5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【蒼天にいまだ】蒼天航路11【我が道は見えず】

1 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 00:01:54 ID:???
モーニングKC 蒼天航路 全36巻 王欣太 原案イハギン

【俺には】蒼天航路【天がついている】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1132577543/
【死んでしまいました】蒼天航路【ならばよし!】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1140157834/
【ネオ】蒼天航路3【三国志】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1142298602/
【死ぬのですか】蒼天航路4【死ぬのですね】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1144673472/
【目は四つ】蒼天航路5【口二つ】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1146888318/
【貴様は朝日を】蒼天航路6【浴びてはならぬ!】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1148563069/
【そこと違う!】蒼天航路7【丹田や!】
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1151747024/
【なんか】蒼天航路8【におわんか】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1156788207/
【裁可は常に】蒼天航路9【この首で負うておる】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1160474310/
【いびつながらも】蒼天航路10【覇を語ったな】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1162533749/

2 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 00:30:30 ID:???
楽々2get

3 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 00:43:16 ID:???
原案キバヤシ
に見えた

4 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 00:50:08 ID:???
>>1
り 龍の眼は し 真贋を見極む

・・・・・・

乙に処す

5 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 00:54:56 ID:???
文庫18巻みつかんねー

6 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 01:14:02 ID:???
ア アマゾンで さ さがせ
い 1 お 乙

7 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 01:21:26 ID:???
お 俺が
> >>1
お 乙するのか

8 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 02:21:12 ID:???
なんで呂布ばっかなんだよw

9 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 02:38:01 ID:???
りゅ 龍だからだ

い いちおつ

10 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 03:28:24 ID:???
し 新スレは
い いい
な 何かが 起こる

ま 前スレ>>1に 立てられて
た 立った 前スレで

お お 俺は
が 画伝の
せ 宣伝漫画を
し し 知った




366 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 00:25:11 ID:???
『モーニング』52号の「ローズマーダードリーム」、欣太先生描き下ろしカラー3ページ、たとえ広告でも嬉しかった!
この3ページのため、久々に『モーニング』を買っちゃいました…。それにしても画伝に、すんごい期待してます。

11 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 03:32:12 ID:???
>>8にはわかるまい!
この>>11の乙はどこまでも>>1のもとにある

12 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 10:06:21 ID:???
>>1
乙かえいたそう

>>3
劉備「つまりこの戦は、全て曹操の罠だったんだよ!」
関・張「な、なんだって――――ッ!!」

13 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 10:09:51 ID:???
>>13>>14
お 乙を
あ 焦るな

14 :赤壁劉備:2006/12/17(日) 11:01:07 ID:???
じゃっかぁしぃ!
アマゾンにもヤクオクにもクロニクルのIはありゃしねぇんだよ!
なめられたもんだなあ、アマゾン!
なめられたもんだなぁ、ヤフオク!

15 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 11:28:58 ID:???
韓玄のじじいは一つだけいいことを言った!
おまいは乙だ!>>1
美しくスレを貫け!

16 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 12:48:35 ID:???
韓玄と韓遂
わが道に欠かすべからざる二ヶ条

17 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 13:20:25 ID:???
>>16はジジ専

18 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 15:25:53 ID:???
わが心中の乙は、>>1様とともにあり!

19 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 15:29:54 ID:???
>>14
俺の部屋に篭るか?
4時間もあれば読破できるぞ

20 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 16:48:16 ID:???
>>14、共をなさい

21 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 17:05:49 ID:???
邪魔はしねえ
ちょっと>>1乙をしてえだけだ

続けてくれ

22 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 18:42:11 ID:???
10レス・・・あと10レス早ければ

"2get" 俺もそうほざいておったろう。

23 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 19:05:51 ID:???
官渡の戦いのときの曹操が一番かっこいい、だからあの巻はバイブル

24 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 19:11:56 ID:???
文庫最終巻、画伝の宣伝漫画を収録してくれて嬉しかった。講談社、ありが惇。

25 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 19:57:40 ID:???
漏れのカキコもあと975レス後にはDAT落ちか・・・。

清清しいな。

暖かだな。>>1

26 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 20:57:58 ID:???
>>1のスレタイは>>1にしては叙情的だな。
さては>>1000に魅せられたか>>1よ?

