に任命されて戸惑うロペス、かわいー。

234 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 19:07:11 ID:???
ブランシュ姫の兄弟がロペスに絡むことは無さそうだね
あと二百ページで完結なんだから

235 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 19:13:42 ID:???
シャルル5世の王妃がブランシュの姉なんですよね。
「双頭の鷲」でドンちゃん憎まれてた。

236 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 21:13:18 ID:???
黒太子との交流もあっさりとした描写になるだろうね
無謀な恋愛結婚を貫いた人なので
ドン様と話が合いそうな人なのに

237 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 03:21:54 ID:???
>>235
双頭の鷲はフランス陣営のデュ・ゲクラン将軍がメインだからな。
そういえば、昔やった光栄のゲームだと百年戦争時代がメインで、もちろんカスティリアも出てたが
国王はペドロ1世だったっけかな。

238 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 14:10:59 ID:???
>>236
いや、でもやたら騎士道精神に篤い人だから
ドンちゃんのやり方には共感しないかもよ

239 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 14:38:42 ID:???
>>237
チンギスハーン4だっけ。東は義経から西はリチャード1世まで総出演の。
あれは、ペドロ1世は出てた気がするが
同時期には明の洪武帝だのイギリスの黒太子だのフランスの文武の名将だの
ティムールだのバヤジットだのの英雄豪傑が総出演だから
ドンはまったくもって勝てる気がしねえw

240 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 18:38:49 ID:???
黒太子とフランス武将はティムールに勝てるとは思えないな
名将に率いられた遊牧民に農耕民族の軍隊で対抗するのは難しい


241 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 01:37:14 ID:???
というか単純にゲームの能力が(ry
まあ、エドワードとゲクランはトップクラスだけど。
ドンちゃん?彼はその他大勢でしかなかったよ。

242 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 16:36:47 ID:???
デュ・ゲクランやドンちゃんがでてくるゲームがあるのですか?
やってみたい・・・

243 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 20:16:39 ID:???
ジャンヌ・ダルクより黒太子やデュ・ゲクラン、シャルル五世のことが知りたい

244 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 03:05:23 ID:???
>>242
カスティリアを統一するのみならず、数十年スパンで世界征服が目標のゲームなので
ドンペドロ好きってだけでやるのは無謀だと思われ。

245 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 03:22:25 ID:???
自称「イベリア半島最強の王」だけど、ドンちゃんと比べればイングランド王やフランス王のほうが強大な上に、
文化的水準なんかはイスラム教国の方が高いんだよね〜
カスティリアがヨーロッパの一流国になるのはアラゴンとの統一以後、大航海時代になってからだからね。
その黄金時代もそう長くは続かないわけだが…。

246 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 04:51:36 ID:???
当時の光栄にとって、ヨーロッパの端っことそこにしがみついた地方領主なんて
世界の英雄たちに比べればカス同然に見えたんだろう。
確かチンギスハーン4って、時代も12世紀から14世紀まで広がってて
出てくる連中もそれぞれの国だと太祖だ英雄王だ中興の祖だと言われた人たちばかりだからな。
ざっと言っても、イギリスのリチャード王にロビンフッド、フランスのフィリップ2世4世、ドイツのフリードリヒ赤髭王、
ビザンツのテオドルスやイタリアのマルコポーロ、アラビアだとサラディンやバイバルス、インドではハルジー、
モンゴルではチンギスハーン一族やティムール、中国では南宋末から明代の名将知将、
ベトナムはアンコール朝のジャヤヴァルマン7世、日本では義経以下鎌倉幕府や太平記の連中と
まさにオールスターだし。

一応ペドロ1世が出ていても、これだけの連中を相手にしてちゃ分が悪い。

247 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 06:52:28 ID:???
戦闘しか取り柄のないリチャードと義経なら
ドン様は謀略で片付けるくらいのことは出来ると思いたい

248 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 07:14:35 ID:???
ただ、同時代には政戦両略に長けたフィリップ尊厳王なんて人もいる。
ま、どっちにしろドンちゃんの時代からは遥か昔の人だけど。

249 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 11:31:07 ID:???
>>247
義経とっくに死んでるし。

250 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 12:16:34 ID:???
>247
ドンちゃんも戦闘しか取り柄がないタイプかと…

