5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【2次】漫画SS総合スレへようこそpart34【創作】

4 :黄金時代・第七回−苦悩の金羊−:2006/01/29(日) 11:42:29 ID:J9I3GdQX0
出来るだけ避けたいし、その場面にも直面したくないと思ってみても、
避けがたいモノはある。
人が死ぬという事もその一つに数えられるだろう。

十二宮浄化の闘い。
後の聖域史ではサガの乱と呼ばれる事になるだろう一連の政争は、
前人未到の黄金十二宮踏破。
黄金聖闘士を退けてアテナ神殿へと至ったこの奇跡を持って終結した。

人は一人では生きられない。
だが、二人居ればいがみ合い、対立し、そして争い、殺しあう。
人は容易に己の主張を曲げない、
それが至強(しきょう)の黄金聖闘士ともなれば言わずもがな。
故に、十二宮を守護していた九人、いや十人の黄金聖闘士のうち、五人は散った。

サガという男は、シャカすら騙しとおした悪党なのか、それとも善と悪に揺らぎ、迷い、
苦悩した男だったのか、それは彼が死んだ今となっては、推測するより他に知る術はない。
今、確実に言える事は、聖域や、それに伴う多くの人間にとって、サガは仇でもあり、
同時に、恩人でもあるという事だ。
現在、黄金聖闘士以外のほぼすべての聖闘士は、
サガの教皇僭称(せんしょう)期間に叙勲(じょくん)された者達で、
白銀聖闘士や青銅聖闘士多くは、サガ以外の教皇を知らないものばかりだ。
故に、サガの功績すべてを抹消することは、一連の闘いの中で、
聖域とアテナの正義を信じ、
その若い小宇宙を散らした聖闘士の魂を穢(けが)す事になる為、
聖域内の意見統一が図(はか)れないでいた。
理性ではそうやって己を納得させることが出来るものの、
ムウの感情はやはり、師の仇であるという事を納得してくれない。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)