27 :愛蔵版名無しさん:2006/12/17(日) 21:06:30 ID:???
最終巻の曹操が一番好きだ。

28 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 00:29:18 ID:???
文庫本18巻読んでやっと自分の蒼天が終わった。
水晶ではじまり水晶で終わったね。
女好きとうたわれながらもホントは一途だったのかな、
卞夫人には悪いけど。

29 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 00:35:09 ID:???
>>28
特別の存在ではあっただろうけど
唯一の存在ではなかったと思う。

政から兵法書の注釈、詩、料理のレシピにまで考えを至らせる人だから
水晶の事を考えつつも、それ以外の女を愛したり、他の事を考えたりもできるんだろう。

30 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 00:37:28 ID:???
>>28
一番最初に本気になった女性みたいだしね

31 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 01:47:54 ID:???
最終回はびっくりしたなあ
読者にとってみれば忘れたキャラじゃん<水晶
それを最後にもってくるなんて曹操が女好きで沢山の情事を
やった面が強調されただけに本当にあの最終回はいい意味で裏切られたというか。
雛氏だっけ?あの女はキモい、どこが絶世の美女やねん
セックルシーンなんてちっともエロさが感じられず出来損ないのマトリックスの場面のようだった
なんであんな女がまるでセックルの女神みたいな扱われ方したのか謎
普通に何大后の方がフェロモンむんむんやん

32 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 01:50:44 ID:???
ゴンタはああいうタイプが好みなのだろう

残念だがおれもゴンタとは好みが分かれた

33 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 02:00:52 ID:???
何太后の最後はあまりにも間抜けな死に方なんでちょっと噴いた。


34 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 02:11:51 ID:???
>>29
そうかな?卞夫人はじめ愛妾たちのことは好きだろうけどそれは好意+性欲の意識であって
やはり愛した女は水晶ただ一人だと思ったよ

35 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 02:42:03 ID:???
.よい!
よいぞ!>>1

36 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 03:23:04 ID:AOA7Kzcl
卞夫人はじめ愛妾は地を征く曹操のもの
水晶が居るのは蒼天を越え、中華を超えたところ

水晶を追う最期、曹操は曹操であることから解放された、
とでもいうべきか。

37 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 03:59:38 ID:???
>曹操は曹操であることから解放された
ほぼ合ってると思うけど
その言いかただと、曹操の多面性からすると変な気がするし、
「曹操は曹操であればよい」「ジュンイクはジュンイクであればよい」が浮いてしまうと思う。

才をかき集め中華の政を営んでいたのも曹操
水晶を愛し、天ノムコウに探しに行くのも曹操
どっちも曹操だが、
「前者の曹操」であることから解放された、という感じじゃないかな

38 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 04:23:14 ID:???
>>37
「蒼天のもと地を行くものなり」
という事から開放されて、蒼天の向こうに行きましたよってこと?

39 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 04:33:48 ID:???
>>38
だと思う

最終回の、水晶が出てくるまえの曹操の
「はるか西の彼方で夥しい数の人間が移動している」
「人々はさらに遼遠に夢を求め出会い戦い交わるのか」
などを考え合わせると、

あの水晶は「若い頃の曹操の愛の対象」であると同時に
「いろんなものに興味や好奇心を持つ曹操があこがれている、
今だ交流をはたしていない西方の民や文明の象徴」でもある気がする。

40 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 17:17:29 ID:???
かつて関羽があおいきばに言った、
「中華という枠さえないぞ!」に至った、と。

41 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 17:19:05 ID:???
水晶は曹操個人としての唯一といってもいい恋愛相手であり
他の女は天下人としての曹操についてくるだけの存在だったのだと思ってる
そして死により天下人としての役割を終え個人に戻ったときに考える相手がやはり水晶だったのだろう

42 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 18:30:21 ID:???
水晶→ヤル前に張譲の魔の手に。結局そのまま死んじゃってヤレなかったので未練が残ってる。

卞夫人その他大勢→ヤリ飽きた。

43 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 18:43:12 ID:???
むかーし
馬超だったか呂布だったかが、実は死んでなくてローマまで行っちゃうみたいな小説を読んだ。
中学生向けくらいの、よくあるマンガっぽい小説。

だから蒼天で水晶を見た時、「曹操もローマとかに行くのかな」と心配した
けど、普通に進んでよかった。

44 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 18:53:34 ID:???
>>42
え?水晶とはヤってたんじゃなかった?
確か池の場面で痛かったか?て曹操が言ってたからもうヤることやった後だと思ってた

45 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 18:58:32 ID:???
何度かデートしていたようだけど、
個人的には、やってない派

46 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 19:58:56 ID:???
プラトニックラブの方がいいなぁ

47 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 20:47:36 ID:???
>>44
あの「痛かったのか?」発言は曹操がふざけて水晶の頭に噛みついたときに
水晶がタイミング良く涙を流したからでしょ?
涙の訳は「この境遇は変わらない気がする云々〜」→水晶の悲観的な考えかと。

48 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 21:38:54 ID:???
>>47
俺も最初は噛み付きのせいかとも思ったけど曹操のあの優しげな眼差しと
物言いはやはり破瓜に対してだろうと昨日思った。



49 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 21:50:03 ID:???
といっても(童貞には)分らんか

50 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 22:18:57 ID:???
>>49
>>47のことを言ってるのであれば私は女なんですがorz
まぁ確かな描写が無い限りどっちともとれないけど
体の関係があるなら(ゴンタなら)描いてるでしょ、と思ったのもあったので。

私的な解釈は友達以上恋人未満(性的関係無し)かな。

51 :49:2006/12/18(月) 22:41:56 ID:???
といっても(処女には)分らんか

つーのは冗談で受け流してくれると有難い
俺は>48じゃねーから(48乗っかってスマン)

52 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 22:42:49 ID:???
GONTAが描く漫画で
主人公曹操が
プラトニックラヴ!!