251 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 12:44:14 ID:???
ヨーロッパの王朝はなんで長続きしているのが多いんだろう?
王朝が変わったといっても本家が断絶したから
分家や女系の親族が継いだパターンが多いし
イスラム圏なんて百年ちょっとで滅びる王朝がいくつもあったのに

252 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 15:26:26 ID:???
スペイン・ハプスブルク家って
どうしてあんなに近親婚を繰り返していたんだろう。
ドンちゃんみたいにフランスから花嫁を迎えるってすごく珍しい例なのでは。

253 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 18:29:24 ID:???
オーストリア系とスペイン系の結束を
固めるために近親婚を繰り返したんだって
カスティリアはイスラム教徒の血が混じるのを
嫌って隣国ポルトガルとの婚姻を繰り返してきた
その結果が青池先生もイラストを描いたことのあるファナ狂女王

254 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 05:07:46 ID:???
>>251
ひとつに、王族貴族同士の結婚を勧めたので、一旦本家が絶えても
スペアがどこからでももってきやすかったこと。
あと、ひとつの王家が滅びても、その国の貴族も王族もまとめて皆殺し、ということがあまりなかったので
どこからか血統がつながっている人間を呼び込めたこともある。
中世西欧は、どこが味方でどこが敵、という概念が曖昧だった部分があるからね。
>>252
一応、ドンちゃんはハプスブルグ家じゃないよ。その前のトラスタマラ家の、さらに前の最後の王。

255 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 22:47:51 ID:???
日本の飛鳥・奈良時代とかもだけど、昔の人は血族結婚がヤバイって知らなかったんだろうか?
経験的にわかりそうなもんだが。
ハプスブルク朝最後のカルロス2世なんて見るからにヤバイ…
肖像画は美化して書かれてるんだろうに…

256 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 00:44:34 ID:???
>255
確かにやばいな… こりゃひでぇ…でもかわいそうだね

 ttp://pinkchiffon.web.infoseek.co.jp/Margaritaf6.htm

257 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 01:28:13 ID:???
サンチョとアルフォンソどっちなんだ?
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081167035179.html

258 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 01:30:03 ID:???
>>255
近親婚によるデメリット(遺伝障害)より、
メリット(権力が分散しない・優秀な子供が生まれやすい)を取ったんじゃないか。
聖徳太子は超上手くいった近親婚の結果でしょう。

259 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 01:33:34 ID:???
>>257
7歳で死んだのならサンチョの方じゃないか。
アルフォンソは3歳で死亡、翌年にサンチョが生まれているから。

それにしてもドンちゃん関連のニュースなんて珍しい。

260 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 02:00:09 ID:???
こんなニュースが報じられるなんて!
アルカサル再開効果・・・!?
と考えるのはヲタの自意識過剰だよね・・

スペイン語wikiによればサンチョはイサベル・デ・サンドバルの子だね。
マリアのあと、事実上の王妃になったという。

261 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 10:44:58 ID:ZXZYfY3M
何かうれしいよね
アルフォンソ死亡の後に「事実上の王妃」と呼べる相手に男の子が生まれてたんだ?
それなのにその子を「嫡子」にしないでベアトリスを後継指名したんだね
やっぱりマリアとその子達は特別だったんだね〜

262 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 18:29:47 ID:???
あ、そうかマリア亡き後「事実上の王妃(庶子込み)」
にちょっとショックを受けたが、ベアトリスを後継指名してるんだよね。マリア出生の子は特別だったのか?
それとも、男子を生んだ事実上の王妃を名実に王妃にする余裕が
なかっただけなのか。

263 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 00:04:11 ID:???
確かに……なんで再婚しなかったんだろうね。
再婚してれば嫡子が増殖したのに。

264 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 01:43:52 ID:???
その頃には教会と完全に決裂していたとか。
法王庁に認めさせるだけの財力がなかったとか。

まあ愛読者としてはマリアへの思い忘れがたく…のほうがいいなぁ。

265 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 03:11:07 ID:???
もしブランシュ姫が王様より長生きしていたら、
一生嫡子を持てない可能性もあったわけで、
なんで結婚問題を投げていたのかちょっと疑問だ。

266 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 08:16:31 ID:???
>265
それは確かに疑問だ。
言ってみればブランシュの自尊心の唯一の拠り所が
「王妃の自分が息子を生まない限り、王は世継ぎを持てない」
「だからマリアが何人息子を生もうがシラネー!!」だったわけだし、
幽閉された当初は誰も王妃が若くして病死するなんて考えてなかっただろうし…