ありえん、ありえんがゆえに フ ァ ン タ ス テ ィ ッ ク !!!

53 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 23:01:52 ID:???
一話目は花嫁誘拐レイプな

54 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 23:08:06 ID:???
二話目は休載

55 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 23:11:32 ID:???
三話目に年内完結予告

56 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 23:26:30 ID:???
四話目から年内休載

57 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 23:32:00 ID:???
その後、画伝発売

58 :愛蔵版名無しさん:2006/12/18(月) 23:51:16 ID:???
そして曹操は世界そのものになりましたとさ

59 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 00:05:01 ID:???
私は女だけど曹操と水晶はヤった派ですよ
でなきゃ水晶の初めては張譲の吐き気がする小道具てことになるじゃん
それだとあまりにも水晶が悲惨すぎ・゚・(つД`)・゚・

60 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 00:21:40 ID:???
>>59

なんか「え〜ん、曹様が死んだ。GONTA先生のカバッ!!」な雰囲気ですなw


61 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 00:32:28 ID:???
あの時から短期間でグッと女っぽくなって色気も出てきて
男の客達が「あの娘だれ?」てソワソワしてたからヤったんだと思うぞ。


62 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 00:37:48 ID:???
恋する女は紀霊さ〜♪

63 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 00:41:32 ID:???
けして左滋じゃないぜ〜♪

64 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 01:03:06 ID:???
あの世で水晶を探しにいくかと若い頃の姿に戻って
すぐ水晶に会えたのが拍子抜け

65 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 01:55:15 ID:???
>>61
あれは、それまでわざと汚く(?)見えるような格好をしていたというか
曹操に言われるまで、自分の魅力を知らなかっただけかと思ってたよ
漢人ばかりの中、胡人が綺麗だなんて考えなかったというか

茶屋のおっさんおばはんも、水晶が綺麗だなんて思いもしなかったから
冷たく当たってたし
(その後、それを商売に使おうとするわけだが)

66 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 01:56:47 ID:???
水晶が自信を持ってなかったという訳ではなく
「別にこいつらに綺麗っていわれなくてもいいや」って
無頓着にしてたってことね

67 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 07:53:03 ID:???
>>64
あの後、30巻くらいかけて壮大な追いかけっこが始まります。

68 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 10:24:19 ID:???
その間に、色んな人々が追いかけっこに加わります。
最初に来るのは惇兄か?

69 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 20:09:04 ID:???
Invitaition読んだが中々充実していたな。
董卓の水関での登場と 「美周郎」の回について語っていた。
「人間の脳は描きやすい方、やりやすい方、無難な方を選んでしまうらしいが
そんなんおもろないじゃないですか」と 創作のオバケについて語っていた。
ある時期から三国志の資料をかき集めてプロットを練って、更にそれを打ち壊していきながら描いたと。

去年に京都に仕事場を設立したそうだから、これからも漫画で喰っていく腹積もりを固めているようだな。
新作は10歳の子供が大人を引き連れる漫画だそうで 大人も子供も読めるものになっていると。

それから鄭問とはお互いに影響を与え合っているそうだ。東周英雄伝が思い出深いとの事。

70 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 20:56:10 ID:???
>10歳の子供が大人を引き連れる漫画

Heaven2か!?と一瞬思ったり

71 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 21:10:22 ID:???
なぜか「よつばと!」ようなものを連想してしまった。
絶対に違うのに。

72 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 22:38:23 ID:???
よつ馬騰!

73 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 22:40:43 ID:???
曹操が夏侯惇たちをポカンとさせてるような展開を思い出す。
そういうのとは違うか。

74 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 22:41:51 ID:???
少年曹操の話ね

75 :愛蔵版名無しさん:2006/12/19(火) 22:56:48 ID:???
>>69
やっぱりゴンタ、東周英雄伝の人と関わりあるんだ
初期の毛筆の頃のタッチや演舞の動きとか似てると思った

76 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 00:16:31 ID:???
>>69
>三国志の資料をかき集めてプロットを練って、更にそれを打ち壊していきながら描いた

カクカクが言ってた「用いられぬいくつもの策が輝くものであればあるほど、
丞相の機知もそれを映し、より一層煌くのだ」ってセリフはここから来てるのかな。

77 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 00:46:01 ID:???
カクカクは最初の頃はかなりかっこよかったのに・・・
まさかあんなんになってしまうとはね。

78 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 00:55:05 ID:???
>>77

いやいや、しかし、散々曹操に振り回されてお笑いキャラになり下がったところで、
「こういうのがやりたいんだろう?」「!!」のやり取りは最高だったよ。
ケレンミたっぷりの主人公がカクカク相手に突然理想の上司になっちゃったってのは
カクカクのこれまでの行いの産物だよw

79 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 00:59:47 ID:???
>>69
きのう画伝を買ったが
> 「美周郎」の回
>鄭問とはお互いに影響を与え合っているそうだ。

これについては載ってた。

鄭問は蒼天をはじめるきっかけのようなもので、
編集長の殺し文句で蒼天を始める気になったそうだが、
そのとき、編集長の言葉に共鳴することができたのは
鄭問の漫画をみてたせいだって。
でもって、ゴンタの絵に鄭問が感銘しインスパイアされたときいて
キャッチボールが出来たと感動したそうな

80 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 02:34:58 ID:???
連載終了後に蒼天揃えたんだけど、淵が
死んだ時は盛り上がりましたか?

いいシーンだなと思ったんで

81 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 02:48:03 ID:???
・孔明空気嫁
・黄忠空気読め

というような意見が多かった気がする

82 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 05:31:26 ID:???
自分も連載終了後に蒼天知って集めたんだが、
これほどリアルタイムで読まなかったことを後悔した漫画はなかったよ。

83 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 05:37:48 ID:???
連載開始からリアルタイムで読めたわけではないが
業界初の1・2巻発売あたりからリアルタイムで付き合えた。
思えば長いなぁ

84 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 06:59:43 ID:???
モーニング(講談社)って、よく1巻&2巻同時発売をやってるけど蒼天航路が初だったの?

85 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 08:16:56 ID:???
>>81
張飛だけ空気読んでたな

86 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 10:10:19 ID:???
あんまり空気読みすぎると大将死にまんがな

87 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 10:39:34 ID:???
>>84
みたいね

しかしその後は結構ポンポンやってるのかな
チェーザレも二冊まとめて出てたし

88 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 11:05:12 ID:???
どんな場面でもナイーブな気配りのできる男
それが張飛

89 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 11:19:29 ID:???
いつもイイ奴張飛

ピンだったら解らないが、周囲の人がぶっ飛んでいるので
相対的にイイ奴になってしまう

90 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 21:57:24 ID:???
ふうー、文庫判も終焉を迎えた

もう見れん
ならばよし

画伝を探しにいくか
この田舎の外の向こうへ

91 :愛蔵版名無しさん:2006/12/20(水) 22:30:39 ID:???
水滸伝やってほしかったな

92 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 00:28:00 ID:???
>>80
淵ファビョッたwww
とか淵が滅茶苦茶叩かれてた
俺は好きだけど

93 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 00:43:25 ID:???
張飛を武と侠と酒で割ると残るのは母猫だからな

94 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 12:03:00 ID:???
蒼天航路の好きなところとして敵将がカッコイイのがいいな
特に長坂の張飛と趙雲。乱の馬超と馬玩。奇襲時の甘寧。呂布の籠城
どれもこれもブッチギリに好きだ
惜しむべくは袁尚陣営に該当場面が無いことか

95 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 12:56:25 ID:???
>>94
袁紹と田豊

96 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 13:53:32 ID:???
あの湯気でてたやつとか

97 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 15:47:26 ID:???
>>94
文醜はそこそこカコイイ
顔良も男気がある

>>96
カンジュンか

98 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 19:44:36 ID:???
袁尚陣営にはダンゴ三兄弟がある!

99 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 20:56:15 ID:???
しょっちゅう王者の戦いがどうこうほざいててウザかった袁尚
なのに父も次兄もあいつを可愛がってたんだもんな
普通に長男の方がいい奴に見えた

100 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 21:06:57 ID:???
バカほど可愛いってやつだな

101 :愛蔵版名無しさん:2006/12/21(木) 21:20:59 ID:???
-=・=- -=・=-

( ) Э ( )


侯音!竹馬の友よ!

102 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 00:00:31 ID:???
>>92
劉備の真後ろにあんな弩兵がいっぱいいるのに
真っ正面から突っ込んだらそら撃たれるわな

103 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 00:58:48 ID:???
その後の次男の禿げっぷりなんてもう・・・・・不気味に興奮したよ

104 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 02:10:08 ID:???
いやいや袁紹は太るまでは結構格好良く描かれていたぞ。
太ってからと息子たちはその対比でアホまるだしだったが。。

105 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 02:12:31 ID:???
>>104
太るまでは、見た目はまあまあカコイイが
行動はいまいち。
自信なさげだったり、苦労人だったり、都合の悪いことごまかしたり。


太ってからは、見た目は好みが分かれるとこだが
行動は天下人

106 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 02:36:44 ID:???
個人的に袁で一番輝いてたのは烏丸のジュンウケイだな
人間やめてる分強かったし廓カ&張遼相手に好勝負してたからな
また、覇を語る野望も持てる数少ない人でもあるしな

107 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 02:43:46 ID:???
淳于瓊は官渡の時に烏巣の食料庫を守ってた奴だぞ。
舌が妙に長くて、すれ違いざまにカク他に斬られた奴。