家臣としては
「王妃をこの先幽閉するにしても、王子だけは作ってくれないと困る」
だったんだろうけど(それこそドンさんの父王のように)
当のドンさんは、とにかくマリアの息子が生まれることしか
考えてなかったみたいだよね。

267 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 09:34:15 ID:???
>>265
極端な話、事故死や病死に見せかけて殺すこともできるわけだし
そうでなくてもルイ12世とジャンヌ・ド・フランスのように
結婚能力の不足を理由に婚姻の解消をローマに求めることも出来たわけだし。
投げていたというより、まず国内の貴族勢力と戦って足場を固め、
しかる後に手をつけるつもりだったのかも知れん。

268 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 10:01:52 ID:N9dhRsrJ
>>265
だからこそドンちゃんの王妃殺し疑惑が残るわけですよ
ブランシュが死んだらマリアと結婚と考えていたところ
マリアの方が先に死んだか重病になってあわてて王妃を殺したとか
マリアとブランシュとの死の時期があまりにも近いから疑惑が出てくるわけで

エンリケのサンチョ殺しのように冤罪だったらいいけどね

269 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 16:53:33 ID:???
黒死病で人口の三分の一がごそっと減った時代を経験しているのに、
のん気に構え過ぎのようにも見える。

ホアナとの結婚騒動の時さっさと王妃と離婚しておけばよかったのに、
それをしなかったのは、やはりフランスが恐かったのかな。

270 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 18:29:38 ID:???
当時のローマ法王庁はフランスの傀儡状態だったんだっけ?


271 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 19:50:19 ID:???
>268
自分はドンちゃんとマリアは黒だと思ってるわ。
アルカサルじゃ美化されまくってるけど、
愛妾が王妃に成り上るのに綺麗事だけの筈がないもの。
それに乗せられちゃったドンちゃんも国王としてはちょっと…って思う。
ブランシュ姫が嫡子を産んでたら、エンリケに王位を取られる事もなかったのにね。

しかし>260の「事実上の王妃」っていうのも、結局愛妾の事じゃないの?
マリアの生んだ子供達といい、結局ドンちゃんの子供達はみんな「庶子」っぽい…


272 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 20:25:37 ID:???
>>271
「王妃」以外は当然愛妾。
だから「事実上の王妃」と形容してるだけでは?
うまくいえないけど、不運が重なってる人生だよね。ドンちゃん。

273 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 20:41:29 ID:???
アルカサルじゃ美化されまくり、271にはおとしめられまくりだけど
王妃殺しは濡れ衣とする説が有力みたい。敵方の記録でもマリアは善良な女性だったと伝えているよ

274 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 21:12:55 ID:???
白だろうと黒だろうと
「アルカサル」のマリアとドンちゃんは魅力的だと思う。
だからこれからの展開には胸が痛む・・・・・

275 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 21:19:44 ID:???
>271
たとえばマリア母太后が少年ドンちゃんを残して病死とかしたとして
父王が何らかの理由で次の王妃を迎えなかった場合
当然レオノール・デ・グスマンが宮廷第1の女性として君臨する。
ただしそれは王の庇護の上に成り立つ君臨で法的な保証は全くない
産んだ子ども達も庶子でしかない。
全ては王の存命中限定の権力。
「事実上の王妃」とはそういうこと。

276 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:19:48 ID:???
マリアだって生前は愛妾のままだったんだものね。
彼女が死んだ後になってから、子供たちを嫡子にするために「生前に結婚していた」とでっちあげた(多分)。
はっきり言ってアルフォンソもベアトリスも王位継承権があるかどうかはかなり怪しい。
ケチつけようと思えばいくらでもつけられる。
ホアナ・デ・カストロとは重婚で結婚無効→ホアナの息子も庶子扱いだろうし、ドンちゃんの正式な王妃と言えるのはやっぱりブランシュだけかと。
上に出てた新聞記事だとサンチョが王位継承者とされてるけど、彼も実際には庶子の一人にすぎない。
エンリケがわざわざ毒殺するほどの相手じゃないよ。