108 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 02:48:48 ID:???
>>106は「トウ頓」のことが言いたかったんだな。

しかしどうすりゃ「廓カ」なんて珍妙な間違いをするんだ。
「郭嘉」ね。

109 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 02:54:39 ID:???
>>106
烏丸の酋長の鳥人間はトウトツだな。
こいつは袁家の勢力ではなく、袁家との同盟勢力。

>覇を語る野望も持てる数少ない人
いびつだったけどな。
北方騎馬民族を背負ってる分重みはあるが
彼の言う覇は具体像がないから
幼い頃に董卓にショックを受けて固めた信念のまま
政治目的もないのに叛をやってる馬超みたいなもんだ。



ジュンウケイはさんざん思わせぶりにひっぱったあげく
武将でもないカクカクや雑兵にやられちゃってるからなぁ…

彼は曹操や袁紹やケンセキと並ぶ西園八校尉の一人だから
初登場は5巻で八校尉が歩いてるシーンなのかな。

110 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 04:56:34 ID:???
>>108
お前よくわかったなw
全く何の話かわからなかったよ

111 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 08:37:23 ID:???
>>104
袁紹は太ってからキャラがたったと思うけどな
最初一気読みしたときデブ袁紹になってから今までの普通の体格のときが
まるっきり思い出せなかったもん

112 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 09:22:21 ID:???
ジュンウケイは軍師のカクに切られたことで、雑魚と思われがちだが、
カクはしょっちゅう先陣に出てるし、赤壁編でも只者でない筋骨とか言われてる、
カクが超人的な強さだっただけだと脳内変換。


113 :106:2006/12/22(金) 10:54:18 ID:???
間違えましたトウ頓ですね。しかしも郭嘉まで間違えてる…orz
ちょっと雪玉の中に入ってきますね

114 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 11:08:11 ID:???
雪玉はあいーっのごとく白い者にしか入れない。

115 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 14:30:24 ID:???
きんとうんに乗れない見たなものks

116 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 15:49:49 ID:???
曹操とプーチンって似てるね
プーの方は芸術方面にはあまり興味がないらしく貢献しとらんけど

117 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 20:45:26 ID:???

 似 て い ま せ ん


118 :愛蔵版名無しさん:2006/12/22(金) 21:56:35 ID:???
司馬遼太郎が三国志書いてたら蒼天航路っぽくなってたかな

119 :愛蔵版名無しさん:2006/12/23(土) 00:10:55 ID:???
その結果・・・・

120 :愛蔵版名無しさん:2006/12/23(土) 01:11:40 ID:???
ツァオツァオ

121 :愛蔵版名無しさん:2006/12/23(土) 01:50:18 ID:???
>>116
どこがだ

あえて蒼天の中で探すなら劉表か

122 :愛蔵版名無しさん:2006/12/23(土) 02:00:27 ID:???
http://www.kajisoku.com/archives/eid738.html

ここから好きなのを選べ

123 :愛蔵版名無しさん:2006/12/23(土) 02:51:57 ID:???
淳于瓊だけ絵がジョージ秋山っぽい

124 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 00:20:17 ID:???
どの戦が人気あるん?俺、官渡が一番見ててwktkしたんだけど

125 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 01:02:28 ID:???
中国語で「ツァオ」とは女のアソコのこどだそうだ。
あの国で公衆の面前で「ツァオツァオ」なんて言ったら処刑されるかもしれんぞw

126 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 01:10:03 ID:???
>>125
日本で公衆の面前で「マソコマソコ」なんて言っても処刑まではいかないけどな

127 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 02:26:36 ID:???
>>124
個人的には遼来来。
時間的に遼来来より後のシーンを描いてたので、スルーかよッ!
と思ってたらいきなり回想という形で描いてくれた。
焦らし具合も含めて最高のカタルシスだった。

128 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 05:08:55 ID:???
>>124
俺も官途。やっぱ劣勢の戦っていいよな

129 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 05:41:11 ID:???
>>111 これでは斬れーん!!

>118 司馬と吉川ってどちらが読まれているんだろう? 片方は読んでてももう片方は知らないって人もいるんだよな

130 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 09:37:49 ID:???
>遼来来
連載時は「長すぎ」「飽きた」てレスが多かったが
単行本になって一気に読むとやはり面白いな。

131 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 10:53:24 ID:???
>>124
長坂の戦いかな。特に長坂橋の張飛対楽進が最高だった
横山三国志しか知らない自分としては張飛と楽進が一騎討ちしたのに驚いて
さらに“あの”楽進が引かされた事に驚かされた

132 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 11:29:46 ID:???
法正の雄飛戦に一票

133 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 12:13:52 ID:???
インパクトだけなら劉備対波才

134 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 12:46:36 ID:???
あそこに張梁まだいたんじゃね?

135 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 14:01:06 ID:???
>>132
俺も法正の所だな

136 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 14:42:45 ID:???
新生劉備軍〜法正が倒れるまで

毎週楽しみでしょうがなかった

137 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 16:15:05 ID:???
長坂の趙雲がカッコ良すぎる。

138 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 18:39:00 ID:???
>>124
カヒの水攻め

ただし
戦闘としての人気ではなく、呂布と陳宮の生きざまが人気

139 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 19:27:20 ID:???
潁川〜昆陽の食糧砦だな。

140 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 19:56:12 ID:axAOaf6X
age


141 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 19:58:14 ID:???
董卓さんの人間椅子

142 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 21:30:45 ID:???
シ水関の戦い
全体的にお祭りムードで楽しそうw
あと、関さんと呂布の一騎打ちも絶品!

143 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 21:36:16 ID:???
戦を楽しい祭り そう申すのか

144 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 21:55:15 ID:???
楽進が楽しく行進 そう申すか

145 :愛蔵版名無しさん:2006/12/24(日) 23:36:34 ID:hN98EqDj
>>1
このスレタイは荊州雌伏時代の劉備の心情か?

146 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 00:03:26 ID:???
楽進が楽に行進

誰が林家ぺーのように語れと言った?!

147 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 00:04:12 ID:???
>>145
3巻P220、「その三十四 新しい力」のラストページ

148 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 00:23:16 ID:???
>>147
曹操か・・・
でも>>145にも当て嵌まりそう

149 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 00:39:46 ID:???
>>148
荊州雌伏時代の劉備は
積極的に「我が道」を模索するような、指向性のある人間じゃなかったと思うし
ある程度方向性があるとしても、まず曹操の道があって
それとは別でなんとかうまくやっていける方向という、
まず曹操ありきで、都合のいいものが現れればとびつくのを待つだけの
具体的なビジョンが何もない受動的な生き方だったと思う。

150 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 01:39:07 ID:???
その後、「曹操が動けばおいらに風が吹く」と
積極的に受動的な生き方をするようになり、
漢中攻めでようやく自ら風を吹かせた、と。

151 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 02:05:03 ID:???
それじゃーおめえら

メリークリスマス!

152 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 02:58:17 ID:???
>>124
>>128
あの戦いは面白かったけど袁家の女達は甄氏はじめ何人かは
兵士の女となって生きながらえたようだよね
なにが「袁家につながる者は全て滅ぼしてやる」だよ
袁家の兵士はあんな無残な殺され方したのに浮かばれないよ
曹操の言ってることは意味不明
あの袁紹夫人も「いくら曹操でも女を殺したりはしない、お家再興を信じましょう」
なんて甘ったるいことを言ってたけど普通にに考えたら辱めを受けて殺されるだろがスカタン
かりにも将軍で名門の妻なら責任をとって女たちに自害させて自分も自害しろよ
あの辺り袁紹をはるかに上回る能天気ぶりで殺されて当然だと思った


153 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 03:14:10 ID:???
どうだろそれは
当時に行って聞いてみないとわからんね

154 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 03:19:14 ID:???
>なにが「袁家につながる者は全て滅ぼしてやる」だよ

>袁家の兵士はあんな無残な殺され方したのに浮かばれないよ

名門袁家とそのとりまきが象徴する、心に闇を持たないくて、天下に形について保守の勢力と
曹操と青州兵が象徴する、心火をたくわててて他者の一色にそまらず、天下の形に変革を求める勢力との
ぶつかり合いがテーマで、曹操側のキーワードが「激情」だったから
青州兵が激情のポテンシャルを解放したあの場ではあの殺され方でかまわんと思うよ。
額面通りの殺戮戦果以上に、「旧保守勢力の打破」という観念的な部分に意味があるところだから。

で、「旧保守勢力の打破」という意味で「袁家につながる者は全て滅ぼしてやる」が達成できれば
文字通り人一人残さず殲滅というのができてなくて
逆に女でも都でも人材でもめぼしい者は手に入れて使ってても問題ないんじゃないかなあ。

155 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 03:25:18 ID:???
>>150
孔明がビジョンの無さと甘えを徹底的に抉り出して
反曹というある意味受動的な態度が
能動的な方針になりうるという視野をもたらし、

兵力差などの面で現実味がない部分は
天下三分のハッタリを実現させることで
現実味あるものにかえた。

そういうものになりえたのは劉備の器(まんじゅう)だけど
決定的なきっかけ(タレ)を与えたのは孔明
漢中王なんかもそうだね。
こっちは最初まんじゅうにとって予想外においしいタレだったのが
そのうちまんじゅうにとって不本意なタレと感じるようなこともあったみたいだけど

156 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 04:21:26 ID:???
天下三倍!!と
漢中は漢の聖地、
漢中王は義の中心で天子を超える王、は面白かったな

157 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 06:18:16 ID:???
>>156
漢中は漢の聖地って文字を見て、反射的にアッーて書き込むとこだったぜ

158 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 10:47:45 ID:???
今まで小説やマンガ読んでて
「劉備が漢中王になった」・・・ふーん、そうなんだって流してきたからなー