277 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:43:24 ID:???
>276
エンリケの王位簒奪者の汚名をかわすために
正当な継承者の一人であるドンさんの孫娘(イザベルの娘)をエンリケ孫の嫁に貰って収拾を付けた。
これはドンさんマリアが形だけでも「結婚」していた=二人の間の娘は嫡出の王女 だったからこそ。

ちなみにホアナ・デ・カストロはブランシュという「妻」存命が周知の上での重婚なので「結婚無効」
マリアの場合は形だけでも「結婚」が成立しているので値打ちが全然違う

278 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:56:17 ID:???
>これはドンさんマリアが形だけでも「結婚」していた=二人の間の娘は嫡出の王女 だったからこそ。

いや、だからその「形だけ」が問題だと言ってるんだが…。
「どっからどーみても庶子」なエンリケよりは、正統な王であるドンちゃんと、こじつけでも「王妃」ってことになってるマリアの子供たちの方がまだマシってだけの話。

ちなみにエンリケ孫に嫁いだのはイサベルではなくコンスタンシアの娘ね。



279 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 23:05:26 ID:???
ドンさんの孫=イサベルじゃなくコンスタンシアの娘ね。
ブランシュが存命中かどうかはドンさんとホアナの結婚無効には関係ないと思われ。

280 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 23:40:10 ID:???
>>279
えっ、関係無いの?
自分は>>277さんと同じく、既に結婚している妻が居るので重婚=無効なんだと思ってたけど。
マリアと形だけでも結婚出来たのは、既に王妃が死亡していたからでしょ?
奥さん死んでればやもめで再婚出来る訳だし。

281 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 23:57:20 ID:???
ドン・ペドロはブランシュとの結婚無効を主張してたんだよね
ブランシュの生死に関係なく…っていうか、この頃の教皇がブランシュびいきでドン・ペドロの申し立てを認めなかったから重婚=破門になった
マリアとはブランシュとの結婚前に秘密結婚してたって証拠揃えて聖職者連中にも認めさせた
だからブランシュとの結婚は無効。子供たちは嫡出子として認められた

282 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 00:19:48 ID:???
ブランシュの人生って一体……
(´・ω・)カワイソス

283 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 01:12:52 ID:???
エンリケに負けたのも神罰だったんじゃ…と思っちゃうね。

284 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 06:39:09 ID:???
>283
それただの思い込みだから

285 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 08:29:57 ID:???
ブランシュが哀れなのは理解できるが、さすがに神罰はねーだろ。
王妃を蹴落としたいがばかりにカトリックから離反したヘンリー8世イングランド王なんて
同じ言い方で言えばドンの何倍神罰を食らえばいいんだか。

結局、幼少期のトラウマで貴族をうまく操るのではなく、徹底的に敵対する道を選び、
しかも妥協を許さなかったがための純軍事的な末路だと思うけどな。
そういう点では神輿に徹したエンリケのほうが状況を読めたと。
なまじ武勇に優れていただけに将の将にはなれなかった、項羽みたいな人物だったんじゃないのかね。

286 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 18:00:47 ID:???
ブランシュ姫はどこからどうみても不幸なお姫様
マリアが主役のオペラでは結婚式の当日にマリアに「私こそ王妃」と王冠奪われ気絶・・・
アルカサルのブランシュ姫はまだ扱いが良いし、幸せだったかも

神罰かどうかはしらないけど酷い目にあった人なら神罰と信じたいだろうね
ヘンリー8世だってそこまでして得た男子が即位まもなく死んじゃって
離縁した王妃や首刎ねた後妻との娘が王位につくも後継を作らず結局テューダー朝断絶
神罰といえば神罰といえなくもない

287 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 21:34:12 ID:???
アルカサルのブランシュが最後ああいうことになるのは青池さんなりの救済なんだろうね。
可哀想すぎる人生だったけど、せめて愛しい人の腕の中で死ねたのは幸せだったと思う。

288 :愛蔵版名無しさん:2006/12/29(金) 16:39:17 ID:???
>>286
>マリアに「私こそ王妃」と王冠奪われ気絶
そんなオペラがあるんだ
マリアすごいな
怖いもの見たさの興味がある

289 :愛蔵版名無しさん:2006/12/29(金) 19:10:59 ID:???
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~goten/donizetti1841.htm
オペラ「マリーア・パディッラ」の粗筋

史実とはだいぶ違ってるけど・・・

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)