ゴンタは「項羽と劉邦」相当好きなのかな

159 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 14:42:30 ID:???
何晏の間の悪さ(良さ?)が好き

160 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 19:14:07 ID:???
ギフー

161 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 21:01:11 ID:???
ゴンタと司馬遼か。似てるといえば似てるかな。
ぎりぎりまで調べて描いて あとは読者に任せるよん、ていう感じが好き。

162 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 21:04:12 ID:???
今日始めて気が付いたけど
茶って書いてあるね
王甫が出てくる所あたりに

163 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 21:47:39 ID:???
>>162
あれは「お茶のシーンで読むのやめちゃってごめんなさい吉川先生」の略。

164 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 21:56:37 ID:???
チャッポー

165 :愛蔵版名無しさん:2006/12/25(月) 23:27:51 ID:???
>>163そうだったのか!

166 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 02:31:17 ID:???
>>158
民を食わせる者が英雄の条件とか、
劉邦の子ども投げとか
項羽の大虐殺とか
いろいろ意識してそうなとこはあるな

167 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 02:38:47 ID:???
史実では、郭嘉が
「孫策は項羽みたいな奴だから、放っておいても恨みを買って殺されるだろ」
って言ってたんだっけか

168 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 03:15:05 ID:???
郭嘉は本当にすごいな
なんでもお見通しって奴か

169 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 04:57:30 ID:???
>>99
蒼天の袁紹は袁尚溺愛って感じじゃなかった

まだ太ってない頃の袁紹だと、
袁尚に一番楽しそうなリアクションはしたが
採用したのは現実的な袁譚の策だった。
まあ天下人に近い資質は長男でも次男でもないみたいなことは考えてたが。

太った頃の袁紹は、もう子供の誰をひいきするとかいうチマチマしたことからは
完全に超越しちゃってたと思う。
それをいいことに要領のいい袁尚とそのとりまきが
かってに後継者を気取ってただけで。

傍観者の次兄は袁尚寄りではあったが、
自分の意見出すときは必ずしも袁尚に味方して1対2というような
わかりやすい袁尚の肩持ちはしてないし、
袁尚がいきすぎてるところは公平に判断下してたと思う。

170 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 11:21:46 ID:???
袁尚見てると、いかにも弟・末っ子らしくてムカついてくる

171 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 11:47:57 ID:???
実は袁譚好きだったりする
大混乱の中で身を呈して父親を救出するなんていい息子じゃないか

172 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 13:02:07 ID:???
袁譚は父親にコンプレックスは持ちながらも結局は父親のことを愛していたんだろうね
あの後父親とともに処刑されたみたいだからその辺りは史実と違うね
でも史実では袁尚が父からも次兄からも愛されて袁譚が性格上問題があって
一族で味方が誰一人いなかったところを見ると実際の人物は逆の性格だったんだろうなあと思ったり

173 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 15:12:34 ID:???
>>172
蒼天でも袁紹は処刑じゃなくて病死だよ。その196「曹の血脈」の冒頭で語られてる。

174 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 16:28:11 ID:???
病死って糖尿病か高血圧か?

175 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 17:08:25 ID:???
蜂蜜食べたい病

176 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 17:54:55 ID:???
「鯨を食べたい」と呟いたあと、一斗あまりの血反吐を吐いて病死。

177 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 20:39:39 ID:???
>>172
正史の裴松之注に曰く、
「年長の袁譚は恵み深く、年少の袁尚は美貌で武勇に優れていた」
また曰く、
「袁譚が青州を任された当時、彼は賓客をもてなし、士人を敬愛したが、
 一方で自分にへつらう小物を重用し、農業の苦労をわきまえなかった
 募兵は賄賂で見逃され、税収ははかどらず、優れた人物は登用に応じなかった」

年長者とはいえ、袁家の後継者としては疑問視されていたんだろうな

178 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 21:01:52 ID:???
そんなところだけ親父に似なくてもよかろうに。

179 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 22:07:45 ID:???
曹操は何だかんだ言って袁譚を同盟で利用してるんだよな。
まー、理って感じだが。

180 :愛蔵版名無しさん:2006/12/26(火) 22:10:06 ID:???
>>178
あれだな、袁譚は行動力に欠け、袁尚は冷静さに欠ける。
互いが互いの目標を越せなくても、二人なら父に並べる、二人なら父を越せるってことだ

181 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 01:04:18 ID:???
蒼天じゃ書かれてないが、袁譚と劉備は仲が良かったんだよな、確か。
劉備の進言で袁譚が官位をもらえたとかで。

182 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 01:27:49 ID:???
袁タンハァハァ

袁タン大人気だな

183 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 03:26:28 ID:???
蒼天袁紹の

堅実さは長男に
気弱さは次男に
要領のよさは三男に受け継がれた

184 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 14:47:43 ID:???
蒼天曹操の

目の下の線は長男に
目の下の線は次男に
目の下の線は三男に受け継がれた

185 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 16:10:07 ID:???
>94
俺もあんなカコイイ馬玩は初めて見た。
他に蒼天イメージを大事にしたい武将は劉癖と張繍軍のカク、それに蔡帽だな。

>111>124
俺は戦としては、袁紹の進軍がいちばんカコイイな。
いざいざ進めよ王の道、仰げよ歌えよひざまづけ♪だっけ?
メロディ部分があるならぜひ聞きたい。
許悠や祖授も思わず歌いだすくらいだからなw

186 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 16:13:12 ID:???
>>185
「いざ打ち明けよ一千年の王の道」じゃなかったっけ?
あそこのキョユウは何かかわいいよなw

187 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 18:06:19 ID:???
今後の人生でも蒼天イメージを大事にしたい武将は、曹操と諸葛亮と張角以外全員です。
特に周瑜かな。アレは完璧だったと思う。骨の髄まで武人。
あとは曹植、楽進、韓遂、陳琳あたりが次点。

188 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 18:32:39 ID:???
俺は趙雲が、ずっぱまりだった。
「静かなる武人」って描き方が最高だった。

189 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 18:51:56 ID:???
趙雲は年齢と共に横光三国志の趙雲の某ピッチャー的な顔に似ていったと思う。

190 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 19:01:08 ID:???
趙雲は正史などでの描写には忠実に それでいて美形という絶妙なデザインだったと思う。
麹義輪切りと張繍串刺しはやり過ぎだけどw 

191 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 20:25:29 ID:???
曹操への大木飛ばしはやり過ぎでないと申すか

192 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 20:52:38 ID:???
趙雲はあの眉毛なのに美形というところが衝撃的だった。


193 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 20:58:50 ID:???
周瑜や趙雲は演義や光栄三国志でのイメージそのまんまって感じ
元からカコイイ役どころだからあれでも十分だけど
蒼天イメージなら董卓と馬玩がツートップだな
他の漫画なら権力豚とザコ中のザコで終わってるキャラだ

194 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 21:08:07 ID:???
個人的には蒼天ブレイクキャラにハゲと楽進が上位に食い込んでくる

195 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:19:39 ID:TcPZM01s
ハゲっていっぱいいるけど

196 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:32:37 ID:???
淳于瓊は蒼天でもやっぱり雑魚でした。


197 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:35:14 ID:???
楽進はブレイクだな

郭嘉なんかは、もともと早死にの天才みたいな、格好いいイメージがあったけど
楽進は名前だけ覚えてるそこそこの武人って程度だったから

198 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:49:30 ID:???
やっぱ孔明の変態&巨チンっぷりが気に入った奴は皆無か

199 :愛蔵版名無しさん:2006/12/27(水) 22:52:56 ID:???
陳琳が好き
曹植を肯定してたところとかも

200 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 00:26:33 ID:???
>189
キャッチャーでなく?

201 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 00:28:24 ID:???
檄文テロリスト
陳琳オブジョイトイ

202 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 00:59:33 ID:???
蒼天ハゲキャラ個人的ランキング

1 馬玩    あ あつい
2 董卓    は 破格
3 カク    ぞ 増毛

203 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 01:04:05 ID:???
おれ三国志の小説より、蒼天を先に読んだから
劉ふくとか馬玩がどこにも見つからなくて困惑した

204 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 01:06:39 ID:???
小説だと黄祖や周倉なんかが出てくるので困惑するだろうな

205 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 01:36:28 ID:???
蒼天猛穫は見てみたかった

206 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 01:44:48 ID:???
曹仁は何位?

207 :名無し募集中。。。:2006/12/28(木) 13:41:50 ID:???
どうせ蒋欣は下位なんだろ

208 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 19:53:01 ID:???
たまには山隆の事、思い出してあげてください

209 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 21:41:14 ID:???
>>208
割とよく思い出してる。
というか、官渡読む度に山隆になりたいと思ってる。
惇将軍か、かぁっこえぇw

210 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 22:21:51 ID:???
山隆・・・山田隆夫?

211 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 22:23:25 ID:???
誰が座布団を持って来いと言った!

212 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 22:32:48 ID:???
座布団運ぶより女の子にもてるじゃないですか

213 :愛蔵版名無しさん:2006/12/28(木) 23:01:52 ID:???
山隆、画伝のポスターに載れなかったね、
それが雑兵の限界か…

214 :愛蔵版名無しさん:2006/12/29(金) 10:56:55 ID:hfTYyRJo
>>213
キャラの由来(死んだ友達がモデル)を考えるに、「再登場」させるのがイヤなんじゃね?

215 :愛蔵版名無しさん:2006/12/29(金) 11:26:05 ID:???
>>185
袁紹の進軍の音楽、俺はこんな感じだと思っている。
ちょっと重いかも。後半の合唱部分を脳内変換して
ttp://www.chinaodysseytours.com/media/china_anthem.mp3



43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)